...

ダウンロード

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

ダウンロード
4-461-833-01(1)
安全のために
パーソナルオーディオシステム
ソニー製品は安全に充分配慮して設計されてい
ます。しかし、電気製品はすべて、まちがった
使いかたをすると、火災や感電などにより人身
事故になることがあり危険です。事故を防ぐた
めに次のことを必ずお守りください。
取扱説明書・保証書
この「安全のために」をよくお読みください。
お買い上げいただきありがとうございます。
電気製品は安全のための注意事項を守らないと、
火災や人身事故になることがあります。
この取扱説明書をよくお読みのうえ、製品を安全にお使いください。
お読みになったあとは、いつでも見られるところに必ず保管してください。
1 年に 1 度は、AC アダプターのプラグ部とコンセ
安全のための注意事項を守る
火災や感電の危険をさけるために、本機を水の
かかる場所や湿気のある場所では使用しないで
ください。また、本機の上に花瓶などの水の入
ったものを置かないでください。
本機の上に、例えば火のついたローソクのよう
な、火炎源を置かないでください。
万一、水や異物が入ったときは、すぐに本体の
電源を切り、AC アダプターをコンセントから抜
き、お買い上げ店またはソニーの相談窓口にご
相談ください。
ントの間にほこりがたまっていないか、などを
点検してください。
動作がおかしくなったり、キャビネットや AC ア
ダプターなどが破損しているのに気づいたら、
すぐにお買い上げ店またはソニーの相談窓口に
修理をご依頼ください。
万一、異常が起きたら
変な音・においがしたら、煙が出たら
Printed in China
コード類は正しく配置する
コード類は足に引っかけたりして引っぱると製
品の落下や転倒などによりけがの原因となるこ
とがあるため、十分注意して接続・配置してくだ
さい。
下記の注意事項を守らない
けがをしたり周辺の
家財に損害を与えた
と
りすることがあります。
内部を開けない
定期的に点検する
故障したら使わない
©2013 Sony Corporation
内部に水や異物を入れない
本機の上に熱器具、花瓶など液体が入
ったものやローソクを置かない
感電の原因となることがあります。
内部の点検や修理はお買い上げ店またはソニー
の相談窓口にご依頼ください。
小さい電池は飲み込む恐れがあるので、乳幼
児の手の届くところに置かない。万が一飲み
込んだ場合は、窒息や胃などへの障害の原因
になるので、直ちに医師に相談する。
機器の表示に合わせて+と−を正しく入れる。
充電しない。
火の中に入れない。分解、加熱しない。ショ
ートさせない。
コイン、キー、ネックレスなどの金属類と一
緒に携帯・保管しない。
液漏れした電池は使わない。
使いきった電池は取りはずす。長時間使用し
ないときも取りはずす。
水などで濡らさない。風呂場などの湿気の多
いところでは使わない。
電源コードを傷つけない
電源コードを傷つけると、火災や感電の原因と
なります。
 電源コードを加工したり、傷つけたりしない。
 重いものをのせたり、引っ張ったりしない。
 熱器具に近づけない。加熱しない。
 AC アダプターを抜くときは、必ず電源コード
のプラグ部を持って抜く。
万一、電源コードが傷んだら、お買い上げ店また
はソニーの相談窓口に交換をご依頼ください。
はじめからボリュームを上げすぎない
突然大きな音が出て耳をいためることがあります。
ボリュームは徐々に上げましょう。とくに、デジタ
ルオーディオプレーヤーなど、雑音の少ないデジタ
ル機器を聞くときにはご注意ください。
SRS-GM7iPN

 電源を切る

火災や感電の原因となることがあります。とく
に風呂場では絶対に使用しないでください。
長時間使用しないときは AC アダプタ
ーを抜く
長時間使用しないときは、安全のため AC アダプ
ターをコンセントから抜いてください。
AC アダプターをコンセントから抜く
 お買い上げ店またはソニーの相談窓口に修理
を依頼する
警告表示の意味
取扱説明書および製品では、次のような表示
をしています。表示の内容をよく理解してか
ら本文をお読みください。
ります。
お手入れの際、AC アダプターを抜く
AC アダプターを差し込んだままお手入れをする
と、感電の原因となることがあります。
この表示の注意事項を守らな
いと、火災・感電・破裂などに
より死亡や大けがなどの人身
事故が生じます。
この表示の注意事項を守らな
いと、火災・感電などにより死
