...

ユニフィルター

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

ユニフィルター
154-557021200-N-00
2016 年1 月(第 1 版)
医療機器承認番号:21500BZY00201000
機械器具
管理医療機器
6 呼吸補助器
呼吸回路除菌用フィルタ
35070000
ユニフィルター
再使用禁止
性能
【警告】
1.
本品に分泌物が溜まった時は直ちに交換すること。
[分泌物過
多の患者でない場合も本品に患者の分泌物が付着することに
ユニフィルター/S
60
35
35
22
死腔量(mL)
より流量抵抗が上昇、あるいは閉塞の可能性がある。また、
ユニフィルター
ユニフィルター
ジュニア
ミニフィルター/S
フィルタ性能
人工呼吸器との併用においては呼吸回路に外れが生じた場
バクテリア(%)
99.98
99.9999
99.99999
99.999
合、低圧警報が作動しない可能性があるため]
ウィルス(%)
99.9
99.999
99.999
99.98
@30L/min
0.04(0.4)
0.07(0.7)
0.08(0.8)
0.14(1.4)
@60L/min
0.08(0.8)
0.19(1.9)
0.22(2.2)
0.32(3.2)
呼吸抵抗※
kPa(cmH2O)
【禁忌・禁止】
1.
再使用禁止
※
(
)の数値は、ISO9360:2000 に準拠した測定値
〈適用対象(患者)
〉
本品を次の患者には使用しないこと。
作動・動作原理
1.
・本品は患者と人工呼吸器又は手動式人工呼吸器との間に組み込ま
分泌物過多の患者には使用しないこと。
[流量抵抗が上昇、あ
るいは閉塞の可能性がある。また、人工呼吸器との併用にお
れて使用される。
いては呼吸回路に外れが生じた場合、低圧警報が作動しない
2.
3.
・本品には静電ファイバーを素材とするフィルターが組み込まれて
可能性があるため]
おり患者の呼気ガス及び人工呼気器等からのガスがフィルター
1 回換気量が添付文書、又は取扱説明書に記載されている適
を通過するとガスに含まれる粉塵が静電ファイバーに吸着され
用換気量を超える患者には使用しないこと。
るようになっている。
1 回換気量が少ない患者には使用しないこと。新生児、乳児、
小柄な幼児等 1 回換気量が少ない患者に本品を適用しないこ
【使用目的又は効果】
と。
本品は呼吸回路等に接続して患者の呼吸ガス、及び人工呼吸器等か
らのガスに含まれる粉塵を除去するために用いる。
〈併用医療機器〉
「相互作用の項参照」
1.
本品はネブライザ、及び加温加湿器と併用しないこと。
[本品
【使用方法等】
の流量抵抗増大または閉塞により、換気が困難となるおそれ
使用方法
があるため]
本品を気管内チューブアダプターと呼吸回路の Y ピースとの間、又
は人工呼吸器又は麻酔器の吸気/呼気ポートに装着する。
【形状・構造及び原理等】
【使用上の注意】
形状
〈重要な基本的注意〉
1.
流量抵抗及び低圧アラームに注意すること。 常に患者の状態、
及び本品の観察を行い流量抵抗を確認すること。
2.
使用前に本品と接続するチューブ類を確実に接続し、リークが
無いことを確かめること。
3.
他の器具と接合して使用する場合は閉塞が起こらないよう十分
に吸気・排気回路が確保されることを確認し使用すること。
4.
適切な処置をとること。
構造・構成ユニット
5.
本体寸法及び質量
品
名
コネクタ
患者側
ユニフィルター/S
ミニフィルター/S
機械側
22F
ユニフィルター
ユニフィルター
ジュニア
本品使用中の患者の状態をよく監視し合併症が発生した場合は
15F/22M
本品の使用により死腔量が増えるため換気条件を再設定するこ
と。
高さ
最大
直径
質量
75mm
85mm
27g
15M/22F
65mm
60mm
16g
15M/22F
65mm
60mm
16g
15M/22F
64mm
40mm
14g
6.
サンプリングポートを使用しない時はポートキャップを確実に
閉めること。
7.
使用中の患者の監視について次の事項に注意すること。患者を
呼気ガスモニターやパルスオキシメーター等で常に監視し患者
の異常や異変が発見できるようにすること。患者の異常や異変
が発見された場合は本品を取り外すか新品に取り換えること。
1/2
8.
本品は 24 時間を超えて使用しないこと。
〈相互作用(他の医薬品・医療機器等との併用に関すること)〉
1.
併用禁忌(併用しないこと)
医療機器の名称等
臨床症状・措置方法
機序・危険因子
ネブライザ
ネブライザ使用時は
併用すると人工鼻が
人工鼻を取り外すこ
目詰まりを起こし、
と。
患者が呼吸困難を起
こすことがある。
加温加湿器
加温加湿器を使用時
人工鼻のフィルタは
は人工鼻を使用しな
加温加湿器との併用
いこと。
により閉塞し、換気
が困難となるおそれ
があるため。
【保管方法及び有効期間等】
〈保管方法〉
保管条件
周囲温度:-30~40℃
〈有効期間〉
使用期限はパッケージに記載。
但し、これは未使用の場合で保管状況により差異が生じることが
ある。
【主要文献及び文献請求先】
1.
薬食安発第 0109004 号「人工呼吸器等回路用フィルターの自主
点検等について」
(平成 14 年 1 月 9 日、厚生労働省)
2.
薬食審査発第 0911004 号・薬食安発第 0911002 号「人工呼吸器
回路における人工鼻と加温加湿器の併用に係る添付文書の自主
点検等について」
(平成 20 年 9 月 11 日、厚生労働省)
【製造販売業者及び製造業者の氏名又は名称等】
(文献請求先も同じ)
製造販売業者:
日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
TEL:0120-8555-90(カスタマーサービス)
外国製造業者:
ケアフュージョン 2200
(CareFusion 2200,Inc.)
国名:アメリカ合衆国
2/2
Fly UP