...

「学術論文の書き方入門」の授業実践 - 名古屋大学 高等教育研究センター

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

「学術論文の書き方入門」の授業実践 - 名古屋大学 高等教育研究センター
名古屋高等教育研究
第 13 号 (2013)
「学術論文の書き方入門」の授業実践
−文章作成に対する学生の苦手意識は軽減できるか−
近
<要
田
政
博
旨>
文章を書くことに苦手意識を抱いている大学生は少なくない。書く
力を高めることを意図した授業を大学側が提供することによって、こ
の苦手意識を軽減することは可能であろうか。
名古屋大学では、文章の全体構成や論証を重視する「学術論文の書
き方入門」の授業を、平成 24(2012)年度から初年次学生向けに提
供している。本研究ではこの授業実践を通して、①学生が文章執筆の
どの時点に苦労しているか、②その苦労度は授業を通して軽減された
のか、③苦労度の変化はどの授業方法に影響を受けたのかを検証する。
受講生に対する事前・事後アンケートを分析した結果、次の点が明ら
かとなった。
・論文執筆に関する学生の苦労度は、書き始める前から一通り書
き上げるまでの段階に集中している。
・この授業の履修による苦労度の軽減も、上記の段階において大
きかった。
・反対に、履修によって苦労度が増加した学生はすべての文章作
成段階において存在した。いずれかの段階で苦労度が増加した
学生も 4 割以上にのぼった。
・教員が指定した教科書やワークシートが書く力を高めるのに大
きな影響を与えたのに対し、ほぼ学生の自由裁量に任せたグル
ープワークの影響度は必ずしも大きくなかった。
1.研究目的
大学生は文章を書くことにどのような苦手意識をもっており、そうした
名古屋大学高等教育研究センター・准教授
103
苦手意識は授業によって軽減できるものであろうか。筆者は平成 24 年度か
ら名古屋大学の全学教育(学部によらない教養・基礎教育)において「学
術論文の書き方入門」という授業を担当している。本稿では、本授業の受
講者が文章を書くことに対してどのような苦手意識を抱いており、その苦
手意識が受講によってどのように変化したかを明らかにしたい。この授業
の実施にあたっては、
「文章表現の細かなスキルよりも、設定した主題をも
とに全体の文章を構成し、論証する、論理的思考を重視したトレーニング
が大学新入生には必要ではないか」という仮説を立て、これに基づいて目
標を設定した。このように考えるのは次の 3 つの理由による。
第一に、東京大学の全国大学生調査(2008)によれば、
「論理的に文章を
書く能力」が不十分もしくはやや不十分と考える割合は 7 割を超えている。
それにもかかわらず、論理的に文章を書く能力を養う上で、これまでの授
業経験が役立っているかどうかを肯定的にとらえた回答は半数にも満たな
い(42.9%)。このことは、論理的に書く能力が不足していると感じている
学生が多い一方で、授業ではそうしたニーズが必ずしも満たされていない
ことを示しているといえよう。
第二に、大学新入生に対する渡辺・島田(2010)の調査結果によれば、
過半数の学生は書き始める前、および書き始める際に最も苦労している。
このことは、文章表現の作法よりもむしろ、書く以前の段階である「何を
書いたらよいのか」
「筋書きをどのように組み立てればよいのか」という点
について、学生が多くの労力や時間を費やしていることを示唆している。
第三に、筆者が所属する名古屋大学高等教育研究センターが主催する「名
古屋大学学生論文コンテスト」においても、応募者全員に送付しているフ
ィードバックシートを確認したところ、文章表現よりも論理構成に関する
項目の得点が相対的に低く、かつ入賞した論文と他の応募論文との差が大
きかった。また、自分で設定した問いを論証し、読者を説得するプロセス
に問題のある論文が多いことが審査員から例年指摘されてきた。
そこで本論文では、上記の目標を授業で達成できたのかどうかを検証し
たい。具体的には次のようなリサーチクエスチョンを設定する。
・渡辺・島田が指摘した大学生の文章表現に対する苦手意識は、本授業
の受講者にもあてはまるかどうか
・文章作成に関する学生の苦労度は、この授業の履修によって軽減でき
るのか
・苦労度の変化はどのような授業方法に影響されたのか
104
「学術論文の書き方入門」の授業実践
なお本稿では、文章作成における苦労度を、上記の渡辺・島田調査に準
じて、これまで大きな労力や時間を費やしたかどうか、あるいは心理的な
抵抗や負担を感じたかどうかという感情として定義し、これに基づいて調
査を実施した。
2.先行研究
文部科学省が 2010 年末に実施した調査によれば、大学教育において大学
生に対してレポートや論文の書き方を身につけるためのプログラム(正課
に限らない)は 533 校に上り、これは初年次教育を実施している大学の 86%
に相当しているという(文部科学省 2011)。また、日本語教育や国語教育
の分野ですでに多くの事例研究の蓄積がある。しかしながら、大学生が文
章を書く際にどのような困難を抱えているか、どのような苦手意識を持っ
ているか、という点についての先行研究は数本に限定される。
大学生が文章を書くことの苦手意識に着目した代表的な研究としては、
渡辺(2010)が挙げられる。渡辺は勤務先大学における初年次学生の 64.4%
が「まとまりのある長い文章を書くこと」が苦手であると回答したことに
