...

室戸海洋深層水中の細菌相の分析並びに青紫色素

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

室戸海洋深層水中の細菌相の分析並びに青紫色素
2002年度
修士論文
室戸海洋深層水中の細菌相の分析並びに
青紫色素violaceinを産生する新規細菌群の発見
Analysis of Bacteria in “Muroto Deep Seawater” and
the New Marine Bacteria Producing Violacein, a Violet Pigment.
高知工科大学大学院
工学研究科 基盤工学専攻
物質・環境システムコース
1055013
矢田 修一
1
目次
緒言 4
材料と方法 6
1. 室戸海洋深層水由来細菌の単離と保存 6
1-1 室戸海洋深層水の採取 6
1-2 深層水由来細菌の分離
1-3 細菌の保存 6
2. 海洋深層水由来細菌の同定 6
2-1 単離株の培養 6
2-2 ゲノムDNAの回収及び精製 6
2-3 16S rRNA遺伝子の増幅 6
2-4 配列の決定 7
2-5 データベース検索と属の同定 7
3. 青紫色素産生菌の16S rRNA遺伝子全長の塩基配列の決定 7
3-1 青紫色素産生菌V-1グループの520P1株とV-2グループの710P1株 7
結果 8
1. 室戸海洋深層水中の細菌相 8
1-1 単離した細菌の特徴 8
1-1-1 Vibrio属 8
Pseudoalteromonas
属 9
1-1-2 Shewanella
1-1-3 属 9
1-1-4 Marinobacter属
1-1-5 Erythrobacter属
1-1-6 Tenacibaculum属 10
10
1-1-7 Bacillus属
1-1-8 Dietzia属 10
1-1-9 Halomonas属 10
1-1-10 Hyphomicrobium属 10
1-1-11 Idiomarina属 11
1-1-12 属の決定ができなかった株 11
2. violacein産生新規細菌群の発見 11
考察 謝辞
13
15
参考文献 16
実験マニュアル 20
2
図表 21
表1 深層水由来細菌の単離及び培養に用いた培地(PPES)の組成
21
表2 冷凍保存液の組成 21
図1 16S rRNA遺伝子上におけるプライマーの位置 22
図2 材料と方法(細菌の保存と同定法) 23
表3 室戸海洋深層水中の細菌相 24
図3 violacein産生株8株の比較 26
図4 Pseudoalteromonas luteoviolacea(X82144)との比較 28
図5 Pseudoalteromonas denitrificans(X82138)との比較
34
図6 violacein非産生株(402W15, 520P1’B)とVグループの比較
図7 属間での相同性
3
31
緒言
海洋深層水は、我国では1976年に海洋科学技術センター(JAMSTEC)によっ
てその研究が始められた。「海洋深層水」とは、海洋学で言う深層水(水深
1000m以深)とは異なり、産業への利用を目的とした、太陽光が届かない補償
深度以深の海水(無光層)を指す。海洋深層水中では、植物プランクトンによ
る有機物の生産が行われず、細菌による有機物を無機物に分解する営みが行わ
れているため、無機栄養塩類が豊富である。また、表層水より水温が低く、溶
存有機物が少ないうえ、鉛直混合や人為的影響が少ないことから清浄であるこ
とが特徴である。このように海洋深層水は、低温、豊富な無機栄養塩類、清浄
性を特徴とする、資源性の高い海水と注目されている(中島敏光, 2002; 豊田
孝義 他, 1998)。
高知県室戸岬の紀伊水道側の沖合は、水深が深く、水深500-1000mを流れる
北太平洋中層流が大陸棚にぶつかるため、補償深度以深(室戸岬沖では約130m
以深)の海水が局地的に湧昇している(深澤理郎,1998)。この湧昇海水の中
に含まれる無機塩類を利用してプランクトンが増殖するため、それを餌とする
魚が集まる好漁場となっている。このような条件を備える場所は、同時に海洋
深層水の取水にとっても適地であるため、1989年、高知県とJAMSTECは、高知
県室戸市三津に国内初の海洋深層水利用実験施設(KAUL)を完成させた。この
施設は、後に高知県海洋深層水研究所に発展し、深層水の解明並びにその利用
法の研究が進められている(中島俊光, 2002; 豊田孝義 他, 1998; 中島俊光
他, 1998)。
海洋深層水の特徴を活かした多くの利用法が考えられており、例えば、表層
水と深層水の水温差を利用した海洋温度差発電(OTEC)の研究や、冷水域の水
産資源の培養と飼育などの調査が行われた。また、深層水やそれから逆浸透法
によって得た脱塩水が飲料水、食品原料、化粧品原料、製塩原料として活用さ
れるようになった。海洋深層水の一つの資源としては、そこに棲息すると予想
される有用細菌がある。しかし、その探索は十分に行われていないのが現状で
ある。そこで、本論文では、海洋深層水中の有用細菌の探索を目指し、まず始
めに海洋深層水中の細菌相全体を把握するため、1999-2002年にかけて室戸海
洋深層水から単離した67株の細菌について、その分類学的位置を明らかにしよ
うとした。その結果、67株のうち58株は11属に分類されたが、残りの9株につ
いては属レベルの分類も困難な希少または未報告と考えられる細菌であった。
また、室戸海洋深層水中には、色素を産生する細菌が存在する。細菌が産生
する色素はしばしば抗菌性などの生理活性を持つため、色素産生細菌のうち先
に報告した青紫色素産生細菌(矢田修一, 2001)について研究を行った。この
青紫色素は、violaceinまたはそれに極めて近い物質であることが見いだされ
ている(長崎恵子, 2001)。
violaceinを産生する細菌としては、19世紀末より土壌及び水圏から単離さ
れるChromobacterium violaceumが知られている(Margalith, P. Z., 1992;
Chromobacterium属として分
Duran, N., & Menck, C. F., 2001)。また、当初
類されていたが、その後、新たに Janthinobacterium属に再分類された
Janthinobacterium lividumが知られている(John, G. H., et al., 1994)。
violaceinを産生する海洋細菌ではPseudoalteromonas luteoviolaceaがあり、
McCarthy, S. H.らによって鹿児島錦江湾よりその分離が報告されている
4
(McCarthy, S. H.,et al., 1985)。Laatsch.HらによるとP.luteoviolacea
は、violaceinとdeoxyviolaceinを産生する(Laatsch, H., & Thomson, R.
H., 1984)。violaceinは、グラム陽性細菌に対する抗菌作用や抗トリパノ
ソーマ作用を示すことが知られている(Margalith, P. Z., 1992; Leon, L.
