...

Cisco IW3702 アクセス ポイント クイック スタート ガイド

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Cisco IW3702 アクセス ポイント クイック スタート ガイド
Cisco IW3702 ア ク セス ポイ ン ト 設置ガイ ド
初版:2015 年 7 月
最終更新日:2016 年 6 月
こ のガ イ ド では、Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト の設置手順について説明 し ます。
設置 と 設定の詳細については、Cisco.com で Cisco IW3702 のマニ ュ アルを参照 し て く だ さ い。
マニ ュ アルの構成
こ の文書は、次の項で構成 さ れています。
表記法、1 ページ
ド キ ュ メ ン ト の表記法について説明 し ます。
概要、2 ページ
ア ク セス ポ イ ン ト の設置場所について説明 し ます。
取 り 付け用部品、2 ページ
取 り 付け部品の リ ス ト を示 し ます。
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け、3 ページ
ア ク セス ポ イ ン ト を取 り 付ける手順を説明 し ます。
ア ク セス ポ イ ン ト の接地、12 ページ
ア ク セス ポ イ ン ト を接地する手順を示 し ます。
関連資料、12 ページ
ア ク セス ポ イ ン ト に関する入手可能な追加情報を示 し ます。
表記法
こ のマニ ュ アルでは、次の表記法を使用 し ています。
表記法
説明
太字
コ マ ン ド 、キーワー ド 、およびユーザが入力する テキス ト は太字で記載 さ れます。
イ タ リ ッ ク体
文書の タ イ ト ル、新規用語、強調する用語、およびユーザが値を指定する引数は、イ タ リ ッ ク体 で示
し ています。
[ ]
角カ ッ コ の中の要素は、省略可能です。
{x | y | z }
必ずいずれか 1 つを選択 し なければな ら ない必須キーワー ド は、波カ ッ コ で囲み、縦棒で区切っ て
示 し ています。
[x|y|z]
いずれか 1 つを選択で き る省略可能なキーワー ド は、角カ ッ コ で囲み、縦棒で区切っ て示 し ています。
string
引用符を付けない一組の文字。string の前後には引用符を使用 し ません。引用符を使用する と 、その
引用符も 含めて string と みな さ れます。
courier フ ォ ン ト
シ ス テムが表示する端末セ ッ シ ョ ンおよび情報は、courier フ ォ ン ト で示 し ています。
< >
パスワー ド のよ う に出力 さ れない文字は、山カ ッ コ で囲んで示 し ています。
[ ]
シ ス テム プ ロ ン プ ト に対するデ フ ォル ト の応答は、角カ ッ コ で囲んで示 し ています。
!、#
コ ー ド の先頭に感嘆符(!)またはポン ド 記号(#)がある場合には、コ メ ン ト 行である こ と を示 し ます。
注:読者に留意 し ていただ き たい こ と を示 し ます。役立つ情報や こ のマ ニ ュ アルに記載 さ れていない参照資料を紹介 し てい
ます。
Cisco Systems, Inc.
1
www.cisco.com
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
概要
注意:は、注意が必要な こ と を 示 し ています。機器の損傷またはデー タ 損失を予防する ための注意事項が記述 さ れています。
警告:安全上の重要事項
危険の意味です。人身事故を予防する ための注意事項が記述 さ れています。機器の取 り 扱い作業を行 う と きは、電気回路の危
険性に注意 し 、一般的な事故防止対策に留意 し て く だ さ い。各警告の最後に記載 さ れている ス テー ト メ ン ト 番号を基に、装置
に付属の安全についての警告を参照 し て く だ さ い。
こ れら の注意事項を保管 し ておいて く だ さ い。
規制:追加情報および規制要件または顧客要件に準拠する ために定め られています。
概要
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト は、以下を含む さ ま ざ ま な場所に設置する こ と がで き ます。

吊 り 天井の天井裏

堅い天井面や壁面

電気ボ ッ ク ス またはネ ッ ト ワー ク ボ ッ ク ス内

車両内(列車、バス、自動車、バン、ト ラ ッ ク な ど)

支柱上
取 り 付け用部品
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト には、本体一体型の取 り 付け フ ラ ン ジがあ り ます。以下の部品も使用で き ます。

DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト

支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
必要な取 り 付け用部品は、次のよ う に取 り 付ける位置によ っ て異な り ます。

