...

常設展示品 - 神奈川県立歴史博物館

by user

on
Category: Documents
33

views

Report

Comments

Transcript

常設展示品 - 神奈川県立歴史博物館
常設展示品
キャプション集
神奈川県立歴史博物館
キャプション集
◇
テーマ1
◇
さがみの古代に生きた人々
もくじ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代1
◆
大地に生きる狩人 -旧石器時代-
◇ 生活の傷痕
● 川原石を打ち剥がす
● 神奈川県内最古の石器群
● 狩猟具に石斧を伴う石器群
● ナイフ形石器主体の石器群(1)
● ナイフ形石器主体の石器群(2)・・・・・・・・・・・・・・古代2
● 石器製作の工程
● 槍先形尖頭器石器群
● 槍先形尖頭器(大形石槍)
● 細石刃石器群(1)
● 細石刃石器群(2)
◆
海への進出 -縄文時代-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代3
◇
土器の出現
● 狩猟具の変化と土器の登場
● 縄文時代初頭の石器群(1)
● 縄文時代初頭の石器群(2)
● 縄文時代初頭の石器群(3)
● 発掘された竪穴住居
・・・・・・・・・・・・・・・・・古代4
◇ 縄文土器
・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代5
● 早期の土器
● 前期の土器
● 中期の土器
● 後・晩期の土器
・・・・・・・・・・・・・・・・・古代6
● 他地域の土器とその影響を受けた土器
● 土器製作の道具・文様・痕跡
◇ 暮らしの発達と道具の進歩
・・・・・・・・・・・・・・・・古代7
● 狩猟具
● 漁労具
● 工具・切削具
● 調理具
● 食料の残滓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代8
● 装身具
● 信仰具
・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代9
● 土偶
● 石棒と石剣
・・・・・・・・・・・・・・・・・古代10
● 赤い色と縄文人
◎ 縄文時代の集落(模型)
◇ かながわの地名のついた縄文土器
・・・・・・・・・・・・・・・・・古代11
● 様式土器例
◆
米づくり、始まる
-弥生時代-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代12
◇
弥生土器
◇
● 西日本地方の弥生土器
● 前期末葉~中期前葉の土器
● 中期中葉の土器
・・・・・・・・・・・・・・・・古代13
● 中期後葉の土器
● 後期の土器
農耕生活と道具
・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代14
◆
◆
◇
テーマ2
◇
● 石包丁状石器
● 工具
● 木製農具
・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代15
● 調理具
● 武器
● 装身具
◎ 弥生時代の集落(模型)
・・・・・・・・・・・・・・・・・古代16
◇ 海蝕洞窟遺跡
◎ 海蝕洞窟に暮らす(模型)
● 三浦市間口洞窟遺跡出土品 神奈川県指定重要文化財・古代17
● 漁労具
● 卜骨と卜甲
● 副葬品
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代19
古墳を築く -古墳・飛鳥時代-
◇ 古墳・横穴墓
◇ 土師器と須恵器
・・・・・・・・・・・・・・・・ 古代21
◎ 飾られた古墳(模型)
◎ 古墳時代の家屋(模型)
都とさがみの国 -奈良・平安時代-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 古代23
◇ 役所・寺院・官道
◇ 村びとの生活
・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代26
● 顔付きの違う土器たち
◇ 祈り、まじない、信仰
・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代27
◇ 火葬墓、甕棺墓、土坑墓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代29
◎ 相模国分僧寺(模型) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・古代30
都市鎌倉と中世びと
◆
◆
◆
◆
◆
◆
鎌倉・相模・東国
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中世1
-新しい国造りへの胎動―
◎ 中世の鎌倉(模型)
◇ 『天養記』にみる鎌倉
東国武士団の結束が生んだ武家政権 ―鎌倉の地と源頼朝-
・・・・・・・・・中世2
◇ 源氏三代と北条氏
◇ 蒙古襲来と鎌倉幕府
・・・・・・・・・・・・・・・・・・中世4
◇ 室町時代の鎌倉
・・・・・・・・・・・・・・・・・・中世5
小田原を本拠に関東制覇をめざす -戦国大名後北条氏―
・・・・・・・・・中世6
◇ 後北条氏五代の関東制覇
◇ 後北条氏と東国文化
・・・・・・・・・・・・・・・・・・中世8
◎ 山中城(模型)
◇ 戦国時代の暮らし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中世9
中世都市鎌倉が、土の下に眠っていた-発掘品を通じてみる中世の世界-
◇ 鎌倉の暮らし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中世10
◎ 武士の館(模型)
先進の中国文化へのあこがれ -唐物とその影響-
◇ 大陸に開かれた港・鎌倉
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中世11
◇ 鎌倉彫と青磁
神仏に祈ることで救われた、中世の人びと -東国の仏教と文化-
・・ 中世13
◇ 武士と禅
◇ 鎌倉五山
◎ 円覚寺仏殿(模型)
◇ 念仏と題目
・・・・・・・・・・・・・・
中世 15
◇ 埋葬と供養
◎ やぐら(模型)
◇ 東国の中世美術
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中世17
◎
◇
テーマ3
◇
近世の街道と庶民文化
◆
◆
◆
◆
◇
テーマ4
◇
◆
◆
◆
◆
◆
◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・近世1
大名は参勤交代の列を組み、庶民は手形を懐に街道を行き交った -宿場と関所-
◇ 宿場の役割
<*1> 県内9宿に関係する浮世絵を順次展示
◇ 旅道具さまざま
・・・・・・・・・・・・・・・・・・近世2
◇ 城下町小田原の成立
◎ 小田原城天守閣木組(模型)
◇ 箱根関所の役割
・・・・・・・・・・・・・・・・・近世4
人びとの楽しみは、信仰と遊山を兼ねた小旅行-庶民文化と名所めぐり- ・・・・近世5
◇ 相武の寺社と開帳
◇ 相武の名所
<*2> 県内の名所に関係する浮世絵を順次展示
<*3> タイムリーなテーマを設定して浮世絵を展示
村に生まれ、村に属し、村に暮らした人々 -村の支配と生活-
・・・・・近世6
◇ 江戸幕府と神奈川
◇ 農作業と四季
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・近世7
◇ 村の支配と年貢
◇ 村の組織
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・近世8
◎ 旧内海家住宅-年貢計量の景-(模型)
江戸百万の需要にこたえた相模・武蔵 -江戸の暮らしと相武の産物-
◇ 流通のしくみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 近世9
◇ 相武の産物と江戸
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 近世10
◇ 平ケース内
テーマ展示
横浜開港と近代化
◆
円覚寺舎利殿(模型)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・近代1
◎ 江戸内湾防備の大砲-青銅80ポンド陸用カノン砲-
蒸気船が導いた新たな時代 -鎖国から開国へ-
◇ 「鎖国」下の交流
◇ ペリー来航
◎ 黒船(模型)
世界に開かれた、みなとYOKOHAMA -異文化との交流-
・・・・・・近代3
◎ 横浜居留地(模型)
◎ 1号機関車(模型)
文明開化の音がする -近代社会の幕開け-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・近代5
◇ 戊辰戦争と神奈川
◇ 文明開化と神奈川
こころに自由のタネをまけ、オッペケペッポー・ペッポッポ -近代化の歩み-
◇ 神奈川の自由民権運動と民権結社
・・・・・・・・・・・・・・・・近代7
◇ 神奈川の三多摩から東京の三多摩へ
・・・・・・・・・・・・・・・・近代8
◇ 博覧会と共進会
・・・・・・・・・・・・・・・・・ 近代9
異人への飽くなき好奇心 -横浜浮世絵にみる神奈川-
・・・・・・・・・近代10
◇ 外国人の風俗
<*4> 横浜浮世絵を順次展示
◇ 横浜誕生
・・・・・・・・・・・・・・・・・近代11
◇ 開港場の生活
<*5>・横浜浮世絵を順次展示
・東海道の諸相
横浜のやきもの
● 真葛焼
国指定重要文化財・国指定史跡
旧横浜正金銀行本店本館
・・・・・・近代14
◇
◇
◇
◇
テーマ5
◇
横浜正金銀行の役割
◎ 横浜正金銀行本店
横浜正金銀行ゆかりの人々
● 福沢諭吉
● 大隈重信
● 井上準之助
● 高橋是清
● 永井荷風
平ケース内
○ 横浜正金銀行関連展示
・・・・・・・・・・・・・・・・近代15
・・・・・・・・・・・・・・・・近代16
現代の神奈川と伝統文化 〔歴史〕
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・現代1
◆ 恐怖のマグニチュード7.9 -関東大震災-
◇ 横浜正金銀行秘話
◇ 復興記念横浜大博覧会
◆ 大学は出たけれど・・・ -昭和恐慌-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・現代2
◇ モダン生活の登場
◇ 神奈川の社会運動
◆ 再び焼け野原になった -15年戦争-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・現代3
◇ 戦地の兵士たち
◇ 戦時体制下の神奈川
◇ 銃後の守り
◆ 民主主義と甘いお菓子を知った
-昭和の開国-
・・・・・・・・・・・・・・現代5
◇ 昭和の開国
◇ 戦後の生活
◆ 豊かさを追い求めて、ひたすら走り続けた -戦後復興から高度経済成長へ-
◇ 高度経済成長の光と影
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・現代7
○ 東京オリンピック関係資料
◇
テーマ5
◇
現代の神奈川と伝統文化
◆
贈答品
ムラ入りの儀礼
イエと暮らし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・民俗2
◇ 季節行事
◇ イロリ
◆ なりわいと儀礼
◆
◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・民俗1
薄れゆく村人たちの絆
◇
◇
◆
〔民俗〕
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・民俗4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・民俗5
◇ 農具の地域性
◇ 畜力と農耕
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・民俗6
◇ 雨乞い
◇ 虫送り
カミ頼みは、いつの世も
世代を超え、受け継がれる技術 -伝統工芸と伝統芸能- ・・・・・・・・・・・・・民俗 8
◇ 鎌倉彫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・民俗9
◇ 相模人形芝居
◇ 小田原漆器と箱根細工
◇ 大山独楽
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・民俗10
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
テーマ1
1
さがみの古代に生きた人々
大地に生きる狩人
-旧石器時代-
今の神奈川県域に人が住むようになったのは、約3万年の昔、氷河期の後半にあたります。
人びとは小さな集団をつくり、食料を求めては短期間に住む場所を移動していました。
まだ土器を使うことは知らず、黒曜石、粘板岩、石英などでつくった斧、槍、ナイフを手に、
狩猟や採集をおこなっていました。
生活の痕跡
旧石器時代の遺跡は、関東ローム層(赤土)とよばれる火山灰の層の中に埋もれてお
り、多くは河川に沿った台地の先端に立地しています。これらの遺跡は、いずれも一
時的な居住地(キャンプ地)で、当時の人びとは獲物を追い求めて移動する生活をおくっていました。
彼らが生活していた痕跡としては、主に石くずの散らばる石器を製作していた跡、炭化物の集中する焚
き火の跡、こぶし大の石を集めて石焼き(石蒸し)料理を行った跡などが発見されています。また、一部
に住居かと推測される痕跡も見つかっていますが、はっきりとしたことはわかっていません。
● 川原石を打ち剥がす
石器製作では、石塊を打ち剥がした破片(剥片)から形や大きさが適当なものを選び、細部の加工を行
う場合が多いが、ここに展示した剥片には打ち剥がした後に加工を行った痕跡が認められない。これほど
までに石を打ち剥がしても、適当剥片がほとんど得られなかったか、または石器製作における石材の適否
を見きわめていたのかもしれない。
旧石器時代
津久井城跡馬込地区(相模原市緑区城山町)出土
展
○
台石、叩石(石槌)
パ
○
関東ローム層の層序
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
神奈川県では関東ローム層と呼ばれる火山灰(赤土)厚く堆積しており、各層は堆積の年代が異な
るため、層ごとに出土する石器群の観察によって、その変化がわかる。栗原中丸遺跡 (座間市栗原)
● 神奈川県内最古の石器群 (B5層)
今から約35,000年前の後期旧石器時代初頭に当たり、石材はチャートが主体となる。この時
期は、原始的な「ナイフ形石器」ともいえる狩猟具を使用していた。
旧石器時代 吉岡遺跡群 D 区(綾瀬市吉岡)出土
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
展
○
ナイフ状石器、台形様石器、彫器、削器
● 狩猟具に石斧を伴う石器群
(B4層)
この時期の狩猟具は、ナイフ形石器と台形様石器で構成され、他には木材の伐採、加工用として刃部を
中心に研磨した石斧(局部磨製石斧)を伴うのが特徴である。
旧石器時代
津久井城跡馬込地区(相模原市緑区城山町)出土(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
展
○
ナイフ形石器、台形様石器、ヘラ形石器、局部磨製石斧、刃部を磨く前の段階の石斧
パ
○
旧石器時代遺跡の分布
● ナイフ形石器主体の石器群(1)
(B3層上面~上部)
約28,000年前に日本列島全域に降下した「姶良丹沢火山灰(AT)」の直下で発見された石器群。
狩猟具はナイフ形石器が主に使われ、石材は信州産の黒曜石である。
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
旧石器時代
寺尾遺跡(綾瀬市寺尾)出土
2
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
神奈川県指定重要文化財
展
○
ナイフ形石器、石刃、剥片、掻器、彫器、削器、叩石(石鎚)
● ナイフ形石器主体の石器群(2)
(B1層下部~L2層)
今から約23,000年前の気候が最寒冷期からやや温暖化した時期も、狩猟具はナイフ形石器が主体
となり、石器に使用された石材の多くは地元で採れる凝灰岩である。
旧石器時代
寺尾遺跡(綾瀬市寺尾)出土
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
神奈川県指定重要文化財
展
○
ナイフ形石器、石核、剥片、掻器、彫器、削器
● 石器製作の工程
ここに展示してあるものは、実際に黒曜石(北海道紋別郡遠軽町白滝産)を打ち剥ぎ、石器(槍先形尖
頭器)の製作を試みたものである。石のハンマーを使って石塊(原石)から剥片を剥ぎ取り、適当な大き
さの剥片を選び、石や鹿角のハンマーにより細部を加工していく。石器製作の過程では、同時に大量の小
剥片(石クズ)も発生する。
石器の製作は、御堂島
展
○
叩石(石槌)
、槍先の完成品
●
槍先形尖頭器石器群
正氏による
(L1H層上部~中部)
狩猟具の主体が、ナイフ形石器に替わった木葉形の槍先形尖頭器で構成される。炉の周囲などで石器製
作が行われ、残された多くは失敗作や未成品である。
旧石器時代
展
○
サザランケ遺跡(愛甲郡清川村宮ヶ瀬)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
槍先の未製品と剥片の接合状況、槍先の木製品、製作途中で折れてしまった槍先、槍先の完成品
● 槍先形尖頭器(大形石槍)
(B0層)
大形で東北地方の石材を用いた特異な石器、おそらくは製品として持ち込まれたもので、実用品ではな
く、
「威信材」としての性格を有していたと考えられる。
旧石器時代
栗原中丸遺跡(座間市栗原)出土
パ
○
石器の使い方
●
細石刃石器群(1)
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
(B0層下部~L1H層上面)
旧石器時代の終末頃に全国で認められる。薄く小さなカミソリ状の石器(細石刃)と、それを剥ぎ取る
ための加工を施した石塊(細石核)で構成される。
旧石器時代
代官山遺跡(藤沢市長後)出土
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
展
○
槍先形尖頭器、採石刃、細石核、接合資料(細石核+細石刃)、接合資料(細石核+剥片)
●
細石刃石器群(2)
(B0層)
狩猟具や工具の刃として使用された細石刃は、一部が破損しても交換することが可能であるため、一部
が破損しても交換することが可能であるため、コストパフォーマンスの高い石器と言える。
旧石器時代
三ノ宮・下谷戸遺跡(伊勢原市三ノ宮)出土
展
○
細石刃、細石核、鹿角の押圧具(復元)
、台石、叩石(石槌)
展
○
礫群(復元)
神奈川県埋蔵文化財センター保管
焼けた川原石が集積する。当時の調理施設とされる。おそらくは焼石の上で肉などを焼いたり、植物の
葉に包んで蒸し焼きにしていたと考えられる。他の遺跡では、礫群の中からイノシシの乳歯が発見されて
いる。
旧石器時代
寺尾遺跡(綾瀬市寺尾)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
パ
○
3
炉跡の出土
海への進出
-縄文時代-
約1万年前、土器が発明されてのち、人びとの生活の基礎は、狩猟、漁労、木の実
や根菜の採集でした。稲作技術が伝わるまでの約 7000 年間には、気候や環境が幾た
びか変化し、生活様式も複雑で豊かなものになっていきました。
東京湾や相模湾に注ぐ河川の流域にのこされた集落や貝塚は、縄文人が海へ進出し
ていった姿を想像させます。
土器の出現
世界でもっとも古いと考えられる土器は、現在までに日本、中国、ロシアなどいくつか
の地域で見つかっています。但し最初に土器の登場した場所がどこであったかについては、
はっきりとしたことがまだわかっていません。
このうち、日本列島で最も古いとされる土器は文様がなく(無文土器)
、それに続いて登場する、表面に
細いヒモ状の粘土を貼り付けた隆線文土器と呼ばれるものは、いずれも底が丸いものです。これらの土器
は、旧石器時代終末頃に見られる槍先形尖頭器や細石刃などの石器(狩猟具)とともに出土します。
●
狩猟具の変化と土器の登場
気候変動など自然環境に大きな変化をもたらした、旧石器時代の終わりから縄文時代の始まりにかけ
ては、大形獣の絶滅とともに狩猟具にも変化が認められる。また、この頃に出現した土器は、煮炊きに
使用した痕跡を残すものや、大きさの異なるものが存在する。大きさの違いからは、土器の使用方法に
合わせて、作り分けが行われていたと考えられる。
●
縄文時代初頭の石器群(1)
(L1S層)
今から約16,000年前の土器が出現する頃にあたり、狩猟具である槍先形尖頭器に、加工具であ
る石斧を再び伴うようになる。この遺跡からは、部厚い口縁部に押圧文を施した。県内で最古段階の土
器も出土している。
寺尾遺跡(綾瀬市寺尾)出土
縄文時代草創期
県指定重要文化財(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
展
○
槍先形尖頭器、片刃石斧、局部磨製石斧、打製石斧、削器、掻器
●
縄文時代初頭の石器群(2)
(漸移層~L1S層)
槍先形尖頭器(狩猟具)に伴って出土する石斧(加工具)には、打製による片刃のものや丸ノミ形の
もの。さらには刃部を研磨した局部磨製のものが見られる。
吉岡遺跡群 A 区(綾瀬市吉岡)出土
縄文時代草創期
展
○
槍先形尖頭器、打製石斧、局部磨製石斧、叩石(石槌)
、削器。
パ
○
草創期の主要遺跡分布
パ
○
押圧文系土器
●
縄文時代初頭の石器群(3)
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
(黒土層下部、L1S層~B0層上部)
槍先形尖頭器、有舌尖頭器、石鏃など、旧石器時代の伝統を残しつつも、温暖化による動物相の変化
に対応した狩猟具の出現、交替が認められる。
縄文時代草創期
三ノ宮下谷戸遺跡(伊勢原市三ノ宮)出土
宮之前遺跡(横浜市緑区長津田町)出土(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
槍先形尖頭器、有舌尖頭器、石鏃、削器、掻器、局部磨製礫器、台石、叩石(石槌)、礫
展
○
深鉢(降線文土器)
縄文時代草創期
4
花見山遺跡(横浜市緑区川和町)出土
複製 (実物:横浜市ふるさと歴史財団保管)
展
○
深鉢(沈線文土器)
縄文時代草創期
花見山遺跡(横浜市緑区川和町)出土
複製(実物:横浜市ふるさと歴史財団保管)
展
○
深鉢(隆線文土器)
縄文時代草創期
代官山遺跡(藤沢市長後)出土
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
展
○
深鉢(隆線文土器)
縄文時代草創期
上野遺跡(大和市つきみ野)出土
複製(実物:大和市教育委員会所蔵)
展
○
深鉢(隆線文土器)
縄文時代草創期
宮之前遺跡(横浜市緑区長津田町)出土
復元複製(実物:神奈川県埋蔵文化財センター保管)
● 発掘された竪穴住居
この模型は、昭和42年に当館が梶山遺跡で発掘した縄文時代中期の半地下式の住居(竪穴住居)跡
である。発掘調査では、地面を掘りくぼめた部分のみしか残らないため、壁の一部と床面、柱穴や炉な
どの施設が確認されている。
調査の結果、竪穴住居は直径約5m円形をなし、壁部分の掘り込みはもっとも残りよい場所で深さが
約50cmとなる。また、床面の中央やや北寄りには、深鉢の上部を転用した埋甕炉が存在し、壁に近
い位置に掘られた柱穴の数からは、建て替えも行われていたようである。
その他、床面からは土器の破片や石器が出土しており、土器の中には蛇形の把手部分も見られる。
展
○
床面出土の石器(磨石)
縄文時代中期
梶山遺跡(横浜市鶴見区上末吉出土)
展
○
床面出土の土器片(深鉢:勝坂式)
縄文時代中期
梶山遺跡(横浜市鶴見区上末吉出土)
展
○
床面出土の土器片(蛇形把手:勝坂式)
縄文時代中期
梶山遺跡(横浜市鶴見区上末吉出土)
展
○
炉に使用された土器(深鉢の一部:勝坂式) 縄文時代中期
梶山遺跡(横浜市鶴見区上末吉出土)
パ
○
復元された竪穴住居
・・・・・・・・・
構造復元
発掘調査により見つかる。竪穴住居は、床面、炉、柱穴などの地下構造部分であることから、実際の上
屋構造についてはわからないことが多い。但し、最近では焼失住居や低湿地における調査成果からその構
造が少しずつ明らかになってきている。
竪穴住居の一般的な上屋構造は、茅葺き屋根もしくは樹皮葺き屋根と考えられてきたが、最近では土葺
き屋根(下地として茅を葺いた上に土を葺く)の存在も、発掘調査によって確認されている。土葺き屋根
は気密性が高いことから、夏は涼しく冬はすきま風を通さないという、機能的にも優れた構造であったと
考えられる。
写真上:茅(笹)葺き
縄文時代中期
パ
○
写真下:土葺き
史跡:勝坂遺跡公園(相模原市南区磯部)の復元住居
床に石を敷く住居
縄文時代中期の終わり頃から後期にかけて、関東から中部地方の山間部を中心に盛んに作られたもので、
円形の居住部分に長方形の入口部分を取り付けるという、柄鏡に似た平面形から「柄鏡形敷石住居」と
呼ばれている。最近では石を敷くという特徴から祭祀的な機能をもった特別な施設であるという考えに
対し、これが一般的な住居の一つとして利用されたものであり、石を敷く(石を使った)行為にこそ、
特別(祭祀的)な意味があったとする考えもある。この住居では、居住部分の中央に石で囲った炉が設
けられ、出入口付近には埋甕(民族例との対比から、乳幼児の埋葬施設や胞衣壷とする考えもある)も
発見されている。
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
パ
○
敷石住居址
縄文時代後期
愛甲郡清川村宮ヶ瀬
5
ナラサス遺跡
神奈川県埋蔵文化財センター
土器の出現は、容器としての使い道だけではなく、料理の道具として使用する
縄文土器
ことで、それまでは食料にできなかったものを煮て食べられるようになる、また
食料が保存しやすくなるなど、食生活にも大きな変化をもたらしました。
土器に見られる形と文様は、地域や時期によってさまざまですが、これらの違いは当時の集団や
文化の違いと深い関わりを持っているようです。また、縄文時代中期以降には、人の顔や蛇をかた
どった把手の付いた土器や釣手土器、香炉形土器など、信仰または儀礼用と思われる特殊なものも
作られるようになりました。
展
○
人面装飾付土器
縄文時代中期の土器の内、人の顔をかたどった装飾の付く土器である。手前にある大型の土器は、
「顔面
(人面)把手」として扱われることが多く、その形状からすれば、土偶もしくは、他の装飾付土器である可能
性も考えられる。口を開け、大きな鼻孔や切れ長の目を持つ顔の表面には赤彩が施され、頬には入墨を、
首と耳には装身具が表現される。また、奥にある土器は、深鉢の口縁に内向きに付けられた「顔面把手」
であり、土器自体が女性神を表現していたとも考えられる。いずれの土器も、顔面(人面)を装飾すると
いう点で、信仰や儀礼などの非日常的な場で使用されたものと考えられる。
縄文時代中期
手前:公田ジョウロ塚遺跡(横浜市栄区公田町)出土
縄文時代中期
奥:日比多神社境内遺跡(伊勢原市三之宮)出土
複製(原品:三之宮郷土博物館所蔵)
展
○
深鉢
大形の装飾された土器であり、おそらくは埋納されたもの(埋甕)と考えられる。口の部分が下の方か
ら見つかっているため逆位で埋められていたとすれば、土器棺として使用された可能性も考えられる。
縄文時代中期
●
横浜市南区上永谷町出土
早期の土器
はじめは尖底の深鉢が作られ、撚糸文、押型文、沈線文、条痕文などの文様が施された。後半には平底
や胎土中に植物の繊維を混入したものが出現する。
展
○
深鉢
縄文時代早期
茅山貝塚(横須賀市佐原)出土
展
○
尖底深鉢
縄文時代早期
紅取遺跡(横浜市磯子区磯子町)出土
展
○
深鉢(野島式)
縄文時代早期(後半)の標式遺跡から出土
野島貝塚(横浜市金沢区野島町)出土
展
○
深鉢(田戸上層式)
縄文時代早期(後半)の標式遺跡から出土
田戸遺跡(横須賀市田戸台)出土
●
前期の土器
平底の深鉢を中心に、片口、浅鉢、皿など器形の種類が増す。文様は貝殻文、羽状縄文、竹管文が発達
し、丹塗りされたものもみられるようになる。
展
○
深鉢
縄文時代前期
風早台貝塚(横浜市鶴見区生麦町)出土
展
○
深鉢
縄文時代前期
北川貝塚
(横浜市港北区新吉田町)出土
展
○
深鉢
縄文時代前期
折本貝塚
(横浜市緑区折本町)出土
●
中期の土器
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
6
把手を付けたり、器面に人や動物の顔や姿を模した装飾的な土器が盛行する。また、有孔鍔付土器、釣
手土器、香炉形土器のように特殊な形のものも現われる。
展
○
浅鉢
縄文時代中期
宮台遺跡(横浜市鶴見区東寺尾)
展
○
深鉢
縄文時代中期
三の丸遺跡(横浜市都筑区富士見ヶ丘)
展
○
深鉢
縄文時代中期
横浜市内
展
○
深鉢
縄文時代中期
中細野遺跡(愛川町中細野)
展
○
釣手土器
縄文時代中期
美立谷戸遺跡(横浜市保土ヶ谷区今井町)
展
○
浅鉢(蛇面把手)
縄文時代中期
横浜市根岸台
パ
○
有孔鍔付土器
縄文時代中期
●
後・晩期の土器
林王子遺跡(厚木市王子)
文様は磨消縄文を基調として曲線的に描かれる。深鉢は精製と粗製のものがあり、他に浅鉢、台付鉢、
皿、壺、注口土器、双口土器などが一般的に用いられた。
展
○
深鉢
縄文時代後期
宮台遺跡(横浜市鶴見区東寺尾)
展
○
深鉢(称名寺式)
縄文時代後期(初頭)の標式遺跡から出土
称名寺貝塚(横浜市金沢区金沢)出土
展
○
深鉢
破損した箇所を修復して(孔をあけ、紐で縛って)使用している
縄文時代後期
荒立貝塚(横浜市鶴見区東寺尾)出土
展
○
蓋付壺
縄文時代後期
別所貝塚
(横浜市鶴見区北寺尾)出土
展
○
台付浅鉢
縄文時代後期
小仙塚遺跡(横浜市鶴見区下末吉)出土
展
○
浅鉢
縄文時代後期
小仙塚遺跡(横浜市鶴見区下末吉)出土
展
○
注口土器
縄文時代後期
三殿台遺跡(横浜市磯子区岡村町)出土
パ
○
双口土器
縄文時代後期
金子台遺跡(足柄上郡大井町金子)出土
パ
○
壺
縄文時代後期
下原遺跡 (川崎市多摩区長尾)出土
●
他地域の土器とその影響を受けた土器
遺跡からは、地元で作られた土器に混じって、他の地域で作られた土器が見つかることがある。これは、
他の地域から土器を携えた人が移動してきたことを示すものであり、一方では地元の人が他の地域の土器
をまねて(似せて)作った土器も見られる。
展
○
鉢 (北裏C式)
東海地方から搬入された土器
縄文時代中期
展
○
小型鉢(北裏C式)
原口遺跡(平塚市上吉沢)出土
東海地方から搬入された土器
縄文時代中期
展
○
小型鉢(五領ヶ台式)
搬入品を模倣した在地の器
展
○
器台
土器を製作する際の台
●
土器製作の道具、文様、痕跡
鶴巻上ノ窪遺跡(秦野市鶴巻)出土
原口遺跡(平塚市上吉沢)出土
市ノ沢団地遺跡(横浜市旭区市沢町)出土
遺跡から出土する土器には、製作時の痕跡をとどめているものや、製作に関係するモノ(道具)が見ら
れる。時期や地域ごとに特徴のある、その文様(施文具)や痕跡などからは、土器製作に利用された生活
用具の一部とともに、当時の生活の様子の一端をうかがうことができる。
展
○
木葉痕が残る土器の底部
展
○
漆要具(漆液容器)
縄文時代中期
大地開戸遺跡(相模原市緑区青野原)出土
深鉢を転用したもので、土器の内面に見られる付着物からは、クロメ漆の容器として使用されたもの
縄文時代中期
大地開戸遺跡(相模原市緑区青野原)出土
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
7
焼成粘土塊
表面に見える捏ねたり握ったような痕跡、さらには中途半端な焼成を行っていることから、採取して
きた粘土の状態を確認するためのテストピースか?
縄文時代中期~後期
原口遺跡(平塚市上吉沢)出土
展
○
土器文様模型(縄文、羽状縄文、撚糸文、沈線文、竹官文、貝殻文)
展
○
浅鉢
展
○
ミガキ用石
表面にミガキが行われ、光沢をもつ
榎戸貝塚(横須賀市)出土
表面が潤らかで、側縁に磨り跡がある
暮らしの発達と道具の進歩
縄文後期
横浜市内出土
気候の変動にともなう環境変化により、生産活動が活発となったこ
の時代は、狩猟具、漁撈具を中心に、工具、調理具、装身具などの生
活用具の種類も多彩になりました。狩猟具は獲物が大型動物から中・小動物へと変化する中で槍から弓矢
へと交替しました。また、道具の材料には石以外にも動物・魚の骨や角、貝殻などが利用され、用途や目
的に応じた機能的な形状に仕上げられました。これらの中には、居住地の周辺ばかりでなく、遠方から運
びこまれたと考えられる黒曜石、硬玉、オオツタノハなどの貝殻を用いた製品も見られます。
●
狩猟具
石鏃、骨鏃、石槍などが代表的な道具で、柄の先端に付けて使用した。石鏃は数や種類が多くみられ、
各時期を通じて弓矢の使用が盛んであったことが知られる。
縄文時代
展
○
石鏃
縄文時代後期
仏向遺跡(横浜市保土ヶ谷区仏向町)
展
○
石槍
縄文時代
横浜市旭区白根町
展
○
骨鏃
縄文時代後期
吉井第一貝塚(横須賀市吉井台埼)
●
漁労具
横浜市保土ヶ谷区上菅田町
骨角製のモリ、ヤス、釣針、尖頭器、石錘、土錘などがある。骨角製漁具は精巧で機能的な製品が多く、
海岸部での漁労依存度が高かったことを示している。
縄文時代
展
○
鹿角製銛
縄文時代後期
三ツ沢貝塚(横浜市神奈川区三ツ沢東町)
展
○
骨製尖頭器
縄文時代後期
茅山貝塚(横須賀市佐原)
展
○
鹿角製ヤス
縄文時代早期
吉井第一貝塚(横須賀市吉井台埼)
●
工具、切削具
土掘り具、木の伐採具、木製品や骨角製品の加工具、皮や筋を掻き切る道具など、用途に合わせて打製
石斧、磨製石斧、石錐、石匙などが整備されていた。
展
○
打製石斧
展
○
貝斧
展
○
磨製石斧
土を掘るための道具
樹木を伐採するための道具
縄文時代
縄文時代中期
横浜市白根町
縄文時代中期
師岡貝塚(横浜市港北区師岡町)
縄文時代後期
横浜市旭区白根町
<模型>
・有茎石鏃の装着状態
・無茎石鏃の装着状態
・鹿角製銛の装着状態
・短冊形打製石斧の装着状態
・乳棒状磨製石斧の装着状態
・鹿角製銛の装着状態
・撥形打製石斧の装着状態
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
●
8
調理具
採取された動・植物は調理加工されて食されたと思われる。凹石、石皿、磨石、礫器、貝刃などは砕く、
磨りつぶす、切り取る調理具として用いられた。
展
○
石皿
展
○
磨石
展
○
凹石
縄文時代
背面が凹みとなるリバーシブルの道具
縄文時代後期
荒立遺跡(横浜市鶴見区東寺尾)出土
縄文時代後期
小仙塚貝塚(横浜市鶴見区下末吉)出土
蜂巣石、雨垂石とも呼ばれる。表面の凹みの存在から堅巣類の殻を割るための道具とも考
えられているが、その用途は不明である。炉の縁石に転用されていた。
縄文時代中期
展
○
石皿
左藤内遺跡(横浜市磯子区森)出土
ドングリなどをすりつぶして粉にするための道具。中央部には、使用し過ぎで穴があいて
しまっている。縁の凹みは、堅い殻を割るのに使ったと考えられている。
縄文時代中後期
横浜市旭区市沢町出土
展
○
小型磨製石斧
縄文時代後期
横浜市小仙塚貝塚出土
展
○
展
○
展
○
石錐
石匙
貝刃
縄文時代中後期
縄文時代中後期
縄文時代前期
市内遺跡
市内遺跡
横浜市梶山貝塚
展
○
礫器
縄文時代早期
横浜市紅取貝塚
展
○
敲石
縄文時代
横浜市十王堂免遺跡
●
食料の残滓
貝塚に残された獣・鳥・魚の骨や貝殻から、陸と海に生息する数十種に及ぶ生き物の採取活動や、海岸
地域の縄文人の食生活の一端を知ることができる。
展
○
県内各地貝塚
オオノガイ、ハマグリ、マガキ、シオフキガイ、アサリ、ハイガイ、アカニシ、ウミニナ、
ツメタガイ、マダイ前顎骨、クロダイ前顎骨、スズキ椎骨、イルカ椎骨、タヌキ上腕骨、
マグロ椎骨、ニホンザル下顎骨、イノシシ下顎骨、ニホンジカ下顎骨
◎ 貝塚の断面(模型)
この模型は、横須賀市吉井貝塚を参考に、縄文時代前期における貝塚の断面の状況を復元したものです。
貝塚からは、数多くの食べかす(貝殻や獣骨、魚骨など)に加えて土器や石器などの生活用具も見つかり
ます。模型は、上から縄文時代中期の貝層、あまり貝を含まない土層、縄文時代早期の貝層が順番に堆積
している様子を示しています。
早期の貝層にはマガキやハイガイが多数見られ、いずれも干潟に生息しています。ハイガイは、暖かく
てきれいな海にしか生息しないため、現在は九州の有明海などでしかみられなくなりました。また、中期
の貝層では、スガイが半分近くを占めており、この時期も引き続き海水温度が高かったと思われます。
(模型縮尺=1/1)
パ
○
貝塚の分布
●
装身具
木、土、石、骨、角、牙、貝などを素材にして、かんざし、櫛、首飾り、垂飾り、耳飾り、腕輪などの
装身具がつくられた。これらは素材のもつ自然の形や色彩が生かされ、巧みな製作技術によって仕上げら
れている。中には硬玉製大珠のように、呪力や権威の象徴を目的としてつくられたと考えられるものもあ
った。
展
○
土製耳飾り
縄文時代
土で作ったピアス、赤く塗ったものもある。
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
縄文時代晩期
展
○
9
なすな原遺跡(町田市)出土
玦状耳飾り
滑石で作った孔に通してぶらさげるタイプのピアス。出土する数からは、この耳飾を付けられる人はご
く少数で、特別な立場の人であった可能性がある。
縄文時代早期
展
○
上浜田遺跡(海老名市大谷)出土<県指定重要文化財>
貝輪
貝殻で作ったブレスレット
神奈川県埋蔵文化センター保管
縄文時代中期・後期
・ベンケイガイ製
三ツ沢貝塚(横浜市神奈川区三ツ沢東)出土
・サルボウガイ製
小仙塚貝塚(横浜市鶴見区下末吉)出土
・イタボガキ製
三ツ沢貝塚(横浜市神奈川区三ツ沢東)出土
・イタボガキ製
称名寺貝塚(横浜市金沢区金沢町)出土
・アカニシ製
江戸坂貝塚(横須賀市久比里)出土
・アカニシ製
薬王寺貝塚(横浜市金沢区寺前町)出土
展
○
組合式貝輪模造
展
○
組合式貝輪(未製品)
展
○
硬玉(翡翠)製大珠
横浜・横須賀市内出土
野島貝塚出土品をもとに復元したもの
サルボウガイ製
縄文時代早期
野島貝塚(横浜市金沢区野島町)出土
硬玉(翡翠)で作られた大型の石製装身具(首飾り)
、新潟県姫川流域が原産地の交易品であり、単なる
装身具ではなく、呪術的な意味をもっていると考えられる。
縄文時代中期
藤沢市石川山田出土
展
○
装身具(アクセサリー)の装着状態の復元
パ
○
耳飾をつけた人が埋葬された墓
複製(実物:日本大学藤沢高等学校所蔵)
玦状耳飾りの出土
長楕円の形をした土坑墓の底からは、二つの耳飾が対になって出土しており、この墓に眠る人は、耳飾
をつけた状態で埋葬されたことがわかる。また、耳飾の出土した位置からは頭を東側に向けていたと思わ
れ、墓の大きさからすると体を折り曲げた状態で埋葬されていた(屈葬)と考えられる。
●
信仰具
自然環境の影響を受けることが多かった縄文時代では、日常生活の中に信仰や呪術にかかわる儀礼が熱
心にとり行われていたものと考えられる。狩猟、漁労、植物採集、道具の製作、誕生、葬送などは、その
対象になったものであろう。こうした信仰や呪術の生活を反映したものとして、土偶、土版、石棒、石剣
などの土製品や石製品が中期以降多くつくられるようになった。
●
縄文時代
土偶
土製の人形で、乳房や腰が強調される場合が多く、女性を表現したものと考えられる。多産や豊饒を祈
るために、また破損しているものが多く見られることから災厄などをはらうために使われたとも考えられ
ている。
展
○
土偶
a
縄文時代後期
西富貝塚(藤沢市西富)出土
展
○
土偶
b
縄文時代後期
向川名貝塚(藤沢市川名)出土
展
○
土偶
c.d
縄文時代後期
なすな原遺跡(横浜市緑区長津田町~東京都町田市成瀬)出土
複製(実物:東京都町田市教育委員会所蔵)
展
○
縄文時代中期
折本遺跡(横浜市都筑区折本町)出土
展
○
縄文時代後期~晩期
仏向遺跡(横浜市保土ヶ谷区仏向町)出土
展
○
縄文時代後期~晩期
横浜市旭区上白根町出土
展
○
縄文時代晩期
仏向遺跡(横浜市保土ヶ谷区仏向町)出土
展
○
縄文時代晩期
平沢同明遺跡(秦野市平沢)出土
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
縄文時代後期
10
左:源東院台遺跡(横浜市都筑区東方町)出土
右:仏向遺跡(横浜市保土ヶ谷区仏向町)出土
展
○
土製の鈴(土鈴)
全体に作りがやや粗く、穴はあいていない。内部には直径6~7ミリの土玉(21個)がつめられてい
た。X線写真は、中に土玉の入った状態を撮影したもの。
縄文時代中期
原東遺跡(相模原市緑区小倉)出土
(神奈川県埋蔵文化財センター保管)
展
○
土版
表裏面に模様が施され、用途については土偶と同じく呪具(まじない等に使われた道具)
、もしくは護符
(守り札)と考えられている。
縄文時代晩期
上町屋遺跡(鎌倉市上町屋)下原遺跡(川崎市多摩区長尾)出土
一部複製
●
実物:川崎市教育委員会蔵
石棒と石剣
共同体の食料資源の安定や、人や動物の繁栄を祈って、村のシンボルとして石棒や石剣がまつられた。
これらは配石墓や敷石住居址と共に発見されることが多い。
展
○
縄文時代
石棒
女性を表現したとみられる土偶と対照的に男性器を石でかたどった、祭祀や儀礼に使われた道具と考え
られている。下半部を人為的に破壊している。
縄文時代後期
展
○
石剣
展
○
石棒
道光山遺跡(横浜市鶴見区寺谷)出土
剣形の磨製石器。広義の石棒に属する。
なすな原遺跡(横浜市緑区長津田~東京都町田市成瀬)出土
縄文時代後期
(東京都町田市教育委員会保管)
縄文時代晩期
なすな原遺跡(横浜市緑区長津田~東京都町田市成瀬)出土
パ
○
配石墓群、配石墓土壙
〇
赤い色と縄文人
(東京都町田市教育委員会保管
生命の象徴とも言われる「赤」で彩られた道具は、特殊な形のものが多く見られることから、まつりな
どの非日常的な場で使用されたと考えられる。
「赤」は神聖かつ呪術的な意味をもつものとして、自然現象
に大きく左右された縄文人の生活にとっては欠かせない色であったのかもしれない。
展
○
赤色顔料(ベンガラ)
鉄分を多く含んだ岩石や土から生成するベンガラは、赤色顔料として縄文時代にも多用されていた。
展
○
ベンガラつき貝殻
ハマグリの貝殻の内面にベンガラが付着する。パレットとして使われた。
縄文時代後期
展
○
赤彩土製耳飾
小仙塚貝塚(横浜市鶴見区下末吉)出土
三ツ沢遺跡(横浜市神奈川区三ツ沢東町)出土
宮台遺跡(横浜市鶴見区東寺尾町)出土
展
○
赤彩土器(破片)
土器の表面にベンガラが塗布されている。
縄文時代前期
展
○
赤彩石剣
縄文時代晩期
横浜市旭区白根町出土
なすな原遺跡(横浜市緑区長津田~東京都町田市成瀬)
複製(実物):東京都町田市教育委員会蔵
◎
縄文時代の集落(模型)
この模型は、横須賀市茅山貝塚を参考に、縄文時代前期の集落の立地する景観を復元したものです。縄
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
11
文時代早期頃に人びとはそれまでの獲物を追い求める移動生活から、一箇所にとどまりムラを作る定住生
活をはじめます。ただし、同じ場所に長く住み続けたわけではなく、いくつかの場所で季節に応じた住み
分けをしていた可能性もあります。
当時の人びとが暮らす集落(ムラ)の規模はさまざまですが、住居の数が10軒を越すような集落は稀
で、多くは5軒に満たない程度の小さな集落であったようです。集落は日当たりの良い南向きの台地に多
く営まれ、中央には広場が、また台地の縁辺にはゴミ捨て場として貝塚が形成されています。
(模型縮尺=1/60)
〇
かながわの地名がついた縄文土器
主に日常生活で使用された土器は、時代や時期、地域によって、その形や文様などが変化します。
考古学では、この変化の中で、それぞれの土器がもつ特徴によりグループ分けしたものを「○○式」と
呼んで、他の特徴をもつグループと区別しています。そして、これらのグループ同士を比較することで、
時間を測るためのモノサシに利用したり、その分布(広がり)を調べることによって、同じグループの土
器を使っていた人々の生活範囲を知ることもできます。
通常「○○式」というグループの呼び方(型式名)は、それぞれ特徴をもった土器が最初に発見された
