...

タッチデバイス型情報端末

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

タッチデバイス型情報端末
ICT 機器活用カード⑤
タッチデバイス型情報端末
平板状の外形を備え,液晶ディスプレーに
タッチパネル式の表示,入力部を搭載し,携
帯可能なパーソナルコンピュータ。専用のペ
ンや指で操作することができる。
。
例1 専用アダプタで接続する場合
VGA アダプタ
例2
HDMI ケーブルで接続する場合
HDMI ケーブル(mini)
Digital AV アダプタ
主な接続機器⇒プロジェクタ・デジタルテレビ
主な接続機器⇒デジタルテレビ
①コネクタドックにアダプタを差し込む。
②VGA アダプタは RGB ケーブルに,Digital
AV アダプタは HDMI ケーブルにつなぐ。
①タッチデバイス型情報端末に HDMI ケー
ブルを差し込む。
②提示装置に HDMI ケーブルを差し込む。
(注)機種によって必要なケーブルが異なります。必ずご確認ください。
1.基本操作
①タップ
画面上のアイコンなどを指先で軽
くつつく動作。すばやく続けてつつ
く動作をダブルタップと呼ぶ。タッ
プは「選択」する時,ダブルタップ
は「決定」する時に使う。
③ピンチイン
二本の指で画面を押さえ,その指の
間隔を狭めてものを挟むような動
作。写真や web ページなどを縮小表
示させる。
②フリック
指の腹で,画面上をはじくような動
作。画面に付いたほこりを振り払う
ようにすばやく指を動かす。画面や
リストが高速でスクロールする。
④ピンチアウト
二本の指で画面を押さえ,その指の
間隔を広げる動作。写真や web ペー
ジなどを拡大提示させる。
基本機能を生かした授業での主な活用方法として
・分からないことを Web で即検索(辞書,図鑑として使用)して提示する
・児童の作品を(撮影)保存し,評価時に活用する
・実物投影機と同じようにテレビやスクリーンに提示する
・活動の様子をビデオ撮影して提示する
・マップを活用して,建造物や土地利用の様子を提示する
などがあります!
47
Fly UP