...

本文 - 専修大学

by user

on
Category: Documents
69

views

Report

Comments

Transcript

本文 - 専修大学
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 1
目 次
1
3
4
はじめに「ひとに教えるということ」 ………………
――専修大学教職課程協議会委員長
文学部教授 亀井 明 特別寄稿「英語科教員養成19年」 ……………………
――専修大学文学部教授 伊部 哲
特別寄稿「司書課程が果たすべき役割」 ……………
――専修大学文学部教授 後藤 暢
教職課程 …………………………………………………
5
司書・司書教諭課程 …………………………………… 27
6
学芸員課程 ……………………………………………… 33
7
データ編 ………………………………………………… 39
2
3
4
6
9
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 2
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 3
ひとに教えると言うこと
は
じ
め
に
専修大学教職課程協議会委員長 文学部 教授 亀井 明
教 育実習の訪問指導をさせていただき、教えるということの難しさを、わが身にふりかえり、実感さ
せられた。
わたしが指導したのは、日本史の古代から中世にかかるところの政治史・経済史の授業であった。その
実習生は、すべり出しはきわめて魅力的で、周到に準備してきたとみられる教材を提示し、ざわめく生徒
の眼を注目させ、自分のペースに引き入れた。身近な問題のなかから中世的世界との結びつきを探り出さ
せ、問いかけを生徒にさかんに発し、これはうまいと感心させられた。
ところが、本論に入ると、鎌倉初期の混乱した政治史については、史実の羅列にちかくなり、なぜそう
いう事態が発生し、不幸な結末になってしまったのか、よく解らず、単調で、無味乾燥した授業形態にな
る。歴史の授業にとって肝心の時間軸を確認することも忘れてしまい、いつの出来事なのか漠然としてし
まう。ついで、経済史としての荘園制は、高校生にはもっとも教えにくい部分といわれ、多くの教科書の
記述も混乱していると指摘されている。おそらく専門家でもてこずる個所であるが、授業はますます索漠
としたものとなり、生徒のざわめきと無関心が教室にひろがり始めた。
長年の経験を有するベテラン教師ならば、こういう状態から脱出する術を心得て、もう一度、生徒を集
中させるのであろうが、実習生にとって、それは至難の技であり、結局、挽回がならず、終了のチャイム
が鳴ってしまった。
導入部分が絶好調であったのが、なぜ本論にはいると、さめた、つまらない授業になってしまったので
あろうか、私ならば、はたして巧みにできたのであろうか、と自問してみた。その実習生が、大学で中世
史の専攻ならば、授業のやり方が巧みでなくとも、もう少し史実にたいして掘り下げた理解ができ、解ら
ない部分を分け、わからせることに成功したかもしれない。教師はテクニックではなく、つまるところ、
自分がいかに理解しているのか、その深さをもって相手に訴えるのであろう。
それにしても授業は、おそろしい。話し言葉は、推敲ができないからである。自分自身の講義が、一方
的に自説を述べまくり、よしとしていることを深く反省させる高校訪問指導であり、実習生に教えられた
ことに感謝したい。
博物館の館務実習の訪問指導においても、同じような状況がでている。普及活動の一環として、夏休み
子供教室などの指導を実習生が担当するケースでは、博物館資料を子供に説明するのに、正確な知識だけ
を並べても、子供は振り向いてくれない。目線を低くして、かれらの心の琴線にふれるような言葉をいか
に発せられるか、これもまた自分ならばできるのか、自省させられる。職業としての教師にとって、ひと
に教えることの難しさがつねに問われている。
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
3
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 4
英語科教員養成19年
文学部 教授 伊部 哲
はじめに
に尽くしたHarold E. PalmerのOral
たり、いろいろな研究会に関わら
英語科教員養成担当者として入
Methodをかなり取り入れた教え
せていただいたりしました。その
職してから早19年が経とうとして
方をしていました。広く行われて
後、東京家政大学、専修大学と転
います。多くのいい出会いがあり
いた文法・訳読法とは異なり、口
任します。
ました。採用が最高に厳しい時点
頭練習を重視した教え方で、説明
このようなわけで、高校で今で
で去ることになりますが、それな
や指示などは可能な限り英語で行
も広く行われている文法・訳読法
りの満足感をもって退職できそう
い、生徒も可能な限り英語で応答
を批判的に見るようになり、つい
に思います。というのは、英語英
しました。全員進学の学校ですが、
で英語教育の書物や論文を読むよ
米文学科の卒業生には指導主事や
やればできるものだ、と強く感じ
うになり、何となく自分なりの考
校長先生がいますが、私が教えた
ると同時に、高校でふつうに行わ
えを持つようになり、ものを書く
山形進さん(中学校)が2003年4
れていた文法・訳読法を批判的に
ようにもなりました。同僚であっ
月発令で北九州市の指導主事にな
見るようになりました。
た立派な先生方に刺激されてのこ
り、2004年4月からは神奈川県の
英英辞典を使わせたり、多読を
派遣で荒川憲行さん(高校)が鳴
させたり、高校に必要な語彙を選
門教育大学の大学院で2年間研修
定したり、やせていた体がさらに
することになったからです。教え
やせるほどの日々でした。
いっぱいです。
2.専修大学での英語科教員養成
た人にはほかにも研究会や英語学
また、CWAJという英語を母語
“私の英語教育の原点”で述べ
習に関する書物の出版などで活躍
とする大卒女性の会が都立高校の
たようなわけで、教職科目の授業
している人たちがいます。私は英
英語教育に手を貸してくれること
ではまず学生のいわゆる“受験英
語教育を専攻したわけでもなく、
になったのも九段高校での会議が
語”に関わる英語学習に関する思
教員養成経験もなく入職したので
出発点でした。週に1回ずつ3人の
いこみを打破することから始める
すが、都立高校での経験を土台に、
アメリカ人女性が私たちの授業を
ことにしてきました。英語英米文
手探りをしながら、それなりのも
助けてくれました。それは40年く
学科の学生は、伝統的な英語教
のを築くことができたと密かに自
らい前のことで、今のALTという
育・学習にどっぷりつかりながら、
負しています。
主として英語圏からの年間6,000
それなりの成績を取ってきた者た
英語という科目では、教える事
人ほどの英語指導助手制度を先取
ちで、その学習法からなかなか抜
項もさることながら、教え方が大
りしたようなものです。その関係
け出せません。
きな問題であり、そこに焦点を当
もあり、10年ほど前に文部省の
てて、私のしてきたことをまとめ
ALT向けの英語によるガイドブッ
たいと思います。
クの執筆にも関わりました。つい
でながら、教育行政に関しては、
1.私の英語教育の原点
いきさつがあって最初4年間教
4
とであり、振り返って感謝の念で
特に重視してきた点は次のよう
なものです。
(1)最終目標を確認する
英語は手段であって、それを使
平成元年発表の高等学校学習指導
って、人と考えや気持ちを伝え合
要領の作成協力者にもなりました。
ったり、新しいことを知ったり教
えることになった私立女子中学校
九段高校の後、都立新宿高校に
えたりする手段のはずです。英語
時代は、ペーパーバックシリーズ
9年いました。名門進学校でした
の習得は最終目標ではないはずで
を読みあさっていた覚えがあるだ
が、ここも音声を重視するOral
す。
けで、何をどう教えたかは記憶に
Methodの流れの中にいて、結局、
ありません。
言い過ぎかもしれませんが、2校
ている授業では、英文を読むとし
移った都立九段高校はちょうど
しかなかった音声重視の都立高校
て、文法・構文で分析しながら日
都の英語の研究協力校になってい
のその2校を経験することになり
本語に訳させ、解説をして覚えさ
て、よく指導主事が学校にみえ、
ました。その間、高3のクラスを
せる、という手順を繰り返してい
話し合いが行われ、授業もよく見
引き連れてPalmerの流れを引く語
て、書かれている内容が無視され
られました。当時九段高校では、
学教育研究所の全国大会で公開授
る場合がほとんどです。学習段階
大正から昭和にかけて文部省によ
業を立教大学の講堂で行ったり、
であるとはいえ、内容に注意を向
って招かれ日本の英語教育の改善
東京都教育委員会のお手伝いをし
ける必要があり、さらには、内容
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
しかし、高校でふつうに行われ
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 5
をどう受け受け止めるかが大切な
って答えが違ってくるような、本
などといって格好をつけています
はずです。
当の意味でのコミュニケーション
が、確固とした言語教育政策があ
につながる練習が必要です。
るとは考えられません。それに、
英語と日本語は系統の大きく異
なる言語ですから、学生・生徒の
(4)いろいろな手段を活用する
40人学級で使える英語を教えるこ
となど到底無理です。
言う訳は不自然になり、何を意味
言語は文字と音声で教えるだけ
しているかわからないことがよく
ではなく、可能な限り実物や絵や
しかし、悪条件の中、改善の方
あります。その訳はどういう意味
写真などを利用して、言葉を介さ
向が見えてきているのも事実です。
か説明を求めると、立ち往生する
ず直接的に理解させる工夫をする
中学校はかなり進んでいますが、
学生がよくいます。わかっていな
必要があります。roof→屋根→実
今度はその進み方にはいささか疑
いからです。私は「訳す」という
物が頭に浮かぶというのではなく、
問も感じます。
言葉を使わせないようにし、「どう
roof→実物が頭に浮かぶ方が身に
いう意味か」と聞くことにしてい
付いていることになります。
ます。
あこがれの英会話の授業では、
(5)生徒を授業中に活動させる
生徒は、単に、教師の言うこと
本学では、卒業生の英語教員を
対象にして、伊部が個人的に14年
前に立ち上げた研究会が、「専大卒
英語教員の会」から「専修大学英
英米人の先生に聞くと、学生は表
を聞き、書き写し、覚える人では
語科教育研究会」へと名前を変え、
現を覚えることに懸命でなかなか
なく、授業中に生き生きとしてい
大学の支援も受けて、続いていま
話そうとしないそうです。英会話
て、考え、心身を使って学習する
す。消息不明になった人もかなり
は実際にすることによって向上す
人、であるべきです。英語は講義
いますが、私の名簿で連絡の付く
るものなのに、勉強して覚えるも
科目ではなく、演習科目だからで
人は130名程度います。毎年夏休
のと考えています。
す。
みに、書物を出した人、研究報告
書を出した人、研究会で発表した
学校では当然英語は勉強するも
のなのですが、本来使って何かを
3.英語科教員養成の現状
人、研究会で活躍している人、な
する手段である、という視点は中
このような思いで英語科教員養
どを招いて話してもらい、話し合
学校時代から重視しなくてはなら
成をしてきましたが、残念ながら
いを持ち、卒業年次を超えたつな
ないと強調してきました。
思うことが実現したとは言い切れ
がりや帰属意識もある程度できて
ません。いろいろな状況を勘案す
います。この会が続き、卒業生が
(1)のような考えを実現する
れば当然なことです。学生の考え
帰属意識を持ち続け、連帯して活
にはそれなりの教える手順が必要
方はかなり変えることはできるの
躍することを祈ります。
です。高校では、「生徒による音読
ですが、いざ模擬授業となると元
→訳→先生による手直しと解説→
の木阿弥になることが多いのです。
練習→発展」と進むのがふつうで
実習での授業となると、中学校は
す。意味もわからないうちに音読
大きく変わりましたが、高校は改
させる、訳の中身、内容を読み取
革が遅々として進まず、伝統的な
る途中で長い解説や発展が行われ
型どおりの教え方で教えさせられ
て話の流れが軽視されることが多
ることが多いのも事実です。その
い、などいろいろな問題がありま
方が、教える項目がほぼ決まって
す。
いて、特に工夫する必要もなく、
(2)教える手順を考える
(3)練習の内容を考える
日本では、英語の練習問題とい
うと、答えが一つの機械的な型の
先生には楽なのです。高校の先生
は大学受験をいいわけに使ってい
る、と皮肉を言いたくなります。
決まった問題をやらせるのがふつ
行政も、「英語ができる日本人育
うになっています。一つの段階と
成のための戦略構想」とか、英語
しては書き換えや空所補充などの
教育特区、スーパー・イングリッ
ような機械的な練習も意味がある
シュ・ランゲージ・ハイスクール、
のですが、一歩進めて、生徒によ
突如出てきた全英語教員の研修、
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
5
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 6
司書が果たすべき役割
文学部 教授 後藤 暢
司書課程は本来、図書館司書にな
の概数は200名に過ぎない1。
このような状況になったもっとも
いてみると、多かれ少なかれ図書館
が、近年学生の図書館への就職希望
大きな原因の第一は、全般的な学生
に魅力を感じていることはほぼ共通
は必ずしも多くはない。
の就職難によるものである。司書は
している。近年図書館利用者が増大
毎年司書課程3年生を対象に進路
本来、図書館法にもとづき公共図書
し、人々の生活の中に図書館が根を
についてのアンケート調査を実施し
館の専門的職務に従事するための資
おろしてきたことの現われであろ
ている。次の年度にいよいよ就職本
格で、そのほとんどが公立図書館で
う。
番を控え、各人がどのような進路を
あるから、まずその図書館を設置す
履修者が増えている司書教諭課程
希望しているかを知るためである。
る都道府県や市区町村の公務員とし
も同様であろう。こちらは別の要因
さらに希望者には、専任教員が個別
て採用されなければならない。公立
もない訳ではない。司書教諭は教師
に面接して、就職相談や、司書関係
図書館の館数は増えつづけているに
の補職になっているから、司書教諭
の募集状況の情報提供などを行って
もかかわらず、正規職員の定数はむ
の資格を取りたい人は教職課程の履
いる。調査票を出した学生の中で、
しろ減っている上に、企業の採用減
修者に限られる。図書館にはあまり
図書館への就職を希望する者の数と
のため自治体職員の採用試験に応募
関心がなかったが、教諭になるため
比率は図1のとおりである。
者が殺到し、どこも大変な競争で、
に司書教諭も取っておきたいという
年度
回答者数
首都圏だと
人もいる。しかし大部分の履修者は、
うち図書館へ
図書館
数百倍とい
やはり図書館が好きであり、特に小
の就職を希望
希望率(%)
う倍率も珍
中高校のどれかで出会った司書や司
1999
30
9
30
しくない。
書教諭に大きな影響を受けた人が多
2000
26
7
27
かつて1970
い。
2001
24
8
33
∼80年代、
2002
36
17
47
自治体志願
事が注目され、課程履修希望が増え
者が少なく
ていることと、図書館への就職の可
求人難だっ
能性が狭められていることが、同時
図1
図書館への就職を希望しない学生
た時代とは隔世の感がある。
このように、司書や司書教諭の仕
に進行しているのが、現在の両資格
はこの調査票を提出しないことがあ
第二に、図書館司書有資格者の配
課程の特徴である。資格課程本来の
ったりして、回答者数は実数、すな
置が減少していることによる。少な
目的が、専門職を養成する職業教育
わち次年度の4年次の履修者数より
くなった職員定数(正規職員)のう
であるとするならば、この矛盾を、
も少ない。だから司書課程学生中の
ち、司書資格のある者はさらに減っ
どう捉えるべきであろうか。
図書館就職希望者の比率はもっと少
ている。日本図書館協会の調査によ
実は、図書館を運営するために必
なく、20∼30%程度であろう。図
れば、全国の公共図書館職員に占め
要な専門的業務は、決して減ってい
書館への就職を期待しないが司書の
る司書有資格者の比率はここ数年減
ない。
資格は取りたいという人が多いのが
少の一途をたどり、2002年度は
実情である。このことをどう考えれ
48.9%に低下した2。
日本では、公共図書館の館数は増
え続け、昨年度図書館数は全国で
このような厳しい状況により学生
2711館となった。前年度に比較し
図書館への就職を希望しない学生
の図書館への採用は難しくなってい
て12%の増大である 3。しかも利用
は大部分民間企業を希望し、ごく一
る。それにもかかわらず、司書課程
の拡大に対応するため次第に大型化
部は公務員、教師、あるいは大学院
を履修する学生は、むしろ増えてい
の傾向にあり、極端な例では、県立
等への進学を希望する。また図書館
る。1年生で司書課程科目を履修し
図書館と見まがうほどの規模の町立
を希望しても実際に図書館に就職で
始める学生は、数年前まで70∼80
図書館が新設される例すらある。そ
きるものは少なく、民間企業等に転
名位だったが、このところ100人を
れにもかかわらず職員定数は減少
ずる者も少なくない。全国的にみて
超えている。中には2年、3年にな
し、非常勤職員、嘱託、臨時職員が
も、1999年の調査によれば、大
ってから履修を始める学生もいる。
増えているのが大きな特徴である。
学・短大における司書資格取得者は
就職が難しいことがわかっても、最
しかしこれらすべての職員を合計す
10,306名だが、図書館への就職者
後まで履修したいという学生が依然
ると、昨年度は前年度よりも約8%
ばよいのであろうか。
6
として多い。学生の履修の動機を聞
ることを目的に履修するはずである
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 7
増となった 4。図書館で働く人の総
わらず、委託の場合、あまりの低賃
る時代である。司書と同様か、場合
数は、明らかに増えている。
金のため司書資格者を確保すること
によりそれ以上に図書館について知
量的のみならず、利用者の多様化
ができず、司書資格も経験もない人
っている市民も珍しくない。あらゆ
が進むに伴って、公共図書館の提供
たちに委ねる結果になっている例が
る知識・情報が開放される現代で
するサービスの内容もされに充実す
ある。
は、専門職は専門知識を独占するこ
ることが求められており、その結果
さらに、統計には表れないが、近
とによって専門職たり得ているので
職員の専門性はより深化し、拡大す
年の注目すべき動向として、図書館
はない。もっとも専門的である医学
る。貸出しと平行してレファレン
へのボランティア参加が増えてき
知識でさえ、部分的には秘密ではな
ス・サービスの利用が増えているの
た。行政がこれを推奨する傾向もあ
くなっていることをみれば明らかで
も、また「ビジネス支援」の機能が
る 5。図書館の運営の一部がボラン
あろう。図書館司書は専門知識だけ
公共図書館に求められるようになっ
ティアに支えられる場合もある。
でなく、市民や社会の変化に対し洞
てきたのも、その具体例である。こ
図書館にとって必要な専門的職員
察力をもち、経営能力を発揮する力
のような変化に敏感に対応し、図書
の労働を低賃金化、あるいは無償化
量が求められるのであり、一方市民
館のサービスを絶えず改善し市民の
するような動向は、司書課程にとっ
の中に、図書館の役割や図書館員の
要求に応えていくため、今日本の公
ての就職市場を狭めるだけでなく、
専門性について理解を持つ人が存在
共図書館には、十年一日の繰り返し
市民の図書館利用要求にこたえる上
し、しかも必要になるであろう。
ではなく、利用者の要求とその背景
で、決して望ましいものではない。
にある社会の変化を読み取った戦略
このような行政姿勢を改め、司書を
員だけを養成しているのでなく、図
的な図書館経営が求められる。その
採用し配置するよう、働きかけて行
書館を考える市民を育てている。今
ため公共図書館は、専門的力量のあ
くことが必要であろう。しかし同時
後もその役割を負わされるであろ
る職員を置く必要に迫られている。
に、今日の状況は、かつて考えられ
う。
司書資格をもった嘱託や非常勤職
なかった新たな役割を、大学の図書
員が増えているのは、日常最小限の
館学教育に求めているのではないだ
図書館運営だけの必要性の現われで
ろうか。
司書課程や図書館学教育は図書館
1「 日 本 の 図 書 館 情 報 学 教 育
2000
平成11年調査」
日本図
書館協会 2000
ある。結果的にみると、専門的職員
ボランティアは本来市民の社会参
としての司書は要求するが、正規職
加活動であって、職員の代替ではな
員としてでなく嘱託・非常勤・臨時
い。ボランティアに参加する市民は、
などの身分で採用する部分が増えて
当然のことであるが一人一人自分の
3同上
いるのである。さらに、これに加え
考えをもつ自立した市民であって、
4同上
て、近年は派遣職員や業務委託先の
参加すると同時に発言もする。図書
5「社会教育施設におけるボランテ
職員として、従来の正規職員の代替
館を支援するときもあれば批判する
ィア活動の促進について」(1986
に充てられることすら起こっている。
こともある。一部の図書館で、あた
年12月 社会教育審議会答申)、
司書資格者は大量に養成されている
かも職員不足を補うため無償の労働
あるいは「社会の変化に対応した
が、前述のように図書館への就職者
力として導入するような例がある
今後の社会教育行政の在り方につ
はわずか2%程度であるから、身
が、「ものいわぬ市民」を期待する
いて」(1998年9月 生涯学習審
分・待遇を切り下げても人材は容易
のであれば失敗するであろう。
議会答申)など
に得られるとみられたのであろう。
2「日本の図書館 2002」
日本
図書館協会 2003
1970年代以降、住民が図書館設
図書館での業務委託が成り立つた
置を要求する動きが各地に現われ
めには人件費を最小限に抑える必要
た。最近では市民が公共図書館を守
がある。おそらく委託を受けた企業
ろうとして発言したり、図書館協議
も、供給過剰の司書資格者を雇用し
会などの場を通じて図書館の運営に
図書館に送り込むことが可能と判断
提言を行ったり、ボランティアとし
していたのであろう。しかし実際に
て図書館の活動に参加する事例も時
は、臨時職員募集にすら司書資格者
折見られるようになった。図書館は
が殺到したここ数年の傾向にもかか
市民によって作られ、また支えられ
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
7
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 8
