...

かながわの海岸利用に関するあり方検討会 報 告 書 平成 26

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

かながわの海岸利用に関するあり方検討会 報 告 書 平成 26
かながわの海岸利用に関するあり方検討会
報 告 書
平成 26 年 10 月
かながわの海岸利用に関するあり方検討会
- 2 -
― 目次 ―
Ⅰ はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
Ⅱ かながわの海岸
1 概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2
2 海水浴場と海の家 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3
(1) 海水浴場 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3
(2) 海の家 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
3 その他海岸利用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
Ⅲ 検討にあたっての基本方針
1 検討の視点 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8
2 検討範囲 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8
Ⅳ 海岸利用に関する諸課題
1 海の家における諸課題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
(1) 営業内容の多様化 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
(2) 海水浴場閉場後の海の家の営業 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
(3) 海の家の設置者以外の営業 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
2 海水浴場における諸課題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
(1) 利用者マナーの悪化 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
(2) 地域のにぎわい・観光資源 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
3 その他海岸利用の諸課題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
(1) バーベキュー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
(2) 水上オートバイ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
Ⅴ 平成 26 年度までの取組みに関する評価と課題
1 ガイドラインの制定及び改正 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11
2 海水浴場施設の占用許可に係る審査基準の制定 ・・・・・・・・・・・・ 11
3 音楽イベント事前指導の実施 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
4 海の家・海水浴場のパトロール ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
5 海水浴場に係る条例の制定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
6 その他海岸利用に対する取組み ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13
- 3 -
Ⅵ 今後のかながわの海岸のあり方について【提言】
1 かながわの海岸に係る今後の方向性についての基本的な考え方・・・・・・ 14
(1) めざすべき方向性と海岸利用に関する諸課題に対する基本的な考え方・・ 14
(2) 実現に向けた方策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14
2 安全・安心で快適な海岸づくり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
2−1 海水浴場
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
2−1−1 海水浴場ルール(仮) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16
(1) 海水浴場ルール(仮)の作成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
(2) 協議会(仮)の設置 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
(3) 海水浴場における新ガイドライン(仮)の作成 ・・・・・・・・・・・・ 17
(4) ルール遵守の仕組み ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18
2−1−2 海水浴場で喫緊に解決すべき特定課題
・・・・・・・・・・・ 19
提言1 クラブ化の禁止 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19
提言2 海の家の営業主体の適正化 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19