遺跡(標式遺跡)の名前(地名)をとって名づけられており、縄文土器の型式名にも、かながわの地名が
ついたものを見ることができます。
① 大丸遺跡(横浜市南区)→
大丸式(早期)
② 夏島遺跡(横須賀市:国史跡)→
夏島式(早期)
③ 大浦山遺跡(三浦市)→
大浦山式(早期)
④ 平坂貝塚(横須賀市)→
平坂式(早期)
⑤ 三戸遺跡(三浦市)→
三戸式(早期)
⑥ 田戸遺跡(横須賀市)→
田戸下層式、田戸上層式(早期)
⑦ 子母口貝塚(川崎市高津区:県史跡)→
⑧ 野島貝塚(横浜市金沢区:市史跡)→
⑨ 鵜ガ島台遺跡(三浦市)→
野島式(早期)
鵜ガ島式(早期)
⑩ 芽山貝塚(横須賀市:県史跡)→
⑪ 下吉井遺跡(横須賀市)→
子母口式(早期)
芽山下層式、芽山上層式(早期)
下吉井式(早期)
⑫ 神之木台遺跡(横浜市神奈川区)→
神之木台式(早期)
諸磯 a 式、諸磯b式、諸磯c式
⑬ 諸磯貝塚(三浦市:市史跡)→
⑭ 十三菩提遺跡(川崎市宮前区)→
十三菩提式(前期)
⑮ 五領ヶ台貝塚(平塚市:国史跡)→
⑯ 勝坂遺跡(相模原市南区:国史跡)→
⑰ 称名寺貝塚(横浜市金沢区)→
五領ヶ台式(中期)
勝坂式(中期)
称名寺式(後期)
● 標式土器例
展
○
深鉢(野島式)
横浜市金沢区野島貝塚を標式遺跡とする縄文時代早期(後半)の土器
川尻中村遺跡(相模原市緑区川尻)出土
展
○
(神奈川県埋蔵文化センター保管)
深鉢(茅山上層式)横須賀市茅山貝塚を標式遺跡とする縄文時代早期(後半)の土器
山王山遺跡(横浜市港北区岸根町)出土
(神奈川県埋蔵文化センター保管)
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
深鉢(諸磯b式)
三浦市諸磯貝塚を標式遺跡とする縄文時代前期(後半)の土器
矢頭遺跡(足柄上郡大井町柳)出土
展
○
深鉢(勝坂式)
(神奈川県埋蔵文化センター保管)
相模原市南区勝坂遺跡を標式遺跡とする縄文時代中期(中葉)の土器
大地開戸遺跡(相模原市緑区青野原)
展
○
(神奈川県埋蔵文化センター保管)
深鉢(五領ヶ台式)平塚市五領ヶ台貝塚を標式遺跡とする縄文時代中期(前葉)の土器
原口遺跡(平塚市上吉沢)出土
展
○
12
深鉢(称名寺式)
(神奈川県埋蔵文化センター保管)
横浜市金沢区称名寺貝塚を標式遺跡とする縄文時代後期(初頭)の土器
宮台貝塚(横浜市鶴見区東寺尾)出土
米づくり、始まる
-弥生時代-
九州北部から始まった稲作農耕は、しだいに全国各地へ広まりました。
台地や湿地には集落や水田がつくられ、定住化がすすみ、集落の規模や人口も
増大しました。
壺や鉢などの土器の出現、鉄器の使用、織物の生産が、この時代の特徴としてあげ
られ、とくに鉄器の普及は、農具、工具などの生産用具の充実に大きな影響を及ぼ
しました。
弥生土器
かながわの地で弥生時代が始まるのは、弥生時代の前期の終わり頃です。この時期に
は、白骨化した骨を再び埋葬する墓(再葬墓)は発見されているものの、集落や稲作の
痕跡は確認されていません。この地に稲作が伝わるのは中期の半ば頃で、本格的に稲作が行われるのは、
集落の増大する、中期でも後半になってからのことです。土器には籾を貯蔵する壺、米を煮炊きする甕、
盛りつけ用の鉢と高坏など、基本的なセットが出そろいます。一方、後期になると地域間の交流が活発と
なり、土器や形の文様にも地域色が見られますが、その中でも関東では、文様に縄文を付けたものが多く
見られます。
●
西日本地方の弥生土器
西日本地方の初期の弥生土器は、刷毛目文と箆描文を特徴とする遠賀川式土器とよばれる。稲作技術の
伝播とともに、土器の製作技術も影響を受けることになった。
弥生時代
展
○
九州地方の弥生土器
壺形土器
弥生時代前期
展
○
四国地方の弥生土器
壺形土器
弥生時代前期 愛媛県松山市(旧温泉郡高井村)出土
展
○
畿内地方の弥生土器
壺形土器
弥生時代中期
パ
○
稲作(水稲耕作)の伝播と経路
弥生時代の文化的特徴は、生業の主体を水稲耕作(灌漑施設を伴う水田耕作)におく点であり、その文
化が成立する背景には稲作農耕技術を携えて、朝鮮半島から日本列島へと渡ってきた人の流れがある。
九州北部に伝わった水稲耕作が本格的に始まると、西日本の各地に広まって行くが、関東地方への伝播
は東北地方よりも遅く、地域ごとに水稲耕作の受け入れ方が異なっていたようである。
かながわの弥生時代は、現在のところ、前期の後半から始まるとされているが、本格的な農耕集落の登
場は、近畿地方から開拓者が移住してきたと思われる。弥生時代中期の中ごろまで待つことになる。
国立歴史民俗博物館「水田耕作の広がり」「弥生はいつから!?」に掲載された図をもとに作成
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
●
13
前期末葉~中期前葉の土器
精製土器の発達や条痕文、磨消縄文、変形工字文の文様装飾など、縄文時代晩期の土器の根強い伝統が
残る。これらの土器は再葬墓の土壙中より出土するという特殊性がある。
展
○
壺
再葬墓用の棺として転用されたもの
弥生時代前期
展
○
甕
及川宮ノ西遺跡(厚木市及川)出土
小型甕
及川宮ノ西遺跡(厚木市及川)出土
小型甕
及川宮ノ西遺跡(厚木市及川)出土
コップ形土器
及川宮ノ西遺跡(厚木市及川)出土
複製(本物)(厚木市教育委員会所蔵)
外面に赤彩が残り、口縁部には二箇所の穿孔が見られる
弥生時代中期
パ
○
複製(本物)(厚木市教育委員会所蔵)
再葬墓用の棺として転用されたもの
弥生時代中期
展
○
複製(本物)(厚木市教育委員会所蔵)
再葬墓用の棺として転用されたもの
弥生時代前期
展
○
複製(本物)(厚木市教育委員会所蔵)
再葬墓用の棺として転用されたもの
弥生時代中期
展
○
弥生時代
鼠坂遺跡(相模原市相模湖町寸沢嵐)出土
再葬墓
遺体をいったん白骨化させた後にその骨を再び土器(壺)などの容器(土器棺)に収めて埋葬したも
ので、関東地方を中心に東北地方まで認められる。この葬法は、かながわでは弥生時代の始まる時期に
見られるが、弥生時代の中期以降「方形周溝墓」と呼ばれる新来の墓が造られるようになると見られな
くなる。
パ
○
土壙から出土した土器
●
中期中葉の土器
弥生時代前期
及川遺跡(厚木市及川)出土
再葬墓を主体に住居址からも出土するようになる。壺は頸が細く胴長で、縄文を下地に、太い沈線で三
角、四角、円を描くという独特な文様構成である。
展
○
甕
弥生時代中期
遊ヶ崎遺跡(三浦市三崎町)
展
○
壺
弥生時代中期
遊ヶ崎遺跡(三浦市三崎町)
パ
○
米を炊く
弥生時代
復元土器での炊飯の様子(静岡市登呂博物館)
米を炊くルーツは弥生時代にある。弥生時代の人々は、私達と同じように米を炊いて食べていた。背が
高く口が広く開いた「甕」を用い、米、水を入れ火にかけた。
弥生時代の遺跡から発見された土器には、ご飯が焦げ付いていたり、ススの痕跡が残っているものがあ
る。このことから米を炊いていたことがわかる。
●
中期後葉の土器
縄文文化から受け継がれた地域性がくずれ、新たな地域性を示す土器が出現する。住居址内から壺、甕、
浅鉢の基本セットが発見されるようになる。
展
○
甕
弥生時代中期
西富士塚遺跡(横浜市港北区篠原町)出土
展
○
壺
弥生時代中期
横浜市港北区日吉出土
展
○
壺
外面には口縁の内側に赤彩が残り、口縁には二箇所の穿孔が見られる。
弥生時代中期
●
蛭畑遺跡(横須賀市小矢部町)出土
後期の土器
弥生文化の地方化が進み、個性的な小文化圏が成立する。土器も壺、甕、無頸壺、浅鉢、高坏など機能
的に分化した器形が出揃い、地域色の豊かなものになる。
展
○
壺
展
○
台付甕
弥生時代後期
弥生時代
県立横須賀高等学校裏遺跡出土(横須賀市公卿町)神奈川県立横須賀高校蔵
弥生時代後期
梶山遺跡(横浜市鶴見区上末吉)出土
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
浅鉢
展
○
蓋
弥生時代後期
梶山遺跡(横浜市鶴見区上末吉)出土
紐綴じ用のものが二孔ずつ対で穿孔されている。
弥生時代後期
展
○
無頸壺
横浜市神奈川区松ヶ丘出土
外面には赤彩が残り、口縁部付近には二箇所の穿孔が認められる。
弥生時代後期
* 壺
14
甕
上台遺跡(横浜市鶴見区上末吉)出土
浅鉢の説明
・壺
液体や種もみ等を入れ、貯蔵に利用した。
・甕
米を炊いた他、様々な煮炊きに利用した。
・浅鉢
主に固形物を盛るのに利用した。
弥生時代には、稲作とともに新しい文化が伝播し大陸系の磨製石器(石斧)や
農耕生活と道具
金属器(鉄
銅製品)が新たに登場しました。鉄製工具の使用によって木材の加
工が容易になり、農具や機織具を始めとする木製品の数がふえました。沖積低地の弥生時代の河川などか
らは、製作途中のものを含む大量の木製品が出土します。しかし、弥生時代の遺跡から出土する鉄器の量
が少ないことから、その生産・普及率もそれほど高くなかったと考えられます。おそらく、鉄は一部の工
具などに使われた程度で、道具の材料には依然として石や動物の骨・角などが使われていたのでしょう。
●
石包丁状石器
稲の収穫具(穂摘具)である石包丁に形が似ていることから命名された横刃形の石器。刃部における使
用痕の観察からは、植物などを切るナイフとしての機能が想定されているが、稲の穂摘具とするには普遍
的に出土するものでもなく、また紐かけ用の孔や抉りが見られないことからすれば、
「石包丁」をモデルに
製作したものとは考え難い。
蛭畑遺跡(横須賀小矢部)出土
展
○
石庖丁
展
○
使用法模型
●
工具
弥生時代中期
農耕技術と共に大陸よりもたらされた磨製石斧や鉄器の普及は、建築材の切り出し、農具や機織具など
の木製品の製作を大いに促すことになった。
展
○
抉入柱状片刃石斧
展
○
抉入柱状片刃石斧
弥生時代中期
太型蛤刃石斧
扁平片刃石斧
ノミ形石斧
ノミ形石斧
砥石
川崎市幸区北加瀬出土
横浜市神奈川区松見町出土
細かに加工をする道具
長井内原遺跡(横須賀市長井)出土
蛭畑遺跡(横須賀市小矢部)出土
凹凸の無い部分が研磨面となる
弥生時代後期
●
黒崎遺跡(三浦市初声町)出土
細かに加工をする道具
弥生時代中期
展
○
佐原城跡遺跡(横須賀市佐原)出土 横浜市旭区柏町出土
赤坂遺跡(三浦市初声町)出土
弥生時代中期
展
○
諏訪ノ上遺跡(横須賀市長井)出土
木の表面を削る道具
弥生時代中期
展
○
神奈川県立横須賀高校蔵
木を伐採する道具
弥生時代中期
展
○
蛭畑遺跡(横須賀市小矢部)
木の表面を削る道具
弥生時代中期
展
○
弥生時代
慶應義塾大学日吉キャンパス敷地内(横浜市港北区日吉)出土
木製農具
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
15
土を掘り起こし、耕すための鍬、鋤、エブリなどの農具が使われた。はじめは全体を木で作る場合が多
かったが、後に刃先に鉄が用いられるようになった。
弥生時代
展
○
木製平鋤
瓜生堂遺跡(大阪府東大阪市瓜生堂)
複製(本物)東大阪市教育委員会蔵
展
○
木製三又鍬
瓜生堂遺跡(大阪府東大阪市瓜生堂)
複製(本物)東大阪市教育委員会蔵
展
○
木製三又鋤
板付遺跡(福岡県福岡市博多区板付)
福岡市教育委員会蔵
展
○
抉入柱状片刃石斧の装着状態(模型)
弥生時代中期
展
○
扁平片刃石斧の装着状態(模型)
弥生時代中期
●
調理具
稲作に依存する生活になったとはいえ、狩猟、漁労、植物の採集もまだ続けられ, 敲石、礫器、円盤形
石器など縄文時代と同様の調理具が使われた。
弥生時代
展
○
礫器
弥生時代中期
黒埼遺跡(三浦市初声町)出土
展
○
円盤形石器
弥生時代中期
矢作遺跡(三浦市初声町)出土
展
○
盤状石器
弥生時代中期
蛭畑遺跡(横須賀市小矢部)出土
展
○
敲石
弥生時代中期
蛭畑遺跡(横須賀市小矢部)出土
●
武器
集団同士は土地や蓄積された富をめぐって争いを起こすことがあった。大陸系の青銅製武器、磨製石剣、
磨製石鏃などは祭器や威信財としても用いられた。
弥生時代
展
○
環状石器
弥生時代中期
三殿台遺跡(横浜市磯子区岡村)出土
展
○
有孔石剣
弥生時代中期
海老名市杉久保出土
展
○
細形銅剣
弥生時代中期
宇木汲川遺跡(唐津市)出土
展
○
環状石斧
複製(実物:平塚市博物館保管)
複製(実物:九州大学考古学研究室保管)
中央の孔に棍棒を通して使用したもの
弥生時代中期
横浜市旭区白根町出土
展
○
有孔磨製石鏃
弥生時代後期
三殿台遺跡(横浜市磯子区岡村)出土
展
○
有孔磨製石鏃
弥生時代後期
横浜市港南区日野町出土
展
○
有孔磨製石鏃
弥生時代中・後期
間口A洞窟遺跡(三浦市南下浦町)出土
県指定重要文化財
●
装身具
骨、角、貝、琥珀、青銅やガラスなどの新素材、硬玉のように遠隔地からの搬入素材を用いて髪飾り、
首飾り、耳飾り、腕輪、指輪などの装身具がつくられた。
弥生時代
展
○
勾玉
弥生時代 中期
蛭畑遺跡(横須賀市小矢部町)出土
展
○
指輪形青銅製品
弥生時代中期
三殿台遺跡(横浜市磯子区岡村)出土
複製(実物:三殿台考古館保管)
展
○
腕輪形青銅製品
弥生時代中期
三殿台遺跡(横浜市磯子区岡村)出土
複製(実物:三殿台考古館保管)
パ
○
集落と墓地
パ
○
家形土器
展
○
人面付土器
弥生時代後期
子ノ神遺跡(厚木市戸室)
厚木市教育委員会蔵
壺の口縁部分に人面(人面部)を表現・表出したもので、外側の全面は丁寧に磨かれ赤色顔料が塗られ
ている。その形から、おそらくは非日常的な場において使用されたと考えられる。東日本各地で出土する
弥生時代の人面付土器と比べると、顔面各部の描写が非常に写実的で、イレズミの表現も見られないとい
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
16
う特異なものである。
また、この土器は西日本型の農耕文化が東日本で急速に広がる時期の中核的集落から出土しているため、
西日本における人面表現の影響を受けて登場したものであり、実際の使われ方についても、他の東日本で
出土する人面付土器とは異なっていたと考えられる。
弥生時代中期
展
○
蛭畑遺跡(横須賀市小矢部一丁目)出土
人面付土器
口縁部分に球形の顔がつく、一部を赤く塗られたヒョウタン形の壺。顔の各部が作り出され、頭部と頸
部には、髪飾りと首飾りを表現したものであろうか、ボタン状の装飾が見られる。顔面にイレズミの表現
が見られないことから、西日本的な人面表現の影響を受けたものと考えられる。
弥生時代後期
◎
上台遺跡(横浜市鶴見区上末吉町)出土
弥生時代の集落(模型)
この模型は、横浜市磯子区三殿台遺跡を参考に、弥生時代の集落と水田の立地する景観を復元したもの
です。台地の上には集落(ムラ)が営まれ、この時期には防御用の濠を巡らせたムラも存在します。谷戸
の低地部分に作られたであろうと思われる水田は、水の調整が便利なようにあぜによって細かく区画され
ています。水稲耕作技術の導入にともない、開墾や用水の管理などに大規模な労働力が必要となり、ムラ
の大型化が進みました。大型化したムラ同士の間には、収穫物による富や耕作地、水利権などをめぐって
戦いが発生したと考えられます。
(模型縮尺=1/60)
三浦半島の沿岸には、波の侵蝕によってできた洞窟(海蝕洞窟)を、弥生時代
海蝕洞窟遺跡
から古墳時代にかけて一時的な居住地(キャンプ地)や墓地として利用した遺跡
が多く見られます。
弥生時代のものとしては、鮑や蛤などの貝殻、動物・魚の骨や角を加工した漁労具が多数出土しており、
漁業を主体とした生活していたようです。また、伊豆諸島方面から運び込まれた貝製の装身具(貝輪)が
多数出土することからは、彼らが貝製品の交易にも携わっていたことがわかります。その他、鹿の骨を使
った弥生時代の占い道具(卜骨)や亀の甲羅を使った古墳時代の占い道具(卜甲)なども見られます。
◎
海蝕洞窟に暮らす(模型)
大浦山洞窟は、海面より6~7mの高さに開口する海蝕洞窟であり、この模型は弥生時代の後期ごろの
人びとがここで生活していた様子を復元している。洞窟の規模は、奥行約20m、最大幅約8m、高さは
約6mとなり、昭和24年、昭和37・38年には発掘調査が行われている。
調査の結果、弥生時代中期~古墳時代後期にかけて、
「居住地」と「墓地」という二つの性格をもった利
用がなされていたことが判明し、漁労具のほかに貝製品、魚骨などが出土することから、主として漁労活
動を営む、小規模な集団が、この洞窟を短期的に繰り返し利用していたと考えられる。
大浦山洞窟遺跡(三浦市南下浦町松輪)
●
神奈川県指定重要文化財
三浦市間口洞窟遺跡出土品
このコーナーの展示品は、三浦市南下浦町松輪字間口に所在する海蝕洞窟を利用した遺跡から出土した
ものです。これらは、昭和24年(1949)赤星直忠博士による調査と、昭和46年~昭和48年(1
971~1973)の当館による発掘調査により発見されたものです。
とくに、弥生時代中・後期の豊富な骨角製の漁労具や貝製品、卜骨、また古墳時代後期の墓に伴う副葬
品や卜甲などは、三浦半島に顕著に分布する海蝕洞窟遺跡の性格を明らかにする上で、貴重な知見をもた
らしました。
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
17
出土品のうち450点については、平成13年(2001)2月13日付けで、神奈川県指定重要文化
財(考古資料)に指定されています。
展
○
貝庖丁(包丁形貝器)
アワビの貝殻を加工した製品で、所謂「石包丁」に似た形態をもつことから命名された。本製品の具体
的用途については明らかでないものの、その分布が三浦半島の沿岸部(とくに海蝕洞窟跡)に偏っている
ことからすれば、石包丁の代替としての穂摘具や海草を採取するための漁具である可能性は低いと考えら
れる。
間口洞窟遺跡(三浦市南下浦)弥生時代中~後期
展
○
貝刃(掻器形貝器)
ハマグリの殻を使用
弥生時代中・後期
展
○
刃部磨製貝刃
円盤形貝器
匙形貝器
斧形貝器
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
毘沙門C洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
毘沙門B洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
アワビの殻を使用、縦と横に刃がつく。
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
パ
○
灰層の断面
パ
○
三浦半島の海蝕洞窟遺跡分布
●
神奈川県指定重要文化財
アワビの殻を使用
弥生時代後期
展
○
神奈川県指定重要文化財
アワビの殻を使用
弥生時代後期
展
○
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
ハマグリの殻を使用
弥生時代中・後期
展
○
神奈川県指定重要文化財
弥生時代~奈良時代
神奈川県指定重要文化財
三浦市南下浦
漁労具
洞窟の内部からは魚・貝類の残骸とともに、骨角製や金属製のモリ、離頭モリ、ヤス、アワビオコシ、
釣針など漁労活動を示す道具が多量に出土している。
展
○
金属性釣針
(左:銅製、右:鉄製)
弥生時代後期
展
○
鏃形牙器
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
(三浦市南下浦)出土
燕形銛頭角器(離頭銛の先端部、鹿角製)
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
ヤス状骨角器
弥生時代中・後期
展
○
神奈川県指定重要文化財
洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
毘沙門C洞窟遺跡
展
○
神奈川県指定重要文化財
サメの歯を使用
弥生時代後期
展
○
神奈川県指定重要文化財
鹿角製釣針・軸
弥生時代中・後期
展
○
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
鏃形骨角器
弥生時代中・後期
展
○
毘沙門B洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
貝鏃
弥生時代中・後期
展
○
弥生時代
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
毘沙門C洞窟遺跡
(三浦市南下浦)出土
向ヶ崎B洞窟遺跡
(三浦市向ヶ崎)出土
神奈川県指定重要文化財
銛形骨角器
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
弥生時代中・後期
展
○
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
毘沙門C洞窟遺跡
(三浦市南下浦)出土
毘沙門C洞窟遺跡
(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
尖頭形骨器
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
展
○
加工痕のある鹿角片
弥生時代中・後期
展
○
展
○
展
○
展
○
展
○
神奈川県指定重要文化財
アワビオコシか
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
掻器形石器
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
土錘
礫器
叩石
貝輪
オオツタノハの殻を使用した装身具
弥生時代中・後期
展
○
18
貝輪
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
マツバガイの殻を使用した装身具
弥生時代後期
展
○
小形貝輪
展
○
貝輪
毘沙門C洞窟遺跡
(三浦市南下浦)出土
シオフキガイ、カモガイの殻を使用した装身具
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
ベンケイガイ、アカニシの殻を使用した装身具
弥生時代中・後期
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
展
○
燕形離頭銛
弥生時代後期
展
○
燕形離頭銛
弥生時代後期
●
ト骨とト甲
神奈川県指定重要文化財
獣骨や亀甲を灼き、生じた亀裂の形状で吉凶を占う。卜骨は弥生時代から、卜甲は古墳時代から行なわ
れ、三浦半島の海蝕洞窟遺跡で多く発見されている。
展
○
ト骨
ニホンシカの肩胛骨、肋骨を使用
弥生時代中・後期
展
○
ト甲
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
アカウミガメの甲羅を使用
古墳時代後期
展
○
弥生時代
ト甲
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
ウミガメの肋骨板を使用
古墳時代後期
なたぎり洞窟遺跡(横須賀市浦郷町・夏島町)出土
複製(実物:横須賀市自然・人文博物館保管)
展
○
土師器坏
右の坏は、内面に暗文を施す。
古墳時代後期
展
○
鉢形土器(甕)
弥生時代中期
展
○
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
ト骨
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
ニホンシカの肩胛骨、肋骨を使用
弥生時代後期
毘沙門B・C洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
●
19
副葬品
洞窟内には遺骸を葬った形跡が認められている。古墳時代は専ら墓地として使われ、貝輪、髪飾り、勾
玉、管玉、小玉、刀子、坏などが副葬された。
展
○
筒形角器
鹿角製の装身具か
弥生時代後期
展
○
弭形角器
毘沙門B・C洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
鹿角製の装身具か
弥生時代中・後期
展
○
有孔円盤形骨器
筒形骨器
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
骨製の装身具か
弥生時代中・後期
展
○
棒状骨器(笄)
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
骨製の髪飾り
弥生時代後期
展
○
毘沙門C洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
ガラス製小玉
弥生時代後期
展
○
碧玉製管玉
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
骨石製勾玉
刀子
展
○
挂甲の小札
古墳時代後期
ヘラ状角器
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
神奈川県指定重要文化財
有孔ヘラ状角器
古墳時代後期
パ
○
神奈川県指定重要文化財
鹿角製の弓柄
古墳時代後期
展
○
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
鹿角製の柄をもつ鉄製小刀
古墳時代後期
展
○
大浦山洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
装身具
古墳時代後期
展
○
神奈川県指定重要文化財
装身具
古墳時代前期
展
○
神奈川県指定重要文化財
骨製の紡錘車か
弥生時代中・後期
展
○
間口(A)洞窟遺跡(三浦市南下浦)出土
副葬品の出土
古墳時代
間口洞窟遺跡(三浦市南下浦)
古墳を築く
-古墳・飛鳥時代-
土木技術の向上にともなって、農耕地の開拓もさらにすすみ、技術者たちを管理する豪族層が
クニごとに出現しました。かれらは大和政権とも手を結んで、勢力の拡大をはかっていきました。
そうした豪族たちの権威を象徴した初期の古墳は、鶴見川・相模川流域に集中しており、開拓が河
川に沿ってすすめられたことを物語っています。
古墳・横穴墓
前方後円墳に代表される古墳は、被葬者の権力や身分を誇示するために造られた
高塚の墳墓です。古墳時代の前半期には、集落や耕地を見下ろす高台に築かれるも
のが多く、玉、剣、鏡など宝器類が副葬されています。後半期になると新たな死者を追加して埋葬できる
横穴式の墓室を持った古墳が登場し、副葬品には、武器・武具類が見られます。また、かながわは後半期
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
20
から終末期にかけて丘陵斜面に墓室を掘り込んだ横穴墓が全国的に見ても集中している地域です。このよ
うに後半期になって多数の古墳が造られるようになる現象は、墓を造ることができる階層の人びとが増加
したことを示しています。
展
○
三角板鋲留短冑
小札鋲留眉庇付冑
丈の短い甲(よろい=鎧)と庇(ひさし)付きの冑セット
古墳時代中期
朝光寺原1号墳(横浜市青葉区市ヶ尾)出土
複製(原品:横浜市教育委員会蔵
展
○
横浜市指定文化財)
内行花文鏡(長宜子孫鏡)
中国からの舶載鏡と考えられ、紐座の葉間に(長宜子孫)
(子孫繁栄)の吉祥句を配する。日本では弥生
時代後期の基から出土するが、前期古墳の副葬品に多く見られる。
中国・後漢時代(1~3世紀)
展
○
方格規矩(四神)鏡
内区の中央に方格文、周囲にはT・L・V字形の規矩(ものさし)文と青龍・朱雀・白虎・玄武の四神
を始めとする諸像を、その外周には吉祥句を配する中国からの舶載鏡と考えられ、日本では前期古墳の副葬
品に多く見られる。
中国・後漢時代(1~3世紀)
展
○
変形四獣鏡
古墳時代前期
真土大塚山古墳(平塚市真土)出土
複製(実物:平塚市教育委員会保管
展
○
平塚市指定重要文化財)
三角縁神獣鏡
京都府木津川市の椿井大塚古墳出土の鏡と、同じ鋳型を使って作られたもの(同笵鏡)、中国から輸入さ
れたもの(舶載鏡)と考えられている。
展
○
重圏文鏡
展
○
金銅単凰環柄頭
古墳時代前期
白山古墳(川崎市幸区南加瀬)出土
古墳時代
梶山遺跡(横浜市鶴見区上末吉)出土
鳳凰をあしらった環頭大刀の柄頭
古墳時代後期
展
○
金銅単凰環柄頭
塚田2号墳(南足柄市関本)出土
金銅単竜環柄頭
川名新林右2号横穴墓(藤沢市川名)出土
金銅双竜環柄頭
南足柄市指定文化財)
複製(原品:藤沢市教育委員会蔵)
竜をあしらった環頭大刀の柄頭
古墳時代後期
展
○
複製(原品:長福寺蔵
鳳凰をあしらった環頭大刀の柄頭
古墳時代後期
展
○
複製(実物:慶応義塾大学蔵)
伊勢原市三ノ宮栗原所在古墳出土
複製(原品:比々多神社蔵)
中央の玉を2頭の竜が噛む様子をあしらった環頭大刀の柄頭
古墳時代後期
展
○
鉄鉾
古墳時代後期
塚田2号墳(南足柄市関本)出土
複製(原品:長福寺蔵
展
○
石突
出土不明
南足柄市指定文化財)
槍を地面に突き立てるための柄尻
古墳時代後期
塚田2号墳(南足柄市関本)出土
複製(原品:長福寺蔵
南足柄市指定文化財)
展
○
家形埴輪
古墳時代後期
蓼原古墳(横須賀市神明町)出土
展
○
円筒埴輪
古墳時代後期
登山古墳(厚木市飯山)出土
展
○
円筒埴輪
古墳時代後期
向ヶ崎古墳(三浦市向ヶ崎町)出土
展
○
馬形埴輪
古墳時代後期
向ヶ崎古墳(三浦市向ヶ崎町)出土
展
○
円筒埴輪
古墳時代後期
向ヶ崎古墳(三浦市向ヶ崎町)出土
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
円筒埴輪
パ
○
三角縁神獣鏡の分布
古墳時代後期
パ
○
石室の構造、横穴墓群
展
○
骨角製鏃
21
蓼原古墳(横須賀市神明町)出土
古墳時代後期
佐島横穴墓群(横須賀市佐島)出土
吉井城山横穴墓(横須賀市吉井)出土
展
○
鳴鏑
矢の先に着ける発音具、鹿角製
展
○
人物埴輪
展
○
滑石製子持勾玉
古墳時代後期
吉井城山横穴墓群(横須賀市舟倉)出土
古墳時代後期
蓼原古墳(横須賀市神明町)出土
勾玉の一種で、大きな勾玉の背、腹、側面などに小さな勾玉がたくさん付いた祭祀用の道具、剣形や有
孔円盤などの石製模造品とともに出土する。
展
○
滑石製剣形模造品
古墳時代中期
竹の花遺跡(湯河原町吉浜)出土
剣の形を模造した祭祀用の道具
展
○
滑石製臼玉
祭祀用に使われた玉
展
○
滑石製有孔円板
展
○
勾玉(硬玉、瑪瑙、滑石製)
古墳時代中期
向ヶ崎遺跡(三浦市向ヶ崎町)出土
古墳時代中期
竹の花遺跡(湯河原町吉浜)出土
鏡の形をした祭祀用の道具
古墳時代中期
古墳時代後期
竹の花遺跡(湯河原町吉浜)出土
浅間森古墳(綾瀬市深谷)出土
新宿横穴墓群(逗子市小坪)出土
鳥ヶ崎横穴墓群(横須賀市鴨居)出土
展
○
切子玉
水晶製の装身具
古墳時代後期
浅間森古墳(綾瀬市深谷)出土
三戸横穴墓(三浦市)出土
展
○
石釧
凝灰岩製の装身具(腕輪)
古墳時代前期
持田遺跡(逗子市桜山)出土
複製(実物:逗子市教育委員会保管)
展
○
異形垂飾品(琴柱形石製品)
古墳時代前期
上谷本第二遺跡(横浜市青葉区柿の木台)出土
複製(実物:中央大学保管)
展
○
管玉
碧玉製の装身具
古墳時代後期
佐島横穴墓群(横須賀市佐島)出土
展
○
小玉
ガラス製の装身具
古墳時代後期
五兵ヶ穴横穴墓群(横浜市鶴見区)出土
展
○
棗玉
琥珀製の装身具
古墳時代後期
長浜横穴墓群(横須賀市長井)出土
展
○
銅釧
銅製の装身具(腕輪)
古墳時代後期
駒岡丸山横穴墓(横浜市鶴見区駒岡)出土
展
○
金環
金銅製の耳飾
古墳時代後期
浅間森古墳(綾瀬市深谷)出土
駒岡丸山横穴墓(横浜市鶴見区駒岡)出土
展
○
鉄鏃(長頸柳葉鏃)の装着状態(模型)
展
○
鉄鏃(長頸片刃箭鏃)の装着状態(模型)
展
○
装飾品使用法模型
土師器と須恵器
古墳時代後期
古墳時代後期
土師器とは、弥生時代の流れをくむ素焼きの土器で、坏、高坏、皿、壺、甕
などの日常什器を主体として、古墳時代から平安時代にかけて作られたもの
を呼びます。
陶器の源流となる須恵器は、古墳時代中期に朝鮮半島から焼成技術が伝わった硬質の土器で、平安時代
まで作られます。器の種類の多くは土師器と共通していますが、性質として加熱に適さない、水が浸透し
にくいという点では土師器と異なります。素焼きの土師器と比べて、窯を使って焼かれた須恵器は重宝な
ものとして扱われる場合が多く、古墳時代には葬送に用いるための器なども作られました。
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
22
<土師器>
展
○
土師器
台付甕
東海地方の顔付をした土器
古墳時代前期
赤く塗られた土器
長井内原遺跡(横須賀市長井)出土
展
○
土師器
壺
古墳時代前期
展
○
土師器
器台
展
○
土師器
高坏
展
○
土師器
坩
赤く塗られた土器
展
○
土師器
坏
須恵器坏蓋の模倣土器
展
○
土師器
甕
古墳時代後期
一宮神社北遺跡(横浜市神奈川区入江)出土
展
○
土師器
甕
古墳時代中期
小糸遺跡(藤沢市大庭)出土
古墳時代前期
赤く塗られた土器
上ノ山遺跡(南足柄市沼田)出土
梶山遺跡(横浜市鶴見区上末吉)出土
古墳時代中期
出土地不明
古墳時代中期
出土地不明
古墳時代中期
横浜市神奈川区三枚町出土
<須恵器>
展
○
須恵器
はそう
葬送用の器で、胴部の穿孔部分に細竹様のものを差し込んで使用したと考えられる。口の部分
を意図的に打ち欠き、底には製作時に付けた×状の刻み(記号)が残る。
古墳時代後期
吉井横穴墓(横須賀市吉井)出土
展
○
須恵器
はそう
古墳時代後期
山下横穴墓(横須賀市根岸町)出土
展
○
須恵器
坏身
古墳時代後期
鳥ヶ崎横穴墓群(横須賀市鴨居)出土
展
○
須恵器
坏蓋
古墳時代後期
井城山横穴墓群(横須賀市舟倉町)出土
展
○
須恵器
短頸壺
古墳時代後期
鳥ヶ崎横穴墓群(横須賀市鴨居)出土
展
○
須恵器
高坏
古墳時代後期
長磯横穴墓(横須賀市長瀬)出土
展
○
須恵器
フラスコ形提瓶
古墳時代後期
宝泉寺横穴墓(横浜市鶴見区下末吉)出土
展
○
須恵器
平瓶
古墳時代後期
宝泉寺横穴墓(横浜市鶴見区下末吉)出土
展
○
須恵器
提瓶
古墳時代後期
出土地不詳
◎
飾られた古墳(模型)
この模型は、古墳時代後期の円墳上に立ち並ぶ埴輪の配置状態をイメージしたものです。
(本来は段築
された平坦部に埴輪を配置していたと考えられます)
。中でも円筒埴輪や朝顔形埴輪は墳丘を取り囲むこ
とで死者の眠る場所を示し、人物・動物(馬・鳥)
・家などを表現した形象埴輪は祭祀などの儀礼的な場
面、もしくは被葬者や集団の権威を示していると考えられ、いずれも古墳を飾るための道具として使わ
れたようです。
かながわの古墳から出土する埴輪は、古墳を営む階層が爆発的に増加する古墳時代後半期に多く見ら
れます。また、形象埴輪は当初墳頂部(埋葬施設の上)に配置されていましたが、この時期には古墳の
正面となる位置を中心に配置されるようになりました。
(模型縮尺=1/30)
◎ 古墳時代の家屋(模型)
この模型は、横浜市磯子区三殿台遺跡から発見された、古墳時代後半期の竪穴住居を参考に復元したも
のです。半地下式構造の竪穴住居は、古墳時代においても一般的な家屋として使われていました。まず、
地面を方形に掘りくぼめ、そこに4本の柱を立てた後、土で床を貼ります。入母屋造りに復元した屋根は
地面付近まで茅で葺かれています。また、壁の一辺には煮炊きを行うためのカマドが造り付けられ、その
脇の床面には、食料などを保存するための貯蔵穴も見られます。なおカマドは住居の出入り口と反対の位
置につけられています。
(模型縮尺1/10)
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
都とさがみの国
23
-奈良・平安時代-
唐の律令制度をとり入れ、天皇を頂点とした中央集権の政治制度が整えられました。
国土は68か国に分けられ、戸籍の作成、税や特産物の納入、労役の義務などが課せられ
ました。現在の神奈川県は、相模国全域と、武蔵国の一部にあたります。
律令国家は、各国に地方支配の拠点(国府)を置き、国司は中央から派遣され
役所・寺院・官道
ました。各郡には郡衙(郡家)を置き、存地の有力豪族を郡司に任命するととも
に、中央からの命令伝達、地方の情報入手、税の輸送などを目的として都へ通じる官道(駅路)を整備しま
した。また、仏教による国家安泰を祈願するため国分寺(僧寺・尼寺)や仏教を浸透させるために郡衙の周
辺でも寺院が建立されました。
相模国の国府は、近年の発掘調査の成果によって、平塚市内にあったことが明らかとなり、文献からは平
安時代に大住郡から余綾郡に移ったことがわかります。
パ
○
相模の交通路と役所、寺院の所在地(推定地)
「延喜式」に記された国の等級で上国に位置づけられていた相模国は、足上・足下・余綾・大住・愛甲・
高座・鎌倉・御浦の8郡で構成されていた(現在の神奈川県域は、武蔵野国の橘樹・都筑・久良の3郡を
含む)
。また、都と各国府を結ぶ官道(駅路)である七道のうち、相模国は東海道に属していたが、宝亀2
年(771)に武蔵国の所属が東山道から東海道に変わり、東海道の経路も「相模-上総-下総」から「相
模-武蔵-下総」に変更された。駅路は、古代律令国家が形成される早い段階で整備が行われ、その後に
役所や寺院などが、駅路を基準にして作られるようになったと考えられている。
駅路は、木下
良
「相模の国府について」
『大磯町史研究』(創刊号)掲載の図をもとに作成
奈良・平安時代
パ
○
相模国府域内の古代駅路(東海道)と国庁脇殿
相模国府の範囲(国府城)は、これまでの発掘調査成果によれば、平塚市(旧大住郡)四之宮・真土・
八幡・中原にまたがっていたと考えられる。国府域内では、幅約9mで両側溝をもつ道路が発見されてお
り、古代の東海道に当たる可能性がある。
また、四之宮に位置する坪ノ内遺跡と六ノ城遺跡から発見された。廂をもつ大型の掘立柱建物は、その
規模から国庁(国司の執務する中心施設)の脇殿と考えられる。この付近からは「国厨」
(国衙の厨房施設)
と墨書された土器が出土しており、建物が東海道に沿った場所で発見されたことと併せて、注目される。
黄色の○印は、大型掘立柱建物の発見場所(原図:栗山雄輝作成
写真提供:神奈川県教育委員会)
展
○
灰釉陶器碗
平安時代
六ノ域遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
展
○
灰釉陶器三足盤
平安時代
天神前遺跡(平塚市四之宮)出土
復元複製(原品:平塚市教育委員会蔵)
展
○
灰釉陶器碗
平安時代
中原上宿遺跡(平塚市中原)出土
復元複製(原品:平塚市教育委員会蔵)
展
○
灰釉陶器耳皿(五輪花托)
平安時代
天神前遺跡(平塚市四之宮)
復元複製(原品:平塚市教育委員会蔵)
展
○
緑釉陶器碗、皿
平安時代
六ノ域遺跡、大会原遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
展
○
灰釉陶器小壺
平安時代
六ノ域遺跡(平塚市四之宮)出土
展
○
灰釉陶器浄瓶
頸部の破片
(スケッチ参照)
平安時代
七堂伽藍跡(茅ヶ崎市下寺尾)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
神奈川県埋蔵文化財センター保管
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
須恵器
24
コップ形土器
平安時代
坪ノ内遺跡(平塚市四之宮)出土
展
○
灰釉陶器広口壺
平安時代
展
○
土師器甕、土製置きカマド
六ノ域遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
神奈川県埋蔵文化財センター保管
祭祀などで煮炊きに使われたと考えられ、本来はカマドの上に羽釜が乗せられていた。都とつなが
りの強い国府城から多数出土している。
平安時代
展
○
土師器坏
大会原遺跡(平塚市真土)出土
畿内からの搬入品
平安時代
展
○
土師器碗
坪ノ内遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
甲斐国からの搬入品
平安時代
展
○
神奈川県埋蔵文化財センター保管
大会原遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
皇朝十二銭
中央政府が鋳造・発行した12種類の国産銭貨、東国では流通貨幣としてよりも、宮人や地方豪族の権
威の象徴として用いられたほか、まじないにも使われた。
奈良・平安時代
展
○
「国厨」銘の墨書土器(須恵器坏)
平安時代
展
○
坪ノ内遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
齧られた痕の残る土師器坏
土器の表面及び割れ口部分に見られる多数の細かいキズは、その形状よりネズミなどの齧歯類動物に齧
られて付いたものと考えられる。
平安時代
展
○
石製・銅製腰帯具
平安時代
展
○
金銅製腰帯具
金銅製鋲
展
○
鉄製腰帯具
平安時代
展
○
環状銅製品
展
○
金銅製足金物
展
○
緑釉陶器花文皿
展
○
須恵器壺
展
○
土師器坏
平安時代
平安時代
平安時代
平安時代
六ノ域遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
六ノ域遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
六ノ域遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
神明久保遺跡(平塚市中原下宿)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
大会原遺跡(平塚市真土)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
六ノ域遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
馬場台遺跡(大磯町国府新宿)出土
大曲五反田遺跡(寒川町大曲)出土
複製(原品:大磯町教育委員会蔵)
神奈川県埋蔵文化財センター保管
七堂伽藍跡(茅ヶ崎市下寺尾)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
有孔の鶏頭紐を持つ私印
平安時代
パ
○
神奈川県埋蔵文化財センター保管
灯明に使用。底部中央を穿孔
平安時代
銅印
神明久保遺跡(平塚市中原下宿)出土
巡方
平安時代
展
○
神奈川県埋蔵文化財センター保管
鉸具
平安時代
展
○
大会原遺跡(平塚市四之宮)出土
丸鞆
馬場台遺跡(大磯町国府新宿)出土
複製(原品:大磯町教育委員会蔵)
高座郡衙(郡家)と下寺尾廃寺周辺の景観復元図
茅ヶ崎市下寺尾の西方A遺跡では、高座郡衙(郡家)と推定される遺構が、隣接する七堂伽藍跡(下
寺尾廃寺)では郡衙に伴う周辺寺院の遺構が発見されている。また付近には河津や水辺で行われた祭祀
場も存在する。
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
構成:田尾誠敏
展
○
須恵器平瓶
平安時代
展
○
須恵器円面硯
奈良時代
展
○
七堂伽藍跡(茅ヶ崎市下寺尾)出土
25
作図:霜出彩野
神奈川県埋蔵文化財センター保管
下寺尾西方A遺跡(茅ヶ崎市下寺尾)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
須恵器円面硯
奈良時代
多摩NTNo.342遺跡(東京都町田市小山)出土
複製(原品:東京都埋蔵文化財センター保管)
展
○
須恵器壺転用硯
底裏に墨の痕跡が残る
平安時代
展
○
七堂伽藍跡(茅ヶ崎市下寺尾)出土
須恵器蓋転用硯
蓋裏に朱墨の痕跡が残る
平安時代
展
○
神奈川県埋蔵文化財センター保管
大会原遺跡(茅ヶ崎市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
須恵器獣脚付短頚壺
奈良時代
東京都昭島市玉川町出土
複製(現品:東京都昭島市教育委員会蔵)
東京都指定重要文化財
展
○
軒丸瓦
平安時代
大会原遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
展
○
軒平瓦
平安時代
坪ノ内遺跡(平塚市四之宮)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
パ
○
大型鍛冶工房と鍛冶炉
平塚市四之宮の六ノ域遺跡より発見された長大な竪穴状遺構は、床面に見られる鍛冶に使われた炉の存
在から、国府城内に営まれた(官営)鍛冶工房であると考えられる。18基が確認された鍛冶炉は、2基
が一対となる形で配置されており、工房の内部からは多量の鉄滓とともに、羽口、金床石、坩堝、砥石、
鉄、銅製品など、鍛冶に関連した遺物が出土している。また、鉄滓の分析結果によれば、ここでは原料か
