...

「組織IQ 」によるスピード経営の実現

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

「組織IQ 」によるスピード経営の実現
NRI
NEWS
「組織 IQ」によるスピード経営の実現
鈴木勘一郎
環境変化のスピードが一段と速まるなか、組織における「すばやい」意思決定と実行
とが企業経営において非常に重要な要素となっている。この組織の迅速な対応の程度
を目に見える形にしたのが「組織IQ(知能指数)
」という経営指標である。組織IQは
5つの経営要素から構成されている。それをベンチマーク(指標)にして企業経営の
高度化・改善を図ることによって、より優れた意思決定能力と実行力とを有する企業
へと変革することが可能となろう。
■スピード経営と機会ロス
ードが求められるようになってい
加速化すると予想されている。
現代では、的確な経営判断とそ
るのは、環境変化のスピードが速
それゆえ、競合企業がまだ対応
の実行スピードによって企業業績
まるなかで、逆に拙速を避けるあ
できていない段階で、自社がある
の明暗が分かれるといっても過言
まり、貴重な時間を無駄に過ごし、
程度のリスクをとってすばやく行
ではない。すばやい経営の意思決
結果として市場の機会ロス(やら
動すれば、一番手であるがゆえの
定と実行とが具現化した経営(仕
ないことによる損失)が失敗リス
メリットを享受することが可能で
組みと経営管理のやり方)を「ス
クを上回ってしまうと考えられる
ある。
ピード経営」と称する。
からである。
このスピード経営のスピードと
すばやい意思決定は、迅速な企
■知能指数と組織 IQ
は、「速さ」(quickness、agility)
業行動を促し、結果としてたとえ
シリコンバレーは、新しいアイ
と「早さ」(being early)という
それが間違ったとしても、軌道修
デアが次々にビジネスへと変換さ
2つの意味を有するが、対応が早
正が迅速であれば、それによるダ
れ成長している地域であり、情報
ければ、結局は速い対応だと認識
メージも回避できる。
の流通スピードが非常に速い地域
今やハイテク分野だけでなく、
である。大企業やベンチャー企業
そこで本稿では、「すばやさ」と
一般の製造業、流通業、運輸業、
が、しのぎを削って新しい技術や
表現する。
サービス業など広い産業分野にお
アイデアをビジネス化するために
いて、技術、規制・制度、社会、
奔走している。
されるため、双方を含むと考える。
もちろん、意思決定が「速い」
というだけでは、早計に決定内容
環境などにかかわるさまざまな変
他社の一歩先を行くには、他社
の「良さ」「正さ」を判断するこ
化が起きつつあり、今後こうした
よりもすばやい行動を行う能力、
とはできない。しかし、経営スピ
環境変化のスピードは、いっそう
すなわちスピード経営の能力をい
2
知的資産創造/ 1999 年 11 月号
度化や改善が可能になることであ
図1 地域ごとのハイテク企業の平均IQ
る。すなわち、組織の知能指数が
向上すれば、優れた意思決定と実
シリコンバレー
行力を有する企業へと変革するこ
米国のその他の地域
とが可能となる点である。
アジア・太平洋地域
■組織 IQ の5つの構成要素
欧州
企業における情報処理プロセス
85
90
95
100
105
110
115
には、いくつかの機能が存在する。
平均 IQ(知能指数)
まず情報を「獲得」し、それを
出所)米国シネシス社
「処理」し、さらには「共有」す
かに高めるかがポイントとなる。
意思決定を行う能力(知的能力)
る。そして組織内において、情報
米国ではこれを「センス・アン
を測っている。IQ の高い人が必
や知識は効果的に「活用」され、
ド・レスポンス(感覚と対応)経
ず成功するとは限らないが、他の
外部に対しては価値を生み出す事
営」という言葉で表現している。
条件が等しければ、能力に恵まれ
業ネットワークに「発展」させる
実際には、シリコンバレーの企
ているということは成功のための
ことができる。
業であっても、業績の良い企業と
ポテンシャルが高いといえる。
こうしたプロセスに対応して、
悪い企業とが存在する。スタンフ
組織 IQ は、この知能指数との
ォード大学のメンデルソン教授を
類似性を利用して、組織の効果的
れている。すなわち、①情報意識、
中心とするグループは、欧米なら
な意思決定能力と実行力のレベル
②意思決定構造、③知識発信、
びにアジア(日本を含む)の企業
を示す尺度として開発された。一
④組織フォーカス、⑤情報時代の