提言3 海の家の音楽イベントのあり方 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 20
提言4 海水浴場における飲酒の制限 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20
提言5 刺青・タトゥーの露出の制限 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21
その他県などの取組みを促す意見
2−2 その他海岸利用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22
提言1 バーベキュー利用の適正化
・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22
提言2 水上オートバイの安全航行
・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22
3 個性と魅力ある海岸づくり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23
Ⅶ おわりに
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 25
【参考】
かながわの海岸利用に関するあり方検討会設置要綱
かながわの海岸利用に関するあり方検討会委員名簿
検討会の開催状況
- 4 -
Ⅰ はじめに
かながわの海岸は、「湘南海岸」に代表されるように、海水浴や海洋スポーツ等のレ
クリエーション活動の場、また、テレビ、映画等のロケーション活動の舞台など、県内
外問わず幅広く利用されており、「地域のにぎわい」、「観光資源」、「文化発信」な
どの効用を発揮している。
その一方で、ここ最近、一部の海水浴場において、海の家におけるダンスイベント
(いわゆる「クラブ化」)による、騒音や風紀の乱れなどに加え、海水浴場利用者によ
る大音量での音響機器の使用、飲酒、刺青・タトゥーの露出など、マナーの悪化が顕在
化し、他の利用者が近寄り難い状況も、一部で生じている。
さらに、海水浴場以外の海岸においても、バーベキューに伴い発生するゴミの放置や、
水上オートバイによる危険な行為など、海岸利用をめぐっては多種多様な課題がある。
そこで、このような課題を解決し、海岸のにぎわいを維持しつつ、地域住民の生活環
境との調和を図り、誰もが安心して利用できる海岸づくりに関する、県の対応策の検
討・推進に反映させるため、平成 26 年3月 20 日に「かながわの海岸利用に関するあり
方検討会」(以下「あり方検討会」という。)が設置された。
このあり方検討会では、海水浴場の海の家や利用者に係る課題について、検証を行い、
海水浴場のあり方を検討するとともに、バーベキューや水上オートバイなど、海水浴場
以外の海岸利用のあり方についても検討し、報告書として、取りまとめたものである。
- 1 -
Ⅱ かながわの海岸
1 概要
神奈川県は、全 33 市町村のうち、15 市町が東京湾・相模灘に面しており、特に相
模灘沿岸は開放的で変化に富んだ自然海岸が多くあり、海水浴やマリンスポーツ等の
レクリエーション活動や観光地として、県内外から多くの利用者が訪れる。
【沿岸 15 市町位置図】
川崎市
横浜市
東京湾
平塚市
大磯町
小田原市
二宮町
藤沢市
茅ヶ崎市
鎌倉市
逗子市
葉山町
横須賀市
相模灘
湯河原町
真鶴町
三浦市
【かながわの海岸利用風景】
潮干狩り
サーフィン
横浜市海の公園((公財)横浜市緑の協会HP)
大磯町北浜海岸(大磯町HP)
- 2 -
2 海水浴場と海の家
(1) 海水浴場
海水浴場とは、「一定の管理の下に、一定期間特定の海水面及びその付属地に適
当な施設を整備して、公衆の水浴又は遊泳の目的に供する場所」(神奈川県海水浴
場等に関する条例(以下「海水浴場条例」という。)第2条)をいう。
海水浴場を設置しようとする者は、海水浴場条例に基づき、知事(保健福祉事務
所長)の許可を受ける必要があり、現在、市町又は海の家を運営する事業者で構成
する海水浴場組合 (以下「組合」という。)などが許可を受け、海水浴場を設置し、
その管理・運営を行っている。
【海水浴場の運営状況概要】
・ 開 設 期 間−概ね7月上旬から8月末頃まで
・ 開 場 時 間−日の出から日没までの時間内
いずれも海水浴場設置者が決定
【海水浴場箇所一覧(平成 26 年度)】
●・・・海の家のある海水浴場
(11 市町 23 箇所)
○・・・海の家のない海水浴場
(4市4箇所)
横浜市
藤沢市
辻堂
平塚市
茅ヶ崎市
大磯町
○
●
片瀬西浜
片瀬東浜
由比ガ浜
○
鎌倉市
海の公園
猿島
● ●● ●
○
● ●● 逗子市
走水
●
腰越
●
●
葉山町
小田原市
●
材木座
●
●
大磯
横須賀市
サザンビーチ 逗子 森戸
ちがさき
一色
御幸の浜
長者ケ崎・大浜
●
○
三浦海岸
●
長浜
湘南ベルマーレ
江之浦
●
湯河原町
和田
ひらつかビーチパーク
●
●
岩
●
●
横堀
● 真鶴町
大浦
● 三浦市
胴網
湯河原
荒井浜
- 3 -
【海水浴場利用者数(過去5年)】
(単位:人)
(単位:万人)
800
700
600
500
400
300
200
100
0
H22
H23
H24
H25
H26
※ 県環境衛生課まとめ
【海水浴場風景】
葉山町一色海水浴場
鎌倉市由比ガ浜海水浴場
大磯町大磯海水浴場
藤沢市片瀬西浜・鵠沼海水浴場
- 4 -
(2) 海の家
「海の家」について法令上、明確な定義はないが、県が定めた「海の家における
海岸利用に関するガイドライン」(以下「ガイドライン」という。)では、「海水
浴場において、利用者の利便に供するため、更衣休憩、飲食物の提供・販売、レジ
ャー用品等の販売・レンタルなどのサービスの提供を行う施設」とされている。
また、海の家を設置しようとする者は、海岸法等に基づき、海岸管理者に占用の
許可を受ける必要があり、本県では、個々の海の家の事業者ではなく、組合に対し
て、土木事務所長等が許可している。さらに、海の家の営業内容に応じて、海水浴
場条例や食品衛生法の許可を受ける必要がある。
