...

自律訓練法―その指導実践 46年

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

自律訓練法―その指導実践 46年
駒澤大学心理学論集,2007,第 9 号,21-42
最終講義
2007, 9, 21-42
自律訓練法―その指導実践 46年
佐々木 雄二
Autogenic Training: Practice over Fourty-six Years as an Instructor, Therapist and Researcher.
Yuji Sasaki (Department of Psychology, Komazawa University, Japan)
本日はお出かけいただき,ありがとうございま
す。
現役の院生・学生諸君ばかりでなく,OB・O
G諸君,さらには同僚や大学関連の皆さんにもお
出かけ頂いているようで,ほんとうに有難うござ
います。
す。
自律訓練法とは何か:定義
はじめに:自律訓練法との出会い
何をテーマにして「最終講義」を聞いていただ
こうかと えたのですが,大学を卒業し,昭和 37
年に心療内科医となってすぐにめぐり合って,以
来,これまで 46年,ずっと臨床現場で用いてきた
「自律訓練法」にしました。こういいますと,その
他にも話せるテーマをいくつも持っているように
聞こえるかもしれませんが,実のところはこれし
かなかったということです。
そんなわけですので,
本日は,私が自律訓練法をどのように用いてきた
か,どのように役立てることができたかなどにつ
いて聞いて頂くことにします。
自律訓練法をどのように利用したか
自律訓練法は,後ほどお話いたしますように,
「非特異的心身調整法」
ですので,たいへん幅広く
利用することができます。私は最初,自律訓練法
を九州大学病院の心療内科で心身症や神経症の医
学的治療法として用いたわけですが,その後,本
学,駒澤大学文学部や筑波大学心理学系では,医
師,臨床心理士,あるいは 康心理士としてサイ
コセラピーやカウンセリングの中で利用するとと
もに,大学教員としては自律訓練法指導者の育成
にも当たりましたし,研究テーマでもありました。
またカルチャースクールではストレス緩和法とし
ての「自律訓練法講座」を担当しましたし,私自
身のストレス緩和法としても利用してきたわけで
21
自律訓練法は,1920年代にドイツで られた一
種のセルフコントロール技法です。具体的には,
心身のリラクセーションと関連する感覚を簡潔に
式化した自己教示的語句
(「気持ちが落ち着いて
いる」
「両腕両脚が重たい」など)を用いて,段階
的に,人間の諸次元(生理的・心理的・社会的,
実存的次元)を向ホメオスターシス状態へと変換
するための非特異的心身調整法であると言えま
す。
自律訓練法の諸技法
自律訓練法には,基本になる「標準練習」と,
標準練習を基盤に進めていく,さまざまな「特殊
練習」がありますが,ここでは,以下のスライド
3枚(表1,2,3)にまとめておきました。
例2例をお話し,次いで,駒澤大学時代から筑波
大学時代に出会い,さらに再度駒澤大学に帰って
きてからも指導を続けた2事例について話を進め
させて頂きたいと思います。
自律訓練法との出会い,
九州大学心療内科時代
私は 1961年(昭和 36年)に九州大学の医学部
を卒業しました。自律訓練法と出会ったのは,出
生地・広島の日本赤十字病院でインターン生を済
ませ,1962年に母 に帰り,新設されたばかりの
心身医学研究施設(教授:池見酉次郎)の1期生
4人の一人として入局した時です。この研究施設
はその翌年には,わが国で最初の心身症の診療・
研究にあたる診療科「心療内科教室」へと昇格し
ました。できたばかりの心療内科ですから,その
治療法としては,内科系の薬物を基盤に,当時開
発されて間もない向精神薬と,催眠療法,それに
精神医学領域で開発されてきたサイコセラピー,
すなわち精神 析的精神療法や森田療法などをい
ろいろ工夫しながら用いていました。自律訓練法
はそのような状況の中で,心療内科の治療法の一
つとして導入されることになったわけで,池見酉
次郎教授や教室の助教授であった前田重治先生
今回は,私が出会い,自律訓練法を指導した4 (後の九州大学教育学部教授,精神 析医)をはじ
名の症例(事例)を中心に,話を進めていく予定
めとした先輩諸先生の指導を受けながら催眠法や
です。
自律訓練法を身につけ,治療法として用い始めた
そこで,表4に,自律訓練法がわが国へ導入さ
わけです。
れた後,
今日までどのような経過を ってきたか,
私は,入局当初から1期生の仲間の一人,大野
その概略を「わが国における自律訓練法の発展 」 喜暉君と組み,自律訓練法による治療や研究に当
としてまとめ,それに私の経歴を重ね合わせてみ
たりました。私は専ら催眠法・自律訓練法専用診
ました。この時間の流れに って,最初に九州大
療室にこもって自律訓練法の指導・治療をし,大
学心療内科時代に経験した自律訓練法による治療
野君はその治療経過を生理検査室で脳波,GSR
やマイクロヴァイブレーションなどによって把握
したわけです。このように自律訓練法による治療
に専念できたおかげで,1967年には,心身症や神
経症患者 155名の自律訓練法を中心にした治療結
果を検討した結果を「自律訓練法の臨床的応用に
関する研究」としてまとめることができました。
ここではまず,以上の心療内科における自律訓
練法の臨床実践例の中から,学会などでも報告し
た2つの症例を提示したいと思います。
A君:全身性浮腫・乏尿の症例
患者は 17歳の男子高 生A君。症状は,乏尿,
22
全身性浮腫,発汗過多,微熱,疲労感などでした。
既往歴:早産児
(8ヶ月),
1歳:流行性脳脊髄炎,
12歳:腎炎,
扁桃腺摘出術,
15歳:副鼻腔炎など。
家族歴:2人の兄が幼児期に肺炎と白血病で亡く
なっています。以下で生活歴と現病歴について述
べます。
生活歴と現病歴
A君の両親は教育職でしたが, 親には酒乱傾
向・DVなどがあり,小学低学年で両親は離婚し
ました。一時期 親と二人で暮らしていたことが
ありましたが,
「鍵っ子」として,つらい体験をし
ています。家 的には問題がありましたが,学業
ではトップクラスの成績を維持してきました。し
かし,このように成績がよいのは,教育職である
母親との二人暮らしの中で母親からつきっきりで
指導を受けた結果である思っており,成績がよく
ても自信のない子どもとして育っていました。中
学生になった時,母親が再婚して,継 を含めた
三人暮らしとなっています。この頃から多汗傾向
に気づいています。尿量が少ない傾向があること
に気づいたのは中学3年生の時に副鼻腔炎の手術
で入院した病院で看護師から指摘された時でし
た。高 に入学すると,これまでいわば家 教師
的存在でもあった母親から,これからは自 だけ
で勉強を頑張るようにいわれ,不安を募らせてい
ます。そして高 に入学した年の5月,乏尿に浮
腫や動悸も加わり,発病しました。精密検査のた
めに 立 合病院へ入院し,そこで腎機能,腎生
検,腎動脈撮影などの精密検査を受けましたが,
腎炎の再発その他の積極的な病的所見は得られて
いません。 合病院に入院中は,一時,乏尿が強
く,全身浮腫も起こり,血中尿酸値が上昇して絶
対安静の時期もありましたが,心療内科に転院し
てきた時には,24時間尿量は平 300ml 程度で
した。
釈テストを行い,尿量が変化するかどうかを検査
しました。最初にこのテストを簡単に紹介してお
きます。
方法:前日夜から水 を制限し,翌朝膀胱に溜
まっている尿をすべて排出してもらいます。その
上で水 1200ml を飲んだ後,4時間目まで,30
ごとに 画採尿し,それぞれの尿について量と比
重を測定するといった検査です。正常値は,①4
時間以内の排泄尿量が 1200ml 以上,②比重は
1.001∼1.003に低下です。
快・不快と尿量との関連性
具体的に行った検査では,まず,リラックス中
心にした気 のよい状態を催眠によってつくり,
後催眠性暗示によってその状態を翌朝まで持続さ
せました。このリラックスした状態でフィッシュ
バーグ希釈テストを行いますと, 尿量 178ml,
最高比重 1,020,最低比重 1,005という結果を得
ました。それから5日後,今度は面接から得られ
ている彼の不愉快な経験に基づいて,その状況を
催眠下で再現し,後催眠暗示によって翌朝までそ
の不快状態を持ち越す中で,同じテストを行いま
すと, 尿量 89ml,最高比重 1,030,最低比重
1,010という結果になりました。表4は治療前後
に行ったフィッシュバーグ希釈テストと催眠を用
いて行った結果を整理したものです。これから
かりますように,不快状態では尿量が極端に少な
くなっており,A君の尿量減少は,慢性の不快な
緊張状態と関連していることが推測できます。そ
こで,この催眠結果と身体的な検査結果をA君に
説明して,器質的疾患に対する二次的不安を取り
除くとともに,催眠から自律訓練法に切り替えて
緊張状態をとる治療をすすめることにしました。
表4
心療内科での乏尿の診断:
フィッシュバーグ希釈テスト
The Fishberg s test of dilution
amounts
of urine
11, Nov.
