...

フィリピンの理科教育と日本の教育への応用

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

フィリピンの理科教育と日本の教育への応用
研究論文
鳴門教育大学国際教育協力研究 第 号,
,
フィリピンの理科教育と日本の教育への応用
Science Education in Philippine and Implication for Education in Japan
横山 修*・小澤 大成**・村田 守***・香西 武***
YOKOYAMA Osamu, OZAWA Hiroaki, MURATA Mamoru, KOZAI Takeshi
*鳴門教育大学大学院学校教育研究科
Graduate School of Naruto University of education
**鳴門教育大学教員教育国際協力センター
International Cooperation Center for the Teacher Education and Training
Naruto University of Education
***鳴門教育大学自然系(理科)教育講座
Natural Science Education (Science), Naruto University of Education
Abstract:Effect of bilingual policy to the science education in Philippine was examined in
high schools. Understanding of learners are enhanced by introduction of
experiment in the lessons. Also it is very important for teachers to be
familiarize the experiment and understand how to use experiment in the class.
キーワード:フィリピン,理科,二重言語政策,英語
1.はじめに
どの違いがある.1571年にはスペインの領土になり,
1899年のパリ条約によりアメリカの統治および植民
1571年,スペインによるフィリピンの占領以来,
地化が始まることにより,フィリピノ語はスペイン語
国政はもちろん言語にスペインが大きな影響を与える
と英語の影響を受けている.
事になった.1898年からのアメリカの支配により,
今日では公用語に英語が加わり,
1974年より理数科教
育の教授言語が英語になった.これは「英語が科学,
3.フィリピンの初・中等教育の背景
文化経済などの発展を促進する」という考えに基づい
フィリピンの初・中等教育では二重言語政策が取り
ている.しかし,フィリピンの理数科教育は深刻な学
入れられている.小学校3年生より英語,理科,数学
力不振をまねいている.この実態をフィリピンの学校
では英語による授業が,その他の教科はフィリピノ語
現場で調査し,その改善方略を考察したので,本稿で
で教授されている.教育期間は,初等教育6年,中等
報告する.
教育4年間であり,日本より2年少ない.中等教育に
は以下のコースがある.
2.フィリピン言語の背景
・普通中等教育(General High School)
・職業教育(Vocational High School)
フィリピンの公用語はフィリピノ語と英語であるが,
・サイエンスハイスクール(Science High School)
母語として使われる言語は,ワライ語,カパンパンガ
中等教育で教授される科目は,フィリピノ語,英語,
ン語,セブアノ語(ビザヤ語)
,タガログ語(フィリ
理科,数学,社会技術家庭,音楽,保健体育,情報,
ピーノ語,フィリピノ語,フィリピン語)など合計172
軍事訓練(第4学年のみ)である.
に及び,これらは,ほとんど意志の疎通が図れないほ
以下,理科に関して学年ごとの教授分野と配当時間
45
横山 修・小澤 大成・村田 守・香西 武
を示す.
算数・数学
第1学年 一般科学(General Science)
小学校4年生(第4回2003年25地域中)
第2学年 生 物 学(Biology)
週当たり180分
1位:シンガポール
週当たり180分
中学校2年生(第3回1999年38地域中)
3位:日本
23位:フィリピン
第3学年 化 学(Chemistry) 週当たり300分
1位:シンガポール
第4学年 物 理(Physics)
中学校2年生(第4回2003年45地域中)
週当たり300分
全教科 週当たり1980〜2220分1)
1位:シンガポール
5位:日本
5位:日本
36位:フィリピン
41位:フィリピン
また以下に Cebu city の Abellana National School に
理 科
おける日課表をしめす.
小学校4年生(第4回2003年25地域中)
Flag ceremony Homeroom Science Social studies BREAK TIME Mathematics Technology home economics LUNCH 1位:シンガポール
3位:日本
23位:フィリピン
中学校2年生(第3回1999年 38地域中)
1位:台湾
4位:日本
36位:フィリピン
中学校2年生(第4回2003年 45地域中]
1位:シンガポール
6位:日本
42位:フィリピン
4.現地中等学校での調査
English 調 査 校 Dasmarinas High School は メ ト ロ マ ニ ラ
Filipino (METRO MANILA)の隣のカビテ(CAVITE)市の
Physical education 中心にあり,生徒数90
, 16名,教師数175人で,モー
ニングスクールとイブニングスクールが併設されてい
前述したように,1974年より英語・理科・数学は
英語を,他の教科はフィリピノ語を教授言語とする二
重言語政策が実施されている.英語を教授言語として
使用するのは,英語が科学,文化,経済などの発展を
促進するという考えに基づいている.一方フィリピノ
語を教授言語として用いるのは,国家的な団結を達成
する母国語としてフィリピノ語の利用をさらに発展さ
せようとする考えに基づいている2).しかし学校での
使用言語を使い分ける事は,教師や子供にとって非常
に困難であり,結果的にはこの政策によって学習が
いっそう困難になっている.理科の成績の悪さは主に
英語が使用言語であることと深く関わっているとの指
摘がある.生徒は自己の内面化が難しく,英語で自由
に表現することを難しいと感じている.一方,生徒た
写真1
ちにフィリピノ語で理科学習させるとき,その効果が
上がることが指摘されている3).理数科達成を測定す
表1 担当教諭とクラス
る際には,言語の問題は大きい4).問題を簡単な英語
に言い換えたり,簡潔にしただけで,英語国民の成績
は変わらないが,ボツワナ(英語,ツワナ語(国語))
の学生では,成績が優位に上がった例がある5).逆に,
国語による理数科教育の実施には,科学用語や概念の
翻訳に困難がつきまとい,自国の教材準備が十分でな
ければ理解が不足することになる4).
