...

「国際センター概要」など - 徳島大学 国際センター

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

「国際センター概要」など - 徳島大学 国際センター
2
0
0
9
.
1
1
N
O
.
1
2
. 国 際 セ ン タ ー ニュース .
h
t
t
p
:
/
/
www.isc.tokushima-u.
a
c
.
j
p
/
国際センタ ー長からのごあいさつ
国際センタ ー長(学長補佐国際関係)
ヘルスバイオサイエンス研究部 口腔分子生理学分野 教授
1
H
"
徳島大学では 2002年 4月、文部科学省省令施設として、「留学生センター」が設置され、留学生に対する
日本語教育の効果的な実施及び留学生の社会生活への適応上発生する種々の悩みに対するきめ細かな指導援
助を行ってきました。
f
留学生指導 ・支援の卒業は、研究者交流の事業と相互に深く関わっているためその連携強化は昆要な繰題
であります。「留学生センター」設置後も、国際交流の批進に関わる情報の収集や交流を推進する環境の整備
等の機能を高めるための常設機関が求められており、 2005年 4月に徳島大学国際連携推進室によって策定さ
、 「
国際センターJ
れた「徳島大学国際化ポリシーJ の中でそのような組織の設置が提案され、 2008年 12月
発足に至りました。
徳品大学「国際センターJ には、これまで「留学生センターJ が実施してきた留学生の受入支援等の業務
と留学生教育(日本語教育、相談 ・指導支援)ならびに日本入学生の海外留学を支援する活動を引き続き担
当する「教育 ・支援部門J と、これに加えて新たに、国際展開を推進するための業務を担う「交疏部門」を
設けました。さらに国際交流事業に関する高い専門能力を有する「国際プランナーJ を配置し、国際化推進
を強化するとともに、各部局から国際センターへ「協力教員Jの派遣を依頼し、国際化事業が全学的に推進
ノ
される体制 を整備しました。
甚進
「国際センターJ発足後は、教職員一同これまでにも増して大学のため、地域のためお役に立てる様、j
する党情でおりますので、学内外の諸兄 には倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
.
J
-
.
•
20
0
9
.1
1
••
•
N
O
.
1
2
国際センターニュース .
国際センタ一概要
これまで、留学生センターでは、留学生を対象とした日
本語教育、指導 ・相談支援、ならびに日本入学生に対する
海外留学支援を提供してきましたが、 2009年 12月の国際セ
ンター設置に伴い、上記の 2部 門 1室
c
r
交流部 門」、「教
育 ・支援部門」、「文語:広報室J
) 体制へと移行することにな
りました。
旧留学生センターで提供してきた各種教育 ・指導業務は、
「教育 ・支援部門」に集約する形で引き続き提供していく
ようになっていますが、今回新たに設置した「交流部門J、
「文書広報室」では、それぞれ国際交流事業の立案 ・実施、
2009年春期 日本語研修コース開講式
文書の英文化ならびにセンターホームページの充実を手掛
けるようになっています。
また、各学部から選出して頂いた協力教員と連携することで、留学生 ・日本人学生に対するよりきめ紺l
や
かな支援サービスを展開していくようにしています。
や交流部門令 . ~. .
..............................................・・・・・・・・・・ ・・ ・・
・
・
・.
1
.
2008年 12月、「国際センター」の設置に伴い、新
'-/
たに国際展開推進するための業務を担う「交流部門j
を設けました。「交流部門j は全学的な国際交疏事業
を実質的な側面から支援するという点で同センター
の中核を担うものです。各部局で展開している各種国
際交流事業を支援し、またセンター独自の交流事業を
展開することで、全学的な国際交流の活性化 を目指し
2009年 常三島地区留学生ガイダンス
ています。
や 教 育 ・ 支 鑑 部 門 令 ・:・・・・・・・・・・・・.
従来は留学生への日本語教育及び生活指導相談と
日本入学生への海外派遣に関する教育活動のように
対象別に行っていました。国際センタ一発足以後は、
「留学生 30万人計画J に基づき、「学内外の国際化j
に向けて、教員 5名が担当領域を互いに補完 ・協力す
る体制で、留学生と日本入学生そして地域へ総括的に
働きかけ、業務を遂行しています。
2009年秋期
日本語研修 コース
令 文 書 広 報 室 。・・
:
・ ............................................................