226
1,025
1,004
post-hypnotic
comfortable state
7, Dec.
178
1,020
1,005
post-hypnotic
uncomefortable state
12, Dec.
89
1,030
1,010
pre-treatment
control
23, Jan.
586
1,012
1,002
pre-treatment
control
入院後の1ヶ月は,一般的な内科的検査や抗利
尿ホルモン関連の検査などをはじめとする諸検査
と面接を行い,2ヶ月目には,11回の催眠を行い,
深い催眠に導入できること,直接暗示では尿量に
変化は起こらないことなどを確かめた後,後催眠
性暗示を用いたフィッシュバーグ(Fishberg)希
23
specific
gravity
max
min
date
自律訓練法と尿量の変化
図1は入院中に測定した一日の 尿量をグラフ
にしたものです。これで見られますように,1ヶ月
目の検査期間と2ヶ月目の催眠利用期間には尿量
の増加は得られていません。3ヶ月目に入り,自
律訓練法を始めますと,尿量はかえって減少しは
じめました。これは面接や催眠によってできあ
がっていた主治医に対する依存傾向の強い状態か
ら,相対的にA君の自主性が要求される自律訓練
法に切り替わった時に生じた一時的な不安・緊張
状態による症状悪化と えられます。やがて自律
訓練法の第 1 式(四肢重感練習)をマスターし,
第2 式(四肢温感練習)に入る頃から尿量が増
加し始め,第2 式をマスターしてからの尿量は
急速に増加し始めました。
こうしてA君は,自律訓練法の標準練習を一通
りマスターした3ヶ月の間に心身ともに 康を回
復し,退院することができたわけです。この症例
の場合,全入院期間を通じて,利尿剤はもとより,
精神安定剤や睡眠薬などの薬剤は一切処方しませ
んでした。かなり長期間にわたる治療入院で薬物
類をまったく処方しなかった症例はこの例しかな
いのではないかと,ひそかに思っています。
最初に,
気管支喘息の心理社会的要因について,
2枚の表にまとめておきました。ご覧のように,
気管支喘息はずっと以前から心理社会的要因が絡
んでいることが知られていたことがお かりいた
だけると思います。
Bさんの現病歴も以下の表にまとめてみまし
た。
図1:自律訓練法による尿量の増加過程
Bさん:気管支喘息(心身症)
2番目の症例は気管支喘息,49歳の女性,兼業
農家の主婦,Bさんです。Bさんの家族歴には気
管支喘息,アレルギ−疾患,精神疾患などの負因
はありませんでした。既往歴として,強度の妊娠
悪阻,十二指腸潰瘍などがあります。
24
発病後の経過
Bさんは,X1年4月,感冒に罹っているにも
かかわらず,部落共同の農作業に出かけざるを得
なくなり,結果的に風邪をこじらせ,咳が持続す
るようになりました。そのまま梅雨が終わり8月
になってもよくなるどころか,毎晩,咳に呼吸困
難まで加わるようになりました。12月になって
やっと別の病院で診てもらったところ,
「気管支喘
息」
の疑いがあると診断され,恐怖心が募ります。
その地方では,気管支喘息は「業病」であり,そ
の病気にとりつかれると一生治らないといわれて
いたからです。以来不安も強くなり,毎晩のよう
に典型的な喘息発作が起こり,ついに 12月 31日
から翌年2月まで 40日間入院しています。
いった
ん退院したものの,その年,X 2年4月1日に再
入院し,以後 10月にかけて入退院を繰り返し,X
3年1月の退院後も一日も欠かさず通院して,注
射による治療を続けていました。しかし,症状が
悪化し,心療内科に緊急入院してきました。
入院後,生命の危険を脱したところで,面接を
すすめ,その病歴を整理してみました。その結果
を以下にまとめてみます。
<現病歴のまとめ>
①成人後の発病で,病歴が比較的短い。②病状
は悪化の一途を る。③薬物の副作用も出ていて,
このままでは生命の危険もある。④気管支喘息の
診断後,毎晩典型的発作が起こっており,心理的
影響も大きい。⑤入退院の反復,自宅療養中も毎
日通院
<身体的側面のまとめ>
①体質的要因・遺伝的要因は少ない。②二次的
25
な気管支過敏性が増している。③気管支炎を併発
し,喘息発作が起こりやすくなっている。④肺機
能低下傾向がある。
<心理的側面のまとめ>
①病気に関する訴えが多く,
依存的傾向がある。
②一般的な対人態度や自己評価については,防衛
的である。③防衛の弛みとともに, 幼児的退行を
起す可能性がある。④治療者に依存し,退行する
ものの,結局は治療に抵抗し,治療経過に困難が
予想される。
<生活歴のまとめ>
①サラリ−マン家 の6人姉妹の末子。すぐ上
の姉と6歳下として出生。
「末子で一人っ子」
とし
て,甘えっ子で勝気な子として育っている。② 19
歳で9歳年上(28歳)の工場勤務の夫(兼業農家)
と結婚,慣れない農家で,嫁姑問題も抱えていた。
疾患と精神力動
Bさんは未熟で依存傾向が強いまま年齢を重
ね,19歳で見合い結婚する直前まで母親と一緒に
寝ているほどでした。精神的離乳ができないまま
依存対象から離れて結婚したBさんにとって,結
婚後の依存対象は9歳年上の夫に置き換えられる
ことになりました。しかし,夫自身も,上の子ど
も5人を幼児期に失った両親によって,子守りま
でつけて大切に育てられた中農の跡継ぎであった
ため,逆にBさんの方が依存される傾向さえあり
ました。
このようなわけですので,Bさんの依存欲求は
満たされるはずもなく,時々実家に帰ることと,
実直な義 からの支持によって,どうにか満たさ
れていましたが,結婚3年目には実家の母親が亡
くなり,
さらには嫁姑の感情的なもつれもあって,
義母から義 との仲を疑われるという事件が起こ
りました。その後は義 に甘えることもできず,
日常生活における依存対象が失われ,完全な欲求
不満に陥るに至りました。
Bさんはこのような状況を克服するための防衛
機制として「反動形成」メカニズムを用い,義母
と何かにつけて競い合うという行動に出ていまし
たが,もともと頑 な体質に恵まれ,野良仕事に
も年季が入っていた義母にかなうはずもなく,
ぎゃくに劣等感を味あわされることになりまし
た。
その後間もなくして妊娠したBさんの妊娠悪阻
(つわり)
は出産まで続いていますが,これも一種
の防衛機制「疾病逃避」メカニズムがはたらいた
のだろうと思われます。すなわち,前述したよう
にBさんは,依存的であると同時に勝気な性格で
あるため,その劣等意識に耐えられず,
「 康であ
れば姑に負けない自信があるが,跡継ぎを生むた
めの妊娠によるつわり症状だから仕方がない」と
いう理由づけによって現実から逃避し,精神的危
機を回避できたと えられます。このような症状
を通して,医師やナースなどの医療スタッフに
よって依存欲求が満たされる一方,家族にもある
程度依存できる状況を生むことになり,いわゆる
二次的疾病利得も得られていました。
しかし,反動形成のメカニズムを用いることが
できたのも,義母が強かったからこそで,いざ義
母の老化によって逆に頼りにされ始め,現実に主
婦の座に着く可能性が出てくると,かえって不安
になっているようでした。
Ⅰ期:喘息重積状態の克服
この時期はあらゆる治療手段,すなわち,一般
的喘息薬(経口,注射,吸入)やステロイドホル
モン剤は無論のこと,抗不安薬の 用,さらに心
理面では受容的,支持的,保護的態度に終始して
依存欲求を満たすなど,全ての医療手段を動員し
て,生命の危険さえある喘息重責状態を克服する
ことに治療の焦点は られました。
Ⅱ期:ステロイドホルモンからの離脱
気管支喘息は,種々の心理的,生理的要因が複
雑に絡み合い,それらの相乗作用によって発症し
ていると えられますが,本症例の心理的特徴は
発作に対する予期不安が強いことと,自信が欠如
し依存欲求が高いことでした。具体的には,Bさ
んは,入院してくる前年は,風邪を引いて喘息を
悪化させるのが怖く,年間わずか3回しか入浴し
ていませんでしたし,真夏でもノースリーブは用
いず,いつも長めのソックスをはいていました。
Bさんの場合,日常的な過度の予期不安が症状を
誘発する基盤になっているように思われました。
自律訓練法は,不安を緩和するばかりでなく,
全般的に自律神経系を調整する働きがあることが
知られていますので,治療に導入することで全体
的に喘息発作発症閾値を上げ,結果的に副作用の
強いステロイド・ホルモンの 用量を軽減する可
能性があると え,この時点から自律訓練法の指
導を始めました。
ここでの問題は,自律訓練法がセルフコント
ロール技法であり,依存傾向の強い患者には適用
しにくいという点にありました。そこで,主治医
の指導時の声をテープに吹き込んで,それを聞き
