...

Secure Access 6000

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Secure Access 6000
Secure Access 6000 フ ィ ール ド 交換ユ
ニ ッ ト の取 り 外 し と 取 り 付け
パーツ番号 :
093-1691-000 Rev. B
本ガ イ ド には、 Secure Access 6000 シ ャ ーシの フ ィ ール ド 交換ユニ ッ ト の取 り 外
し お よ び取 り 付けについての情報が記載 さ れてい ます。 Secure Access 6000 の安
全に関す る 情報は、 Juniper Networks のサポー ト サ イ ト か ら 入手で き る Juniper
Networks Security Products Safety Guide を ご覧 く だ さ い。 以下のセ ク シ ョ ン では、
コ ン ポーネ ン ト の取 り 外 し お よ び取 り 付け方法の詳細手順を説明 し てい ます。
„
「ハー ド デ ィ ス ク 」 2 ページ
„
「電源装置」 3 ページ
„
「冷却フ ァ ン」 4 ページ
Juniper Networks の正規ベン ダーで行われ る シ ャ ーシや コ ン ポーネ ン ト のア ッ プ
グ レー ド については、 本ガ イ ド では説明 し てい ません。
You can find a translated version of this document at the site listed below.
https://www.juniper.net/customers/csc/documentation/techdocs/ive/index.jsp
„
1
[Juniper Networks Secure Access 6000] フ ィ ール ド 交換ユニ ッ ト の取 り 外 し と 取 り 付け
図 1: Secure Access 6000 の正面パネル と 背面パネル
ハー ド デ ィ ス ク
SA 6000 は付属の標準ハー ド デ ィ ス ク と と も に出荷 さ れ ます。 ただ し 、 SA 6000
シ ャ ーシにオプシ ョ ン と し て 2 台目のハー ド デ ィ ス ク を追加で き 、 それに よ り
コ ン ポーネ ン ト の冗長性を実現 し 、 IVE ダ ウ ン タ イ ム を最小にす る こ と がで き ま
す。 2 台目 (冗長) のハー ド デ ィ ス ク を装備す る と 、 そ こ に作業用ハー ド デ ィ ス
ク 上の ソ フ ト ウ ェ ア イ メ ージや設定情報の完全な コ ピーが保持 さ れ ます。 その
ため、 作業用ハー ド デ ィ ス ク に障害が発生 し た場合、 冗長ハー ド デ ィ ス ク が直ち
にすべての IVE オペレーシ ョ ン を引 き 継いで実行 し ます。 こ の機能は、 RAID
(Redundant Array of Independent Disks) ミ ラ ー リ ン グ プ ロ セ ス と 呼ばれ ます。
注意 : SA 6000 ハー ド デ ィ ス ク モジ ュ ールはホ ッ ト ス ワ ッ プが可能です。 ハー
ド デ ィ ス ク モジ ュ ールの交換やア ッ プグ レー ド を行 う 前に、 IVE が完全にブー
ト さ れ、 正常に操作 し てい る こ と を確認 し て く だ さ い。 新 し いハー ド デ ィ ス ク
モジ ュ ールを取 り 付けた ら 、 IVE を再起動す る か電源を切 る 前に、 RAID ミ ラ ー
リ ン グ プ ロ セ ス が完了す る ま で待つ必要があ り ます (お よ そ 40 分)。
図 2: Secure Access 6000 ハー ド デ ィ ス ク モ ジ ュ ール
1
2
SA 6000 ハー ド デ ィ ス クの取 り 外 し
SA 6000 ハー ド デ ィ ス ク を取 り 外すには、 次の手順で行い ます。
1. SA 6000 ハー ド デ ィ ス ク の上のハン ド ル リ リ ース ト リ ガー (図 2 の項番 2)
を押 し てか ら 右側に押 し 、 着脱ハン ド ル (図 2 の項番 1) を解放 し ます。
2
„
ハー ド デ ィ ス ク
[Juniper Networks Secure Access 6000] フ ィ ール ド 交換ユニ ッ ト の取 り 外 し と 取 り 付け
2. ハン ド ルをつかんで、 ハー ド デ ィ ス ク モジ ュ ールを SA 6000 シ ャ ーシか ら
