...

岳南会ニュース 第24号 - 長野県教育情報ネットワーク

by user

on
Category: Documents
20

views

Report

Comments

Transcript

岳南会ニュース 第24号 - 長野県教育情報ネットワーク
 年 間︵ 副 会 長 三 十 年、 会 長 十
再編の統廃合を実施すべく、県
年 ︶、 本 会 の 発 展・ 充 実 に 尽 力
教委が立案の緒に就く見通しで
されました沼田秀人会長が勇退
す。従って、本校も、明治三十
され、その長年にご労苦に対し
四年の創立以来、初めて、統廃
まして、深甚なる敬意と感謝を、 合の嵐の中に身を置くことにな
先 ず 以 て 捧 げ た い と 思 い ま す。 ろうとしています。
そして身不肖なる私がその後を
岳南会としましては、これら
襲うことになりましたので、難 の時代状況の変化の中で、
局直面の予測の中、倍旧のご協
⑴長野県高校第二次再編対応
力をお願いする次第です。
⑵進 路 実 現 維 持 向 上 へ の 対 応
岳南会会長
さて、母校野沢北高は、社会
︵中高一貫教育導入の検討︶
高見澤俊雄
︵ 回︶ 的状況の変化︵情報化・グロー
⑶岳南会活動協力金の納入によ
バ ル 化・ 少 子 化 等 ︶ の 中 で も、
る母校支援強化
創立以来の文武両面の活躍や進
を念頭に、岳南会員のご支援は、
時代の波に棹さして
路実現など、変らぬ成果を挙げ
もとより、母校校長先生をはじ
てきておりますが、実は、それ
め、教職員の方々のご理解とご
を越える変化が母校を取巻く状
協力を得て、この難局に対応し
況に生じています。即ち、長野
てまいりたいと考えております
県下では少子化を承けて、高校
ので、よろしくお願いします。
第一次再編の統廃合を既に実施
以上、年頭にあたり所感を述
中ですが、平成二十九年度から、 べ、この一年を着実に充実して
普通科を中心とした高校第二次
まいる所存です。
発 行
平成26年1月1日
長野県野沢北高等学校
TEL 0267
(62)0020
TEL・FAX 0267
(63)6664
印刷 ㈱佐久印刷所
51
会
南
岳
頌春
創立以来百十三年を閲し、平
成二十六年の新春を寿ぎながら、
会員諸氏の日頃のご支援ご協力
に感謝申し上げます。
昨年一月の代議員会議及び総
会にて、昭和四十八年から四十
(1)岳南会ニュース第24号
第24号
アングロサクソン的な評 価 制
秋には 回卒業生の記念会があ
りました。旧交 を温めるととも 度が幅を利かせ、役所でも会社
学校長
でも短期間に成果を挙げること
に、後 輩 たちのために記 念品の
青柳 淳
︵
回
︶
が
求 められるようになっていま
御
寄
付
を
い
た
だ
く
な
ど
、
学
校
と
す。このことが、研 究 者の実 験
しては、恐 縮してしまうような
データ 偽 造 や 製 薬 会 社 の 治 験
ご厚情をいただいております。
時代の大きなうねりの中で
データ偽造につながっているよう
日々の高校生活を地道に誠実
時 代 の 変 化 は め ま ぐ るし く、 に送るところから、本 校の人 間
にも 思 わ れ ま す。ハンドルのあ
新しい時 代にふさわしい新しい
育成は行われていると考えます。 そ びや懐の深さといった言 葉で
仕組みをつくることは困難 を極
表現されるようなゆとりが世の
時代の最先端をリードする宇宙
めております。
中から失 われつつあるように思
飛 行 士の油 井 亀 美 也さん、アニ
そのような状 況の中にあって
います。
メの新 海 誠さんをはじめ、個 性
も
、
歴
史
と
伝
統
を
背
景
と
し
て
、
地道な野沢北スタイルの中か
的で魅力的な人間を多く生み出
野沢北の先輩から後輩へと受け
している背 景は、本 校 教 育が幅 ら、人間としての軸がしっかりし
継がれる思いには特 別なものが
た奥 行きのある人 材が育ってく
の広さや 奥の深さを有している
あ り、この 春 に は 回 卒 業 生、 からに他 ならないからだと思い
れることを願っております。
回卒業生の記念会が開催され、 ます。
59
54
68
79
岳 南 ネ ッ ト ワ ー ク
mm
この頃の雑感
mmmmmm
平成 年総会報告
時はラジオの深夜放送を聞きな
をめぐっては、メディア等で取
が ら、 夜 更 か し す る こ と が 多
り上げられる課題がいくつも
かった私は、ある日、眠かった
あって、その信頼が揺らいでい
mmmmmm
せ
い
か
頬
杖
を
突
き
な
が
ら
授
業
を
ます。従前に県教育委員会で仕
受けていたところ、教壇をツカ
事をしていましたので、忸怩た
ツカと降りてきたN先生から拳
る思いですが、ごくごく一部を
骨 を 見 舞 わ れ ま す。﹁ 何 だ、 そ
除 け ば、 先 生 方 は、 現 場 で 頑
長野県監査委員事務局長
原
修 二 ︵ 回︶ の態度は!﹂と。黙っていれば 張っています。学校・先生・生
良 い も の を﹁ 癖 で す か ら。﹂ と
徒、 各 々 が 頑 張 っ て い る こ と、
言 う や 否 や﹁ 人 間 な く て 七 癖、 長所を全面にアピールしていっ
し、春の甲子園に出場のチャン