について調査研究を行い、各社の
般に、組織 IQ が高い企業では、
ビジネスネットワーク──であ
組織のあり方次第で、業績に大き
低い企業に比べて、成長性、業績、
る。
な違いが出ることを明らかにし
生産性など業績や健全性を表すさ
た。そして、この組織活性度を目
まざまな観点において、より高い
に見える形にしたのが「組織 IQ」
結果を示している(図1)。
組織 IQ は5つの要素から構成さ
(1)[外部]情報意識
顧客情報や、競争企業の行動、
技術の変化など企業が必要とする
という経営指標である(H. Men-
一方、個人 IQ と組織 IQ との基
delson and J. Ziegler, Survival of
本的な違いは、個人の知能指数の
能力で、情報感度といってもよい。
the Smartest, John Wiley & Sons
場合には、試験の準備をいくらや
情報意識が低いと、重要な情報が
Inc., 1999)。
っても、知能そのものが高まるわ
自分のアンテナに引っ掛からず
IQ はもともと個人の知能を測
けではないのに対して、企業の組
に、目の前を素通りしてしまう。
る一種の尺度である。原理的には、
織 IQ の場合には、より良い組織
情報をすばやく理解し、効果的な
づくりや学習によって、経営の高
外部情報を、速く正確にとらえる
(2)効果的な意思決定構造
これは、意思決定が最適なレベ
「組織 IQ」によるスピード経営の実現
3
ルで行われるように組織を設計す
よって、外部企業とのパートナー
ある)関係を作り上げるために、
ることである。「すばやい経営」
シップを育てていくことが重要で
「拡張企業ネットワーク」という
を実現するには、情報の分析、情
ある。
エクストラネットを構築して、情
報の共有化を実現した。
報の伝達、意思決定などにネック
が存在しないだけでなく、組織目
標や価値を明確にして、貢献度に
■組織 IQ による
経営改革の実現
同社は、その他、改善提案を奨
励する「スコア」制度、現場での
よって報酬を決定する成果型イン
この組織 IQ の5つの視点から
迅速な対応を実現する「レジデン
センティブがあることも重要な要
企業変革を進めることで、目に見
トサプライヤー」制度、情報技術
素である。
える成果が期待できる。
を最大限に利用した「EDI(電子
たとえば、台湾を代表するパソ
データ交換)」や「EFT(電子資
組織内で情報が適切に発信さ
コンメーカーであるエイサー社
金移動)」など、新技術を積極的
れ、業務や外部環境についての情
は、1976 年の創業以来、急速な成
に採用した。
報・知識がしっかり共有されてい
長を実現したが、90年代初めにそ
クライスラー社は、こうした内
るべきである。組織において、水
れまでの柔軟な分散型組織を、
部知識の共有化や情報時代のビジ
平かつ垂直の両方向に対して強力
(IBM 流の)中央集権型の組織に
ネスネットワークによって、大幅
な知識発信が存在すると同時に、
変更した。ところが、意思決定が
組織の成員がさまざまな業務知識
遅くなり、結果として海外部門の
を共有し学習することで、効果の
赤字と在庫の山を築いてしまっ
高い付加価値の創造と効率の高い
た。
(3)[内部]知識発信
な経営改善に成功した。
以上のように、組織 IQ の観点
から経営スピードを計測し、それ
同社は、これに対して、効果的
をベンチマークとして既存組織の
な意思決定構造と情報意識の向上
あり方を改善していくという新し
事業範囲や管理対象を絞り込ん
を実現するため、「クライアント・
いコンサルティング手法の有効性
だり、組織構造や事業プロセスを
サーバー型」組織、「グローバル
が大いに注目される。
単純化したりすることで、情報の
ブランド、ローカルタッチ」戦略、
過重負荷や組織の複雑性などを軽
「ファーストフード型」差別化な
『NRI Research NEWS』
減することができ、結果として組
どを打ち出し、経営改革に成功し
1999年11月号より転載
織効率を高めることになる。
ている。
業務遂行が可能となる。
(4)組織フォーカス
(5)情報時代の事業ネットワー
一方、1980年代に経営危機に直
面した米国クライスラー社では、
ク
一企業だけでの価値創造には限
それまで敵対的であった部品など
界があり、外部企業とのネットワ
の供給企業をパートナーとして扱
ークづくりやアウトソーシングに
い、勝ち組の(双方にメリットの
4
知的資産創造/ 1999 年 11 月号
鈴木勘一郎(すずきかんいちろう)
経営コンサルティング部上級コンサル
タント
Fly UP