L., et al., 2001; Melo, P. S., et al., 2000)。
今回、室戸海洋深層水中から8株の青紫色素産生菌を得、その16S rRNA遺伝
子塩基配列の解析を行ったところ、P. luteoviolaceaとは異なり、しかも単一
種ではなく、それぞれ同一の塩基配列を持つ二群の細菌からなることが明らか
となった。
5
材料と方法
1 室戸海洋深層水由来細菌の単離と保存
1-1 室戸海洋深層水の採取
室戸海洋深層水は、高知県室戸市三津にある高知県海洋深層水研究所の取水
設備を用い1999年から2002年まで採水した。海洋深層水研究所では、室戸岬沖
約2km、水深320mより鉄線鎧装硬質ポリエチレン管(外径:176.2mm,内径:
125mm 管長約2,650m)を用いポンプで一日920tの深層水を組み上げている。
採取したサンプルは、温度上昇を防ぐため保冷した状態で輸送し、同日中に細
菌分離操作を行った。
1-2 深層水由来細菌の分離
深層水を、平板培地(PPES-Ⅱ 表1参照)に100μl塗布し、20℃で培養し
た。または、メンブレンフィルター(ミリポアSC1J419H6)で深層水1mlを濾過
した後、メンブレンを平板培地に密着させ20℃で培養した。2日後からコロ
ニーを目視で確認することができ、約6日後にコロニー数は定常となった。な
お、コロニー数は150個/ml程度であった。平板培地に増殖したコロニーを白金
耳で新たな平板培地に広げ3-4日間20℃で培養した。そこで得られた単一のコ
ロニーを研究に用いた。
1-3 細菌の保存
確立した細菌株は、液体培地(PPES-Ⅱ)5mlを用い20℃で3-4日間旋回培養
した。この培養液を4000rpmで5分間遠沈し、上清を捨て、沈殿した細菌に冷凍
保存液(表2参照)2.5mlを加え懸濁し、0.5mlずつCryotube(Nunc)に分注
し、-80℃にて冷凍保存した。
2 海洋深層水由来細菌の同定
海洋深層水由来細菌の同定は、得られた株のうち67株について行った。
2-1 単離株の培養
単離株からゲノムDNAを回収し精製するため、単離株を1-3で述べた方法で培
養した。
2-2 ゲノムDNAの回収及び精製
培養液1mlを8000rpmで10分間遠心分離し培地を取り除いた。QIAamp DNA
Mini Kit(QIAGEN)を用い、残った菌体のペレットからゲノムDNAの抽出及び
精製を行った。DNAは、50μlのAE緩衝液(10mM Tris・Cl, 0.5mM EDTA, pH
9.0)に溶解し、-30℃で保存した。
2-3 16S rRNA遺伝子の増幅
ゲノムDNAを鋳型とする16S rRNA遺伝子の増幅は、16S rRNA遺伝子の両端付
近の塩基配列に相当するユニバーサルプライマー(鈴木健一郎 他, 2001)を
用いてPCR法によって行った。使用したプライマーは下記の通りである。
フォワードプライマー FW07 ’-agagtttgatcctggctcag-3’(Tm値60℃)
5
リバースプライマー
RV03’-aaggaggtgatccagccgca-3’(Tm値64℃)
5
PCR増幅には、Taq polymerase(TaKaRa)を用い、反応はTaKaRaの方法にし
たがった。プライマー濃度は各0.5μMとし、鋳型DNAは、2-2で回収したものを
1μl用いた。反応サイクルは、変性を94℃15秒、アニーリングを57℃15秒、ポ
リメラーゼ反応を72℃30秒とし、30サイクル行った。
6
反応後、PCR産物は、QIAquick PCR Purification Kit(QIAGEN)を用い精製
し50μlのEB緩衝液(10mM Tris・Cl, 1mM EDTA, pH 8.0)に溶解し、
-30℃で保
存した。
2-4 配列の決定
67株のシーケンス反応は、r2Lプライマー(5’-catcgttacggcgtggac-3’)を用
いて行った。反応は、Cy5.5 dye Terminator kit(Amersham Biosciences)を
用いAmersham Biosciencesの方法に従った。プライマー濃度は、2μMとし、鋳
型DNAは、2-3でPCR反応後精製したものを0.5μl用いた。反応サイクルは、変
性を94℃30秒、アニーリングを57℃30秒、ポリメラーゼ反応を72℃90秒とし、
30サイクル行った。反応後、エタノール沈殿によって反応産物を精製し、DNA
シーケンサーGene Rapid(Amersham Biosciences)を用いて塩基配列を決定し
た。
2-5 データベース検索と属の同定
得られた16S rRNA遺伝子の塩基配列は、GenBankに登録されている塩基配列
から検索した。検索は、塩基配列が局所的に高い類似性を持ったものを検索す
るBLAST法で行った。
3 青紫色素産生菌の16S rRNA遺伝子全長の塩基配列決定
3-1 青紫色素産生菌V-1グループの520P1株とV-2グループの710P1株
520P1株と710P1株の16S rRNA遺伝子の全長の塩基配列の決定には以下のプラ
イマーを用いた(鈴木健一郎 他, 2001)。
rE1L
’-gtaggagtctggaccgtgt-3’
5
Tm値60℃
r1L
’-gtattaccgcggctgctgg-3’
5
Tm値62℃
fE2L
’-cggcaggcctaacacatgca-3’
5
Tm値64℃
f2L
’-ccagcagccgcggtaatag-3’
5
Tm値62℃
r2L
’-catcgttacggcgtggac-3’
5
Tm値60℃
fE3L
’-gcaacgcgaagaaccttacctac-3’
5
Tm値56℃
r3L
’-ttgcgctcgttgcgggact-3’
5
Tm値62℃
f3L
’-gtcccgcaacgagcgcaac-3’
5
Tm値64℃
929f
’-aaactcaaaggaattgacgg-3’
5
Tm値56℃
r4L
’-acgggcggtgtgtacaag-3’
5
Tm値58℃
ここで使用したプライマーの位置は図1に示す。
反応は、Cy5 Dye Terminator kit(Amersham Biosciences)を用いAmersham
Biosciencesの方法に従った。プライマー濃度は、6μMとし、鋳型DNAは、2-3
でPCR反応後精製したものを3μl用いた。反応サイクルは、変性を94℃30秒、
アニーリングをprimerのTm値より3℃低い温度で30秒、ポリメラーゼ反応を
72℃90秒とし、40サイクル行った。反応後、エタノール沈殿によって反応産物
を精製し、6μlの添着用緩衝液を加えシーケンスサンプルとした。DNAシーケ
ンサーは、Long-Read Tower(Amersham Biosciences)を用いて塩基配列を決
定した。
7
結果
1 室戸海洋深層水中の細菌相
室戸海洋深層水中の細菌数を2000年1月から12月まで、材料と方法1-2で述べ
た平板培地の培養、及び細菌をアクリジンオレンジで染色した後、蛍光顕微鏡
で観察する方法によって計数した。その結果、コロニー計数による細菌数は平
均65個/ml海水であり、直接計数法による菌体数は平均5.0×104個/ml海水で
あった。コロニー計数による細菌数は、直接計数法により得られた細菌数の約
0.1%であった。コロニー数が、直接計数法で得られる細菌数に比べて極めて
少ないことは、海水のみでなく、淡水中、土壌など多くの自然界の細菌に見ら
れる現象であるが、海洋では、嫌気性細菌、偏性高圧細菌(1atmでは増殖でき
ない細菌)、低温細菌、低栄養条件のみで増殖する細菌、培養条件が不明な細
菌などが多いためであると考えられている。
本研究では室戸海洋深層水から分離した67株それぞれについて16S rRNA遺伝
子の約350塩基の配列を決定し、GenBankに登録されている16S rRNA遺伝子の塩
基配列と比較した。考察で詳しく述べるが、350塩基の配列の相同性が95%以上
の株については互いに同属と考えて良いと判断した。本研究で決定した株の塩
基配列とGenBankに登録されている株の塩基配列との相同性が100%を示したも
のは、暫定的に同属同種であると判断し、文献よりその細菌の性質を紹介す
る。また、この相同性が97から99%の株は、同属の近縁な細菌であると判断し
た。これらの細菌種については、同様に文献よりその細菌の性質を紹介する。
この結果、室戸海洋深層水より分離した67株のうち58株は、Vibrio属24株、
Pseudoalteromonas属11株、 Shewanella属9株、Marinobacter属4株、
Erythrobacter属3株、Tenacibaculum属 2株、Bacillus属 1株、Dietzia属 1
株、Halomonas属1株、Hyphomicrobium属1株、Idiomarina属 1株の11属に分類
することができた。残り9株については属を決定することはできなかった。そ
の詳細は、「1-1-12 属の同定ができなかった株」で詳しく述べる(表3)。
1-1 単離した細菌の特徴
1-1-1 Vibrio属
室戸海洋深層水中より得られたVibrio属は、24株であり最も多かった。暫定
的に同属同種と判断した株は、V. anguillarum2株(402W1, 402W4)、V.
V.
lentus 1株(315W4)、V. splendidus3株(315W13, 315W2, 315W3)、
tapetis 2株(315O4, 402W14)の4種である。同属で近縁な細菌であると判断
したものは、V. anguillarum近縁種2株(315W6, 417W1)、V. fisheri近縁種1
株(402W9)、V. logei近縁種1株(402W5)、V. splendidus近縁種1株
(315W1)である。また、次のものは、今回決定した塩基配列の領域では、同
属の2種以上の近縁な細菌が存在する株である。315O6, 402W11の2株は、V.
anguillarumとV. lentusに100%の相同性を持っていた。また、608W1Xは、V.
V.
anguillarumとVibrio sp. PMV19の両方に99%の相同性を持ち、516W3株は、
splendidusとunidentified bacterium 4cに それぞれ98%の相同性と99%の相同
性を持っていた。
V. anguillarumは、ノルウェー沖より単離されたことが報告されている
V. lentusは、地中海のカキから単離され、16S
(Wiik, R., et al.,1989)。
rRNA遺伝子塩基配列はV. splendidusに高い相同性を示すが、Vibrio属に対し
静菌作用を持つO129(2,4-diamino-6,7-diisopropylpteridin)に耐性を持つ
8
ことや炭水化物を分解して産生する酸の違いから新種であることが報告されて
V. fisheriは、黄色色素を産生し蛍
いる(Macian, M. C., et al., 2001)。
V. logei
光を発することが報告されている(John, G. H., et al., 1994)。
は、東カナダの大西洋のサケより単離された冷水由来の細菌であることが報告
V. splendidus
されている(Griffiths, S. G., & Salonius, K., 1995)。
は、色素産生は行わないが蛍光を発すること、硝酸塩を還元することが報告さ
V. tapetisは、ブラウンリング病
れている(John, G. H., et al., 1994)。
のマニラハマグリから単離されその病原菌であるかどうか研究が進められてい
る(Castro. D., et al., 2002)。
1-1-2 Pseudoalteromonas属
室戸海洋深層水中より得られたPseudoalteromonas属は、11株であった。P.
denitrificansを最も近縁とする株は9株存在し、そのうち402W15, 402P1,
520P1, 417P1の4株はP. denitrificansに99%の相同性を示し、315P1, 315P4,
P. rubra, P. piscicida
315P5, 516P1, 710P1の5株は97%の相同性を示した。
に99%の相同性を示す1020R株も得られた。
P. denitrificansは、ノルウェー西岸のフィヨルドより単離された冷水性の
細菌である。また、赤色素prodigiosinを産生し、その学名の由来となった脱
窒反応(denitrification)を行うことが報告されている(Enger, φ., et
al., 1987)。しかしながら、室戸海洋深層水中より単離したP.