亡や大けがなど人身事故の原
因となります。
パーソナルオーディオシステム
SRS-GM7iPN
この表示の注意事項を守らな
いと、感電やその他の事故に
よりけがをしたり周辺の家財
に損害を与えたりすることが
あります。
T02-1
ぬれた手で AC アダプターにさわらな
い
感電の原因となることがあります。
電池についての
安全上のご注意
液漏れ・破裂・発熱・発火・
誤飲による大けがや失明を避
注意を促す記号
自然放熱を妨げない
行為を禁止する記号
保証書とアフターサービス
保証書
所定事項の記入および記載内容をお確かめのう
え、大切に保存してください。
保証期間は、お買い上げ日より 1 年間です。
アフターサービス
雷が鳴りだしたら、AC アダプターに
触れない
本機や AC アダプターに触れると感電の原因とな
布をかけたり、毛足の長いじゅうたんや布団の上
または本箱や組み込み式キャビネットのような通
気が妨げられる狭いところに設置しないでくださ
い。壁や家具に密接して置いて、自然放熱の妨げ
になるようなことはしないでください。過熱して
火災や感電の原因となることがあります。
けるため、下記の注意事項を必ずお
守りください。
本機では以下の電池をお使いいただけます。
電池の種類については、電池本体上の表示を
ご確認ください。
乾電池
単 4 形(マンガン電池は使用できません。)
ボタン型電池
リチウム電池 CR2025
(リモコン用)
行為を指示する記号
調子が悪いときはまずチェックを
この説明書をもう一度ご覧になってお調べくだ
さい。
それでも具合の悪いときはサービスへ
お買い上げ店、またはソニーの相談窓口(保証書
の下に記載)にご相談ください。
保証期間中の修理は 保証書の記載内容に基づいて修理させていただ
きます。詳しくは保証書をご覧ください。
保証期間経過後の修理は 修理によって機能が維持できる場合は、ご要望
により有料修理させていただきます。
部品の保有期間について 当社では補修用性能部品(製品の機能を維持する
ために必要な部品)を、製造打ち切り後 6 年間保
有しています。ただし、故障の状況その他の事
情により、修理に代えて製品交換をする場合が
ありますのでご了承ください。
製品カスタマー登録のおすすめ
ソニーは、製品をご購入いただいたお客様のサポ
ートの充実を図るため、製品登録をお願いしてお
ります。詳しくはウェブ上の案内をご覧ください。
パソコンから
http://www.sony.co.jp/avp-regi/
携帯電話から
2次元コード対応のカメラつき携
帯電話の読み取り機能でご利用く
ださい。
http://reg.msc.m.sony.jp/avp/
下記の注意事項を守らな
いと
火災・感電・発
熱・発火 により死
亡や大けがの原因
となります。
指定以外の AC アダプターを使わない
家庭用電源で使用するときは、必ず指定の AC ア
ダプターを使用してください。
破裂や過熱などにより、火災やけが、周囲の汚
損の原因となります。
安定した場所に置く
ぐらついた台の上や傾いたところなどに置くと、
製品が落ちてけがの原因となります。
AC アダプターは抜き差ししやすいコ
ンセントに接続する
本機は容易に手が届くような電源コンセントに接
続し、異常が生じた場合は速やかにコンセントか
ら抜いてください。通常、本機の電源を切っただ
けでは、完全に電源から切り離せません。
AC アダプターについて
コードを無理に曲げたり、上に重い物をのせ
たりしないでください。
AC アダプターを抜くときは、必ず電源コード
のプラグ部を持って抜いてください。
長い時間使わないときは、アダプターをコン
セントから抜いてください。
iPod 及び iPhone の総称について
火のそばや直射日光のあたるところ・炎天下の
車中など、高温の場所で使用・保管・放置しな
い。
指定された種類以外の電池は使用しない。
廃棄の際は、地方自治体の条例または規則に
従ってください。
機銘板は、本機の底面と AC アダプターに表示し
てあります。
湿気やほこり、油煙、湯気の多い場所
や直射日光のあたる場所には置かない
落としたり、強いショックを与えたりしない
でください。故障の原因になります。
本機の内部に液体や異物を入れないでくださ
い。
汚れたときは、柔らかい布でからぶきしてく
ださい。シンナーやベンジンなどは表面をい
ためますので使わないでください。
キャッシュカード、定期券など、磁気を利用
したカード類をスピーカーに近づけないでく
ださい。スピーカー内部の磁石の影響でカー
ドの磁気が変化し、使えなくなることがあり
ます。