ながら練習を進めていく,いわゆる「他者誘導的
自律訓練法」を行うことにしました。こうして自
律訓練法を習得していくに合わせて,ホルモン剤
を漸減していき,やがて投与を中止しても発作が
出ないところまで症状を改善することができまし
たが,依存傾向が強いBさんの心理的レベルでの
薬物依存傾向を 慮に入れて,その後も,投与し
ていたホルモン剤と同形同色のプラセボーを処方
し,それを漸減していく方法をとりました。
精神力動の整理
以上を整理しますと,次のようにまとめること
ができます。
・未熟で依存的傾向のまま結婚し,依存対象から
離れる。
↓
・依存対象(母親)の欲求不満
↓
・置き換え(displacement)
(夫,義 )
↓
・嫁姑問題による依存欲求の完全な欲求不満
↓
・反動形成(reaction formation)
↓
・二次的疾病利得(secondary gain)
・疾病への逃避(escape to disease)
↓
・義母の老化にともなう状況の変化
治療過程
入院したX4年1月末から同年 10月までの治
療過程は,Ⅰ期:喘息重積状態からの脱出,
Ⅱ期:
ステロイドホルモンからの離脱,Ⅲ期:気管支喘
息の背後にある心理的諸問題に対する治療的アプ
ロ−チ,Ⅳ期:退院時の 離不安と退院後の予期
不安への対処の4期に けることができます。
Ⅲ期:気管支喘息の背後にある心理的諸問題に対
する治療的アプロ−チ
Ⅲ期は,一般的な気管支喘息薬の減量をはかり
26
ながら,それと並行して病気の背景にある心理的
諸問題を扱う段階でした。Bさんの年齢はすでに
40歳を過ぎており,心理的諸要因についての深い
洞察まで目指すには限界があると思われました
し,心理検査の結果からも困難があると予想され
ていましたので,面接で得られた資料は,症状形
成の精神力動を治療者が理解して,それを 合的
な心身医療を進める中での医師 患者関係や環境
調整を行う上で役立てるに止めました。
この時期の自律訓練法は,Ⅱ期にひき続いて,
自律神経系の全般的な調整をすることに目標が置
かれるとともに,特定器官 式「のどが涼しい」
と「肺が温かい」を用いて,呼吸器系の過敏性を
低下させることを試みました。
この時期にはまた,
他者誘導的自律訓練法から本来の自律訓練法へと
切り替えていくことも試みましたが,薬物から治
療者へと依存対象を切り替えつつあったBさんに
とっては,時期尚早であり,成功するまでには至
りませんでした。
Ⅳ期:退院時の 離不安と退院後の予期不安への
対処
目標を退院と社会復帰,すなわち家 で主婦と
しての役割をこなせるところまでの復帰,におい
たⅣ期は,入院6ヶ月目から始まりました。この
時点では,社会復帰の障害は気管支喘息という病
気にあるというよりも,家 環境への不適応にあ
るということがますます明確になっていました
し,家に帰ってからは得ることのできない依存欲
求を満たしてくれていた病院環境や主治医からの
離不安が障害になっていました。
そこで,この 離不安をどのように現実に則し
て克服し,退院にまでもっていくことができるか,
また退院後に予想される不安・緊張などに基づく
再発をどのように予防するかに重点が置かれまし
た。この点でも,自律訓練法の抗不安作用が役立
ちましたが,自律訓練法の指導をテープに録音し
て手渡したこと自体に重要な意味がありました。
主治医による自律訓練法の指導のテープは,B
さんの強い要望にそって,標準練習の呼吸調整練
習を除いた5つの 式と,特定器官 式とを,そ
れぞれ初心者に指導するときと同じような説明を
入れながら,退院前日に吹き込んだものです。
このテープは,Bさんにとって主治医の 身で
あり,心理的には主治医がいつも傍にいてくれる
27
という安心感をつくると同時に,依存欲求を満た
すうえでも役立ち,さらには自律訓練法を介して
治療者からの自我補強的な働きかけを続ける役割
を果たしたように思われます。これまでは退院し
てもすぐ再発していましたので,また再発したら
どうしようという不安感は完全に払拭されていた
わけではありません。主治医はそこで,この退院
は「試験外泊的退院」であり,いざとなればいつ
でもすぐに再入院できることを話して安心しても
らいました。こうしてBさんは,多くの療友と病
院関係者に見送られ,主治医の 身であるテ−プ
を持って退院していったわけです。
退院直後の経過
退院後しばらくして,B さんから次のような手
紙が届きました。
…帰宅してすぐにお礼状を差し上げるのが当
然でございましたが,家での一週間の状態を申し
上げたいと自 勝手に思いまして,つい遅くなり
ました。…おかげさまで咳や 泌物も全然出ませ
ず…病気は本当に捨ててきた感じがしまして不安
も消えました。
」
この手紙の内容からもわかりますように,B さ
んは未だ喘息発作が起こるのではないかという不
安を抱きながら退院していたわけです。これまで
10回近く繰り返していた入院の際には,きまって
退院後3,4日して再発していたのですから,そ
れも無理からぬことでした。B さんは,さらに続
けて,
自律訓練も怠りなく続けております。そして,
火,金曜日には集団療法があったでしょう。それ
で私も参加させていただいているつもりで,その
二日は3時から必ず練習しております。
」
と書いて
いました。
退院はしたもののも,精神的にはまだ病院生活
が続いていることがわかります。
外来通院
最初の外来への通院は退院して 10日目のこと
でしたが,往復8時間かかる距離を一人で出かけ
て来ました。一時は一人で外出もできなくなって
いたことを えると,格段によくなったと言うこ
とができるでしょう。
その後は,3週間おきに定期的に通院していま
したが,退院5ヶ月後に,私が九州大学から本学,
駒澤大学に移ることになり,他の医師がかわって
治療を続けることになりました。通院を続けるに
は遠いこともあって,間もなく通院してこなくな
りましたが,その後の連絡では近くの病院で治療
を継続し,経過は順調のようでした。
その後の経過
それから四年経過した3月に夫が定年退職し,
4月には二人で退職記念旅行に出かけています。
気管支喘息を発症したのが4月であったこと,そ
の後も毎年4月ころになるととくに調子を崩して
いたことを え合わせると,きわめて順調な経過
をたどったと言えるでしょう。
駒澤大学助教授時代
1971年,私は,駒澤大学文学部社会学科に設立
間もない心理学コースに助教授として赴任しまし
た。駒澤大学への赴任は,医学部から文学部へ,
診療室で臨床実践にあたる医師から教室で講義し
研究指導にあたる教員へと,私の人生にとって大
きな転換点でした。最初に担当した「精神身体医
学概論」と「心理学概論」は,毎回勉強しながら
講義したことが思い出されます。
東京に出てきますと,九州大学時代から会員と
して参加し,自律訓練法関連の研究発表などもし
ていた日本精神身体医学会や日本催眠医学心理学
会の大学関係者や先輩研究者との繋がりも密にな
り,翌 1972年には,医学心理療法研究会のシンポ
ジウム:「自律訓練法」に企画者兼司会者として
関与しましたが,その時のシンポジストはのちに
東京大学心療内科の初代教授を務められた石川中
先生や産業医科大学産婦人科教授の岡村靖先生な
ど,
全員が学問的にも年齢的に先輩のかたがたで,
たいへん有難いことでした。
カルチャーセンターでの「自律訓練法講座」
こ の 1970年 代 は,生 涯 学 習 を 標 榜 し た カ ル
チャースクールが全国に られ始めた時代であ
り,私もいくつかの教室で自律訓練法を指導する
機会がありましたが,1977年になりますと,新宿
の高層ビルに開設された朝日カルチャーセンター
で,毎週1回2時間,3ヶ月コースの「自律訓練
講座」を開講することになりました。日本自律訓
練学会が 設される1年前のことです。そのカリ
キュラムを以下の表にまとめてみました。
28
このカルチャーセンターでの講座は,私にとっ
てとても貴重なものでした。
それといいますのも,
その最初の受講生(1期生)の宮田裕さんをはじ
めとする皆さんによって,思いもかけなかった私
を「囲む会」と名づけられた同窓会が られたか
らです。同窓会はレストランや社会福祉会館や会
員が勤務している会社の会議室などを借りて続け
られ,少ない時には1年に3回,参加者数も 1回
7名ということもありましたが,いつの間にか,
1977年から 1987年の 11年 か かって 100回 を 数
えるに至りました。その期間,私は呼んでいただ
く立場なのですから,呼ばれるがまま出かけてい
たわけですが,100回を迎えたのを契機に,積極的
にかかわることになり,年間スケジュールもつく
り,テーマも決めて開催することにしました。そ
の1年目(1988年)から5年目(1992年)までの
スケジュールを以下のスライドで見て頂きます。
