...

1. - 横河電機

by user

on
Category: Documents
22

views

Report

Comments

Transcript

1. - 横河電機
Technical
Information
計装 CPU モジュール
リプレースガイド
TI 34P02J02-02
TI 34P02J02-02
2013. 05.31 初版(YK)
Blank Page
i
< はじめに >
はじめに
■ 本書について
本書は、FA-M3 計装用の計装 CPU モジュール F3SPV3-4□/F3SPV8-6□を、計装
CPU モジュール F3SPV9-7S へリプレースする際、事前に考慮すべきことならびに
作業手順を解説したものです。
All Rights Reserved. Copyright © 2013、 Yokogawa Electric Corporation
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
<商標 >
ii
表記上の約束
■ 本書中のシンボルマーク
本書中のシンボルマークは、以下の内容を示します。
取扱注意
「取扱注意」を示しています。
感電事故など、取扱者の生命や身体に危険がおよぶ恐れがある場合に、その危険を
避けるための注意事項を記述してあります。
警 告
「警告」を示しています。
ソフトウェアやハードウェアの損傷や、システムトラブルになる恐れがある場合に、
注意すべきことがらを記述してあります。
重 要
「重要」を示しています。
操作や機能を知るうえで、注意すべきことがらを記述してあります。
補足
説明を補足するためのことがらを記述してあります。
参照
参照すべき項目などを記述してあります。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
<商標 >
iii
商標
■ 商標ならびにライセンスソフトウェアについて
・ STARDOM は、横河電機株式会社の商標です。
・ その他、本文中に使われている会社名・商品名は、各社の登録商標または商標
です。
・ 本文中の各社の登録商標または商標には、TM、®マークは表示しておりません。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
Blank Page
< 目次 >
計装 CPU モジュール リプレースガイド
TI 34P02J02-02 初版
目次
はじめに ......................................................................................................i
表記上の約束 ..............................................................................................ii
商標 ...........................................................................................................iii
目次 ............................................................................................................v
1. 概要 ........................................................................................................1
1.1
エンジニアリング環境 ............................................................................... 2
1.2
事前確認事項.............................................................................................3
2. 計装CPUモジュールのリプレース .........................................................7
2.1
作業概要....................................................................................................8
2.2
事前準備....................................................................................................9
2.3
ラダープロジェクトの保存(バックアップ) .................................................. 9
2.2.2
制御ユニットプロジェクトの保存(バックアップ) ......................................... 9
2.2.3
制御パラメータの収集(アップロード)..................................................... 9
リプレース作業 ....................................................................................... 10
2.3.1
計装CPUモジュールの交換 ............................................................. 10
2.3.2
Ethernetポートの初期設定 ............................................................. 11
2.3.3
ラダープロジェクトのCPU機種変更 .................................................... 15
2.3.4
制御ユニットプロジェクトの計装CPU変更 ........................................... 16
2.3.5
コンパイルとダウンロード .................................................................... 18
2.3.6
制御パラメータの復元(ダウンロード) .................................................. 19
2.3.7
動作確認 ..................................................................................... 19
入出力モジュールのリプレース ...........................................21
付録
◆
2.2.1
付録1
F3CT04/F3CR04/F3CV04モジュールのリプレース ........................... 22
付録2
F3RZ91モジュールのリプレース ............................................................ 24
付録3
F3DA0□モジュールのリプレース .......................................................... 25
Technical Information 改版履歴 .......................................................I
v
Blank Page
1
< 1. 概要 >
1.
