...

東北地方におけるシバムギ(Agropyron repens(L.)Beauv.)

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

東北地方におけるシバムギ(Agropyron repens(L.)Beauv.)
東北農研研報 Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Tohoku Reg. 108, 63−71(2007)
63
東北地方におけるシバムギ(Agropyron repens(L.)Beauv.)
優占草地の牧草生産性、永続性および飼料成分
八木 隆徳*1)・目黒 良平*2)・福田 栄紀*3)
抄 録:東北地方に自生するシバムギ(Agropyron repens(L.)Beauv.)の収量性や永続性、栄養価
を調査し、シバムギの飼料特性を評価して畜産的に利用する際の基礎的知見を得ることを目的とした。
試験1ではシバムギ優占草地の生産量と永続性を採草条件と模擬放牧条件で刈り取り回数と施肥量を変
えて5年間調査した。試験2では採草条件、試験3では放牧条件において栄養価を他草種と比較した。
試験1の結果、年間乾物収量の5年間の平均は採草条件では976−1,311kg/10a、模擬放牧条件では
648−1,042kg/10aであった。シバムギは採草条件では純群落化し高い永続性を有すると考えられた。一
方、強度の高い放牧条件では減少し、ケンタッキーブルーグラスやシロクローバの割合が高まると推察
された。試験2では、シバムギの1番草は穂ばらみ期から結実期までの生育に伴う栄養価の低下が非常
に緩慢であり、結実期にはオーチャードグラスと同等以上の栄養価であることが示された。試験3では
シバムギのTDN含有率の年間平均は59%程度でペレニアルライグラスやオーチャードグラスより低い
ものの、リードカナリーグラスやケンタッキーブルーグラスより高い栄養価をもつ草種である傾向が示さ
れた。
シバムギは採草および肉用種繁殖牛の放牧用の草種として十分活用できる。
キーワード:シバムギ、収量、永続性、飼料成分、採草、放牧
Agronomic Performance of Quackgrass(Agropyron repens(L.)Beauv.)Dominant Grassland
in the Tohoku District in Japan:Takanori YAGI*1), Ryohei MEGURO*2)and Eiki FUKUDA*3)
Abstract:Quackgrass(Agropyron repens(L.)Beauv.)is considered to be a noxious weed in northern
Japan, and controlling its growth is difficult because of its aggressive spreading by rhizomes. We
conducted field experiments on quackgrass to determine its forage productivity, quality and nutritive
value for use as a forage crop. The mean annual dry matter yields during five years were 976−1,311
kgDM/10a on meadow and 648−1,042kgDM/10a on simulated pasture. The fluctuation of seasonal
productivity was small in comparison with other forage grasses. The persistency of quackgrass
dominance in meadows was very high; on the other hand, quackgrass coverage decreased gradually
in pastures. After the boot stage, the total digestible nutrients(TDN)and crude protein concentration
decreased. The rate of decrease in quackgrass was lower than that in orchardgrass. Quackgrass had
an annual average TDN concentration of 59%, which was higher than Kentucky bluegrass(Poa
pratensis L.)and reed canarygrass(Phalaris arundinacea L.)and lower than orchardgrass(Dactylis
glomerata L.)and perennial ryegrass(Lolium perenne L.)on grazing utilization.
Key Words:Quackgrass, Yield, Persistency, Feed composition, Meadow, Pasture
*1)現・北海道農業研究センター(National Agricultural Research Center for Hokkaido Region, Sapporo, Hokkaido,
062-8555)
*2)元・東北農業研究センター(Retired, National Agricultural Research Center for Tohoku Region, Morioka, Iwate,
020-0198)
*3)現・近畿中国四国農業研究センター(National Agricultural Research Center for Western Region, Oda, Shimane,
694-0013)
2007年3月22日受付、2007年10月4日受理
64
東北農業研究センター研究報告 第108号(2007)
Ⅰ
緒 言
究支援センター業務第2科の大平寛、井上義男(元
職員)、井上章太郎、狢澤信一、櫻静夫、熊谷栄策、
シバムギ(Agropyron repens(L.)P.Beauv.)は
野中俊夫、大森勇人の諸氏をはじめ当科諸氏には多
明治時代に牧草として北海道に導入されたが、生産
大のご支援を頂いた。また、日本短角研究チーム梨
性は低く家畜の嗜好性が劣るとみなされている。長
木守チーム長(現畜産草地研究所 企画管理部)に
田(1972)、加納ら(1995)は、シバムギは以前か
は本報告の御校閲を賜った。ここに記して、深謝す
ら北海道で広く分布していることを報告している。
る。
また、的場ら(1995)は東北地域の岩手、秋田、山
Ⅱ
形県内での発生を認め、清水ら(2001)は全国に分
材料と方法
1.試験1 地上部の乾物生産性と永続性
布していると報告しており、シバムギの分布が拡大
している可能性が考えられる。
供試草地は東北農業研究センター内(盛岡市下厨
シバムギはいったん定着すると、根絶が困難な草種
川、北緯39度45分、東経141度8分、標高167m、年
で(的場ら 1995)
、また、地下茎による栄養繁殖が旺
平均気温9.3℃、年間降水量1,541mm)の平坦な草
盛で(本江ら 1982)、チモシー(Phleum pratense
地において実施した。
L.
