...

富士北麓駐車場管理運営業務内容及び基準(PDF:137KB)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

富士北麓駐車場管理運営業務内容及び基準(PDF:137KB)
山梨県立富士北麓駐車場管理運営業務の内容及び基準
山梨県立富士北麓駐車場の運営基準は以下のとおり。
○ 管理運営基準
管理運営基準の
の位置付け
位置付け
この管理運営基準は、山梨県立富士北麓駐車場指定管理者募集要項(以下「募集要項」
という。)と一体のものであり、募集要項第3の1に定める「指定管理者が行う業務の
範囲等」について詳細な基準を示したとともに、指定希望者が提出することとされてい
る募集要項第4の3に定める事業計画書の作成に当たり、具体的な指針を与えるもので
す。
なお、この管理運営基準の内容は、提出された事業計画書の評価及び指定管理者の事
業実施状況評価の基準としても用いられます。
1 運営方針
施設・設備を使用して、富士スバルラインのマイカー規制の効果的実施と利用者の
利便性の向上を図るとともに、富士北麓地域における広域周遊観光の推進拠点として
機能することを目指す。
そのため、多くの方々に利用してもらえるよう、
・最大1,400台駐車可能な施設
・中央自動車道河口湖IC、東富士五湖道路富士吉田ICに近接し、自動車によるア
クセスが良い施設
・富士山の眺望がよい芝生広場として使用可能な駐車場がある施設
といった施設の特徴を活かし、駐車場を適切に管理・運営していく。
2 機能及び概要
(1)第1駐車場:駐車台数 675台(アスファルト舗装)
○面使用:・他の場所でのイベント参加者のための駐車場
・各種のイベント開催
○多目的広場:緊急時ヘリポートや災害時の基地等に使用
(2)第2駐車場:駐車台数 380台(アスファルト舗装)
○マイカー規制期間外の時期の常時使用
○タクシーの乗降場(主にマイカー規制期間中)
(3)第3駐車場:駐車可能台数 235台(芝生舗装)
○富士山への眺望が秀逸
○芝生舗装を活かした野外集会や音楽イベント等の開催
(4)第4駐車場:駐車可能台数 110台(砕石駐車場)
○マイカー規制中以外のバス等の待機所
*マイカー規制時においても、シャトルバスの円滑な運行に必要な
場合は、開放する。
(5)観光案内所:鉄骨プレハブ平屋建て 148㎡
○マイカー規制期間中を中心に、富士北麓地域の観光案内を行うほか、
駐車場を拠点とした周遊観光の取組みを行う。
○設備
1
・無料休息コーナー
・観光情報コーナー<富士山や北麓地域情報提供>
・65インチのモニター等
<自動販売機設置場所>:3台分4.5㎡(トイレ側壁面)
<トイレ>:鉄筋平屋建て 50㎡
○男子トイレ
和式1、洋式3、男子小用6、手洗場3
○女子トイレ
和式2、洋式7、手洗場3
○多目的トイレ(オストメイト対応型トイレ)
(6)バス乗降所:
:3台同時乗降可能
○乗合バスへの乗降(路線バス、シャトルバス等)
○富士急行株式会社に運営を委託(バス券売所を含む。)
3 各業務の基準
駐車場の各事業を上記機能及び概要に基づいて実施する。
(1)施設及び設備器具の維持保全に関する業務
駐車場の施設及び設備器具の維持保全に関する業務は次のとおりとし、詳細につ
いては、別添「山梨県立富士北麓駐車場管理運営の基準」を基準とする。
①清掃業務
②除草業務
③一般廃棄物収集運搬処理業務
④機械警備業務
⑤浄化槽保守点検業務
⑥機械設備機器保守点検
⑦汚泥処理業務
⑧自家用電気工作物の保安管理業務
⑨芝生管理業務
(2)富士北麓地域における観光案内に関する業務
① 周辺観光施設との協力体制を円滑に進め、相互に魅力を高め合うとともに、富
士北麓の周遊観光の拠点として総合案内機能を発揮すること。
② 県内各観光地への誘客促進活動、観光情報の発信についてのノウハウを活かし、
次に掲げる情報の最新情報を収集し、観光客等へ情報提供すること。
・富士スバルラインの交通情報
・富士登山情報(富士山等の天気情報、山小屋の宿泊状況、必要な装備など)
③
④
・弾丸登山の自粛ほか安全登山に対する呼びかけ
・バス等の公共交通機関の発着時刻等
・富士五湖周辺、県内の観光情報(飲食店、宿泊先、遊園地、道路案内)
・観光事業者等の提供する旅行商品の案内
・エコツアーガイドの情報
来客及び電話での問い合わせ等について、適切に対応すること。
利用者、住民から苦情があった場合は、適切に対応すること。
2
⑤
⑥
情報提供のためのチラシ、パンフレット等の収集
駐車場案内のパンフレットの作成配布
(3)富士スバルラインマイカー規制期間中の駐車場管理業務