【海の家の営業状況概要】
・ 営業期間−海水浴場設置期間のみ(建築・撤去工事はその前後)
・ 営業時間−海水浴場ごとに異なる
例:鎌倉市内の海水浴場…日の出∼22 時
:湯河原町湯河原海水浴場…8∼17 時
【海の家の設置軒数(平成 26 年度)】
海の家の設置軒数(海水浴場別)
(単位:軒)
H26 軒数:213 軒
(H25 軒数は 207 軒)
サザンビ ーチち がさき
大磯
御幸の浜
岩
湯河原
茅ヶ崎市
大磯町
小田原市
真鶴町
湯河原町
藤沢市
辻堂
片瀬西浜・鵠沼
片瀬東浜
鎌倉市
腰越
由比ガ浜
材木座
逗子市
葉山町
逗子
森戸
一色
長者ヶ崎・大浜
和田
横須賀市
三浦市
胴網
横堀
荒井浜
大浦
三浦海岸
長浜
走水
45
40
35
30
25
20
15
10
5
0
※ 県砂防海岸課まとめ
- 5 -
【海の家風景】
鎌倉市由比ガ浜海水浴場
三浦市三浦海岸海水浴場
【参考】海水浴場と海の家の関係性
海水浴場
開設(営業)
期間
海の家
許可を受けた日から許可日の属する年の10月31日まで
(概ね7月上旬から8月末頃まで)
海水浴場開設期間
−
海水浴場施設の建築・撤去工事期間
(概ね5月末から9月下旬頃まで)
開場(営業)
時間
日の出から日没まで
(概ね8∼17時の間)
組合等の自主ルールで定められた時間
許可申請者
地元市町又は組合
(占用)・・組合
(建築確認)・・海の家の事業者
占用期間
【例】海水浴場と海の家の開設(営業)期間・占用期間
6/1
8/1
7/1
9/1
10/1
海水浴場の開設期間
建築工事期間
海の家の営業期間(=海水浴場の開設期間)
撤去工事期間
海の家の占用許可期間
【例】海水浴場の開場時間・海の家の営業時間
8:00
12:00
17:00
海水浴場の開場時間
海の家の営業時間(今シーズンの葉山町の場合)
- 6 -
21:00
3 その他海岸利用
海洋スポーツ等のレクリエーション活動や映画等のロケーション活動の場としての
利用のほか、バーベキューや県民の憩いの場としても利用されている。
【ロケーション活動風景】
映画撮影
ドラマ撮影
片瀬西浜海岸
片瀬西浜海岸
【バーベキュー・ビーチスポーツ風景】
バーベキュー
ビーチバレー
三浦市城ヶ島白秋碑苑
湘南ベルマーレひらつかビーチパーク
- 7 -
Ⅲ
検討にあたっての基本方針
1 検討の視点
「Ⅰ はじめに」でも記載したとおり、かながわの海岸は、海水浴や海洋スポーツ
などによる地域のにぎわい、観光資源、文化発信などの効用を発揮してきた一方で、
海の家のクラブ化営業による騒音や風紀の乱れなどの課題や、過度な飲酒による迷惑
行為など、海水浴場利用者マナー悪化等の課題が顕在化している。
また、一年を通じて、海岸でバーベキューを行った後のゴミの放置や、水上オート
バイの航行による事故や騒音も課題になっている。
そこで、検討会では、「地域住民の生活環境の保全」と「地域のにぎわい・観光資
源・若者文化発信」という両面を踏まえた、海岸利用のあり方(あるべき姿、そのた
めの方策・手段等)について、幅広い分野の有識者等により、専門的・多面的な見地
から検討を行った。
2 検討範囲
検討会では、喫緊の課題として対応が求められている海の家及び海水浴場利用者に
関する課題を中心に検討し、併せて、県内各海岸で課題となっているバーベキュー及
び水上オートバイについて検討した。
なお、海の家以外による海岸の占用や、ビーチスポーツ、地引網、コンサートなど
の海岸利用については、検討の範囲外とした。
- 8 -
Ⅳ 海岸利用に関する諸課題
1 海の家における諸課題
(1) 営業内容の多様化
ア クラブ化営業による騒音や風紀の乱れの発生
昨シーズンまでは、大音量の演奏等による騒音や、飲酒状態で密着したダンス
等により誘発される風紀の乱れなどにより、一部の海の家で家族連れ等の一般利
用者が敬遠する状況にあった。
イ クラブ化に繋がりかねない音楽イベントの実施
現在は沈静化しているものの、ライブハウス的な音楽イベントなどの営業形態
は、放置するとクラブ化に繋がりかねない懸念がある。
ウ 多種多様でアルコール度数の高い酒類の提供
多種多様あるいはアルコール度数の高い酒類の提供は、過度の泥酔状態を招き、
粗暴行為や、遊泳による事故発生のおそれがある。
(2) 海水浴場閉場後の海の家の営業
海水浴場の閉場後においても、酒類の提供を伴う飲食営業や音楽イベントの実施
により、地域住民への騒音被害や利用者の風紀の乱れに繋がるおそれがある。
(3) 海の家の設置者以外の営業
設置期間(シーズン)中の営業を第三者へ転貸する名義貸、その日限りの営業をす
べて第三者に行わせる箱貸が行われている状況は、本来の海の家の設置者(海水浴
場組合組合員)が営業していない形態であり、責任が不明確で、反社会的団体が介
入するおそれもある。
2 海水浴場における諸課題
(1) 利用者マナーの悪化
ア 大音量による音響機器の使用
騒音により、近隣住民及び一般利用者への迷惑となる。
イ 限度を超えた飲酒
泥酔状態による粗暴行為や、飲酒後の遊泳による事故の発生のおそれがある。
ウ 刺青・タトゥーの露出
家族連れや子どもなどを畏怖させてしまうおそれがある。
- 9 -
(2) 地域のにぎわい・観光資源
規制面の強化だけでなく、地域のにぎわい・観光資源の創出にも配慮する必要が
ある。
3 その他海岸利用の諸課題
(1) バーベキュー
ア ゴミの放置
利用者による海岸や周辺住宅地へのゴミの不法投棄が発生している。
イ 大音量による音響機器の使用
利用者が持ち込んだ音響機器の使用により、近隣住民及び一般利用者への騒音
被害が発生している。
ウ 悪臭
バーベキュー調理中の煙やゴミの放置等に伴う悪臭被害が発生している。
(2) 水上オートバイ
ア 危険航行
漁業者やその他のマリンスポーツ利用者等との接触事故が発生している。
イ 騒音
過度なエンジン音により、近隣住民やその他の海岸利用者への騒音被害が発生
している。
- 10 -
Ⅴ 平成 26 年度までの取組みに関する評価と課題
1 ガイドラインの制定及び改正
ア 県は、平成 25 年5月に、組合の自主的な取組みを促すため、組合の自主ルール