・
・・
・
:
文書広報室では、センター業務に│
珂わる広報活動、ならびにセンターホームページの充実を中心に業
務を遂行しています。特に、センターホームページに関しては、基本的な徳島での生活情報なども含め
た情報を提供できるよう準備を進めております。
司'
﹄
2
0
09
.
1
1
.
NO.
1
2
国際センターニュース .
国際センター
最近の活動から…
国際センターでは、
現在様々な活動を展開しています。ここでは、そのうちのいくつかをご紹介したいと思います。
2009年 秋 期 「 日 本 語 研 修 コ ー ス J.i
全学日本語クラス」スター卜
10月 8日から「日本語研修コース(秋期)Jがスタートしました。今回は、文科省国費の他に学内応募者 5名を
含む 1
4名が本コースで日本語の集中講習を受けます。国籍は様々で、モンゴル (
1名)、エジプト (
2名)、中国 (
1
名)、インドネシア (
2名)、ウガンダ (
1名)、フィジー (
1名)、パラオ (
1名)、
パラグア イ (
1名)、ブラジル (
1名)
、 スウェーデン (
1名)、セルビア (
1名
)
、
1名)の学生が受講しています。「使える日本語Jをめざし、 10月
ラトビア (
から 3月(月曜日から金曜日 )までの集中講習を行っています。
また、主に大学院生、研究生を対象にした「全学 日本語クラス J も始
まりました。 2009年度秋期では、初級レベルから 中上級レベルまでの
10コースが開講され、80人以上の学生が日本語を学んでいます。
r
:
.
卒業留学生同窓会
卒業 ・修了した留学生との連携を強化し、人的ネットワークを拡大していくため、2008年 1
1月 30日、
徳島大学卒業留
徳島大学を卒業 ・修了した中国出身の留学生や元徳島大学外国人研究者ら 50人が集まり 、 「
学生同窓会(中国 )
J を中国上海市で設立しました。徳島大学からも同窓会顧問として青野学長や理事 ・
副学
長等 10数名の教職員が出席 しました。今年度は韓国で同窓会設立を予定しています。
同窓会総会のようす
アジア人財 資金構想
経済産業省と文部科学省の共催によるアジアか
'
1
'
"11'
・
If.,\.n:;~.')・4・ ta'7 t-' !.J
らの留学生の就職を支援するプログラム「アジア人
財資金構想事業Jは、①ビジネス日本語教育、
②日本
ビジネス教育(企業文化)、③インタ ー ンシップを 3
本柱とし、週 3回授業が行われます。現在一期生は、
内定者も出始め、現場で役に立つより具体的な学習
0月 23日には
項目で授業を進めています。2009年 1
「
留学生のための就職支援フォーラム Jが開催され、
2期生 5名がそれぞれイ ンターンシップについて発
表を行い ました。
留学生のための就職支援フォー ラム
q
a
2
0
0
9
.
1
1
.
No.
1
2
国際センターニュース .
サマープログラム支援
2 0 08 年度には、ソシオテクノサイエンス研究部 (/fl~三
島地区)ならびにヘルスパイオサイエンス研究部(蔵本
仁、
地区)がサマープログラム(受入)と短期研修プログラ
ム(派遣)を実施しました。両研究開共に、今年度 8月
にサマープログラム(受入)を実施し、 本センターおよ
び国際課で「日本文化研修 Jの立案 ・実施などを担当 し
ました。
2
0
0
9年 HBS サマープログラ ム
国際交流サロン
「国際交流サロンJは、留学生センター(現国際センター)が大学
開放実践センターで行っていた公開講座「国際ボランティア入門一
徳島に住む外国人を支援するとは」の修了者有志とセンター教員と
で月一回開催しています。留学生 と日 本入学生 ・地域の皆さんとの
協働の場として毎月土曜 日 1
0時半から 1
2時、その時々のテーマで
国際センターで行っています。
日本語ではなそう
。今後の予定
1
1月2
1日 留学生の国への誘 い(お国紹介)
1
2
月 5日 茶 道 体験
1
月1
6日 世界の料理を楽 しも う
2月 6日 着物体験
2月27日 ひ な 垣 飾 り
国際交流サ ロン (阿波踊 り)
日本人学生への支援
【
En
g
i
l
s
hCh
a
tRoom】
英語チャットルームも今年で 4年目となりまし
た。昨年度後期より 、週二回開催しており、毎回
1
0名程度の学生や社会人が参加されています。
今後も継続していきますので、ふるってご参加
ください。
[場 所 : 一 陣 二 階 曜 日 : 毎 問 …
時 間 :午後 6時D.4時半
参加費 : 無 料
目
…4…
NO.