富士スバルラインマイカー規制期間中の駐車場管理業務は次のとおりとし、詳細
については、別添「山梨県立富士北麓駐車場管理運営の基準」中の「3.富士スバ
ルラインマイカー規制期間中の駐車場管理業務」を基準とする。
なお、駐車料金徴収業務については、県と指定管理者または当該業務を指定管理
者から受託する者との間において、協定とは別途、私人への徴収業務委託を行なう。
①駐車料金徴収業務
②駐車場内外交通誘導業務
③案内看板、P3駐車枡設置・撤去等業務
④仮設照明設置・撤去業務(バルーン型投光器給油業務を含む)
⑤仮設トイレ設置・撤去業務(清掃、汲み取り、給水を含む)
4 自動販売機の設置・運営
施設の目的を達成し、利用者のサービスの向上を図るため、主に飲料水を提供する
もとする。設置・運営については、指定管理者自らが行うことや委託も可能であるが、
販売物の内容と販売に必要な場所については、事前に県と協議し、承認を得ること。
設置・運営に要する費用は指定管理者が負担する。
4 利用者の満足度調査の実施及び業務改善等
指定管理者は、利用者等を対象にアンケートを行い、意見や要望、満足度等につい
て把握し、業務改善等管理運営に反映させるよう努めること。
アンケートの内容については、知事と協議を行うこと。また、利用者等のアンケー
ト結果及び業務改善の状況について速やかに報告すること。
5 事業報告書等の作成及び提出
(1)定期報告書(事業進捗状況報告)
指定管理者は、4月から11月までの間の利用者数及び事業実施状況について、
月ごとにまとめ、翌月10日までに報告すること。
なお、管理運営にあたっては、1日の業務内容(周辺施設の観光案内、清掃その
他の維持管理業務等)や県民対応など特記事項を記した日報等を作成し、適正な
業務、事業管理を行うこと。
(2)事業報告書
指定管理者は、毎年度終了後2月以内に、次に掲げる事項を記載した事業報告書
を作成し提出すること。また、年度の途中において指定管理者の指定を取り消され
た場合にあっては、
その取り消された日から2月以内に当該年度の当該日までの事
業報告書を提出すること。
・事業実績及び利用状況
・経費の収支状況
・その他必要な事項
(3)その他随時報告等
指定管理者は、知事から管理業務及び経理の状況等について提出を求められた場
合、報告書を作成して指定期日までに提出すること。
3
6 業務計画書の作成及び提出
指定管理者は、毎年度2月末日までに、次に掲げる事項を記した次年度の管理運営
に関する詳細な業務計画書を作成し、知事に提出すること。
(1)次年度の運営目標
(2)実施事業の概要及び実施時期
(3)管理運営体制
(4)管理業務に係る収支予算
(5)その他必要な事項
7 モニタリングの実施
別に定める「指定管理者施設のモニタリングに関するガイドライン」及び「富士北
麓駐車場モニタリングに関する実施要領」等に基づき、県が実施するモニタリングに
協力すること。
なお、モニタリングの結果、指定管理者の業務内容に改善が必要と認められる場合
は、県は立ち入り調査等を行い、協議の結果、指定管理者に是正勧告等を行う。
是正勧告を行い改善が見られない場合は、指定を取り消すことがある。
8 安全管理マニュアルの整備
事故を未然に防ぐための施設の日常点検方法等を定めた安全管理マニュアルを策定
し、適切に運用すること。
9 事故対応マニュアルの整備
施設内で事故が発生した場合を想定した事故対応マニュアルを策定し、
訓練等を実施
すること。
自動体外式除細動機(AED)については、職員等関係者の講習会の受講や日頃の点
検管理により、非常時に使用できるよう備えること。
管理の詳細については、別添「自動体外式除細動器の管理仕様書」に基づくこと。
10 国民保護措置への対応
国民保護法及び山梨県国民保護計画に基づき、武力攻撃事態等及び緊急対処事態の
際には、利用者の安全確保、その他国民の保護のために必要な措置を講ずること。
環境への配慮について
指定管理者は、施設の維持管理・運営にあたっては、県の環境管理システムに準じ
て省エネルギーの推進及び温室効果ガスの排出抑制に努めるとともに、廃棄物の発生
抑制、リサイクルの推進等の環境保全についても十分配慮すること。
11
(主な取り組み)
(1)県の環境管理システムで定める共通実施計画の取組について、可能な限り実施
すること。
(2)エネルギー使用量の把握及び使用状況の分析を行い、必要な場合は改善策等を
講じること。
(3)環境に配慮した製品の購入に努め、廃棄の際は資源の有効活用や適正処理を図
ること。
(4)(1)の実施状況及び(2)の使用状況等については、半年ごとに県(県教育委員会)に
報告すること。
4
Fly UP