...

超電導Web21 - 国際超電導産業技術研究センター

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

超電導Web21 - 国際超電導産業技術研究センター
超電導Web21
2001 年 10 月号
<発行者> 財団法人 国際超電導産業技術研究センター
〒 105-0004 港区新橋 5-34-3 栄進開発ビル 6F Tel(03)-3431-4002/Fax(03)-3431-4044
導層の三層構造を持っているが、
それぞ 超電導関連 10-11 月の
れの材質、
及びその組み合せに多くの可 催し物案内
能性があり、現在多くの研究機関で様々 10/2-5
な試みがなされている。
International Symposium ISSP-Kashiwa
発見後 15 年を経て、高温超電導の 次世代線材として期待される性能とし
2001
研究開発は、この数年において急速 ては、厚さ 0.1 mm、巾 1.0cm で 77K に
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/ISSP8
な進歩を示し実用化への展望が開け おける臨界電流が 100A 以上、64K、5T で 場所:東京大学柏キャンパス
つつある。その理由として、1988 年 50A以上である。このことは、超電導層 (主催:東京大学)
から1997年まで続いた通産省工業技 の臨界電流密度が77Kで106A/cm2 以上で 10/7-11
術院の「超電導材料・素子の研究開 あることを意味する。更に、将来価格が
ISMST6/6th International Symposium on
発」の後継として 1998 年に発足した 問題になることを考慮すれば、製造速度 Magnetic Suspension Technology
「超電導応用基盤技術研究開発」プロ も 5m/ 時以上であることが望ましい。
http://www.nal.go.jp/jpn/new/a20cb201.html
ジェクトが、応用開発の目標を明確 線材である以上、数百メートルを単位 場所:Turin, Italy
超電導線材化プロセスにおけ 10/12
にし、超電導工学研究所が中心とな とするが、
り、産業界と一体となって開発を推 る困難さは、どこか 1ヶ所でも不良の部
第 2 回超電導応用研究会「超電導デジタ
進したことが挙げられよう。
そして、 分があれば、線材としての価値を失って
ルデバイスの研究開発」
これはアメリカやEUにおける開発動 しまうことにある。従って、製造プロセ
場所:千葉工業大学、習志野市
向も同様な傾向を示していた。以下 スの安定性や、自動制御性まで考慮する
(主催:低温工学協会)
で、本プロジェクトで重点的に開発 必要がある。
11/15-16
された、
(1)超電導バルク、(2)次世代 現在、ニッケル合金のハステロイを基
APPLICATION OF SUPERCONDUCTORS in
線材、
(3)超電導デバイス、(4)超電導 板とし、その上に、いわゆる IBAD(Ion
Electronics, Communications and
応用基礎の 4 課題について簡潔に述 Beam Assisted Deposition)法により
Computing
GZOを中間層として蒸着させ、更に PLD
べることにする。
http://www.knowledgefoundation.com
法によりYBCOをつけた試料で、長さ10m
場所:Seaprt Hotel and Conference
のものが試作されているが、
超電導層の
(1)超電導バルクの開発
Center, Boston, MA, USA
これ迄、材料として主に YBCO が用 臨界電流密度は 77K で 5 × 105A/cm2 程度
(主催:The Knowledge Foundation)
いられてきたが、Y を Nd、Sm、Gd 等 である。IBAD法は中間層の製法としては 11/23-25
で置換し、更にこれらの混晶の研究 極めて優れ、既に 6 0 mの中間層が試作 第 65 回秋季低温工学・超電導学会
が進められ、GdBCOにおいて77Kで3T され、近く 50 m級の次世代線材が出現 場所:福井工業大学、福井市
の捕捉磁界が得られたが、これはYBCO するものと期待されている。
(主催:低温工学協会)
TFA-MOD法が注 11/26-30
のそれの 3 倍にも達している。又こ 最近、超電導層として、
の開発で特筆すべきことは、超電導 目されている。これは Y、Ba、Cu のトリ MRS Fall Meeting 場所:Boston, MA
バルク体にエポキシ樹脂を真空含浸 フルオロ酢酸塩を原料溶液として中間層 (主催:MRS)
させることにより、機械的強度が著 に塗布し、適当な熱処理により YBCO 層
目 次
簡単な装置で製作
しく増し、100MPaを超える強度が得ら を成長させるもので、
6
れたことである。強磁界を捕捉した され、しかも臨界電流密度も77Kで10 A/
場合、磁束の反発力により強い内部 cm2 という高い値を示している。これが 超電導応用技術開発の進歩と展望
1
価格の低減に大きく寄 超電導関連 10-11 月の催し物案内
応力が発生するが、樹脂含浸により 実用化されれば、
1
強化されたバルク体は、
YBCOでも30K 与するものと期待されている。
「超電導応用基盤技術開発」
プロジェクト
で実に 15T の強磁界を捕捉すること 最近の世界各地の研究成果を展望する
に成功している。更にこれは、室温 と、次世代線材の開発も、世界的に本格 について 2
2
で保存する場合に発生する劣化を防 化しつつあり、数年後には本格的な実用 バルク超電導体の進捗状況
線材が出現するものと期待される。
ぐ役割も果たしている。
超電導線材開発の進捗状況
3
(2頁へ続く)
このように、超電導バルクは、既 特許情報 3
に実用化の段階に到達しており、実
超電導素子研究開発の進捗状況
4
際にフライホイール電力貯蔵システ
高温超電導メカニズム研究の進捗状況
5
ムや、高効率な磁気分離システムが
開発され、水浄化システムに応用さ
第 7 回超電導標準化国際会議開催
5
れており、今後もこれを用いた新し
超電導速報 - 世界の動き(2001 年 8 月) 5
いシステムの開発が期待される。
[隔月連載記事]超電導エネルギーギャップ
の神秘(その 4)
7
(2)次世代線材の開発
YBCOを超電導体とする次世代線材
第 14 回国際超電導シンポジウム
は、第一世代の Bi 系線材より高性能
(ISS2001)開催速報 8
が期待できる為に速やかに開発され
読者の広場(Q&A) 8
ることが期待される。
この線材は、金
新聞ヘッドライン(8/20-9/13) 8
属基板、中間酸化物層、そして超電 (SRL/ISTEC 田中所長)
超電導応用技術開発の進歩
と展望
(c) ISTEC 2001 All rights reserved.