に係る指針として、「クラブ化」の形態による営業の禁止など、12 項目を記載し
たガイドラインを策定し、組合の自主的な取組みを促進した。
イ 平成 25 年度のシーズンに、片瀬西浜海水浴場で沈静化した海の家のクラブ化営
業が、逗子市や鎌倉市の海水浴場で見受けられたことを踏まえ、「クラブ化」の定
義の明確化や、騒音対策の徹底などを改正内容とする平成 26 年度版のガイドライ
ンを、平成 26 年2月に施行し、組合に自主ルールの見直しを求めた。
【評価】
○ 平成 25 年度は全ての組合で自主ルールを作成し、平成 26 年度は全ての組合の自
主ルール等においてクラブ化営業を禁止する(平成 25 年度は一部の組合でクラブ
化営業の禁止規定がなかった)など、組合の自主的な取組みが推進された。
【課題】
● 厳密なクラブ化禁止の定義が難しいことから、類似の音楽イベント等が発生する
可能性がある。
● ガイドラインは、海の家の営業に関しては対応しているが、利用者のマナーに関
しては対応していない。
2 海水浴場施設の占用許可に係る審査基準の制定
県は、平成 26 年3月に、海水浴場施設の占用許可に係る審査基準を制定し、組合
員名簿、組合員と現場責任者を記載した誓約書などの提出を義務化した。
【評価】
○ 組合員名簿の提出や現場責任者の明確化により、名義貸等による営業形態の抑制
につながった。
【課題】
● 現在は組合単位で占用を許可しているが、行政上の許認可は、行為主体を単位と
して行うことが原則であることから、海の家ごとに占用許可を行うなど、占用許可
の仕組みを再検証する必要がある。
- 11 -
3 音楽イベント事前指導の実施
ア 県は、平成 26 年度から組合に対して、所属する海の家が音楽イベントを実施す
る場合は実施計画書の提出を求め、県、市町等で騒音、風紀上の対策等の事前確認、
指導を実施した。
イ 鎌倉市は、鎌倉市海浜組合連合会、自治会・町内会などで組織する「イベント審
査会」を設置し、音楽イベントやその他のイベントを1件ごとに事前審査した。
【評価】
○ 事前審査・指導することで、クラブ化営業の抑止や、騒音・風紀上の対策の着実
な実施につながった。
【課題】
● イベントの件数が増えた場合は、審査に係る膨大な事務量の増加が予想される。
● 1件ごとのイベント内容を審査するには、審査能力の向上が求められる。
4 海の家・海水浴場のパトロール
ア 県は、市町、警察、組合などと連携し、組合の自主ルールの遵守状況等について、
平成 25 年度は 262 回、平成 26 年度は 277 回、海の家のパトロールを実施した。
イ 市町は、地域住民、関係団体・関係者などと連携し、海水浴場のパトロールを実
施した。さらに、独自に海水浴場に係る条例を定めている市町では、条例遵守のた
めに警備会社にも委託し、海水浴場のパトロールを実施した。
【評価】
○ 自主ルール遵守の徹底をはじめ、クラブ化の営業、音楽イベントの実施に伴う騒
音、トラブルの防止につながった。
【課題】
● 警備会社へのパトロール委託費用の支出が負担となっている。
5 海水浴場に係る条例の制定
ア 逗子市は、「安全で快適な逗子海水浴場の確保に関する条例」を、平成 26 年3
月に全部改正した。
イ 鎌倉市は、「鎌倉市海水浴場のマナー向上に関する条例」を平成 26 年6月に制
定した。
- 12 -
【評価】
(逗子)
○ 音楽や砂浜での飲酒を禁止することにより、騒音や風紀の乱れなどの課題が改善
され、家族が安心して楽しめる海水浴場となった。
(鎌倉)
○ 条例制定により、一定の風紀の改善が図られた。
【課題】
(逗子)
● 海の家の営業時間や音楽(BGM など)に係る来年度以降の対応。
(鎌倉)
● 風紀の乱れ等に関しては、なお泥酔者の迷惑行為などの課題も残っている。
6 その他海岸利用に対する取組み
ア バーベキュー対策について、市町は、看板・貼紙等によるゴミの持ち帰りの注意
喚起等を行った。また、県は、平成 26 年7月∼9月までの間、三浦市三崎町城ヶ
島において、海辺のバーベキュー利用の適正化に向け、民間事業者が器具のレンタ
ルやゴミの回収のサービスを行う社会実験を行った。
イ 水上オートバイ対策について、市町は、海・浜ルール(※)の周知・啓発、関係団
体との調整会議等の開催、パトロールの実施などを行っている。
※ 海・浜ルール
マリンスポーツなどの海岸利用者が、利用者相互、漁業者、地域住民とのトラブルにならない
よう、海洋性レクリエーションの盛んな相模湾側の三浦市から平塚市にかけて作成している、地
域ごとのルール。
【評価】
(水上オートバイ)
○ 各市町共通の絵文字を使用した海・浜ルールの普及により、水上オートバイ利用
者や漁業者の棲み分けが一定程度図られている。
【課題】
(バーベキュー)
● ゴミの持ち帰りの啓発など、利用者のモラルに頼る対応に限界がある。
● 不法投棄によるゴミの処理問題が、市町の大きな課題となっている。
(水上オートバイ)
● 海・浜ルールを承知していない市外・県外利用者が数多くいる。
● 海上保安庁によるパトロールや取締りにも限界がある。
- 13 -
Ⅵ 今後のかながわの海岸のあり方について 【提言】
1 かながわの海岸に係る今後の方向性についての基本的な考え方
(1) めざすべき方向性と海岸利用に関する諸課題に対する基本的な考え方
海岸利用に関する諸課題を解決し、かながわの海岸のにぎわいを維持しつつ、地域住民の
生活環境との調和を図り、誰もが快適に安心して利用できる海岸づくりをしていくため、
『地域の特色を生かしつつ、利用者と地域住民の安全・安心に配慮した海岸づくり』を、今
後のかながわの海岸のめざすべき方向性とする。
また、こうしたかながわの海岸の実現には、『利用者と地域住民にとって安全・安心で快
適な海岸づくり』と『個性と魅力ある海岸づくり』を両立させながら海岸づくりを推進する
必要がある。
本検討会では、『安全・安心で快適な海岸づくり』を主体に議論を行ってきたところであ
り、海岸利用に関する諸課題に対する基本的な考え方は、次のとおりである。
ア 海水浴場
(ア) 海水浴場の近隣の生活環境を守り、誰もが快適に安心して利用できるようにするた