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 9
教 職 課 程
Index
1
対話ということ ……………………………………… 10
文学部 助教授 a橋 龍夫
2
卒業生から …………………………………………… 12
3
教員採用試験体験記 ………………………………… 16
4
教育実習生から ……………………………………… 20
5
介護等の体験を終えて ……………………………… 26
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 10
対話ということ
教
職
課
程
文学部 助教授 2
10
橋 龍夫
003年4月より高橋貢先生
らえる証となっていたのです。中
の書店や図書館に足を運ぶ回数も
の後任として香川大学教育学部よ
学では学力の面で注目されず、地
自然と増え、年々体系的な知識が
り転任してきました。教職課程で
域や家庭でも放任もしくは疎外さ
蓄積されていき、毎時作成したプ
は「国語科教育論Ⅰ」と「教育実
れ、自分の存在を認めてもらう機
リントを2年と使い回しすること
習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」を担当しておりま
会に甚だしく欠けている状況に置
はありませんでした。しかし、い
す。専門は主に日本近現代文学で
かれていました。高校在学中に退
くら自分の知識量や読書量が増え
すが,かつて7年ほど高等学校に勤
学させられた生徒が退学後も時々
たからといって授業がうまくいく
務し国語を担当しました。
校庭にバイクを乗り入れて職員室
わけではありません。授業が楽し
近年は教員採用試験もかなり厳
を騒然とさせましたが、彼らにと
いと思えるようになったのは、や
しくなりましたが、私が受けたこ
っては叱るという形で自分の存在
はり生徒たちと対話しつつ、生徒
ろは募集人員にもゆとりがあって、
を認めていた学校への無意識の未
自身から発せられた疑問点や発見、
おかげでパスすることができたよ
練がそういった行動に駆り立てて
そこに至る思考プロセスなどを双
うなものです。最初の赴任校は那
いたともいえます。問題行動発覚
方的にやりとりしながら教材や副
須高原のふもとの自然に恵まれた
後では教師・生徒ともに不幸な関
教材の理解を深めていくことがで
環境にある普通高校でしたが、学
わりになってしまうのですが、そ
きるようになってからでした。時
力レベルではかなり低い学校でし
うなる前に、授業やその他様々な
には、生徒たちから教えられるこ
た。実際、古文や漢文の授業は、
場面で会話を心がけたりともに行
ともあり、刺激的で貴重な時間だ
生徒が教科書を正確に読めるまで
動することで日常的に生徒一人一
ったと実感する授業もあったこと
にかなりの時間を費やしましたし、
人の存在価値を認めることが、教
を懐かしく思い出します。
素行や学習意欲の面での配慮が常
師としての大切な役割なのだと実
に必要とされ、授業のための教材
感した次第です。
わずかな高校教師時代でしたが、
地方の普通校と中央の進学校で共
研究に加え不慣れな生徒指導に自
次に勤務したのは都内でも有名
通していえることは、生徒のレベ
分なりに精一杯努力する日々でし
な進学校でした。赴任した当初は、
ルや関心が異なっていても一人一
た。3年生ともなるとクラスの3分
小学校から英才教育を受けてきた
人の意見や思いに耳を傾け、でき
の1ほどが退学となって机が大分
生徒たちに驚異と奇異のまなざし
るだけ対話し、お互いに理解しあ
余っていた教室もあり、職員会議
を向けてしまいました。授業や試
うことで教師という仕事の基盤が
は生徒の処分や対処に連日あけく
験に熱心なだけでなく、様々な行
成立するということです。
れていました。ですが、学力にも
事やクラブ活動の運営に自発的に
ちなみに、国語科の新指導要領
素行にも問題の多い生徒達は意外
取り組む生徒たちに、学園という
では、これまでの理解(受容型)
にも学校に少なからず所属意識を
ものの理想の姿すら感じました。
中心の授業から表現(発信型)中
抱いていました。たとえば、月に
比較的生活水準や社会的地位の高
心の授業へと移行することが盛り
何度かの服装検査(これは私が若
い家庭環境に育った彼らに、ある
込まれました。たしかにこれまで
かったせいもあって、一番不必要
種の羨望さえ抱いたこともありま
の授業が板書をノートに写すよう
なものだと思っていました。)をす
す。当然ながら教師に必要とされ
な講義型方式が一般的であったこ
ると、生徒達は逃げることなく廊
たのは、やはり授業の中身でした。
とは否めません。ですが、表現と
下に順番に並び、担任と副担任の
特に3年生ともなると、授業の質
いうものは、それだけで自立する
チェックを受け、ズボンが太いと
を吟味する眼が鋭くなり、あまり
ものではないことも、また当然の
か髪を染めているとか指摘される
役立たないと判断すると英語や数
ことです。表現したい内容が表現
ことにまんざらでもない様子です。
学の自習を始める生徒も少なくあ
者の中にモチーフとして存在する
その理由は、勤務するうちに少し
りません。ここで鍛えられたのは、
のはもちろんのこと、表現環境や
ずつわかってきました。家庭環境
教材研究への取り組み方で、教科
表現の場としての信頼関係が成立
などに何らかの問題を抱えている
書教材に対する知識や分析はもち
してはじめて、各自の表現意欲も
生徒が少なくなく、学校で先生に
ろんのこと、教材の内容を踏まえ
高まり表現能力も伸びていくのだ
注意されたり話題にされることが、
た応用・発展学習の準備がかなり
と思います。教師がその表現意欲
かえって自分の存在に注目しても
必要とされました。おかげで大手
の高まりに契機を与え表現方法を
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 11
教
職
課
程
導く役割を十全に担わなければ、
す。言語によって合理的・論理的
に見えない形で整え表現の場を自
生徒たちの表現したものは単なる
に割り切ることだけが教育である
然に形成していくのでしょう。
思いつきのおしゃべりや稚拙な自
とすれば、生徒たちが学校や家庭
とはいえ、いつの時代も教師と
己主張に終始してしまいます。国
で喜怒哀楽を抱き、悩んだり夢を
しての必要十分条件は、何十年も
語の場合、古今東西の文学作品、
抱いたりすることの豊かさはテレ
の対話に耐えうる研究意識を生涯
知識や思考力を高める評論や情報、
ビドラマやマンガだけの非言語領
にわたって継続していくことでは
時には演劇や講演など、普段接し
域だけに追いやられてしまうこと
ないかと思っています。これはた
ている日常的なメディアでは得に
にもなりかねません。学校という
んに知識量を増やしたり論文を書
くい表現世界にふれさせるのが教
存在自体が実は近代以降の論理的
くことだけではなく、教育実践方
師の役割でしょう。その点では、
構築物だとは思いますが、そうい
法を現状に合わせて改善していく
これまでの理解中心の授業で扱っ
った教育という「システム」であ
こと、専門外の読書や見聞を通し
てきた内容をおろそかにして表現
るはずの世界に、あるいはそれだ
て思考力や批判能力を鍛えておく
中心の授業に転換しても国語とし
からこそ、というべきなのでしょ
こと、様々な発見や驚きを忘れな
ての教科価値はあまり高まること
うか、授業内外での日頃の生徒一
いこと、人々と交流してお互いに
はないのかもしれません。特に、
人一人との共同作業や対話という
刺激を受けること、あるいは体力
近年は文学教材無用論が見受けら
ものが必要とされるところに、何
を維持し健康的な日常生活に配慮
れますが、人間の感性や情緒、美
か教育という簡単には割り切れな
することなど、あげればいくらで
的表現といったものにふれること
い営みを解く鍵が潜んでいるよう
も浮かんできます。実はいずれも
はもとより、私たちの世界を一つ
に思われます。学校という限られ
私自身に向けて注文をつけたいこ
の物語として認識し再構成する力
た空間ではありますが、まずはそ
とばかりなのですが。……
を身につけていくことも、教育と
の中の一人一人の存在に関心をも
して決して無駄ではないと思いま
ち対話することが、表現環境を眼
高校勤務時代最後に担当したクラスのお別れ会風景
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
11
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 12
卒業生から(社会)
教
職
課
程
神奈川県横浜市立原中学校教諭 前田 総一郎(平成11年 法学部法律学科卒業)
はじめに∼教職という仕事
世の中には人と接するさまざま
ます。成績を出したり、
な職業がありますが、中でも教職
通知表を書く時期などな
は人との関わりが最も大切な仕事
かなか終わらずにそのま
であると感じます。生徒だけでな
ま朝を迎えることもあり
く保護者・地域の人々・仲間の先生
ました。
方など周りの人々との「結」によ
学校に出勤してからは、
って成り立っています。ですから
気づくといつの間にか日
多くの人との出会いや結びつきを
は沈み、生徒の下校を見
大切にしていくことがこの仕事を
届けてから初めて職員室
する上での必要な条件であると思
の自分の机での仕事が始まります。
試験などでは、常に自分が教師と
います。また、みなさんも学生時
そのうちに「出前でも頼もうか」
してどうしたいかという視点で質
代を思い出してみてください。「あ
という声がかかり、夕食を食べな
問に答えると意気込みも伝わると
っ、そう言えば…」と記憶に残っ
がら仲間との会話が弾みます。そ
思います。
ている先生が一人くらいはいませ
んな同僚との一時も大切な情報交
3.教職という道
んか。中にはその先生の影響で教
換の場であり私は大切にしていま
職を志そうと思われた方もいるで
す。
生徒たちが終業式の日に、大きな
しょう。そのように先生は人の人
2.採用試験に向けて
花束と合唱コンクールの自由曲を
花を持つ前田先生
昨年、初めて担任したクラスの
生に登場し、親以外のモデルにな
面接試験ではぜひ自分を語れる
歌ってくれました。写真はそのと
る大人として存在し、子どもにと
引き出しを多く持ってほしいです。
きのものです。後で聞くとその日
ってその先生との出会いが一生を
みなさんがこれまで経験されてき
のために私の知らないところでみ
大きく左右し人生観も変えてしま
たことをまとめ、エピソードやそ
んな練習してくれたそうです。一
うこともあるかもしれません。そ
の経験を通して生徒に語れること
生忘れることのない心のこもった
れだけ大きな影響力を持っている
は何かということを書き出してお
プレゼントでした。
責任の重い仕事です。
くと良いと思います。最近の関心
日々さまざまな生徒と接し、ど
1.日々の様子
のある教育問題についても、私見
のようにその子と人間関係を築い
も含めて用意しておいてください。
ていったらよいかと苦労すること
いうイメージがとても強いと思い
また、受験地についてなぜ、本県
もたくさんあります。しかし学年
ます。教科指導は一番大切な仕事
(市)を受験したかという質問もさ
を重ねるごとに子どもは確実に成
ですがそれ以外にも私の場合は、
れます。そこではその地域の教育
長していきます。お礼などぜった
学級担任、生活指導、生徒会指導
方針(教育委員会のホームページ
い言えなかった生徒から「先生あ
( 特 活 指 導 )、 部 活 動 、 教 員 の 研
などを見てください)は頭の隅に
りがとう」の一言を聞いたときの
修・教育実習の計画実施、地域へ
入れておき、どの地域でも教師に
喜びは何にもかえられません。こ
の学校開放といくつもの仕事を抱
なれれば良いという気持ちではな
のときほど回り道をしても教師を
えそれを同時に動かしていかなけ
く(本音はそうかもしれませんが
選んでよかったなと感じます。
教師の仕事というと「授業」と
二列目右端が前田先生
12
ればならないときもあり
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
…)、絶対にその地域の教
最後にみなさんへのメッセージ
員になりたいという強い
ですが、私だけでなく学生時代に
意志を語ってください。
漠然とした将来に対する不安を抱
学生時代に学んだ専門に
きながら一緒に勉強をした仲間も
ついても、卒論のテーマ
教職という夢を果たしています。
やゼミで研究したことな
みなさんも「先生になる夢」を決
ど、それをいかに現場の
してあきらめないでください。
教育に活かすかという視
ぜひ専修大学から多くのみなさ
点で話せるようにしてお
んが教員として活躍されることを
くと良いでしょう。面接
願っています。
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 13
卒業生から(国語)
教
職
課
程
山形県私立鶴岡東高等学校常勤講師 吉武 秀豊(平成15年 文学部国文学科卒業)
将 来の夢であった教員生活も
2.生徒指導について
知識があるとか、教育理論を知っ
早くも4ヶ月が過ぎようとしてい
私は現在、校務分掌で生徒指導
ます。私は、山形県の鶴岡市にあ
部に所属しています。そこでは学
員になれるわけではないのです。
る鶴岡東高等学校に常勤講師とし
校生活になじめない生徒、服装や
教育は机に座って解決するほど生
て勤務しています。現実に教員と
髪型など校則の決まりを破り、問
易しいものではありませんよとい
なってみると、自分の中で思い描
題を起こした生徒と接する機会が
うのを最後のメッセージとさせて
いていた教育現場の状況と現実の
よくあります。言葉は悪いですが、
いただきます。
違い、また教育実習では見えてこ
そういった生徒は教科指導の点か
なかった苦労や簡単に解決しない
ら置き去りにされている事が多く、
問題と向き合う大切さを痛切に感
普段から教員とのコミュニケーシ
じています。そこで、私がこの4
ョンが十分にとられていないケー
ヶ月で感じたことを述べていきた
スが目立ちます。学校や社会にお
いと思います。
けるルールを破ったこと自体は悪
ているとか、そういったことで教
いことですので、生徒自身に強く
1.教科指導について
反省を促しますが、教員と普段か
教科指導力は教員であれば必ず
らコミュニケートしていれば防げ
といってもいいほど、なくてはな
たのではないかという問題も多々
らない力だと思います。いかに生
あるのもまた事実です。またそう
徒を惹きつける授業ができるかと
いった生徒に対応する際に必ず考
いうことが、1回1回の授業の目標
慮しなければならないのは「保護
にもなるわけです。「授業は生き物
者との関係」です。これは私たち
だ」とよく言われますが全くその
教員と保護者との関係だけでなく、
通りで、教壇に立つまでに教材研
生徒も交えた三角の関係です。家
究だけでなく、担当しているクラ
庭環境は人さまざまですが、実際
スの雰囲気に合わせて自分の気持
の生徒と一番身近な存在であるは
ちを高めることが大切になってき
ずだからです。基本的に私の場合
ます。例えば元気が有り余ってい
は保護者の方が年上であるわけで
るクラスには、少し落ち着きを持
すし、1対1で話をする機会はな
たせるくらいがちょうど良いので
くても意見を求められることはあ
少し冷静な口調で授業を進めてみ
ります。その時保護者の方に信頼
たり、逆に授業中の発言などがあ
を得るためにはどうすればよいの
まり無いクラスは逆に冗談などを
か、いかにして保護者の方との連
言って生徒の気持ちを緩ませてあ
携をとって問題に対処していける
げることなどです。また学校行事
かが解決の糸口になるのかと思っ
(体育祭や修学旅行)の前後などは
ています。
それだけでも生徒達の心理面に考
慮した計画が必要になってきます。
3.最後に
つまり、最も大事なことはあくま
私が常に感じていることは、教
で授業は生徒主体であり、生徒の
育現場というのは「人間同士のぶ
視点からも授業計画を立てている
つかり合い」なのだということで
か、教材研究をどれだけやったか
す。まだ4ヶ月しか経っていない
などではなく、「独りよがり」「理
若輩者が、それに十二分に対応で
解の早い生徒中心」で授業を成立
きているかといえばまだまだです。
させてはダメだということなので
しかし、この私の体験を読んでい
す。
る皆さん、頭の中にどれだけ専門
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
13
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 14
卒業生から(英語)
教
職
課
程
神奈川県立旭高等学校教諭 荒川 憲行(昭和61年 文学部英米文学科卒業)
教 員生活も18年目を迎え、現
在の勤務校で3校目となりました。
若い新採用者が減る中で、今でも
“若手”と言われて働いています。
これから教職を目指す皆さんに
日々の活動の様子や現場が抱えて
いる問題点等をお伝えして、何か
参考にして頂ければと思います。
1.日々の職場
勤務している高校は5年目で、3
年の担任で学年主任、部活動はバ
スケットの顧問をしております。
私自身も高校までバスケットをし
ていましたので、その経験は活か
左端が荒川先生
されていますが、今は一緒にプレ
ーするには体力的にきつくなりま
を取られることが本当に多いので
した。校務分掌は教務、その他に
す。本末転倒のような気もします
以上の内容を読み、皆さんはど
入選委員、英語科主任等をしてお
が、多くの教員が同じ思いをしな
う感じられましたか?大変だ、そ
ります。神奈川県の教科研究会英
がら日々時間を捻出して英語教育
れでもやってみたい等、いろいろ
語部会の総務部長・事務局長も兼
のことを考え、より良い授業の実
でしょう。いま求められている教
ねています。勤務時間はというと
践に取り組んでいます。
師の資質は、高い英語力や指導力
一日の半分は学校にいて、土曜・
さて、ご存知の通り、このよう
はもちろんのこと、的確な判断力
日曜もほとんど部活動などで学校
な状況の下、文部科学省は「『英語
と行動力、問題解決の為に何事に
に出ています。週休2日制になっ
が使える日本人』の育成のための
も努力していこうとする前向きな
てからは、仕事を5日間でこなさ
戦略構想」を打ち出しました。生
姿勢と強い信念、体力・気力の充
なければならず、授業数減少に伴
徒が実践的コミュニケーション能
実など、たくさんあります。まる
う学力低下も懸念される中、当然
力を身に付けられるように(ここ
でスーパーマンのような教師です
のことながら教科指導にも力を入
では実践的コミュニケーション能
ね。私などは、どれもまだまだで
れていかなければなりません。ク
力とは何か、という事はあえて触
すが、これだけ我々に注文がある
ラスの生徒で悩みや問題を抱えて
れませんが)英語教員もより一層
のは、まさに日本における英語教
いる者がいれば、保護者と連絡を
の努力が要求されます。また、教
師に対する期待の大きさの証であ
とり、的確な対応をすることも大
員の英語力の目標値として、英検
ると思うのです。これほどやり甲
切な仕事の一つです。忙しく慌し
準1級・TOEFL 550点・TOEIC
斐のある仕事は他にありません。
い毎日で、あっという間に一日が
730点程度という数値が設定され
是非、志を高く持ち、地に足を付
過ぎていきます。
ました。私などは目標値とされる
けて採用試験合格に向けてがんば
試験はどれも受けていないので、
って下さい。そして、専大の卒業
2.英語教育
今後どれかをクリアするために時
生として同じ土俵に立ち、問題解
情報が多い世の中ですから、上
間を見つけて勉強していかなけれ
決法を論じたり、夢を語り合いた
に述べた様な教員の現状は、皆さ
ばならない事になるでしょう。更
いものです。『教育が国を創る』と
んご存知の事でしょう。英語の教
に、中学・高校教員6万人対象に
いう言葉を胸に。
員になったのだから教科だけを教
集中的な英語研修が始まりました。
えていれば済む、と思っている方
これらの事は、ほかの教科には見
はもういないと思います。現状は
られないことです。
教科指導や研究以外の事で、時間
14
3.これから
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 15
卒業生から(商業)
教
職
課
程
岩手県私立専修大学北上高等学校教諭 小野 貴博(平成15年 商学部商業学科卒業)
こ んにちは。僕は平成15年3
達が関東にいたからです。でも2
いう場においてなによりも最優先
月に商学部商業学科を卒業した小
日間悩んだあげく、やることにし
に考えなければならないのは、言
野貴博といいます。現在、岩手県
ました。なぜってそれは夢だった
うまでもなく「生徒」だと思いま
の専修大学北上高等学校で商業科
から。4月10日の朝に就職してい
す。しかし、この3ヶ月の経験か
の常勤講師をしています。今から
た某会社の人事部長の方に退職す
らして、常にそうあることはすご
自分が自分なりに思ったことを少
る旨を伝え、準備期間として1ヶ
く難しいものだと感じました。ま
し書かせていただきます。
月の時間をいただき、5月14日か
してやクラブ顧問や担任業務もま
この専修大学北上高等学校は自
ら「学校の先生」をやり始め、現
だ本格的にやっているわけではな
分の母校であり、高校時代3年間
在に至っています。結果的に言う
い自分でさえそう感じるのですか
担任をしていただいた菊池秀雄先
と、すごく恵まれたんだなぁと思
ら、これからもっと難しくなって
生という現在の我が校の商業科長
います。
いくんだろうなぁと思います。で
のもとで、僕は今先生をやってい
現在僕は担任業務も持っていま
もいつまでも「最優先に考えなけ
ます。この菊池秀雄先生も、専修
せんし、クラブ顧問も持っていま
ればならないことは何か」という
大学商学部会計学科昭和52年卒で
せん。ただし司書教諭の免許を持
ことを念頭に置いて行動していけ
あり、自分の先輩であります。自
っているので、学校図書館の業務
るように、自分なりに頑張ってい
分の夢である「学校の先生」の大
を勉強しがてら覚えています。司
きたいと思います。
きなお手本のひとつとしてまず、
書というとなかなか静かなイメー
この菊池秀雄先生の存在がすごく
ジがありそうですが、実は体力勝
そして生徒に助けられ、なんとか
大きいです。
負の業務が多々あることに気付き、
かんとかやっています。自分が生
学校の先生、ましてや進路を決
そこは専門分野なのでファイト一
徒に教えてやれること、それは大
める大事な時期の高校、という場
発です。また、副担任は1クラス
好きな音楽や、自分たちなりの音
所。率直に言うと、自分にどこま
持っており、担任の先生が出張で
楽や、大好きな女性や、大好きな
でのことが出来るのか、すごく不
不在の日がかなりあるので、担任
仲間や、家族から教えてもらった
安でもあり、いろいろな感情が織
業務を行うこともあります。今や
ことなんだろうなぁと思います。
り混ざります。正直な話、僕はこ
らなければいけないことは何か、
もはや生徒一人一人がライバルで
の専修大学北上高等学校の教員採
そして今出来ることは何か、常に
す。誰にも負けるつもりはありま
用試験を、一度は落ちました。そ
頭において行動しているつもりで
せん。そんな感じです。だらだら
れで東京の某会社に就職が決まり、
も、やはり難しいものです。
と長い文章、最後まで読んでいた
そこでしばらくは社会経験を積も
物事には全て優先順位、という