12
. 国 際 セ ン タ ーニュ ース .
2009.1
1
日本人 学 生と地域と留 学 生 を結 ん で
将来の 日本語教員を養成するために、 総合科学部の学生に対して「 日本語教綬法Jr
日本語教育方法論Jr
日本
語教育演習 jの授業を提供して います。また今年度からは共通教育「国際交流の扉を拓く J(
自)
1
生学習科目)にお
いて、
日 本入学生と 地 域の皆さんに、そして留学生に、今私
たちが目指す べき 「国際化」とは何かを学ぶ授業を 開講し
ています。
これらの授業は一方 的な討判定ではなく、 受講者の柏極的
な参加を促し、授業内での対話を通して、まさにこれから
の多文化共生社会に対応しうるには私たちに何が必要な
のかを探求していま す。
⑤f
日本語教育シンポジウムjについて
第 1回目は 2009年 6月 13日に産業技術総合研究所研究員の栗原一貴氏をお迎えし、「教育向けプ
レゼンテーションツールの研究Jという題で、教育現場で使えるプレゼンテーションツール研究につ
いて、実習を含めて講演を していただきま した。
第 2回目は 9月 12日に、広島市立大学の岩田一成氏に「地域日本語教室 における テキス 卜 :r
にほ
んごこれだけ!~ に つ いてJ を、名古屋外国語大学の尾崎明人氏 に 「多文化社会 に お け る地域日本語
教育の在 り方と方法を考える Jを講演をして いただきました。地域ボランティアの方々を含めて、 5
0
人ほどの参加がありま した
。
また、第 3回シンポジウムは 11月 7日、東京農工大学の越前谷明子氏に会話教育についてご講演を
お願いし ています。この 12月から来年にかけて、 第 4回及び第 5回を計画 しておりますが、徳島大学
の日本語の教え方をはじ め、様々なテーマにつ いてシンポジウムを開催 しますので、日本語教育に興
昧・関心を持たれて いる方はふるってご参加 くださ い。
rわ
州制';~" r~~t~みの2・
r~tltltfll~1.きる人抑止めのH 主"'It官j
:
f
:
U
"
L
"
'l
'
-J
;...
.
.
・
・
ー
'
‘、
'
>
.
v
b
r
ν
民ふれ・ v
J - 干・
れ
円
=
、
i
.
.
'
,
.
‘
h
司
第 1回
第 2回
日本語教育シン ポジウム
8
:
4
0-1
0・1
0
7
l
<
月
火
日本館研修
日本館研修
日本総研修
日本鰭研修
日本俗研修
If研修
日本I
日本館研修
共通教育日本事情 E 共通敏行日本事情W
新政 全 学 CI-2
新量産 全学 B1
新 政 全 学D
日本8
!t研修
1
0
:
2
5-1
1:
5
5新
蔵 全 学 Bl
1
2
:
5
0-1
4
:
2
0
日本語研修
滋 本 全 学 Al
日本l
l
i
研修
新量産 全学 C1-1 アジア人財
新量産 全学 CI-2
14:35-16・0
5
日本路研修
政 本 全 学 A2
~Ii蔵全学 A2
16:20-17:50
日本語教育シ ンポジウム
アジア 人財 1JUI ~主
アジア 人財 2J
V
I生
共通教育日本 1
i
!4
政 全 学 A1
i
l
i
1M
生
オ
=
日本版研修
日本版研修
日本総研修
新 滋 全 学 C1-1 滋 本 全 学 Al
日本鰭研修
共通教育日本 !
l
i8
蔵 本 全 学 Cl
日本館研修
日本総研修
語教育演習
共通教
国際交 m
t 日本R
共通教育日本総 6
蔵 本 全 学 B1
アジア人財 2
期生
n.
