...

丹波黒大豆の現況と食の歴史1

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

丹波黒大豆の現況と食の歴史1
生 産・
流通情報
丹波黒大豆の現況と食の歴史1
島原 作夫
丹波黒とは
はじめに
大豆を粒の色で分けると、黄、黄白、茶、
ふっくらと煮上がった黒豆。
粒の大きさ、
食感の良さ、おいしさで煮豆用大豆の最高
青(緑)
、黒等がある。黄色や黄白色のも
級品といわれている「丹波黒」。江戸時代
のは、一般に大豆または黄・白大豆、青(緑)
の料理本や絵図にも名産として登場する丹
色のものは青(緑)大豆、黒色のものは黒
波 国 の 黒 大 豆 は、 昭 和40年 代 の は じ め、
大豆と呼ばれている。
丹波黒は、兵庫県農事試験場が古くから
兵庫と京都で数十haしか栽培されていな
丹波地方で栽培されていた黒大豆の在来種
かった。
それから40年あまりの現在、丹波黒大
(波部黒)を取り寄せ、明石本場と但馬分
豆は全国で3,177ha(平成23年産)
、そのう
場で品種比較試験の結果、昭和16年に「丹
ち兵庫県で1,544ha栽培されている。
波黒」と命名し、奨励品種にした。
現在の丹波黒の特性は、「11月末に成熟
近年、
食生活の簡便化や外部化によって、
伝統的な年中行事やそれに伴う行事食も減
する秋ダイズ型の極晩生種にして、草丈長
少し、食生活も大きく変化しているが、丹
く、分枝多く、さや数は少なく、花は紫色、
波黒大豆は、依然としておせちの黒豆とし
短毛は褐色である。子實は、極大粒・球形・
て欠くことができないものになっている。
黒色を呈し、種皮にろう粉を生じ、品質上
また、煮豆として周年利用の拡大、健康に
位。煮豆として最高級。」
良い食品として再認識されるようになって
黒大豆と丹波黒大豆の生産状況
いる。しかし、丹波黒大豆は、特定の地域
まず、昭和50年産以降の黒大豆と丹波
で生産され、マイナーな作物であるので、
全国的な生産・流通の資料は乏しく、食の
黒大豆の作付面積の推移(表1)をざっと
歴史についても本格的に取り上げられるこ
見渡してみよう。
黒大豆の作付面積は、昭和50年産(862ha
とはなかった。
本稿は、丹波黒大豆に関して、現在の生
から平成17年産10,556haに増加し、その後
産・流通と食の歴史を概観するものである。
減少に転じ、平成23年産では6,000haとなっ
−
23
−
ている。
黒大豆の最大産地は北海道であり、
る県も、昭和50年産は兵庫県と京都府の
平成23年産では、北海道の「いわいくろ」
みであったが、平成2年産には滋賀県、岡
山県、香川県おいても相当面積作付される
「晩生光黒」と兵庫、岡山などの「丹波黒
ようになった。
大豆」の品種が作付けされている。
丹波黒大豆の作付面積1位に、昭和62年
丹波黒大豆の作付面積は、昭和50年産
153haか ら 平 成13年 産4,395haに 増 加 し、
産から岡山県が登場するようになり、その
その後減少に転じ、平成23年産3,177haと
後も急激に作付けが増加し、平成20年産
なっている。倍率でみると、昭和50年産
まで岡山県が1位であった。しかし、岡山
から平成13年産は28.7倍、平成13年産から
県 は 平 成13年 産 を ピ ー ク に、 そ れ 以 降、
平成23年産は0.7倍である。栽培されてい
他の有利な転作作物の選択により急激に面
表1 黒大豆の作付面積の推移(主要県)
年産
1975
80
85
90
95
96
97
98
99
2000
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
北海道
昭50
55
60
平2
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
709
920
485
1,415
1,493
2,206
2,520
2,402
2,153
1,580
1,304
2,050
2,760
3,500
6,554
3,810
965
1,762
2,040
2,489
2,823
滋賀県
74
253
378
533
527
452
547
628
424
418
627
709
761
594
352
309
192
207
単位:ha
丹波黒大豆
兵庫県 岡山県
64
256
370
590
770
817
900
1,039
1,000
1,060
1,417
1,270
1,876
1,270
1,870
1,265
1,863
1,262
1,930
1,150
1,850
1,100
1,590
947
1,510
1,114
1,660
1,206
1,660
1,203
1,576
1,342
1,355
1,391
1,230
1,480
1,163
1,544
1,071
京都府
89
139