う、と思っていました。しかし初
ものがあります。こと「学校」と
今、自分は多くの仲間や先生方、
だいてありがとうございました。
お互い頑張っていきましょう。
任者研修も佳境を迎えていた4月7
日、先程述べた母校の菊池秀雄先
生からお電話をいただき、「こんな
時期に急で申し訳ないが、小野の
教育実習内容を見て、やはりお前
の力を借りたくなった。そっちの
会社を辞めてこっちへ来ないか」
と、簡潔に言うとこのような感じ
でお電話をいただき、誘われまし
た。
正直、すごく悩みました。あん
なに悩んだのは生まれて初めてだ
ったと思います。ぶっちゃけ相当
泣いたりもしました。お付き合い
している女性や、すごく大事な友
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
15
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 16
教員採用試験体験記「学生の時期だからこそ勉強を」
教
職
課
程
山形県真室川町立真室川中学校教諭 村上 康広(平成12年 文学部人文学科卒業)
4
月からはじまったと思った
がよいと思いま
ら、あっという間に1学期が終わ
す。実際私は半
り、2学期が始まりました。新採
年の間、1日4∼7
用で2年の担任・生徒会も持たせ
時間の勉強時間
ていただき、多忙ながらも充実し
を確保しました。
た日々を送っています。
結果として1次試
私は大学院を経て、講師などの
験を通過したの
経験もなく採用されたわけですが、
は、山形県のみ
実際に学校現場で仕事をして確信
でした。ちなみ
したことがあります。それは「講
に半年の間1日約
師をして、さらに採用試験の勉強
10時間確保した
もするのは至難の業である」とい
人は、3つ1次試
うことです。「講師を何年かやって
験を通過しまし
経験をつんで…」という甘い考え
た。大学受験並みの勉強が必要だ
のがよいと思います。(自信のある
は捨てたほうがいいと思います。
ということです。
方はどんどん前に出てもよいと思
それほど、特に中学校は激務です。
2.面接(集団討論)は戦略を持
います。)
講師をして且つ、合格する人は学
3.使えるコネは何でも使う
って臨む
生時代の積み重ねがあってのこと
まずは、受験する所がどのよう
特に面接や小論文ですが、使え
と思います。時間のある今だから
なスタイルで面接を行なうのかを
るコネは何でも使うべきです。そ
こそ必死に勉強しておく必要があ
調べ、それに合わせて自分はどの
してなければつくっていくことも
ると思うのです。
ようにアピールするのかを時間を
必要だと思います。面接や小論文
1.まずはペーパーテストができ
かけて考えます。短時間で言いた
は訓練するしかありません。小論
い事をまとめなくてはならないた
文は教授の力を借りてもよいでし
採用試験に「人格」や「教師とし
め、アドリブではまず話になりま
ょうし、面接はより実際に近い人
ての適性」といった観点をより重
せん。事前に練りに練っておく必
に練習してもらうのがよいでしょ
視する風潮があるように錯覚しが
要があります。集団討論では、自
う(教頭、校長、教育委員会関係)。
ちですが、まずはペーパーテスト
分が話し合いの中でどのようなポ
私は運良く、市教育委員会の人と
ができないと話になりません。ど
ジションをとるのかを考えておか
つながりをもてたことが面接での
んなに意欲があってもペーパーテ
なくてはなりません。(例えば、話
力になったと考えています。とに
ストができていなければ、その意
し合いを進める役など)現役生の
かく緊張やプレッシャーに慣れて
欲を見てもらえないと考えたほう
場合、「話にうまく乗って話を広げ
おく必要があります。そのために
る役」が望
自分の持っているコネは何でも使
ましいと思
ってください。
ないと話にならない
います。(現
役生は議論
これだけのことをこなすことが
の仕方、話
できるのは、時間のある今しかあ
の内容が弱
りません。とにかくすぐに動いて
いことを想
ください。「大学受験並み」にペー
定してのこ
パーテストの勉強をし、自分を磨
とです。)話
く意味でもいろいろな場に顔を出
の流れに沿
し、経験をつみ、人に伝わるよう
って自分の
にまとめてください。今もってい
意見を述べ
る「思い」をかたちにするために
ていくこと
ソフトテニス部の学生と(下段左が村上先生)
16
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
を心がける
「今」がんばってください。
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 17
教員採用試験体験記「夢を叶える覚悟を」
教
職
課
程
武田 美樹(平成15年 文学部英米文学科卒業)
「私
は
上、あるいは少ない時間を上手く
しておいた方がいいと思います。
夢を叶えて
使って集中して勉強しているかの
実技では、簡単な質疑応答から英
この教壇に
どちらかです。どちらにしろ多大
語での模擬授業などコミュニケー
立っていま
な努力をしています。独学でも学
ションがとれるか、という点を見
す。」
校へ通うにしても、結局は自分の
られているように感じました。日
2次試験
努力次第です。私は1度独学で採
ごろから、英語を話すことに慣れ
の面接、新
用試験を受けた後、実践的な力が
ておくことが必要です。
1年生への
足りないと感じました。それ以来
挨拶というテーマで、私はこう始
専修大学の教職教育学研究会『た
2 文章力
めました。
まごの会』に所属し、体験学習や
私は小論文を書くということを
教員採用は依然として厳しい状
事例研究など実践的な活動をして
これまで経験したことがありませ
態です。何年かかるかは努力と運
います。また、同じ目標を目指す
んでした。そのため1番苦労しま
だと思います。教員になる!とい
仲間と切磋琢磨して採用試験の勉
した。最初は悪文の連続でしたが、
う夢を叶える覚悟をしてください。
強もしています。
たまごの会の仲間や教授に批評し
てもらうことで上達することがで
これは自分自身が努力しなければ
ならないという覚悟だけではあり
・どこまで勉強をすればよいのか
きました。書くことに慣れるとい
うことと、誰かに読んでもらうこ
ません。何年も周りの人々に協力
どこまでも勉強しましょう。こ
してもらうという覚悟、教員とし
れをやったら合格!というライン
て生徒に対する責任を負う覚悟で
はないので、できる限りが原則で
す。私はこの覚悟を大事にし続け
す。頂上が見えなくてうんざりし
なければならないと思っています。
てしまうかもしれません。私は運
生徒指導は経験を積むことが必
よく2次試験を2回経験できたの
要です。それは教育現場だけでな
で、その経験から特に必要だと思
く、生徒指導に関する本を読んだ
う力を3つ挙げます。
り、誰かとロールプレイをするこ
・勉強を続けるために
「なぜ教師になりたいのか」「ど
とは重要だと思います。
3 指導力
とでも経験になると実感しました。
ういう教師を目指すのか」しっか
りと自分なりの信念を持ってくだ
1 専門の力
さい。そのためにどういう勉強を
英語力は筆記でも、実技でも必
すべきなのかを考えてください。
要とされます。筆記の場合、
とは大事ですが、その向こうに生
全ての人に有効な勉強方法はない
TOEICの点数が高ければ免除にな
徒たちがいることを忘れないで勉
と私は思います。合格している人
る都道府県もあります。また、英
強していきましょう。
は採用試験の勉強を1日10時間以
語力を高めるという点でも受験を
教員になるという夢を叶えるこ
教職・教育学研究会─たまごの会─
◆教職・教育学研究会の目的
本研究会は、素敵な教師に「なり」、そして「成長する」ことを目的として立ち上げた研究組織です。
①教師としての指導力向上、②教員採用試験の突破、そして③豊かな教育実践を創造するネットワーク形成、
以上3点を狙いとしています。
◆活動
①指導力を伸ばすための教育方法演習と②採用試験突破のための問題演習を中心に活動しています。
◆応募資格
教職1本であること。月1回の定例会に全日程参加できること。
◆その他
活動日・活動場所・研究会入会方法は教務課・二部事務課資格課程係で確認してください。
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
17
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 18
教員採用試験体験記「採用試験」
教
職
課
程
群馬県立館林商工高等学校教諭 津久井 孝明(平成14年 経済学部経済学科卒業)
採
用になり、群馬県立館林商
結果は、不合格であ
工高校に赴任し、最初の夏を迎え
った。しかし、受験
た。5ヶ月間を振り返ると、あっ
したことによって、
という間に過ぎ去ったことに気付
どのような試験の形
いた。1時間の授業を進めるため
式か、周りはどのく
の難しさ、考査問題作成(配点含
らい勉強している
む)、生徒指導、部活動指導など、
か、自分自身は試験
数え始めるときりがないほど、教
に向けて何をしたら
師という職業の難しさを実感した。
よいかなど、次への
しかし、それに勝る教師の楽しさ
道が開けた気がし
や喜びを、生徒から与えられてい
た。不合格になり、
ることも実感している。私の、2
その後、地方公務員臨時採用とい
り、同じ問題集を何度もやるよう
度の採用試験受験の体験が、これ
う6ヶ月ごとの契約の教諭に申し
にした。寝る時間を少なくして勉
から採用試験を受験する方の役に
込むが、その結果が出る前に民間
強をして、仕事の休憩時間で前日
立つことができれば、お世話にな
企業(総合病院での事務職)への
の勉強の確認をするなど、今年も
った専修大学の役に立つことがあ
就職が決まり、民間企業で働きな
駄目ならこれ以上の努力はできな
ればと思い、体験記を書くことに
がら教員採用試験の合格を目指す
いというくらいに勉強をした。一
した。
ことにした。企業にとって、早期
般教養問題集、教職教養問題集、
退職は大変迷惑なことだとはわか
専門教科問題集、過去問題集を各
ることが必要だと思う。私が受験
っていたが、教員になった時には、
10回ずつ以上は繰り返し行い、最
した群馬県では、1次試験は7月の
企業での経験を生かした教育・指
後は表紙やページが破れてしまい、
第2日曜日頃で、一般教養、教職
導ができるように手を抜くことな
問題まで暗記するほど勉強した。
教養、教科ごとの専門教養、400
く頑張る決意で入社をすることに
試験前には模擬試験など受験して、
字程度の小論文、集団面接。2次
した。地公臨の方や学生など、周
志願者の数や、その中での自分の
試験は8月の終わり頃に1次の合格
りの受験者に比べ、勉強をする時
位置を確認し、ラストスパートを
者を対象に個人面接、集団討論、
間がなくなるので、企業での内定
かけた。1次試験に合格し、2次試
800字程度の小論文という内容で
が決まった時点ですぐに、次の試
験の対策として、面接や集団討論
あった。1度目の受験は在学中で
験に向けて勉強をはじめた。1度
の情報を入手し、同志と練習を重
あり、教育実習の直後であった。
目の失敗から、試験の情報を入手
ねた。また、大学の教職の授業で
問題の傾向を研究することもなく、
することの大切さを知り、自己分
お世話になった先生に論文の添削
教育実習期間などは、実習での教
析をしたり、同志と勉強会や、情
などをしてもらい勉強をした。面
材研究や、準備に追われ、時間が
報交換会を定期的(週3回)に行
接や集団討論では、長くならずに、
なく、はっきり言うとまったく勉
うことにした。また、通信講座に
要点をついた答えをはっきりと、
強していない状態で試験に臨んだ。
申し込み、勉強をすることにした。
論文では最初の5分くらいをシー
まず、採用試験の内容を理解す
津久井先生の授業風景
18
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
生徒と同じ目線で
入社すると、朝7時
キングタイムとして構成をしっか
半から仕事が始ま
りと練った教育論文を書くことに
り、遅いときでは夜
重点をおいて受験した。
の11時を過ぎること
私の経験から採用試験合格のた
もあり、当直という
めに大切なことは、①情報を仕入
ことで月に2・3回、
れて傾向を研究すること。②同志
泊りで仕事をするこ
を見つけともに頑張ること。③悔
ともあった。予想以
いが残らないよう、嫌になるくら
上に勉強時間がなか
い勉強すること。この3点である。
ったため、何冊もの
本気で教師を目指すなら必ず合格
問題集をこなすよ
を手に入れられる。
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 19
教員採用試験体験記
教
職
課
程
埼玉県立所沢西高等学校教諭 曽田 正彦(平成13年経営学部情報管理学科卒業、同15年経営学研究科修了)
今 年(2003年)4月に、本校では
る。私なりに傾向と対策を考えてみたの
導法もまとめておくとよい。指導要領に
数年ぶりの新任として、早4ヶ月が経と
で参考にして欲しい。
もできる限り目を通すべきだ。
うとしている。今のところ、教員生活に
・一般、教職教養
・面接試験
は非常に満足している。給料もいいし、
ご存知の通り、もっとも億劫な試験であ
全ての総括になる。まずは、教師になり
福利厚生も充実している、仕事で家に帰
り、最も意味の無い試験であろう。特に教
たいという自身の強い意志、また小論文で
れない日などまず無い、なにより日々、
職教養の教育法規、教育心理はただただ覚
まとめた諸問題への自身の意見と対応、専
生徒と触れ合うことで、また新たな視野
えるだけの内容である。いかに短い時間で
門教科への取り組み、それらを簡潔に伝え
を持てることが非常にうれしい。今日は、
多くのことを覚えていくか、浅くキーワー
るということだ。また、面接はその場その
教員を目指す皆さんにエールをこめて、
ドを拾い取るかが重要だ。決して深い知識
場の対応力と思われがちだが、予想される
教員の生活について、そして採用試験に
が求められるわけではない、体系化して理
質問への対応、自己アピールは、事前に準
ついて、簡単にアドバイスをしたい。私
解できればそれに越したことは無いと思う
備できることであるし、突拍子の無い質問
の数少ない経験からだけに、参考になる
が、むしろそれよりは他の試験の対策に多
にもその内容を活かせば、対応できるはず
かどうかわからないが、これはと思うこ
く時間を割くべきであろう。
だ。決して下を向いたりせずに、はっきり
とは是非自分の中に取り入れて自身の未
小論文
と自信を持って自分の考えを伝えよう。
来に活かして欲しいと思う。
「教師の資質」、「教師に求められるも
最後に
教員の生活について
の」、「理想の教師」、「生徒とのかかわり」
近年の傾向として、指導力のある教師、
教員の生活について色々調べている人
などテーマは現場についての内容に限定
説明能力のある教師が現場に求められてい
も多いだろう。不況の最中にあって、ク
される。求められるのは自身の問題に対
る気がします。具体的には確固たる強い教
ビになる心配がほぼないこと、給与が安
する認識と論理的な解決法である。教師
育観念、教科への高い専門性を持つこと、
定していることなどは十分ご存知だと思
にはマニュアルが無い、教師の数だけ指
そしてそれをうまく周囲に伝える伝達技術
う。しかし決して楽ではない。なぜなら
導法も存在する。是非、早い段階から問
といったところでしょうか。最後の1点に
私たちは、24時間常に教員であり続けれ
題を提起し、その対策を800字程度にま
ついては、家庭や地域との連携が求められ
ばならないからだ。
とめてみるべきだろう。文章力は思考力
る背景があるからです。今後も、更に家庭
教員の生活というものは一見、自由であ
につながる、経験談は簡単に文章に書け
教育はなおざりになっていくでしょう。そ
るようで自由でない。教員の仕事は大きく
るのに、考えたことのないことを文章に
の中で、地域社会をいかに学校教育に巻き
分けて、教科指導、校務分掌、部活動等の
することは非常に難しい。普段から新聞
込んでいくかが、今後の教育活動にとって
特別活動の3つである。教科指導は自身で
や雑誌等の教育問題に気を配り、自身の
不可欠になります。そのために試験でも小
教科目標を立て、それに応じて授業をプラ
対応を考えておくべきだ。そして、教職
論文、面接試験といった説明能力への配点
ンニングし、フィードバックを行なう。自
関連の先生方に添削をしてもらうことで
が高いのかもしれません。熱意があっても、
由度が守られ、やりがいもある。それに引
さまざまなアドバイスが得られるだろう。
それをうまく伝えることができなければ意
き換え、分掌や成績処理などの業務は、決
・専門試験
味が無いということです。
長くなりましたが、皆さんが近い将来、
められた時間までに決められた形式で仕上
今までの取り組みが結果となってその
げなければならない。部活も参加は自由で
まま現れる。ただ「情報」については、
教育現場でご活躍できることを心から祈っ
ありながら、今までまともに休めた土日な
内容が非常に多岐にわたることから、全
ております。
ど無いに等しい。しかし、教員の労働環境
ての内容に精通
が他の仕事に比べて厳しいかといえば、決
している人は珍
してそうではないと思う。命令をする上司
しいと思う。時
もいなければ、12時を越えて仕事をする
間が無い人は、
ようなことも無い、多くは自身の裁量に任
手を広げず、各
されている。私の場合は、特に新教科とい
自の専門を活か
うこともあり、色々な意味で学校側に任さ
して、試験に臨
れる部分が多く、その責任の重さとやりが
むべきだ。その
いを感じる。
場合、いかに実
採用試験の内容
際の授業で指導
大きく分けて、以下の4つに分類され
していくか、指
曽田先生の授業風景
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
19
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 20
教育実習を終えて(社会・地理歴史)
教
職
課
程
実習校:新潟県立新発田高等学校 新潟県新発田市立第一中学校 文学部人文学科4年 佐藤 圭
私 は高校と中学校の2つの学
これる生徒とついてこれない生徒
業は話すだけの聴力だけを攻めて
校で教育実習をしました。新潟県
を扱うのが非常に苦労しました。
いてはだめであって、資料を見せ
立新発田高校に2週間、新潟県新
それは実習初日に気がつき、ギャ
るという視力も同時に攻めること
発田市立第一中学校に1週間の日
ップを感じました。しかし、なん
が大切なのです。しかし、その資
程でした。実習全体を通しての感
とかなるだろうという気持ちがま
料の出し方も注意しなければいけ
想は、実習に行ってよかったとい
だ私の中にはあり、そして初めて
ません。たくさんの資料を出して、
うことです。生徒が温かく歓迎し
の授業が道徳でした。結果は大失
授業中あっちの資料を見てはこっ
てくれて毎日が充実し、学校に行
敗に終わりました。携帯電話につ
ちの資料を見るという形式をとる
くのが楽しみなほどでした。でも、
いてというテーマで、電車の中を
と、それに、ついてこれる生徒と
楽しいことばかりではありません
再現するというロールプレイを行
ついてこれない生徒が出てきます。
でした。授業を失敗することも多
いました。生徒は好き勝手に話し、
それではいけないので、その授業
く、自分自身の力不足を痛感する
私はそれを止めることができず教
のポイントとなり、かつ印象深い
こともありました。
室は無法地帯となっていました。
資料を一つ提示します。私はその
この日の反省会では、指導教諭は
資料を探し出すのに教材研究の8
新発田高校の実習では、実習前
に指導教諭と何度も連絡を
割を費やしたと言っても過
とり、どの単元を授業する
言ではありません。
かをあらかじめ聞いていま
このように苦労しました
した。そのため教材研究は
が、最後の研究授業では生
かなりやっていたと思いま
徒はとても楽しみながら聞
す。板書の例を作り上げ、
いてくれました。この授業
説明することなどもすべて
のために50時間ぐらいかけ
自分の授業ノートに書き込
たのを覚えています。最終
み、そのまま実習に臨みま
日は色紙と花束をくれてと
した。だから、高校ではス
ムーズに授業を進めること
てもいい思い出ができまし
た。私は高校と中学校を経
ができました。他の実習生は教材
こうなることはわかっていたがあ
験しましたが、違いがとてもわか
研究で追われているなか、私は放
えてやらせてみた、と言っていま
った3週間でした。どちらが辛か
課後毎日生徒と話をしたりして、
した。ここで目を覚ました私は、
ったと言えば中学校の方が辛かっ
交流を深めました。その結果生徒
高校での睡眠時間は6,7時間であ
たですが、やりがいがあったのは
と仲良くなり、授業中手を挙げて
ったのに対し、この日から3時間
中学校の方でした。教育実習とい
くれたりしてだいぶ助けてもらい
ぐらいの睡眠に切り替え、教材研
うのは頑張れば頑張るだけ成功す
ました。
究に取り掛かりました。
ると思います。そして、その頑張
私は2年生社会科の歴史の授業
れる源は生徒という存在があるか
も成功したものだといえました。
を受け持ち、鎌倉時代のあたりを
らです。これから実習に行くみな
その翌週すぐに、中学校の実習と
やりました。ここでも、高校との
さんはそれを頭に入れて実習に臨
なっていた私は、高校の成功から
ギャップがありました。中学生は
んでもらいたいと思います。
なんとかなるものだという妥協が
話し中心の授業やつまらなくなる
うまれていました。教材研究もそ
と、もろに態度に出していきます。
れほどしていかず、準備不足のま
おもしろくないなと思った途端に
ま中学校の実習を迎えました。
生徒は寝たり話しをしたりして、
私にとって、高校の実習はとて
20
中学校での教育実習(中央が佐藤さん)
中学生は高校生と違って、やは
実習生という立場では注意もでき
り少し子どもな面がみられます。
ず、非常に辛い状態となります。
授業中に関係のない質問をいきな
そこで私はどうすれば生徒が授業
りしてきたり、さらに、高校と違
に集中してくれるのかと考え、思
い学力の差が激しいです。ついて
いついたのが資料の提示です。授
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
高校での教育実習(左が佐藤さん)
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 21
教育実習を終えて(社会)
教
職
課
程
実習校:岩手県胆沢町立若柳中学校 法学部法律学科4年 内田 智子
私
は5月26日から3週間、母
しずつ良くなっていったと思いま
だと思います。生徒のみんなには
校の若柳中学校に教育実習に行っ
す。それから、私は歴史の授業が
本当に感謝しています。
てきました。振り返ってみると、
楽しくなるように、よく絵を描い
授業以外でも生徒と触れ合う機
実習前はものすごく不安で憂鬱で
ていきました。歴史の授業はどう
会がたくさんありました。朝と帰
したが実習が始まると面白い出来
しても眠くなるし、私には面白い
りの短学活、道徳や総合的な学習
事がたくさんあって楽しかったで
豆知識もないので、その代わりと
の時間、学活などに参加させても
す。生徒が、とにかく素直で可愛
して、発明家の絵を描いたり、ペ
らいました。朝の短学活は生徒に
い!