150回記念集会には,上記のスライドにありま
すように,恩師の池見先生に記念講演をしていた
だいたり,会員による記念フォーラムを行ったり
しました。
会員は入会・退会を繰り返しながらではありま
すが,ともあれ,以下のスライドに示しましたよ
うに,毎回平 25人以上が参加してきたわけで
す。
「囲む会」の会員の自律訓練法相互研修
そして,平成 10年度の「囲む会」では,スライ
ドで示しますように,さまざまな職業の会員がそ
れぞれの専門領域のテーマで発表し,私は脇役を
演じる方式を試みることができるほどになりまし
た。
会員の職業はヴァライティに富み,会社員,主
婦をはじめ,税理士, 認会計士,弁護士,行政
書士,中学教師,高 教師,臨床心理士,精神科
医,医療ソーシャルワーカー, 務員,小児科医,
外科医,歯科医,看護師,飲食店主,学 カウン
セラー,ヨーガ教師,宗教家,産業カウンセラー,
大学教授,鍼灸師,易者,音楽家,古美術商,大
学院生,大学生,プログラマー,銀行員,なかに
は 30年間,複数の学長を続けてこられた元「学長
業」の先生もいらっしゃいました。
29
なかった上司,そしてつらくても責任を果たそう
として無理を重ねていた私は,心の中にいつも<
死>の問題を持っていた。
」と書いています。こう
して私のところを受診することになりました。
定年まで 405日
Cさんは,旧家の出身でしたが,当時の女性と
しては比較的珍しく,大会社の社員としてずっと
過ごしてきており,会社への強い所属意識を持っ
ていました。しかし,ある時期から重役秘書に抜
されたために,その仕事内容の関係で組合から
脱退しました。それをきっかけに,それまでの同
僚たちから仲間はずれにされ,たいへんつらい立
場に立たされ続けます。彼女はあるとき,診察室
で,
「定年まで,あと 405日です。
」と言ったこと
があります。一年以上前から,退院までの日数を
数えていたわけです。
Sさんの問題を簡単に整理しますと,以下の様
なります。
Cさん:不眠症・うつ症・社会的ストレス
以下にお示しする事例は,カルチャーセンター
の「受講生」として自律訓練法を指導し,次に診
療所で「患者」として診療し,さらに囲む会の「会
員」として毎月のように会っていた方で,最初に
お会いした当時,50歳代前半だった女性会社員C
さんです。
Cさんの自律訓練講座の受講動機は不眠や抑う
つ傾向に役立てるためでした。Cさんは当時,数
年前から続いていた職場でのストレスのために不
眠症,胃痛,食欲不振などで悩んでいました。東
洋医学系の診療所や近くの内科医院に通院してい
ましたが,うまく理解してもらえませんでした。
そんな時,「心身医学基礎科」(石川中先生と末
弘行先生)を受講して,自律訓練法の存在を知っ
たのだそうです。
主訴:不眠・抑うつ・
(承認欲求)
ストレス:役割葛藤(重役秘書・組合員)
定年まで 405日」
性格:所属欲求が強い,真面目
対策:自律訓練法+薬物療法+カウンセリング
診察室にて
診療に関しては,
「診察室:最初の頃診察室で私
は黙って座りながら,心の中では必死に『先生つ
らいです。助けて下さい』と訴えていました。あ
まり話をしない私に何となく先生がいらいらして
いらっしゃるようで,私は先生の前で,厳しかっ
た に叱られている時のように身を固くしてい
た。何度目かの診察室で先生が,
『あなたは言わな
いのではなくて,
言えないのですね』
とおっしゃっ
て下さった時,私は本当に全身の筋肉がほっと緩
んだのを覚えている。多 その頃から少しは話せ
るようになっていったのだろうと思う。
」
と書いて
います。
自律訓練法講座の受講
Cさんは 1982年1月からの自律訓練法講座を
受講し,第1回(1月 8日)から最終の第 11回(4
月 2日)まで皆勤でした。
Cさんは講座最終回のことを,次のように記し
ています。
「4月2日:最後の練習の時,途中から
涙が溢れ出した。これからは一人で(練習を)し
なければならないと思い,心と耳をすませて聞い
た。つらかった。…ともかく今の私は心身の 康
を取り戻すべく,一日一日の努力を積み重ねる。
3か月通ってよかったと思っている。
」
自律訓練法練習中の印象的体験:自律性解放
通院中ももちろん自律訓練法を続けていたわけ
ですが,当時の自律訓練中の出来事で,深く心に
残ったことを二つ記録しています。(1)
「夜の自
律訓練中に突然引きずり込まれるような,深い深
診療所受診
受診については,
「受講後:S先生を受診するこ
とに決めた。当時,いくら頼んでも協力が得られ
30
い孤独感に襲われ,涙が溢れ出して寝ていること 「自律訓練法は多 長い間の私の強い抑圧を少し
ができなくて,起き上がって神様 に私のつらさ
ずつ取り除いてくれたと思っている。
(もちろん,
を訴えずにはおれなくなった。
」
(2)
「私はまだ赤
そのことは自律訓練法だけでなくその後のいろい
ん坊であった頃,放射線の治療を受けたことがあ
ろなところで伺った話などの影響も強いと思う
る。そのために肩から顔にかけて火傷を負った。
が)
。対人関係では,少し距離が持てるようになっ
両親はこのことで胸を痛め,植皮手術のことも
た。
」と言います。
えたようだったが,また新しく身体に傷をつける
標準練習後の課題については,
「標準練習後,意
ことを避けた。このことについて私はやはり女と
志訓練 式に重点を置いて練習している。こうい
して心の奥深いところで傷を受けていたが,子供
う人間でありたいという性格面で,少しでも変わ
心にもこのことで両親を責めることをしてはいけ
ることができればと思うと楽しい。 式の言葉も
ないと思っていた。そしてやはり夜の訓練中に突
少しずつ変えていこうと思っている。人様の目か
然この傷のことを思い激しく涙を流した。
」そし
ら見れば相変わらずかも知れませんが,自 では
て,
「これらは 2回とも本当に突然のことであり, とても違ってきて楽になったと思います。
」とい
突き上げるような激しさで吹き出た感情だった。
い,反省点として,
「その一方,毎日の練習がだん
その頃は,重温感練習と呼吸調整練習を行ってい
だん軽く流れていくようで,こんな練習で本当に
たが,4日間,自律訓練法の練習中,涙が出て,
やっていると言えるのだろうか,疑問を持つよう
止まらなかった。
」と言います。
になっている。
(自律訓練法を)<冥途の土産>に
こ の 現 象 は,ルーテ が 指 摘 し た 自 律 性 解 放
するには努力がいると思います。
」と述べている。
(Autogemic Discharge)の典型的な例とみること
火傷のこと
ができましょう。
火傷のことですが,最近ではこのことで一番辛
自律性修正法(意志訓練 式)
い思いをしたのは私ではなくて両親だったのだと
Cさんは,上級練習(特殊練習)として,2つ
えるようになりました。私は残念ながら親の気
の意志訓練 式を用いました。一つは感情の抑制
持ちを本当に理解できる立場ではありませんが
を解く目的で,
「私は自 の心の自然な動きを大切 (注:独身)
,両親が代われるものならと えたで
にして素直に表現できる。
」
という 式を,二つ目
あろうことは推察できますし,その両親の気持ち
は積極性のある問題解決能力を持つ目的で,
「私は
に心から感謝いたしております。
筋道を立てて物事をゆっくりと えて,明るい解
「100回記念文集」から
決をすることができる。
」という 式でした。
Cさんは,当時を内省して,次のように言って
・私が自律訓練法に出会ってからいつの間にか6
います。
年近い歳月が過ぎました。
自 を少しでも変えることはとても難しい。長
・最初の頃は苦しい時の神頼みで必死に「気持ち
い間身につけてきたことはそれこそ血となり肉と
が落ち着いている」を繰り返していた日々でし
なり私を形作っている。でも欠点は欠点として受
たが,最近では朝晩の練習もごく簡単に行って
け入れながらも,変えたいものを変えていこうと
います。
する努力と愛情を自 に対して持ち続けていきた
・疲れきっていた心身の回復は決して簡単なこと
いと思っている。
」と
ではなくて,多くの時間といろいろな問題の解
決があってはじめて可能になったことと思いま
自律訓練法の効果
すが,でもあの頃からの朝の練習は確かに私の
さらにCさんは,自律訓練法の効果(1991年段
中である変化をもたらして今までとは違った私
階)として,
(1)身体面では不眠に,
(2)精神
を育ててくれたようです。
面では緊張緩和に,
(3)社会面では対人緊張が少
・何かの折にふと以前とは違った対応をしている
なくなり,社会的積極性が得られ,
(4)性格面で
自 に気がつくことがあります。それは私にし
は,楽観性が得られた,と言います。
かわからないようなごく些細なことなのです
また,自律訓練法の効果の現れ方については,