試験草地:供試草地(総面積約4ha)は1980-1986
以下TI)採草地に侵入したシバムギの耕種的防
除は困難であるとされている(手島ら 1996)。
年にオーチャードグラス( Dactylis glomerata L.
一方、利用の面からは、米国ミネソタ州で収量や
以下OG)、トールフェスク(Festuca arundinacea
飼料成分についてバイオタイプ間差を認めた報告
Schreb.)、ペレニアルライグラス(Lolium perenne
(Sheaffer et al. 1990)やヒツジによる嗜好性を調
L. 以下PR)
、ケンタッキーブルーグラス(Poa pratensis
査した例(Marten et al. 1987)、カナダにおいて栄
L.
以下KB)、シロクローバ(Trifolium repens L.
養価や肉牛の増体をTIと比較した報告(Martineau
以下WC)を順次播種して造成され、肉用種繁殖牛
et al. 1994)があるものの、国内におけるシバムギ
群の放牧が続けられてきた。放牧強度は年間600CD
の飼料利用についての研究はほとんど無い。しかし、
(成牛500kg換算)前後であった。年間施肥量は窒
生産現場では、シバムギをサイレージ利用したり、
素、リン酸、カリ各10kg/10aとし、複合肥料で施
TIと形態が類似しているためシバムギに置き換わ
用した。シバムギはこの草地へ1980年代末に侵入
ったことを知らずに利用を続けていることもある。
後、急速に分布を広げ1995年頃には優占した。この
また、放牧草地においてウシはシバムギを他の牧草
結果、本試験開始時にはシバムギ優占草地内に既存
と同様に食べていることが観察されており、飼料特
の播種草種及び播種していないリードカナリーグラ
性の評価が求められている。
ス(Phalaris arundinacea L. 以下RC)が局所的に
今後、草地更新率の低下に伴い老朽化草地が増加
点在する様相を示した。この放牧草地内に1995年の
し、シバムギの侵入を許し経年化とともに優占する
春に20m×40mの試験区を設け、牧柵で囲んで牛が
草地が増加することが予測される。加えて、防除や
入れないようにした。この試験区内に1区2m×3
更新を徹底することはコストや労働力の両面から困
mの処理区画を3反復で無作為に配置した。
難であることから、シバムギを排除するだけではな
く畜産的に利用する方策も検討する必要がある。
処理:地上部生産量と植生を1995年から1999年の
5年間調査した。施肥量と刈り取り回数を変え採草
そこで、本研究では東北地方に自生するシバムギ
条件と模擬放牧条件を設定した。なお、模擬放牧は
の収量性や永続性、栄養価を調査し、シバムギの飼
放牧を想定し、採草条件より施肥量を低減し、かつ
料特性を評価して畜産的に利用する際の基礎的知見
低刈りとした。刈り取り高さは採草は地際から
を得ることを目的とした。試験1ではシバムギ優占
10cm、模擬放牧は5cmの高さとした。年間刈り取り
草地の生産量と永続性を採草条件と模擬放牧条件で
回数は採草条件が2回(6月下旬と9月中旬)、3回
刈り取り回数と施肥量を変えて5年間調査した。試
(6月中旬、8月上旬と10月中旬)、4回(5月下旬、
験2では採草条件、試験3では放牧条件において栄
7月上旬、8月下旬と10月中旬)、模擬放牧条件が2
養価を他草種と比較した。
回(6月下旬と9月中旬)
、4回(5月中旬、6月中−
本研究の遂行にあたり、東北農業研究センター研
下旬、8月上旬と10月中旬)
、6回(5月中旬、6月中
八木ほか:東北地方におけるシバムギ(Agropyron repens(L.)Beauv.)優占草地の牧草生産性、永続性および飼料成分
65
旬、7月上旬、8月上旬、9月中旬と10月中旬)の各3
ムギ、OG、PR、KBおよびRCの各草種が優占して
水準を設けた。年間施肥量は採草条件と模擬放牧条
いる部分を無作為に各草種毎に3カ所選択し、高さ
件各3水準を設け、窒素成分で採草条件は10、17.5、
5cmで刈り取って分析用試料とした。全草種同日
25kg/10a、模擬放牧条件では0、5、10kg/10aとな
に刈り取った。分析はCP、NDF、ADF、OCW、
るように複合肥料(16−16−16)を施肥した。施肥配
Ob、OCC、Oaについて試験2と同様に行ない、
分は採草条件では4月に全体の半量、残量を最終刈
TDNも前述の推定式により推定した。