ら素材を作るための「精錬鍛冶」と、製品を作る(鉄を固く鍛える)ための「鍛錬鍛冶」が行われていた
と推測される。出土した土器の年代からは、この工房の操業は平安時代になって開始されたと考えられる。
写真提供:神奈川県教育委員会
展
○
須恵器甕転用砥石、砥石、金床石
かながわ考古学財団調査報告 210『湘南新道関連遺跡』
平安時代
神明久保遺跡(平塚市中原下宿)出土
羽口
展
○
神奈川県埋蔵文化財センター保管
六ノ域遺跡(平塚市四之宮)出土
鉄製品
国府城で発見された鍛冶工房や集落遺跡から見つかる小鍛冶跡の存在により、広く鍛冶作業の行われて
いたことがわかる。
六ノ域、大会原遺跡(平塚市真土・四之宮)
鳶尾遺跡(厚木市荻野)
上浜田遺跡(海老名市大谷)出土
下大槻遺跡(秦野市下大槻)
神奈川県埋蔵文化財センター保管
展
○
鎌、刀子、火打金、金鎚、針、鋏、釘、鍬鋤先、斧、鉗、鍵、馬具、鏃
パ
○
相模国封戸祖交易帳
下の文書は、天平7年(735)11月に相模国8郡の封戸からの田祖の収納状況と、それを布や銭な
どに交換した状況を、給主別に相模国司が中央に報告したものである。
(字面に「相模国印」の朱印が押さ
れる)。封戸は、上級貴族、皇族、寺社などの給主に与えられた俸禄のことで、職階や位階などに基づき、
当初は指定された戸が納める田租の半分と調・庸が収益となった。
なお、当時は紙が貴重品であったため、文書として不用となった後、東大寺の写経所で裏面が二次利用
された。五紙に裁断されているため、中間を欠失しているが、天平7年時の相模国内における封戸は、1,
300戸、封戸分としての田数は、4,162町余であったことがわかる。
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
正倉院宝物
複製:原品
展
○
26
奈良時代
宮内庁正倉院事務所蔵
木簡(付札)
左側の木簡は、和同7年(714)10月に相模国高座郡美濃里(現在の相模原市域にあったと推測さ
れる)の秦大贄という人が納めた品(内容不明)に付けたもの(荷札木簡)である。上端近くの両側には
くびれ状の刻みがあり、紐で結び付けやすいようにしてある。
右側の木簡は、天平5年(733)9月に(相模国)鎌倉郡鎌倉里の軽部□寸が納めた稲(租)を鎌倉郡
衙(郡家)から運ぶ際に付けたものであり、郡の下級役人(雑任)と考えられる人物の名前(軽部麻呂、
軽部真国)と役職(田令、郡稲長)が記されている。下端を荷に刺せるように尖らせてある。
左側:長屋王邸跡(奈良県奈良市/平城京左京三条二坊八坪)出土
奈良時代
複製(原品:奈良文化財研究所保管)
右側:宮久保遺跡(綾瀬市早川)出土
奈良時代
複製(原品:神奈川県埋蔵文化財センター保管
神奈川県指定重要文化財)
奈良時代になると、庶民と呼ばれるような人々の住まいも、竪穴建物(厨房施設)
村びとの生活
と掘立柱建物(居住・収納施設)で構成されるようになり、規模の大きな集落には、
村落首長の住まいとされる大型の建物も存在します。
日常生活は、口分田での農作業が中心でしたが、税(租・庸・調)を納めるほかにも、道路や橋の整備、
役所の建物の修理など、様々な労働(雑徭)にかり出されました。
一方、日常生活で使用した道具には、土器や陶器のほか、石製、土製、鉄製、木製のものが見られ、都
市で暮らす人びとが使用していたものと変わりません。
パ
○
向原遺跡の建物景観
竪穴建物と掘立建物のセットで居住単位が構成されている。
神奈川県埋蔵文化財センター調査報告1
●
『向原遺跡』に掲載の図を一部改変
顔付きの違う土器たち
奈良時代になると、各国の範囲に近いまとまりごとに、それぞれ特徴をもった土師器が登場する。これ
らはその分布範囲の中心となる旧国域名をもとに「○○型」と呼んで区別している。その違いについては、
地域支配の浸透による、地域を越えた交流の断絶によるものと考えられる。
展
○
土師器坏(相模型)
展
○
土師器甕(相模型)
平安時代
展
○
平安時代
横浜市都筑区池辺町出土
草山遺跡(秦野市曽屋)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
下大槻峯遺跡(秦野市下大槻)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
土師器皿(相模型)
平安時代
展
○
灯明の使用痕跡を残す。
土師器小型甕(相模型)
平安時代
向原遺跡(平塚市上吉沢)出土
展
○
土師器甕(相模型)
平安時代
展
○
土師器台付甕(相模型)
平安時代
展
○
土師器台付甕(武蔵型)
平安時代
展
○
土師器坏(南武蔵型)
平安時代
展
○
土師器甕(武蔵型)
平安時代
神奈川県埋蔵文化財センター保管
横浜市旭区上白根町出土
向原遺跡(平塚市上吉沢)出土
宮久保遺跡(綾瀬市早川)出土
東耕地遺跡(横浜市緑区東本郷)出土
横浜市旭区上白根町出土
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
土師器坏(甲斐型)
展
○
土師器小型甕(三河型)
平安時代
平安時代
草山遺跡(秦野市曽屋)出土
久野下馬下遺跡(小田原市久野)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
展
○
須恵器坏
平安時代
久野下馬遺跡(小田原市久野)出土
展
○
須恵器広口壺
平安時代
横浜市都筑区池辺町出土
展
○
須恵器碗、蓋
平安時代
展
○
下大槻峯遺跡(秦野市下大槻)出土
後山田南遺跡(横浜市戸塚区川上町)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
後山田南遺跡(横浜市戸塚区川上町)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
上浜田遺跡(海老名市大谷)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
東耕地遺跡(横浜市緑区東本郷)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
平安時代
後山田南遺跡(横浜市戸塚区川上町)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
平安時代
下大槻峯遺跡(秦野市下大槻)出土
緑釉陶器皿
平安時代
展
○
27
灰釉陶器碗、段皿
平安時代
展 緑釉陶器花文碗
○
平安時代
展
○
展
○
灰釉陶器碗
砥石
草山遺跡(秦野市曽屋)出土
展
○
須恵器甕転用砥石
展
○
滑石製紡錘車
平安時代
展
○
展
○
上浜田遺跡(海老名市大谷)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
神奈川県埋蔵文化財センター保管
平安時代
下大槻峯遺跡(秦野市下大槻)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
平安時代
向原遺跡(平塚市上吉沢)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
草山遺跡(秦野市曽屋)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
草山遺跡(秦野市曽屋)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
羽口
温石 (懐炉)
平安時代
展
○
砥石(置き砥)
展
○
土 錘
展
○
土
錘
ナラサス遺跡(清川村宮ヶ瀬)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
刺網、投網などに装着する。273点が竪穴建物の床面上ほぼ1m四方に纏まって出土して
いることから、おもりのついた網が箱の入れられていたと推測される。
平安時代
展
○
宮久保遺跡(綾瀬市早川)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
宮久保遺跡(綾瀬市早川)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
炭化種子、炭化米
平安時代
祈り、まじない、信仰
古来、豊穣を願い厄災を恐れた人びとは、神に祈ることで安心を得ようと
しました。建築時(地鎮め)の祀り、カマドの廃絶に伴う祀り、井戸などの
水にまつわる祀り、文字や記号を記したまじない用の土器を使った祀りなど、さまざまな形の祀りが行わ
れていました。
一方、律令体制が地方に浸透するに従い、都の影響を受けた祀り(律令祭祀)も行われるようになりま
した。また、仏教が広く受け入れられた結果、都市だけではなく、集落内にも人びとの信仰を集める「寺」
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
28
の名前を持つ施設「仏堂」が造られました。
奈良・平安時代
展
○
馬の骨(歯)
竪穴建物より1頭分の骨(歯)が纏まって出土しており、おそらくは馬の頭部を埋納(もしくは犠牲馬
として儀礼などに使用後、遺棄)したと考えられる。
平安時代
展
○
神明久保遺跡(平塚市中原下宿)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
瓦塔
土製焼物の塔で、本物の塔を建てられないことによる代用品、もしくは仏舎利、経典、仏像などを納め
る厨子として使用されたと考えられている。
平安時代
神明久保遺跡(平塚市中原下宿)出土
坪ノ内、宮の前遺跡(伊勢原市坪ノ内)出土
展
○
神奈川県埋蔵文化財センター保管
「尾□家」銘の墨書土器
土師器坏の外側の面に「尾□家」と墨書したもの。墨書自体の内容は不明であるが、この土器を出土し
た竪穴建物は、その規模や構造から集落内に存在していた産屋の可能性が考えられている。
平安時代
展
○
向原遺跡(平塚市上吉沢)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
墨書土器と刻書土器
集落から出土する墨書・刻書土器は、記されている文字・記号の意味を含め、用途がわからないものも
多い。墨書土器には則天文字と呼ばれる特殊な文字が、刻書土器には、陰陽道に関わるドーマンという記
号が見られ、いずれも魔除けの意味合いを持つものと考えられている。
奈良・平安時代
馬場遺跡(清川村宮ヶ瀬)出土、
小南遺跡(秦野市矢名)出土
下大槻南遺跡(秦野市下大槻)出土、上浜田遺跡(海老名市大谷)出土
後山田南遺跡(横浜市戸塚区川町)出土
展
○
土師器坏
外側面に「神岡山寺」と墨書
平安時代
展
○
神奈川県埋蔵文化財センター保管
草山遺跡(秦野市曽屋)出土
井戸の祀りに使われた土器
土師器坏及び須恵器坏に「石井」、
「新」、
「中」、
「由万」
、「合?」と墨書されている。土器はいずれも破
片で、何らかの行為に使用後、遺棄されたものと考えられる。
平安時代
展
○
宮久保遺跡(綾瀬市早川)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
ガラス製小玉、金環、鉄製分銅
いずれも竪穴建物の床下から出土しており、建築に際して地鎮めの行為を行ったと考えられる。なお、
他にも皇朝銭、帯金具、鏡など、様々なものが使用されている。
平安時代
草山遺跡(秦野市曽屋)出土、下大槻南遺跡(秦野市下大槻)出土
小南遺跡(秦野市南矢名)出土
パ
○
井戸と建物の出土状況
神奈川県埋蔵文化財センター保管
写真提供:神奈川県教育委員会
神奈川県埋蔵文化財センター調査報告15
『宮久保遺跡』Ⅲに掲載の図を一部改変
展
○
村の中の仏堂
国分寺建立の国家的事業のみならず、有力者や僧などによる私的な活動を通じて、仏教が人びとに浸透
していく中で、
「寺」と呼ばれ、且つ人びとの信仰を集める施設(おそらくは仏堂的なもの)が存在してい
たことを示すものである。
展
○
土師器坏、転用高坏、鉄釘
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
29
土師器坏は灯明として使用され、底裏に「寺」と墨書されたものである。高坏は台付甕を転用加工
したものであり、鉄釘は仏堂と考えられる礎石建物に伴うものである。
平安時代
展
○
馬場遺跡(清川村宮ヶ瀬)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
土師器蓋、高坏
竪穴建物から出土したものであり、蓋の上面と高坏の坏部外側面に「岡本寺」の墨書が認められる。蓋
と高坏がセットになる香炉として使用されたと考えられる。
奈良時代
展
○
東耕地遺跡(横浜市緑区東本郷)出土
竃の廃絶に伴う祀りに使われた土器
竪穴建物の竃内から、「万」の墨書がある須恵器蓋(ツマミ部分に孔をあける)、灯明として使用された土
師器坏、鉄鉢形の須恵器鉢が出土している。その出土状態より、竃の廃絶に際して何らかの行為が行われ、
そこで使用した土器をそのまま遺したものと考えられる。
平安時代
宮の前遺跡(横浜市緑区長津田町)出土
火葬墓、甕棺墓、土坑墓
神奈川県埋蔵文化財センター保管
仏教文化の浸透により、貴族、僧侶、地方豪族などの有力者に火葬の風習が
広まりました。当時の武蔵国の一部と相模国にあたる神奈川県域では、現在ま
でのところ、県央以東に火葬墓(骨蔵器)の分布が見られ、とくに横浜市北部~川崎市の範囲に集中してい
ます。
甕棺墓は、骨蔵器内に火葬骨が見られないことやその出土状態などから幼児を埋葬した施設と考えられて
いますが、土坑墓と同様に発見された例は多くありません。
また、この時代には、新たに墓を造らずに古墳や横穴墓 を再利用して埋葬することもありました。
奈良・平安時代
パ
○
県内における奈良・平安時代墳墓の分布
「神奈川県の奈良・平安時代の墓制について」
「東日本における奈良・平安時代の墓制」に掲載の図を一部改変
パ
○
向原遺跡火葬墓出土状況
神奈川県立埋蔵文化財センター調査報告1
『向原遺跡』掲載の図を改変
パ
○
小南遺跡土坑墓遺物出土状況
(財)かながわ考古学財団調査報告23
『小南遺跡、東北久保・鳥居松遺跡』掲載の図を改変
展
○
石櫃
-
右側の短頸壺とは、約2m離れた位置から発見された凝灰岩製の外容器で、蓋、身とも中央
部に骨蔵器を納めるための円形の抉りがある。
奈良時代
生田古墓群生田8601番地古墓(川崎市多摩区南生田)出土
複製(実物:川崎市重要歴史記念物・川崎市教育委員会蔵)
展
○
火葬骨蔵器
蓋付きの須恵器短頸壺を使用したもの。火葬骨は現存しておらず、中には貝殻(アワビ)三点が入って
いたとされる。
奈良時代
展
○
川崎市麻生区細山出土
複製(実物:川崎市教育委員会蔵)
火葬骨蔵器
蓋付きの須恵器双耳短頸壺を使用したものであり、中からは成年の、男性的な火葬骨と焼けた状態の鹿
角製刀子柄が一緒に入っていた。
奈良時代
生田古墓群生田8601番地古墓(川崎市多摩区南生田)出土
複製(実物:川崎市重要歴史記念物・川崎市教育委員会蔵)
展
○
骨蔵器、台石
2015年1月
古代
C 神奈川県立歴史博物館
○
30
骨蔵器として使用された土師器甕(焼成後に底部を穿孔)の内部には、土師器坏が入っていた。台石は
金床式を転用しており、出土状態から骨蔵器の蓋石や墓標の用途が想定されている。火葬墓として報告さ
れたものであるが、甕の内部に火葬骨は認められず、骨蔵器の出土状態などから、幼児骨を納めた甕棺墓
であった可能性も考えられる。
平安時代
展
○
向原遺跡(平塚市上吉沢)出土
土坑墓の副葬品
墓坑の四隅に近い位置から土師器の坏か、また中央や北寄りで鉄製紡錘車が出土した。土器はいずれも
欠損しており、故意に打ち欠いた可能性がある。
平安時代
展
○
小南遺跡(秦野市南矢名)出土
神奈川県埋蔵文化財センター保管
須恵器台付長頸壺、坏
新たに古墳や横穴墓の築造が行われなくなった奈良時代以降も、墓室の継続使用(もしくは再利用)に
よる埋葬の事例が見られ、古墳時代と同様の土器を使用した葬送の儀礼を行っていたことがわかる。また、
中には墓室に火葬骨を埋葬しているものも認められる。
奈良・平安時代
吉井横穴墓(横須賀市吉井)出土
鳥ヶ崎横穴墓(横須賀市鴨居)出土
パ
○
相模国分寺(僧寺)
海老名市国分南に所在する相模国分寺(僧寺)は、天平13年(741)に聖武天皇が、仏教の力によ
って国を平和にしようと全国に発布した詔によって、北側約600mの場所に位置する相模国分尼寺とと
もに、建立された国家寺院です。
発掘調査の結果、東西に並ぶ金堂と塔の背後に鐘楼・経蔵を配置し、その外側に中門と講堂を繋ぐ回廊
や築地堀を巡らせた伽藍が復元されています。
また、中心伽藍の北側には、僧坊や寺院の維持管理を行うための施設が、さらに東・南・西の三方向に
は寺域を区画するための溝が発見されています。
平安時代の国史等によれば、僧寺・尼寺とも建立後に火災や地震のため炎上、倒壊したという記事が見
えますが、発掘調査の成果や瓦などの出土品から、僧寺は被災後に大規模な修理あるいは建て替えが少な
くとも3回は行われていたことが判明しています。
図・写真とも、海老名市教育委員会提供
展
○
鬼瓦、珠文緑単弁六葉蓮華文軒丸瓦、珠文緑単弁五弁蓮華文軒丸瓦、均正唐草文軒平瓦
◎
相模国分僧寺(模型)
この模型は、国指定史跡「相模国分寺跡」に残る礎石列や平成7年時点の発掘調査の成果等にもとづき、
復元したものです(最近の発掘調査成果とは、一部異なっています)
。
建物の配置は、中門から正面の講堂に向かって右に金堂を、左に塔を配し、金堂と塔をとり囲む回廊と
築地塀をめぐらせる、法隆寺式伽藍配置とよばれるものです。
全国の国分寺で、この伽藍配置を採用しているのは、相模の国と下総国の二例のみとなり、東西約24
0m×南北約300mの規模が想定される寺域は、全国の国分寺の中でも有数の広さとなります。
また、塔の礎石の柱間からは、高さ約65mの七重塔が建っていたと想定されます。
(模型縮尺=1/100)
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
テーマ2
1
都市鎌倉と中世びと
鎌倉・相模・東国
-新しい国造りへの胎動-
律令制度の矛盾が増大し、東国では開発領主として力をたくわえた武士団の間に、
新しい動きが始まりました。そうしたなかで、相模・武蔵など関東諸国の国司を歴
任した源頼義・義家父子は、前九年・後三年の役などを通じて、東国武士の多くを
配下にしていきました。
◎
中世の鎌倉(模型)
この模型は、繁栄する中世都市鎌倉の様子を表したものです。鎌倉には奈良時代から郡衙が置かれ、東
国の重要な地域の一つでしたが、中世都市として発展する基礎を築いたのは源頼朝です。治承 4 年(1180)
鎌倉に入った頼朝は、幕府の守護神である鶴岡八幡宮を中心とした都市計画を進め、道路を整備し社寺を
建てました。その後、執権北条氏の時代には七切通しが造られるとともに、山稜には切岸や堀切などが設
けられ、街路の整備とともに軍事都市としての防御機能の強化もはかられました。一方、材木座海岸には
和賀江島とよばれる貿易のための埠頭も築かれ、東アジアとの交流も盛んに行われました。
展
○
赤糸威鎧
原品は東京都青梅市の御嶽神社に伝わるもので、畠山重忠所用の伝を持つ国宝である。胴全体は裾広が
りで安定感を持ち、大袖、鳩尾板、栴檀板等を伴い、組紐や革紐で小札を威している。兜は天辺の孔が大
きい厳星の兜といわれるものである。
鎌倉時代
展
○
国宝
原品:青梅市御嶽神社
複製
色々威腹巻
鎌倉時代末期になると、戦闘は徒歩による打物戦が中心となり、そのため重厚な大鎧は敬遠され、軽快
な胴丸や腹巻が流行した。とりわけ、腹巻は着装が簡便で、活動性に富むため、胴丸と同様に兜や袖を付
け使用された。本品は黒漆を塗った革小札と鉄小札を、紫・紅・浅黄などの色糸と熏韋で綴りあわせてい
る。現在、退色しているものの、かつては華やかな色合いであり、この複数の色使いが色々威と呼ばれる
ゆえんである。
室町時代
『天養記』にみる鎌倉
重要文化財
平安時代は、源氏と鎌倉との結びつきが始まった時代です。伊勢神宮に
伝わる古文書集の『天養記』からは、源氏と東国武士団のはたらきが中
世への胎動となっていたことが分かります。同書には、鎌倉に館を構える源義朝が有力在地領主と結んで、
隣接する伊勢神宮の荘園である大庭御厨の押領をくわだてた事件が伝えられています。義朝の郎従と在庁官
人である三浦氏や中村氏らが大挙して御厨内に乱入して略奪をおこない、御厨の荘官である大庭氏や伊勢神
宮側の勢力と戦闘がくり返されました。これらの動きは、都と対抗して源氏を棟梁と仰ぐ東国武士団が、自
立的な傾向を強めていったことを告げています。
天養記
官宣旨案
天養記は、天養2年(1145)2月および3月の大庭御厨押妨事件に関する官宣旨2通に、伊勢神宮
関係文書と相模国司解を加えた10通の古文書集で、相模国大庭御厨古文書とも呼ばれている。大庭御厨
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
2
は開発領主であった鎌倉景正が伊勢神宮に寄進した荘園である。この文書には、鎌倉に館を構えていた源
義朝が隣接する御厨内の高座郡鵠沼郷を鎌倉郡内であるとし、相模国目代源頼清、義朝の郎従清原安行、
新藤太、有力在地領主で在庁官人の三浦吉次、同吉明、中村宗平、和田太郎、同助弘などと結んで、千余
騎で大庭御厨に乱入し武力による押領を企て、大庭氏や御厨側の勢力と激しい戦闘を繰り返していたこと
が記されている。
パ
○
東国武士団
東国武士団の結束が生んだ武家政権
-鎌倉の地と源頼朝-
源氏ゆかりの地、鎌倉。ここを本拠として、鎌倉武家政権の基礎
を固めた源頼朝と、かれを支えた東国武士団。やがてかれらは、
西国の公家政権をしのぐ全国政権への道をひた走るのです。
源氏三代と北条氏
治承4年(1180)、伊豆で後白河法皇の皇子以仁王の令旨を受けた源頼朝
は、東国武士の支持をえて挙兵しました。やがて鎌倉に幕府を開いた頼朝は、
政治機構を整備し、将軍と御家人との間に封建的主従関係を結び、武家政治の基礎を固めました。頼朝の
死後、その子頼家、実朝が将軍職を継ぎましたが、幕府の実権は頼朝の夫人である政子の実家、北条氏の
手に移りました。北条氏は将軍の後見役として執権とよばれ、合議制による執権政治から得宗専制政治へ
の道を歩み、幕府が滅亡するまで、一族の栄華と都市鎌倉の繁栄に力を尽くしました。
展
○
三浦義明坐像
三浦義明は鎌倉時代初期における三浦一族の宗祖である。源頼朝の平氏追討に荷担、呼応し、三浦半島
の拠点衣笠城において戦い最期を遂げた。死後、頼朝は義明を崇敬し、追善のために堂宇建立を命じた。
これが満昌寺の創始となる。現品は桧材を用い、寄木で等身大に造る。老境に至った武人のこの肖像彫刻
は憂鬱な表情をとるが、三浦義明は一族結束の紐帯として神格化されたものと思われる。満昌寺(横須賀
市大矢部)境内の御霊明神社に主神として祀られてきた。
鎌倉時代
13世紀
満昌寺
複製
● 鶴岡八幡宮古神宝類袿
鶴岡八幡宮には古神宝類として、太刀、弓、矢、平胡 籙および袿が一括して国宝に指定されている。八
幡宮上下両宮の建久年間の造営に際し、調進されたと考えられる。太刀は沃野地に螺鈿で杏葉文を飾った
儀式用の太刀で近衛中将以上の高官が帯したといい、源頼朝着用とも伝える。弓は檀の丸木で朱漆塗りで
ある。矢は黒漆塗りで30隻ある。胡籙は儀仗用の矢いれ具で装飾の螺鈿は太刀と同じ意匠である。い
ずれも鎌倉前期の優品である。
展
○
沃懸地杏葉螺鈿平胡籙
展
○
沃懸地杏葉螺細太刀
展
○
朱漆弓
パ
○
源頼朝と周辺の人々
展
○
伝 源頼朝坐像
鎌倉時代
鎌倉時代
鎌倉時代
鎌倉時代
国宝
国宝
国宝
国宝
鎌倉市
鎌倉市
鎌倉市
鎌倉市
鶴岡八幡宮蔵
鶴岡八幡宮蔵
鶴岡八幡宮蔵
鶴岡八幡宮蔵
模造
模造
模造
模造
鎌倉幕府初代の将軍で、武家政治の創始者として知られる源頼朝は、13歳で平治の乱に参加したが敗
れて捉えられ、伊豆国に配流された。20年間を伊豆で過ごした後、以仁王の令旨を受けて挙兵し、平家
を敗り鎌倉に武家政権を樹立した。その後、全国に守護、地頭を設置しその支配力を強めた。また、九条
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
3
兼実や一条能保らの親鎌倉派の公卿を重用して朝廷に対抗した。
この像は、立烏帽子をかぶり、狩衣、指貫を着け笏を執る強装束の姿で、鶴岡八幡宮内、白旗社の御神
体であったと伝えられる。
鎌倉時代
パ
○
頼朝の挙兵と東国武士
展
○
将軍家政所下文
重要文化財
東京国立博物館蔵
複製
この文書は、御家人小山朝政が地頭職を与えられた際のもので、右文書と同日付でほぼ同内容の下文で
ある。頼朝との関係を重視する御家人は政所発給の下文よりも頼朝花押のある下文を求めた。政所は、一
般には朝廷より三位以上に列せられると開設を許される家政機関であり政務が行われた。頼朝は建久元年
(1190)に権大納言右大将に任じられると政所を開設した。文書左(奥)部分に幕府政所の職員が花
押を据えている。
展
○
鎌倉時代
建久3年(1192)
複製
原本:個人蔵
源頼朝袖判下文
「下」ではじまるこの文書は、北関東の有力御家人小山朝政が地頭職を与えられた際のもので、右端(袖)
に花押が据えられていることから袖判下文とよばれる様式をとっている。建久元年(1192)に鎌倉幕
府政所が設置されると、下文は原則的に政所が発給することとなったが、将軍頼朝との主従関係を重視し
た旧来の御家人は、頼朝の花押のある下文を要求したという。同日付、同人充の下文が2通(左文書参照)
残るのはそのためである。
展
○
鎌倉時代
建久3年(1192)複製
原本:神奈川県立歴史博物館蔵
源頼家袖判下文
源頼家は頼朝の死後に家督を継いで第二代将軍となった。この下文は小山朝政に充てて発給された播磨
国五箇荘(兵庫県加古郡稲美町付近)の地頭職補任状であり、頼朝の時代同様に袖判が据えられている。
五箇荘はもと後白河院領で梶原景時が地頭となっていたが、この年の正月に誅伐され、かわりに小山朝
政が地頭に任命されたのである。
頼家の花押ある文書は少なく貴重な史料である。
鎌倉時代
展
○
正治2年(1200)
複製
原品:神奈川県立歴史博物館蔵
御成敗式目
貞永元年(1232)に成立した51箇条からなる鎌倉幕府の基本法典。第三条は、
「一、諸国守護人奉
行事」で、守護が職務として遂行すべき事項を定めている。そのひとつ、「大番催促」は御家人に課されてい
る京都護衛の任務を指揮・監督する権限。これに「謀反人」の追捕と「殺害人」の追捕をあわせて「大犯三
カ条」といった。
展
○
吾妻鏡
巻第38の宝治元年(1247)3月11日条には、由比ガ浜の海岸が変色し、血のように赤くなった
と記されている。現代風に解釈すれば、鎌倉から海に流される排水の栄養度が高く、プランクトンが大量
発生したことが、赤潮の原因と説明される。しかし、中世は、木・火・土・金・水の五行の循環によって
世界は変化していくと説明する。赤は、火・火星・南方・夏など光り輝くものを象徴する。勢いが強くな
りすぎると、戦争・火災・早害などがおきるとされた。6月5日の宝治合戦の予微としてこの赤潮を理解
したが故に、陰陽師はこの記録を残した。
展
○
江戸時代版本
当館所蔵
後鳥羽上皇像
後鳥羽天皇(1180-1239,在位 1183-1198)は、高倉天皇の第4皇子、幼少期は後白河法皇が院
政を行っており、その死後に天皇親政となってからも義父九条兼実が実権を握った。建久九年(1198)
に譲位後は院政をしき、承久三年(1221)に鎌倉幕府倒幕計画である承久の乱が完敗に終わるまで政治
を独占した。本像は、その年の七月、出家に際して藤原信実に描かせたものという。このあと、隠岐(島
根県隠岐郡)に配流され同地で没した。
鎌倉時代
複製
原品:大阪府
水瀬神宮蔵
国宝
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
4
北条義時追討官宣旨案
鎌倉幕府の成立によって打撃を受けた公家方は、頼朝の没後、頻出した御家人の謀反や頼家、実朝の暗
殺などの幕府内部の混乱に乗じて公家勢力の回復を企図し、承久 3 年(1221)5 月、後鳥羽上皇を中心
に討幕の兵をあげた。これが承久の乱である。本状は挙兵に際し諸国に発した宣旨の案(控)で、諸国の
武士達に義時を追討し院の命令に従うことを命じている。しかし、上皇方は幕府軍に大敗した。
鎌倉時代
パ
○
鎌倉幕府の勢力拡大
パ
○
北条氏略系図
展
○
北条時頼坐像
承久3年(1221)
複製
原本:個人蔵
北条時頼は、鎌倉幕府第5代執権である。時頼は幕府草創からの有力御家人であり、祖父泰時の女
婿として勢力を張っていた三浦氏を倒し、関東申次を頼経の父九条道家から西園寺実氏にかえるなど
執権政治の強化を図った。また、引付衆を置いて裁判の公正と迅速をはかるなど幕府政治の発展に尽
くした。一方、禅宗に深い関心を寄せ、宋僧蘭渓道隆を招いて、日本最初の禅宗専門道場である建長
寺を鎌倉に創建した。この肖像は、烏帽子に狩衣、指貫の強装束をつけた姿で、頼朝像と共通する鎌
倉時代の俗体肖像彫刻の好例である。
鎌倉時代
重要文化財
鎌倉市建長寺蔵
複製
展
○
北条家過所船旗
承久の乱(1221)の勝利により、これまで支配力が弱かった西国にも鎌倉幕府の権力は及び、北条氏
の一族が守護をつとめる国も増加した。この旗は北条家の家紋をしるし、当該船の航行や諸国の港湾施設
の利用などを許可したもので、若狭の多烏浦(福井県小浜市)の海運に関わった家に伝来した。この頃、
若狭守護は執権北条時宗で、この旗を掲げ、様々な物資を鎌倉に運んだとみられる。
鎌倉時代
パ
○
文永9年(1272)
重要文化財 複製 原本 京都大学文学部博物館蔵
現在の田鳥(上)とその位置(下)
蒙古襲来と鎌倉幕府
蒙古(元)のフビライは高麗を征服すると、わが国に対して通交を求めてき
ました。しかし、執権北条時宗は「その真意はわが国の侵略にある」とこれ
に応じなかったため、フビライは文永11年(1274)と公安4年(1281)に我が国を攻めました。
これを「文永の役」と「弘安の役」といい、いずれも大風により元の軍船はことごとく沈没し来寇は失敗に
終りました。幕府は文永の役の後、九州の御家人に博多湾沿岸の防塁を築かせ、異国警固番役を課すなどの
防備を行いました。しかし、合戦の恩賞が極めて少なかったことに加え、元弘3年(1333)の幕府倒壊
まで続いた防備体制は御家人に多大な経済的負担を負わせ、幕府に対する不信感を高めました。
パ
○
モンゴル帝国と元寇
展
○
蒙古(元)国牒状案
文永 5 年(1268)1 月、高麗の使者により我国に届けられた蒙古の国書の控(案)で、東大寺の僧
が書写したものである。
内容は日本との通交を望む事、そのため使者の派遣を要求し応じなければ武力の行使も辞さない事、
などが記される。我国はこれに応じなかったため、二度の来襲を受け、以後もその備えを余儀なくされ
るなど御家人の負担は大きく、幕府滅亡の遠因ともなった。
元時代
展
○
至元3年(1266)
複製
原本:奈良市東大寺図書館
重要文化財
高麗国牒状案
この国書は蒙古世宗(フビライ)の国書とともに、文永5年(1268)に日本にもたらされたものの
控である。このときの高麗使は潘阜。蒙古国が高麗国に命じて、日本が蒙古と通好することを勧告させた。
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
5
この後、蒙古使・高麗使は返事を求めて数回来日したが、幕府は無視する態度をつらぬいた。結果、文永
11年には文永の役が勃発した。
鎌倉時代
展
○
至元4年(1267)
複製
原本:奈良市東大寺図書館
重要文化財
蒙古襲来絵詞
『竹崎季長絵詞(たけさきすえながえことば)
』ともいわれ、文永、弘安の両役で活躍した肥後国(熊本
県)の御家人竹崎五郎兵衛季長の戦功を描いた絵巻(全二巻)である。展示は後巻の部分で、博多にある
「生の松原」石築地の場面。築地の上で赤糸威の鎧を着し、赤い日輪扇を持つのは菊池武房で、面前に従
者を率いて行進するのが季長である。
鎌倉時代
展
○
模本
原本:千代田区宮内庁
将軍惟康親王家政所下文案
鎌倉幕府将軍惟康親王は皇族出身のいわゆる宮将軍であり、政治の実権は執権北条時宗(別當相模守平
朝臣)が掌握していた。この文書は九州の御家人渋谷重通が亡父重経の所持していた薩摩国入来院内塔原
郷(鹿児島県薩摩川内市)の地頭職を相続した際のもの。地頭職は、三浦氏の乱(1247年)の戦功に
対して与えられていた。
弘安元年(1278)
展
○
複製
原本:文京区東京大学史料編纂所
入来院家文書
他阿上人書状
この書状は、藤沢の清浄光寺(遊行寺)を率いる遊行上人他阿弥陀仏が、元弘 3 年(1335)5 月
28 日に記したもので、鎌倉を攻める新田義貞軍と幕府軍の攻防の様子や時宗の僧が陣僧として活動し
ている様子を記し、鎌倉幕府滅亡の状況を伝える。
鎌倉時代
展
○
元弘3年(1333)
「複製」
原本:佐久市金台寺
重要文化財
鉄二十四間四方白星兜鉢
大鎧に付属した兜の鉢で、鉄板二十四枚を矧合わせ、半円球状のいわゆる大円山形に作られる。周囲の
鋲が特徴的であるため星兜と呼ばれる。鉢の前後左右は四方白といい鍍金を施した銅版で覆い、それぞれ
篠垂を伏せる。眉庇などは欠失しているが、八幡座などに見られる精緻で力強い造形は、鎌倉時代の特徴
を充分に表わしている。
鎌倉時代
室町時代の鎌倉
重要文化財
元弘3年(1333)、後醍醐天皇は天皇中心の政治の復活をめざし、足利尊
氏、新田義貞などの武士を味方につけ、鎌倉幕府を倒しました。
その後、足利尊氏は室町幕府を開き、政治の中心は京都に移りました。幕府は東国支配のため鎌倉に鎌倉
府を設置するなど、引き続き鎌倉は東国の中心として位置づけられました。また、臨済宗寺院に「五山の制」
が制定され、幕府の保護が加えられたこともあり、五山文学や画僧の活躍など禅宗文化が栄えました。
しかし、次第に鎌倉公方と幕府の対立が激化し、永享10年(1438)
、四代公方の足利持氏による永享
の乱が発生し、関東に戦乱が広がり鎌倉は次第に荒廃していきました。
展
○
足利尊氏像
足利尊氏は後醍醐天皇の挙兵に応じ、六波羅探題を攻め京都を支配した。鎌倉幕府の滅亡後、建武政権
に加わるが、これと対立し、光明天皇を擁立して室町幕府を開き、初代将軍となった。冠をつけて袍を着
し、右手に笏を持って上畳に坐す。賛もなく像主を特定する材料は乏しいが、本図が伝来した広島・浄土
寺は尊氏が庇護した寺であり、袍の文様が足利氏が下賜された「桐」であることから尊氏像とみられる。
室町時代
パ
○
浄土寺蔵
複製
足利氏略系図
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
6
足利持氏血書願文
四代鎌倉公方の持氏は、東国の盟主を自認し、次第に幕府と対抗するようになった。関東管領上杉憲
実は、幕府と持氏の調停に努めたが、これを不満とした持氏は、永享10年(1438)年憲実を攻めた。
鎌倉の永安寺に入った持氏は幕府軍の攻撃をうけ自害した。
この願文は、持氏が永享6年に武運長久を祈願し、鶴岡八幡宮に大勝混合像を奉納した際のものであ
る。朱墨に血を混ぜ、怨敵頂上に対する強い意志をうかがうことができる。
室町時代
永享6年(1434)
重要文化財
鶴岡八幡宮所蔵
複製
小田原を本拠に関東制覇をめざす-戦国大名後北条氏-
後北条氏は、早雲以来5代100年にわたり、検地の実施、税制や軍事制度の整備
などの富国強兵策により戦国大名として強大化していきました。また、中央の先進
文化の移入や融合によって、独自の文化を形成しました。
各地に有力な大名がいた戦国時代、小田原を本拠に関東の支配をめざし
後北条氏五代の関東制覇
たのは後北条氏でした。早雲、氏綱、氏康、氏政、氏直と五代、およそ1
00年続いた戦国大名です。
後北条氏とは、鎌倉時代の北条氏と区別するための呼称で、正式には北条氏、これも2代氏綱からで、
それ以前は伊勢の姓を名乗っていました。北条氏は「虎の印判」の使用、
「所領役帳」の作成などによる家
臣や職人衆の把握、検地の実施、税制の改革など先進的な行政制度を取り入れて富国強兵につとめました。
武田氏や上杉氏など近隣の大名とあるときは戦い、あるときは同盟を結びながら領国を拡大させ、関東で
最大の戦国大名として成長をとげました。
パ
○
後北条氏略系図
展
○
北条早雲画像
北条早雲とは近世以降の俗称で、正しくは伊勢新九郎、実名は盛時、出家後は早雲庵宗瑞と称した。京都
伊勢氏の庶流で、駿河の今川家内で頭角をあらわし興国寺城(静岡県沼津市)を与えられ、明応2年(1
493)に伊豆を攻め取り、ついで小田原城の大森氏を追い相模進出を果たし、永正13年(1516)
三浦の新井城に三浦氏を滅ぼし、相模支配をなしとげた。同16年伊豆の韮山で波乱に満ちた生涯を終え
た。
展
○
室町時代
「複製」
原本
箱根町早雲寺
重要文化財
北条氏綱画像
二代氏綱は、虎の印判の使用による行政制度の確立や、伊勢から北条への改姓など、戦国大名北条家の
基礎を確立した。中央文化の摂取にも積極的で、天文元年(1532)からの鶴岡八幡宮の修営では諸国から
各種の職人を招来した。天文10年(1541)に55歳の生涯を終えた。
本図は、早雲寺に伝来したもので、風貌などに父早雲の面影をうかがうことができる。江戸時代、座り
方など画面に改変が加えられている。
「複製」
展
○
室町時代
原本
箱根町早雲寺
神奈川県重要文化財
北条氏直画像
五代当主の氏直は、父氏政とともに北条氏最大の領国を形成したが、天正18年(1590)
、全国統一
をめざす豊臣秀吉の前に降伏し、助命され高野山に流されたが、翌年30歳で病没した。
この画像は氏政像と同様、江戸時代になり玉縄北条氏の子孫が土佐光起に描かせたもので、賛は早雲寺
十八世琢玄宗璋が加える。後世の制作のため、氏政像とほぼ同様である。
江戸時代
寛文10年(1670)頃
複製
原本:箱根町早雲寺
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
7
北条氏康画像
天文15年(1546)の川越合戦でも古河公方
足利晴氏、関東管領上杉憲政などの連合軍を破り、
勢力図を武蔵北部まで拡大した。また、越後の上杉謙信、甲斐の武田信玄、駿河の今川義元など有力大名
と和戦を巧みに使い分けながら、「所領役帳」の作成や税制の改革などを行った。元亀2年(1571)に
57歳の生涯を終えた。本像は江戸時代に河内(大阪府)の狭山北条家が早雲寺の画像を写したもの。
江戸時代
展
○
狭山北条家伝来
伊勢宗瑞(北条早雲)制札
制札とは寺社や宿駅などへ、乱暴狼藉の禁止などを公示するために出された文書である。
永正9年(1512)8月、早雲は相模の中央で東進をさまたげていた岡崎城(平塚市・伊勢原市)を
攻略すると、相模北部や東部に進出し、相模、武蔵、甲斐を結ぶ水陸の交通の要衝である当麻宿(相模原
市)に制札を下した。日付の下に据えられるのが早雲の花押である。
戦国時代
展
○
永正9年 (1512)
複製
原本:相模原市無量光寺
所領役帳
北条氏康が家臣の普請役(労働課役の事)賦課の状態を把握するために、永禄2年(1559)までに
作らせた基本台帳。内容は衆ごとに、家臣名、貫高、郷村名(知行地)などを記す。
「小田原衆所領役帳」
ともいわれるが、これは小田原衆の記述が最初にあるためとされる。他に玉縄衆、江戸衆、御馬廻衆、職
人衆など複数の衆名が記載される。原本は江戸時代に火災で焼失したが、写本により内容をうかがうこと
ができる。
展
○
北条家朱印状
ろくじゅおうおん
この文書に捺されるのは、北条家当主の印である。印文「禄寿応穏」の上に虎が座すため、虎朱印とも
呼ばれる。内容は永禄4年(1561)2月、三代当主氏康が円覚寺に対し、寺に不法を行う者がいたら、
その名前を玉縄城の善九郎(氏繁)へ報告すること。また、それを怠る場合は処罰するとしている。この
年の3月、上杉謙信は小田原城を目指して軍を進めるが、その直前の緊迫した様子を伝えている。
戦国時代
展
○
永禄4年(1561)
帰源院文書
てつくろうるしぬりしじゅうはちけんすじかぶとはち
鉄 黒 漆 塗 四十八間筋 兜 鉢
ず な り かぶと
戦国時代、西国では頭形 兜 など少ない鉄板で構成される兜が流行したが、東国では依然として伝統的な
は
ときん
しのだれ
筋兜が尊重された。本品は四十八枚の鉄板を矧ぎ合せた筋鉢で、黒漆塗りとし、前後には鍍金を施した篠垂
ふくりん
い がき
を伏せ、各筋は覆輪で飾り、下部に斎垣をめぐらせるなど重厚に作る。北条氏の周辺で用いられたとみら
れる小田原鉢の優品で、鉢裏に「相州住家次」の銘がある。
戦国時代
展
○
鉄錆地六十二間筋兜
戦国時代、戦闘の激化により、筋兜は十六間、二十八間というような、矧板の数の少ない兜から、本品
のように多くの鉄板を矧合せて作る兜が流行した。鉄板の重なりあいが多くなり防御性が増すためである。
また、鉢は漆を塗らず、鉄の鍛えの良さを見せる錆地が流行した。鉢裏に「吉久作」の銘があり、吉久は
相模(神奈川県)、または、下野(栃木県)の甲冑師といわれている。
展
○
戦国時代
紺糸威具足
具足とは当世具足のことで、戦国時代に主流となった全身防備の甲冑のことをいう。本品は津藩(三重
県津市)の藤堂家の分家である久居藩(同久居市)家老の藤堂氏が所用のものとされる。兜の鉢は古い時
代のものを尊重し、使用されることが多いが、この具足に付属する兜鉢は室町時代の優品である。
兜鉢:室町時代
他は江戸時代初期
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
8
おだわらのじんしよりじん と り ず
展
○
小田原陣仕寄陣取図
この図は、北条氏が籠もる小田原城を包囲する豊臣秀吉の軍勢を描いたものである。
天正18年(1590)3月、秀吉は北条氏攻略のため京都を出発し、4月初旬に小田原に到着した。
そうがまえ
北条氏は城と城下を9㎞にも及ぶ土塁と堀で防御する 総 構 とした。しかし、圧倒的な兵の差により、三
ヶ月に及ぶ籠城戦を経た7月5日、北条氏は降伏した。
戦国時代 「複製」 原本:山口県文書間 毛利文書
後北条氏と東国文化
北条氏は本城のある小田原の整備につとめました。道路や用水を整え、流
通のために問屋を置き、大工、石工、紺屋、刀工、甲冑師などの職人を諸国
から招きました。北条氏の成長とともに小田原は東国で最も賑わう町となりました。また当時、京都が荒
廃していたこともあり、公家、様々な職能者、商人などが地方に下りましたが、小田原にもこれらの人び
とがやってきました。かれらは様々な文化や商品を小田原にもたらし、北条領国の文化の形成大きな役割
を果たしました。
二代氏綱が湯元に建立した早雲寺には、北条氏の文化をしのばせる文台や硯箱、朱塗椀、北条五代の肖
像がなどが伝わっています。
展
○
乙御前釜
下野の天明(栃木県佐野市)では、梵鐘や仏具、日常品など様々な鋳造を行っていたが、とりわけ茶の湯
釜は、筑前(福岡県)の芦屋釜と並び称されていた。本品は外見が乙御前(おたふく)の面のようなふく
よかさを持つことから名づけられた。滑らかな釜肌に文様を施すことが多い芦屋釜に対し、天明釜は地肌
が荒々しく文様を施すことが少ないため、素朴な味わいが侘茶の世界では尊重された。小田原でも類似の
釜(小田原天命)が作られたとされる。
室町時代
からすず
展
○
鴉図
大永元年(1521)北条氏綱は早雲の菩提を弔うため、箱根湯本に早雲寺を創建した。その際、開山
として京都の大徳寺から以天宗清を迎えたことにより、中央の禅宗文化が導入された。以天は余技として
瓢逸な禅画を残しており、本図もその一例である。
展
○
潘閬図
中国・周の穆王の怒りに触れ花山に流された潘閬が帰京を許されて戻る際、離れゆく花山に別れを惜し
み後向きに騎驢したという故事を描いた作品。墨の階調によって表現される深みのある画面が見どころであ
る。
展
○
室町時代
右都御史筆
個人蔵
山水図
本作は16世紀前半に東国で活躍した祥啓派の画人、興悦の作。興悦は最も祥啓に近い洗練された作風
を持つ。北条早雲の子、幻庵長綱の賛がある山水画も残り、北条氏との関連もたどれる人である。
室町時代
◎
興悦
筆
山中城(模型)
山中城とは静岡県三島市山中新田の地に後北条氏によって築かれた城です。天正15年(1587)こ
ろより豊臣秀吉との緊張が高まると、城は拡張され、足柄城、韮山城などとともに、小田原城の西方の防
衛拠点と位置づけられました。この模型は、現在の地形に岱崎出丸をのぞいた城の主要部を、発掘調査な
どをもとに復元したものです。三方を土塁で囲んだ曲輪、障子堀(畝堀)と呼ばれる堀底の通行を妨げる
畝を設けた空堀など、特徴的な後北条氏の築城法を見ることができます。当時は各曲輪に建築物が存在し
たと思われますが、調査により確認できる地点の復元にとどめてあります。
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
パ
○
9
山中城模型範囲
戦国時代の暮らし
戦国大名北条氏の本拠地があった小田原城の周辺では、近年の発掘調査により、
中国から輸入された青磁、白磁、染付など碗や皿、国内産では瀬戸、美濃(岐阜
県)
、常滑(愛知県)
