...

Kapitel

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Description

Transcript

Kapitel
まえがき
本書は、独検(ドイツ語技能検定試験)の対策に役立つものです。数多く
のダイアローグに日本語訳と語注が付され、それによってドイツ語の語彙を増
やすことができます。新出単語は、検定レベルの難易度に応じて 5 級から 2
級までグループ分けされています。
語彙の習得は、外国語を学ぶ上で、とても大切な課題ですが、困難な課題
でもあります。ドイツ語の語彙は広範囲にわたり、外来語、ラテン語やギリシャ
語に由来する専門語なども数多くあるのです。
しかし大切なのは、正しく使われている文脈の中で単語を学び、使ってみる
ことです。単語は、その「パートナー」
、すなわち前置詞やコロケーションと
のつながり(例:mit dem Auto fahren)の中で、しかも適切な文法形式の中
でなら、
より学びやすいのです。フォーマルな書き言葉は、
ドイツ語においても、
それほどフォーマルではない話し言葉と区別されます。本書のダイアローグ
には、会話に典型的な単語や言い回しが多く出てきます。例えば、ja, doch,
schon などの心態詞、あるいは書き言葉では必要である文成分の省略です。
また、目的語を省略したり(mach ich など)
、さらには主語や動詞まで省略し
た(heute nicht などの)言い回しです。
日常的で生き生きとしていますが、非常に典型的でもある会話が本書には
収録されています。主に家庭での日常生活、大学の学生生活、職場における
会話です。状況を思い浮かべやすいように、全てのダイアローグは男女ペア
の短い会話となっています。そこでは、ベルリンに住むある典型的なドイツ人
家庭の日常生活に目が向けられます。両親と娘クリス、息子ダニエルからなる
マイヤー一家です。そこに日本からの客人、すなわち東京から来た交換留学
生の亮介が滞在しています。マイヤー家は犬を一匹飼っており、親戚も多くい
ます。一家は、ベルリン郊外の一戸建てに住み、何でもおしゃべりしたがるよ
うな隣人と友人に囲まれて暮らしています。
みなさんが楽しく学びながら、多くの成果をあげられることを願っています。
アンゲリカ・ヴェルナー
兒玉彦一郎
iii
VORWORT
Dieses Buch soll Ihnen helfen sich für die Prüfungen Diplom Deutsch in Japan
vorzubereiten. Sie finden hier eine große Zahl von Dialogen mit Übersetzungen
und Worterklärungen, die Sie unterstützen sollen, den deutschen Wortschatz
zu erweitern. Die neuen Wörter sind nach der Schwierigkeit der verschiedenen
Prüfungs-Stufen von 5 bis 2 gruppiert.
Den Wortschatz zu lernen und zu beherrschen ist eine sehr wichtige, aber
auch schwierige Aufgabe beim Lernen einer Fremdsprache. Das Deutsche hat
einen umfangreichen Wortschatz, mit vielen Wörtern, die aus anderen Sprachen
eingeflossen sind und Fachwörtern, die aus dem Lateinischen oder Griechischen
stammen.
Wichtig ist es aber, die Wörter im Kontext in ihrem authentischen Gebrauch
kennen zu lernen und zu benutzen. Sie lernen die Wörter leichter in Verbindung
mit ihren „Partnern“, den Präpositionen und Kollokationen (z.B.: „mit dem
Auto fahren“) und in der passenden grammatischen Form. Die formellere
geschriebene Sprache unterscheidet sich auch im Deutschen von der weniger
formellen gesprochenen Sprache. In den Dialogen werden Sie viele Wörter und
Ausdrücke finden, die im Gespräch typisch sind, wie etwa Modalpartikeln (z.B.:
„ja“, „doch“, „schon“) oder Kürzungen und Auslassungen von Satzgliedern, die
in der schriftlichen Sprache nötig wären, wie Objekt („mach ich“) oder sogar
Subjekt oder Verb („heute nicht“).
Sie finden lebendige alltagssprachliche, aber auch sehr typische Gespräche,
die hauptsächlich in den Bereichen Familie/Alltag und Universität/
Studentenleben sowie Beruf/Arbeitsleben stattfinden. Damit Sie sich die SprechSituationen besser vorstellen können, sind alle Dialoge kurze Zweiergespräche
zwischen einem weiblichen und einem männlichen Gesprächspartner. Dabei
möchten wir einen Blick in den Alltag einer typischen deutschen Familie in
Berlin werfen, der Familie Meyer mit den beiden Eltern, Sohn Daniel, Tochter
Chris und einem Gast aus Japan, dem Austauschstudenten Ryosuke aus Tokyo.