り取り以外の刈り取り後に均等に施肥した。模擬放
4.データ解析
牧条件では5kg区では4月に5kg/10a、10kg区では
試験1は各年次および5年間の平均値について繰
4月と6月に5kgずつ施肥した。調査は各処理区
り返し3の刈取り回数と施肥量の2元配置の分散分
画内を1m四方の方形枠を用いて植被率と各草種の
析を採草条件および模擬放牧条件それぞれに行っ
被度を調査後、枠内を刈り取り収量を求めた。枠外
た。なお、模擬放牧条件では2回刈りの値を除外し
は枠内の刈り取り終了後同じ刈り高さで刈り取った。
て4回刈りと6回刈りの値を用いて解析した。
2.試験2 採草条件下における生育ステージに
伴う飼料成分の変化
試験2は各成分の草種間差について刈取りステー
ジ毎に繰り返し3の平均値を用いてt検定を行った。
1番草の生育ステージに伴う飼料成分の変化を
試験3は各成分の年間平均値の草種間差につい
1998年に調査した。調査はシバムギと比較対照とし
て、繰り返し3の6ヶ月分で18個得られたデータの
て北東北地域の主幹草種であるOG(品種はキタミ
平均値を用いてScheffeの方法で多重検定を行った。
ドリ)について行った。分析用の試料はシバムギは
前述の試験1の禁牧区内の処理区画に隣接した部分
(面積約2a)から、OGは同供試草地近隣の単播採
草地(面積50a)内から、それぞれ無作為に3カ所
を選択し、地上10cmで刈り取った。
Ⅲ
結果と考察
1.試験1 地上部の乾物生産性と植生維持
1)地上部の乾物生産性
年間乾物収量を表1に示した。採草収量は5年間
各草種毎に穂ばらみ期、出穂期、開花期、結実期
の平均で976−1,311kg/10aの範囲にあり、年次変動
に刈り取り分析に供した。刈り取り日は各生育ステ
があるものの5年間を通じ維持傾向がみられた。5
ージの順にシバムギは6月6日、6月16日、6月27
年間の平均収量は刈り取り回数間には1%水準、施
日、7月16日、OGは5月16日、5月23日、6月1日、
肥量間で5%水準で有意差が認められた。交互作用
6月21日とした。各草地とも4月下旬の施肥量は窒
に有意差は認められなかった。施肥量が10−
素、リン酸、カリ各5kg/10aを複合肥料で施用した。
25kg/10aのいずれの水準でも3回刈りで最も高い
各試料は70℃24時間の通風乾燥後に粉砕し、1mm
メッシュの篩いを通して分析用試料とした。酵素分
収量が得られる傾向がみられた。
模擬放牧条件での乾物収量は3年目まで減少し以
画法により細胞壁物質(OCW)、低消化性繊維(Ob)
降は維持傾向がみられ、5年目は640−1,008kg/10a
を分画し、細胞内容物(OCC)および高消化性繊維
であった。5年間の平均収量は刈り取り回数間には
(Oa)を求めた。粗タンパク質(CP)
、中性デタージェ
有意差はみられないが、施肥量間には1%水準で有
ント繊維(NDF)、酸性デタージェント繊維(ADF)
意差が認められ施肥量が多い区ほど多収であった。
は定法により分析した(自給飼料品質評価研究会
有意ではないが、刈り取り回数が多いほど収量が低
2001)。湿式灰化後、Ca、Mg、Kは原子吸光法、P
下する傾向がみられた。
はバナドモリブデン酸法により含有率を求めた。可
東北地域における牧草の乾物収量の実態は450−
消化養分総量(TDN)は以下の推定式によって推定
750kg/10a程度であり、生産目標は採草地で750−
した(自給飼料品質評価研究会 2001)。
900kg/10a、放牧地で600−750kg/10aとされている
TDN = 0.674 ×(Occ+Oa)+ 0.217 × Ob + 18.53
3.試験3 放牧条件下における飼料成分の他草
種との比較
(農林水産省畜産局 1996)。また、東北地域での基
幹草種であるOG(品種ワセミドリ)の北東北にお
ける採草収量は840kg/10a(眞田ら 2006)という
試験1で述べた禁牧した試験区周囲の放牧地にお
報告がある。これらと栽培条件が異なるため厳密な
いて、1998年の5月から10月まで毎月上旬に、シバ
比較はできないが、今回得られたシバムギ優占草地
66
東北農業研究センター研究報告 第108号(2007)
Table 1 Total annual yield of quackgrass under meadow and simulated pasture conditions(Exp.1)
.