金
日本総研修
日本絡研修
日本総研修
生
アジア人財 2M
書Tr~童全学 A2
~本全学 A2
蔵 本 全 学 C1
日本総牧授法 E
蔵 本 全 学 Bl
アジア人財 1
羽
)生
新 政 全 学 Al
FD
.
•
2
0
0
9
.1
1
圃
N
O
.
1
2
国際センターニュース .
新しい国際課
••••
現在、国際課は「国際交流係(常三島キャンパス )
J、 f
国際企画係(新蔵キャンパス )J が業務を担当して
います。その他蔵本キャンパスには留学生支援室がありますので利用して下さい。
国際企画係の主な業務概要
国際企画係は、日亜会館 2
F東側において、全学の国際交流に関する事務を行っています。
①国際学術交流及び留学生交流事業の企画・立案│こ関する事務
②国際連携推進室の事務!こ関すること、学術交流協定│こ関する事務
③国際交流資金│こよる事業、国際協力及び海外との連絡調整│こ関する事務
④国際化推進のだめ企画・運営関係業務
c関する事務
国際交流係の主な業務概要
国際交流係は共通教育 4号館 1階東側において、主として留学生交流に関する事務を行っています。
①入国管理局への取次申請
在留資格更新許可、在留資格変更許可、資格外活動許可、再入国許可、在留資格認定証明書交付申
請などの申請取次を行っています。
②各種奨学金の申請
奨学金の情報は国際センターホームページに掲載するととも に、掲示板に掲示されます。申し込み
たい奨学金があれば国際課事務室(蔵本地区は各学部の教務係)に書類を取りにきてください。
③国際交流会館、日亜会館の入居申請と延長申請
0月です。入居、延長とも申込み時期は 1月頃と 7月頃です。
新規入居の時期は 4月と 1
④住宅総合補償制度への加入手続き
民間のアパート等に入居するときには必ず加入してください。加入金に対する補助があります。
⑤日本語研修コース、全学日本語コ ースへの申し込み受付
4月頃、 1
0月頃の年 2回、日本語を勉強したい人の申込みを受け付けています。
.
.6…
2
0
0
9
.1
1
.
N
o
.
1
2
国際センターニュース .
国際センタ一、国際課
新任スタッフ紹介
国際センタ ー(国際プランナー) 竹 内
光恵
はじめまして。 9月より国際プランナーに着任いたしました竹内です。今後の継続的な国際
発展を目指し、学術活動の進展のためにお役に立てるよう努めていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
アジア人財キャリアコーディネ ータ一 村 上
和義
現在、アジア人財資金構想において企業研修などのコーディネートを担当しております。ア
ジア人財に参加してくれている留学生が一人でも多く日本企業に就職できるように頑張りま
すので、よろしくお願い致します。
国際課長補佐 ( 兼 国 際企画係長) 内 海
剛
歯学部第二総務係から来ました。内海剛です。国際課では、国際推進室会議関係及びアジア
人財資金構想事業等を担当します。よろしくお願いします。
国際課国際企画係主任
山口
百合
本年4月か ら国際企画係に異動して参りました。各種予算管理業務を担当します。まだ分か
らな い事も色々ありますが、これからの国際センタ 一発展の一助に努めていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします。
国際課国際交流係事務
川人
久美
4月から常三島で窓 口を担 当しています。毎 日留学生のみなさんと会えるのがとても楽しみ
です。少しでもみなさんのお手伝いができればいいなと思います。よろしくお願いします。
国際課国際企画係事務補佐員
武市
依里
10月 1日から新蔵国際課で勤務することになった武市依里です。毎日新たな発見があり 、楽
月末までですが、よろしくお願い致します。
しいです。 3
国際課国際交流係事務補佐員
平石
10月 1日より国際線国際交流係 (
常三島)で勤務しています。よろし くお願いします。
・
-・7・
・
・
留美
2
0
0
9
.
