...

全ページ一括ダウンロード (PDF形式 : 1MB)

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

全ページ一括ダウンロード (PDF形式 : 1MB)
ト抑制ルのりん抗が、すぐそ、 ま℃附州こえています。ニの尚代を判っていくの
は行中J今です。子役たちのれ川、今人人が社会をつくる仙仰山であり司それを一生り
打てることが秘的点作、大人的肉付です。人2は、川関係問問書緑化の持久といわれ、
それぞれの入勺総金総立しにくい均八ともいわれています。しかし、税としてし八
人として、子供に対するん引がを決たすための努ねを沢ねていかなければMなりませ
んOKH世守的問問題は、っきつめ CFJえれば、ん人的関川出だといえるでしょう仁札口
hy年内総士山H成は、全出民的なぷ独でありこの解決には、年約を桜之、同体を
縫え、組織を結えて、んきない袖を広げていくよとがん叩 ま
z れます。それでは、NAγ
主丈、打、石川間体で品る子品川
主指導し、⋮出動的内沼化をM
会以品川じ‘必強な知ぷや仲間部地
Jてい占十
4
場肉体数 一hiiハ川同体んhHH
品端域活数奇支える
数叩 万一千五行人
J
付先や加川内会的指品なんに
口
山
より、地滅的九円宇和行成の妓
として一出獄していただく1日
長
世勾初得HHt点、行ん!tハ々h
主丈、地域的打hA縄問叫から
P
制しています任期は ♂
年
2
け
や
年
み
れ Ji
リるため、礼治会や向
山川公的被ぜノハにより、パ円九トーハ
めんや斗関係的行事以もたく名的万にJ刊会部崎市げれ河口ハを
年め刷出令山け成のために、取り総んでいる恋にけHふ
γ同けてみましさつ。
LV
九一十五村去での八日間、花恨ん19
加しています叩叫ん判、企制していま寸付期は♂一年
松バーをい叫仏誌に、ハバi八日
J
f
川
WLていhwje山小 J午も、たく光災し、民間ムネルギi的成
引い仇川町、威川町i一却をJm川ニmA日間れんhuへ終fし、機械でzH世年九出品仰は、抗ヘムげれ探か
しました
UHAY年非行は、終始化の矧的判仙唱では、小川川の山市 如 ? と さ ん い ま ナ 紘 一 ル ぬ か 鴻 み 、 読 し い 川 川 代 を 一 地
m
w
家
9
1M1fi
年抗告
テー¥一
間同発やすね官、斗討会成績品川仕以カ中、心とな
41Mf
J
u以内
れれ抗日夢はぐくむびフェスティバルリじた治勲菜でれていま
内 に あ る も の の 、 山 宇 都 初 出 剛 丈 流 を 川 川 り 、 弘 仰 を 深 め て い 主 て い ま す 一 多 様 な お 1 j だこ
の人主泌総芋字社会参加青年対応した誌や除去立川
m
v
札ね
11f
コJI
引っわ青少年
としもとを3 カ け 九 日 よ う て み る 宅 担
やく地域培ぷも州主η、山内山口山刊訂jaハ付やしい汀、f供向的総 討をふ主え、山年内線旅り、出伐のみなさん、地域的み
L
が
U
叫
んι
し去したいい味川?のお約機必ぴわん発をねらいに、内年がh体と川町出叫に取り似しむことが必判官で
令域に令中学校試行合年総令域としてρi/#リ桁fのわ品川川な社会事切に幻する日けい山川なさんと併とな二九んはゆ/年
好成総川叫
中学校試の川相続化山川、新し世作的事か必パ室、夜悼み中huvJbiけ咋 γゴスティパルルしよう
いコミ叫ん ιティとして、民間ぷは述日山地川柳川H的機泌でい9-宏、同川和iパト年出ほから始めて
ネルキi主体とする市議たし語、オゾンがいJはいま﹁??徴的のテレホ
ι
られています昭和刊 八十示。ず¥研鈴ずる地引がぴわ山守ましたが、一一一ト同を紘える%引合的桜織化 作い、f供
l
札則的以はして二}れかられリゃいの聞くk協のもと、 E Q 1 2絞 め 併 設 、 i ¥ H H A ン 相 談 を 隅 開 設
年的行成に大5なmHけが冶せ'州別法白協調的体験を泌し日のけ間口戊川川紋地で山間山間し
内山村刊をルーかした、必γ出動的的判例目を紋えていまずかれたもめで、仁川年的社会事kjh什引のmM刷、作行的低今
伎は各中学校
μ一-一シパド、地持年の山下で、山川ぷ以来磁!万人J打丘HH公的ぬみ弔ねにより山間た九の悩みカ幼えています
地域参加の機会主くな動への毅戒を記恨のための保当への助成、
532
3
M間関かMhれ主ず。知的
4が内川Jているニシ点、齢化が進むなかで、家濃のあ
中学生め議級一いん主主役で39iりん高われています匂
意義治家詩的な参加を芝山会育成惑む
j
訪中留を派議問での重要
i:i、
ト
件以1Mm的完治カま寸ぷhd十る小守中JHU叫し、子供永寺ぬれγ公を明るくする一一となどを
吋欠とな尋問何時化社会的山中で、凶品川出品仰にMm滅的な多加ができf然的総中な成比に不巧欠滋めています仰
んや侃ーのMm州人としての続野るよう、。ンぷニフリ!?ーのな地ぴ円札法的防で品品、fA2都度は、子供たちからの
AM一アリ!タiとして必協ぷ会総織であφt干嵐山f八↓一じも限必し、子供たち
ま
川ψま旬、カてるための均外派内日成JgHU治してい去す州民会的行山怖を山内るため、泌総テレソ 4ン利誠一山出品川叫}じ
からし日告匂い広川町ム凶山間的派治授な知ぷや技術仲間待のため、とも人山介成連絡協議会主的光山口九時的悩みを山間いています
泣いれ主として、Mmh刊3ハi
句庶ジ
44P
一
へ
?ム、殺語、主務主主淡のた肉、資金的助成を@f以内よとでおり内めんは
中小中いとMMど町議成品門会をわい、出内川町倒的に滋めています況1iUUAiじ
事響少年の緩会事著員立のために、主主
事警少年望書会事警足立の綴後大きく広げ2
ましょう
るくする
行少年の健全育成と非行化時間止のため、広報
ひ ら つ か ♂H少年の健全芳成特集号﹂(第⋮ HUi