電池の液が漏れたときは、素手で液を
さわらない
液が本体内部に残ることがあるため、ソニ
ーの相談窓口にご相談ください。
液が目に入ったときは、失明の原因になる
ことがあるので目をこすらず、すぐに水道
水などのきれいな水で充分洗い、ただちに
医師の治療を受けてください。
液が身体や衣服についたときも、やけどや
けがの原因になるので、すぐにきれいな水
で洗い流し、皮膚に炎症やけがの症状があ
るときには医師に相談してください。
電池を誤って交換すると爆発する危険
があります。必ず同一タイプのものと
交換してください。
使用上のご注意
取り扱いについて
次のような場所に置かないでください。
− 温度が非常に高いところ(40℃以上)や低い
ところ(0℃以下)。
− 直射日光のあたる場所や暖房器具の近く。
− 風呂場など湿気の多いところ。
− 窓を閉め切った自動車内(特に夏季)。
− ほこりの多いところ。
− テレビやプロジェクターのそば。
ブラウン管タイプのテレビやプロジェク
ターの近くで使用する場合は充分に離し
てご使用ください。本機をこれらに近づ
けすぎると画面に色むらが生じる場合が
あります。
 特別な場合を除き、この取扱説明書では iPod
および iPhone の総称として「iPod」と記載して
います。
故障とお考えになる前に
本機が正しく動作しないときは、下記の項目をチェ
ックしてください。
それでも正しく動作しないときは、ソニーの相談
窓口またはお買い上げ店にお問い合わせくださ
い。
AUDIO IN 部
音が出ない。
 オーディオケーブルがしっかり接続されているか
確認する。
 外部機器の音量を音がひずまない範囲でできる
限り大きくする。音量の調節については、外部
機器に付属の取扱説明書をご覧ください。
音量が小さい。
 外部機器が再生状態になっているか確認する。
 本機と接続している外部機器の音量を確認して
ください。
外部機器の音量を音がひずまない範囲でできる
限り大きくする。音量の調節については、外部
機器に付属の取扱説明書をご覧ください。
音がひずむ
外部機器の音量を音がひずまなくなるまで下
げる。音量の調節については、外部機器に付
属の取扱説明書をご覧ください。
リモコン部
リモコンが動作しない。
 リモコンの電池が消耗していたら、新しいものと
交換する。
 リモコンを本機のリモコン受信部に向けているか
確認する。
 リモコン受信部をふさがない。
 リモコン受信部の前の障がい物を取り除く。
 リモコンの受信部に強い光(直射日光や蛍光灯な
ど)
が当たらないようにしてください。
 乾電池で使用する場合、リモコンで電源を入れ
ることはできません。
共通
電源が入らない。
 家庭用電源を使用する場合は、ACアダプターが
DC IN 6Vジャックとコンセントにしっかり差し込ま
れているか確認する。
 乾電池を使用する場合は、ACアダプターをDC
IN 6Vジャックとコンセントからはずす。
 電池が正しく入れられているか確認する。
 電池が消耗していたら、すべて新しいものと交
換する。
 乾電池で使用する場合、リモコンで電源を入れ
ることはできません。
音が出ない。
本機と再生機器の電源が入っているか確認す
る。
(リモコンの場合、
 VOLUME+または−ボタン
VOL+または−ボタン)で音量を調節する。
本機と再生機器を正しく接続しているか確認
する。
音が小さい。
VOLUME +または−ボタン(リモコンの場合、
VOL +または−ボタン)で音量を調節する。
主な仕様
iPod 部
定格電圧
定格電流
DC 5 V
最大 1 A
一般
スピーカー
直径約 50 mm × 2
入力
入力インピー
ダンス
標準入力レベル
雑音が入る。
 携帯電話などを本機から離して使用する。
 オーディオケーブルをご使 用 の 場 合、ケーブ
ルを使用しない際にはケーブルを抜いてくだ
さい。
異なる二種類の音源が同時に再生される。
 iPodまたは外部機器の再生を停止してください。
OPR/BATTランプが点滅する。
リモコンの信号を受信したときまたは電池残量が
少なくなったときは、OPR/BATTランプが点滅し
ますが、故障ではありません。
245 mV
実用最大出力
2 W + 2 W(JEITA*)
消費電力
10.5 W(ACアダプター使用時、
接続機器充電時)
約 0.2 W( 待機時、AC アダプタ
ー使用時 )
電源
外部電源端子定格 DC IN 6 V、
1.3 A
( 付属の AC アダプターを接続し
て家庭用電源(AC 100 V、
50 Hz/60 Hz) から使用 )
または単 4 形アルカリ乾電池