以下に,TIMSS による1位の国,日本,フィリピン
の順位を示す.フィリピンの理数科能力は低迷してい
ることがわかる.
46
国際教育協力研究 第 号
フィリピンの理科教育と日本の教育への応用
るダウンタウンに位置するマンモス校である.調査対
また,長さと電気抵抗の関係を,鉛筆を使って同様
象とした第4学年の学級数は22クラスで,能力別の学
の実験を行い,電球の明るさを比較することにより実
級編成となっている.そのうち高い学力レベル,中間
証した.
の学力レベル,低い学力レベルの3つのレベルについ
て各2クラスずつ計6クラスを調査対象とした.自作
の授業案をもとにタガログ語を使用した授業と,本来
6.授業の実施状況
の英語を使用した授業をフィリピンの3人の先生に教
3 人 の フ ィ リ ピ ン 教 師(Ms. Nelly,Ms. Nancy,
授してもらい,その結果をアンケートで調査した.各
Ms.Jocelyn)に授業を行ってもらったが,予備実験や
クラスの能力調査のため,
5問の理科問題(TIMSS1999
授業の内容の理解度に個人差があった.実験前に予想
年実施問題より抜粋)と授業に関係する電気の問題5
させ,実験で比較し,実験後に結果をまとめる手順に
問を授業の始めに実施した.また,授業の終わりに同
ばらつきがあったが,1回目の授業後,授業内容理解
じ電気の質問5問を実施し,タガログ語で教えた場合
が進み,また実験にも慣れて2回目の授業はスムーズ
と本来の英語で教えた場合で,授業前と比べた授業後
に行えた.生徒は実験に大変興味があり,
「現象」によ
の伸び率を比較した.また,3種類の実験を取り入れ
く反応して理解していた.特に Magnesium クラスが,
ることにより,教師生徒の反応,感想を授業参観によ
授業後の成績・伸び率ともにトップであったが,他の
り観察した.
クラスとの違いは,昼食休憩後の午後1時〜2時の授
業であった事と,普段は禁止されているタガログ語で
の質疑応答が多く,活発な授業が展開されていたこと
5.授業案
である.実験結果,まとめを生徒と教師で合唱させる
調査校では,4年生(15歳〜)は物理分野の「電気」
を9月に学習する.
10月の調査時に記憶が新しい電気
分野,特に「電気抵抗」について,授業案を作成した.
予備調査により,日本の生徒もフィリピンの生徒も物
理・化学分野が苦手であり,電気分野は日本の中学生
にとって特に苦手で,理科が嫌いになるターニングポ
イントのひとつと予想されるため,フィリピンの生徒
にとっても得意でないと判断し選択した.
授業では,細いストローと太いストローによって,
太さによる水の出方を,電気抵抗のイメージに置き換
えて説明し,実際にシャープペンシルの芯1本と10本
の芯を束ねたものに電流を流し,豆電球の明るさを比
較することにより,抵抗の細さと電流の流れやすさ,
抵抗の大きさの関係を調べた(豆電球15
. V 用1個,
写真3
15
. V 乾電池2個,シャープペンシル芯11本,豆電球
ソケット).
写真2
写真4
47
横山 修・小澤 大成・村田 守・香西 武
ことにより,理解の確認をとっている場面が多く見ら
れたが,理解の定着にはさらなる工夫が必要に思えた.
7.アンケート問題の結果
普段はすべての理科の授業が英語で行われているため,
各クラス能力比較のための問題(1999年 TIMSS で
タガログ語を許可されたクラスでは,意見の発表が多
使用された問題より抜粋)及び正解率比較のグラフは
かった.タガログ語で教わった Plutonium,Magnesium
以下の通りである.国際平均,フィリピン及び日本の
両クラスの生徒全員に,教授言語について,挙手でア
成績も合わせて掲載した.
