...

防衛省規格 NDS Z 8201E 標 準 色 目 次

by user

on
Category: Documents
41

views

Report

Comments

Transcript

防衛省規格 NDS Z 8201E 標 準 色 目 次
防衛省規格
NDS
Z 8201E
標
準
色
制 定 昭和 48. 1.12
改 正 平成 20.10. 9
目
次
ページ
1
適用範囲 ······································································· 1
2
引用規格 ······································································· 1
3
規格の構成 ····································································· 1
4
標準色の種類 ··································································· 1
5
標準色の基準値 ································································· 1
6
標準色の色番号 ································································· 1
7
つやの種類 ···································································· 11
8
標準色の表示方法 ······························································ 11
9
測定方法 ······································································ 11
9.1
分光測色の方法 ······························································ 11
9.2
標準色見本による方法 ························································ 11
10
標準色見本 ··································································· 12
10.1
標準色見本の構成 ··························································· 12
10.2
標準色見本の形状・寸法 ····················································· 12
10.3
標準色見本の材料 ··························································· 13
10.4
標準色見本の有効期間 ······················································· 13
10.5
標準色見本に表示する事項 ··················································· 13
10.6
標準色見本の取扱 ··························································· 13
解説 ············································································· 15
防衛省規格
NDS
Z 8201E
標
準
色
制 定 昭和 48. 1.12
改 正 平成 20.10. 9
1
適用範囲
この規格は,防衛省において使用する装備品等に適用する色 1) (以下,標準色という。) につい
て規定する。ただし,蛍光を発する色には適用しない。
注記 半透明な物体色で,表面色として取り扱うことができるものは,この規格を準用する
ことができる。
注 1)
2
ここでいう色とは,物体の表面色を意味し,透過色や光源色は含まない。
引用規格
次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。
これらの引用規格は,その最新版を適用する。
3
JIS F 7005
船用配管の識別
JIS W 8301
航空標識の色
JIS Z 8716
表面色の比較に用いる 常用光源蛍光ランプD65-形式及び性能