'01年10月号 -1-
「 超電 導 応 用基 盤 技 術開 発 」
プロジェクトについて
1986 年に酸化物系の高温超電導体が
発見されて以来、国内外の研究機関で精
力的に超電導に関する研究が始まった。
それは、高温超電導材料が、将来的にはエ
レクトロニクスやエネルギーシステムは当然のこと、輸
送、医療、宇宙システムなど幅広い産業分野に
インパクトを与えるからであり、別の表現を
すれば、高温超電導体を用いることによ
り、全く新しい機能を有する機器や飛躍
的に高性能な省エネルギー機器の実用化、新
規産業の創出が期待できるからである。
わが国では、1988 年に経済産業省(当
時通商産業省)が「超電導材料・超電導素
子の研究開発」プロジェクトを発足させ、新エ
ネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を通
して、新設の超電導工学研究所が研究を
受託した。10 年間の期限付きで研究・開
発が進められ、高温超電導体の正体がよ
く分からない時点でのスタートであったの
で、基礎研究が主体であった。この間、超
電導バルク体や単結晶育成など世界に誇れ
る成果を数多く挙げてきた。
1998年には、これまでの10年間の成果
を踏まえて実用化を念頭においた基盤技
術を進めていく必要があるという国、民
間のコンセンサスを得て、「超電導応用基盤技術
研究開発」プロジェクトが 5 年間の予定で発
足した。
このプロジェクトの目的は、民間では開発
リスクが大きすぎる、Y 系や希土類元素系
(RE:Gd,Sm,Nd等)の酸化物材料を対象と
して、電力システムへの応用や省エネルギー機器
の実現に向け、バルク(超電導の塊)、線材
(超電導の電線)、デバイス(超電導の素子開
発と集積回路)を作製するための基盤技
術の確立を図ることである。さらにこれ
らの開発に必要となる基礎技術開発を加
えて次の4つの研究開発テーマでスタートした。
バルク材に関しては目標をほぼ達成して
おり、これを用いた浄水用磁気分離装置
のプロトタイプがISTEC/SRLと日立製作所が
共同して開発している。その他にも応用
の芽は広がりつつある。
線材については、基板、中間層、超電導
層のそれぞれの作製方法がほぼ固まりつ
つあり、もっとも技術的に困難と考えら
れていた中間層もすでに60m程度できる
ようになった。今後は長尺にわたり特性
の均一な線材の製造方法の確立に向けて
更なる努力が払われる。
デバイスについては、界面改質型ランプエッ
ジ接合技術の成功を契機に開発が大きく
進み、素子の集積度 1000 で、特性のバラツ
キが8%以下を目標として開発が進められ
ている。
基礎研究では、磁束の挙動や不純物添
加効果等の研究を通じて、上記分野の開
発に貢献している。
このように、本プロジェクトは順調に推移し
ており、プロジェクト終了時点では、当初の目
標を達成できる、あるいはそれ以上の成
果を上げ得る状況となっている。
(SRL/ISTEC 特別研究員 堀上 徹)
超電導応用技術開発の進歩と展望
バルク
超電導体の進捗状況
バルク超電導体の進捗状況
(1頁からの続き)
バルク超電導体の材料開発の課題として
は、(1)いかに捕捉磁場の強い材料をつく
るかという課題と、(2)大型化をいかに実
現するか、(3)また最近では材料の機械特
性をいかに改善するかの3点に集約され
る。
捕捉磁場は臨界電流密度と材料のサイズ
に比例する。臨界電流に関しては、Nd,
Sm, Eu, Gd などの複数の希土類元素を
混合することで、77K、2T( H//c 軸) で
100,000A/cm2という高い値を得ることに
成功している。今後は、この系で大型バル
クの製造に挑戦する。
捕捉磁場に関しては、Gd123 系におい
て、77K での世界最高値 3.3T を達成して
いる。また、Y123系でも30Kまで温度を下
げれば 15T に達することが分かった。ま
さに、従来にない新機能材料であること
が確認できた。
これだけバルク超電導体の特性が向上す
ると、応用にあたってはバルク体に大きな
電磁力が働くので、その機械特性が非常
に重要となる。すでに、エポキシ系樹脂を含
浸する手法で機械強度を 100MPa 以上に
向上することに成功している。さらに、樹
脂により耐食性が大きく向上するという
メリットもある。
バルク体の特性が大幅に向上したため、
その応用開発にも拍車がかかっている。
最近の話題は、日立製作所と共同開発し
た水浄化用の磁気分離装置である。バルク
超電導磁石が有する大きな磁気勾配を利
用して、フィルターに付着した汚濁粒子をバル
ク磁石で回収するという、メンテナンスフリーの磁
気分離装置をつくることができる。
また、鉄道総研と共同で、樹脂含浸した
Y123バルク体を磁気浮上式鉄道に搭載する
超電導磁石の電流リードに適用するという
開発を行ってきたが、その特性が十分要
求仕様を満たすことが分かったので、本
格的な実験に取り組むことになった。こ
のように、バルク超電導体の材料開発と応
用は同時に進んでおり、すでに実用製品
も誕生している。
(SRL/ISTEC 第 3 研究部長 村上雅人)
(3)超電導デバイスの開発
超電導電子デバイスとして、
最近注
目されているのが、単一磁束量子素子
(Single Flux Quantum Device: SFQ)
である。これは微細なスクイド素子が
量子化された磁束を保持することを利
用したもので、1 ピコ秒の演算速度
(半導体素子の 100 倍速い)と、1 ナノ
ワットという低消費電力
(半導体素子
の1 /100)という特徴をもっており、
集積化すれば、
超高速演算素子として
の可能性が開けるものと期待されてい
る。
低温超電導体である Nb を用いたデ
バイスでは既に1万素子の集積化が可
能であり、今後の展開によっては 10
万素子以上の集積化が可能となり、
超
高速演算素子としての可能性は高い
が、4Kでの使用が必要であり、ある程
度の大型機器への応用に止まるものと
思われる。
一方、YBCO を用いた SFQ 素子は 30K
でも使用可能であり、
計測用や通信用
機器への応用が期待できる。しかし、
ここで問題になるのが、
スクイドを構
成するジョセフソン接合の均質性であ
る。幸い本プロジェクトの初期に、界
面改質型ランプエッジ接合が開発さ
れ、接合を流れる臨界電流値の分散が
100 接合で 7% 以下のものが試作され、
10 から 20 接合程度の高速回路の試作
に成功した。
本プロジェクトの目標で
ある 1000 接合で分散が 8% 以下に達す
れば,100 接合の集積回路(例えばデ
ジタルサンプラー)が出現するものと
期待されている。
(4)超電導応用基礎の研究
高温超電導は、
根幹である発現機構
を除けば、
その物性に関する基礎研究
はかなり進展したが、
応用の立場から
見れば未解決の問題が山積している。
例えば、臨界電流を決定する上で重要
な磁束のピン止め効果に及ぼす不純物
の影響などは、
応用からみて非常に重
要である。
更に超電導電流に及ぼす結
晶粒界の影響を正確に理解する必要が
ある。又純粋な単結晶を製作し、物性
を調べることも、
物質の限界を知る上
で重要な研究であり、
今後も長期的視
野に立って基礎研究を継続する必要が
ある。
総括すれば、
高温超電導の応用の展望
が、ここ数年で急速に開けつつある現
在、応用に関する基盤技術開発は、そ
の最も重要な時期に入ったと言えよ
う。
(SRL/ISTEC 所長 田中昭二)
(c) ISTEC 2001 All rights reserved.