真っ直 ぐ に引 き 上げ ます。
3. SA 6000 ハー ド デ ィ ス ク を取 り 外 し た ら 、 必ず交換用のハー ド デ ィ ス ク を取
り 付け る か、 SA 6000 シ ャ ーシの出荷時に装着 さ れていた 「ダ ミ ー」 のバー
ド デ ィ ス ク ポー ト カバーを装着 し て く だ さ い。
SA 6000 ハー ド デ ィ ス クの取 り 付け
SA 6000 ハー ド デ ィ ス ク を取 り 付け る には、 次の手順で行い ます。
1. SA 6000 ハー ド デ ィ ス ク モジ ュ ールの着脱ハン ド ル (図 2 の項番 1) を開
放位置に し て、 ハー ド デ ィ ス ク モジ ュ ールを SA 6000 シ ャ ーシ正面の空の
ハー ド デ ィ ス ク ポー ト に位置合わせ し ます。
2. 注意 し なが ら ハー ド デ ィ ス ク モジ ュ ールを SA 6000 シ ャ ーシに真っ直 ぐ ス
ラ イ ド さ せ、 SA 6000 の正面パネル と 揃 う ま で ス ラ イ ド し て装着 し ます。
ハー ド デ ィ ス ク モジ ュ ールがシ ャ ーシに正 し く 取 り 付け ら れ る と 、 ハー ド
デ ィ ス ク モジ ュ ールのハン ド ル リ リ ース ト リ ガー (図 2 の項番 2) が 「カ
チ ッ 」 と い う 音が し て、 装着 さ れます。
3. ハー ド デ ィ ス ク モジ ュ ールの着脱ハン ド ルを、 ハー ド デ ィ ス ク 装置の表面
に倒 し てモジ ュ ール内に納め、 ハー ド デ ィ ス ク モジ ュ ールの表面 と 完全に
揃 う よ う に し ます。
電源装置
SA 6000 は、 シ ャ ーシの後部に 500 ワ ッ ト の AC 電源装置が取 り 付け ら れた状態
で出荷 さ れます。 オプシ ョ ン で 2 台目の電源装置を追加す る と 、 冗長機能や負
荷分散機能を サポー ト す る こ と がで き ます。 さ ら に、 電源装置の一方を交換す る
必要が生 じ た場合は、 オプシ ョ ンの電源装置に電力負荷のすべて を移行 し 、 その
間に障害のあ る 電源装置を 「ス ワ ッ プ」 す る こ と がで き ます。 こ れに よ り 、 着脱
式ユニ ッ ト を交換す る 際、 IVE の電源を オ フ に し なければな ら ない状況を回避で
き ます。
図 3: Secure Access 6000 電源装置モ ジ ュ ール
1
2
SA 6000 電源装置の取 り 外 し
SA 6000 電源装置を取 り 外すには、 次の手順で行い ます。
1. SA 6000 電源装置モジ ュ ール上で、 着脱ハン ド ル (図 3 の項番 2) を解除位
置に し ます。
電源装置
„
3
[Juniper Networks Secure Access 6000] フ ィ ール ド 交換ユニ ッ ト の取 り 外 し と 取 り 付け
リ リ ース ト リ ガー (図 3 の項番 1) を左に押 し なが ら 着脱ハン ド ルをつか
んで、 電源装置モジ ュ ールを SA 6000 シ ャ ーシか ら 真っ直 ぐ に引 き 上げ
ます。
2.
3. SA 6000 電源装置モジ ュ ールを取 り 外 し た ら 、 必ず交換用の電源装置を取 り
付け る か、 SA 6000 シ ャ ーシの出荷時に装着 さ れていた 「ダ ミ ー」 の電源装
置ポー ト カバーを装着 し て く だ さ い。
SA 6000 電源装置の取 り 付け
SA 6000 電源装置を取 り 付け る には、 次の手順で行い ます。
1. SA 6000 電源装置モジ ュ ールを、 SA 6000 シ ャ ーシの後部にあ る 空の電源装
置ポー ト に揃 う よ う 配置 し ます。
2. 注意 し なが ら 電源装置モジ ュ ールを SA 6000 シ ャ ーシに真っ直 ぐ ス ラ イ ド さ
せ、 SA 6000 の背面パネル と 揃 う ま で ス ラ イ ド し て装着 し ます。
電源装置モジ ュ ールがシ ャ ーシに正 し く 取 り 付け ら れ る と 、 電源装置モ
ジ ュ ールのハン ド ル リ リ ース ト リ ガー (図 3 の項番 1) が 「カチ ッ 」 と い
う 音が し て、 装着 さ れ ます。
こ の音が聞 こ え ない場合は、 電源装置モジ ュ ールの着脱ハン ド ルを、 電源装
置の表面に倒 し てモジ ュ ール内に納め、 電源装置モジ ュ ールの表面 と 完全に
揃 う よ う に し ます。
3.