が,でもその些細な変化が多 私にとってとて
31
も大事なことなのだろうと思います。
・これからの私の人生にいつまたどんなことが待
ち受けているかわかりませんが,朝晩の練習を
積み重ねながら自 を見つめ育てていきたいと
思っています。
ATを覚えて,手足のしびれ,めまい,動悸が
薬を併用しながら,約 3年でほぼ完治した。今で
も自律訓練法は神様だと思い,感謝しています。
「200回記念文集」
・永くなった生命のその一生の間には,お互い一
度や二度の挫折とか絶望を経験し打ちひしが
れ,でもなんとか切り抜けて生きているのでは
ないでしょうか。
・私の場合それは丁度中年期の人生の節目の頃
やってきました。本当に辛い時でした。ありふ
れた表現になりますけど長いトンネルの中で方
向を見失い一人で暗闇の中にうずくまっていた
ような状態でした。
・その暗闇に明かりをともし出口まで導いてくれ
たのが自律訓練法でした。いま思い出してもこ
の出会いは,私にとって本当に掛替えのない大
切な,大切なことです。
・そんなすべてのことは,なにか外からの静かな
働きかけと私の心の奥深い内からの動きが,時
を選んで目の前に現れては私にいろいろな気づ
きを促してくれるようです。
・
(秋山さと子先生による夢解釈:厚いペルソナ
をだんだん脱いでいき,
今までとは違った軽い,
でも効果的なペルソナを着けなおそうとしてい
るのではないか)
・こうしたペルソナの付け替えとかいろいろな事
から少しずつ身軽になることができたのも,毎
日の自律訓練法の積み重ねから出発しました
し,現在も発展しております。生きるのが少し
楽になりました。
・辛さを少し軽くしたい,少しリラックスしたい
と始めた自律訓練法でしたが,思わぬほど大き
な変化を私に与えてくれました。
「囲む会」会員の自律訓練法継続練習の
成果 10例
次に,
「囲む会」会員の中から,自律訓練法の継
続練習によってよい効果が得られた事例を 10例
ほど挙げてみましょう。
⑵ 女性(51歳:主婦)(練習:7年)
心の安らぎ,平常心が保ちやすくなる。前向き
に明るく,活動的に行動できるようになる。一度
身につければ生涯の友となるかけがいのないもの
だと感謝の気持ちで一杯です。
⑶ 男性(39歳:医学部学生,サイコロジスト)
(練習:13年)
ATは じわじわ と効いてくるものなのではな
いでしょうか。あるがまま ということへ心の姿勢
が向きやすくなった。通学の電車の中で,一種の
修行のようなものとしてやっている。
⑷ 男性
(76歳:火災保険代理店)
(練習:13年)
胃潰瘍が完治し,再発もしない。
⑸ 男性(84歳:行政書士現役)
(練習:2年)
とくに不安,
緊張,不眠などに大きな効果があっ
た。
⑹ 女性(58歳:主婦)(練習:15年)
片頭痛全快,気管支喘息,書痙軽快。時間,形
式にこだわらず,ふっと気づくと,いつの間にか
ATをやっている。
⑺ 女性(51歳:保育学院講師)
(練習:5年)
ATが今の私を与えてくれているといってもよ
いほどの大きな影響を受けている。
自然に任せる態度を養うことによって,自然に
治癒されることが かった。
⑻ 女性(55歳:主婦,元看護師)(練習:3年)
10年以上続いていた頭重から解放された。睡眠
時間が短くても充足感があり,
目覚めがよい。
すっ
きりした気 を味わうため,短時間の練習を日に
何回もすることがある。
⑼ 男性(66歳:警備係)
(練習:10年)
季節の変わり目に必ずあった喘息発作が,全く
なくなった。
⑴ 男性(55歳:通信社編集部次長)
(練習:9年)
32
⑽ 女性(57歳:主婦)
(練習:10年)
主に重温感をやっているうちに,知らない間に
冷え性が治った。長年冬になると厚着をしていま
したが,これはすぐに効果がありました。この頃
は台所をするのが嫌で億劫だったのが気にならな
くなりました。
非引き受けてほしいという気持ちが伝わってき
た。
⑵ 治療者が多忙であることや,研究,教育にも
従事していることなど,相手の立場に配慮でき
ている。
⑶ 治療費についても言及するなど,現実原則に
従えるほどの自我の強さを有していることが推
測できる。
⑷ 本やカセットテープを通して,自律訓練法に
ついての予備知識がかなりあり,長期間の自己
訓練が必要なことを承知している。
⑸ 手紙は,内容ばかりでなく,文章構成もしっ
かりしており,言語のみによる通信指導が可能
なだけの知的水準にあると思われた。
⑹ ちゃんと練習すると明記しており,コンプラ
イアンスも高いことが予測される。
⑺ 発症後の経過が長く,しかも通信指導という
制限がある中では困難が予想されるとはいえ,
自律訓練法に対する自己効力感(self-efficacy)
や結果期待(outcome expectancy)があり,治
療効果が得られる可能性がないとは言えない。
Dさん:外出恐怖症の
通信自律訓練法 1000日
最後の例として,いわゆる「外出恐怖症」で十
年以上,家から一歩も出ることができなかったD
さん(女性)が,自律訓練法の通信指導によって
よくなっていった例を示します。
手紙1(X0年 12月7日)
ある年の 12月,私の本の読者から長文の手紙が
届きました。その内容をまとめると,以下のよう
になります。
⑴ 先生の著書を手に入れ,自律訓練法を知りま
した。
⑵ 指導を受けたら治るような気がします。
⑶ しかし,10年以上家から出られない重度の外
出恐怖症なので,受診は不可能です。
⑷ 図々しく無理なお願いだと承知の上で,通信
指導をお願いできませんでしょうか。
⑸ 治療内容は,すべて研究材料として っても
らって構いません。
⑹ 治療費についても知らせていただけません
か。
⑺ 指導してもらえるなら,ちゃんと真面目に練
習する積もりです。
⑻ 自律訓練法を通して,普通の人間らしい生活
に戻れたらと思います。
返事1-1(X0年 12月 11日)
その返事をまとめますと,以下の通りです。
⑴ お手紙拝見しました。10年間も外出されてい
ない由,さぞかしつらかったことと思います。
⑵ 自律訓練法は自 で次第に緊張をほぐしてい
くセルフコントロール法です。
毎日規則的に2,
3セッション練習を続ければ,通常の知能とや
り通そうという気持ちさえあればマスターでき
ますし,マスターできればリラックスが得られ
ることを意味しますから,
緊張,
不安が基になっ
て起こっているあなたの問題は,十 解決する
はずです。
⑶ あなたはご自 で,
「きっと治せるような気が
するのです」と書いていますが,そのことはた
いへん大切なことで,そのような気がする限り,
治る可能性が高いのです。どの本を入手された
のか知りませんが,むりに一気に習得しようと
するのではなく,コツコツと練習を積み重ねて
いって下さい。
⑷ 心理検査用紙を同封しておきます。
⑸ いまの症状が,いつから,何をきっかけに起
こったのか,その後の経過(症状が強くなった
のか,弱くなったのか,同じなのか,など)も
指導依頼を受諾した理由
当時,私のところへは,私が書いた『自律訓練
法の実際』という本の読者から,質問などの手紙
が届いていました。最初は熱心に返事を出してい
たのですが,次第にそれらの手紙をかばんに入れ
たまま2週間,3週間と過ぎていくことが多く
なっていました。
しかし,そんな中で,この手紙に対しては数日
後には返事を書いていました。その理由をまとめ
ますと,以下の通りです。
⑴ 治療へのモチベーションが高い:文面から是
33
お知らせ下さい。
⑹ 練習経過も,
ちゃんと記録してお送り下さい。
安易に受諾したことを後悔
しかし,2回目に受け取った手紙内容から,通
信指導を安易に引き受けたことを大いに後悔する
ことになります。通信指導だけで問題を解決する
ためには,既往歴や家族歴,現在の家 環境など
にあまりにも多くの問題がありますし,外出恐怖
症( 離不安障害)以外にも,極めて多くの精神
症状や身体症状があることが かったからです。
その手紙の内容と心理テストの結果は,以下の
通りです。
その間,保 師の家 訪問を受けていた時期も
あり,治療についても相談したが,少なくとも病
院にまでは出かけなければ治療してもらえないだ
ろうと言われ,
そのまま今日まで 10年間外出でき
ないでいる。最後に外出したのは,約 10年前,母
親と一緒に徒歩で7−8 の所にある自動販売機
まで牛乳を買いに出かけた時であった。
心理テストの結果
矢田部ギルフォード性格検査:
典型的なE型であり,感情面が不安定で消極的,
内向的な傾向が強い。悲観的気 ,陰気傾向,罪
悪感などを示すD項目(抑うつ尺度)と自信の欠
乏,自己の過小評価,不適応感の強さなどを示す
手紙2(X0年 12月 22日)
I項目(劣等感尺度)は,いずれも 20点。逆に活
大学ノート 12枚にびっしりとかかれており,