、初山(静岡県)の碗、皿、甕などの陶磁器の他、漆塗りの椀、道具類など様々な
遺物が発見された。これらは当時の商品流通の状況を伝えるだけでなく、戦国の世を生きた人々の暮ら
しぶりを伝えてくれるものとして大変興味深い。
戦国時代
展
○
小田原市教育委員会所蔵
輸入陶器製品
中世の我国では、青磁や白磁など磁器類は生産できず、そのため戦国大名は威信財として珍重した。戦
国期後半には、明代の染付の碗・皿などの流通が増加した。これらは小田原城下からも数多く出土する。
南宋・元~明時代
展
○
卸組長屋遺跡
国産陶器製品
国内の製品の遺物も多いが、ここでは瀬戸美濃系の天目茶碗、灰釉皿、すり鉢、鉄釉皿(右側)
。初山窯
の鉄釉皿(左側)などを展示する。天目茶碗は茶の湯の盛行を伝えるものとして興味ぶかい。
戦国時代
展
○
卸組長屋遺跡
漆器椀・椀蓋・皿
小田原城下で出土する漆器製品には様々な文様が描かれている。中でも、飛翔する鶴を描いた製品は、
同様なものが関東各地の北条氏の支城で発掘されるが、贈答品として流通したことをうかがわせる。
戦国時代
展
○
卸組長屋遺跡
藩校集成館遺跡
滑石製石鍋
中世では鍋や釜などは、鉄製品以外にも土師器や本品のように滑石を加工したものが利用された。
北条氏の領国では、滑石が産出されないため、滑石製品の流通には商人の活動があった。
戦国時代
展
○
卸組長屋遺跡
土師質羽釜
伊勢地方で生産された耳付きの土師質の羽釜である。小田原にはたびたび大湊(三重県伊勢市)の船の来航
があったが、このような海運を利用し、諸国の産物が小田原にもたらされたのである。
戦国時代
展
○
藩校集成館遺跡
かわらけ
小田原城内外では大量のかわらけが出土する。それらを大別すると京都系の手づくね(左側)
、美濃(岐
阜県)以東に普及したロクロ製(右側)がある。京風のかわらけの出現は中央文化の移入を示すものとい
える。
戦国時代
藩校集成館遺跡
中世都市鎌倉が、土の下に眠っていた
-発掘品を通じてみる中世の世界-
鎌倉では、市街地の発掘調査がすすんでいます。出土品や
建物の遺構などを通して、中世都市鎌倉の姿とそこでの人
びとの暮らしぶりが、しだいに明らかになりつつあります。
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
10
鎌倉では上級武士の住む屋敷地には立派な礎石のある建物が建てられましたが、
鎌倉の暮らし
従者たちの住む家には小さな掘立柱の建物もありました。都市生活を支える商人
や職人たちも掘立柱の建物や半地下式の建物に住んでいました。
煮炊きにはイロリのほかに大型の火鉢が使われ、食器には青磁などの中国製磁器、瀬戸焼などの国産陶
器、素焼きのかわらけ、漆器などを用い容器として陶磁器のほかに曲物も多く使われました。下駄や草履、
装身具の扇、櫛なども普及し、また、囲碁、将棋、双六などの遊びも楽しまれていました。
◎
武士の館(模型)
この模型は、最近の発掘調査の成果と絵巻に描かれた館を参考にして、鎌倉の武士の館の復元を試みた
ものです。20条(60m)四方の大きな規模のもので、当時の鎌倉の屋敷の広さを表す単位では8戸主
(へぬし)にあたり、幕府の政治に参画していた有力な武士の館を想定しています。
敷地のほぼ中央には、中門廓を備えた寝殿があり寝殿造のなごりがみられます。前庭は広く、板塀で仕
切られた屋敷の裏側には、厩、厨、納殿、などの住居などが配されています。
春の日の午後、前庭では父が息子に弓を教え、他の息子たちもそれぞれ、家人と武具の手入れや愛馬の
世話に余念がありません。老人は来客と将棋に興じ、妻と娘は縁側で弓の稽古を眺めています。裏手では
女たちが夕食の支度に取りかかるところです。
展
○
古銭
展
○
瀬戸灰釉印花文四耳壷
日宋貿易でもたらされた白磁の四耳壷を模倣している。淡い緑がかった透明の灰釉がかけられている。
展
○
常滑壷
愛知県常滑市を中心とした知多半島で、平安時代から生産された陶器。無釉の焼き締めの陶器で、壷、
甕、鉢、皿などが作られた。中世の代表的な窯業生産地で、その製品は全国各地から出土し、都市鎌倉に
も大量に供給されている。
展
○
信楽大壷
滋賀県甲賀郡信楽町で生産された無釉の焼き締めの陶器。壷、甕、鉢、皿などの生活雑器が作られ、中
世都市鎌倉にも運び込まれている。
展
○
瀬戸灰釉華瓶、
碁石、
展
○
瀬戸灰釉水滴、
瀬戸灰釉合子、
瀬戸山皿、
瀬戸山茶碗、
瀬戸おろし皿、
笄(こうがい)
鶴岡八幡宮出土の漆器
鶴岡八幡宮の研修道場建設にともなう発掘調査では、数多くの漆製品が出土した。椀と皿が大部分を占
め、黒漆の地の上に朱漆で、草花や鳥などを描いたり、型によるスタンプで文様を施している。
展
○
かわらけ皿、灯明皿、曲物、杓文字、箸、草履の芯、下駄
パ
○
中世びとのくらし、
(一遍上人絵伝による)
パ
○
中世都市鎌倉の発掘
先進の中国文化へのあこがれ-唐物とその影響-
中世屈指の大都市であった鎌倉は、中国大陸との交易で、外に向かっても
大きく開かれていました。唐物と呼ばれる珍しい輸入品の数かずは、人び
との目を驚かせ、強い文化的影響を与えたのです。
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
大陸に開かれた港・鎌倉
中世
11
鎌倉幕府が開かれると、鎌倉は日本の政治の中心となる一方で、商
工業をはじめとする経済活動もさかんとなり、中世の大都市として急
速に成長していきました。鎌倉の海は遠浅で大型船の停泊に向いていなかったため、貞永元年(1232)
、
勧進聖の往阿弥陀仏は執権北条泰時の後押しにより、和賀江島とよばれる本格的な築堤をつくり、これに
より、鎌倉は国際的な港湾都市としての性格を持つようになりました。
パ
○
中国・東アジアとの交易
パ
○
和賀江島現況図
パ
○
飯島和賀江島絵図
和賀江島は、執権北条泰時の時代に鎌倉の由比ヶ浜に築かれた港。現存する最古の築港遺跡として国史
跡に指定されている。この絵図は、和賀江島をめぐる三浦郡小坪村と鎌倉郡材木座村の堺争論に際して作
成されたもので、明和元年(1764)頃の作図とみられる。
パ
○
飯島和賀江島絵図
和賀江島は、貞永元年(1232)に勧進聖往阿弥陀仏が舟船着岸の煩いをなくすために築港を申請し
たもので、北条泰時の協力を得て完成した。それ以来、江戸末期まで使用されていたが、その頃の様子を
伝えるものがこの2図である。積み石で湾状を形づくった島の様子がよくわかる。
中国の宋・元から輸入された「唐物」と呼ばれる工芸品の数々は、その精緻さと
鎌倉彫と青磁
希少性によって中世の人びとのあこがれの的でした。中国陶磁の代表である青磁や
白磁は日本では生産できず、その美しい色つやと、華瓶や香炉、碗、壷、瓶子といった珍しい器物が、人
びとを魅了しました。また、漆地に文様を彫った堆朱や堆黒といった彫漆器も、香合や盆などがもたらさ
れ、珍重されました。
中国からもたらされた工芸品は、日本の工芸品に大きな影響を及ぼしました。瀬戸焼は中国製品の形を
写すものが多く、また、後世には中国彫漆の文様と風合いを写した鎌倉彫が生まれました。
展
○
磁器破片
中世の鎌倉には、大陸から、青磁や白磁をはじめとして、大量の陶磁器がもたらされた。かつて鎌倉の
海岸では、輸送や荷揚げの際に破損して廃棄された品物が、破片として発見されることもあった。
南宋~元時代
貫達人氏寄贈
展
○
青磁擂座三足水盤
見込みが広く浅い水盤。青緑色の青磁釉が厚くかかり、高台の畳付のみ露胎に残す。胴部の上下に突帯
をもうけて擂座状の貼り付け文様を巡らし、足は獣面をなす。全体に重厚感のある造りである。
中国・元~明時代
龍泉窯
展
○
青磁劃花牡丹文瓶
肩の丸く張った小型の青磁梅瓶で、小さな頸の周りは四方に花弁を配し、肩には二条の線を巡り、胴部
には篦描きの牡丹文様が伸びやかに展開する。文様の凹凸に釉がたまり、色の濃淡をつくりだしている。
中国・元時代
龍泉窯
展
○
青磁劃花文鉢
酸化炎焼成のために暗緑色を呈する小ぶりの青磁鉢。福建省の同安窯などで量産され、日本にも大量に
もたらされた。この種の青磁鉢は、後に室町時代の茶人村田珠光が愛玩したことから「珠光青磁」と通称
される。
中国・南宋時代
同安窯
展
○
瀬戸灰釉平碗
愛知県瀬戸市およびその周辺地域で生産された陶器。中国の青磁碗の器形に倣い、高台を小さく口縁を
大きく広げ、灰釉をかけている。瀬戸では、こうした中国磁器に倣った高級品の施釉陶器を生産した。
室町時代
江藤コレクション
せ い じ る い ざ みつあしすいばん
せ い じ か く か ぼ た ん もんへい
せ い じ か く か もんはち
せ と か い ゆ う ひらわん
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
12
せ と か い ゆ う からくさもん へ い し
展
○
瀬戸灰釉唐草文瓶子
愛知県瀬戸市およびその周辺で生産された瓶子。中国からもたらされた、肩に張りがあり裾にかけて引
き締まる器形の梅瓶を模して成形されたとみられる。かせた肌に刻まれた素朴な唐草文が味わい深い。
鎌倉時代
江藤コレクション
展
○
展
○
堆黒屈輪文 小 盆
明時代
鎌倉彫屈輪文香合
鎌倉彫は、中国の彫漆作品の風合いを木彫漆塗技法で再現するところに生まれたとされる。本作は
その典型作で、中国で好まれた屈輪文様を、木地に彫りつけ、朱漆をかけている。器形も美しい優品。
桃山時代
展
○
展
○
展
○
展
○
展
○
つ い こ く ぐ り もんしょうぼん
かまくらぼりしっぽうつなぎもんふで
鎌倉彫七宝繋 文筆
桃山時代
かまくらぼりかきのもと ひ と ま ろ ず すずりばこ
鎌倉彫 柿 本 人麻呂図 硯 箱
江戸時代
かまくらぼりかちょうもんしょく
鎌倉彫花鳥文 卓
江戸時代
しゅうるしぬり ゆ と う
朱 漆 塗 湯桶
いわゆる根来塗の湯桶。根来塗は元来、紀州根来寺周辺で生産された漆器を称した。美しい曲線を描く
堤げ手や注口、張りのある胴からなる器形に朱漆が擦れて下地の黒漆がのぞく色の対比が調和した優品。
桃山時代
青磁管耳花生
唐代から清代にかけて生産を続けた青磁窯である龍泉窯(淅江省)の製品で、頚部の2ヶ所に管耳をつ
けた花生で、その器形は青銅器に由来するという。全面に美しい青磁釉がたっぷりとかかり、釉下には細
かい貫入が表れる。このような美しい釉の器は13世紀から14世紀前半にかけてつくられ、わが国では
この手の青磁を砧青磁と呼び珍重してきた。
中国・南宋時代
青磁劃花文鉢
酸化炎焼成のために茶色がかった発色を呈する青磁鉢、福建省の同安窯などで量産され、日本にも大量
にもたらされた。この種の青磁鉢は、後に、室町時代の茶人村田珠光が愛玩し「珠光青磁」と通称される。
中国・南宋時代
展
○
青白磁蓮華文合子
中国・南宋時代
展
○
青白磁劃花蓮華文瓶
中国・南宋時代
同安窯
青白磁は北宋時代に江西省景徳鎮窯において創始され、大量に海外に輸出された。このように口が小さ
く、撫で肩で裾をしぼった瓶は、京都、鎌倉をはじめ全国各地の中世遺跡から大量に出土する。
展
○
瀬戸灰釉印花文瓶子
鎌倉時代
いわゆる締腰形の瓶子。粘度紐輪積成形の後に轆轤調整し、印花による菊花文を肩にあらわす。鎌倉の
中世遺跡からからは古瀬戸の陶磁器が数多く出土する。
展
○
堆朱牡丹文香合
中国・明時代
堆朱は彫漆技法の一つ。堆黒が黒漆を主とするのに対し、堆朱は朱漆を主として塗り重ねて文様を彫り
出す。本作は、開花の牡丹を表す。柔らかな花弁の表現がみどころ。
展
○
鎌倉彫獅子文香合
室町~桃山時代
木製の器胎に文様を彫って漆をかける。鎌倉彫の香合。うずくまる獅子のにやけた表情、体躯の斑紋や豊
かなたてがみが、力強く的確な彫により表現されている。
展
○
鎌倉彫雲龍文鉢割り
展
○
鎌倉彫桐文高卓
展
○
螺鈿楼閣人物文卓
江戸時代
室町~桃山時代
中国・明時代
螺鈿は、文様の形に切り出した貝片を置いて漆をかけ研ぎ出す技法。本作は、天板に楼閣人物図、欄間
や脚部には花鳥文などを配している。室町時代以降、こうした器物が唐様として珍重された。
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
13
神仏に祈ることで救われた、中世の人びと
-東国の仏教と文化-
うち続く戦乱や飢餓による社会不安が増大するなかで、人びとは救いを神仏に
求めました。武士層に支持された禅宗をはじめ、鎌倉新仏教は東国へ大きな影響
を及ぼし、鎌倉を中心とする地域には、京都とは異なった独自の仏教文化が栄えま
した。また、鶴岡八幡宮をはじめとする諸社への崇敬も、人びとを精神的に支える
大きな力となりました。
鎌倉時代の前期、中国・南宋で禅を学んだ栄西は、帰国後、鎌倉幕府に重用されて寿
武士と禅
福寺開山に迎えられました。建長5年(1253)に北条時頼が中国から蘭渓道隆を
招いて建長寺を創建すると、鎌倉では本格的な宋朝禅が行われるようになりました。さらに、北条時宗が無
学祖元を迎えて円覚寺を開くなど、禅宗寺院が建立され、臨済宗は幕府や北条氏の篤い帰依を受けました。
禅宗の繁栄は大陸の新しい文化をもたらし、鎌倉の武家社会に大きな影響を与えました。
パ
○
鎌倉新仏教と開祖
展
○
栄西禅師坐像
明庵栄西(1141~1215)は、平安末期から鎌倉初期にかけて活躍した僧。備中(岡山県)に生
まれ、延暦寺で天台を学び、二度の入宋を果たした。建久2年(1191)に帰国後、臨済禅の普及につ
とめたが京都ではかなわず、正治元年(1199)鎌倉に下向した。
幕府は栄西を重用して北条政子は栄西を開山に迎えて寿福寺を開創し、ついで将軍頼家の保護のもと京
都に建仁寺を開いた。わが国臨済禅の祖と仰がれ『興禅護国論』等の著作のほか、入宋の際に関心を寄せ
た茶の功徳を説いた『喫茶養生記』を著し、茶祖とも評されている。
近世に編纂されたわが国僧侶の伝記集『本朝高僧伝』によれば、栄西は「弁才あれども身貌矮醜なり」
と記されており、本像のような円筒形な頭部もいわゆる「栄西頭」といわれたこの容貌を表したものであ
ろう。
鎌倉時代
展
○
鎌倉市
寿福寺原蔵
寄木造・玉眼
蘭渓道隆像
蘭渓道隆は、中国・宋代の禅僧。来日して鎌倉幕府の執権の北条時頼の帰依を受け、はじめは常楽寺に
住し、その後建長五年(1253)に建長寺の開山となった。
曲彔に坐し、竹箆を執る姿に描かれる。大陸風の本格的な頂相(ちんそう・禅宗の祖師像)の例。
画中には蘭渓の自賛があり、文永8年(1271)に朗然居士(ろうねんこじ)のために描かれたもの
という。朗然居士は、北条時宗であるという説がある。
原本:国宝
鎌倉五山
絹本著色
鎌倉時代
文永8年
建長寺
鎌倉時代末期には、中国・南宋の官寺制度にならい日本でも「五山」が定められまし
た。これは寺院の国家的保護と官寺としての格付けを目的とし、五山を中心とした禅宗寺
院の組織化がはかられました。はじめは、建長寺、円覚寺、寿福寺など鎌倉の寺院のほかに京都の建仁寺も
加えられていました。諸寺が官寺としての役割をどのように担っていたのかは明らかではありません。本格
的に五山制度が整備され、鎌倉と京都にそれぞれに五山が定まったのは南北朝時代になってからでした。
パ
○
鎌倉五山
パ
○
禅僧の法系図
パ
○
中国の主要禅寺と禅僧の交流
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
14
達磨大師坐像
達磨(生没年不詳)はインドに生まれ、西域を経て、六世紀前半に中国・北魏の洛陽に止住したという。
禅宗の初祖とされ古来絵画、彫刻に多くあらわされてきた。寿福寺像は彼の個性的な人柄を的確に表現し
た優作で、東国の達磨像の古作としても貴重である。
南北朝時代
展
○
大覚禅師墨蹟
大覚禅師
鎌倉市寿福寺蔵
神奈川県重要文化財
複製
法語規則
蘭渓道隆は中国・四川省出身。北条時頼の帰依を受けて、鎌倉に入り、はじめ常楽寺に住し、
建長五年(1253)に建長寺の開山となった。
本書は、建長寺の一山の衆僧に向けて戒律を定めたもの。法語(向かって右)とは宗師家が学人に対し
て仏法の道理を示したもの。規則(左)には修行を行う上での具体的な作法や禁止事項が示されている。
本書は蘭渓の自筆とされ、厳粛な禅風があらわれている。
複製
◎
鎌倉時代
原本:国宝
紙本墨書
建長寺
円覚寺仏殿(模型)
この模型は、円覚寺の大工をつとめた高階家に伝わった元亀4年(1573)の円覚寺仏殿再建計画の
図面をもとに復元製作されたものです。組物は主屋三手先詰組、裳階三斗組で、禅宗様建築の典型を示し
ています。模型は実際の10文の1の復元で、方5間裳階付(外観の柱間は7間)という規模は円覚寺舎
利殿など、現存する禅宗様建築をはるかにしのぐ大きさです。中世鎌倉における五山寺院の壮大な伽藍を
想像させます。
展
○
じゅうさんぶつず
十三仏図
十三仏図は死者追善の忌日法要や逆修に掛けられた仏図。十三仏信仰が流布する室町期以降の作例が多
い。本図は十三仏が来迎するように描かれている。
初七日(不動明王)
・二七日(釈迦)
・三七日(文殊)・四七日(普賢)・五七日(地蔵)
六七日(弥勒)
・七七日(薬師)・百箇日(観音)・一周忌(勢至)・三回忌(阿弥陀)
七回忌(阿閦)・十三回忌(大日)
絹本著色
展
○
室町時代
長谷観音像
右手の手首に数珠をかけて錫杖を持ち、左手に水瓶を捧じる十一面観音の立像で、この独特の姿は奈良・
長谷寺の本尊にちなんだもの。左右に初瀬山を守護する雨宝童子と、八大龍王のうち難陀龍王を配する。難
陀龍王は徳道上人が長谷観音を初めて造立した時に影向したという。
観音の肉身の金色、天衣や裳など着衣の細かな金色の文様は金泥によるもので、皆金色の像容を現す。15
世紀頃の制作とみられる。
展
○
絹本著色
南北朝時代
横浜
室生寺蔵
釈迦三尊像
中央に岩座に坐す釈迦、左に象に乗る普賢、右に獅子に乗る文殊を描く。
明兆は、鎌倉末期から南北朝期にかけて京都・東福寺で活躍した画僧。宋元画を範とする着彩画が多い
が、水墨技法が随所にみられる。明兆画の水墨技法は弟子の赤脚子や霊彩のほか、仲安真康など関東水墨
画人にも受け継がれている。本図の右下には「明兆筆」の落款が入る。
南北朝時代
明兆筆
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
15
支那禅刹図式
南宋時代末期の径山万寿寺以下、五山十刹に関する記録で、清規という禅宗の規則に則して図解したも
の。伽藍配置や殿堂、寮舎の構造、堂舎内の法器具類や法式の威儀作法にいたるまで詳細に示されている。
わが国の禅宗伽藍の造営にも大きな影響を与えたと考えられる。
室町時代
展
○
京都東福寺蔵
複製
夢窓国師坐像
夢窓疎石(1275~1351)は鎌倉・南北朝時代の禅僧で、後醍醐天皇、足利尊氏をはじめとする
公家・武家の篤い帰依を受け、京都では南禅寺、天竜寺、鎌倉では瑞泉寺など、東西の名刹を歴住した。
その門派は夢窓派と呼ばれ、門弟に多くの俊僧が育ち、五山の中でも最大の勢力となった。また、夢窓は
作庭にも優れ、西芳寺、天竜寺、瑞泉寺などの名園を築き、以後の禅宗庭園に大きな影響を与えた。瑞泉
寺像は頂相と呼ぶ形式により国師の高徳の相をよく表した優作である。
鎌倉時代
念仏と題目
重要文化財
鎌倉市
瑞泉寺蔵
複製
鎌倉新仏教のうち法然が開いた浄土宗、親鸞の浄土真宗、一遍の時宗(衆)などの
浄土教系宗派や、日蓮が開いた日蓮宗では、易しい修行をひとつだけ選んでそれに専
念するという易行・選択・専修を掲げました。そして、浄土教系では念仏を唱えることで極楽浄土に往生
でき、日蓮宗では題目を唱えることで末法の世から救われるとやさしく説き、これらの諸宗は広い階層に
浸透しました。一方、旧仏教側も新仏教に刺激されて新たな運動がおこり、戒律を重んじて仏教の立て直
しをはかる動きも現われました。なかでも律宗は、叡尊、忍性が活躍し、極楽寺、称名寺などを拠点に発
展しました。
展
○
一遍上人立像
一遍智真は浄土教の一派時宗の開祖に仰がれる。伊予に生まれ、出家し九州、信濃善光寺などで修業の
後、熊野において成道し、以後、一所不住を旨として諸国を巡教する遊行にはいる。賦算や踊り念仏など
独特の教化はよく知られる。本像は二祖他阿真教の開いた、当麻山無量光寺に祀られる像で、称名を唱え
ながら遊行する一遍の姿をとらえた、現存する一遍のもっとも古い像である。
南北朝時代(14世紀)
展
○
「複製」
原像:
木造
寄木造
玉眼
相模原市無量光寺
日蓮聖人坐像
日蓮は安房(千葉県)の生まれで、清澄山で天台宗を学んだあと、比叡山や南都、鎌倉などで修行した。
その後「法華経」に仏法の真理をきわめた日蓮宗(法華宗)を開宗、他宗に対する徹底した批判や幕府に
上呈した『立正安国論』などはよく知られている。本像は現存する日蓮の肖像彫刻の古例で、その意思的
な表情には日蓮の不屈の精神力がよくあらわされている。
南北朝時代(14世紀)
埋葬と供養
「複製」
原像:
木造
寄木造
玉眼
中世の鎌倉では、人が死んだとき、どのように葬られたのでしょう。源頼朝など上
層階級の人びとには、墳墓堂がつくられましたが、狭い鎌倉では平地に墓地をつくる
ことが禁止されたため、武士や僧侶などは「やぐら」に葬られました。火葬の際には蔵骨器として陶磁器
の壷が使われることもありました。供養のために板碑や五輪塔などの石塔類が建てられましたが、故人の
冥福を祈る追善供養のほか、生前に自ら極楽往生を願う逆修供養も盛んに行われています。板碑には秩父
地方産の緑泥片岩が、五輪塔や宝篋印塔などには箱根周辺の安山岩がおもに使われました。庶民がどのよ
うに葬られたかについては、まだよく分かっていません。
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
16
銅造梵鐘
本鐘は、現在鎌倉の本覚寺に伝えられるが、側面の刻銘により応永17年(1410)に上総国菅生庄
木佐良津(木更津)八幡宮の鐘として鋳造されたことがわかる。鋳物師の鋳匠末盛は上総鋳物師と思われ
るが、本鐘以外に作品は残っていない。
室町時代
展
○
板碑
南北朝時代
展
○
板碑(元徳二年)
応永17年(1410)
鎌倉市本覚寺蔵
貞治77年(1368)
板碑は板状の石塔。埼玉県秩父地方で産出する緑泥片岩を用いるものが一般的である。これらの板碑は
武蔵型板碑と呼ばれ、関東一円に分布している。
展
○
鎌倉時代
元徳2年(1330)
板碑(元弘三年)
この板碑は上半部が失われている。中央に「元弘三年五月十五日」と刻み、左右には各二行の銘文があ
る。新田義貞の鎌倉攻めに際し、従軍して戦死した上野国(群馬県)の武士飽間斎藤一族の供養塔である。
銘文には飽間斎藤盛貞と家行が15日に武蔵国府中(東京都府中市)で、同宗長が18日に相模国村岡(神
奈川県藤沢市)で戦死したことを記す。
鎌倉時代
展
○
元弘3年(1333)
複製
原品:東村山市
徳蔵寺
重要文化財
宝篋印塔
宝篋印塔は五輪塔とともに中世の代表的な石造供養塔である。名称は、
「一切如来心秘密全身舎利宝篋印
陀羅尼経」の教えに基づく。中国の造塔様式が日本にも伝わり、その形を模した隅飾突起のある笠が特徴
である。構造的には、基礎、塔身、笠、相輪の各部分で構成される。神奈川県内にある宝篋印塔は関東形
式と呼ばれ、一番下に反花座が造られている。
鎌倉時代
展
○
文保元年(1317)
複製
原品:長野県安曇野市
個人蔵
重要文化財
元亨元年銘石造五輪塔
永福寺(ようふくじ)の旧境内地内にあたる二階堂亀ヶ淵の「やぐら」から、右側にある五輪塔と共に
出土した。地輪(ちりん)の底部が不整形で、当初、反花座(かえりばなざ)は備えられていなかったこ
とを示している。地輪には「元亨辛酉七月九日/沙弥□仏□」とあり、鎌倉時代末期の指標的な五輪塔で
あるといえる。
展
○
鎌倉時代
元亨元年(1321)
宝塔
宝塔は木造建築にみられる多形塔を石造で表したものである。『法華経』(見宝塔品)には、釈迦が霊鷲
山で法華経を説いた時、地中から宝塔が出現し、塔内から多宝如来が出現して釈迦を招き入れた故事があ
る。構造は、基礎、塔身、笠、相輪の各部分からなり、関東形式では反花座が一番下に造られているのが
特徴である。
鎌倉時代
展
○
嘉暦2年(1327)
複製
原品:鎌倉市佐助ヶ谷やぐら出土
個人蔵
石造五輪塔
五輪塔は石造卒塔婆の一種である。各輪には四方に五輪塔五大の梵字が刻まれている。反花は彫りが深
く、格狭間の線は豊かに膨らみ力強い。梵字の彫り方は断面がV字型の薬研彫りであり、水輪と空輪の丸
さや火輪の軒の反り、最下部の反花座の形は、鎌倉時代末期のこの地域の石塔に備わる特徴をよく表して
いる。
展
○
鎌倉時代
やぐら(模型)
鎌倉を取り巻く丘陵の山腹や谷戸の崖面には、方形の横穴が各所に掘られていて「やぐら」とよばれて
います。武士や僧侶など上位階級の人びとが葬られた中世特有の墳墓で、左に陳列してある「五輪塔」や
「宝篋印塔」などの石製供養塔婆が納められています。火葬骨は常滑や瀬戸製の壷に納められたり内部の
小穴に直接納められたりしています。このカットモデルは、その様子を 10 分の1の縮尺で忠実に再現して
います。
縮尺1/10
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
17
蔵骨器
中学校の校庭拡張工事のとき、板碑や五輪塔などの石塔類をともなう中世の墳墓が発見された。火葬骨
を納めた蔵骨器には、猿投、渥美、常滑、瀬戸などの東海地方の中世陶器が使われていた。
山北中学出土
展
○
猿投水注
平安時代
展
○
常滑三筋壷
鎌倉時代
展
○
常滑壷
鎌倉時代
展
○
渥美大文字壷
鎌倉時代
パ
○
石塔の種類
撞 東国の中世美術
山北中保管
幕府が開かれて政治経済の主要な都市となった鎌倉では、文化もまた花開きま
した。鎌倉時代のはじめは、都の文化の移入につとめ、彫刻では運慶、絵画では
宅磨派などを起用しました。やがて執権北条氏の時代になると、幕府は和賀江島、六浦に港を開き、交易
船は絵画、陶磁器、書籍などの多くの文物を大陸からもたらしました。さらに幕府の要請で来日した多く
の中国僧も禅宗文化を直に伝えました。これらが宋風彫刻や水墨画などを好む東国独自の文化を鎌倉に発
展させる大きなきっかけとなりました。この美術の流れは13世紀後半に黄金期を迎え、鎌倉幕府の滅亡
後にも引き継がれました。
展
○
四季耕作図屏風
春の田植えから夏の潅漑、秋の収穫といった季節の田園風景を、雲烟たなびく中に牧歌的に描いている。
耕作図は、中国においては、儒教道徳に基づき、善を勧め悪を戒める勧戒図としての意味があったが、日
本では四季の情緒の深い田園風俗図へと趣を濃くしていった。
作者の狩野探幽(1602~74)は江戸幕府の御用絵師。明快な対象描写と瀟洒な余白の組み合わせに
より、江戸狩野派様式を確立した。探幽の存在が、封建体制下における狩野派の地位を磐石ものにした。
紙本墨画淡彩
展
○
江戸時代
狩野探幽筆
商山四皓・竹林七賢図屏風
商山四皓は、中国秦代、乱世を避け商山に隠れた四人の白髭(皓)の隠士をいい、竹林七賢は魏から晋
にかけて、俗塵を厭い、竹林に雅遊した七人の隠士をさす。
これらの故事は室町時代の水墨画にも取り上げられ、桃山、江戸時代を通じ盛んに描かれた。
作者は、桃山時代に豪放な画風で一家をなした曽我直庵の子、二直庵で、主に境や奈良で活躍した。
紙本墨画
◎
江戸時代
曽我二直庵筆
円覚寺舎利殿(模型)
円覚寺舎利殿は、源実朝が宋から求めて大慈寺に奉安した仏舎利を移すために弘安8年(1285)こ
ろ創建されました。その後、いくたびも炎上し、今の建築は永禄6年(1563)の円覚寺大火後、鎌倉
西御門にあった尼五山の一つ、太平寺の仏殿を移築したものです。太平寺の沿革は明らかでなく、現在の
舎利殿の年代は文献的には不明です。
しかし、舎利殿とほとんど瓜二つといってよいほど様式的に似た、東京の東村山市にある正福寺地蔵堂
に、応永14年(1407)の墨書銘が発見されており、現舎利殿も、だいたい正福寺地蔵堂に近い室町
時代の建立と考えられます。
舎利殿は、主屋方3間の周囲に「もこし」がめぐり、中小規模禅宗様建築の一般形式であった方3間「も
こし」付の形式です。内外、細部とも典型的な禅宗様建築の特徴を完備し、柱間で中の間と脇間の比が4
対3であるなど、古式を伝えています。禅宗様成立の地、鎌倉における洗練された純粋な禅宗様建築とし
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
18
ての価値はきわめて高いものがあります。
パ
○
東国の主要仏像分布
展
○
阿弥陀如来坐像
全体に穏やかな藤原様の作風を示す。その手本となったのは、大仏師定朝作の平等院鳳凰堂阿弥陀如来
坐像のような作例であろう。こうした定朝様の作例は浄土教の流行にともない 12 世紀には全国的に流布
した。本像は小像ながらまとまりのよい造形をしめし、その洗練された作風からみて京都周辺で作られた
ものと思われる。
展
○
(平安時代
12 世紀
木造
寄木造
彫眼)
阿弥陀如来坐像
小振りの像ながら力強い大像の風格を備えた像である。張りの強い引き締まった面相や、充実した体部
表現、写実的で切れの良い衣文表現など、運慶作の浄楽寺(横須賀市)の阿弥陀如来像に通ずる雰囲気を
感じさせる。伝来は不明であるが、13世紀はじめ頃まで遡りうる運慶様式の本格的な作例であり、希少
な存在といえる。
(鎌倉時代
13世紀
木造
割矧ぎ造
玉眼)
展 木造阿弥陀如来立像
○
上品下生の来迎印を結んで立つ。小ぶりの三尺阿弥陀像である。この型の像は浄土系の本尊として鎌倉
期に盛んに作られるが、その祖形が仏師快慶の像にあることから「快慶像」と称される。
本像はその典型的作例といえる。割り矧ぎ造り。
展
○
(鎌倉時代)
木造他阿真教坐像
念仏を広めるために「遊行」をする一遍上人のそばに常に付き従った他阿真教上人は、一遍上人が亡くな
ったあと、それを引き継いで時衆を教団としてまとめた実質上の時宗開祖といえる人物です。
この像は高さが85.3cmある、等身大の他阿真教上人像で、寄木造で玉眼を入れています。剃髪し、
法衣の上から袈裟をかけて坐し、両手を胸の前で合掌して、持蓮華(まだ開花していない未敷蓮華)を挟
み持っています。一見して顔の表情がゆがんだようにみえますが、これは上人が中風を患い、そのため顔
が麻痺し、ゆがんでいたことを、忠実に写しとっているからです。
像の頭部の内側には墨書きがあり、文保二年(1318)の年紀と、御歳八十二の年齢、そして南無阿
弥陀仏の六字名号が書かれています。このことから、この像が真教上人八十二歳の、亡くなる前年に造ら
れた像であることが分かります。生前に姿を写した像を寿像(じゅぞう)と呼びますが、他阿真教上人の
寿像は、彫刻でこれまで確固たる像が発見されていませんでした。
生前に像をつくることを、時宗ではとくに重要としたと思われます。歴代の遊行上人を「阿弥陀如来の
代官」と考え、身命を「知識」すなわち遊行上人に預ける「知識帰命」の原則が時衆にあるからです。遊
行上人を拝することは阿弥陀そのもの拝することに通じる訳です。この像もまた上人そのものととらえら
れたと思われ、頭部内に書かれた「南無阿弥陀仏」の六字名号はおそらく、真教上人自身が書いたもので
しょう。
本像の出来映えは、鎌倉時代の肖像彫刻としてたいへん写実的に優れ、生きているようなリアルな顔の
表情は、上人を間近にしてつくられたとみられます。この像の制作当時、他阿真教上人は当麻山(相模原
市・無量光寺)に居ました。当時、鎌倉には仏像制作の大きな工房がいくつかあったとみられ、生写する
にはいたって好条件だったのではないでしょうか。仏師の名は明らかではありませんが、おそらくこうし
た鎌倉仏師の名手の作ではないかとおもわれます。
[頭部内墨書]
鼻・口部裏の、丈保二年二月十三日の日付と、御歳八十二の年齢、また上部、額裏に南無阿弥陀佛
の各号が記される。
鎌倉時代
丈保二年(1318)木造
寄木造
彩色
小田原市
蓮台寺
重要文化財
2015年1月
中世
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
19
大日如来坐像
横浜市南区の宝生寺は真言宗の古刹で、本像はその本尊である。像内納入文書によりもとは鎌倉覚園寺
内に祀られていたことがわかる。胸前で智拳印を結ぶ金剛界の大日如来である。堂々とした肉付け、厳し
い顔つきなど鎌倉彫刻の特徴をよく表し、髻を高く結う様や、やや人間臭い表情には当時流行した中国宋
代美術の影響がみとめられる。鎌倉地方の代表的な密教彫刻である。
鎌倉時代(13世紀)
◎
横浜市宝生寺
木造
寄木造
玉眼
神奈川県重要文化財
木造勢至菩薩坐像
浄光明寺阿弥陀三尊像は鎌倉地方を代表する彫刻のひとつである。中尊阿弥陀如来像の胎内から発見さ
れた紙片に、正安元年(1299)の年記がありこのころの造立と考えられている。本像は、その脇侍菩
薩像で、脚をくずして体をわずかにひねる自由な姿勢をとる。高く結いあげた宝髻や女性的な面相、複雑
で装飾的な衣文表現など、鎌倉時代中期以降、この地方を中心に流行する宋風が濃厚にみとめられ、この
種の作例としてはひとつの極点を示す像といえる。寄木造りで玉眼を嵌入する。
鎌倉時代
◎
鎌倉市浄光寺蔵
重要文化財
複製
薬師三尊像
伊勢原市の宝城坊は日向薬師と呼ばれ、かつては霊山寺と称する大寺の一坊であった。霊山寺は奈良時
代開創を伝え、鎌倉時代には源頼朝や政子も崇敬したことが知られる古刹で、多くの堂・坊を有したが、
明治の排仏毀釈で衰え、今は宝城坊のみが残っている。宝城坊には平安から鎌倉時代にかけての仏像が多
く残り、昔日の繁栄をしのばせるが、現在本尊として祀られるのがこの薬師三尊像である。
本像には着衣部を中心にノミ跡が整然と残されている。こうした技法は鉈彫と呼ばれ平安時代後期を中
心に時折見られ、東国に多く分布することが知られている。本像はこうした鉈彫作例の中でも古例にあた
ると思われ、また作行きも優れた大作として彫刻史上の重要作例である。
平安時代後期
*
伊勢原市宝城坊蔵
重要文化財
複製
内は以前の展示
2015年1月
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
1
近世の街道と庶民文化
テーマ3
大名は参勤交代の列を組み、
庶民は手形を懐に街道を行き交った
-宿場と関所-
江戸時代の初め、幕府によって街道の制度が整えられました。
宿屋や休憩所、人足、馬、駕籠などがおかれた宿場、継立場のほか、
要所には関所がおかれ、にぎやかな往来ににらみをきかせていました。
宿場の第一の役割は伝馬役を勤めることであり、そのため人馬の常備が義務付けら
宿場の役割
れていました。東海道での員数は、当初は36人・36匹が、寛永10年代に100
人・100匹に改定されました。宿場には問屋場がおかれ、宿役人が、公用書状の継ぎ送り・人馬を継ぎ
立て助郷賦課などの業務をおこないました。
宿場の中心部には高札場があり、切支丹・放火・鉄砲使用などの禁制や駄賃・人足賃を公示した高札が
掲げられました。高札場は里程標の役目もはたし、宿場間の距離を測る基準になりました。宿泊施設は、
大名や公家、公用旅人が泊まる本陣・脇本陣、一般の旅人が泊まる旅籠や木賃宿がありました。
●
五街道分間延絵図
江戸幕府が作成した主要街道の測量絵図で、五街道だけでなく矢倉沢往還や江の島道等の脇往還を含み、
全部で91巻より成る。道中奉行所の管轄下、勘定や普請役等の役人を派遣して実地の測量を行い、各宿
駅からは明細書上を提出させて、文化3年(1806)に完成した。一里を七尺二寸に縮尺し(縮尺180
0分1)
、十二支で方位を示す。問屋場・本陣・脇本陣・寺社・高札場・一里塚・傍示・橋梁・渡船場など
の街道の情報を詳細に描いている。
江戸時代
文化3年(1806)複製
原本:東京国立博物館蔵
● 東海道分間延絵図
『五街道其外分間延絵図並見取絵図』のうちの東海道分 13 巻は、品川宿から守口宿まで描かれている。
本絵図は、原本のうちから神奈川県域に関わる川崎宿より箱根宿に至る九宿分を複製した。
江戸時代
●
文化3年(1806)複製
原本:東京国立博物館蔵
甲州道中分間延絵図
『五街道其外分間延絵図並見取絵図』のうち甲州道中分で9巻より成る。本絵図は、原本から神奈川県
域の小原宿(相模原市緑区)・与瀬宿(同)・吉野宿(同)・関野宿(同)の四宿分を複製した。
江戸時代
パ
○
宿場のようす
パ
○
浮世絵(県内)東海道の 9 宿
<*1>
文化3年(1806)複製
原本:東京国立博物館
県内九宿に関係する浮世絵を順次展示
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
旅道具さまざま
2
江戸時代の旅は、大名や公家など身分の高いものを除けば、徒歩での移動が
基本でした。庶民も時には馬や駕籠に乗りましたが、経済的な負担も大きく、
一般的ではありませんでした。そのため旅道具は携行に便利なように小型化、軽量化が工夫されました。
脚半、足袋、浴衣などの衣類は小さな行李に入れて担ぎ、その他の携行品も菅笠や合羽などの雨具や防寒
具、薬・煙草入れや小物入れ、弁当箱、手ぬぐいや風呂敷、袋類、提灯、旅案内書など、必要最小限の物
に限られました。
展
○
籐製一文字笠
籐の表皮を円錐形に編み上げ、裏に渋皮を張って防水性を高めて整形した一文字笠。裏面には、耳かけ
の紐円座や一対の三角巾型綿入れ枕も残る。竹製の物とは異なった編み方の製法を示す。
江戸時代末期
展
○
竹製豆弁当型薬篭
弁当箱の形を模した竹製の薬篭。合い口造で長辺の一方に蝶番、他方に押さえの金具、短辺には引き手
金具を付け、金銅製の小型取手付き湯呑をくくり付ける。薬などの携帯と服用の利便性を考えた薬篭であ
る。
江戸時代末期
展
○
真鍮製根付型燭台
携行用の燭台。真鍮製の根付型を輪切りにしてその中に継ぎ竿式の足と蝋燭の受け皿を入れ込む。燭台
にするには、円形の根付を台にして継ぎ竿式の脚を伸ばしてねじ込み受け皿を差し込んで燭台を組み立て
る。
江戸時代末期
展
○
蝋色塗笈文様銭刀
用心のために刀に見せかけた金銭入れ。中に一分金等の少額金銀貨を入れる。
展
○
竹製三ッ重組入弁当箱
金属製三段重ねの弁当箱が竹籠の中に入る。
展
○
革製早道
携行用小銭入れ。帯に挟んで使う。
展
○
草 鞋
展
○
木綿引廻合羽
展
○
銅製矢立
展
○
竹製手行李
展
○
革製小花文巾着
展
○
真鍮製角形注口付水筒(網袋入)
展
○
黒革製火打袋
展
○
金唐革製牡丹文煙草入附属銀製煙管・筒
展
○
萌葱繻子脚半(女性用)
展
○
藍染麻製網袋
城下町小田原の成立
小田原藩は、稲葉正則(在職寛永11[1634]年~天和3[1683]
年)の時代に藩政の整備が進みました。大久保忠隣の改易により天守をのぞ
いて破却されていた小田原城は再建がすすめられ、大手門も南から東に付け替えるなど、寛永9年(16
32)からおよそ50年間にわたる大改修されました。同時に城下町も再整備され、町人地と武家地を明
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
3
確に分離して、東海道に面した地区を町人地とし、それを取り囲むように武家地が配されました。また新
たな街区が城郭東北側に拡張されました。
小田原は、東海道の重要な宿場町でもあったので、宿場の中心地には本陣や脇本陣、問屋場、高札場な
どが設けられ、大小の旅籠が軒を連ねました。
●
永代日記
稲葉正則治世の小田原藩の公式記録。正則が家督を継いだ寛永11年(1634)から隠居する天和
3年(1683)までの50年間の内で、「日記抜書」を含めて32年分が現存する。江戸藩邸の公用日記を
基本にして正則存命中に編纂されたもので、稲葉氏の藩政を知る上で貴重な資料である。展示してあるの
は承応2年(1653)2月2日の「箱根根府川両関所制札」の記事。
江戸時代
●
複製
原本:稲葉神社崇敬会蔵
相州小田原絵図
天和年間(1681~83)の作成と推定される絵図で、稲葉正則治世期に整備が進んだ小田原城下の様
子を示している。街道沿いに町屋が並び、それを取り囲むように武家屋敷が配置されている。武家屋敷は
城に近いところを大身の家臣が占め、中・小身家臣は町や周辺に置かれている。また城下東・南・西端に
は足軽屋敷があり、西から西北の山手には寺院が配置されている。
江戸時代
パ
○
小田原城主の変遷
●
小田原城址出土瓦
原本:小田原市立図書館蔵複製
小田原城址出土の瓦はその大半が巴紋だが、三つ葉葵や菊、梅鉢紋、大久保氏の「上がり藤に大」、稲葉
氏の「折敷に三」などの家紋瓦も出土した。また、「河州瓦師甚左ェ門 八兵衛 原兵衛」と瓦師名の刻印もあ
る。
江戸時代
展
○
小田原市 小田原城址出土江戸時代
軒先瓦、平瓦
● 稲葉正勝画像
稲葉正勝(1597~1684)は実母春日局の縁で徳川家光の側近として重用され、元和9年(1623)
には26才で奉行職(老中職に相当)に就いている。寛永9年(1632)に小田原藩8万5千石に封じられ、
小田原城と城下の整備に着手したが、翌寛永10年1月の小田原大地震で城郭・城下とも甚大な被害を受
けた。その復旧につとめるが、寛永11年に38才の若さで没し、小田原藩政の基礎作りは嗣子の正則に
ゆだねられた。
●
江戸時代
作者不詳
稲葉正則画像
正則(1623~96)は春日局を祖母に持ち、父正勝の早世により12歳で家督を継ぐ。藩政の基盤
を固め、小田原城と城下は彼の時代に本格的に整備されている。幕府内では、老中などの幕閣枢要にあっ
て活躍した。画像は曲彔に正面を向いて座り、総髪の半俗体に描かれている。正則は黄檗祖師風の画像で
描かれたものとみられる。墨田区の弘福寺に同構図の「稲葉泰応像」
(喜多元現筆、元禄6年)があり、本
図は住吉派の絵師住吉尚貞による江戸末期ごろの模写本と見られる。京都市伏見の稲葉神社にも同様の模
写本が伝わる。
◎
江戸時代
絹本着色
小田原城天守閣木組模型
天守閣を建築・修復する際に制作された木組み。精巧な雛形です。小田原地方はしばしば大きな地震に
襲われ、天守閣は寛永10年(1633)
、元禄16年(1703)に東海、天明2年(1782)には大
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
4
破傾斜しました。この天守閣木組模型は天明度の修復にあたった川部匠太夫が制作したとされるものです。
この修復にさいして作られた木組模型は4基が知られていますが、大久保家所蔵のものは戦災で焼失し、
小田原市大久保神社所蔵、小田原城天守閣所蔵、およびここに展示した東京国立博物館所蔵の3基が現存
しています。
箱根関所の役割
箱根関所は関東の出入り口として最重要の関所に位置付けられて厳重に警備さ
れました。屏風山と芦ノ湖にはさまれた地点に設置された関所には横目役・番頭・
足軽が配置され、警備を命じられた小田原藩の藩士が定番で勤めました。東海道を往来する人びとの手形
改めをおこない、江戸への鉄砲の持ち込みと、人質の意味を持った大名の妻子の逃亡を防ぐために「入
り鉄砲と出女」を厳重に取り締まりました。また、仙石原・矢倉沢・谷ケ(やが)にも関所が設けられ、
脇街道を通る人々を取り締まりました。鉄砲改めは後には荒井関所(静岡県湖西市)でおこなうようにな
り、箱根ではもっぱら「出女」の取り締まりをおこないました。
● 往来手形と関所手形
往来手形は庶民が旅行する際に必ず携行した身許証明書。菩提寺や名主が発行し、庶民男性はこれで関
所を通過できた。関所手形は関所通過許可証で、女性、囚人・乱心者、江戸へ鉄砲を持ち込む場合に必要
であった。発行者は留守居役や京都所司代など地域ごとに決っており、書式や手続きも厳格であった。通
過する関所ごとに提出し、女性が江戸から京都に行くには箱根関所と荒井関所宛の手形が必要であった。
文久3年(1863)、男性も関所手形が必要となったが発行手続や書式は簡素化された。
● 関所手形
右側の資料は家主が借家人の為に発行した往来手形で、宛名の「箱根」の文字は後から書き加えられた
もの。中央は伊東播磨守家中の足軽ら13名の武家手形であるが、手続が簡素化された後のもの。左側の
資料は大坂城番勤務のために持ち出した鉄砲を再び江戸に戻すに際して今切関所の通過許可を求めた老中
宛の申請書である。裏面に通過許可の文言と老中の署判が書き加えられており、申請書がそのまま鉄砲手
形として使用された。
展
○ 関所手形 (鉄炮手形)
正徳3年(1713) 原本:個人蔵
展
○
関所手形 (武家手形)
複製 江戸時代 慶応2年(1866)
原本:箱根関所資料館蔵
展
○ 関所手形 (町人手形)
複製 江戸時代 文政11年(1828)
パ 箱根関所絵図
○
● 関所常備武具類
箱根関所には弓五張、鉄砲十挺、長柄槍十本、大身槍五本、三道具一組、幕二張、棒十本、大提灯六張、
箱提灯五張が常備されていた。三道具は袖搦・突棒・刺叉のことで通行人を威嚇するため関所中庭の目立
つところに立てられていた。
展
○
火縄銃
銃身や引き金などに「関四」という文字が刻まれており、関所に常備された火縄銃であることが知られ
る。
展
○
管 槍
関所の三つ道具とともに関所の中庭に立てられた。槍を繰り出しやすいように環状の管を設け、紐を付
けているので管槍という。
江戸時代
展
○
刺 叉
関所の三つ道具の一つ。針を植えた樫の丸棒に、Y字形の叉を付けたもの。叉の部分で相手の首、胴体、
手足等を押さえて行動の自由を奪う。
江戸時代
2015年1月
.