リーの絵を描いていったりして少
伝える事項が多く的確に言うのが
と言っても実習が始まって1週
しでも授業に興味を持ってもらお
難しかったし、伝える事項が少な
間は、生徒の前で自己紹介をした
うとしました。これは生徒からも
い時には何か自分で話さなければ
り、給食を一緒に食べたりと慣れ
評判が良かったです。こんな授業
ならず大変でした。学活では花壇
ないことばかりで緊張しましたし、
があったらいいな、と生徒の気持
の水やり当番を決めたりして楽し
生徒に何を話しかければいいのか
ちになって考えることも大切だと
かったです。また、家庭学習ノー
分からず悩んでいました。私の場
思います。
トやあゆみ(生活記録日誌)の点
合、教壇実習を通して
検もさせてもらい、必ず
徐々に生徒と打ち解けら
一言コメントを書くよう
れていったと思います。
にしていました。私のコ
私は、クラスは2年A
メントを楽しみにまって
組を、教壇実習は2年生
いる生徒もいるので、私
の歴史を担当させてもら
も何て書こうかと交換日
いました。授業参観で指
記をしているようで、毎
導教諭の授業を見学しな
日楽しみでした。それが
がら「こんな感じで進め
生徒とのコミュニケーシ
るんだな」と大体の流れ
ョンにもなったと思いま
をつかんでおきました。
す。
そして、いよいよ教壇実
実習最終日、生徒がお
習初日。この時は自分が
別れ会を開いてくれてと
50分教壇に立っていら
ても感動しました。色紙
れるか不安でした。しかし、
2列目中央が内田さん
をもらったり、記念写真
を撮ったりと、別れが本
あっという間に時間は過ぎ
て予定の範囲まで進まず、生徒に
教壇実習はなかなか上手くでき
当に惜しかったです。生徒からは
何を教えたいのかが分からない授
ず落ち込むこともありましたが、
たくさんのことを教えてもらった
業になってしまいました。このこ
指導教諭が親身になって指導して
ので、がんばって本当の先生にな
とから、教材研究が不十分であっ
くださったので、私は前向きに授
りたいと思います。
たことを痛感し、もっと早くから
業に取り組めました。日誌に「教
教材研究をしておくべきだった、
壇実習は着実に進歩していますよ」
一生忘れられない思い出となりま
と反省しました。また、私の授業
と書かれてあった時はとてもうれ
した。温かく迎えてくれた生徒や
は、どうしても説明中心の授業に
しかったし、他の先生からも「何
優しく指導してくださった先生方、
なってしまい指導教諭から何度も
十年も教師をしてる私でも、満足
励ましてくれた友人や家族のおか
指摘を受けました。このため、指
のいく授業なんてあまりないのだ
げで楽しい実習ができたと思いま
導教諭と一緒に発問を考えたり、
から、落ち込まずに!」と励まし
す。これから、実習に行くみなさ
私が考えた発問を先生に見てもら
の言葉をもらい、失敗を恐れずに
ん、元気にがんばってきてくださ
ったり、生徒の活動が多くなる授
授業に向かうことができました。
いね。楽しい実習になることを祈
業にしようと必死でがんばりまし
また生徒が私の授業に協力してく
っています。
た。その努力もあって、授業は少
れたので、めげずにがんばれたん
3週間の実習は本当に楽しく、
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
21
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 22
教育実習を終えて(国語)
教
職
課
程
実習校:神奈川県厚木市立東名中学校 文学部国文学科4年 山田 巴
実
実習の多くの時間、担当教諭が
他の中学と分離をした。その為私
師なんて絶対できないと思ってい
指導のために見に来てくれていた。
の中学校生活は一年の時に7クラ
たが、実習を終えて今、残された
そのため授業時間内に至らぬ点を
スだったものが2、3年は3クラス
ものは生徒達の顔と声、そして確
多々フォローしてもらえた。やは
となんとも寂しいものとなり、現
かに手元にある私へのコメントシ
りグループワークなどをさせる時
在は2クラスの学年が2つで全校で
ートだ。他の実習生が見せてくれ
に一人の先生だけでは生徒に個別
計7クラス、市内で一番の生徒数
たそれには少しきついものもあっ
に対応できず、2人先生がいると
が少ない学校となっている。生徒
た。私もそれを覚悟していたのだ
満遍なく指導ができるということ
同士は上も下もあまりなくとても
がおおむね好意的だった事に驚き、
だ。1人1人に指導をしたほうがよ
仲良くしているしまた先生方の授
また私への真摯な気持ちに対して
い書写の授業の時は特に数学や英
業もそれに合ったきめ細やかなも
感謝の念が湧く。たった3週間、
語のT・T少人数授業のような対応
ので少人数指導が更に少人数で行
そう言えるようになったこの3週
があるとよいと感じた。
われていて贅沢だなあと感じられ
間で私がした体験はとても貴重で
*道徳について
た。自分が中学校時代にこんな教
習が始まる前は自分には教
この先の人生にもそうあるもので
事前に先生の考えの押し付けに
育を受けたかったというものがそ
はないと感じる。多くの人に支え
ならないようにと大学の授業でも、
こにはあった。生徒主体の「学び」
られて学んだ15日間を振り返って
担当教諭からも言われていたのだ
を見た気がして少人数教育につい
みる。
が、最終的に自分の考えを押し付
ての考えが新たになった。
*授業について
ける形になってしまった事が残念。
実際に教師という立場に立って
大部分は事前の計画通りにでき
国語の授業でもそうだが、予想し
実感したのは、生徒達をどう活か
たが題材について深める事ができ
ない答えが出て来た時にそれをど
していくかというのはやはり先生
たかというのは少し疑問が残る。
のようにその授業の内容へと近づ
次第だという事だ。たった数日間
どのように生徒を活かすかという
けていくかがとても難しい。生徒
ではあったが自分が学生の立場で
事が難しく、その方法が試行錯誤
自身に深く考えてもらう事を目的
は反対の先生という立場にも立て
だった。一年生の方では重い内容
にするのだが、国語的になっても
た事は大きく勉強になった。また
だったので個々の考えを深める事
いけないしうまく生徒の考えを出
教育というものについて生身の生
にして2年生では単発の授業だっ
させ、主題へと導く事ができなか
徒と接して感じ、考える事もでき
たのでそれぞれ生徒達が興味をも
った。
た。「こどもが主役」と言っていた
てそうなものを題材に選んだがや
*その他
先生の言葉が耳に残る。
はりやり方の面で至らない事があ
私の母校は私が中学一年の時に
り、指示がうまくなく、失敗して
しまった。ゲームが面白いと感じ
られるのはルールがしっかりして
いる上で初めて思える事で、細部
までしっかり練ることの重要さを
改めて感じた。全体的に効果的な
やり方というものができなかった
事が反省として残る。
実習前に想像していたように難
しかった内容は段落分けの部分で
ある。いろいろな意見が出たもの
をある程度の方向へとむけていか
なけばいけないのだがまとめるの
に結構時間がかかり、また強引に
やったので生徒を混乱させてしま
った。
22
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
前列右が山田さん
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 23
教育実習を終えて(英語)
教
職
課
程
実習校:茨城県真壁町立桃山中学校 文学部英米文学科4年 吾妻 雅世
3
週間という期間はとても短
ン活動の場を実際に生徒た
く感じ、実習の毎日はとても充実
ちの関わりのある事柄と結
したものになりました。私は実習
びつけて導入して指導して
生として母校の中学校に訪れた実
いきました。この少人数指
習の最初の日は今でもよく覚えて
導のクラスは生徒の自主性
います。朝の会で担任の先生に紹
を尊重するために、能力別
介されて、生徒たちの前で自分の
クラスではなく、できる生
紹介をし、生徒たちの目を見て話
徒からできない生徒までが
そうと思っていましたが、なかな
一緒になっていたので、現
かうまくできなかったです。生徒
場の英語教師たちはできな
は私のことを楽しみに待っていた
い生徒に付き添ってあげて、英語
のアドバイスは、これから教師を
そうです。
嫌いをなくす、英語嫌いをつくら
目指す私にとって、とても大切な
前列中央が吾妻さん
私は2年4組のクラスで生徒たち
ない指導を行っていました。授業
言葉でした。教師の表情を見て生
と関わることができ、朝の会や帰
での生徒の反応はクラスによって
徒は授業に取り組むので、明るく
りの会の運営を行い、清掃の時間
違っていて、生徒の雰囲気や英語
いい表情をすることも教師には必
には一生懸命に取り組み、生徒に
の取り組み方も様々でした。授業
要な要素であるということを教え
も頑張ろうという気持ちを持たせ
に興味を示さない場合もありまし
ていただきました。私は授業をし
ることができたと思います。実習
た。そこでどのように充実させて
ているときに、自分の顔を生徒に
校では週に一回昼休みの時間を長
いくのかを考えていくことが大切
見られていることを忘れていまし
く設けていて、私も生徒と一緒に
なことであると指導を受けました。
た。自分がどんな顔をして生徒の
なってバレーボールをし、汗を流
学級の実態を把握し、指導法を考
前に立っていたか、今考えてみる
しました。生徒とのコミュニケー
えていかなければならないという
と自分の中で表情を意識していた
ションを取ることは学校の中のい
ことを学びました。生徒の英語に
ら生徒がどんな反応を見せてくれ
ろんな場面にあって、クラスの生
対する興味をより持たせるため、
たのかということを感じています。
徒とは“あすなろ”というノート
また基礎力をつけるために私が中
英語の発音に関しては、お褒めの
を通して生徒一人一人の理解に努
学生だったときにも行われていた
言葉をいただきました。
めました。生徒が普段どんなこと
学校全体で取り組んでいた英語の
あっという間の3週間の実習を
を考えているのか、私の知らない
スペリングコンテストやスピーチ
終えて、私は大きく成長できたと
ことが分かってきて生徒との距離
コンテストでは、生徒の英語に対
思っています。実習生を盛り立て
が縮まったように感じました。生
する意識が高かったように思いま
てくれた実習先の桃山中学校の職
徒との関係をつくっていくことは
す。授業では生徒たちのコミュニ
員室の雰囲気はたいへん暖かく感
生徒理解に努めていくという点だ
ケーション活動をどのようにして
じられました。御指導をいただい
けではなく、実際に授業を進めて
いけばいいのかということで、試
た諸先生方、ありがとうございま
いくにあたって、大切なことであ
行錯誤し、より活動しやすいワー
した。実習を終えた現在も、卒業
ると思います。
クシートを作成するのに時間を費
論文の研究のため、中学校には足
私は中学2年生を担当して1ク
やしました。教材研究の時間はと
を運んでいます。実習ではたいへ
ラス20人前後に少人数指導の授業
ても大切な時間であって、どのよ
んお世話になり、現在も指導教諭
が行われていました。自分が中学
うに教えるのかといったことを突
には御指導をいただき、とても感
生のときとは指導の形態が違って
き詰めていき、指導に結び付けて
謝しています。熱心に指導してい
いて生徒一人一人と教師が接する
いくことの難しさを感じました。
ただいて、私は新たな恩師にめぐ
り合えたような気持ちでいます。
時間が多く、一人一人の個に応じ
研究授業では自分の表情は硬か
た指導をすることができる点にお
ったようです。授業を見学しに来
私はこれから恩師に負けないよう
いて授業をすることはとてもやり
て下さった各先生方から今後の参
な先生になりたいと強く思ってい
やすかったように思います。私は
考になるアドバイスをたくさんい
ます。
授業を行う際にコミュニケーショ
ただきました。特に教頭先生から
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
23
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 24
教育実習を終えて(商業)
教
職
課
程
実習校:東京都立五日市高等学校 商学部会計学科4年 藤原 拓矢
私 は6月2日から20日までの3
く取れていなかったことと、生徒
校の先生方はもちろんのこと、本
週間、東京都立五日市高等学校で
を相手にした授業をしていないな
学の教職課程の先生や教育実習を
教育実習を行いました。実習前は
どと注意を受けました。
したことのある年上の友人などに
とにかく不安でした。特に、母校
その後の授業でも時間配分がう
相談をしました。しかし、次の日
での実習ではなかったため、学校
まく取れず、予定の範囲を終わら
の朝に生徒の顔を見るとそんなこ
の雰囲気がわからなかったことが
せることができないばかりか、ほ
とを忘れられるような気がしまし
不安でした。そんな中で、実習初
かのクラスとの差を広げてしまい
た。
日を迎えました。まず驚いたこと
ました。どのようにして生徒に理
は生徒たちがみんな挨拶ができて
解させるかということではなく、
徒との接し方などについて課題を
いたことでした。一方、私は緊張
何を教えるかということばかりを
見つけるところまでで実習期間が
していたため、挨拶の声が小さく、
考えてしまったからこのような失
終わってしまったのが残念です。
最初の一週間は「元気がない」と
敗をしてしまったのだと思います。
いうことと「教職に就こうという
また、生徒に合わせた授業をして
いているのか悩んでいました。し
意気込みが感じられない」などと
いなかったことも反省しました。
かし、実習を通して教師になりた
いう注意を受けました。
研究授業では、緊張のため、頭
教育実習で、授業の進め方や生
実習前は自分が本当に教師に向
いという思いが強くなりました。
こうして始まった私の教育実習
の中が真っ白になってしまいまし
また、教師の仕事は予想をはるか
は、授業見学を25時間、教壇実習
たが、生徒から質問が出て、授業
に越えた忙しさだということと、
を6時間、自習監督を7時間させて
で一番伝えたかったことを思い出
やりがいのある仕事であるという
いただきました。また、ホームル
しました。本当に生徒に救われた
ことがわかりました。また、教師
ームは1年生を担当しました。そ
思いがしました。その後の反省会
は体力が必要な職業だということ
れ以外の時間は日誌記入や教材研
では、感動のあまり涙が出てしま
を知りました。
究、ほかの先生の手伝い、小テス
いました。
これから教育実習に行く人に伝
トの採点などをやり、あっという
その後、授業参観や主に2年生
えたいことは、大学生活で色々な
間に3週間が過ぎてしまった気が
と3年生の自習監督などをしまし
経験をし、いろいろな人に出会う
しました。
た。最終日にはSHRで生徒に挨拶
経験をすれば教育実習に限らず、
をして、また涙が出てしまいまし
教師になってからも財産となると
た。
思います。
実習で一番苦労したのは教壇実
習でした。授業を受けるのと教え
るのではまったく違うということ
を実感しました。
初回の授業では時間配分がうま
実習期間中はつらいことがたく
字数の関係で細かいことは書け
さんあり、逃げ出したいと思った
ませんでしたが、実際に教育実習
ことがたくさんありました。実習
を経験した人にしかわからない苦
しみや喜びがあるのでこれから教
育実習に行く人はがんばってくだ
さい。
24
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 25
教育実習を終えて(情報)
教
職
課
程
実習校:神奈川県立港北高等学校 経営学部経営学科4年 鹿野島 咲子
情
報という、新しい教科での
そこからより良い授業展開法を考
実習ということで、現場の状況を
えることの二つに大きな効果があ
ほとんど知らずに挑んだ教育実習。
りました。実習の授業は他の座学
不安と楽しみと疑問を抱きながら、
の授業と違って、生徒と先生のコ
初日を迎えました。
ミュニケーションなしには絶対に
生徒として受けたことのない授
成り立ちませんから、授業補助の
業であり、現場の先生方も教科ス
時間をうまく使うことは大きなポ
タート初年度で手探りの状態だっ
イントだと思います。
たので、実習中はまさに「二人三
教壇実習では、この学校の情報
脚」。先生方と授業について話す時
科の授業では初の試みであるとい
間はかなり多かったと思います。
う「実習なしの授業」に挑みまし
でも、このコミュニケーションの
た。実習の説明でも集中できない
量が実習の良し悪しを左右する大
生徒がいたのに、本当に授業が成
材の改善を図ったことにより、2
切なものだった、という実感が今
り立つのか全く分からない状況か
クラス目では予想以上の出来ばえ
でもあります。
らのスタートでした。でも、やる
で、研究授業当日も50分の授業時
実習はトラブルからのスタート
となったら出来るだけ生徒が飽き
間をフルに活用し授業を展開する
でした。最初の授業参観でサーバ
ずに、そして頭を使える展開を考
ことが出来ました。
のトラブルから予定した展開が出
えようとプラスに考え、「ワークシ
授業終了後には情報科だけに限
来なくなり、生徒の集中力が一気
ート」「ディスカッション」「具体
らず、たくさんの教科の先生から
に切れてしまう状況を目の当たり
的で身近な事例の提示」の3つの
数々の指摘を受けました。中には
にしたのです。私は何も出来なか
ポイントを押さえた上で展開法を
鋭い指摘もありましたが、「情報
ったのですが、そこで不安が募ら
考えました。かなりの資料を読み、
科=パソコン実習」というイメー
ず「自分が関わってなんとかやら
また、先生方にもたくさんの助言
ジをほとんどの先生が持たれてい
なくては」と思えたことは幸いで
を受けながら作った展開でした。
たので「新たな一面を見ることが
した。
私は4クラス分を担当していたの
出来た」「こういう展開もありなん
このトラブル後からは、授業補
ですが、1クラス目は説明の仕方
だね」などというお言葉をいただ
助をしながら生徒の目線で授業を
はあいまい、資料も量不足、さら
き、また、担当の先生も「彼女は
見ていく方法を取っていきました。
には予定していた内容が時間内に
前人未到の授業をしたんですよ」
この方法をとることで、生徒と授
終わらない、という散々な内容で
とあちこちで言ってくださり、こ
業についてのコミュニケーション
した。しかし、先生方とも話し合
の展開に挑戦して本当に良かった
を通じて交流を深めること、また、
いをしながら、更なる展開法・教
な、という達成感でいっぱいにな
前列が鹿野島さん
りました。
情報科は本格的スタートが今年
度であり、実習にいく学生の多く
は大学で知った教科のイメージだ
けで実習に行かなくてはなりませ
ん。でもこれは逆に柔軟にそして
大きな可能性を持って対応する事
が出来るというプラスの面もあり
ます。他教科とは違う生徒と先生
の位置付けを理解し、十分な準備
とコミュニケーションを行って実
習に取り組んで欲しいです。そし
て「頑張る」のではなく「楽しむ」
事を忘れずに…。
2列目中央が鹿野島さん
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
25
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 26
二つの介護等の体験を終えて
教
職
課
程
文学部日本語日本文学科3年 小間 なつみ
特
殊学校へは川崎市立養護学
ちはコミュニケーションをとろう
なく、体験の中で自ずから気づく
校へ、6月の半ば頃に2日間体験に
とすれば少なからず反応を返して
事が出来たということが大きかっ
行きました。大学からは服装や礼
くれ、心を開けばまたそれを感じ
たと思います。
儀に関して厳しい注意を受けてお
とってくれました。教師の方々と
二つの体験を終えて、考えさせ
り、その点は守ったものの事前に
も質問などをしていくうちにうち
られた事が沢山あります。自分の
運動会などを見学する事も無く、
解けていく事が出来ました。小さ
弱さという個人的な事から、生き
当日初めて学校のほうに行くこと
い事でも非常に嬉しく感じられま
るという事まで多岐に渡ります。
になり大変緊張しました。緊張す
したが、それは一日目の失敗があ
その中でも一番大きかったのは人
る事自体は悪いことではありませ
ったからとも言えます。気持ちと
と関わる事でした。
ん。気を引き締めて集中力を発揮
しては良い状態で終われましたが、
するためには大切な事ですが、こ
もっと積極的に質問や参加をする
の中に私達がちらっとかすめてい
のときの緊張は悪いほうにばかり
べきだった、早くに気持ちの切り
くようなものです。お互いの人生
影響してしまいました。元々ある
替えが出来なければとひどく悔や
の一瞬の交差点であり、その中で
引っ込み思案で弱気なところが全
まれました。しかし、失敗は反省
いかに多くを感じ、考える事が出
面に出てしまい、冷静になること
せねばいけない、反省したら生か
来るのか。また、その瞬間の中で
もままならないままに配属される
さねばならない。行った事や感じ
いかに人間関係を築いていけるの
クラスに放りこまれてしまいまし
た事は日誌や日記に書きとめ、次
か。それは、この人間社会のなか
た。先輩の授業を見学するという
の体験に備えることにしました。
で大変大切な事であり、教師とい
形の授業の中、私は文字通り「見
社会福祉施設は老人の病院・シ
う職業は瞬間ではなく他人に関わ
学」という形で体験初日を終えて
ョートステイ・デイケアーが隣り
って行く職業ではないかと思いま
しまったのです。
合わせになっている施設でサクラ
す。
見学しているだけでも学ぶべき
プラザという施設に配属されまし
まだまだ、ものを考えていくと
事は沢山ありました。生徒たちの
た。四日間はデイケアー、最終日
いう点でスタート地点に立てただ
ひたむきな姿勢や、教師と生徒の
はショートステイの施設で体験を
けですが、スタート地点に初めて
信頼関係、教師の対応の手際の良