denitrificansと99%の相同性を示す株は、脱窒作用を示さず、prodigiosinで
はなく青紫色素violaceinを産生する(長崎恵子, 2001; 矢田修一, 2001)。
このことからP.denitrificansとは明らかに異なる細菌であった。
1-1-3 Shewanella属
室戸海洋深層水中より得られたShewanella属は、9株であった。暫定的に同
属同種と判断した株は、S. fidelia 1株(516O1)、S. pealeana2株(315O2,
516O4)、S. woodyi 3株(315O3, 612W1, 612W2)の4種であった。同属で近縁
な細菌であると判断したものには、S. fidelia近縁種2株(516O2, 710O)、S.
violacea 1株(315B1)であった。
S. fideliaは、2001年に北海道大学より16S rRNA遺伝子の配列がGenBankに
登録されたが、その詳細は、まだ報告されていない。S. pealeanaは、ヤリイ
カLoligo pealeiの卵包腺より単離され、耐冷性の細菌であることが報告され
S. violaceaは、琉球海溝5110mの
ている(Michael, R. L., et al., 1999)。
海底堆積物より単離され、紫色色素を産生することが報告されている
(Yuichi, N., et al., 1998)。今回単離した近縁種315B1株も黒紫色の色素
を産生した。また、S. violaceaは好圧菌としても研究が進められている
S. woodyiは、地中海西部のアルボラン海
(Kato, C., & Nogi, Y., 2001)。
の水深198, 220, 370, 384, 370mの海水と水深435mに棲息していたヤリイカの
墨から単離され、蛍光を発することが報告されている(John, C. M., et al.,
1997)。以上、報告されているものに関しては、冷水を好む傾向がある。
1-1-4 Marinobacter属
室戸海洋深層水中より得られたMarinobacter属は、4株であった。M.
の2種に100%の相同性を示した株が2株
hydrocarbonoclasticusと M. aquaeolei
(315W14, 315W16)、99%の相同性を示す315W5株が存在していた。残りの1株
はMarinobacter sp. NCE312株と100%の相同性を示した。
M. hydrocarbonoclasticusは、製油所の近くの地中海の海水から単離され
9
た。また、0.08から3.5MのNaCl濃度で成育し、炭素とエネルギー源として様々
な炭化水素を用いる石油分解菌であることが報告されている(Gauthier, M.
M. aquaeoleiは、ベトナム沖の海底油田を採掘するプ
J., et al., 1992)。
ラットホームより単離された。また、0から3.5Mの間のNaCl濃度で生育し、最
適塩濃度は0.85Mであった。n-hexadecane、pristane及び、いくつかの原油成
分を分解すること、M. hydrocarbonoclasticusと16S rRNA遺伝子の塩基配列が
99.4%一致していることが報告されている(Nguyen, B. H., et al., 1999)。
この2種は、いずれも油田の近くで採取されている石油分解菌であり幅広い塩
濃度で棲息できる細菌であることが分かった。
1-1-5 Erythrobacter属
室戸海洋深層水中より得られたErythrobacter属は、3株であった。E.
citoreusとErythrobacter sp. JP13.1の両方に100%の相同性を示す608Y1株と
99%相同性があった608Y3, 608Y2の2株があった。
E. citoreusは、地中海(カルビ、コルシカ湾)からの水深35mの海水から単
離された。黄色素を産生し黄色コロニーを形成することが報告されている
(Dietmar, V., et al., 1999)。608Y1, 608Y2, 608Y3の3株も黄色のコロ
ニーを形成した。また、高知医科大学の研究により608Y2株に免疫細胞を活性
化する作用がることが報告されている(渡部嘉哉 他, 2000)。
1-1-6 Tenacibaculum属
室戸海洋深層水中より得られたTenacibaculum属は、2株であった。612G2,
710Y2の2株はT. mesophilumが同属で近縁な細菌であった。
T. mesophilumは、日本とパラオの海岸に上がった海綿および緑藻から分離
された。黄色素を産生し黄色いコロニーを形成することが報告されている
(Makoto, S., et al., 2001)。単離した710Y2株は、黄色のコロニーを形成
したが、612G2株は緑色のコロニーを形成した。
1-1-7 Bacillus属
室戸海洋深層水より得られたBacillus属は、B. horikoshiiとBacillus sp.
KX6の両方に100%の相同性を示す402Y1の1株であった。B. horikoshiiは、
2000年に海洋技術センターより16S rRNA遺伝子の配列がGenBankに登録され、
深海由来であり好アルカリであることが配列と共に報告されている。
1-1-8 Dietzia属
室戸海洋深層水中より得られたDietzia属には、D. marisに近縁な608R3株が
存在した。D. marisは、放線菌であり鉱物油やパラフィン(C-14からC-18)を
分解する油分解菌であり、分解には、塩濃度が影響していることが報告されて
いる(Zviagintseva, I. S., et al., 2001)。
1-1-9 Halomonas属
室戸海洋深層水中より得られたHalomonas属には、H. vonusta, H.
に100%の相同性を示す710W2株が存在した。これら
meridiana, H. aquamarina
は、16S rRNA遺伝子277塩基配列での違いは見られず、単離株がどの種である
かは同定できなかった。
は、ハワイの海水より単離され、H. meridiana
H. vonusta, H. aquamarina
は、南極大陸の塩湖より単離された。単離株に相同な3種の細菌は、3種の16S
rRNA遺伝子の塩基配列はよく似ておりそれらの相同性は、97.6%であることが
報告されている(David, R. A., et al., 2002)。
1-1-10 Hyphomicrobium属
10
室戸海洋深層水中より得られたHyphomicrobium属は1株(520W1)であった。
この株は、16S rRNA遺伝子371塩基での相同性よりHyphomicrobium属に分類
され、98%の相同性を示す最も近縁な種は、伊豆・小笠原海溝水深7242mの海水
から単離されたHyphomicrobium sp. Ddeep-1株である(Ocky, K. R., et al.,
2001)。
1-1-11 Idiomarina属
室戸海洋深層水中より得られたIdiomarina属には、I. Abyssalis1株
(402W3)が存在していた。これは、北西太平洋の水深4000から5000mの海水中
から単離され、耐冷性であり2.6MのNaClで生育が可能であることが報告されて
いる(Elena, P. L., et al., 2000)。
1-1-12 属の同定ができなかった株
属の同定ができなかった株には、次の2通りがあった。まず、GenBankに登録
されている16S rRNA遺伝子と高い相同性があるが、属種名が命名されていない
株である。315Y12株は、アメリカのSCRIPPS海洋研究所に保存されている
SCRIPPS413株と100%の相同性をもつ同属同種であった。315Y11株はSCRIPPS413
株と相同性が99%の近縁種であった。16S rRNA遺伝子の相同性より402W6株は、
marine eubacterial sp.(Delong, E, F., et al., 1993) 北極海由来のASW7W3, ASW-4B2と同属であると考えられる。402W12は、北極海由来のASW-7W3,
ASW-4B2と南極海由来の2CM93と同属であると考えられる。402W8株は、グリー
ンランド由来の34H、日本海溝由来のNBTe(Yanagibayashi, M., et al.,
1999)と同属であると考えられる。これらの単離株は、同種または近縁種と考
えられる細菌が、GenBankに見出されるが、GenBank登録株の属種名が命名され
ていないため、現在属名は決定できていない。315Y1株と 402W10株は、線虫
(Eubostrichus dianae)より分離されたEubostrichus dianae epibacterium
(Polz, M. F., et al., 1999)と95%の相同性を示すため同属であると推定さ
れるが、近縁種が特殊な細菌であるため生理学的性質及び16S rRNA遺伝子の塩
基配列全長を決定して分類する必要があると考える。
次に、GenBankに登録されている16S rRNA遺伝子のどれとも相同性が低い株
である612R1株と315W19株の属の同定は行えなかった。315W19株が90%の相同性
を示した熱水噴出口のチューブワーム(Riftia pachyptila)に共生している
細菌(Li, L., et al., 1999)の様に特殊な環境に棲息している未報告の新種
である可能性が高い。
2 violacein産生新規細菌群の発見
室戸海洋深層水から単離された細菌株のうちPseudoalteromonas属に同定さ
れたものは、11株あった。その中で、色素を産生するものは9株であり、赤色
素prodigiosin産生株が1株、青紫色素violaceinを産生したものは、402P1、
417P1、520P1、315P1、315P4、315P5、516P1、710P1の8株(Vグループ)で
あった。また、Vグループは、16S rRNA遺伝子287塩基配列の比較で、それぞれ
同じ塩基配列を持つ3株(V-1グループ)と5株(V-2グループ)の2グループに
分けることができた(図2)。このことから、violacein産生細菌群は少なくと
も2種類存在していることが分かった。
violaceinを産生するPseudoalteromonas属の海洋細菌として既にP.
luteoviolaceaが報告されている(Laatsch, H., & Thomson, R. H., 1984;
McCarthy, S. H., et al., 1985)。そこで、V-1グループ520P1株とV-2グルー
11
プ710P1株の16S rRNA遺伝子のほぼ全域である1486塩基の配列を決定し、その
うち1353塩基について、P. luteoviolacea(GenBank登録番号X82144)の塩基
配列と比較を行ったところ、V-1グループとV-2グループは共に94%のP.
luteoviolaceaとの相同性を示した(図3)。この結果からはVグループとP.
luteoviolaceaは同属であるが全く別種の細菌であることが判明した。
BLAST法で最も相同性の高い塩基配列を持つ細菌をGenBankより検索したとこ
ろ、P. denitrificans(GenBank登録番号X82138)がVグループ8株の 287塩基
配列との相同性が高く近縁であると判明した。P. denitrificansは、北欧フィ
ヨルドより単離された細菌で赤色素prodigiosinを産生することが報告されて
P.