'01 年 10 月号 -2-
超電導線材開発の進捗状況
3. まとめ
1. はじめに
近年、液体窒素温度領域(77K)に
おける臨界電流密度(Jc)特性の改善
が期待される REBa 2 Cu 3 O 7- x (RE123:
RE=Y, Sm, Nd,…)超電導体を用いた
線材開発が世界中で進められている。
RE123 系線材では、高 Jc を得るために
超電導相の結晶方位を3次元的に揃え
て配向させる必要がある。更に実用化
のためには長尺化と共に作製速度の向
上、線材総断面積あたりの電流密度
(Je)の向上等の課題がある。日本では
超電導応用基盤技術研究開発プロジェ
クトの一環としてSRL、線材メーカー、
重電、電力会社などにおいて線材技術
開発を進めている。本プロジェクト
(H11.4 ∼ H15.3)では表1に示す値を
目標として、基板配向制御型、中間層
配向制御型および超電導層高速合成型
の3種に大別される線材作製技術を中
心に開発を進めている。以下に各技術
における主な成果を紹介し、本プロ
ジェクトの進捗状況報告とする。
成膜が得られてきている。その結果、
従来と同程度の配向性を維持したまま
中間層の成膜速度を従来の倍に上げら
れるようになり、その上に成膜した
Y123で 1.2 ×105 A/cm2 を超える Jc も得
られている。更に超電導層の成膜速度
の高速化も可能となってきており、長
尺化対応の新しい成膜チャンバーの導
入により長尺線材の高速成膜の実証が
期待される。
一方、
(株)フジクラと中部
電力(株)を中心としてIBAD(Ion Beam
Assisted Deposition)
法による線材開
発を進めている。こちらでは大型 IBAD
装置と Gd2Zr2O7 中間層の組み合わせに
より高配向化、
高速成膜化を実現した。
その結果 10m 長で結晶配向度の指標と
なる半値幅Δφ=10.7°の高配向中間層
を実現し、8 c m 長で J c = 1 . 2 M A / c m 2
(Ic=140A)の高特性を得ると共に、Δ
φが 18°程度の中間層を用いた 10m 級
2
Ic=50A)を得た。
線材で Jc=0.42MA/cm(
また中間層としては 60m 長のものも成
膜されている。
表1 次世代線材の各開発タイプにおける開発目標
開発タイプ 長さ(m) 基板厚 Jc 超電導層厚 作製速度
(μm) (A/cm2) (μm) (m/h)
基板配向制御型 10 ∼ 100 ≦ 100 105 ∼ 106 10
中間層配向制御型 100 ∼ 1000 ≦ 100 104 ∼ 105 1
1
超電導層高速合成型 1 ∼ 10 ≦ 100 105 ∼ 106 ≧ 5 μ m
2. 進捗状況
基板配向型線材開発グループは、金
属基板を強加工と熱処理により配向さ
せる技術を中心に開発を行っている。
古河電工(株)を中心とした高強度Ni基
配向テープ材開発においては、高強度
化及び低 / 非磁性化の為に SUS あるい
はNi-Cr合金を芯材としたクラッド材
を用いた長尺テープ材の開発に成功し、
SOE(Surface Oxidation Epitaxy)処
理した 30m テープ材を作製しており、
その上に MgO 中間層および Y123 層を
成膜した短尺試料で約105 A/cm2のJcが
得られている。(株)東芝を中心として
開発を進めているAg基テープ材におい
ても、Ni基合金を芯材として高強度化
したAg-Cu合金クラッドテープで100m
の長尺化に成功するとともに、直接
Y123 層を成膜した 1m 長線材で 1.2 ×
105A/cm2 を超える Jc を得ている。
中間層配向制御型線材開発グループ
は、無配向高強度金属基材上に中間層
を配向させることにより超電導相の配
向を得るプロセス開発を進め、特に長
尺化における課題を抽出しつつ開発を
行っている。住友電工(株)と東京電
力 ( 株 )を 中 心 に 進 め て い る I S D
(Inclined Substrate Deposition)法
を用いた手法では、高出力産業用レー
ザーの導入により、長時間・高速安定
超電導層高速合成型線材開発グルー
プでは、高 Je 線材開発を目的として超
電導厚膜の高速合成プロセスの開発を
目指している。昭和電線(株)と SRL を
中心として取り組んでいるTFA
(トリフ
ルオロ酢酸)塩を原料とする M O D
(Metal Organic Deposition)法は非
真空プロセスであり、1MA/cm2を超える
Jc が比較的容易に得られることから注
目されている。従来、高 Je を得るため
の厚膜化が困難であるという課題が指
摘されていたが、溶液の多層塗りによ
り高特性を維持しつつ厚膜化する手法
を最近開発し、短尺ではあるが CeO2 /
YSZ(IBAD)/ ハステロイ基板上で約 1 μ
m 厚の Y123 膜で 1.6 MA/cm2 の Jc が得ら
れている。今後、長尺焼成炉を用いて
の長尺化が期待される。最後に SRL が
中心となって開発を行っている L P E
(Liquid Phase Epitaxy)法は、成膜
速度が高く厚膜でも高 Jc が保たれるこ
とから高Je プロセスとして位置付けら
れるが、金属基板との反応抑制が大き
な課題である。そこで成膜温度の低温
化、反応抑制中間層構造の開発などに
より金属基板上への成膜は成功してお
り、低温化 LPE 法により IBAD 基板上に
成膜した Y123 で 1MA/cm2 を超える Jc が
得られている。今後、連続成膜化によ
る高特性が期待される。
(c) ISTEC 2001 All rights reserved.
