...

土地造成前 土地造成中 - 株式会社 WILLHOUSE

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

土地造成前 土地造成中 - 株式会社 WILLHOUSE
土地造成前
土地造成中
今年3月頃から土地からご検討されていたT様の土地が確定、ご契約をされました!T様ご契約おめでとうございます。
まだ造成工事中ですので家を建てさせて頂くのは9月末から10月の頭頃になると思いますが、それまでプランを煮詰めて
行きましょうね。南向きの整形地でとっても日当たりの良いところです。羨ましいですね。(^^♪今回のT様邸ではオール電化はもちろん!
断熱材に東神吉で建てさせて頂いたN様の御宅と同じ吹付断熱アクアフォームを採用予定!さらにっ!太陽光発電パネルも設置予定です!
さらにさらに(^^♪蓄熱暖房機も!ご主人は色々と家の事に付いてとっても研究熱心です。プランもまだ確定ではありませんがやっぱり、
せっかく家を建てるのですから色々考えないと・・・土地の形状に対して日当たりの事、日々の家事に忙しい奥様への動線の配慮や
収納スペースの確保など色々と考えた上でプランを作って行かなければなりません。お洒落重視の家も良いでしょうが、
やっぱり大切なのは日々の生活・・・どこに重点を置かれるかは人それぞれですし後は予算との兼ね合いの事もありますが、
私が言えることは大手住宅会社と比較して同じ仕様で同じものを付けて同じ間取りで同じ形の家ならば、当社で家を建てさせて
頂ければ確実にお客様が得をする!と言うことです。(笑)建築基準法の絡みで間取りがうまく取れなかったり
融資の絡みといった問題もあったりしますが、極力お客様のご希望に添える様に頑張ります!
今年は加古川市に地域密着型サービス事業の公募が出ました。3年前にも応募していたのですが残念ながら権利を得る事は出来ませんでした。
2年前には高砂市で公募に応募していましたがそれもダメでした。そして今年は加古川市で公募が出たのでまたまた応募します。ネバーギブアップ!!
本社では社会福祉部門の㈱ピュアロージュがあり、本社直営で5施設「陽風荘」と言うグループホームを運営しております。
左の写真は先月オープンした京都「鳴滝陽風荘」です。オーナー様は別ですが建設は本社が担当して運営はピュアロージュがしています。
認知症の方の介護施設ですが、普通の有料老人ホームとは少し違い介護度によってその利用者様に国から助成金が出ます。
ですので個人負担分がその分少なくて済むようになっています。まだまだこういった施設が少ないのが現状・・・
どんどんと高齢化社会が進んで行く中、こういった施設の重要性への理解がまだまだ進んでいません・・・普通の有料老人ホームに入るには
月に40万円ほどかかるそうです。もし、ご両親が施設に入らなければならないような状況になったとき、日常の生活を送りながら別に
支払えますか・・・?自分で親の介護を出来る環境にある方は別ですが、みんな家庭や自分のお子様の事だけでも大変なはずです。
介護経験がある方はその大変さを知っています・・・そして様々な問題が発生しているのも事実です。明日は我が身かもしれません・・・
そんな方々の為に少しでも建築と言う立場からお役に立てればと想い、3年前から加古川支社でも動いておりますが、こればっかりは加古川市が
開設者を決定するのでどうなるかはまだわかりません。また、私個人にもそんな力はありません、が同志である友達がやる!と立ち上がって
くれています!と言うことで今年も地域密着型サービス事業グループホームへの公募に応募致します!運営については本社福祉部門のピュアロージュが
全面バックアップ!建設に付いては当社が担当致します。高度成長期時代に頑張って今の住みやすい日本を作って来られたご年配の方々に対して
少しでも建築を通じてお役に立てればと思います。消費税の増税問題や生活保護受給者の話が問題になっていますが、税金を正しく
本当に意味の有ることに使って頂きたいと思います。今年こそは権利を得られると良いのですが・・・
6月22日から24日まで研修旅行に行って来ました。場所は立山黒部がメインでした。トロッコ電車やケーブルカーやシャトルバスにも
乗りました。ロープウェーにも乗って黒部第四ダムへ行きました。ここは絶対に一度は行って見たいと思っていた所でした。
その壮大なスケールに感動・・・昭和30年代に作られた日本最大のダム、NHKのプロジェクトXなどでその当時の建設時のプロセスは
知っていましたが実際に見ると本当に感動しました。涙が出そうになりました。よくぞこんな凄い建築物を人間が作ったなと本当に感動します。
完成したのは昭和38年だそうですが、私はまだ生まれていません、その当時は道具や機械なども現在とは比べ物にならない扱いにくい
ものだったでしょう・・・建設時には171人の方々が尊い命を落としたそうです。その方々のお力が無ければこのダムは完成しなかったでしょう
慰霊碑に手を合わせて来ました・・・建設当時中の写真も見ましたが本当に泣けて来ます。現在に建設しようと思ったら7年ではとても
建設する事は出来ないでしょうね。本当に恐ろしく険しい山々、そして雪が6月現在でも残っているような豪雪地帯です。
「黒部の太陽」をドラマでもやっていましたが現地に訪れてその過酷な状況が目に浮かびました。このダムを作るにあたって
その工事に携わった方々を尊敬の念を抱かざるおえません。日本人の男性には是非一度、訪れて頂きたいと思いました。
よほどの根性と忍耐力が無いとこの現場ではとても通用しなかったと思います。山に入れば数ヶ月は降りて来ることは出来ません。
家族に会うことも出来ません。当時はテレビや娯楽も無かったでしょう。その上、寒さや暑さと戦い、泥だらけになって命の危険性と戦い
そしてこの偉業を成し遂げた方々がいる・・・本当に凄いと思いました。仕事がしんどいだとか疲れたとか言ってる事は
本当に恥ずかしい事だと思いました。今回、黒部に行くことが出来て本当に良かったと思います。自分がどれだけ恵まれた環境にいるのか
そしてどれだけ恵まれた時代に生かされているのかを思い知らされました。カンボジアの支援活動に行っている時に感じる貧しさとは違い
昭和の時代に日本の国の発展の為に命をかけて仕事をしていた方々の現場に触れて現在の日本の働く意味の心の貧しさに気づかされたような
気がします。全てがそうだとは言いません、が最近に見る自己中心的犯罪や経済の動向を見ていると何か違うように思います・・・
私にはたいした事は出来んませんが自分自身が出来ることをやることで少しでも何かが良い方向へ変われば良いなと思います・・・
そんな人生を送って行きたいですね。人に言われてするだけ、はいけないと思います。それが悪い訳でも何でも無いですが少なくとも
私は自分から進んでするのが仕事だと思っています。それが少しでも地域の皆様や社会のお役に立てるならそんな嬉しい事は
ありません。権利を主張するならまず義務を果たせ!ですね!しっかりと義務が果たせる様に日々精進して参ります。
人様に無関心でいられるほど悲しい事はありません、人様に必要として頂ける事に感謝して・・・
Fly UP