...

2010年 2月 見ざる言わざる聞かざるの教えの

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

2010年 2月 見ざる言わざる聞かざるの教えの
人生の羅針盤
2010 年 2 月
豊かな人生を作る一言集
豊かな人生を作る一言集
[見ざる言わざる聞かざるの教え]
パソコンや携帯電話が普及し、日本中にネットワークが張り巡らされるようになりました。
これにより、仕事のやり方も大きく変わりました。文書、図面などの多くは、ネットワークで
送受され、保管もデータの形式で保管されます。このため、文書、図面の作成、品質確保、修
正、再利用、配信など非常に便利になりました。
ところが、便利といつも隣り合わせにあるのが危険です。ご多聞にもれず、最近、大きな問
題になっているのが情報漏洩問題です。貴重な情報は、ネットワークに接続された機器にデー
タで保管されています。もし、流出すればあっという間に大勢の人にその情報が伝わってしま
います。さらに情報は、物理的な物品とは違い、一度、流出すれば取り戻すというようなこと
はできません。
ネットワークなどを通じた情報漏洩問題とは、少し違うかもしれませんが、本来、話しては
ならないことを口にしてしまうことがあります。言葉を変えれば、表に出してはいけない自分
の心の情報を漏洩してしまう問題と言えるかもしれません。
口に出したことは、形もなければ一般には記録にも残りません。ところが、聞いた人のメモ
リには、
(その人個人の解釈で)確実に書き込まれており、外部から操作や抹消することはでき
ません。その人が、自分自身で消去しない限り、永久にそのメモリに保存されたままです。
筆者も、口に出してしまってから、言わなければよかったと後悔することがよくあります。
自分が言いたかったこととは違うこと、言ってはいけないと思っていたことなどを、無意識に
口に出してしまうことがあります。出してしまった後では、どうすることもできません。ひた
すら、時間が過ぎて忘れてもらうことを祈るしかありません。
このような失敗経験を積むうちに、何となく感じたことがあります。非礼な言動をしない、
機密とすべきことを話題としない、立場上言うべきことではないことを発言しないなどは、常
識的な心構えです。
(これができなければ、社会人としては・・・。
)
これに対して、組織や人への指摘、批判などは、扱いが難しくなります。なぜなら、これら
の中には、うまく活用すれば、教育的指導、建設的提案などに結び付くと思えるものもあるか
らです。
見識のある人ですが、採りようによっては、ダメ出し、説教としか思えない発言ばかりをし
ている人をたまに見かけます。適切と思える発言をしているのかもしれませんが、聞いている
人はそうは思いません。繰り返されると、雰囲気も暗くなり、周囲の人も少しずつ遠ざかるよ
うになります。良くしたいと思って発言しているのでしょうが、結果は、良くなるどころか自
分を孤立させるだけになってしまいます。
このような人に共通しているのは、最初に相手の悪い面、弱い面だけに目を向けていること
です。これらを発見し指摘をするのは、自分の存在を示すために最も簡単で有効な方法です。
ただし、結果は良い方向には向きません。
一方、どんな組織や人でも、必ず良い面、強い面があります。難しいことですが、何とかそ
れを見つけ出し、それを生かすこと、伸ばすことを考えた発言であれば、それは必ず相手の心
に届きます。
良好な関係を築く、効果的なコミュニケーションを行うための最初のステップは、相手の悪
い面、弱い面には目をつぶり、聞いても聞かないこととし、そのことについて発言もしない(見
ない、聞かない、言わない)ことのように思います。そして、相手の組織や人を好きになるこ
と、相手の立場に自分の身を置くことです。そうすれば、必ず良い面、強い面を見つけ出すこ
とができます。
筆者は中学時代、修学旅行で日光に行きました。そのとき、
東照宮にある「見ざる、言わざる、聞かざる」の彫刻を見学し
ました。有名と言われるわりには、それほど大きくもなく、あ
まり目立たないものでした。ガイドさんの説明では、古来の、
「悪いものは見ない、言わない、聞かないようにする」との教
えが込められているとのことです。当時は、そんなものかと思
っただけで、記憶の片隅に追いやっていました。
今、その彫刻を目にすれば、きっと、そこに込められた教えの深さを感じるような気がしま
す。
Copyright(C) Satoru Haga, 2010,
All rights reserved.
技術・経営の戦略研究・トータルサポータ
ティー・エム研究所
E-Mail:[email protected]
工学博士
中小企業診断士
社会保険労務士(登録予定)
代表 芳賀 知
URL:http://homepage3.nifty.com/s-haga
Fly UP