注目し、その意味を実証的に解明しようとした。渡辺は、①誰が苦手と感
じているのか、②苦手意識とは具体的にどのようなものか、③学生の苦手
意識は過剰ではないか、なぜ過剰になってしまうのか、などの問いを立て
た。分析の結果、それぞれ①理系学生、入試で国語や小論文を経験してい
ない学生、男子学生の方が苦手意識をより強く感じやすい、②苦手意識と
は、書く技量やパフォーマンスに対する自己評価の低さと書くことに対す
るネガティブな感情が混合したものである、③学生の苦手意識の大きな要
因の一つは彼らの自己評価が低いことである、と結論づけている。ただし
渡辺は「苦手意識」の実態解明を行いつつも、それが大学教員による介入
(たとえば授業など)によってどの程度まで軽減可能なのかという点につ
いては言及していない。
大島(2007)は「日本語表現法」の授業において、学生のつまずいた項
目として、引用、情報収集、発表、レポート本文、アウトライン、目標規
定文、パラグラフ、下書き、構想マップなどが多いことを指摘し、
「情報を
文章に取り込んで組み立てていく過程そのものが困難」だと指摘する(大
島: 60)。ところが、本来的には必要だが学習が不足していると自己認識し
ている点については、つまずいた項目として比較的上位にあったパラグラ
105
フ、アウトライン、目標規定文、構想マップなどを挙げる学生が非常に少
なかった。学生は文章を組み立てる上で不可欠なこれらの項目の重要性に
気づいていないということであろうか。大島論文ではこのギャップについ
ては触れられていない。
早稲田大学でアカデミックライティングプログラムを立ち上げた佐渡島
ら(2012)は、このプログラムの一環として提供する授業「学術的文章作
成」の成果をまとめている。佐渡島らの分析によれば、全課題を提出した
受講生はレポートや小論文を書くのがより得意と感じるようになり、もと
もと得意であったかどうかにかかわらず、受講により評価点も向上する傾
向がみられる。ただし、学生の得意度(裏返せば苦手度)が書くプロセス
においてどのように変化するのかについては十分に言及されていない。
小林・杉谷(2012)は自身が担当した教育学科の基礎演習を題材に、評
価点が上位のグループと下位のグループでは、授業の振り返り用に設けた
ワークシートの内容や論文作成にどのような違いがみられるかを考察して
いる。分析の結果、評価点が上位の学生はワークシートでの反省点を論文
に反映させることにより、問いと主張がだんだんと明確になっていく傾向
があるという。一方で評価点が下位の学生は、根拠や文献の明示がないに
もかかわらず断定的な主張が展開される傾向、先行研究に答えを探そうと
する傾向があると指摘している。しかしながら、評価点上位の学生の方が
フィードバックする能力が相対的に高いという指摘は、フィードバック能
力を学習能力の一部と考えれば、ほぼ順当のことではないかとも思われる。
評価点の必ずしも高くない学生が、授業を通して自らの苦手意識を克服で
きるのかどうかという点についての詳しい記述は見られない。
本稿ではこうした先行研究の成果をふまえつつ、上記の渡辺による「苦
手意識」の概念に準拠して、それが学術的な文章を書く力をつけることを
目的とする授業によってどの程度変化しうるのか、軽減しうるのかという
点に着目して考察を行いたい。
3.名古屋大学におけるライティング支援の経緯
名古屋大学高等教育研究センターでは 2007(平成 19)年度から、学部生
を対象とする「学生論文コンテスト」を実施してきた。そのねらいは、学
部低年次生にアカデミックな文章を書くことのおもしろさを実感してもら
い、書くことへの関心をひいては卒論や修論へと水路づけることにある。
106
「学術論文の書き方入門」の授業実践
応募資格は学内の学部生に限定している。論文テーマについては、2007
年度から 2009 年度までは現代の社会問題を扱うように指定した。また、
2008 年度からは「文献を十分に活用して論じること」というリクエストを
して、応募者に先行研究について掘り下げることを期待した。2010 年度か
らは、理系学生の応募を増やすために「とりあげるテーマ/問いを明確に
記述したうえで、文献等を活用して論じてください。内容領域は問いませ
んが、当該領域を専門としない人にも理解できるよう記述すること」と改
訂した。分量については、2007 年度は 8,000 字以内としたが、2008 年度以
降は最大 14,000 字まで認めている。例年、応募締切は後期授業の終了前で
ある 1 月中旬に設定している。
審査方法は、高等教育研究センターのスタッフ(教員+研究員)で予備
審査を行う。次に、教育部門の経営・管理職 3∼4 名(2011 年度は教育担
当理事・教養教育院長、教育担当総長補佐、附属図書館長、高等教育研究
センター長)により本審査を行い、入賞作品(毎年 2∼4 本程度)を選んで
いる。また、予備審査の結果をフィードバックシートにまとめ、応募者全
員に送っている。入賞論文については、本審査のコメントを参考に著者が
修正したものを、名古屋大学学術機関リポジトリに登録し、全文公開して
いる。
同コンテストの応募本数をみると、2007 年度:14 本、2008 年度:15 本、
2009 年度:16 本、2010 年度:16 本、2011 年度:21 本、2012 年度:39 本
と増加傾向にある。ただし、名古屋大学の学士課程学生数が 9,758 人(2011