Die Familie Meyer hat einen kleinen Hund und viele Verwandte, sie wohnt in
einem Haus in einem Vorort von Berlin, umgeben von vielen Nachbarn und
Freunden, die sich alle gerne über alles Mögliche unterhalten.
Wir wünschen Ihnen viel Spaß und viel Erfolg beim Lernen!
Angelika Werner
Hikoichiro Kodama
iv
本書の構成と使い方
本書のダイアローグはターゲット単語を組み合わせて作ってあります。ダイ
アローグを覚えることで、複数の単語やフレーズが効率よく身につきます。
項目番号
ドイツ語ダイアローグ
Kapitel
1
Japanischer Kollege: Meine Frau träumt schon seit Langem
von einer italienischen schicken Handtasche.
A: Auch in Deutschland gibt es viele bekannte Marken
wie Aigner oder MCM sehr günstig.
日本人の同僚 : 妻がずっと前からイタリア製のシックなハンドバッグを夢に見
てるんだよ。
A: ドイツにだって有名なブランドがたくさんあるわ。例えば、アイグナーや
MCM なんかはとても好評よ。
seit Langem
形
gut für
3
ずっと以前から、ずっと前から 2 級
seit Längerem
schick
4
bekannt
.
形
A: Im Radio haben sie gesagt, vor einer Stunde sei auf der
Autobahn ein Lkw mit Benzin umgestürzt.
B: Ich hoffe, es ist nichts Schlimmes geschehen ...
が横転したんだって。
Radio
《非人称》物 4 がある、存在する。 4 級
よく知られた、有名な ; 知り合いの 4 級
知られる、知れわたる ; 知り合いになる
女(-/-n)ブランド ; 切手、券
中(-s/-s)ラジオ 4 級
事 4 をラジオで聴く
4 im Radio hören
ラジオをつける
das Radio an ¦ machen
ラジオの音を小さくする
das Radio leiser stellen
sei sein の接続法Ⅰ式形。間接引用に用いられている。
; しるし 3 級
Autobahn
女(-/-en)アウトバーン、自動車専用道路、高速道路
女(-/-en)鉄道、
(路面)電車
Bahn
Lkw, LKW
2
Benzin
A: Ist es wahr, dass du jeden Morgen um fünf Uhr
aufstehst? Das kann ich mir gar nicht vorstellen.
Kollege: Aber ja! Das ist gut für die Gesundheit. Du solltest es einmal probieren!
中(-s/-e)ガソリン
schlimm
形
geschehen*
自
4級
4 級(⇒ 4_38 )
3級
4級
ひっくり返る 他 ひっくり返す 3 級
悪い、ひどい、困った、深刻な 4 級
自
起こる 4 級
(Bitte,)gern
(e)geschehen! (お礼を言われて)
どういたしまして。
(災難・不幸 1 が)起こる、ふりかかる 他 通
passieren 自 《口》
A: 毎朝 5 時起きって本当? ぜんぜん想像できない。
形
男((
- s)
/-s)トラック
um ¦ stürzen
同僚 : そうなんだってば! 健康にいいんだよ。一度試した方がいい。
wahr
事 4 に(対して)良い 4 級
B: ひどいことになってなきゃいいんだけど。
bekannt werden*
Marke
sein*
4
A: ラジオで言ってたよ、1 時間前にアウトバーンでガソリンを積んだトラック
しばらく [ かなり、だいぶ ] 前から
シックな 3 級
フランス語の chic もドイツ語で用いられるが、名詞を修飾する場合
は schick が用いられる。
Es gibt
Ⅱ
健康によい
für die Gesundheit sein*
gesund 形 健康な(比較級・最上級は gesünder, gesündest)5 級
過する 3 級(⇒ 4_2 )
本当の、真実の 4 級
Stimmt es, dass ... ?