近世 5
袖 搦
関所の三つ道具の一つ。樫の丸棒に針を植えてある。先端で相手の着衣の袖、裾や髷(まげ)などを搦
めて引き倒し、捕らえる。
江戸時代
展
○
突 棒
関所の三つ道具の一つ。樫の丸棒に針を植えT字型に横手棒を付け、その両端に鉄製の鈎(かぎ)が付
く。相手に突き立てたり、足を払ったりして捕らえる。
江戸時代
展
○
寄 棒
樫の丸棒で「六尺棒」とも呼ばれる。突く・脛(すね)を払う・打ち掛ける等、多様な用法に使える万能
の捕物具。
江戸時代
展
○
十 手
江戸時代
展
○
鼻捻棒
江戸時代
展
○
手 鎖
江戸時代
展
○
取 縄
江戸時代
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
人びとの楽しみは、信仰と遊山を兼ねた小旅行
-庶民信仰と名所めぐり-
信仰と遊びを兼ねた名所めぐり、それは庶民の大きな楽しみです。
金沢八景・鎌倉・江ノ島・大山・箱根などは、気軽な旅の適地となりました。
相武の寺社と開帳
江戸時代の寺社は、将軍や領主から寄進された土地や年貢が免除される「除地」
という土地からの収益によって運営されていました。しかし、臨時に多額の費用
が必要なときは尊像や霊宝を大都市に持ち出して公開し、人びとから喜捨を募りました。これを出開帳
といいます。大都市江戸に近接している相模国や武蔵国の寺社は江戸市中での出開帳を頻繁に催しまし
た。相武の寺社は、このような出開帳などを契機として江戸庶民の間にもよく知られるようになり、参
詣や名所遊覧といった小旅行の適地として多くの人々が訪れました。
● 寛文朱印留
家綱が四代将軍を嗣いだとき、幕府は諸大名・公家・寺社から前将軍発給の領地宛行の朱印状を回収し、
家綱の名で新たに朱印状と領知目録を発給した[諸大名には寛文4年(1664)、公家・門跡・寺社にはその
翌年]。これは新将軍家綱が幕府の主であることを示して、諸大名等の臣従を確認する行為である。本資料
はこの両文書を原文の通りに収録したもので、寺社領に関しては50石以上のものが収載されている。
江戸時代
展
○
展
○
展
○
複製
原本:国文学研究資料館蔵
済家禅宗京鎌倉五山派大徳寺派妙心寺派方広寺派寺領目録
複製
江戸時代
複製
江戸時代
複製
江戸時代
原本:国文学研究資料館蔵
諸社領御朱印留
原本:国文学研究資料館蔵
日蓮宗地領留
原本:国文学研究資料館蔵
● 鶴岡八幡宮境内図
鶴岡八幡宮境内を南西上空から見下ろした構図で、境内を風景画的に描き、海浜近くの大鳥居や若宮大
路・段葛も描かれている。境内には本社殿や拝殿といった神道系の建物のほかに、現在は存在しない大塔・
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
6
薬師堂・輪蔵・護摩堂・愛染堂といった仏教系の建物も描かれており、神仏混淆であった時代の境内の様
相を伝える。
江戸時代
享保17年(1732)
複製
原本:鎌倉市鶴岡八幡宮蔵
● 開帳差免帳
諸国の寺社が江戸市中で開帳を開催するには寺社奉行の許可が必要であった。本資料はその開帳許可を
綴ったもの。開帳差免は江戸中期から明治初期に及び、本県域の寺社による江戸開帳は八十数回を数える。
● 妙法寺開帳関係資料
鎌倉の妙法寺(日蓮宗)が天保7年(1836)江戸小石川興善寺で出開帳を開催した時の一連の記録。開帳
本尊や出品宝物類、開帳宣伝用の立札、開帳場の見取り図などが書き留められている。
江戸時代
展
○
妙法寺開帳差免状
原本:鎌倉市妙法寺蔵
天保7年(1836)
原本:国立国会図書館蔵複製
光触寺・鶴岡八幡宮開帳差免状(『開帳差免帳』より)
複製
パ
○
江戸開帳地図
パ
○
本所深川絵図
江戸時代
展
○
複製
(『開帳差免帳』より)
江戸時代
展
○
天保7年(1836)
江戸時代 寛保元年(1741)
文久2年(1862)改正
原本:国立国会図書館蔵
戸松昌訓 著
尾張屋清七 版
江の嶋辨才天開帳参詣群集之図(部分)
相武の名所
名所とは、もともと歌枕として古歌に詠まれた「名のある所」の意味でしたが、江
戸時代には景勝地や旧跡などを指す言葉になっていました。
相武の地には、景勝地として名高い金沢八景、古い歴史を誇る武家の古都鎌倉、効能ある湯治場と知ら
れる箱根、霊験あらたかな霊地として信仰を集めていた江ノ島や大山など、バラエティーに富む名所があ
りました。交通も便利な江戸近郊の遊山の地として多くの人びとを集めました。
<*2>
県内の名所に関係する浮世絵を順次展示
<*3>
タイムリーなテーマを設定して浮世絵を展示
村に生まれ、村に属し、村に暮らした人びと
-村の支配と生活-
封建社会の人びとが日々の生活をいとなんだ「村」
。
それは、幕府や領主、地頭など幾重にも重なった支配のもとにおかれたものでした。
江戸幕府と神奈川
天正18年(1590)後北条氏の滅亡後の関東を与えられた徳川家康は、
江戸城を本拠地に定め、江戸の防備を考慮して家臣団に領地を与えて領国経
営を始めました。神奈川県域では、小田原城に腹心の大久保忠世を入れ、足柄地方をその城付地として西
の守りを固め、その他の地域はこれも江戸の防衛上の配慮から大部分を直轄領と旗本領としました。また
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
7
県域には古くからの寺社が多いため寺社領も少なくありませんでした。
幕府成立後も県西部に小田原藩領、その他の地域には旗本領と直轄領が配置されるという所領構成の基
本は維持されました。享保7年(1722)に金沢の六浦に陣屋を構えた金沢藩(六浦藩)
、天明3年(1
783)には厚木の萩野に陣屋を構えた荻野山中藩など、新たな藩領も生まれましたが、基本は江戸時代
を通じて変わりませんでした。
パ
○
徳川家康関東入封後の所領分布
● 相模国絵図
文政12年(1829)に青木安恭によって写されたものであるが、1640年代に江戸幕府の命により
作成された正保国絵図が基になっていると考えられる。
正確な写しではなく、記載情報の省略や改変も見られるが、江戸時代前期の相模国の様子を窺うことが
できる。海上の朱線は航路。
江戸時代
展
○
富士見十三州輿地全図
展
○
山中藩陣屋之図
展
○
文政12年(1829)
江戸時代
天明4年(1784)構成
江戸時代
天保13年(1842)
模写
青木安恭 写
個人蔵
相模国武蔵国内藩領絵図
船越守愚
撰
● 知行宛行状
主君より家臣へ所領を与える際に知行宛行状が発給された。江戸幕府も将軍直臣である大名・旗本に対
し、将軍の名で所領を与えるが、将軍代替わりごとに知行宛行状である朱印状と領地目録が発給された。
展
○
展
○
展
○
知行宛行状
江戸時代
天正19年(1591)
複製
原本:個人蔵
江戸時代
寛永2年(1625)
複製
原本:個人蔵
知行宛行状
下野国烏山藩大久保氏領地目録
下野烏山藩は大久保常春(小田原大久保氏の一族)が享保10年(1725)に二万石を宛行れて成立。相模
国内の領地は同13年(1728)に加増された一万石分の飛び地。県内にはこのような諸大名の飛び地が
相当数存在した。
江戸時代
農作業と四季
安政2年(1855)
複製
原本:個人蔵
江戸時代の農業生産力は、農具や農法の工夫や改良、灌漑設備の整備などによっ
て向上しました。とはいえ、自然を相手とし、季節の変化にしたがって行われる農
作業は大きく変わることはなく、毎年季節ごとに同じ作業が繰り返されました。
米作りは、早春の種まきから始まり、代かき、田植え、稲刈り、脱穀、調整、そして俵詰めで一年の作
業が終わりました。労働は厳しく年貢負担は重いものの、農作業の折り目や節目には農耕儀礼や年中行事
があって、人々の楽しみや息抜きになっていました。
展
○
四季耕作図
村の支配と年貢
江戸時代 安政6年(1859)
複製
原本:個人蔵
幕府や領主は村を単位として農民を支配しました。徳川家康は、領国となった
関東の村むらに検地を実施し、村ごとの生産高(村高)を把握しました。検知と
は田畑・屋敷地など土地一つ一つの所在地・地目(土地の種類)
・面積・生産高、名請人(年貢負担者)を
調査することで、その結果を記載したものが検地帳です。幕府や領主はこの後も何回か検地をおこない、
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
8
生産力の増加を把握しようとしました。年貢は村高を基準とし、個別の農民ではなく村に対して賦課され、
村が年貢納入の責任を負いました。
● 検地帳と年貢の納入
右上の検地帳は、後年の写しであるが、原本は家康関東入部の翌年、県内では最も早い段階の検地であ
る。年貢割付状は年貢免状とも言い、その年の年貢賦課額の通知文書である。決められた年貢を全て納入
するとその証明である年貢皆済目録が村に手渡された。
展
○
手広村年貢割付状
江戸時代
展
○
安政3年(1856)
個人蔵
鎌倉郡手広郷天正十九年検地帳
江戸時代 天保5年 (1834)写し
展
○
展
○
個人蔵
手広村年貢免状
江戸時代
宝暦5年(1755)
個人蔵
江戸時代
宝暦6年(1756)個人蔵
手広村年貢皆済目録
村の組織
江戸時代の村は、村役人(名主、組頭、百姓代)を中心にした行政的組織で自治的に
運営されていました。領主からの命令の伝達や年貢諸役の割り当てなどは、この運営
機構を通じておこなわれました。このような行政的組織だけでなく、
「組」や「講」とよばれる小地域単位
の組織もありました。
「五人組」は年貢の納入や治安維持の連帯責任を負うなど、支配を補完する組織でし
たが、「講」は村人の共同作業や冠婚葬祭などで、互いに協力し合うものでした。村の秩序を乱した者に科
せられる「村八分」という制裁は、このような小地域単位の組織からも付き合いを断絶されるものでした。
● 上糟屋郷絵図
相模国大住郡上糟屋村(現在:伊勢原市上粕屋)の絵図。大山道・八王子往還が通り、住居、寺社、小
祠、塚、川池、馬捨場、高札場等が描かれる。『新編相模国風土記稿』
(天保 12 年(1841 年)に成稿)に
は、家数は 138 軒とある。
江戸後期の上粕屋村は、間部氏・中根氏・飯河氏・中川2氏の計5人の旗本が支配していた。一村を複
数の領主が治めることを相給というが、上粕屋村のような状態を五給という。
展
○
展
○
展
○
江戸時代
文政8年(1825)複製
江戸時代
元治元年(1864)
江戸時代
文久3年(1863)
手広村宗門人別書上帳
個人蔵
手広村五人組帳(前書)
個人蔵
村山小前一札連印帳
江戸時代 元治元年(1864)
展
○
原本:個人蔵
個人蔵
村山一札連印帳
江戸時代
文久4年(1864)
個人蔵
● 久離願書
久離とは不行跡者や行方不明者等を家族から除籍すること。その者が犯罪者となったときに累が一族に
及ばないようにする手段である。宗門人別帳から外すことから帳外、帳はずしなどともいう。
江戸時代
文化4(1807)年
個人蔵
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
◎
9
旧内海家住宅-年貢計量の景(模型)
鎌倉市手広に所在した旧内海家住宅は江戸時代中期の建築で、桁行 9 間×梁行 5 間の規模があり、当時
上層農民層の建築として典型的な建物です。内海家は名主など、村の要職を勤めた家柄であったため、そ
の居室を中心とした空間は当家の私的な生活の場であると同時に、村の運営や経営をおこなう公の場とし
ての役割も持っていました。長屋門(桁行9件半かける量業2件2尺)は安政2年(1855)の建築。
母屋は県指定重要文化財で、現在は覚園寺に移築され庫裏として使われています。
模型の場面は同期某
年の11月、この年の年貢割付状が到着し、年貢納入のための計量が名主を中心に当家母屋前の「庭」で
おこなわれている様子です。
● 高
札
江戸幕府は、施策の周知徹底をはかるため、諸所に高札を掲げた。高札は江戸時代を通してさまざまな
ものが出されたが、都市・宿駅・渡船場等と村とでは、高札の内容や枚数が異なる。村では「火札」「徒党札」
「切支丹札」の3枚が基本であった。
村の高札場は村の中心部に設定され、その土地は免税地として扱われた。村民には施設の維持管理が義
務付けられていた。
江戸時代
正徳元年(1711)
江戸百万の需要にこたえた相模・武蔵
-江戸の暮らしと相武の産物-
街づくりのための木材や石、日々の暮らしに欠かせない米や魚介類。
近世の相武は、巨大な消費都市・江戸を支える一大供給地でした。
流通のしくみ
江戸時代には重量物や大きな物資を運ぶには船が最も便利でした。海路では県域
には早川(小田原)、大磯、須賀(平塚)、浦賀などの港があり、大坂と江戸の間の
寄港地として、また沿岸舟運で繁栄しました。享保5年(1720)には下田にあった浦番所が浦賀に移
され、海路の関所として東西交通と産物の流通を取り締まりました。河川では多摩川、相模川や酒匂川な
どを中心に舟運が発達し、海岸地帯と内陸部を結ぶ重要な流通ルートとなりました。内陸部からは米穀や
木材・薪炭などが河口へ運ばれ、逆に海産物や他国の産物が内陸部へ運ばれました。陸路では、脇往還の
中原道や矢倉沢往還が東西流通路として利用されました。舟運と陸路が組み合わされて各地域が結ばれて
いました。
● 江戸名所図会
江戸とその近郊の地誌。斉藤幸雄が寛政年間に着手し、幸孝、幸成三代の校訂を経て、天保5年、同7
年に刊行された。名所旧跡や寺社を詳細に紹介し、長谷川雪旦の挿絵により当時の景観や風俗を知ること
ができる。
江戸時代
天保5~7年(1834~36)
松濤軒斎藤長秋 著
長谷川雪旦 画
須原屋茂兵衛 板
● 日本山海名物図会
日本各地の名産品の生産や捕採の技術を図示解説した名産図集成。跋文には宝暦4年記とあるが出版は
寛政9年(1797)。長谷川光信による挿絵は詳細で、江戸中期の生産現場の様子や技術を知る上で貴重
な資料。
江戸時代
宝暦4年(1754)以前
成立平瀬徹齋 編
長谷川光信 画
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
10
● 日本物産字引
日本の代表的物産を国別に書き上げたもの。明治8年(1875)刊行のため、江戸時代末期の産物の状況
をある程度窺える。相模国は、鰹や外郎(ういろう)など江戸時代以来の物産が書き上げられている。
明治時代
相武の産物と江戸
明治8年(1875)
橋爪貫一
輯録
様々な産物に恵まれた相武は大消費地江戸の需要を支えていました。とりわけ
蔬菜や果実、水産物などの生鮮食料品の供給地として重要な地域でした。
幕府は増大する魚介類需要を賄うため日本橋魚河岸に加えて新肴場という魚市場を新設しました。この
新肴場への供給量を確保するために、幕府は県域の漁村31ヶ村に対し漁獲物の納入を義務づけています。
初鰹や鮎は将軍にも献上されました。
この他、建築資材とし重用された根府川石、小田原藩から将軍家献上となった青苧、愛甲郡半原の絹糸
など、名産として江戸までよく知られた産物も少なくありません。
パ
○
相武産物地図
元禄7年(1694)
新魚上31ヶ村
● 相模武蔵国内三十一ヶ村新肴場へ魚類附送り触書請書
元禄7年に武相の31ヶの漁村(新肴場附浦(しんさかなばつけうら)と呼ぶ)は、勘定奉行・同吟味役
連名の触書で附浦の漁獲物は全て江戸材木町の新肴場へ送付するよう命じられた。それを受けて附浦31
ヶ村の名主・年寄が連名、連判で遵守する旨を誓約した請書である。
新肴場での需要を確保するために附浦だけでなく、武相沖で操業する他国漁船の漁獲物も新肴場への送
付が規定されたが、この後もたびたび違反があり、同様の触が何度も出されている。
江戸時代
元禄7年(1694)
複製
原本:国文学研究資料館蔵
● 大日本海陸全図
海岸・方位・航路を詳細に示した地図。北海道と朝鮮半島の一部も表示し、江戸から諸国までの海上里
程一覧も付く。長久保赤水作成の日本図(赤水図)の系譜を引き、緯線と南北線を引き、方位盤を随所に
配置している。
江戸時代
パ
○
文久4年(1864)
恵比寿屋庄七 版
東都名所日本橋真景并ニ魚市全図(写真)
歌川広重(初代)
パ
○
江都整軒玄魚 図
江戸時代(19世紀)
蔦屋吉蔵 版
丹波コレクション
江戸市中のようす
● 石引き図
根府川石切り出しの図と考えられる資料である。根府川石は、江戸城築城や道路・橋梁の部材として早
くから利用されてきた。本図は石の産出場所の探索から始まり、切り出し・搬出・検分・船積みまでの様
子を克明に描いている。原本は紙本着色で衝立に仕立てられているが、もとは巻子仕立てか帖仕立てだっ
たと思われる。複製にあたっては巻子仕立てとした。
江戸時代
複製
原本:個人蔵
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
11
<平ケース内>
● 東海道分間絵図
東海道の案内絵図。距離一町を三分の長さで描き(縮尺約1万2千分の1)、宿駅の問屋・駄賃・土産や
里程等の情報に加え、沿道の景色や名所旧跡や名物なども詳細に記載する。道の曲折は正確に再現できな
いので要所に方位を示して画面上の方角を補正している。縮尺が正確なので距離を視覚的に把握でき、ビ
ジュアルな旅案内として評判を得、何回か増刷されている。初版は元禄3年(1690)。展示品は元禄 16
年版。絵師は菱川師宣。
江戸時代 元禄16年(1703)
遠近道印 作
菱川師宣 画
● 自神奈川至小田原東海道図(伊能図写)
伊能図の大図から東海道部分のみを写したもの。伊能忠敬作成の『大日本沿海輿地全圖』は大・中・小
図の三種あるが、幕府に納められた原本は全て失われたとされる。本図は朱線での測線、☆印の天測点、
絵画的に描かれた山など伊能図原本の雰囲気を窺える。
● 小特集
江戸時代の自然災害(元禄地震と富士山宝永噴火)
元禄16年(1703)11月23日に元禄地震が発生、それからちょうど4年後の宝永4年(170
7)11月23日に富士山が800年ぶりに大噴火しました。いずれも神奈川域に大きな被害をもたらし
ました大きな自然災害です。18世紀初頭に発生した二つの自然災害を今日に伝える資料を展示します。
● 富士山宝永噴火と神奈川地域
宝永4年(1707)11月23日(新暦12月16日)
、富士山が突如大噴火を始めた。噴火は16日
間続き、噴出された膨大な量のテフラ(岩石、砂、火山灰などの火山噴出物の総称)は田畑をはじめすべ
ての生活・生産基盤を埋め尽くし、破壊した。テフラは偏西風で東に運ばれたので神奈川県域の大部分が
被災地となった。復旧・復興には堆積テフラの除去が不可欠で、それには膨大な労力が必要であった。幕
府の支援も少しはあったものの、ほとんどは地域住民が自力で取り組まねばならなかった。
● 宝永噴火の経過
噴火は宝永4(1707)年11月23日(新暦12月16日)午前10時過頃に始まった。足柄上郡
篠窪村(現大井町)の名主はその様子を次のように記録している。突然の激しい震動・地響きに続いて軽
石が霰のように降ってきた。その重さは数㌘~十数㌘、中には190㌘程のものもあった。昼間でも灯火
を灯すほど暗くなり、夕刻からは黒い砂が大雨のように降り注ぎ、隣家への行き来もできなかった。砂は
45~48cmも降り積もった。
火山灰は江戸や更に遠くの下総佐原(現香取市)や水戸付近まで達した。噴火ははじめの数日が最も激
しく、緩急を繰返しながら12月9日に終息した。わずか16日ほどの噴火であったが、静岡県駿東郡か
ら神奈川県域にかけては大被害となった。
展
○
噴火絵図及御徒目付衆見分書上写
幕府は富士山噴火を確認すると直ちに御徒目付を現地に派遣、彼らは激しい砂降りにみまわれた須走村
(静岡県小山町須走)まで至り、現地の状況を報告した。右はその報告書の写。また、噴火の様子を描いた
絵図がいくつか作成され、幕府へ提出された。左はその写で、原図は駿河目付溝口源兵衛作成と推定され
る。
2015年1月
.
近世
C 神奈川県立歴史博物館
○
一
不
承
候
。
此
外
替
儀
無
御
座
候
。
巳
上
十
一
月
晦
日
御
徒
目
付
馬
場
東
左
衛
門
展
○
安
田
藤
兵
衛
市
野
新
八
郎
麦
作
□
と
無
御
座
候
二
付
百
姓
難
儀
仕
候
由
所
者
申
候
。
右
之
外
替
風
聞
者
道
中
筋
之
義
段
々
御
注
進
申
上
候
通
二
御
座
候
。
田
畑
へ
大
分
砂
降
積
候
故
一
相
見
え
申
候
。
大
キ
成
分
は
壱
寸
四
方
或
ハ
弐
寸
程
有
之
も
御
座
候
降
候
石
見
分
仕
候
所
、
か
る
石
之
様
成
も
有
之
、
又
者
小
田
原
石
之
こ
ま
か
成
様
二
一
谷
川
も
□
と
降
埋
申
候
。
夫
故
近
在
之
井
の
水
も
払
底
之
由
申
候
。
焼
石
大
小
共
降
申
候
。
弐
里
程
之
内
ハ
林
え
木
葉
透
と
無
之
、
木
も
焼
相
見
へ
申
候
又
ハ
大
キ
成
も
交
り
降
申
候
。
拙
者
共
罷
越
候
節
も
浅
間
社
よ
り
半
道
程
在
之
所
よ
り
積
候
所
大
方
ハ
九
尺
又
者
壱
丈
余
も
積
候
様
二
相
見
申
候
。
今
以
こ
ま
か
成
焼
石
申
候
。
并
焼
残
候
人
家
も
軒
際
迄
降
埋
申
候
。
人
ハ
皆
立
退
、
居
不
申
候
。
降
所
よ
り
道
程
四
五
里
も
可
有
之
由
申
候
。
右
浅
間
社
屋
祢
迄
焼
石
二
而
降
埋
須
走
村
え
罷
越
様
子
見
分
仕
候
処
、
此
処
二
ハ
富
士
浅
間
社
在
之
候
。
唯
今
焼
立
候
一
得
者
透
と
見
へ
不
申
候
。
煙
先
ハ
東
北
之
方
え
参
候
。
申
候
。
今
以
余
程
強
ク
焼
申
候
。
時
二
よ
り
山
少
相
見
候
事
も
有
之
、
又
ハ
煙
強
立
候
仕
候
所
之
者
二
相
尋
候
処
、
木
山
木
な
し
山
之
間
、
せ
ん
ま
い
洞
辺
二
而
可
有
之
由
様
子
見
分
仕
候
所
二
富
士
山
東
西
南
之
隅
三
分
二
程
下
二
而
焼
上
リ
申
候
。
案
内
亥
之
十
一
月
二
十
八
日
駿
州
駿
東
郡
之
富
士
山
麓
須
走
村
辺
え
富
士
山
焼
候
覚
12
宝
永
四
年
亥
十
一
月
二
十
八
日
駿
河
国
富
士
山
焼
出
申
候
二
付
御
徒
目
付
衆
見
分
書
付
写
宝永噴火で噴出されたテラフ
平塚市北金目遺跡で採取。
肇の2時間ほどは大粒灰白色の軽石が降り、その後黒色細粒の砂が降り続いた。北金目では約27cm
積もった。
当館蔵
宝永5年頃
● 祐之地震道記
京都下鴨神社の神官、鴨(梨木)祐之が、江戸から京都に戻る途中で遭遇した元禄地震の見聞記録。祐
之一行が戸塚宿に宿泊していた元禄16(1703)年11月23日未明に、相模湾から房総半島南東沖
の海溝(相模トラフ)を震源域とする推定マグニチュード7.9~8.2の大地震が起こり、南関東は大きな
被害を受けた。祐之は混乱する東海道を上りながら、自らが見た地震直後の様子や里人より聞いた話など
を詳しく書き記した。元禄地震の被災状況をリアルタイムで記録した、たいへん貴重な資料である。
の
穴
戸
よ
り
家
へ
帰
り
て
海
道
へ
家
た
ふ
れ
て
通
路
か
な
ひ
か
た
け
れ
ハ
、
も
と
祐
之
此
所
よ
り
奔
出
む
と
し
た
り
け
れ
と
、
人
荷
物
を
大
事
と
し
て
又
騒
き
あ
へ
り
、
光
行
・
の
よ
し
、
聲
を
揚
し
か
ハ
、
お
の
南
方
に
火
事
出
来
る
を
見
つ
け
て
出
火
近
辺
さ
ゝ
か
人
心
も
つ
き
ぬ
と
思
ひ
た
れ
ハ
、
駅
の
と
火
を
燧
出
し
硫
黄
を
も
て
と
も
し
て
後
、
い
へ
る
躰
、
た
と
へ
て
い
は
ん
か
た
な
し
、
や
う
を
そ
こ
よ
こ
ゝ
よ
と
さ
く
あ
る
き
、
さ
は
き
あ
り
、
油
火
も
悉
ゆ
り
こ
ほ
し
て
闇
の
中
に
荷
物
こ う
つ
く
と ま
沙 り
汰 居
し る
て 、
此
庭 間
へ に
は 伊
こ 賀
ひ 守
出 荷
さ 物
せ を
た そ
其
家
と
小
屋
と
の
間
弐
間
計
の
空
地
有
、
此
所
倒
せ
り
、
裏
に
小
屋
あ
り
、
是
も
倒
れ
た
り
、
の
裏
へ
に
け
退
き
た
れ
は
、
は
や
其
隣
の
家
も
り
ま
わ
り
て
南
の
方
の
塀
の
穴
戸
よ
り
隣
家
も
崩
れ
落
て
危
ク
見
え
た
り
、
光
行
庭
を
は
し
に
小
堀
を
構
へ
た
り
、
退
へ
き
道
も
な
し
、
山
の
所
に
築
山
あ
り
、
後
ろ
は
山
也
、
山
の
う
ち
や
ふ
り
て
庭
へ
飛
く
た
る
、
庭
の
間
弐
間
四
方
る
、
光
行
・
祐
之
頽
か
ゝ
り
た
る
戸
障
子
を
踏
あ
か
ら
ん
と
す
れ
は
、
足
を
も
た
め
す
横
に
倒
丑 主 暮 十
半 を
る 一
十
剋 右 程 月
と は 衛 に 廿
崩 か 門 、 一
戸 日
れ り と
い
か 大 ふ 塚 、
ゝ 地 、 の 江
駅 戸
る 震
に の
、 、
各 戸
や 邸
起 障
と 舘
き 子
り を
あ ・
と 発
か 小
り し
る 壁
ぬ て
に2015年1月
へ
、 、
立 か た
亭 日
な
わ
す
、
座
敷
を
這
も
こ
よ
ふ
、
た
ま
.
C 神奈川県立歴史博物館
○
●
近世
13
描かれた東海道・街道絵図
江戸時代、全国に街道が整備されると絵地図形式の街道絵図がさかんに作られるようになった。なかで
も最大街道であり、名所旧跡や景観などの見所も多い東海道を対象としたものが最も多い。展示作品は、
寛文末前後(1670年代前半頃)出版の「東海道駅路図」を原画とする写本。二点はほぼ同内容で、江
戸城の天守閣や六郷川(多摩川)の橋など江戸時代初期の情景が描かれている。同工の絵図は多数残され
ており、西国筋大名などの需要に応じたものと考えられている。
展
○
江戸長崎道中絵図
展
○
従江戸長崎迄
*
江戸時代
海陸之絵図
内は以前の展示
2015年1月
.
C 神奈川県立歴史博物館
○
テーマ4
近代
1
横浜開港と近代化
蒸気船が導いた新たな時代
-鎖国から開国へ-
17世紀以降、工業化をおしすすめる西洋諸国は、市場をアジアに求め、その影響は
日本にも及びました。当時、最新鋭だった蒸気船を含む「黒船」艦隊の出現は、異文
化に対する日本人の好奇心をかきたて、限定されていた異国との交流が広がるきっか
けとなったのです。
◎
江戸内湾防備の大砲-青銅80ポンド陸用カノン砲-
異国船が頻繁に現われるようになった18世紀末以降、幕府はそれまで無防備状態だった江戸内湾に
台場を築き、大砲を配備しました。しかし、性能の面でも数の面でも異国船を撃退するには充分なもの
ではありませんでした。ここに展示されているのは、安政元年(1854)
、湯島馬場大筒鋳立場で鋳造
された青銅製の野戦用大砲です。嘉永6年(1853)のペリー来航後、再来航に備え、新たに築造さ
れた品川台場に備えつけられていました。
(口径:250ミリメートル 全長:3,830ミリメートル)
複製 原品:靖国神社遊就館所蔵
17世紀半ばに「鎖国」して以来、幕府が交流を保ったのは朝鮮・琉球・中
国・オランダだけでした。しかし、それらの国の人びとでさえ、日本の中を見
ることができたのは、江戸参府が許されたときに限られました。とくに長崎出島にいたオランダ商館の
人たちは、そのとき垣間見た日本人の風俗習慣を好奇心をもって記録し、書物、おもちゃ、動植物
などを持ち帰りました。一方、海外渡航が禁じられていた日本人にとって、たまに見た外国人は特別な
「生き物」に思えたのかもしれません。しかし、異国情緒あふれる外国の品物は一部の人たちにとって、
あこがれでもありました。
「鎖国」下の交流
展
○
日本誌
1690年(元禄3)
、オランダ商館長付医師として出島に来日したドイツ人ケンペルが著した日本研
究書。植物と宗教に主眼がおかれ、当時のヨーロッパ人の日本観に多大なる影響を与えた。後に、志筑
忠雄は一部を『鎖国論』として翻訳。 1727年 紙 活版 ケンぺル
展
○
海外新話
1840年に中国で始まったアヘン戦争に関して、様々な類書と校合のうえまとめられた。戦争直後
から多くの出版物が出されていることからもアヘン戦争が幕末日本に与えた影響の大きさを物語ってい
る。
1849年 紙本木版 絵・橋本貞秀 文・鳥 有生
パ
○
「鎖国」下の交流
嘉永6年(1853)6月、ペリー艦隊は地球を4分の3周する大遠征のすえ、浦
賀に来航しました。巨大軍艦による2度の来航が日本人に与えた衝撃は大きく、人
びとは幕府の禁令を無視して見物に出かけ、ペリーや黒船を題材にした瓦版・錦絵なども多数出回りまし
た。一方、ペリーは蒸気機関車や電信機の模型など西洋の技術水準を示す品物を将軍や幕府高官などへ献
上しています。また、両国人は相互に晩餐会を開き、なごやかなひと時を過ごすこともありました。
日本は緊迫した状況にありながらも戦争を回避しつつ、開国へと向かっていったのです。
ペリー来航
2015年1月
近代
2
浦賀紀行
1854(嘉永7)年、ペリー第2回来航時の様子が描かれている。
条約締結交渉を行った応接所の警衛を小笠原小倉藩とともに任された真田松代藩士として横浜を訪れ
ていた高川文筌が、実際の見聞をもとに自ら描いたものを藩主真田幸教へ献上したとされる。
「浦賀紀行」
が現在真田宝物館に遺されており、本資料はその原図を元に写したものと思われる。
文筌は絵を谷文晁に学んだ絵師であったが、松代藩では藩医として仕えている。
江戸時代末期
紙本淡彩
展
○
ペリー提督献上 エンボッシング・モールス電信機及び外箱
ペリーは、西洋技術の先進性を幕府に対して示すため、様々な機器を幕府に献上した。本資料もそ
の一つで、徳川家へ献上されたものである。横浜で、実際に通信実験が行われた。
19世紀 複製 原品:東京都逓信総合博物館 重要文化財
パ
○
ペリー艦隊の寄港地
ペリー艦隊に随行したドイツ人画家ハイネは、日本に来る途中の寄港地で目にしたものを多く描いた。
19世紀半ばの世界各地の人々や風俗などが見え興味深い。
・セイロンの仏教寺院
・マカオのイエズス会修道院
・香港 東地点からの香港の眺望
・横浜での贈呈品の引渡し
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
◎
黒船(模型)
もともと黒船とは、鎖国以前にも来航していた黒いタール塗りのポルトガル船などの異国船を指して
いました。ところが幕末、頻繁に来航した異国船を「黒船」とよんだのは、たんに船体が黒かったから
だけではありませんでした。とくにペリーが率いてきた蒸気船は、これまで鎖国下の日本人が目にした
こともないほど巨大でした。武装した船体の煙突から煙を吐きながら外輪を回し、海流や風向きの影響
を受けずに航行する様子は、日本人にとって驚異の的でした。「黒船」は当時の西洋技術の結晶であり、
西洋文明の象徴として人びとはみていたのです。
○ サスケハナ
汽走軍艦
建造:1850 年
トン数:2,450 トン
全長:257 フィート
乗員数:300 名
砲門数:9 門
○ プリマス
帆走軍艦
建造:1843 年
トン数:989 トン
全長:147 フィート
乗員数:210 名
砲門数:22 門
○ サラトガ
帆走軍艦
建造:1842 年
トン数:882 トン
全長:146 フィート
乗員数:210 名
砲門数:22 門
○ ミシシッピ― 汽走軍艦
建造:1839 年
トン数:1,692 トン
全長:229 フィート
乗員数:268 名
砲門数:10 門
展
○
展
○
金銀計測用の洋式天秤
1880(明治13)年 大野規周製作 東京三菱銀行寄贈
金銀計測用大天秤
横浜正金銀行は、金銀貨幣や金銀塊(正金)を取り扱うことから、それらの正確な重量を計測する必
要があった。この秤は明治17年に造幣局技師の大野規周(おおの・のりちか 1820~1886年)
が製作し、正金銀行が購入したもの。大野は父祖三代続く天文台測量器製造の家に生まれ、1862(文久
2)年オランダに留学し、帰国後幕府海軍の器械技師となった。明治政府では造幣局技師として、器械や
器具類の製作と指導にあたった。1884(明治17)年 東京三菱銀行寄贈
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
近代
3
世界へ開かれた、みなとYOKOHAMA
-異文化との交流-
激動の世界に向かって開かれた開港場横浜。静かだった漁村には、
聞き慣れない言葉、異なる習慣や思想などがあふれました。
横浜での外国人の活動範囲は、安政の五ヵ国条約によって制限されて
いました。かれらが居住し商業活動をおこなえるのは「居留地」とよ
ばれる区域内に限られていましたが、旅行は条件つきで許されていました。許可を受けずに自由に旅行
できたのは、運上所から半径10里四方(東は六郷川まで)の「遊歩区域」内に限られていました。明
治時代になると「遊歩区域」外の「内地」を旅行することも認められましたが、そのためには、神奈川
県が発行する「内地旅行免状」が必要でした。
パ
○
外国人遊歩区域
展
○
安政五ヵ国条約
1858年(安政5)、幕府が米・蘭・露・英・仏の5ヵ国と結んだ修好通商条約の総称。朝廷からの勅
許を得ずに調印したため仮条約ともいわれた。日米修好通商条約が他の条約のモデルとなっており、内
容的にほぼ同じだった。幕府側に関税自主権がなく、領事裁判権と、最恵国待遇も外国側だけに認めら
れた不平等な条項も含まれていた。
1859年
紙 写本
展
○
横浜御開港御触書並願書控
弁天通4丁目(現在の横浜市中区弁天通2丁目)に出店した専左衛門が外国人との交易・出店にあた
って外国奉行へ提出した願書類の控え。外国人が要求している品物を売り渡してよいか否かを伺う書
類を多く納める。
1859年
紙 墨書 当館
居留地・遊歩区域・内地
現在の山下町と山手町は、外国人の生活の場となった居留地でした。キリス
ト教の布教をはじめ、新聞の発行やミッションスクールの設立、また、演劇、
競馬、テニス、ビール、アイスクリームなどもいちはやく紹介されました。まさに文明開化の拠点と
なったのです。
ただ、外国人は居留地以外での商業活動が許可されていなかったので、輸出品の買い付けや輸入品
の販売は日本人の商人を通して行っていました。一方、日本人は日本の風景風俗が描かれた錦絵や着
色写真を外国人のみやげ物として販売しました。居留地は、内外へ向けて情報を発信する情報基地と
しての役割を担っていました。
展
○
東海道名所之内 横浜風景
開港場となった横浜を中心に、東は芝生村から西は本牧までが8枚続きで描かれている。作者は、開
港後の横浜の風景や外国人を数多く描いたことで知られる五雲亭(歌川)貞秀。
歌川貞秀
万延元年
紙 木版
パ
○
神奈川港御交易場御開地御屋敷並町々寺社地二至ル迄明細大絵図にあらわす
1858年(安政5)にアメリカをはじめとする5ヵ国と締結した通商条約の規定により、神奈川(横
浜)は開港場となった。この絵図は、開港直後の横浜を描いている。日本人町の区画は見えるが、まだ
周辺に新田が多く残っている。左側には異国人之墓(現外国人墓地)が、右側には神奈川奉行所(現県
立図書館)が見える。
展
○ ジェラ―ル瓦
*ヱ・ゼラルド(
『日本絵入り商人録』のうち)
外国人居留地
2015年1月
近代
4
フランス人A、ジェラールは、最新鋭の機器である蒸気機関を動力とした土練機(画面左)とフリ
クション・プレス瓦製型機(同右)で独特の瓦を製造・販売した。
明治 19 年 紙 活版 佐々木茂市
展
○
ヱ・ゼラルド(
『日本絵入り商人録』のうち)
フランス人 A・ジュラールは、最新鋭の機器である蒸気機関を動力とした土練機(画面左)とフリ
クション・プレス瓦製型機(同右)で独特の瓦を製造、販売した。
明治19年 紙 活版 佐々木茂市
展
○
バビエル商会(
「日本絵入り商人録」のうち」
1862年、来日したスイス人バビエルが1865年に設立した商社。横浜外国商館の中でもっとも
古いものの一つで、くず糸の取引は外国商社の中で一番であった。関東大震災で壊滅し撤退。
明治19年 紙 活版 佐々木茂市
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
ローマン商会(
「日本絵入り商人録」のうち)
1862(文久 2)年横浜に開店したブラウン婦人の元で裁縫の修行をしたドイツ生まれのH・ローマ
ンが 1875 年に開いた洋裁店。横浜で初めて本格的な紳士服も扱っていた。
明治 19 年 紙 活版 佐々木茂市
パ
○
横浜商館真図
1859(安政6)年の横浜開港以後、条約を締結していない中国の人々は欧米商人に伴われ来日し
た。彼らは取引の際、仲介者としての役割を担った。
1861年
複製
原品:木版多色刷 当館
◎ 横浜居留地(模型)
横浜のもっとも特色ある地域の、日本大通りを中心とし、東側の外国人居留地、西側の日本人居住区
の一部を入れて製作しました。現在、ここに展示されているのは、中心地部分と外国人町で、全体の3
分の2にあたります。模型の設定年代は明治20年前後とし、季節は5月中旬の午後、晴天の日を想定
しました。完成後は「小さな外国」といわれた居留地の本格的な西洋建築と、伝統的な家屋の並ぶ日本
人街との際立った差が明らかになるでしょう。
展
○ 1号機関車(模型)
日本ではじめて鉄道が開通したのは、明治5年(1872)で、区間は新橋―横浜間(現在の汐留―
桜木町間)でした。この時に使用された機関車の中の 1 号機を、1号機関車とよびます。この機関車は
1871年にイギリスのバルカン・ファンドリー社でつくられ、飾り付屋根をもち、煙突には朝顔形に
開いたキャップをつけていました。機関車は、見物人からは水上の蒸気船に対して「陸蒸気」とよばれ、
開通してからしばらくは、イギリス人機関士が運転しました。その後、鉄道は輸送手段として発展し、
人びとの生活に多大な影響を与えました。
展
○
鉄道開業式
鉄道開業式は明治5年(1872)9月12日に行われた。この日の新橋と横浜周辺の町には提灯が
吊り下げられ、のぼりがひるがえり、式を盛り上げた。明治天皇は午前9時に皇居を出て、新橋駅(現:
汐留駅)を10時に出発して11時に横浜駅(現:桜木町駅)に到着した。横浜駅では楽隊の演奏や、
横浜港停泊中の軍艦の祝砲などがあり、外国公使や外国商人らも招かれて、式典が挙行された。イラス
トレイテッドロンドンニューズ(絵入りロンドン新聞)は当時の様子をよく伝えている。
パ
○
鉄道開業式の様子
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
文明開化の音がする
近代
5
-近代社会の幕開け-
明治政府は留学生や使節団を海外に派遣し、外国人を雇って、西洋にならった
近代化をすすめました。西洋文明は人びとに新鮮な衝撃を与えつつ広がり、旧来
の生活や産業に変化を及ぼしていきます。生活は便利になりましたが、政府の急
激な欧化政策に反対する一揆も各地で起こりました。
慶応4年(1868)、京都で新政府軍と旧幕府軍が衝突し、戊辰戦争が始
まりました。その後、戦火はしだいに東に移っていきました。箱根では上総
国(現千葉県)鎮西藩兵らを中心とする遊撃隊(旧幕府軍側)が関所を急襲し、警備していた小田原藩
兵(新政府軍側)との間で戦いが始まりました。箱根戦争です。小田原藩は一時期、新政府軍と旧幕府
軍のどちらに味方するか迷いましたが、結局、新政府軍側について遊撃隊を撃破しました。新政府は関
東での戦乱がおさまってくると、地方行政に力を入れ、同年 9 月に神奈川県を置きました。
展
○
戊辰戦記絵巻
宮内庁所蔵の戊辰戦記絵巻を写して印刷されたもの。前編は「鳥羽伏見の戦い」を中心に39図。後
編は「東北戦争」など62図からなる。当時の軍装や戦闘の様子が細密に描写されている。
*鳥羽の戦い
明治時代
展
○
しゃぐま(赤熊)
官軍が陣笠の代わりにかぶったもので、威嚇、防寒、防暑、防湿のために使われたと思われる。布に
ヤクの毛を植えこんだもので、赤色は土佐藩、白色は長州藩、黒色は薩摩藩というように、各藩ごとに
色を染め分けていた。
展
○
スナイドル銃
イギリスのエンフィールド兵器廠が開発した小銃。銃口から弾丸を装填する前装式のエンフィールド
銃を、銃尾から装填する後装式に改造したもの。幕末に横浜の外国商人等が大量に輸入し、戊辰戦争に
は最新式の小火器として使用された。また明治初期の陸軍創設時には準制式銃として採用され、台湾出
兵、西南戦争に使用された。
江戸・明治時代
展
○
北征日誌
1868(慶応4)年正月の鳥羽・伏見の戦いに始まる戊辰戦争の戦火は北上した。本書は、兵部省
の前身である軍務官が同年6月から8月にわたる北越地方における官軍の戦闘を記した書である。官軍
として従軍した各藩や徴兵隊等からの戦況・死傷者・戦利品等の報告を多数収録している。
展
○
錦裂
官軍が合印として左肩に縫い付けた布の小片。表地は蜀紅錦、裏地には白布に「総督府」の印がある。
明治時代
戊辰戦争と神奈川
横浜が開港すると西洋文化が流入し、開港場には洋館が建てられ、新聞も
発行されるようになりました。明治時代になると、政府は西洋化政策を先導
しました。明治5年(1872)には新橋~横浜間に鉄道が開通し、これまでの太陰暦は太陽暦に改め
られました。
西洋化は開港場を中心に広がり、しだいに周辺の農村にも波及していきました。ランプや靴などが使
用されるようになり、人びとの生活は大きく変化しました。また、江戸時代の身分制社会に慣れた人の
中には、外国の自由平等思想に衝撃を受け、一国の政治に強い関心を持つ人も出てきました。
文明開化と神奈川
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
近代
6
さがみむさしにしゅうず
展
○
相模武蔵二州図
現在の神奈川県域は1871(明治4)年の廃藩置県を含む三度の大きな県域の変更を経て成立した。
本図は相模川以西の現県域と旧伊豆国を領域とした足柄県が廃止された1876年以降に出版された地
図である。旧国の境界が朱線で強調されるが、県境は明示されていない。