Meadow
Cutting
Fertilization
Simulated pasture
Cutting
Yield (kgDW/10a)
of a year
10a・year)
mean
of a year
2
10.0
1071 1315 1042
878 1176
1096
2
17.5
1059 1277 1023 1268 1130
25.0
1080 1426 1114 1323 1151
4
Significant
Yield(kgDW/10a)
frequency rate
(kgNPK/
frequency rate
(kgNPK/
3
Fertilization
'95
'96
'97
'98
'99
'97
'98
'99
0
1075 1175
'95
756
632
940
916
1151
5
1150 1247
982
825
1008
1042
1219
−
−
−
−
−
10a・year)
4
−
'96
−
mean
10.0
1250 1415 1089 1168 1226
1230
0
1026
749
616
781
751
785
17.5
1256 1405 1077 1370 1371
1296
5
1029
909
693
699
838
834
25.0
1223 1584 1267 1282 1200
1311
10
1157
975
820
855
821
926
1051
10.0
1241 1100
849 1050 1016
0
976
551
423
651
640
648
17.5
1132 1067
858
934
976
5
1025
764
614
899
715
803
25.0
1365 1238 1048 1227 1073
1190
10
1138
809
700
941
823
882
Cutting
Cutting
891
6
*
**
**
ns
**
**
ns
*
**
ns
ns
ns
differencea) Fertilization
ns
*
**
ns
ns
*
differenceb) Fertilization
*
*
**
ns
ns
**
Interaction
ns
ns
ns
ns
ns
ns
Interaction
ns
ns
ns
ns
ns
ns
Significant
a)*, **, ns:significant at P<0.05, P<0.01 and P>0.05 respectively by the Two-way ANOVA.
b):Analysis was done in four and six time cuttings without two cuttings.
Meadow
Harvest ratio(%)
70
60
50
40
30
20
10
0
60
50
40
30
20
10
0
Simulated pasture
70
60
50
40
30
20
10
0
2 cuttings
10kgN/10a
17.5kgN/10a
25kgN/10a
1st
2nd
2 cuttings
0kgN/10a
5kgN/10a
10kgN/10a
1st
2nd
50
3 cuttings
4 cuttings
40
30
20
10
1st
2nd
0
3rd
1st
2nd
3rd
4th
50
40
4 cuttings
40
30
30
20
20
10
10
0
1st
2nd
3rd
0
4th
6 cuttings
1st
2nd
3rd
4th
5th
6th
Harvest time
Fig. 1 Mean harvest ratio at each harvest time during five years(Exp.1)
の収量は採草および模擬放牧いずれの条件でも生産
かとなった。
目標や他の試験結果を上回る値が得られたことか
刈り取り時期別の収量割合を5年間の平均値で図1
ら、生産性はそれほど低いものではないことが明ら
に示した。採草条件では施肥量間差は小さかった。
八木ほか:東北地方におけるシバムギ(Agropyron repens(L.)Beauv.)優占草地の牧草生産性、永続性および飼料成分
67
Table 2 Changes in the coverage of quackgrass, Kentucky bluegrass, white clover, and other species in
meadows during five years(Exp.2)
.
Cutting
Fertilization
Quackgrass
Kentucky bluegrass
White clover
Others
frequency rate
(kgNPK/
of a year
2
3
4
10a・year)
'95
'96
'97
'98
'99
'95
'96
'97
'98
'99
'95
'96
'97
'98
'99
'95
'96
'97
'98
'99
10.0
100 100 100 100
94
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
2
0
0
17.5
100 100 100 100
95
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
25.0
100 100 100 100
96
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
10.0
100 100
98
90
1
1
6
2
1
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
17.5
100 100 100 100
99
88
0
0
6
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
25.0
100 100 100 100
95
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
10.0
100
99
95
96
91
0
0
5
4
20
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
17.5
100
99
97
99
89
1
1
2
1
5
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
25.0
100 100
99 100
91
1
1
1
0
3
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
The number shows the mean value during a year.
unit: %
Table 3 Changes in the coverage of quackgrass, Kentucky bluegrass, white clover, and other species in
simulated pastures during five years(Exp.2)
.
Cutting
Fertilization
Quackgrass
Kentucky bluegrass
White clover
Others
frequency rate
(kgNPK/
of a year
10a・year)
'95
'96
'97
'98
'99
'95
'96
'97
'98
'99
'95
'96
'97
'98
'99
'95
'96
'97
'98
'99
2
0
100
95
93
65
58
4
5
3
12
7
0
5
3
8
5
0
5
3
13
13
5
100 100
99
95
83
1
0
1
5
6
0
0
1
3
0
0
0
1
0
2
0
100
91
69
46
30
3
9
17
16
31
0
0
11
29
6
0
4
1
8
25
5
100
90
83
69
38
4
10
15
26
26
0
0
2
12
22
0
5
1
12
10
10
100
97
93
86
64
5
4
8
3
25
0
0
0
3
4
0
1
0
2
4
0
100
85
44
36
17
6
14
40
36
21
0
0
9
16
32
0
0
2
5
15
5
100
78
58
29
22
9
19
35
41
37
0
1
8
14
20
0
1
2
3
7
10
100
93
78
48
36
1
6
17
37
36
0
0
3
11
11
0
1
2
3
7
4
6
The number shows the mean value during a year.