・・・ は本当ですか ?
vor ¦ stellen
4
4
3
再 sich (事・人 を)想像する、思い浮かべる ;(人 に)
自己紹介をする 他 前に立てる [ 置く ] ;(人 3 に人 4 を)紹介する 4 級
vorstellbar 形 想像できる 2 級
unvorstellbar 形 想像できない 2 級
Gesundheit
女(-/)健康
3級
4
A: Was wäre denn ein gutes Geschenk für unseren
Onkel Karl? Er will nicht, dass wir ihm etwas schenken.
B: ... obwohl er doch seinen 60. Geburtstag hat!
A: 叔父さんへの贈り物は何がいいかな。私たちにはプレゼントなんかほしく
20
21
ターゲット単語
ドイツ語検定 4 級∼ 2 級の語彙、
フレーズが中心です。
には、語法・文法の解説や、関
準ターゲット単語
のついた単語は、ターゲット単
語とともに覚えておきたい派生語、
関連語、フレーズです。
連事項の説明などが必要に応じて
入っています。
v
凡例
■ ターゲット単語について
・ ターゲット単語中の 3 , 4 は、それぞれ 3 格、4 格の名詞を表しています。
・ターゲット単語中の sich3, sich4 は、それぞれ 3 格、4 格の再帰代名詞を
表しています。
■ 品詞の分類
男
男性名詞
女
女性名詞
中
中性名詞
複
複数形で用いられる名詞
自
自動詞
他
他動詞
再
再帰動詞
形
形容詞
副
副詞
助
助動詞
代
代名詞
接
接続詞 前
前置詞
成句、セットで使われるフレーズ、応用の利く例文
vi
■ 名詞の表記
・ 名詞には、単数 2 格と複数 1 格を、
「/」で区切って示しています。複数形
が用いられない場合には、2 格形のみを表示しています。見出しと同じつ
づりは「-」で省略し、見出しのつづりの一部を省略する場合は「.. 」と
表記しています。
・
のついた名詞は、男性弱変化名詞。
■ 動詞の表記
・「*」のついた動詞は、不規則変化動詞です。
・
のついた動詞は、完了形で sein を用いる動詞です。この記号がない動
詞はすべて、完了形で haben を用います。
・ 再帰動詞については、品詞記号の後ろに、共起する再帰代名詞を示してい
ます。
■ その他
・ ターゲット単語の語義の後ろに、独検の出題基準のレベルを示しています
。
( 5級 ∼ 2級 )
・ 一部の準ターゲット単語の後ろには、
(⇒ 1_ 23 )のような参照記号が付いて
いますが、これは、その単語がターゲット単語として取り上げられている
例文の項目番号を示しています。例えば、 1_ 23 ならば、Kapitel Ⅰ内の項
目番号 23 の例文を指します。付録「ドイツ語の心態詞」の参照も同様の
方式です。
〈 〉はコロケーションを示しています。
・《 》は文法説明、
vii
収録語彙について
■ 級の設定
独検では、学習時間に応じて級を区分しています。30 時間以上で 5 級、
60 時間以上で 4 級、120 時間以上で 3 級という具合です。これに対応して、
学ぶべき文法事項も増えていきます。具体的には、5 級で名詞の格変化、動
詞の現在人称変化、前置詞くらいまで、4 級では話法の助動詞を中心として
未来形、分離動詞、再帰動詞などが出題範囲に入ってきます。そして 3 級で
は「初級文法全般にわたる知識」ということなので、過去形、完了形などが
出題範囲となります。以上の学習過程を勘案し、各級の語彙を兒玉が選定し
ました。
本書のダイアローグは初中級程度、すなわち 4 級を中心にして適宜 5 級
と 3 級を加えたレベルの動詞を中心として、日常で使える会話調の対話で
構成されています。ダイアローグのレベル設定は、原則として、会話の核
となる動詞の級に基づきます。
■ 語彙レベルと使用頻度
動詞に関して言えば、5 級では基本的な語の人称変化が文法の中心となり
ます。例えば日本語で「座る」を意味する sich4 setzen は重要な語ですが、
再帰表現であるために、
5 級には含まれません。語彙として重要だからといっ
て、5 級に分類されるわけではないのです。5 級なら、この意味で可能性が
ある言い方は例えば Platz nehmen で、明らかに sich4 setzen よりも使用
範囲は狭いでしょう。
このようなわけで、4 級よりも 5 級の語彙の方が使用頻度が高い、とは
必ずしも言えないのです。
また、副文を導く「従属の接続詞」は、独検では 3 級の範囲となりますが、