いる(Enger,Φ., et al., 1987)。BLAST法を用いた比較により
denitrificansは、 V-1グループ(402P1、417P1、520P1)と 99%の相同性を示
し、V-2グループ(315P1、315P4、315P5、516P1、710P1)とは97%の相同性を
示した。さらにVグループの1424塩基配列について、GenBankに登録されている
P. denitrificans(X82138)の16S rRNA遺伝子塩基配列との比較を行った(図
4)。その結果、V-1グループ520P1株とV-2グループ710P1株は、それぞれ1425
塩基配列中16塩基、44塩基が異なっており、相同性は99%、97%であった。
GenBankに登録されたP. denitrificansの配列中の5個の塩基の種類が未同定で
あるため相同性はこれより高くなる可能性がある。よって、V-1グループ520P1
株は、P. denitrificansと近縁であるが、産生色素が異なること、P.
denitrificansの特徴である脱窒(denitrification)活性を示さない(矢田修
一, 2001)ことから異なる種の細菌であると考えられる。V-2グループ710P1株
は、GenBankに登録されている細菌ではP. denitrificansとの相同性(97%)が
最も高いものであったので、これも未報告の新しい種と考えられる。
V-1グループ520P1株を継代していくとviolaceinを産生しない白色コロニー
を生じた。色素産生コロニーと混在するまま継代を続けるとviolacein産生コ
ロニーよりも白色コロニーが優勢となっていった。白色コロニーより単離した
株は、継代してもviolaceinを合成することはなかった。そこで、violaceinを
産生していない2株(520P1B’、520P1C’)についてその16S rRNA遺伝子を元株で
ある520P1株と比較した。比較の結果、16S rRNA遺伝子138塩基配列について
520P1, 520P1B’, 520P1C’の配列は完全に一致した(図5)。この結果から白色
コロニーは、培養時の他の細菌の混入によるものではなく、violacein産生を
行わなくなった520P1株の変異株であると分かった。また、海洋深層水からも
V-1グループと同じ配列を持つにもかかわらずviolaceinを産生しない白色コロ
ニーを形成する402W15株が単離された(図5)。このことから、実験室内の環
境だけでなく、自然界でもviolaceinを産生しない株が存在することが分かっ
た。
12
考察
本研究ではGenBankに登録されたデータベースとの相同性検索をBLAST法を用
いて行った。約300塩基の16S rRNA遺伝子塩基配列に基づく属の同定が妥当な
ものであるかどうかを検討するため、属分類に際し最も株数の多いVibrio属と
それに続き株数の多かったPseudoalteromonas属、Shewanella属の16S rRNA遺
伝子のほぼ全長に近い1366塩基配列を比較し、同属であるための塩基配列の相
同性を割り出した。さらに16SrRNA遺伝子の塩基配列を決定するため用いたリ
バースプライマー(r2L)から5’末端側の360塩基配列の相同性をVibrio属、
Pseudoalteromonas属、Shewanella属を用いて比較することで、このプライ
マーを用いた塩基配列に基づく属の分類の可否について検討した。 Vibrio属
は、V.anguillarum, V.lentus, V.fiseri, V.logei, V.splendidus,
V.tapetisの塩基配列をデータベースより得て用いた。また、同様に
Pseudoalteromonas属は、P.denitrificans, P.luteoviolacea, P.rubraを、
Shewanella属は、S.fidelia, S.pealeana, S.woodyi, S.violaceaの配列を得
て比較に用いた。
1366塩基配列の相同性は、Vibrio属間で93-97%であり比較的高い相同がみら
れた。また、Pseudoalteromonas属間で93-98%、Shewanella属間で94-97%あっ
た。同様にVibrio属6種とPseudoalteromonas属3種の相同性をそれぞれ比較し
たところ相同性は86-88%、Vibrio属6種とShewanella属4種のそれぞれの相同性
は87-90%、Pseudoalteromonas属3種とShewanella属4種の相同性は88-90%で
あった(図6)。
360塩基配列の相同性は、Vibrio属間で96-98%であり1366塩基の相同性より
やや高い相同性が見られた。また、Pseudoalteromonas属間で95-99%、
Shewanella属間で97-98%あった。同様にVibrio属6種とPseudoalteromonas属3
種の相同性をそれぞれ比較したところ相同性は86-91%、Vibrio属6種と
Shewanella属4種のそれぞれの相同性は89-90%、Pseudoalteromonas属3種と
Shewanella属4種の相同性は92-94%であった。
その結果、360塩基配列で比較したものは1366塩基配列で比較したものより
相同性の数値がやや高く出るものの、同属間の相同性と異属間の相同性でその
値に明確な差が見られた。約300塩基の相同性比較で95%以上の相同性があれば
同属と見なして良いと考えられる結果が得られた。このことからリバースプラ
イマー(r2L)を用いた配列を比較することで属同定を行った本研究は、16S
rRNA遺伝子全長の配列を用いた場合とほぼ同一の結果を与えるものと考えられ
る。
本研究により室戸海洋深層水から単離し、分類した株のうちその有用性が報
告されているものには、次のものがあり、その利用が検討されている。
Marinobacter属の石油分解菌は、タンカー座礁により流出した石油の分解に
利用できると考えられる。Bacillus属の好アルカリ性細菌は、産生する酵素
(リパーゼ、プロテナーゼ)をアルカリ環境下である洗剤に配合することがで
きることが期待できる。Dietzia属の油分解細菌は、鉱物油やパラフィンを分
解することから工業排水の浄化処理に用いることが期待できる。
Erythrobacter属に分類できた 1株は、高知医科大学の報告により免疫細胞を
活性化する働きがあることから医学分野での利用が考えられる。
Pseudoalteromonas属に分類できた1株は、prodigiosinを産生し、この色素は
13
免疫抑制作用、アポトーシス誘導作用があることが報告されているため医学分
野での利用が考えられる(Kawauchi, K., et al., 1997)。
また、本研究での有用細菌の探索は、コロニーの色で識別できる色素産生細
菌に注目した。色素は、複雑な構造をとることが多く、生理活性や抗生作用を
有していることが多い。ここで、重点的に種の同定を行ったもの以外にも、
赤、黄、オレンジ、濃紫などの色素を産生するものが採取されたため、これら
の色素の解析と種の同定を進めていくことも今後の課題である。
V-1グループ520P1株の継代培養時に現れたviolaceinを産生しない株と
violaceinを産生する株の違いはどこにあるのか解明することも求められる。
violaceinを合成する酵素の遺伝子解析は、Chromobacterium violaceumの
violacein合成酵素群の遺伝子について行われており、少なくとも4種の酵素あ
るいはタンパク質の遺伝子が含まれていることが報告されている(GenBank登
録番号AB032799)。しかし、C.violaceumのviolacein合成酵素遺伝子の配列を
もとに作成したプライマーでは、violacein合成酵素遺伝子の1つであるvio A
と相同性を示す配列を520P1株のゲノムから増幅することはできたものの、残
りの3つの遺伝子については増幅できなかったことが報告されている(工藤彰
C.violaceumのviolacein合成酵
人, 2002; 中嶋敦志, 2002)。このことから、
素遺伝子と520P1株のviolacein合成酵素遺伝子の塩基配列もしくは、4つの遺
伝子のゲノム上の配置が違うことが考えられる。violacein産生株とviolacein
非産生株の違いを明らかにするためには、520P1株におけるviolacein合成酵素
遺伝子の所在とその構成の解明が必要と考えられる。violaceinのような色素
は無光層に棲息する細菌には一見無用のように思える。実際520P1株から生じ
た白色コロニーを形成する変異株の増殖が色素を産生する元株より速いのは、
色素合成と言う負担が無くなるためであろうと推測される。ところが、自然界
では色素を産生しない株は比較的まれであると考えられる。今回は1株のみ色
素非産生株であった。これはviolaceinがグラム陽性菌に対して抗菌作用を示
し(Margalith, P, Z., et al., 1992)、そのため自然界でも他の細菌の繁殖
を抑えることによって自らのコロニーを形成していくためではないかと推測さ
れる。
室戸海洋深層水中の細菌相は、Vibrio属35.8%、Pseudoalteromonas属
16.4%、Shewanella属13.4%、Marinobacter属6.0%、Erythrobacter属4.5%、
Tenacibaculum属3%、Bacillus属1.5%、Dietzia属1.5%、Halomonas属1.5%、
Hyphomicrobaculum属1.5%、Idiomarina属1.5%、属同定ができなかった株13.4%
であった。Ocky, et al.の報告によると北西太平洋水深1000-8000mの深海から
採取した試料中の細菌相はVibrio属44.2%、Pseudoalteromonas属29.3%、
Photobacterium属26.5%であり(Ocky, K. R., et al., 2001)、本研究での結
果とよく似ているが、Photobacterium属は今回の研究では確認できなかった。
また、同じくOcky, et al.の報告では、北西太平洋水深0-200mの表層から採取
した試料中の細菌相は、Vibrio属19.7%、Pseudoalteromonas属31.8%、
Halomonas属25.1%、Pseudomonas属2.9%、Photobacterium属20.5%である。しか
し、今回の研究では、Pseudomonas属、Photobacterium属は確認できず、
Halomonas属は1株を確認したのみであった。この結果から、室戸海洋深層水の
細菌相は、表層海水の細菌相と異なり、むしろ1000m以深の細菌相に近いこと
より、未報告の細菌や有用細菌の発見が今後も期待できる。
14
謝辞
本研究をまとめるにあたり、御指導と御助力を賜りました高知工科大学工学
部榎本恵一教授を始め、大濱武教授、佐塚正樹講師に深く感謝いたします。ま
た、研究を遂行するうえ多くの御尽力をいただいた高知工科大学工学部の教員
の皆さまに深く感謝いたします。
また、本研究を行ううえでさまざまな面から支えて下さいました皆さまに深
く感謝いたします。
15
参考文献
Castro, D., et al., 2002.