次世代線材開発プロジェクトの進捗
状況について概観したが、いずれの手
法においても目標達成に向けて着実に
成果が上がっている。しかしながら米
国や欧州においても同様の開発プロ
ジェクトが進められており、日米欧の
開発競争の様相を呈している。現時点
では長尺化に関して日本がややリード
していると言えるものの、米国でも国
立研究所を中心として精力的に開発が
進められており、油断できない状況に
ある。本フェーズにおいて 100m級の長
尺線材化技術を早く確立し次世代線材
のポテンシャルをアピールすると共に、
実用化を目指したプロセスの複合化に
よる高Je 化及び高速成膜化プロセスの
開発が期待される。ここで報告した研
究成果は超電導応用基盤技術研究体の
研究として、新エネルギー・産業技術総
合開発機構(NEDO)の委託を受けて実施
したものである。
(SRL/ISTEC 第 4 研究部 中村 雄一、
第 4 研究部長 塩原 融 )
特許情報
◆成立特許の紹介
最近成立した特許を紹介します。
◇「超伝導体薄膜及びその製造方法」
特開平 8-133896(平成6年度出願):
NdBCO超電導体薄膜の組成および特性と
その作製方法に関する基本的な特許で
ある。超電導体の電子デバイス分野へ
の応用では、薄膜を多層化することが
必須であるが、最も一般的なYBCO薄膜
は 123 組成とは異なる析出物の生成が
避けられず、多層化に最適とは言い難
い。発明のポイントは、NdBCO薄膜はNd
とBaとの間である程度の相互置換が許
され、それが析出物の発生を抑制でき
ることにあるが、さらに、活性の強い
Ba元素がNd元素で置き変わると薄膜表
面が化学的により安定となり、平滑性
が向上するなど多層化に適した優れた
特性を備えている。
この発明は、超電導フィルタや超電
導集積回路用の Nd123 超電導薄膜の形
成に広く適用される内容である。
(ISTEC/SRL 開発研究部長 中里克雄)
'01 年 10 月号 -3-
超電導素子研究開発の進捗
状況
超電導応用基盤技術研究開発プロジェ
クトの素子研究開発は、将来の超高速・低
消費電力の情報処理・ネットワーク機器や超
高速計測システムへの応用が期待されてい
る単一磁束量子 ( S i n g l e F l u x
Quantum; SFQ) 素子を用いた高温超電
導デジタル集積回路の基盤技術の確立を
目的としている。超電導の基本現象の
一つである磁束量子化により、超電導
体からなるループを貫く磁束は、磁束の
最小単位である磁束量子(Φ 0 = 2.07
x 10-15 W b)の整数倍となるが、ループの
サイズを数ミクロン程度にすると、磁束量子1
個のみが安定に存在するようになる。
この磁束量子を、多数の接続した超電
導ループに次から次へと転送し、論理・記
憶動作を行わせるのが SFQ 素子・回路
であり、超電導ループへの磁束量子の出
入りの制御は、半導体のトランジスタに相当
するジョセフソン接合で行う。SFQ素子・回路
の開発は、これまでは主として、集積回
路プロセス技術の進んだ低温超電導Nbを
用いて行われてきたが、高温超電導体
を適用することにより、素子の一層の
高速化やクライオクーラー使用による応用範囲
の拡大などのメリットが期待できる。一方、
最大の技術課題は、多数のジョセフソン接合
を含む集積回路の作製技術の開発であ
る。本プロジェクトでは、集積回路作製技術
に加え、低温系回路との共通課題であ
る SFQ 集積回路の設計・評価技術を開
発し、高温超電導 SFQ 小規模回路の高
速、低消費電力での動作を実証するこ
とを目標としている。
図1は、高温超電導SFQ集積回路実現
のための要素技術と開発課題をまとめ
たものである。超電導層を 3 層以上含
む超電導薄膜/絶縁体薄膜のエピタキシャル
成長技術と臨界電流値Icなどの特性ば
らつきの小さなジョセフソン接合の作製技
術が最も重要であるが、それ以外にも、
超電導コンタクト、超電導配線クロスオーバー、抵
抗体などの要素の作製技術の確立が必
要となる。最下層の超電導層はグランド
プレーンと呼ばれ、磁気遮蔽効果により超
電導ループのインダクタンスを低減し、単一磁
束量子の保持・転送を可能にする重要
な働きをする。このグランドプレーンには、
優れた表面平坦性、結晶性、超電導特性
などの条件が要求される。特に SRL で
は、これらの点で気相法による薄膜よ
り優れた擬単結晶膜である RE-123 系
液相エピタキシャル成長 (LPE) 厚膜の育成
と、 その上の薄膜積層技術の開発を
行ってきている。最近では、直径50 mm
の(Y,Yb)-123 大面積 LPE膜の育成に
成功した。また、このLPE膜あるいは気
相法による薄膜上に、誘電率が低くRE123材料との格子マッチングのよいCeO2 や
Sr 2 AlTaO 6 (SAT)、(La, Sr) 2 AlTaO 6
(LSAT)などの絶縁層を介しジョセフソン接
合を形成する薄膜積層技術がほぼ確立
超電 導層 3 ,4層の 積層 構造
・配向 制御 (エ ピタキシ ャル成長 )
・各層 の膜 厚精密 制御
・平 坦化
・高精度パタ−ニング
→浮遊インダクタンス低減
接合
・Ic のばら つき1 σ≦8 % (バ リア 層均一 化)
・高 IcR n 化 (1 m V @ 2 0 K )
・微 細化 (2 µm )
・R un- to-R un再現性確保
超電 導配 線層
・クロスオ−バ−
形成
抵抗 体
・抵抗率制御
・低接触抵抗化
層間絶縁 層
・低ε化 (< 25)
・薄層化、高抵抗化
・段差の被覆
・平 坦化 プロセ ス
超電 導コ ンタク ト形成
グラ ンド プレ− ン
・厚膜化
・平坦 化
・超電 導特 性向上
→ LP E 膜利用
・モ−ト形成
超電導薄膜
バリア層
基板
図 1 高温超電導 SFQ 集積回路実現のための要素技術と開発課題
すると共に、超電導コンタクトや抵抗体な
どの回路要素の形成技術も開発され
ている。
ジョセフソン接合作製技術に関しては、グラ
ンドプレーン上の 1,000 個の接合に対す
る Ic の標準偏差σとして 8% の値を
プロジェクト最終年度までの達成目標と
している。特に接合特性を決める鍵と
なるのが、厚さ数 nm の非超電導バリア
層の形成技術である。プロジェクトでは、
従来の非超電導薄膜を堆積する方法
ではなく、下部超電導層の表面にイオン
照射により薄い非晶質層を一旦形成
し、上部超電導膜の積層の際にこれを
結晶化させてバリア層とするいわゆる
界面改質バリアを有するランプエッジ接合
に開発を集中してきた。この種の接合
で小さな特性ばらつきを最初に報告
したのはNECグループであるが、現在で
はプロジェクトに参加している日立、東
芝、SRLなど複数の機関で同様の高品
質接合が得られるようになっている。
界面改質バリアの組成、構造、生成機構
が解明されると共に、特性ばらつきを
もたらす要因が明らかにされ、Icの標
準偏差σのトップデータとしては、グランド
プレーン上の 100 接合に対し 7.9 %、グラ
ンドプレーンがない場合は 5 から 7% の値
が得られ、目標の達成は間近となって
いる。また、上部超電導薄膜として、下
層に影響を与えないより低い基板温
度での成膜が可能なYb-123などの材
料を適用する技術も開発されている。
インダクタンス(Lin)
SFQ回路設計に関しては、数1,000個の
接合を含む中規模回路の設計技術の確立
を目標として開発を進めている。具体的な
回路ターゲットとして、次世代の移動体通信基
地局で必要と考えられる、周波数や方式の
異なる無線信号を広い帯域にわたり高速
にデジタル信号に変換できるAD変換器を選
び、設計した回路をNECのNbプロセスで試作
してもらい、設計技術の検証を行う方針を
取っている。これまで、アナログ無線信号を高
速のデジタル信号に変換するフロントエンド回路
がほぼ理論通り動作することを実証する
と共に、約500個の接合を含むデジタルフィル
タ(高速のデジタル信号を半導体のプロセッサに
接続するための信号処理を行う論理回路)
の動作に成功している。デジタルフィルタの規模
を 2,000 から 3,000 接合まで拡大するこ
とと、フロントエンド回路の改良により高いビッ
ト精度を達成することが今後の課題であ
る。
開発した接合技術を用いた、高温超電
導SFQ回路の試作も進められている。図2
には、日立が最近開発したAD変換器のフロ
ントエンド回路の写真を示す。11 個の界面改
質バリアランプエッジ接合を含むこの回路は、20
K において 100 GHz のクロック周波数で動作
することが確認されている。これ以外に
も、リングオシレータなどの要素回路や半導体と
のインターフェース回路、高速信号波形の観測に使
用できるサンプラー回路などの小規模回路の
試作が進められ、最終的には100個程度の
接合を含む回路の高速動作と低消費電力
性の実証を計画している。
(SRL/ISTEC 第6研究部長 田辺 圭一)
バランスト
コンパレータ
抵抗(Rin)
変調器
サンプリング信号生成回路
20 µm
図 2 高温超電導 AD 変換器フロントエンド回路
(c) ISTEC 2001 All rights reserved.