本書では 5 級の動詞を中心にした例文にすでに使用しています。例えば
wenn は時や条件「…した場合」を表し、5 級で学ぶ現在形の文に登場する
(過去に一回)…した時」を表し、過去形の文に登場し
からです。als は「
ますが、過去形は 3 級から学ぶので整合性があります。その他、時間的近
接を表す bevor「…する前に」も同様です。
しかし、理由を表す weil のような従属の接続詞はほとんど用いられてい
ません。それは、会話を構成する複数の文の関係が自明な場合、わざわざ
接続詞を用いないほうが自然だからです。例えば Wollen Sie bitte die Tür
schließen? Es zieht.「ドアを閉めて下さいますか。隙間風が入ります」の
ように結論を先に言い、すぐ次に原因を言えば、それが理由であると認識
viii
できます。これを「ドアを閉めて下さいますか。隙間風が入りますから」と
訳すこともできます。もちろん「隙間風が入ります。だから、ドアを閉めて
下さいますか」とも言えますが、理由を明示しなくてもいい場合、実際の会
話では用いられないようです。
このようなわけで、本書では動詞の目的語の位置を占める dass や ob を
例外として、その他の接続詞を用いた例文は多くありません。
■ 日本語訳
ダイアローグの日本語訳は、話し手に応じて訳し方を変えてあります。ド
イツ語を理解する際に、
その日本語に引きずられないよう注意してください。
例えば、ドイツ語には一般に敬語がありませんが、訳では丁寧語などが文
脈によって使われています。例えば接続法Ⅱ式 Könnten Sie ... ? の方が 直
説法の Können Sie ... ? よりも丁寧だと説明されますが、それは接続法Ⅱ式
の「もしできるのであれば」という仮定の意味が要求の程度を弱めているた
めです。親しい友達同士でも、控えめな要求でこの接続法Ⅱ式 Könntest du
「丁寧さ」は、例えばお願いをする場合なら、必ず bitte を
... ? も用います。
添えることによって表現できます。本書で du を使った例文に関しては、日
本語で敬語を使う場面において主語 du を Sie に替えて使えます。
また、日本語には女性言葉と男性言葉がありますが、ドイツ語では一般
的にその区別がありません。どの文でも、男性、女性ともに使用することが
できます。当然ですが ich は「僕」にも女性の「私」にも訳せます。
ix
人物設定
本書のダイアローグでは次のような家族を設定しました。
「マイヤー一家はベルリンに住み、母アンナ(Anna)はドイツの会社に勤
めている。父ベルンハルト(Bernhard)はベルリンの日系企業でエンジニア
として働いており、そのため時折日本に出張する。少し日本については知っ
ているが、詳しくはない。娘クリス(Christina, 愛称 Chris) は 14 歳でギム
ナジウム(Gymnasium)に、息子ダニエル(Daniel)は 9 歳で基礎学校
(Grundschule)に、それぞれ通っている。ダックスフントの Fifi を飼って
いる。一年の予定でホームステイをしている日本人留学生、亮介は 19 歳で、
ドイツ語学文学を専攻している」
略語として母は A, 父は B, クリスは C, ダニエルは D, 亮介は R を用いて
います。
ドイツの家庭では、一般に子供は両親を Papa, Vati, Mama, Mutti と呼び、
両親は子供を名(Vorname)で呼びます。兄弟間でも名で呼び合います。祖
父 は Opa, Opi, 祖 母 は Oma, Omi に なりま す が、 伯 父・ 叔 父 は Onkel
Hans, 伯母・叔母は Tante Erika のように名が添えられます。夫婦間も名で
呼び合いますが、例えば Thomas なら Tommy, Berthold なら Bert, Monika
なら Moni, Ursula なら Uschi のように名に由来する愛称(Kosename)が用
いられることもあります。あるいは Liebling, Mausi, Schatz, Schätzchen
なども使われますが、人前では用いられないようです。日本のように夫婦間
で「パパ」
「ママ」と呼び合うことはありません。
一般に二人称 du と Sie は親しみ具合により使い分けると言われますが、
du は Hans や Erika などのファーストネームで呼び合う相手、Sie は Herr
Schneider や Frau Doktor Schneider など Herr や Frau で呼びかける相手
