...

FITELnet F60 コマンドリファレンス操作コマンド編

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

FITELnet F60 コマンドリファレンス操作コマンド編
ギガビットイーサネット対応 IPsec ルータ
コマンドリファレンス
FITELnet F60
(操作コマンド編)
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
目次
装置に関する操作 ........................................................................... 6
基本設定モードへ移行 ..................................................................... 6
ログイン ID の設定 ........................................................................ 7
パスワードの設定 ......................................................................... 8
トレースルートの取得 ..................................................................... 9
ping の実行 .............................................................................. 10
ping の実行(拡張型) .................................................................... 12
データ通信端末の detach .................................................................. 14
データ通信端末の attach .................................................................. 15
現在時刻、日付の設定 .................................................................... 16
タイムサーバ接続による時刻設定........................................................... 17
TELNET の実行 ............................................................................ 18
TELNET セッションの切断 .................................................................. 19
装置の再起動 ............................................................................ 20
ファームウェアのコピー .................................................................. 21
ファームウェアの切り替え ................................................................ 23
ファームウェア/設定情報自動切り戻し機能 ................................................. 24
USB ポートのリセット ..................................................................... 26
インタフェースに関する操作................................................................. 27
PPPoE の手動接続 ......................................................................... 27
PPPoE の手動切断 ......................................................................... 28
統計情報の初期化 ........................................................................ 29
EMAC 統計情報の初期化 .................................................................... 31
MAC アドレステーブル情報の初期化 ......................................................... 32
インターナルブリッジカウンタの初期化 ..................................................... 33
IPv6 ルーティングに関する操作 .............................................................. 34
BGP セッションの初期化 ................................................................... 34
BGP における redistribute の初期化 ........................................................ 35
IPv6 近隣情報の初期化 .................................................................... 36
IPv6 統計情報の初期化 .................................................................... 37
IPv6 プレフィックスリストに関する情報の初期化 ............................................ 38
IPv6 学習フィルタリング情報の初期化 ...................................................... 39
監視先データベースの初期化............................................................... 40
アドレスプール統計情報の初期化........................................................... 41
DHCPv6 クライアント機能の統計情報を初期化 ................................................ 42
DHCPv6 サーバ機能の統計情報を初期化 ...................................................... 43
マルチキャストに関するプロセスの初期化 ................................................... 44
MLD パケット現統計情報の初期化 ........................................................... 45
IPv4 ルーティングに関する操作 .............................................................. 46
ARP テーブルの初期化 ..................................................................... 46
BGP セッションの初期化 ................................................................... 47
BGP における redistribute の初期化 ........................................................ 48
RIP における redistribute の初期化 ........................................................ 49
2
目次
OSPF における redistribute の初期化 ....................................................... 50
DNS(キャッシュ)情報の初期化............................................................ 51
IP 統計情報の初期化 ...................................................................... 52
IPv4 学習フィルタリング情報の初期化 ...................................................... 53
学習した IP アドレスの初期化.............................................................. 54
NAT 変換テーブルの初期化 ................................................................. 55
監視先データベースの初期化............................................................... 56
(S,G)又は(*,G)エントリの初期化........................................................... 57
IGMP パケットの統計情報の初期化 .......................................................... 58
マルチキャストに関するプロセスの初期化 ................................................... 59
IPsec に関する操作 ......................................................................... 60
ISAKMP-SA の削除 ......................................................................... 60
IPsecSA の削除 ........................................................................... 61
IPsecSA の DISCARD 実行/解除 .............................................................. 62
IKE SA の削除 ............................................................................ 63
CHILD SA の削除 .......................................................................... 64
VPN ログ情報の初期化 ..................................................................... 65
VPN 統計情報の初期化 ..................................................................... 66
鍵ペアの生成 ............................................................................ 67
自身の証明書のリクエストのメッセージの作成 ............................................... 68
電子証明書の登録 ........................................................................ 69
電子証明書の削除 ........................................................................ 71
CRL の取得 ............................................................................... 72
Layer2 中継機能に関する操作 ................................................................ 73
L2TPv3 セッションの確立 .................................................................. 73
L2TPv3 セッションの切断 .................................................................. 74
L2TPv3 セッションのクリア ................................................................ 75
L2TPv2 セッションのクリア ................................................................ 76
L2TPv2 メッセージの統計情報の初期化 ...................................................... 77
L2TPv2 コネクション制御メッセージの統計情報の初期化 ...................................... 78
L2TPv2 セッション制御メッセージの統計情報の初期化 ........................................ 79
L2TPv2 セッションと PPP セッションのクリア ................................................ 80
DHCP に関する操作 .......................................................................... 81
サーバから取得したアドレスの初期化....................................................... 81
サーバからアドレスの再取得............................................................... 82
UPnP に関する操作 .......................................................................... 83
イベント受信情報の初期化 ................................................................ 83
ポートマッピングの初期化 ................................................................ 84
モデムに関する操作 ........................................................................ 85
接続相手装置に発呼する .................................................................. 85
接続している相手装置の切断............................................................... 86
パケット数リミッタの解除 ................................................................ 87
累積許容時間リミッタの解除............................................................... 88
発呼回数カウンターの初期化............................................................... 89
無線 LAN アクセスポイントに関する操作 ....................................................... 90
3
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
統計情報(ブリッジインタフェース)の初期化 ............................................... 90
統計情報(VAP 毎)の初期化 ............................................................... 91
統計情報(本体との Ether 接続)の初期化 ................................................... 92
アクセスポイントモジュールの再起動....................................................... 93
WPS(プッシュボタン)動作の開始............................................................ 94
WPS(PIN コード)動作の開始 ................................................................ 95
冗長機能に関する操作 ...................................................................... 96
VRRP に関する操作(マスター動作の放棄) .................................................. 96
VRRP に関する操作(マスター動作への移行) ................................................ 97
イベントアクションに関する操作........................................................... 98
QoS に関する操作 ........................................................................... 99
QoS 統計情報の初期化 ..................................................................... 99
障害監視/通知機能に関する操作............................................................ 100
軽度障害情報の初期化 ................................................................... 100
重度障害情報の初期化 ................................................................... 101
環境障害情報の初期化 ................................................................... 102
フィルタリング情報の初期化.............................................................. 103
フィルタリングカウンタの初期化.......................................................... 104
MAC アクセスリスト統計情報の初期化 ...................................................... 105
認証が成功している MAC アドレスの無効化 .................................................. 106
MAC フィルター情報のエントリの統計情報の初期化 .......................................... 107
RADIUS 情報のエントリの統計情報の初期化 ................................................. 108
不正アクセスに関する情報の初期化........................................................ 109
自律監視機能に関する情報の初期化........................................................ 110
SSH サーバ機能に関する操作 ................................................................ 119
ホスト固有鍵の生成 ..................................................................... 119
自身の固有鍵の削除 ..................................................................... 120
SSH セッション強制切断 .................................................................. 121
遠隔保守支援機能に関する操作.............................................................. 122
遠隔保守支援機能の開始・終了............................................................ 122
設定内容に関する操作 ..................................................................... 123
設定情報の初期化 ....................................................................... 123
設定情報の適用 ......................................................................... 124
設定情報の再適用 ....................................................................... 126
設定情報の保存 ......................................................................... 128
設定情報のコピー ....................................................................... 130
設定情報の切り替え ..................................................................... 132
運用中の設定情報の適用 ................................................................. 133
タスクトレースに関する操作................................................................ 134
タスクトレース情報の初期化.............................................................. 134
ダイナミック DNS に関する操作.............................................................. 135
インタフェースの統計情報の初期化........................................................ 135
ポートモニタリング機能に関する操作........................................................ 136
4
目次
モニタリングするポートの指定............................................................ 136
結果を出力するポートの指定.............................................................. 137
USB ファイルシステムに関する操作 .......................................................... 138
ディレクトリ/ファイルの情報............................................................. 138
ディレクトリの作成 ..................................................................... 140
ディレクトリの削除 ..................................................................... 141
ファイルの削除 ......................................................................... 142
ファイル名の変更 ....................................................................... 143
ファイルのコピー ....................................................................... 144
ファイルシステムのマウント.............................................................. 146
ファイルシステムのアンマウント.......................................................... 147
設定情報の読み込み ..................................................................... 148
設定情報の保存 ......................................................................... 150
設定情報/ファームウェアのインストール ................................................... 152
設定情報/ファームウェアのバックアップ ................................................... 154
ファイルの暗号化 ....................................................................... 156
sFlow に関する操作 ........................................................................ 157
sflow の統計情報の初期化 ................................................................ 157
sflow のトラフィック統計情報の初期化 .................................................... 158
5
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
装置に関する操作
基本設定モードへ移行
configure terminal
基本設定モードへ移行します。
表示画面例
Router#configure terminal
Router(config)#
コマンド書式
configure terminal
パラメータ
パラメータはありません。
6
装置に関する操作
ログインIDの設定
login
ログイン ID を設定します。
表示画面例
Router# login furukawa
Router#
コマンド書式
login <ログイン ID>
パラメータ
パラメータ
ログイン ID
設定内容
設定範囲
省略時の値
ftp、web、telnet、コンソールにログインする際のログ
31 文字以内の文字列 省略不可
イン ID を設定します。
この設定を行わない場合
ログイン ID は以下の通りになります。
ftp 、web: root
telnet、コンソール : なし
7
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
パスワードの設定
password
パスワードを設定します。
表示画面例
Router#password enable
Enter now password:
Enter new password:
Retype new password:
Router#
コマンド書式
password {login | enable}
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
ログイン、または特権ユーザパスワードを設定します。
login | enable
8
login
ログインパスワードを設定します。
enable
特権ユーザモードへ移行するパスワードを設
定します。
16 文字以内
省略不可
の英数字
装置に関する操作
トレースルートの取得
trace
トレースルートを実行します。
表示画面例
Router#trace 192.168.10.1
Router#
コマンド書式
trace[プロトコル]<宛先>[source-interface <インタフェース名>][-n] [ttl <TTL 値>]
[port <ポート番号>]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
プロトコル
トレースルートを IPv4 形式で行うか、IPv6 形式で
行うか指定します。
ip
ipv6
パラメータ宛先
で指定したアド
レス形式
宛先
トレースルートの宛先を IP アドレスまたは、ホスト
名でしています。
IPv4 アドレス形式
IPv6 アドレス形式
英数字
省略不可
インタフェース名
lan 1
ewan 1
送信元アドレスとして使用するアドレスを、インタフ
loopback 1~16
ェース名で指定します。
dialer 1~20
vlanif 1~16
実際に送信する
インタフェースに
なります。
-n
-n オプションを設定することで、トレースルートを実
-n
行する際にリゾルバを使用しません。
リゾルバを使用
します。
TTL 値
トレースルートを実行する際の TTL 値を指定しま
す。
32
ポート番号
トレースルートを実行する際のポート番号を指定し
1~64771
ます。
2~255
33434
9
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
pingの実行
ping
ping を実行します。
表示画面例
Router> ping 192.168.10.1
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.10.1, timeout is 2 seconds:
!!!!! ← Reply 結果※
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 10/16/20 ms
Router>
※:Reply 結果に関しては、Reply 結果の説明を参照して下さい。
Reply 結果の説明
表示項目
内
容
!
応答を受信しました。
.
応答がタイムアウトしました。
U
宛先到達不能です。
C
ネットワークに輻輳が発生してます。
?
未知のパケットタイプを受信しました。
&
パケットの lifetime が切れました。
コマンド書式
ping [プロトコル] <宛先> [source-interface <インタフェース名>]
10
装置に関する操作
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
プロトコル
ping を IPv4 形式で行うか、IPv6 形式で行うか指 ip
定します。
ipv6
宛先
宛先をアドレスまたは、ホスト名で指定します。
インタフェース名
lan 1
ewan 1
送信元アドレスに、任意のインタフェースのアドレ
loopback 1~16
スを使用する場合に指定します。
vlanif 1~16
dialer 1~20
省略時の値
パラメータ宛先で指
定したアドレス形式
IP アドレス形式
IPv6 アドレス形式 省略不可
ホスト名
実際に送信するイ
ンタフェースのアド
レス
11
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
pingの実行(拡張型)
ping
ping を範囲を指定して実行します。会話型になります。
表示画面例
#ping
Protocol [ip|ipv6]:
Target IP address or hostname: xxx.xxx.xxx.xxx
Repeat count [5]:
Datagram size [100]:
Timeout in seconds [2]:
Extended commands [n]:
Sweep range of sizes [n]:
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to xxx.xxx.xxx.xxx, timeout is 2 seconds:
!!!!! ← Reply 結果※
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 10/18/40 ms
#
※:Reply 結果に関しては、Reply 結果の説明を参照して下さい。
Reply 結果の説明
表示項目
容
!
応答を受信しました。
.
応答がタイムアウトしました。
U
宛先到達不能です。
C
ネットワークに輻輳が発生してます。
?
未知のパケットタイプを受信しました。
&
パケットの lifetime が切れました。
コマンド書式
ping
12
内
装置に関する操作
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
(Enter のみ入
力した場合)
ip | ipv6
ipv4、ipv6 を選択します。
Ip
ipv6
Target IP address or hostname
送信先アドレスを指定します。
ip、ipv6 形式で指
省略不可
定します。
Repeat count
送信回数を指定します。
1~2147483647
5回
Datagram size
データサイズを指定します。
36~18024
100byte
Timeout in seconds
タイムアウト時間を指定します。
2~3600
2秒
Source address
送信元 IP アドレス
IP アドレス形式で
省略不可
指定します。
UDP protocol
UDP を使用するかどうか
y or n
n(ICMP)
Type of service
TOS 値を指定します。
0~255
0
Set DF bit int IP header
DF(Don’t Fragment)ビットを指定
yes or no
するかどうかを選択します。
no
Validate reply data
応答データの検証を行うかどうかを
yes or no
指定します。
no
Data pattern
データパターンを指定します。
0x0000~0xffff.
0xabcd
LSRR/SSRR/Timestamp
/Record/Verbose
Loose, Strict, Record, Timestamp,
Verbose から選択します。
L,S,R,T,V
none
Sweep range of sizes
データ長を可変させるかどうかを選
y or n
択します。※1
n
Sweep min size
最小データ長を指定します。
最小値 36
36byte
Sweep max size
最大データ長を指定します。
最大値 18024
8156bypte
Sweep interval
データ長増加間隔
-
1byte ずつ増加
IPv4
※ データ長可変とした場合、上で設定したデータサイズの内容は無効になり、(最小データ~最大データ)
×送信回数分だけ ping を行います。
13
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
データ通信端末のdetach
detach usb
アタッチ状態のデータ通信端末をデタッチ状態にし、データ通信端末を抜去可能とします。
装置からデータ通信端末を抜去する際は、必ず detach コマンドを実行して下さい。
detach コマンド成功後、データ通信端末抜去前の call コマンドはエラーとなり、データ通信端末の再装着
または attach コマンドの実行が必要です。
表示画面例1 detach コマンド成功時
Router# detach usb 1
% usb 1 is detached, ready to be ejected.
Router#
表示画面例2 データ通信端末未装着時
Router# detach usb 1
% usb 1 has not been attached.
