...

Fisによる環境計測とコンテンツ

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Fisによる環境計測とコンテンツ
Fis による環境計測とコンテンツ
Fis による環境計測とコンテンツ
Environmental Monitoring System with Fis and its Contents
田 代 亨 *1
市 川 商二郎 *1
TASHIRO Toru
ICHIKAWA Shoujirou
多機能変換器 Fis
(Field Information Server)は,気温・風向風速・雨量や河川水位・水質などの環境計測デー
タを収集し,多様な通信プロトコルでデータを提供する。外部からは,インターネット等のネットワークを通
じて環境計測データを閲覧でき,遠隔地からの機器の設定,故障診断も可能である。
さらに,Fis 用情報統合表示パッケージソフトウエア Fis.View を組み合わせることで,河川,農業,道路等
の様々な環境計測に応用できる。本稿では,典型的な例として,ダム向け雨量計測・遠隔伝送システム,競馬
場向け環境統合計測システム,積雪寒冷地向け路面状態予測システムの 3 例を紹介する。
Field information server “Fis” acquires various environmental data such as air temperature, wind
speed and wind direction, precipitation, river water level and water quality, and then provides the data
in various protocols. Users can browse the environmental data from anywhere via Internet networks,
and also can remotely set and control Fis along with performing failure diagnosis.
Moreover, with “Fis.View” the information integrating function dedicated for Fis, the combination of
Fis and Fis.View can increase the applicability of Fis system for environmental measurements of various
field data covering hydrological and meteorological observation.
This paper describes three typical applications such as rainfall measurement and remote transmission
system for dam site, integrated environmental measurement system for horse tracks and road condition
forecast system for cold regions with snowfall and freezing temperature.
1.
は じ め に
ローバル化・リアルタイム性が求められている。
Fis(Field Information Server)
は,この要求に応える
従来の環境計測システムは,観測現地での直接データ
べく開発した環境計測装置で,各種環境センサの計測
確認・設定が基本であり,遠隔地での確認については,公
データや画像情報を収集するとともに,これらのデータ
衆回線を使い観測局と観測現地を 1 対 1 または 1 対 N で
をインターネット,イントラネットを通じてリアルタイ
接続してのデータ通信がほとんどであった。このため,
ムに提供することができる。また,リモートでの故障診
「限られた時間,限られた場所,限られた人」
にしか情報
断やインターネットメールで機器異常や観測データ警報
が提供されず,これを活用する人,活用できる分野が非
を通知することができる。ここでは,
「環境計測とコンテ
常に狭いものであった。
ンツ」をキーワードに,Fis と Fis.View の組み合わせで
一方「IT
,
革命」による,近年のネットワーク技術の進
歩はめざましく,インターネットを通じて
「いつでも,ど
こでも,だれにでも」情報を伝えることができ,オンラ
インでのリモート監視も可能となってきている。また,
21世紀は環境の世紀と呼ばれており,地球環境をめぐる
納入したシステムと,現在開発検討中のシステムの 3 例
を紹介する。
2.
ダム向け雨量計測・遠隔伝送システム
(1)システム概要
問題は,人間の生活や企業・社会の発展に密接に関わる
本システムは,「国土交通省Yダム工事事務所」
の雨
問題として,クローズアップされてきている。このよう
量観測局データを集中管理することを目的として開
な状況において,大気や河川などに関する環境情報は,
発した。複数観測局の雨量観測データを収集し,画
我々の生活に無くてはならない重要な情報であり,グ
面表示および警報処理を行う。また,収集したデー
タは,国土交通省のイントラネットを経由して,国
*1 横河電子機器株式会社
21
土交通省ダム統合管理所
(以降,ダム統管という)
に
横河技報 Vol.47 No.2 (2003)
63
Fis による環境計測とコンテンツ
イントラネット
(Web配信)
ダム監視局
国土交通省
ダム統合管理事務所
プリンタ
Fis.View
ISDN回線
雨量観測局A
雨量計
Fis
雨量観測局B
雨量計
Fis
雨量観測局C
雨量計
Fis
図 1 ダム向け雨量計測・遠隔伝送システム構成
設置された水文水質データベースに入力され,全国
警報機能により,自動で警戒雨量に達したことを把
の端末でデータを表示させることができる。
握できるとともに,警戒時の雨量データの正確な観
測が可能となり,ダム管理の高度化に向けての有効
(2)基本構成・機能
図1に,本システムの基本構成を示す。本システムは,
な支援システムとなっている。
1つのダム監視局と3つの雨量観測局から成り,監視
さらに,1時間または30分毎に収集したデータは,全
局に Fis.View,各観測局に Fis が設置されて,NTT
てダム統管の水文水質データベースに送られ,関東
ISDN回線で接続される。各観測局では常時,10分間
各地の工事事務所等で観測された雨量データと同様
降水量,時間降水量,日降水量,累積雨量,降り始め
に,データベースで管理され,ダム関連データの一
日付時間等の雨量データを測定している。監視局で
元管理が可能となった。
は,1時間毎に3局の雨量データを収集し,リアルタ
イム表示,データ表,グラフの作成,印字などの処理
を行う。また,監視局で収集したデータは,国土交通
省のイントラネットを介してダム統管に送信する。
(3)特長
3.