に用いられます。なお一般に学校などで 16 歳以下の青少年(Jugendliche)
には du で呼びかけるようです。
音声について
本書収録のドイツ語ダイアローグの音声は、研究社ホームページ(http://
www.kenkyusha.co.jp/)より、以下の手順でダウンロードできます。なお、
データは MP3 ファイルとなっており、各ファイルには 1 項目分のダイアロー
グが収録されています(ファイル名は「章番号_項目番号」を示します。
Kapitel Ⅰのダイアローグが 1_01, 1_02, ..., Kapitel Ⅱが 2_01, 2_02, ... と
なります)
。
x
フ
ァイルは、Kapitel Ⅰ∼Ⅶの 7 つのフォルダーに分かれています。
(1)研究社ホームページのトップページから、
「音声ダウンロード」にアクセ
スし、
「音声データダヴンロード書籍一覧」から、
「最効率! 例文で覚え
るドイツ語単語」を選んでください。
(2)上記から開いたページで「ファイルを一括でダウンロード」をクリック
すると、ユーザー名とパスワードの入力が求められます。ユーザー名と
パスワードは以下のように入力してください。
ユーザー名:guest パスワード:DeutschVocabOnseiDownload
(3)ユーザー名とパスワードが正しく入力されると、ファイルのダウンロー
ドが始まります。ダウンロード完了後、解凍してご利用ください。
[ 収録内容一覧 ]
Kapitel Ⅰ:項目番号 1 ∼ 27(04 分 45 秒)
Kapitel Ⅱ:項目香号 1 ∼ 49(08 分 50 秒)
Kapitel Ⅲ:項目番号 1 ∼ 27(05 分 31 秒)
Kapitel Ⅳ:項目番号 1 ∼ 55(10 分 18 秒)
Kapitel Ⅴ:項目番号 1 ∼ 46(09 分 10 秒)
Kapitel Ⅵ:項目番号 1 ∼ 44(08 分 28 秒)
Kapitel Ⅶ:項目番号 1 ∼ 37(07 分 21 秒)
[ ナレーション ]
Angelika Werner(奥付の著者紹介を参照)
Davide Orlando(獨協大学非常勤講師)
[ 収録スピード ]
普通∼やや速い
xi
目次
INHALT
まえがき
iii
本書の構成と使い方
v
凡例
vi
viii
収録語彙について
人物設定
x
音声について
x
Kapitel Ⅰ(5 級中心)
01
Kapitel Ⅱ(4 級中心
1
)
019
Kapitel Ⅲ(4 級中心
2
)
049
Kapitel Ⅳ(4 級中心
3
)
065
Kapitel Ⅴ(3 級中心
1
)
095
Kapitel Ⅵ(3 級中心
2
)
0121
Kapitel Ⅶ(2 級中心)
0143
ドイツ語の心態詞
0164
ドイツ語索引
0168
xii
Kapitel
(5 級中心)
1
A: Wenn jemand isst, wünscht man in Deutschland
„Guten Appetit!“. Wie sagt man in Japan?
R: Man sagt „Itadakimasu“, bevor man mit dem Essen
anfängt.
A: 食事のとき、ドイツでは「グーテン・アペティート」と願うんだけど、日本
では何と言うの?
R: 食事の前に、「いただきます」と言います。
wünschen
他
願う、望む、祈願する 5 級
dass 副文、zu 不定詞句もとる : Was wünschen Sie zu trinken?
お飲み物は何をお望みですか ?
Appetit
男((
- e)
s/ )食欲
3級
Guten Appetit!
たくさん召し上がれ。
(
「あなたにたくさん食欲が
ありますように」という意味から)5 級
(großen)Appetit auf 4 haben*
物 4 への食欲が(大いに)ある、
物 4 が(大いに)食べたい 3 級
Wie sagt man in …?
…では何と言うのか? 5 級
Wie sagt man auf Deutsch?
an ¦ fangen*
2
他
始める 自
ドイツ語では何と言うのか? 5 級
〉 3を
[から、
で]
)始める 4 級
始まる〈
; mit 3 (事
R: Entschuldigen Sie bitte, ich möchte zur TouristenInformation.
Frau: Gehen Sie hier weiter, bis zum Kaufhaus dort. Dann
sehen Sie die Information.