同一八円勺)を発行し、いろいろな事業を総閉してき
日月一ました。中ヤ慌の韮崎細阿保や山地談会もその一つ、
王手子漣長室等審議員会
小山田和孝氏〈父親代表
lm
判⋮それを受けて父母の概略刷会、務室の窪刷会、
など、いろいろ取り組んでいまず。今泌は、そ
問一そして、行少年間持続警官の怠泌を開聞く派議会
一
手小a
一の総淡町糊ともいうべく﹁はばたけヴ少年﹂在日アi
む HH
数品目会館で、中内r校、必校、持
HH
霊童草体│くに入善問日原生諜主義〉
議 木 重 量 次 氏 ([email protected]
裕 燦 務 行 氏 〈 ヘ ヨ フ ー サ ロ シ ワ フ イ j建設容〉
ピーチ著書子氏 〈潟水空宇霊童持自書籍主語科書需主主主
専 門 学i
線量藷繍〉
霊霊童霊祭〉
言輩沼紛代演(fB親代表・警警少年問題車協議会
霊
霊
童
重
〉
JJ
くニとが、必変ではないでし去年は旬新人総 Mと カ い う そ れ に 報 い よ う と す る 努 力 と
よっか。バ般がはやりましたが、会批いいますか、どん欲さに欠け
r
差是ぴに求て
撃さ押棄する人おかをや吋てもまりZ時ています
しないというば出、行分たち務いるようで。
総出向闘拡のいる日﹁山語、践でやりたいといった胤叫んいには、叩サですから、ニれからは、学
卒品校のため、枕織する永山地非情に人が集まゐといつよう廿慌をどのような形で、技会に
相閉町会f供会で指導告されて
H
hい 人 た ち を 的 か る た め に は 、 一 昨 き な ぷ 組 と な っ て い ま す 。
T
坪が料わりますと令ことがあります w U
拘が多く、 IA
日以献できるが療人としてつく
れちに職場へと山山るため、九このよ フ な こ と か ら 、 午 後 初 っ て あ げ る か 、 と い う の が 大
lJ
U
同年のときから峨肌切に山山たとき
m
輔のニとをAU山叫において、汗段AFろえぷ社的教行体系をはh
判的)日英ぽいとか、礼儀作法ヨ乙していかねばならない時期に一一いる立場からお紛いします。
恥か、とにかく社会人として、与ているのかな、というニとあ
一人自活する人間長てを感じています持スター号、仁八段から心議長長いじ
抽ていくことを、日般にやって発会とうもありがとっニヴ地主でで、引み込ませている小山館協ぷ会に指導務
μ会
3
h
d
てくる依というけ越を使いま
ιなることが、第一であると
いかれハクラスという小波丸ているのかも合的て、お籾ね共の時代には必茅ごまず、子供たちと知り介い
U
一います c
いました防次に台市今会議所た的、抑制から晩まで絡に牝というのがあり、そニでf供
同時中いなことに、以的中山棋はでどのよーつないけ世略的動を事事秒していますだAT箆知得しています
轍一言
醐校校なため、先生心的 HH
が砕いいします
ι13537竹っかるよるニとがでることをお紛いします合ムマ畿欝醐
マ
ぃ
γ
η去 に い た 惑 で 働 く も い ま す が そ つ な さ
d
てなカネ治していそ
あるよっIl
概
要
ブ
レ
!
が
主
体
重
騨
麟
韓
関
噺
島
た 的 、 は 品 川 パT毒 } っ と 対 し て は ま ず 山 を か け 、 必
そ ニ で 、 こ れ か よ 苦 手 話 、 テ レ と な ど ヨr
ヂ麟九議議携するヂもん
ιれますがそを開いてあげることが毒で
pp
や年に、人生品川臨ん殺として臼とヴザ年の非行が鰍滋事れてたちは、十守山三トキ則的f荒木忠共でも、大川市にれい欄掛
パの子のいい所をはてあげるこあると思います υ
ごろ日品川聞きしていることや、いますが、中学生の非行が多供たち、さらιは 口 分 的 子 供 人 た ち が 就 職 し て 求 ま す 〆 、 と に し て い ま す
開明会ありがとうごグいまし
山閉じているニとを、それぞれいのたそのへんに湾出があのと患と議してし人分法がやはり織をわりをしてお川、忍瀦カに欠ける支についずは、松町パ然た均以後に、お宮んの
z
t
場
伊たち円竹内甘がとう﹄}うではなあげればきりがないほど沢山で動こうとする行動持派が少年制町出ゅん会母一♂ト例年間や一明会止に、守門学校の学長繋扇子似たちを行ててきた
内立場から吋品附していただきたるのではないでしさっか匂あるように感じています。戸惑っています。識的関口払たち円少年間開究会 HH でぶト引することがありますめからお初いしま﹁"
い と 忍 い ま す 。 し か し 、 非 行 的 な 問 泌 を 持 旧 日 と い う の は 、 私 り が な い そ れ は 何 か と い い ま ? と 、 の メ ン パ iは、内争年め館令で、 eHH
刊をバリてガててあ峠
務一締約に不安定っ、ている子供といつのは、子とか必支告しないとか、島におになじまず、間人主と非行主主的として、ょう患っていそ戸惑いながら
ζ
r
tuzf
い ﹂とです句会出で削削れるf供が喜一/¥時します
2
d
と
ててきこような感じ
蕊瀦中学校で数民をしてい︿、京総や祈念内線州引になウありますが、授にf倣にと勺非常に強︿な吋てきていると勺てきていますが、開会式に合同制勺ている坑ぬからお紛い一 11年
0 を以り泌ウてみますと、
本
中 3phMm
み、ド惑いなかり、
ますが、戦争えていますと、ているよラな縫いしもします。ては、パソコンとか、 7了
中
川γ ル1と う の は 、 身 体 内 に と も あ れ 、 大 寺 町 子 宮 、 コ ン と か 、 弘 前 で 吸 収 し な ⋮ い 語 ら せ て も 、 や は り そ
も詩的にも2な誌でかなり2、装っているければな芸いことが奇襲髄麟TZてきそしヰどん欲さに欠ける勺
ι
c
というアンバランスNCZ24はどのような社会でグ桑鱗撃綱雲芝、裂さん長い途中でき
2?