武蔵野国に属した「多摩郡」はのち南多摩・北多摩・西多摩の三郡となり、1893(明示26)年
に東京府へ移管されるまで本県に属していた。
1879(明治12)年
展
○
神奈川県管内之図
現在の神奈川県域は、1871(明治4)年の廃藩置県を含む三度の大きな県域の変更を経て成立し
た。本図は1976年の足柄県廃止後の県域を示したものである。のち南・北・西の三郡となる県域北部
の「多摩郡」は1893(明治26)年に東京府へ移管されるまで本県に属していた。示された県域や図
中の「多摩郡」
「大区」の表記などから、1877年前後に発行されたものと考えられる。
1877(明治10)年頃
展
○
福沢諭吉『文明論之概略』
西洋文明史を日本の歴史に読みかえ、その概略を民衆に示した啓蒙書。本書で福沢は西洋文明を中心
に論じ、日本文明との比較において日本文明史論を展開し、批判的な観点から西洋文明を模範として列
強に対抗できる国力を養うことを述べている。フランスの政治家ギゾーの『ヨーロッパ文明史』やイギ
リスの歴史家バックル『イギリスの文明史』の影響を受けている。
1875(明治8)年刊 全6冊
展
○
横浜新報 もしほ草
1868(慶応4)年閏4月、横浜で米国人ヴァン・リード(VanReed)が創刊した新聞である。岸田吟
香が編集を助け、題号は古歌からとっている。記事について、戊辰戦争の様子を詳しく記し、また、国
内統一の急務を力説するなど、充実した論説記事に特徴があった。居留地発行の新聞であったため、新
政府の新聞発行規制をまぬがれ、自由な報道姿勢を維持した。
1868(慶応4)~1870年 ヴァン・リード発行
展
○
開化日用便覧
明治の代になって創設されたさまざまな制度や規則(府県概略改正法・軽犯罪法・電信賃銭表・郵便
税表・巡査志願書式・出版届や出産届の書式など)を、76項目にわたり記した便利帳。
1878(明治11)年
児玉弥七編
展
○
特命全権大使米欧回覧実記
右大臣岩倉具視を特命全権大使とする岩倉使節団が明治4(1871)年11月から同6年9月にわ
たって、欧米12カ国を歴訪した際の公式報告書。太政官少書記官 久米邦武の編修。各国の議会をは
じめ、国家機関・産業・軍事・社会等の施設、さらに宗教・文化など、あらゆる制度・文物を丹念かつ
精細に記録、考察しており、明治維新のリーダーたちが、モデル国家選択を模索する過程をあらわすも
のでもある。
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
1878(明治11)年
久米邦武編
近代
7
博聞社発行
展
○
海水浴法概説
海水浴の効用などについて、陸軍軍医総監を務めた松本順が口述した概説書。1885(明治 18 年には、
松本により大磯に海水浴場が開設された。冒頭には、松本の号である「蘭畴」の揮毫も見られる。
1886(明治19)年
展
○
日本鉄道会社定款
1881(明治14)年11月に、岩倉具視など華・士族の出資で設立された、日本で最初の私設鉄
道会社の定款。同社は現在の JR 東北本線等を敷設し、1906年に国有化されるまで、国内最大の私
鉄であった。
1881(明治14)年10月
展
○
に ほ ん てつどうがいしゃていかん
改正増補国立銀行
条例
附成規
1883(明治16)年
展
○
日本鉄道路線図
本図発行の年には、甲武鉄道新宿―立川間(現 JR 中央線)が開業、官営鉄道の新橋―神戸間(現 JR
東海道線)も全通した。日本鉄道をはじめとする鉄道会社が各地に設立され、民営鉄道が営業キロ数で
官営鉄道を上回り、名古屋では鉄道1000マイル祝賀会が開催された。鉄道は工業化とともに発展し
ていった。
1889(明治22)年5月1日発行 「東京朝日新聞」第1319号付録
展
○
Rail-way station at yokohama
明治5年(1872)に竣工した横浜停車場(現在の桜木町駅)
。横浜税関(のち神奈川県庁となる)
や横浜町会所も手がけた、アメリカ人居留地建築家 R.P ブリジェンスの設計。新橋停車場と同じデザイ
ンで、左右が駅舎となっている。手前の川は大岡川で、大江橋が見える。
明治時代 日下部金兵衛「横浜写真アルバム」
こころに自由のタネをまけ、オッペケペッポ-・ペッポッポ
―近代化の歩み-
明治から大正時代にかけて、農業社会から工業社会へと移り変わるなか、
人びとは政治や文化など、諸活動に積極的に参加し、自由と権利を求めて運
動し始めます。
神奈川の自由民権運動と民権結社
明治の初め、西洋の自由と民主主義の思想が広がると、明
治政府の政策に疑問をもつ者が増え、国会開設などを目標に
に政治を変革する運動が起こりました。
かれらは民権結社を設立し学習会を重ねて知識を積み上げ、新聞、雑誌、演説会で自分たちの考えを
主張し、運動を広げていきました。神奈川県下にも数多くの結社が設立されました。
ひと口に民権結社といっても、その活動スタイルや内容はさまざまで、学習活動や政治運動を行う結
社や、医療や勧業に従事する結社もありました。民権運動家の中には、政府と衝突する者もあり、政府
によってしだいに弾圧されていきました。
2015年1月
近代
8
民権問答
西南戦争終結直後の1877(明治10)年10月に刊行された民権書。
西南戦争以後、士族による反政府運動は自由民権運動へと移行し、言論と組織力をもって民衆に働き
かける戦術に転換した。本書では、保守主義者と民権論者との問答という形をとり、憲法発布や民撰議
院設立などの急務を説いている。
1877(明治10)年
児島彰二著 内藤伝右衛門出版
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
展
○
西洋演説規範
演説術の解説と、その模範として外国の雄弁家の演説を収録した弁論入門書。自由民権運動が高まり
を見せた当時の社会情勢を反映した出版物である。
1881(明治14)年発行
まるまるちんぷん
展
○
団団珍聞
通称「まるちん」の名で親しまれた滑稽風刺雑誌で、正式には「於東京絵(おどけえ)団々珍聞」と
いう。
筆禍を恐れて直筆できない新聞雑誌にかわり、風刺の技法で政府の施策を批判するなど、当時の世相
をうかがい知ることができる。風刺を描いた者の中には小林清親やジョルジュ=ビゴー、執筆陣には福
地桜痴や幸徳秋水がいた。
1877(明治10)年創刊 1907年廃刊 団々社(社長野村文夫)
展
○
雄弁秘術演説美辞法
演説方法のテキスト、発声方法や手の作法、足の踏み方といった演説法と、付録として著名人の演説
録を掲載。本書初級が発行された1887(明治20)年当時、各地で演説会がさかんに開かれており、
市井の演説家が演説法を学ぶ際に、本書のような刊行物を利用したと考えられる。
1887(明治20)年発行
展
○
山口佐七郎の仕込杖
山口佐七郎が使用したと伝えられる仕込杖。
山口は大住郡上粕屋村(現在の伊勢原市)の生まれで、1878(明治11)年から大住・淘綾郡の
郡長をつとめた。辞任後は民権結社の湘南社の社長に就任し、自由党員となり県会議員にも当選するな
ど、神奈川の自由民権運動の中心として活躍した。
明治時代
間宮家寄贈
パ
○
神奈川県下の民権社
現在の東京都三多摩地方は、明治前期には神奈川県で
した。生糸の産地である八王子周辺と、その輸出港であ
る横浜は「絹の道」で結ばれ、経済的にも密接なつながりがありました。
しかし、同10年代以降、東京の上水道である玉川上水などの衛生確保の必要性や、同22年(18
89)の甲武鉄道(今の中央線)の開通により、西多摩、北多摩と東京のつながりが次第に強くなって
いきました。さらに、当時の神奈川県会で知事と対立していた自由党が南多摩を基盤にしていたことな
どが重なり、同26年に三多摩地方は東京府に移管されることになりました。
神奈川の三多摩から東京の三多摩へ
展
○
りっけんかいしんとうこうりょうさつよう
立憲改進党綱領撮 要
1882(明治15)年、大隈重信を党首に結党された立憲改進党の基本政策について解説した冊子。
2015年1月
近代
9
同党は、
「王室ノ尊栄」と「人民ノ幸福」を最大の目的として掲げ、地方自治の基礎を確立すること、社
会の進歩にしたがって選挙権を拡大することなど漸進的改良を主張した。
1889(明治22)年
展
○
自由新聞
1881(明治14)年に民権派結社を結集して成立した自由党の機関紙。
当初は同党総理の板垣退助を社長として運営されたが、のちに古沢滋が主幹となり、植木枝盛らが編
集に加わった。その主張は天賦人権論から出発し、
「国会開設」により政治、経済、社会の諸問題を解決
しょうという論理が貫かれていた。84年10月の自由党解散前後から勢力が衰え、翌85年2月廃刊
した。
1882(明治15)年6月創刊
C 神奈川県立歴史博物館
○
明治政府は、西洋で行われていた博覧会や共進会を模範とし、日本でもそ
れらを開催しました。博覧会とは、さまざまな種類の物産を数多く集めた勧
業会のことで、共進会とは、出品物を生糸や茶・綿など特定の物産に限った品評会でした。
第1回内国勧業博覧会は、明治10年(1877)に東京・上野で、最初の共進会は同12年(18
79)に横浜で開催されました。政府はまた、海外の博覧会にも参加して、西洋の文物をとり入れると
ともに、日本の物産の宣伝にもつとめました。
博覧会と共進会は明治・大正時代には各地で盛んに開かれ、日本の産業発展に大きく貢献しました。
展
○
横須賀一覧図
1866(慶応2)年、幕府は艦船の建造・修理のため横須賀製鉄所を建設し、これを受け継いだ明
治政府は1871(明治4)年横須賀造船所と改称し、翌年より海軍省の管轄とした。明治時代後半に
本格的な軍備拡張が始まると、積極的な設備拡張で建造能力を上昇させ、1903(明治36)年には
横須賀海軍工廠となり、以後終戦まで存続した。
1881(明治14)年
博覧会と共進会
展
○
堤石鹸商標
横浜磯子村出身の堤磯右衛門は、明治6年(1873)、日本最初の石鹸製造所を横浜三吉町4丁目(現
横浜市南区浦舟町)に設立した。当時の保健衛生事情から、石鹸の効用は評価され需要が高かった。堤
石鹸は、第1回内国勧業博覧会(1877)年において賞を受け、その販路は国内だけにとどまらず、
国外にも広く輸出された。
明治前期
展
○
石鹸製造所・堤磯右衛門
横浜へは多様な外国製品が輸入されるが、そうした製品の輸入代替を目的とした国産化の動きも数多
くみられた。本図は1873(明治6)年に、横浜で石鹸の製造を開始した堤磯右衛門の石鹸製造所の
図。堤は香水、シャンプー等も製造し、それらの製品は優良で博覧会等で多くの賞を獲得するとともに、
香港・上海へも輸出された。
明治時代 「横浜緒会社諸商店之図」
展
○
製茶共進会審査報告
1879(明治12)年、横浜町会所で開かれた日本最初の共進会(産業奨励会)の報告書。本会は内務
省勧農局長松方正義の主唱で、同省勧農局と商務局の合同で開催された。これ以来、共進会は日本各地
で開催されるようになり、産業の発展に貢献した。
1879(明治12)年
展
○
第二回内国勧業博覧会会場案内
1881(明治14)年に東京上野公園で開催された第二回内国博覧会の案内図。冒頭に会場の平面
配置図があり、本文には観覧の際のポイントや各展示場の案内などが記されている。
明治政府は殖産興業政策が整理縮小された時期の開催であったにもかかわらず、出品数(8万5千
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
点)
・入場者数(82万人)は、第一回を大きく上回った。
展
○
展
○
展
○
近代 10
1881(明治14)年
綿糖共進会報告
明治政府の殖産興業政策の一環として、綿糖共進会が内務省勧農・商務両局主催のもとに、1880(明
治 13)年 2 月から4ヶ月かけて大阪府下で開催された。綿関係品と砂糖は、当時の主要輸入品で、共
進会は国内生産拡大と品質改良を促すことで、輸入を減少させることを企図していた。本書には、企業
勃興期に先立つ「二千錘紡績」創生記の国内の機械紡績業が、輸入綿糸に圧倒されていた状況なども示
されている。
1880(明治13)年
第二回内国勧業博覧会陳列品図
1881(明治14)年
日英博覧会神奈川県出品協会事務
日英博覧会は、1910(明治43)年に、日本とイギリスとの和親の深厚と通商貿易の発展を図る
ため、ロンドンで開催された国際相互博覧会。本書は同会に出品した神奈川県出品協会の事務報告書。
神奈川県からは、陶磁器・刺繍・絹織物・家具等が出品された。
1911(明治44)年
展
○
横浜生糸貿易十二年間概要
横浜で最も有力な生糸売込商のひとつである原商店が発行した。明治16年度から27年度に至る生
糸貿易の概況を示した書。
この12年間で、横浜へ入荷する生糸は、在来の提糸(さげいと)などから器械・座繰(ざぐり)糸
へと転換したことが、グラフ等で示されている。
1896(明治29)年1月
原商店発行
パ
○
パリ万国博覧会のイルミネーション(1900)
異人への飽くなき好奇心―横浜浮世絵にみる神奈川―
見知らぬ外国人に興味いっぱいの日本人。江戸の版元たちは、かれらの
欲求を満たすため、浮世絵師を動員して外国人を描かせました。
開港した横浜にやってきた、今まで日本人が見たことのない外国人たちは、人々
の関心を掻き立てました。どのような容貌なのか、どのような服装をしているのか、
どのような生活をしているのか、彼らの故国はどんなところか、という幅広い好奇心にこたえるため、
江戸で浮世絵を出版していた版元たちは、アメリカ、イギリス、オランダ、フランス、ロシア、中国な
どの国々の男女の姿や彼らは横浜で生活をする場面を浮世絵師に描かせて、販売しました。このように
横浜開港によって日本に入ってきた新しいものごとや横浜の様子を描いた浮世絵を横浜浮世絵と呼びま
す。
外国人の風俗
<*4>
横浜浮世絵を順次展示
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
近代
11
安政5年(1858)6月、日米修好通商条約の調印により、横浜の開港が決ま
りました。
その後、さまざまな事情により開港場の着工が遅れ、開港を3ヶ月後にひかえた同6年3月から突貫
工事を開始しました。まず、東海道と横浜を陸路でつなぐため、野毛山を削って横浜道を建設。横浜の
ほぼ中央に税関の業務を行う運上所を設け、その西側が日本人町、東側を外国人居留地とする町並みの
建設を進めました。
こうして一寒村にすぎなかった横浜は、まさに一夜にして大都市となったのです。
横浜誕生
生糸などの貿易が活発になるにつれて、さまざまな職種の人びとが開港場を訪れ
るようになりました。各国の外交官や貿易商人たちを中心に、宣教師や洋服屋、建
築家などのさまざまな技術者、あるいはジャーナリスト、画家なども含まれていました。旅行者も増え、
外国人用のホテルも建設されました。また、当時の外国人居留地は男性中心の社会だったので、付近に
は外国人用の遊郭もつくられました。
当時の日本人は、外国人がどのような住まいで、どのように生活しているのか、自分たちとの違いを
知ることに強い興味を持っていたようです。
開港場の生活
<*5>
・横浜浮世絵を順次展示
・東海道版画の諸相
横浜のやきもの
開港後の横浜は、外国人居留地や日本人街が整備され、新たな経済拠点とし
て急激な発展を遂げていました。その中には陶磁器を扱う商店も数多くありまし
た。
眞葛焼の宮川香山が陶磁器制作を本格的に開始してまもなく、明治8年(1875)には井村彦次郎
が本町二丁目に陶器店を構え、続いて多くの商人が陶磁器を扱う店を開きました。それらの店の多くは、
本町通や弁天通に集中し、現在神奈川県立歴史博物館が建つ界隈は、さしずめ、やきもの街のような状
況でした。
横浜のやきものの特徴は、絵付けを主体とし、輸出を想定した制作を行うことにあります。横浜に開
かれた窯の多くは、素地を他所から仕入れ、絵付けを施して仕上げの焼成を行い、海外へ積み出してい
ました。
しかし、明治時代に隆盛を誇った横浜のやきものですが、大正年間には衰退を始めます。その背景に
は、やきものの流行の世界的な変化や、大正12年(1923)の関東大震災により窯場が大きな被害
を受けたことがあります。その中で存続した数少ない窯の一つが、眞葛焼でした。
● 眞葛焼
眞葛焼は、開港後の横浜で欧米諸国へ輸出品として生まれたやきものです。
京都の陶工宮川香山が明治3年(1870)に横浜に移住、翌4年(1871)には西太田不二山下
(現在の南区庚台)窯を築き、本格的に陶磁器の制作に着手しました。初代香山は明治10年代には高
浮彫を施した装飾的な作品を万国博覧会などに出品して入賞し、「マクズ」の名を世に知らしめました。
明治20年代以降は繊細な発色の釉下彩作品でも高い評価を受け、明治29年(1896)、帝室技芸
員となりました。横浜のやきものの多くが、海外へ積み出す前の仕上げの絵付けを行っていたのに対し、
2015年1月
近代 12
眞葛焼は素地制作から手がけることのできる環境を備え、多くの職人を抱える、本格的な窯の一つでし
た。初代の後を継いだ二代香山は、茶道具制作にも取り組むなど制作の場を広げ、眞葛焼は近代横浜の
やきものとして着実に地位を築いていきました。窯は三代香山にも引き継がれましたが、昭和20年
(1945)5月の横浜大空襲によって窯場を失い、眞葛焼はその歴史を閉じることとなります。
パ
○
眞葛焼
眞葛焼は、京都の陶工宮川香山が開いた窯です。横浜に移り住んだ初代香山は、明治4年(1871)
に横浜西太田不二山下(現在の南区庚台)に窯場を置き、輸出陶磁器の制作を始めました。高浮彫を施
した装飾的な作品を発表して万国博覧会などの場で高い評価を受け、眞葛焼の名を世界に知らしめまし
た。明治中期以降、香山は釉薬の研究に没頭し、多彩な釉下彩の表現を成功させ、眞葛焼の新たな美を
築きました。
その後は二代香山が跡を継ぎ、四代まで続きましたが、昭和20年(1945)の横浜大空襲で窯場
が壊滅。その歴史を閉じることになります。
初代宮川香山(1842~1916)
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
た かうき ぼりはす に ねずみ か び ん
高浮彫蓮二 鼠 花瓶
蓮の実の上にたたずむ鼠を高浮彫で、周囲には枯れた蓮の葉や草と蟹を色絵で表している。瓢形に「眞
葛」
「半山職工」「呉石輝」の銘を記す。器胎頸部の文様も色数を抑え、寂びた印象に仕上げている。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
たかうきぼりしぎ か び ん
高浮彫鴫花瓶
立ち枯れる葦と飛び立つ鴫を高浮彫で表し、野菊や下草を色絵で描く。鴫と対面の位置には、葦に留
まり、穂先の蟹を狙う鳥の姿も見え、水辺の景とわかる。瓢形に「眞葛」「五石」「香壽」の銘がある。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
たかうきぼり おおわしたい ほ か く か び ん
高浮彫大鷲鯛捕獲花瓶
海中の岩場の大鷲を高浮彫で表した一対の花瓶。一方の鷲は周囲に睨みをきかせ、もう一方は今まさ
に鯛を捕まえたところ。周囲には無数の海鳥が飛び交う。
「眞葛」
「香僊工」
「呉石」の銘を記す。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
たかうきぼりすいきんゆうえい ら ん ぷ だい
高浮彫水禽遊泳ランプ台
わずかに前傾して水中に見つめる水鳥を高浮彫で、立ち枯れた水辺の草花を色絵で表す。当初は花瓶
として制作され、後にランプ台に作り変えられたと考えられる。瓢形に「眞葛」「香山」「碧峰画」の銘
を記す。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
たかうきぼりなんてんに うずら か び ん
高浮彫南天二 鶉 花瓶
飛び上がった鶉と岩上にたたずむ鶉を表した、一対の花瓶。精緻な造作と彩色が施された鶉や南天と、
土の質感を残した岩との対比に洗練された造形感覚がうかがえる。底面に「眞葛」の印刻銘がある。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
たかうきぼりぐんきゅう ひ ら い か び ん
展
○
高浮彫群 鳩 飛来花瓶
3つの花瓶を合わせた器形をめぐるように、桜と鳩を高浮彫で表す。可辺の円盤形の飾り板に記され
た銘に「癸未」とあり、明治 16 年(1883)の制作とわかる。制作年代の判明する貴重な作例。
明治 16 年
初代宮川香山(1842~1916) 田辺哲人コレクション
展
○
高浮彫四窓遊蛙獅子蓋付壺
獅子形の飾りのついた蓋を持つ一対の壺。胴に四方に大きく張り出した窓を設け、その中に太鼓をた
たいたり、巻物を拡げ読む蛙を高浮彫で表す。豪奢な絵付けと生き生きとした蛙の表情が見どころ。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
近代
13
展
○
高浮彫葡萄ノ蔓二蜂ノ巣花瓶
丸みのある壷形の器形に、一枝の葡萄の蔓と蜂の巣、蜂を高浮彫で、蜂を追う雀を上絵付で表す。葡
萄の葉や蜂の巣に艶のない粘土を用い、質感の表現を試みている。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
高浮彫長命茸採取花瓶
花瓶の胴の部分いっぱいに、崖から籠をおろし、茸採りをする様子を表す。流れ落ちる滝の表現が、
崖の厳しさを物語る。岩場には紅葉が赤く色づき、茸採りの人々は朗らかな表情を見せている。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
高浮彫風神雷神花瓶
風神と雷神を一対の花瓶に表す。風神の負う袋の割れ目から、中に潜む鬼たちの姿が見えており、成
形、絵付、焼成に高い技術を必要としたであろう作品。周囲を行列する妖怪たちの姿もユーモラスであ
る。
明治前期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
色嵌釉紫陽花花瓶
葉や茎は輪郭を高く盛り上げ、その内側を釉下彩で埋める。葉は明るみの異なる緑を用いて変化をつ
けており、紫陽花の花は白のやわらかな発色が美しい。底面に「眞葛窯香山製」の銘がある。
明治後期
眞葛焼
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
高取釉渡蟹水盤
重要文化財「褐釉蟹付台付鉢」
(東京国立博物館蔵 明治14年制作)と同形の作品だが、本作は蟹の
彩色が釉下彩で行われている点が異なる。箱書には、大正5年(1916)に香山の手を離れたとあ
る。
大正5年(1916)眞葛焼 初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○ 高浮彫桜ニ群鳩花瓶
円筒形の器胎に、満開の桜と鳩を高浮彫で表す。鳩は一方の花瓶では桜の周囲を飛び交い、もう一方
では枝で羽を休めている。底面に「眞葛 香山造」の印刻銘がある。
明治前期
初代宮川香山(1842~1916) 田辺哲人コレクション
展
○
高浮彫牡丹二眠猫覚醒大香炉
胴に紅白の牡丹を,透かしを入れた火舎に眠りから醒めた猫をあしらった香炉、牡丹の一部には、釉
薬の溶け落ちた痕が見え、初代香山の高浮彫作品の中でも早い時期の作と考えられる。
明治前期 初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○ 高浮彫牡丹二眠猫覚醒蓋付水指
胴に紅白の牡丹。蓋上に眠りから醒めた猫をあしらった水指。猫の耳や鼻、口、手足には細かな造作
が見られ、白の毛書きにより毛並みを表現する。
「香僊工」「眞葛」
「呉石拝」の銘がある。
明治前期 初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
展
○
紫釉盛絵杜若花瓶
淡い赤紫地に、白と紫の杜若を薄く盛り上げて表す。初代香山は、明治 20 年代以降釉薬研究に打ち
込み、本作のような、鮮やかな発色や微妙なグラデーションによる釉下彩作品を生み出した。
明治前期
初代宮川香山(1842~1916) 田邊哲人コレクション
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
旧横浜正金銀行本店本館
近代
14
国指定重要文化財・国指定史跡
神奈川県立歴史博物館の馬車道通りに面した旧館部分は、1904(明治37)年完成の横浜正金銀
行本店本館で、屋上部分に八角形のドームを持つネオ・バロック様式の近代建築物として知られています。
1923(大正12)年の関東大震災や1945(昭和20)年の横浜大空襲の災禍をのりこえ、19
67(昭和42)年3月に増築した新館とともに神奈川県立博物館となりました。
また、洋風近代建築物として貴重なことから、1969(昭和44)年に国の重要文化財に指定され、
さらに横浜正金銀行とその周辺地が戦前の貿易や金融の分野で重要な役割を果たしたことが評価され、1
995(平成7)年に広島原爆ドームと同時に近代史跡として初めての指定を受けました。
政府の保護のもとに明治13年(1880)
、横浜正金銀行が開業しまし
た。居留地貿易での外国商人の支配に対抗し、金融を安定させることが目
的で、中村道太らが発起人となりました。同20年(1887)には、外国貿易関係を専門とする特殊
銀行となり、日露戦争では戦費調達のための外債の発行に尽力しました。
その後、中国大陸への資本輸出に積極的に関与して支店を拡大し、大正9年(1920)には世界三
大為替銀行の一つに数えられるようになりました。太平洋戦争が始まると、国家的金融機関として日本
の勢力圏内での金融の中心となり、敗戦後の昭和22年(1947)に東京銀行(現三菱 UFJ 銀行)と
して再スタートしました。
展
○
横浜正金銀行 横浜諸会社諸商店之図
明治時代
パ
○
横浜正金銀行史
展
○
横浜正金銀行建築要覧
横浜正金銀行本店竣工時の内・外観の写真や各階の平面図を収録し、建築工事や設備の概要も記載
した、この建物に関する最も基本的な資料である。本書「華麗ヲ求メズ専ラ実用ト堅牢ヲ主眼トシ」た
との記述があるが、掲載された各室の写真からは、華麗な室内装飾と調度品を見てとることができる。
なお、妻木頼黄が製作したこの建物の図面類は、残念ながら現存が確認されていない
1904(明治37)年頃
展
○
正面(外観)
地上3階地下1階建ての建物の外壁には、茨城県産花崗岩と神奈川県産安山岩が使用され、密に配さ
れたコリント式の大オーダーと巨大なドームで、ネオ・バロック様式の威厳ある外観を構成している。
1904(明治37)年頃
横浜正金銀行建築要覧
展
○ 保護預品庫内預ヶ品出納取扱室
保護預品庫内の顧客が預けた貴重品の出し入れを行う区画。腰壁は白いうわぐすりをかけた耐火煉瓦
仕上げで、天井は鉄骨と漆喰上塗りされた煉瓦のアーチからなる防火仕様となっていた。
1904(明治37)年頃 『横浜正金銀行建築要覧』
展
○
保護預品庫内部
建物地階に設置された顧客の貴重品を保管する貸金庫。室内には保護箱が数百個備えられていた。横
浜正金銀行本店の保護預品庫は、日本国内で整備された最初期の本格的な貸金庫とされている。
1904(明治37)年頃 『横浜正金銀行建築要覧』
展
○ 会議室(総会室)
建物2階にあった株主総会や銀行の重要な儀式の際に使用された部屋。本資料が展示されている場所
がかつての会議室にあたる。建築要覧本文には「優ニ 二三百人ヲ容ルルニ足レリ」とある。
1904(明治37)年頃
横浜正金銀行建築要覧
展
○
横浜正金銀行本店新築落成式当日の記念写真
横浜正金銀行の役割
2015年1月
近代 15
中央で左手に書類らしきものを持つのが、設計者の妻木頼黄で、その左隣の短髪で口とあごにひげを
蓄えているのが、当時の頭取・相馬永胤である。
相馬と妻木は、固い信頼関係で結ばれた長年の友人で、横浜正金銀行本店の設計が妻木にゆだねられ
たのも、こうしたふたりの交友関係によるところが大きいものと考えられる。
1904年(明治37)年8月8日
正友会提供
展
○ 中野喜三郎あて相馬永胤感謝状
横浜正金銀行本店外壁の石材の彫刻・据付工事をほとんど一手に請け負った中野喜三郎に対して、
同行頭取・相馬永胤が贈った感謝状である。中野は土木請負業や石材の採掘業を手がけていた人物であ
った。
建物の外壁に使われた石材は、茨城県産の花こう岩と神奈川県産の白丁場石などであった。
1904年(明治37)年11月
展
○
金庫室壁面から抜き取った煉瓦
横浜正金銀行本店金庫室の内壁と天井は、白い釉薬(うわぐすり)をかけた耐煉瓦(白煉瓦)仕上げとな
っていた。本資料を見ると、耐火煉瓦は内壁として室内に露出する仕上げ部分のみに用いられ、その奥
には、赤煉瓦が積まれていたことがよくわかる。
(なお、金庫室は非公開ですが、白釉耐火煉瓦におおわれた室内の様子は、1階ミュージアムライブラ
リー前廊下に掲示された写真パネルでご覧いただけます。)
展
○
横浜正金銀行本店
1899(明治32)年3月に地盤工事に着手、同年12月から本館建築を開始し、1904(明治
37)年7月に完成。地下1階地上3階の造りで、正面屋上に巨大なドームをもち、外壁は花崗岩で化
粧し、コリント式の柱をめぐらせた建造物です。様式的にはネオ・バロックの影響を受けているといわ
れています。敷地面積約4065平方メートル、建築面積約2155平方メートル、建物本体の高さ約
16.5メートル、ドームの尖頭までは約36メートルあります。1969(昭和44)年3月に国の
重要文化財、1995(平成7)年6月に国の史跡の指定を受けています。
設計者は、妻木頼黄(つまきよりなか 1859~1916)、工事監査は遠藤於菟(えんどうおと 1
866~1953)で、いずれも当代一流の建築家でした。妻木は、他に横浜では、新港埠頭の倉庫(現、
横浜赤レンガ倉庫)も設計しています。(模型縮尺約1/80)
C 神奈川県立歴史博物館
○
当館は、横浜正金銀行に関する資料を収集していますが、行員の写真
や書簡などの個人的な資料についても積極的に収集しています。横浜正
金銀行の創立に関わった大隈重信や福沢諭吉をはじめ、歴代頭取や行員の足跡や活動内容を随時紹介し
ます。著名な行員としてはジュール・ヴェルヌの『八十日間世界一周』を翻訳した川島忠之助、
『アメリ
カ物語』
『フランス物語』で知られる永井荷風、日本山岳会の開拓者小島烏水などがいます。
横浜正金銀行ゆかりの人々
●
福沢諭吉
天保5年~明治34年(1834~1901)
明治時代の啓蒙思想家。慶應義塾創立者。
横浜正金銀行を設立しようとしていた中村道太(横浜正金銀行初代頭取)に助言を与えて支援する
とともに中村を当時の大蔵卿(今の大蔵大臣)大隈重信に推薦し、同行が創立される運びとなりまし
た。このため副頭取や行員に慶應義塾出身のものが多く任命されるようになりました。
● 大隈重信
天保9年~大正11年(1838~1922)
明治・大正時代の政治家。
明治初年の財政危機に直面していた大蔵卿の大隈重信は、横浜正金銀行設立志願者の中村道太の意
見を聞き、これに賛同して明治12年(1879)に太政官に「横浜正金銀行設立願」を提出して同
2015年1月
近代 16
行が創立されることとなりました。大隈の協力がなければ横浜正金銀行は生まれなかったでしょう。
● 井上準之助
明治2年~昭和7年(1869~1932)
大正から昭和時代にかけての財政家。
明治44年(1911)に横浜正金銀行に入り、常務、副頭取をへて、大正2年(1913)に頭
取となりました。昭和4年(1929)に浜口雄幸内閣の蔵相となり、翌年、金解禁を実施したため
恐慌の波をうけ、日本経済は深刻な不況に襲われました。これに危機感をつのらせた青年により昭和
7年(1932)暗殺されました。
● 高橋是清
安政元年~昭和11年(1854~1936)
明治から昭和にかけての財政家。
明治25年(1892)、日本銀行総裁川田小一郎に見出され日銀建築所主任となり、明治28年(1
895)には横浜正金銀行に出向し、本店の支配人、取締役から副頭取にすすみ、明治32年(18
99)には日銀副総裁となって、明治39年(1906)に横浜正金銀行の頭取を兼務しました。昭
和初期には大蔵大臣を歴任し、恐慌を乗り切りました。
● 永井荷風
明治12年~昭和34年(1879~1959)
明治から昭和時代にかけての小説家、随筆家、劇作家。
明治36年(1903)、父久一郎の勧めで渡米し、横浜正金銀行ニューヨーク支店に入社。その後、
フランスのリヨン支店勤務となり、退社後、明治41年(1908)帰国し文壇で活躍。横浜正金銀
行社員時代の西欧体験は、「あめりか物語」、
「ふらんす物語」として結実しました。
C 神奈川県立歴史博物館
○
<平ケース内>
● 横浜正金銀行員の年賀状
横浜正金銀行は、1907(明治40)年当時、国内に5店舗のほか、五大陸に20の店舗を有した
大銀行でした。そして、これらの海外店舗には多くの行員が勤務していました。
彼らは、現地で日常業務にあたりながら、手紙や葉書きなどを通じて、国内店舗の行員と交流を図っ
ていました。例えば年末年始には、年賀状を出す習慣のない海外から、クリスマスカードを使って国内
の行員へ年賀状を送り、新年を祝っています。
今回は、約100年前に交わされた正金銀行員の年末年始のやりとりをご紹介します。
展
○ 大久保利賢の年賀状
ロンドン支店の大久保利賢が、本店計算課宛てに出したもの。梅の枝にとまる雀の絵柄に、
「A Happy
Christmas」と書かれたクリスマスカードを利用している。大久保は後に正金銀行第13代頭取となる。
明治30年代
横浜正金銀行行員宛絵葉書
展
○
西巻豊佐久の年賀状
ロンドン支店の西巻豊佐久が本店計算課宛てに出した年賀状。雪景色に点灯したツリーのクリスマス
カード。西巻は明治39年8月から同41年7月にかけてロンドン支店支配人を務めているので、明治
39年か同40年のものであろう。
1906~1907(明治39~40)年頃
横浜正金銀行行員宛絵葉書
展
○
退職者からの年賀状
露木初太郎は明治28年7月に入行し、リヨン出張所勤務を経て、同35年4月に退職した。この年
賀状は退職後も交流があったことを示すものである。なお、露木は明治40年に亡くなっており、最後
の年賀状である。
1907(明治40)年1月1日
横浜正金銀行行員宛絵葉書
展
○ 首藤正寿の年賀状
いずれも首藤正寿から、寺澤佐太郎に当てた年賀状。首藤は明治35年に入行、大正12年に退職後、
2015年1月
近代 17
台湾銀行理事などを務めた。また、明治39年入行の寺澤は和歌山県出身で、正金銀行取締役の中井芳
楠家と接点があったようである。
1905~1907(明治38~40)年頃
横浜正金銀行行員宛絵葉書
展
○
クリスマスカードの年賀状
いずれもイギリスやアメリカから、国内の行員に宛てた絵葉書である。クリスマスカードを使ってい
るが、よく見ると「恭賀新年」や「賀正」、「一月一日」などと書かれているため、年賀状であることが
分かる。
1906~1907(明治39~40)年頃
横浜正金銀行行員宛絵葉書
展
○
ハワイからの年賀状
ハワイ支店に勤務していた芦谷十一郎が、ホノルルから出した年賀状2枚。クリスマスカードではな
く、イラスト入りの絵葉書を用いている。なおあて先の増田と伊藤は、この年賀状を受け取った明治3
9年のうちに正金銀行を退職した。
1906(明治39)年1月1日
横浜正金銀行行員宛絵葉書
C 神奈川県立歴史博物館
○
● 横浜正金銀行の刊行物
横浜正金銀行は、本支店間の情報共有化のため、各種印刷物を作成した。
「行報」、
「調査資料」、
「通報」
「各国日誌」
、正金通報」、
「調査部特報」、
「調査記録」、
「内報」などが、明治時代末から昭和10年代に
かけて相次いで作成された。一部は一般に公開したものもあるが、ほとんどが「行内限」、「行員限」の
秘密資料であった。
当館の「旧横浜正金銀行資料」及び近年の収集資料品の中から正金銀行の刊行物を紹介する。
展
○
第一回東洋支店長 会議録
1908年(明治41) 1冊
実物
横浜正金銀行
展
○
第二回東洋支店長 会議録 第一巻
1909年(明治42) 1冊
実物
横浜正金銀行
展
○
行報(第1号)
『行報』は1908年(明治41年)5月の第1号から1919年(大正8)年6月の第の第135
号まで、行報編纂係により編集された行内情報誌で、頭取や支配員の通達、経済事情など様々な情報が
掲載された。時には『付録』や『別冊』も発行された。
横浜正金銀行本店総支配人席行報編纂係 1908年(明治41)年
展
○ 調査資料(第26号)
『調査資料』は調査課が1920年(大正9年)から昭和17年(1942年)まで合計52冊を発
行した。内容は、行員が行務に有益な外国文献などを翻訳し、さらには解説を加えたもので、外国支店
勤務行員のレポートが多い。
横浜正金銀行調査課
1931年(昭和6年)12月15日
展
○
正金週報 第一号
1929年(昭和4) 1部
実物
横浜正金銀行
展
○
正金週報
『正金週報』は1927年(昭和2年)から1939年(昭和14年)まで、調査課から発行された
週間情報誌で、海外支店から市況報告、貿易報告、為替や金銀塊の相場などが掲載された。
横浜正金銀行調査課
1939年(昭和14年)
展
○ 小柴保雄
東京帝国大学卒業後の1919年(大正8年)8月1日に横浜正金銀行に入行し、1924年2月、
2015年1月
近代 18
ニューヨーク支店に赴任した。当時の支店支配人柏木秀茂の勧めにて「Investment Trust」について調
査。1925年10月28日在職中に病死。
写真提供 小柴一郎氏
展
○
調査報告の原稿
ニューヨーク在勤の小柴保雄が1925年に執筆した「The Investment Trust」
(投資会社)の原稿。
小柴は同年11月に病死するが、翌年4月『調査報告』第60号として発行された。遺稿となった原稿
は遺族のもとに残されたものである。
小柴保雄 1925年(大正14年)
展
○
調査報告(60号)
『調査報告』は調査課が1919年(大正8年)から昭和18年(1943年)まで合計140冊を
発行した。内容は行員が独自に調査したものが中心で、外国支店勤務行員のレポートが多い。
横浜正金銀行調査課
1924年(昭和元年)4月10日
C 神奈川県立歴史博物館
○
*
内は以前の展示
2015年1月
現代
C 神奈川県立歴史博物館
○
テーマ5
1
現代の神奈川と伝統文化
〔歴史〕
恐怖のマグニチュード7.9
―関東大震災―
大地は大波のように揺れ、猛火と津波が襲った。
しかしその後、人びとは瓦礫の中から復興への努力を始めました。
パ
○
展
○
関東大震災の様子
震災前後絵葉書
関東大震災以前と以後では神奈川の様相は一変する。とくに横浜はもっとも激しい被害を受けた地域の
一つで、旧居留地の美しい煉瓦造建物や関内の西洋風建築の多くが地震で倒壊し焼失した。ここに古き横
浜は壊滅したのである。
大正12(1923)年
展
○
横浜大震火災区域地図
大正12(1923)年
1枚
実物
展
○
関東震災全地域鳥瞰図絵
大正13(1924)年 1枚 実物
吉田初三郎筆 大阪朝日新聞社
展
○ 帝都復興の歌
大正12(1923)年10月29日
1枚
実物
小林愛雄作詞
小松耕作作曲
共益商社書店発行
展
○
第5回復興貯蓄債券募集チラシ 大正14(1925)年
1枚
実物
展
○
伊勢佐木町警察署職員大震災記念写真 大正12(1923)年
薄井和男氏寄贈
展
○
関東大震災関係雑誌
関東大震災によって東京の新聞社の多くが倒壊したため、被害の実況をいち早く全国に速報したのは関
西の新聞社であった。通常の新聞や号外の他に、被害の実情を生々しく表現する写真を掲載したグラフ誌
が発行され全国に広まった。
「神奈川県立歴史博物館に幽霊が出るらしい」
毎年夏になると、こんな記事が雑誌に掲載されます。関東大震災の際に、地震
で倒壊しなかった横浜正金銀行(現在の歴史博物館)には、地震直後から多くの人びとが避難してきまし
た。行員、避難者あわせて約340人は地下室で猛火を避けたのですが、行内に入れなかった約140名
もの人たちは銀行の周囲で命を落としたのです。その惨状は絵葉書などによってよく知られていたので、
いつのまにか焼死した人びとの幽霊が現れるに違いないとのうわさが今でも伝わっているのでしょう。
パ
○
横浜正金銀行
大正2年(1913)
大正12年(1923)
横浜正金銀行秘話
大正12年(1923)9月1日の関東大震災で大きな被害を受けた横浜
市は、震災からの復興をとげた記念と産業貿易の振興と躍進をめざすこと
を目的に、昭和10年(1935)3月から5月まで復興記念横浜大博覧会を開催しました。会場には震
災で焼け落ちた建物の瓦礫を埋めてつくられた山下公園があてられました。全国各地の展示館が設けられ、
アメリカンロデオと浜おどりは入場者を楽しませました。そのほか各種の体育大会もあり、博覧会の入場
者は約200万人を数えました。
この博覧会は、震災からの復興を全国に示す神奈川全県をあげての大セレモニーでした。
展
○
復興記念横浜大博覧会絵葉書
復興記念横浜大博覧会は、新聞、ポスター掲示、絵葉書、音楽、ラジオ、放送などあらゆるメディアを
通じて幅広く宣伝活動が行われた点で、新しい時代の博覧会であった。
そのなかで絵葉書は、手頃な価格で郵便として利用もされ宣伝効果が高いため、多くの種類が発行され
ている。博覧会事務局が発行した絵葉書には、博覧会の前年の昭和9年(1934)にポスターと同じ図
復興記念横浜大博覧会
2015年1月
現代 2
案の葉書や年賀状式のものがあり、これらは事前宣伝活動の一環として発行された。また翌10年には前
売入場者用の絵葉書や記念品用の絵葉書も作成され、一部は会場内でも販売されている。民間でも会場の
様子を写真版にした絵葉書が作られ来場者に販売された。
昭和10(1935)年 8枚
C 神奈川県立歴史博物館
○
○旧横浜正金銀行本店第1営業室
ここは、旧横浜正金銀行本店第1営業室にあたり、銀行時代は3階までの吹き抜けでした。下から伸び
る長い柱、窓を取り巻くアーチ、そして天井の回りには美しい装飾が付けられています。この装飾は関東
大震災後の復旧工事の使用にあわせて復元しています。窓の枠は大正時代のものです。