R: すみません、旅行案内所に行きたいのですが。
女性 : ここをずっと、あそこのデパートまで行きます。そうすると案内所が見えます。
Entschuldigen Sie (bitte)!
すみません。 5 級
「私に非がある」という意味合いが込められていることに注意。
(Es)tut mir leid.
残念です、悪いけど、すみません《
「自分に責
任はない」という含みをもつ》;(悲しいことに対して)お気の毒に。
5 級(⇒ 1_14 )
möchte*
助
…したい(のですが)他(物 4 が)欲しい(のですが)5 級
方向を表す前置詞句とともに「…へ行きたいのですが」を意味する。
2
Kapitel
wie du möchtest
Tourist
男(-en/-en)
Information
weiter
副
Kaufhaus
3
したいようにすれば、お好きなように 4 級
旅行者、
ツーリスト(Touristin 女(-/-nen))5 級
女(-/-en)情報
; 案内所、インフォメーション 5 級
さらに先へ、さらに続けて 4 級
中(-es/..häuser)デパート、百貨店
5級
R: Um neun Uhr habe ich mit meiner Freundin eine
Verabredung vor dem Kino. Ich glaube, es wird ein
schöner Abend ...
A: Viel Spaß!
R: 9 時にガールフレンドと映画館の前で待ち合わせです。すてきな夜になると
思うんですけど…。
A: 楽しんできてね!
Verabredung
女(-/-en)会う約束、待ち合わせ、デート
mit 3 eine Verabredung haben*
ト ] がある 2 級
mit 3 verabredet sein*
glauben
他
人 と待ち合わせ [ 約束、デー
人 3 と待ち合わせ [ 約束 ] している 3 級
思う ;(主観的な理由から)推量する ; 信じる 5 級
meinen
Viel Spaß !
2級
3
他 言う ; 思う、・・・ という意見である
4 級(⇒ 1_22 )
楽しんで(きて)ね、お楽しみに 4 級
スポーツは楽しい。
Sport macht Spaß.
私はそうしている時がとても楽しい。
Ich habe dabei viel Spaß.
4
A: Was ist denn los mit dir? Du siehst ja ganz blass aus.
D: Mir ist so schlecht. Und der ganze Bauch tut mir weh.
A: ねえ、どうしたの。顔が真っ青よ。
D: とても気持ちが悪いんだ。それにお腹全体が痛い。
los sein*
《口》
(普通でないことが)起きた、生じた 3 級
3
Ⅰ
起こる 4 級(⇒ 2_3 )
geschehen* 自
(災難・不幸 1 が)起こる、ふりかかる 他 通
passieren 自 《口》
過する 3 級(⇒ 4_2 )
ereignen
aus ¦ sehen*
ganz
副
再
sich4(事件などが)起こる、発生する 3 級
自(…のように)見える、
(…の)様子をしている
4級
まったく、完全に ; とても ; かなり 形(例外なく)全ての、
全体の 5 級
blass
形
蒼白な ; 薄い 3 級
Mir ist schlecht.
(私は)体の具合が悪い。 5 級
非人称表現だが、Es ist mir ... の語順にはならない。
weh ¦ tun*
3
1
自(人 は体 が)痛い
Wo tut es weh?
5
2級
どこが痛いのですか?
A: Du siehst komisch aus. Hast du Fieber?
R: Ja, 38 Grad. Und Kopfschmerzen …
A: あなた、様子が変ね。熱があるの ?
R: はい、38 度です。それに頭痛が… 。
komisch
Fieber
Grad
形
おかしい ;《口》変な、妙な ; 体の調子がおかしい 3 級
中(-s/)熱
2 級(⇒ 7_17 )
Husten
Grippe
女(-/-n)インフルエンザ
男((
- e)
s/-e)度
Kopfschmerzen
schmerzen
6
5級
男(-s/)咳
複
3 級(⇒ 2_9 )
; 程度 3 級
頭痛 4 級
自(体の部分・傷 1 が)痛む
4級
R: Gib mir bitte noch einen Löffel Gemüse und ein
bisschen Fleisch.
C: Was??? Isst du denn noch mehr?
R: 野菜を(調理用)スプーンにもう一杯、それにお肉を少し下さい。
4
Kapitel
C: ええ ??? もっと食べるの ?