同持ちますが、誌に芸大人が勉強者とにかくどがもっ皮、刷、有j?なれがしますて324て米るため‘gJ?して工
執
議鱗欝MZZ
j
j
りますむきの詰襲撃去、32:でどのようなEJ〆議畿でまずー2︿な勺ているの;台芸勉強をLEE-fレピゲ
hめてしまう山市ごだ、とおぞいます ν
第一一樹平塚市常少年友好訪中山間(十人)は、六
十一年八月十人れから人税関、北京、統制問、録制問、
間日
H 出削減を掬んで厳談会が開聞かれました。その燃
上識を磁ってきました。その綴告を議ねて、十月
え、中回闘の務者の印象や H
日常生議などについて感
怨が述べられたのでそのいくつかを綴介しましょう。
Z 本では、略的総札や子供
合ビリヤードをする建テ
φ
まで翼く滋んでいて悲し
りませんが、むこうは年
i 主でみに滋ぶことはほと
SS
なぬから221ムfgどがあ
;おいものを一芝山月刊で切に警のち叫11414iJ
領海
こがれる謝もありますOK2fF向島をしかしてしたりしむのかとい
議議麟¥か号浮かくおまかけてつよりはふいおすよ早ま主義的に立ま逃町大きい子供かり小さい子供
し 、 そ う い う 主 主 ち が そ て て い る わ け で す が 、 2 f 倣 う こ と 在 、 も っ と 勉 強 し て い 川 護 審 議 議 窓 護 保 械 を 品 評 し て い ま す 九 人 れ て く れ て い る の T す か ら 、 議Tとな Jています ぴ識として間接していました
雲
ιZ
;
L
k ;
gi5
c
7
r
れ川刀 判
h
1
A
U
d
れ
綜
幻
Mm
討
心
五
は
持
斡
一
︺
弓
沌
1
Z
抗
日
子供主体的護憲をしますればいいと そ フ い つ 入 品 分 で 行 動 し て い く こ と が 点 議 か あ っ た と い つ の は て 2 2 5 か せ る ニ と に 子 供 が や っ て 来 て 詰 毒 い る こ と は 、 れ 分 か ら や る 気 器 い る た め 、 こ れ で は 詩 て 熱 中 し ま 手 、 む こ ど 知
ヵ、加桃山内政はが強いという似って、対日立制年してしま つ
v 大切であると、沿い判にバゥて伐抑制わぬたがあまリなかったしました z m
同開叫行動でもおこんでいるのをはたと矢、はっにな Jたとき出品ネルギーは、とように背ってしま一つのでは
hないへもどんどん緩まって
4
をお戦いします
滋 び な ん で す ね 怖 と じ か く 、 議 議 議 畿 欝 イ 話 事 事 記 れ 欝 議 鵠 欝 麟 欝 欄 け る の は 容 だ ち だ か ら と い 富 士 例 で 手 、 刊 誌 口 九 的 立 が 大 き い と 思 い ま す る 長 、 手 が 、 寺 内 線 録 。 塁 打 ゲiムセンタi
ては
一一議長室路ですから、何でもいいから学校塁手は、議ではなく設で、ハシ語、一語科平一一いれれ的うよとで、今年から思いきりからを主主と忠われるんにそのf供をえて悠じてに立??草される子一人が一つめゲょにをし
は
益
勉
襲
襲
強
界H
沿続出刊誌れと主義業譲勤監麟:盤欝向
刊
μ
は訪
日
日
日
れ
訂
訪
刊
花
汗
↑
て
く
る
什
円
む
絞
川
ム
刊
む
誌
日
総
刊
日
日
げ
日
日
ん
れ
げ以日わ目山
駁
腎
警
z
A
A
弘
手
号
か
守
ワ
ま 丈:ニ的;ニ2と主につ 議
説
?
f
と
主
い
つ も主的2か;令然身 芝 に 欝 欝 欝 欝 一 輔 麓 麟 麟 鱗 鑑 騒 麟 麟 麟 麟 麟 鱒 麟 麟 麟 麟 司 吉 川 夏 、 ⋮ 訴 し て ゼ て 雲 存 在 宅 止 ま ら と そ の f E て も 、 や は り ; 官
にけじめをつけないでしょうか、急きれる
いて何かありましたら補足ついでいないわけですから、藤欝盤機宅ii口市鶴麟麟麟糊いましたが、警を出して受つですかれはき弘、守的大人たるという点では良いニとであ丹念告で納得しました"
ι
J 日汀竹μ
υ
5it
ι!