unit: %
採草2回刈りでは1番草と2番草の収量比率は約
は春夏秋(各5−6月、7−8月、9−10月)それぞ
60−40%であった。採草利用で年間2回刈りでは
れ約40−30−30%であった。これまでに、季節別割
TIが想定されるが、吉澤ら(2005)はTI(品種な
合はOG(品種ワセミドリ)では36−47−18%(眞
つさかり)の収量比率を調べた結果、75−25%と報
田ら 2006)
、TI(品種ホクシュウ)では58−19−22%
告している。よって、シバムギはTIほど1番草の
(吉澤ら 2005)、KBでは48−29−24%程度(須藤
割合が高くないといえる。また、シバムギの4回刈
ら 2003)であることが示されている。シバムギは
りでは約40−25−15−20%であったが、眞田ら
これらの草種と比較すると、多回刈り条件における
(2006)は、OG(品種ワセミドリ)の4回刈りは
35−30−25−10%であると報告している。この報告
と比較すると、シバムギは1番草及び4番草の割合
が高いといえる。
季節生産性の変動が穏やかであると考えられる。
2)植生の変化
採草条件下における各草種の年間平均被度の5年
間の推移を表2に示した。採草条件では全ての処理
模擬放牧条件下における6回刈りの各番草割合は
区においてシバムギ被度は95%以上を4年間維持
10−27%の範囲にあり、施肥処理こみで季節別割合
し、裸地の発生はみられなかった。5年目に数%低
68
東北農業研究センター研究報告 第108号(2007)
下したが、これは試験地の8月の平均日最高気温が
が確認されており(梨木ら 2005)、本試験におけ
30.5℃で平年値の28.1℃を2.4℃も上回った(気象庁
る多回刈り条件ではシバムギが衰退しKBが増加す
2007)こと、また、日最高気温が30℃を超える日が
ることが確かめられた。また、WCも徐々に被度を
20日もあった猛暑により夏枯れが発生したことが被
増やす傾向にあり、施肥量が少ないほどその増加程
度低下の主な原因であり、平年の気象条件であれば
度が大きかった。したがって、シバムギを放牧利用
この低下は非常に少ないものと考えられる。
する際には、年間2回程度の粗放な利用であれば安
模擬放牧条件下における各草種の年間平均被度の
定的に利用できるものの、集約放牧のような頻繁な
5年間の推移を表3に示した。試験開始後5年目の
利用を継続すると、シバムギは減少しKBやWCな
シバムギ年間平均被度は2回刈りでは他草種を圧倒
どの放牧耐性のより高い草種が増えることが考えら
していたが、6回刈りでは40%を下回るレベルにま
れる。
で低下し、KB被度と並んだ。これは頻度の高い利
以上から、シバムギの被度は利用強度に大きく影
用を継続するとKBが増加するという報告(岡本ら
響を受けることが明らかとなった。シバムギは多肥
1987、出口ら 1992、高橋ら 1995)と一致する。
低利用強度の採草条件では純群落化し、高い永続性
また、シバムギとKBが混在する草地を輪換放牧利
を有すると考えられた。一方、低施肥高利用強度の
用(6−9回利用/年)すると、KBが増加すること
放牧条件ではKBやWCとの競合関係の結果、シバ
65
a)
**
TDN
Quackgrass
Orchardgrass
*
60
CP
18
16
14
12
55
*
10
8
50
Concentration(%DM)
6
4
45
2
0
40
75
45
NDF
ADF
**
70
**
40
65
*
60
35
55
30
50
25
45
40
20
Boot
Heading Blooming Seed setting
Boot
Heading Blooming Seed setting
Maturity stage b)
Fig. 2 Changes in the total digestible nutrients(TDN)
, crude protein(CP)
, neutral detergent fiber(NDF)
,
and acid detergent fiber(ADF)contents of quackgrass and orchadgrass with maturity stage(Exp. 2)
a)*, ** significant at p<0.05 and p<0.01, respectively by t-test.
b)Maturity dates were June 6, June 16, June 27, and July 16 on quackgrass and May 16, May 23, June 1, and
June 21 on orchardgrass in 1998.