競馬場向け環境統合計測システム
(1)システム概要
競馬場において,コースの管理とレース開催の判断,
レースの実況管理
(レース時の気象条件,コース条件
本システムでは,3観測局のデータを1画面で比較表
の管理)
は重要である。精度の良い気象情報,気象状
示するとともに,当日を基準にして,2日分のデータ
況の推移及び過去からの気象情報のデータベースを
を一覧表示できる。図 2 に,雨量データ監視画面を
提供することで,競馬場維持管理の高度化を図るこ
示す。雨量データ監視画面は,顧客から特に要求の
とができる。
あった画面で,一目で 3 観測局の雨量データや警報
状態を把握できるとともに,任意に表示データを印
字することで,警報状態での雨量データの記録が可
能となった。
また,いずれかの観測局の時間雨量が警戒値を超え
た場合は,収集間隔を通常の1時間から30分に自動
変更して,雨量データを観測する。(収集間隔 30 分
の解除は,時間雨量の降り終わり判断時間後に,自
動的に 1 時間に復帰する。
)また,これらの判断に使
用する雨量の警戒値を任意に設定変更できる。この
64
横河技報 Vol.47 No.2 (2003)
図 2 雨量データ監視画面
22
Fis による環境計測とコンテンツ
である。また,文字の色や大きさ,
データの更新周期や前回値比較の
一致の定義(不感帯の範囲定義)
が
事務所
15インチ表示器
17インチ表示器
設定でき,設置場所毎の用途や使
詰 所
用者の好みにあった画面の構築が
全国
JRA競馬場
プリンタ
容易となった。
収集した気象データはデータベー
Fis.View
イントラネット
(Web配信)
雨量計
気圧計
スで管理され,グラフ表示で気象
状況の推移を把握できるとともに,
帳票作成・印字で記録管理を行う
ADSL回線
ことで,競馬場維持管理の高度化
に向けて,有効な支援システムと
なっている。
露 場
4.
温湿度計
積雪寒冷地向け路面状態予測シ
ステム
(1)システム概要
積雪寒冷地において,交通安全確
風向風速計
日射計
温度計感部
(地温)
保や除雪などの道路維持における
コスト低減,凍結抑制剤による環
境問題対策は重要な課題である。
図 3 競馬場向け環境統合計測システム構成
本システムは,当社で開発中の路
本システムは,競馬場の雨量,風向風速,温湿度,気
面状態予測手法を有効に活用した道路向けシステム
圧などの気象データを収集し,リアルタイム表示,
の一例で,精度の良い路面状態予測情報を提供する
気象推移表示,警報処理を行う。また,収集したデー
ことで,道路維持管理の高度化を目指している。現
タは,イントラネットを経由して,全国の競馬場に
地観測局の気象データ,道路データを元に,それぞ
配信され,全国の端末でデータを表示させることが
れの地域の路面状態を予測するとともに,インター
できる。
(2)基本構成・機能
ネット等を通じてこれらの情報を発信する。
(2)基本構成・機能
図 3 に,本システムの基本構成を示す。本システム
図 5 は,本システムのイメージ図である。本システ
は,1つの詰所,1つの事務所と1つの露場から成り,
ムは,1つの中央局と,複数の気象観測局
(気象観測
詰所に Fis.View と 15 インチ表示器,事務所に 17 イ
局は相関性の高い地域毎に 1 カ所)
から構成される。
ンチ表示器,露場にFisが設置されて,NTT ADSL
現地の観測局に,雨量や風向風速,気温,視程など
専用回線で接続されている。露場では常時,日雨量,
の気象センサ,路温やトラフィックカウンタなどの
風向風速,気圧,温湿度,地温,日射データを観測
しており,詰所では5分毎にデータを収集している。
また,収集したデータを詰所,事務所でリアルタイ