天井、堅い天井面、壁面の場合、本体一体型の取 り 付け フ ラ ン ジ を使用 し て ア ク セス ポ イ ン ト を直接取 り 付けます。
取 り 付け フ ラ ン ジは、ア ク セス ポ イ ン ト のポー ト がない側にあ り ます。

電気キ ャ ビ ネ ッ ト またはネ ッ ト ワー ク ボ ッ ク スの場合、取 り 付け フ ラ ン ジ または DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト を使用
し て、ア ク セス ポ イ ン ト を直接取 り 付けます。

支柱に設置する場合は、支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト を使用 し ます。
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト の部品番号
注: こ れ らのブ ラ ケ ッ ト は Cisco IW3720 ア ク セス ポ イ ン ト に付属 し ていません。個別に注文で き ます。
表1
Cisco IW3702 取 り 付けブ ラ ケ ッ ト の部品番号
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
シ ス コの部品番号
DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
AIR-ACCDMK3700=
支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト (直径 2 ~ 3.2 イ ン チの支柱用)
AIR-ACCPMK3700=
支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト (直径 2 ~ 16 イ ン チの支柱用)
AIR-ACCPMK3700-2=
2
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け

一体型 フ ラ ン ジ マウン ト の使用、3 ページ

DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト の使用、4 ページ

支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト の使用、6 ページ
注:Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト には、空気が自然対流する空間が必要です。ア ク セス ポ イ ン ト の周囲に、遮る ものがない
空き スペース を 4 イ ン チ(10.16 cm)以上確保 し て く だ さ い。
一体型フ ラ ン ジ マウ ン ト の使用
限 られたスペースの場合、または強い衝撃や振動が発生する場所に設置する場合には、一体型フ ラ ン ジ マウン ト を使用 し て
直接取 り 付ける方法が一般的です。
一体型 フ ラ ン ジ マウン ト を使用 し て ア ク セス ポ イ ン ト を取 り 付けるには、次のよ う に し ます。
1. ア ク セス ポ イ ン ト の設置には、ア ク セス ポ イ ン ト の重量を十分に支え られる場所を選んで く だ さ い。
2. ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け穴を テ ン プ レー ト と し て使い、取 り 付け場所に印を付けます。
1
0.28 イ ン チ(7.12 mm)の取 り 付け穴
3. 取 り 付け面に、1/4-20 または M6 のボル ト に合 う プ ラ スチ ッ ク ウ ォ ール ア ン カ ー用の穴を あけ、適切なア ン カ ーを取 り
付けます。
4. 吊 り 天井の取 り 付け穴 と ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け穴の位置を合わせます。
5. 取 り 付けネジ を取 り 付け穴 4 箇所のそれぞれに挿入 し 、締め付けます。
キーホールを使 っ て、「ハンズ フ リ ー」イ ン ス ト ールがで き ます。
注:ア ク セス ポ イ ン ト が し っか り と 固定 さ れた こ と を確認 し て く だ さ い。
3
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト の使用
DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト は、ネ ッ ト ワー ク ク ローゼ ッ ト またはキ ャ ビ ネ ッ ト 、電気 ク ローゼ ッ ト またはキ ャ ビ ネ ッ ト 内
で、または軽度の衝撃や振動がある配線室で使用で き ます。図 1 ページ 4 に DIN レール、DIN レール取 り 付けアセ ン ブ リ を示
し ます。
図1
1
DIN レール取 り 付けアセ ン ブ リ
スチール製 DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト 1 1/3 イ ン チ
(33 mm)
2
DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト ク リ ッ プ
ア ク セス ポ イ ン ト を DIN レールに取 り 付け るには、次のよ う に し ます。
1. 次の図に示す よ う に、付属の M6 部品を使用 し て ア ク セ ス ポ イ ン ト お よ び DIN レ ール取 り 付け ブ ラ ケ ッ ト を組み立て
ます。
4
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
1
スチール製 DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト 1 1/3 イ ン チ
(33 mm)
3
