...

成功の鍵は意外に近くにあるのかもしれない - Strategy

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

成功の鍵は意外に近くにあるのかもしれない - Strategy
巻頭言
成功の鍵は意外に近くにあるのかもしれない
今井 俊哉
今 回 の 特 集では、PwC ネットワークの 一 員として戦 略コンサ
今 号でまずご紹 介する「 Creating Strategy That Works
ルティングサ ービスを提供する Strategy& がかねてよりその解
『 使える戦 略 』を作るには」は書 籍 のエッセンスをまとめたもの
を追求してきたテーマ、
「企業がどのようにすれば競争優位を実
である。成功した会社の事例研究からベストプラクティスを抽出
現できるのか」、具体的には、戦略と実行の間に生じるギャップは
する帰納法的アプローチを採る研究はこれまでも多くのコンサ
どこから来るのかという命題に関する研究の最新版をご紹介す
ルタントやコンサ ルティングファームから出版されてきた。本書
る。Strategy& では、その前身である世界で最も古い戦略コンサ
の特徴として著者らは、コンサ ルタントの仮説先行とならないよ
ルティングファームであるブーズ・アンド・カンパニー時代から、実
うMIT の教授陣と共同で成功企業についての事例抽出と調査を
行される戦略、利益に結びつく戦略立案および支援を「 Sleeves
実 施した。そ の 企 業 の 選 択にあたって、地 域や 産 業に関 する多
( 腕まくりして)
という標語の下で実践してきた。2014
rolled up 」
様性を考慮しつつ選ばれたものが本書にある通りの企業群であ
年の PwC ネットワーク入りも、より戦略と実行に連続性を持たせ
る。残念ながら日本企業は含まれておらず、日本人からすると一
るという視点に立って行ったものである。
見なじみ の 少ない 会 社も含まれているかもしれないが、いずれ
弊社ポール・レインワンドらは前著The Essential Advantage
も著 名なグローバルカンパニーであり、エピソードの 1 つ 1 つは
において、問題を解くカギは企業が幾つかのフォーカスされた事
興味深いものである。
業領域において自社の価値提供や商品・サービスのラインアップ
提示されている 5 つの行動様式の中には、アイデンティティや
と整合した特徴あるケイパビリティを保有していることであると
文 化 へ の 着目があることから、自社の 伝 統や歴 史や文 化といっ
論じた。ただし、そのような特徴あるケイパビリティを各社がどの
た、ともすればかつての「古き良き日本企業」的な側面も垣間見
ように体系的な形で設計・構築・展開してきたかについては述べら
られ、ある種 の 意 外 性を持って受け取られる読 者 諸 兄もおられ
れてはいなかった。いかにして競争優位に結びつくケイパビリティ
ることと思う。しかしながら、成功企業についての地道な調査に
を構築していくべきかを、行動様式という観点から改めて研究し
よって明らかとなってきたのは、自社の顧客に対する敬意や思い
た書籍Strategy That Works を2016 年 2 月にグローバルで出版
やりであり、顧客ニーズに対する徹底的な探究・追求を行う姿勢
し、日本語版『なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか─高収益
であり、顧客やビジネスパートナーの声に耳を傾ける組織として
企業になるための 5 つの実践法 』を 2016 年 12 月に刊行すること
の謙虚さであった。また、これが自らが進むべき道と見極めたな
となった。ご紹介する5 つの行動様式を備えることで、良い戦略が
ら、そ の 実 現に向け自社に課 す変 革 の 重 要 性を社 員に説 明し、
利益を生む確度を飛躍的に高めることができるのである。本特集
実現しようとするリーダーとしての熱意であり勇気でもあった。
はその骨子および関連する論考をご紹介するものである。
ここには「 一 律 何 %カット」などという説 明する手 間も無 いよう
2
S t r a t e g y & F o r e s i g h t Vo l . 9 2 0 16 A u t u m n
今井 俊哉(いまい・としや)
[email protected]
strategyand.jp.pwc.com
Strategy& 東京オフィスのリーダー。約
25 年にわたり、コンピュータ・メーカー、
ITサービスプロバイダー、電子部品メー
カー、自動車メーカーに対し、全社戦略、
営業マーケティング戦略、グローバル
戦略、IT 戦略等の立案、組織・風土改革、
ターンアラウンドの実行支援等のプロ
ジェクトを多数手がけてきた。
な粗雑なコミュニケーションは存在しない。
続く「 Strategy That Works の日本 企 業 へ の 意 味 合 い 」で
は、5 つの行動様式についての日本企業に対する簡単な解説と、
この行動様式を体現する企業事例をご紹介するものである。
戦略と実行のギャップをつなぐ5 つの行動様式の 3 番目に紹介
されているのが自社の組織文化を活用する重要性である。変革
を推進するにあたって、組織再編に頼ることがみられるが、行動
を変革するに至らないことが多い。
「組織文化の 10 原則」では、
自社の組織文化の強みを生かし、変革を実現するアイデアを提
供する。
5 つの行動様式の 4 番目が、コスト削減を成長力の捻出を目的
とすることである。
「Fit for Growth 成長への変革」ではその具
体的な考え方についてご紹介する。書籍を通じてケイパビリティ
の構築の重要性を説いているが、短期間には獲得できるもので
はないため、ケイパビリティの獲得を目的に企業を買収すること
も考えられる。
最後の「 Deals That Win ケイパビリティから考察した M&A
戦 略 の あり方 」はケイパビリティの 強 化を意 図したディー ルが、
そうではないディー ルに比 べ 大きなリターンを生むことを明ら
かにした調査を基にした論考である。
これからどのような形で自らの土俵を描き、築き上げて行くの
か? 読者の皆様が、自らの意思で自らの未来を切り開いて行こ
うとする志を単なる理 想では無く現 実 のものとして頂くための
何らかの参考となれば望外の幸せである。
S t r a t e g y & F o r e s i g h t Vo l . 9 2 0 16 A u t u m n
3
Fly UP