させてもらいました。私達は看護
立ったのかもしれません。瞬間的
さ、そして学校全体の活気ある明
や福祉士の実習生ではなく、教職
なものであったとしてもそこに存
るい雰囲気などに心を動かされま
のための介護体験ということで、
在する人間関係を大切にして行き
した。なまじっか発見することが
ふれあいを大切にしろと言われま
たいと切に思いました。福祉施設
多いばかりに私は質問や参加のタ
した。リハビリと体操や手芸の作
の実習が七夕にかかっていたため
イミングを逃し、その事が負い目
業を通してうち解けて行くかたち
私にも短冊を書かせて貰えたので
に感じられました。また、教師と
になりました。多少は緊張しまし
「一期一会」と書いてさげました。
生徒との間に作り上げられている
たが、前の実習の反省もあり、積
人間関係の中に入ることができな
極的に行動した結果、最終日には
い自分がいました。
別れが辛くなるほど仲良くなる事
萎縮してしまった初日の体験は
26
体験は、相手にしてみれば日常
が出来ました。
とても後悔されました。体験とし
ここでも、笑いかければ返って
て不充分であっただけでなく、自
くるものがあること、心を開けば
分の不甲斐なさに自己嫌悪に陥り
その分相手も心を開いてくれるこ
ました。それでもいつまでも失敗
と、仲良くなりたい・喜んでもら
に浸るわけにはいかないので、翌
いたいと思って動くのは少しの勇
日のために気持ちを入れ替えまし
気が必要だが、なんだか温かい気
た。
持ちになれることを知りました。
二日目は音楽や体育などの授業
それは俗にいう「ふれあい」なの
があったこともあり、積極的に参
かもしれません。しかし「ふれあ
加することが出来ました。生徒た
おう」と思って行動したわけでは
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
私にとってはとても濃い内容の、
良い体験であったと思います。
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 27
教
職
課
程
司書・司書教諭課程
Index
1
前期「資料特論」の授業から ……………………… 28
―― 専修大学文学部兼任講師 小黒 浩司
2
卒業生から …………………………………………… 29
3
図書館実習を終えて ………………………………… 30
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 28
前期「資料特論」の授業から
文学部 兼任講師 小黒 浩司
1 授業内容について
今年度の「資料特論」では、「公
司
書
・
司
書
教
諭
課
程
3 2003年度の傾向
しかし授業を担当した実感として
かつてこの科目の受講生数は生
は、必ずしも手放しではよろこべ
貸権」を中心的な問題に設定して、
田・神田合計しても30名前後と少
授業を展開した。その理由はこの
なく、またその学習態度も比較的
問題が、最近マスコミでもたびた
良好であった。これは専修大学司
び取り上げられるなど、社会的に
書課程が、他大学に比べ資格取得
受講者急増とともに、残念なこ
も大きな関心を集めているからで
のための最低単位数が多かったこ
とに、学習意欲に欠ける学生も増
あり、今後の図書館とそのサービ
と、またこの科目が3年次に配当
えた。下表は前期末試験の得点分
スに、深刻な影響を与えることに
されていたこと(ただし神田は
布を10点刻みに示したものであ
なると思われるからである。
2・3年次配当)によるものであろ
る。
しかしながら実際のところ、「公
ないようにも思える。
4 成績について
う。
試験問題は授業中に取り扱った
貸権」について十分な議論も理解
ところが今年度、この状況が一
ことから出題した。したがって積
もないまま、問題が一人歩きをは
変し、受講生数が急増した。年度
極的に授業に臨んでいれば、決し
じめている部分が少なくないよう
始めの受講登録者数は、生田59
て難しい試験ではなかったはずで
に思える。そこで授業では、学生
名・神田18名、あわせて77名で
あるし、事実満点の学生もいた。
諸君にこの問題をしっかりと把握
あった。2002年度の場合、生田
だがその一方で一桁の得点しか獲
してもらうために、「出版流通」と
14名・神田11名、あわせて25名
得できない者もおり、著しい得点
「著作権」の二面から検討を加える
であるから、前年度比およそ3倍
格差が生じた(なお最終的な成績
増である。
は、これに出席等の平常点が加味
ことにした。
その原因としては、2001年度
2 授業の進め方
される)。
のカリキュラム改定によって、資
上記のように、授業内容は時事
格取得のための最低単位数が減少
もちろんこうした結果を生んだ
的なものであるため、教科書は使
し、学生に司書資格に対する「お
原因のすべてが学生側にあるわけ
用せずプリントを配布した。講義
手軽感」が生れたと考えることが
ではない。これは授業の内容や進
のレジュメがA4判12枚、加えて
できる。さらに今年度から、生田
め方に、工夫・改善の余地が多々
新聞の切り抜きなどを補助教材と
のこの科目の学年配当が2・3年次
あることを示している。多くの学
して用意したが、これが全部でA4
となり、一気に受講者数が増加し
生が興味・関心を持ち、参加し、
判64枚になった。受講生には漫然
たものと推定される。
理解できるような授業を追求して、
と授業に出席するだけではなく、
それら資料を参考に、自分自身で
課程履修者の増加はある意味、
たいへんよろこばしい現象である。
今後も試行錯誤を続けていく必要
を痛感した。
問題を整理することを求めた。
また今年度から講義概要をパワ
25
ーポイントを用いて提示した。単
色で文字情報が主体であるプリン
20
トを補うためである。さらに必要
に応じてインターネット上の情報
をスクリーンに投影した。例えば
15
知的財産の保護等については首相
官邸の、著作権制度については文
10
化庁のホームページを用いた。
ただし神田校舎の場合、教室環
5
境の制約からパソコンを使った授
業は行えなかった。神田校舎の教
室の早急な改修が望まれる。
0
28
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
上
以
90
台
80
台
70
台
60
台
50
台
40
台
30
台
20
台
10
下
9以
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 29
ある司書の1日
東京都葛飾区立四つ木地区図書館勤務 野口 淳史(平成11年 文学部人文学科卒業)
「図 書館で働いています」と言
からFAXで相互貸借の依頼が。作
集まってきて、色々話し始める。
うと決まって「ラクでいいですね」
業を中断し検索すると在庫がある
これをカウンターの仕事をこなし
という答えが返ってくる。ホント
ので書架へ行き、手続きして送る。
つつ聞く。子どもの相手をしてあ
は違うのにと思いつつ、つい愛想
終えると同時に「○○の本な
げるのも大切な仕事。この間子ど
笑いでその場をやり過ごしてしま
い?」とレファレンス。よくよく
もの宿題の本探し、検索機の使い
う。ホントに違うんだ!というこ
聞いてみると○○の長女が書いた
方指導、書架案内等で館内をめま
とを、今日は、ある司書の1日を
本で書名も著者名も分らないとの
ぐるしく動き回る。
通して皆さんに伝えたいと思う。
こと。「○○」で探しても出てこな
そうこうするうちに4時。下校
7月16日(水)仏滅
いので、時間をもらってインター
時刻となり子ども達は雲霞の如く
8時45分にいつも通り出勤。私
ネットで「○○ 長女」と入れ検
去って行く。まさに台風の去った
の務める図書館は小さく、利用者
索。するとようやく判明。他館に
後。書架はめちゃくちゃ、本はい
も他の図書館に比べ少ないので、
あったので予約を入れてもらう。
たるところに散乱。これを他の職
開館は10時から。到着してすぐエ
その後溜まった返却本の配架をし、
員が必死に戻している間、私はカ
プロンを着け、開館準備に入る。
気付いたらもう12時。しばし休憩。
ウンター。暇かと思いきや、閉館
1時になり今度はカウンターへ。
1時間前は大忙し。貸出・返却は
開館前にやることは、他館から
入った予約本の抜き出しと、前日
しばらく貸出・返却。お年寄りや
ひっきりなし。予約も倍増。閉館
使用したコピー代金の集計、ブッ
子ども連れの主婦が多い。1時間
前に何故かみんな慌てて出して行
クポストに返された本の返却、届
ほど経って交換車が到着。今日は
く。いつも「もっと早く来て出し
いた朝刊を新聞棚に置くことと、
段ボール3箱分が戻ってきた。い
てくれればいいのに」と心の中で
そして書架整理。この日の出勤は、
つも通りの量。これを3人で書架
思う。無我夢中でやっているうち
職員1人に私を含めた非常勤2人そ
に戻し、午前のカウンター当番が
に5時。閉館。
してパート1人。それぞれが分担
予約の電話連絡。戻ってきた本の
あっという間に1日が終了。皆
して開館準備にあたる。
配架は約30分で終了。「△△の本
で閉館準備を済ませ「今日も忙し
私はこの日9時半から小学校へ
はどこですか」といった簡単なレ
かったね」と言いつつ帰路に着く。
の学級訪問(読みきかせ)がある
ファレンスに答えつつ時間は過ぎ
そして帰りの電車にひとり揺られ
ため、ブックポストの返却を済ま
る。
ながら思う。「早くあがれるのはい
司
書
・
司
書
教
諭
課
程
いけど、結構忙しいんだよなあ」
せてから、練習に入る。手袋人形
3時の15分休憩を挟み、再びカ
を使ったカラスのお話と、絵本2
ウンターへ。すると学校帰りの小
と。さて、皆さんはどうお感じに
冊、紙芝居1つを読む予定。特に
学生が大勢。顔見知りが多く子ど
なったでしょうか?
カラスの話は素話しながら演じる
も達も馴れたもの。見つけるなり
ので念入りに練習。すると電話が
鳴り、取ってみると学校から。「今
日プールなので中止にして下さ
い」。「1ヶ月も前から用意したの
に…」とがっかり。でもこんなこ
とはよくある話。
そうこうしているうちに10時開
館。私は午後のカウンター当番な
ので事務室で仕事。ヤングアダル
ト担当なので、夏休みに紹介する
お薦め本のデータ入力やら装備
(分類ラベルを貼ったり、本全体を
ブッカーで覆ったり)をする。数
が多く(15冊位)悪戦苦闘。する
と半分ほど終えたところで、他区
図書館の1日体験をした子供達と一緒に写したもの(後列中央が野口さん)
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
29
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 30
図書館実習を終えて
実習館:千葉県浦安市立中央図書館 法学部法律学科4年 廣島 聡子
浦 安市立図書館で2週間の実
習を行いました。昨年の授業で、
初代浦安図書館長を勤めていた方
が講師をされていて、そこで私の
「図書館」の見方が変わり、図書館
見学に行った時、考え方が根付い
ていると思って希望を出したので
した。無事に希望を聞いて頂け、
浦安にお願いすることになりまし
た。
司
書
・
司
書
教
諭
課
程
実習生は6人、今では貴重な時
間を共有した大切な友達になって
います。始めは緊張していました
が、図書館にいる方はどことなく
雰囲気をもっているものです。実
習前打合せで担当してくださる方
にお会いした時、一目で安心しま
料をよく管理できるなぁと思って
実習が始まる前は、レファレン
浦安に来て良かったねと言われ
しまいます。そのなかでこんなに
スカウンターに入って難しい質問
た事がありました。ここでは他の
サービスが多いのは、様々な理由
がきたらどうしようと不安もあり
図書館ではしていないようなサー
があるにしろ、利用者への情報提
ましたが、図書館員のエプロンを
ビスも多く、勉強になることが盛
供をものすごく追求されているか
つけていてもカウンターや書架に
りだくさんでした。
らだと思います。
出る機会は土日の決められた時間
院内貸出し自由の病院サービス。
最後に図書館の存在理由という
以外に、そんなに多くはありませ
大学図書館の市民開放と連携。大
テーマでブレインストームを行い
ん。安心したような少し淋しいよ
活字本や布の本を提供するハンデ
ました。出版流通の諸問題や法制
うなでした。
ィキャップサービス。意外に多い
度など、いろんな角度からの見解
留学生などへの多文化サービス。
がありますが、それを踏まえて
めの書架整理をして、その後の時
浦安に関するニュースを毎日スク
「人には知る喜びがある」という結
間は3コマに分けて現場を案内さ
ラップして地域資料としての保存
論になりました。現場にいると、
れながらの講義形式でした。こと
と、行政にも即時提供しています。
それが良くわかるそうです。
細かな日程を組んでいただいて、
折込みチラシまで保存してあって、
レファレンス、児童、リクエスト
意外に利用されているそうです。
開館までの時間は配架を見るた
聞いているだけでは分からない
こと、中からでないと形になって
から、電算管理、メンテナンスま
図書館の持つ一面には授業では
見えてこないことがあります。自
で、各チームの担当の方から直接
あまり聞かないこともあります。
分で見て考える、体験するという
お話が聞けました。授業で聞いて
独立して見えるものの、図書館は
のは何にも勝る知識だと思える、
いる内容でも、現場で職員さんか
行政機関のひとつです。予算は市
楽しい実習でした。
ら聞くのでは全くニュアンスが違
民の税金ですから厳正に扱われな
って聞こえます。
くてはいけません。当然、庶務の
図書館での仕事というと利用し
方がいます。また、サービスを知
ていない人にとっては、カウンタ
ってもらうための展示、運営状況
ーに座ってピッピッとデータを読
の報告をするプロモーション的な
み取り、本を片付けるだけという
活動もあります。
イメージしかないかもしれません。
ところが実際の図書館の仕事はな
30
実習した仲間と 後方中央が廣島さん
かなか多岐に渡っているものです。
した。
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
とにかく仕事はキリがないほど
あり、中央館だけで64万冊ある資
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 31
図書館実習を終えて
実習館:新潟県金井町立金井図書館 文学部国文学科4年 野々 真知子
私
は新潟県佐渡島の金井町立
金井図書館で14日間図書館実習を
務の一通りです。
書架整理や、返却本の配架はレ
けましたが、実際に並べてみると
自分の感覚に偏っている気がして、
ファレンスにもつながる、重要な
資料に対して広い視野を持ち、図
佐渡島は、東京都の1.5倍の面積
作業だと実感しました。一人で
書館の傾向や地域住民の生活も考
に人口約7万人が住む、日本一大
黙々と本を棚に戻しているようで
えて選書するのはなかなかむずか
きな島です。島内には1市9町村も
すが、書架の配置を覚え、どんな
しいものでした。出来上がったコ
あり、訪れる人のほとんどが島の
資料があるのか関心を持ちながら
ーナーで利用者が足を止めて、本
大きさに驚きます。島の産業は農
作業していると、利用者に声をか
を借りていってもらえるとうれし
業では米作り、果樹栽培が盛んで、
けられたとき、コンピュータ検索
く感じました。
おけさ柿が特産です。水産業では
だけでなく、人間の勘が役に立つ
カキやワカメの養殖、また佐渡は
場合もあります。また、職員の方
絵の見せ方、ページのめくり方と
4分の3が山林で森林資源も豊富で
のレファレンスを手伝わせてもら
その速さなどの指導を受けて練習
ナラ原木のシイタケ栽培の生産量
いながら、利用者の要求を正確に
もしましたが一回目は緊張しまし
は県下一です。「無名異焼」で知ら
把握すること、また、その要求を
た。ボランティアのおじさんの紙
れる窯業など、伝統工芸も多くあ
満たす資料を適切な時間で提供す
芝居と司書の方の読み聞かせを子
る、海の青と山の緑が美しい、自
るには、資料をよく知ることが大
供たちと一緒に楽しみながら勉強
然いっぱいの島です。
切なのだと感じました。
させてもらいましたが、そのとき
行いました。
読み聞かせでは、本の持ち方、
金井町は島の中央に
の子供たちの表情はお
位置し、2004年度に市
話の中にすっかり引き
町村合併により佐渡市
込まれていて、本当に
になると市役所が置か
楽しそうでした。二回
れることに決定してい
目は少し落ち着いて、
ます。平成4年には「生
自分も本を楽しむくら
涯学習の町宣言」をし、
いの気持ちで読みまし
図書館活動も積極的に
た。次の日、私の読み
取り組まれています。
聞かせを聞いてくれた
佐渡で実習をしよう
二人の女の子が「今日は
と思ったのは、自分の
これ読んで」と本を持っ
故郷であることと、ア
てきてくれたことがと
ルバイトをしている川
てもうれしかったです。
崎市立の図書館とは違
カウンター業務を行う野々さん
勉強して知っている
ことと、実際に経験す
う、小さな町の図書館
実習は毎日が新鮮で充実してい
ることは大きく違います。働いて
です。金井図書館は延床面積1,
ましたが、中でも楽しかったこと
みて初めて見えてくることや、実
144平方メートル、蔵書10万冊の、
は、本の展示コーナー作りと、子
感として自分に残るものがたくさ
島で一番大きな図書館です。職員
供たちへの読み聞かせです。
んあります。「地域性を活かして、
の業務を体験してみたかったから
展示コーナーは「秋」をテーマ
住民のニーズに応えられるような
臨時の職員が2名、日替わりで手
に風物、行事などに関する本を集
図書館づくりは施設の立派さでは
伝いにきてくれています。
め、職員の方々に選書のヒントや、
なく、職員の力」という司書の方の
実習の内容は、開館準備にはじ
来館者の傾向、展示の仕方のアド
言葉が印象的でした。
まり、カウンターでの返却・貸出、
バイスなどを教えてもらい、栗や
職員の方々のあたたかいご指導
書誌データの入力、本の装備、廃
どんぐりのレプリカ、落ち葉など
と利用者の人たちに支えられて充
棄本の処理や書庫への編入作業、
を飾って展示しました。ひとつの
実した実習を行うことができ、良
相互貸借、予約・リクエスト本の
事柄に偏らないように、本の内容
かったと思います。
処理、複写サービスなど、日常業
にもバラエティがあるように心が
は館長1名、司書が2名の計3名で、
司
書
・
司
書
教
諭
課
程
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
31
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 32
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 33
学芸員課程
Index
1
小さな町のささやかな資料館物語 ………………… 34
――専修大学法学部教授 高木 侃
2
館務実習さまざま(2)実習館のポリシー ………… 36
――専修大学経営学部教授 内田 欽三
3
博物館実習を終えて ………………………………… 37
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 34
小さな町のささやかな資料館物語
法学部 教授 高木 侃
か
つて上野国勢多郡新田庄徳
との長年のお付き合いがあったこ
でもと熱弁をふるい、採用された。
川郷(現在の群馬県新田郡尾島町
となどによるものである。このと
最初、笑って相手にしなかった設
徳川)に縁切寺満徳寺があった。
き研究が机の上の研究に終らず、
計会社が、最後は一番熱心に取り
鎌倉の東慶寺と並んで日本に2つ、
社会的活動に寄与できることは研
組み、資料館では最重要な収蔵庫
しかも世界に2つしかない縁切寺
究者冥利に尽きるというべきであ
を半分つぶしたかたちで造った。
であった。「徳川」は鎌倉時代以来
るから、しっかりおやりなさいと
この厠(かわや=トイレ)は写真
の地名で、今でも大字として残っ
励ましてくれたのが恩師・石井良
でみるとおり、右に白(縁切り用)、
ている。江戸幕府を開いた家康は、
助先生(元・日本法制史担当の本
左に黒(縁結び用)の水洗便器が
先祖新田氏の末裔として、実はこ
学教授で文化勲章受章者)であっ
並んでいる。幸せは悪縁と縁を切
の地名にちなんで「徳川」と称し
た。
らなければ訪れませんというのが、
た。尾島町が「徳川氏発祥の地」
世界に2つの縁切寺というだけ
と称するゆえんである。徳川家は
で、東慶寺の宝蔵(資料館)と並
できた特殊な「縁切り・縁結び札」
先祖ゆかりの満徳寺を手厚く保護
んで、十分に特異な資料館といえ
に願いごとを書いて、この厠に流
したが、満徳寺は檀家をもたず、
る。とはいえ、館長になってまず
していただくのである。たとえば、
徳川家の庇護にのみ依存していた
考えたことは、他の博物館・資料
独身と縁切り→結婚
(明治5)年に廃寺してし
と縁結び
まう。その後、本堂は縮
肥満と縁切り→スリ
小移転され、徳川区民の
ムと縁結び
集会所としてかろうじて
わずらいと縁切り→
当時の面影を忍ばせるに
健康と縁結び
過ぎなかった。
尾島町は人口14,000人
などと。札ははじめ少し
余の小さな町であるが、
縮んで、すぐに広がって
満徳寺の歴史的かつ文化
溶ける。この「縁切り・
的意義にかんがみて、平
縁結び」祈願のお客様が
成4年に資料館を建設し、
エントランスホールにて実習生と
もっぱら資料館のリピー
ターで、かつ入館者増と
同年10月28日開館にこぎ
つけた。2年後には本堂や門・塀
館とのさらなる差異化、つまり特
500円の「縁切り・縁結び札」の
などを復元し、縁切寺満徳寺遺跡
色あるものにしたいということで
売上に貢献していただいている
公園と称している。小さな町とし
あった。なぜなら、資料館へ公共
(注文は電話・ネットでもできる)。
ては総計8億円余を投じた事業で
交通で来るとき最寄駅は東武伊勢
第2は、開館にあたっての電話
あるが、「縁切寺の里」整備計画が
崎線世良田駅で、そこから徒歩45