1
1
.
国際センターニュース .
N
o
.
1
2
留学体験記
疾患酵素学研究センターの福井消教授を始め、多くの方々のご高配 ・ご
協力により、 2008年夏から 、文部科学省(長期派遣制度)の奨学金を頂き、
ピッツパーグ大学大学院 にて臨床栄養士 (
R巴gi
s
t
e
r
e
dDi
e
i
tt
i
a
n
.RD) になる
ため の勉強を させて頂いています。留学を志望した理由は、l
n
t
e
n
s
i
v
ec
a
r
eln
i
t
(
I
CU)や臓器移植など幅広い分野で経験を積むことができるアメリカの臨
床栄養士の仕事に興味があったからです。
ピッツパーグ大学は、ペンシルペニア州ピッツパーグ市にあり、大学の
キ ャンパスが町中に散在する都市型の大学です。大学近隣にはコンビュー
タ一系で有名なカーネギーメロン大学、さらに複数の図部館や美術館、同
物館が立ち並ぶ、美しい学聞のIl
I
Jです。 同時に、巨大なメデイカルセ ンター
が立ち並ぶ医療の I
U
Jでもあります。
私の所属するプログラムは、RD国家試験の受験資格と修士号 (臨床栄養)が同時に取得できる複合プ ログラム
(
Co
or
di
na
t
e
dMas
t
e
r
sPr
o
g
r
a
mi
nCl
i
ni
c
a
lNl
t
r
i
t
i
o
n
)です。他の大学よりも多くの時間を臨床実習に費やすこ とができ
ます。留学生 2人を含む 1
5人の学生がともに勉強しています。第 l学期は栄盤アセスメントやカウンセリングなど
の授業を受け、第 2学期には、授業と並行して小中高校や老人ホーム、保険会社などで栄養に関するインタ ーンシッ
プを行いました。来学期から、ピッツパーグ大学メディカルセンター (
Uni
v
e
r
si
l
yo
fPi
l
l
s
b
u
r
ghMe
d
i
c
a
lCe
n
t
巴r
.
UPM
C
)
にて 1年間の臨床実習が始まります。臓器移植や J
CUでの栄養実習など、初めての実習先もたくさんあり、今からワ
クワクしています。
しかし、やっぱり英語の壁は大きいです。最初の 1学期目が始まってすく、学生一人一人に症例が与えられ、その
症例についてプレゼンをするという課題が課されました。自分なりに勉強はしていったものの、通じると思っていた
英語も通じず、病気の名前や医療用語もどうしてもうまく発音できず、十分に内容を説明することもできませんでし
た。授業のあと、トイレに駆け込み、悔しくてひとりで泣いていたことを思い出します。 P
h
y
si
c
a
lEx
amの実技試験で
は、実技に合わせて口頭説明をしなくてはならず、本当に無理だと思いましたが、今回は挽回してやろうと 、友達に
頼み向度も練習して挑みました。完壁ではありませんでしたが、一発で合格することができ、本当に婚しかったです。
来年からの臨床実習を少しでも有意義なものにできるよう、今は少しでも英会話や Me
d
i
c
a
lt
e
rmi
n
ol
o
g
yを克服するよ
う、日々英語と格闘しています。
脳科学者の恩蔵絢子さんは言-っています。「ひとの限ばかりを気にして失敗を恐れては、人生は固まってしまう。
今ある自分は、そんなに価値のあるものか。人の評価を恐れて一喜一憂している場合ではない。」と。言葉がおぼつ
かないせいで、嫌な思いをしたり、赤っ恥をかいたりすることも多々ありますが、頂いた政重なチャンスを 十分に活
かし、大いに学びたいと思います。そして、徳山大学大学院H
寺代に、宮本賢一教授、伊藤美紀子助教のもとで学んだ
f
考えることの楽しさ J をもう一度臨床に生かすことを楽しみに日々逝進していきたいと思います。
・8…
宅
j
2
0
0
9
.
1
1
.