JIS Z 8721
色の表示方法-三属性による色の表示
JIS Z 8722
色の測定方法-反射及び透過物体色
JIS Z 8741
鏡面光沢度-測定方法
JIS Z 9102
配管系の識別表示
JIS Z 9103
安全色-一般的事項
規格の構成
この規格は,規格本体と標準色見本からなる。
4
標準色の種類
標準色の種類は,表1のとおりとする。
5
標準色の基準値
標準色の基準値は,表1のとおりとする。色記号は JIS Z 8721 の 4.(三属性による色の表示記
号)によって記述する。
6
標準色の色番号
標準色の色番号は,四けたの数字で表し,次に示す番号付与体系によって表1のとおりとする。
a)
一けた目は,1(つやあり),2(半つや),及び 3(つやなし) で,つやの種類を表す。
b)
二けた目は,表 2 に示すとおり,色相系の種類を表す。
色名
基準値
(色記号)
3103
-
3201
2201
5R 4/12
2103
赤(2)
1201
2105
1103
-
3105
2.5R
4.5/10.5
3102
2102 ローズマダー
1105
1102
航 2104
1104
備
色番号
考
3104
色
3101
2101 スカーレット 7.5R 5/13
1101
色番号
ペールベージ
(1)
赤(3)
赤(1)
色名
7.5YR 9/2
5R 3.5/10
5R 4/13
基準値
(色記号)
表1-標準色の種類
色
-
-
船
3204
2204
1204
3203
2203
1203
3202
2202
1202
備
色番号
考
明るい黄赤
サーモンピン
ク
ペールベージ
(2)
色名
10R 6/12
2.5YR 7/6
7.5YR
9/2.5
基準値
(色記号)
色
-
配
-
備
考
Z 8201E
2
3301
2301 アイボリ色(1)
10YR 9/1
-
3304
2304
1304
2303
1301
-
3303
10R 5/14.5
色名
黄
クリーム色
2302 アイボリ色(2)
3206
2206
朱色
船
安
配
1302
備
色番号
考
1303
色
1206
2.5YR 6/13
基準値
(色記号)
3302
黄赤
色名
3205
2205
1205
色番号
7.5Y
8.5/13
2.5Y 9/3
5Y 9/1
基準値
(色記号)
表1-標準色の種類(続き)
色
-
-
-
3307
2307
1307
3306
2306
1306
3305
2305
1305
備
色番号
考
山吹色(2)
ベージ(2)
ベージ(1)
色名
2.5Y 8/12
10YR 8/4
10YR 8/2
基準値
(色記号)
色
船
安
配
航
-
-
備
考
Z 8201E
3
3310
2310
黄茶
10YR 6/3
-
3313
2313
1313
2312
1310
-
3312
10YR
7.5/14
2311
3309
2309
山吹色(3)
-
1311
備
色番号
考
1312
色
1309
10YR
7.5/12
基準値
(色記号)
3311
山吹色(1)
色名
3308
2308
1308
色番号
オリーブ色
オリーブグリ
ーン
黄土色
色名
2.5Y 4/2
10Y
4.5/3.5
2.5Y
5.5/4
基準値
(色記号)
表1-標準色の種類(続き)
色
-
-
-
3402
2402
1402
3401
2401
1401
3314
2314
1314
備
色番号
考
うす緑(1)
ごくうすい緑
OD 色
色名
10GY 8/1.5
5GY 9/1
7.5Y 3/1
基準値
(色記号)
色
-
-
-
備
考
Z 8201E
4
3405
-
3408
2408
2.5G 7/1.5
2405
灰緑
1408
2407
1405
-
3407
7.5BG
7/1.5
2406
3404
2404
灰青緑
-
1406
備
色番号
考
1407
色
1404
7.5GY
7.5/2
基準値
(色記号)
3406
うす緑(2)
色名
3403
2403
1403
色番号
暗い灰青緑
青磁色
うす黄緑
色名
5BG 5.5/1
2.5G 6/1.5
5GY 7/4
基準値
(色記号)
表1-標準色の種類(続き)
色
-
-
-
3411
2411
1411
3410
2410
1410
3409
2409
1409
備
色番号
考
緑(1)
黄みの緑(1)
にぶ緑
色名
2.5G 4.5/5
7.5GY
4.5/10
5G 5.5/6
基準値
(色記号)
色
船
-
-
備
考
Z 8201E
5
3414
2414
濃緑色
(迷彩用)
7.5GY 3/1
-
3503
2503
1503
2502
1414
-
3502
2.5G 4/6
3413
緑(2)
1502
1413
2413
3501