めには、最低限守るべきルールを県がガイドラインにより示し、組合に自主的な取組
みを促すことは、今後も必要である。
(イ) 一方で、海の家の営業内容や営業時間など県内一律の規制を過度に行うと、各海水
浴場の特色やにぎわいが失われかねないことから、地域の意向を尊重した海水浴場づ
くりも必要である。
(ウ) 海水浴場利用者による、砂浜での過度な飲酒や刺青・タトゥーの露出は、安全・安心な
海水浴場づくりの妨げとなっており、この課題は海の家を対象とした組合の自主ルールで
は対応できないため、海の家だけではなく利用者も対象としたルールづくりが必要である。
(エ) 海岸は、誰もが自由に利用できる公共用財産である。一方で、海水浴場における海の
家は、海水浴客の利便のために海岸の占用を許可されるものであり、一定の制約のもと
に海岸の使用を認められるべきものである。
イ その他海岸利用(バーベキュー・水上オートバイ)
バーベキューや水上オートバイで海岸を利用する者も、自由に海岸を利用できる一方で、
地域住民や他の利用者の迷惑とならないよう、節度ある利用が求められるべきである。
(2) 実現に向けた方策
『安全・安心で快適な海岸づくり』の実現に向けた方策は、以下のとおりである。なお、
『個性と魅力ある海岸づくり』については、議論する課題も多く残っていることから、後
述のとおり、方策の検討に向けた方向性についてのみ提言するにとどめた。
ア 海水浴場
海水浴場又は市町ごとに、海の家及び海水浴場利用者に関するルール(○○ルール(※))
を関係行政機関、組合、地域住民、観光協会等が参画して作成し、取組みを進めることが必
要である。県は、地域のこうした取組みを支えるため、指針となるガイドラインを作成する。
※ ○○には海水浴場又は市町の名称等が入ることになる。本報告書では、以下「海水浴場ルール(仮)」という。
イ その他海岸利用
(ア) バーベキューでは、社会実験を踏まえ、適正な利用のための環境整備が必要である。
(イ) 水上オートバイでは、海・浜ルールの有効活用など、安全航行のための取組みが必要である。
- 14 -
【かながわの海岸に係る今後の方向性のイメージ】
かながわの海岸のめざすべき方向性
地域の特色を生かしつつ、利用者と地域住民の安全・安心に配慮した魅力ある海岸づくり
実現に向けた方策
安全・安心で快適な海岸づくり
個性と魅力ある海岸づくり
① 海水浴場づくり
☆海水浴場ルール(仮)の作成
・海の家に関する規定
・海水浴場利用者に関する規定
☆地域のにぎわい
☆ルール遵守の仕組みの構築
(P16∼21 参照)
作成主体としての協議会(仮)の設置
☆観光資源
両立
県が海水浴場ルール(仮)の指針と
なる新ガイドライン(仮)を作成
☆若者文化発信
② その他海岸利用
(P23∼24 参照)
☆バーベキュー利用の適正化 (P22 参照)
☆水上オートバイの安全航行
【海水浴場ルール(仮)のイメージ】
海 水 浴 場 ル ー ル(仮)
共通事項(※1)
海の家に関する
・クラブ化の禁止
規定
・暴力団の排除の徹底
個別事項(※2)
・営業時間
など
海水浴場利用者に ・刺青・タトゥーの露出制限
関する規定
・飲酒の制限
・音楽イベントの可否、事前審査
など
・焚き火又は火気を使用する器具の制限
など ・遊泳区域へ動物を入れない
など
※1… 海水浴場利用者や地域住民の安全・安心に関することなど、どの海水浴場でも県内共通で守るべき項目
※2… 地域の実情や、にぎわいの創出などの観点から、海水浴場ごとに独自性が認められてよい項目
- 15 -
2 安全・安心で快適な海岸づくり
2−1 海水浴場
2−1−1 海水浴場ルール(仮)
(1) 海水浴場ルール(仮)の作成
ア 概要
○ 海水浴場ルール(仮)は、「海の家」と「海水浴場利用者」に関する規定の総称
である。
○ 海水浴場ルール(仮)は、海水浴場利用者や地域住民の安全・安心に関すること
など、どの海水浴場でも県内共通で守るべき項目の「共通事項」と、共通事項
以外で、地域の実情(これまでの経緯、地理的な条件など)や、にぎわいの創
出・観光振興などの観点から、海水浴場ごとに独自性が認められてよい項目の
「個別事項」に区分される。
イ 作成主体・作成単位
○ 後述する「協議会(仮)」により作成する。
○ 一の海水浴場又は市町を基本とする。ただし、隣接した海水浴場で一の海水浴
場ルール(仮)を策定することを妨げない。
ウ 市町の条例との関係
○ 市町において海水浴場に関する条例を定めている場合は、当該条例(条例に基
づく規則、ルールを含む。)で定めている事項については、海水浴場ルール(仮)
では定めない。
(2) 協議会(仮)の設置
ア 目的
海水浴場の特色を生かしつつ、地域住民の生活環境との調和を図るとともに、
誰もが快適に安心して利用できる海水浴場を確保するため、海水浴場の海の家及
び利用者が守るべき、海水浴場ルール(仮)の作成その他必要な事項を行う。
イ 構成員
関係行政機関、組合、地域住民、観光協会、商工会議所、商工会などで構成す
る。ただし、海水浴場の運営などに関し、既に協議会等が設置されている海水浴
場等にあっては、当該協議会等の活用も考えられる。
ウ 役割
ルールの作成、周知、啓発、ルール遵守の仕組みづくり(パトロール、協定書
等)、イベント審査、利用者アンケートの実施等を行う。
また、上記の役割のほか、協議会(仮)は、海水浴場の振興策、集客のための企
画、実施する場として活用することも考えられる。
- 16 -
(3) 海水浴場における新ガイドライン(仮)の作成
ア 目的
海水浴場利用者も含めた海水浴場ルール(仮)の指針とするため、組合の自主ル
ールに係る指針を定めた現行のガイドラインに、海水浴場における利用者マナー
に係る項目を追加する。さらに、海水浴場ルール(仮)における共通事項と個別事
項の分類を明記する。
なお、協議会(仮)が海水浴場ルール(仮)を作成する際は、原則として、新ガイ
ドライン(仮)に共通事項として記載されている事項を海水浴場ルール(仮)に反
映し、遵守させることとする。
イ 共通事項と個別事項に分類される項目
【海の家に関する規定】
共通事項
個別事項
・クラブ化の禁止
・「クラブ化禁止」徹底のための対策
(状況創出の排除など)