d持
ρrrrγ;ι?i
L
L
U
設U
咋
μ
U
μド
! ? i ; ; i i i i jょ
?iHhH!?!?Jii
けけはけ川 hei--19-!??fessも? j i - - ? ? ! ? ? o i ; i i 1 j o 日 本 で は γiムセンターなました告
議機
襲撃=三三藤叶い盤麟韓一仁一覇離欝かないといけな山部分も織かできためでは主いかと思いまていくうちに波高級して、どでなくまで縫んでい297ム:ーなどは警
:'H
裁務 i p b 場 鴻 一 畿 郵 月 間 鳴 襲 撃 一;i 鰯 譲 鱗 機 雪 量 畿 欝 鞄 轟 轟 鱗 轄 に あ る よ う な 気 カ し ま す す
分が絞り出され、一人きりがいますが、主的では時間竺織として号入れている
、
っ
、会話芸りとつしていいか叶からがすぞ守容ゑ与す手常者高三ぞ
一機基盤常識難民議き
yy
つもありかとつぎの学校にぜ
r
o
t
ぺ荷主欝欝磯臨機麟♂鶴麟麟麟麟;も大人もjf長引旬、付
訟
を起して任せると与ないうちに非行的主に人事、その後日させて勉しまいませんか、品開した
いました非常に多岐にわたでいいだろっとし
で人?⋮閥幹
離鞠撃せることができいよる;任せるニとにょっ;ゥてしま三つでした代強しなさいキということてところ、332
15411;41446;り
E
菱重量会の損罪審議
間町
一?に、会一
一日間学校、余波、民間閥、続という立場から、期待
藤原三三重撃主題氏 〈大震費瀦校君主総〉
細山回文書聾氏(5:戸塚商業高話校教諭〉
あると一息いますと思います
ちの占的ころよりもれま警知識錦繍和24たちは、肉体的に;書道で惑をし人
f
与えてみますと、3
拘身体的
、一まともな務会芝、八緩めきしりふさ語ってい主も詳し盤整はさをてきていますが、ていまま、fz;fl、るために、
p
りますと、大人十 hいの体力てお紛いします o H
見交けられますみれ議議雛騨と約神的なものが欠けているよというニとを知らずに、加ポTAとか、持続クラブ、公民
される人間抽出やみ少年抽出を吋人伎の免税﹂とし
てぶっていただきました。
司会習医毒液氏〈社会数湾指導員〉
鞠従白人戸人名品︿という{長欝したが、24たちは
総いますNf供会を号、何
JY
繍メリソトがありますす議機騒騒機態
に点ている。という協定で、主同時三よる中 a誕
e 生の
閣議22少年は、壊も、それが災税できなくて、醐雲企業側的立去ら管急事事機謬緩綴警液化がをしています主、客足っているぷ
三罪者一作沃(機内中学校教繍〉
?3
藤回集室葺dfv
〈害警少年間緩協喜霊会察重量〉
穣慰霊軍司さん〈毒奪回野中桝131;)
大竹宗久さん(
"
)
官寄金
織 氏 〈 務 $ 会 言 語F
済構少年開発霊霊童義援〉
重量羽
(2)
らっか
叩
4h
f
mE
y
52 477
2
︼
a
g
ei--4iiise
1ig
11116isei--fie;;;
d
態
45
3
t
あげていますといっこども
急 三 し た ら 大 変 な ニ と に な ゐ と い ミ 三 議 禁 あ っ た の た 人 で も 終 く も の か あ りi な い で し ょ う か 。 日 本 に は 好 家 し て く れ 、 や り 室 長
♂はられます。その襲、のです
品終的に希望が山山荘れても、本吋に約分で、これから似どついつ技術訴になりたいすャ九r的時代では、仲河北九るうい間みもありましたが、応ですが、そのf供と色々ぷしす μ
きなと主ニ熱中する民間かあワ手議りで数えてくれました
や 業 設 に よ Jて、議れがか療人として川一んでいくんだ、かと開くと、機 A
守に山山てくニとが非常に燥しく、そうい
ります心ん一分としては句協約そ、づいうとニろがとてもいい
ももも命名
な
れないというニとを、という必ずできている会、
へア
に
う
さ
、
悩
ん
で
い
る
と
思
い
主
義
韓
畿
撃
ぞ
令
マ
一
:
よ
づ
壬
J
匂 J
議畿繁欝診に遊べる渇宅建る時閉聞をもと患いました布
ご 議 ぷ 撃 心 議 鱒 議 〓 議 議L議 議
議 ら桝
一
選 A;C
議
選
議にいて体験しています“絶対に、そっいうことはありなりたいというような、ます h
三之
〆選 毒 薬 警 察
1醐
量
量
鵠
留
留
吋
付
、
匂
⋮
鰭
鱗
鰯
吋
強
淵
糊
繋
胡
吋
九
︹
︹
⋮
譲
譲
判
犠
努
輔
噂麟
議
麟
議
吋
棒
霞
伊
容〓
魯
﹁
剥
吋輯
匂
匂
藷糊
4111i i
一藤醗閥擦棚私め一必必仏校悦的生昨従四の削説剖状ません
なが告持勺て米でいますめで、中小川町では、 F似の持叶てι4J4ed--431111114
譲まところでは、広なるべくその空きないよいる警とか撃手吉弘務会議になり手が、紛議愛護芸人'幹事柄欝号議ふ裁とい認
ですが、人芸には、
Zi
Zz g l i
2 予選一 は 八 ト 下 で す そ 議 案 李 総 し て ボ て い ま う に し て あ げ な が ら 、 仕 事 在 三 号 、 逃 禁 場 を し て 主 字 主 主 - 人 間 後 に つ い 亀 轟 襲 安 警 護 窓 主 主 き 芝 関 三 五 き ょ を さ 手 災
EiIJ
ι
かれている
a
J
h
土盤整露だけが勝れといつようしだめに護っているといっ室
議譲豪
fd警加
5
Q
務分たちと閉山じところ?部ロu
m同岡山叫が安%でいる
れか
けが堂、あるいすが必ぞれなかったとう久そのまを誌を
ぎ く か ら f てお側かせください
議事融麟離問欄献なってほしいと思います去の喜りなどは
づてすで弦念いそっ
号、守露、ヵ、対話ながまどによる、ことにしています t
は
合、
一的出撃欝撒小さいニろは、感性どけでとんどまらない主つです。でてしかし事とそでい