年 5 月 1 日現在)であることを考えれば、応募者数は必ずしも多いとはい
えない。過去 6 年間(2007 年度∼2012 年度)の応募者のべ 121 人の所属学
部を調べると、文、教育、経済、法など文系学部の学生が 104 人となり、9
割近くを占めている。名古屋大学の学部学生は約 4 分の 3 が理系であるこ
とを考慮すれば、理系学生の応募は非常に少ないといえるだろう。学年別
では 1 年生が 105 人(86.8%)を占めた。男女比は 66 人:55 人であった。
名古屋大学の学部学生の男女比は約 7:3 であるので、相対的には女子学生
が積極的に応募していると言える。入賞論文の題目は、大学生の日常生活
や問題意識にとって身近な題材(ニート、大学生、レポート、携帯電話、
少子化、ポップカルチャーなど)を選ぶ傾向がみられる。また、応募者の
リピーターも若干みられる。総じて言えば、このコンテストに応募する中
核層は文系学部の 1 年生であるという特徴がある。
このうち 2009 年度∼2011 年度のコンテスト応募論文 53 本(入賞論文 8
107
本)について、予備審査結果をまとめてみた(表 1)
(2012 年度は入稿時点
で審査中)。予備審査のフィードバックシートは記述式の総合コメントに加
えて、内容、表現、形式の各カテゴリごとに 4 段階で評定している。これ
をみると、応募者全体の平均値では文章表現に関する項目(「読みやすい言
葉づかいで書かれているか」、
「誤字・脱字はないか」)の評価が比較的高い
のとは対照的に、入賞者の平均値では内容に関する項目の評価が最も高く
なっている。また、応募者平均と入賞者平均を比較すると、内容カテゴリ
ーの各項目では大きな差が生じているのに対し(入賞者平均>応募者平均)、
表現カテゴリーの各項目ではむしろ逆転現象がおきており、入賞者の平均
は応募者平均よりも若干低くなっている。このことから、論文コンテスト
の審査においては問題設定や論理構成の点で差がつきやすく、それが全体
の評価につながっていることがみてとれる。
表1
名古屋大学学生論文コンテストの予備審査結果
(2009 年度~2011 年度分のフィードバックシートをもとに算出、N=53)
カテゴリ
応募者平均
入賞者平均
内容
独自のテーマや問題が設定されているか
項目
3.2
3.8
内容
関連資料や文献は主張や仮説を裏付けるも
のとなっているか
2.8
3.6
内容
問題提起と結論は整合性が取れているか
2.8
3.7
表現
読みやすい言葉づかいで書かれているか
3.4
3.3
表現
誤字や脱字はないか
3.7
3.5
形式
指定の書式どおりに整えられているか
3.5
3.4
形式
引用の方法は適切か
2.8
3.3
形式
参考文献や註の付け方は適切か
2.9
3.4
十分できている=4、できている=3、向上が望ましい=2、より向上が望ましい=1
また直近 3 年間の本審査会では、審査員から次のようなコメントが出さ
れている(匿名化)。
・最初に問題を出しても、答えていない論文がある。論証が不明。
・問いを出しているが、答を出していない。短いエッセイでは処理しき
れない大きな問いを出している。もっと話題を細かく絞るべき。
・一般論をやったらまともな論文はできない。特定の観点から掘り下げ
れば疑問がみえてくる。
・理由の論証がきちんと述べられておらず、分析が唐突な印象を与える。
108
「学術論文の書き方入門」の授業実践
これらの情報からは、素材を自分が扱える範囲の問いに限定し、設定し
た問いを論証していくプロセスに課題のある論文が多いことがみてとれる。
他方、予備審査のフィードバックシートや本審査の記録を観察するかぎり、
一定の形式を満たすこと、魅力的な素材を探すこと、先行研究を探求する
こと、必要な調査を実施することについては、応募者はある程度の水準ま
では自力で行うことが可能なようである。
こうした状況を踏まえて、2008 年度からは学生にコンテスト応募を奨励
し、学術的な文章を書くための基本スキルを習得することを支援する試み
として、
「 レポート書き方講座」を年数回、不定期に実施している(継続中)。
これらは当初は高等教育研究センターが主催したが、2010 年度からは附属
図書館の主催行事として位置づけ、高等教育研究センター教員(大部分は
筆者)が講師を担当する方式をとっている。
これらのセミナーの受講者から論文コンテストに応募するケースは、毎
年数人程度みられる。このセミナーを 4 年間にわたって実施してきた経験
から、いくつかの課題が明らかとなった。第一は、学部低年次の授業と重
なる可能性が少ない時間枠(多くは水曜日の夕方)にセミナーを設定して
いるにもかかわらず、参加人数はそれほど多くなく、回を追うごとに減少
する傾向がみられることである。第二は、セミナー参加者には他大学出身
の大学院生(多くは前期課程)や大学院入学をめざす外国人留学生の研究
生が多くみられ、低年次の学部生に書く経験を奨励するという論文コンテ
ストの趣旨とは必ずしも合致しなかったことである。第三は、不定期に数
回のセミナーを開催する方式だと、参加者の大多数が毎回入れ替わるので、
学部生にとって経験の少ない論文主題の設定や論証方法について十分に掘
り下げることが難しいという点である。以上の点から、
「レポート書き方講
座」は論文コンテストへの応募を奨励する水路づけとしての存在を十分に
果たしているとは言いがたい。
4.全学教育科目「学術論文の書き方入門」の開講
こうした反省点を踏まえて、2012(平成 24)年度に名古屋大学教養教育