概要
本書は、FA-M3 計装機能用の計装 CPU モジュール F3SPV3-4□/F3SPV8-6□
から F3SPV9-7S へリプレースを行う際に、事前に考慮すべきこと、リプレース
作業の手順・注意点を解説したリプレースガイドです。
さらに、代表的な入出力モジュールのリプレース作業についても説明します。
表
計装 CPU モジュールにリプレース対象
現行製品
F3SPV3-4H
F3SPV3-4S
F3SPV8-6H
F3SPV8-6S
図
後継製品
F3SPV9-7S
備考
F3SPV9-7S は Ethernet 通信ポートを内蔵しているため、
F3LE□□は不要になります(非同期イベント通信などモ
ジュール固有の機能を使用している場合を除く)。
システム構成例(リプレース前/後)
参照
・制御ユニットビルダの操作手順については、取扱説明書「VDS/ASTMAC FA-M3 計装パッケージ」
(IM 34P02J01-01)を参考に作業を実施してください。
・ WideField3 の操作手順については、取扱説明書「プログラム開発ツール WideField3 説明書(オ
ンライン編)」(IM 34M06Q16-03)を参考に作業を実施してください。
■ 計装 CPU モジュール F3SPV9-7S の変更点
● 制御機能
・ ラダープログラムを高速化(基本命令 0.00375μsec~、100Kstep/msec
でプログラムを実行(ただし,スキャン周期:約 10ms))しました。
さらに、ラダープログラム容量を最大 200Kstep まで拡大しました。
・ FA-M3V シリーズの入出力モジュールにも対応しました。
ただし、一部の保守終了モジュールは使用対象外となりました。
● 通信機能
・ 10BASE-T/100BASE-TX 対応 Ethernet 通信ポート内蔵で、VDS/ASTMAC や
TOP(TOP3600T や発紘電機株式会社製 MONITOUCH V8 シリーズ)と直接
接続できます(Ethernet インタフェースモジュール不要)。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
2
< 1. 概要 >
1.1
エンジニアリング環境
計装 CPU モジュール F3SPV9-7S のエンジニアリング(リプレース含む)作業を
行うためには、次の開発環境(ソフトウェア)が必要です。
●
●
●
FA-M3 プログラム開発ツール WideField3 R2.04 以降(または R2.03-Z11)
制御ユニットビルダ R7.20 以降
パラメータ復元ツール R7.20 以降
これらの開発環境は、以下の製品に含まれています。
動作環境などは、当該 GS を参照ください。
表
ソフトウェア製品
製品名
形名
GS
備考
FA-M3 プログラム開発ツール
WideField3 R2
SF630-MCW
GS 34M06-N01-01 R2.04 以降、または、
R2.03-Z11
VDS/ASTMAC ソフトウェア媒体
NT201AJ-PC11A
GS 34P02A02-01
R7.20 以降
VDS 基本ソフトウェアライセンス
フルタイム版
NT610FJ-LU□□A
GS 34P02A02-01
FA-M3 計装パッケージ フルタイム版
NT501AJ-LW11A
GS 34P02J01-01
R7.20 以降
TOP-M3 計装パッケージも
使用できます
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
3
< 1. 概要 >
1.2
事前確認事項
計装 CPU モジュール F3SPV3-4□/F3SPV8-6□と F3SPV9-7S の機能(相違点)を
示します。
計装 CPU モジュール F3SPV9-7S で対応していない機能を使用する場合、計装
CPU モジュールのリプレースに加えて、入出力モジュールのリプレースなども必
要になります(例えば CT04 ブロックを CU04 ブロックに変更、F3CT04-□N モ
ジュールを F3CU04-□S モジュールでリプレース)。
■ 制御ブロックの種類
各計装 CPU モジュールで使用できる制御ブロックの種類を、下表に記します。
表
大分類
制御ブロックの種類 (1/2)
SPV3
SPV8
SPV9
PVI
入力指示ブロック
○
○
○
PID
PID 調節ブロック
×
○
○
PID-HC
加熱冷却調節ブロック
×
○
○
PI-HLD
サンプル PI 調節ブロック
×
○
○
ONOFF
2 位置オンオフ調節ブロック
×
○
○
ONOFF-G
3 位置オンオフ調節ブロック
×
○
○
CV04
CV04 調節ブロック
○
○
×
CT04
CT04 調節ブロック
○
○
×
CR04
CR04 調節ブロック
○
○
×
CU04
CU04 調節ブロック
○
○
○
CV04HC
CV04 調節(加熱冷却専用)ブロック
○
○
×
CT04HC
CT04 調節(加熱冷却専用)ブロック
○
○
×
CR04HC
CR04 調節(加熱冷却専用)ブロック
○
○
×
CU04HC
CU04 調節(加熱冷却専用)ブロック
○
○
○
MLD-SW
出力切替スイッチ付手動操作ブロック
○
○
○
MLD-PVI
指示値付手動操作ブロック
○
○
○
RATIO
比率設定ブロック
○
○
○
SS-HI
信号設定(最大値選択)ブロック
○
○
○
SS-LO
信号選択(最小値選択)ブロック
○
○
○
プログラム設定
PROG
プログラム設定ブロック
○
○
○
定量設定
BSETU
定量設定ブロック
○
○
○
DSET
定数設定ブロック
○
○
○
DSET-C
文字型定数設定ブロック
○
○
○