あ る い は 分 か り な い と い っ こ 色 々 な コ ン ご ソ ク ス を せ 一 一 一 議 品 産 主 ふ 苦 悩 を つ け る と い2 ︺ と か 、 制 鼠 分 霊 場 告 知 事 護 法 論 鱗 麟 縄 問 受 け て い る 悲 が あ る と 思 い
O薬 に 巡 刻 す る 人 も た ま に な い の で 二 栄 懸 命 き ご
議議審議守幸が、感性は代議して焼かいて、織としてぶまれるそるすで命。
ga
φと い つ こ と が 、 支
Jう 襲 撃 重 量 主 義 蓄 え 1 2 よ く 知 っ て い て 司 そ れ に 主 義 襲 撃 相 患 い そ も あ る と 知 っ て ほ っ と し ま た め 、 李 号 、 棄 の た
??!??e;;iii;i;;iii;i;i;;;;zN4ぬ や 、 戦 レ 仕 切 を 寸 べ 与 す か を 一 い な け れ ば 濁 っ て し ま 、 つ も の だ う で
とになっています玉ていますので、この業界か宗主ていますが、立紫ではないかと思いそ禁法
υ
人千円いは やるぞ。とい
みとがあワますが、折り返豪華襲撃
し去をに人ウてれ分的〓議議饗弱襲撃議鐘寝込め
32
L
254
主が分かってくると、すぐ11gifRIlli--ii14υ警喰議畿管心配わ切ではないでしょうか巳野齢欝針鱗鱗
z
一年計的 円
H 余震のドで、感。衛費官たくさんあ号、妻けました
議なんですね ω
務会主音対して、長江会いくのが、
鱗転院機撃略ド初日的勉強とか、クラブ前議議離鱗欝州立?というのは大変なニ¥議議機欝謹猷器援議警燃
z
,誠襲警と
人でふ吋ゑ畿銀鱗錦繍鱗欝臨機構総警護
ii
JG
もつ就殺だ、あるいは、間的欠けているぷについてのごイントだと、いつもけってい長幾警機購護機鱗動という主主に全てを打
C
22
誌の大手おまえ大童話ていますが、それをます議長ゐ九議ち込んでいる守昔、去にれどよますに誌をそこまで燃いて禁襲警護警議韓
ζ
F
は合、議議酬
としぺ¥議襲撃襲撃翠買
一見桜島譲離麟麟議惜
22
をおじいつことあなく一一一:志望ょっかり雲索後に努力
/j¥ い 手 。 い な い と 思 い ま 究 豪 雪 村 欝 欝 議 麟
2 さつけます子七あれをてこ蓄にぶつかってし
f
嘉手ためには
喝緩み議出て打つでも学
司会期待する事長といせる宇るに胸骨⋮船主護持議離離難審饗駐︿緩
からお長へと変化してしまする活写したらよい雲
まうのてす
か誌かせください必還を甘えることも摂理覇、/{¥援に打ち込めるようになると恕うニとで、いかがですかでぶせるといえ言、三銭欝擁護襲鱗鱗饗灘議必一
要するに、千三分的。的議選去号、告は議室、というい誌だと溶い
む:校と;との
は 、 し っ か り 主 主 巡 聖 子 り い れ ば イ Jタ ー ン す い ま す が そ れ 以 外 に ど っ て 絵 と い う も
jiltJ
決めていますが⋮一分的一はます
を ぎ た い と 思 い な か り で き ま せ ん の で 、 ン ヤ ン ブi 護 言 、 き を い は 長 で で き ま す ね 句 会 や る べ き こ と 足 立 署 し て い る 空 、 体 泌 を 譲 字 、
絞り
許認り
れ仁川口
d
J
AS1 選 議
マ鋭機警鐘
側々の山閥均によって、そのむ中倒的生活は、一日設誕に縦殺にふれるニとがで事て、
いれーものであ付。患っか窃奇襲を莞詑護議
て人間安せるために勉強ルてしてほしいド
によってまちる!?議
ω
MM
J
zig--E
も、一品はせきりしない命的ようなι
洲 市 な 生 か ら 人 ワ コ 会 議 す る 中 山 段 、 ぬ ん 君 主 主 に 対 す る 仇 判 打 ち 込 め る 生 徒 を 、 山 口 て た い し て も と 別 品 、 つ よ と が 、 詰 あ て い る ぎ 争 点L い eそ し 像 機 磯 野 畿 鱗 機 織 鱗 額 縁 畿 畿 議 機 鰯
、大内 3
も 総 ま す が 民 主 主 で も ηス 議 難 問 伊 仏 、 そ れ を ま つ け よ う と 訟 と 添 っ て い 索 令 ィ り ま す 。 て 、 そ の 拶 与 し で も き 襲 撃 襲 撃 肇 襲 撃
2C
4
11ム
重擁護欝?uIUM
⋮白川口
で案決めておらず、口約ベシ;ス
J になるようぺ〓臨撃機騨)ふっていそそれは、ほめてしかし、なぐ
一腕あげるというさで寸 t
いずれ還になる三事る
?っていません。いまして、どういう
炉訪問汁 uqu
-Murhu--
思 い ま す が 、 ど つ で す か 減 問 す る こ と に し て い ま す ロ 語 審 畿 務 機 ら し い 抽 出 力 子 淀 川 押 で さ る こ と し て 、 f供を生み、なて、その心が大引だと思います
21J
27i
d
ピ ー チ そ れ で も 、 約 一 割 は ぶ 年 の イ シ タiン ル ー で す が 、 ど い な い で す ね い が あ り ま す t ぞれあ当時めであのf供がまた父山崎となり、付先ほどぷしていましたが、打線がVく淡成できる人と、見えましたが、不平・不満が人間的にも日とまわり大きく
邸調音符 4ていません泊先ほの分の波山設が川崎り、山町中でこの以内は、必がや吋てもけたならば、いいのではない総となっていくものなのです そのときそのと寺で、氏剣に時郊のかかる入がいると忍い閉山かれなかったのは、縫分慢なった時間じがしています令
ど お ぷ 一 が あ り ま し た が 、 地 使 わ れ て い る と い う ニ と に す 同 じ な ん だ が 、 や っ て い た り か と 思 い ま す 。 れ だ 川 、 ぃfれは父税となぶつかる、号ついう﹁供いいなますが、生泌号ついう少やみ身的向上心や践を祭波書せよ O中山闘で悩い基僚を潟べまし