発さや身体運動への志向性を示すG項目(一般的
400字原稿用紙に換算すると,約 28枚になりまし
活動性尺度)と社会的指導性,リーダーシップの
た。その内容の要点は,以下の通りです。
有無を示すA項目(支配性尺度)の得点は,いず
主訴:外出恐怖。外出しようとすると全身が緊張
れも0点。
してどうすることもできない。
CMI 康調査表:
既往歴と家族歴:
C(心臓脈管系:14項目)
・I(疲労度:7項
1)身体面:生まれつき虚弱で,幼稚園時代から, 目)
・J(疾病頻度:9項目)の 30項目中 13項目
扁桃腺肥大,結膜炎,中耳炎などで通院してい
で(+)。精神症状得点(M∼R)51項目中 45項
た。小学 4∼5年生には,膀胱炎,扁桃腺肥
目で(+)であり,深町式判定基準では,典型的
大,皮膚化膿症。小学 6年生以来,脊柱側弯
な IV 型:神経症タイプであった。
症がある。
文章完成テストで問題になりそうなところを抜
2)心理面:幼稚園時代から小学生時代まで場面
粋すると,
「子供の頃,私は:いじめられっ子でし
緘黙,小学生時代は夢遊病,小学 6年生の時, た」
「私の失敗:は,あり過ぎて思い出せません」
不潔恐怖症に罹患していた。
「もし私の母が:いなくなったらどうしよう」
「私
社会面:幼稚園時代から小学生時代まで,よくい
のできないことは:一人でいること」
「もう一度や
じめられていた。小学 3年生から不登 ,6
り直せるなら:生まれた時に戻りたい」
「どうして
年生の時は完全不登 ,中学 には1日も登
も私は:外に出られない」
「家の人は:それぞれ
していない。
え方が違う」
9歳年長の兄も中学生時代から不登 になり,
私が知りたいことは:自 のこと」など。
現在も家に閉じこもっている。母方の叔母は,精
標準練習開始予定から問題
神病院に入院中。
以上に見られるように,セルフコントロール法
外出不能になる契機
で進めていけるかどうか,大いに問題がありまし
中学 卒業にあたる年の夏,母親と買い物に出
たが,ともかくCさんは新年を迎えて,その正月
かけていて,突然失神しそうになり,母親にしが
元旦から練習を始めようとしていました。
しかし,
みついたところ,
「みっともない」
と,邪険にされ
危惧したとおり,早速風邪をひいて,練習するこ
た。その時以来,よく出かけていた母親との買い
とができず,実際に始めたのは,1月5日でした。
物にも行かなくなった。
標準練習第1 式の練習経過
翌年1月からは母親が家にいないと不安にな
り,母親の外出を阻止するほどになった。
そのようなわけで,X 1年1月5日(1日目)
34
に開始しましたが,いざ始めると,1日3回必ず
練習を行ない,順調な経過を りました。姿勢は
脊柱側弯症のため仰臥位です。
以下は,1日目1回目の練習記録からの抜粋で
す。
1月5日(1日目)
,
1回目:PM3時,5 間
ちょっと不安になってしまって落ち着いて練習
ができませんでした。風邪をひいているせいもあ
ると思うのですが,集中できませんでした。
2回目:PM 11時,10 間
最初のうちはドキドキして落ち着きませんでし
たが,そのうちに少しずつ落ち着けるようになり
ました。右腕の重感も少し感じました。左腕も感
じるような気がします。
1月 15日(11日目)
両腕とも重感は感じられました。また え事を
しましたが,すぐに えるのをやめる努力をしま
した。練習に入りますと,どうして え事をした
り,余計なことを えるのか,もっとちゃんと練
習したいのに集中できないのです。でも重感は
ちゃんと出来るのですが,もう少し えたりしな
いようにします。
〔指導〕
練習中には,さまざまな感覚や感情やイメ−ジ
などが起こります。それらの変化は,それがよほ
ど不快感や不安などを伴わない限り,起こるに任
せておきましょう。
練習中に浮かぶ雑念などは,最初のうちは,比
較的最近の出来事や,日常の身近な事柄が浮かぶ
ことが多いようです。練習中にはいろいろ雑念が
出てくることがありますが,出てきてもそれを無
理に追い払おうとするのはよくありませんし,も
ちろんそれを追い求めるべきでもありません。自
然に消えるのを待つようにします。雑念が出てき
てもそのままにしておいて,練習を続けます。た
とえば,右手に気持ちを向けて,そこにどのよう
な感覚が感じられるか確認するようにします。
2月5日(32日目)
1回目:AM 10時,15 間
両腕と両脚の重感は感じました。練習中に体が
ふっと軽くなって上へ体がもち上がった様になっ
て,すっとまた体が下へおりて来た様な感じがし
ました。少し,頭の中で浮かんだ事がありました。
何かのイメ−ジみたいにパッと浮かんだのです
が,空があって雲の所へ3羽の鳥が飛んでいまし
た。本当に一時的にです。あとは気 が落ち着い
ていました。
外出練習開始
2月 24日(51日目)から第2 式(四肢温感練
習)の練習を開始し,この練習も順調な経過をた
どりました。そんな中で,3月2日の手紙には,
「外出練習をした。何となく出来そうだったので,
やってみた。」と記されていました。夜 11時から
の練習中,なにか外出ができそうに感じて,練習
後に,玄関から一歩そとに踏み出し,すぐ引っ込
めます。彼女にとっては,これが「外出訓練」な
のでした。続いて3月 23日の手紙には,
「母が 20
間家を留守にしても何とか大 夫でした。
」
と書
かれていました。
さらに,4月5日(91日目)の練習中には,
「…
少し雑念が浮かびました。小学 時代の色々な出
来事です。一つ思い出しはじめると次々と思い出
しはじめてしまいます。気 は落ち着いていまし
た。
」とありました。
不愉快な思い出ばかりの小学生時代についての
出来事が思い出されたことは,Cさんの心が,不
愉快なことにも少しは耐えられるだけの強さを取
り戻しつつあるように感じられました。
受動的注意集中
3月5日(60日目)
3回目:PM 10時,15 間
両腕両脚重感は練習を始めてすぐに出ました。
温感練習の方はとてもよく出来ましたし,温感が
出るのも早かったと思います。重感も温感も1
以内ほどで感じられました。
35
受動的注意集中」
の意味をよく えながら練習
しました。練習中に えたというより,練習前に
えたと言った方が合っているかもしれないで
す。受動的注意集中の意味がよくわかった様な気
がします。温感は腕全体に感じられました。
〔指導〕
とても大切なことです。受動的注意集中によっ
て,重感や温感がよく出るようになるばかりでな
く,⑴精神的な安定,⑵受容的な態度,⑶落ち着
いてありのままに任せる態度を身につける上で役
立つわけです。
いてきた証拠と見ることができましょう。
」
過去のさまざまな出来事,それもあまりよい出
来事とは言えないようなことを思い出すというこ
とは,
自 の心が強くなってきているからですが,
そういった思い出を,もう一度ちゃんと整理して
みることも大切なことなのです。
あなたは,それを別に書いたわけで,大変よい
ことです。書いてみると,その出来事を客観的に
見直すことができます。その時は大変嫌なことで
あったに違いないのですが,
今の自 から見ると,
その時ほどまでには感情的にならないですんだ
り,冷静に受け止められたりするはずです。それ
によって,問題を乗り切ることができるようにな
ります。
練習中の雑念と過去の問題の整理
4月 16日(102日目)
3回目:PM 10時,15 間
…少し雑念が浮かびました。内容はここに書き
きれませんので他に書きます。
4月 17日(103日目)
1回目:AM 10時,15 間
…雑念が少し浮かびました。昨日の夜の練習と
同じことなのですが,近頃はそのことが練習以外
の時でもふと えていることがあります。整形外
科に通っていた頃のことなのですが,細かくなり
そうですので,ちゃんと手紙に書いておきます。
4月 20日(106日目)
1回目:AM 10時,15 間
…少しまた,雑念が浮かびました。度々の内容
で書きにくいのですが,また同じく整形外科での
出来事です。…
7月 11日(188日目)
2回目:PM3時,15 間
両腕両脚,重感温感はよく出来ました。第三
式はよく出来て,第四 式は自然に意識せずに出
来ました。少し眠ってしまったのですが,最初か
ら練習をやり直して上手に出来ました。気 はよ
く落ち着いていました。
・呼吸調整練習が「自然に意識せずに出来る」よ
うになるのが理想的です。この調子で練習を続け
て下さい。
11日の,
「自然に意識せずにできました」という
記録,そして 18日の,
「自然にそうなっていまし
た」という記録を読みますと,あなたの自律訓練
法の練習が本物になってきた,本当に身について
きたという感じを受けます。自律訓練法は,毎日
ちゃんと,少なくとも半年続けなければ身につか