BDSET
バッチデータ設定ブロック
○
○
○
BDSET-L
ロングワード型バッチデータ設定ブロック
○
○
○
VELLIM
変化率制限ブロック
○
○
○
種類
入力指示
調節制御
温調モジュール
連続制御
手動操作
比率設定
信号選択
定数設定
バッチデータ設定
変化率制限
形名
名称
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
4
< 1. 概要 >
表
制御ブロックの種類 (2/2)
大分類
数値演算
演算
アナログ演算
汎用演算
温調計
通信
電力モニタ
ラダー
シーケン
ス制御
SPV3
SPV8
SPV9
ADD
加算ブロック
○
○
○
SUB
減算ブロック
○
○
○
MUL
乗算ブロック
○
○
○
DIV
除算ブロック
○
○
○
NL
折れ線関数ブロック
○
○
○
TPC
温圧補正演算ブロック
○
○
○
TC
温度補正演算ブロック
○
○
○
PC
圧力補正演算ブロック
○
○
○
DLAY
むだ時間ブロック
○
○
○
DLAY-C
むだ時間補償ブロック
○
○
○
LDLAG
進み遅れブロック
○
○
○
SC
スケール変換ブロック
○
○
○
CMP
比較ブロック
○
○
○
CALC
算術演算ブロック
○
○
○
UT
UT 調節ブロック
○
○
○
UTHC
UT 調節(加熱冷却専用)ブロック
○
○
○
UPM
UPM 電力モニタブロック
○
○
×
UPM100
UPM100 電力モニタブロック
○
○
○
UZ
UZ 電力モニタブロック
○
○
○
LADDER
ラダーシーケンスブロック
○
○
○
SI-1
1 入力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SI-2
2 入力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SO-1
1 出力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SO-2
2 出力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SIO-11
1 入力 2 出力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SIO-12
2 入力 1 出力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SIO-21
2 入力 2 出力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SIO-22
2 入力 1 出力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SIO-12P
1 入力 2 パルス出力スイッチ計器ブロック
○
○
○
SIO-22P
2 入力 2 パルス出力スイッチ計器ブロック
○
○
○
種類
スイッチ計器
形名
名称
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
5
< 1. 概要 >
■ 接続機器(RS-485 通信)
各計装 CPU モジュールで使用できる接続機器を、下表に記します。
表
接続機器
通信プロトコル
ブロック形名
SPV3 SPV8 SPV9
接続機器
UT 通信
UT/UTHC
UT320/UT321/UT350/UT351/UT420/UT450/UT520/
UT550/UT551/UT750
UT32A/UT35A/UT52A (*4) /UT55A (*4)
/UT75A
(*5)
○
○
○
UPM 通信
UPM
UPM01/UPM02/UPM03/UPM100 (*1) /UPM101(*1)
○
○
×
UPM100 通信
UPM100
UPM100/UPM101
○
○
○
UZ 通信
UZ
UZ005 (*2) /PR201 (*2)
○
○
×
PR300 (*3)
○
○
○
*1:
*2:
*3:
*4:
*5:
UPM100/UPM101 は、UPM01 通信プロトコル対応機種のみ接続可能。
UPM100(スタイル S1 以降)では、オプション測定機能で積算分解能「Wh」指定の場合、接続可能(無効電力
測定、力率オプションとの併用可能)。
UPM101 では、オプション測定機能で積算分解能「Wh」指定の場合、接続可能(無効電力測定、力率オプショ
ンとの併用可能)。
UZ005/PR201 では、RS-485 通信機能付の場合、接続可能。
PR300 は、スタイル S1.10 以降で接続可能。
UT52A/UT55A は、レビジョン R1.01.05 以降で接続可能。
UT320 ~ UT750 は、通信機能(RS-485 4 線式)付き機種のみ接続可能。
UT32A ~ UT75A は、RS-485 通信機能(4 線式)付き機種のみ接続可能。
■ CPU モジュール実装制限
各計装 CPU モジュールで使用できるアドオン CPU モジュールを、下表に記しま
す。
表
CPU モジュール実装制限
アドオン CPU モジュール
形名
F3MP30-0N
F3FP36-3N
○
○
○
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
○
×
×
F3BP20-0N
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
F3SPV9-7S
F3SP67-6S
F3SPV8-6□
F3SP66-4S
○
F3SP59-7S
○
F3SP35-5N
○
F3SP25-2N
