...

藤沢市子どもを いじめから守る条例

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

藤沢市子どもを いじめから守る条例
藤沢市子どもをいじめから守る条例
社
をいじめから
も
ど
守り
子
で
まし
体
全
ょう
会
保護者
学 校
子どもが安心して生活し、
学び、心身ともに
健やかに成長することが
できるようにします。
自分も他の人も
大切にする子どもを
育み、いじめ防止に
取り組みます。
子ども
市民・地域社会
子どもを見守り、
子どもの社会性を
育みます。
自分も他の人も大切にし、
いじめで困ったときは、
相談します。
学校以外の
施設・団体
藤沢市子どもを
いじめから守る条例
ができました!
市
いじめのない社会を目指して
いじめを許さない文化と風土をつくりましょう
子どもをいじめから
守るため、いじめ防止に
関する施策を
推進します。
関係機関
子どもをいじめから
守ることについて理解を
深め、
いじめを見過ごさない
よう努めます。
市・学校・保護者等と
連携して、いじめ防止に
取り組みます。
ひ とり で 悩 ま ず 相 談しましょう
藤沢市いじめ相談ホットライン ☎0466
(25)2500
24時間365日相談できます
藤沢市学校教育相談センター
☎0466-90-0660/9時∼17時
藤沢市教育委員会教育指導課
☎0466-25-1111(内線5221)/8時30分∼17時
土曜日は、12時まで 日曜祝日・年末年始は、お休みです
土日祝日・年末年始は、お休みです
いじめ110番
☎0466-81-8111
24時間365日相談できます
神奈川県立総合教育センター 教育相談センター
子どもの人権110番
土日祝日・年末年始は、お休みです
70120-007-110/8時30分∼17時15分
法務省全国共通フリーダイヤル
藤沢市いじめ相談メール
藤沢市いじめ相談メール で 検索
24時間アクセスできます
藤沢市企画政策部人権男女共同参画課
市のホームページからもアクセスできます
藤沢市は、いじめのない社会の実現を目指して、子どもをいじめ
から守るための基本理念や社会の役割等を定めた
「藤沢市子ども
をいじめから守る条例」
を制定しました。
2015年(平成27年)6月
〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 ☎ 0466-25-1111(内線2132) 0466-24-5928
e-mail:[email protected] http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/jinkendanjyo
藤沢市/藤沢市教育委員会
みんなの笑顔に
藤沢市子どもをいじめから守る条例
藤沢市子どもをいじめから守る条例を紹介します!
藤沢市は、いじめを許さない文化と風土をつくることを
目標として、市全体で力をあわせて、子どもの人権を侵害
するいじめのない社会の実現を目指します。
藤沢市子どもをいじめから守る条例
私たちは、いじめを許さない文化と風土をつくることを目標とし、いじめのない社会の実現を目指します。
子どもは、一人ひとりがかけがえのない存在であり、社会の宝、未来への希望です。私たちは、子どもの
笑顔を守るため、すべての子どもが安心して生活し、学び、心身ともに健やかに成長することができる環境
づくりに努めなければなりません。
藤沢市市民憲章では、市民が郷土を愛し、市民の誰もが幸せに暮らすことができるまちにするため、
「いつもだれにも親切にしましょう」などの守るべき規範を定めています。
すべての子どもは、個人として尊重され、幸せに暮らす権利があります。
私たちは、次代を担う子どもの最善の利益を図るため、いじめの背景にある様々な問題と正面から向き
合い、子どもの人権を侵害するいじめを、
しない、
させない、許さない社会とする
ことを目指し、
ここに、藤沢市子どもをいじめから守る条例を制定します。
(目的)
用語解説『子ども』
『市内の学校
(小学校、中学校、
特別支援学校及び高等学校)
に在
籍する人』
だけではなく、
『 前記の
「学校」
に在籍していない人で、満
18歳に達した後の最初の3月31
日までの人』
すべてをいいます。
第1条 この条例は、いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号。以下「法」
といいます。)の
趣旨を踏まえ、いじめの防止、いじめの早期発見及びいじめへの対処(以下「いじめの防止
等」
といいます。)のための対策を総合的かつ効果的に推進し、子どもをいじめから守るた
め、いじめの防止等に係る基本理念、市、学校及び保護者の責務並びに学校以外の施設、市
民及び関係機関の役割を明らかにし、いじめの防止等に関する施策の基本となる事項を定
めることにより、子どもが安心して生活し、学び、心身ともに健やかに成長することができる
環境を整えることを目的とします。
(定義)
用語解説『いじめ』
対象となった子どもが、心身の苦
痛を感じているものだけではなく、
『当該行為に気づいたときに心身
の苦痛を感じるもの』
もいいます。
用語解説『学校以外の施設』
第2条(3)に規定する
「学校」以
外の子どもが在籍する施設及び
団体のすべてをいいます。
(幼稚
園、保育施設、放課後児童クラ
ブ、子ども会、文化及びスポーツ
団体等)
第2条 この条例において、
次の各号に掲げる用語の意義は、
当該各号に定めるところによります。
⑴ 子ども 学校に在籍する児童又は生徒及び学校に在籍していない者であって、18歳に
達する日以後の最初の3月31日までの間にあるものをいいます。
⑵ いじめ 子どもに対して、当該子どもと一定の人的関係にある他の子どもが行う心理的
又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含みます。)で
あって、当該行為の対象となった子どもが心身の苦痛を感じているもの又は当該行為に
気づいたときに心身の苦痛を感じるものをいいます。