Löffel
男(-s/-)スプーン
Gemüse
中(-s/-)野菜
4級
5級
主に単数形で用いる。
生野菜として食べる場合は der Salat(サラダ)
。
Fleisch
中((
- e)
s/)肉
noch mehr
7
5級
さらにもっと、さらにそれ以上 4 級
R: Weißt du denn, wofür man lernt?
C: Nun ja. Man lernt nicht für die Schule und nicht für die
Eltern, sondern für sich selbst, für das eigene Leben.
R: そもそも何のために人は学ぶのか、わかってる?
C: そうねえ。学校のためでも、両親のためでもなく、自分自身のため、自分の
人生のために学ぶのよね。
lernen
他
学ぶ、学習する、習う 5 級
不定詞を伴い、Auto fahren lernen(車の運転を習う)のように用
いることもある。
nun ja
そうだなあ、まあね 4 級
sich selbst
eigen
8
形
自分自身 4 級
自分(自身)の、自己の 4 級
A: Oh, hast du gute Noten im Zeugnis! Aber du hast dich
ja in Mathe verschlechtert. Wie kommt das denn?
D: Ich weiß nicht. Mutti, ich habe mir genau so viel Mühe
gegeben wie im letzten Jahr.
A: あら、通知表の成績がいいじゃない! でも、数学が悪くなったのね。
ねえ、どうしてそうなったの ?
D: わからない。お母さん、去年と同じように頑張ったんだよ。
Note
女(-/-n)成績
3級
5
Ⅰ
Zensur 女(-/-en)成績、評価 2 級
ドイツでは学校の成績は 6 段階評価。
1 = sehr gut(秀)
, 2 = gut(優)
,
3 = befriedigend(良), 4 = ausreichend(可), 5 = mangelhaft(不
。
可), 6 = ungenügend(不可、不十分)
Zeugnis
Mathe
中(-ses/-se)成績証明書、通知表
3級
女(-/)
(科目としての)数学(Mathematik の略)2 級
mathematisch
形 数学(上)の、数学的な
verschlechtern
再
kommen*
来る ; 起こる、生じる 4 級
自
sich 悪くなる、悪化する 3 級
Wie kommt es, dass ...?
genau
副
どうして…なんですか? 4 級
きちんと、ちゃんと、よく 形 正確な、精密な 4 級
Genau!
Mühe
2 級(⇒ 5_13 )
4
(相手の発言を強く肯定して)そのとおり ! 5 級
女(-/-n)苦労、努力
3級
事 3 に尽力する、努力する 3 級
sich3 mit 3 Mühe geben*
sich4 bemühen, ...〈zu 不定詞〉 …しようと努力する 3 級
9
R: Oh, du hast einen Bruder? Was macht er denn?
Studentin: Er ist mit der Schule fertig. Er lernt jetzt Koch.
R: え、兄弟がいるの? いったい何をしているの?
学生 : 学校は終えたの。今、コックの見習い中。
Bruder
男(-s/Brüder)兄、弟
5級
Geschwister 中(-s/-)兄弟姉妹 5 級
兄弟はいますか?
Haben Sie Geschwister?
machen
他
する ; 作る 5 級
(Das)macht nichts. (謝罪に対して)何でもありません、大丈
夫です。 5 級
Was machst du? (仕事は)何をしているのですか? 職業は何で
すか? 5 級
fertig
形
準備 [ 用意 ] ができた ; 完成した 5 級
mit 3 fertig sein*
ている
4 fertig haben*
Koch
6
事 3 が出来上がっている、
完成している、
終わっ
事 4 が出来上がっている 4 級
男((
)2 級
- e)
s/Köche)料理人、調理師(Köchin 女(-/-nen)
Kapitel
kochen
10
他 料理する、調理する ; 煮る ; ゆでる
5 級(⇒ 2_17 )
R: Ich wußte gar nicht, dass du in Handball so gut bist.
Studentin: Na ja, Sport liegt bei uns in der Familie. Meine
Mutter war früher eine gute Handballerin.