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
F3SP21-0N
F3SPV3-4□
F3SPV9-7S
F3BP30-0N
F3SP76-7□
F3SP71-4□
F3SP59-6□
F3SP53-4□
F3SP38-6□
F3SP28-3□
F3SPV8-6□
F3SPV3-4□
メイン CPU
モジュール
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
6
< 1. 概要 >
■ 入出力モジュール(制御ブロック用)
制御ブロックの入出力用に使用できる入出力モジュールを、下表に記します。
ラダーブロックでは、下表以外の入出力モジュールも使用できます。
表
モジュール名
アナログ入力
モジュール
アナログ出力
モジュール
温度調節・
モニタ
モジュール
入出力モジュール実装制限
形名
SPV3 SPV8 SPV9
仕様
F3AD04-0N
0~5V DC/1~5V DC/-10~10V DC 入力、4 点
端子台
○
○
○
F3AD08-1N
0~5 V DC/1~5V DC/-10~10V DC 入力、8 点
端子台
○
○
○
F3AD04-0R
0~5V DC/1~5V DC/-10~10V DC 入力、4 点、
分解能 16bit A/D
端子台
○
○
○
F3AD08-1R
0~5V DC/1~5V DC/-10~10V DC 入力、8 点、
分解能 16bit A/D
端子台
○
○
○
F3AD04-0V
0~5V DC/1~5V DC/-10~10V DC 入力、4 点、
分解能 12bit A/D
端子台
○
○
○
F3AD08-1V
0~5V DC/1~5V DC/-10~10V DC 入力、8 点、
分解能 12bit A/D
端子台
○
○
○
F3AD08-5R
0~5V DC/1~5V DC/-10~10V DC 入力、8 点(*3)
端子台
○
○
○
F3AD08-6R
0~5V DC/1~5V DC/-10~10V DC 入力、8 点(*3)
端子台
○
○
○
F3DA02-0N
-10~10V DC/4~20mA DC 出力 2 点
端子台
○
○
○
F3DA04-1N
-10~10V DC/4~20mA DC 出力 4 点
端子台
○
○
○
F3DA08-5N
-10~10V DC 出力 8 点(*1)
端子台
○
○
○
F3DA04-6R
1~5V DC-10~10V DC/4~20mA DC 出力 4 点(*2)
端子台
○
○
○
F3DA08-5R
1~5V DC/-10~10V DC 出力 8 点(*2)
端子台
○
○
○
F3CT04-0N
TC 入力、4 ループ、0.5 s スキャン、
PID ON/OFF 制御
端子台
○
○
×
F3CT04-1N
F3CT04-0N に連続 PID(4~20mA DC)出力追加
端子台
○
○
×
F3CR04-0N
RTD 入力、4 ループ、0.5 s スキャン、
PID ON/OFF 制御
端子台
○
○
×
F3CR04-1N
F3CR04-0N に連続 PID(4~20mA DC)出力追加
端子台
○
○
×
F3CU04-0N
ユニバーサル入力、4 ループ、0.2 s スキャン、
PID ON/OFF 制御
端子台
○
○
○
F3CU04-0S
ユニバーサル入力、4 ループ、0.2 s スキャン、
PID ON/OFF 制御
端子台
○
○
○
F3CU04-1N
F3CU04-0N に 4~20mA DC 出力追加
端子台
○
○
○
F3CU04-1S
F3CU04-0S に 4~20mA DC 出力追加
端子台
○
○
○
PID 制御
モジュール
F3CV04-1N
1~5 V DC 入力/4~20mA DC 出力、4 ループ、
0.5 s スキャン
端子台
○
○
×
温度モニタ
モジュール
F3CX04-0N
ユニバーサル入力、4 点、0.2 s スキャン
端子台
○
○
○
パルス入力
モジュール
F3XS04-3N
0~20 kHz、24 V DC 入力、4 点
○
○
○
F3XS04-4N
0~20 kHz、12 V DC 入力、4 点
○
○
○
接点入力
モジュール
F3X□08-□□
入力 8 点
端子台
○
○
○
F3X□16-□□
入力 16 点
端子台
○
○
○
F3X□32-□□
入力 32 点
コネクタ
○
○
○
F3X□64-□□
入力 64 点
コネクタ
○
○
○
F3Y□04-□□
出力 4 点
端子台
○
○
○
F3Y□08-□□
出力 8 点
端子台
○
○
○
F3Y□14-□□
出力 14 点
端子台
○
○
○
F3Y□16-□□
出力 16 点
端子台
○
○
○
F3Y□32-□□
出力 32 点
コネクタ
○
○
○
F3Y□64-□□
出力 64 点
コネクタ
○
○
○
F3RZ91-0F
最大 115200 bps、RS-422/485 1 ポート
○
○
○
F3RZ91-0N
最大 19200 bps、RS-422/485 1 ポート
○
○
○
接点出力
モジュール
ラダー通信
モジュール
*1:
*2:
*3:
F3DA08-5N は、4 ~ 20 mA 出力はできません。
F3DA04-6R、F3DA08-5R は、表記以外の出力信号レンジでは、出力できません。
F3AD08-5R、F3AD08-6R は、表記以外の入力信号レンジで は、入力できません。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
7
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.
