...

奥尻島と戦争(PDF・1002KB)

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

奥尻島と戦争(PDF・1002KB)
学芸活動だより 第90号
ふるさと奥尻通信
平成27年8月31日
奥尻町教育委員会発行
事務局:01397-2-3890
海洋研修センターと稲穂ふれあい研修センターにて無料配布しています。 奥尻町役場ホームページからもダウンロードできます。
巻頭言
かつて「非戦災者特別税」なるものがあった。戦災で家屋を失った者と、保持している者との間の
不公平をなくすための一度きりの税制。家があるだけで税金をとられたのだった。
特集
奥尻島と戦争
戦後70年を迎え、奥尻島と近代戦争の関係を振り返りながら、
今一度戦争の放棄と平和の希求を新たにしたいと思います。
明治以降人口の増加をみた奥尻島ですが、帝国の政治基盤
と軍事体制が整うにつれ、島民も自然とその一員として組み込
まれていきました。
明治10年代までのことは不明ですが、明治27年(1894)に始
まった日清戦争には、島で禁酒を説いていた沢口富士吉が軍
夫として従軍し、亡くなったといいます。同23年に禁酒政策が取
りやめとなり、失意の末に職を求めた結果なのかもしれません。
その後、明治37年(1904)からの日露戦争では、島出身者も出
征部隊(陸軍第七師団:旭川)の一員として海を渡り、かの有名
な「二〇三高地」で1名(三原新蔵:稲穂)が戦死しています。こ
の頃、奥尻では、海軍の臨時の見張り所が稲穂岬に造られて奥
尻地区まで電話を架設したり、宮津地区からは戦費のための募
金が行われるなどして、協力体制がとられていました。また、近
海ではロシア艦による雷撃により、帄船が撃沈される事件も起
きました。
二〇三高地の激戦場 明治期絵葉書
歩兵第二十六連隊 大正4年除隊兵 奥尻出身者含む
奥尻出身者が入営した歩26(旭川)
出征者に贈られた寄書き 平木平吉宛
て
参考になる文献に、在郷軍人会が中心となって出征将兵に
送った郷土の便りである、『銃後のたより』があります。詳細な記
述が残る日中戦争期を抜き書きしてみます。
・昭和12年11月13、14日:奥尻全島防空演習で飛行機飛来。
在郷軍人と忠魂碑の建立 大正8年
・昭和12年12月15日:南京陥落祝賀で旗行列、祝賀会開催。
・昭和13年7月15日号:大須田長太郎(薬師)徐州会戦で戦死。
・昭和13年5月8日:青苗村村葬 赤平富雄(青苗沢)上海戦線戦
死(同12年9月20日)十五年戦争期で最初の戦死者か。
・昭和14年5月12日:村葬 磯島勝三郎曹長(赤石)濰県大崖頭
付近で戦死(同14年3月29日)。萱島部隊。赤石に個人墓あり。
以降、ノモンハン事変の死者を含め続々と無言の帰還をしてい
きます。同文献によれば、軍事関係の死者は136名。
日中戦争初期、道南出身者が多く所属した部隊の一つが堀越
部隊です。第七師団後備歩兵第二大隊(大隊長堀越圭介少
佐。編成地:旭川)昭和12年7月27日動員。北支那方面軍として
日中戦争に投入されました。戦果を報じる新聞紙上にたびたび
登場した名前です。北海道の第七師団は日露戦争以降、激戦 熱河事変時の部隊位置と慰問品の流れ 昭和8年
地に派遣される事が多く、損害率が高いのです。旅順二〇三高
地、ノモンハン、ガダルカナル、アッツ、ニューギニア、ビルマ、沖
縄など。どれも遺骨すら帰らない悲惨な戦場であり、今も未帰還
の遺骨が野ざらしになっている場合も。北海の孤島からもいわ
ば「公平」に徴集され、死んでいったのです。”最強師団”などと
呼ばれましたが、それは戦死者の裏返しでしかありません。
空襲の被害こそなかった奥尻島ですが、銃後の島民は戦地へ
慰問袋を贈ったり、寄付金を集めて戦闘機を納めたりして、様々
島民の寄付により献納した零式戦闘機 昭和19年
な戦争協力を余儀なくされたのです。
奥尻写真語 第8回 大正4年歩兵第二十六連隊除隊兵
学芸員の本棚 8冊目
学芸員オス
スメの一冊を
ご紹介しま
す。本は海洋
研修センター
図書室で借り
られます。
続・百年の愚行
小崎哲哉+Think the Earth
平時の陸軍の場合、北海道には旭川に第七師団が置かれ、現役兵は主
に旭川市近郊の歩兵・騎兵・砲兵・工兵・輜重兵などに入隊していました。