・暴力団の排除の徹底
・風紀上の対策
・従業員の刺青・タトゥーの露出の禁止
・未成年への酒類・タバコの販売禁止
・泥酔客への酒類提供の禁止
・強引な客引き禁止
・占用許可区域以外の土地利用
・原状回復の徹底
・海の家の建築・撤去時の注意
・関係法令の手続き
・責任の所在の明確化
・営業時間
・音楽イベントの可否、事前審査
・騒音対策(音量チェック等の対応、音
量制限のある音響機器の使用等)
・風紀上の対策(泥酔客以外の酒類の提
供、アルコール度数の高い酒類の制限
等)
・ゴミ処理及び清掃美化の方法
・環境負荷軽減への配慮
・災害・荒天時の対応
・責任の所在、地域住民等からの要望・
苦情への対応
など
など
【海水浴場利用者に関する規定】
共通事項
個別事項
・刺青・タトゥーの露出の制限
・△dB 以上の音量の音又は音声の発生禁止
・粗暴な言動の禁止
・遊泳区域に動物を入れない
・飲酒の制限
・焚き火又は火気を使用する器具の制限
・飲酒後の遊泳禁止
など
など
- 17 -
(4) ルール遵守の仕組み
ア 自主的な取組みによる手法
海水浴場ルール(仮)
海の家に関する規定
ルール遵守の仕組み
・海水浴場ルール(仮)で定める。
・各組合の規約等で定める。
・パトロールの実施
など
海水浴場利用者に関す ・事前の周知・啓発
る規定
・パトロールの実施
など
イ 法令等に基づく取組みの手法
海水浴場ルール(仮)の実効性を確保するため、自主的な取組みによる手法に加
え、海の家が同ルールに違反した場合における海岸法等による監督処分の可否に
ついて検討するなど、法令等に基づくルール遵守の仕組みを検討する必要がある。
- 18 -
2−1−2 海水浴場で喫緊に解決すべき特定課題
前述のとおり、「地域の特色を生かしつつ、利用者と地域住民の安全・安心に配慮
した魅力ある海水浴場づくり」を進めるには、地域ごとに関係者が参画してルールを
作成し取組むことが適当であり、そのため、県は海水浴場ルール(仮)の指針となる新
たなガイドラインを作成することが必要であるが、海の家のクラブ化など、特に取組
みが求められている海水浴場で喫緊に解決すべき特定課題は、次のとおりである。
提言1:クラブ化の禁止
○ クラブ化禁止は継続して取り組む必要がある。
○ 文書による明確な定義付けが難しいことから、騒音や風紀の乱れにつながりか
ねない営業を禁止する方法も検討する。
【主な意見】
○ クラブが海の家に存在することがそもそもの問題。かながわの夏の海岸には、
クラブが必要ないことを明確にすべき。
○ DJ機材やダンスミュージックは多種多様化しており、「クラブ化」とそれ以
外の音楽イベントを区別することが難しい状況になっている。
○ 何をもってクラブ化として排除するのかというところで、営業形態の細かなと
ころで規律するのではなく、状況の創出を認めないというやり方を考えるべき。
提言2:海の家の営業主体の適正化
○ 組合内において、名義貸・箱貸を行った海の家を外す仕組みや、ルールを遵守
する海の家を選定する仕組みを検討する。
○ 組合に対してではなく、個々の海の家に対して、占用を許可する手法を検討す
る。
【主な意見】
○ 問題があった場合の責任の所在者を明確にする必要があることから、顔の見え
ない名義貸・箱貸についてしっかり対応すべき。
○ 公共スペースの中で適正な営業ができる海の家を選んで占用を許可するので、
第三者に渡って営業が行われることはあってはならない。ただし、組合単位とし
ている占用許可により問題が生じているのであれば、その形式を維持しつつガイ
ドラインで適正な営業を促すか、組合単位による占用許可から海の家個別に占用
許可することも検討する必要がある。
- 19 -
○ 名義貸・箱貸はどこでも複雑な仕組みとなっており、権利に伴う金銭のやり取
りも不透明なので、禁止したとしても取り締まるのは難しい。
提言3:海の家の音楽イベントのあり方
○ 海水浴場の状況や必要性に応じて、イベント審査会を開催する。
○ ライブハウス的な営業を行う海の家の占用許可については、組合一括の占用許
可から切り離し、個別に審査することを検討する。
【主な意見】
○ 音量制限やスピーカー台数の規制により、クラブ化につながる営業を実質的に
排除できるのではないか。
○ 最近は音楽のないイベントも出てきており、クラブ化は音楽イベントに限定さ
れたものではないことに留意する必要がある。
○ 事前のイベント審査を行うことで、クラブ化につながるイベントを相当程度排
除できる。
○ 市町の政策的判断として、音楽イベントの実施をにぎわいの手段の1つとして
位置付けるのであれば、軒数を絞り限定的に認めることも考えられる。
その一方で、海の家は、更衣休憩等を提供する施設として占用許可を出してい
ることから、ライブイベントを行う海の家を、特別に他の海の家と切り離して占
用許可を出すという方法も考えられる。
提言4:海水浴場における飲酒の制限
○ 砂浜における飲酒は、県内統一的に制限することを検討する。その際、制限の
手法や遵守の仕組みについて、試行しながら段階的に取り組んでいくことも検討
する。
○ 海の家では、泥酔客への酒類の提供の制限に加え、アルコール度数の高い酒類
の提供などの制限を検討する。
【主な意見】
○ 海水浴場は、海水浴を目的とした場所なので、本来、飲酒は制限されるべきで
あり、海の家でも酒類の販売を一切禁止すべきである。
一方で、海水浴場に来て海に入らず、海辺の音を聞いたり、海の家で飲酒し、
食事をするという方もいるので、完全禁酒にすることは難しい。
○ 海の家では、泥酔客への酒類の提供を制限するなど、自主的な規制も可能であ
るが、砂浜では制限できないため、過度な飲酒が粗暴行為を助長させている。
- 20 -
○ 砂浜での飲酒制限について、例えば、海水浴場を有料化し、それを財源に、パ
トロールや海水浴場のマナーアップ・イメージアップの取組みを行うことのほか、
飲酒できるエリアと禁酒エリアを設けるなどの取組みなどが考えられるが、実効
性を確保した具体的な取組みを試行しながら段階的に取り組んでいくことも必要
である。
提言5:刺青・タトゥーの露出の制限
○ 刺青・タトゥーは、外国人を含めて、すべて衣類等で隠すこととし、露出は県