3412
-
備
色番号
考
2501
10GY 4/8
色
2412 黄みの緑(2)
基準値
(色記号)
1501
色名
1412
色番号
スカイグレイ
スカイブルー
ペールスカイ
色名
5B 7/2
5B 8/3
5BG 8.5/2
基準値
(色記号)
表1-標準色の種類(続き)
色
-
-
-
3506
2506
1506
3505
2505
1505
3504
2504
1504
備
色番号
考
サックスブル
ー
あさぎ
ダルスカイ
色名
2.5PB
5.5/4.5
5B 6/8
2.5PB 7/2
基準値
(色記号)
色
-
-
-
備
考
Z 8201E
6
3509
2509
明るい青
2.5PB
5/8.5
3512
配 2512
1512
2511
1509
-
3511
7.5B 5/2
3508
灰青
1511
1508
2508
3510
-
3507
5PB 5/1
備
色番号
考
2510
灰青紫
色
2507
基準値
(色記号)
1510
色名
1507
色番号
あい色
青
にぶ青
色名
5B 2.5/2
2.5PB
3.5/7
7.5B 4/4
基準値
(色記号)
表1-標準色の種類(続き)
色
-
-
-
3541
2541
1541
3531
2531
1531
3513
2513
1513
備
色番号
考
赤紫
灰紫
青紫
色名
2.5RP
4.5/12
2.5P 5/4
10PB 2/6
基準値
(色記号)
色
安
配
配
-
備
考
Z 8201E
7
3603
-
3606
2606
10R 3.5/3
2603
茶色
1606
2605
1603
-
3605
5YR 4/4
3602
うす茶色
1605
1602
2602
3604
3601
7.5YR 5/6
備
色番号
考
配 2604
こはく色
色
2601
基準値
(色記号)
1604
色名
1601
色番号
茶色(迷彩用)
チョコレート
色
えび茶
色名
2.5Y
3.5/1.5
7.5R 2/4
7.5R 3/6
基準値
(色記号)
表1-標準色の種類(続き)
色
色名
-
-
3703
2703
1703
3702
灰色(1)
2702 明るい灰色(2)
1702
3701
配 2701 明るい灰色(1)
1701
備
色番号
考
N 6
N 7
N 7.5
基準値
(色記号)
色
-
船
-
備
考
Z 8201E
8
3705
3801
2801
-
2705 暗い灰色(1)
N 4
1801
2716
1705
-
3716
N 5
3704
灰色(2)
1716
1704
2704
3706
-
3713
N 6(GY)
備
色番号
考
色名
白(1)
暗い灰色(3)
2706 暗い灰色(2)
灰色(3)
色
2713
基準値
(色記号)
1706
色名
1713
色番号
N 9.5
N 3(YR)
N 3
基準値
(色記号)
表1-標準色の種類(続き)
色
1812
3811
2811
1811
3802
2802
安
3812
配 2812
航
-
-
1802
備
色番号
考
黒(2)
黒(1)
白(2)
色名
N 1.5
N 2
N 9
基準値
(色記号)
色
船
安
配
航
-
-
備
考
Z 8201E
9
10
色
備
考
船
表1-標準色の種類(続き)
Z 8201E
基準値
(色記号)
N6.5(銀色)
注記1
色は,それぞれの色における,つやあり,半つや,つやなしの
種類のうち多く使用されているつやによる色票で表してある。
注記2
表1の備考欄に記載された“船”,“航”,“配”及び“安”は,
それぞれ JIS F 7005,JIS W 8301,JIS Z 9102,JIS Z 9103
3901
銀色
2901
1901
色名
色番号
に定 められた色に該当するものを表す。
11
Z 8201E
表 2-色相系の種類
色相系の種類
赤
二けた目の数字
c)
系
黄赤系
1
黄
2
系
3
緑
系
4
青
系
茶色系
灰色系
白・黒
金属色
6
7
8
9
5
三けた目及び四けた目は,同一色相系の中の色を濃淡によって区別したその色固有の番号を
表す。
例
7
3
1
0 3
色固有の番号
赤(2)
色相系の種類
赤系
つやの種類
つやなし
つやの種類
つやの種類は,表 3 のとおりとする。なお,鏡面光沢度[ G s (60°)]の測定方法は,JIS Z 8741
の 3.の表 1 の方法 3(60 度鏡面光沢)による。ただし,色番号 3414 及び 3606 のつやなしのつやの
程度は, G s (60°)で 3%未満とする。
表 3-つやの種類
つやの種類
8
つやの程度
つやあり
鏡面光沢度[ G s (60°)]の値が 85%以上のもの
半つや
鏡面光沢度[ G s (60°)]の値が 30%以上,60%未満のもの
つやなし