M6 ネジ(締め付け ト ルク 6 ~ 7 フ ィ ー ト ポン
ド (8.1 ~ 9.5 Nm))
2
M6 挿入部
4
ア ク セス ポ イ ン ト
2. DIN レールの真正面でア ク セス ポ イ ン ト アセ ン ブ リ の位置を決めます。
3. バネ式の上部取 り 付け ク リ ッ プの下に DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト を挿入 し ます。
注:ス リ ッ プ防止 ク リ ッ プに DIN レールが固定 さ れた こ と を確認 し て く だ さ い。
5
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
4. DIN レール取 り 付けブ ラ ケ ッ ト の下側の リ ッ プが下部取 り 付けブ ラ ケ ッ ト ク リ ッ プに固定 さ れる ま で、保持ハン ド ルを
引いて下げます。
5. 保持ハン ド ルを離 し ます。
支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト の使用
ア ク セス ポ イ ン ト を取 り 付ける支柱のサイ ズに応 じ て、表 2 ページ 6 に挙げる支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト のど ち らかを選択で
き ます。
表2
Cisco IW3702 支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト の部品番号
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
シ ス コ の部品番号
該当する支柱の直径
支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
AIR-ACCPMK3700=
2 ~ 3.2 イ ン チ
支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト 2
AIR-ACCPMK3700-2=
2 ~ 16 イ ン チ
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト AIR-ACCPMK3700= の使用
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト AIR-ACCPMK3700= を使用 し て ア ク セス ポ イ ン ト を支柱に取 り 付けるには、次のよ う に し ます。
1. 付属の U ボル ト 、ワ ッ シ ャ 、ナ ッ ト を使用 し て、取 り 付けブ ラ ケ ッ ト を支柱に取 り 付けます。
1
直径 2 ~ 3.2 イ ン チ(5 ~ 8 cm)の支柱
3
M8 X 1.25 ナ ッ ト と ワ ッ シ ャ
2
M8 X 1.25 U ボル ト
4
支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
2. 付属のボル ト 、ワ ッ シ ャ、ナ ッ ト を使用 し て、ア ク セス ポ イ ン ト を マウン ト プ レー ト に取 り 付けます。
注:U ボル ト の両方のナ ッ ト が均等に締め付け ら れた こ と を確認 し て く だ さ い。片側を締め付けすぎ る と 、U ボル ト がゆ
がみます。
6
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
3. ナ ッ ト を 6 ~ 7 フ ィ ー ト ポン ド (8.1 ~ 9.5 Nm)の ト ルク で締め付けます。
1
ア ク セス ポ イ ン ト
2
M6 ボル ト と ワ ッ シ ャ
3
支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
注:ア ク セス ポ イ ン ト が取 り 付けブ ラ ケ ッ ト に し っか り と 固定 さ れた こ と を確認 し て く だ さ い。
キーホールを使 っ て、「ハンズ フ リ ー」イ ン ス ト ールがで き ます。ナ ッ ト を 6 ~ 7 フ ィ ー ト ポン ド (8.1 ~ 9.5 Nm)の ト ルク で
締め付けている こ と を確認 し ます。
注意:取 り 付け部品を十分な ト ル ク で締め付けないま ま、ア ク セス ポ イ ン ト か ら離れないで く だ さ い。
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト AIR-ACCPMK3700-2= の使用
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト AIR-ACCPMK3700-2= は、直径 2 ~ 16 イ ン チの支柱をサポー ト し ます。取 り 付けブ ラ ケ ッ ト を使用 し
て ア ク セス ポ イ ン ト を支柱に取 り 付けるには、次のよ う に し ます。
1. ア ク セス ポ イ ン ト を取 り 付ける支柱の直径に合わせて、支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト の 2 本のス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト を組
み立て ます。図 2 ページ 8 に、支柱の直径イ ン ジケー タ と 支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト のボル ト 穴を示 し ます。
7
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
図2
1
支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト の調整穴の位置
支柱サイ ズのイ ン ジケー タ