内統一的に制限することを検討する。
【主な意見】
○ 一部の海水浴場で露出を禁止すると、他の海水浴場に問題が移るので、県内統
一的に規制すべき。
○ 日本人と外国人の刺青に対する価値観は異なるが、刺青にネガティブなイメー
ジを持って楽しめない人もいることから、統一的な対応でも仕方がない。
その他県などの取組みを促す意見
≪海の家から排出する汚水の処理≫
○ 環境に配慮するという点で、海の家が排出する汚水の排水又は処理方法を再検
証する必要がある。
≪苦情の処理≫
○ 地域の人にとって苦情が言いやすくなり、苦情を言われた側も対応をしっかり
取るよう、海の家に苦情の窓口を設置し、どのように対応したか記録に残し、必
要に応じて公開するなど、苦情がしっかり反映されるようなシステムを検討する
必要がある。
≪占用許可権限等の移譲≫
○ 海水浴場の運営に市町の施策を反映させるとともに、海の家へのきめ細かな占
用許可を行えるよう、県から市町への占用許可の権限移譲を検討すべき。
≪海の家の騒音対策≫
○ 海の家から発せられる騒音について、「神奈川県生活環境の保全等に関する条
例」の騒音規制の運用等のあり方を検討すべき。
- 21 -
2−2 その他海岸利用
提言1:バーベキュー利用の適正化
○ 県の社会実験に着目し、その検証を踏まえて、適正に利用できる環境を整備する
ことを検討する。
【主な意見】
○ 県の社会実験の検証を行い、必要に応じて社会実験を増やしていけばよい。
○ ゴミ処理に関するルールなど、誰が徹底して、どう守らせるかを検討すること
が必要である。
○ 人の目の届く管理下で、ゴミの持ち帰り又は有料化による処理などを行い、利
用者に楽しんでもらうことが理想である。
○ 県内で社会実験の適地を探し、バーベキュー利用に対して、市町がゴミの適正
処理などを管理できるエリアを増やしていければよい。
○ 規制ではなく前向きな視点として、適正に利用できるエリアを設定すればよい。
※ 県の社会実験…県が平成 26 年度に、三浦市三崎町城ヶ島で、海辺のバーベキュー利用の適
正化に向けて行った、民間事業者が器具のレンタルやゴミの回収サービス
を行う社会実験をいう。
提言2:水上オートバイの安全航行
○ 既存の海・浜ルールを有効活用しつつ、現行のルールで対応できない場合は、
改定・見直しも視野に入れて検討する。
【主な意見】
○ 事故による命の危険があるという観点から、ルールを考えるべき。
○ 各市町共通の絵文字を使用している海・浜ルールを周知・啓発することで、利
用者がルールを共通認識することができる。
○ 排除ばかりではなく、水域の区分方法を見直して、航行エリア・禁止エリアを
明確にすることや、航行可能時間などを決めてもよいのではないか。
○ 事故を起こした場合に払う多額の賠償金など、マイナス面をPRしたほうがよ
い。
※ 海・浜ルール…マリンスポーツなどの海岸利用者が、利用者相互、漁業者、地域住民との
トラブルにならないよう、海洋性レクリエーションの盛んな相模湾側の三
浦市から平塚市にかけて作成している、地域ごとのルールをいう。
- 22 -
3 個性と魅力ある海岸づくり
かながわの海岸のめざすべき姿の実現には、『地域の特色を生かした魅力ある海岸
づくり』も必要である。そのため、地域のにぎわい・観光資源・若者文化発信の観点
から議論し、意見を集約した結果、次のような方向性を踏まえて方策を検討すること
が必要である。
方 向 性
☆ かながわの海岸の持つイメージ、ブランドを壊すことなく、地元住民と
海岸利用者がともに楽しめる、個性と魅力あるかながわの海岸の創出
地域のにぎわい
○ 情報番組などで取り扱えるような、海岸周辺のお店や前向きでユニークな取
組みなど、イメージアップにつながるような取組みを、行政・組合・地元住民、
交通事業者などが、一体となってアピールすることが重要。
○ 民間主導による、その地域の特性を生かした新たな夏季海岸イベントによる
誘致など「にぎわい」の構築を海水浴場組合や地元事業者と連携しながら進め
ていくことが、数年後の安定した集客に結びつくと考える。
観光資源
○ 各海岸のコンセプトをしっかり打ち出し、キャッチフレーズなどを作ること
で、大きく地域(海岸)をPRすることが観光振興やにぎわいにつながる。
○ 観光振興の点から、海岸の漂着物を除去するなどして、より美しい海浜を形
成できるようにすべきである。
若者文化発信
○ 海岸の特色を生かすことなどの積極的なイメージ戦略が、利用者を呼ぶ手法
の1つである。特に、若者に対しても積極的にイメージを発信していくことが
大事であり、発信力が魅力的であれば、自ずと利用者もついてくる。
○ 湘南の文化である、若者を中心とした音楽をうまく活用し、利用者に楽しん
でもらう。
- 23 -
なお、『地域の特色を生かした魅力ある海水浴場づくり』の、具体的な取組例につい
ては、次のとおり意見が出ている。
【表彰制度の創設】
○ ルールを遵守した海の家を、優良な店舗として評価する制度があれば、ルール遵
守に対するモチベーションの向上につながる。
【海の家事業者の公募】
○ 従来の海の家の事業者に加え、海の家の事業者を公募することにより、その海水浴
場のコンセプトに合う、事業展開を計画している事業者を、選択することが可能となり、
海水浴場の活性化に期待ができる。
- 24 -
Ⅶ おわりに
本検討会は、海水浴場の現地視察を行うとともに、これまで8回にわたって、かなが
わの海岸利用のあり方について議論し、検討を重ねてきた。
海水浴場の利用に関しては、海の家のクラブ化に端を発した騒音や風紀等の乱れから、
地域住民の生活環境を踏まえた規制を行う必要がある一方で、湘南海岸に代表されるレ
クリエーション活動やロケーション活動など、地域のにぎわいや観光資源の場として位
置づけがあり、それらを両立させた方策を打ち出すことは非常に難しい議論であった。
しかしながら、各委員の専門的な見識や豊かな経験に基づく議論の集積により、「今
後めざすべき海水浴場づくり」及び「実現のための方策」の方向性について、前述のと
おり提言を行ったところである。
また、その他の海岸利用に関しても、限られた時間の中で、バーベキューについては、