R: 君がそんなにハンドボールが上手だなんて全く知らなかったよ。
学生 : まあ、我が家はスポーツが得意な家系だからね。母は以前すばらしいハ
ンドボール選手だったの。
wissen*
他
知っている、わかっている 5 級
wissen は副文か、es, das, viel, nichts などの代名詞と共に用いる。
gar nicht
in
3
まったく(…)ない 5 級
gut sein*
Handball
na ja
事 3 に強い(スポーツ・趣味など)3 級
男((
- e)
s/)ハンドボール
(ためらいながら)そうだなあ、まあそうね 4 級
in der Familie liegen*
11
2級
一族に遺伝している 2 級
R: Weißt du, wann die Sommersemester-Klausuren enden?
Studentin: Schau doch mal in den Uni-Kalender! Sie enden
am 1. August, glaube ich.
R: いつ前期試験が終わるか、知ってる ?
学生 : ちょっとアカデミックカレンダーを見てよ。8 月 1 日に終わると思うよ。
Sommersemester
中(-s/-)
(大学の半年単位の学期の)前期
4級
Semester 中(-s/-)学期 4 級
Wintersemester 中(-s/-)後期 2 級
Klausur
enden
女(-/-en)
(大学の)筆記試験
自
2級
終わる 5 級
Ende 中(-s/-n)終わり 5 級
命令文では enden は用いられない。
7
Ⅰ
終わりにしなさい。 4 級
Machen Sie Schluss!
やめなさい。 4 級
Hören Sie auf!
終わりましたか。 5 級
Sind Sie fertig?
Uni-Kalender
男(-s/-)アカデミックカレンダー、
(大学の)
年間予定表
2級
《口》大学 3 級(⇒ 2_41 )
Uni 女(-/-s)
12
A: Diese Handtasche gefällt mir, die nehme ich. Kann ich
mit Kreditkarte bezahlen?
Verkäufer: Nein, leider nicht. Wir nehmen nur Bargeld.
A: このバッグが気に入ったわ。これにします。クレジットカードで払えますか?
店員 : いいえ、残念ながらできません。現金しか受け付けておりません。
Handtasche
gefallen*
女(-/-n)ハンドバッグ
4級
3
自(人 の)気に入る、好みである
5級
主語は主に事物。
nehmen*
他(複数の可能性から一つを)取る、選び取る
Kreditkarte
Bargeld
中((
- e)
s/)現金
bar
13
女(-/-n)クレジットカード
形 現金の
5級
3級
3級
4級 A: Können Sie mir bitte Bücher zeigen, die für zehnjährige
Kinder geeignet sind?
Buchhändler: Ich denke, hier können Sie etwas Passendes
finden.
A: 10 歳の子供向けの本を見せて下さい。
書店員 : こちらにふさわしいものがあると思います。
zeigen
3
4
他(人 に物 を)見せる、示す
..jährig
形
5級
…歳の 2 級
数字を用いる場合は、50-jährig のようにハイフンを挿入する。
8
Kapitel
geeignet
形
適した、ふさわしい 3 級
denken*
他
3
4
を)
考える ; 思う 再 sich(事
思い浮かべる、想像する 5 級
過去形・現在完了形では、
「…だと思っていた」というように、しばし
ば「誤っていた推測」を表現。
passend
形
ふさわしい、ぴったりの 4 級
passen
14
自(人 3 に)合う、調和する ; 都合がいい
4 級(⇒ 4_4 )
A: Gehen Sie mit uns mittagessen?
Kollege: Es tut mir leid, aber ich habe schon eine
Verabredung.
A: 一緒にお昼を食べに行きますか?
同僚 : 残念だけど、もう約束があるんです。
gehen*
自
行く 5 級
不定詞をともなって「…しに行く」を意味する。
寝に行く
schlafen gehen*
mittagessen* = zu Mittag essen 昼食に行く 3 級
essen*
他 食べる
5級
(Es) tut mir leid.
残念です、悪いけど、すみません(でも私には責任
がありません);(悲しいことに対して)お気の毒に。 5 級
leid ¦ tun* 他(人 3 にとって)気の毒である 2 級
すみません。
(自分に非があることを
Entschuldigen Sie(bitte)!
認める)5 級(⇒ 1_ 2 )
Schade!, Wie schade!
schon
副
残念だ。 4 級
、早く 5 級
もう、すでに ; すぐ(に)
疑問詞のない疑問文では主に「もう、すでに」の意味で使われる。
すでに起こったことだけでなく、これからすぐ起こることについても
用いられる。
9
Ⅰ
Fly UP