奥尻島は第七師団管下の函館連隊区に属し、歩兵の場合は歩兵第二十
六連隊へ入隊しました。これは2年間の兵役を終えて帰郷する記念に撮っ
たもので、名簿には、坂本政吉(青苗村大字カヂカ)、野口己代治郎(薬師
村52)、音村誠治(大字青苗村11)の名前が見えます。現在、人物の特定
には至っていません。
2002年の前書の刊行から12年、早
くも続編が出てしまった。アメリカの
9.11にはじまり日本の3.11まで。平
和を願った21世紀は、虚しく宗教戦争
で幕を開け、報復の連鎖を生みだし、
それは最早行き着く先も見えないか
のよう。キーワードは戦争、差別、暴
力、格差、核、環境破壊…。はっきり
言えることは、民族の悲劇果てしなく
…。ということである。
月刊 奧尻のつり 8月号
続・昭和奥尻生活詩 8回(最終回)
夏の釣りと言えば?やはり船釣りでしょうかね。真夏とな
ると沖合の深場に魚が出て行ってしまうものですから、島
の太公望も船に弱い人は指をくわえて見ているだけという
ことも…。沖のブリ釣りでは2~5㎏程度のものが多いよう
で、大物はまれのようです。深場ではタラも釣れているよう
ですよ。さて、奥尻はアワビの名産地ですので、そこらじゅ
うにアワビの殻が落ちています。とは言え、これは島民が
食い散らかしているのではなくて、島のカモメやカラスが食
べているのです。なんとぜいたくな!で、人間はというと、
その殻を拾って細かく割り、表面を削って薄くして、ルアー
や三角バケ(マスナタ)に貼り付けるのです。さてさて釣果
のほどは?加工にかかる苦労に見合うほどではないとの
声もありますので、私はアワビシールでごまかそう…。
昭和10年 奥尻郡釣石尋常高等小学校一年生「烏賊つけ」
すとれ より
て があか る 見に る た 理開研 本、 る く 参 を よ 講。 教催究北
質 そ」 フ 加深 り 演大員 さ 会海
を の と ィ者め見や会二れの道
知通述ー は て て 島 で 四、 大高
る り べル、 い 回内は名道会等
の、 て ド 「 ま る を 、 が内が学
で 現い(地 し な 地学来の奥校
す地 ま 現学 た ど 学芸島高尻地
。 を し 地は。 し 的員 し 校島理
知た) と と 、見に まので教
っ で に あ 知地 よ し 地初育
知なくれ「いがのいて生師 っる「、正。、通る、方の学
たほ正続義中た信ん毎はコ校
年ど義く感一ま簿だ回子メの
頃、感二がのにをと苦供ン通
と戦が学強一読持か労一ト信
重争強期い学みっ。し人欄簿
なをくの」期返て私て一がに
り罪」欄とのすいも記人あは
ま悪云も書欄とま小入にり担
すと々同かに面す中しつ、任
。 。じ は白 高てい先教
高
地
研
奥
尻
大
会
平成27年度 澳津神社神威山巡行
新
之
記
録
(
編
集
後
記
)
すでや果が人「年「八はまソ ね、紹でとは新に D %、しン先
。留介して「聞引 M 、「たの日
意はたも友」き」「友。ア、
す、。多人が続が新人大ンム
べ大やか・多き一聞・会ケー
き変はっ知く参三」知をーン
も重りた人、加%が人知トラ
の要、と」初しな二」っ結イ
なな口いのめたど五がた果ト
の事コう紹て人。%三経がマ
で項ミ結介のは昨、 緯出ラ
。言ね評
…
(つ ば
第 た 、困
2 、俺 る
回道達天
参下 は 気
照君死 だ
)の ぬ。
詩ば「
を か烏
思り賊
ひだが
出」 つ
こ俺
ぼ家
しの
でお
だ父
お
ら
え
ど
「岸白
行今 の い
げ 日岩波
ねも さ ご
ぇ烏喰 ろ
」賊い ご
つつ ろ
けいて
さ だ
平
木
平
吉
す心 だ 年 で 不幸 た 宝 で 山は た 少 。配け々す足がの山 も )、。々今
祭のに縮がが重 で)、 と 御青寂年
り 声、 小、 影 な す が谷 も 輿苗 し の
も が関、 地響っ。 出地 に 、 の い 夏
奥聞係減域 し た と な 地出山言 も の
尻 こ 者少の て こ も い区ず車代の神
の え な 傾年の と に こ の、( 主 と 社
文 て ら 向中 こ や氏 と 山澳恵神 な 祭
化 き ずに行 と 、子 と 車津比社 り り
。 ま と あ事 な 人に な(神須 で ま は
も る がの手不っ 子社
し
マ
ラ
ソ
ン
C
D
番
外
編
沖
さ
行
げ
ね
ぇ
祭
り
の
火
が
消
え
る
?
今月の奥尻のお宝
おくしりテレホンカード(50度) 1994年 
Fly UP