鏡面光沢度[ G s (60°)]の値が 6%以下のもの
標準色の表示方法
標準色は,色番号と,( )に入れた色名及び色記号を用いて次の例のように表示する。
例
9
2314(OD 色 7.5Y3/1)
測定方法
9.1
分光測色の方法
標準色の測定は,JIS Z 8722 の 5.(分光測色方法)によって測定し,JIS Z 8721 の 5.(三属性に
よる表色系の基準)及び 6.(1)( Y c , x c , y c の値から定める方法)によって色記号を定める。ただし,
色 番 号 2314, 3414 に つ い て の 基 準値 か ら の 色相 差 , 明 度差 及 び 彩 度差 の 許 容 差は , そ れ ぞれ
Δ H =±3.0,Δ V =±0.10,Δ C =±0.4 とし,色番号 3606 については,Δ H =±2.0,Δ V =±0.10,
Δ C =±0.4 としなければならない。
9.2
標準色見本による方法
10 に定める標準色見本と標準色とを次のいずれかの方法によって比較する。
12
Z 8201E
a)
目視による直接比較方法
標準色見本と標準色とを目視によって比較する方法は,次のとおりとする。
1) 照明に用いる光源は,標準イルミナント D65 又はこれに準ずる光とする。JIS Z 8716 に規
定する蛍光ランプを用いることができる。
2) 比較をする作業面の照度は,1000 lx 以上とし,均一に照明する。
3) 水平な作業面に対して,垂直方向から照明する場合は,45 度方向から観察し,45 度方向か
ら照明する場合は,垂直方向から観察する。また,あらゆる方向から均等に照明する場合
は,垂直方向から観察する。
4) 標準色見本と標準色とを同一平面上に配置し,双方にマスクをかぶせて比較する。
5) マスクの表面は,均質でつやのない無彩色面とする。
6) 観察者は色覚正常であること。
b)
色彩計による色の計測
JIS Z 8722 の 5.(分光測色方法)又は 6.(刺激値直読方法)に規定する方法で,標準色見本と標
準色とを同時に測定し,JIS Z 8721 の 5.(三属性による表色系の基準)及び 6.(1)( Y c , x c , y c の値か
ら定める方法)に規定する方法でそれぞれの色記号を定めて両方の差を比較する。ただし,色番号
2314,3414 及び 3606 については,9.1 に規定する許容差内に収める。
10
標準色見本
標準色見本は,これを同一の色番号で規定された標準色との比較に用いる。
10.1
標準色見本の構成
標準色見本は,色票,表紙及び裏表紙を付けたねじ止めのものとし,これにマスクとそれらを
納める収納袋を附属させる。
10.2
標準色見本の形状・寸法
標準色見本の形状及び寸法は,図 1 による。また,マスクの形状及び寸法は,図 2 による。
単位 mm
60
図 1-標準色見本の形状及び寸法
13
Z 8201E
単位 mm
20
60
20
図 2-マスクの形状及び寸法
10.3
標準色見本の材料
標準色見本の色票及びマスクの材料は,厚紙とする。なお,マスクの色は,この規格で設定し
ている色番号 3702(明るい灰色(2) N7)程度及び 3812(黒(2) Nl.5)程度の 2 種類とする。
10.4
標準色見本の有効期間
標準色見本の有効期間は,原則として 4 年とする。
10.5
標準色見本に表示する事項
標準色見本の表紙及び色票の裏面に次の事項を表示する。
a)
表紙に表示する事項は次のとおりとする。
1)
“防衛省 ”の文字及び防衛省規格の記号及び番号
2)
“標準色見本”の文字
3)
b)
作成年月日
色票の裏面に表示する事項は,次のとおりとする。
1)
“色番号”の文字とその番号
2)
“基準値”の文字とその色記号。ただし,色番号 2314,3414 及び 3606 については,基準
値からの色相差,明度差及び彩度差を表示すること。
10.6
標準色見本の取扱
標準色見本の取扱は,次のとおりとする。
a)
標準色見本は,つやの見本として使用してはならない。
b)
標準色見本の着色部に汚染,変色,破損などが認められる場合は,使用してはならない。
c)
比色試験を行うとき以外は,収納袋に納めるなどの処置を行い,露光しないようにする。
d)
高温,多湿,有害ガス,きず及びその他標準色に悪影響を及ぼすと思われる場所に保管して
はならない。
e)
標準色見本は,作成年月日の最新版を使用すること。
14
Z 8201E
関連文書 JIS Z 8102
物体色の色名
Federal Standard No.595b
Colors Used Of Government Procurement
15
Z 8201E
標
1
準
色
解説
制定・改正の経緯
1.1
作成経緯
作成経緯は,次のとおりである。