N
o
.
1
2
国際センターニュース .
留学体験記
私の名前はダニエル ・リンチです。この 2年間、フロリダ・
アトランティッ
ク大学からの交換留学生として徳島大学総合科学部で勉強しています。 2年
間の留学期間中、たくさんの文化差を体験しましたが、同時にたくさんの
人たちとの強い粋も作ることができました。この体験記では、これらの体
験をいくつか紹介してみたいと考えています。
1 当時、私が
最初、関西国際空港に到若・した時は、とても不安でした ・
さようなら j 程度でしたので、徳
日本語で言えた言葉は「こんにちはj、 「
島行きのパスを探すのにも苦労しました。徳島駅に着い た時、当時の指導
教員が北島国際交流会館まで送って行ってくれたので、とても 「ホッ J と
しました。その指導教員は徳島での生活についてとても親切に説明してく
れたのですが、同時に「これから色んなことがあるんだろうなあ ・
・
・
」と思
いました。
品初の 6ヶ月間は、徳島大学の日本語研修コースで他の留学生と一緒に日本語を勉強しました。新しい環境、新し
い文化で生活 ・勉強するのは大変でしたが、日本語の先生方は私たち新しい留学生が置かれている状況をとても良く
理解してくれましたし、できる限りの手助けをしてくれました。最初の授業では自己紹介の方法を学んだのですが、
その後は繰り返し (
R
e
p
e
t
i
t
ion
) と様々な会話練習を通して日本語を勉強していきました。そして、色んなイベントに
も参加して、少しずつ「使える 日本語J をマ スターして いきました。
一務印象的なイベントは、美馬町でのホームス テイ 、それに 美馬の人たちに劇
r
cどんぐりと 山猫J) を披露 したこ
とです。私がホームステイした家族には 3人の子供がいたのですが、とても良い関係を築くことができました。ホー
ムステイでは日本人の日常生活を知る上でとても良い体験ができたと思っています。劇では f山猫」の役をもらった
のですが、衣装を若て頑張りました。美馬町の子供たちもとても喜んでくれて、出IJが終わった後に私のところに来て、
耳や尻尾を引っ張って遊んでいました。美馬で過ごした時間は、今でも私にとってとても楽しい思い出です。
6か月の研修コースが終わる頃には、日本語だけで会話ができるようになりました。その頃までは 日本語が十分話
せなかったのでなかなか日本人の友達もできなかったのですが、研修コ ースを終えて、「よ し、サークルに入 って友
達を作ろう!J と考えました。
それからすぐに、私は徳島大学アメフト部に入部しました。子供のころからアメフ トが大好きだったし、同じ興味
を待つ人と会うのは良い経験になる と考えたのです。部員ともすぐに打ち解けたので、毎日、日本語だけで生活する
ようになりました。友達と毎日日本語で話すようになったおかげで、日本語力が格段に上がったように思います。そ
して、日本に来てから l年後には、 日本語でスムーズに会話がで きるよう になっていました。
この 2年間で日本語のレベルも上がり、忘れることのできない思い出も数多く手にしました。今は、アメフト部で
九
の活動を続け、日本語能力検定試験に向けての勉強をしています。来年には徳島大学の修士課程(総合科学研究部)
に進学したいと思っています。その後は、日本で仕事を見つけ、就職したいと考えています。
このように素晴らしい機会を与えてくださった皆様、そして徳島大学に感謝の意を表したいと,思っています。本当
に、ありがとうございました。
修了式にて
Qd
-
2
0
0
9
.
1
1
.
N
o
.
1
2
国際センターニ ュース .
