...

クウェート湾海洋環境浄化・保全モデル事業

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

クウェート湾海洋環境浄化・保全モデル事業
クウェート湾海洋環境浄化・保全モデル事業 − 安倍首相夫人が現地を訪問 −
代表者としてビシャーラ環境庁長官、ジェトロ斉藤理事、当
背景 社の田畑会長も列席する中、環境庁職員をはじめ、多くの
近年、アラビア湾奥に位置するクウェート(図1) では、クウ
環境関連の実務者や研究者の参加を得ることができました。
へい し
ェート湾での海水魚の斃死や赤潮の発生が顕在化して、
セミナーでは終始、活発な質疑応答がなされ、翌日のク
大きな問題となっていました。このような中で、本事業は、平
ウェート各紙には、その内容が写真入りで大きく報道され、
沼経済産業大臣(当時) とアハマド石油大臣代行(当時)と
本事業を広く紹介する良い機会となりました。
の間で合意された「日本 - クウェート環境・技術移転イニシ
アティブ」 (2004)に基づき、「干潟による海水浄化事業」、「海
水常時モニタリング事業」及び「両事業についての人材育
成事業」を柱として計画されたものです。
本事業は、日本貿易振興機構(ジェトロ)が経済産業省
の委託を受けて発注したもので、2004年の詳細設計調査
に引き続き、2006年4月から2008年3月までの計画で、当
社を幹事会社とする4社のプロジェクトチームが受託して実
施しています。
写真1 第1回セミナーにおける展示内容の説明
すでに上記3事業とも目的に応じた進捗が得られ、現地
でもその効果が認知される状況になっており、さらに2007
年4月には、安倍首相の中東歴訪に同行された首相夫人
実験干潟のジオラマ模型を前に、左よりビシャーラ環境庁
長官、日・ク民間合同委員会アルサガル共同議長、当社
光本、大木大使(左後ろにジェトロ斉藤理事)、当社田畑会
長、シェイカ・アムサール女史、ジャパンデスク柳田首席代表
が現地プロジェクトサイトを訪問され、当社職員がご案内す
実験干潟の建設
る機会を得ました。
干潟による海水浄化の実験を行うため、既存の干潟を
Lebanon
Syria
Damascus
Iraq
Iran
Baghdad
乱さないように海岸沿いの埋立地を掘り込み、小規模な実
験干潟を建設しました(写真2)。
Amman
Israel
Jordan
Kuwait
Kuwait
Arabian(Persian) Gulf
Bahrain
Saudi Arabia
Red Sea
Egypt
Qatar
Riyadh
0 100
300
United Arab
Emirates
500km
図1 クウェート周辺地図
事業の進捗状況 写真2 建設された実験干潟
第1回セミナー開催
本事業をクウェート国内に広く紹介するために、2006年
この場所は国有地ですが、シェイカ・アムサール女史が主
6月26日にクウェート市内のシェラトンホテルにおいて、第1
宰する環境NGOが管理を行っており、周囲には豊かな干
回セミナーを開催しました(写真1)。
潟や生物相がみられます。人工的に建設した実験干潟には
セミナーには、クウェート王室のシェイカ・アムサール女史
新たな生物の移入が始まっており、その浄化効果が期待さ
と大木駐クウェート大使の臨席をいただき、関係機関からは
れます。本事業では、その効果を定量的に示すため、生物や
水質・底質のモニタリングを実施していきます。自然の干
潟に比べて観察しやすいように設計してあり、環境教育の
場としても利用される予定です。
モニタリングブイの設置
クウェート湾内の5 地点にモニタリ ングブイを設置し(写
真3)、水質センサーをブイの鉛直2∼3層に配置することに
よって、海水の常時モニタリングを行っています。 写真4 クウェート環境庁職員による
日本での人工干潟の視察
安倍首相夫人の実験干潟訪問
2007年4月30日には、安倍首相の中東歴訪に同行さ
れた首相夫人が実験干潟を訪問さ れました。シェイカ・ア
ムサール女史を始めとする クウェートの環境関係者と、プ
ロジェクトチームや現地日本人会が出迎え、当社の光本 と
三島が首相夫人に事業の説明を行いました(写真5)。
写真3 モニタリングブイの設置
干潟ワークショップとOJTの実施
事業を今後とも 継続的に進めていくための人材育成の
一環として、干潟の果たしている役割についての認識を深
めるため、現地踏査を含めたワークショップを開催しました。
現地の写真などを見ながら、干潟の生物の果たす役割に
ついて活発なディスカッションが行われました。
なお、人材育成は、一方的な知識伝達のみではうまくい
きません。日本側のプロジェクトチームは、クウェート環境庁
写真5 安倍首相夫人の実験干潟訪問
の職員とともに作業し、実務を通じて技術移転を図るため
のオン・ザ・ジョブトレーニング(OJT) を実施しています。
現在は、現地の干潟の泥及びそこに含まれる生物による
浄化能力を測定するための実験を、共同で実施している
ところです。
今後の展望
干潟事業では、実験干潟に出入りする海水や新たに移
入する生物相などを通年でモニタリングし、浄化機能を定
クウェート環境庁職員の日本招聘
量的に確認していきます。モニタリ ング事業では、常時水
しょうへい
クウェート環境庁の局長2名と実務者4名を日本に招聘し、
質データを取得し、蓄積するようにしていきます。人材育成
日本での先行事例となる大規模な人工干潟や運用中の
では、実験干潟やモニタリングブイシステムの維持管理の
海水常時モニタリングシステムの視察及び日本側とのディ
技術移転、及び本事業の成果を普及啓発していくための
スカッション等が行われました(写真4)。
視覚に訴えるツールの作成を行います。
これらを通じて、クウェートにおける本事業の成果が、事
2年間の本事業を通じて、クウェートの将来の環境に寄
業終了後も持続的に活かされるようにしていくための研修
与するために、まさしく「モデル事業 」 とすべく、今後も成果
を実施しました。
を積み重ねていきます。
(海外事業本部 光本 育郎)
Fly UP