県で実施している社会実験の検証を踏まえた対策について、水上オートバイについては、
海・浜ルールを有効活用しつつ必要に応じた改定について、提言としてまとめた。
しかしながら、海水浴場の利用について多くの時間を割いたため、関係団体などに十
分な意見照会ができず、必ずしも十分な検証を踏まえた議論ではなかった。県には、そ
の点を理解し、十分に検証の上、今後の検討をしていただきたい。
最後に、県が、本検討会の提言を踏まえた対応策を検討するにあたっては、沿岸市町
にも協力を求め、組合等の関係者からの意見も聞き、より良い海岸をめざして、実効性
のある具体的な取組みに繋げていくことを期待する。
- 25 -
【参考】
かながわの海岸利用に関するあり方検討会設置要綱
(設置目的)
第1条 「地域住民の生活環境の保全」と「地域のにぎわい・観光資源・若者文化発信」という両面を
踏まえたかながわの海岸利用のあり方に関して、幅広い分野の有識者等の意見を聴取し、その結果を
海岸のにぎわいを維持しつつ、地域住民の生活環境との調和を図り、誰もが快適に安心して利用でき
る海岸づくりに関する対応策の検討・推進に反映させるため、かながわの海岸利用に関するあり方検
討会(以下「検討会」という。)を設置する。
(所掌事項)
第2条 検討会は、次の事項について、専門的・多面的見地から検討するものとする。
(1) かながわの海岸利用のあり方に関すること
(2) 前号に掲げるもののほか、検討会の目的を達成するために必要な事項
(設置期限)
第3条 検討会の設置期限は、平成 27 年3月末日までとする。
(構成員)
第4条 検討会は、地方自治、法律、海岸、観光又は音楽の専門知識を有する者、マスコミ関係者、地
元住民、海水浴場組合関係者、公募に応じた者及び市町職員のうちから知事が選任した者をもって構
成する。
2 検討会の構成員(以下「構成員」という。)の任期は、選任の日から平成 27 年3月末日までとす
る。
(座長)
第5条 検討会に座長1人を置く。
2 座長は、知事が指名する者をもって充てる。
3 座長は、会議の議事を整理し、検討会における意見を取りまとめる。
4 座長が不在のときは、あらかじめ座長が指名する者が代行する。
(検討会の開催等)
第6条 検討会は、知事が必要に応じて開催する。
2 知事は、必要があると認めるときは、会議に構成員以外の者を出席させることができる。
(庶務)
第7条 検討会の庶務は、県土整備局河川下水道部砂防海岸課において処理する。
(雑則)
第8条 この要綱に定めるもののほか、検討会の運営等に関し必要な事項は別に定める。
附 則
この要綱は、平成 26 年3月 20 日から施行する。
- 26 -
かながわの海岸利用に関するあり方検討会 委員名簿(敬称略、◎:座長 ○座長代行)
氏
うしやま
名
く に ひ こ
◎ 牛山 久仁彦
いしかわ
ひろたか
石川 博崇
かわべ
川辺 みどり
くまがい
よしかず
熊谷 典和
ゆう き
クレイ 勇輝
くろやなぎ
畔柳
こにし
あき お
昭雄
み え こ
小西 美恵子
しばた
のぶゆき
柴田 信之
すがわら
ゆ み こ
菅原 由美子
は た
よしこ
波多 善子
はら
だいすけ
原 大祐
みうら
だいすけ
○ 三浦 大介
やました
けいこ
さいとう
かずのり
あかさか
まさのり
いわさ
まさあき
山下 敬子
齋藤 和徳
赤坂 政徳
岩佐 正朗
所属・職
明治大学政治経済学部教授
公募委員
東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科教授
株式会社テレビ神奈川コンテンツ局制作三部長
株式会社音遊代表取締役
日本大学理工学部海洋建築工学科教授
神奈川県海水浴場組合連合会会長
公募委員
菅原由美子観光計画研究所主宰
片瀬地区青少年育成協力会会長
NPO 法人西湘をあそぶ会代表理事
神奈川大学法学部教授(法学部長)
湘南海岸をきれいにする会事務局長
鎌倉市市民活動部観光商工課観光担当課長
藤沢市経済部観光課長
逗子市市民協働部経済観光課長
- 27 -
検討会の開催状況
日
第1回
第2回
時:平成 26 年3月 31 日(月) 18 時∼20 時
出席委員:15 名(畔柳委員欠席)
議
題:検討事項と今後の進め方
日
時:平成 26 年5月1日(木)
15 時∼17 時
出席委員:全員出席
議
題:(1)あり方検討会のスケジュールについて
(2)海の家のあり方(営業内容・営業時間)について
日
第3回
時:平成 26 年6月 10 日(火) 18 時 30 分∼20 時 30 分
出席委員:15 名(齋藤委員欠席)
議
題:(1)あり方検討会における検討範囲について
(2)海の家のあり方(営業内容・営業時間)について
日
第4回
時:平成 26 年7月8日(火) 18 時 30 分∼20 時 30 分
出席委員:全員出席
議
題:(1)地域ルールの枠組みについて
(2)海の家・海水浴場利用に係る地域ルールの枠組みの検討
日
第5回
現地視察
時:平成 26 年7月 24 日(木) 18 時∼20 時 30 分
出席委員:13 名(川辺委員、クレイ委員、赤坂委員欠席)
議
題:海水浴場に関する地域ルール(仮称)について
日
時:平成 26 年8月1日(金)13 時∼17 時 40 分
参加委員:14 名(牛山座長、三浦委員欠席)
視察場所:片瀬西浜・鵠沼海水浴場、片瀬東浜海水浴場、腰越海水浴
場、由比ガ浜海水浴場、逗子海水浴場
日
第6回
時:平成 26 年8月 22 日(金) 18 時∼20 時 30 分
出席委員:12 名(畔柳委員、原委員、赤坂委員、岩佐委員欠席)
議
題:(1)報告書骨子(案)について
(2)地域ルールのうち特に議論が必要なルール・項目について
日
第7回
時:平成 26 年9月 25 日(木) 14 時∼16 時 40 分
出席委員:14 名(川辺委員、岩佐委員欠席)
議
題:(1) その他海岸利用について
(2) 報告書(案)について
日
第8回
時:平成 26 年 10 月 14 日(火) 18 時 30 分∼20 時 40 分
出席委員:全員出席
議
題:報告書(最終案)について
- 28 -
Fly UP