計装CPUモジュールのリプレース
本章では、計装 CPU モジュールのリプレースの作業手順について説明します。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
8
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.1
作業概要
■ 必要なアイテム
計装 CPU モジュールのリプレースに必要なエンジニアリング環境(ソフトウェ
ア)について記します。
●
●
●
FA-M3 プログラム開発ツール WideField3 R2.04 以降(または R2.03-Z11)
制御ユニットビルダ R7.20 以降
パラメータ復元ツール R7.20 以降
■ 作業概要
計装 CPU モジュールをリプレースする手順の概要を説明します。
● リプレース手順の流れ
Step1:事前準備
ラダープロジェクトの保存(バックアップ)
制御ユニットプロジェクトの保存(バックアップ)
制御パラメータの収集(アップロード)
Step2:リプレース作業
計装 CPU モジュールの交換(実装)
Ethernet ポートの初期設定
ラダープロジェクトの CPU 機種変更
制御ユニットの計装 CPU 変更
コンパイルとダウンロード
制御パラメータの復元(ダウンロード)
動作確認
補足
IP アドレスの変更やタグ名の変更を行わないことを前提に作業手順を説明しています。
この場合、データサーバ(オブジェクトビルダ)やグラフィック機能(グラフィックデザイナ)の
変更は不要です。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
9
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.2
事前準備
次項のリプレース作業を行う前に、WideField3 用のラダープロジェクト、制御ユ
ニットビルダ用の制御ユニットプロジェクトをバックアップすること、制御パラ
メータを収集(アップロード)することをお勧めします。
2.2.1
ラダープロジェクトの保存(バックアップ)
現状の WideField3(WideField、WideField2 を含む)のプロジェクトを、バック
アップします。
■ 作業手順
ラダープロジェクトは、FA-M3 プログラム開発ツール WideField3 を用いて、バッ
クアップします(例:フォルダ単位のバックアップ、DISK 単位のバックアップ
なども可能です)。
1. WideField3 を起動し、プロジェクトを開きます。
2. 名前(別名)を付けて保存します。
2.2.2
制御ユニットプロジェクトの保存(バックアップ)
現状の制御ユニットビルダのプロジェクトを、バックアップします。
■ 作業手順
制御ユニットプロジェクトは、制御ユニットビルダを用いて、バックアップしま
す(例:フォルダ単位のバックアップ、DISK 単位のバックアップなども可能で
す)。
1. 制御ユニットビルダを起動し、プロジェクトを開きます。
2. 名前(別名)を付けて保存します。
2.2.3
制御パラメータの収集(アップロード)
現状の制御パラメータを、計装 CPU モジュール F3SPV3/F3SPV8 からアップ
ロードします。
■ 作業手順
制御パラメータは、パラメータ復元ツールを用いて、計装 CPU モジュール
F3SPV3-4□/F3SPV8-6□からアップロードします。
1. パラメータ復元ツールを起動し、[アップロード]ボタンを選択します。
2. 「パラメータの収集」ダイアログボックスで、「プロジェクト」、「ユニッ
ト」、「CPU 番号」、[すべてのタグ]チェックボックスを選択、「パラ
メータファイル」を指定して、[アップロード]を選択します。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
10
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.3
2.3.1
リプレース作業
計装CPUモジュールの交換
計装 CPU モジュールを交換します。
図
CPU モジュールの交換作業
■ 作業手順
計装 CPU モジュール F3SPV3-4□/F3SPV8-6□を、F3SPV9-7S に交換します。
1. ベースモジュールから F3SPV3-4□/F3SPV8-6□を外し、代わりに F3SPV97S を着けます。
2. 非同期イベントなど Ethernet インタフェースモジュール F3LE□□固有の機
能を使用する場合を除き、F3LE□□から、Ethernet ケーブルを外し、
F3SPV9-7S モジュールに付け替えます。
重 要
・ FA-M3 の各種モジュールは、オンライン脱着はできません。必ず、電源を
切ってからモジュールを交換してください。
・ 同一のネットワークに、同じ IP アドレスを持つ機器を接続しないでください。
F3LE□□モジュールをそのまま使用する場合は、IP アドレスを変更してくだ
さい。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
11
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.3.2
Ethernetポートの初期設定
はじめて F3SPV9-7S モジュールを使用する際、Ethernet 通信関連の CPU プロパ
ティの設定が必要です。
IP アドレス、サブネットマスク、上位リンクサービスポート A プロトコル、同コ
マンドデータ形式を下表のように設定してください。
表
CPU プロパティの設定項目
設定項目
設定値
初期値
IP アドレス
適宜
192.168.0.2
サブネットマスク
適宜
255.255.255.0
上位リンクサービスポート A プロトコル
1:UDP/IP
0:TCP/IP
上位リンクサービスポート A コマンドデータ形式
0:ASCII 形式
0:ASCII 形式
■ 作業手順
Ethernet ポートの初期設定は、WideField3 を用いて F3SPV9-7S モジュールの CPU