大学は出たけれど・・・
-昭和恐慌―
不況の風が走り、出口のみつからない社会に、だれもが不安を感じて
いました。そんな時代、唯一の救いは、家庭の安らぎだったのでしょうか。
関東大震災後の急速な都市化によって、都市に住む会社員などのいわゆる中
間層を中心に「モダン生活」という生活様式が広がります。
家庭内では扇風機などの電化製品が普及し、デパートや遊園地などで遊ぶ家族ぐるみのレジャーも始ま
ります。繁華街ではダンスホールやカフェー、円タクなどの文化現象がみられ、アメリカ映画から抜け出
たような服装で街を闊歩するモダン・ボーイやモダン・ガールが注目を集めました。彼らはその頭文字を
とって「モボ・モガ」とよばれました。庶民の洋装化は、この頃から定着し始めます。
モダン生活の登場
展
○
パ
○
展
○
展
○
展
○
展
○
当時の暮らしの道具類・遊び用具
当時の生活の様子
ヤマハオルガン
昭和10年代
実物
足踏式ミシン シンガー社製
1930年代
実物
足踏式ミシンホワイト社製
1930年代
実物
ポスター健児週間
1933(昭和8)年4月 少年団横浜連盟
大正時代の普通選挙運動や労働運動に続き、昭和に入ると、金融恐慌や昭和恐
慌(農業恐慌)を契機に失業者が激増し、労働争議などが頻発しました。
昭和5年(1930)には、神奈川県内での失業者が1万8,000人を超えるほどに増加し、大きな社
会問題となりました。また、解雇などをめぐる労働争議が増え、翌6年にかけては労働争議の件数と参加人
員が戦前のピークを記録するなど、社会は激しく揺れていました。
「煙突男」が登場した富士瓦斯紡績川崎工場の労働争議、平塚や茅ヶ崎で始まった「米もらう会」などの
米よこせ運動、新興教育運動など、さまざまな社会運動が発生したのです。
神奈川の社会運動
展
○
選挙粛正ポスター
買収など選挙腐敗が続いていた昭和初年にはじまった選挙浄化運動を前提として、昭和10年に選挙粛
正委員会が道府県に設置され、全国的な運動を展開した。運動は各種の婦人会・青年団・在郷軍人会など
の団体ばかりかマスコミをも巻き込んだ。
昭和10年
2015年1月
現代
C 神奈川県立歴史博物館
○
再び焼け野原になった
3
-15年戦争―
中空はるかにB29の翼がみえた。シューという音とともに落ちて
くる焼夷弾。家や品物だけでなく、多くの人たちも焼き尽くされた
のです。
昭和6年(1931)の満州事変と同12年(1937)の日中戦争が始まる
と、大量の兵力増強を必要とし、多数の人びとが召集令状で徴兵されました。そ
の兵力は 15 年戦争末期の同 20 年(1945)には 700 万人を超えるほどで、10 代後半から 45 歳ぐら
いまでの男性が中国大陸や東南アジアなどに派遣されたのです。兵士たちは出口の見えない戦争の中で、
飢餓と疫病に苦しみつねに死と直面していました。そんな極限状態のなかで唯一の楽しみは、家族から届
いた手紙でした。一方、働き手を兵隊にとられた家族は、生活に困窮しながらも戦場にいる肉親の安否を
不安な思いで気づかうのでした。
展
○
大東亜戦争戦況集 焼付版 読売ニュース
1944年(昭和19) 1冊
実物
合同写真通信社
展
○
携帯用軍人教範集
軍人として必要な訓練の手引や規範、作戦方法などの手引書で、野外訓練や演習などの際に常に携帯で
きるように小型の冊子となっている。
1938(昭和13)年
展
○
軍隊手牒
昭和10年代
薄井和男氏寄贈
展
○
陸軍少尉軍服
軍服上下と軍帽・肩章・軍用鞄・ゲートル。これを着用していた松本元之は、1944年(昭和19)
5月に陸軍少尉としてビルマに出征、敗戦によりビルマに抑留され、1947年(昭和22)3月に帰国
した。
1944~45(昭和19~20)年
展
○
防毒マスク
1942年(昭和17)7月製 1点 実物
展
○ 戦車用ゴーグル
展
○
新聞号外
1931年(昭和6)に満州事変が勃発すると大新聞社は一斉に号外を発行し戦況を報道するが、関東
軍からの情報を伝えるだけで事件の真相は隠された。
展
○
民間用鉄帽
昭和10年代
貫達人氏寄贈
展
○
防空頭巾
昭和10年代
戦地の兵士たち
昭和12年(1937)の国民精神総動員実施要領と翌年の国家総動員法に
よって、戦時体制が始まります。
首都に隣接し、東京湾の入口に位置する神奈川県は、軍事的に重要であり、横須賀や相模原周辺には多
くの軍施設が設置されました。さらに、京浜工業地帯は軍需物資を生産する国内有数の工業地帯となり、
「軍都神奈川」が生まれました。社会では、労働組合や政党はほとんどが解散し、大政翼賛会に組み込ま
れ、新聞雑誌などの言論統制がすすみました。
戦争末期の同19年(1944)には軍施設や工場への空襲があいつぎ、横浜・川崎・横須賀各市の学
童は、空襲を避けるために家族と離れて疎開しました。
戦時体制下の神奈川
戦時体制は、兵士の家族たちにも暗い影を落としました。戦争が始まるまでは家
庭を守ることがつとめであった女性たち、次の時代を担う青少年たちも「お国のた
め」に働くことを求められました。勤労報国隊員として動員され、食料や武器弾薬の生産に従事し、軍人
援護と出征家族・遺族の扶助などに活動することが「銃後の守り」でした。また、隣組や国防婦人会など
の組織もつくられ、供出、配給、納税、貯蓄など、生活の細かな部分にまで統制が及んだのです。
展
○
焼夷弾と砂袋
銃後の守り
2015年1月
現代 4
神奈川県域への空襲は、1942年(昭和17)4月18日から1945年(昭和20)8月15日ま
で、ほぼ毎日のように続いた。空襲によって横浜、川崎、平塚、小田原などの都市が焼夷弾による火災で
大きな被害を受けた。
市民は落下した焼夷弾に砂をかけて消火するため、砂袋を用意していたが、実際には大量に投下される
焼夷弾には効果はなかった。
陳列の焼夷弾は M69型と呼ばれるもの。
1944~45年(昭和19~20)
展
○
戦時中の横浜宝塚劇場写真アルバム
昭和15年(1940)年頃 1冊
実物
展
○
アンブール式防火弾
昭和10年代に一般家庭用に販売された消火器の一種で、消化液がガラス瓶に入っており、火焔に向
けて投弾すると消化液が飛散して炎を消す仕組みであったが、初期火災以外では効果はなかった。
展
○
防火用砂袋
展
○
大日本国防婦人会鶴見支部写真
1932(昭和7)年大阪で生まれた国防婦人会は、日中戦争がはじまると全国各地に支部が結成され
た。兵士を歓送迎するなど銃後の体制を支える大きな力であった。
1936年(昭和11)頃
展
○
大日本国防婦人会徽章
昭和初期
1点
実物
展
○ 大日本国防婦人会たすき
昭和14~20(1939~1945)年 1点 実物 相原孝子氏寄贈
展
○
慰問袋
銃後から戦地の軍人へ手紙や写真、お菓子などの慰問の品を入れて送った布製の袋。展示品は、慰問袋
と文字で記載されているが、絵などのデザインが描かれた慰問袋もある。 昭和戦時中 未使用
展
○
東条英機総理大臣演説レコード
昭和18(1943)年11月30日
1枚
実物
展
○ 東条英機総理大臣演説新聞記事
昭和18(1943)年12月1日
1枚
実物
展
○
大日本帝国政府 大東亜戦争割引国庫債券
昭和18(1943)年4月20日
1点
実物 宝亀忠敬氏寄贈
展
○
戦時民謡集
全国各地の民謡の歌詞に「時局替歌」を併記した小冊子。日中戦争が深刻化しており、民謡さえも軍国
主義的な替え歌として歌われていった。
1941年(昭和16)9月10日
村田吉邦
新潮文芸社
展
○
国策湯丹保
1940年代
1点
実物
展
○
陶製マッチケース
戦時体制下に製造された、陶製のマッチケース。ラベルに記された「撃ちてし止まむ」や「一億一心職
域奉公」は、太平洋戦争末期に広げられたスローガンである。
昭和10年代後半
展
○
陶器製分銅付棒秤
太平洋戦争中、鉄などの金属原料は兵器や武器の製造に優先して使われ、国民が使用する金属製品や部
品には陶器などの代用品でまかなわれた。この棒秤は、重りの部分が鉄や銅ではなく陶器でつくられてい
る。
展
○
国民精神鉛筆
展
○
マリヤナ時報
アメリカ軍が日本上空で散布したビラ(伝単)の一つで、1945年(昭和20)7月のボツダム宣言
が記載されている。まかれた伝単はすぐさま軍部や警察に回収された。
展
○
戦時貯蓄債券
C 神奈川県立歴史博物館
○
2015年1月
現代 5
戦争の遂行には膨大な資源と費用を要するため、政府は金属資源や貴金属の回収をおこなう一方、国民
のわずかな蓄えまでも国債や報国貯金といった名目で半強制的に回収したのである。
展
○
国民防空図譜
この国民防空図譜は防空講習の教材として制作された。1941年(昭和16)の日米開戦以降は防空
意識を国民に周知させるため各種の印刷物が陸軍の監修を得て作成されたが、その一方で、大規模な防空
演習をとおして、隣組や婦人会など住民意識の中にまで防空体制が浸透し「国防国家体制」が構築されて
いったのである。
展
○
うちわ絵
C 神奈川県立歴史博物館
○
昭和12年(1937)の国民精神総動員実施要領と翌年の国家総動員法に
よって、戦時体制が始まります。
首都に隣接し、東京湾の入口に位置する神奈川県は、軍事的に重要であり、横須賀や相模原周辺には多
くの軍施設が設置されました。さらに、京浜工業地帯は軍需物資を生産する国内有数の工業地帯となり、
「軍都神奈川」が生まれました。社会では、労働組合や政党はほとんどが解散し、大政翼賛会に組み込ま
れ、新聞雑誌などの言論統制がすすみました。
戦争末期の同19年(1944)には軍施設や工場への空襲があいつぎ、横浜・川崎・横須賀各市の学
童は、空襲を避けるために家族と離れて疎開しました。
戦時体制下の神奈川
パ
○
軍都神奈川
民主主義と甘いお菓子を知った
-昭和の開国―
進駐軍のもとで、日本の古い社会体制は解体されました。
兵隊さんがくれたお菓子は、民主主義の味がしました。
昭和20年(1945)8月15日、日本の無条件降伏によって、15年に及んだ
長く苦しい戦争は終結しました。
日本占領連合国最高司令官に就任したマッカーサーは8月30日に厚木飛行場に到着し、9月2日横浜
港沖の戦艦ミズーリ号甲板上で日本の降伏文書調印式に臨みました。幕末のペリー来航による開国と同じ
ように、マッカーサーの占領政策は日本の政治経済体制を大きく変えたので、第二の開国=昭和の開国と
よばれています。
神奈川県は首都に隣接し、軍事施設が多かったことから、占領軍の約4分の1が進駐し、多くの土地や
建物が接収されて、人びとは進駐軍の姿を目のあたりにしました。
展
○
日本国憲法
敗戦後、占領軍の強い指導のもと大日本帝国憲法の改正という形で1946年(昭和21)11月3日
に公布、翌47年5月3日に施行された憲法典。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を基本原則とし
ている。
1946年(昭和21)11月3日
官報号外
展
○
YOD SAFETY AWARD(安全褒賞)
横浜兵器廠(YOD)に勤務していた自動車運転手が、過去1年間無事故無違反であったために授与され
た表彰状である。この運転手は昭和26年間から9年間、米軍施設に勤務した。平成24年度寄贈資料。
昭和29(1954)年6月8日
1枚 実物 加藤寿夫氏寄贈
展
○
戦後横浜・東京等のモノクロ写真
撮影者はアメリカ人で、各写真には英語のタイトルが記入されている。迷彩色に塗られた横浜税関や大
昭和の開国
2015年1月
現代 6
船観音、スタンドから撮影されたゲーリック球場等、被写体や構図が興味深い。平成26年度寄贈資料。
昭和22(1947)年
12点
実物 中尾唯子氏寄贈
展
○
戦後伊勢佐木町の彩色写真
昭和20年代
2点
実物
森澤秀雄氏寄贈
パ
○
写真マッカーサー
展
○
昭和21年度略暦
戦後まもない1945年(昭和20)11月に印刷された。祝祭日が戦前のままで、また種蒔きなどの
農事暦や年齢早見表もついている。
展
○
真相はかうだ
日本の軍国主義思想を排除しようとの GHQ(連合国軍総司令部)の方針により、1945年(昭和20)
12月9日から「真相はこうだ」のラジオ放送がはじまる。しかし、露骨な内容のため強い拒絶反応をま
ねいたので、GHQは翌年 1 月から柔らかい調子の「真相箱」という番組を開始した。展示資料は、
「真相
箱」の内容を連合プレス社が再録刊行したものである。
C 神奈川県立歴史博物館
○
戦後の生活
平和が訪れても、長い戦争によって破壊されていた人びとの生活は、すぐには回復
できませんでした。日々の住まいと食料を探し求め、闇市や買い出しで精一杯の暮ら
しでした。
進駐軍の兵士が乗るジープを追いかけて、もらったお菓子の甘さと、商品の豊かさに驚きました。そし
て、電化製品を使い、おしゃれな服装をするアメリカ人の生活様式にあこがれをもったものです。アメリ
カの映画、図書、音楽などが進駐軍によって普及したこともあって、戦争中には敵性語として禁止されて
いた英語への関心が急速に高まり、英会話のラジオ放送や入門書が流行しました。
展
○
ラジオテキスト 英語会話 №14
1947年(昭和22)
1冊 実物 メトロ出版社
展
○
キャバレー ダンスチケット
昭和21年(1946)年頃
4枚
実物
展
○
真空管ラジオ
展
○
トランジスタラジオ
NEC(Nippon Electric Campany) が1958年(昭和33)に販売開始した6石ポケットラジオ。赤色
をはじめ白、緑、青など多様な色違いパージョンがあり、1960年代に大きな人気を博した。
1958年(昭和33)以降革カバー付
展
○
手回式映写機
戦後、家庭でも映画を楽しむための手回式の映写機が流行した。
「ポパイ」や「のらくろ」などの人気映
画をシーツを用いたスクリーンに投影して楽しんだ。
昭和20年代後半
展
○
テレビ受像機
昭和30年代
実物
展
○
初期のパソコン
日本語の処理できるパソコン(パーソナル・コンピュータ)が出現したのは、1981(昭和56)年
のことであった。富士通のFM8、日本電気のPC8001、新日本電気のDC6001がそれぞれ発売
された。当初は、日本語の入出力処理の能力が低くワープロの方が普及率は高かったが、パソコンの処理
能力も向上し低価格化によって急速に普及していった。陳列資料は、日本電気株式会社(NEC)製のP
C8801シリーズ。
1983年(昭和58)頃 日本電気株式会社製造
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
現代
7
豊かさを追い求めて、ひたすら走り続けた
-戦後復興から高度経済成長へ-
東京オリンピックと大阪万博は、戦後の日本を世界の表舞台に立たせました。
しかし、そのかげで農業は衰退し、交通戦争や公害等の社会問題が生まれま
した。
昭和 30 年(1955)を起点として、日本経済は高度成長の軌道にのりま
す。「もはや戦後ではない」「所得倍増計画」が流行語となったように、戦後
の復興段階を越えて国際社会に復帰するため、日本人はがむしゃらに働きました。
東京オリンピックの開催決定は、新幹線や高速道路など社会資本の整備を促進させました。こうして開
かれた同 39 年(1964)の東京オリンピックと同 45 年(1970)の大阪の日本万国博覧会は、日本が
経済大国に成長したことを世界に示しました。
しかし、この経済発展の反面で、大気汚染、交通戦争にみられる公害や、農業の衰退など、大きな問題
高度経済成長の光と影
も生み出しました。
●
展
○
展
○
展
○
展
○
展
○
展
○
展
○
東京オリンピック関係資料
昭和39年(1964)10月10日、抜けるような青空のもと、第18回オリンピック東京大会の開
会式が史上最高の94ヶ国の参加を得て開かれた。戦前の昭和13年(1938)にも東京大会の開催が
正式決定していたが、日中戦争の拡大などの理由で中止になっており、以来、26年ぶりの念願が実現し
たのである。東京オリンピックの開催は、戦後の日本の復興と国際社会への復帰をスポーツを通して世界
に示すためと、急速に人口が増大した東京の都市問題を、周辺都市を含んだ都市基盤の整備によって解決
の道を目指そうとしたことの二つの目的があった。東海道新幹線の開通や首都高速道路、都営地下鉄の工
事、上下水道の整備などが東京オリンピックを契機に着手されたのである。
東京オリンピックポスター
東京オリンピック記念メダル・盃
東京オリンピック公式カタログ
東京オリンピックエンブレム
オリンピック東京大会記念切手
月刊朝日ソノラマ(東京オリンピック特集)
映像メディア(模型)
2015年1月
民俗
C 神奈川県立歴史博物館
○
1
現代の神奈川と伝統文化
テーマ5
〔民俗〕
薄れゆく村人たちの絆
伝統的なムラ社会では、村人たち独特の付き合い方がありました。田植えや屋根の葺き替え作業、道路の
補修などは重労働だったので、おたがいに協力して助け合うために、強い絆で結ばれていました。また、冠
婚葬祭の互助組織や祭礼を運営する祭祀組織、稲荷講・大山講といった信仰的講集団などの組織もムラのな
かにしっかりと根づいていました。しかし、農具の発達、農地の宅地化、転入者の増加などにより、村や小
さな町の都市化がすすむなかで、村人たちの付き合い方も大きく変わりつつあります。
●
膳椀
結婚式などの祝儀や葬式などの不祝儀の際に使用する膳や椀などは共同所有し、ムラの共有財産として、
ワングラ(椀倉)といわれる物置に保管してきた。
津久井郡津久井町鳥屋
展
○
膳椀一式
パ
○
村の変遷(大正期・昭和中期・平成初期)
贈答品
大上自治会
年中行事や冠婚葬祭の際に、贈ったり、返礼したりする品物のことです。古くは酒を
酌み交わす宴がもたれたなごりで、酒あるいは食品を贈答品とするのが普通です。実際
の贈答品には歳暮に鮭・鰤、年玉に餅・米、盆に素麺、餞別に金銭・守り札、出産に産着・米、婚礼に酒・
餅、葬儀には金銭・赤飯がみられました。
婚礼や葬儀のとき県央部から県西部にかけては、ダイカイと呼ばれる容器に、境川の東部では朱塗りの
オハチに赤飯などを盛って贈ります。これらは、それぞれ2個で一組となり、その単位を一荷といいます。
●
ダイカイとアカオハチ
赤飯を入れる容器で、ダイカイは丸型のくりぬきで、外は黒漆、中は朱塗り。アカオハチは蓋と鉢が朱
塗りでおひつのたがは黒漆で塗ってある。これらは、二個で一荷といい、結婚式や葬式などの際に赤飯を
入れて持参した。
展
○
アカオハチ(ハンディ)
愛甲郡愛川町
展
○
ダイカイ
横浜市港南区日野町
ムラ入りの儀礼
今井千代子氏寄贈
上矢照雄氏寄贈
伝統的なムラでは、他所からの転入者に対して一定のムラ入りの手続きを必要
としました。
近年では、ムラの寄り合いの席に酒を持参し、挨拶をして認めてもらう程度ですが、かつてはムラの有
力者を仲介人(身元引受人)に頼み、その人の紹介でムラへの加入が認められる例が多くみられました。
津久井郡城山町葉山島では、この仲介人をワラジヌギドといいました。承認されると、ムラの一員として
冠婚葬祭などの互助組織に入り、ムラ生活を維持していくことができました。しかし、祭祀への参加や共
有財産の使用については、古くからのイエとは平等ではない例が多くみられます。
●
メドバン帳
土葬の場合には、穴掘りは重要な大役であった。その役には、喪のない組や講中などから順番に2人と
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
民俗
2
か4人出した。世帯主が出るが、独身者や妻が身持ちの場合は避ける。穴掘り帳(メドバン帳)という順
番表があり、これに記して回している。
展
○
香典帳
パ
○
ムラの生活
イエと暮らし
伝統的なイエは、現在の家のような単なる居住の場ではありませんでした。どの家にも神棚や仏壇がまつ
られ、カミやホトケは生活の中で大切な存在となっていました。間取りも現在とは大きな違いがあります。
ふだんはふすまや板戸で部屋を仕切っていましたが、結婚式や葬式などの人寄せのときには、それらをはず
して大部屋として使用できるようになっていました。
またイロリは家族にとってだんらんの場であり、食事する場でもありました。昭和30年代を境に、草葺
き屋根の家が消えるとともに、このようなイエの暮らしもみられなくなってきました。
● ノウギ
小正月につくるモノツクリの一種。津久井郡藤野町佐野川では、モノツクリといって、カツの木で農具
などのミニュチュアをつくった。昔は、鎌、鍬、鉈ぐらいしか、つくらなかったが、次第に農具の種類が
増えたという。
●
ホイロ
製茶用具。ホイロの中に炭火を入れ、蒸した茶の葉をその上で乾燥させ、茶を作る。このホイロは昭和
20年代まで使用した。
横浜市旭区善部
和田喜芳氏寄贈
展
○
大戸の障子、シャモジ、アラクマデ
展
○
馬の沓
津久井郡藤野町和田
佐々木恒助氏寄贈
展
○
牛の沓
津久井郡藤野町和田
佐々木恒助氏寄贈
●
オショーロ船
三浦市三崎町網代
パ
○
かながわの年中行事
季節展示
● 正月
年中行事は、毎年、決まった日に各家でくり返される伝統的な行事で、その多くは農耕生活と深い関係
にあります。とくに12か月のなかで正月と盆の時期に行事が集中してみられます。
正月の行事は、元日を中心とする大正月と15日を中心とする小正月に大別されます。大正月は暮れに
山から年神の依代となる松を伐ってきたり、餅をついて正月の準備をし、天井に年棚をつくって年神をま
つります。小正月には、その年の豊穣を願って粟穂稗穂、削り掛け、繭玉などをつくる予祝儀礼、粥など
で作柄を占う年占い、ドンド焼きなどの火祭りの行事が県内各地でみられます。
● 年神様
正月に祀る神で、歳徳神などともいわれる。毎年、年神様を迎える年棚をよい方角に向けて作る家もあ
へいそく
さんだわら
る。ご神体は、年神様の幣束を桟 俵 に挿すところが多い。
展
○
年神様
藤沢市遠藤
青木義春氏寄贈
展
○
門入道
小正月につくるモノツクリの一種。カツの木を削って人の顔を描いたものである。足柄上郡山北町あた
りでは、15日または16日に門入道を玄関口に魔除けや疫病除けとして立てる。
足柄上郡山北町玄倉
諸星近次郎氏寄贈
2015年1月
C 神奈川県立歴史博物館
○
民俗
3
け ず り か け
● 削り掛け
小正月につくるモノツクリの一種。削り花というところもある。ヌルデ・ニワトコなどの木を鈎形の小
刀を用いて削ってつくる。削り掛けは、地域によっていろいろな形があったが、紙の普及によって衰退し、
御幣がこれに代わったといわれる。
展
○ 削り掛け
秦野市今泉
綾部朋治氏寄贈
あわ ぼ ひえ ぼ
● 粟穂稗穂
小正月につくるモノツクリの一種。ヌルデ、ニワトコなどの軟らかい木を使ってつくる。粟、稗だけで
なく米、里芋などもつくった。粟穂稗穂は、年棚に供えたり、繭玉の木の枝に掛けたり、ニワの堆肥の上
に、竹で挿して立てるところもある。
展
○
粟穂稗穂
足柄上郡山北町中川
佐藤保氏寄贈
どうぐ
としとり
● 道具の年取(鍬神様)
道具の年取りと称して、一年間使った農具類を臼や供物とともに並べて祀る習俗がみられた。毎年、暮
れの31日に「鍬神様」と称して土間に餅搗き臼を置き、枝が五層に重なった五蓋松を立てる。松には注
ゆずり は
連縄、コノシロ(裏白)
、橙、 譲 葉板昆布を藁紐で結わえる。これには、「この城を代々譲り、喜ぶという
意味がある。
津久井郡藤野町佐野川(現相模原市緑区)
(複製)
盆
● 年中行事は、毎年決まった日に各家でくり返される伝統的な行事で、その多くは農耕生活と深い関係が
あります。とくに12ヶ月のなかで正月と盆の時期に行事が集中してみられます。
盆行事とは、家の中に盆棚(精霊棚)を臨時に設けて、先祖霊を迎え、再び送るまでの一連の行事です。
都市部では7月15日を中心に、それ以外の地域では8月13日から15,16日におこなわれています。
県下では、15日に仏が市に買い物に行かれるといい、おにぎりの弁当をつくって供えるところが多く
あります。また、ツジ・ツカなどとよばれる砂盛りの土壇を家の入口につくり、この場所で迎え火、送り
火をたきます。
展
○
ツジ(砂盛)
秦野市本町
展
○
砂盛
伊勢原市下平間 複製
パ
○
砂盛り
盆の13日になると屋敷の入口または屋敷前の道端に、3,40㎝四方で高さが2,30㎝ぐらいに土
砂などを盛り固めて、土壇を作る。その上に線香を立てたり、鼻などを挿した竹筒を立てたり、麦棹で階
段を作ったりしている。この土壇を、スナモリ、ツカ、ツジなどと称し、この傍らで迎え火、送り火を焚
いている、この習俗は、他県ではほとんど見られないが、わずかに静岡県にも見ることができる。
● 正月のオセチ
正月三が日の正式な食事。料理はなます、きんぴらごぼう、こんにゃく・れんこん・にんじんなどの煮
しめ、田作り、数の子(勝つように)
、煮豆(まめに働けるように)
、干し柿(何でもかきとるように)な
ど、願いを込めてちゃぶ台の上に並べられる。
相模原市上溝
複製
としがみさま
● 歳神様
歳神とは正月に祀る神をいい、歳神を祀る場所は常設の神棚を使う例や、特別に棚を設ける例がある。
また、注連縄や供え物など各地で特色があり地域性が見られる。
この歳神様は津久井郡津久井町鳥屋の A 家のものである。歳神の中央にはダイダイ、ユズリハ、コンブ
2015年1月
民俗 4
を付けたカマスを置き、歳神の札を立てる。このようにカマスを用いるのは「今年も沢山収穫できますよ
うに」との気持ちを表しているという。カマスを用いる地域は相模原市の北部から津久井郡一帯に見られ
る。
津久井郡津久井町鳥屋(現相模原市緑区)
複製
● 恵比須講の供物(複製)
1月あるいは11月20日(地域によっては10、12月の20日)を恵比須講の日といい、恵比須・
大黒を祀るのは県下全域でみられる民俗である。
また、1月を百姓の恵比須講、11月を商人の恵比須講と呼ぶ地域もある。普段は台所や茶の間に祀っ
てある恵比須・大黒の像を座敷に下ろし、赤飯・尾頭付き・蜜柑などのご馳走を供える。
本資料は、大磯町国府新宿の例で、赤飯・味噌汁・ネギのヌタ・ナマス・野菜の煮しめ・煮豆・金目鯛・
柿・蜜柑を供える。
C 神奈川県立歴史博物館
○
● お月見
十五夜・十三夜の月見は、ほとんどの地域で、旧暦8月15日、同9月13日に行われている。
十五夜では、カヤ15本、団子(饅頭)15個を供え、十三夜にはカヤ13本、団子(饅頭)13個を
供える程度の違いがみられる。
片月見を忌み、十五夜をしたら十三夜もする。また、子供たちが月に供えたものを貰って歩く。
● 盆棚
オショロダナとかオタナなどといわれ、座敷の一隅に古くは四斗樽を2個置いて、戸板を渡した。その
上にマコモ(真菰)のゴザ(茣蓙)を敷く、その四隅に竹を立て、縄を張り、里芋、稲穂、ホウズキ、落
花生などの収穫物を吊るす。タナの上には、仏壇から出した位牌を並べ、団子、うどんなどの供物ならべ
る。棚の下には無縁様の供物が置かれている。
●
雛人形-ひなまつり
女児のいる家では、数日前から雛人形を飾る。当日は、ご馳走として餅を焼いたり、白酒やあられ、煮
しめ、寿司などをこしらえたりして雛人形に供え、家族一同で食べる。初節句の時には、母親の実家や両
親の仲人親、親戚、隣組などで少しずつ祝いとして贈り、内裏雛は母の実家で祝う。この雛人形は大正期
まで使用しており内裏雛は、明治末期のものと思われる。昭和 30 年代ぐらいまでの農村では、月遅れの
四月三日にひな祭りが行われていた。
平塚市上吉沢
寄贈
パ
○
パ
○
昭和中期の家のようす
平成元年の家のようす
(家族と間取り)
(家族と間取り)
イロリは家族団欒の場で、イエの中心でした。その周りの各自が座る場所は、主人はヨ
コザ、主婦はカカザ、嫁や使用人はキジリ、客はキャクザというように厳重に決められて
いました。そして、息子夫婦に所帯を譲る時には、同時に席も譲る慣わしになっていました。
イロリの火は、煮炊き、暖房、照明として実用的に使用されてきた一方、イエの象徴としての役割があ
りました。いつまでもこの火が燃え続けることがイエの永続に繋がると考えられており、この火を清浄に
イロリ
2015年1月
民俗
C 神奈川県立歴史博物館
○
5
保つためにさまざまな禁忌(タブー)がありました。
展
○
展
○
展
○
展
○
日常食(山村の朝飯) 津久井郡藤野町佐野川 複製
日常食(山村の夕飯)
津久井郡藤野町佐野川 複製
柱時計、団扇さし
白鳥徳利、貧乏徳利、煙草盆
キャクザ
ヨコザ
カカザ
藁鉢、鍋、鍋敷き、釜、釜敷き、箱膳
キジリ
(流し)
蝿捕り器、鰹節削り、片口(大小各 1)、蕎麦上げ笊
擂鉢、岡持ち、ハヤフカシ、二斗笊、箸籠、煮込み掬い、九州笊、スブタ、杓文字、杓文字差し、
オタマ、千切り大根、目笊、俎、団子掬い
展
○
水瓶、蒸篭、ダイス、大釜、竈、カマヤの腰掛け、火消し壷、火吹き竹、鉄瓶、荒神の注連縄、臼
展
○
道具の年取(鍬神様)
道具の年取と称して、一年間使った農具類を臼や供物とともに並べて祀る習俗がみられた。毎年、暮の
31日に「鍬神様」と称して、土間に餅搗き臼を置き、枝が五層に重なった五蓋松を立てる。松には、注
連縄、コノシロ(裏白)、橙、譲葉、板昆布を藁紐で結わえる。これには「この城を代々譲り、喜ぶ」とい
う意味がある。
津久井郡藤野町佐野川(現相模原市緑区藤野町)
展
○
展
○
展
○
なりわいと儀礼
江戸時代から昭和30年代にかけての農業は、干ばつや風水害、虫害などの自然現象に大きく左右されて
いました。お百姓さんたちは、稲の生育などが神々の力で護られていると信じ、栽培過程の節目には稲の生
育や豊作を祈願したり感謝する、水口祝い・田植え祝い・虫送り・風祭り・収穫祝いなどの農耕儀礼を行っ
ていました。
展
○
展
○
岡持ち、野良弁当箱、茶樽
トージン、股引、腕貫、脚絆、野良着(女物)
鍬は使用する地域の地形や土質の違いによって、柄の角度や長さが異なってお
り、そのことは江戸時代の『農具便利論』にも「鍬は国ぐにをして三里をへだて
ずして違う」と述べられています。それは、何代にもわたってそれぞれの土地に適した使いやすい形状を
つくってきたからです。このように、鍬をはじめとする伝統的な農具の多くは、地域ごとに特色がありま
した。しかし、昭和初期ころから多くの農具は、規格化された大量生産によって、全国的に画一化されて
きました。こうした中で、鍬は現在でも地域性のみられる農具の一つです。
展
○
マンノウグワ 秦野市今泉
展
○
マンノウグワ 川崎市麻生区
展
○
アラク用ヘラグワ
展
○
キグワ
展
○
フログワ
展
○ ヘラグワ
農具の地域性
2015年1月
民俗 6
犂は牛馬に引かせて田畑を耕す代表的な農具です。わが国の犂耕は九州・近畿地方
畜力と農耕
が先進地ですが、県下で導入されるようになったのは、それほど古いことではなく、
早い地域で明治末期です。
当時は地域独自の犂を使用していましたが、昭和初期ころからしだいに長野県の松山犂、熊本県の日の本
犂、三重県の高北犂などの大手メーカーの犂が普及してきました。同時に馬から牛に代えた地域も多くな
りました。遅い地域でも、このころ犂耕を導入し始めています。
C 神奈川県立歴史博物館
○
展
○
展
○
展
○
展
○
オンガン
三浦市下浦毘沙門 鈴木正誠氏寄贈
馬鍬(マンノウ)まぐわ
津久井郡津久井町
大足、シロナラシ、除草機、苗取り用の腰掛け、扇風機、カナゴキ、足踏脱穀機、唐箕、箕(スズミ)
ヒョウグチ、斗棒、一斗桝
ノコギリガマ、草刈り鎌(ウナギガマ)
、草刈り鎌(ミカヅキガマ)
、ウチワ、エブリ、クルリボー
稲の生育期に日照りが続いたとき、雨が降るのを祈る呪術的行事を雨乞いといいます。
その方法には、①降雨に効験あらたかな神社の水をいただいてくる、②山頂で火をたく、
③歌や踊りを行う、④水神のすむ聖地を汚して神を怒らせ、雨を降らせようとする、⑤神社にこもり降雨
を祈る、などが全国に分布しています。県内では①の型が多く伝承されており、箱根神社・伊勢原市大山
の阿夫利神社・南足柄市の道了尊・秦野市蓑毛の大日堂などの水をいただく例が多くみられます。とくに
大山は雨降山とも呼ばれ、雨乞いの対象の山として古くから信仰されてきました。
雨乞い
●
田植え祝い
田植えを無事に終了した時、苗三把を荒神様に供える習俗が県下の稲作地帯に見られる。これを三把苗
あるいは荒神苗という。
展
○
三把苗
平塚市入野
複製
● 筒粥
葦の筒の中に入った粥の量でその年の農作物の出来不出来を占う神事。熊野神社で占う事柄は農作物の
他、天候、世の中など27項目である。
● 五穀豊穣祈願
川崎市多摩区中野島地区
田植えの際の水口祝いのために嵐除け、虫除けの護符を立てる。県内各地では大山や御岳山(東京都)
の護符を用いるが、川崎、横浜市域では榛名神社(群馬県)より護符をもらい受ける所がある。
稲に害をもたらす虫をムラから追い払う呪術的儀礼で、雨乞いと同様、重要な共同祈願
でした。その方法としては、多くの場合、藁人形を作り、鉦や太鼓を鳴らしてムラ境まで
送っていきます。
大磯町高麗では、杉の葉で駕籠を作り、中に御幣を立て、それを子どもたちがかついでムラの田をめぐ
り、ムラ境の橋の上から駕籠を川に投げ捨てました。また、伊勢原市日向では、人びとは神前で蝗祓いを
したあと、夜に入ってから松明をつけ、馬に藁人形を乗せて神の旗を立て、法螺貝を吹き、鉦や太鼓を鳴
らしながら、遠くの山に虫送りをしたといいます。
虫送り
カミ頼みは、いつの世も
人びとは毎日無事に暮らせるように、昔からいろいろな神仏をまつってきました。現在でも県内各地に
2015年1月
民俗 7
道祖神・庚申塔などの路傍の石造物がみられ、また、寺社に奉納された小絵馬、娯楽的要素が強くなった
稲荷講、ビルの谷間を渡御する神輿などからも、そのようすを知ることができます。祈願内容は、豊作・
村内安全・厄よけ・商売繁盛・安産・病気平癒など、現在もあまり変わっていません。現在は社会現象を
反映してか、とくに交通安全・受験合格・無病息災などの祈願が多くなっています。
● 道祖神
サイノカミ(塞の神)ともいわれ、村境や道の辻などに祀られ、その境界を守護すると同時に外部から
侵入する邪霊悪鬼を防ぐ神として古くから信仰されてきた。また、正月15日に正月の門松などを、道祖
神の前に集めて燃やす小正月の火祭りなどと習合して、複雑な様相を呈している。道祖神のご神体はその
形態から(1)文字碑型、(2)単体像型、(3)双体像型、(4)僧形坐像型、(5)丸石・五輪石・陰陽
石型の五タイプに分類できる。
展
○ 道祖神(単体像型)
この像の右側面に「宝永五戊子天」
(1708)
、左側面に「五月吉日」の銘文がある。
綾瀬市寺尾西
複製
展
○
道祖神(双体像型)
高倉というムラ(集落)の入口に祀られていた。天保元年(1830)に再建したと碑銘に記されている。
藤沢市高倉
展
○
道祖神(僧形坐像型)
この道祖神像は、県西部から伊豆半島にかけてみられる僧形・丸彫りの単身坐像である。子どもの神
様であるともいわれている。
足柄下郡真鶴町
複製
展
○
歯痛の神
ここでは、無縁仏になった如意輪観音の墓石を歯痛の神として祈願していた。
秦野市今泉
安本利正氏寄贈
展
○
庚申塔
閻魔像を主尊とした安山岩製の庚申供養塔で、背面に「元禄十丁丑年 同行/奉納庚申供養塔/十月
廿四日 八人」(1697)という銘文が刻まれている。
横浜市港北区新吉田町
● 道祖神祭
県下の道祖神祭は、正月の門松や注連飾り・古い御札などを道の辻、海岸、神社の境内などに集め、正
月14日か15日に燃やす火祭り行事で、セエト焼き、ドンド焼きなどといわれます。三浦半島ではオン
ベ焼きといい7日におこないます。また、道祖神の前や石碑(ご神体)を覆うように小屋を作ることがあ
り、子どもたちは、この中で数日間遊んだりしました。県西部では悪魔祓いといって、この日、子どもた
ちが面を被り、各家を回り、物乞いをします。
パ
○
道祖神祭
茅ヶ崎市柳島(1976)
C 神奈川県立歴史博物館
○
●
小絵馬
絵馬には、大絵馬と小絵馬があり、小絵馬はとくに庶民の素朴な祈願の内容が絵で表示されている。絵
柄によって祈願の内容(信仰対象)をうかがえる。例えば、馬の図は馬の安全、黒馬になると雨乞い、白
馬は照乞い、地蔵の図は子どもの安泰、柘榴の図は安産、夫婦和合、乳しぼりの図は乳の授かり、向かい
「め」の図は眼の治癒などの祈願を表徴している。
● 御札・御守
関東地方
御札は、神社や寺院で配布する護符で、神棚・仏壇に納めたり、門・戸口・柱などに貼る。また、これ
には、神仏名を書くもの、護摩などを行ったことを示すもの、火防・盗難除けなどの祈願目的を明らかに
したものなどがある。
御守は、守護あるいは厄除けの護符で、身代わり守護的なものもあるが、身体に携帯可能なものをいう。
その目的には、家内安全・商売繁盛・交通安全・火防・虫除けなど、身代わり守護的なものもある。
2015年1月
民俗 8
オミヒメサマ
三浦市三戸の谷戸上地区のヤト組とカミ組にそれぞれ祀られているサイトッコ(正月に道祖神の祭りを
する子どもたち)のご神体(木像)
。1月7日のオンベ焼きと8月16日のお精霊流し(県指定無形民俗文
化財)の日に、タイショウ(年長者)が神棚から下ろし、着物を脱がせ風呂に入れて浄めます。1月には
新しい着物を着せ、次のヤド(当番の家)へ新しい幣束とともに送ります。子どもたちは集会所で、子ど
もだけの直会をします。
パ
○
オミヒメサマ
三浦市初声町三戸 (カミ地区) (1994)
展
○
オミヒメサマ
三浦市初声町三戸 (ヤト地区)
● 祇園舟(横浜市指定無形民俗文化財)
横浜市金沢区富岡八幡宮で毎年7月15日に近い日曜日に行われている厄神・疫病追放の神事。茅で舟
を作り、舳に1本の大きな幣を、舷の周囲に12本の小さな幣を立てます。この舟を祇園舟といい、中に
は麦粉で作った団子と麦を醸した御神酒を供えます。当日の朝、漁師がこの舟を浜辺の石座に安置した後、
神官が3回周囲を回り、麦で作った酒を注ぎ、これを神船に移し、沖合いで放棄して、船は後ろを見ずに
陸に戻ります。
パ
○
祇園舟
展
○
祇園舟
横浜市金沢区富岡 富岡八幡宮蔵
複製
● お馬流し(神奈川県指定無形民俗文化財)
横浜市中区本牧神社で毎年8月の第1または第2日曜日に行われます。社伝によれば、永禄9年(15
66)に始まる夏季の厄神放流の神事です。お馬とは茅で作り、首は馬、胴体は亀の形をした作り物。大
豆と小麦をふかして黄粉をまぶした神饌と御神酒を添えます。馬は旧本牧の6ヶ村から奉納された6体で、
製作者は代々旧社人の羽鳥家。当日、この馬を頭上から頭上へ渡しながら、100メートル程の距離を1
時間以上かけて歩き、神船にのせて海へ流します。
パ
○
お馬流し
(1983)
展
○
お馬流しのウマ
横浜市中区本牧 本牧神社
複製
● 稲荷講
稲荷を信仰して結成された集団。県内には稲荷信仰が広く分布しています。県内の稲荷には、屋敷神と
しての稲荷と、ムラの氏神としての稲荷がみられます。2月の初午になると、県内の各地で「稲荷講」が
みられます。回り番のヤドに集まり、床の間に掛軸を掛け、御神酒・小豆飯・煮〆などで共同飲食をしま
す。稲荷様には「正一位稲荷大明神」の幟を立てて、ワラヅトに小豆飯を入れ、その上に油揚げを載せて、
御神酒、魚などとともに供えます。
パ
○
稲荷講
海老名市上郷大藪稲荷
1989
展
○ 稲荷講掛軸
中郡二宮町小西
小島 高氏寄贈
展
○
稲荷講の膳
三浦市下浦町
複製
展
○
ワラヅト(稲荷様の供物)
海老名市上郷
複製
パ
○
かながわの信仰
C 神奈川県立歴史博物館
○
●
世代を超え、受け継がれる技術
―伝統工芸と伝統芸能―
親方から弟子へ、村の長老から若者へと繰り返し伝えられてきた
伝統的な技術。今も脈々と生き続けています。
2015年1月
民俗
C 神奈川県立歴史博物館
○
9
鎌倉彫の歴史は古く、中世にまでさかのぼるとされています。鎌倉彫は木地に文様を彫
鎌倉彫
った上に漆を塗って仕上げる伝統工芸です。漆塗りの技法には、乾口塗り、朱蒔き塗り、
堆金塗り、堆烏(ついう)塗り、色絵塗りなどがありますが、乾口塗りが一般的です。いずれも漆塗りの
工程は、木地調整、下地、下塗り、上塗り、研ぎなどが繰り返しおこなわれ、塗り重ねや塗膜研磨を含め
ると15~20工程に及ぶものもあります。製品には、盆、菓子器、茶托、硯箱、香合、手鏡などの実用
品をはじめ、帯留め、ブローチ、ループタイといった装身具などがあり多彩です。
展
○
鎌倉彫盆、鎌倉彫硯箱、鎌倉彫手鏡、鎌倉彫帯留、鎌倉彫ブローチ
●
鎌倉彫制作工程(乾口塗り)
鎌倉彫は大きく分けて三つの技術に分かれる。木地を製造する技術、その木地に彫刻によって文様を施
す技術、漆を塗る技術である。漆塗りには、乾口塗り、朱蒔、堆金、堆烏などが伝えられているが、「乾口
塗り」が一般的な塗りである。
展
○
絵付け、彫り、掻込み、刻苧掻い、刻苧切り、木地固め、下地付け、下地研ぎ、庇見錆、中塗り、
中塗り研ぎ、上塗り、乾口取り、乾口研き、摺り漆、研ぎ(完成品)
江戸時代から明治時代にかけて、県内には 15 座ほどで人形芝居が行なわれていた
相模人形芝居
が、現在では僅かに5座が公演を続けている。相模人形芝居は、一体の人形を三人
の遣い手が操作するもので、いわゆる「三人遣い」である。また、「鉄砲ざし」と呼ばれる操作法は、淡路
系の流れを受け継いでいるといわれている。展示は「本朝廿四孝」の中の勝頼と八重垣姫である。
協力
相模人形芝居五座連合会
「林
座」(厚木市林)
重要無形民俗文化財
「長谷座」(厚木市長谷)
重要無形民俗文化財
「下中座」(小田原市小竹)重要無形民俗文化財
「前鳥座」(平塚市四之宮)県指定無形民俗文化財
「足柄座」(南足柄市斑目)県指定無形民俗文化財
小田原漆器と箱根細工
小田原・箱根地方に伝わる工芸品には小田原漆器と、いわゆる箱根細工と
呼ばれる寄木・組子・木象嵌・組子細工などがあります。
小田原漆器は、ロクロ挽きされた椀や盆などの木地の素材を生かすように漆を塗る技法に特徴があり、現
在ではサラダボールなどもつくられています。その起源は、室町時代の中期とされ、箱根細工の中の組子細
工や豆茶器玩具などの木地製品に影響を与えています。これらは江戸時代に東海道を行き交う人びとや、箱
根への湯治客のみやげ物として広く知れわたりました。
なお、木象嵌と組子細工は明治時代中期ころに考案された技法です。
●
組子細工三十六卵
組子細工は、二つに割ると次から次へと同じ形をしたものが出てくる挽物細工である。この三十六卵は、
江戸時代に土産物として売られていた十二卵に由来する。現在、この技法は七福神や達磨などの玩具に見
ることが出来る。