'01 年 10 月号 -4-
高温超電導メカニズム研究の
進捗状況
高温超電導メカニズム解明を目指し
て取り組んだ異常な常電導状態の性質
の内、面間伝導機構と擬ギャップ現象
については、電子相関が強く 2 次元的
な電子軌道状態を持つ物質に特有な性
質として、統一的な理解が進んだ。し
かしながら逆に、これらの異常な現象
が超電導対形成とは無関係である可能
性も出てきた。一方縞状秩序や電荷不
均一については、実験データが蓄積さ
れつつあるが、結論を出すのにまだ十
分とは言えない。当初一部の高温超電
導体だけに見られる現象と考えられて
いたが、これが高温超電導体共通の性
質、引いては対形成に関与している可
能性が出てきた。対破壊現象のほとん
どは、超電導の d 波対称性と超電導相
関長が短いことを考慮することで理解
できることがわかった。
超電導メカニズム解明そのものには
まだ遠いが、
「異常な常電導状態」を示す
低キャリアドープの組成領域は、電子
状態が大変不安定であるため、材料の
実用化に際しては絶対に避けなければ
いけない領域であるという知見が得ら
れた。磁性不純物以外の不純物や格子
欠陥によっても容易に超電導性が劣化
するという d 波超電導体の特徴ともあ
いまって、実用化段階で要求される高
温超電導体の組成制御の厳しさの程度
を示したと言える。その意味で超電導
特性向上に資することができた。
プロジェクトの残された期間の課題
としてはストライプ秩序や電荷不均一
の問題を更に追及する必要があり、光
学的測定や磁化特性、トンネル分光、
中性子散乱などの実験を通して統一的
描像の確立を目ざす。また、単位胞中
の銅酸素面の数が多い物質の電子状態
を光電子分光やラマン散乱分光によっ
て詳細に研究し、これらの物質の超電
導転移温度が高い原因を探る予定であ
る。
一方、材料探索に関しては、高圧合
成法を用い、ホモロガスシリーズの分
類にのっとった新規超電導体の開発に
は成功したが、超電導転移温度の飛躍
的上昇はなかった。銅酸化物高温超電
導体の材料探索はほぼ完了したと言え
る。一方、既存の高温超電導体特性向
上はまだ可能である。材料の高純度化
やドーピング濃度の精密な制御が、予
想よりはるかに特性向上に資すること
がわかり、高性能材料開発の指針を得
ることができた。
また、
非銅系材料についても研究を行
い、銅酸化物とは異なる超電導メカニ
ズムであろうと考えられる新規非銅系
超電導体をいくつか合成することがで
きたが、転移温度が銅酸化物を上回る
か或いは上回る可能性のあるものは見
つからなかった。
有機材料については、
超電導化にとって重要なパラメータを
ある程度把握することができ、また新
たな方法による超電導化の道を見出す
ことができた。
今度は元素置換などによって更に特
性向上を図ると共に、高臨界磁界、高
臨界電流材料開発の指針の詳細を確立
する予定である。
(SRL/ISTEC 第 2 研究部長 田島節子)
第7回超電導標準化国際会議
開催
活動並びに幹事国として実施した超電
導製品標準化に関するアンケート結果
がそれぞれ報告された。さらに、IEC/
TC90とリエゾン関係にある VAMAS から
高温超電導体を対象としたバルク、線
材、薄膜の電気的、電磁気的並びに機
械的特性試験方法の開発状況の報告が
なされた。
次回第8回超電導標準化国際会議は、
2002年春を目標にヨーロッパで開催す
ることが提案された。
*
この他にすでに国際規格,IS化されて
いるものとして、(1)超電導関連用語
,CEI/IEC60050-815、
(2)Nb-Ti複合超電
-9/19-9/21(2001)、韓国・ソウル市 導線の直流臨界電流試験方法
,IEC61788-1及び(3) Nb3Sn複合超電導
わが国は、
IEC(国際電気標準会議)の
線の直流臨界電流試験方法,IEC61788TC90(第90番技術委員会―超電導)の幹
2 の 3 件がある。これらの国際規格 ,IS
事国を引き受けており、超電導国際標
は、順次日本工業規格,JIS化のための
準化活動に貢献している。超電導標準
翻訳作業が進められており、すでに発
化国際会議は、2年から1.5年間隔で開
行済みの( 1 ) 超電導関連規格
催されており、第 7 回超電導標準化国
,JISH7005:1999、
(2) Nb-Ti複合超電導
際会議が 2001 年 9 月 19 日から 21 日ま
で韓国ソウル市で開催された。過去、 線の直流臨界電流試験方法,JISH7301:
1997及び(3)Nb3Sn複合超電導線の直流
超電導標準化国際会議は、第 1 回東京
(90 年 5 月)、第 2 回パリ(92 年 11 月)、 臨界電流試験方法,JISH7302:2000に加
え、
(4)Nb-Ti複合超電導線の室温引張試
第 3 回ボルダー(95 年 4 月)、第 4 回北
験方法、
(5)Nb-Ti複合超電導線の銅比試
京(96 年 10 月)、第 5 回フランクフルト
験方法もまもなく発行される。
(98 年 6 月)及び第 6 回ボルダー(00 年 3
(編集局 田中靖三)
月)にて開催された。
第 7 回超電導標準化国際会議は、韓
国ソウル市のシェラートン・ウオル
カ・ヒルホテルにて、前半(9/19-20)に
ワーキンググループ ,WG 会議(WG4、
WG6、WG8、WG9、WG10 及び WG11)並び
に後半(9/21)に IEC/TC90 本会議がそ
れぞれ開催された。会議参加国は、日
本、中国及び韓国の 3 カ国、また会議
参加者数は 30 人であった。
同会議においては、新たに国際規格
,IS *になった(1)ビスマス系銀シース
超電導線の直流臨界電流試験方法
,IEC61788-3、
(2)Nb-Ti複合超電導線の
室温引張試験方法,IEC61788-6、
(3)NbT i 複合超電導線の銅比試験方法
,IEC61788-5及び(4) Nb-Ti複合超電導
超電導速報―世界の動き
線の残留抵抗比試験方法 ,IEC61788-4
(2001 年 8 月)
の報告に引き続き、つぎの 7 件の規格
案が審議された。すなわち、
(1)超電導
体のマイクロ波帯域表面抵抗試験方法、 電力応用
(2)超電導線の臨界温度試験方法、(3)
Nb3Sn複合超電導線の残留抵抗比試験方
uperconductive Components, Inc.
Superconductive
法、
(4)Nb3Sn複合超電導線の銅比試験方
(2001 年 8 月 8 日)
法、
(5)Nb-Ti複合超電導線のピックアッ
Superconductive Components, Inc.