(LR03)4 本 / 単 4 形充電池
(NH-AAA)4 本使用
音がひずむ。
本機の音量を下げる。
音が割れる、またはノイズが出る。
本機と再生機器を正しく接続しているか確認
する。
再生機器をテレビに近すぎる所に設置してい
ないか確認する。
外部機器を接続しないときは、AUDIO IN ジャ
ックから接続ケーブルを取りはずして下さい。
AUDIO IN ジャック
(直径 3.5 mm ステレオミニジ
ャック )
10 k Ω
電池持続時間
(JEITA**)
最大外形寸法
約 10 時間(ソニー製単 4 形アル
カリ乾電池使用時)
約 8 時間(ソニー製単 4 形充電池
使用時)
約 226 mm × 165 mm ×
151 mm
(幅×高さ×奥行き、最大突起
部含む)
質量
約 1.1 kg
(乾電池を含む)
付属品
AC アダプター(1)
リモコン(リチウム電池入り)
(1)
取扱説明書・保証書(本書)
(1)
iPod 部
* JEITA(電子情報技術産業協会)規格による測定値で
iPod からの音が出ない。
 iPod がしっかりドックコネクターに装着されてい
** JEITA(電子情報技術産業協会)規格による測定値で
るか確認する。
本機からiPod の操作ができない。
 iPod がしっかりドックコネクターに装着されてい
るか確認する。
 iPodが本機に対応しているか確認する。
(「iPod&iPhone対応モデル」
をご参照ください。)
iPod の充電ができない。
 iPod がしっかりドックコネクターに装着されてい
るか確認する。
 ACアダプターがしっかり接続されているか確認
する。
 iPodが本機に対応しているか確認する。
(「iPod&iPhone対応モデル」
をご参照ください。)
す。
す。実際の電池持続時間は本機の操作環境によって異
なる可能性があります。
本機の仕様および外観は、改良のため予告なく
変更することがありますが、ご了承ください。
裏面へつづく
iPod
スタートアップガイド
(電源)ボタン

VOLUME
(再生 / 一時停止)
ボタン
(音量ー / +)
ボタン
iPod を聞く
(アップ)/(ダウン)ボタン
メニューアイテムや再生する曲を選ぶ。
1 iPod をドックコネクターに装着する。
ENTER ボタン
「iPod の取り扱いについて」をご参照くださ
い。
OPR/BATT ランプ
2 /(電源)ボタンを押して、本機の電
源を入れる。
リモコン受信部
OPR/BATT ランプが点灯します。
3 ボタンを押す、または iPod を操作
して、再生を開始する。
ドックコネクター
本機または iPod のボタンで iPod の操作を行
うことができます。
4 VOLUME +/–(またはリモコンの VOL
+/–)ボタンを押して、音量を調節す
る。
VOLUME + と  ボタンに凸部(突起)がついています。
iPod の取り扱いについて
iPod を装着する
ドックコネクターの角度にそって差し込んでく
ださい。
単 4 形乾電池 × 4(別売り)
アルカリ電池
LR03
マンガン電池
R03
マンガン電池 (R03) は使用できません。
いかなる電池も本機で充電できません。

iPod を取りはずす
取りはずす場合、本体をしっかり手で押さえて、
両手で取りはずす。
乾電池で使う
単 4 形アルカリ電池 (LR03)4 個または単 4 形充電
池 (NH-AAA) 4 個を入れる。
乾電池を交換する時期
電池残量が少なくなると OPR/BATT ランプが暗
くなり、音が歪むことがあります。
電池に関するご注意
マンガン電池は使用できません。
いかなる電池も本機で充電できません。
電池を交換するときはすべて新しいものと交
換してください。
電池性能はメーカーや電池の種類によって異
なることがあります。特に温度が低いところ
での使用において、電池持続時間が測定値よ
り少ない場合があります。
電池を入れるときは+と−を確かめてくださ
い。
長い間ご使用にならないときは電池を取り出
してください。過度の放電や液もれを防ぎま
す。
同一タイプの電池をお使いください。
乾電池でご使用の場合はリモコンでの電源操作
ができません。
iPod & iPhone 対応モデ
ル
本機には下記の iPod & iPhone が対応していま
す。本機に装着して使用する前に、お使いの
iPod & iPhone を最新のソフトウェアにアップ
デートしてください。
最大または最小音量に調節すると、OPR/
BATT ランプは 3 回点滅します。
ご注意
 アプリのダウンロードを促すポップアップメッ