院では全学教育科目として「学術論文の書き方入門」という授業を開講し
た(2 単位、前期、文系基礎科目、担当教員:近田政博)。この授業は、前
述の「レポート書き方講座」の成果と課題をもとに、高等教育研究センタ
ーから教養教育院に学部生向けアカデミックライティング入門に関する授
109
業開講を申し入れた結果、教養教育院から開講を認められたものである。
授業のねらいは、
「大学で求められる学術的な文章がどのようなものかを理
解し、一定の論理的手続きに基づいて文章を組み立てられるようになる」
ことであると設定した。本授業の履修者は学部 1 年生 127 名、3 年生 1 名、
4 年生 1 名、計 129 名である。内訳は、文学部 25 名、教育学部 27 名、法
学部 41 名、経済学部 23 名、情報文化学部 11 名、他大学の学生 2 名であっ
た。名古屋大学全学教育科目のルールにより、文系基礎科目の一つである
本授業に TA はつかない。
この授業のオリジナル教科書としては、小冊子『Mei-writing 日本語版
論理的に書く技法(初版)』を 3 月末に制作し、受講者全員に配布している。
この教科書は 2011 年度に附属図書館で実施した「レポート書き方講座」シ
リーズの内容を文章化したものであり、Paul. W. L. Lai 氏(名古屋大学教
養教育院アカデミックライティング支援室特任准教授)の原作を筆者が翻
訳・編集したものである。講義はこの教科書を用いて筆者が担当するが、
うち数回分は上記の Lai 氏および附属図書館職員、および学外有識者にゲ
ストスピーカーを依頼した。
名古屋大学では 2011 年度から Mei-Writing と称する、大学院生向けの外
国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語)によるアカデミックライテ
ィングを学ぶ授業が開講されている。このプログラムはいわゆる「グロー
バル 30」プログラムの一環として整備されたため、主たる受講対象者は大
学院レベルの外国人留学生である。一方、学生数の中核を占める日本人学
部生を対象にしてアカデミックライティングの基礎を提供する授業はこれ
まで存在しなかった。本授業の開講にはこうした名古屋大学の全学教育カ
リキュラムの「隙間」を埋めるという意図も込めている。ただし、学生論
文コンテストへの応募が少ない理系学生に対しては、まだ有効な手立てを
講じられていない。
この授業では異なる学部の学生が混ざるように 4 人一組のグループを編
成した。各グループにはグループ共通の題材として、現代の日本社会にお
いて是非が問われている問題(大学の秋入学への移行、死刑制度、裁判員
制度、原発の再開、消費税の増税)のいずれかを選択するか、あるいは相
談の上で別途の題材を提案させた。結果的に各グループが選択したのは、
大学の秋入学への移行 8、裁判員制度 5、消費税の増税 4、原発の再開 3、
死刑制度 3、その他の題材 11 となった。この共通題材に基づいて主題を設
定し、各自が指定のワークシートを作成した。つまり、題材はグループ共
110
「学術論文の書き方入門」の授業実践
通だが、課題作成は個人ベースで進める方式をとった。随時設けたグルー
プワークの中で相談したり、互いのワークシートにコメントすることを奨
励した。
図1
ワークシートの例(ワークシート 3:論文要旨を作成する)
本授業を学生論文コンテストへの水路づけとするためには、最終課題と
して同コンテストにそのまま応募できるような論文を課すのが望ましい。
しかしながら、TA なしで履修者数 129 人という状況を考えると、現実的
な採点基準・方法を検討せざるをえなかった。そこで、成績評価は論文の
代わりに 5 種類のワークシート(A4 サイズで各 1 枚)を提出してもらい、
これらを各 20 点満点として採点する方式をとった。5 種類とは、ワークシ
ート①「論文主題の作成」、ワークシート②「論証方法の提示」、ワークシ
111
ート③「論文要旨の作成」、ワークシート④「序章の作成」、ワークシート
⑤「論証に必要な先行研究の整理」である。これらのワークシートを土台
とした論文を作成・提出することは本授業の成績評価対象としなかったが、
授業で得られた知見をまとめて学生論文コンテストに応募することを推奨
した。
ワークシートの名称からもわかるように、本授業では文章を書く上での
基本作法に重きを置いた従来型のアカデミックライティングと異なり、文
章を書く前の論理設計に重きを置いている。受講者はどのように論文主題
を絞り込み、それを論証するためのプロセスをどう設計するか、こうした
全体像を要旨や序章の形でどのように簡潔に要約するかというスキルを習
得する。
5.事前アンケートの集計結果
次頁の図 2 は、渡辺・島田(2010)による文章作成のプロセスである。
A は書き始める前、B は書き始める時(本物に近いものを書き始めること
であり、メモや草案は含まない)、C は書き始めてから一通り書き上げるま
での間、D は一通り書き上げる時、E は一通り書き上げてから提出するま
での間、F は提出する時、G は提出した後を示している。渡辺らは初年次
生への調査結果において、苦手度の高低によらず、最も苦労するステップ
は A「書き始める前」、B「書き始める時」、C「一通り書き上げる前」に集
中すると指摘している(N=1,018)。つまり、多くの学生は第一稿を書き上
げる前に多くの労力を割いている。