ないし,持続的な効果は保証出来ないのですが,
あなたはすでに半年以上練習を続けてきたわけで
す。よく頑張ったと思います。それだけの「持続
力」があれば,きっと問題(人生におけるさまざ
まな問題)を処理し,克服していけます。
それだけ続けて来ることができたあなた自身に
自信を持って下さい。
上記の訓練記録に関する指導
この頃から,リラクセ−ションによる不安・緊
張の除去ばかりでなく,過去の体験と問題の整理
をすることも始まりました。そこで,以下のよう
に指導しています。
練習中に起こる雑念には,① 練習前から頭に
浮かんできて,そのために練習に集中できず,練
習そのものがうまくできないような雑念と,② 練
習は順調にできて,重感や温感もうまく出ている
状態の時に,ふっと雑念やイメ−ジが出るばあい
の2種類があります。
最近は,練習中に整形外科での嫌な出来事がよ
く浮かぶようですが,気 が落ち着いた状態の中
で,過去の嫌な出来事を思い出すことができたと
いうことは,自 の心が安定してきて,自信もつ
第6 式(額部涼感練習)
11月 30日(330日目)
:開始
12月初旬より,夜,一人で寝るようになり,
<マ
イペ−スの生活>が出来るようになる。
36
X2年1月1日(362日目)
少し雑念も浮かびましたが,久しぶりにゆった
りと練習が出来ました。気 はとても落ち着いて
いました。
・雑念:一年前の今日のことを えていた。<あ
れから一年>と思っていた。
・
「あれから,一年」
,美事にやり抜き,しかもそ
の成果が順調に得られていると思います。
(この
一年間の生活のあり方と体験そのものが,治療
的に意義深いものであったと思われる。
)
1月4日(365日目)
3回目:PM 10時,15 間
両腕両脚,重感温感はよく出来ました。第三
式もよく出来ました。第四 式もよく出来ました。
第五 式もお腹の温感はありました。第六 式は
出来なかったです。
練習中に雑念が浮かんだのですが,内容はまた
他に書きます。気 はよく落ち着いていました。
1月4日の雑念:
夜一人で寝るようになって,もうすぐ1か月に
なることを自律訓練法を行ないます前に えまし
た。… 一人で寝ることを,先生は
「出来そうだと
思うこと は試みてもよいでしょう」と話して下さ
いました。もしも出来そうもないと思ったことで
も,自 ではどうしても挑戦してみたいと思いま
した時には <どうしたらいいかしら>と少し
えていました。
外出練習の成果
こうして,自律訓練法を練習しながら,同時に
外出訓練を始めたわけですが,X1年の7月から
は,本格的に,毎日外出訓練を始めました。その
経過を,右図に示します。
図2:外出訓練記録
黙想練習の記録と指導
⑴ 自発性色彩心像視
5月 18日(499日目)から黙想練習を開始しま
したが,比較的順調にマスタ−した。
標準練習を完全にマスタ−していたことと,本
人の素質によるものと思われます。こうして6月
中旬には,自発性色彩心像視を習得しました。
⑵ 選択的色彩心像視
7月 16日(558日目)
:開始
9月 18日(622日目)
・虹が現われました。虹は,今朝の外出訓練で実
際に見たものです。本当に絵に描いたような,
くっきりと美しい虹でした。
黙想練習は 15 く
らい行ないました。
・虹の七色の中には,全ての色が含まれているの
で,色彩心像視は,間違いなく行なえるように
なったといってもよいと思われる。
37
のテ−マは,彼女にとって,まだ刺激が強過ぎた
ようである。
サボテンのトゲ
X3年3月7日(792日目)
練習に入ってすぐに,サボテンのトゲのような
ものが現れた。サボテンのトゲは,心に関係のあ
ることだとしますと,自 の心のトゲなのか,人
の心のトゲなのか かりません。
トゲが自 の方にありましたら人が痛い思いを
してしまい,人にトゲがあったとしましたら,私
が痛い思いをしてしまいますが,どちらが本当な
のか,と えます。イメ−ジの中に現れたサボテ
ンのトゲは,とても痛そうな感じのするものでし
た。
約1か月後,幼児期に母親から裁縫の針で刺す
という折檻を受けたことを思い出す。
自 は折檻を受ける理由がないと思っていただ
けに,そのショックは大きかった。
⑶ 事物心像視
X2年9月 28日(632日目):開始
順調にマスタ−する。
⑷ 抽象的概念心像視⑴:「外出」73日間
X2年 11月 11日(676日目)
:開始
・道や電車などのイメ−ジがよく現われる。一般
に「外出」から連想できる常識的なイメ−ジで
あるが,電車は「外出」の練習で,何もイメ−
ジが現われない長い潜伏期間があった後,最初
に出たもので,彼女にとっては,意味のあるも
のであった。
X3年1月4日(730日目)
<雲の間から見えている太陽の光>が現れた。
・自律訓練法の練習を始めて,丁度2年間経った
ことになる。着実によく頑張ってきたと思われ
る。
<雲の間から見えている太陽の光>は,
彼女
が別紙に書いているように<希望の光>とも言
える。
抽象的概念心像視⑷:「 」29日間
1995年5月2日(848日目)∼5月 30日(876
日目)
:省略
抽象的概念心像視⑸:「母親」43日間
5月 31日(877日目)開始
6月 16日(893日目)
菱形の形をしたものと,エプロン,茶色の色を
した何かの壜,
前に現われたものと同じでしたが,
サボテンなどが現われました。サボテンは,練習
中に3回くらい現われました。
⑸ 抽象的概念心像視⑵:「道」26日間
X3年1月 22日(748日目):開始
2月 16日(773日目)
道路のずっと先の方に太陽が現れた。その次に
富士山も見えた。太陽は確か,朝日だったように
思われた。
⑹ 抽象的概念心像視⑶:「家 」74日間
X3年2月 18日(775日目):開始
2月 24日(781日目)∼27日(784日目)
4日間,テ−マ
「家 」からは,殆ど何のイメ−
ジも出ていなかった。出てもよく覚えていなかっ
たり,
嫌いな色に属する黄色であったりで,
「家 」
38
サボテン」
は,あなたにとって,いやな思い出
を連想させるものです。
今回は,最初に現われた時,それが何を意味し
ているのか からなかった時とは違って,思い出
したくないイメ−ジであるにもかかわらず現われ
たということは,その思い出に伴う不快感が次第
に薄れてきているか,あるいはあなたがその不快
感に耐えることができるほど精神的な強さや安定
感が得られているからだと えられる。
自然の脱感作になっているとも言えよう。
X3年6月 22日(899日目)
最初にツノのようなものが現われ,次に竹が現
われた。その竹がどんどん大きくなって,その動
きもくねくねとした感じの動きで,巨大な竹に
なってしまった。
きた )
→家からも母からも離れられるようになってみた
いものだ。
映画のように動きのあるイメ−ジの方が,内容
が豊かで,心の奥にある無意識からのメッセ−ジ
も限定して えやすいと思われる。彼女は,
「もし
かしたら,このイメ−ジは,私の気持ちの何かを
表しているような気がします」と,手紙に書いて
いた。
そこで,
「竹」
をテ−マにして,しかも6月 22日
に出た竹のイメ−ジを描く練習から始めれば,そ
の続きのイメ−ジが現われるかも知れないと え
て,そうすることを指示した。
仙人が現れる
X3年7月 25日(932日目)
2回目:PM3時,3+20 間(標準練習+抽象
的概念心像視)
巨大な竹」のイメ−ジの続き。
竹が に大きくなり,朝顔のツルのように伸び
ました。
3回目:PM 10時,3+20 間(標準練習+抽象
的概念心像視)
私が巨大な竹に登っていて,雲の上に私は登り
着いた。雲の上に登ると,すぐ近くに仙人のよう
な人が現れました。次に,いつの間にか私は下に
降りていて,竹の葉がハラハラと落ちてくるのを
私が見上げているというところが現れた。
抽象的概念心像視⑹:「竹」29日間
X3年7月 13日(920日目)∼8月 10日(948
日目)
7月 18日(925日目)
第六 式までの標準練習に続いて,抽象的概念
心像視の「巨大な竹」のイメ−ジの続きを行なっ
た。最初は竹が何の動きもない状態で,竹はその
ままの状態だったが,雲が出て,雲の横に竹があ
り,私が雲に乗っていた。
巨大な竹」のテ−マを行なっても,何日も何の
イメ−ジも出てこなかったのは,まだその機が熟
していなかったと言えよう。辛抱強く続けていた
結果,18日のイメ−ジが現れたということだろ
う。
<巨大な竹,雲,雲に乗っている自 >といっ
たイメ−ジは,彼女が手紙の方でいっているよう
に,
「自由に思い通りに外出して行動してみたい」
という願望が,イメ−ジの世界で達成できたのか
も知れない。
Dさんの「竹」からの連想は,以下のようなも
のでした。
竹=実際に自宅の に植えてあり,家から離れら
れない存在。
→自 も同じように,家から離れられない存在。