プロパティに対して設定します。
1. WideField3 と F3SPV9-7S モジュールを Ethernet 経由で接続(配線)します。
2. WideField3 で、F3SPV9-7S モジュール(IP アドレス初期値:192.168.0.2)を
オンライン接続します。
初期値 192.168.0.2
図
オンライン接続
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
12
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
3. CPU プロパティ編集ウィンドウで、ETHERNET セクションを選択し、IP ア
ドレス、サブネットマスクを設定します。
図
CPU プロパティ/Ethernet 設定セクション
図
CPU プロパティ/Ethernet 設定
補足
IP アドレスは、従来の F3LE□□モジュールの IP アドレスを引き継ぐことをお勧めします。従来と
異なる IP アドレスを使用することも可能ですが、VDS/ASTMAC データサーバ(オブジェクトビル
ダ)や TOP 計装の場合は、TOP や MONITOUCH の設定を変更する必要があります。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
13
4. CPU プロパティ編集ウィンドウで、HIGHER-LEVEL_LINK_SERVICE セク
ションを選択し、上位リンクサービスポート A プロトコル、上位リンクサー
ビスポート A コマンドデータ形式を設定します。
図
CPU プロパティ/上位リンクサービス設定セクション
図
CPU プロパティ/上位リンクサービス設定
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
14
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
5. CPU プロパティ編集ウィンドウから CPU プロパティをダウンロードします。
CPU プロパティ編集ウィンドウで、右クリックしてメニューの [ダウンロー
ド]を選択します。
右クリック
図
CPU プロパティのダウンロード
6. F3SPV9-7S モジュールを再起動します。
再起動によって、CPU プロパティの設定値が反映されます。
重 要
オンラインで CPU プロパティのデータ変更した後の CPU プロパティ表示では
データ変更後の値は確認できまが、実際の通信部分のデータが変更されていませ
ん。必ず、再起動してください。
補足
F3SPV9-7S モジュールの工場出荷時の IP アドレスは、192.168.0.2(初期値)です。
パソコン(WideField3 側) の IP アドレスをこれと接続可能なアドレスに接続してください(例:
192.168.0.100)。作業終了後、パソコンの IP アドレスは適宜、変更してください。
参照
・CPU プロパティについては、「シーケンス CPU 説明書 機能編(F3SP71、76、-□N/-□S 対応)」
(IM 34M06P15-01)の「A9. 設定の説明」をご覧ください。その際、F3SP76-7S を F3SP9-7S に
置き換えてご覧ください。
・ WideField3 による CPU プロパティの変更については、「FA-M3 プログラム開発ツール
WideField3 説明書」(IM 34M06Q16-□□)をご覧ください。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
15
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.3.3
ラダープロジェクトのCPU機種変更
WideField3(WideField、WideField2 を含む)で作成した F3SPV3/F3SPV8 用のラ
ダープロジェクトを、WideField3 で F3SPV9-7S 用に変更します。
■ 作業手順
ラダープロジェクトの CPU 機種は、WideField3 を用いて変更します。
1. WideField3 で、リプレース対象の F3SPV3/F3SPV8 用のラダープロジェクト
を開きます。
WideField または WideField2 で作成したラダープロジェクトは、WideField3 用
に変換されます。
図
バージョン変更の確認ダイアログボックス
2. [プロジェクトの設定/コンフィギュレーション]ウィンドウを開き、CPU
機種を F3SPV9-7S に変更します。
図
CPU 機種設定
3. ラダープロジェクトを[上書き保存]します。
重 要
WideField または WideField2 で作成したラダープロジェクトを、WideField3 で開
くと WideField3 用に変換されます。そのラダープロジェクトは、以降 WideField
または WideField2 では、使用できなくなります。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.3.4
16
制御ユニットプロジェクトの計装CPU変更
制御ユニットプロジェクトの計装 CPU モジュールのタイプを、F3SPV3/F3SPV8
から F3SPV9 に変更します。
■ 作業手順
制御ユニットプロジェクトの計装 CPU モジュールのタイプは、制御ユニットビ
ルダを用いて変更します。
1. 制御ユニットビルダで、リプレース対象の制御ユニットプロジェクトを開き
ます。
2. ツリービューまたはリストビューでリプレース対象(F3SPV3/F3SPV8)の
[計装 CPU]ノードを選択し、メニューバーの[プロジェクト]―[CPU の
変更]コマンドを選択します。
図
CPU の変更コマンド
図
CPU の変更ダイアログボックス
3. 「CPU の変更」ダイアログボックスで、CPU タイプ:「SPV9S」を選択し、
[OK]を選択します。