Router#
表示画面例3 データ通信端末が回線接続中等で抜去出来ない時
Router# detach card 1
usb 1 is occupied. Do you want to detach the card forcedly? [yes/no]:
コマンド書式
detach usb <slot 番号> [ forced ]
パラメータ
パラメータ
14
設定内容
設定範囲
slot 番号
抜去対象とするデータ通信端末を指定します。
1
forced
データ通信端末が回線接続中であっても、通信を
切断し、抜去可能な状態に制御されます。
forced
また、その際にプロンプトは表示されません。
省略時の値
省略不可
データ通信端末が回線接続
中の場合は、detach を選択す
るプロンプトが表示されます。
装置に関する操作
データ通信端末のattach
attach usb
detach コマンドで抜去可能な状態に制御されたデータ通信端末を、装置に装着されたままの状態で再度接続
可能な状態にします。
一度装置から抜去したデータ通信端末を装置へ最装着する際は、本コマンドの実行の必要はありません。
表示画面例1 attach コマンド成功時
Router# attach usb 1
Router#
表示画面例2 データ通信端末未装着
Router# attach usb 1
% usb 1 has not been inserted.
Router#
表示画面例3 データ通信端末が既に attach 済み
Router# attach usb 1
% usb 1 has not been detached.
Router#
コマンド書式
attach usb <slot 番号>
パラメータ
パラメータ
slot 番号
設定内容
抜去状態のデータ通信端末を指定します。
設定範囲
1
省略時の値
省略不可
15
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
現在時刻、日付の設定
calendar set
本装置の現在日付、時刻を設定します 。
表示画面例
Router# calendar set 17:00:00 9 Aug 2008
Router#
コマンド書式
calendar set <時刻> <日付と月> <西暦>
パラメータ
パラメータ
設定内容
1~24
00~59
省略時の値
時刻
時刻を時:分:秒の順に指定します。
日付と月
日付と月を指定します。
1~31 month※
日付、月の順または、月、日付の順のどちらでも指定す
month※ 1~31
ることができます。
省略不可
西暦
西暦を指定します。
省略不可
※:月の指定は、以下の省略文字を使用します。
Jan, Feb, Mar, Apr, May, Jun, Jul, Aug, Sep, Oct, Nov, Dec
16
設定範囲
2000~2035
省略不可
装置に関する操作
タイムサーバ接続による時刻設定
syncclock
指定したタイムサーバへ接続して、本装置の時刻を設定します。
表示画面例
Router#syncclock 192.168.10.5
Router#
コマンド書式
syncclock [SNTP サーバ]
パラメータ
パラメータ
SNTP サーバ
設定内容
SNTP サーバのアドレスを指定します。
設定範囲
IPv4 アドレス形式
IPv6 アドレス形式
省略時の値
sntp sever コマンドで設
定した SNTP サーバに
問い合わせます。
17
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
TELNETの実行
telnet
指定した端末に telnet でログインすることができます。
表示画面例
Router#telnet ***.***.***.***
Trying... (***.***.***.***)
Connected to (***.***.***.***).
Escape character is '^]'.
コマンド書式
telnet <宛先> [-p <ポート番号>] [-s <アドレス>]
パラメータ
パラメータ
18
設定内容
設定範囲
省略時の値
宛先
IPv4 アドレス形式
telnet の宛先を IP アドレスまたは、ホスト名でしてい
IPv6 アドレス形式
ます。
英数字
省略不可
ポート番号
TCP ッダ内の destination port を指定して telnet を
1~65535
行う場合に指定します。
23
アドレス
TCP ッダ内の source address を指定して telnet を
行う場合に指定します。
IPv4 アドレス形式
アドレスは、UP しているインタフェースに設定されて IPv6 アドレス形式
いるものに限ります 。
パケットを実際に
送信するインタフェ
ースの IP アドレス
になります。
装置に関する操作
TELNETセッションの切断
clear telnet-server session
telnet のセッションを強制的に切断します。
強制切断するセッション番号は、show telnet-session コマンドで確認してください。
表示画面例
Router#clear telnet-server session 1
Router#
コマンド書式
clear telnet-server session <セッション番号>
パラメータ
パラメータ
セッション番号
設定内容
設定範囲
強制的に切断する telnet サーバ機能で確立しているセッショ
1~2
ン番号を指定します。
省略時の値
省略不可
19
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
装置の再起動
reset
装置を再起動します。
表示画面例
Router#reset
Router#
コマンド書式
reset
reset
reset
reset
[at <指定日時>] [SIDE 指定]
[in <指定時間>]
[default]
[cancel]
パラメータ
パラメータ
指定時間
指定日時
SIDE 指定
20
設定内容
指定時間経過後に装置を再起動します。
時:分の順に指定します。分のみの指定も可能です。
設定範囲
省略時の値
0~24
0~59
0~24
0~59
1~31
month
2000~2035
指定日時に装置を再起動します。
時:分:日:月:西暦の順に指定します。
また、再起と同時にファームウェアまたは、構成定義を指定す
SIDE-A.frm、
ることも出来ます。
SIDE-B.frm
SIDE-A.cfg、
SIDE-B.cfg
default
設定情報を工場出荷状態に戻して再起動します。
default
cancel
at、in で指定したパラメータを破棄します。
cancel
即時に再起動
します。
装置に関する操作
ファームウェアのコピー
copy
設定情報やファームウェアを反対面(SIDE-A←→SIDE-B)にコピーするコマンドです。
表示画面例1 設定情報を SIDE-A から SIDE-B にコピーする
Router#copy SIDE-A.cfg SIDE-B.cfg
Router#
表示画面例2 設定情報を SIDE-A から、USB ポートの USB メモリへファイルをコピーする
Router# copy SIDE-A.cfg /usb1/SIDE-A.cfg
Now copying... "."is 64Kbyte
Router#
コマンド書式
copy <コピー元> <コピー先>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
コピー元の設定情報、ファームウェアを選択します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg をコピー元に指定します。
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg をコピー元に指定します。
コピー元
SIDE-A.frm SIDE-A.frm をコピー元に指定します。
SIDE-B.frm SIDE-B.frm をコピー元に指定します。
絶対パス
絶対パスで USB メモリ内ファイルをコピー元に
指定します。
コピー先を設定情報、ファームウェアを選択します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg をコピー先に指定します。
SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
SIDE-A.firm
SIDE-B.firm
英数字
省略不可
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg をコピー先に指定します。
コピー先
SIDE-A.frm SIDE-A.frm をコピー先に指定します。
SIDE-B.frm SIDE-B.frm をコピー先に指定します。
絶対パス
絶対パスで USB メモリ内ファイルをコピー先に
指定します。
21
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
copy コマンドについて
設定情報用メモリバンク(SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg)とファームウェア用メモリバンク(SIDE-A.frm/SIDE-B.frm)間で
のコピーは行えません。
USB メモリにコピーする際にファイル名を変更することも可能です。
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% do you overwrite? [yse/no] コピー先に同じ名前のファイルが存在する場合に表示されます。
22
% name wrong : %s
ファイル名に使用できない文字が含まれている場合や文字数が 99 文字
以上の場合に表示されます。
% file not found : %s
指定したファイルが存在しない場合に表示されます。
% no permission : %s
読み取り専用ファイルのため書込み許可が無い場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% capacity shortage.
コピー先の USB メモリの容量が不足している場合に表示されます。
装置に関する操作
ファームウェアの切り替え
boot firmware
装置起動時のファームウェアを指定します。
表示画面例
Router#boot firmware SIDE-A.frm
Router#
コマンド書式
boot firmware <ファームウェア>
パラメータ
パラメータ
ファームウェア
設定内容
起動するファームウェアを指定します。
指定後、装置を再起動することにより指定したファーム
ウェアで起動します。
SIDE-A.frm
SIDE-A.frm で起動します。
SIDE-B.frm
SIDE-B.frm で起動します。
設定範囲
SIDE-A.frm
SIDE-B.frm
省略時の値
省略不可
起動ファームウェアの選択について
FITELnet F60 には、ファームウェアを格納するメモリが2面あります。
それぞれ、SIDE-A、SIDE-B となっていますので、該当するファームウェアを使用してください。
ファームウェアのアップデートにより、設定の不整合等が発生し、システムが起動しなくなることを考慮し、まず
片面のファームウェアをアップデートし、システムが運用できることを確認した後、逆面をアップデートすることをお
勧めします。
SIDE-A 用ファイル名
SIDE-B 用ファイル名
SIDE-A.frm
SIDE-B.frm
23
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
ファームウェア/設定情報自動切り戻し機能
boot-back
ファームウェア、設定情報の、ファームウェア/設定情報自動切り戻し機能を宣言します。
現在の状況は、show boot-back コマンドで確認することができます。
表示画面例1 再起動後、10 分後にファームウェア/設定情報自動切り戻しを行う
Router# boot-back in 10
Router#
表示画面例2 ファームウェア/設定情報自動切り戻し機能を解除する
Router# boot-back confirm
Router#
コマンド書式
boot-back in <再起動までの時間>
boot-back confirm
パラメータ
パラメータ
24
設定内容
設定範囲 省略時の値
再起動までの時間
ファームウェア/設定情報自動切り戻しのための再起動ま
での時間(分)を指定します。
confirm
ファームウェア/設定情報自動切り戻し機能を解除します。 confirm
1~60
省略不可
装置に関する操作
ファームウェア/設定情報自動切り戻し機能とは。。
ファームウェアのアップデートや、設定情報の保存を行った後、再起動したところ、設定の不整合などの理由で
思うように動作しなくなってしまうケースを回避するために、ファームウェア/設定情報自動切り戻し機能です。
ファームウェアのアップデート時を例に、ファームウェア/設定情報自動切り戻し機能と、その方法について解
説します。
現在、ファームウェア、設定情報とも、SIDE-A で起動しており、問題なく運用できているとします。
①
ファームウェアの SIDE-B に、新しいファームウェアをインストールします。
②
boot-back コマンドを指定します。
Router# boot-back in 10
boot-back コマンドでは、現在起動している面(ファームウェア:SIDE-A、設定情報:SIDE-A)にファームウェ
ア/設定情報自動切り戻しすることを宣言します。
"in 10"は、起動してから 10 分後にファームウェア/設定情報自動切り戻しのために再起動することを意味し
ます。
③
boot コマンドで、再起動後に起動する面を指定します。このケースでは、SIDE-B に新しいファームウェアをイ
ンストールしていますので、ファームウェアを SIDE-B から起動するよう、指定します。
Router# boot firmware SIDE-B.frm
④
新しいファームウェアを有効にするために、再起動します。
ファームウェア:SIDE-B、設定情報:SIDE-A で起動します。
⑤
動作に問題がない場合 → 手順⑥へ進む
思うように動作しない場合 → 手順⑦へ進む
⑥
boot-back confirm コマンドを指定します。
Router# boot-back confirm
手順②で指定した、【10 分後のファームウェア/設定情報自動切り戻しのための再起動】が解除され、運用
を継続することができます。
手順②で指定した時間内にこのコマンドを発行しないと、ファームウェア/設定情報自動切り戻しのために再
起動してしまいますので、注意してください。
現在の状態:
ファームウェア:SIDE-B、設定情報:SIDE-A
⑦
手順②で指定した時間後に、ファームウェア/設定情報自動切り戻しのために再起動されます。
再起動後、設定情報を見直して、ください。
現在の状態:
ファームウェア:SIDE-A、設定情報:SIDE-A
25
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
USBポートのリセット
usb-reset
USB ポートのリセット※を実行します。
リセット後の USB ポートの状態は、USB デバイス挿入時と同等の状態になります。
※USB ポートの電源供給を 10 秒間停止することでリセットを行います。
V01.02(00)以降サポート
表示画面例 USB ポート 1 をリセットする
Router# usb-reset 1
Are you OK to usb-reset <port-no> (y/n) :y
Router#
コマンド書式
usb-reset <slot 番号>
パラメータ
パラメータ
slot 番号
26
設定内容
リセットする USB ポートの番号を指定します。
設定範囲
1
省略時の値
省略不可
インタフェースに関する操作
インタフェースに関する操作
PPPoEの手動接続
connect
PPPoE を手動接続します。
表示画面例
Router#connect acname1
Router#
コマンド書式
connect <PPPoE 接続相手名称>
パラメータ
パラメータ
PPPoE 接続相手名称
設定内容
設定範囲
省略時の値
pppoe server コマンドで設定した、PPPoE 接続相手 20 文字以内の
省略不可
名称を指定します。
文字列
27
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
PPPoEの手動切断
disconnect
接続している回線を手動切断します。
表示画面例
Router#disconnect acname1
Router#
コマンド書式
disconnect <PPPoE 接続相手名称>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
接続を切断する回線を指定します。
PPPoE
接続相手名称
28
PPPoE 接続
相手名称
pppoe server コマンドで設定した名称を
指定します。
modem 1
ワイヤレス回線を切断します。
ewan 1
EWAN 1 に関連づけられている PPPoE
回線を全て切断します。
20 文字以内の
文字列
全ての回線を
切断します。
modem 1
ewan 1
インタフェースに関する操作
統計情報の初期化
clear interface
指定したインタフェースの show interface で表示される統計情報の初期化を行います。
表示画面例 1 全てのインタフェースの統計情報を初期化する
Router#clear interface
Router#
表示画面例 2 全ての PPPoE インタフェースの統計情報を初期化する
Router#clear interface pppoe
Router#
表示画面例 3 PPPoE 1 インタフェースの統計情報を初期化する
Router#clear interface pppoe 1
Router#
コマンド書式
clear interface [インタフェース名 [インタフェース番号]]
29
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
統計情報を初期化するインタフェース名、
インタフェース番号を指定します。
インタフェース名
[インタフェース
番号]
インタフェース名
インタフェース番号
lan
1
ewan
1
pppoe
1~24
dialer
1~20
usb-ethernet
1
ipsecif
1~32
tunnel
1~32
null
0
vlanif
1~16
bvi
1~16
loopback
1~16
※1 bvi 1~16 は、V01.03(00)以降サポート
※2 usb-ethernet 1 は、V01.08(00)以降サポート
30
lan [1]
ewan [1]
pppoe [1~24]
dialer [1~20]
usb-ethernet [1] ※2
ipsecif [1~32]
tunnel [1~32]
null [0]
vlanif [1~16]
bvi [1~16]※1
loopback [1~16]
インタフェース名省略
全てのインタフェースの統
計情報を初期化します。
インタフェース番号省略
指定したインタフェース全
ての統計情報を初期化し
ます。
インタフェースに関する操作
EMAC統計情報の初期化
clear line statistics
LAN または、EWAN インタフェースの EMAC の統計情報を初期化します。
表示画面例
Router#clear line statistics lan 1
Router#
コマンド書式
clear line statistics [{lan <LAN ポート>} | {ewan <EWAN ポート>}]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
LAN ポート
EMAC の統計情報を初期化する LAN ポートを指定
1~4
します。
EWAN ポート
EMAC の統計情報を初期化する EWAN ポートを指
1
定します。
省略時の値
全てのインタフェースの
EMAC 統計情報を初期化
します。
31
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
MACアドレステーブル情報の初期化
clear bridge filtering-database
MAC アドレステーブルを削除します。
スタティック登録されているエントリは削除の対象外となります。
表示画面例
Router#clear bridge filtering-database internal-bridge 1
Router#
コマンド書式
clear bridge filtering-database [ internal-bridge <インターナルブリッジ番号> ]
パラメータ
パラメータ
インターナルブリッジ番号
32
設定内容
設定範囲
MAC アドレステーブルを削除するインターナ
1~16
ルブリッジ番号を指定します。
省略時の値
全てのインターナルブリッ
ジの MAC アドレステーブ
ル情報を削除します。
インタフェースに関する操作
インターナルブリッジカウンタの初期化
clear internal-bridge
指定したインターナルブリッジ番号におけるカウンタをクリアします。
V01.07(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear internal-bridge 1