プコイル法交流損失試験方法、
(6)Nb-Ti
は、National Science Foundation と
複合超電導線の磁力計法交流損失試験
SBIRⅡBの契約を締結したと発表した。
方法及び(7)バルク超電導体の捕捉磁束
これは、長尺 BSCCO-2212 銀合金 HTS ワ
密度試験方法である。
イアーの連続製法に関するもの。この
また、各国における標準化活動報告
プロジェクトは、Bi-2212 線材につい
がなされ、日本から(財)大阪科学技術
て、そのコストを Nb3Sn と対抗できる
センター付属ニューマテリアルセン
程度まで低下させると同時に強磁場下
ター,NMCで実施している金属系超電導
での優れた特性を実現することを狙う。
材料に係わる標準化活動、
(社)日本ファ
同社は、O x f o r d I n s t r u m e n t s ,
インセラミックス協会 ,JFCA で実施し
Superconducting Technology (OST),
ている高温超電導材料に係わる標準化
と共同研究を行う予定。
(c) ISTEC 2001 All rights reserved.
'01 年 10 月号 -5-
(出 典)
“Superconductive Components, Inc.
Receives Grant to Develop Advanced
Manufacturing Method for HTS Wires”
(Superconductive Components Press
Release, August 8, 2001)
http://www.superconductivecomp.com
詳細は出典を参照。
通信
フラーレン
港科科学技術大学(2001 年 7 月 3 日)
港科科学技術大学大の物究者は、
単層のカーボン・ナノチューブが 15K
以下で超電導性を示すことを発見した。
この発見は、2001 年 6 月 29日の科学雑
誌「サイエンス」に発表され、同号の
中で最も注目を集めた論文であった。
これは、世界で初めて純炭素が超電導
性を持つことを示したもの。単層カー
ボン・ナノチューブ(直径 0.4nm)は
理想的な 1 次元システムであり、種々
の理論計算の確認が可能になった。こ
のナノチューブにより作られるワイ
アーにより、低損失ナノ回路が実現で
きるようになる。研究チームのリー
ダーは、Ping Sheng 教授。同教授は物
理学部長兼ナノサイエンス・テクノロ
ジー研究所所長。
(出 典)
“H K U S T S c i e n t i s t s D i s c o v e r
Superconductivity in World’s
Smallest Single-carbon Nanotubes”
(HKUST Press Release, July 3, 2001)
http://www.ust.hk
詳細は出典を参照。
ISCO International
(2001 年 8 月 9 日)
ISCO International Inc. (ISCO)は、
8月9日、複数の基地局でのトライアル
の後、Verizon Wireless社にフロント
エンド・システム(C r y o g e n i c
Receiver Front-end (CRFE) Systems)
材料
とアダプテイブ・ノッチ・フィルター
(ANFTM)各 12 セットを販売したと発表
Superconductive Components, Inc.
した。これらシステムは、シカゴ、オ
(2001 年 8 月 13 日)
ヘア空港周辺の 1 2 の基地局の 3 7 の
Superconductive Components Incは、 CDMAセクターをカバーする。この地域
2001 年第 2 四半期の収入が 905,071 ド
はVerizon Wireless社のネット・ワー
ル(昨年同期 703,369 ドル)であった
クの中で最もトラフィック量の多い地
と発表した。製品販売実績が好調なた
域である。トライアルにおける、干渉
めの増収。また、今年に入り
除去、切断された回線の回復、人口過
National Science Foundation との
密地域におけるトラフィック収容可能
SBIR- Iの契約にも成功している。グ
量の著しい向上(従来比 25 ∼ 35% 増)
ロス・マージンは、昨年同期の155,862
の実績が認められたもの。これは、
ドル(22.2%)に対し、今期は333,168ド
2.5,3Gのみならず、現行2Gにおいても
ル(36.8%)。このグロス・マージンの改
超電導フィルターが著しく通信事業者
善には、これまで手を打ってきた生産
の収益性を向上させるということを実
能力増強が大きく寄与している。
証したという重要な意義を持つ。
総務・管理経費は、今期 262,360 ド (出典)
ル(昨年同期 113,316 ドル)に増加し “ISCO International Announces Deal
たが、これは人員増加によるもの。
With Verizon Wireless.”
Lucent Technologies
設備投資は、今期 124,585 ドル(前
(ISCO International Press Release;
(2001 年 8 月 30 日)
年同期 22,114 ドル)であったが、これ
August 9, 2001)
ルーセント・テクノロジー社ベル研
は生産能力増強のためのもの。
http://www.iscointl.com/
究所は、bucky ball(発見者は米国の
(出 典)
詳細は出典を参照。
R. Buckminister Fuller)として知ら
“Superconductive Components Inc.
れるサッカー・ボール型カーボン分子
Reports Second Quarter Results”
ISCO International
が117K以下の温度で超電導性を持つこ
(Superconductive Components Inc.
(2001 年 8 月 14 日)
とを示した。この分子はクロロフォル
Press release; August 13, 2001)
ISCO International Inc.社長George
ム及びブロモフォルムを含んでおり、
http://www.superconductivecomp.com/
Calhoun は、2001 年第 2 四半期に初め
これにより分子間距離を大きくし、電
詳細は出典を参照。
て、市場における確固たる地位を確立
子及び分子の相互作用を小さくしてい
するような結果が得られたと述べた。 る。この材料は、カッパー・オキサイ
同氏はさらに、商業的価値の高い
ド超電導体に比べて安価になる可能性
医療応用
CREFE(Cryogenic Front End System)
を持っており、同時にその物理もよく
の米国における基本特許を取得し、競
理解されている。この発見は、安価な
4-D Neuroimaging (2001 年 8 月 27 日)
合他社が本特許に抵触する製品を販売
0ロス有機超電導エレクトロニクスや
4-D Neuroimagingは最新のラジアル
していることに対しこれを禁止する特
量子コンピューターのような用途に道
型の脳撮像装置Magnes3600がミネアポ
許侵害訴訟を起こしたと述べた。
を開くことになるかも知れない。
リスの退役軍人医療センターに設置さ
2 0 0 1 年第 2 四半期の、総収入は (出典)
れたと発表した。
1,374,000ドル(前年同期15,000ドル) “Bell Labs scientists create record このシステムは、脳機能の研究向け
に達した。この結果2001年上期の総収
breaking, high-temperature organic
に使用されることになる。同システム
入は前年同期 1 8 7 , 0 0 0 ドルに対し、 superconductor out of carbon bucky
から得られた情報は、ミネアポリス大
1,886,000 ドルに上る。損失は、2001
balls”
学の MRI センターのデータとともに、 年第 2 四半期、2001 年上期がそれぞれ
(Lucent Technologies Press Release,
知覚、行動神経パルス、知覚行動の他
5,529,000ドル(前年同期3,782,000ド
August 30, 2001)
神経疾患の研究にも応用される。
ル)、1 0 , 2 7 6 , 0 0 0 ドル(前年同期
http://www.bell-labs.com/news/2001/
(出 典)
6,185,000 ドル)である。損失の増加
august/30/1.html
“4-D Neuroimaging Announces Opening
は、3Gプロトタイプの開発費及びアジ
詳細は出典を参照。
of Magnes 3600 Facility - Veterans
ア、北米における 2G,2.5G システムの
(ISTEC 国際部長 津田井 昭彦)
Administration Medical Center in
フィールドテストの費用のため。
Minneapolis, MN Holds Inauguration (出典)
of MEG Center”
ISCO International Reports
(4-D Neuroimaging Press Release,
Substantial Revenue Increase in
August, 27, 2001)
Second Quarter 2001 Financial
http://www.4dneuroimaging.com
Results (ISCO Press release; August
詳細は出典を参照。
14, 2001)
http://www.iscointl.com/
詳細は出典を参照。
(c) ISTEC 2001 All rights reserved.