番号選びである。局番は0276−
できあがったとき、ちょうど平成
分もかかり、しかも駅前には観光
52で、下4桁をNTTからきた番
元年の「ふるさと創生」で、ふる
用の無料自転車が10台あるだけ
号のなかから「2276」を選んだ。
さとづくり特別対策事業に採択さ
で、バスもタクシーもない。この
語 呂 合 わ せ で 、「 夫 婦 に な ろ う 」
れ、補助金4億円がもらえたから
地の利の悪さをカバーするにはよ
「夫婦仲むつまじく」となるからで
できたといえる。
ほど特色がなければならないわけ
ある。資料館の前で縁切寺だから
である。
やめよう、などといっているカッ
その資料館に私は請われて初代
館長(非常勤特別職)に就任した。
34
浪人・不合格と縁切り→志望
大学・高校と縁結び
ので、幕府崩壊後の1872
学
芸
員
課
程
この厠のコンセプトで、水溶紙で
第1に、遊び心で利用していた
プルには結婚できる資料館ですよ、
満徳寺研究一筋で、満徳寺の宣伝
だこうと「縁切り・縁結び厠」を
と声をかけて入館してもらうこと
マンを自他ともに認める私がこの
設置したことである。これは館長
にしている。
計画に当初からかかわったこと、
になる前に建設委員会で提案した
第3に、いろいろなグッズであ
もう1つの縁切寺東慶寺の前住職
のであるが、雑誌“Hanako”の
る。開館の式典で記念品を配るこ
井上禅定師や現住職井上正道和尚
特集記事なども提示して、ぜがひ
とになった。何にしようか迷って
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 35
第4に企画展の充
んである。それらはHP(満徳寺
実。これが資料館と
で立ち上がります)でみることが
しては1番重要なの
できます。乞う、ご高覧。
であり、縁切寺であ
第5に、私も1998年2月学芸員
ったことから、「三
資格を取得した(もちろん学位と
くだり半」の企画展
経歴による無試験認定であるが)。
がメインである。こ
なぜなら、資料館には専任職員が
れまでに行った特集
2名、資格者はうち1名で、最近で
名だけを列挙する。
は資料借用に際して学芸員資格を
縁切寺満徳寺本堂
要求されることがあり、資格者に
復元1周年記念『女
縁切り・縁結び厠
不都合があると困るからである。
の書いた三くだり
第6に、資料館のみならず館長
半』・縁切寺満徳寺
としての私も売り物にして、新
いるとき、雑誌“ダ・カーポ”
資料館開館3周年記念『一行半か
聞・メデイアへの働きかけにつと
1992年7月号の特集「30歳の出会
ら十四行半まで−三くだり半の行
めている。ここ数年は毎年全国紙
いと別れ」に私は「かつて夫から
数−』・『勝手につきの三くだり
の紙面をかざっている。
妻へ渡された離縁状『三くだり半』
半−三くだり半の離婚理由−』・
資料館は開館後10年を経過し
は男の美学だった」という小文を
『東北の三くだり半−三くだり半の
た。これまで縁切寺満徳寺の歴史
掲載した。その号にたまたま「ビ
地域性Ⅰ−』・『三くだり半のは
的役割、女性からの離婚制度の再
ールを最高に楽しむ」という特集
んこ』・『武士の三くだり半−そ
認識、尾島町の知名度向上ははた
もあり、フィンランドの東郷ビー
の夫婦像−』・『三くだり半の受
せたので、次の10年にむけて、現
ルに発想をえて、輸入ビール代理
取書−離縁状返り一札−』・『明
在の女性救済のための具体的活動、
店がライセンス契約で、その東郷
治の三くだり半−上田四郎コレク
たとえば海外団体・研究者とのネ
ビールに幕末のヒーロー12人のラ
ションを中心に−』・『三くだり
ットワークづくり、NPOとの連
ベルを張って売り出していた。た
半の呼び名−離縁状の表題−』・
携、さらなる情報発信など種々の
とえば、竜馬、西郷、勝などのほ
『縁切寺の三くだり半−鎌倉東慶寺
活動を始めなければと思っている。
か、一番売れ筋(早慶の関係者の
を中心に−』・『京阪の三くだり
最後に資格取得を目指す諸君へ
注文が多い)の大隈・福沢もある。
半−三くだり半の地域性Ⅱ−』・
一言。研究・学問(勉強・仕事に
そこで交渉の結果、家康のイラス
『切られた三くだり半 付各地の縁
おきかえられる)は愉しむもの。
トとローマ字TOKUGAWAのラベ
切り絵馬』・『満徳寺離縁状』
ルを貼った「徳川ビール」をつく
この秋は第15回「別れなかった夫
った。その後、縁切りビール・縁
婦Ⅰ―帰縁証文―」で、詫びる妻
結びビール、千姫ビールにつづい
学
芸
員
課
程
そうすれば自ずと道は開ける。
(縁切寺満徳寺資料館長)
たちを企画し、パートⅡは来秋
て地酒「新田徳川」も。新田とい
「先渡し離縁状」
う字は極小に書いてあるので徳川
を書いた、詫び
としか読めないが、実は徳川(と
る夫たちを予定
くせんと読む)という酒が宮城県
している。その
にあり、同じ文字・徳川は商標登
ほか、イベント
録できないので苦肉の策である。
としては特別
これらの酒類は春秋の企画展のと
展、徳川大学を
き、税務署の特別許可をえて、受
冠した公開講
付で販売している。さらに寺社の
座、春の落語会、
交通安全にならって「交通事故・
秋の薩摩琵琶の
交通違反と縁切りステッカー」も
会、狂言の夕べ
ある。
など盛りだくさ
駈込門からみた本堂
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
35
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 36
館務実習さまざま
(2)─実習館のポリシー─
経営学部 教授 内田 欽三
教
職課程に教育実習(教生の
どうです、な
先生という、例のあれ)があるよ
んだか面白そう
うに、学芸員課程に登録した学生
でしょう。教室
にも「館務実習」があります。こ
の椅子にただ黙
れは、「博物館実習」を履修するた
って座り、眠た
めの前提となる必修単位を取得し
くなるような講
た後、この「博物館実習」の一環
義を聞きなが
として同一年次に行うのが、その
ら、「たくもう
館務実習というものなのです。
ー、早く終らね
具体的に何をするのだろう?学
学
芸
員
課
程
えかなあ、この
芸員資格を目指すあなたなら、そ
授業なんてよ」
こんところが、当然ひどく気にな
なんて胸の中で
ることでしょうねえ。でも、答え
ボヤいているよ
は簡単です。つまり、一定期間、
り、自分の體を使って、実際に博
て、一泊二日の体験学習に出掛け
実際の博物館(広い意味での博物
物館の中で活動するんですからね。
るのですが、その仕事を手伝うと
館です)に通い、そこで体験学習
しかし、《好事魔多し》、と昔か
いうのが、何と実習の一環という
をするのです。とはいえ、実物資
ら言うように、良いことばかりで
わけ。つまり、実習生がいきなり
料の取り扱い、図書資料の整理、
ないのが世の中の常なのです。つ
先生役をさせられるのです。これ
受付業務、来館者への説明、果て
まり、館務実習には《とても面白
はかなり骨が折れますね、きっと。
は展示企画の立案から実際の展示
い部分》とともに、《きわめて厳
二つ目は同じく新潟県の新潟市
作業まで、実習館によって、この
しい面》もあるのです。今回は実
美術館。わたしが館を訪れたとき
館務実習の内容は様々。しかし、
際に聞き取りをした二つの館の実
も、子供達の指導の手伝いや、学
だからこそ、館務実習は大学の教
情について、少しお話ししましょ
芸員による美術館観覧者へ説明の
室では到底学べない《本物》が学
う。
見学を行っていました。実習生た
べるのです。
一つ目は柏崎市立博物館。新潟
ちは、けっこう楽しそう。こちら
県柏崎の駅からタク
も、在住地域や大学の学部などに
シーなら十五分程
無関係に受け入れてくれます。涙
度、赤坂山公園とい
が出るほどありがたや!ただし、
う緑多い環境の中に
やる気のある学生に限るとのこと。
ある博物館です。こ
資格を取れればいい、という学生
ちらでは、館務実習
はお断りだとか。しかも、「座って
希望の学生をまった
いれば、授業が進むと思うな」「自
く無条件に受け入れ
分が学ぶつもりで来るのでなけれ
てくれます。何とあ
ば、何も学べないし、こちらも、
りがたい館だ!しか
あえて教えないよ」と担当学芸員
も、民家調査、拓本、
の厳しいお言葉。
新潟市美術館展示室
展示解説する学芸員と、それを聞く入館者の皆さん。実習生たち
はこの後方で見学。
36
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
新潟市美術館正面
土器整理など実習内
どうです、館務実習って、けっ
容もとても豊富。と
こう大変そうでしょう。でも、だ
こ ろ が 問 題 は 、「 探
からこそ、身になる勉強ができる
検教室」という講座
のです。さまざまな実習館の持っ
の班長を務めなけれ
ているポリシーは、学芸員資格を
ばならないという
取得し、さらに社会人になろうと
点。すなわち、八月
しているあなた方にとって、重要
の第一週、小学校五、
な意味があること、これでお分か
六年生たちを引率し
りですね。
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 37
博物館実習を終えて
実習館:出光美術館 文学研究科日本語日本文学専攻修士課程2年 井黒 佳穂子
美
術を専攻していないという
作品を見ることができるように話
など配置にも細心の注意を払って
こともあり、実習前にはかなり緊
す技術が素晴らしいと思った。そ
いた。テグスを茶碗の中央で交差
張していた面もあったが、実際に
の反省を踏まえ5日目の展覧会企
させることが難しく、調整を誤る
学芸員の仕事を体験していくうち
画案プレゼンテーション発表で、
とテグスが緩んでしまい、台を傾
に新しいことを学ぶ楽しさを少し
私は「説話と絵巻の中世」という
けたときに展示した茶碗が落ちて
ずつ感じられるようになっていっ
タイトルで説話と絵巻の関わりを
しまうので一点の作品を展示する
た。一週間という本当に短い期間
中世という時代を通史的に見てい
のにも大変に苦労するということ
だったが、ガラス清掃、図書整理
くことをコンセプトに企画してみ
を実感した。
7日間の博物館実習を終
作業、列品解説、作品の
取り扱いと展示作業実習、
えてみて、あまりに学ぶ
展覧会企画案プレゼンテ
ことが多く忙しい日が続
ーションなど実践的な演
いたが、同時に充実した
習を行うことができ、学
楽しい内容だったと感じ
芸員の仕事というものの
ている。学芸員の仕事を
一端を垣間見ることがで
具体的に見ることができ、
きたように思う。例えば
また実際に自分が体験す
最初に行った展示ケース
ることができて、とても
のガラス清掃も単なる美
有意義な時間を過ごせた
的景観を維持することだ
と思う。さらに資料の扱
けが目的ではなく、清掃
い方や保存方法など自分
絵付け体験教室の様子
が研究する上で欠かすこ
をしながら作品に向き合
い、その特質や美質をじっくり観
たが、絵巻を除く他の作品をどの
とのできない大切な知識を学ぶこ
察できる大切な時間であることを
ように選択し、関連づけて配置す
とができたのは大きな収穫だった。
知った。ガラスケースを拭きなが
るかという点で非常に苦心した。
実習後も出光美術館で主催する絵
ら作品を見ていると、普段は見る
実際にプレゼンテーションをして
付け体験教室の手伝いに参加する
ことをしない角度から作品を観察
みると、作品の選択においては評
機会を得て、素焼きの皿に呉須で
できたり、今まで気付くこともな
価されたものの、館内の動線と絵
絵を描くという指導をしたが、来
かった面にふと目を留めることも
巻を見る方向が食い違っている点
館者に本物を見せることで作品の
あり、作品を多角的な視点から見
を指摘され、来館者が作品を見る
素材や性質を学習することができ
ることができた。
方向にまで考えが及ばなかったこ
る学芸員の教育者としての側面も
とに気が付き、改めて展覧会を企
あらたに見えてきた。出光美術館
画することの難しさを知った。
での博物館実習で学んだことを将
博物館実習3日目に行った列品
解説では野々村仁清の「色絵熨斗
文茶碗」を解説した。どういうこ
また、作品の取り扱い、展示作
来の自分へと活かしていけるよう
とを来館者に伝えれば良いのかと
業の方法、注意点に関する諸事項
に今後も勉強を続けていきたいと
いう点で戸惑ってしまい満足いく
はビデオによる学習で学び、その
思う。
解説ができず、その翌日に出光美
後で実際に作品のレプ
術館の学芸員が行うギャラリート
リカなどを使って演習
ークを聞かせていただいた。作品
したが、つい作品を雑
の作者、制作年代、形状、図柄な
に扱ってしまい注意さ
ど基本的なデータから発展させて、
れることが何度もあっ
作品の美質、作者がどういう人間
た。またテグスと釘を
であったのか、どのような人間が
使用して茶碗の展示も
享受したのか、作品の用途など
練習してみたが、土台
様々な面からアプローチされてい
の中心を正確に計り、
て、何より来館者が興味を持って
固定する位置を決める
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
学
芸
員
課
程
37
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 38
博物館実習を終えて
実習館:国立音楽大学楽器学資料館 文学部英語英米文学科3年 坂内 公美
私
は十日間、国立音楽大学楽
自分の目で発
器学資料館にて館務実習をさせて
見・確認するこ
頂きました。まず、館で用意した
とが重要なので
課題シートを一日一枚作成しまし
はないかと思う
た。課題シートの内容は“所蔵品
と同時に、その
管理”“環境管理”“対外活動”“展
ためにもまずは
示”“保守”についてと、課題に取
じっくりと観察
り組むことによって資料館での資
して考えてみる
料を巡る活動を、自然と把握でき
ことが必要にな
るような仕組みになっていました。
ってくるのでは
課題はまず、与えられた資料や館
ないかと思いま
で所蔵する書類、時には資料展示
した。そういっ
室そのものを参考にして作成しま
た自分の目で観
す。そして一通り出来あがったと
察して見えてきたこと・確認でき
の補佐も行わせて頂きました。イ
ころで館の方にチェックしてもら
たことがあってこそ、本や講義で
ンド古典音楽の楽器∼シタール・
い、自分で調べたが今一つよくわ
学んだ知識というものも、より一
タブラー・パカーワジ∼と題し、
からなかった点や勘違いしてしま
層生きてくるのではないかと思う
講師の先生のレクチュアとインド
っている点などの補足も兼ねて説
のです。
から招いた演奏家の方々の演奏か
課題の作成と並行して、開館日
ら構成されるレクチュアコンサー
よく考えた後で説明を聞くので、
には開・閉館準備及び受付作業の
トの開演は夕方でしたが、当然な
より一層理解が深まったように思
補佐を行いました。普段来館者と
がら開演当日は一日がかりでコン
います。実際に館で使用してきた
して訪れれば、資料そのものに気
サートの準備に全力でとりかかり
書類・資料展示室そのものを参考
をとられて恐らくあまり気に留め
ます。演奏家の方々の控え室の準
にした課題作成・説明は、実際の
ずに通り過ぎてしまうと思われる
備、コンサートの会場となるスタ
館の運営を感じることができて大
ような裏方の仕事の大切さを改め
ジオのセッティング等の準備を、
変ためになりました。課題の作成
て感じました。例えば展示ケース
迅速かつ的確にこなしていく館の
や説明を受けるために、資料館展
一つをとっても開館前に一つ一つ
スタッフの皆さんの姿はとても印
示室には何度も足を運んだのです
丁寧に拭いていたり、鍵盤楽器な
象的で、学芸員としてのこのコン
が、その度に発見があったのには
どケースに入れない大型の楽器に
サートに対するそれまでの入念な
自分でも驚きました。例えば、照
ついては、開館日以外は一つ一つ
準備や思いが伝わってくるようで
明・展示方法・環境設定など視点
その型に合わせたカバーを掛けて
した。私も来場者に配るパンフレ
を変える度に発見があるのです。
いたり…当り前のことといえばそ
ットの製本や会場の受付準備を手
それは決して大きなものばかりで
うかもしれませんが、そういった
伝うなど、学芸員スタッフの皆さ
はありませんが、だからこそ私は
裏方の着実な取組みがあってこそ
んの働く中で“現場の空気”にふ
の館の運営もで
れるという大変貴重な機会に恵ま
きるのであり、
れたことをありがたく思います。
資料である楽器
館を通して一つの催しを行うとい
をよりベストな
うことは、学芸員にとって多くの
状態で保存する
責任と労力を要することですが、
こともできるの
それ以上にやりがいも大きいとい
だと思いました。
うことが何よりも伝わってきまし
又、実習期間中
た。今回の実習を通して見えてき
に行われた資料
たこと、感じたことを忘れずに、
館主催のレクチ
これからの生活に生かしていけれ
ュアコンサート
ばと思います。
明を受けました。自分なりに一度
学
芸
員
課
程
(資料:国立音楽大学楽器学資料館)
38
(資料:国立音楽大学楽器学資料館)
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 39
データ編
Index
1
平成14年度資格課程履修者数 ……………………… 40
2
平成14年度教員免許状取得状況一覧 ……………… 41
3
平成14年度実習先一覧(教育実習)………………… 42
4
平成14年度実習先一覧(図書館実習)……………… 45
5
平成14年度実習先一覧(博物館館務実習)………… 45
6
主な就職先一覧(教職) …………………………… 46
7
主な就職先一覧(司書・学芸員)…………………… 48
8
平成14年度資格課程年間行事表 …………………… 49
9
平成14年度資格課程教員紹介 ……………………… 50
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 40
平成14年度 資格課程履修者数
デ
ー
タ
編
年 次
学 科
経
済
経
済
国 際 経 済
法
律
法
経
営
経
営
情 報 管 理
商
業
商
会
計
国
文
英
米
文
人
文
文
心
理
日 本 語 日 本 文
英 語 英 米 文
ネットワーク情報
ネットワーク情報
大
学
院
科
目
等
履
修
生
小
計
合
計
1部
44
15
47
32
−
46
6
−
−
45
4
48
40
28
26
−
381
年 次
学 科
経
済
経
済
国 際 経 済
法
律
法
経
営
経
営
情 報 管 理
商
業
商
会
計
国
文
英
米
文
人
文
文
心
理
日 本 語 日 本 文
英 語 英 米 文
ネットワーク情報
ネットワーク情報
大
学
院
科
目
等
履
修
生
小
計
合
計
1部
5
0
9
3
−
4
0
−
−
19
0
33
7
4
2
−
86
年 次
学 科
経
済
経
済
国 際 経 済
法
律
法
経
営
経
営
情 報 管 理
商
業
商
会
計
国
文
英
米
文
人
文
文
心
理
日 本 語 日 本 文
英 語 英 米 文
ネットワーク情報
ネットワーク情報
大
学
院
科
目
等
履
修
生
小
計
合
計
1部
0
0
2
0
−
7
0
−
−
3
1
12
0
2
4
−
31
年 次
学 科
経
済
経
済
国 際 経 済
法
法
律
経
営
経
営
情 報 管 理
商
業
商
会
計
国
文
英
米
文
人
文
文
心
理
日 本 語 日 本 文
英 語 英 米 文
ネットワーク情報
ネットワーク情報
大
学
院
科
目
等
履
修
生
小
計
合
計
1部
3
0
5
1
−
1
1
−
−
29
1
8
3
0
6
−
58
学部・学科
教
職
学部・学科
司
書
学部・学科
司
書
教
諭
学部・学科
学
芸
員
40
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
1 年
2 年
2部
7
−
9
−
−
6
−
−
−
−
−
−
−
−
−
48
70
451
1部
52
9
49
32
2
43
2
−
−
36
3
73
32
21
−
−
354
2部
1
−
4
−
−
2
−
−
−
−
−
−
−
−
−
7
14
100
1部
8
3
4
4
−
3
0
−
−
13
0
42
4
1
−
−
82
2部
0
−
0
−
−
0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
6
6
37
1部
4
0
0
1
−
4
0
−
−
9
1
14
1
0
−
−
34
2部
2
−
1
−
−
0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
7
10
68
1部
6
2
3
5
−
2
0
−
−
45
2
22
6
2
−
−
95
1 年
3 年
2部
11
−
17
−
−
7
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
35
389
1部
31
9
44
35
1
33
6
33
27
26
4
−
−
−
−
−
249
2部
3
−
2
−
−
1
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
6
88
1部
2
0
5
4
1
2
0
19
0
5
0
−
−
−
−
−
38
2部
0
−
3
−
−
0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
3
37
1部
0
1
1
0
0
3
0
6
1
8
2
−
−
−
−
−
22
2部
2
−
1
−
−
0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
3
98
1部
2
3
3
6
0
3
0
24
0
23
1
−
−
−
−
−
65
2 年
1 年
1部
46
12
42
8
1
31
3
37
25
34
1
−
−
−
−
−
240
2部
0
−
1
−
−
4