コマンド書式
clear internal-bridge
[<インターナルブリッジ番号>]
パラメータ
パラメータ
インターナルブリッジ番
号
設定内容
設定範囲
省略時の値
設定されている全てのイ
インターナルブリッジ番号を指定します。
1~16
ンターナルブリッジのカ
ウンタをクリアします。
33
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
IPv6 ルーティングに関する操作
BGPセッションの初期化
clear bgp ipv6
BGP のセッションの制御と経路情報の再交換を行います。
表示画面例
Router#clear bgp ipv6
Router#
コマンド書式
clear bgp ipv6 <BGP セッション> [soft] [in | out]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
初期化する BGP セッションを指定します。
BGP セッション
*
全てのセッション
1~65535
1~65535 の AS 番号
IPv4 アドレス形式
IPv6 アドレス形式
soft
*
1~65535
省略不可
IPv4 アドレス形式
IPv6 アドレス形式
指定したネイバのみ初期化
BGP セッションを切断することなく経路情報の再取得と再配
soft
布を行います。
BGP のセッショ
ンを切断して、
再度接続しなお
します。
BGP セッションを切断することなく経路情報の再配布を入出
力方向を指定して行います。
in | out
34
in
入力方向で指定します。
Route-Refresh を送信して、経路を再取得します。
out
出力方向で指定します。
UPDATE を送信して、経路を再配布します。
in
out
入出力方向両方
ともに実行しま
す。
IPv6 ルーティングに関する操作
BGPにおけるredistributeの初期化
clear bgp ipv6 redistribute
redistribute で再配布されるプロトコルの経路情報を更新します。
BGP で再配布する経路情報を追加した場合などに、本コマンドを実行することで再配布する経路情報を更新す
ることができます。
表示画面例
Router#clear ip bgp redistribute *
Router#
コマンド書式
clear bgp ipv6 redistribute <更新する経路情報>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
更新する経路情報のプロトコルを選択します。
更新する経路情報
*
全てのプロトコル
connected
直接経路
event-action
イベントアクションで追加した経路情報
kernel
kernel にセットされた経路情報
ospf
OSPF で取得した経路情報
rip
RIP で取得した経路情報
static
スタティックルーティング情報
*
connected
event-action
kernel
ospf
rip
static
省略不可
35
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
IPv6 近隣情報の初期化
clear ipv6 neighbors
IPv6 ネイバ・キャッシュ情報の削除を行います。
表示画面例
Router#clear ipv6 neighbors
Router#
コマンド書式
clear ipv6 neighbors [statistics]
パラメータ
パラメータ
statistics
36
設定内容
設定範囲
IPv6 ネイバ・キャッシュ情報の過去最大セッション数を
削除します。
statistics
削除した際は、実行したタイミングの値/時刻が、peak
値/peak 時刻となります。
省略時の値
IPv6 ネイバ・キャッシュ情報
の過去最大セッション数を
削除しません。
IPv6 ルーティングに関する操作
IPv6 統計情報の初期化
clear ipv6 traffic
IPv6 パケットの統計情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ipv6 traffic
Router#
コマンド書式
clear ipv6 traffic
パラメータ
パラメータはありません。
37
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
IPv6 プレフィックスリストに関する情報の初期化
clear ipv6 prefix-list
IPv6 プレフィックスリストに関する情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ipv6 prefix-list
Router#
コマンド書式
clear ipv6 prefix-list [リスト番号]
パラメータ
パラメータ
リスト番号
38
設定内容
設定範囲 省略時の値
初期化するプレフィックスリストの番号を選択します。 1~99
全て初期化
IPv6 ルーティングに関する操作
IPv6 学習フィルタリング情報の初期化
clear ipv6 stateful-packet
IPv6 学習フィルタリング情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ipv6 stateful-packet all
Router#
コマンド書式
clear ipv6 stateful-packet <初期化設定>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
IPv6 学習フィルタリング情報の初期化を行います。
初期化設定
all
全エントリを削除します。
non-established
確立されていない TCP エントリのみ削除
します。
statistics
学習フィルタリングテーブルの過去最大
セッション数を削除します。
削除した際は、実行したタイミングの値/
時刻が、peak 値/peak 時刻となります。
all
non-established 省略不可
statistics
39
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
監視先データベースの初期化
clear ipv6 polling
監視先データベースに登録された IPv6 中継先ごとの統計情報をクリアします。
表示画面例
Router#clear ipv6 polling
Router#
コマンド書式
clear ipv6 polling
パラメータ
パラメータはありません
40
IPv6 ルーティングに関する操作
アドレスプール統計情報の初期化
clear address-pool statistics ipv6
アドレスプール統計情報を初期化します。
表示画面例
Router#clear address-pool statistics ipv6
Router#
コマンド書式
clear address-pool statistics ipv6 [アドレスプール名]
パラメータ
パラメータ
アドレスプール名
設定内容
設定範囲
アドレスプール名を指定することにより、指定
16 文字以内
したアドレスプール統計情報のみ削除するこ
の文字列
とが出来ます。
省略時の値
全てのアドレスプール統
計情報を削除します。
41
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
DHCPv6 クライアント機能の統計情報を初期化
clear ipv6 dhcp client statistics
DHCPv6 クライアント機能の統計情報を初期化します。
表示画面例
Router#clear ipv6 dhcp client statistics
Router#
コマンド書式
clear ipv6 dhcp client statistics [インタフェース名]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
指定したインタフェースの DHCPv6 クライアント機能
の統計情報を削除します。
lan 1
インタフェース名
ewan 1
pppoe 1~24
vlanif 1~16
42
削除対象に LAN インタフェースを
指定します。
lan 1
削除対象に EWAN インタフェースを ewan 1
指定します。
pppoe 1~24
削除対象に PPPoE インタフェース vlanif 1~16
を指定します。
削除対象に VLAN インタフェースを
指定します。
装置全体の DHCPv6
クライアント機能の統
計情報を削除します。
IPv6 ルーティングに関する操作
DHCPv6 サーバ機能の統計情報を初期化
clear ipv6 dhcp server statistics
DHCPv6 サーバ機能の統計情報を初期化します。
表示画面例
Router#clear ipv6 dhcp server statistics
Router#
コマンド書式
clear ipv6 dhcp server statistics [インタフェース名]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
指定したインタフェースの DHCPv6 サーバ機能の統
計情報を削除します。
lan 1
削除対象に LAN インタフェースを指
定します。
ewan 1
削除対象に EWAN インタフェースを
指定します。
vlanif 1~16
削除対象に VLAN インタフェースを指
定します。
インタフェース名
lan 1
装置全体の DHCPv6
ewan 1
サーバ機能の統計情
vlanif 1~16 報を削除します。
43
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
マルチキャストに関するプロセスの初期化
clear ipv6 mld all
IPv6 におけるマルチキャストに関するプロセスを初期化します。
マルチキャスト中継に関連するアクセスリストの変更を行った際は、必ず本コマンドを実行してください。
表示画面例
Router# clear ipv6 mld all
Router#
コマンド書式
clear ipv6 mld all
パラメータ
パラメータはありません。
44
IPv6 ルーティングに関する操作
MLDパケット現統計情報の初期化
clear ipv6 mld statistics
MLD パケットの統計情報を削除します。
表示画面例
Router# clear ipv6 mld statistics
Router#
コマンド書式
clear ipv6 mld statistics [インタフェース名]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
指定したインタフェースの MLD パケットの統計情報を
削除します。
lan 1
削除対象に LAN インタフェースを指
定します。
ewan 1
削除対象に EWAN インタフェースを
指定します。
ipsecif 1~32
削除対象に IPsec インタフェースを
指定します。
vlanif 1~16
削除対象に VLAN インタフェースを
指定します。
all-interface
全てのインタフェースを削除対象に
指定します。
インタフェース名
lan 1
ewan 1
ipsecif 1~32
vlanif 1~16
all-interface
装置全体の MLD
パケットの統計情
報を削除します。
45
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
IPv4 ルーティングに関する操作
ARPテーブルの初期化
clear ip arp-cache
ARP の学習により生成した ARP テーブルを初期化します。
表示画面例
Router#clear ip arp-cache
Router#
コマンド書式
clear ip arp-cache [IP アドレス]
パラメータ
パラメータ
IP アドレス
46
設定内容
指定された学習データを削除します。
設定範囲
IPv4 アドレス形式
省略時の値
全ての学習データを
削除します。
IPv4 ルーティングに関する操作
BGPセッションの初期化
clear ip bgp
BGP のセッション情報を初期化します。
表示画面例
Router#clear ip bgp 192.168.4.250
Router#
コマンド書式
clear ip bgp <BGP セッション> [soft] [in | out]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
初期化する BGP セッションを指定します。
BGP セッション
*
全てのセッション
1~65535
1~65535 の AS 番号
IPv4 アドレ
ス形式
IPv6 アドレ
ス形式
soft
指定したネイバのみ初期化
BGP セッションを切断することなく経路情報の再配布を
soft
行います。
BGP セッションを切断することなく経路情報の再配布を
入出力方向を指定して行います。
in | out
*
1~65535
IPv4 アドレ
ス形式
IPv6 アドレ
ス形式
in
入力方向で指定します。
out
出力方向で指定します。
in
out
省略不可
BGP のセッションを
切断して、再度接
続しなおします。
入出力方向両方と
もに実行します。
47
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
BGPにおけるredistributeの初期化
clear ip bgp redistribute
redistribute で再配布されるプロトコルの経路情報を更新します。
BGP で再配布する経路情報を追加した場合などに、本コマンドを実行することで再配布する経路情報を更新す
ることができます。
表示画面例
Router#clear ip bgp redistribute *
Router#
コマンド書式
clear ip bgp redistribute <更新する経路情報>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
更新する経路情報のプロトコルを選択します。
更新する経路情報
*
全てのプロトコル
connected
直接経路
event-action
イベントアクションで追加した経路情報
kernel
kernel にセットされた経路情報
local-prot1
local-prot2
48
SA-UP ルート情報
ospf
OSPF で取得した経路情報
rip
RIP で取得した経路情報
static
スタティックルーティング情報
*
connected
event-action
kernel
local-prot1
local-prot2
ospf
rip
static
省略不可
IPv4 ルーティングに関する操作
RIPにおけるredistributeの初期化
clear ip rip redistribute
redistribute で再配布されるプロトコルの経路情報を更新します。
RIP で再配布する経路情報を追加した場合などに、本コマンドを実行することで再配布する経路情報を更新す
ることができます。
表示画面例
Router#clear ip rip redistribute *
Router#
コマンド書式
clear ip rip redistribute <更新する経路情報>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
更新する経路情報のプロトコルを選択します。
*
全てのプロトコル
bgp
BGP で取得した経路情報
connected
直接経路
event-action イベントアクションで追加した経路情報
更新する経路情報
kernel
local-prot1
local-prot2
kernel にセットされた経路情報
SA-UP ルート情報
ospf
OSPF で取得した経路情報
static
スタティックルーティング情報
*
bgp
connected
event-action
kernel
省略不可
local-prot1
local-prot2
ospf
static
49
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
OSPFにおけるredistributeの初期化
clear ip ospf redistribute
redistribute に設定されているプロトコルの経路情報を送信し直します。
OSPF で再配布する経路情報を追加した場合などに、本コマンドを実行することで再配布する経路情報を更新
することができます。
表示画面例
Router#clear ip ospf redistribute *
Router#
コマンド書式
clear ip ospf redistribute <更新する経路情報>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
更新する経路情報のプロトコルを選択します。
*
全てのプロトコル
bgp
BGP で取得した経路情報
connected
直接経路
event-action イベントアクションで追加した経路情報
更新する経路情報
kernel
local-prot1
local-prot2
50
kernel にセットされた経路情報
SA-UP ルート情報
rip
RIP で取得した経路情報
static
スタティックルーティング情報
*
bgp
connected
event-action
kernel
省略不可
local-prot1
local-prot2
rip
static
IPv4 ルーティングに関する操作
DNS(キャッシュ)情報の初期化
clear ip resolver-cache
DNS キャッシュデータを削除します。
表示画面例
Router#clear ip resolver-cache
Router#
コマンド書式
clear ip resolver-cache
パラメータ
パラメータはありません。
51
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
IP統計情報の初期化
clear ip traffic
IPv4 パケットに関する統計情報を削除します。
表示画面例
Router#clear ip traffic
Router#
コマンド書式
clear ip traffic
パラメータ
パラメータはありません。
52
IPv4 ルーティングに関する操作
IPv4 学習フィルタリング情報の初期化
clear ip stateful-packet
IPv4 学習フィルタリング情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ip stateful-packet all
Router#
コマンド書式
clear ip stateful-packet <初期化設定>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
IPv4 学習フィルタリング情報の初期化を行います。
all
全エントリを削除します。
non-established
確立されていない TCP エントリのみ削除
します。
statistics
学習フィルタリングテーブルの過去最大
セッション数を削除します。
削除した際は、実行したタイミングの値/
時刻が、peak 値/peak 時刻となります。
初期化設定
all
non-established 省略不可
statistics
53
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
学習したIPアドレスの初期化
clear proxydns-cache
学習した IP アドレスの初期化を行います。
表示画面例
Router#clear proxydns-cache
Router#
コマンド書式
clear proxydns-cache
パラメータ
パラメータはありません。
54
IPv4 ルーティングに関する操作
NAT変換テーブルの初期化
clear ip nat translation
NAT 変換している内部テーブルの情報を削除します。
インタフェース指定の時は、該当するインタフェースの設定情報を、指定が無いときは全てのインタフェースの設
定情報を削除します。
表示画面例
Router#clear ip nat translation
Router#
コマンド書式
clear ip nat translation [インタフェース名]
clear ip nat translation statistics
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
lan 1
ewan 1
pppoe 1~24
全インタフェースの NAT
NAT変換している内部テーブル情報を削除したいイ dialer 1~20
変換している内部テー
インタフェース名
ンタフェースを指定します。
usb-ethernet 1※
ブル情報を削除します。
ipsecif 1~32
tunnel 1~32
vlanif 1~16
statistics
NAT テーブルの過去最大セッション数を削除しま
す。
削除した際は、実行したタイミングの値/時刻が、
peak 値/peak 時刻となります。
statistics
省略不可
※ usb-ethernet 1 は V01.08(00)以降サポート
55
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
監視先データベースの初期化
clear ip polling