'01 年 10 月号 -6-
【隔 月連 載記事 】
超電導エネルギーギャップの
神秘
(そ の4 )
神秘(
東京大学大学院
新領域創成科学研究科
教授 内田慎一
8.
超電導電流−位相の固さ
8.超電導電流−位相の固さ
と述べた。数のゆらぎは、その母数が
大きければ大きい程起こり易い(母数
が大きければ多少その数が変動しても
系のエネルギー等に与える影響は小さ
い)
。従って、ns が大きい超電導体程、
位相が一様に揃い易い、すなわち位相
のゆらぎが起こり難いといえる。この
ことから ns は位相の「固さ」を表すパ
ラメーターでもある。
*
電気抵抗がゼロだからマイスナー効果
が出てくるわけではない。例えば、不
純物や欠陥を含まない理想的な金属は、
絶対零度でその電気抵抗はゼロになる。
しかし、T=0Kでもマイスナー効果を示
さない。
電子の位相はバラバラであり、
磁場が容易に侵入できるだけでなく、
電場がなければ電流は流れない。
前回(その 3)、超電導ギャップは
クーパー対の位相を「固く」すると述
べた。止むを得ず数式を使う事になる
が、量子力学では、位相θを持った荷
電粒子が磁場の下で運動するとき、そ
の粒子が運ぶ電流は、i =(q/m)(h ∇
A )で与えられる。q は粒子の電
θ− qA
9.
高温超電導体の超電導ギャッ
9.高温超電導体の超電導ギャッ
Aは磁場を作るポテンシャル、∇ θ
荷、
プ
は位相の空間変化を表している。単位
以下、話を高温超電導に移す。すで
体積にns個いるクーパー対が運ぶ電流
に、§ 4(その 1)で高温超電導ギャッ
密度 j は、j =(2ens/m)( ∇ θ−2eA)と
その異常な振舞を列挙した。
なるが、
超電導ギャップの存在により、 プの特徴、
ここでは、それらをより具体的に述
磁場がかかっても位相の一様性が保た
べることにする。先ず、前節(§ 7、§
れるので、∇ θ=0である。従って、超
8)との関連で、高温超電導体でのΔと
AとA
電導電流密度は js =(− 4e2ns/m)A
ns の意味を考える。
に比例することになる。この js と A と
の比例関係は、ロンドン方程式と呼ば
9.1 超電導ギャップと位相の固さ
れているもので、超電導体には磁場が
λ L ∼(mc2/nse2)1/2 程度の長さしか侵入
高温超電導体のクーパー対では、電
できないというマイスナー効果を表す
子が相手の周りをグルグル回っている
ものである。λ L は磁場侵入長あるい
はロンドン長と呼ばれる長さで、多く (有限の角運動量をもつd波となってい
る)
。
通常の超電導体のクーパー対は角
の超電導体で 0.1 ∼ 1 μ m である。
運動量ゼロ(s 波)の束縛状態で、その
磁場を超電導体内部から排除すると
重心を中心として、あらゆる方向に行
いうマイスナー効果をもたらしている
き戻りする2つの電子を思い浮かべれ
のは、超電導体表面を流れる電流 js で
ばよい。
d波クーパ対の超電導ギャップ
ある。この電流は、試料が超電導状態
Δは電子の運動方向により、ゼロから
にある限り永久に流れ続け、しかもそ
最大値Δ0まで変化するが、超電導状態
れを駆動しているのは磁場で、電場
を特徴づける(例えばξの大きさを決
(起電力)はどこにも存在しない。これ
める)のはΔ 0 である。
がゼロ抵抗の本質である。針金に電流
高温超電導体では、予想通り、Δ 0 は
が流れるとその中心の周りに同心円状
かなり大きい値になっている。一方、
の磁場が発生する。この針金が超電導
クーパー対密度 ns は、その常電導状態
状態になると、マイスナー効果により
のキャリアー密度から想像できるよう
磁場が針金の外に押し出されるが、磁
に、通常の超電導体より小さな値に
場を排除する電流は針金の表面を針金
なっている。高温超電導体の異常さの
に沿って流れる。これが超電導電流で
1つは、Δと ns の役割が入れ替わって
あり、針金の両端には電圧(起電力)が
いるようにみえることである。それを
存在しない。ゼロ抵抗というのは、マ
議論するためにns の次元をΔに合わせ
イスナー効果の1つの姿なのである。*
る。n s に対応するエネルギーはクー
λ L の式及びロンドン方程式は、λ L
パー対のプラズマ振動エネルギーω ps
を決め、従って超電導電流を運ぶ能力
∼(nse2/m)1/2である。
通常の超電導体で
を表すのはクーパー対密度nsであるこ
はΔ≪ω ps であるのに対して、高温超
とを示している。ns は超電導ギャップ
電導体では、特にそのアンダードープ
Δと並ぶ超電導の基本量であることが
域においては上記の関係が逆転してい
わかる。
(
「その2」で記した様にΔは
る(Δ 0> ω ps)
。超電導臨界温度 Tc に注
コヒーレンス長ξ=hvF/Δと結びつい
目すると、通常の超電導体では Tc とΔ
ており、超電導にはλ L とξの2つの特
の間に比例関係(Tc ∼Δ)が成り立っ
徴的長さスケールがある)。
ns は、また別の意味ももっている。 ているのに対して、高温超電導体で Tc
は、むしろ ns にスケール(Tc ∼ ns)し
前回、クーパー対の位相が揃うために
ていることが実験で確認されている。
は、その数がゆらがなければならない
(c) ISTEC 2001 All rights reserved.