→そういえば,母は竹をとても苦労しながら剪定
している(型にはめる)
。
→(自 も母から,いわば剪定され,拘束されて
仙人は彼女にとってどのような存在なのだろう
か。そこで,黙想練習をする時に,仙人を再現す
るようにイメ−ジを描き,その仙人に「あなたは
どなたですか 」と問いかけてみるように指示し
ました。
その上で,「明晰夢」の説明もしています。
すなわち,確かに眠っていて,夢を見ているの
だが,夢を見ている人が,今,自 は夢を見てい
るのだと気づいているような夢見の状態が「明晰
夢」と呼ばれること。
「明晰夢」の中に現れる人物
は,夢を見ている人にとって,何か大切なヒント
を与えてくれる人であったり,自 自身の重要な
一部を象徴的に,隠喩的に示していたりしている
可能性が大きいと言われていることなどを説明
し,黙想練習の「巨大な竹」の時に現れた「仙人」
は明晰夢の中に現れる人物と同じように,意図的
に話し掛けることができるはずであること,さら
に,黙想練習の中に現れる人物
(この場合,仙人)
と会話を わすことができれば,
自 自身を知り,
自 自身を変えていく上で,とても意義深いこと
だと思われることなどです。
その上で,「仙人との対話」
をテ−マにした黙想
練習をするように指示しました。
抽象的概念心像視⑺:「仙人」
X3年9月3日(972日目)∼12月 20日(1080
39
日目)
:109日間
9月3日(972日目)
第六 式まで行いました。抽象的概念心像視は
「仙人」をテ−マに,前回現れた時のイメ−ジの続
きを行ないました。仙人が現れたので,会話をし
てみましたが,
返事や答えは ありませんでした。
抽象的概念心像視は 20 間くらい行ないました。
9月8日(977日目)までは,仙人が現れること
はあっても,会話することはできませんでした。
しかし,間もなく,話すこともできるようにな
りました。
<仙人との会話>のイメ−ジの出方
①「仙人」のテ−マで練習しても,何の視覚的イ
メ−ジも現れない時。
(9月3日③,4日③,5日②,③,6日②,③)
②イメ−ジは出たが,
(例えば,巨大な竹の上の方
で,雲の上にいるイメ−ジなど)仙人はその中
に出てこなかった場合。
(9月 10日③)
③仙人は現れたが,話かけても,言葉をかけても
らえない場合。
(9月3日②,4日②,15日②)
④仙人は現れ,何か会話を わしたと感じられる
のだが, 会話内容がはっきりしない場合。
(9月9日②,9月 12日②)
⑤仙人が現れ,彼の方から一方的に,自 は仙人
だ(あるいは神)と名乗るだけの場合。
(9月 11日②,③)
⑥仙人に「あなたはどなたですか」と問いかけた
ら,それに答え(自 は森の主)が返ってくる
場合。
(9月 12日③)
⑦仙人に話かけると,ただ名乗るだけでなく,
もっ
と別の問いかけにも話してくれる場合。
(9月 18日③)
⑧仙人との対話がさらに発展する場合。
(9月 19日③)
⑨仙人の方から,問いかけてくる場合。
(9月 21日②)
仙人との会話
X3年9月 18日(987日目)
仙人はイメ−ジに現われ,
「あなたはどなたです
か」と私が話しかけたら,「私は仙人」と答えてい
40
ました。私は「私に何か話したいことはあります
か」と聞きますと,
「あわてないで」と言っていま
した。
あわてないで」
という言葉は,私には何のこと
なのか,はっきり言いましてよく からないので
すが, えてみました。その結果,
「きっと,私の
現在の状況を意味しているのでは」と思いました。
外出訓練などが,今のところちょっと行き詰
まっているように思っていまして,
「よい方向に向
かうように,何か方法はないか」と,ついつい
えてしまっている自 の状況を,私自身が気にし
ていますので,そんな私の状況を見て言っていた
のでは,と思いました。でも他に意味があるのか
とも思います。もっといろいろ聞いてみたいと思
うこともありますが,仙人はあまり答えてくれる
ことがありません。
9月 19日(988日目)
第六 式まで行いました。黙想練習は「仙人」
との会話を行いました。仙人に私は,
「あなたは仙
人なのでね 」と聞きました。仙人はニッコリと
笑っていただけでした。さらに私は,いろいろと
話をしました。
P:「あなたは仙人なのですね 」仙人は,ただ
ニッコリ笑いかけただけ。
P:「昨日の練習の時は,あわてないでとおっ
しゃっていましたね。あの言葉の意味は何
だったのでしょうか」しかし仙人は何も言っ
てくれなかった。私は周りの景色を見渡しま
した。私の周りも,ずっと先も見渡すかぎり
雲に覆われていましたので,
「何て広いのだろ
う」と私は思いました。
仙人は,私の心を見透かすように,
「もっと心を
広く持って」と言いました。
P:
「それは,私の心が狭いという意味ですか 」
仙人:「もっと大らかになりなさい。
」
P:「わかりました。私は出来るかぎり努力して
みます。いろいろ話して下さって,どうもあ
りがとうございます。
」「でも,心を広く持つ
ということは,いったいどうしたらよいので
しょう。」
仙人:「それは自 で えなさい。」
P:
「私は仙人さんのお話する通りにしますので,
何か教えてくださいませんか。」しかし仙人
は,答えを出してくれませんでした。
P:「そうですか。またこれからも,何か教えて
くださる事がありましたら,お話して下さ
い。
」
「お話してくださったことは,何とか努
力して頑張ってみます。
」
ここまでが,全ての内容です。
適切に進めることが可能になります。
⑷ 意識水準の低下したイメ−ジが出やすい自律
状態では,自動的でありながら,尚且つ意図的
な介入も可能な視覚的イメ−ジを用いて,自己
の無意識との対話が可能になり,力動的なサイ
コセラピ−を行なうことができます。
私は,つい,面白くなってしまいまして,どん
どん仙人との会話を進めていってしまいました。
とても不思議な感じもするのですが,仙人との会
話をしている時には,とても気持ちが安らぎます。
和やかな気 になります。私はちょっと えたの
ですが,仙人は私がいつも何となく気にしている
ようなことを話してくれますので,
「痛いところを
ついてくるものだな」と思いました。仙人と話し
た後は,さわやかな感じがします。
9月 21日(990日目)
第六 式まで行いました。黙想練習は「仙人」
との会話を行いました。仙人は私に「心が広く持
てるようになったのかね」
と聞きました。他にも,
いろいろと会話をしました。
Dさんが話し掛けるよりも先に,
仙人:「心が広くもてるようになったかね 」
P:「なかなか難しいです。それに心を広く持つ
というのはどういったことなのでしょう。私
にはどうしたらいいのかわからないのです
が。
」
仙人:「では,一つだけ教えてあげよう。心を広
く持つというのは,あまり一つのことにこだ
わったり,気にしたりしないということだ
よ。
」
P:
「そうですか。わかりました。教えてくださっ
て,どうもありがとうございます。また何か
ありましたら,お話ください。
」
結論:通信指導は可能
⑴ 自律訓練法はセルフコントロ−ルなので,実
際に通信指導が可能です。
⑵ 通信指導の最大の短所は,指導に時間のずれ
が生じる点ですが,必要に応じて,ファックス
などを用いて短所を補うことができます。
⑶ 長所としては,練習内容や効果や指導などの
詳しい記録が残りますので,必要に応じて,そ
れらの過去の記録を見ることによって,指導を
41
自律訓練法の意義
心身医学の立場から,私なりに人間を,生理−
心 理−社 会−実 存 的 存 在 bio-psycho-socio「心身」と環境との
existential being とした上で,
関係を整理してみた図が下図です。
人間が慢性の病的状態に陥りますと,自 だけ
ではその状態から脱するのがたいへん困難になり
ます。周囲との 流を通してはじめて,その状態
から脱することができる可能性が出てくるわけで
す。
そのとき,自律訓練法によって,心身のリラク
セーションとありのままを受け入れる受容的態度
を養成すると,
周囲との 流がすすみやすくなり,
自 が変わりやすくなります。自律訓練法を行う
前と後とを図示したのが,図Hと図Iです。
これについては,昨年開催した「2006サイコセ
ラピー会議インジャパン」の基調講演で話をささ
て頂いたのですが,ここではゆっくりお話を聞い
ていただくあ時間がありませんので,図をご覧い
ただければ幸いです。
長時間,まとまりのない話をお聞きいただき,
ほんとうに有難うございました。
私を育てていただいた皆様方,九州大学,筑波
大学,駒澤大学,本日わざわざお出かけいただい
た皆様に心から御礼申し上げますとともに,今後
のますますのご発展を念じながら,お別れのご挨
拶といたします。有難うございました。
42
Fly UP