“Vibrio isolated from the cultured Manila
clam (Ruditapes philippinarum): numerical taxonomy and antibacterial
activities” J. App. Microbiol.93, 438-447.
David, R. A., et al., 2002.
“Phylogeny of the family
Halomonadaceae
based on 23S and 16S rDNA sequence analyses
” Int. J. Syst. Evol.
Microbiol. 52, 241-249.
Delong, E, F., et al., 1993.
“Phylogenetic diversity of aggregateattached vs. free-living marine bacterial assemblages
” Limnol.
Oceanogr. 38(5), 924-934.
Dietmar, V., et al., 1999.
“Polyphasic classification of 0.2μm
filterable bacteria from the western Mediterranean” System.
Sea
Appl.
Microbiol. 22, 635-646.
Duran, N., & Menck, C. F., 2001.
“Chromobacterium violaceum: a review
of pharmacological and industral perspectives.
” Crit Rev Microbiol.
27(3), 201-222.
Elena, P. L., et al., 2000.
“Idiomarina gen. Nov., comprising novel
indigenous deep-sea bacteria from the Pacific Ocean, including
Idiomarina abysslis sp. Nov. and
descriptions of two species,
Idiomarina zobellii sp. Nov.
” Int. J. Syst. Evol. Microbiol.
50, 901907.
Enger, φ., et al., 1987.
“Characterization ofAlteromonas
” Int. J. Syst. Bacteriol.37, 416-421.
denitrificans sp. nov.
Gauthier, M. J., et al., 1992.
“Marinobacter hydrocarbonoclasticus
gen. Nov., sp. Nov., a new, extremely halotolerant, hydrocarbondegrading marine bacterium.
” Int. J. Syst. Bacteriol.42(2), 568-576.
Griffiths, S. G., & Salonius, K., 1995.
“Charactrization of bacteria
associated with cold-water vibriosis of Atlantic salmon inrn easte
Canada” J. Mar. Biotechnol.3, 188-192.
John, C. M., et al., 1997.
“Shewanella woodyi sp. Nov., an
exclusively respiratory luminous bacterium isolated from the
oranAlb
Sea” Int. J. Syst. Bacteriol.47(4), 1034-1039.
John, G. H., et al., 1994.
“Bergey’s
bacteriology ninth edition
” Williams
16
manual of determinative
& Wikins USA.
Kawauchi, K., et al., 1997.
“A possible immunosuppressant,
Pseudoalteromonas
cycloprodigiosin hydrochloride, obtained from
denitrificans” Biochem. Biophys. Res. Commun.237(3), 543-547.
Kato, C., & Nogi, Y., 2001.
“Correlation between phylogenetic stucture
and function: examples from deep-sea
Shewanella” Fems. Microbiol. Ecol.
35(3), 223-230.
Laatsch, H., et al., 1984.
“Spectroscopic properties of Violacein and
related compounds: crystal structure of tetramethylviolacein
” J. Chem.
Soc. Perkin Trans.Ⅱ, 1331-1339.
Leon, L. L., et al., 2001.
“Antileshmanial activity of the violacein
extracted fromChromobacterium violaceum.” J. Antimicrob. Chemother.
48(3), 449-450.
Li, L., et al., 1999.
“Bacterial diversity in deep-sea sediments from
different depths
” Biodivers. Conserv
. 8, 659-677.
Macian, M.C., et al., 2001.
“Vibrio lentus sp. Nov., isolated from
51(Pt4), 1449Mediterranean oysters.” Int. J. Syst. Evol. Microbiol.
1456.
Makoto, S., et al., 2001.
“Phylogenetic analysis and taxonomic study of
Tenacibaculum gen. Nov.
marine Cytophaga-like bacteria: proposal for
Tenacibaculum ovolyticum
with Tenacibaculum maritimum comb. Nov. and
mesopilum sp. Nov. and
comb. Nov., and description Tenacibaculum
of
Tenacibaculum amylolyticum sp. Nov.
” Int. J. Syst. Evol. Microbiol.
51,
1639-1652.
Margalith, P. Z.,
Tokyo. pp.111-118.
1992.
“Pigment
Microbiology”
Chapman
&
Hall.
McCarthy, S. A., et al., 1985.
“Production and isolation of purple
” Bull. Japan. Soc. Fish.
51(3),
pigment by Alteromonas luteoviolacea
479-484.
Melo, P. S., et al., 2000.
”Violacein cytotoxicity and induction of
36(8), 539apoptosis in V79 cells.
” In Vitro. Cell. Dev. Biol. Anim.
543.
Michael, R. L., et al., 1999.
“Shewanella pealeana sp. Nov., a member
of the microbial community associated with the accessory tal
nidamen
Loligo pealei” Int. J. Syst. Bacteriol.49, 1341gland of the squid
1351.
17
Nguyen, B. H., et al., 1999.
“Marinobacter aquaeolei sp. Nov., a
halopilic bacterium isolated from a Vietnamese oil producing
l” Int.
wel
J. Syst. Bacteriol.49, 367-375.
Ocky, K. R., et al., 2001.
“Characterization of psychrotrophic bacteria
in the surface and deep-sea waters from the Northwestern Pacific
Ocean
based on 16S ribosomal DNA analysis
” Mar. Biotechnol.3, 454-462.
Polz, M. F., et al., 1999.
“Diversity and heterogeneity of epibiotic
bacterial communities on the marine nematode
Eubostrichus dianae” Appl.
Environ. Microbiol. 65(9), 4271-4275.
Wiik, R., et al., 1989.
“Relationships between plasmids and phenotypes
of presumptive strains of
Vibrio anguillarum isolated from different
fish species.
” Appl. Environ. Microbiol.55, 826-831.
Yanagibayashi, M., et al., 1999.
“Changes in the microbial community in
Japan Trench sediment from a depth of 6292m during cultivation
ithout
w
170(1), 271-279.
decompression” FEMS. Microbuol. Lett.
Yuichi, N., et al., 1998.
“Taxonomic studies of deep-sea barophilic
Shewanella strains and description Shewanella
of
violacea sp. Nov.
”
Arch. Microbiol.170, 331-338.
Zviagintseva, I. S., et al., 2001.
“Effect of media salinity on
destruction of petroleum oils by nocardioform bacteria
” Mikrobiologiia.
70(6), 759-764.
門田元, 多賀信夫
pp.69-80.
編
1985.
“海洋微生物研究法”
学会出版センター
東京,
工藤彰人, 2002. “海洋細菌が生み出す青紫色素「Ocean Violet」合成酵素遺
伝子の探索-vioA様遺伝子の単離とその塩基配列の決定-” 高知工科大学卒業
論文
鈴木健一郎, 平石明, 横田明 編 2001. “微生物の分類・同定実験法”
プリンガー・フェアラーク東京, pp.266-270.
シュ
豊田孝義, 中島敏光, 黒山順二, 1998.“KAULの汲み上げ深層水中の栄養塩
類” 海洋深層水’98高知大会講演要旨集 pp.24-25.
中嶋敦志, 2002. “海洋細菌が生み出す青紫色素「Ocean Violet」合成酵素系
の遺伝子構成-塩基配列決定に基づくVioA/VioB遺伝子の構成解明-” 高知工科
大学卒業論文
18
中島敏光, 豊田孝義, 筒井浩之, 1998.“室戸岬海域および富山湾地域の海洋
深層水の水質特性について” 海洋深層水’98高知大会講演要旨集 pp.26.
中島敏光
著
2002.
“-21世紀循環型資源-海洋深層水の利用”
長崎恵子, 2001. “海洋細菌が生み出す青紫色素「Ocean
精製・構造解析”高知工科大学卒業論文
深澤理郎,
pp.5-8.