この渡辺らの指摘は本授業にも当てはまるだろうか。そこで、
「学術論文
の書き方入門」の初回の授業において、渡辺らの調査項目と同一項目によ
るアンケート調査を受講者に実施した(N=124:2012 年度)。書くことが
苦手だと解答した学生の割合(「どちらかといえばそう思う」と「そう思う」
の合計値)を比較すると、名古屋大学では 66.9%(83 人)に達し、ほぼ 3
人に 2 人の割合となった。これは渡辺らの調査した 3 大学(Y 大学 61%、
K 大学 54%、T 大学 49%)のいずれよりも高い。名大での調査結果は全員
文系学生であるが、文章を書くことに対する苦手意識は最も高いという結
果となった。文章を書くことに対する苦手意識と実際に書く能力は別物で
あるが、書くことに対して自信のない名大生は少なくないことが推察され
る。
112
「学術論文の書き方入門」の授業実践
文章を書く際に最も苦労する段階については、名古屋大学の回答者は「書
き始める前」と「書き始める時」に集中する傾向があり、この二つの時点
を合計すると 76.6%(95 人)に達した。一方、渡辺らの調査した 3 大学で
は回答はやや分散する傾向があり、A「書き始める前」と B「書き始める
時」の合計値は 60.8%(618 人)にとどまる。
A
B
D
E
F
G
提出する
一通 り 書き 上げ る
書き 始 める
図2
C
渡部・島田(2010)における文章執筆の 7 ステップ
6.事前アンケート結果と渡辺・島田調査の比較
それでは、文章を書く際の苦手意識の大きさと、書く際に最も苦労する
時系列的な段階はどのような関係にあるのだろうか。両者をクロス集計し
た渡辺・島田は、図 3 上図のような結果を得た。渡辺らはここから、
「巨視
的にみれば、ステップ A、B、C に回答の大半が集中するという点で、苦
手度による差はあまり無い。」(p.111)、「(苦手度が高くなるほど)ステッ
プ A、E がやや少ない代わりにステップ B、C がやや多い。」
(p.112)と観
察している。また、自由記述意見として「何を書いていいかわからない/
書くことがない」という回答がステップ C に多く、かつ苦手度が高いほど
多くなることを指摘している(同上)。
この特徴をふまえて渡辺・島田は、苦手意識の大きい学生が最も苦労す
る段階はステップ B(書き始める時)とステップ C(書き始めた後)が多
い一方、苦手意識の少ない学生は構想段階にあたるステップ A(書き始め
る前)および推敲段階にあたるステップ E(書き上げてから提出するまで
の間)で相対的に苦労していると指摘している。ここから、苦手意識の少
113
ない学生は構想や推敲により多くの労力をかけ、苦手意識の大きい学生は
書き始めてからより苦労する傾向があるという結論を導いている。
渡辺・島田調査(N=984:不明・無回答分を除く)
苦手 意 識
大
D, 6
苦手
A, 97人
どちらかといえば苦手
A, 95人
B, 72
C, 76
A, 112人
B, 71
C, 94
B, 80
C, 76
E, 12
D, 13
E, 15
D, 4
どちらかといえば
苦手ではない
E, 22
D, 3
苦手ではない
A, 51人
B, 30
C, 27
E, 15
小
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
近田調査(N=116:「どちらとも言えない/わからない」を除く)
苦手 意 識
大
苦手
B, 16
A, 20人
C, 6
D, 3
F, 1
どちらかといえば苦手
B, 16
A, 11人
C, 8
D, 2
E, 1
どちらかといえば
苦手ではない
B, 5
A, 18人
C, 5
B, 0
苦手ではない
小
0%
図3
C, 2
A, 2人
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
文章を書く際の苦手意識と書く際に最も苦労する段階の関係
(A~F の表記は図 2 の各ステップに対応)
この特性について、認知心理学的なアプローチからアカデミックライテ
ィングを研究している井下千以子(2008)の表現を援用するなら、文章を
書くのが苦手な学生はテーマについて思いついたままに書き連ねる「知識
叙述型ライティング」に依存しがちであり、内容を再帰的に再構成しなが
ら書き進める「知識構成型ライティング」が十分に定着していないと表現
114
「学術論文の書き方入門」の授業実践
できるだろう。
筆者も渡辺・島田と同じ手法でクロス集計を行ったところ、図 3 下図の
ような結果が得られた。本調査ではサンプル数が少ないため渡辺・島田調
査よりも項目間の偏りが大きい。ステップ A(書き始める前)とステップ
B(書き始める時)に集中する割合は渡辺・島田調査よりも高くなってい
る。苦手度が大きい場合(「どちらかといえばそう思う」と「そう思う」)
においては、ステップ B(書き始める時)やステップ D(一通り書き上げ
た時)の割合がやや高くなる傾向がみられる。全体的にみれば、苦手意識
が強くなるにしたがい、構想段階にあたるステップ A(書き始める前)以
外の回答が若干増える傾向にある。すなわち本調査から得られた結果は、
苦手意識の高い学生ほど書き始めてから苦労する傾向にあるというもので
あり、渡辺・島田の結論を基本的に支持するものとなった。
また、事前アンケートでは、最も苦労する段階の内容は具体的にどのよ
うなものだったかを自由記述してもらい、これを KJ 法により分類した。