310
392
442
469
500
485
455
435
454
436
390
386
388
374
381
374
344
297
香川県
45
61
150
160
176
181
126
140
230
189
150
133
138
133
115
80
60
58
小計
153
395
370
1,789
2,423
3,009
3,639
4,349
4,258
4,256
4,395
4,108
3,733
3,624
4,002
4,153
3,880
3,545
3,384
3,239
3,177
合計
862
1,315
855
3,204
3,916
5,215
6,159
6,751
6,411
5,836
5,699
6,158
6,493
7,124
10,556
7,963
4,845
5,307
5,424
5,728
6,000
注1)平成23年産の北海道の作付品種は、「いわいくろ」、「晩生光黒」等。
注2)平成23年産の府県の作付品種・系統は、京都府「新丹波黒」
、兵庫県「兵系黒3号」等、岡山県
「岡山系統1号」等、香川県「香川黒1号」。 すべて在来種の丹波黒大豆から選抜したもの。
注3)滋賀県の平成21年産までの面積には一部早生系統を含む。
注4)事実不詳のもの、値が不明なもの、または調査を欠くものは空欄とした。
出典:近畿農政局HP・中四国農政局HPの大豆の関する情報、北海道「24年度麦類・豆類・ 雑穀便覧」、
香川県「大豆の生産に関する資料(24年3月)」等。
−
24
−
規格と価格
積が減少し、平成23年産では、1位は兵庫
農家が農協に出荷する場合、丹波黒は粒
県、2位の岡山県に続いて京都府、滋賀県、
の大きさによって3L(粒径11.0㎜以上)、
香川県の順となっている。
米過剰対策として減反政策が本格化され
2L(粒径10.0∼11.0㎜未満)
、L(粒径9.0
た昭和46年産以降、丹波黒大豆は収益性
∼10.0㎜未満)、M粒径(粒径8.0∼9.0㎜未
の高い転作作物として兵庫と京都の丹波地
満)の大小基準があり、2L以上を乾物の
方から丹波地方以外の地方へ、近隣の岡山
煮豆用として出荷され、さらに品種固有の
県、滋賀県へと広く栽培されるようになっ
形状色沢を有する、外皮の剥離がない、適
た。減反政策の転作目標面積の増加(全国
度に乾燥等の品位基準でランク付けされる。
の転作目標面積:昭和50年度238千ha、昭
これは兵庫県の黒大豆価格安定対策事業の
和55年 度535千ha、 昭 和60年 度574千ha、
規格であるが、規格は農協ごとに異なる。
平 成2年 度827千ha、 平 成7年 度660千ha、
例えば、兵庫県内のB産地の場合、3L(粒
平 成12年 度960千ha、 平 成15年 度1,018千
径11.0㎜以上)
、2L(粒径10.5∼11.0㎜未
ha)に比例して、表1のとおり丹波黒大豆
満)、L(粒径9.5∼10.5㎜未満)、M(粒径8.5
の面積は拡大していった。丹波黒大豆は、
まさしく転作対応作物であった。
流通経路
現在、兵庫県産の丹波黒の流通経路は、
生産農家から農協又は雑穀卸商へ、さらに
それを受けてはスーパー、煮豆業者、和洋
菓子店等への2段階となっている。一部は
農協や雑穀卸商が小袋に詰めて消費者に直
接販売する(図1)
。丹波黒大豆の消費形態
図1 兵庫県における丹波黒の主要な流通経路
は、正月用と周年用に大別される(図2)
。
正月用の黒豆は家で煮る時間が必要なこ
とから、スーパー等では12月25日が販売の
最盛期で、27日が販売終末点となり、それ
以降は売れ行きが悪くなる。煮豆業者の黒
豆の煮豆は、年末の早い時期から仕込まれ
るので、多くは前年産黒豆が利用される。
図2 丹波黒大豆の消費形態
−
25
−
∼9.5㎜未満)
、S(粒径8.5㎜未満)と決め
1980年代中頃から2002∼2004年までの
られ、その価格は、平成19∼23年産の平
増加は、丹波黒大豆が、その機能性食品と
均 は、2Lで2,096円/ ㎏、Lで1.301円/ ㎏、
して注目されるようになったためである。
Mで448円/㎏、Sで231円/㎏となっている。
黒大豆で「血液サラサラ」という表現が、
2000年ごろからメディアに頻繁に登場す
また、価格は出荷時期別に較差があり、
丹波ささやま農協の場合、平成24年産で
るようになった。特に2004年にNHK「生
は、11月下旬から12月28日までの期間を7
活ホットモーニング」で黒大豆の血液サラ
期に分けて集荷している。
サラ効果が4回放映された宣伝効果が大き
かった。血液サラサラに関連した料理本も
丹波黒は高級煮豆用であるので、粒大に
多数に出版された。
より価格が大きく異なる。しかし、極大粒
2002∼2004年から2005∼2008年の減少
とされる2L(粒径10.0㎜)以上の子実(豆)