••••
・・
・
・国
回
・
••••
スタッフ一覧
細井
E
学長補佐(国際関係)
和雄 教j受(ヘルスバイオサイ工ツス田畑[歯学系J
)
[email protected]
tokushimau.ac.
j
p
圃
088・633・7323
全 学的な国際化を推進 していく│
こ
は、各学部・
学科との緊密な連携が
力ギとなります。各学部から選出
大 石 寧 手 数j受
頂い疋協力教員と共!こセンター業
[email protected]
ac.jp
088・656・9875 (内 6212)
務を全学的│
こ展開 していきだいと
考えてお りますので、 ご協力の程、
よろ しくお願い致します。
日本語教育
G
e
h
r
t
z 三隅
教授
友子 (
副セ ンター長)
[email protected]
tokushima-u.ac.jp
(
内 6
214)
088・656・7120
各学部から選出頂い定協力教員は、
以下のとおりです。
ソシオ・
?ーツ ・
サイエンス研究部
田 中 智 行 准教授
橋本
ヘルスパイオサイ
エンス研究部(医学系)
智 准教授
山 西 倫 太 郎 准毅授
hashi
[email protected]
a
c.
j
p
088・656・9872 (内 6213)
ヘルスパイオサイエッス研究部(歯学系)
三 好 佳 子 講師
ヘルスパイオサイ
工ツス研究部
(
薬学系)
福 井 裕 行 教授
金
成海 教j
更
ソシオテクノサイ エンス研究部
[email protected]
(
内 6215
)
088・656・7543
異文化理解教育
海外派遣
坂田
浩 准教i
受
[email protected] i
s
c
.tokushi
ma-u.ac.jp
(
内 6
211)
088・656・7199
竹内
光 恵 特任講師
[email protected]
(
内9
951)
088・656・7478
.1
0…
村 上 理 一 教授
2
0
0
9
.
1
1
盟
NO.12
国際センターニュース 圃
スタッフ一覧
│国際関係業務ス;
タブフ'
!
:
J
f
支
研
国
最
目
・国
際
7
ワセ
1
.
際
名
音H 長
課
課
氏
長
、
:
1 .
:
:
:
.
連
名
絡
先
{
蒔
、
考
吉良知哲
件
吊
u
岡崎房述
新
蔵
(
日 E会 館 )
[email protected]
t
o
k
u
s
h
i
m
au.
a
c
.
j
p
T
e
l
:088
・6
56
・
7491 (
内 6220)
島
新
蔵
〔日亜会館)
国際課課長補佐
国 際 1
2 画 係 長
内海
剛
国際企画係主任
山口
百合
蔵
幸
万
(日亜会館)
佐藤陽子
新
蔵
(日車会館)
国
際
、
A
ノ
L
画
係
鶴田
典子
n
t
s
u
r
u
t
[email protected]
im
.
t
o
k
u
s
h
i
m
a
u
.
a
c
.
j
Tel:088・656-9950 (
内 9950)
蔵
新
(日直会館)
武市依里
国
際
デ
.
x
.
て
.
;
克
,
係
長
国際交流係主任
国
際
デ
.
x
で
.
.
流
係
雄=
新
蔵
(日直会館)
[email protected]
j
p
Tel:088・656
・
7079 (
内 7079)
常
島
古城浩子
件
昂
U‘
島
川人 公 美
声
吊
~
島
尾崎
持
昂
.
.
.
.
.
島
原
綾
、
.
,
u
吊
平石留美
島
ユ
/ ア
人
財
ア
キャリア ・コーディネータ ー
村上和義
asi
[email protected]
i
m
.tokushima
-u
.a
c
.
j
p
Tel:088-656
・7
902 (
内 7902)
新
蔵
(日亜会館)
留学生支援室(蔵本地区)
米国
典代
r
y
u
[email protected]
s
c.
tokushimau.
a
c
.
j
p
Tel
/
Fax:088
・6
33
・7
398 (
内 7398)
蔵
本
(蔵本会館)
国際交流会館(北島 )
佐藤
浩子
k
ai
k
a
[email protected]
i
n
f
o
e
d
d
y
.
n
e
.
j
p
T
e
l
:088
・6
98-1244
北
島
国 際交 流 会 館
.1
1・
平成 21年 1
1月発行
発 行 徳島大学国際センター
住 所 〒 770
・
8501 徳島市新蔵町 2・
24
・6
56
・
7082
Fax.088
・6
56
・9
873
T
e
l
.088
E
m
a
i
l:r
y
u
g
a
k
u
[email protected]
i
m
.
t
o
k
u
s
h
i
m
a
u
.
a
c
.
j
p
Fly UP