監視先データベースに登録された IPv4 中継先ごとの統計情報をクリアします。
表示画面例
Router#clear ip polling
Router#
コマンド書式
clear ip polling
パラメータ
パラメータはありません
56
IPv4 ルーティングに関する操作
(S,G)又は(*,G)エントリの初期化
clear ip mroute
igmpd 及び kernel のエントリから(S,G)又は(*,G)エントリを消去します。
表示画面例
Router#clear ip mroute 192.168.1.100 230.1.1.1
Router#
コマンド書式
clear ip mroute <グループアドレス> [送信元アドレス]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
グループアドレス
グループアドレスを指定して、igmpd 及び kernel の
IPv4 アドレス形式 省略不可
エントリから(S,G)又は(*,G)エントリを消去します。
送信元アドレス
グループアドレス
ソースアドレスを追加指定する場合に設定します。 IPv4 アドレス形式 のみの指定にな
ります。
57
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
IGMPパケットの統計情報の初期化
clear ip igmp statistics
IGMP パケットの統計情報を削除します。
表示画面例
Router# clear ip igmp statistics
Router#
コマンド書式
clear ip igmp statistics [インタフェース名]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
指定したインタフェースの IGMP パケットの統計情報を削
除します。
lan 1
削除対象に LAN インタフェースを指定
します。
ewan 1
削除対象に EWAN インタフェースを指
定します。
ipsecif 1~32
削除対象に IPsec インタフェースを指
定します。
vlanif 1~16
削除対象に VLAN インタフェースを指
定します。
all-interface
全てのインタフェースを削除対象に指
定します。
インタフェース名
58
lan 1
ewan 1
ipsecif 1~32
vlanif 1~16
all-interface
装置全体の
IGMP パケット
の統計情報を
削除します。
IPv4 ルーティングに関する操作
マルチキャストに関するプロセスの初期化
clear ip igmp all
マルチキャストに関するプロセスを初期化します。
マルチキャスト中継に関連するアクセスリストの変更を行った際は、必ず本コマンドを実行してください。
表示画面例
Router# clear ip igmp all
Router#
コマンド書式
clear ip igmp all
パラメータ
パラメータはありません。
59
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
IPsecに関する操作
ISAKMP-SAの削除
clear crypto isakmp
現在確立している ISAKMP-SA の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear crypto isakmp
Router#
コマンド書式
clear crypto isakmp [ポリシー番号]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
番号を指定することで、isakmp policy 番号と一致する
ISAKMP-SA の初期化を行います。ダイナミックセレクタ※
ポリシー番号 1
1~64※1
の場合は装置内部で割り振った SA 識別子を指定しま
す。
省略時の値
全ての IKE コネクション
を初期化します。
※1 ダイナミックセレクタとポリシー番号 1~64 は V01.11(00)以降サポート。
33~64 までをダイナミックセレクタ用として使用します。
ダイナミックセレクタで使用しているポリシー番号は show crypto isakmp sa で確認可能です。
60
IPsec に関する操作
IPsecSAの削除
clear crypto sa
IPsecSA の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear crypto sa address 192.168.0.1
Router#
コマンド書式
clear crypto sa [map <セレクタ名称> | map-seq <番号>|<SA-ID>|address <IP アドレス>|host <ホスト名>]
パラメータ
パラメータ
セレクタ名
※1
設定内容
初期化する IPsecSA をセレクタ名称で指定しま
す。
セレクタ名称は、crypto map コマンドで設定した
名称を指定します。
設定範囲
省略時の値
16 文字までの英数字
全ての IPsecSA
を初期化します。
番号※1
初期化する IPsecSA を crypto map 番号で指定し
1~64
ます。
全ての IPsecSA
を初期化します。
SA-ID
初期化する IPsecSA を SA-ID で指定します。
全ての IPsecSA
を初期化します。
IP アドレス
初期化する IPsecSA を IPv4 アドレス形式、または IPv4 アドレス形式
IPv6 アドレス形式で指定します。
IPv6 アドレス形式
ホスト名
初期化する IPsecSA をホスト名で指定します。
1~192
64 文字以内の英数
字
省略不可
省略不可
※1 パラメータ セレクタ名と番号は、V01.11(00)以降サポート
61
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
IPsecSAのDISCARD実行/解除
discard crypto isakmp id
コマンド入力により指定した ISAKMP ポリシーを利用する SA を DISCARD 状態にします。
また、ポリシー番号省略の場合については全ての状態を DISCARD 状態/DISCARD 解除状態とします。
表示画面例
Router#discard crypto isakmp id
Router#
コマンド書式
discard crypto isakmp id [ポリシー番号]
パラメータ
パラメータ
ポリシー番号
62
設定内容
設定範囲
指定した ISAKMP ポリシーを利用する SA を DISCARD
1~32
状態にします。
省略時の値
全てディスカード状態
とします。
IPsec に関する操作
IKE SAの削除
clear crypto ike-sa
現在確立している IKE-SA の初期化を行います。
V01.04(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear crypto ike-sa
Router#
コマンド書式
clear crypto ike-sa [SA-ID]
パラメータ
パラメータ
SA-ID
設定内容
設定範囲
装置内部で割り振った SA 識別子を指定します。 1~32
省略時の値
全ての IKEv2 コネクション
を初期化します。
63
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
CHILD SAの削除
clear crypto child-sa
CHILD SA の初期化を行います。
V01.04(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear crypto child-sa peer 192.168.0.1
Router#
コマンド書式
clear crypto child-sa [peer <VPN ピアアドレス>]
パラメータ
パラメータ
VPN ピアアドレス
64
設定内容
VPN ピアアドレスを指定します。
設定範囲
IPv4 アドレス形式
IPv6 アドレス形式
省略時の値
省略不可
IPsec に関する操作
VPNログ情報の初期化
clear vpnlog
VPN ログ情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear vpnlog
Router#
コマンド書式
clear vpnlog
パラメータ
パラメータはありません。
65
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
VPN統計情報の初期化
clear vpnstat
IKE/IPsec 統計情報の初期化を行います。
ESP 及び IPCOMP 関連の統計情報は IKEv1/IKEv2 で共通ですので必ずクリアされます。
表示画面例
Router#clear vpnstat
Router#
コマンド書式
clear vpnstat[ikev2]
パラメータ
パラメータ
ikev2
設定内容
IKEv2 に関する統計情報のみを初期化します。 ikev2
※パラメータ ikev2 は、V01.04(00)以降サポート
66
設定範囲
省略時の値
IKEv1 に関する統計情報
のみを初期化します。
IPsec に関する操作
鍵ペアの生成
generate key
公開鍵のサイズを指定し、鍵ペアを作成します。
また、鍵ペア作成後に装置を再起動する必要がありますので注意してください。
表示画面例
Router#generate key
Finally re-starting of equipment is required for this command.
May I continue as it is [ yes/no] ?:<コマンド実行の確認>
Choose the size of the key modulus in the range of 512 to 2048 for your Signature Keys.
How many bits in the modulus [ 1024] ?:<鍵サイズ>
Generating RSA keys ...[ OK] .
Key type: RSA public key
Modulus n (1024 bits):
14379566957005885996974440288101294650731525654527998727271568050054302144074
963
95792435871120051662209462374252997626517155331246450055827787565088876429560
717
39321666614136403380274192916582303562010195891670660399153994103698244781913
681
529794872285901477528834766114310901036217029504927315447442336310621
Exponent e (6 bits):
35
Next rebooting firmware SIDE-A.frm is fine.
Are you OK to cold start ?[ yes/no] :<再起動の選択>
コマンド書式
generate key
パラメータ
パラメータはありません。
67
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
自身の証明書のリクエストのメッセージの作成
generate certificate-request
自身の証明書のリクエストメッセージを作成します。
また、作成したリクエストメッセージをPEMフォーマットで表示します。
表示画面例
Router#generate certificate-request sha
Input,when you register a common name,organization name and country name into
a certificate request message.
Common Name (Max 64 characters):<一般名を設定>
Organization Name (Max 64 characters):<組織名を設定>
Country Name [ jp] :<国名:デフォルトは日本“jp ”>
-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST----MIIBLzCB2gIBADAlMQswCQYDVQQGEwJqcDEKMAgGA1UEChMBYjEKMAgGA1UEAxMB
YTBZMA0GCSqGSIb3DQEBAQUAA0gAMEUCQH0sNHNDrn/RA10/g5Qr8cumJDyEyjRS
t/rGMHYymf2VucPzG3Ck2X7m+8YtEe0SOSSjZg6pJte4TxAiSuuDigECASWgUzBR
BgkqhkiG9w0BCQ4xRDBCMAsGA1UdDwQEAwIFoDAzBgNVHREELDAqhwTANIpYgRJm
NDZAZnVydWthd2EuY28uanCCDmZ1cnVrYXdhLmNvLmpwMA0GCSqGSIb3DQEBBQUA
A0EAAMQWfBHISpHQJnDI8KEMc9o65HqsI6qzU1o2oboiMqrZdNvOfkz3bqrnPa6O
ANqx9hpEZuz/gs0ojQPixHteZQ==
-----END CERTIFICATE REQUEST----Router#
コマンド書式
generate certificate-request <認証アルゴリズム>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
自身の証明書のリクエストメッセージを作成する
アルゴリズムを指定します。
sha
hash Algorithm SHA-1
認証アルゴリズム※1 sha256
hash Algorithm SHA-256
sha384
hash Algorithm SHA-384
sha512
hash Algorithm SHA-512
※1 認証アルゴリズムの指定は、V01.10(00)以降サポート
68
sha
sha256
sha384
sha512
sha で作成します
IPsec に関する操作
電子証明書の登録
set crypto ca certificate
取得した電子証明書を登録します。
表示画面例
Router#set crypto ca certificate mycert
Input certificate data (Finally please input <CR>):<以下に取得した電子証明書を貼り付けます。貼
付後リターンキーを押してください。>
-----BEGIN CERTIFICATE----MIIGGjCCBQKgAwIBAgIEOpFT7TANBgkqhkiG9w0BAQUFADByMQswCQYDVQQGEwJK
UDEiMCAGA1UEChMZU0VDT00gVHJ1c3QubmV0IENvLiwgTHRkLjE/MD0GA1UECxM2
U0VDT00gUGFzc3BvcnQgZm9yIE1lbWJlciBDZXJ0aWZpY2F0ZShTaW5nbGUgS2V5
IFBhaXIpMB4XDTAzMDQyODA0NDk1MVoXDTA1MDQyODA1MTk1MVowXDELMAkGA1U
BhMCSlAxFzAVBgNVBAoTDlNlY29tdHJ1c3RURVNUMREwDwYDVQQLEwhDQUNlbnRl
cjEhMA4GA1UEAxMHZjQwIDAwNTAPBgNVBAUTCFMzNjItMDA2MIGcMA0GCSqGSIb3
DQEBAQUAA4GKADCBhgKBgGjn21RY25bVBXnYMPDUvF5oW8kr57+uuDYzCGsKQCuY
XQh2Tkz/FA1RNpodfpkun7n3C7Dt91WsIrB65v7XGBxh3uKTgn+mRB3WkPcR5n5Z
xSWtSehT3lOUuWUht2RmZDhOC8ZahzoOZaU6PEBudq7NohpRvVQGaxIWcDUDby3J
AgEho4IDUzCCA08wCwYDVR0PBAQDAgWgMCsGA1UdEAQkMCKADzIwMDMwNDI4MDQ
OTUxWoEPMjAwNTA0MjgwNTE5NTFaMBEGCWCGSAGG+EIBAQQEAwIFoDA3BglghkgB
hvhCAQIEKhYoaHR0cHM6Ly93d3cuc3Btcy5zZWNvbXRydXN0Lm5ldC9jZGEtY2dp
LzBEBglghkgBhvhCAQMENxY1Y2xpZW50Y2dpP2FjdGlvbj1jaGVja1Jldm9jYXRp
b24mJkNSTD1jbj1DUkwzJnNlcmlhbD0wgeEGA1UdIASB2TCB1jCB0wYKKoMIjJsb
ZIJpAzCBxDBDBggrBgEFBQcCARY3aHR0cDovL3d3dy5zcG1zLnNlY29tdHJ1c3Qu
bmV0L3JlcG9zaXRvcnkvY3BjcHMvQ1BTLnBkZjB9BggrBgEFBQcCAjBxGm9UaGlz
IENlcnRpZmljYXRlJ3MgUG9saWN5IGlzIHB1Ymxpc2hlZCBmcm9tIHRoaXMgVVJJ
OgpodHRwOi8vd3d3LnNwbXMuc2Vjb210cnVzdC5uZXQvcmVwb3NpdG9yeS9jcGNw
cy9DUC1TLnBkZgowIAYDVR0RBBkwF4EVZjQwMDA1QGZ1cnVrYXdhLmNvLmpwMIIB
EwYDVR0fBIIBCjCCAQYwgY2ggYqggYekgYQwgYExCzAJBgNVBAYTAkpQMSIwIAYD
VQQKExlTRUNPTSBUcnVzdC5uZXQgQ28uLCBMdGQuMT8wPQYDVQQLEzZTRUNPTSB
YXNzcG9ydCBmb3IgTWVtYmVyIENlcnRpZmljYXRlKFNpbmdsZSBLZXkgUGFpcikx
DTALBgNVBAMTBENSTDMwOaA3oDWGM2h0dHA6Ly9jcmxkcDEuc3Btcy5zZWNvbXRy
dXN0Lm5ldC9mb3JNZW1iZXIvQ1JMLmNybDA5oDegNYYzaHR0cDovL2NybGRwMi5z
cG1zLnNlY29tdHJ1c3QubmV0L2Zvck1lbWJlci9DUkwuY3JsMB8GA1UdIwQYMBaA
FOrWJdpXkQIAz999YipuBrs9cWtoMB0GA1UdDgQWBBR7E0I3HJB2px/T8thw4HfH
ECefKTAJBgNVHRMEAjAAMBkGCSqGSIb2fQdBAAQMMAobBFY1LjADAgOoMA0GCSqG
SIb3DQEBBQUAA4IBAQCuOzGZG/X5aT+dnDcfw8CS1BXL0bbVYglzuse7QEve3eNf
dhgcYnYGKpC6vlMATnjS4oB41VidO/3wY3z10RwMI4GrVFsshthwIAUB8Y+WlUgJ
IVtIjeTNVl2e630F+22Y4NuU/tuQHvinj1vAd7KjpIH1txpVl2apSvlHcE8IbDX0
CxCx4XW02JERajc74e5f157w2caMDYeimIORBAvuWziyYJx1TWW7IpcZSQmDCaFO
1HFgGl+zw+aGbghLdpvLvGWjGp/ZFTVnV0FuZH7yNHyty8Ajyer74NKUCAUjybgU
wpJdPk5SABoGeMckj5GZhDPlgBt5bDB7asaZxjm2
-----END CERTIFICATE----Attachment of the inputted certificate is performed.
69
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
May I continue as it is [yes/no]?: <コマンド実行の確認>
OK!!
Is the following certificate added ?[yes/no]: <次の証明書を登録するかの確認>
コマンド書式
set crypto ca certificate < certificate-name >[root ]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
certificate-name
登録する際に、取得した電子証明書に任意の名前
を設定します。
64 文字の
英数字
省略不可
root
証明書を root として登録します※。
root
証明書を root として
登録しません。
※:CA 局の root 証明書を登録する場合に指定します。
注意事項
・自装置に電子証明書を登録する場合は、"no more" コマンドで more off にしてください。
more on の状態で、長文の電子証明書の登録を行うと登録途中で"-- more --" という文字列が証明書データ
内に挿入されてしまい、証明書データが正しく登録されません。
・ターミナルソフトウェアなどで、シリアルポートを使用して FITELnet F60 と接続してお使いの場合、ターミナルソ
フトウェアの環境設定で「送信遅延」を設定していると証明書データが正しく登録されない場合があります。
このような場合は、「送信遅延」を行わない設定で使用して下さい。
70
IPsec に関する操作
電子証明書の削除
clear crypto ca certificate
保存してある電子証明書を削除します。
表示画面例
Router#clear crypto ca certificate
All certificate data was cleared.