展
○
箱根細工
組子細工七福神、組子細工達磨、組子細工玩具、豆茶器細工茶櫃、豆茶器細工盆茶器、豆茶器細工火鉢、
2015年1月
民俗
C 神奈川県立歴史博物館
○
10
豆茶器細工茶棚、象嵌細工簾ペン入れ、寄木細工秘密箱
展
○
小田原漆器
小田原漆器サラダボール、小田原漆器茶盆、小田原漆器仁取盆
大山独楽
江戸時代の『新編相模国風土記稿』には、すでに大山の木地屋が活躍していたことが
記されています。郷土玩具としてよく知られている「大山の独楽」は、近世の大山信
仰と結びついて発展してきたといわれています。関東各地から訪れる「大山詣で」の人びとが、五穀豊穣・
商売繁盛などの縁起物として買い求めました。それは「独楽の回りと金運がついて回る」といわれ、人び
との夢を誘いました。
しかし、大正から昭和初期には 30 軒以上もあった木地屋は、後継者難のため現在ではわずか数軒にな
りました。
展
○
大山挽物玩具剣玉、大山挽物玩具弥次郎兵衛、大山挽物玩具独楽、大山挽物玩具鉄砲、
大山挽物玩具達磨落し、大山挽物玩具臼と杵
○
視聴覚モニター
テーマ:
「神奈川の祭りと伝統工芸」
神奈川の祭り
-
国指定・県指定篇
1
厚木大神楽
8
茅ヶ崎海岸浜降祭
2
大磯町の左義長
9
三増の獅子舞
3
チャキラコ
10
貴船神社船祭
4
世附の百万遍念仏
11
大磯の七夕祭
5
湯立獅子舞(仙石原)
12
鳥屋の獅子舞
6
国府祭
13
寺山神社の鹿島踊り
7
湯立獅子舞(宮城野)
15
お馬流し
14 吉浜の鹿島踊り
22 菊名の飴屋踊り
16
三戸のお精霊流し
23
足柄のささら踊り
17
下九沢の獅子舞
24
相模人形芝居
18
大島の獅子舞
25
小田原囃
19
大山阿夫利神社の倭舞及び巫女舞
26
山北のお峯入り
20
御霊神社の面掛行列
27
虎踊り
21
善部妙蓮寺の曲題目
神奈川の伝統工芸
28
鎌倉彫
29
箱根細工(寄木)
30
箱根細工(挽物玩具)
31
小田原漆器
32
大山こま
*
内は以前の展示
2015年1月
テーマ3
近世
<*1> 県内九宿に関係する浮世絵を順次展示
現在展示中 平成27年7月31日~
● 大磯
「東海道五十三次之内」と「東海道之内」に描かれた波に千鳥の文様の着物を着た女性は、父の仇を討
つ兄弟の物語「曾我物語」の兄の十郎の恋人で大磯にいた虎御前。大磯を題材とする浮世絵に繰り返し描
かれた。また「東海道五十三次之内」には西行の和歌にちなんで建てられた俳諧道場鴫立庵のものらしい
石碑がみられる。
「東海道 九」は海に沿った街道の往来を描く。
展
○
東海道五十三次之内
大磯之図
歌川豊国(三代) 天保年間(1830~44)
展
○
東海道
九
東海道之内
箱根七湯之内
嘉永2、3年(1849、50)
丸屋清次郎版
丹波コレクション
佐野屋喜兵衛版
丹波コレクション
大磯
歌川豊国(三代)
展
○
丹波コレクション
五十三次之内 大磯
歌川広重(初代)
展
○
佐野屋喜兵衛版
文久3年(1863)
塔ノ澤
本図は箱根七湯(湯本・塔ノ澤・堂ヶ島・宮ノ下・底倉・木賀・芦ノ湯)と呼ばれる温泉のうち、塔ノ
澤に当時の小説『偐紫田舎源氏』の主人公足利光氏(モデルは光源氏)が遊びにきたという場面。
江戸時代
●
元治元年(1864)
豊原国周
辻岡屋文助
丹波コレクション
平塚
平塚宿の浮世絵にはなだらかなかたちの高麗山(大磯町 海抜 165 ㍍)が描かれることが多い。
「東海
道五十三次之内」は背景に初代広重の代表作「保永堂版東海道」を引用している。南湖(茅ヶ崎市)は藤
沢-平塚間にあった立場で東海道の道中で二ケ所だけの進行方向左側に富士山が見える「左富士」の場所と
して知られていたが、
「東海道名所之内」では江戸方向に視線を向けている。
展
○
展
○
東海道五十三次之内
平塚図
歌川豊国(三代)
天保年間(1830~44)
東海道
八
五十三次
歌川広重(初代)
展
○
丹波コレクション
平塚
弘化4~嘉永5年(1847~52)
丸屋清次郎版
丹波コレクション
東海道名所之内 南湖
河鍋暁斎
展
○
佐野屋喜兵衛版
文久3年(1863)
伊勢屋兼吉版
丹波コレクション
相州江之島弁才天参詣道中記三枚続
川崎宿手前の六郷の渡し(多摩川)から藤沢宿、江の島までを東海道にそって見渡す。舟に乗るのは歌
舞伎役者たちで三代目坂東三津五郎、七代目市川団十郎、五代目瀬川菊之丞らが似顔絵で描かれる。
江戸時代 文政年間(1818~30)
歌川広重(初代)
岩戸屋喜三郎版
丹波コレクション
展
○
藤沢宿
藤沢宿を描く浮世絵には正中2年(1325)創建と伝えられる時宗の総本山遊行寺と江の島道にある江の
島弁財天の一の鳥居を描いたものが多い。「藤沢」は女性の姿、風景ともに「東海道五十三次之内」よく
似た表現で、参考にして描かれたものと思われる。「東海道 七」は他の2図と鳥居や橋の角度を変えてと
らえ、宿場町の賑わいを伝える。
展
○
東海道五十三次之内
展
○
東海道
七
五十三次
歌川広重(初代)
展
○
藤沢図
藤沢
弘化4~嘉永5年(1847~52)
丸屋清次郎版
丹波コレクション
有田屋清右衛門版
丹波コレクション
藤沢
歌川芳晴
展
○
弘化年間(1844~47)
仮名手本忠臣蔵 八段目
殿中で刃傷沙汰を起こした塩冶判官(浅野長矩)を取り押さえた加古川本蔵の娘小浪は事件後、疎遠に
なった許嫁、大星由良之助(大石義雄)の息子力弥(主税)に会いに旅する。その途中の芦ノ湖周辺を描
く。
江戸時代
天保年間(1830~44)
歌川豊国(三代)
森屋治兵衛版
丹波コレクション
● 戸塚宿
保土ヶ谷から戸塚にかけては品濃坂ほかの坂道が有名で、浮世絵には松並木の坂道から富士山を遠くに
のぞむ情景が描かれることが多い。富士山に近づいていくことは、旅の大きな楽しみであったろう。天保
4年(1833)初演の舞踊「道行旅路花聟」(みちゆきたびじのはなむこ)は、戸塚が舞台。鎌倉から逃げ、
戸塚で休息をとるお軽勘平の姿が戸塚宿の浮世絵に描かれるようになる。お軽は当時既に故人の初代坂東
しうか(1813-55)、勘平は二代目中村福助(1839-67)。
展
○
展
○
東海道五十三次之内
戸塚図
歌川豊国(三代)
天保年間(1830~44)
東海道六 五十三次
戸塚
歌川広重(初代)
展
○
東海道五十三駅 名画之書分
歌川豊国(三代)
展
○
丹波コレクション
丸屋清次郎版
丹波コレクション
太田屋多吉版
丹波コレクション
嘉永2~5年(1849~52)
佐野屋喜兵衛版
戸塚
元治元年(1864)
東海道箱根山中図
芦ノ湖畔に今も残る芦川の石仏・石塔群を見ながら大名行列は進む。本図も文久3年(1863)に行われた
将軍家茂の上洛、というできごとを絵画化したものである。右奥には箱根神社が見える。
江戸時代
文久3年(1863)
五雲亭貞秀
山口屋藤兵衛版
丹波コレクション
● 保土ケ谷(程ヶ谷)
「東海道五十三次之内 保土ヶ谷図」は歌川広重の通称保永堂版東海道に描かれた宿場入り口にあっ
た新町橋(帷子橋)の図を背景に写している。「東海道 五」は宿駅を過ぎた権太坂の峠にあった境木
の立場を描く。武蔵国と相模国の国境にあたり、茶屋の牡丹餅が有名であった。「東海道 程ヶ谷」は
宿駅についた大名行列を描く。
展
○
東海道五十三次之内
歌川豊国(三代)
展
○
東海道
五
東海道
佐野屋喜兵衛版
丹波コレクション
嘉永年間(1848~54)
林屋庄五郎版
丹波コレクション
文久3年(1863)
上州屋版
丹波コレクション
程ヶ谷
芳艶
展
○
天保年間(1830~44)中期
五十三次之内 程ヶ谷
歌川広重(初代)
展
○
保土ヶ谷図
東海道程ヶ谷之風景
版の多い保土ヶ谷から戸塚の風景を描く、長く連なる大名行列は、この年に行われた十四代将軍徳川家
茂の上洛を暗示する。左側に「あと倶はまだ神奈川のかすみかな」と語月堂山楽の句が記される。
芳形
文久3年(1863)
鍵屋庄兵衛版
丹波コレクション
● 神奈川の“台”
横浜市神奈川区台町周辺。現在は埋め立てられて海までは距離があるが、かつては海に面しており、近
くは本牧、遠くは房総半島まで見える眺望の素晴らしさで有名で、画中でも旅人たちが立ち寄る茶屋が軒
を並べている。
「東海道
見える。
「東海道
神奈川」
「金川ヨリ横浜遠見の図」は開港後の作品らしく、横浜方面に蒸気船が
神奈川」に描かれた大名行列は文久3年(1863)の十四代将軍家茂の上洛をあらわ
している。
展
○
東海道五十三次之内
神奈川之図
歌川豊国(三代)
展
○
東海道
四
東海道
嘉永2~5年(1849~52)
丸屋清次郎版
丹波コレクション
文久3年(1863)
佐野屋富五郎版
丹波コレクション
万延元年(1860)
佐野屋富五郎版
丹波コレクション
加奈川
金川ヨリ横浜遠見の図
歌川芳虎
●
丹波コレクション
神奈川
歌川芳虎
展
○
佐野屋喜兵衛版
五十三次
歌川広重(初代)
展
○
天保年間(1830~44)中期
川
崎
街道の旅では川ごとのわたり方が決まっていて、川崎宿手前の多摩川は船で渡った。
「東海道
三次
三
五十
川崎」「東海道中栗毛弥次馬」はその様子を描く。「栗毛弥次馬」-弥二は川で手ぬぐいを流したつ
もりが、実際は朝締め忘れたふんどしであったという物語。川崎大師を描く「江戸名所図会」には、
「川崎
平間村平間寺の弘法大師は厄難消除の霊像にして利益を蒙る者多く月毎の廿一には参詣夥しく門前の料理
屋軒を並べて繁昌せり」となる。「東海道五十三次之内」は海沿いの松並木の街道を描き、「見立役者五十
三対」は父の仇を討つ、曽我兄弟の兄、十郎の恋人で大磯にいた虎御前の姿を初代岩井紫若(1804~45)
の似顔絵で描く。
「東海名所改正道中記」の鴫立沢は歌人の西行が「心なき身にもあはれは知られけり鴫立
沢の秋の夕暮れ」という和歌を詠んだ場所で、それにちなんで鴫立庵が建てられ、のちに俳諧道場となっ
た。
展
○
東海道
三
五十三次
歌川広重(初代)
展
○
東海道中栗毛弥次馬
落合芳幾
展
○
江戸名所図会
歌川広重(二代)
展
○
六郷の渡し
弘化 4~嘉永 5(1847~52)
丸屋清次郎版
丹波コレクション
川崎
万延元年(1860)
品川屋班
丹波コレクション
川崎平間寺
文久 3 年(1863)
藤岡屋慶次郎班
丹波コレクション
文久 3 年(1863)
菊屋市兵衛班
丹波コレクション
東海道神奈川横浜風景
歌川国輝(二代)
*
川崎
内は以前の展示
テーマ3
近世
◎現在展示中
展
○
<*2>
県内の名所に関係する浮世絵を順次展示
平成27年7月30日~
金太郎尽 関羽見立
金太郎が手にしている「むかし昔」という題名の冊子は中国の歴史小説「三国志」であるのか、
「三国志」
の英雄関羽になったつもりですましたポーズの金太郎が鬼たちを従えている。
江戸時代 天保(1830~44)
展
○
歌川国芳
辻岡屋文助版
丹波コレクション
良弁滝
大山信仰は天平勝宝7年(755)に良弁が大山寺を開山したことにはじまるという。江戸時代、庶民の信
仰を集めた大山へは江戸をはじめ各地から講を組織した参詣者が訪れた。
江戸時代 天保7年(1836)
展
○
五雲亭貞秀
伊場屋久兵衛版
丹波コレクション
源氏之君江之島遊覧之図
江島弁財天への参詣は大山詣とセットで楽しまれた。本図は「箱根七湯之内 塔ノ澤」と同様に当時の合
巻(小説)
『偐紫田舎源氏』で人気があった足利光氏が江の島を訪れる様子を描いている。
江戸時代 文久3年(1863)
展
○
六十余州名所図会
嘉永2~3年(1849~50)
相模
丹波コレクション
海老屋林之助版
丹波コレクション
江之嶋岩屋ノ口
歌川広重(初代) 嘉永6年(1853)
展
○
木屋宗次郎版
金太郎尽 五月
歌川芳艶
展
○
豊原国周
越村屋平助版
丹波コレクション
箱根七湯一覧
湯本を中心に塔ノ沢・堂ヶ島・宮ノ下底倉・木賀(以上、画面右)芦ノ湯(中央上)の箱根七湯と呼ば
れる温泉や箱根権現・芦ノ湖(富士山の下)や早雲寺(画面左)など名所が紹介される。
江戸時代
展
○
文久元年(1861)
歌川広重(二代)
丸屋鉄次郎版
丹波コレクション
箱根七湯巡 宮ノ下
箱根七湯と呼ばれた7つの温泉場(湯本・塔之沢・堂ヶ島・宮ノ下・底倉・木賀・芦ノ湯)と湯治客。
本来は骨に貼って、団扇となるべき浮世絵。
江戸時代
展
○
安政6年(1859)ころか 歌川広重(二代)か
丹波コレクション
金太郎尽 三月
歌川芳艶
展
○
遠州屋又兵衛版
嘉永2~3年(1849~50)
海老屋林之助版
丹波コレクション
相州江之島
幕末、小説『偐紫田舎源氏』が人気を博したことにより、その主人公足利光氏(モデルは光源氏)が各
地の名所を訪れるという浮世絵もつくられた。本図もその一つと思われる。
江戸時代
文久元年(1861)歌川広重(二代)・歌川豊国(三代)森屋治兵衛版
丹波コレクション
展
○
光君名所合
杉田の梅
杉田(横浜市磯子区)は江戸から明治にかけて、妙法寺を中心とした梅林に観光客が訪れた。本図は当
時の小説『偐紫田舎源氏』(にせむらさきいなかげんじ)の主人公足利光氏(モデルは光源氏)が杉田を
訪れる様子を描いた団扇絵。
江戸時代
展
○
慶応2年(1866) 歌川広重(三代)
金太郎尽 正月
遠州屋又兵衛版
丹波コレクション
豆撒き
足柄山中で母山姥のもと成長する金太郎。金太郎の日常生活も浮世絵に描かれた。現在、節分は2月の
行事であるが、かつては小正月に行われることも多く、正月の行事としてあげられている。
江戸時代
展
○
嘉永2~3年(1849~50)
相州江之島詣之図
海老屋林之助版
丹波コレクション
鎌倉七里ヶ浜風景
歌川広重(二代)
展
○
歌川芳艶
嘉永6年(1853)
村田屋市五郎版
丹波コレクション
鎌倉七里ケ浜より江の島遠見ノ図
天保年間(1830~44)
五雲亭貞虎
江崎屋辰蔵版
丹波コレクション
展
○
のじませきしょうのず
野嶋夕照之図
金沢八景のひとつを描いたうちわ絵。ほかの7景は「平潟落雁」
「小泉夜雨」
「瀬戸秋月」
「内川暮雪」
「野
島夕照」
「乙艫帰帆」
「洲崎晴嵐」「称名晩鐘」
。
江戸時代 天保年間(1830~44) 五雲亭貞秀
小島屋重兵衛版
丹波コレクション
展
東海道 箱根畑
○
あい の しゅく
みょうが
小田原宿と箱根峠の間にある畑宿村は間の 宿 があり賑わっていたという。茗荷屋は実在した茶屋で名主
が経営していた。本図にも旅の途中で休憩をとる人々の姿が描かれる。
江戸時代 文久3年(1863)
芳虎
大国屋金之助・金次郎版
丹波コレクション
展
○
江の島遠景
歌川豊国(三代)
展
○
弘化年間(1844~47)
山口屋藤兵衛版
丹波コレクション
天保年間(1830~44)
小島屋重兵衛版
丹波コレクション
乙艫の帰帆之図
五雲亭貞秀
展
○
東海道五拾三駅名画之書分 箱根
三嶋
三代豊国と暁斎が風景と歌舞伎役者で競演する。上部は暁斎が描く三嶋大社。下は三代豊国が箱根が舞
台となる芝居『箱根霊験躄仇討』の登場人物、奴筆助を四代目中村芝翫(1830~99)の似顔を描く。
江戸時代
展
○
元治元年(1864) 歌川豊国(三代)
安政 5 年(1858)
安政元年(1854)
伊勢屋惣右衛門版
丹波コレクション
伊勢屋惣右衛門版
丹波コレクション
版元未詳
丹波コレクション
丸木橋から熊を落とす金太郎
五雲亭貞秀
展
○
丹波コレクション
富嶽勝景 七里ヶ浜より見る
歌川豊国(三代)
展
○
太田屋多吉版
諸国港尽 相模浦賀
歌川広重(初代)歌川豊国(三代)
展
○
河鍋暁斎
富士三十六景之内
天保年間(1830~44)
六郷初春の不二
川崎宿手前にある多摩川六郷の渡しを描く(宿場コーナー参照)
。本図は 25 年度に柄の周囲を縁取って
いた茶色い紙と虫食い穴を裏打ちしていた色味の異なる紙を除去する修繕を行った。
(写真は修復前)
。
江戸時代
歌川広重(初代)
嘉永 2~5 年(1849~52)
伊場屋仙三郎版
丹波コレクション
*未使用
*
内は以前の展示
テーマ3
近世
<*3>タイムリーなテーマを設定して浮世絵を展示
現在展示中 H27年8月29日~
没後100年
清親の風景
今年2015年は浮世絵史の掉尾を飾る絵師小林清親(1847~1915)の没後100年にあたり
ます。清親の画業の中では、光や影を意識した「東京名所図」と呼ばれる作品群や「武蔵百景之内」など
風景を描いたものが親しまれています。江戸時代の名所絵と同様の視点を持ちながら、水彩画や写真と同
時代にあった清親作品は新しい時代の到来を伝えます。浮世絵名所絵の最後の輝きともいえる清親の新し
い風景表現をお楽しみください。
展
○
東京銀座街日報社
銀座煉瓦街は明治5年(1872)の大火を契機に、イギリス人ウォートルスの設計により明治10年に
竣工した。中央に「東京日日新聞」とある建物は、その発行所である日報社の社屋。
明治9年(1876)
展
○
小林清親
松木平吉版
丹波コレクション
梅若神社
人買いにだまされ隅田川まで連れてこられて死んだ梅若丸の伝説ゆかりの木母寺は明治の廃仏毀釈によ
り一時、梅若神社となっていた。浮世絵の名所絵で白抜きの雨の表現は珍しい。
明治 12 年頃(1879)
展
○
小林清親
福田熊次郎版
丹波コレクション
今戸夏月
明治9年(1876)から14年にかけて松木平吉、福田熊次郎から出版された清親の東京名所絵を「東
京名所図」と呼ぶ。従来の浮世絵にはない光の表現から「光線画」と呼ばれ、清親の代表作とするが「光線
画」の言葉の出所は未だ不明である。
明治14年(1881)
展
○
福田熊次郎版
丹波コレクション
小林清親
福田熊次郎版
丹波コレクション
上野東照宮の夜
明治14年(1881)
展
○
小林清親
向島桜
「東京名所図」の時代、英字新聞の挿絵やお土産品として東京の名所を写した写真があった。清親がそ
れらを見たかはわからないが、構図の似ている写真もある。写真、石版画などの出版物が登場し、浮世絵
に取ってかわっていく。
明治14年(1881)
展
○
小林清親
福田熊次郎版
丹波コレクション
川口鍋釜製造図(埼玉県川口市)
川口は古くから農業のあいまに行う鋳物業がさかんであった。江戸の地誌『江戸名所図会』(1834,
36刊、
「相武の産物と江戸」コーナーに展示)にも本図と似ている「鍋匠」の様子が紹介されている。
明治12年(1879)
展
○
武蔵百景之内
小林清親
福田熊次郎版
丹波コレクション
浅草寺本堂
「武蔵百景」は100枚揃いを目指したようであるが、現在、明治17~18年に出版された34図が
確認される。初代広重晩年の「名所江戸百景」の竪型画面や近くにあるものを大きく強調して描く構図を
踏襲している。
明治17年(1884)
小林清親
小林鉄次郎版
丹波コレクション
展
○
常盤橋内紙幣寮之図
国立印刷局の前身、大蔵省紙幣寮の印刷工場。煉瓦造りの2階建てで、明治9年(1876)に竣工した。
文明開化をあらわす建築物として錦絵にも描かれたが、関東大震災(1923年)で焼失した。
明治12年(1879)
展
○
小林清親
福田熊次郎版
丹波コレクション
箱根山峠甘酒屋(箱根町)
「春の日
午後六時」とある。東海道の小田原箱根間、畑宿村を過ぎたところに江戸時代からあった甘
酒茶屋を描く。
「東京名所図」にも見られる輪郭線でかたどらない山の表現は風景を自然に見せる。
明治12年(1879)
展
○
小林清親
福田熊次郎版
丹波コレクション
箱根神社雪(箱根町)
芦ノ湖畔の箱根神社の鳥居を描く。
「東京名所図」は光を意識した表現ではあるが、摺によって空の色が
変わることがあり、清親の意図がつかみづらい。箱根連作には描いた季節と時刻が記されており、清親の
描きたかった風景がより明確になる。
明治13年頃(1880)
展
○
小林清親
福田熊次郎版
丹波コレクション
瀧の川の図(東京都北区)
東京都北区。王子稲荷に近い石神井川沿岸の金剛寺は紅葉の名所として知られていた。
「清親放痴」は東
京の名所を滑稽に描くシリーズ。大柄な女性が床几に腰掛けたところ反対側の男性が飛ぶ様子を描く。
きよ ち か ぽ ん
展
○
ち
清ち可保んち
明治11年(1878)
小林清親
松木平吉版
丹波コレクション
東京おうじ瀧の川
明治14年(1881)
小林清親
丸屋鉄次郎版
丹波コレクション
内国勧業博覧会之図
展
○
計5回開催された内国勧業博覧会の第一回目は明治10年(1877)8月から11月の102日間上野
公園で行われた。本図は会場を説明するかのように俯瞰する構図で描く。
「東京名所図」とは異なる風景表
現。
明治10年(1877)
小林清親
松木平吉版
丹波コレクション
H27年7月1日~
浮世絵×霊験
特別陳列「仏のすがた祈りのかたち -県博の仏教美術-」関連展示
ゆうてん
人々の祈りや願いに応えて現れる神仏の不思議な力―霊験。不動明王の剣を飲み込んで法力を得た祐天
らいごう あ じ ゃ り
たん
上人や、鼠に姿を変えたという頼豪阿闍梨。いにしえから様々に語り継がれてきた霊験譚を、浮世絵師た
ちは想像力と創意を加えながら時として劇的に、時としてユーモラスに描いてきました。この展示では、
神仏あるいは法力を備えた高僧たちを描いた浮世絵をご紹介します。風景画や美人画とはひと味違った霊
験譚の世界をご覧ください。
展
○
ふること
「観世音霊験 一ツ家ノ旧事」
あさじがはら
ち
ご
浅茅ヶ原(現:東京都台東区)の鬼婆伝説を描く。旅人を殺しては金品を奪っていた老婆のもとを、稚児に
姿を変えた観音が訪れる。稚児に襲いかかる老婆と必死に止める娘との緊張感ある場面。
江戸時代 天保年間(1830~44) 歌川国芳
湊屋小兵衛版
丹波コレクション
展
○
ゆうてん
「不動明王 祐天に剣を呑ませる」
浄土宗の高僧・祐天は、少年時代に成田山へ参ったところ夢に不動明王が現れて剣を飲まされ、法力を
得て大僧正に出世する。剣を構える不動とのけぞる祐天の姿が劇的に描かれる。
明治 18 年(1885)
月岡芳年
秋山武右衛門版
丹波コレクション
展
○
りょうぜんがさき
「高祖御一代略図 文永八鎌倉霊山ヶ崎雨祈」
日蓮宗を開いた鎌倉時代の僧・日蓮は佐渡に流されるなど様々な法難に逢った。文永八年(1271)、干
にんしょう
ばつに見舞われた鎌倉で極楽寺の 忍 性 と雨乞いの対決を行ったところ、日蓮はたちまちに大雨を降らせた
という。
江戸時代 天保年間(1830~44)中期 歌川国芳 伊勢屋利兵衛版
丹波コレクション
展
○
ろくようせい
「六様性国芳自慢
先負
もんがくしょうにん
文覚 上 人 」
あらぎょう
人妻を殺して出家した文覚は、那智の滝で 荒 行 をしたことで知られる。両目を見開き、激しい水しぶき
こんが ら
せ い た か
を上げながら滝に打たれる文覚を、雲に乗った不動明王の従者・矜迦羅(右)と制吒迦童子(左)が見守る。
江戸時代
万延元年(1860)
しんけい
歌川国芳
らいごう あ じ ゃ り
魚屋栄吉版
丹波コレクション
ねずみ
展
○
「新形三十六怪撰 三井寺頼豪阿闍梨悪念 鼠 と変ずる図」
三井寺僧・頼豪は戒壇(受戒の施設)の建立を天皇に請うたが延暦寺の反対にあって実現できず、断食し
て自ら命を絶った。その怨念によって数千の鼠に姿を変え延暦寺の経典を食い破ったという。
明治 24 年(1891)
月岡芳年
佐々木豊吉版
丹波コレクション
展
○
「新形三十六怪撰 地獄太夫悟道の図」
泉州堺(大阪府)の遊女・地獄太夫はもと武家の娘だったが、さらわれて遊里に売られた。仏名を唱え地
獄と名乗った彼女は美貌で知られ、一休上人は「聞きしより見て恐ろしき地獄かな」と表したという。
明治 23 年(1890)
月岡芳年
佐々木豊吉版
丹波コレクション
展
○
しんけい
お たけ
「於竹大日如来」
ぎょうじゃ
しょうじん
江戸に暮らす信心深い下女のお竹は、ある 行 者 の霊夢によって 生 身 の大日如来として敬われるように
なった。死後に造られたお竹の木像の出開帳に、多くの人々が集まって祈願する様子を描く。
江戸時代
嘉永 2 年頃(1849) 歌川国芳
太田多吉版
丹波コレクション
展
○
「奈良大仏と浅草観音」
浅草観音は奈良大仏の世継ぎとなるため奈良へ向かうが、後から迎えに来た大仏と出会ったのはまだ浅
草の近くだったという。詞書きでは観音と大仏の食べる量などを、数値を挙げて比較する。
江戸時代
嘉永 2 年(1849) 歌川国芳
丹波コレクション
展
○
展
○
い さ わ がわ
うかい
さいど
「日蓮上人石和河にて鵜飼の迷魂を済度したまふ図」
石和河(現:山梨県笛吹河)をさまよう鵜飼の亡霊に出会った日蓮が、法華経による供養を行ったところ
無事に成仏したという逸話を描く。暗い配色が荘重な雰囲気を生み出している。
明治 18 年頃(1885)
月岡芳年
秋山武右衛門版
丹波コレクション
かさぎやま
「後醍醐帝笠置山皇居霊夢之図」
か じ きとう
鎌倉幕府の打倒を目論んだ後醍醐天皇は、自らも密教の加持祈祷を行ったことで知られる。笠置寺(京都
府)に滞在していた折、夢に童子が現れてお告げをしたという『太平記』の場面を描く。
明治 30 年(1897)
尾形月耕
松木平吉版
丹波コレクション
● 浮世絵師 風景バトル
浮世絵の歴史を通じて、その人気の中心は美人や歌舞伎役者を描いた絵でした。名所・風景を主題と
する浮世絵が人気を得たのは天保年間(1830~44)の葛飾北斎、初代歌川広重の活躍によります。そ
の少し前から、浮世絵師たちは名所、風景を描く趣向を競っていました。この展示では天保年間前後の
浮世絵師6人の風景を見比べていただきます。「景観を切り取る」はずの風景表現でも、「見せ方」が絵
師の腕の見せどころ。その違いをお楽しみください。
○ 歌川豊国(二代)
(生没年未詳)
文政(1818~30)中頃から天保6年(1835)頃までの作品が知られる。現在ではあまり知られていない
絵師であるが、
「名勝八景」は名所絵の歴史で語るべき、美しい風景画シリーズ。
展
○
展
○
名勝八景 玉川秋月 玉川鮎汲の図
歌川豊国(二代) 天保年間(1830~44)
名勝八景 熱海夕照 熱海ヶ浜より大嶋之真景
伊勢屋利兵衛版
丹波コレクション
歌川豊国(二代) 天保年間(1830~44)
伊勢屋利兵衛版
丹波コレクション
○ 歌川豊国(三代)(1786~1864)
最初の名前は国貞(初代)。美人画、役者絵の名手。全浮世絵師の中でも手がけた作品数にかけては№
1と推測される。
「霧中ノ山水」画面右側、輪郭線の内表現で霧にかすむ風景を絶妙にあらわす。
展
○
霧中ノ山水
歌川豊国(三代) 天保年間(1830~44)
展
○
山口屋藤兵衛版
丹波コレクション
山口屋藤兵衛版
丹波コレクション
二見浦曙の図
歌川豊国(三代) 天保年間(1830~44)
○ 溪斎英泉(1791~1848)
妖艶な美人画を多く描いた。
「木曽街道」シリーズは英泉が日本橋ほか 24 図、残りを広重が描いて完
成した。
「江戸両座芝居町顔見世之図」は芝居小屋前に立つ幟の考証から天保 12 年の景観と考えられて
いる。
展
○
木曾街道続ノ壱 日本橋雪之曙
溪斎英泉
展
○
天保 6 年(1835)頃
保永堂版
丹波コレクション
天保12年(1841)
川口屋宇兵衛版
丹波コレクション
江戸両座芝居町顔見世之図
溪斎英泉
○ 歌川国芳(1798~1861)
現代人にも親しみやすい奇怪な妖怪や勇壮な武者絵で近年人気上昇中。風景も独創的。
「東海道五拾三
駅五宿名所」は5宿間、おおよそ 40 キロメートルをとらえる荒技。鳴海名産有松絞りが美しくたなび
く
展
○
東海道五拾三駅五宿名所
展
○
東都名所 洲崎初日出の図
赤坂
歌川国芳
藤川
岡崎
池鯉鮒
鳴海
天保年間(1830~44)
天保 2 年(1831)頃
歌川国芳
鶴屋・蔦屋版
丹波コレクション
加賀屋版
丹波コレクション
○ 歌川広重(初代)(1797~1858)
保永堂版「東海道」が大人気。以降、東海道をはじめ、江戸名所、日本全国の名所を数多く描いた。
「木
曽海道」軽井沢は、木の葉が浮かびあがるたき火の炎、提灯など光の表現が巧み。
展
○
東海道五拾三次之内
御油
旅人留女
歌川広重(初代) 天保4年(1833)頃
展
○
木曾海道六拾九次之内
京都名所之内
丹波コレクション
軽井沢
歌川広重(初代) 天保年間(1830~44)
展
○
保永堂版
伊勢屋利兵衛版
丹波コレクション
祇園社雪中
歌川広重(初代) 天保年間(1830~44)前期
栄川堂版
丹波コレクション
○ 葛飾北斎(1760~1849)
名所絵では「冨嶽三十六景」シリーズが代表的であるが、森羅万象を縦横無尽に描いた。
「琉球八景」
には種本があったことを指摘されているが、その種本で「龍洞松濤」は雪景色でなく、北斎の演出。
展
○
日本堤田中見之図
葛飾北斎
展
○
冨嶽三十六景
丹波コレクション
武州千住
葛飾北斎
展
○
文化年間(1804~18)
天保 2 年(1831)頃
西村屋与八版
丹波コレクション
天保3年(1832)頃
森屋治兵衛版
丹波コレクション
琉球八景 龍洞松濤
葛飾北斎
● 浮世絵にみる別れ、旅立ち
3月は卒業の季節。別れ、そして旅立ちの季節でもあります。浮世絵にもその時代に親しまれていた物
語の別れや旅立ちの情景が繰り返し描かれました。親子や恋人との別れや意を決した旅立ちの場面-それは
手に取った人々の共感を呼んだことでしょう。今回は七つの情景をご紹介します。こじつけ?な作品もあ
りますが、浮世絵師たちの「情」の表現をお楽しみいただければ幸いです。
せつげつ か の う ち
展
○
と き わ ご ぜ ん せっ ち ゅ う の ず
雪月花之内 常盤御前雪中之図
常盤御前は平治の乱(1159)に敗れた源義朝の側室。平家の追手から逃れるため、都を離れ、子の今若(阿
野全成)・乙若(義円)・牛若(義経)を連れ、大和国へと逃亡する。
明治17年(1884) 水野年方 野中粂次郎版
丹波コレクション
展
芳野ニ静判官別離図
○
1186年、兄源頼朝に追われる義経は雪の吉野山中でそれまで同行していた愛人の静御前に形見の鼓
をわたして別れる。この後、静御前はとらえられ、鎌倉に送られる。
明治19年(1886)
展
○
月岡芳年
佐々木豊吉版
丹波コレクション
なんこう ふ し さ く ら い え き け つ べ つ の ず
楠公父子桜井駅訣別之図
楠正成は足利尊氏と戦う湊川(兵庫県)の戦い(1336)にあたり桜井駅(大阪府)で嫡男正行に自分の戦
死後も後醍醐天皇に仕えるように諭し、本拠地へ帰す。
「桜井の別れ」は戦前、教科書に載っていた物語。
明治29年(1896) 水野年方 松木平吉版
丹波コレクション
展
○
仮名手本忠臣蔵 九段目
塩冶判官(浅野長矩)をとり押さえた加古川本蔵の娘は塩冶の家老大星(大石義雄)の息子力弥(主税)
の許嫁。本蔵は力弥の手にかかって死に、大星、力弥は仇討ちへ。恋人、親子、夫婦の別れが凝縮した場
面。
江戸時代
しんせんあずまにしきえ
展
○
新撰 東 錦絵
よ
天保年間(1830~44)後期
歌川豊国(三代)
江崎屋版
丹波コレクション
お とみ よ さぶろうばなし
於富与 三 郎話
わ なさけ う き な よこぐし
歌舞伎「与話 情 浮名横櫛」の一場面。かつて間男した制裁を受けて顔中傷だらけとなった与三郎は頬に
蝙蝠のある安とゆすりに入ったところ、死んだはずの恋人に再会。「いやさお富、久しぶりだな」
。
明治18年(1885) 月岡芳年 綱島亀吉版
丹波コレクション
さいごうたかもりかぞくりべつのず
展
○
西郷隆盛家族離別之図
西南戦争末期、西郷隆盛が官軍に追われ日向から薩摩へと戻った際の想像図。家族に別れを告げ、息子
へ遺言を残しているが、実際とは人物名や年齢などが異なっている。
明治10年(1877) 歌川国明(二代) 浦野浅右衛門版
丹波コレクション
展
○
*
ほくりくとうかい ご じ ゅ ん こ う ご は つ れ ん の ず
北陸東海御巡幸御発輦之図 東京万世橋之真景
明治天皇の北陸東海巡幸は、明治11年(1878)8月 30 日に皇居を出発し、上信越・北陸・京都・
東海道をめぐった。明治6年に完成した万世橋を渡り、東京を出発する場面。
明治11年(1878) 楊洲周延 森本順三郎版
丹波コレクション
以下は以前の展示
テーマ4
近代
◎現在展示中
<*4>
平成27年8月29日~
あ
展
○
横浜浮世絵を順次展示
め り
か
外国人物図画 亜墨利伽
文久元年(1861)
一恵斎芳幾
丸屋鉄次郎版
一恵斎芳幾
丸屋鉄次郎版
一恵斎芳幾
丸屋鉄次郎版
い ぎり す
展
外国人物図画 英吉利
○
文久元年(1861)
なんきん
ふ らん す
展
外国人物図画 南京 仏蘭西
○
文久元年(1861)
展
○
諸国名所百景
武州横浜岩亀楼
開港に遅れて安政6年(1859)11月に、現在の横浜公園の場所に完成した港崎遊廓。なかでも本図
に描かれた岩亀楼は有名であったが、港崎遊廓は慶応2年(1866)10月の大火で焼失した。
江戸時代
展
○
横浜名勝競
万延元年(1860)
本町通
歌川広重(二代)
魚屋栄吉版
郵便局
横浜電信局は明治5年(1872)に、工部省の設計による横浜郵便局は7年に完成した。松や桜が植え
られているものの、いずれも洋風建築。郵便局は現在、神奈川県庁本庁舎のある本町1丁目にあった。
明治13年(1880)
歌川国松
歌川国松版
丹波コレクション
平成27年7月10日~
展
○
異人屋敷料理之図
一川芳員
展
○
展
○
丸屋甚八版
丹波コレクション
万延元年(1860)
丸屋甚八版
丹波コレクション
万延元年(1860)
丸屋甚八版
丹波コレクション
文久3年(1863)
山城屋甚兵衛版
文久3年(1863)
山城屋甚兵衛版
文久3年(1863)
山城屋甚兵衛版
魯西亜人
芳虎
展
○
万延元年(1860)
英吉利人
芳虎
展
○
丹波コレクション
和蘭陀人
芳虎
展
○
丸屋甚八版
外国人横浜上陸行烈之図
一川芳員
展
○
万延元年(1860)
外国人夜学之図
一川芳員
展
○
丹波コレクション
外国官人往来之図
一川芳員
展
○
丸屋甚八版
外国人子供遊戯之図
一川芳員
展
○
万延元年(1860)
みよさき
港崎横浜景
一光斎芳盛
万延元年(1860) 越後屋長八版
開化名勝図之図 横浜高嶋町神風楼
梅寿国利
明治前期
井上茂兵衛版
丹波コレクション
丹波コレクション
展
○
平沼橋から神奈川方面をのぞむ)
「横浜平沼橋ヨリ東海道神奈川台并カルイ沢茶店又遠ク大師河原ノ裏ヲ見ル」と記される。安政6年(1859)
の横浜開港にあわせて造られた東海道と横浜を結ぶ横浜道に平沼橋はあった。右手が横浜、左手が神奈川宿
方面。
江戸時代
展
○
万延元年(1860)
五雲亭貞秀
辻岡屋文助版
文久元年(1861)
志摩屋鉄彌版
文久元年(1861)
志摩屋鉄彌版
丹波コレクション
仏蘭西
芳虎
展
○
魯西亜
芳虎
展
○
開化名勝図之図 横浜高嶋町神風楼
明治前期
展
○
梅寿国利
井上茂兵衛版
丹波コレクション
鉄道独案内
鉄道は明治5年(1872)9月(陰暦)に新橋・横浜(現在の桜木町駅)間で本格的に開業した。上部には横浜
駅の時刻表と運賃。途中の駅は品川、川崎、鶴見、神奈川で新橋‐横浜間の所要時間は 53 分。
明治5年(1872)
展
○
歌川芳虎
伊勢屋兼吉版
丹波コレクション
洲幹弁天社から神奈川宿をのぞむ
「横浜弁財天之社内ヨリ東海道神奈川台之茶屋并清水山又新町ヲ見ル景」と記される。当時、この博物
館の近くにあった洲幹弁天社を参拝する人々を描いている。また、そこから海を越えた神奈川方面の景色
をもとらえている。
江戸時代
展
○
東都名所 王子
万延元年(1860)
東都名所 不忍
東都名所 浅草
丹波コレクション
加賀屋安兵衛版
丹波コレクション
加賀屋安兵衛版
丹波コレクション
横浜名勝競本町通神奈川県庁より時計台の一覧
歌川国松
*
加賀屋安兵衛版
ナンキン
一光斎芳盛 文久元年(1861)
展
○
丹波コレクション
アメリカ
一光斎芳盛 文久元年(1861)
展
○
辻岡屋文助版
エギリス
一光斎芳盛 文久元年(1861)
展
○
五雲亭貞秀
明治初期
内は以前の展示
テーマ4
近代
<*5>横浜浮世絵を順次展示
東海道版画の諸相
◎ 現在展示中 H27年8月29日~
展
○
横浜商館並ニ弁天橋図横浜ステーション
蒸気入車之図並海岸洋船燈明台を眺望す
横浜と新橋を結ぶ鉄道は明治5年(1872)9月に開業した。右上、アーチの連なる橋が弁天橋(明治
6年完成)でその上に燈台局試験灯台(明治7年完成)と、駅舎のほかにも新しい建築物が盛り込まれて
いる。
明治7年(1874)
展
○
歌川国鶴(初代)ヵ
丸屋鉄次郎版
丹波コレクション
東京高輪真景蒸汽車鉄道之図
明治5年(1872)9月に鉄道は新橋-横浜間で開業したが、本図の高輪のように線路敷設のための用地
買収が困難であった箇所は築堤をつくって走らせた。左手に赤穂四十七士の墓所、泉岳寺を示す。
明治6年(1873)
展
○
歌川広重(三代)
若狭屋五郎版
丹波コレクション
鉄道停車場
横浜、新橋の両駅はアメリカ人、R.P.ブリジェンスの設計で同様につくられた。木骨石張り2階建の洋
館2棟を平屋でつなぐ。駅舎前には天皇・皇后の一行。明治期には天皇一家の浮世絵がさかんに出版され
た。
明治18年(1885)
石斎治明(歌川国保)
石島八恵版
丹波コレクション
H27 年7月10日~
展
○
横浜仏国役館之全図
横浜フランス公使館は、慶応2年(1866)に北仲通(横浜市中区)に、現在の横浜第二合同庁舎の敷地フラ
ンス人クリペの監督により建てられた。
明治 5 年(1872)
展
○
歌川国輝(二代)
大黒屋平吉版
丹波コレクション
横浜往返鉄道蒸気車ヨリ海上之図
鉄道は明治5年(1872)5月からの仮開業を経て、9月に新橋・横浜間で正式に開業した。新橋-横浜(桜木
町)間の所要時間は約 53 分であった。右上には新橋までの運賃と出発時刻が紹介される。
明治 7 年(1884)
展
○
歌川広重(三代)
浜田屋鉄五郎版
丹波コレクション
東京駿河街国立銀行繁栄之図
駿河町(中央区日本橋室町)に明治7年(1874)に竣工した「駿河町為替バンク三井組ハウス」
。三井住友
銀行の前身にあたり、国立銀行ではない。木造漆喰塗りで現在の(株)清水建設によって建造された。
明治 6 年(1873)
歌川広重(三代)
大蔵孫兵衛版
丹波コレクション
H27 年5月28日~
展
○
横浜売物図絵 唐物店之図
江戸時代末期から明治にかけて、外国の産物を扱う商人を唐物屋と呼んだという。本図も西洋からきた
商品を扱う店先を取材したものと思われ、
「びん」「コップ」「銅板油絵」など商品が紹介される。
江戸時代
展
○
万延元年(1860)
五雲亭貞秀
大国屋金治郎版
丹波コレクション
横浜鉄道館蒸汽車之図
鉄道は明治5年(1872)5月からの仮開業を経て、9月に新橋-横浜(桜木町)間で正式に開業した。駅
舎の設計は新橋駅と同じ、アメリカ人建築家 R.P.ブリジェンスによる。
明治5年(1872)
展
○
歌川広重(三代)
森本順三郎版
丹波コレクション
海運橋三井組ハウス
現在の中央区日本橋兜町に明治5年(1872)竣工した三井組は翌年、譲渡されて第一国立銀行となった。
建物両側の円内には望楼の望遠鏡から見えるという触れ込みの蒸気車、隅田川の絵が描かれる。
明治初期
梅堂国政 具足屋版
丹波コレクション
H27年4月9日~
展
○
源氏君花街遊覧
にせむらさき い な か げ ん じ
人気があった小説『偐 紫 田舎源氏』の主人公足利光氏(モデルは光源氏)が横浜開港にあわせて造ら
れた港崎遊廓(横浜公園の場所)の岩亀楼を訪れる、という情景。
江戸時代 万延元年(1860)
歌川豊国(三代)
丹波コレクション
展
○
六郷川蒸気車往返之全図
江戸時代には手前のように渡し船でわたっていた多摩川も明治5年(1872)の鉄道開業のため橋が架け
られた。人力車や馬車などの交通手段と対比する。本図のように鉄道は開業以前から浮世絵に描かれた。
明治4年(1871)
歌川広重(三代) 上州屋金蔵版
丹波コレクション
展
○
東京名所 三ツ井ハウスノ図 する賀町
駿河町(中央区日本橋室町)に明治7年(1874)に竣工した「為替バンク三井組(三井住友銀行の前身)」
。
木造漆喰造りで現在の(株)清水建設によって建造。屋根の上に鯱がみえる。明治 30 年に取り壊された。
明治7年(1874)頃 歌川広重(三代) 辻岡屋亀吉版
丹波コレクション
展
○
高砂
三幅対からなる本作は、能「高砂」に取材した中幅と、菜の花と綿を描く左右幅から構成される。中幅
には酒井抱一による賛「四海波静」が記され、本作に和やかさというメッセージが込められていることが
わかる。
「高砂」も長寿を言祝ぐ主題であり、丁寧に描かれた左右幅の春秋を彩る植物もまたその印象を強
める。
しょうしゃ
作者松本交山は抱一の知人にあたりもとは商人だったという。江戸末期の町屋を飾るに相応しい 瀟 洒 な
作例いえ、江戸琳派の一例としても貴重。
平成26年度寄贈
本多敏明氏旧蔵品
展
○
紙雛
雛祭は、古来女児の健やかな成長を祈る年中行事であり、人形を飾る事例が大半である。ただし、大が
かりな人形を飾ることができるのは裕福な家に限られていた。その代理として紙を材質とした人形(紙雛)
、
あるいは雛人形を描いた絵画などが節句を飾る場合があった。本作は昭和以後の制作となる作例であり、
代用品と考えるには大きさや色彩からしても華美である。むしろ雛祭に人形とは異なる手段で一花添えよ
うとしたねらいがあったのだろう。
井上白楊筆
展
○
平成26年度寄贈
本多敏明氏旧蔵品
洛西風景
明治40年頃の作と推定される。画面に汚れが目立つものの、本来の空の青さや紅葉のきらめきなどを
じっくり見ると、秋の京都をゆっくりと旅をしているような味わいがある。
作者義松は明治13年に渡仏、パリなどで修行した後、同22年帰国。帰国後はふるわず、酒毒で身を
滅ぼしたという伝承がある。だが近年発見されたその売立目録などを見ると、晩年まで制作販売を継続し
ていたことが判明した。本作に認められるその温雅な作風は、一定の評価を得ていたのであろう。
展
○
山の宿
義松後期の作ながら、緻密な描写や彩り溢れた画面は若き日のみずみずしい作風を思わせる内容。しば
しば欧米人から日本らしい情景を描くことを求められた義松は、さまざまな舞台や情景を設定し人びとを
配置し画技を愉しんでいたようだ。確かな技術に裏付けられた本作は、画面奥に広がる景色がまるで画中
画のようでおもしろい。
2015年は没後100年にあたることから、本年9月から当館において特別展「五姓田義松―最後の
天才―」を開催する予定である。乞うご期待。
*
内は以前の展示
Fly UP