が収穫物に占める率(2L以上率)は20∼
は、2004年産(平成16)の丹波黒大豆の
40%程度といわれている。70%以上の2L
大不作が引き金であった。2003年産の丹
以上率をあげている農家もある。丹波黒の
波黒は、長雨や冷夏で兵庫県における10a
栽培に当たっては、いかに2L以上率を上
当たり収量116㎏(2000∼2011年産の10a
げるかが、農家の腕の見せどころである。
当たり平均収量122㎏)と不良、2004年産
は8月から10月にかけて4回も台風が兵庫
県を襲来したため、大きな被害が発生し、
需要動向と変動要因
丹波黒大豆は、マイナーな作物であるの
収穫量630t、10a当たり収量67㎏と著しい
で、米、麦や大豆のように国の生産統計が
不良の大不作であった。兵庫県以外の主産
なく、しかも需要や消費量の関する資料は
県も台風の被害で、大不作であった。
皮肉にも、こうした黒豆の少ない年に、
なかなか見つからない。そんな中で、黒大
豆研究会の「丹波黒を基軸とする地域産業
テレビや雑誌などで、黒豆の効用が紹介さ
複合体形成の可能性に関する研究報告書」
れたことで、人気が高まり、丹波黒大豆の
販売量や加工用の需要は伸びた。丹波黒大
(平成20年3月)で丹波黒大豆の需要動向
豆の2003、2004年産の2か年連続の不作で
が報告されている。
それによると、国内における丹波黒大豆
良質な豆の供給不足に対応するため、大手
の消費量は、
1980年代中頃で2,000∼3,000t、
の雑穀卸商は当然1年冷蔵貯蔵した前年産
2002∼2004年で3,500t、
2005∼2008年は2,000
の豆を市場に放出したが、高値となった。
∼3,000tとなっている。農協や産地卸商を
そこで、雑穀商や煮豆などの加工業者が
目を向けたのが、北海道産の黒豆である。
経由して流通する量であろう。
表2、3のように、北海道産黒大豆「いわ
増減の要因を黒大豆研究会の研究報告や
いくろ」「光黒」は丹波黒大豆に比べ、安
他の資料から分析してみよう。
−
26
−
価であるため、北海道産はリーズナブルな
2005年産の大増産に端を発した北海道
煮豆商品、丹波黒大豆はワンランク上の商
産の黒大豆の過剰在庫は、2007年産の戦
品と棲み分けが出来ていた。
略的な黒大豆の作付制限(面積965ha)で、
2004年産の黒大豆は、北海道の「いわ
一掃された。2010年の黒豆ダイエットブー
いくろ」等3,500haで豊作、主産県の丹波
ムで北海道の黒大豆や兵庫県などの丹波黒
黒大豆の合計面積3,624haで大不作となっ
大豆に一時、注文が殺到したが、一過性の
た。業者は、丹波黒大豆から北海道産の黒
ものであった。
このように、台風による2004年産の兵
大豆にシフトし、北海道産の黒大豆は1㎏
庫県など丹波黒大豆の大不作と高騰、北海
当たり600円の高値で売れた。
北海道産の黒大豆の2005年産作付面積
道 の 黒 大 豆 の2004、2005年 産 の 増 産 と
は6,554haと前年の約倍に拡大したが、過
2005∼2008年産の低価格相場、中国製冷
剰在庫に陥り、価格が通常価格の半値程度
凍ギョーザ事件によって、加工業者は、仕
(2005年産十勝地区、光黒10,700円/60kg)
入れを丹波黒大豆から北海道産の黒大豆へ
に低下した。また、2008年1月に表面化し
シフトし、定番化されようになった。その
た中国製冷凍ギョーザ事件で、加工業者は
結果、丹波黒大豆の市場流通量は2002∼
中国産原料から北海道産の黒大豆にシフト
2004年3,500tから2005∼2008年2,000∼3,000t
した。北海道産の黒大豆原料とする製品は
へと減少した。2009年以降もこの状態が
売上げを伸ばした。その影響で、丹波黒大
続いているといわれている。
豆の販売は苦戦を強いられた。
表2 黒豆(乾豆)の店頭価格
販売者
原産地等の内容
価格(税込)
200g入り340円
北海道内の農協 北海道産光黒大豆(24年産)
兵庫県内の農協
兵庫県内の商店
(100g当たり170円)
丹波篠山産黒豆
250g入り1,280円
(24年産)
調査日・店舗
平成24年12月22日、
姫路市内の大手
スーパー
(100g当たり512円)
兵庫県産黒豆 2L
150g入り698円
(24年産)
(100g当たり465円)
表3 煮豆の店頭価格
製造業者
使用原料
価格(税込)
北海道産光黒100%使用
140g入り190円
業者F
国内産丹波黒100%使用
(真空パック入り煮豆)
北海道産いわいくろ
140g入り348円
140g入り298円
北海道産黒豆
125g入り158円
業者O
(真空パック入り煮豆) 北海道産黒豆
150g入り198円
−
27
−
調査日・店舗
平 成24年10月8日、 姫 路 市 内
の大手スーパー
平 成25年3月16日、 姫 路 市 内
の大手スーパー
Fly UP