務ごく点目ぴ争感じ、それによっ六円fへ人れない、というよう紋初から、滋れだ駄れだとり、時期となるの山へというってほしいな、と苧えています っていく人になってほしい。うという気持ちをもってゑ滋たが、色々な場燃で心のこも
げて次的スデァブへ滋むよ7なに、口分が同体的中的ョ総成 Uつ吋加に、やってでさるんだ、ニとみZMに 身 、 ゅ ヘ ト い わ 丹 し て 、 し て い る こ と で あ ワ 、 そ の こ ア た 交 流 を 体 験 し 、 日 本 の 縦
以であるという是主任に詰誌はあなたおなんだ、ってほしいと思いまかし
はつ奇警合いで害毒殺とはすぐに分守ました。そ祉政策も、主主というも
てさました M
二tZ
U
枕きなずりかぶは一生懸命やドコンテストを開いたのですいでしょうか
J
b
それから、紛%を持ってほしよ叩て、初めて子供がどのよ私も中関端帽を勉強しています分が町内のために勉強すべ轟か
E
ぃ成議される人二重メンタルな出でパいま小事総といつのは、昔、ついう去最主義わなけ言語話してまれるべ
LK 訪日常的一弘可欠けているの℃すねという父宮
しあるとき、止令日間が安 HHrk い の て は な い て し よ う カ { す と 、 吋 丸 え 叶 っ て ほ し い い こ
LbdF214
A いをしればいけない﹀ゑいますむきであると忍います。
yカよf問、とぷし 廿
必います九になサたんです cそしたら、織縄問刷ぷ司、ぃ仙波?とか 叫
H ん高ピーチ日本的数万同、
恥臨んだりしてい与つ、 r
ノio がはっきりていかなければならないと忠由私が会った人たちは、自本 c
A︿
F ム庁イエス
m問ヒ年代的仲間とめ附笈会
轍判明会会れという航機的中でそのん抗生徒はすくソと えて、人走絞めて、??士アパンル怖い的に主的治ぎるのではなパえる人間ということですね nうし、必え Hいをするニとに緩め勉強にとても熱心でした。があqましたが、その中で務
ムばかりや訟してきましたが、力してください。というニとごみを拾いもされいにしたんあげるニとだと思うのです炉というような気持ちを持ってと紙、つのですやだも司と勉強して、また行
υ
20
けてしまどいる似てていこれからは、必齢化が滋むになってもらいたいと、
軍参いたり、成功にいるの本雲護をしっかりと考
けに勉強していますが、帥毅
Lq 税たちは受験のためだ
叫務本おい人たちへのクレi ります。でずから山昨さんも協が、持んなが以以後主で伐って、教すというのは、教え討て勺俺がやらねば識がやる、うに燐んでいるかが、分かるが、現地では漁じませんでしを路党している入が始んどで
附与えて、どうですか
J
縦いむ執関係を持ち、品川削是認設が、撚パヤてびっくりしました
臨そうではなくて、協同でお江をバったわけです打ですそれカ、伐は感竹山としその以後的行てるところが欠ほしい。ねは、ぷしん引いのできる綴ってみたいと慾います a
Jt
i
2 、主にある限度ます引につれて常に同代総れとか、ています。ほとんどの人に議がありまえ、自分向身のためにすべ善
内 紛 主 主 す と い う こ と を や 無 線 路 とJわ れ る 中 て 、 そ の 人 志
23
2
立言してもすぐにだと患います。
一 っ て い ま す 。 よ う な 生 徒 が い る と 叩 う こ と 山 せ た 一 } と 町 、11ι て ー す て る と い つ こ と は 、 教 え 的 経 れ が
ぃ 民1 8 分 を 支 え る も の
一例えば、鋭的中で役い叫になは、やはり大FLL生ければ 441めては也 Lカ と し 九 つ 丸 込 む の で は な く て 、 そ の 人 的 入 ﹀ て く る と 品 し ま す め て 付 山 県 く な る と こ ろ が 印 象 に 娘 。 日 本 人 は ⋮ つ の 一 民 総 と い う
脅がしますが、このよつに金持っているもの主主げてその写、立たちかこれか護主主、えているのは、
長官ぎていて、ことで、誌でも議でまと
醐主義がっていても、宮ならないし、今
uhu
一人制十日誌日付い十九れげ
1
u
u
u
h
日いいい九日⋮いれ認可、山い山町一い引いドー十日日一
a
血になると蓄にやるれを山山し、だとけっても、そういう主主人的Hが、逆におりていやるのも、一つめH法 て は な ら 光 、 ど う 生 き て い く か と い 詩 的 意 で あ り 、 ま で あ 義 で よ イ ハ オ い と い う と 、 ま っ て し ま い ま す が 、 富 人
一一泌叶と変わってくる人刈がいもいるし、技々が何とかいいいかと思うのです柿うためにも、おう燥な守的怠り‘れ分密取り議く全てのも⋮杯の笑綴でご一イハオいとは社交約で、私が畏い物に行
竺約十較している人たちにい日刊行い
にとって蓄なのだから、ピiチ 去 の 率 的 号 で や る 主 義 て て い 事 た い し 、 企 業 主 っ て も 、 議
をしていただき、えをありが切なことであると忍います ω て 護 営 &
醐という利子の玩場になってくすと、卒業する的に行分的機またそうなってほしいという持たないと、山いきていけないとうご古いました R O
おおらかで、ゆったりした
Z
一一は、抑えるめではなく、あない串て咽をつけ、それを気持できるよまもつのではないでしょうかり濁会出来き窓口叫やご附苦笑微で人に鍛ずることは、大日本人民
hz
昭和王手 3
Hll討
策卒車本主宇〉主宰、寺本卒本寺本卒牢幸手本本容卒卒平
静
う
苦
身内総令なむ成をめざすんだなJているtしだかつて、
e
とめばか見、い汀で
F}
いだ打ぺ 7
玄
ム
リ
一 hー し !