Router#
コマンド書式
clear crypto ca certificate [certificate-name]
パラメータ
パラメータ
設定内容
certificate-name 削除する電子証明書を指定します。
設定範囲
省略時の値
電子証明書の 保存してある全ての電子
名前
証明書を削除します。
71
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
CRLの取得
get crypto crl
CRL(Certificate Revocation List:証明書取り消しリスト)を取得します。
CRL は通常、次のアップデート日時が決まっているため、CRL を使用するときにアップデート日時が過ぎてい
たら自動で新しい CRL を取得しますが、この操作では手動で CRL を取得することが出来ます。
表示画面例
Router#get crypto crl
[1] :http://www.furukawa.co.jp/ca/ca1/furukawa-ca-crl.bin
[2] :http://www.furukawa.co.jp/ca/ca3/furukawa-ca-crl.bin
Select No: 1
Retreiving CRL: http://www.furukawa.co.jp/ca/ca1/furukawa-ca-crl.bin
OK!!
Router#
コマンド書式
get crypto crl
パラメータ
パラメータはありません。
72
Layer2 に関する操作
Layer2 中継機能に関する操作
L2TPv3 セッションの確立
l2tp connect
指定したトンネルインタフェース番号に設定されている L2TP セッションの確立を開始します。
確立に失敗した場合は、再度セッションの確立を開始します。
V01.02(00)以降サポート
表示画面例
Router#l2tp connect 1
コマンド書式
l2tp connect <トンネルインタフェース番号>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
トンネルインタフェース L2TP Profile のセッションの確立を開始するトンネル
1~32
番号
インタフェース番号を指定します。
省略時の値
省略不可
73
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
L2TPv3 セッションの切断
l2tp discard
指定したトンネルインタフェース番号に設定されている L2TP セッションを Discard 状態に遷移し、セッションを確
立しないようにします。
また、コマンドを実行した時にセッションが確立されている場合にはそのセッションを切断します。
V01.02(00)以降サポート
表示画面例
Router#l2tp discard 1
コマンド書式
l2tp discard <トンネルインタフェース番号>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
L2TP Profile のセッションを Discard 状態に遷移し、セ
ッションを確立しないようにするトンネルインタフェー
トンネルインタフェース
1~32
ス番号を指定します。
番号
all
all を指定することにより、全ての L2TP Profile のセッ
ションを Discard 状態に遷移します。
74
省略時の値
省略不可
Layer2 に関する操作
L2TPv3 セッションのクリア
clear l2tp
指定したトンネルインタフェース番号に設定されている L2TP セッションが確立されている場合には、そのセッショ
ンを切断します。
また、Connect 状態であるならば、切断後にセッション確立動作を行い、再度セッションを確立しようとします。
V01.02(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear l2tp 1
コマンド書式
clear l2tp <トンネルインタフェース番号>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
L2TP Profile の確立されているセッションを切断する
トンネルインタフェース トンネルインタフェース番号を指定します。
1~32
番号
all を指定することにより、全ての L2TP Profile の確立 all
されているセッションを切断します。
省略時の値
省略不可
75
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
L2TPv2 セッションのクリア
clear l2tpv2
条件に合致する L2TPv2 トンネルと L2TPv2 トンネルに含まれるセッションを切断します。
V01.11(00)以降サポート
表示画面例
#clear l2tpv2 all
clear ok?[y/n]:y
#
コマンド書式
clear l2tpv2 { all | local-name <ローカルホスト名> | remote-name <リモートホスト名
> | local-tunnel-id <ID 値> | tunnel-profile <L2TP プロファイル ID>}
パラメータ
パラメータ
all
76
設定内容
全ての L2TPv2 トンネルを切断する場合に指定しま
す。
設定範囲
all
最大 64 文
省略時の値
省略不可
ローカルホスト名
ローカルホスト名を指定します。
リモートホスト名
リモートホスト名を指定します。
ID 値
ローカルトンネル ID 値を指定します。
1~65535
省略不可
L2TP プロファイル ID
L2TPv2 L2TP プロファイル ID を指定します。
1~32
省略不可
字の英数字
最大 64 文
字の英数字
省略不可
省略不可
Layer2 に関する操作
L2TPv2 メッセージの統計情報の初期化
clear l2tpv2 statistics global
L2TPv2 メッセージの統計情報を初期化します。
V01.11(00)以降サポート
表示画面例
# clear l2tpv2 statistics global all
コマンド書式
clear l2tpv2 statistics global <プロトコル>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
初期化するプロトコルを指定します。
プロトコル
all
L2TPv2、PPP プロトコル全て
l2tp
L2TPv2 プロトコルのみ
ppp
PPP プロトコルのみ
all
l2tp
省略不可
ppp
77
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
L2TPv2 コネクション制御メッセージの統計情報の初期化
clear l2tpv2 statistics l2tp-tunnel
L2TPv2 コネクション制御メッセージの統計情報を初期化します。
V01.11(00)以降サポート
表示画面例
#clear l2tp statistics l2tp-tunnel id 1
コマンド書式
clear l2tp statistics l2tp-tunnel { id <トンネル ID> | all }
パラメータ
パラメータ
78
設定内容
設定範囲
トンネル ID
トンネル ID を指定します。
1~65535
all
全てのトンネル ID を指定します。
all
省略時の値
省略不可
Layer2 に関する操作
L2TPv2 セッション制御メッセージの統計情報の初期化
clear l2tpv2 statistics session
L2TPv2 セッション制御メッセージの統計情報を初期化します。
V01.11(00)以降サポート
表示画面例
#clear l2tpv2 statistics session tunnel 1
コマンド書式
clear l2tpv2 statistics session { tunnel <トンネルインタフェース番号> | username <
ユーザ名> | all }
パラメータ
パラメータ
トンネルインタフェース番号
設定内容
L2TPv2 トンネルインタフェース番号を指定しま
す。
ユーザ名
ユーザ名を指定します。
all
全てのトンネルを指定します。
設定範囲
1~32
最大 128 文
字の英数字
all
省略時の値
省略不可
省略不可
省略不可
79
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
L2TPv2 セッションとPPPセッションのクリア
clear l2tpv2-ppp
条件に合致する L2TPv2 セッションと PPP セッションを切断します。
V01.11(00)以降サポート
表示画面例
#clear l2tpv2-ppp all
clear ok?[y/N]:yes
#
コマンド書式
clear l2tpv2-ppp { all | interface tunnel <インタフェース番号> | username <ユーザ
名> }
パラメータ
パラメータ
all
80
設定内容
全ての L2TPv2 セッションと PPP セッションを切断する
場合に指定します。
インタフェース番号
L2TPv2 トンネルインタフェース番号を指定します。
ユーザ名
PPP のユーザ名を指定します。
設定範囲
省略時の値
all
省略不可
1~32
省略不可
DHCP に関する操作
DHCPに関する操作
サーバから取得したアドレスの初期化
clear dhcp lease
DHCP サーバから取得した IP アドレスの初期化を行います。
ただし、interface ewan , interface usb-ethernet の設定が DHCP 接続する設定である場合に有効。
表示画面例
Router#clear dhcp lease ewan 1
Router#
コマンド書式
clear dhcp lease <インタフェース名>
パラメータ
パラメータ
インタフェー
ス名
設定内容
設定範囲
DHCP サーバから取得した IP アドレス情報を初期化するイ ewan 1
ンタフェースを指定します。
usb-ethernet 1※
省略時の値
省略不可
※ usb-ethernet 1 は V01.08(00)以降サポート
81
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
サーバからアドレスの再取得
get dhcp lease
DHCP サーバから IP アドレスを再取得します。
表示画面例
Router#get dhcp lease ewan 1
Router#
コマンド書式
get dhcp lease ewan <インタフェース名>
パラメータ
パラメータ
インタフェース名
設定内容
省略時の値
IP アドレスを再取得するインタフェース名を指定し ewan 1
省略不可
ます。
usb-ethernet 1※
※ usb-ethernet 1 は V01.08(00)以降サポート
82
設定範囲
UPnP に関する操作
UPnPに関する操作
イベント受信情報の初期化
clear upnp subscribers
UPnP 機能のイベント受信者情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear upnp subscribers
コマンド書式
clear upnp subscribers
パラメータ
パラメータはありません。
83
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
ポートマッピングの初期化
clear upnp port-mapping
UPnP 機能により設定されているポートマッピングを、全て初期化します。
表示画面例
Router#clear upnp port-mapping
コマンド書式
clear upnp port-mapping
パラメータ
パラメータはありません。
84
モデムに関する操作
モデムに関する操作
接続相手装置に発呼する
call
指定した dialer へ発呼します。
表示画面例
Router#call dialer 1
Router#
コマンド書式
call dialer <接続相手シーケンス番号>
パラメータ
パラメータ
設定内容
接続相手シーケンス番号 指定した dialer に発呼します。
設定範囲
1~20
省略時の値
省略不可
85
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
接続している相手装置の切断
disconnect
接続している回線を手動切断します。
表示画面例
Router#disconnect acname1
Router#
コマンド書式
disconnect [PPPoE 接続相手名称]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
接続を切断する回線を指定します。
PPPoE 接続相手名称
86
PPPoE 接続 pppoe server コマンドで設定した名称 20 文字以内
の文字列
相手名称
を指定します。
modem 1
modem 1
ワイヤレス回線を切断します。
ewan 1
EWAN 1 に関連づけられている
ewan 1
PPPoE 回線を全て切断します。
全ての回線を
切断します。
モデムに関する操作
パケット数リミッタの解除
clear forced disconnect packet
パケット数リミッタの作動を解除します。パケット数リミッタは、このコマンドで解除するか、装置を再起動しない
限り、解除されません。
表示画面例
Router# clear forced disconnect packet modem 1
Router#
コマンド書式
clear forced disconnect packet modem 1
パラメータ
パラメータはありません。
87
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
累積許容時間リミッタの解除
clear forced disconnect cumulative-time
累積許容時間リミッタの作動を解除します。
forced disconnect cumulative-time コマンドで 1 ヶ月に許可する接続時間を設定することができます。
接続時間が、指定した時間を超えた場合、発信が制限されます。
本コマンドで、発信の制限を解除し、接続時間の情報を初期化することができます。
累積許容時間リミッタはを解除するには、このコマンドで解除するか、装置の再起動が必要です。
また、毎月 1 日 0:0:0 に自動的に解除されます。
表示画面例
Router# clear forced disconnect cumulative-time modem 1
Router#
コマンド書式
clear forced disconnect cumulative-time modem 1
パラメータ
パラメータはありません。
88
モデムに関する操作
発呼回数カウンターの初期化
clear max-call
発呼制限機能が監視している発呼回数カウンタを初期化します。
また、リミッタ作動時の解除も兼ねています。
表示画面例
Router# clear max-call dialer 1
Router#
コマンド書式
clear max-call dialer <インタフェース番号>
パラメータ
パラメータ
インタフェース番号
設定内容
設定範囲
指定した dialer の監視している発呼回数を初期化します。
1~20
また、リミッタ作動時の解除も兼ねています。
省略時の値
省略不可
89
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
無線LANアクセスポイントに関する操作
統計情報(ブリッジインタフェース)の初期化
clear wlan wlan-bridge
無線 LAN モジュールの bridge インタフェースの情報を初期化します。
本コマンドは、無線 LAN アクセスポイント内蔵タイプ専用となります。
V01.02(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear wlan wlan-bridge
Router#
コマンド書式
clear wlan wlan-bridge [WLAN ブリッジ番号]
パラメータ
パラメータ
WLAN ブリッジ番号
90
設定内容
設定範囲
統計情報を初期化する WLAN ブリッジ番
1~16
号を指定します。
省略時の値
全ての bridge インタフェース
の統計情報を初期化します。
無線 LAN アクセスポイントに関する操作
統計情報(VAP毎)の初期化
clear wlan wlan-vap
無線 LAN モジュールの VAP 毎の統計情報を初期化します。
本コマンドは、無線 LAN アクセスポイント内蔵タイプ専用となります。
V01.02(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear wlan wlan-vap
Router#
コマンド書式
clear wlan wlan-vap [VAP 番号]
パラメータ
パラメータ
VAP 番号
設定内容
設定範囲
統計情報を初期化する VAP 番号を指定します。 1~16
省略時の値
全ての VAP 番号の統計
情報を初期化します。
91
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
統計情報(本体とのEther接続)の初期化
clear line statistics lan wlan
本体との Ether 接続の統計情報を初期化します。
本コマンドは、無線 LAN アクセスポイント内蔵タイプ専用となります。
V01.02(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear line statistics lan wlan
Router#
コマンド書式
clear line statistics lan wlan
パラメータ
パラメータはありません
92
無線 LAN アクセスポイントに関する操作
アクセスポイントモジュールの再起動
wlan-reset
無線 LAN モジュールを再起動します。
本コマンドは、無線 LAN アクセスポイント内蔵タイプ専用となります。
V01.02(00)以降サポート
表示画面例
Router#wlan-reset
Are you OK to wlan restart?(y/n) y
コマンド書式
wlan-reset [default]
パラメータ
パラメータ
default
設定内容
設定範囲
無線 LAN モジュールを工場出荷状態に戻し、その後設定情
default
報を読み込み再設定後に起動します。
省略時の値
再起動のみお
こないます。
93
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
WPS(プッシュボタン)動作の開始
start wps pbc
指定した VAP で、WPS(プッシュボタン)動作を開始します。
本コマンド実行後 2 分間は WPS(プッシュボタン)動作が継続します。
WPS 動作中は、装置前面の AP LED が緑点滅します。
該当 VAP で WPS(プッシュボタン)設定(wps コマンド)が有効になっていない場合は、WPS 動作を行いません。
本コマンドは、無線 LAN アクセスポイント内蔵タイプ専用となります。
V01.03(00)以降サポート
表示画面例
Router#start wps pbc wlan-vap 1
コマンド書式
start wps pbc wlan-vap <VAP 番号>
パラメータ
パラメータ
VAP 番号
94
設定内容
設定範囲
WPS(プッシュボタン)動作を開始する VAP 番号を
1~16
指定します。
省略時の値
省略不可
無線 LAN アクセスポイントに関する操作
WPS(PINコード)動作の開始
start wps pin
指定した VAP で、WPS(PIN)動作を開始します。
本コマンド実行後 2 分間は WPS(PIN)動作が継続します。
WPS 動作中は、装置前面の AP LED が緑点滅します。
該当 VAP で WPS(PIN)設定(wps コマンド)が有効になっていない場合は、WPS 動作を行いません。
本コマンドは、無線 LAN アクセスポイント内蔵タイプ専用となります。
V01.03(00)以降サポート
表示画面例