八木ほか:東北地方におけるシバムギ(Agropyron repens(L.)Beauv.)優占草地の牧草生産性、永続性および飼料成分
69
ムギは徐々に減少し、KBやWCを主体とする植生
分を示した。シバムギのTDN含有率は56.5−62.6%
に変化することが推察された。
の範囲にあり年間平均は59.2%で、搾乳牛や育成牛
2.試験2 採草条件下における生育ステージに
伴う飼料成分の変化
を飼養するには不足するが、肉用種繁殖牛の維持に
必要とされる50%(農林水産省農林水産技術会議事
1番草の生育ステージに伴う飼料成分の変化を図2
務局 1999、2000)を超えていた。シバムギの
に示した。TDN含有率は、穂ばらみ期でシバムギ
TDN含有率を他草種と比較すると、有意差はみら
は56%、OGは63%でOGが有意に高かった(P<0.01)。
れないが、OGやPRより低く、RCやKBに比べて高
その後、両草種とも生育に伴いTDN含有率は低下
い傾向にあった。CP含有率は20.2−28.7%の範囲に
したが、その低下の程度は草種で異なり、結実期で
あり、春から秋にかけて徐々に高まる季節的推移を
はシバムギは54%、OGは52%となりシバムギの方
示し、年間平均含有率は23.1%で他草種に比べ高い
が高くなった(P<0.05)。CP含有率をみると、穂ば
傾向にあった。シバムギのCP含有率はTIに比べ高
らみ期においてシバムギは17%、OGは16%で、両
いことが海外で報告されており(Christen et al.
草種ともその後生育に伴い徐々に低下し、結実期に
1990)、東北に自生しているシバムギもCP含有率が
はシバムギは9%、OGは8%程度となった。両草
高い傾向がみられることが確認された。シバムギの
種間に有意差は認められなかった。難消化性成分で
NDF含有率は48.4−58.4%で夏期に増加する傾向が
あるNDF含有率およびADF含有率は両草種とも増
みられ、年間平均は53.1%であった。これはKBよ
加する傾向にあった。NDF含有率の穂ばらみ期か
り低く(P<0.05)、OGやPRと同程度であった。
ら結実期までの変化はシバムギで61%から63%、
ミネラル成分であるCaおよびMgのシバムギの年
OGで54%から69%、ADF含有率の変化はシバムギ
間平均含有率は各0.23、0.13%で、どちらも供試草
で36%から37%、OGで30%から41%となり、TDN
種の中で最も低い傾向を示した。PとK含有率につ
含有率と同様にシバムギの変化は非常に小さいもの
いては顕著な草種間差はみられなかった。シバムギ
であった。
のK/( Ca+Mg)当量比は3.96−5.05の範囲にあり、
1番草の生育に伴う in vitro 消化率の低下はOG
では1日あたり0.68−0.72ポイント、TIでは0.50−
0.55ポイントと報告されている(大原1976)。また、
年間平均で4.18で他草種と比べ有意に高かった
(P<0.05)。
以上から、シバムギを放牧利用した場合の飼料成
TIのTDN含有率は5月30日から7月9日までの40
分を他草種と比較すると、TDN含有率は60%前後
日間で約14ポイント低下することが報告されている
で中程度であり、CP含有率とK/(Ca+Mg)当量比
(近藤ら 1997)が、これらと比較すると、シバム
が高いという特徴を有するといえる。なお、グラス
ギは穂ばらみ期から結実期(6月6日から7月16日)
テタニー予防の点からK/( Ca+Mg)当量比の基準
までの40日間でのTDN含有率の低下はわずか2ポイ
値は2.2以下とされている(農林水産省農林水産技
ント程度であり、生育に伴う栄養価の低下が非常に
術会議事務局 1999)。現状ではグラステタニーの
緩慢であることが特徴的であった。一方、シバムギ
発症はみていないが、この数値に近づけるためには
は穂ばらみ期でのTDN及びNDF含有率は各56%、
CaとMgの散布及びカリ施肥量の低減を行なうこと
61%であり、これはOGの開花期から結実期の水準
が考えられる。
に等しかった。このことから、シバムギは早刈りを
4.ま と め
行なってもTDN含有率が65%を超える高品質な飼
本試験ではシバムギ優占草地の牧草生産性、永続
料にはならないと考えられた。
性および飼料成分について採草条件、模擬放牧条件
以上から、採草利用を想定した場合、シバムギは
と放牧条件において検討した。採草条件では収量が
早刈りしても栄養価の改善は期待できないが、遅刈
高く、植生維持に優れ、また、飼料成分ではTDN
りせざるを得ないような立地条件においてはOGよ
が55%程度で、特に生育に伴う飼料品質の劣化が緩
り良質の粗飼料源となる可能性がある。
慢であるといえる。一方、模擬放牧条件では乾物収
3.試験3 放牧条件下における飼料成分の他草
種との比較
表4に放牧草地における各草種の時期別の飼料成
量は5年目で640−1,008kg/10a確保でき、低利用強
度条件で植生維持が可能であった。放牧条件での飼
料成分はCP含有率が高く、TDN含有率は他種牧草
70
東北農業研究センター研究報告 第108号(2007)
Table 4 Seasonal changes in the total digestible nutrients(TDN)
, crude protein(CP)
, neutral detergent
fiber(NDF)
, macromineral concentrations, and equivarence ratios in pasture(Exp. 3)
.
QG
OG
PR
RC
KB
TDN
May
62.6
63.7
65.0
60.3
58.5
Ca
(%DM)
June
57.6
62.7
62.7
56.0
55.2
(%DM)
June
0.26
0.24
0.48
0.29
0.32
July
56.5
59.4
55.5
54.5
54.6
July
0.22
0.32
0.55
0.26
0.28
Aug.