a)
昭和 46 年~47 年度にわたって OD 色を規定した規格原案を作成し,昭和 48 年 1 月に制定さ
れた。(NDS Z 8201)
b)
a)と並行して,防衛庁で使用している色の種類の調査及び種類の削減について,防衛庁の関
係機関合同の連結会議を数回にわたり開いて調整を行った。その結果,210 色の中から 68 色を選
定し,これを標準色として防衛庁規格に規定することにした。これを基にして昭和 47 年度に(財)
日本色彩研究所に規格改正原案及び標準色見本の作成を委託して昭和 49 年 1 月に改正した。(NDS
Z 8201B)
c)
その後,昭和 56 年度に 2 色[縁(2)2.5G4/6 及び青紫 10PB2/6]を追加した規格改正原案及び
標準色見本の作成を委託して昭和 57 年 12 月に改正した。(NDS Z 8201C)
d)
平成 2 年に,濃緑色(迷彩用)7.5GY3/1 及び茶色(迷彩用)2.5Y3.5/1.5 の 2 色を追加,標準色
見本の有効期間を“原則として 4 年とする。”などを規定した規格改正原案及び標準色見本の作成
を委託して規格を改正した。(NDS Z 8201D)
e)
今回の改正は,平成 16 年度に行われた標準色(NDS Z 8201D)の見直し技術調査作業の報告を
もとに平成 18 年度の NDS 標準色の改正規格原案調査作業委員会で審議し,標準色見本に 2 色を追
加,1 色のつやを変更する等の改正をした。(NDS Z 8201E)
1.2
主な改正点
この規格の主な改正点は,次のとおりである。
a)
黒(1)及び黒(2)についてつやなしの標準色見本を追加した。また,山吹色(1)の標準色見本の
つやの種類を半つやからつやなしに変更した。
b)
2
関連する JIS に大幅な見直しがあり,それらに整合する見直しを行った。
規定項目の内容
2.1
適用範囲
光源色は,JlS Z 8724(色の測定方法-光源色),透過色は,JlS Z 8722(色の測定方法-反射及
び透過物体色)によって機器測色は可能であるが,XYZ 表色系(CIE 表色系)の色度座標 x ,y などで
表示しており,三属性による表示はできないので適用外とした。
標準色を物体の表面色に限定したのは,装備品等に適用する色のほとんどが表面色であり,表
面色の表示に用いられる三属性(色相,明度,彩度)による表示方法は,機器測色のほか視感測色
の両方で判定することができるためである。蛍光色は,表面色に含まれるが,現時点ではまだ,
その測定方法が一般的でないため適用外とした。
解1
16
Z 8201E
2.2
引用規格
引用は改正時の規格をもとにしたが,今後の引用規格の改定によって,混乱が生じないように
項番に項題を付記することとした。また,この解説で,過去の経緯と区別するため発行年を記述
した。
色の測定や表示に関わるJIS規格は,用いる光源として補助標準イルミナントCを優先的に使うも
のとしてきたが,現在では一部を除いて,標準イルミナントD65 を優先するよう改正されている。
安全色に関するJIS規格は,関連規格の編成を含め改正され,表面色の色記号はJIS Z 9103:2005(安
全色-一般的事項)に集約された。JIS F 7005:1984(船用配管の識別)を新たに追加した。
2.3
規格の構成
この規格は,本体と標準色見本から構成されている。
a)
本体の表 1 には標準色の色番号,色名及び基準値(色記号)を記載し,これに該当する 15mm×
20mm の色票をはり付けてある。
b)
標準色見本は,60mm×120mm の色票であり,装備品等に適用する色の比較検査などに用いる。
扇状に開くことによって,任意の色見本を折り曲げることなく取り出して使用できるようにビス
止めにされている。必要があれば,ビスを取り外すことによって自由な使い方が可能である。
2.4
標準色の種類
標準色の種類は,制定時に,色番号によって区分された。色名の表し方は,昭和 49 年の B 版改
正時に,JIS Z 8102:1961(色名)の系統色名法及び慣用色名法でまとめられ,同一色名の範ちゅう
にあるごく近似した色に別名を付けても意味がないので,JIS Z 8102:1961 に規定された色に最
も近い値のものから(1),(2),(3),……を付けて区分することとされた。それぞれ色には,つや
の種類が 3 種用意されている。これらを確実に区別ため,色番号で表すこととされた。
2.5
標準色の基準値
標準色の基準値は, JIS Z 8721(色の表示方法-三属性による色の表示)に従った色相(H),明度
(V),彩度(C)による色記号で示すことにした。無彩色に近い色は,それと同明度の無彩色の色記
号に,例えば(GY)などの記号を付けて無彩色と区別した。.