Router#start wps pin 12345678 wlan-vap 1
コマンド書式
start wps pin <PIN コード> wlan-vap <VAP 番号>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
最大 8 文字以内の
省略不可
英数字
PIN コード
PIN コードを指定します。
VAP 番号
WPS(PIN)動作を開始する VAP 番号を指定します。 1~16
省略不可
95
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
冗長機能に関する操作
VRRPに関する操作(マスター動作の放棄)
vrrp release-master
自身が指定された VRID においてマスター動作を行っている場合、マスター動作を放棄し、priority 値が 0 の公告
パケットを送出します。
本コマンドは、自身がマスター動作を行っている場合のみ有効です。
表示画面例
Router#vrrp release-master 1
Router#
コマンド書式
vrrp release-master <VRID>
パラメータ
パラメータ
VRID
96
設定内容
設定範囲
マスター動作を放棄し、バックアップ動作へ移行させる vrid を指
1~255
定します。
省略時の値
省略不可
冗長機能に関する操作
VRRPに関する操作(マスター動作への移行)
vrrp acquire-master
自身がバックアップ動作を行っている場合、指定された VRID のマスタールータより自身の Priority 値が大きい
場合、もしくは、自身の Priority 値と同じで IP アドレスが自身の方が大きい場合、公告パケットを送信し、マスター
ルータへ移行します。
本コマンドは、自身がバックアップ動作を行っている場合のみ有効です。
表示画面例
Router#vrrp acquire-master 1
Router#
コマンド書式
vrrp acquire-master <VRID>
パラメータ
パラメータ
VRID
設定内容
設定範囲
バックアップ動作から、マスタールータへ移行させる VRID を指定
1~255
します。
省略時の値
省略不可
97
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
イベントアクションに関する操作
clear event-dampening event-class
イベントフラップダンプニング機能で利用するペナルティ値をクリア(0 に)します。
表示画面例
Router#clear event-dampening event-class 1
Router#
コマンド書式
clear event-dampening event-class <イベントクラス番号>
パラメータ
パラメータ
イベントクラス番号
98
設定内容
設定範囲 省略時の値
ペナルティ値をクリアするイベントクラス番号を設定します。 1~100
省略不可
QoS に関する操作
QoSに関する操作
QoS統計情報の初期化
clear qos interface
QoS の統計情報を削除します。
インタフェースごとに設定されているポリシーの class-map,action-map,qos-que の統計情報をクリアします。クリ
アする統計情報の種別を指定しない場合は、指定したインタフェースに登録されているそれぞれの統計情報を全
てクリアします。
表示画面例
Router#clear qos interface
Router#
コマンド書式
clea qos inte face <インタフェース名> [[ input | output ]{ queuing | class | action }]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
インタフェース名
lan 1
ewan 1
QoS の統計情報を削除したいインタフェースを pppoe 1~24
指定します。
dialer 1~20
自局発パケットの情報を表示する場合は、local ipsecif 1~32
を指定します。
tunnel 1~32
vlanif 1~16
local
input|output
入出力方向を指定します。
queuing|class|action
class
ポリシーの class-map,action-map,qos-que を指
action
定します。
queuing
省略時の値
全ての
インタフェース
input
output
全ての統計情報
99
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
障害監視/通知機能に関する操作
軽度障害情報の初期化
clear elog
軽度障害情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear elog
Router#
コマンド書式
clear elog
パラメータ
パラメータはありません。
100
障害監視/通知機能に関する操作
重度障害情報の初期化
clear tlog
重度障害情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear tlog
Router#
コマンド書式
clear tlog
パラメータ
パラメータはありません。
101
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
環境障害情報の初期化
clear slog
環境障害情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear slog
Router#
コマンド書式
clear slog
パラメータ
パラメータはありません。
102
障害監視/通知機能に関する操作
フィルタリング情報の初期化
clear flog
フィルタリングログ情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear flog
Router#
コマンド書式
clear flog
パラメータ
パラメータはありません。
103
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
フィルタリングカウンタの初期化
clear access-lists statistics
アクセスリストの統計情報を削除します。
インタフェースを指定することにより、該当するアクセスリストの統計情報を削除することができます。指定が無
い場合は、全ての統計情報を削除します。
表示画面例
Router#clear access-lists statistics
Router#
コマンド書式
clear access-lists statistics [アクセスリスト番号]
clear access-lists statistics [インタフェース名]
パラメータ
パラメータ
設定内容
省略時の値
アクセスリスト番号
アクセスリストの番号を指定して初期化を行いま
す。
インタフェース名
lan 1
ewan 1
pppoe 1~24
アクセスリストのインタフェースを指定して初期化を
全ての
dialer 1~20
行います。
インタフェース
usb-ethernet 1※
ipsecif 1~32
tunnel 1~32
※ usb-ethernet 1 は、V01.08(00)以降サポート。
104
設定範囲
1~3999
全ての
アクセスリスト
障害監視/通知機能に関する操作
MACアクセスリスト統計情報の初期化
clear mac access-lists statistics
MAC アクセスリストの統計情報を削除します。
インタフェース、MAC アクセスリスト番号指定時は、該当する MAC アクセスリストの統計情報を削除します。
指定が無い場合は全ての MAC アクセスリストの統計情報を削除します。
表示画面例
Router#clear mac access-lists statistics
Router#
コマンド書式
clear mac access-lists statistics [MAC アクセスリスト番号]
clear mac access-lists statistics [インタフェース名]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
MAC アクセスリスト番号
MAC アクセスリストの番号
を指定して初期化を行いま 1~30199※
す。
全ての
MAC アクセスリスト
インタフェース名
MAC アクセスリストのイン lan 1
タフェースを指定して初期 ewan 1
化を行います。
vlanif 1~16
全ての
インタフェース
※MAC アクセスリスト番号 1~30199 は、V01.10 (00)以降サポート。
105
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
認証が成功しているMACアドレスの無効化
clear macfilter interface
認証が成功している MAC アドレスを無効化します。
インタフェースを指定した場合は、該当インタフェースの認証が成功している MAC アドレスを無効化します。
インタフェースと MAC アドレスを指定した場合は、、該当インタフェースの該当 MAC アドレス(認証が成功してい
る)のみ無効にします。
指定がない場合は、全ての認証が成功している MAC アドレスを無効化します。
V01.10(00)以降サポート
表示画面例
Router# clear macfilter interface
Router#
コマンド書式
clear macfilter interface [インタフェース名 [MAC アドレス]]
パラメータ
パラメータ
106
設定内容
設定範囲
省略時の値
インタフェース名
lan 1
インタフェースで指定して初期化を行います。 ewan 1
vlanif 1~16
全ての
インタフェース
MAC アドレス
MAC アドレスで指定して初期化を行います。 MAC アドレス形式
全ての
MAC アドレス
障害監視/通知機能に関する操作
MACフィルター情報のエントリの統計情報の初期化
clear macfilter statistics
動的認証で得られた MAC フィルター情報のエントリの統計情報を削除します。
インタフェースを指定した場合は、該当インタフェースの統計情報を削除します。
インタフェースと MAC アドレスを指定した場合は、、該当インタフェースの該当 MAC アドレスのみ
統計情報を削除します。
指定がない場合は、全ての統計情報を削除します。
V01.10(00)以降サポート
表示画面例
Router# clear macfilter statistics
Router#
コマンド書式
clear macfilter statistics [インタフェース名 [MAC アドレス]]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
インタフェース名
lan 1
インタフェースで指定して初期化を行います。 ewan 1
vlanif 1~16
全ての
インタフェース
MAC アドレス
MAC アドレスで指定して初期化を行います。 MAC アドレス形式
全ての
MAC アドレス
107
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
RADIUS情報のエントリの統計情報の初期化
clear radius statistics
RADIUS 情報の統計情報を削除します。
RADIUS サーバグループ名を指定した場合は、RADIUS サーバグループの統計情報を削除します。
指定がない場合は、全ての統計情報を削除します。
V01.10(00)以降サポート
表示画面例
Router# clear radius statistics
Router#
コマンド書式
clear radius statistics [RADIUS サーバグループ名]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
RADIUS サーバ RADIUS サーバグループ名で指定して初期化を行 最大 16 文字 全ての RADIUS サーバ
グループ名
の英数字
グループ
います。
108
障害監視/通知機能に関する操作
不正アクセスに関する情報の初期化
clear remote-access
不正アクセスに関する情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear remote-access 192.168.0.1
Router#
コマンド書式
clear remote-access [IP アドレス]
パラメータ
パラメータ
IP アドレス
設定内容
アクセス拒否端末を指定します。
設定範囲
IPv4 アドレス形式
省略時の値
全てのエントリを初期化します
109
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
自律監視機能に関する情報の初期化
clear buffer statistics
Mbuf 統計情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear buffer statistics
Router#
コマンド書式
clear buffer statistics
パラメータ
パラメータはありません
110
障害監視/通知機能に関する操作
clear ip arp statistics
学習した最大 ARP 情報数を初期化します。
表示画面例
Router#clear ip arp statistics
Router#
コマンド書式
clear ip arp statistics
パラメータ
パラメータはありません
111
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
clear ip nat translation
NAT 変換している内部テーブルの情報を削除します。
インタフェース指定の時は、該当するインタフェースの設定情報を、指定が無いときは全てのインタフェースの設定
情報を削除します。
表示画面例
Router#clear ip nat translation
Router#
コマンド書式
clear ip nat translation [インタフェース名]
clear ip nat translation statistics
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
lan 1
ewan 1
pppoe 1~24
全インタフェースの NAT
NAT変換している内部テーブル情報を削除したいイ dialer 1~20
インタフェース名
変換している内部テー
ンタフェースを指定します。
usb-ethernet 1※
ブル情報を削除します。
ipsecif 1~32
tunnel 1~32
vlanif 1~16
statistics
NAT テーブルの過去最大セッション数を削除しま
す。
削除した際は、実行したタイミングの値/時刻が、
peak 値/peak 時刻となります。
※ usb-ethernet 1 は V01.08(00)以降サポート
112
statistics
省略不可
障害監視/通知機能に関する操作
clear ip route statistics
ルーティング情報の過去最大経路数の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ip route statistics
Router#
コマンド書式
clear ip route statistics
パラメータ
パラメータはありません
113
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
clear ip stateful-packet
IPv4 学習フィルタリング情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ip stateful-packet all
Router#
コマンド書式
clear ip stateful-packet <初期化設定>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
IPv4 学習フィルタリング情報の初期化を行います。
all
non-established
初期化設定
statistics
114
全エントリを削除します。
確立されていない TCP エントリのみ削除
all
します。
non-established
学習フィルタリングテーブルの過去最大 statistics
セッション数を削除します。
削除した際は、実行したタイミングの値/
時刻が、peak 値/peak 時刻となります。
省略不可
障害監視/通知機能に関する操作
clear ipv6 neighbors
IPv6 ネイバ・キャッシュ情報の削除を行います。
表示画面例
Router#clear ipv6 neighbors
Router#
コマンド書式
clear ipv6 neighbors [statistics]
パラメータ
パラメータ
statistics
設定内容
設定範囲
IPv6 ネイバ・キャッシュ情報の過去最大セッション数を
削除します。
statistics
削除した際は、実行したタイミングの値/時刻が、peak
値/peak 時刻となります。
省略時の値
IPv6 ネイバ・キャッシュ情報
の過去最大セッション数を
削除しません。
115
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
clear ipv6 route statistics
ルーティング情報の過去最大経路数の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ipv6 route statistics
Router#
コマンド書式
clear ipv6 route statistics
パラメータ
パラメータはありません
116
障害監視/通知機能に関する操作
clear ipv6 stateful-packet
IPv6 学習フィルタリング情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ipv6 stateful-packet all
Router#
コマンド書式
clear ipv6 stateful-packet <初期化設定>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
IPv6 学習フィルタリング情報の初期化を行います。
all
全エントリを削除します。
non-established
確立されていない TCP エントリのみ削
除します。
statistics
学習フィルタリングテーブルの過去最
大セッション数を削除します。
削除した際は、実行したタイミングの値
/時刻が、peak 値/peak 時刻となりま
す。
初期化設定
all
non-established
statistics
省略不可
117
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
clear memory system statistics
装置が動的にメモリを確保する際の最大メモリ値を初期化します。
表示画面例
Router#clear memory system statistics
Router#
コマンド書式
clear memory system statistics
パラメータ
パラメータはありません
118
SSH サーバ機能に関する操作
SSHサーバ機能に関する操作
ホスト固有鍵の生成
generate key ssh
SSH サーバ機能を有効にする前に、generate key ssh コマンドにより、ホスト固有鍵を生成しなければなりませ
ん。
RSA 鍵と DSA 鍵の 2 種類があり、RSA 鍵の場合生成する鍵の bit 数は、512bit から 2048bit までの間で指定
します。
既にホスト固有鍵が登録されている状態で、再度 generate key ssh コマンドを実行すると、"Requested key
already exit."と表示され、鍵生成を中止します。
表示画面例
Router#generate key rsa ssh bits 1024
Generating keys...Done.