緑書房
東京
Violet」の分離・
1998.“北太平洋の中層循環”海洋深層水’98高知大会講演要旨集
矢田修一, 2001. “海洋深層水に由来する色素産生菌のDNA塩基配列に基づく
同定”高知工科大学卒業論文
渡部嘉哉, 富永明, 松本健治, 倉繁隆信, 2000. “炎症細胞に対する作用の解
明” 平成11年度科学技術総合委託費地域先導研究 研究成果報告書 室戸海洋
深層水の特性把握および機能解明 pp.147-156.
19
実験マニュアル
“TaKaRa Ex Taq
” TaKaRa
“Thermo Sequenase Cy5 Dye Terminator Cycle Sequencing
” Amersham
Kit
Biociences pp.8-11.
“Thermo Sequenase Cy5.5 Dye Terminator Cycle Sequencing
” Amersham
Kit
Biociences pp.9-12.
“QIAamp DNA Mini Kit and QIAamp DNA Blood Mini Kit” Handbook
QIAGEN
pp.52
“QIAquick Spin Handbook
” QIAGEN pp.18.
20
表1
深層水由来細菌の単離及び培養に用いた培地(PPES-Ⅱ)の組成
PPES-Ⅱ
Polypeptone
Proteose peptone
Soytone
Yeast extract
H
6 FeC
5O7・nH2O
seawater
2.0
No.3 1.0
1.0
1.0
0.1
1000
g
g
g
g
g
ml
1M NaOHを用いpHを7.8に調整する。
(門田元, 多賀信夫 編, 1985)
表2
冷凍保存液の組成
glycero
(鈴木健一郎、平石明、横田明
21
2.5 gpepton
50 ml
450 mlseawater
編,
2001)
図1
16S
rRNA遺伝子上における使用プライマーの位置
プライマーFW07, RV03は、16SrRNA遺伝子のPCR増幅に用いた。
他のプライマーは、塩基配列を決定するのに用いた。
22
図2
材料と方法(細菌の保存と同定法)
海洋深層水をPPES-Ⅱ(表1)平板培地に25, 50, 100μl塗布(1-2)
3-4日間20℃で培養
↓
コロニーを単離
↓
PPES-Ⅱ液体培地に植菌
3-4日間20℃で旋回培養
海洋深層水由来細菌の同定
QIAamp
DNA Mini
細菌の保存(1-3)
Kit(QIAGEN)を用いた
遠心分離
細菌からゲノム DNA の回収および精製
↓
(2-2)
保存液(表 2)で再懸濁
↓
PCR による 16S rRNA 遺伝子の増幅(2-3)
↓
シーケンス反応(2-4,
3)
↓
シーケンス
↓
データベース検索と属の同定(2-5)
23
表3-1
室戸海洋深層水中の細菌相
表3-2
室戸海洋深層水中の細菌相
24
表3-3
室戸海洋深層水中の細菌相
25
図3
violacein産生株8株の比較
V1 |
|
V2 |
|
-
V1
V2
V1
V2
V1
V2
V1
V2
402P1
417P1
520P1
315P1
315P4
315P5
516P1
710P1
402P1
417P1
- 520P1
- 315P1
| 315P4
| 315P5
| 516P1
- 710P1
-
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
******************************************
******************
-
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
******************************************
******************
-
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
******************************************
******************
-
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCT
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCT
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCT
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCT
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCT
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCT
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCT
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCT
******************************************
*****
|
402P1
417P1
- 520P1
- 315P1
| 315P4
| 315P5
| 516P1
- 710P1
|
402P1
417P1
- 520P1
- 315P1
| 315P4
| 315P5
| 516P1
- 710P1
|
402P1
417P1
- 520P1
- 315P1
| 315P4
| 315P5
| 516P1
- 710P1
|
CTATAGCTGTGACGTTACTCGCAGAAGAAGCACCGGCTAACTTC
GTGCCAGCAGCCGCGG
CTATAGCTGTGACGTTACTCGCAGAAGAAGCACCGGCTAACTT
CGTGCCAGCAGCCGCGG
CTATAGCTGTGACGTTACTCGCAGAAGAAGCACCGGCTAACTTC
GTGCCAGCAGCCGCGG
TTGCAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGGCTAACTTCGTGCCAGCAGCCGCGG
TTGCAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGGCTAACTTCGTGCCAGCAGCCGCGG
TTGCAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGGCTAACTTCGTGCCAGCAGCCGCGG
TTGCAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGGCTAACTTCGTGCCAGCAGCCGCGG
TTGCAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGGCTAACTTCGTGCCAGCAGCCGCGG
*
***************
****************
***********************
26
室戸海洋深層水より採取されたviolacein産生産生株の16S rRNA遺伝子287塩
基配列を比較した。図中で赤く表記した塩基は、異なっていた配列を持った部
位である。
27
図4
Pseudoalteromonas luteoviolacea(X82144)との比較
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
ATTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTCGAGCGGT
AACAGAGATAGCTTGCT
ATTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTCGAGCGG
AAACGAGAATAGCTTGCT
----------------------AACACATGCAAGTCGAGCGGTAACATTTCTAGCTTG
CT
***
**************************
TCTGCTGACGAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCTTGGGAATATGCCTTTAGGTGGGGGA
A
TTCGGCGTCGAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCTTGGGAATATGCCTTTAGGTGGGGGA
A
AGAAGATGACGAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCTTGGGAACGTGCCGTAAGGTGGGG
GA
*
*
* ********************************
**** * **********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
AGTTGGAAACGACTGCTAATACCGCATGATGTCTACGGACCAAAGTGGGGGACCTT
CAAC
AGTTGGAAACGACTGCTAATACCGCATAATGTCTACGGACCAAAGTGGGGGACCTT
CAAC
CAACCATTGGAAACGATGGCTAATACCGCATAATGTCTACGGACCAAAGGGGG----C
TT
****
**********
*************
******
***
***********
***
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
GCCTCACGCCTAAAGATTAGCCCAAGTGGGATTAGCTAGTTGGTTGAGGTAAAGGCT
CGG
GCCTCACGCCTAAAGATTAGCCCAAGTGGGATTAGCTAGTTGGTTGAGGTAAAGGCT
CGG
CGG--CTCTCGCCTTATGATCGGCCCAAGTGGGATTAGCTAGTTGGT-AAGGTAATGG
CT
***
*** ***** * ****
***
*********************
****** ****
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
CACCAAGGCAACGATCCCTAGCTGGTTTGAGAGGATGATCAGCCACACTGGAACTGAGAC
CACCAAGGCGACGATCCCTAGCTGGTTTGAGAGGATGATCAGCCACACTGGAACTGAGAC
TACCAAGGCGACGATCCCTAGCTGGTTTGAGAGGATGATCAGCCACACTGGAACTGAG
AC
******** *********************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
ACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGGAATATTGCA
CAATGGGCGCAAGCCTG
ACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGGAATATTGCA
CAATGGGCGCAAGCCTG
ACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGGAATATTGCACAATGGGCGCAAGCC
TG
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
ATGCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGCC
CTAGGGTTGTAAAGCACTTTCAGCGAGGA
ATGCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGCC
CTAGGGTTGTAAAGCACTTTCAGTAAGGA
ATGCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGCCTTCGGGTTGTAAAGCACTTTCAGTAAG
GA
*******************************
************ *********
****
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
GGAAAGGTTA
TAGTTTAATAGACTATAGCTGTGACGTTACTCGCAGAAGAAGCACCGGCT
GGAAAGGTT
GTAATTTAATAGATTGCAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGGCT
GGAAAGGTTAGTAGTTAATACCTGCTAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGG
CT
*********
******
*****************
***************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
TCGTGCCAGCAGCCGCGGTAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGG
AACT
TCGTGCCAGCAGCCGCGGTAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGG
AACT
AACTCCGTGCCAGCAGCCGCGGTAATACGGAGGGTGCGAGCGTTAATCGGAATTACTG
GG
**** ************************
*****************
****** *****
CGTAAAGCGTACGCAGGCGGTTTGTTAAGCGAGATGTGAAAGC
CCCGGGCTCAACCTGGG
CGTAAAGCGTACGCAGGCGGTTTGTTAAGCGAGATGTGAAAGC
CCCGGGCTCAACCTGGG
CGTAAAGCGTACGCAGGCGGTTTGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTG
GG
*******************************************
*****************
28
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
AACTGCATTTCGAACTGGCA
GACTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAG
AACTGCATTTCGAACTGGCA
GACTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAG
AACTGCATTTCGAACTGGCAAACTAGAGTGTGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGT
AG