ム表示,前回値比較表示,週間データ表示,グラ
フィック表示するとともに,イントラネットを介し
て他の競馬場に配信する。
(3)特長
本システムでは,リアルタイムデータ,前回値比較,
週間データを表示器の画面に一括表示するが,これ
にグラフィック表示を組み合わせることで,一目で
気象状況の推移の把握が可能となった。図 4 に,表
示器の気象観測実況画面を示す。画面は最大 4 フ
レームで構成され,各フレームの表示/非表示の指
定や表示要素,フレームの大きさを任意に設定可能
23
図 4 気象観測実況画面
横河技報 Vol.47 No.2 (2003)
65
Fis による環境計測とコンテンツ
風向風速計
Web対応
CCTVカメラ
日射計 日照計
気温・湿度計
雨雪量計
積雪深計
現地観測局
路面温度計
降水種類センサ
Fis
トラフィックカウンター
で交通量計測
中央局
予測データ
埋設型路温センサ
管理事務所
図 5 積雪寒冷地向け路面状態予測システム構成
道路観測センサ及びWeb対応カメラを設置し,これ
②凍結抑制剤散布管理システム
らのデータを Fis で観測する。現地観測局と中央局
凍結抑制剤を高濃度で多数回散布すると,植物などの
とは N T T の専用回線や国土交通省の光ファイバ
環境に大きな影響を与えることがわかってきている。
ネットワークで結ばれている。中央局のFis.Viewで
本システムを活用することにより,過剰な散布が防止
は,毎時現地観測局のデータを収集し,データベー
できるとともに,効果的散布のタイミングを支援する
スで管理される。さらに,データベース内の過去
ことで,自動散布への展開も可能となる。
データと,現在データを基に 3 時間先までの短期路
面状態の予測を行い,リアルタイムの気象データや
道路データ,画像とともに,予測データをインター
ネットや電子メールで情報発信する。
(3)活用事例
3.
お わ り に
Fis の豊富な機能に,独自の予測手法や運行管理,監
視・表示などの付加価値を加えることで,多くのサービ
スが提供できる。今回は,ダム,競馬場,道路向けシス
積雪寒冷地の冬季道路では,スパイクタイヤからス
テムを紹介したが,この他にも,農業向け作物育成シス
タッドレスタイヤへの展開により,非常に滑りやす
テムや霜発生予測システム,水位・雨量防災システム,河
い路面が発生し易いため,渋滞や事故が増加してお
川情報システム,樋門監視システム,消防向け火災警報
り,この対策を国家プロジェクトで研究・開発中で
システム等,様々な分野への展開が期待できる。
ある。本システムを活用することで,様々な方面で
今後はこれらの分野に向けて,豊富な気象センサとFis
管理の高度化が可能となる。主な事例を,以下に示
の機能を有効に活用して,より高度な Fis システムを提
す。
供していきたい。
① 除雪機械統合管理システム
本システムと,GPS及び当社製非接触移動体通信シス
テムのカードと,リーダ/ライタを利用した車両位置
確認装置を組み合わせることで,除雪作業の迅速化,
効率的運用を目的とした除雪機械統合管理システムの
構築が可能となる。複数除雪車の位置を把握するとと
参 考 文 献
(1)山田博,
“フィールド・コンテンツ on Web”
,横河技報,2000年,
vol. 44,no. 4,p. 177-184
(2)内田護他,“Web による路面状態判別・予測システム”
,横河技
報,2000 年,vol. 44,no. 4,p. 197-200
もに,管理区域の気象・道路情報と路面予測情報を入
力し,道路監視画面の表示により,除雪機械の効率良
い運行管理が可能となる。
66
横河技報 Vol.47 No.2 (2003)
24
Fly UP