文章を書くプロセスに注目したところ、
「生理的な苦手意識」
(4)、
「題材や
テーマの選定」
(16)、
「書く前の文章構成」
(45)、
「書き出し方」
(30)、
「書
き始めた後の展開」
(23)、
「結論のまとめ方」
(6)の 6 種類のカテゴリに分
類することができた(カッコ内は人数、重複なし)。同一人物が複数のカテ
ゴリにわたって記述している場合もあるが、その場合は最も力点を置いて
いる内容によって分類した。ここからわかったことは、
「何を書いてよいか
わからない」という意見よりも「定めた主題をどのように書くか」に苦労
するという意見の方が多かった。この結果から、名古屋大学の新入生は主
題をどのように構成し、論証するのかという点に多くの困難を抱えている
ことがうかがえる。
7.事後アンケート結果にみる苦手意識の変化
ではこうした苦手意識は本授業の履修によってどのように変化したのだ
ろうか。渡辺・島田調査や筆者の事前アンケートでは「ふだん最も苦労す
る段階を一つだけ選ぶ」ことを求めたが、実際には苦労した段階は複数存
在する場合もありうる。そこで、7 月下旬に実施した事後アンケートでは、
A∼G の各段階において苦労しているかどうかについて、本授業の履修生
に入学時点(4 月上旬)と授業終了時点(7 月下旬)の違いを尋ねた(図 4、
図 5)。
115
(%)
100%
100
ほとんど苦労しなかった
4
多少苦労した
苦労した
7
90%
90
17
20
80%
80
29
43
70%
70
69
60%
60
50%
50
40%
40
86
54
72
60
30%
30
47
20%
20
23
25
10%
10
0%
0
A
図4
90
B
C
6
4
8
2
4
2
D
E
F
G
文章を書く際に、各段階でどの程度苦労しているか
(入学時を想定して)(N=96)
(%)
100%
100
ほとんど苦労しなかった
多少苦労した
苦労した
1
10
90%
90
27
80%
80
40
51
70%
70
65
51
60%
60
80
89
50%
50
53
40%
40
30%
30
55
20%
20
40
25
35
10%
10
0%
0
A
図5
11
16
B
C
5
6
5
6
1
D
E
F
G
文章を書く際に、各段階でどの程度苦労しているか
(1 年生の 7 月下旬時点)(N=96)
両時点に共通する特徴としては、①「苦労した」経験は書き始める前が
最も多く、おおむね A∼C の段階に集中していること、②「多少苦労した」
経験は書くプロセス全体にわたって存在し、書き始めてから一通り書き上
げる段階までが多いこと、③一通り書き上げてからは「ほとんど苦労しな
かった」割合が大きくなること、が挙げられる。その一方で、E∼G 段階
においては「ほとんど苦労しなかった」と回答した人数が微減する傾向が
116
「学術論文の書き方入門」の授業実践
みられる。これは何を意味するのであろうか。履修によって、むしろ苦労
が増えたということだろうか。
この点について掘り下げるために、回答者個人の意識変化に注目して、
苦労度が減少した人、変わらない人、増加した人を算出して、に分類した
(図 6)。これによると、苦労度が最も減少したのは B「書き始める時」で
あり、回答者全体の 41.7%を占めた。同様に苦労度が減少した人の割合が
大きかったのは、A「書き始める前」31.3%、C「書き始めた後」28.1%と、
全体のおよそ 3∼4 割を占めることがわかった。
(%)
100
100%
90
90%
増加
13
同じ
10
8
減少
13
13
6
3
80
80%
70
70%
60
60%
46
61
53
50
50%
60
73
90
90
40
40%
30
30%
20
20%
10
10%
40
30
27
23
10
0%0
C
D
E
3
A
B
F
図6
受講による苦労度の変化(N=96)
G
同時にここで注目したいのは、むしろ受講後に苦労度が増加した割合が
全体の 1 割前後存在しており、全段階にわたって存在していることである。
いずれかの段階で苦労度が多少でも増加した人の割合は 41.7%(40 人)、
複数の段階で増加した人は 17.7%(17 人)にのぼった。本授業を受講した
結果、むしろ労力や時間が増大するようになった、あるいは心理的な抵抗
や負担が増えたと感じるのは、一体どういうことなのだろうか。そこで、
受講後に苦労度が増加したと回答した学生が、事後アンケートの自由記述
意見(「受講前と受講後であなた自身が変化したと感じる点があれば、それ
を具体的に表現してください」)に記述した内容に注目してみたい(筆者が
誤字・脱字を適宜修正)。
記述内容を調べたところ、①書き始める前にどのような準備が必要かを
理解できたとする肯定的な意見、②論文や論理思考がどういうものかわか
117
り、安心できたとする肯定的な意見、③まだ実感がつかめない、方法がわ
からないとする否定的な意見の 3 種類に大別された。否定的な感情を伴う
記述は非常に少なかった。
① 書き始める前にどのような準備が必要かを理解できた
・先に要約をしてから書き始める点
・以前は文章をいきなり書いて途中で苦労することや、どう書き始めた
らいいか分からなくて困った事が多かったが、現在ではレポートなど
を書く時は初めに自分の言いたいことやおおまかな構成を考えて書く
ようになった。少し楽になったように思う。
・文章がスムーズに書けるようになったとは思います。とくに書き始め