******************** *****************
******** *************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
CGGTGAAATGCGTAGAGATCTGAAGGAATACCGATGGCGAAGG
CAGCCACCTGGGTCAAT
CGGTGAAATGCGTAGAGATCTGAAGGAATACCGATGGCGAAGG
CAGCCACCTGGGTCAAT
CGGTGAAATGCGTAGAGATCTGAAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCA
AC
*******************************************
****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
ACTGACGCTCATGTACGAAAGCGTGGGGAGCAAAC
GGGATTAGATACCCCGGTAGTCCAC
ACTGACGCTCATGTACGAAAGCGTGGGGAGCAAAC
GGGATTAGATACCCCGGTAGTCCAC
ACTGACGCTCATGTACGAAAGCGTGGGGAGCAAACAGGATTAGATACCCTGGTAGTCC
AC
***********************************
****** **********
*******
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
GCCGTAAACGATGTCTACTAGGAGCTGG
AATC-TTCGGATGACTTTTCCAAACGTAACGC
GCCGTAAACGATGTCTACTAGGAGCTGGG
ATC-TTCGGATGACTTTTCCAAACGTAACGC
GCCGTAAACGATGTCTACTAGGAGCTGGGGTCCTTCGGACAACTTTTCCAAAGCTAAC
GC
****************************
********* ** ******
******
**
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
ATTAAGTAGACCGCCTGGGGAGTACGGCCGCAAGGTTAAAACT
CAAATGAATTGACGGGG
ATTAAGTAGACCGCCTGGGGAGTACGGCCGCAAGGTTAAAACT
CAAATGAATTGACGGGG
ATTAAGTAGACCGCCTGGGGAGTACGGCCGCAAGGTTAAAACTCAAATGAATTGACGG
GG
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
GCCGCACAAGCGGTGGAGCATGTGGTTTAATTCGATGCAACGC
GAAGAACCTTACCTACA
GCCGCACAAGCGGTGGAGCATGTGGTTTAATTCGATGCAACGC
GAAGAACCTTACCTACA
GCCGCACAAGCGGTGGAGCATGTGGTTTAATTCGATGCAACGCGAAGAACCTTACCTA
CA
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
CTTGACATCCAGAGAA
GAGACTAGAGATAGACTTGTGCCTTCGGGAACTCTGAGACAGGT
CTTGACATCCAGAGAA
GTTACTAGAGATAGTTTCGTGCCTTCGGGAACTCTGAGACAGGT
CTTGACATACAGAGAACTTACTAGAGATAGTTTGGTGCCTTCGGGAACTCTGATACAG
GT
******** *******
**********
*****************
* *********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
GCTGCATGGCTGTCGTCAGCTCGTGTTGTGAGATGTTGGGTTA
AGTCCCGCAACGAGCGC
GCTGCATGGCTGTCGTCAGCTCGTGTTGTGAGATGTTGGGTTA
AGTCCCGCAACGAGCGC
GCTGCATGGCTGTCGTCAGCTCGTGTTGTGAGATGTTGGGTTAAGTCCCGCAACGAGC
GC
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
AACCCCTATCCTTAGTTGC
TAGCAGGTAATGCTGAGAACTCTAGGGAGACTGCCGGTGAT
AACCCCTATCCTTAGTTGC
TAGCAGGTAATGCTGAGAACTCTAGGGAGACTGCCGGTGAT
AACCCCTATCCTTAGTTGCCAGC-GATTCGGTCGGGAACTCTAAGGAGACTGCCGGTG
AT
******************* *******************
* *
*
* ********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
AAACCGGAGGAAGGTGGGGACGACGTCAAGTCATCATGGCCCT
TACGTGTAGGGCTACAC
AAACCGGAGGAAGGTGGGGACGACGTCAAGTCATCATGGCCCT
TACGTGTAGGGCTACAC
AAACCGGAGGAAGGTGGGGACGACGTCAAGTCATCATGGCCCTTACGTGTAGGGCTAC
AC
*******************************************
*****************
29
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
ACGTGCTACAATGGCAG
GTACAGAGTGCTGCGAGCTCGCGAGGGTAAGCGAATCACTTAA
ACGTGCTACAATGGCAG
GTACAGAGTGCTGCGAGCTCGCGAGGGTAAGCGAATCACTTAA
ACGTGCTACAATGGCAGATACAGAGTGCTGCGAACTTGCGAGAGTAAGCGAATCACTT
AA
***************** ***************
*****************
** *****
CCTGTCGTAGTCCGGATTGGAGTCTGCAACTCGACTCCATGAAGTCGGAATCGCTAGT
AG
CCTGTCGTAGTCCGGATTGGAGTCTGCAACTCGACTCCATGAAGTCGGAATCGCTAGT
AG
AGTCTGTCGTAGTCCGGATTGGAGTCTGCAACTCGACTCCATGAAGTCGGAATCGCTA
GT
** ****************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
AATCGCGGATCAGAATGCCGCGGTGAATACGTTCCCGGGCCTT
GTACACACCGCCCGTCA
AATCGCGGATCAGAATGCCGCGGTGAATACGTTCCCGGGCCTT
GTACACACCGCCCGTCA
AATCGCGGATCAGAATGCCGCGGTGAATACGTTCCCGGGCCTTGTACACACCGCC---*******************************************
************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
CACCATGGGAGTGGGTTGCTCCAGAAGTGGCTAGTCTAACTGC
TTGCAGAGGACGGTCAC
CACCATGGGAGTGGGTTGCTCCAGAAGTGGCTAGTCTAACT-TTCGAGAGGACGGTCAC
-----------------------------------------------------------
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.luteoviolacea
CACGGAGTGATTCATGACTGGGGTGAAGTCGTAACAAGGTAGC
CCTA--CACGGAGTGATTCATGACTGGGGTGAAGTCGTAACAAGGTAGC
CCTAGGG
--------------------------------------------------
violaceinを産生するP.
luteoviolaceaとVグループの16S rRNA遺伝子の1353
塩基配列を比較した。図中で赤く表記してある塩基は、P. luteoviolaceaと異
なった塩基配列を持つ部位である。
30
図5
Pseudoalteromonas denitrificans(X82138)との比較
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
ATTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTCGAGCGGT
AACAGAGATAGCTTGCT
ATTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTCGAGCGG
AAACGAGAATAGCTTGCT
-TTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTCGAGCGGTAACAGAGATAGCTTG
CT
*****************************************
***
**********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
ATCTGCTGACGAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGC
TTGGGAATATGCCTTTAGGTGGGGGA
TCGGCGTCGAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCTTGGGAATATGCCTTTAGGTGGGGGA
AT
ATCTGCTGACGAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCNTGGGAATATGCCTTTAGGTGGGG
GA
**
*
* *************************
***************** ********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
CAACAGTTGGAAACGACTGCTAATACCGCAT
GATGTCTACGGACCAAAGTGGGGGACCTT
CAACAGTTGGAAACGACTGCTAATACCGCATAATGTCTACGGA
CCAAAGTGGGGGACCTT
CAACAGTTGGAAACGACTGCTAATACCGCATAATGTCTACGGACCAAAGTGGGGGACC
TT
*******************************
*****************
***********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
CGGGCCTCACGCCTAAAGATTAGCCCAAGTGGGATTAGCTAGT
TGGTTGAGGTAAAGGCT
CGGGCCTCACGCCTAAAGATTAGCCCAAGTGGGATTAGCTAGT
TGGTTGAGGTAAAGGCT
CGGGCCTCACGCCTAAAGATTAGCCCAAGTGGGATTAGCTAGTTGGT-GAGGTAAAGG
CT
*******************************************
**** ************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
CACCAAGGCAACGATCCCTAGCTGGTTTGAGAGGATGATCAGC
CACACTGGAACTGAGAC
CACCAAGGC
GACGATCCCTAGCTGGTTTGAGAGGATGATCAGCCACACTGGAACTGAGAC
CACCAAGGCAACGATCCCTAGCTGGTTTGAGAGGATGATCAGCCACACTGGAACTGAG
AC
********* *********************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
ACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGGAATATTGCA
CAATGGGCGCAAGCCTG
ACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGGAATATTGCA
CAATGGGCGCAAGCCTG
ACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGGAATATTGCACAATGGGCGAAAGCC
TG
*******************************************
********* *******
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
ATGCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGCCCTAGGGTTGTAA
AGCACTTTCAGCGAGGA
ATGCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGCCCTAGGGTTGTAA
AGCACTTTCAGTAAGGA
ATGCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGCCCTAGGGTTGTAAAGCACTTTCAGCGAG
GA
*******************************************
***********
****
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
GGAAAGGTTATAGTTTAATAGACTATAGCTGTGACGTTACTCG
CAGAAGAAGCACCGGCT
GGAAAGGTT
GTAATTTAATAGATTGCAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGGCT
GGAAAGGTTATAGTTTAATAGACTATAGCTGTGACGTTACTCGCAGAAGAAGCACCGG
CT
********* ** *********
*****************
*
***************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
-TTCGTGCCAGCAGCCGCGGTAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGG
AAC