この実験事実を上記のΔと h ω ps との
大小関係に対応させると、次のような
推論が成り立つ。
温度を上昇させて超電導状態がどの
ように壊れてゆくかを考えてみる。通
常の超電導体ではΔ<ω ps なので位相
は充分に「固い」。それに比べてクー
パー対の束縛「力」
(Δ)が弱いため、温
度上昇により破壊されるのはクーパー
対ということになる。クーパー対が完
全に解離する温度が Tc である。高温超
電導体の場合(Δ > ω ps)
、弱いのは位
相を揃える「力」
(ns)である。温度上昇
により位相コヒーレンスが破壊される
が、
対はそのまま残る可能性が大きい。
対は残っても位相が揃わなくなるため
マイスナー効果すなわち超電導電流が
消える事になる。その温度が高温超電
導体の Tc であり、従って Tc は対よりも
位相すなわちns に支配されているとい
うのが最近の考え方である。
図6. 超電導線の断面。電流と磁場の
分布を示す。超電導電流は銅線の表面
を紙面に向かって流れ、内部の磁場を
排除している。
[これまでの連載記事の内容
]
これまでの連載記事の内容]
エネルギーギャップ
の神秘
超電導エネルギーギャップ
エネルギーギャップの神秘
超電導
その 1(4 月号掲載)
1. はじめに
2. 半導体のエネルギーギャップと超
電導ギャップ
3. 超電導ギャップと超電導特性
4. 高温超電導体のギャップ
その 2(6 月号掲載)
5.超電導ギャップの起源
6. 臨界温度とコヒーレンス長
その 3(8 月号掲載)
7. 位相のコヒーレンスと準粒子
その 5(12 月号予定)で完結。
'01 年 10 月号 -7-
第 14 回国際超電導シンポジ
開催速報
ウム
(ISS2001)
ウム(ISS2001)
(ISS2001)開催速報
読者
の広場
読者の広場
ISS2001 が神戸国際会議場で 9 月 25
日(火)から27 日(木)まで、国外参加者
約 100 名、国内参加者約500 名、合計約
600名の研究者・技術者らの参加を得て
開催され、無事終了した。
本年度の会議は、予想外の米国同時
多発テロ事件の影響もあり、米国政府
機関の参加講演者の変更やキャンセル
通知が多発したものの、口頭講演とポ
スター講演も含めた研究報告件数は約
390件で事前登録数からの減少は小幅に
とどまり、
全体は大いに盛況であった。
開会式は、斉藤専務理事(ISTEC)の司
会により、テロ犠牲者への哀悼の言葉
で始められ、田中所長(SRL/ISTEC)によ
り開会の挨拶が行われた。シンポジウ
ムは、ISS2001プログラム委員長の小林
教授(大阪大)、
Salama教授(ヒュースト
ン大)の座長により、特別基調講演・基
調講演が行われ、2 日目からは、物理・
化学、磁束物理、バルク / システム応
用、線材・テープ / システム応用、薄
膜・接合・デバイスの各セッションに
分かれて活発な議論が行われた。
初日夕刻には約 200 名の出席者を得
てバンケットが開かれ、活発な国際的
技術交流の場となった。
最終日のクロージングアドレス・
セッションでは、物理・化学分野を山
田教授(京都大学)
、バルク / システム
応用分野を G . J . S c h m i t z 博士
(Access.eV 社)
、線材・テープ / システ
ム分野をM.Suenaga博士(ブルックヘブ
ン国立研)、薄膜・接合・デバイス分野
をP.Seidel博士(独固体物理研)の各氏
が、今回の会議の主要な成果と今後の
見通しをまとめた。
超電導電子構造の解明、MgB2 を始め
とする超電導新材料、成膜技術、線材
と TFA-MOD 製造技術やデバイス・シス
テム技術の各技術分野の着実な進展が
あったことが述べられた。
この会議の成果や詳細に付いては来
月号で改めて報告される予定である。
最後に田中所長の閉会の挨拶と共に、
2002年度の横浜での開催計画と研究開
発の進展および、超電導産業技術とし
ての実用化への更なる期待が宣言され、
盛況裡に終了した。
本年度は同時に神戸国際展示場で、9
月26日から28日までISS2001展示会が
開催され、新聞社やTV 局の取材等も行
われ大きな反響があった。今回は , 神
戸国際産業フェアの一環として特別
ブースを設定したので、多数の非専門
家の見学者があり超電導基礎研究から
産業技術までが紹介され、実用化の現
状に多くの関心と好評を得た。
(ISTEC 調査企画部 正畑伸明)
Q: 実用超電導材料が実用状態にある
とき、物質中のどれほどの電子が超
電導に寄与しているのでしょうか? (匿名)
新聞ヘッドライン
(8/20-9/13)
Q&A
○電力貯蔵装置の構造材半減 線材に
働く力制御 超電導コイル開発
東工大 8/20 日本経済新聞
○東大 室内で世界最強磁場 リニア
の 100 倍 新材料開発に一役
8/20 日本経済新聞、
8/21 日刊
工業新聞
○超電導物質 電子の様子を観察
東大・阪大 材料研究の新手法
8/23 日経産業新聞
○研究進む二ホウ化マグネシウム 優
れた超電導物質に期待
8/28 日刊工業新聞
○マグネオ技研 超伝導磁気力を向上
完全版の製品化目指す
8/29 日本工業新聞
○零下156度で超電導 米ベル研新物
質発見
8/31 日本経済新聞、日経産業新聞、
読売新聞
○ナノテク新材料を初量産 三菱化
学・三菱商事
9/8 日本経済新聞(夕)
○富士電機 超低温の小型冷凍機 通
信機器やセンサー用
9/11 日経産業新聞、電気新聞
A: PbやNbのような金属超電導体を考
える。T>Tcの常電導状態の電気伝導を
担うのは 1cm3 あたり 1022 個程度存在
する伝導電子
(伝導帯を占有している
電子)である。T<Tc に冷やすとフェル
ミ準位近くの電子間に引力が働いて、
クーパー対が形成される。
もとの金属
のフェルミ準位近くの電子だけがクー
パー対に参加するのではない。
金属が
常電導部分と超電導部分に相分離しな
い限り、
すべての伝導電子がクーパー
対を形成する。
現実の超電導物質あるいは超電導材
料で問題となるのは、
材料を超電導状
態にしたとき、
その超電導電流を運ぶ
能力である。本号の「超電導ギャップ
の神秘(その 4)
」で解説したように、
その能力は磁場侵入長λ L の逆 2 乗
λ -2L で測られる。物質パラメーター
としてのλ -2L はクーパー対の数に対
応するものであるが、超電導材料で
は、不純物、ピン止め中心や材料の表
面・界面等の影響でλ L は物質パラ
メーターとしての値よりも一般的に長
「読者の広場」へのご意見ご質
。超
くなる(能力λ -2L は小さくなる)
問等みなさんの投稿をお待ちして
電導材料では、
必ずしもすべてのクー
おります。
パー対が有効に超電導電流に寄与して
いるわけではない。但し、ここでいう
能力と臨界電流は別物である。
臨界電
流は磁束ピン止めの中心や表面などの
e-mail to: 外的要因によって決まる。
超電導材料
[email protected]
は超電導物質の能力を多少犠牲にし
て、実用特性(臨界電流)を稼いでい
るのである。
(回答者:東京大学大学院
超電導 Web21
10 月号
Web21 新領域創成科学研究科
教授 内田慎一)
2001 年 10 月発行
<発行者>
(財)
国際超電導産業技術研究センター内 超電導 Web21 編集局
〒 105-0004
港区新橋 5-34-3 栄進開発ビル 6F
Tel 03-3431-4002
Fax 03-3431-4044
ホームページへのリンク
http://www.istec.or.jp
この「超電導 Web21」は、競輪の補助金
を受けて作成したものです。
国際フロンティア産業メッセ 2001
超電導テクノロジーフェア風景
(c) ISTEC 2001 All rights reserved.
'01 年 10 月号 -8-
Fly UP