2 ~ 6 イ ンチ

6 ~ 11 イ ン チ

11 ~ 16 イ ン チ
2
支柱の直径に適合するボル ト 穴(こ
こ では 11 ~ 16 イ ン チ を使用)
2. 使用する柱の直径に応 じ て、支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト にス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト の位置を合わせ、各ス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ
ト を 2 本の M8 x16 のボル ト で(ロ ッ ク ワ ッ シ ャ を併用 し て)固定 し ます(図 3 ページ 9 を参照)。ボル ト を 13 ~ 15
フ ィ ー ト ポン ド (17.6 ~ 20.3 Nm)で締め付けます。
8
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
図3
組み立て ら れた支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト と ス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト
1
M8 x1.25x16 ボル ト (ロ ッ ク ワ ッ シ ャ付き)
2
支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト
3
ス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト (直径 11 ~ 16 イ ン チの支柱に合わせた場合)
3. M8 ナ ッ ト を支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト の支持ボル ト にね じ 込み、ボル ト が脱落 し ない よ う ナ ッ ト を十分に締め付けます。
4. ア ク セス ポ イ ン ト を垂直の支柱に取 り 付ける場合は、2 本の金属帯を支柱に巻き付けて ア ク セス ポ イ ン ト をサポー ト す
る必要があ り ます。こ の手順を実行するには、柱取 り 付けキ ッ ト に付属 し ていない工具や資材が別途必要です(表 3 ペー
ジ 10 を参照)。
9
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
表3
ア ク セス ポ イ ン ト を支柱に取 り 付ける ために必要な資材
取 り 付け方法
必要な資材
キッ ト
に付属
垂直支柱

0.75 イ ン チ (1.9 cm) のス テ ン レ ス スチール製バン ド 2 個
Yes

結束ス ト ラ ッ プ用工具 (BAND IT) (Cisco AIR-BAND-INST-TL=)
No

アース ラ グ (ア ク セス ポ イ ン ト に付属)
Yes

アース ラ グ用の圧着工具 (CD-720-1 ダ イ付きの Panduit CT-720)
(http://onlinecatalog.panduit.com )
No

#6 AWG アース線
No
5. ア ク セス ポイ ン ト を取 り 付ける支柱上の位置を選択し ます。ア ク セス ポイ ン ト は、直径が 2 ~ 16 イ ンチ(5.1 ~ 40.6 cm)
の支柱に取 り 付ける こ と がで き ます。
6. 支柱が 3.5 イ ン チ(8.9 cm)よ り 太い場合は、2 本の金属製ス ト ラ ッ プ を使用 し て支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト アセ ン ブ リ を
支柱に取 り 付けます(図 4 ページ 10 を参照)。ス ト ラ ッ プ用工具(BAND IT)(AIR-BAND-INST-TL=)に同梱 さ れている手
順に従い、ス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト のス ロ ッ ト を通 し て、各金属製ス ト ラ ッ プ を 2 回巻き ます。
注意:支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト と ス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト の間の広いすき間を通 し て金属製ス ト ラ ッ プ を巻かないで く だ
さ い。ア ク セス ポ イ ン ト を適切に固定で き な く な り ます。
図4
3.5 イ ン チ(8.9 cm)よ り も 太い支柱に取 り 付けた ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト アセ ン ブ リ
1
支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト
3
金属製の取 り 付けス ト ラ ッ プ
2
ス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト のス ト ラ ッ プ
スロ ッ ト
4
支柱
10
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の取 り 付け
7. 直径が 3.5 イ ン チ(8.9 cm)以下の支柱の場合は、支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト と ス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト の間のすき間を通 し
て巻いた 2 本の金属製ス ト ラ ッ プ を使用 し て、支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト アセ ン ブ リ を支柱に取 り 付けます。こ れによ り 、
極端な環境下で も最大強度で固定で き ます。ス ト ラ ッ プ用工具(BAND IT)(AIR-BAND-INST-TL=)に同梱 さ れている手順
に従い、各金属ス ト ラ ッ プ を 2 回巻き ます。
注意:支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト と ス ト ラ ッ プ ブ ラ ケ ッ ト の間の広いすき間を通 し て金属製ス ト ラ ッ プ を巻かないで く だ
さ い。ア ク セス ポ イ ン ト を適切に固定で き な く な り ます。
8. 必要に応 じ て、金属製ス ト ラ ッ プ を締める前に、支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト を支柱に設置 し ます。
注:金属製ス ト ラ ッ プ を完全に締め付ける と 、金属製ス ト ラ ッ プ を切断または分解 し ない限 り 、支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト
を調整で き な く な り ます。
9. 結束ス ト ラ ッ プ用工具(BAND IT)(Cisco AIR-BAND-INST-TL=)を使用 し 、工具に同梱 さ れている手順書に従っ て金属ス
ト ラ ッ プ を締めます。金属バン ド はで き る限 り 固 く 締めて く だ さ い。
10. 取 り 付けブ ラ ケ ッ ト を支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト の支持ボル ト に載せます(図 5 ページ 11 を参照)。
11. 4 本の M8 x16 ボル ト を(平ワ ッ シ ャ と ロ ッ ク ワ ッ シ ャ付き で)ボル ト 穴に取 り 付けます。
図5
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト と 支柱ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト アセ ン ブ リ
1
支柱 ク ラ ン プ ブ ラ ケ ッ ト アセ ン ブ リ
3
ボル ト 穴
2
ア ク セス ポ イ ン ト 支持ボル ト
4
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
12. ボル ト と ナ ッ ト を手で締めます(強 く 締めすぎないで く だ さ い)。
13. 取 り 付けブ ラ ケ ッ ト ユニ ッ ト の上端が水平にな る よ う に調節 し 、ボル ト と フ ラ ン ジ ナ ッ ト を 13 ~ 15 フ ィ ー ト ポン ド
(17.6 ~ 20.3 Nm)で締めます(図 5 ページ 11 を参照)。
14. 付属のボル ト 、ワ ッ シ ャ、ナ ッ ト を使用 し て、ア ク セス ポ イ ン ト を マウン ト プ レー ト に取 り 付けます。
15. ナ ッ ト を 6 ~ 7 フ ィ ー ト ポン ド (8.1 ~ 9.5 Nm)の ト ルク で締め付けます。
11
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
ア ク セス ポ イ ン ト の接地
図6
取 り 付けブ ラ ケ ッ ト に取 り 付けたア ク セス ポ イ ン ト
1
ア ク セス ポ イ ン ト
2
M6 ボル ト と ワ ッ シ ャ
3
支柱取 り 付けブ ラ ケ ッ ト
注:ア ク セス ポ イ ン ト が取 り 付けブ ラ ケ ッ ト に し っか り と 固定 さ れた こ と を確認 し て く だ さ い。
注意:取 り 付け部品を十分な ト ル ク で締め付けないま ま、ア ク セス ポ イ ン ト か ら離れないで く だ さ い。
ア ク セス ポ イ ン ト の接地
ア ク セス ポ イ ン ト を接地する方法についての詳細は、Cisco.com で『Cisco IW3702 Getting Started Guide』の「Grounding
the Access Point」の項を参照 し て く だ さ い。
関連資料

