...

「士郎作品と中川一政の挿絵・装丁の世界」 [1812KB pdfファイル]

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

「士郎作品と中川一政の挿絵・装丁の世界」 [1812KB pdfファイル]
尾﨑士郎記念館企画展
「士郎作品と
中川一政の挿絵・装丁の世界」特集
な
か
が
わ
か
ず
ま
さ
さ
し
え
そ
う
て
い
平成22年7月26日~平成23年1月23日
■ 開催にあたって
開催にあたって
尾﨑士郎の小説家としての仕事を振り返る
にあたって、画家中川一政の存在を忘れるこ
とはできません。
士郎の代表作『人生劇場』の執筆を薦めた
のは、早稲田大学時代からの親友で、当時
みやこしんぶん
かみいずみひでのぶ
都 新 聞 文化部長であった 上 泉 秀信ですが、
彼の依頼によって昭和8年から都新聞に連載
された『人生劇場』
(青春篇)の挿絵を担当す
ることになったのが中川一政でした。
新聞連載はされたものの、単行本の刊行予
定のなかった『人生劇場』が竹村書房から発
刊されることになったのも、中川と上泉の尽
力によるもので、中川は本の装丁にも熱意を
もって取り組みました。その後、
『人生劇場』 中 川 一 政
(青春篇)は、川端康成が大絶賛する書評を
真鶴町立中川一政記念美術館提供
岡畑孝二撮影
明治26年東京生まれ。十代から、短歌・詩・小説を文
芸誌に投稿する文学少年であったが、21歳で初めて
読売新聞に掲載したことにより、人気に火が
描いた洋画「酒倉」が岸田劉生に認められ独学で画家
つくことになります。
を志す。草土社や春陽会に所属し、岸田や梅原龍三
士郎の文と中川の絵はぴったりと調和し、
中川の挿絵・装丁によって士郎作品がさらに
魅力的なものになったといえます。
郎らと行動をともにし、白樺派の武者小路実篤や志賀
直哉とも交流をもった。
油彩のほかに、水墨・岩彩(日本画)・書・装丁・篆刻・
陶芸でも、自由で生命感に満ちた作品を多数発表す
今回の企画展では、中川の挿絵原画、装丁作 るとともに、随筆、紀行文などの執筆活動も行った。晩
品などとともに、士郎と中川一政との交流を紹 年になっても、「駒ケ岳」「薔薇」の制作を続け、平成3
介します。
年に97歳で他界した。
『人生劇場(
』中川一政筆挿絵原画
人生劇場(青春篇)
青春篇)
』中川一政筆挿絵原画
左:第39回 大隈重信夫人の銅像建立反対演説を行う瓢吉 右:第65回 「流水亭」のお袖の手をとる夏村大蔵
『人生劇場(青春篇)
』は都新聞に昭和8年3月から9月まで165回にわたって連載された。
■ 士郎の
士郎の『人生劇場』
人生劇場』と
中川一政
中川の挿絵は軽快なタ
ッチの線描きで表現され
ていますが、作画に当たっ
ては、近所の青年にモデル
を頼み、芸者が登場すれば
待合に、駅の場面は駅に写
生に出かけたといいます。
士郎と中川のコンビによ
る都新聞への連載は、『人
『人生劇場(
』挿絵執筆時
人生劇場(愛欲篇
愛欲篇)
』挿絵執筆時の
挿絵執筆時の中川が
中川が士郎に
士郎に宛てた書簡
てた書簡
昭和9年11月21日からの『人生劇場(愛欲篇)
』の都新聞連載を前に、1章分の
挿絵を編集担当の飛田へ送ったことを伝えた手紙。
生劇場』青春篇・愛欲篇・
残侠篇・風雲篇、『石田三
成』と6年間に渡って断続
的に続きましたが、中川は本業の洋画制
作に専念する理由で辞退することにな
りました。「本文を離れて独行する事が
できない」挿絵制作に無常を感じるよう
になったとも述べています。
士郎と中川の関係は、酒席を共にする
間柄ではありませんでしたが、生涯にわ
たって作家と挿絵画家・装丁家としては
新築地劇団公演『
新築地劇団公演『人生劇場』
人生劇場』 昭和10年 築地小劇場
『人生劇場』のヒットを受けて制作された演劇。中川一政が舞台
装置を担当した。写真は三州横須賀村の辰巳屋の場面。
互いに深い信頼感で結ばれていました。
■ 中川一政装丁の
中川一政装丁の士郎作品
士郎作品
戦前は画家が本の装丁を担当することが
多く、中川は20代の後半から多くの文学書
の装丁を手がけています。
中川が装丁を手がけた作家の中でも、士
郎は火野葦平とともにもっとも多くの作品
を担当した作家です。昭和10年の『人生劇
あしおと
『石田三成』
石田三成』中川一政筆挿絵原画
昭和13年に都新聞に132回連載された小説の第119回の挿
絵。場面は柴田勝頼。
場(青春篇)』以降、絶筆となった『遠き跫音』
『一文士の告白』まで、約30作品の装丁を
手がけています。中で
も『人生劇場』は、各
巻、出版社ごとに異な
る装丁で幾度も出版
されました。題字を含
めて、中川独特の軽快
中川一政書「
中川一政書「尾﨑士郎記念室」
尾﨑士郎記念室」 昭和61年 中川93歳
町立図書館内の記念室に掲げられた扁額。当時の大渓教育長らが神奈川県真鶴町の書
斎を訪問し、その場で揮毫いただいたもの。
な作風が存分に発揮
されており、士郎作品
に彩りを加えていま
す。
『人生劇場』
