...

カリウム

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

カリウム
カリウム
栄養素シリーズ
【 カリウムは細胞内外の物質交換や水分調整を行います 】
カリウムは、細胞内液に多く含まれており、ナトリウムと対抗しつつ相補的に働いて筋肉
や神経の働きを正常に保つのに必要なミネラルです。
ナトリウムとともに細胞内外の物質交換や水分調整を行います。血圧上昇の抑制や筋肉
の収縮の円滑化に関与し、糖代謝(インシュリンの合成に不可欠)と蛋白代謝(蛋白合成に
必要)になくてはならない大事なミネラルです。
不足すると筋肉の収縮、弛緩がうまくいかなくなり、脱力感が生まれます。主な症状とし
て、血圧の上昇、脳卒中、食欲不振、便秘、手足のしびれ、けいれんが起こるなどがあります。
【 カリウムの多い食品 】
244.4
た ら (生)
235
キ ャ ベ ツ
アスパラガス
230
ト マ ト
230
225
しらす干し
215
220
225
230
235
240
※可食部(食べられる部分)100g中に含む量
245
単位:mg
カリウムの多い食品は、上記の食品のほか、「ベーコン」、「ぶり」 、「さば」 、「さつま揚げ」な
どがあります。
成人 1日あたりの摂取量は、 ◆男性 2000mg
◆女性 2000mg を目安に摂
取を心がけましょう。
健康な人は、特に摂取量に上限はありませんが、腎臓や副腎の機能障害のある人が過剰
摂取した場合、尿中へのカリウム排泄量が減少し、血漿カリウム濃度が上昇して高カリウム
血症をおこし、徐脈、不整脈など心臓の症状があらわれ、血圧が低下し、ついには心拍動停
止をおこす危険がありますので注意しましょう。
Iryo03-03
Fly UP