-TTCGTGCCAGCAGCCGCGGTAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGG
AAC
AACCTTCGTGCCAGCAGCCGCGGTAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACT
GG
*** ***************************************
*****************
GCGTAAAGCGTACGCAGGCGGTTTGTTAAGCGAGATGTGAAAG
CCCCGGGCTCAACCTGG
GCGTAAAGCGTACGCAGGCGGTTTGTTAAGCGAGATGTGAAAG
CCCCGGGCTCAACCTGG
GCGTAAAGCGTACGCAGGCGGTTTGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCT
GG
*******************************************
*****************
31
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
GAACTGCATTTCGAACTGGCAGACTAGAGTATGATAGAGGGTG
GTAGAATTTCAGGTGTA
GAACTGCATTTCGAACTGGCAGACTAGAGTATGATAGAGGGTG
GTAGAATTTCAGGTGTA
GAACTGCATTTCGAACTGGCAGACTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTG
TA
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
GCGGTGAAATGCGTAGAGATCTGAAGGAATACCGATGGCGAAG
GCAGCCACCTGGGTCAA
GCGGTGAAATGCGTAGAGATCTGAAGGAATACCGATGGCGAAG
GCAGCCACCTGGGTCAA
GCGGTGAAATGCGTAGAGATCTGAAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTC
AA
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
TACTGACGCTCATGTACGAAAGCGTGGGGAGCAAACGGGATTA
GATACCCCGGTAGTCCA
TACTGACGCTCATGTACGAAAGCGTGGGGAGCAAACGGGATTA
GATACCCCGGTAGTCCA
TACTGACGCTCATGTACGAAAGCGTGGGGAGCAAACGGGATTAGATACCCNGGTAGTC
CA
*******************************************
******* *********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
CGCCGTAAACGATGTCTACTAGGAGCTGGAATC
-TTCGGATGACTTTTCCAAACGTAACG
CGCCGTAAACGATGTCTACTAGGAGCTGG
GATC-TTCGGATGACTTTTCCAAACGTAACG
CGCCGTAAACGATGTCTACTAGGAGCTGGAATCCTTCGGATGACTTTTCCAAAGCTAA
CG
*****************************
************* *****
*********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
CATTAAGTAGACCGCCTGGGGAGTACGGCCGCAAGGTTAAAAC
TCAAATGAATTGACGGG
CATTAAGTAGACCGCCTGGGGAGTACGGCCGCAAGGTTAAAAC
TCAAATGAATTGACGGG
CATTAAGTAGACCGCCTGGGGAGTACGGCCGCAAGGTTAAAACTCAAATGAATTGACG
GG
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
GGCCGCACAAGCGGTGGAGCATGTGGTTTAATTCGATGCAACG
CGAAGAACCTTACCTAC
GGCCGCACAAGCGGTGGAGCATGTGGTTTAATTCGATGCAACG
CGAAGAACCTTACCTAC
GGCCGCACAAGCGGTGGAGCATGTGGTTTAATTCGATGCAACGCGAAGAACCTTACCT
AC
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
ACTTGACATCCAGAGAAGAGACTAGAGATAGACTTGTGCCTTC
GGGAACTCTGAGACAGG
ACTTGACATCCAGAGAAG
TTACTAGAGATAGTTTCGTGCCTTCGGGAACTCTGAGACAGG
ACTTGACATCCAGAGAAGAGACTAGAGATAGACTTGTGCCTTCGGGAACTCTGAGACA
GG
******************
***********
*****************
* ********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
TGCTGCATGGCTGTCGTCAGCTCGTGTTGTGAGATGTTGGGTT
AAGTCCCGCAACGAGCG
TGCTGCATGGCTGTCGTCAGCTCGTGTTGTGAGATGTTGGGTT
AAGTCCCGCAACGAGCG
TGCTGCATGGCTGTCGTCAGCTCGTGTTGTGAGATGTTGGGTTNAGTCCCGCNACGAG
CG
*******************************************
******** *******
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
CAACCCCTATCCTTAGTTGCTAGCAGGTAATGCTGAGAACTCT
AGGGAGACTGCCGGTGA
CAACCCCTATCCTTAGTTGCTAGCAGGTAATGCTGAGAACTCT
AGGGAGACTGCCGGTGA
CAACCCCTATCCTTAGTTGCTAGCAGGTAATGCTGAGAACTCTANGGAGACTGCCGGT
GA
*******************************************
* ***************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
TAAACCGGAGGAAGGTGGGGACGACGTCAAGTCATCATGGCCC
TTACGTGTAGGGCTACA
TAAACCGGAGGAAGGTGGGGACGACGTCAAGTCATCATGGCCC
TTACGTGTAGGGCTACA
TAAACCGGAGGAAGGTGGGGACGACGTCAAGTCATCATGGCCCTTACGTGTAGGGCTA
CA
*******************************************
*****************
32
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
CACGTGCTACAATGGCAGGTACAGAGTGCTGCGA
GCTCGCGAGGGTAAGCGAATCACTTA
CACGTGCTACAATGGCAGGTACAGAGTGCTGCGA
GCTCGCGAGGGTAAGCGAATCACTTA
CACGTGCTACAATGGCAGGTACAGAGTGCTGCGAACTCGCGAGAGTAAGCGAATCACT
TA
**********************************
****************
********
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
AAGCCT
GTCGTAGTCCGGATTGGAGTCTGCAACTCGACTCCATGAAGTCGGAATCGCTAG
GTCGTAGTCCGGATTGGAGTCTGCAACTCGACTCCATGAAGTCGGAATCGCTAG
AAGCCT
AAGCCTATCGTAGTCCGGATTGGAGTCTGCAACTCGACTCCATGAAGTCGGAATCGCT
AG
****** ************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
TAATCGCGGATCAGAATGCCGCGGTGAATACGTTCCCGGGCCT
TGTACACACCGCCCGTC
TAATCGCGGATCAGAATGCCGCGGTGAATACGTTCCCGGGCCT
TGTACACACCGCCCGTC
TAATCGCGGATCAGAATGCCGCGGTGAATACGTTCCCGGGCCTTGTACACACCGCCCG
TC
*******************************************
*****************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
ACACCATGGGAGTGGGTTGCTCCAGAAGTGGCTAGTCTAACTG
CTTGCAGAGGACGGTCA
ACACCATGGGAGTGGGTTGCTCCAGAAGTGGCTAGTCTAACTT
TCG--AGAGGACGGTCA
ACACCATGGGAGTGGGTTGCTCCAGAAGTGGCTAGTCTAACTGCTG------------******************************************
520P1_V-1group_
710P1_V-2group_
P.denitrificans
CCACGGAGTGATTCATGACTGGGGTGAAGTCGTAACAAGGTAG
CCCTA--CCACGGAGTGATTCATGACTGGGGTGAAGTCGTAACAAGGTAG
CCCTAGGG
---------------------------------------------------
BLAST法により最も近縁とされたPseudoalteromonas denitrificansと
violacein産生株の16S rRNA遺伝子の1425塩基配列を比較した。赤で示した塩
基は、P.denitrificansと塩基配列が異なっていた部位である。P.
denitrificansの ”N” で示された塩基は、その種類が決定されていないもので
ある。
33
図6
violacein非産生株(402W15,
520P1B’)とVグループの塩基配列の比較
520P1_V-1group1_
710P1_V-2group_
402W15
520P1'B
CTATAGCTGTGACGTTACTCGCAGAAGAAGCACCGGCTAACT
TCGTGCCAGCAGCCGCGG
TTGCAGCTGTGACGTTACTTACAGAAGAAGCACCGGCTAACT
TCGTGCCAGCAGCCGCGG
CTATAGCTGTGACGTTACTCGCAGAAGAAGCACCGGCTAACT
TCGTGCCAGCAGCCGCGG
-----------------------------------------------------------
520P1_V-1group1_
710P1_V-2group_
402W15
520P1'B
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
TAATACGAGGGGTGCAAGCGTTAATCGGAATTACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
--------------------------------ACTGGGCGTA
AAGCGTACGCAGGCGGTT
******************
520P1_V-1group1_
710P1_V-2group_
402W15
520P1'B
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
TGTTAAGCGAGATGTGAAAGCCCCGGGCTCAACCTGGGAACT
GCATTTCGAACTGGCAGA
******************************************
******************
520P1_V-1group1_
710P1_V-2group_
402W15
520P1'B
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
CTAGAGTATGATAGAGGGTGGTAGAATTTCAGGTGTAGCGGT
GAAATGCGTAGAGATCTG
******************************************
******************
520P1_V-1group1_
710P1_V-2group_
402W15
520P1'B
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCTCATGTACGAAAGC
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCTCATGTACGAAAGC
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCTCATGTACGAAAGC
AAGGAATACCGATGGCGAAGGCAGCCACCTGGGTCAATACTG
ACGCTCATGTACGAAAGC
******************************************
******************
520P1_V-1group1_
710P1_V-2group_
402W15
520P1'B
------------------------------------------------GTGGGGAGCAAACGGGA
室戸海洋深層水中より分離したviolacein非産生株402W15及び、violacein産
生株520P1の継代培養中に現れたviolacein非産生株520P1’Bの16S rRNA遺伝子塩
基配列をV-1グループ、V-2グループのものと比較した。
34
図7
属間での相同性(%)
本研究で最も多く得られたVibrio属の6種と、それについで株数の多かった
Pseudoalteromonas属3種、Shewanella属4種の16S rRNA遺伝子の配列をデータ
ベースより得て、その相同性を表にまとめた。16S rRNA遺伝子ほぼ全域である
1366塩基配列の相同性は上段黒文字で記した。また、シーケンスに用いたプラ
イマー(r2L)を含む5’末端側へ360塩基配列の相同性は下段赤文字で記した。
黄色のセルはVibrio属内の相同性、紫色のセルはPseudoalteromonas属内の
相同性、オレンジ色のセルはShewanella属内の相同性を示す。水色のセルは異
属間の相同性を示す。
35
Fly UP