セージが iPod touch または iPhone のスクリー
ンに表示されたら、「アプリについて」をご参照
ください。
 iPod の電池残量が非常に少ない場合は、しば
らく充電してから操作してください。
 ソニーは本機と接続された iPod データの破壊
や損失について、責任を負いません。
 Apple Inc. のウェブサイトで iPod 操作環境条
件の詳細をご確認ください。
iPod を本機で充電するには
(AC アダプター接続時のみ)
AC アダプターをコンセントにつなぎ、本機に
iPod を装着してください。
充電が自動的に開始します。充電の状態は iPod
本体に表示されます。詳しくは、お使いの iPod
の取扱説明書をご覧ください。
ご注意
AC アダプターを本機とコンセントに接続してい
るときは、電源の入 / 切にかかわらず充電されま
す。
リモコンを使う
初めて付属のリモコンをお使いになるときは、
絶縁フィルムを取り除いてください。
本機のリモコン受信部
にリモコンを向けてく
ださい。
リモコンの信号を受信したときに OPR/BATT ラ
ンプが点滅します。
ご注意
安定した装着を確保するために、iPod のケー
スやカバーをはずしてドックコネクターに装
着してください。
iPod の装着および取りはずし時は、本機のド
ックコネクターと同じ角度で iPod を抜き差し
してください。iPod を前後に倒して無理に取
りはずそうとするとドックコネクターが破損
する恐れがあります。
iPod を装着したまま本機を持ち運ばないでく
ださい。
絶縁フィルム
電源を準備する

家庭用電源または乾電池で本機を使用できま
す。
電源管理システム
iPod(または AUDIO IN ジャックに接続された機
器)の再生が停止してから約 20 分間何も操作しな
いと、本機の電源は自動的に切れます。
AC アダプターで使う
付属の AC アダプターを本機背面の DC IN 6V
ジャックにしっかり差し込んだあと、コンセン
トに差し込む。
AC アダプターに関するご注意
乾電池で本機をお使いになるときは、AC アダ
プターをコンセントと DC IN 6V ジャックから
抜いてください。使用前に外部電源との接続
が切断されているか確認してください。
この製品には、付属の AC アダプターをご使用
ください。付属以外の AC アダプターを使用す
ると、故障の原因になることがあります。
乾電池で使用する場合、リモコンで電源を入れ
ることはできません。
メニューの実行や曲の再生をする。
VOL + / −(音量+ / −)ボタン
音量を調節する。
ご注意
 お使いの iPod によってはリモコンで一部行え
ない操作があります。
リチウム電池を交換するときは
リモコンに入っているリチウム電池は、通常の使用
では約 6 ヶ月持続します。電池が消耗すると、リモ
コンは正常に作動しなくなったり、リモコンの動作
距離が短くなったりします。その場合は、新しいソ
ニー製リチウム電池 CR2025と交換してください。
 側を上にして入れる
電池に関する警告
長い間ご使用にならないときは電池を取り出してく
ださい。過度の放電や液もれを防ぎます。
リチウム電池に関するご注意
 使いきった電池はすぐに廃棄してください。電池
は幼児の手の届かないところに置いてください。
万一電池を飲み込んだ場合には、直ちに医師と
相談してください。
 接触不良を防ぐため、電池を乾いた布でよく拭
いてください。
 電池を入れるときは+と−を確かめてください。
 ピンセットなどの金属類と電池を一緒に携帯・保
管しないでください。電池の+と−が金属類とつ
ながるとショートし、発熱することがあります。
 直射日光や火の近くなど、温度の高いところに
電池を置かないでください。
電池の+と−の向きをまちがえて入れると破裂する
恐れがあります。
内蔵の電池と同一タイプの電池をお使いくださ
い。
別売りの外部機器をつなぐ
携帯デジタルミュージックプレーヤーなどの外部機
器を本機に接続して、スピーカーから流れる音を
楽しむことができます。接続する前にすべての機
器の電源を切ってください。
1 本機背面の AUDIO IN ジャックと外部
iPod touch(第 5 世代)
iPod nano(第 7 世代)*
iPhone 5

エンター
機器をオーディオケーブル(別売り)で
しっかり接続する。
2
 ボタンを押して、本機の電源を入
れる。
3 本機に接続した外部機器の電源を入れ
る。
4 外部機器を操作して再生する。
* リモコンの MENU、、、ENTER ボタンでは