2.6
a)
標準色の色番号
つやの 3 つの区分は,Federal Standard No.595b (Colors Used Of Government Procurement)
を参考にした。この規格は 1989 年に Federal Standard No.595a(Colors)から改正されたが,つ
や区分の変更はない。
b)
表 2 の色相名は昭和 49 年の改正時に,JIS Z 8102:1961(色名)の系統色名法を参考に,金属
色を加えて 9 系統にした。
c)
色固有の番号は,原則として同一色相系の中で通し番号とした。その付け方は,各色の基準
値に従って明度の高い順番に並べ,同じ明度の場合は,原則として彩度の低い順番に並べて通し
番号を付けることにした。
2.7
つやの種類
解2
17
Z 8201E
標準色見本と装備品等に適用する色とを視感比較する場合,つやが著しく異なると判定などに
混乱を招いたり,判定精度を低下させる原因になるので,つやの種類の規定を設け,標準色のつ
やの程度を 3 段階に分けた。
表 3 の規定は,制定時に Federal Standard No.595a(Colors) を参考に,現状装備品等の実情
を勘案して定めたものである。
平成 2 年のD版改正時に,迷彩用の 2 色(色番号 3414 及び 3606)のつやの程度については,迷彩
効果に及ぼす影響が大きいことから,できるだけ低く抑える必要があるので,塗料による迷彩色
の実情を調査して鏡面光沢度[ G S (60°)]の値を 3%未満にすることとし,7 つやの種類のただし書
きにこれを明記した。
表 1 に貼りつけてある色票及び標準色見本のつやは,昭和 49 年の B 版改正時に,表 3 の規定に
従って,それぞれの色における,使用頻度の最も高いと思われるつや区分1種が選ばれた。今回
の改正では,平成 16 年度に防衛庁技術研究本部からの委託により行われた装備品等発注時の色指
定に関する調査結果を平成 18 年度の NDS 標準色の改正規格原案調査作業委員会で審議した結果,
その必要性を考慮して,表1にはり付けてある色票及び標準色見本のつやの種類を,黒(1)及び黒
(2)については半つや(色番号 2811 及び,2812)及びつやなし(色番号 3811 及び 3812)の 2 種,また,
山吹色(1)については,半つや(色番号 2308)からつやなし(色番号 3308)へ変更した。
2.8
標準色の表示方法
標準色を規格又は仕様書などに規定する場合には,色番号と括弧に入れた色名及び色記号を用
いて表示することにした。色名だけや色記号だけで表示することは,誤りを生じる恐れがあるの
で,絶対に避けなければならない。
2.9
a)
測定方法
色の測定方法には,分光測色方法(分光光度計を使用する方法)及び標準色見本と比較する方
法(目視による方法及び色彩計を使用する方法)がある。これらの方法のうち,いずれの方法を使
用するかは,次に示すことを考慮して選択することが望ましい。
1)
分光測色方法は,標準色の基準値と標準色の測定結果を比較する場合に用いる。標準色の測
定は, JlS Z 8722:2000(色の測定方法-反射及び透過物体色)の 5.2.1(第 1 種分光測光器)
に規定された測光器を用いることが望ましい。分光測光器による測定は,精密な測定を行え
るが,測定条件により結果が変動しやすいため,十分に管理された分光測光器を使用し,特
定された測定条件のもとで測定しなければならない。
2) 標準色見本と比較する方法は,目視による直接比較方法と色彩計による比較方法とを併記し
た。目視による直接比較は,特別な装置を必要とせず,簡便に比較をすることが出来るが,
観察環境や観察者の個人差などによって評価結果が影響を受けることがあるので 9.2.a)に規
定された方法を守らなければならない。比較に用いる照明は,標準イルミナント D65 又はこ
れ に 準 じ る 光 を 用 い る が , 準 じ る 光 と は , 北 窓 拡 散 昼 光 , 市 販 の 標 準 照 明 装 置 , JIS Z
8716:1991(表面色の比較に用いる常用光源蛍光ランプ D65-形式及び性能)に規定する蛍光ラ
解3