4. 制御ユニットプロジェクトを保存します。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
17
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
重 要
「CPU の変更」で CPU タイプを「SPV3」または「SPV3S」から「SPV9S」へ変
更すると、「CPU 共通定義」の内容が初期化されます。必要に応じて、再設定し
てください。
なお、ローカル内部リレー開始アドレス、ローカルデータレジスタ開始番号は、
変更前と同じ設定はできません(ローカルデバイスの先頭アドレスは変更されま
すが、運転上は影響ありません)。
表
アプリケーション用デバイス一覧
デバイス
内部リレー
ローカル内部リレー
データレジスタ
ローカルデータレジスタ
ファイルレジスタ
ローカルファイルレジスタ
キャッシュレジスタ
ローカルキャッシュレジスタ
タイマ
ローカルタイマ
アドレス・容量
F3SPV3
F3SPV8
F3SPV9
I14337-I16384
I16385-I32768
I14337-I65535
I15361-I16384
I20481-I32768
I20481-I65535
D14337-D16384
D16385-D32768
D14337-D65535
D15361-D16384
D20481-D32768
D20481-D65535
B16385-B32768
B20481-B32768
―
―
―
T00257-T01024
T00257-T00512
F000001-F524288
F020481-F524288
T00257-T02048
T00513-T01024
C00257-C01024
C00769-C01024
ローカルカウンタ
V033-V256
インデックスレジスタ
E2049-E4096
拡張共有リレー
R1025-R4096
拡張共有レジスタ
リンクレジスタ
B20481-B262144
―
カウンタ
リンクリレー
B16385-B262144
L00001-L32048
L00001-L72048
W00001-W32048
W00001-W72048
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
18
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.3.5
コンパイルとダウンロード
「SPV9S」用に変更した制御ユニットプロジェクトを、計装 CPU モジュール
F3SPV9-7S へコンパイルしてから,ダウンロードします。
■ 作業手順
制御ユニットプロジェクトは、コンパイルを行い、計装 CPU モジュール
F3SPV9-7S へダウンロードします。
1. 制御ユニットビルダで、F3SPV9 用に変更した制御ユニットプロジェクトを
開きます。
2. ツリービューまたはリストビューでコンパイル対象の[計装 CPU]ノードを
選択し、メニューバーの[実行]-[コンパイル]コマンドを選択します。
3. ツリービューまたはリストビューでコンパイル対象の[計装 CPU]ノードを
選択し、メニューバーの[実行]-[ダウンロード]コマンドを選択します。
「ダウンロード」ダイアログボックスでは、[初期化する]チェックボック
スを選択し、[OK]を選択します。
図
ダウンロードダイアログボックス
重 要
「CPU の変更」で CPU タイプを変更した際、F3SPV9-7S で対象外となる制御ブ
ロックなどが定義されていると、コンパイルエラーとなります。エラー発生時に
は、制御ブロックの種類を変更するなど、適宜対処してください。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
19
<2.計装 CPU モジュールのリプレース >
2.3.6
制御パラメータの復元(ダウンロード)
事前準備で保存(アップロード)した制御パラメータを、計装 CPU モジュール
F3SPV9-7S へダウンロードします。
■ 作業手順
制御パラメータは、パラメータ復元ツールを用いて、計装 CPU モジュール
F3SPV9-7S へダウンロードします。
1. パラメータ復元ツールを起動し、[ダウンロード]ボタンを選択します。
2. 「パラメータの復元」ダイアログボックスで、「プロジェクト」、「パラ
メータファイル」、「ユニット」、「CPU 番号」、[すべてのタグ]チェッ
クボックスを選択して、[ダウンロード]を選択します。
2.3.7
動作確認
リプレース作業の最後に、動作確認を行ってください。
・制御ブロックの動作ならびにパラメータの値
・ラダープログラムの動作ならびに変数(デバイス)の値
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
Blank Page
<付録
入出力モジュールのリプレース>
21
付録 入出力モジュールのリプレース
本章では、リリースアップの際に制御ユニットビルダなどでの設定変更が必要な
入出力モジュールについて説明します。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
<付録
22
入出力モジュールのリプレース>
付録 1 F3CT04/F3CR04/F3CV04 モジュールの
リプレース
温度調節・モニタモジュール F3CT04-□N/F3CR04-□N ならびに PID 制御モ
ジュール F3CV04-1N は、すでに保守終了となっております。このため、同モ
ジュールを交換する際は、温度調節・モニタモジュール(ユニバーサル入力)
F3CU04-□S でリプレースします。
なお、モニタ専用に使用する場合は、温度モニタモジュール F3CX04-0N でもリ
プレースできます。
表 リプレースモジュール
受注停止製品
F3CT04-□N
F3CR04-□N
後継製品
備考
F3CU04-□S または
F3CX04-0N(モニタ専用)
F3CV04-1N
■ 必要なアイテム
●
●
制御ユニットビルダ R5.50 以降
チューニングパネル R5.50 以降
■ 作業手順(制御用の場合)