iPod nano(第 7 世代)の操作は行えません。
商標
iPod, iPod nano, iPod touch は、米国および他
の国々で登録された Apple Inc. の商標です。
Lightning は、Apple Inc. の商標です。
「Made for iPod」
「Made for iPhone」とは、そ
れぞれ iPod, iPhone 専用に接続するよう設計さ
れ、アップルが定める性能基準を満たしている
とデベロッパによって認定された電子アクセサ
リであることを示します。アップルは、本製品
の機能および安全および規格への適合について
一切の責任を負いません。本製品を iPod、又は、
iPhone と共に使用すると、ワイヤレス機能に影
響を及ぼす可能性があります。
最新の iPod & iPhone 対応機種については、下
記サポートページをご覧ください。
http://www.sony.jp/support/av-acc/
ご注意
 本機は iPad の使用に対応していないので、
iPad を使用すると故障する場合があります。
本機のスピーカーから音が流れます。
5 音量を調節する。
VOL + と  ボタンに凸部(突起)がついています。
/(電源)ボタン
 電源を入/切する。電源が入ると OPR/BATT
ランプが点灯する。
 乾電池使用時は、本機の/ボタンを押して
電源を入れてください。リモコンの/ボタ
ンは、AC アダプター使用時にのみ、本機の電
源を入れることができます。
(再生/一時停止)ボタン
iPod を再生する。または再生中の iPod を一時
停止する。
(早送り)ボタン
次の曲へ進む。
再生中に押し続けて、曲の聞きたい部分をさ
がす。
(早戻し)ボタン
前の曲に戻る。再生中にこの操作を行うと現在
再生中の曲の頭に戻る。前の曲に戻るには、ボ
タンを 2 回押す。
再生中に押し続けて、曲の聞きたい部分をさ
がす。
メニュー
MENU ボタン
 前のメニューに戻る。
外部機器を適切な音量にし、本機の
VOLUME +/–(またはリモコンの VOL +/–)
ボタンを押して調節します。
ご注意
 使用するオーディオケーブルは、外部機器に
よって異なります。接続する外部機器に適した
ケーブルを使用してください。
 音量が小さい場合はまず本機の音量調節をして
ください。それでも小さい場合には外部機器の
音量を調節してください。
AUDIO IN ジャックに接続された外部機器を楽
しむときは、iPod の再生を停止してください。
外部機器を使用しないときは、オーディオケー
ブルを取りはずしてください。
アプリについて
「D-Sappli」は、アップルの App Store で入手でき
るiPod touch/iPhoneドック専用のアプリケーショ
ンです。「D-Sappli」は無料でダウンロードできま
す。
より詳しい機能について知りたいときは、
「D-Sappli」で検索してください。
「D-Sappli」の機能
 アラーム、ミュージックタイマー、スリープタイ
マーの 3 つのタイマー機能があります。
 アラームは、最大 10 件のアラームを登録可能
で、曜日ごとのアラームを設定できます。
アラーム音は、複数のプリセットサウンドの他に、
iPodのライブラリーからも選べます。
ミュージックタイマーは、お好きな音楽をお好み
の時間に再生 / 停止できる機能です。
スリープタイマーは、お休み時に便利な、再生し
ている音楽をお好みの時間に停止できる機能で
す。
これら3 つのタイマーは、本機の電源に連動して
動作します。
 時計として使えるクロック画面は、複数の種類か
ら選べます。
ご注意
 本機とリンクして動作するアプリを iPod
touch/iPhone にダウンロードしていないとき
は、ダウンロードを促すポップアップメッセー
ジがくり返し表示されることがあります。メッ
セージを表示させないようにするには、アプリ
のリンク機能を無効にしてください。
 アプリのリンク機能を無効にする場合は、以下
のようにしてください。
AC アダプターを接続してから本機の/ボタ
ンを押して電源を切る。iPod touch もしくは
iPhone をドックコネクターからはずす。
ボタンを押している間に、本機の/ボタンを
最低 2 秒間押し続ける。(リンク機能が無効に
なると、OPR/BATT ランプが 2 回点滅します。)
 もう一度アプリのリンク機能を有効にする場合
は、以上の手順を繰り返してください。(リン
ク機能が有効になると、OPR/BATT ランプが 1
回点滅します。)
Fly UP