ンケートをとったところ,両方のクラスともタガログ
現地で高いレベルと紹介された2つのクラスは,ほ
語と英語を併用した授業を望む生徒がほとんどであっ
ぼ同じレベル,また残り4クラスについても同じレベ
た.
ルであるので,Gold,
Plutonium のクラスを High1,
High
グラフ1
グラフ2
グラフ4
グラフ3
48
国際教育協力研究 第 号
フィリピンの理科教育と日本の教育への応用
グラフ5
グラフ6
2とし,
残り4クラスNeon,
Nitrogen,
Oxygen,
Magnesium
授業前後での問題正答数変化および伸び率(%)は以
を Low1,Low2,Low3,Low 4とした.
下の式を用いた.
授業内容と最も関連の深いQ7について,授業前と
伸び率=(授業後の正解率−授業前の正解率) 授業後の正解率の伸びを表したグラフが以下である.
/(授業前の正解率)
グラフ7
グラフ8
8.ま と め
TIMSS の問題(No 1〜5)では,力のモーメント
ていたが,2回目では教師自身で行うことができ,授
業内容や実験を習熟した結果であるといえる(グラフ
8).
(No 4),速度(No 5)の基本的な物理問題は,調
査1,
2回目の結果と同様低かった.授業に関する問題
No 7の結果を資料とした.グラフ7より,授業前の
9.考 察
正解率は低く,9月に授業が行われてはいたものの,
授業は多くの要素によって構成されており,全く同
この課題に関してほとんど理解していなかったと言え
じ環境,条件で行われても,生徒・教師ともに変化し
る.授業後の正答率がタガログ語で教授された High
ているため,データとして表現することが大変困難で
1・Low 4のクラスは伸びていたが,Low 3のクラス
あった.その結果,教授言語をタガログ語で行った効
は逆に後退していて,まちまちであったことから,タ
果は不明瞭になった.その中で,教師の授業の習熟度
ガログ語での教授効果があったと言い切れなかった.
や実験の習熟度を高めることにより生徒の理解度を上
教師について,1回目授業を行ったクラスより2回目
げる効果はあったといえる.事前実験では起きなかっ
授業を行ったクラスの伸びがいずれも高かった.演示
た失敗やタイミングを,実際の授業で行う事により自
実験においても1回目には当方の補助によって行われ
分のものとなり,生徒にとってもよりわかりやすい効
49
横山 修・小澤 大成・村田 守・香西 武
表2 Low 4クラスの伸び率が高かった推測される要素
果のある演示実験となった.
が,低迷する理科教育を向上させるのに重要であると
日本の生徒と比較して,二重言語政策は実践に即し
思った.
た英語能力を高め,国際化に対応した教育となってい
る.しかし理数科能力は低迷しており,特に科学的思
考力が不足していている.この原因として教師の授業
の進め方において,生徒に考えさせる時間的余裕と教
参考文献
育方法が不足しているように思われる.教師のカリ
1)サルバドールロブレド・奥村清(1993),フィリ
キュラムや実験に対する習熟度を上げる事により改善
ピンにおける科学教育の現状と課題,鳴門教育大学
効果があると考えられる.一方日本の理科教育は,フィ
紀要 Vol 7,pp 157
リピンと比較すると良好な環境のもと授業が行われて
2)NIER (1986) Elementary/Primary school curriculum
おり,学習指導要領などでの一貫した指導内容,教師
in Asia and the Pacific: National Reports, Tokyo.
の研修制度,ゆとりのあるカリキュラムなどにより未
NIER
だ世界的に高水準を保っているが,フィリピン教師の
3)アメリアファハリド・秋山幹雄(1997),フィリ
意識にあった国際化への対応が行われているとは言い
ピンにおける初等理科教育の現状,理科の教育,
切れない.全世界で科学を共有する媒体として英語が
3,37−39
位置づけられている今,英語は科学に携わる者にとっ
て益々重要なアイテムになる傾向が強いため,日本の
4)隅田学・赤川泉・長尾眞文(2000),発展途上国
科学者が流暢な英語を使えるような教育を準備する際,
の理数科教育開発に関する基礎的研究,国際教育協
フィリピンの二重言語政策が参考になると思われる.
力論集,3,41−52
10.おわりに
5)Bird, E., and Welford, G. (1995) The effect of
language on the performance of second-language
Dasmarinas High School で実験室を見せていただき,
students in science examinations. International
日本からの供与であると説明されたが,ごく一部のハ
Journal of Science Education, 17, 389-397
イレベルの生徒だけが使用するとのことで,生徒の姿
はなかった.協力してもらった理科の先生達は,当方
が供給した実験道具とパフォーマンスに大いに興味を
示し,現地では実際に役立つ教材が不足していると教
えてくれた.日本で多く紹介されて,実際の授業で行
われている実験観察を普及させ,さらに伝達すること
50
国際教育協力研究 第 号
Fly UP