57.1
61.8
62.5
58.5
65.4
Aug.
0.21
0.27
0.56
0.23
0.31
Sep.
59.9
60.3
61.9
58.2
57.5
Sep.
0.24
0.33
0.58
0.31
0.30
Oct.
60.7
62.2
62.5
59.9
58.0
Oct.
0.24
0.34
0.58
0.34
0.35
61.7 a
61.7 a
57.8 bc
58.2 bc
mean
0.23 c
0.29 bc
0.53 a
0.29 bc
0.31 b
1.7
3.3
sd
0.03
0.06
0.09
0.06
0.06
meana) 59.2 ab
sd
2.5
2.4
May
3.7
QG
OG
PR
RC
KB
0.24
0.21
0.40
0.27
0.29
CP
May
20.9
17.4
22.1
18.5
17.4
Mg
May
0.10
0.18
0.25
0.15
0.21
(%DM)
June
20.2
15.5
18.2
19.8
17.0
(%DM)
June
0.12
0.21
0.26
0.17
0.23
July
21.3
19.2
22.9
20.4
20.9
July
0.14
0.28
0.32
0.21
0.23
Aug.
21.7
19.8
23.1
19.2
22.6
Aug.
0.12
0.26
0.32
0.16
0.21
Sep.
25.9
21.1
24.2
23.1
23.0
Sep.
0.14
0.31
0.37
0.22
0.25
Oct.
28.7
23.1
24.0
26.1
24.9
Oct.
0.14
0.31
0.35
0.24
0.28
mean
23.1 a
19.4 b
22.4 ab
21.2 ab
21.0 ab
mean
0.13 d
0.26 b
0.31 a
0.19 c
0.24 bc
3.2
2.8
sd
0.02
0.06
0.05
0.04
0.05
sd
2.4
3.7
3.2
NDF
May
50.6
51.8
47.4
54.4
59.2
(%DM)
June
57.0
52.8
51.8
58.6
61.8
July
58.4
56.6
56.4
60.8
Aug.
57.1
51.7
49.0
55.0
Sep.
49.9
52.3
51.4
Oct.
48.4
49.9
mean
53.1 b
4.5
sd
K
May
3.18
3.03
3.39
2.84
2.29
June
3.63
4.45
4.84
3.32
2.44
61.5
July
3.45
3.83
3.35
2.72
2.73
50.2
Aug.
3.16
3.92
3.12
2.50
2.68
53.2
58.7
Sep.
4.62
3.70
3.92
3.58
2.93
50.1
47.5
56.5
Oct.
3.58
3.21
3.73
3.98
3.23
52.5 b
51.0 b
55.3 ab
58.0 a
mean
3.60 a
3.69 a
3.72 a
3.16 ab
2.72 b
2.8
3.4
4.7
4.6
sd
0.71
0.73
0.83
0.62
0.47
(%DM)
P
May
0.31
0.30
0.41
0.29
0.38
May
3.96
3.10
2.13
2.87
1.88
(%DM)
June
0.33
0.30
0.35
0.32
0.36
(Ca+Mg) June
K/
4.04
3.85
2.70
3.07
1.85
July
0.45
0.38
0.39
0.31
0.37
July
4.06
2.53
1.55
2.33
2.12
Aug.
0.39
0.29
0.30
0.31
0.28
Aug.
3.98
2.97
1.47
2.66
2.18
Sep.
0.42
0.31
0.31
0.34
0.36
Sep.
5.05
2.28
1.69
2.70
2.16
Oct.
0.35
0.34
0.31
0.35
0.38
Oct.
3.92
1.98
1.67
2.79
2.05
mean
0.38 a
0.32 a
0.34 a
0.32 a
0.35 a
mean
4.18 a
2.78 b
1.87 c
2.74 b
2.04 c
sd
0.08
0.06
0.06
0.04
0.06
sd
0.86
0.87
0.54
0.47
0.46
QG:quackgrass, OG:orchardgrass, PR:perennial ryegrass, RC:reed canarygrass, KB:Kentucky bluegrass.
a):The significant differences are shown by different letters on each group by the Scheffe's test(P<0.05)
.
と比較して中程度であった。
以上のことから東北北部に自生しているシバムギ
は、採草用としてはあまり高品質ではないものの、
引 用 文 献
1)Christen, A. M.; Seoane, J. R.; Leroux, G. D.
刈り遅れた場合の品質低下が小さいため、集約的な
1990. The nutritive value for sheep of quack-
管理が困難な立地条件での活用が望ましい。また、
grass and timothy hays harvested at two stages
放牧利用の場合は強い放牧強度で利用すると衰退す
of growth. J. Anim. Sci. 68:3350-3359.