⑶ 学校 この市の区域内に存する小学校、
中学校、
高等学校及び特別支援学校をいいます。
⑷ 保護者 親権を行う者、未成年後見人その他子どもを現に監護する者をいいます。
⑸ 学校以外の施設 この市の区域内に存する、子どもが在籍する学校以外の施設又は
団体をいいます。
⑹ 市民 市内に居住する者、通勤する者及び通学する者並びに市内で事業活動を行う
個人、企業及び団体をいいます。
⑺ 関係機関 児童相談所、法務局又は地方法務局、警察、医療機関その他子どものいじめ
の防止等に関係する機関及び団体をいいます。
(基本理念)
第3条 いじめは、子どもの人権を侵害し、心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を及
ぼす絶対に許されない行為であり、社会の中の様々な問題がいじめを生じさせる背景となり得
ることから、市、学校、保護者、学校以外の施設、市民及び関係機関は、それぞれの責務及び役
割に基づき、主体的に、かつ、相互に連携して、いじめのない社会を目指します。
(子どもの心がけ)
第4条 子どもは、次のことを心がけましょう。
⑴ 自分を大切にしましょう。
⑵ 他の人を思いやり、大切にしましょう。
⑶ いじめを受けたとき、又はいじめを見たり聞いたりしたときは、一人で悩まずに、家族、
友だち、学校、市、関係機関等に相談しましょう。
(市の責務)
第5条 市は、子どもの最善の利益を図るため、いじめの防止等に関する施策を積極的に推進す
るものとします。
2 市は、社会の中の様々な問題がいじめを生じさせる背景となり得ることから、子どもが安心し
て生活し、学び、心身ともに健やかに成長することができるよう、いじめを生じさせる問題の解
決に向け、社会全体への意識啓発を図るとともに環境の整備に努めるものとします。
3 市は、いじめの防止等に関する施策について、国、神奈川県及び関係機関と協力し、積極的
に推進するものとします。
4 市は、法第12条に定める地方いじめ防止基本方針を教育委員会において策定するととも
に、市が設置する学校におけるいじめの防止等の対策を推進するものとします。
5 市は、学校(市が設置する学校を除きます。)及び学校以外の施設に対して、いじめの防止等
に関する施策が確実かつ適切に実施されるよう、必要な情報交換及び協力を求めることがで
きるものとします。
6 市は、
この条例の目的を達するために必要な財政上の措置その他の必要な措置を講ずるも
のとします。
(学校の責務)
第6条 学校は、法第13条に規定する各学校で定める学校いじめ防止基本方針に基づき、教育活
動を通して、
自分や他の人を大切にし、
ともに学び、
ともに育つ子どもを育成するものとします。
2 学校は、市、保護者、学校以外の施設、市民及び関係機関と連携し、いじめの防止等に取り組
むとともに、当該学校に在籍する子どもがいじめを受けている、又はいじめを行っていると思
われるときは、適切かつ迅速に対処するものとします。
3 学校は、前項の規定に基づき対処し、いじめがなくなったと思われる後においても、子どもが
安心して学校に通うことができるよう取り組むものとします。
ポイント 1
子どもたちに、常に心がけてほし
いこととして、自分を大切にすると
ともに、他の人を思いやり、大切に
すること、いじめを受けたとき、いじ
めを見聞きしたときは、一人で悩ま
ずに相談することなどを規定して
います。
ポイント 2
市は、子どもをいじめから守る施
策を実行するとともに、社会におけ
る様々な問題がいじめを生じさせ
る要因となることから、社会全体へ
の意識啓発を図るなど、子どもが
健やかに暮らすことができる環境
の整備に努めます。
ポイント 3
学校は、自分や他の人を大切に
し、ともに学び、ともに育つ子ども
を育成するとともに、子どもがいじ
めを受けているときなどは、適切か
つ迅速に対処し、いじめで苦しむ子
どもがなくなるよう取り組みます。
(保護者の責務等)
第7条 保護者は、子どもが安心して生活し、学び、心身ともに健やかに成長することができるよ
う努めるものとします。
2 保護者は、子どもに対して、いじめが決して許されない行為であることを十分に理解させる
よう努めるものとします。
3 保護者は、子どもの変化を見逃さず、良き相談相手となるよう努めるものとします。
4 保護者は、子どもがいじめを受け、若しくは行っているとき又はそれらの疑いがあると思われ
るときは、市、学校、学校以外の施設又は関係機関へ相談することができます。
(学校以外の施設の役割)
第8条 学校以外の施設は、子どもをいじめから守ることについて理解を深め、いじめを見過ごさ
ないよう努めるとともに、子どもが安心して生活し、学び、心身ともに健やかに成長することが
できる環境づくりに努めるものとします。
(市民の役割)
第9条 市民は、地域社会において、子どもを見守り、声かけを行う等、子どもが安心して生活し、
学び、心身ともに健やかに成長することができる環境づくりに取り組み、子どもが地域の人々と
の関わりの中で、社会性を育めるよう努めるものとします。
2 市民は、いじめ及びいじめの疑いがある行動を見聞きしたときは、市、学校、保護者、学校以
外の施設又は関係機関へ情報を提供するよう努めるものとします。
(関係機関の役割)
第10条 関係機関は、子どもが安心して生活し、学び、心身ともに健やかに成長することができる
よう、市、学校、保護者、学校以外の施設及び市民と連携し、いじめの防止等に関する施策に協
力するよう努めるものとします。
附 則
この条例は、平成27年4月1日から施行します。
ポイント 4
保護者は、子どもに一番近い立
場の大人として、子どもに対して、
いじめが決して許されない行為で
あることを理解させるよう努める
とともに、子どもの変化を見逃さな
いよう努める必要があります。
ポイント 5
学校以外の施設・団体、市民は、
地域社会において、子どもが健やか
に暮らすことができるよう、それぞ
れがその担い手として、子どもを見
守ります。子どもたち一人ひとりの
変化などに気を配り、関心を持ち続
けることがもっとも大切です。
Fly UP