1. チューニングパネルを用いて、当該タグの制御パラメータを記録しておいて
ください。(パラメータ復元ツールでは復元できません)
2. 制御ユニットビルダを起動し、プロジェクトを開きます。
3. 入出力モジュール定義を開き、「CT04」/「CR04」/「CV04」を選択し、
削除します。
4. 入出力モジュール定義で、「CU04」を再定義します。
5. 制御ブロック定義を開き、「CT04(HC)」/「CR04(HC)」/「CV04
(HC)」ブロックのタグを選択し、削除します。
6. 制御ブロック定義で、「CU04(HC)」ブロックのタグを再定義します。
7. 制御ブロックの詳細定義を開き、IN 端子に F3CU04 モジュールを再設定しま
す。その他の設定項目も適宜、設定します。
8. プロジェクトを保存します。
9. コンパイルならびにダウンロードします。
10. チューニングパネルを用いて、制御パラメータを再設定します。
補足
・ 温度調整・モニタモジュールの制御特性は完全互換ではありません。
・ 制御パラメータのアイテム、設定範囲も異なるものがあります。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
<付録
入出力モジュールのリプレース>
23
■ 作業手順(モニタ用の場合)
1. 制御ユニットビルダを起動し、プロジェクトを開きます。
2. 入出力モジュール定義を開き、「CT04」/「CR04」/「CV04」を選択し、
削除します。
3. 入出力モジュール定義で、「CX04」を再定義します。
4. 制御ブロックの詳細定義を開き、IN 端子に F3CX04 モジュールを再設定しま
す。
5. プロジェクトを保存します。
6. コンパイルならびにダウンロードします。
補足
タグの制御ブロック種別は変更する必要はありません。したがいまして、IN 端子以外の設定は、基
本的に変更不要です。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
<付録
24
入出力モジュールのリプレース>
付録 2 F3RZ91 モジュールのリプレース
ラダー通信モジュール F3RZ91-0N は、すでに受注停止となっております。この
ため、同モジュールを交換する際は、ラダー通信モジュール F3RZ91-0F でリプ
レースします。
表 リプレースモジュール
受注停止製品
F3RZ91-0N
後継製品
備考
F3RZ91-0F
■ 必要なアイテム
●
制御ユニットビルダ R6.20 以降
■ 作業手順(制御用の場合)
1. 制御ユニットビルダを起動し、プロジェクトを開きます。
2. 入出力モジュール定義を開き、「RZ91□□□」を選択し、削除します。
3. 入出力モジュール定義で、「RZ91F□□□」を再定義します。
表 入出力モジュール定義の変更
変更前
変更後
備考(接続機器)
RZ91UT□
RZ91FUT□
UTGreen シリーズ/UTAdvanced シリーズ
RZ91UZ□
RZ91FUZ□
UZ005/PR002/PR300
RZ91PL□
RZ91FPL□
UPM100/101
RZ91PM□
RZ91FPM□
UPM01/02/03(F3SPV9-7S では使用不可)
4. 制御ブロックの詳細定義を開き、IN 端子に F3RZ91-0F モジュールを再設定し
ます。
5. プロジェクトを保存します。
6. コンパイルならびにダウンロードします。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
<付録
25
入出力モジュールのリプレース>
付録 3 F3DA0□モジュールのリプレース
アナログ出力モジュール F3DA02-0N/F3DA04-1N/F3DA08-5N は、すでに受注
停止となっております。このため、同モジュールを交換する際は、アナログ出力
モジュール F3DA04-6R/F3DA08-5R でリプレースします。
表 リプレースモジュール
受注停止製品
F3DA02-0N
後継製品
備考
F3DA04-6R
F3DA04-1N
F3DA08-5N
F3DA08-5R
■ 必要なアイテム
●
制御ユニットビルダ R7.20 以降
■ 作業手順(制御用の場合)
1. 制御ユニットビルダを起動し、プロジェクトを開きます。
2. 入出力モジュール定義を開き、「DA02」/「DA04」/「DA08」モジュール
を選択し、削除します。
3. 入出力モジュール定義で、「DA04R」/「DA08R」を再定義します。
表 入出力モジュール定義の変更
変更前
DA04
変更後
補助指定で 0(-10~10V)/1(1~5VDC)/
2(4~20mADC)を指定
DA08R
補助指定で 0(-10~10V)/1(1~5VDC)を指定
DA04
DA08
備考
DA04R
4. 制御ブロックの詳細定義を開き、IN 端子に F3DA04-6R/F3DA08-5R モ
ジュールを再設定します。
その際、補助指定で出力信号種別を指定します。(受注停止品は、端子位置
で出力信号を選択していました。)
5. プロジェクトを保存します。
6. コンパイルならびにダウンロードします。
TI 34P02J02-02
2013. 05.31-00
Blank Page
I
Technical Information
◆
資料名称:
資料番号:
改版履歴
計装 CPU モジュール リプレースガイド
TI 34P02J02-02
’13 年 5 月/初版/R7.20 以降*
・新規発行
*:Technical Information 記載内容と対応しているソフトウェアのリリース番号。対応する範囲は次の改訂
版が発行されるまで。
■お問い合わせについて
本書の内容に関するご質問は、下記メールアドレスにて
お願いいたします。
問い合わせメールアドレス:[email protected]
■著作者
横河電機株式会社
■発行者
横河電機株式会社
〒180-8750 東京都武蔵野市中町 2-9-32
記載内容は、お断りなく変更することがあります。
TI 34P02V06-01
2013. 05.31-00
Fly UP