Router#
コマンド書式
generate key ssh [{rsa [bits <512-2048>]| dsa}]
注意
SSH クライアントには、アクセスする SSH サーバのホスト固有鍵が、以前に接続した際のものと異なる場合、ア
クセスを中止するものがあります。
ホスト固有鍵を生成しなおす場合には、注意してください。
パラメータ
パラメータ
設定内容
rsa RSA 鍵を指定します。
鍵種別
bits オプションで鍵長を指定することも可能です。
dsa DSA 鍵を指定します
設定範囲
省略時の値
bits オプションを省略
512~2048
した場合は、鍵長は
1024bit になります。
なし
なし
※ DSA 鍵指定は、V01.07(00)以降サポート
119
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
自身の固有鍵の削除
clear crypto key ssh
clear crypto key ssh コマンドの実行により、ホスト固有鍵を削除します。RSA 鍵と DSA 鍵のどちらかを指定する
必要があります。
ホスト固有鍵を削除した時点で、SSH サーバ機能は無効になります。
ただし、鍵の削除以前に確立した使用中のセッションについては切断しません
表示画面例
Router#clear crypto key ssh rsa
[OK]
Router#
コマンド書式
clear crypto key ssh {rsa|dsa}
パラメータ
パラメータ
設定内容
rsa RSA 鍵を指定します。
鍵種別
dsa DSA 鍵を指定します。
※ RSA・DSA 鍵指定は、V01.07(00)以降サポート
120
SSH サーバ機能に関する操作
SSHセッション強制切断
clear ssh session
SSH セッションを強制的に切断します。ただし、SCP のセッションは強制切断できません。
強制切断するセッション番号は、show ssh コマンドで確認してください。
※V01.08(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear ssh session 1
Router#
コマンド書式
clear ssh session < セッション番号 >
パラメータ
パラメータ
セッション番号
設定内容
強制切断するセッション
番号を指定します。
設定範囲
1~3
省略時の値
省略不可
121
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
遠隔保守支援機能に関する操作
遠隔保守支援機能の開始・終了
remote-maintenance ssh
インターネット側からのリモートメンテナンス(遠隔保守)を行うために、フィルタリング設定/IPsec 設定等、SSH
サーバへのアクセスを妨げる可能性がある動作を一時的に抑止し、SSH のアクセスを無条件に許可します。SSH
サーバ機能と連携して、インターネット側から保守を行う際に指定します。
操作画面例 遠隔保守支援機能を開始する
Router#remote-maintenance ssh enable
Are you OK to enable SSH remote-maintenance, which allows unlimited SSH server access for 10 minutes.(y/n)y
操作画面例 遠隔保守支援機能を終了する
Router#remote-maintenance ssh disable
Are you OK to enable SSH remote-maintenance, which allows unlimited SSH server access for 10 minutes.(y/n)y
コマンド書式
remote-maintenance ssh enable [duration <動作時間>]
remote-maintenance ssh disable
パラメータ
パラメータ
動作時間
設定内容
設定範囲 省略時の値
遠隔保守支援機能を動作させる時間(単位:分)を指定します。
ここで指定した時間、インターネット側からの SSH のアクセスを許可 1~30
します。
10 分
注意
遠隔保守支援機能の動作中は、インターネット側からの SSH のアクセスを無条件に許可する状態となります。
実際の設定とは異なる動作となりますので、注意してください。
また、SSH サーバにアクセスしている状態で遠隔保守支援機能の動作期間が終了すると、設定内容やアクセス
方法によっては SSH セッションが不通になる場合もありますので、注意して下さい。遠隔保守支援機能の動作期
間中に再度遠隔保守遅延機能を有効にするコマンドを実行すると、動作期間がコマンド実行時からの時間に更新
されます。
122
設定内容に関する操作
設定内容に関する操作
設定情報の初期化
clear working.cfg
設定情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear working.cfg
Router#
コマンド書式
clear working.cfg
パラメータ
パラメータはありません。
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
123
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報の適用
load
設定情報を working.cfg へ読み込みます。
パスワードオプションを指定することにより、USB メモリ内の ZIP 暗号化されているファイルを複合化して
working.cfg へ読み込むことも出来ます。
表示画面例 1
Router#load SIDE-A.cfg
Router#
表示画面例 2
Router# load /usb1/pub/AAAA.cfg
% finished reading
Router#
コマンド書式
load <ロード対象>
load <USB ファイル> password <パスワード>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
設定情報の読み込み先を指定します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg を読み込みます
ロード対象
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg を読み込みます
SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
default.cfg
default.cfg default.cfg(工場出荷状態)を読み込みます。
124
USB ファイル
USB メモリ内の設定情報を読み込む場合は、ファイルを絶
英数字
対パスで指定します。
パスワード
USB メモリ内の ZIP 暗号化されたファイルを複合化して読み
英数字
込む場合は、パスワードを指定します。
boot コマンドで指
定した設定情報を
読み込みます。
ZIP 暗号化された
ファイルを複合化
できません。
設定内容に関する操作
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% not configuration file : %s
設定情報以外のファイルまたは、ファイルのサイズが 1Mbyte を超えて
いる場合に表示されます。
% file not found : %s
指定したファイル/ディレクトリが見つからない場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% Cannot read configuration file
ファイルのオープンで device の I/O エラーが発生した場合に表示され
ます。
125
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報の再適用
refresh
編集した設定情報を適用します。
表示画面例
Router#refresh
Router#
コマンド書式
refresh [at <0-24>:<0-59> <1-31> <month> | cancel | in [<0-24>:] <0-59>]]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
at
指定した日時に適用します※1。
時:分 日 月または、時:分 月 日の順に指定します。
0~24
0~59
1~31
month※2
in
指定時間経過後に適用します。
時:分の順に指定します。
0~24
0~59
cancel
at または、in で設定したパラメータを破棄します。
cancel
省略時の値
即時に適用します。
※1:指定可能範囲は、1 分~40319 分(約 28 日)先までとなります。
※2:month の指定は、省略文字(Jan, Feb, Mar, Apr, May, Jun, Jul, Aug, Sep, Oct, Nov, Dec)を使用します。
大文字、小文字の区別はありません。
126
設定内容に関する操作
注意事項
設定変更を複数行った場合、そのうちの1つでも reset が必要なコマンドが含まれている時は、refresh コマンド
を実行しても refresh 対応の設定変更を含めて変更が有効になりません。
reset が必要なコマンドが含まれている場合に設定を有効にするには、設定情報を保存(save)後に装置の
reset が必要です。
refresh コマンドのみで設定が有効になるケース
全てのコマンドが refresh 対応コマンドの場合
reset コマンドを実行することで設定が有効になるケース
1つでも、reset が必要なコマンドが含まれている場合
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
127
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報の保存
save
設定情報を保存します。
パスワードオプションを指定することにより、USB メモリに設定情報を保存する際に ZIP 暗号化することも出来ます。
表示画面例
Router#save SIDE-A.cfg
Router#
コマンド書式
save <セーブ対象>
save <USB ファイル> [password <パスワード]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
設定情報の保存先を指定します。
セーブ対象
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg を読み込みます
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg を読み込みます
128
SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
USB ファイル
USB メモリ内に設定情報を保存する場合は、ファイ
英数字
ルを絶対パスで指定します。
パスワード
USB メモリ内に保存する設定情報を ZIP 暗号化する
英数字
場合は、パスワードを指定します。
省略不可
保存する設定情報を
ZIP 暗号化しません。
設定内容に関する操作
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% file not found : %s
指定したファイル/ディレクトリが見つからない場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入未挿入の場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
129
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報のコピー
copy
設定情報やファームウェアを反対面(SIDE-A←→SIDE-B)にコピーするコマンドです。
表示画面例 1 設定情報を SIDE-A から SIDE-B にコピーする
Router#copy SIDE-A.cfg SIDE-B.cfg
Router#
表示画面例2 設定情報を SIDE-A から、USB ポートの USB メモリへファイルをコピーする
Router# copy SIDE-A.cfg /usb1/SIDE-A.cfg
Now copying... "."is 64Kbyte
Router#
コマンド書式
copy <コピー元> <コピー先>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
コピー元の設定情報、ファームウェアを選択します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg をコピー元に指定します。
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg をコピー元に指定します。
コピー元
SIDE-A.frm SIDE-A.frm をコピー元に指定します。
SIDE-B.frm SIDE-B.frm をコピー元に指定します。
絶対パスで USB メモリ内ファイルをコピー元に SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
指定します。
SIDE-A.firm
コピー先を指定します。
SIDE-B.firm
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg をコピー先に指定します。
英数字
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg をコピー先に指定します。
絶対パス
コピー先
SIDE-A.frm SIDE-A.frm をコピー先に指定します。
SIDE-B.frm SIDE-B.frm をコピー先に指定します。
絶対パス
130
絶対パスで USB メモリ内ファイルをコピー先に
指定します。
省略不可
設定内容に関する操作
copy コマンドについて
設定情報用メモリバンク(SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg)とファームウェア用メモリバンク(SIDE-A.frm/SIDE-B.frm)間で
のコピーは行えません。
また、USB メモリ内にコピーする際にファイル名を変更することも可能です。
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% do you overwrite? [yse/no]
コピー先に同じ名前のファイルが存在する場合に表示されます。
% name wrong : %s
ファイル名に使用できない文字が含まれている場合や文字数が 99 文字以
上の場合に表示されます。
% file not found : %s
指定したファイルが存在しない場合に表示されます。
% no permission : %s
読み取り専用ファイルのため書込み許可が無い場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% capacity shortage.
コピー先の USB メモリの容量が不足している場合に表示されます。
131
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報の切り替え
boot configuration
装置起動時に読み込む設定情報を指定します。
表示画面例
Router#boot configuration SIDE-A.cfg
Router#
コマンド書式
boot configuration <読み込み対象>
パラメータ
パラメータ
読み込み情報
設定内容
起動に読み込む設定情報を指定します。
指定後、装置を再起動することにより指定した設定情報
で起動します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg を読み込みます
設定範囲
SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg を読み込みます
設定情報の選択について
FITELnet F60 には、設定情報を格納するメモリが2面あります。
それぞれ、SIDE-A、SIDE-B となっていますので、該当する設定情報を使用してください。
132
SIDE-A 用ファイル名
SIDE-B 用ファイル名
SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
省略時の値
省略不可
設定内容に関する操作
運用中の設定情報の適用
restore
運用中の設定情報を適用します。
表示画面例
Router#restore
Router#
コマンド書式
restore
パラメータ
パラメータはありません。
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
133
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
タスクトレースに関する操作
タスクトレース情報の初期化
clear ttrlog
タスクトレース情報の初期化を行います。
表示画面例
Router#clear ttrlog
Router#
コマンド書式
clear ttrlog
パラメータ
パラメータはありません。
134
タスクトレースに関する操作
ダイナミックDNSに関する操作
インタフェースの統計情報の初期化
clear ddns-client
ddns-client が設定されたインタフェースの統計情報カウンタを初期化します。
表示画面例
Router#clear ddns-client lan 1
Router#
コマンド書式
clear ddns-client <インタフェース名>
パラメータ
パラメータ
インタフェース名
設定内容
統計情報カウンタを初期化するインタフェースを指定
します。
設定範囲
lan 1
ewan 1~2
dialer 1~20
pppoe 1~24
省略時の値
省略不可
135
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
ポートモニタリング機能に関する操作
モニタリングするポートの指定
port-monitor mirrored
ポートモニタリング機能でモニタリングするポートを指定します。
モニタリングするポートを解除する場合は、no コマンドを利用して解除します。
現在の状況は、show port-monitor コマンドで確認することができます。
表示画面例
Router#port-monitor mirrored lan 1
Router#
コマンド書式
port-monitor mirrored <インタフェース名> [フレーム]
no port-monitor mirrored {all |<インタフェース名> [フレーム]}
パラメータ
パラメータ
インタフェース名
設定内容
モニタするポートを指定します。
設定範囲
省略時の値
lan 1~4
省略不可
in
out
both
both が選択され
ます。
all
省略不可
モニタ対象とするフレームを指定します。
フレーム
all
in
Ingress のフレーム
out
Egress のフレーム、
both
Ingress と Egress の両方のフレーム
全てのポートを指定します。
注意
ポートモニタリング中は通常の中継動作への影響が考えられるため、ポートモニタリング機能は保守運用時に
使用してください。
136
ポートモニタリング機能に関する操作
結果を出力するポートの指定
port-monitor monitor
ポートモニタリング機能でモニタリングした結果を出力するポートを指定します。
解除する場合は、no コマンドを利用して解除します。
表示画面例
Router#port-monitor monitor lan 1
Router#
コマンド書式
port-monitor monitor <インタフェース名>
no port-monitor monitor <インタフェース名>
パラメータ
パラメータ
インタフェース名
設定内容
結果を出力するポートを指定します。
設定範囲
lan 1~4
省略時の値
省略不可
137
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
USBファイルシステムに関する操作
ディレクトリ/ファイルの情報
dir
ファイル名/ディレクトリ名を指定することにより、対象ファイル/ディレクトリの情報を表示します。
表示画面例1 ファイル(SIDE-A.cfg)情報の表示
Router# dir /usb1/SIDE-A.cfg
2010/11/12 10:23:30 648 SIDE-A.cfg
/usb1 media used 2015232 bytes
/usb1 media free 3945484288 bytes
Router#
表示画面例2 ディレクトリ(usb1)情報の表示
Router# dir /usb1
2010/11/12 10:25:54 <DIR> test
2010/11/12 16:39:38 2,000,000 LOG.TXT
2010/11/12 10:23:30 648 SIDE-A.cfg
/usb1 media used 2015232 bytes
/usb1 media free 3945484288 bytes
Router#
コマンド書式
dir <ファイル名>
パラメータ
パラメータ
ファイル名
138
設定内容
設定範囲
表示対象とするファイル名を絶対パスで指定します。
英数字
ファイル名の代わりにディレクトリ名を指定することもできます。
省略時の値
省略不可
USB ファイルシステムに関する操作
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% file not found
指定したファイル/ディレクトリが見つからない場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
ディレクトリ名について
F60 に挿入した USB メモリ上のファイルシステムは、”/usb1”としてマウントされます。
139
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
ディレクトリの作成
mkdir
ディレクトリを作成します。
表示画面例1 ディレクトリ(ディレクトリ名 pub)を作成する
Router#mkdir /usb1/pub
Router#
コマンド書式
mkdir <ディレクトリ名>
パラメータ
パラメータ
ディレクトリ名
設定内容
設定範囲
作成するディレクトリ名を指定します。
英数字
省略時の値
省略不可
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% still exist : %s
同名のディレクトリまたは、ファイルが存在する場合に表示されます。
% name wrong : %s
ディレクトリ名に使用できない文字が含まれている場合や文字数が 99 文字以上
の場合に表示されます。
% file not found : %s
指定したディレクトリが存在しない場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% capacity shortage
指定した USB メモリが容量不足の場合に表示されます。
% mkdir failed.
指定した USB メモリへの書き込みが失敗した場合に表示されます。
ディレクトリ名について
F60 に挿入した USB メモリ上のファイルシステムは、”/usb1”としてマウントされます。
140
USB ファイルシステムに関する操作
ディレクトリの削除
rmdir
ディレクトリを削除します。
表示画面例1 ディレクトリ(ディレクトリ名 pub)を削除する
Router#rmdir /usb1/pub
Router#
コマンド書式
rmdir <ディレクトリ名>
パラメータ
パラメータ
ディレクトリ名
設定内容
設定範囲
削除するディレクトリ名を指定します。
英数字
省略時の値
省略不可
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% rmdir failed.
ディレクトリ削除に失敗した場合に表示されます。
% is busy : %s
ディレクトリが空ではない、もしくはルートディレクトリを指定した場合に表示され
ます。
% file not found : %s
指定した USB メモリが存在しない場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
ディレクトリ名について
F60 に挿入した USB メモリ上のファイルシステムは、”/usb1”としてマウントされます。
141
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
ファイルの削除
delete
ファイルを削除します。
表示画面例1 ファイル(ファイル名 SIDE-A.cfg)を削除する
Router#delete /usb1/20100422/SIDE-A.cfg
Router#
コマンド書式
delete <ファイル名>
パラメータ
パラメータ
ファイル名
設定内容
設定範囲
削除するファイル名を指定します。
英数字
省略時の値
省略不可
エラー表示
エラー表示
142
エラー内容
% file not found : %s
指定したファイルが存在しない場合に表示されます。
% no permission : %s
指定したファイルが読み込み専用のため書き込み許可が無い場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% delete failed.
指定した USB メモリへの書き込みが失敗した場合に表示されます。
USB ファイルシステムに関する操作
ファイル名の変更
rename
ファイル名を変更します。
表示画面例1 ファイル名を SIDE-A.cfg から SIDE-A2.cfg に変更する
Router# rename /usb1/SIDE-A.cfg /usb1/SIDE-A2.cfg
Router#
コマンド書式
rename <変更対象ファイル> <変更後ファイル名>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
変更対象ファイル
変更対象のファイルをフルパスで指定します。
変更後ファイル名
変更後のファイル名をフルパスで指定します。
英数字
省略時の値
省略不可
省略不可
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% still exist : %s
同名のディレクトリまたは、ファイルが存在する場合に表示されます。
% file not found : %s
指定したファイルが存在しない場合に表示されます。
% no permission : %s
読み取り専用ファイルのため書込み許可が無い場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% cannot move : %s.
変更前と変更後のパスが違う場合に表示されます。
% rename failed.
指定した USB メモリへの書き込みが失敗した場合に表示されます。
143
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
ファイルのコピー
copy
設定情報やファームウェアを反対面(SIDE-A←→SIDE-B)や、USB メモリにコピーするコマンドです。
表示画面例1 設定情報を SIDE-A から SIDE-B にコピーする
Router#copy SIDE-A.cfg SIDE-B.cfg
Router#
表示画面例2 設定情報を SIDE-A から、USB ポートの USB メモリへファイルをコピーする
Router# copy SIDE-A.cfg /usb1/SIDE-A.cfg
Now copying... "."is 64Kbyte
Router#
コマンド書式
copy <コピー元> <コピー先>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
コピー元の設定情報、ファームウェアを選択します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg をコピー元に指定します。
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg をコピー元に指定します。
コピー元
SIDE-A.frm SIDE-A.frm をコピー元に指定します。
SIDE-B.frm SIDE-B.frm をコピー元に指定します。
絶対パス
絶対パスで USB メモリ内ファイルをコピー元
に指定します。
コピー先を指定します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg をコピー先に指定します。
コピー先
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg をコピー先に指定します。
SIDE-A.frm SIDE-A.frm をコピー先に指定します。
SIDE-B.frm SIDE-B.frm をコピー先に指定します。
144
SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
SIDE-A.firm
SIDE-B.firm
英数字
省略不可
USB ファイルシステムに関する操作
絶対パス
絶対パスで USB メモリ内ファイルをコピー先
に指定します。
copy コマンドについて
設定情報用メモリバンク(SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg)とファームウェア用メモリバンク(SIDE-A.frm/SIDE-B.frm)間で
のコピーは行えません。
また、USB メモリ内にコピーする際にファイル名を変更することも可能です。
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% do you overwrite?
