...

2007 年5月 23 日 米国バージニア工場における金属樹脂積層板

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

2007 年5月 23 日 米国バージニア工場における金属樹脂積層板
2007 年5月 23 日
米国バージニア工場における金属樹脂積層板「アルポリック」生産設備増強について
三菱化学産資株式会社
三菱化学産資株式会社(本社:東京都千代田区、社長:瀬川 正身)が 100%出資す
る米国法人三菱化学産資アメリカ社(Mitsubishi Chemical FP America)は、米国バー
ジニア州においてビルの外装材等建築材料に使用される金属樹脂積層板「アルポリッ
ク」の生産設備の増強工事を完了し、本年 4 月より本格運転を開始しました。
当社は、1991 年より米国内の金属樹脂積層板の需要に応えるため、現地に生産拠点
を設け生産及び販売を行ってまいりました。昨今、世界的に芯材に無機材料フィラーを
充填した不燃グレード(fire rated grade)の需要が高まっています。今般、米国での
需要増加に伴い、同グレードの生産も可能なラインの増強(125 万㎡/年)を行いまし
た。
アルポリックは、ポリエチレンなどを素材とする芯材をアルミニウム、ステンレス、
チタン、ガルバニウム、亜鉛などの金属面材で挟んだ複合板で、当社では、1971 年か
ら事業展開し、主力商品として世界 80 カ国に出荷しております。営業、マーケティン
グについては日本、米国の他にシンガポール、イスタンブールにも事務所を設け、グロ
ーバルに販売展開しており、その結果、販売は昨今の世界的な建築需要の増加を背景に
ここ数年順調に増加してまいりました。
今回のバージニア工場の増強により、三菱化学産資グループ全体で年間 1,200 万/㎡
の供給体制(バージニア、新潟、長野及び東京の4拠点)となります。また、米国から
欧州等に輸出することができ、より一層お客様のニーズに迅速に対応することが可能と
なります。
〇米国バージニア工場増設の概要
1. 生産能力:125 万㎡/年
(増設後の工場全体の生産能力は 250 万㎡/年)
2. 投 資 額:約 10 億円
3. 生産開始:2007 年 4 月
<三菱化学産資株式会社の概要>
1. 設 立: 1976 年9月
2. 本 社: 東京都千代田区
3. 資本金: 20 億円
4. 資本構成:三菱化学株式会社
5. 社長:
瀬川 正身
※アルポリック構造及び使用実例は別紙ご参照
以
上
【本件に関するお問い合わせ先】
三菱化学産資株式会社
複合材事業部 03−5293−6630
別紙
<アルポリックの構造図>
塗装
アルミ
芯材 ・一般品・・・ポリエチレン
・f r品 ・・・ポリエチレン+無機材
製品厚み: 1~8mm
<使用実例>
ガソリンスタンドキャノピー
中部国際空港コンコース天井
ドバイ国際空港
中国国家大劇院/北京
ブルジュ・アル・アラブ ホテル/ドバイ
Fly UP