...

救急研修会の開催!2011・3・8(TUE)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

救急研修会の開催!2011・3・8(TUE)
救急研修会の開催!2011・3・8(TUE)
檜山広域行政組合消防本部では、平成23年3月8日(火)本部庁舎を会
場に、救急隊員の救急研修会を開催いたしました。
この研修会は、平成23年度から実施する「救急救命士資格を有する救急
隊員の標準的再教育プラン」の各種研修会等に参加した3名の救命士が、そ
の最先端の救命技術をフィードバックすることを目的に実施されました。
各署の救命士・救急隊員が約30名参加し、実践さながらの訓練を交えな
がら緊迫した空気の中で行なわれました。
講師を担当した【せたな署:須藤純一救命士】
【厚沢部署:中山博之救命士】
同じく【厚沢部署:太田稔久救命士】、熱心な指導、お疲れ様でした。
撮影を担当した立場から見て・・・微塵の笑顔も無駄話も無いムードの中
(当たり前なのですが)シャッター音を潜めながら、極度の緊張感でのレポ
となりました。
今回の実践訓練に使用された、資機材「オートパルス心肺蘇生システム」
を紹介しながら、当日の様子を公開いたします。
◆せたな消防署大成救急隊3名による実践デモンストレーション◆
正に「命を救うのには1分1秒も無駄にするなっ!」という瞬間的判断や、
迅速な行動と連携、そして隊員同士の信頼感を目の前で見せ付けられました。
↑必死に患者を呼びかけ、呼吸・心拍等を確認する署員!既にAED装着の
準備が行なわれているのが見えます。
↑心肺停止患者想定訓練のため、心肺蘇生の開始!!!
AEDスイッチONへの移行・・・気道確保のための首とアゴの正確な角度
や、呼吸器の固定・・・普段の訓練がスムーズかつ素早くに行なわれる。↓
資機材「オートパルス心肺蘇生システム」の装着!この資機材の使用により、
隊員1名分のチカラを発揮(補足)します。↓
訓練ですが、間近で見ると救急救命病棟の一室を思わせます。
(手元が一切震え
ない・・・隊員が人命救助しか考えていない瞬間は、会場の空気さえも変えて
しまう程の威力を持っていました。) ↓
家族に薬剤を持ってもらい、注射・点滴の処置を行なう隊員。
(実際の救命場所
を想定し署員が家族役を行ないます。)↓
この間「オートパルス心肺蘇生システム」は一定のリズムを保ち可動中。↓
医師との通信(携帯電話にてハンズフリー)による処置の指示を受けながら、
3人の連携が秒単位で行なわれ、この後救急車へ移動する想定です。↓
↑ここまで約5分間・・・見事な連携と手さばきに、レポート作成を忘れ・・・
関心というか、感動してしまいました。
↑さてここからが本番!「ハイッ使ってみろっ!」という先輩のお言葉に・・・
多少の戸惑いを見せながらも積極的に向かう若手エキスパート!
↑想定患者を目の前にすると、さすがに手元は素早く・・・初めて手にする資
機材とは思えない手際の良さを見せます。
(※この「オートパルス心肺蘇生システム」は、既に奥尻署と大成支署に配備
されております。
)
↑「訓練じゃねぇぞっ!」「本番って思ってやれっ!」っという優しい眼差し。
でも無言で見守る先輩は、普通に怖くないですか・・・(レポ作成者感想)
実際はこちらからも大先輩の視線・・・講師担当者は多少の笑顔の中に安心感
を持ったことでしょう。
当日は、別室において「第34回北海道救急学実集会」
「平成22年度第1回
道南圏地域検証部会」
「第160回救急活動事例研究会」の報告を行い、更には
「薬剤投与のプロトコール再確認」「事後検証の総括報告」についての報告を、
それぞれの講師担当救命士が行なった。
『出席救急隊員の皆様
お疲れ様でした』
レポート/檜山広域行政組合・消防課
Fly UP