[yse/no]
コピー先に同じ名前のファイルが存在する場合に表示されます。
% name wrong : %s
ファイル名に使用できない文字が含まれている場合や文字数が 99 文字以上の場
合に表示されます。
% file not found : %s
指定したファイルが存在しない場合に表示されます。
% no permission : %s
読み取り専用ファイルのため書込み許可が無い場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% capacity shortage.
コピー先の USB メモリの容量が不足している場合に表示されます。
145
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
ファイルシステムのマウント
mount
umount コマンドで抜去可能な状態に制御された USB メモリを、装置に装着されたままの状態で再度接続可能な
状態にします。
一度装置から抜去した USB メモリを装置へ再装着する際は、本コマンドの実行の必要はありません。
表示画面例1 USB メモリをマウントする
Router# mount /usb1
Router#
コマンド書式
mount <マウント対象>
パラメータ
パラメータ
マウント対象
設定内容
設定範囲
マウントする USB メモリが挿入されているポートを指定します。 usb1
省略時の値
省略不可
エラー表示
エラー表示
146
エラー内容
% /usb1 is busy.
マウントを実行した際に、データ通信端末が detach 処理中の場合に表示
されます。
% /usb1 respons timeout.
指定した USB メモリからの応答がタイムアウトした場合に表示されます。
% /usb1 has not been unmounted
指定した USB メモリがマウント状態の場合に表示されます。
% no storage device.
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% mount failed.
指定した USB メモリのマウントが失敗した場合に表示されます。
USB ファイルシステムに関する操作
ファイルシステムのアンマウント
umount
装置と USB メモリの接続状態を解除し、USB メモリを抜去可能とします。
装置から USB メモリを抜去する際は、必ず umount コマンドを実行して下さい。
表示画面例1 USB メモリをアンマウントする
Router# umount /usb1
% /usb1 was unmounted, ready to be ejected
Router#
コマンド書式
umount <アンマウント対象>
パラメータ
パラメータ
アンマウント対象
設定内容
設定範囲
アンマウントする USB メモリが挿入されているポートを
usb1
指定します。
省略時の値
省略不可
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% /usb1 is occupied. Do you want to アンマウント対象の USB メモリ内のファイルがアクセス中の場合に表
示されます。
forced unmount?[yse/no]
% /usb1 is busy.
アンマウントを実行した際に、データ通信端末が detach 処理中の場
合に表示されます。
% /usb1 respons timeout.
指定した USB メモリからの応答がタイムアウトした場合に表示されま
す。
% /usb1 has not been mounted
指定した USB メモリがアンマウント状態の場合に表示されます。
% no storage device.
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% umount failed.
アンマウントが失敗した場合に表示されます。
147
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報の読み込み
load
設定情報を working.cfg へ読み込みます。
パスワードオプションを指定することにより、USB メモリ内の ZIP 暗号化されているファイルを複合化して
working.cfg へ読み込むことも出来ます。
表示画面例 1
Router#load SIDE-A.cfg
Router#
表示画面例 2
Router# load /usb1/pub/AAAA.cfg
% finished reading
Router#
コマンド書式
load <ロード対象>
load <USB ファイル> password <パスワード>
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
設定情報の読み込み先を指定します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg を読み込みます
ロード対象
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg を読み込みます
default.cfg
148
default.cfg(工場出荷状態)を読み込みま
す。
SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
default.cfg
USB ファイル
USB メモリ内の設定情報を読み込む場合は、ファイルを絶
英数字
対パスで指定します。
パスワード
USB メモリ内の ZIP 暗号化されたファイルを複合化して読
英数字
み込む場合は、パスワードを指定します。
boot コマンドで指
定した設定情報を
読み込みます。
ZIP 暗号化された
ファイルを複合化
できません。
USB ファイルシステムに関する操作
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% not configuration file : %s
設定情報以外のファイルまたは、ファイルのサイズが 1Mbyte を超えている
場合に表示されます。
% file not found : %s
指定したファイル/ディレクトリが見つからない場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% Cannot read configuration file ファイルのオープンで device の I/O エラーが発生した場合に表示されます。
149
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報の保存
save
設定情報を保存します。
パスワードオプションを指定することにより、USB メモリに設定情報を保存する際に ZIP 暗号化することも出来ます。
表示画面例
Router#save SIDE-A.cfg
Router#
コマンド書式
save <セーブ対象>
save <USB ファイル> [password <パスワード]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
設定情報の保存先を指定します。
セーブ対象
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg を読み込みます
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg を読み込みます
150
SIDE-A.cfg
SIDE-B.cfg
USB ファイル
USB メモリ内に設定情報を保存する場合は、ファイルを
絶対パスで指定します。
パスワード
USB メモリ内に保存する設定情報を ZIP 暗号化する場合
英数字
は、パスワードを指定します。
省略不可
英数字
保存する設定情
報を ZIP 暗号化
しません。
USB ファイルシステムに関する操作
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% file not found : %s
指定したファイル/ディレクトリが見つからない場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
151
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報/ファームウェアのインストール
copy
USB メモリ内の設定情報、ファームウェアを装置にインストールします。
設定情報については、パスワードオプションを指定することにより、USB メモリ内の ZIP 暗号化された設定情報
をインストールする事が出来ます。
表示画面例 1
Router# copy /usb1/pub/AAA.cfg SIDE-A.cfg
Router#
表示画面例2
Router# copy /usb1/pub/AAA.frm SIDE-A.frm
Router#
コマンド書式
copy <USB ファイル> <インストール先>[password <パスワード>]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
USB ファイル
USB メモリ内のインストール元ととなる設定情報また
は、ファームウェアを絶対パスで指定します。
パスワード
インストールする USB メモリ内の設定情報が ZIP 暗号化
英数字
されている場合は、パスワードを指定します。
英数字
省略時の値
省略不可
ZIP 暗号化された設
定情報をインストール
出来ません。
設定情報または、ファームウェアのインストール先を指
定します。
SIDE-A.cfg SIDE-A.cfg へインストールします
バックアップ先
SIDE-A.frm SIDE-A.frm へインストールします
SIDE-B.cfg SIDE-B.cfg へインストールします
SIDE-B.frm SIDE-B.frm へインストールします
152
SIDE-A.cfg
SIDE-A.frm
SIDE-B.cfg
SIDE-B.frm
省略不可
USB ファイルシステムに関する操作
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% file not found : %s
指定したファイルが存在しない場合に表示されます。
% no permission : %s
読み取り専用ファイルのため書込み許可が無い場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% Cannot read configuration file
ファイルのオープンで device の I/O エラーが発生した場合に表示されます。
153
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
設定情報/ファームウェアのバックアップ
copy
設定情報、ファームウェアを USB メモリ内にバックアップします。
設定情報については、パスワードオプションを指定することにより、USB メモリ内に設定情報を ZIP 暗号化してバ
ックアップする事が出来ます。
表示画面例1
Router# copy SIDE-A.cfg /usb1/pub/AAA.cfg
Router#
表示画面例2
Router# copy SIDE-A.frm /usb1/pub/AAA.frm
Router#
コマンド書式
copy <バックアップ元> <USB ファイル> [password <パスワード]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
設定情報または、ファームウェアのバックアップ元を
指定します。
バックアップ元
154
SIDE-A.cfg
SIDE-A.cfg をバックアップします
SIDE-A.frm
SIDE-A.frm をバックアップします
SIDE-B.cfg
SIDE-B.cfg をバックアップします
SIDE-B.frm
SIDE-B.frm をバックアップします
SIDE-A.cfg
SIDE-A.frm
SIDE-B.cfg
SIDE-B.frm
省略不可
英数字
省略不可
USB ファイル
USB メモリ内にバックアップする設定情報または、
ファームウェアを絶対パスで指定します。
パスワード
USB メモリ内にバックアップする設定情報を ZIP 暗号
化する場合は、パスワードを指定します。
英数字
※ファームウェアは ZIP 暗号化出来ません。
バックアップする設
定情報を ZIP 暗号
化出来ません。
USB ファイルシステムに関する操作
設定情報について
FITELnet F60 の設定情報の呼び方には、使用される状態により以下の 3 種類があります。
running.cfg 現在動作中の設定情報
working.cfg 編集中の設定情報
boot.cfg
次回起動時の設定情報
また、FITELnet F60 では、SIDE-A.cfg/SIDE-B.cfg と言う名称で、2 種類の設定情報を保存することができます。
これらの設定情報の関係図は、以下のようになります。(各設定情報間の文字("save"等)は、コマンド名です。)
エラー表示
エラー表示
エラー内容
% still exist : %s
同名のディレクトリまたは、ファイルが存在する場合に表示されます。
% name wrong : %s
ディレクトリ名に使用できない文字が含まれている場合や文字数が 99 文字以上の
場合に表示されます。
% file not found : %s
指定した USB メモリが存在しない場合に表示されます。
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入の場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% capacity shortage
指定した USB メモリが容量不足の場合に表示されます。
155
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
ファイルの暗号化
archive
USB メモリ内のファイルまたはディレクトリのアーカイブ(ZIP)を実施します。
表示画面例
Router# archive /usb1/FG1401AD password FITELnet
Router#
コマンド書式
archive <アーカイブ対象> [password <パスワード>] [without-erase]
パラメータ
パラメータ
設定内容
設定範囲
省略時の値
アーカイブ対象
アーカイブ対象とする USB メモリ内のファイルを絶
英数字
対パスで指定します。
パスワード
パスワード暗号化する場合のパスワードを指定し
ます。
最大 64 文字の パスワード暗号化しま
英数字
せん
without-erase
アーカイブ対象のファイルを削除しない場合は、
without-erase を指定します。
without-erase
省略不可
アーカイブ後に元のフ
ァイルを削除します。
エラー表示
エラー表示
156
エラー内容
% no storage device
指定した USB メモリが未挿入未挿入の場合に表示されます。
% file not found : %s
指定したファイルが存在しない場合に表示されます。
% no permission : %s
読み取り専用ファイルのため書込み許可が無い場合に表示されます。
% not mounted
指定した USB メモリがマウントされていない場合に表示されます。
% Cannot read
configuration file
ファイルのオープンで device の I/O エラーが発生した場合に表示されます。
USB ファイルシステムに関する操作
sFlowに関する操作
sflowの統計情報の初期化
clear sflow statistics
sflow の統計情報を初期化します。
V01.11(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear sflow statistics
Router#
コマンド書式
clear sflow statistics
パラメータ
パラメータはありません。
157
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
sflowのトラフィック統計情報の初期化
clear sflow traffic
sflow のトラフィック統計情報を初期化します。
V01.11(00)以降サポート
表示画面例
Router#clear sflow traffic
Router#
コマンド書式
clear sflow traffic
パラメータ
パラメータはありません。
158
索引
索引
A
clear ip bgp ····························· 47
clear ip bgp redistribute ················ 48
archive ································ 156
attach usb ······························ 15
B
boot configuration ····················· 132
boot firmware ··························· 23
boot-back ······························· 24
clear ip igmp all ························ 59
clear ip igmp statistics ················· 58
clear ip mroute ·························· 57
clear ip nat translation ············ 55, 112
clear ip ospf redistribute ··············· 50
clear ip polling ························· 56
clear ip resolver-cache ·················· 51
C
clear ip rip redistribute ················ 49
calendar set ···························· 16
clear ip route statistics ··············· 113
call ···································· 85
clear ip stateful-packet ············ 53, 114
clear access-lists statistics··········· 104
clear ip traffic ························· 52
clear address-pool statistics ipv6······· 41
clear ipv6 dhcp client statistics ········ 42
clear bgp ipv6 ·························· 34
clear ipv6 dhcp server statistics ········ 43
clear bgp ipv6 redistribute ············· 35
clear ipv6 mld all ······················· 44
clear bridge filtering-database·········· 32
clear ipv6 mld statistics ················ 45
clear buffer statistics ················ 110
clear ipv6 neighbors ················ 36, 115
clear crypto ca certificate ············· 71
clear ipv6 polling ······················· 40
clear crypto child-sa ··················· 64
clear ipv6 prefix-list ··················· 38
clear crypto ike-sa ····················· 63
clear ipv6 route statistics ············· 116
clear crypto isakmp ····················· 60
clear ipv6 stateful-packet ·········· 39, 117
clear crypto key ssh ··················· 120
clear ipv6 traffic ······················· 37
clear crypto sa ························· 61
clear l2tp ······························· 75
clear ddns-client ······················ 135
clear l2tpv2 ····························· 76
clear dhcp lease ························ 81
clear l2tpv2 statistics global ··········· 77
clear elog ····························· 100
clear l2tpv2 statistics l2tp-tunnel ······ 78
clear event-dampening event-class········ 98
clear l2tpv2 statistics session ·········· 79
clear flog ····························· 103
clear l2tpv2-ppp ························· 80
clear forced disconnect cumulative-time·· 88
clear line statistics ···················· 31
clear forced disconnect packet··········· 87
clear line statistics lan wlan ··········· 92
clear interface ························· 29
clear mac access-lists statistics ······· 105
clear internal-bridge ··················· 33
clear macfilter interface ··············· 106
clear ip arp statistics ················ 111
clear macfilter statistics ·············· 107
clear ip arp-cache ······················ 46
clear max-call ··························· 89
159
IPsec 対応ギガビットイーサネットルータ FITELnet F60
clear memory system statistics·········· 118
clear proxydns-cache ···················· 54
clear qos interface ····················· 99
clear radius statistics ················ 108
clear remote-access ···················· 109
L
l2tp connect ····························· 73
l2tp discard ····························· 74
load ······························· 124, 148
login ····································· 7
clear sflow statistics ················· 157
clear sflow traffic ···················· 158
M
clear slog ····························· 102
mkdir ··································· 140
clear ssh session ······················ 121
mount ··································· 146
clear telnet-server session ············· 19
P
clear tlog ····························· 101
clear ttrlog ··························· 134
clear upnp port-mapping ················· 84
clear upnp subscribers ·················· 83
clear vpnlog ···························· 65
clear vpnstat ··························· 66
clear wlan wlan-bridge ·················· 90
clear wlan wlan-vap ····················· 91
clear working.cfg ······················ 123
configure terminal ······················· 6
connect ································· 27
copy ················· 21, 130, 144, 152, 154
D
delete ································· 142
detach usb ······························ 14
dir ···································· 138
discard crypto isakmp id ················ 62
disconnect ·························· 28, 86
G
generate certificate-request ············ 68
generate key ···························· 67
password ·································· 8
ping ································· 10, 12
port-monitor mirrored ··················· 136
port-monitor monitor ···················· 137
R
refresh ································· 126
remote-maintenance ssh ·················· 122
rename ·································· 143
reset ···································· 20
restore ································· 133
rmdir ··································· 141
S
save ······························· 128, 150
set crypto ca certificate ················ 69
start wps pbc ···························· 94
start wps pin ···························· 95
syncclock ································ 17
T
telnet ··································· 18
trace ····································· 9
generate key ssh ······················· 119
get crypto crl ·························· 72
U
get dhcp lease ·························· 82
umount ·································· 147
usb-reset ································ 26
160
索引
V
W
vrrp acquire-master ····················· 97
wlan-reset ······························· 93
vrrp release-master ····················· 96
161
•
•
•
•
本書は改善のため事前連絡なしに変更することがあります。
本書に記載されたデータの使用に起因する第三者の特許権その他の権利について、
弊社はその責を負いません。
無断転載を禁じます。
Copyright© 2012-2016 FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. All rights reserved.
発行責任:古河電気工業株式会社
130-B0451-AH01-P
2016.10
Fly UP