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
5
43
1部
0
2
4
2
2
1
0
9
3
7
0
−
−
−
−
−
30
2部
0
−
1
−
−
0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
1
23
1部
0
1
2
1
1
2
0
9
0
3
0
−
−
−
−
−
19
2部
0
−
1
−
−
1
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
2
67
1部
6
2
2
2
1
2
2
12
2
34
1
−
−
−
−
−
66
3 年
2 年
1 年
4 年
2部
2
−
8
−
−
6
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
16
265
1部
173
45
182
107
4
153
17
70
52
141
12
121
72
49
26
−
1,224
2部
0
−
5
−
−
0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
5
35
1部
15
5
22
13
3
10
0
28
3
44
0
75
11
5
2
−
236
2部
0
−
1
−
−
2
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
3
22
1部
4
2
5
2
1
16
0
15
1
23
4
26
1
2
4
−
106
2部
0
−
0
−
−
1
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
1
67
1部
17
7
13
14
1
8
3
36
2
131
5
30
9
2
6
−
284
4 年
3 年
2 年
小 計
2部
5
−
3
−
−
8
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
16
256
小 計
4 年
3 年
2部
25
−
37
−
−
27
−
−
−
−
−
−
−
−
−
48
137
1,361
2部
4
−
12
−
−
7
−
−
−
−
−
−
−
−
−
7
30
266
小 計
4 年
2部
0
−
5
−
−
2
−
−
−
−
−
−
−
−
−
6
13
119
小 計
2部
4
−
3
−
−
2
−
−
−
−
−
−
−
−
−
7
16
300
合計
198
45
219
107
4
180
17
70
52
141
12
121
72
49
26
48
1,361
合計
19
5
34
13
3
17
0
28
3
44
0
75
11
5
2
7
266
合計
4
2
10
2
1
18
0
15
1
23
4
26
1
2
4
6
119
合計
21
7
16
14
1
10
3
36
2
131
5
30
9
2
6
7
300
神田
生田
商
合 計
小 計
学
学
経
済
学
法
商 業 学 科
法 律 学 科
経 済 学 科
法 律 学 科
科目等履修生
研究科
ニ部
一部
学
文
学
学
営
経
学
商
済
経
心 理 学 科
人 文 学 科
英米文学科
国 文 学 科
会 計 学 科
商 業 学 科
小 計
研究科
一部
情報管理学科
経 営 学 科
国際経済学科
経 済 学 科
社会
29
26
4
2
申 請 件 数
授 与 件 数
申 請 件 数
授 与 件 数
17
授 与 件 数
1
0
申 請 件 数
授 与 件 数
1
授 与 件 数
34
106
84
授 与 件 数
42
申 請 件 数
申 請 件 数
4
授 与 件 数
授 与 件 数
6
申 請 件 数
授 与 件 数
申 請 件 数
1
申 請 件 数
2
24
27
2
2
2
2
20
22
2
2
2
128
155
38
46
8
10
1
1
75
98
30
37
3
6
77
102
30
41
3
5
29
37
11
11
6
6
32
8
2
28
8
23
25
2
2
2
240
302
73
91
14
19
6
6
4
1
1
6
5
5
5
5
5
公民
4
1
0
5
5
1
1
1
1
1
4
4
5
6
5
6
地理歴史
授 与 件 数
1
1
0
1
0
1
小計
1
1
1
1
1
1
1
英語
中学専修
国語
申 請 件 数
0
1
3
4
3
4
4
49
62
167
授 与 件 数
3
1
21
3
3
8
申 請 件 数
2
1
28
2
3
18
授 与 件 数
2
26
35
47
2
23
27
45
申 請 件 数
24
29
90
24
18
授 与 件 数
22
29
211
50
23
申 請 件 数
8
授 与 件 数
32
4
26
64
61
32
38
21
23
36
社会
申 請 件 数
61
21
23
40
3
3
17
33
1
1
5
7
9
12
43
54
小計
4
109
12
15
8
8
英語
4
20
20
23
28
32
書道
授 与 件 数
25
17
21
18
20
22
25
国語
高校一種
申 請 件 数
授 与 件 数
申 請 件 数
授 与 件 数
申 請 件 数
授 与 件 数
申 請 件 数
授 与 件 数
申 請 件 数
21
18
授 与 件 数
申 請 件 数
20
22
授 与 件 数
申 請 件 数
25
申 請 件 数
3
授 与 件 数
8
3
5
申 請 件 数
4
5
授 与 件 数
5
14
9
10
申 請 件 数
10
1
授 与 件 数
10
1
1
1
商業
申 請 件 数
5
7
25
30
公民
5
3
4
18
24
地理歴史
授 与 件 数
2
4
26
29
小計
7
英語
中学一種
国語
申 請 件 数
教
科
免 許 種 類
1
1
1
1
1
1
国語
高校専修
商業
0
1
0
1
0
1
英語
7
8
1
1
1
1
6
7
6
7
小計
380
471
112
138
22
29
1
1
1
1
6
7
3
3
6
6
73
91
268
333
11
13
49
59
39
43
58
65
3
3
22
43
1
1
5
7
11
16
69
83
合計
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 41
平成14年度 教員免許取得状況一覧
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
デ
ー
タ
編
41
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 42
平成14年度 教育実習先一覧(生田)
デ
ー
タ
編
所在地
北
海
道
・
東
北
関
東
42
実 習 校 名
実習教科
実習学生
所在地
実 習 校 名
実習教科
実習学生
学部
学科
学部
学科
文
国文
千 葉 県 千葉県立千城台高等学校
英 語
文
英米文
国 語
文
国文
千 葉 県 船橋市立船橋高等学校
公 民
経済
経済
公 民
経済
経済
千 葉 県 銚子市立銚子高等学校
地理歴史
経済
経済
岩 手 県 岩手県立大船渡高等学校
公 民
経済
経済
千 葉 県 専修大学松戸高等学校
地理歴史
経済
経済
岩 手 県 専修大学北上高等学校
公 民
経済
経済
千 葉 県 専修大学松戸高等学校
公 民
経済
経済
岩 手 県 専修大学北上高等学校
地歴・公民
経済
経済
千 葉 県 専修大学松戸高等学校
英 語
文
英米文
岩 手 県 専修大学北上高等学校
商 業
商
商業
千 葉 県 専修大学松戸高等学校
地理歴史
文
人文
岩 手 県 専修大学北上高等学校
商 業
商
商業
千 葉 県 専修大学松戸高等学校
社 会
文
人文
岩 手 県 専修大学北上高等学校
国 語
文
国文
千 葉 県 千葉英和高等学校
地理歴史
商
商業
岩 手 県 専修大学北上高等学校
公 民
文
人文
千 葉 県 成田高等学校
英 語
文
英米文
岩 手 県 盛岡市立飯岡中学校
社 会
経済
経済
千 葉 県 旭市立第一中学校
英 語
文
英米文
宮 城 県 宮城県築館高等学校
国 語
文
国文
千 葉 県 市原市立国分寺台西中学校
社 会
文
人文
宮 城 県 仙台市立将監東中学校
英 語
文
英米文
千 葉 県 印西市立印西中学校
社 会
経済
国際経済
秋 田 県 秋田県立秋田中央高等学校
英 語
文
英米文
千 葉 県 木更津市立浪岡中学校
国 語
文
国文
秋 田 県 秋田県立能代高等学校
地理歴史
経済
経済
千 葉 県 館山市立第二中学校
地理歴史
経済
経済
秋 田 県 秋田県立本荘高等学校
地理歴史
文
人文
千 葉 県 銚子市立第四中学校
社 会
経済
国際経済
秋 田 県 秋田経済法科大学附属高等学校
商 業
経営
経営
千 葉 県 野田市立福田中学校
社 会
経済
経済
秋 田 県 秋田市立外旭川中学校
社 会
経済
経済
千 葉 県 船橋市立葛飾中学校
社 会
文
人文
山 形 県 山形県立酒田商業高等学校
商 業
商
商業
千 葉 県 船橋市立船橋中学校
国 語
文
国文
山 形 県 山形県立酒田西高等学校
国 語
文
国文
千 葉 県 松戸市立小金北中学校
英 語
文
英米文
山 形 県 山形県立長井高等学校
地理歴史
文
人文
千 葉 県 松戸市立和名ヶ谷中学校
国 語
文
国文
福 島 県 会津若松市立第一中学校
社 会
経済
経済
東 京 都 東京都立赤坂高等学校
商 業
商
会計
福 島 県 岩代町立小浜中学校
社 会
文
人文
東 京 都 東京都立葛飾商業高等学校
商 業
経営
経営
茨 城 県 つくば秀英高等学校
地理歴史
文
人文
東 京 都 東京都立北園高等学校
地理歴史
文
人文
茨 城 県 新利根町立新利根中学校
社 会
経済
経済
東 京 都 東京都立北多摩高等学校
公 民
経済
経済
茨 城 県 つくば市立桜中学校
英 語
文
英米文
東 京 都 東京都立小平高等学校
国 語
文
国文
栃 木 県 栃木県立宇都宮高等学校
公 民
経済
経済
東 京 都 東京都立小岩高等学校
英 語
文
英米文
栃 木 県 栃木県立鹿沼商工高等学校
商 業
経営
経営
東 京 都 東京都立城東高等学校
国 語
文
国文
栃 木 県 栃木県立宇都宮北高等学校
国 語
文
国文
東 京 都 東京都立田無高等学校
国 語
文
国文
栃 木 県 宇都宮市立陽東中学校
地理歴史
経済
経済
東 京 都 東京都立第一商業高等学校
商 業
商
会計
栃 木 県 宇都宮市立若松原中学校
社 会
文
人文
東 京 都 東京都立第四商業高等学校
商 業
経営
経営
栃 木 県 小山市立小山中学校
社 会
商
商業
東 京 都 東京都立向島商業高等学校
商 業
経済
国際経済
栃 木 県 田沼町立東中学校
英 語
文
英米文
東 京 都 足立学園高等学校
英 語
文
英米文
群 馬 県 群馬県立前橋商業高等学校
公 民
商
商業
東 京 都 足立学園高等学校
地理歴史
文
人文
群 馬 県 群馬県立前橋商業高等学校
商 業
商
商業
東 京 都 江戸川女子中学校・高等学校
国 語
文
国文
群 馬 県 群馬県立高崎女子高等学校
地理歴史
文
人文
東 京 都 京華中学・高等学校
地理歴史
文
人文
群 馬 県 高崎経済大学附属高等学校
地理歴史
文
人文
東 京 都 京北高等学校
国 語
文
国文
群 馬 県 東京農業大学第二高等学校
地理歴史
経済
経済
東 京 都 駒沢学園女子高等学校
国 語
文
国文
群 馬 県 太田市立毛里田中学校
社 会
経済
経済
東 京 都 駒場学園高等学校
国 語
文
国文
群 馬 県 高崎市立八幡中学校
社 会
文
人文
東 京 都 駒込高等学校
国 語
文
国文
埼 玉 県 埼玉県立伊奈学園総合高等学校
地理歴史
経済
経済
東 京 都 松蔭中学・高等学校
地理歴史
経済
国際経済
埼 玉 県 埼玉県立浦和西高等学校
地理歴史
経済
国際経済
東 京 都 世田谷学園高等学校
政治経済
商
商業
埼 玉 県 埼玉県立皆野高等学校
商 業
経営
経営
東 京 都 聖学院中学校高等学校
地理歴史
商
商業
埼 玉 県 埼玉県立八潮南高等学校
商 業
商
商業
東 京 都 成徳学園高等学校
国 語
文
国文
埼 玉 県 埼玉県立幸手商業高等学校
商 業
商
商業
東 京 都 専修大学附属高等学校
地歴・公民
経済
経済
北 海 道 伊達市立光陵中学校
国 語
北 海 道 留萌市立港南中学校
青 森 県 光星学院高等学校
関
東
埼 玉 県 さいたま市立浦和高等学校
地理歴史
経済
経済
東 京 都 専修大学附属高等学校
公 民
経済
国際経済
埼 玉 県 栄東高等学校
公民・商業
経営
経営
東 京 都 専修大学附属高等学校
公 民
経済
国際経済
埼 玉 県 狭山ケ丘高等学校
地理歴史
文
人文
東 京 都 専修大学附属高等学校
地理歴史
商
商業
埼 玉 県 秀明英光高等学校
国 語
文学
国文学
東 京 都 専修大学附属高等学校
国 語
文
国文
埼 玉 県 東野高等学校
英 語
文
英米文
東 京 都 専修大学附属高等学校
国 語
文
国文
埼 玉 県 武南高等学校
公 民
経済
国際経済
東 京 都 専修大学附属高等学校
国 語
文
国文
埼 玉 県 桶川市立桶川西中学校
社 会
経済
経済
東 京 都 専修大学附属高等学校
国 語
文
国文
埼 玉 県 越谷市立千間台中学校
社 会
文
人文
東 京 都 専修大学附属高等学校
英 語
文
英米文
埼 玉 県 さいたま市立南浦和中学校
社 会
商
商業
東 京 都 専修大学附属高等学校
英 語
文
英米文
埼 玉 県 さいたま市立土屋中学校
国 語
文
国文
東 京 都 専修大学附属高等学校
地理歴史
文
人文
埼 玉 県 本庄市立本庄南中学校
英 語
文
英米文
東 京 都 専修大学附属高等学校
地理歴史
文
人文
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 43
平成14年度 教育実習先一覧(生田)
所在地
関
東
北
陸
信
越
東
海
実 習 校 名
実習教科
実習学生
学部
学科
所在地
東 京 都 東京高等学校
地理歴史
文
人文
東 京 都 東京経営短大村田女子高等学校
商 業
商
商業
東 京 都 東京実業高等学校
商 業
商
商業
東 京 都 東京電機大学中学校・高等学校
社 会
文
人文
東 京 都 東京農業大学第一高等学校
英 語
文
英米文
近
畿
東 京 都 東洋高等学校
国 語
文
国文
東 京 都 目白学園中学校・高等学校
英 語
文
英米文
中
国
東 京 都 足立区立第十三中学校
社 会
商
商業
東 京 都 江戸川区立小岩第五中学校
社 会
経済
経済
東 京 都 羽村市立羽村第一中学校
英 語
文
英米文
東 京 都 町田市立第一中学校
社 会
文
人文
神奈川県 神奈川県立麻生高等学校
地理歴史
文
神奈川県 神奈川県立海老名高等学校
地理歴史
神奈川県 神奈川県立海老名高等学校
地理歴史
神奈川県 神奈川県立小田原城内高等学校
英 語
神奈川県 神奈川県立鎌倉高等学校
神奈川県 神奈川県立松陽高等学校
東
海
実 習 校 名
実習教科
学部
学科
静 岡 県 静岡学園高等学校
政治経済
商
商業
静 岡 県 静岡学園高等学校
国 語
文
国文
静 岡 県 引佐町立南部中学校
社 会
商
商業
愛 知 県 愛知工業大学名電高等学校
公 民
経済
経済
奈 良 県 奈良県立富雄高等学校
公 民
文
人文
島 根 県 キリスト教愛真高等学校
公 民
経済
国際経済
山 口 県 小野田市立小野田中学校
社 会
経済
経済
徳 島 県 徳島県立城ノ内高等学校
地歴・公民
商
商業
香 川 県 香川県立多度津工業高等学校
公 民
経済
国際経済
香 川 県 香川県立香川中央高等学校
国 語
文
国文
福 岡 県 福岡第一高等学校
公 民
経済
経済
人文
福 岡 県 粕屋町立粕屋東中学校
社 会
経済
経済
商
商業
佐 賀 県 佐賀市立城東中学校
社 会
経済
経済
文
人文
長 崎 県 長崎市立長崎商業高等学校
商 業
商
商業
文
英米文
熊 本 県 専修大学玉名高等学校
商 業
経営
経営
地理歴史
文
人文
熊 本 県 熊本市立千原台高等学校
商 業
商
商業
公 民
経済
経済
熊 本 県 長洲町立腹栄中学校
英 語
文
英米文
神奈川県 神奈川県立新城高等学校
英 語
文
英米文
大 分 県 大分県立大分舞鶴高等学校
地理歴史
経済
経済
神奈川県 神奈川県立西湘高等学校
国 語
文
国文
大 分 県 大分県立佐伯豊南高等学校
商 業
商
会計
神奈川県 神奈川県立二宮高等学校
地理歴史
文
人文
鹿児島県 鹿児島県立鹿児島南高等学校
商 業
商
商業
神奈川県 神奈川県立弥栄西高等学校
公 民
文
人文
鹿児島県 鹿児島県立鹿屋高等学校
国 語
文
国文
神奈川県 横浜市立桜丘高等学校
国 語
文
国文
沖 縄 県 沖縄県立糸満高等学校
国 語
文
国文
神奈川県 横浜市立南高等学校
地理歴史
文
人文
沖 縄 県 沖縄県立那覇高等学校
地歴・公民
商
商業
神奈川県 白鵬女子高等学校
地理歴史
文
人文
沖 縄 県 沖縄県立普天間高等学校
公 民
経済
経済
神奈川県 厚木市立東名中学校
社 会
経済
経済
神奈川県 大磯町立国府中学校
社 会
経済
経済
神奈川県 平塚市立金目中学校
社 会
経済
経済
神奈川県 南足柄市立北足柄中学校
社 会
経済
経済
神奈川県 横須賀市立神明中学校
社 会
経済
経済
神奈川県 横須賀市立長沢中学校
社 会
商
商業
神奈川県 横浜市立橘中学校
社 会
文
人文
神奈川県 横浜市立領家中学校
社 会
経済
経済
山 梨 県 山梨県立韮崎高等学校
国 語
文
国文
山 梨 県 山梨県立富士河口湖高等学校
英 語
文
英米文
山 梨 県 日本大学明誠高等学校
地理歴史
商
商業
山 梨 県 敷島町立敷島中学校
社 会
商
商業
石 川 県 石川県立金沢二水高等学校
英 語
文
英米文
石 川 県 石川県立小松明峰高等学校
地理歴史
商
商業
石 川 県 金沢市立工業高等学校
公 民
経済
経済
新 潟 県 新潟県立小千谷高等学校
公 民
経済
経済
新 潟 県 新潟県立新潟中央高等学校
英 語
文
英米文
新 潟 県 新潟県立新潟南高等学校
地理歴史
文
人文
新 潟 県 中越高等学校
商 業
経営
情報管理
新 潟 県 新潟青陵高等学校
公 民
商
商業
新 潟 県 新潟明訓高等学校
国 語
文
国文
長 野 県 長野県飯山北高等学校
地理歴史
文
人文
長 野 県 長野県諏訪二葉高等学校
地理歴史
商
商業
長 野 県 長野県長野吉田高等学校
地理歴史
経済
経済
長 野 県 長野県松本県ケ丘高等学校
地理歴史
経済
経済
長 野 県 長野日本大学高等学校
地理歴史
文
人文
岐 阜 県 鶯谷中・高等学校
地歴・公民
文
人文
静 岡 県 静岡県立清水東高等学校
国 語
文
国文
静 岡 県 静岡県立沼津商業高等学校
商 業
経営学
経営学
静 岡 県 静岡県立三島南高等学校
商 業
経営
経営
静 岡 県 静岡県立三島北高等学校
国 語
文
国文
静 岡 県 聖隷クリストファー高等学校
公 民
経済
経済
四
国
九
州
・
沖
縄
デ
ー
タ
編
実習学生
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
43
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 44
平成14年度 教育実習先一覧(神田)
デ
ー
タ
編
所在地
東
北
関
東
実 習 校 名
実習教科
実習学生
所在地
実 習 校 名
実習教科
実習学生
学部
学科
宮 城 県 仙台市立仙台高等学校
公 民
法
法律
東 京 都 専修大学附属高等学校
地理歴史
茨 城 県 竜ヶ崎市立長山中学校
社 会
法
法律
東 京 都 専修大学附属高等学校
公 民
法
法律
栃 木 県 栃木県立佐野高等学校
地理歴史
法
法律
東 京 都 東京文化高等学校
公 民
法学
公法学
栃 木 県 野木町立野木中学校
社 会
法
法律
東 京 都 日野市立日野第一中学校
社 会
法
法律
埼 玉 県 埼玉県立上尾高等学校
地理歴史
法
法律
東 京 都 福生市立福生第二中学校
社 会
法
法律
埼 玉 県 春日部共栄高等学校
地理歴史
法
法律
神奈川県 神奈川県立旭高等学校
公 民
法
法律
埼 玉 県 聖望学園高等学校
地理歴史
法
法律
神奈川県 横須賀市立久里浜中学校
社 会
法
法律
埼 玉 県 菖蒲町立菖蒲中学校
社 会
法
法律
神奈川県 茅ケ崎市立松波中学校
社 会
法
法律
埼 玉 県 越谷市立中央中学校
社 会
法
法律
山 梨 県 山梨県立甲府第一高等学校
公 民
法
法律
埼 玉 県 新座市立第二中学校
社 会
法
法律
関
東
埼 玉 県 春日部市立東中学校
社 会
法
法律
北
陸
千 葉 県 千葉県立千葉南高等学校
地理歴史
法
法律
信
越
千 葉 県 専修大学松戸高等学校
地理歴史
法
法律
東 京 都 東京都立飛鳥高等学校
公 民
法
法律
東 京 都 東京都立小川高等学校
公 民
法
法律
東 京 都 東京都立北園高等学校
公 民
法
法律
東 京 都 東京都立広尾高等学校
公 民
法
法律
東 京 都 東京都立府中西高等学校
公 民
法
法律
東 京 都 専修大学附属高等学校
地理歴史
法
法律
東 京 都 専修大学附属高等学校
公 民
法
法律
東
海
中
国
九
州
・
沖
縄
学部
学科
法
法律
山 梨 県 山梨県立甲府第一高等学校
公 民
法
法律
石 川 県 石川県立輪島高等学校
公 民
法
法律
新 潟 県 新潟県立新潟南高等学校
公 民
法
法律
岐 阜 県 岐阜県立斐太高等学校
地理歴史
法
法律
静 岡 県 静岡県立島田高等学校
公 民
法
法律
静 岡 県 藤枝明誠高等学校
公 民
法
法律
愛 知 県 愛知県立昭和高等学校
地理歴史
法
法律
岡 山 県 岡山県立玉野光南高等学校
公 民
法
法律
長 崎 県 長崎県立諫早高等学校
公 民
法
法律
沖 縄 県 伊江村立伊江中学校
社 会
法
法律