るため、放牧強度が比較的低い肉用種繁殖牛向けの
2)出口健三郎, 澤田嘉昭, 佐藤尚親.1992.単播
放牧用草種として十分利用できるといえ、今後の活
および混播条件における地下茎型イネ科牧草の
用が期待される。
植生推移.北草研報 26:136-139.
今後はシバムギ優占草地の家畜生産性の評価も必
要である。
3)本江昭夫, 岩橋信也.1982.多年生イネ科雑草
シバムギ・ナガハグサ・コヌカグサにおける地
八木ほか:東北地方におけるシバムギ(Agropyron repens(L.)Beauv.)優占草地の牧草生産性、永続性および飼料成分
下茎の拡散能力.雑草研究 27:98-102.
4)自給飼料品質評価研究会(編)2001.改訂粗飼
71
15)岡本恭二, 菊池武昭, 富井光一, 両角清一, 嶋村匡
俊, 圓通茂喜, 阿部幹夫, 山田 豊, 牛山正昭.
料の品質評価ガイドブック.日本草地畜産種子
1987.傾斜永年放牧草地:ケンタッキーブルー
協会.p.5-16.
グラス優占植生における草生産量と黒毛和種繁
5)加納春平, 手島茂樹, 高橋 俊.1995.北海道の
草地, 飼料畑における主な帰化雑草の分布.北
草研報 29:39-43.
6)気象庁.2007.気象統計情報.
http://www.data.kishou.go.jp/(引用日2007.
01. 10)
7)近藤恒夫, 大下友子, 久馬 忠, 嶝野英子, 村井勝.
殖牛の牧養力.日草誌 33(別):166-167.
16)大原益博.1976.数種牧草の1, 2及び3番草
の生育に伴うin vitro 乾物消化率と粗蛋白質含
量の推移.新得畜試研報.7:55-62.
17)長田武生.1972.日本帰化植物図鑑.北隆館.
p.199.
18)眞田康治, 高井智之, 中山貞夫, 山田敏彦, 水野和
1997.北東北におけるチモシー(Phleum pratense
彦, 大同久明, 田村健一.2006.オーチャードグ
L.)の刈り取り日と乾草の栄養価との関係.日
ラス新品種「はるねみどり」の育成とその特性.
草誌 43:168-170.
北農研報 185:13-31.
8)Marten, G. C.; Sheffer, C. C.; Wyse, D. L. 1987.
19)Sheaffer, C. C.; Wyse, D. L.; Marten, G. C.;
Forage nutritive value and palatability of
Westra, P. H. 1990. The potential of quack-
perennial weeds. Agron . J. 79:980-986.
grass for forage production. J. Prod. Agri . 3:
9)Martineau, Y.; Leroux, G. D.; Seoane, J. R. 1994.
Forage quality, productivity and feeding value
to beef cattle of quackgrass(Elytrigia repens
256-259.
20)清水矩宏, 森田弘彦, 廣田伸七.2001.日本帰化
植物図鑑.全国農村教育協会.p.416.
(L.)
Nevski)compared with timothy(Phleum
21)須藤賢司, 小川恭男, 池田哲也, 落合一彦, 梅村和
pratense L.)
. Anim. Feed Sci. and Tech. 47:
弘.2003.北海道におけるナガハグサ型草地の
53-60.
種組成と生産量.畜産草地研究所資料 平成
10)的場和弘, 橘 雅明, 伊藤一幸, 田村良文, 伏見昭
秀.1995.東北における帰化種を中心とした雑
草の発生状況.日草誌 41(別):81-82.
11)梨木 守, 成田大展, 東山由美, 菅野 勉, 目黒良
平.2005.北東北地域におけるケンタッキーブ
ルーグラス優占草地の輪換放牧条件下での牧養
力.日草誌 51:27-33.
12)農林水産省農林水産技術会議事務局.1999.日
本飼養標準乳牛(1999年版).p.4-98.
13)農林水産省農林水産技術会議事務局.2000.日
本飼養標準肉用牛(2000年版).p.4-88.
14)農林水産省畜産局.1996.草地管理指標 ― 草地
の維持管理編 ―.日本草地協会.p.10-13.
14-8
草地の動態に関する研究(第6次中間報
告)
.つくば.畜産草地研究所.p.69-74.
22)高橋 俊, 名田陽一, 佐藤康夫, 加納春平, 手島茂
樹.1995.草地利用法の変換による植生制御.
北農試研報 161:47-56.
23)手島茂樹, 小川恭男, 三枝俊哉.1999.牧草地内
に侵入したシバムギの耕種的防除法に関する研
究 第4報.日草誌 45(別):84-85.
24)吉澤 晃, 下小路英男, 古谷政道, 藤井弘毅, 佐藤
公一, 玉置宏之, 鳥越昌隆, 中住晴彦, 川村公一.
2005.チモシー新品種「なつさかり」の育成.
北海道立農業試験場集報 88:37-47.
Fly UP