...

1.カイエイラス プロジェクトの概要 - J

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

1.カイエイラス プロジェクトの概要 - J
【別紙】
1.カイエイラス
プロジェクトの概要
1. 地点
ブラジル国 サンパウロ州 カイエイラス市
2. 地点名
カイエイラス廃棄物処理センター(サンパウロ市の北西 33km)
3. 所有者/オペレ
エセンシス環境ソリューション株式会社
ータ
4. ごみ処理規模
サンパウロ首都圏の一般廃棄物を受入
・ 面積
350 ha
・ 埋立容量
70 Mt
・ 処分規模
70 万 t/年(2006 年より約 150 万 t/年に増加予定)
・ 運用開始
・ 埋立地寿命
2002 年
30 年以上
5. CDM タイプ
ランドフィルから発生するメタンガスの回収・燃焼による温暖化ガスの削減
6. 予想排出権クレ
2,820,000 t-CO2 (2006-2012 年の 7 年分)
ジット発生量
7. プロジェクト概
要
ごみ処理場に投棄される有機系の廃棄物は、土中で嫌気性発酵してメタン
ガスを発生します。従来処理場では、ガス爆発や火災を回避する目的で、ガ
ス抜き井戸を設けてメタンガスを大気開放し、井戸頂部において自圧で燃焼
させる処理方法が一般的に採られています。
本プロジェクトでは、各井戸を連携するガス配管を敷設し、ブロワーを用
いて強制的に吸引することによってガス回収を行い、フレアリング装置(密
閉型燃焼塔)にてメタンガスを燃焼させて、CO2 に変換するものです。ラ
ンドフィルからのガス回収・燃焼技術は、欧米をはじめとして広く普及して
います。
〔フレアリング装置の概念図〕
2.エセンシス環境ソリューション社について
会社名
エセンシス環境ソリューション株式会社
(ESSENCIS SOLUCOES AMBIENTAIS S.A 社)
会社所在地
ブラジル国サンパウロ州
事業内容
産業廃棄物処理事業
フランス国に本拠を置く国際企業体スエズ環境グループと、ブラジ
ル有数の企業体であるカマルゴ・コヘアグループの出資により設立
された。
3.JパワーのCDMプロジェクト一覧
プロジェクト名
ホスト国
予想CO2削減量
プロジェクトの概要
40万8200トン
石炭および石油燃料から
(21年間)
天然ガスへの燃料転換
11万5302トン
天然ガスを利用したコジ
(10年間)
ェネ
15万8000トン
都市ガスパイプラインの
(10年間)
補修・更新
155万9984トン
再生可能エネルギー
(実施国)
1
2
3
4
グラネロス工場燃料転換
チリ
メトロガス社コージェネ
チリ
メトロガス社都市ガス漏洩防止
ブエルタ&ヘラドラ水力発電
チリ
コロンビア
(21年間)
5
6
7
キャンデリア水力発電
グアテマラ
アクエリアス水力発電
ブラジル
アルアール社工場GHG削減
アルゼンチン
50万5000トン
再生可能エネルギー
(21年間)
(小規模CDM)
44万8260トン
再生可能エネルギー
(21年間)
(小規模CDM)
86万3221トン
アルミ精錬工程の改善
(10年間)
8
9
10
ペトロテメックス社効率向上
モーター更新省エネプログラム
カイエイラス
ランドフィルガ
ス削減
*
メキシコ
ブラジル
300万トン
省エネ、燃料転換による効
(10年間)
率向上
267万トン
旧式電動機モーターを最
(21年間)
新式に更新し省エネ
282万トン
ランドフィルガス燃焼に
(7年間)
よる温室効果ガス削減
1.グラネロス工場燃料転換プロジェクトは、CDM理事会に登録済
2.メトロガス社コージェネ
*
メキシコ
プロジェクトの方法論はCDM理事会の承認済み
予想 CO2 削減量は、1∼9はPDDベース、10 は契約ベースの数値を記載
4.カイエイラス位置図
Caieiras Landfill
5.MGM インターナショナル社について
MGM インターナショナル社は、CDM プロジェクトのファシリテーター業界のパイオニア
的存在です。米国マイアミ市に本拠を置き、主に中南米を中心とした CDM 案件の発掘、デベ
ロッパーとの交渉、PDD の作成、プロジェクトの有効化審査支援、ホスト国承認取得支援、
排出権売買契約支援など、CDM 化のためのさまざまなサービスを行っています。
JパワーのCDMプロジェクト開発におけるパートナーであり、本契約も同社の仲介を得て
実現したものです。
Fly UP