Cisco IW3702 Access Point Getting Started Guide
マニ ュ アルの入手方法およびテ ク ニ カル サポー ト
マニ ュ アルの入手、Cisco Bug Search Tool(BST)の使用、サービ ス要求の送信、追加情報の収集の詳細については、
『What’s New in Cisco Product Documentation』を参照 し て く だ さ い。
新 し く 作成 さ れた、または改訂 さ れたシス コ のテ ク ニ カル コ ン テ ン ツ をお手元に直接送信する には、『What's New in Cisco
Product Documentation』 RSS フ ィ ー ド を ご購読 く だ さ い。RSS フ ィ ー ド は無料のサービ スです。
こ のマニ ュ アルに記載 さ れている仕様および製品に関する情報は、予告な し に変更 さ れる こ と があ り ます。こ のマニ ュ アルに
記載 さ れている表現、情報、および推奨事項は、すべて正確である と 考えていますが、明示的であれ黙示的であれ、一切の保証
の責任を負わない もの と し ます。こ のマニ ュ アルに記載 さ れている製品の使用は、すべてユーザ側の責任にな り ます。
対象製品の ソ フ ト ウ ェ ア ラ イ セ ン スおよび限定保証は、製品に添付 さ れた『Information Packet』に記載 さ れています。添付 さ
れていない場合には、代理店にご連絡 く だ さ い。
12
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
関連資料
FCC ク ラ ス A 準拠装置に関する記述: こ の装置はテス ト 済みであ り 、FCC ルール Part 15 に規定 さ れた仕様のク ラ ス A デジ
タ ル装置の制限に準拠 し ている こ と が確認済みです。こ れらの制限は、商業環境で装置を使用 し た と き に、干渉を防止する適
切な保護を規定 し ています。こ の装置は、無線周波エネルギーを生成、使用、または放射する可能性があ り 、こ の装置のマニ ュ
アルに記載 さ れた指示に従 っ て設置および使用 し なかっ た場合、ラ ジオおよびテ レ ビの受信障害が起こ る こ と があ り ます。住
宅地で こ の装置を使用する と 、干渉を引き起 こ す可能性があ り ます。その場合には、ユーザ側の負担で干渉防止措置を講 じ る
必要があ り ます。
FCC ク ラ ス B 準拠装置に関する記述: こ の装置はテ ス ト 済みであ り 、FCC ルール Part 15 に規定 さ れた仕様のク ラ ス B デジ
タ ル装置の制限に準拠 し ている こ と が確認済みです。こ れらの制限は、住宅地で使用 し た と き に、干渉を防止する適切な保護
を規定 し ています。本機器は、無線周波数エネルギーを生成、使用、または放射する可能性があ り 、指示に従っ て設置および使
用 し なか っ た場合、無線通信障害を引き起 こ す場合があ り ます。ただ し 、特定の設置条件において干渉が起き ない こ と を保証
する ものではあ り ません。装置がラ ジオまたはテ レ ビ受信に干渉する場合には、次の方法で干渉が起き ないよ う に し て く だ さ
い。干渉 し ているかど う かは、装置の電源のオン/オ フ によ っ て判断で き ます。