18
Z 8201E
ンプや昼光色の色比較用蛍光ランプが該当する。この規格は蛍光色を対象としていないので
補助標準イルミナント C やこれに準ずる光も使用することが出来る。より客観的な比較を行
うときは色彩計による方法で行うことが望ましい。
b)
今回の改正では,“標準の光”はJIS Z 8722:2000(色の測定方法-反射及び透過物体色)に従い
“標準イルミナント”と改めた。また,標準イルミナントCが補助標準イルミナントCに変更にな
っ た こ と か ら 9. 測 定 方 法 に お い て 標 準 イ ル ミ ナ ン ト D65 を 使 用 で き る よ う 改 め た 。 JIS Z
8721:2000(色の表示方法-三属性による色の表示)の 6.(1)は補助標準イルミナントCによるもの
であることから 5.により,附属書に従い標準イルミナントD65 へ適用するものとした。また,従
来の光電色彩計に加えて,分光色彩計の普及が進んでいることから,これを含めて使用できるよ
うに見直し,項題を“色彩計による色の計測”と改めた。
c)
許容差については,色彩管理上,特に重要と思われる 3 色(色番号 2314,3414 及び 3606)に
ついて,色番号 2314 は制定時に Federal Standard No.595a(Colors)を参考に,色番号 3414 及び
3606 は平成 2 年 D 版改正時に,色番号 2314 の規程をもとにニッカーソンの退色指数を参考にし
て規定された。これらは厳密な目視比較を行ったときに認知できる差に概ね相当する。他の標準
色について,もし許容差の規定が必要であれば,各仕様書で明示することとし,この規格には規
定していない。
d)
その他の注意事項
1)
標準色見本と装備品などに適用する色との間に色材の違いによって,条件等色(メタメリズ
ム)と呼ばれる,ある照明下では等色して見えるが別の照明下では異なる色に見えるという現
象が生ずることがある。この場合は,照明の条件によっては視感比較の結果と計測結果とが
一致しないことがある。このときは,9.1 分光測色の方法で行うとよい。
2)
標準色見本と装備品等に適用する色とを比較するとき,両者につやの差がある場合は,標準
色見本の使用することは好ましくないが,つやの差がわずかであれば,解説図 1 を参考にし
て,つやの影響を受けない角度で観察することが望ましい。色彩計を用いて測定する場合,
.
色彩計の光学的条件によって,つやの差が著しく測定値に影響を及ぼすことがあるので,注
意が必要である。
3)
表面色は,本来不透明な物体の表面をいうが,薄手の繊維などは,バックの反射特性の影響
を受けるので,数枚を重ねてバックの影響をなくした上で測色又は比色をする必要がある。
4)
プラスチックには,半透明の性質をもつものがあるが,使用目的からみても表面色として取
り扱うことができるものは,この規格を準用しても差し支えない。ただし,この場合は,厚
さやー定の反射特性をもつバック(通常は白色面の材料)を規定し,測色,検査を行うことが
望ましい。
5)
9.2.3)に相当する目視による直接比較方法の観察の条件を解説図 1 に示す。
解4
19.
Z 8201E
解説図 1-観察の条件
2.10
a)
標準色見本
標準色見本の測定値
表 1 の 色 票 及 び 標 準 色 見 本 に 使 用 し た 色 票 の 原 本 は JIS Z
8722:2000(色の測定方法-反射及び透過物体色)の 4.a)分光測色方法に準拠して,(財)日本色彩
研究所所蔵の分光光度計を用いて測定し,JIS Z 8721:2000(色の表示方法-三属性による色の表
示)によって色記号を定めた。これらの測色データは,防衛省技術研究本部に保管してある。
b)
標準色見本の有効期間
標準色見本は,視感比較などに使用し,汚染,変色が生じる場合以
外にも,ロッカーなどに長期間保存すると解説図 2 のように保存年数とともに変退色が大きく進
む。そこで,厳密な目視比較を行ったときに認知できる差の目安となる色差1に達する期間とし
て,標準色見本の有効期間を原則として 4 年とした。
解説図 2-長期保存による標準色見本の変退色
解 5.
3
Fly UP