平成14年度 教育実習先一覧(2部)
所在地
東
北
関
東
44
実 習 校 名
実習教科
実習学生
学部
学科
商業
青 森 県 青森県立盲学校
商 業
商
宮 城 県 宮城県気仙沼高等学校
商 業
経済
経済
宮 城 県 富谷町立富谷第二中学校
社 会
法
法律
福 島 県 会津若松市立第六中学校
英 語
履修生
埼 玉 県 埼玉県立狭山経済高等学校
地理歴史
商
商業
千 葉 県 千葉県立千葉商業高等学校
地理歴史
経済
千 葉 県 千葉県立東金高等学校
地理歴史
商
千 葉 県 千葉県立流山高等学校
商 業
履修生
千 葉 県 習志野市立習志野高等学校
地理歴史
履修生
千 葉 県 市川市立東国分中学校
社 会
法
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
所在地
実 習 校 名
実習教科
実習学生
学部
学科
千 葉 県 習志野市立第七中学校
社 会
履修生
千 葉 県 志学館中学校
英 語
履修生
東 京 都 東京都立清瀬東高等学校
公 民
商
商業
東 京 都 東京都立第一商業高等学校
商 業
商
商業
神奈川県 横浜高等学校
地理歴史
商
商業
経済
神奈川県 川崎市立菅生中学校
社 会
経済
経済
商業
山 梨 県 塩山市立塩山北中学校
社 会
履修生
信
越
東
海
新 潟 県 津川町立津川中学校
社 会
法
法律
愛 知 県 愛知県立尾北高等学校
地理歴史
経済
経済
四
国
高 知 県 高知市立高知商業高等学校
商 業
履修生
法律
関
東
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 45
平成14年度 図書館実習先一覧
所在地
東
北
関
東
実 習 館 名
学 部
学 科
福 島 県 いわき市立中央図書館
法
法律
埼 玉 県 新座市立図書館
法
法律
千 葉 県 浦安市立中央図書館
文
人文
千 葉 県 八街町立図書館
文
人文
経済
国際経済
東 京 都 台東区立図書館
文
国文
神奈川県 海老名市立図書館
文
国文
神奈川県 川崎市立麻生図書館
文
国文
神奈川県 川崎市立多摩図書館
文
国文
神奈川県 川崎市立多摩図書館
文
英米文
経営
情報管理
東 京 都 荒川区立南千住図書館
山 梨 県 山梨県立図書館
デ
ー
タ
編
実 習 学 生
平成14年度 博物館(館務)実習先一覧
所在地
実 習 館 名
所在地
実 習 館 名
学 科
岩 手 県 北上市立鬼の館
文
国文
東 京 都 府中市郷土の森博物館
岩 手 県 北上市立博物館
文
人文
文
実 習 学 生
学 部
学 科
文
国文
東 京 都 府中市美術館
経営
経営
人文
東 京 都 三井文庫別館
文
人文
文
国文
東 京 都 武蔵野音楽大学楽器博物館
文
人文
山 形 県 酒田市立資料館
文
国文
東 京 都 明治大学刑事博物館
法
法律
山 形 県 夕鶴の里資料館
履修生
東 京 都 明治大学考古学博物館
文
国文
神奈川県 川崎市市民ミュージアム
文
国文
神奈川県 川崎市立日本民家園 文
国文
神奈川県 川崎市立日本民家園 文
国文
神奈川県 川崎市立日本民家園 文
国文
神奈川県 相模原市立博物館
文
人文
東
宮 城 県 仙台市博物館
宮 城 県 マリンピア松島水族館
北
茨 城 県 霞ケ浦町郷土資料館
文
国文
茨 城 県 古河歴史博物館
文
国文
茨 城 県 幕末と明治の博物館
文
人文
栃 木 県 栃木県立博物館
文
国文
群 馬 県 高崎市少年科学館
法
法律
群 馬 県 吉井町多胡碑記念館
文
国文
神奈川県 シルク博物館
経営
経営
埼 玉 県 春日部市郷土資料館
履修生
神奈川県 秦野市立桜土手古墳展示館 経済
経済
埼 玉 県 原爆の図丸木美術館
履修生
神奈川県 秦野市立桜土手古墳展示館 文
人文
関
東
埼 玉 県 埼玉県立文書館
文
人文
神奈川県 藤沢市湘南台文化センターこども館
埼 玉 県 埼玉県立民俗文化センター
文
国文
神奈川県 横浜市こども植物園
文
埼 玉 県 八潮市郷土資料館
文
人文
神奈川県 横浜市歴史博物館
文
人文
経済
国際経済
山 梨 県 山梨県立文学館
文
国文
文
人文
富 山 県 富山市民俗民芸村
文
人文
新 潟 県 長岡市立科学博物館
法
法律
新 潟 県 新潟県立自然科学館
文
人文
長 野 県 市立岡谷蚕糸博物館
経済
経済
千 葉 県 千葉県立現代産業科学館
千 葉 県 千葉県立総南博物館
関
東
実 習 学 生
学 部
千 葉 県 千葉県立美術館
北
陸
履修生
信
越
履修生
国文
東 京 都 板橋区立熱帯環境植物館
法
法律
東 京 都 葛飾区郷土と天文の博物館
文
人文
東 京 都 切手の博物館
文
国文
長 野 県 長野県立歴史館
文
国文
東 京 都 くにたち郷土文化館
文
人文
静 岡 県 静岡市立児童会館
文
国文
東 京 都 国際基督教大学博物館
文
人文
静 岡 県 静岡市立日本平動物園
商
会計
東 京 都 国立科学博物館
経済
国際経済
静 岡 県 浜松市博物館
商
商業
東 京 都 しながわ水族館
経営
経営
静 岡 県 浜松市博物館
文
国文
東 京 都 たばこと塩の博物館
文学
社会学
岐 阜 県 中津川市鉱物博物館
文
国文
東 京 都 中央区郷土資料館
文
人文
三 重 県 四日市市立博物館
商
商業
東 京 都 調布市武者小路実篤記念館
文
国文
文
人文
東 京 都 逓信総合博物館
文
国文
近
畿
京 都 府 舞鶴市立赤れんが博物館
奈 良 県 奈良文化財研究所
法
法律
東 京 都 逓信総合博物館
文
人文
中
国
山 口 県 山口県立山口博物館
文
人文
東 京 都 東京都恩賜上野動物園
経営
経営
文
人文
東 京 都 東京都葛西臨海水族園
文学
哲学
四
国
高 知 県 高知県立美術館
高 知 県 高知県立歴史民俗資料館
文
人文
東 京 都 中村研一記念美術館
文
人文
文
人文
文
人文
九
州
熊 本 県 玉名市立歴史博物館こころピア
東 京 都 八王子市郷土資料館
宮 崎 県 宮崎県立美術館
商
商業
東
海
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
45
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 46
主な教員就職先一覧
デ
ー
タ
編
就職
年度
卒業年度・学部・学科
平11
平 8
平 9
平
成
11
年
度
平11
平11
平11
平 6
平 7
平 9
平11
平 8
平11
平11
平 7
平 9
平10
平11
平11
平11
平11
平11
平 8
平 9
平11
平11
平11
平
成
12
年
度
46
平12
平12
平12
平 6
平11
平12
平12
平12
平12
平12
平12
平12
平 8
平11
平11
平11
平12
平11
平12
平12
平12
平12
経済
法 法 法 経営
経営
商 商 商 商 商 文 文 文 文 文 文 文 文 文 文 文 文 院文
院文
院文
院文
院文
経済
法 経営
経営
経営
商 商 商 商 文 文 文 文 文 文 文 文 文 文 文 院文
院文
院文
院文
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
経済
法律
法律
法律
経営
経営
商業
商業
商業
商業
会計
国文
国文
国文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
人文
修士
修士
修士
修士
修士
経済
法律
経営
経営
経営
商業
商業
商業
商業
国文
国文
国文
国文
国文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
人文
修士
修士
修士
修士
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
就 職 先
北海道えりも町立えりも高等学校
東京都専修大学附属高等学校
神奈川県横浜市立深谷中学校
千葉県浦安市立浦安中学校
福島県立須賀川高等学校
東京都立大島高等学校
東京都立赤羽商業高等学校
東京都立台東商業高等学校
東京都立池袋商業高等学校
北海道歌志内高等学校
長野県松商学園高等学校
宮城県石越町立石越中学校
大分県昭和女子高等学校
北海道紋別市立潮見中学校
栃木県宇都宮市立鬼怒中学校
青森県立八戸東高等学校
神奈川県小田原市立白 中学校
岩手県立千厩東高等学校
千葉県柏市立酒井根中学校
東京都正則学園高等学校
山梨県立ふじざくら養護学校
栃木県今市市立落合中学校
新潟県立南城高等学校
東京学芸大学附属大泉高等学校
栃木県立壬生高等学校
東京都保善高等学校
東京都文教大学附属中学校・高等学校
熊本県専修大学玉名高等学校
鹿児島県吾平町立吾平中学校
山梨県立甲府昭和高等学校
香川県立丸亀城西高等学校
長野県赤穂高等学校
新潟県立栃尾高等学校
北海道豊浦高等学校
東京都立五日市高等学校
倉敷市立児島第一高等学校
静岡県立小笠高等学校
福島県立光南高等学校
佐藤栄学園
日本体育大学荏原高等学校
横浜市立戸塚高等学校
駒場学園高等学校
東京都立国分寺高等学校
松韻学園福島高等学校
佼成学園中・高等学校
福島県立喜多方商業高等学校
八王子高等学校
花咲徳栄高等学校
専修大学松戸高等学校
東京農業大学第三高等学校
二松学舎大学附属高等学校
武蔵工業大学附属中学・高等学校
職 名
教 科
常 勤
専 任
非 常 勤
非 常 勤
常 勤
専 任
専 任
専 任
専 任
専 任
常 勤
専 任
非 常 勤
常 勤
専 任
専 任
専 任
常 勤
非 常 勤
非 常 勤
非 常 勤
専 任
非 常 勤
非 常 勤
専 任
非 常 勤
非 常 勤
常 勤
専 任
専 任
常 勤
専 任
非 常 勤
専 任
非 常 勤
専 任
非 常 勤
期 限 付
常 勤
非 常 勤
非 常 勤
非 常 勤
専 任
常 勤
専 任
専 任
専 任
専 任
非 常 勤
非 常 勤
非 常 勤
非 常 勤
公 民
公 民
社 会
社 会
商 業
商 業
商 業
商 業
商 業
公 民
商 業
国 語
国 語
国 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
地理歴史
地理歴史
英 語
英 語
地理歴史
国 語
社 会
公 民
商 業
商 業
商 業
商 業
商 業
商 業
商 業
国 語
国 語
国 語
国 語
国 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
社 会
地理歴史
国 語
公 民
地理歴史
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 47
主な教員就職先一覧
就職
年度
平
成
13
年
度
平
成
14
年
度
卒業年度・学部・学科
平10
平10
平 6
平 9
平11
平12
平13
平10
平11
平12
平12
平12
平13
平13
平12
平13
平13
平13
平 4
平 8
平12
平12
平13
平13
平11
平13
平13
平12
平14
平14
平14
平12
平14
平14
平14
平14
平14
平14
平14
平14
平14
平14
平 9
平10
平10
平11
平11
平11
平12
平12
平13
経済
経済
法 法 法 法 法 法 法 経営
商 商 商 商 文 文 文 文 文 文 文 文 文 文 院文
院文
院文
院文
経済
経済
法 商 商 文 文 文 文 文 文 院文
院文
院文
文 文 文 文 文 文 文 文 文 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
経済
経済
法律
法律
法律
法律
法律
法律
法律
経営
商業
商業
商業
商業
国文
国文
国文
国文
人文
人文
人文
人文
人文
人文
修士
修士
修士
修士
経済
経済
法律
商業
商業
国文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
修士
修士
修士
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
英米文
就 職 先
千葉県立市原八幡高等学校
横手市立鳳中学校
さいたま市立三室小学校
国分寺市立第二小学校
尼崎市立武庫北小学校
江戸川区立二之江中学校
柏高等技術学園
八戸工業大学第二高等学校
横浜市立原中学校
東京都経営短大村田女子高等学校
群馬県立前橋商業高等学校
静岡県立相良高等学校
甲府市立甲府商業高等学校
静岡県立焼津水産高等学校
座間市立相模中学校
水原町立水原中学校
日出女子学園中・高等学校
目白学園中・高等学校
えびの高原国際高等学校
新潟県立巻工業高等学校
横浜市立浜中学校
北海道羽幌高等学校
流山市立小山小学校
不二女子高等学校
狭山ケ丘高等学校
東海大学付属高輪台高等学校
新田町立生品小学校
熊本中央女子高等学校
川北町立川北小学校
神奈川県立高津養護学校
一宮町立一宮中学校
東京実業高等学校
山梨県立高等学校
田原町立田原中学校
正則学園高等学校
松任市立松任中学校
大田区立馬込中学校
福島県立喜多方商業高等学校
報徳学園高等学校
川崎市立西中原中学校
岩手県立盛岡商業高等学校
杉並学院高等学校
東海大学菅生高等学校
品川区立三木小学校
東京都内養護学校
柏木学園高等学校
八王子市立四谷中学校
福島高等学校
宮城県迫桜高等学校
青梅市立第二小学校
騎西町立騎西中学校
職 名
教 科
非 常 勤
専 任
専 任
専 任
非 常 勤
非 常 勤
専 任
非 常 勤
非 常 勤
専 任
非 常 勤
専 任
期 限 付
常 勤
常 勤
専 任
期 限 付
非 常 勤
専 任
専 任
専 任
専 任
期 限 付
期 限 付
専 任
非 常 勤
非 常 勤
非 常 勤
非 常 勤
非 常 勤
常 勤
非 常 勤
期間採用
常 勤
非 常 勤
非 常 勤
専 任
非 常 勤
非 常 勤
非 常 勤
専 任
非 常 勤
専 任
専 任
専 任
専 任
専 任
専 任
専 任
専 任
非 常 勤
公 民
社 会
デ
ー
タ
編
社 会
公 民
公 民
社 会
商 業
商 業
商 業
商 業
商 業
国 語
国 語
国 語
国 語
地理歴史
地理歴史
社 会
公 民
生 活 科
地歴・公民
国 語
英 語
社 会
国 語
社 会
商 業
商 業
国 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
地歴・公民
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
英 語
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
47
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 48
司書課程・司書教諭課程主な就職先一覧(図書館/図書関係)
デ
ー
タ
編
卒業年度・学部・学科
勤務先
平 8
文・人文
東京大学法学部図書館
平 8
文・国文
杉並区立中央図書館(東京都)
平 8
法・法律
瀬高町立図書館準備室(福岡県)
昭和46
文・人文
東京福祉商経専門学校図書室
平 8
文・国文
桂村立図書館(茨城県)
昭和57
文・人文
市川市東国分中学校
平 9
文・人文
見附市立図書館(新潟県)
平 9
文・人文
女子栄養大学図書館
平 6
文・国文
下妻市立図書館準備室(茨城県)
平 9
文・国文
八街市立図書館(千葉県)
平 9
法・法律
日外アソシエーツ(株)
平10
文・国文
鵞湖書房
平10
文・国文
長岡市立中央図書館(新潟県)
平 9
文・人文
東京医科大学図書館
平11
商・商業
有隣堂
平13
文・国文
実践女子大学図書館
平13
文・国文
相模原市立相模大野図書館(神奈川県)
平12
文・国文
青山学院女子短期大学図書館
平14
経・経済
千葉明徳短期大学図書館
平11
文・人文
葛飾区立四ツ木地区図書館
学芸員課程主な就職先一覧
勤 務 先
48
宮城県一迫町役場
山武郡埋蔵文化財センター
秋田県埋蔵文化財センター
国立西洋美術館
下妻市ふるさと博物館
調布市郷土博物館
玉造町資料館
東京国際美術館
栃木県埋蔵文化財センター
東京都埋蔵文化財センター
栃木県立博物館
明治大学考古学博物館
群馬県埋蔵文化財センター
福井県立博物館
富岡市立美術博物館福沢一郎記念美術館
高山市歴史民俗資料館
入間市郷土博物館
MOA美術館
鳥羽水族館
行田市郷土博物館
高松市歴史資料館
埼玉県埋蔵文化財センター
浦和市くらしの博物館民家園
逓信総合博物館
矢島町立郷土資料館
野田市郷土博物館
乃村工藝社
町田市フォトサロン
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 49
平成14年度 資格課程年間行事表
課程
教 職 課 程
月
行 事
司 書 課 程
対 象
行 事
年 次
対 象
司書教諭課程
行 事
年 次
デ
ー
タ
編
学 芸 員 課 程
対 象
行 事
年 次
対 象
年 次
上 旬
教職・司書・司書教諭・学芸員課程履修ガイダンスおよび各種納金(全学年)
中 旬
履 修 届 お よ び 履 修 修 正(全学年)
4月
介護等体験オリエンテ
ーション
司書課程学生
2・3・4
上 旬 教育実習事前ガイダンス
4
実習希望校との内諾交渉
3
5月
4
相談会
博物館実習事前ガイダンス
3・4
下 旬 介護等体験事前講習会 2・3・4
上 旬 教育実習開始
4
博物館見学実習
(5月下旬∼9月中旬)
教育実習登録ガイダンス
3
司書教諭修了証書
6月 中 旬 教育免許状一括申請ガ
4
申請ガイダンス
イダンス
4
4
(3年次までに司書
教諭の単位をすべ
て修得した者)
下 旬
前 期 試 験 (全 学 年)
7月 下 旬
夏期休暇(7月下旬∼9月上旬)
図書館実習
8月
4
博物館実習(館務実習)
3・4
博物館実習登録ガイダンス
2・3
実習希望博物館との内諾交渉
2・3
学芸員資格取得証明書申
4
夏 期 休 暇
上 旬
9月 中 旬
前 期 追 試 験(全 学 年)
教育実習内諾書の提出
3
教員免許状授与願ガイ
4
司書製本講習
3・4
ダンス
10月 下 旬 教職公開講座
1∼4
司書教諭修了証書
上 旬
4
申請ガイダンス
(4年次で司書教
11月
下 旬 教育学会
1∼4
諭の単位を履修し
た者)
12月 中 旬
請手続き
∼
上 旬
1月
後期試験・学年末試験(全学年)
下 旬
追 試 験 (全 学 年)
2月 下 旬
上 旬
3月
中 旬 教員免許状の交付
4
博物館実習承諾書の提出
2・3
学芸員資格取得証明書の交付
4
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
49
Vol.5-本文 03.11.13 12:01 ページ 50
平成14年度 資格課程教員紹介
デ
ー
タ
編
《教職》
50
《司書・司書教諭》
所属学部
職 名
氏 名
主要な担当科目
所属学部
職 名
氏 名
経済学部
教 授
経済学部
矢吹 芳洋
公民科教育論
経営学部
助 教 授
荻原 幸子
図書館概論
講 師
青木みのり
発達・学習心理学
文 学 部
教 授
後藤 暢
図書館特論
法 学 部
教 授
広瀬 裕子
教育行政学
経済学部
兼任講師
中島 宏
マスコミュニケーション
法 学 部
教 授
渡部 光
比較教育学
経済学部
兼任講師
御園生 純
生涯学習概論
法 学 部
助 教 授
家永 登
法律学
法 学 部
兼任講師
斎藤憲一郎
情報検索
経営学部
教 授
嶺井 正也
教育行政学
法 学 部
兼任講師
田中 功
情報検索
商 学 部
教 授
蔭山 雅博
地理歴史科教育論
法 学 部
兼任講師
水上 和則
情報機器論
商 学 部
教 授
中野 育男
商業科教育論
経営学部
兼任講師
竹内 紀吉
図書館サービス論
商 学 部
助 教 授
小峰 直史
特別活動論
経営学部
兼任講師
山田 節子
学習指導と学校図書館
文 学 部
教 授
青木美智男
日本史
文 学 部
兼任講師
小黒 浩司
図書及び図書館史
文 学 部
教 授
新井 勝紘
日本史
文 学 部
兼任講師
小林 和夫
マスコミュニケーション
文 学 部
教 授
伊部 哲
英語科教育論Ⅰ
文 学 部
兼任講師
塚原 博
児童サービス論
文 学 部
教 授
米田 巖
地理学
文 学 部
教 授
鐘ケ江晴彦
教育社会学
文 学 部
教 授
高橋 貢
国語科教育論Ⅰ
所属学部
職 名
氏 名
主要な担当科目
文 学 部
教 授
仲川 恭司
書道科教育論
経営学部
教 授
内田 欽三
博物館学
文 学 部
助 教 授
出岡 宏
倫理学
文 学 部
教 授
亀井 明
博物館実習
文 学 部
助 教 授
高岡 貞夫
地誌学
文 学 部
助 教 授
備前 徹
国語科教育論Ⅱ
文 学 部
講 師
田中 正敬
外国史
ネットワーク
情報学部
助 教 授
砂原 由和
教育方法論
ネットワーク
情報学部
講 師
香山 瑞恵
情報科教育論
経済学部
兼任講師
大熊 光穂
心理学
経済学部
兼任講師
佐藤 由美
社会科教育論
法 学 部
兼任講師
岩間 秀幸
道徳教育論
法 学 部
兼任講師
柏木 敦
道徳教育論
法 学 部
兼任講師
関根 照彦
法律学
法 学 部
兼任講師
樋口 州男
日本史
経営学部
兼任講師
田口 康明
比較教育学
経営学部
兼任講師
東 宏行
教育職員論
商 学 部
兼任講師
井出 功孝
特別活動論
商 学 部
兼任講師
神山 安弘
社会科教育論
商 学 部
兼任講師
谷 秀雄
倫理学
商 学 部
兼任講師
前川 明彦
地理学
商 学 部
兼任講師
毛利 豊史
倫理学
文 学 部
兼任講師
大熊 徹
国語科教育論Ⅰ
文 学 部
兼任講師
小泉 仁
英語科教育論Ⅰ
文 学 部
兼任講師
小林 基男
外国史
文 学 部
兼任講師
齋藤 純
地理歴史科教育論
文 学 部
兼任講師
澤邉 和浩
外国史
文 学 部
兼任講師
角田 清美
地誌学
文 学 部
兼任講師
手嶋 将博
教育方法論
文 学 部
兼任講師
町田 洋
地理学
資格課程年報『パッソ ア パッソ』 No.5/14
主要な担当科目
《学芸員》
Fly UP