につまることは少なくなりました。
・論文について、書きながら考えた方がよい、とりあえず書き始めてみ
て、というアドバイスも他の先生から頂いていたものの、少なくとも
この講義で学んだ事前作業の有用性については大いに理解できたと考
えている。
② 論文や論理的思考がどういうものかわかり、安心できた
・論文の書き方が、少しだが、わかるようになれてよかった。
・さっぱりわけのわからなかった論文が、自分にも書けるものだと思い
ました。
・気をつけるべき所にしっかり力を入れるようになった分、逆に文章を
書くのに注ぐ労力が増えた。でも確実に文章力の向上につながってい
るのだからいいと思う。
・講義とは直接関係ないが、質問力を意識するようになった。
・今まで文章を「流れ」を大切にするというイメージで書いていました。
感想文などはそれで良いのかも知れませんが、
「論理的な文章」との違
いが分からず、
「専門用語を使う」とか「である」口調にするとか、本
質的な理解をしていませんでした。この授業で一つ一つの段落に意味
があってブロックとして考えるというのが新しい考え方だと思いまし
た。
・漠然としたテーマから、主題を絞り込むときに、どのような手順を踏
めばよいのかが、何となく分かった気がしました。
・様々なゲストスピーカーによる話で、書くことを学ぶことの大切さを
学んだ。これから、レポート毎に意識して、良い文章が書けるように
していきたい。
118
「学術論文の書き方入門」の授業実践
③ まだ実感がつかめない
・どのように書いていくかはわかったが、実感がわかない。もう少し自
分の(論文主題の)予備知識をたくわえた上でこの授業をうけると実
感がわいたのだと思う。だから、2 年からの専門科目がはじまり、あ
る程度専門的な知識を身につけた上でこの授業は開講されるべきだと
思った。
・この講義では、論文とは新しくて正しいことを書くのだと教わったが、
それをはじめからできるなら苦労しないと思う。そこの発見の仕方を
教えてほしかった。
これらの自由記述からは、本授業をはじめ、大学に入学してさまざまな
授業を履修する中で、これまで書いてきた文章と大学で求められる文章の
違いに気づきはじめている。そして、何に留意するべきかを意識するあま
り、かえって労力や心理的な負担感が増大した、あるいは自身に対する要
求水準が厳しくなったことが推察される。つまり、この授業を履修するこ
とで文章作成に対する理解が深まるが、それによって「いかに難しいか」
という気づきも同時に深まるので、結果的には一定の割合で苦労度が増加
するのではないかと考えられる。
(人)
50
43
39
40
31
30
37
30
30
24
20
16
18
11
10
13
9
4
3
0
教科書
ワークシート
講義者の発話
ゲストスピーカー
受講前にA~D段階のいずれかで苦労した人(n=87)
図7
グループワーク
授業全体
その他
受講前後でA~D段階の苦労度が減少した人(n=66)
書く力を高める上で「かなり影響を受けた」と思われる項目
それでは、受講者の苦労度の変化に影響を与えた要因は何であろうか。
事後アンケートでは、本授業で活用したさまざまな方法のうち、書く力を
高める上で影響を受けた項目を回答者に選んでもらった。受講前と受講後
119
で苦労度の変化が特に大きかった A∼D 段階に限り、これらの段階におい
て受講前に「苦労した」と回答した人、および受講前後で苦労度が減少し
た人を抽出し、これらの人がどの授業方法に影響を受けたのかを調べた。
アンケートでは影響を受けた度合いを「かなり影響を受けた」
「多少は影響
を受けた」
「ほとんど影響を受けていない」の 3 段階で尋ねたが、このうち
「かなり影響を受けた」とする回答のみを抽出した(図 7)。
ここからは、入学時点で A∼D 段階のいずれかにおいて苦労した人
(N=87)が大きな影響を受けた項目は、教科書、ワークシート、講義者の
発話、ゲストスピーカー、グループワーク、授業全体、その他の順であっ
た。最も回答の多かった教科書を挙げたのは該当者の約半数(87 人中 43
人)に上った。また受講前後で A∼D 段階の苦労度が一つでも減少した人
(N=66)が大きな影響を受けたのもほぼ同様の順となった。最も回答の多
かった教科書を挙げたのは該当者の半数弱(66 人中 31 人)であった。
これらの項目のうち、教科書、ワークシート、講義者の発話、ゲストス
ピーカーは、受講生からすれば「教員から与えられた機会」であったと言
える。これに対してグループワークは 5 種類のワークシートを作成するご
とに設けたのだが、その内容や進め方については各グループの裁量に任せ
た。言わば「受講者による自己裁量の大きい機会」であった。このため、
相互コメント・推敲を重点的に行ったグループもあれば、参考文献の収集
に時間を割いたグループもあった。また、グループ分けを教員が機械的に
行ったため、必ずしもグループ内の意思疎通が円滑にはいかず、個人作業
が主体になってしまったグループもあった。
図 7 をみる限り、
「教員から与えられた機会」である教科書、ワークシー
ト、講義者の発話、ゲストスピーカーの評価が相対的に高いのに対し、グ
ループワークの評価はそれほど高くない。全受講者数の回答結果を見ても、
グループワークから「ほとんど影響を受けていない」と回答した人数は 24
人(25.0%)に上り、他の項目(教科書 2 人、ワークシート 3 人、講義 0
人、ゲストスピーカー6 人)とくらべるとひときわ多かった。先行研究で