1(
手工1 52J
41jf
kfは約子いんの距離を点る
この刊は
匂
中んのkf山町一ιμよくスタiト
3掛 川 町 斗 ら1 h
﹀ノ、:一 2 7 5
s
t
えカハ
η
Lために川町いて、ミ布十バーの叩H
fまで約ずれの小ぃ仙叫が参加
滋制約からバ対やぷ外的核問引なとは
7純山中心議的、必紙カードそ了一にし
めに山同校以来おこなわれてき特に、小級でまとまって事部活動的郎総叩刊はマラソン肉体行安い社会しの色従かれk品川
d
勺としピいるため、勾洲、付TMFH刊的光やもいりしょに、てもがれ一必宇る生徒たちのん
たもので、人r
凶で泌第一が十九似し、山川村することを口約前総鮮にMWりかえhれ、
山内H刊にあたる。数今必までは、
てれ下年総介依的クラスくなるとのよと
1L
K
さわっ
年開叫hM災地していたほど、例入ぷ特めばかに、同体戦と熱心ιur似縦訓円やする事が多で、びととき午後の校践がじ
弘、の全日間山内?フソン大AAtは、
F
特練学級作品展
中学生たちのk鈴作りの会
ラムで山市パ耐制されたu
l一人的生徒たちは
場一問、も僚の災以開制究場。巻
r
収終日にあたったバ卜された絵桝や似両ふれ紙晶子、九みをつけるため相一皮
hU
うちに、山γりと吋践になれさ、統的
22るをあ
K4ほ 生 ま れ た と た 添 い で し た 殺 そ14
ふ宇
ゑ
宮
Mf
J1
U
知り、一絡にル外らしてしるhHの批ドカ賎かれていると悲前
そ?にぬえて、弁校への州制的
法しんで、誌が子的制性を今、あまつにも認め数行金作りと、咋齢に山めしたツ口クカめ
批 判 に 抱 い て 、 い と お し ん で 、 ま し た す わ [ 中 学 校 h J 此 は い 仁 に よ る i 鈴 余 り で 、 例 年 よ り 多 く な b税
九
一
ず
はないんだよ刷出んだあとJMり淡品四円以山を知ムりされ車止 1 づンレャ同州めれ本Lみれたわ中川山川ペ紙一べ山門れじ j人
骨骨 ν
中cv争骨)#vh民#ムヤ)中品γ骨川一八一中品開議れだふりカ歌山 γゲiム的レクリなお、会期中日作品一脱会み
このH町市的教行長いHん去、,AHM門小山町会は、小学校の児についた
Uいたゾた
λ泌
Mhf刷れのた的に浜市 対
をみ%地的均的教山HA古川知に持品却しパ!日山ふたちは、HF的作品をわ︿が
に、山H分たちの作ぷ鉱員 Lr介
w した人めと、九円山内学叩判ヤパ凡ぬ会な作品を払いりあ付、日刊企後、
川山約行人カ、ぺjj939人的教師州と比片的泌で小山肌ごとに川叫ん4緑川仰を約吟時間ほどでし人小与主主ま
榊佼に地つ袋小設中命令絞まわったり、山一分たちの作品中約者約ましゑλけな古
蕊じ打、山内、。!一的小争中川7刷制仁・沢一?などのμUHm争川んてもやり出すfなど、初村山の先
F:
印刷が
配市民符37リiで山間併されたりiで、人以ぬいリはいに悦ぶ午後、ヘラで点郊に絡を伊いえ
中九日より洲市川、中央公民館ちは、さっそ︿-践的符ヤラ尚子で終的じ粘ーをこねる
?兇攻・生徒作品総tは一J打りして公民館にぷいたfM山たんた
畿各山口山町持参した粘土絞めiで、
唯今作で九川刊行的 1
W掛け J級 別 な し た 川
一日告科取した出掛い認いにk鈴刊りに取り総
供ム
市一加した,一
本校の柏村品やめる行仔の一っとがみ科されるきまりがあるコiスは学校山川辺的道路を
F
バ吟ト:口、千鼠ニとは、
日夜るんどよもつつし人切なことばから総的にん川町りされ李
z
会よる
吾震から校かつなくしては、症は室内心
品宮市災センターで閣かれた第さか九吋性教といよJ続的々やとおしみ、円むしむ続出島都 A
Y
町机二点製品人のつどいさし
射で、必倒的村松与右よているというニとだよしんぶかに京一でた成HKJをするよ京
一
い
MM
討を滋ごしている小でと主
d人@山口淑大場を均めつくした絞殺の総もすれば内分をはつめる余本
E Z B 8 1 4 J事 頃 電 量
畿
ap--iiーとはで弘、長いと慾われます卓
a 歩
会額嘉義智みつ鎗てぶ喜多忙で織しい
ヱ
総⋮針作総縦
へ或言、紛人的つどいも年内容なと議むニとの同
ザ必州州)は、川倒的代に父総をつつ平工一ばむした匂一知もない有憾ですが、白骨卒
から鉛かされたよとすL
て、次的主つなぷ告してく的文宇とおり、市内科地か多いこの時期、守山川、出向税率
ださいましたらふらF京したkぬ約ョモバともに続的ありんをはつめ本
﹀
J
ゑうニー
長子、子供を附閉めばそれで人が凶器いりていましたなおす必袋があるや f
ほ判例になれるというもので滋もが‘ニ的ニとばにょっとしろりめニ内的ですの
MYλγ#AYλYAYAYAYλYλYAYAY時持品︿AYAYAYJ骨AYAW 4 Y A Y 骨 骨 骨
!まくだちのそ手で待つな新星雲です。
読んでく主ささい。
わカ仲間中学校は、大野中Jク凡に宏、えてしまづたλ品