受信ア ン テナの向き を変え るか、場所を移動 し ます。

機器 と 受信機 と の距離を離 し ます。

受信機 と 別の回路にある コ ン セ ン ト に機器を接続 し ます。

販売業者またはラ ジオやテ レ ビに詳 し い技術者に連絡 し ます。
シス コ では、こ の製品の変更または改造を認めていません。変更または改造 し た場合には、FCC 認定が無効にな り 、さ ら に製
品を操作する権限を失 う こ と にな り ます。
The Cisco implementation of TCP header compression is an adaptation of a program developed by the University of
California, Berkeley (UCB) as part of UCB’s public domain version of the UNIX operating system. All rights reserved.
Copyright © 1981, Regents of the University of California.
こ こ に記載 さ れている他のいかな る保証に も よ ら ず、各社のすべてのマニ ュ アルおよび ソ フ ト ウ ェ アは、障害 も含めて「現状
のま ま」 と し て提供 さ れます。シス コ および こ れら各社は、商品性の保証、特定目的への準拠の保証、および権利を侵害 し ない
こ と に関する保証、あるいは取引過程、使用、取引慣行によ っ て発生する保証をは じ め と する、明示 さ れたまたは黙示 さ れた一
切の保証の責任を負わない もの と し ます。
いかな る場合において も、シス コ およびその供給者は、こ のマニ ュ アルの使用または使用で き ない こ と によ っ て発生する利益
の損失やデー タ の損傷をは じ め と する、間接的、派生的、偶発的、あるいは特殊な損害について、あ ら ゆる可能性がシ ス コ また
はその供給者に知 ら さ れていて も、それ ら に対する責任を一切負わない もの と し ます。
こ のマニ ュ アルで使用 し ている IP ア ド レ スおよび電話番号は、実際のア ド レ スお よび電話番号を示す ものではあ り ません。
マニ ュ アル内の例、コ マ ン ド 出力、ネ ッ ト ワー ク ト ポロ ジ図、およびその他の図は、説明のみを目的 と し て使用 さ れています。
説明の中に実際のア ド レ スおよび電話番号が使用 さ れていた と し て も、それは意図的な ものではな く 、偶然の一致によ る もの
です。
ハー ド コ ピーおよび ソ フ ト コ ピーの複製は公式版 と みな さ れません。最新版はオン ラ イ ン版を参照 し て く だ さ い。
シス コ は世界各国 200 箇所にオ フ ィ ス を開設 し ています。各オ フ ィ スの住所、電話番号、FAX 番号は当社の Web サイ ト
(www.cisco.com/go/offices )を ご覧 く だ さ い。
本 ド キ ュ メ ン ト では、併用は承認 さ れてお ら ず、意図 さ れて も いません。
Cisco and the Cisco logo are trademarks or registered trademarks of Cisco and/or its affiliates in the U.S. and other countries. To view a list of Cisco trademarks, go to this
URL: www.cisco.com/go/trademarks. Third-party trademarks mentioned are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership
relationship between Cisco and any other company. (1110R)
© 2015~2016 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
13
Cisco IW3702 ア ク セス ポ イ ン ト 設置ガ イ ド
関連資料
14
Fly UP