はライティングの授業においては協同学習の重要性がたびたび指摘されて
きたが(たとえば、鈴木 2009)、本授業のようにグループワークへの水路
づけと受講者のレディネスが十分でない場合、あるいはグループワークが
直接的に成績評価の対象にならないような場合は、必ずしも学習効果に大
きな影響を与えるわけではないと言えるだろう。
120
「学術論文の書き方入門」の授業実践
8.結論
本稿では次の結果を明らかにすることができた。
・名古屋大学学生論文コンテストの応募論文では、応募者に対するフィ
ードバックシートの評価を見る限り、入賞者と一般の応募者との差は、
文章表現よりも「問題提起と結論との整合性」や「主張や仮説の裏付
け」などの内容面において大きい。
・筆者が平成 24 年度全学教育科目「学術論文の書き方入門」において受
講生に行った調査結果からは、文章を書く際に最も苦労する段階は「書
き始める前」および「書き始める時」に集中していることがわかった。
また、苦手意識が強くなるにつれて、書き始めてから苦労する度合い
が若干増える傾向にあることがわかった。
・入学時点と 7 月下旬段階で比較すると、文章を書く際の苦労度は、書
き始める前後の段階で大きく減少する傾向がみられた。苦労度が最も
減少したのは「書き始める時」であり、回答者全体の約 4 割を占めた。
次いで「書き始める前」および「書き始めた後」が多かった。
・反対に、受講によって苦労度がむしろ増加した人がすべての段階にお
いて存在した。いずれかの段階で苦労度が多少でも増加した人の割合
は全回答者の 4 割を超えていた。受講者はアカデミックな文章を書く
上で何が難しいのかに気づき、一部の受講者はこれを意識するあまり、
結果的に文章を書く労力が増加したことが推察される。
・書く力を高める上で大きな影響を与えた授業方法は、教科書、ワーク
シート、講義の順であった。一方、グループワークに影響を受けた人
と回答した人は比較的少なかった。
これらの結果から、結論として次の 2 点を導出したい。
・本授業による苦労度の軽減は必ずしもすべての段階においてみられ
るわけではない。苦労度の軽減は、書き始める前の構想作成から一通
り書き上げるまでの段階に集中している。
・苦労度の軽減は必ずしもすべての学生にみられるわけではない。反対
に、苦労度が増加した学生もすべての段階において存在する。
つまり、論文主題の設定方法や論証方法の基礎知識・スキルを習得させ
る授業は、文章作成に対する学生の苦手意識を軽減する上で一定の効果を
もちうるが、その効果は必ずしもすべての段階、すべての学生、あるいは
すべての教授方法に一律に当てはまるわけではないということである。
121
本稿から明らかとなった課題を最後に 2 点指摘しておきたい。第一は、受講
することによって、かえって文章を書くことの難しさを実感した学生に対して、
大学としてどのような継続的アプローチが適切なのかという問題である。第二
は、書くことに対する苦労度が軽減したという自己意識と、実際に論理的な文
章を書けるようになることは別物だということである。特定の授業を履修する
だけで論理的な文章をすぐに書けるようになるわけではない。論理的な文章を
書く上で何が重要なのかという気づきと苦労度の軽減が、実際の文章作成能力
にどのような影響をもたらすのかについては、別途精査する必要がある。
参考文献
井下千以子、2008、『大学における書く力 考える力−認知心理学の知見をも
とに』東信堂、40-3。
小林至道・杉谷祐美子、2012、「ワークシートの利用に着目した論文発展プロ
セスの分析」『大学教育学会誌』34(1): 96-104。
文部科学省、2011、「大学における教育内容等の改革状況について」、14。
(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/daigaku/04052801/icsFiles/afieldfi
le/2011/08/25/1310269_1.pdf, 2012.10.20.)
大島弥生、2007、「大学初年次のレポート作成授業におけるライティングのプ
ロセス」お茶の水女子大学『言語教育と日本語教育』33: 57-64。
佐渡島紗織・冨永敦子・太田裕子・齋藤綾子・宮本明子、2012、「早稲田大学
における学術的文章作成授業の成果−大学院生が個別指導する e ラーニング
初年次授業」『大学教育学会誌』34(1): 119-26。
鈴木宏昭編著、2009、青山学院大学総合研究所叢書『学びあいが生みだす書く
力−大学におけるレポートライティング教育の試み』丸善プラネット、164。
東京大学大学経営・政策研究センター、2008、『2007 年全国大学生調査第一次
∼第三次調査基礎集計表』、1-8。
(http://ump.p.u-tokyo.ac.jp/crump/resource/kiso2008_01.pdf, 2012.10. 20.)
渡辺哲司・島田康行、2010、「大学初年次生が文章表現に対してもつ苦手意識
の分析」『大学教育学会誌』32(1): 108-13。
渡辺哲司、2010、『「書くのが苦手」をみきわめる−大学新入生の文章表現力
向上をめざして』学術出版会、146。
謝辞
本稿を作成するにあたり、渡辺哲司氏から渡辺・島田論文(2010)の調
査データの提供を受けた。これによって、本調査結果と渡辺・島田調査の
結果を比較することができた。記して感謝したい。
122
Fly UP