人生劇場』初版本 中川一政筆箱原画
左:青春篇(普及版)箱
右:残侠篇(上)箱 単行本は竹村書房の発行
中川一政装丁の
中川一政装丁の書籍 戦前の作品
『石田三成』昭和13年 『牛刀』昭和11年
『九十九谷』昭和14年 『後雁』昭和15年
中川一政装丁の
中川一政装丁の『人生劇場』
人生劇場』初版本 竹村書房発行
青春篇・愛欲篇・残侠篇
展示品リスト
展示品リスト
№
資 料 名
年
代
種 別
備
考
昭和39年
原稿
昭和9年10月17日
中川直筆手紙
『人生劇場(青春篇)』普及版箱挿絵原画
昭和10年1月発行
中川直筆原画
真鶴町立中川一政美術
館提供
直筆ではないとみられる
愛欲篇挿絵執筆時に士
郎にあてたもの
単行本は竹村書房発行
『人生劇場 残侠篇』上 箱挿絵原画
昭和11年12月発行
中川直筆原画
単行本は竹村書房発行
『人生劇場 残侠篇』上 扉挿絵原画
昭和11年12月発行
中川直筆原画
単行本は竹村書房発行
『人生劇場 残侠篇』下 箱挿絵原画
昭和12年1月発行
中川直筆原画
単行本は竹村書房発行
1
晩年の中川一政写真
2
『瓢々録』原稿 中川一政「人生劇場のころ」
3
中川一政から尾﨑士郎あて書簡(絵入)
4
5
6
7
8
9
昭和8年3月
新聞複写
都新聞連載『人生劇場(青春篇)』第55回 原稿
昭和8年5月12日刊
士郎原稿複製
10
都新聞連載『人生劇場(青春篇)』第39回 挿絵原画
昭和8年4月26日刊
中川直筆原画
11
都新聞連載『人生劇場(青春篇)』第65回 挿絵原画
昭和8年5月22日刊
中川直筆原画
12
都新聞連載『人生劇場(青春篇)』第120回 挿絵原画
昭和8年7月16日刊
中川直筆原画
13
都新聞連載『人生劇場(愛欲篇)』題字絵原画
昭和9年
中川直筆原画
14
都新聞『人生劇場(青春篇)』第55回掲載紙
昭和8年4月26日刊
新聞複写
写真
都新聞連載『人生劇場(青春篇)』予告記事
15
都新聞『人生劇場(青春篇)』第35・65回
16
新築地劇団公演『人生劇場』パンフレット
17
18
新築地劇団公演写真 第一幕辰巳屋 銀杏の木
昭和8年4月22日・
5月22日刊
昭和10年10月25日~
11月3日公演
昭和10年10~11月公演
新築地劇団公演写真 第一幕辰巳屋
昭和10年10~11月公演
公演写真
19
『さしゑ人生劇場』中川一政 求龍堂発行
昭和10年10~11月公演
書籍
20
中川一政書「尾﨑士郎記念室」
昭和61年
21
尾﨑士郎『石田三成』 中川一政挿絵 複製(版彩画)
22
都新聞連載『石田三成』 中川一政挿絵原画
中川 書
中川原画
(複製)
中川直筆原画
大隈夫人銅像建立反対
演説を行う瓢吉
流水亭の女中お袖の手を
とる夏村大蔵
辰巳屋を処分し横須賀を
発つおみねと吉良常
新聞複写
演劇公演チラシ
装置:中川一政・本木勇
公演写真
装置:中川一政・本木勇
装置:中川一政・本木勇
特装本限定70部
定価200,000円
中川93歳
『中川一政挿絵版彩』 よ
り 昭和51年 青光社
加藤清正
原画:昭和13年
昭和13年
尾﨑士郎著書 中川一政装丁作品
№
発行年月
作 品 名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
S10.3
S10.7
S10.9
S10.9
S11.3
S11.6
S11.12
S12.1
S12.9
S12.9
S12.10
S12.9
S13.11
S13.12
S14.12
S15.1
S15.12
S16.11
S23.2
S23.3
S23.3
S26.5
S26.12
S27・28
S28.9
S30.10
S30.11
S32.9
S39.4
S39.6
人生劇場 青春篇
人生劇場 青春篇(普及版)
人生劇場 愛欲篇
人生劇場 愛欲篇(普及版)
河鹿(短編集)
牛刀(随筆集)
人生劇場 残侠篇上
人生劇場 残侠篇下
人生劇場 青春篇・愛欲篇(決定版上巻)
人生劇場 青春篇・愛欲篇
人生劇場 残侠篇 (決定版下巻)
人生劇場 残侠篇
八達嶺(短編集)
石田三成
九十九谷(短編集)
人生劇場 風雲篇
後雁(短編集)
人生読本
人生劇場 愛欲篇上・下
人生劇場 残侠篇上・下
耳太郎(短編集)
曽呂利新左衛門
乱世三国志
人生劇場 青春、愛欲、残侠、風雲、離愁、夢現・望郷篇
青春伝書
青春伝書(普及版)
篝火
厭世立志伝
遠き跫音
一文士の告白
出版社
竹村書房
竹村書房
竹村書房
竹村書房
竹村書房
竹村書房
竹村書房
竹村書房
新潮社
新潮社
新潮社
新潮社
春陽堂
中央公論社
甲鳥書林
新潮社
河出書房
学芸社
高島屋出版部
高島屋出版部
世界社
ジープ社
湊書房
文芸春秋新社
池田書店
池田書店
筑摩書房
中央公論社
中央公論社
新潮社
備 考
初版
初版
初版
初版
決定版と別装丁、上製本と並製本あり(装丁同)
決定版と別装丁、上製本と並製本あり(装丁同)
初版
初版 上製本と並製本あり(装丁同じ)
各卷の装丁は共通
※ 尾﨑士郎全集(講談社)を除く
Fly UP