...

報道資料はコチラ

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

報道資料はコチラ
報
道
資
料
平成27年1月26日
消費・生活安全課
食品安全推進係
担当:中谷、桝谷
内線:3182、3185
ダイヤルイン:27-8681
~ジャガイモによる食中毒~
平成27年1月22日(木)午前11時頃に磯城郡川西町内の医師(校医)から、「小学校の授業で調
理したジャガイモを食べ、おう気、腹痛等の食中毒様症状を呈した複数の児童を診察した」旨の連絡が桜
井保健所にありました。
同保健所が調査したところ、小学校で栽培・収穫したジャガイモを、5年生の児童が同日の授業で調理
し、喫食した51名(1組:25名、2組:24名、教員:2名)中31名(1組:18名、2組:13
名)がおう気及び腹痛等の症状を呈し、うち13名(1組:9名、2組:4名)が医療機関を受診してい
ることが判明しました。
調査の結果、有症者の共通食は授業で調理したジャガイモ以外にないこと、粉ふきいも(喫食残品)か
ら高濃度にソラニン類が検出されたこと、有症者を診察した医師から食中毒の届出があったことから、同
保健所は授業で調理したジャガイモによる食中毒と断定しました。
なお、入院患者及び重症者はおらず、全員回復しています。
発 生 日 時 平成27年1月22日(木) 午前9時40分~(喫食後約30分~)
有症者数:31名
男 性:17名(10歳~11歳)
有 症 者
女 性:14名(10歳~11歳)
受診者:13名
有症者(31名)の状況
おう気:24名
腹 痛:18名
主 症 状
おう吐: 3名
下 痢: 3名
※症状の重複を含む
所 在 地: 報道資料提供後、一定期間が経過していますので、
名
称: 施設情報は削除しています
原因施設
調理場所:家庭科室
原 因 食 品 粉ふきいも(ジャガイモ)
病 因 物 質 植物性自然毒(ソラニン類)
粉ふきいも(5年1組):3検体(ソラニン類 21.0~37.0 mg/100g)
粉ふきいも(5年2組):3検体(ソラニン類 18.7~39.2 mg/100g)
検査状況
※ 子どもの場合は、過去の事例から20mg程度の摂取で発症すると推定されて
いる。
指導事項
・ 発芽部分や緑化した部分に有毒成分が多量に含まれるため、十分に取り除く
こと。
措 置 等 ・ 収穫後のジャガイモを保管する場合には、冷暗所で保管すること。
・ 栽培時はジャガイモに日光が当たらないよう措置(土寄せ)するとともに、
未成熟で小さいジャガイモは、有毒成分が多く含まれていることがあるため、
喫食しないこと。
食中毒事件の発生について
◎メニュー
メ ニ ュ ー 粉ふきいも
◎有症者の発生状況
年齢
男性
女性
計
~9歳 ~19歳 ~29歳 ~39歳 ~49歳 ~59歳 ~69歳 ~79歳
( ) 17(11)
( ) 14( 2)
( ) 31(13)
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
参 考
食中毒発生状況(奈良市を含む)
本年度(本件を含まず)
件数: 5件
昨年同時期
件数: 9件
昨 年 度
合計:11件
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
~89歳
(
(
(
(
合計
) 17(11)
) 14( 2)
) 31(13)
)受診者 再掲
有症者数: 92名
有症者数:331名
有症者数:347名
★報道機関の
報道機関の皆様へ
皆様へ★
県民の
県民の皆様への
皆様への下記事項
への下記事項の
下記事項の情報提供・
情報提供・啓発にご
啓発にご協力
にご協力お
協力お願いします。
いします。
ジャガイモによる食中毒について
<特徴>
ジャガイモの発芽部分や日光に当たって緑色に変色した部分には、有毒成分(ソラニン類)が
多く含まれます。
有毒成分は、加熱してもほとんど分解されません。
通常、ジャガイモには、100gあたり平均約7.5mgのソラニン類が含まれています。
<症状>おう吐、下痢、腹痛、めまい、動悸、耳鳴等
喫食後おおよそ30分から半日程度で発症します。
大人の場合、ソラニン類を200~400mg摂取すると発病するとされていますが、
子どもの場合は、より少量(20mg程度)で発症すると推定されています。
<原因>
発芽部分や緑色に変色した部分(有毒成分を多量に含む部分)の除去が不完全なジャガイモを
食べた場合や、未成熟なジャガイモを食べた場合に、食中毒を起こすことがあります。
<対策 ~購入・保管・喫食~>
・日光に当たって緑色に変色したジャガイモは、購入しないようにしましょう。
・ジャガイモは収穫・購入後は新鮮なうちに食べましょう。保存する場合は、冷暗所に置き、
芽の出やすい環境(高温、明るい場所)に放置しないようにしましょう。
・発芽部分や緑色に変色した部分は、十分に取り除きましょう。
・苦みやえぐ味を感じた場合は、食べないようにしましょう。
<対策 ~栽培~>
・ジャガイモ(いも部分)が地面から外に出ないよう、きちんと土寄せをしましょう。
・十分に熟して大きくなったジャガイモを収穫しましょう。
Fly UP