冷却フ ァ ン
SA 6000 は、 シ ャ ーシの後部に 2 つの冷却フ ァ ン が取 り 付け ら れた状態で出荷 さ
れ ます。 冷却フ ァ ンのいずれか を交換す る 必要があ る 場合は、 オペレーシ ョ ン中
に障害のあ る フ ァ ン を素早 く 「ス ワ ッ プ」 す る こ と がで き ます。 必要に応 じ て、
SA 6000 を注文す る 際に追加の冷却フ ァ ン をベン ダーか ら 購入す る こ と や、 障害
ま たは故障 し た冷却フ ァ ン を交換す る と き に購入す る こ と がで き ます。
図 4: Secure Access 6000 冷却フ ァ ン モ ジ ュ ール
1
2
SA 6000 冷却フ ァ ンの取 り 外 し
SA 6000 冷却フ ァ ン を取 り 外すには、 次の手順で行い ます。
1. SA 6000 冷却フ ァ ン モジ ュ ール上で、 リ リ ース ト リ ガー (図 4 の項番 1)
を冷却フ ァ ン モジ ュ ールの中心に向けて横方向に押 し 、 冷却フ ァ ン モ
ジ ュ ールを取 り 外 し ます。
4
„
冷却フ ァ ン
[Juniper Networks Secure Access 6000] フ ィ ール ド 交換ユニ ッ ト の取 り 外 し と 取 り 付け
2. 冷却フ ァ ン モジ ュ ールをつかんで、 シ ャ ーシの後ろ か ら 注意 し なが ら 取 り
外 し ます。
注意 : SA 6000 冷却フ ァ ン モジ ュ ールを取 り 外 し た ら 、 必ず交換用の冷却フ ァ
ン を取 り 付けて、 SA 6000 の内部 コ ン ポーネ ン ト への通気が最大にな る よ う に
し て く だ さ い。
SA 6000 冷却フ ァ ンの取 り 付け
SA 6000 冷却フ ァ ン を取 り 付け る には、 次の手順で行い ます。
1. SA 6000 冷却フ ァ ン モジ ュ ールを、 SA 6000 シ ャ ーシの後部にあ る 空の冷却
フ ァ ン ポー ト に揃 う よ う 配置 し ます。
2. 冷却フ ァ ン モジ ュ ールの後部のか ど を、 SA 6000 シ ャ ーシの後ろ にあ る 冷却
フ ァ ン ポー ト に注意 し なが ら 挿入 し 、 冷却フ ァ ン モジ ュ ールの挿入 タ ブ
(図 4 の項番 2) がそれぞれの ス ロ ッ ト に揃 う よ う に し ます。
3. 冷却フ ァ ン モジ ュ ールのも う 一方の側を 冷却フ ァ ン ポ ート に注意し な が
ら ス ラ イ ド さ せ、 冷却フ ァ ン の面が SA 6000 の背面パネ ルと 揃う よ う にし
ま す。
冷却フ ァ ン モジ ュ ールがシ ャ ーシに正 し く 取 り 付け ら れ る と 、 冷却フ ァ ン
モジ ュ ールのハン ド ル リ リ ース ト リ ガー (図 4 の項番 1) が 「カチ ッ 」 と
い う 音が し て、 装着 さ れます。
冷却フ ァ ン
„
5
[Juniper Networks Secure Access 6000] フ ィ ール ド 交換ユニ ッ ト の取 り 外 し と 取 り 付け
Copyright © 2006, Juniper Networks, Inc. All rights reserved. Juniper Networks is registered in the U.S. Patent and Trademark Office and in other countries
as a trademark of Juniper Networks, Inc. ERX, ESP, E-series, Internet Processor, J-Protect, JUNOS, JUNOScript, JUNOSe, M5, M7i, M10, M10i, M20, M40,
M40e, M160, M-series, NMC-RX, SDX, T320, T640, and T-series are trademarks of Juniper Networks, Inc. All other trademarks, service marks, registered
trademarks, or registered service marks are the property of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.
Juniper Networks assumes no responsibility for any inaccuracies in this document. Juniper Networks reserves the right to change, modify, transfer, or
otherwise revise this publication without notice.
6
„
冷却フ ァ ン
Fly UP