一三牢開門灯山口付に間開校しましなどの役界的名析を総烈おし
Li
F仏 伐 の 分 鋭 校 と し て 、 昭 和 w h i ク な ク ラ ス 、 か 叫 ん 明 記 的 日 比 山 崎
川
たおたクラス、比ただけでも践的
校ム引いや校。炉 円上町中にはへ F
まわりそうな鈴党を将殿した
でも、奈良時代に升られたれわ中年伎は、ト一打今日目から絵をれ分たちの予て作品円きあげ
十去らえ、,
て光災した倒性的な内容でしれfhq
B
6
五学校での佐治などのJ抗告しま
ThMる時、おちき礼ないほど
M
た
ら
W
U分たちなりのみ凝で、
誌が絞っていますtw帆たちは--4Hにわたって、鈴九M刊文化たクラスなど、弁クラスめ絡
での立化叙よワ仁に向か
成制アで、ニれには
μ
はるか山口約人々に弘山ずられな終カ山州かれましたJmアi γ は 徴 を お 分 た ち の 文 化 と し て と
F
P
がら、学問やス 午iツにはげ
んでいるわけです
神的という名は、私たちの飛び立とう と い っ 令 校 司 後 4 一 沼 間 口 は 訪 問 附 符 の た め 、 父 母
伐も地域令ル悼の土地を n
神明。のhH強いむ気込みかみ現場れのい々々も沢山山求られ、拡たち
一HHUは、ステiシ先UAぜくださいまし炉、
と巧んでいf注目﹂とから‘新していますしの力作を一つ一つ了地?にけ凡で
八一iサHルキ九匂¥クラス的特ングクラブのミニコシサ!ト式に始まヮ、総務式日終わザ
した。厳しい問料相門的γ数々のり仲間中学校の文化祭は山阿部町
iジカルや、7giクソめか発点在れました。また、日しましたが、般かに削附けた
微を7んにアヒl んした例制作など的パ巧エチィに総んだもまず式に撚わ叩た役目付も努
磯機鋭鶴麟際機織務擦議知的年一Jクifgμですばらみんなの態度もすばらしいも
鵜務鱗鱗轍機鰯鱗綴鱗綴終しい成総を残したプラスパンのでした。問問松市式が終わり'綜
鶴簸綴綴畿銀鱗毅務機機緩ド抑却の恭械なる筒おの孫、,叫が問問じたとえ¥一人的始予が
鶴機鐙織機機織灘麟綴織綾部文化山口rで権争終止てくださト秒とたたhuいうちは、全校
麟機務総総鱗鱗鱗機織綴機織りづ文化然的初日にふさわしこれはちん
が一つになれ
機糊滋綴綴綴織機畿機縁翻織るド1八の々々のん打開山も加わ止h従のい拍手にhuりました、
ι
轍 鱗 畿 線 機 線 機 畿 緩 機 銭 浅 い 日 と な り ま し た す た ぷ 拠 む と 一 応μ
います。米年も
畿緩畿鱗緩畿機綴機縁線問占打いれば、校長山門での総会日小さらにすばらしいものにして
綴議緩議議緩畿駅叫ん縫いぷでした然乏で体主ンャpukりいといものですや
4?一
;i;;;;;;;;;;;;;;iii;;;;
}U噂
、のおかしをいただきました
わが校は、おり知安打μ会的治たか 戸山叫刊丹治Mmより熱心中には寂しくてはいているお
品川のっとして、 b斗ば休みに取リ総めたようですtM削除年寄りもいましたufにしん
d
に、初戦にある手掛五A並人的後、女な?おやつ先ごちそおかしょり、もっと良い物を
iムをJm叫していますうになりましhんもらったように添いました
品川
絡にゲームをして路一ザソて、とても災いは押叫棋になり
千年も、初判明器HHとれ吋ふ柄、次に、配人中小iムの符各ベこの山山川品仰は、ずり甘たちにと
約行人カ訪問しました,邑人と、
jム?の治ぬは、吋戸別めました 7 やりド々のよぐ一わ力、りました jこれからも絞けてい
ふ
:ぬてられたこのや校仁、そ以ハ
泊料で始まワましたt 恕 A5 ないお年待りに数ザ てあげるきたいと忍います,
仰が啓一
25-zL
ま
らL z g
21 24な 義 主 主 義
hM礼!日品、しtJ、とてもMMhばれ、加恥しい川町
ぐとしわしわでしたが、とて怠たちの神間中学校培、ニ
ト
削叫ん仏三代日となワまずt人官山岡
主た、弁泌係企ゲルiTMめ、いろいろJrtH泌での知
ち似刀い子をしていました守のほか各山下年での吋出動をはじ
校長先生は中間州抽出先企ず¥
山しレ依はし行人十二人℃、どの
とに訪問しましん伐たちか一出品川や体行経企νゐ行ポιも
"
ω
生徒も明る︿活発て、ボド比谷
れとい心々か旬、明るし感じで
すが、たえが ん峨削れてきて,副総います神明中学佼をよろ
か必iかけられなかうためで伝統全議事あげてい与たいと
しかし、まだまだ幻い学校で
これから、神明中矢口市下町
も川拍手み、HHJを州開いたりモしくお綴いLますィ
P
うな紛で迎えてくれました
都民に人ると、すごく川町しそすばらしいものがあります
紘初白ぺせたちからは、なか右すこれからもアと党問ほし、
臼 hしそうと‘と、よくべけれれ
z
ま す そ し て 今年内向けで
中かり、いくつ庁長紹介しま
b
i羽年を迎えます︽
すぜひ、ははんで︿ださい
Fly UP