長野県は、男女ともに平均寿
命が全国で一番長い長寿県です
あって四十八癖!﹂ともう一発。 て欲しい、と思っています。
ス が あ っ た こ と を 捉 え て、﹁ 我
︵今の時代なら体罰とか言うの
今後とも、エールを送り続け
が校が甲子園に出場する確率
ので、もとより野沢北高の先輩
す。﹁ 真 善 美 ひ た に 追 い つ つ
でしょうか。︶
ま
は?﹂と確率の問題を授業で取
各位も御壮健にて御活躍されて
ここのところ、長野県の教育
眉あげよわれら朋がら﹂
いる方が大勢いらっしゃいます。 り上げたと巷間伝えられました。
今 回 寄 稿 を 依 頼 さ れ ま し た が、 残念ながら、私は文科系であっ たので、確認しておりませんが。
私の在学時、また卒業後の同窓
クラス担任であった英語のB
会活動からみても、いかがなも
のかと、未だ承諾したことを後 先生は、工業高校を卒業された
後、苦学されて英語の先生にな
悔しています。
られた方で、先生が授業や校内
そうはいっても、何をしたた
試験で好んで取り上げられた問
め
よ
う
か
と
模
索
し
て
い
た
頃
、
甲
題形式は、実際私の受験した大
子園では高校野球が行われてい
学入試でも出題され、お陰さま
ました。私は昭和 年3月に卒
で完璧に解答できました。
業しましたが、その年の夏、野
在学時の班活動は文科系志望
沢北高校は初めての甲子園出場
でありながら、理化班の所属で
を果たしています。
した。顧問であった化学のH先
今夏の甲子園優勝校である群
馬県の高校の校歌を耳にしたと
生は、野沢北高の在籍期間が長
く、 私 の 叔 父 た ち も お 世 話 に
ころ、どことなく聞き覚えのあ
なっており、北高の歴史的な存
るフレーズに気付きました。調
在でもありました。若干女性的
べてみれば、野沢北高校歌と同
な雰囲気があり、写真好きな先
様、草野心平氏の作詞でありま
生で、被写体となった﹁美少年
した。とても懐かしく高校生活
た ち ﹂ も 多 か っ た よ う で す が、
の一コマが思い出されました。
自分は残念なことに被写体には
振り返れば、大変個性の強い
先生方に囲まれていたように思
なりませんでした。
世界史のN先生の授業は、古
います。
甲子園出場時の監督であった 代ローマの﹁パックス・ローマ
数学のY先生は、私が3年生の
ナ ﹂ に、 力 点 を 置 い た も の で、
今でも記憶に残っています。当
時の秋、北信越の大会で準優勝
総会は、恒例の一月五日、佐久
グランド・ホテルにて開催、冒頭
挨拶は沼田秀人会長、続いて青柳
淳校長の挨拶及び学校近況報告が
あ り、 議 事 に 入 り、 昨 年 十 月、
﹁岳南会会員名簿﹂の五年ぶりの
発刊が報告された。
議案では中島忠利役員銓衡委員
長︵軽井沢支部長︶から役員銓衡
結果が報告され承認された。
︹退任役員︺
沼田 秀人会長 ︵ 回・中込︶
小宮
山みよ子副会長︵ 回御代田︶
竹内
健 監査︵ 回・野沢︶
臼田
善和
監査︵ 回・臼田︶
︹新任役員︺
︿ 印は新役員﹀
高見澤俊雄会長 ︵ 回佐久町︶
井
出
公陽副会長︵ 回・臼田︶
重也副会長︵ 回・浅科︶
柳
澤
満子副会長︵ 回岩村田︶
池内
辰志副会長︵ 回・高瀬︶
岩間
︿東京岳南会長﹀
青柳 淳副会長
︵ 回・穂積︶
︿野沢北高校長﹀
仁科英太郎 監査︵ 回・前山︶
監査︵ 回岩村田︶
篠澤 一平
正幸
監査︵ 回・岸野︶
白井
な お、 退 任 の 沼 田 会 長 及 び 小 宮
山
副
会長に感謝状が贈られた。
記念講演は、大塚隆一読売新聞
編 集 委 員︵ 回・ 中 込 ︶ に よ り、
演 題﹁ 変 わ る 世 界 と 日 本 の 選 択 ﹂
のもと、隣接国家との摩擦に苦慮
する我が国の進路を豊富な資料を
駆使し話され、好評だった。
この後、母校吹奏楽班による演
奏を聴き、百五十余名参加で盛会
の新年懇親会で交歓した。
︵なお、東京岳南会長は、六月の総会に
お い て、 岩 間 会 長 が 退 任 さ れ、 後 任 に
井出亜夫氏︵ 回︶が就任し、同時に岳南
会副会長となられています︶
68
70
mm
56
ffffffffffffffffffffffffff
26
ffffffffffffffffffffffffff
fffffffffffff
73
10
﹁私の田舎﹂
ことは大きな前進だと思ってお
会員だより
り ま す。 イ ン タ ー ネ ッ ト で の
支 部 だ よ り
ケースは若干あるもののフェイ
スブックによる参加呼びかけは
上
原
正巳 ︵ 回高瀬︶
小諸支部総会
おそらく小諸だけでは⋮とは青
柳校長先生のお言葉でした。機
〝フェイスブックで
精を出すことにしました。
私の生家を表に出て、南の方
い た 彼 が 凄 い 喜 び 方 を 示 し た。
参加呼びかけ〟 械に強い若手役員に感謝です。
そして、一年少々が過ぎ翌年
それを見ていた私も感激と感謝
慣例で懇親会での乾杯の音頭 角を見ると﹁お供え山﹂と呼ば
れ て い る﹁ 蓼 科 山 ﹂︵ 山 頂 が 丸 の 夏 に、 次 兄 か ら 連 絡 が 入 り、 の気持ちで一杯になり、ものが
去る六月十五日︵土︶に小諸 は 最 年 長 会 員 に と い う こ と に
﹁
大
学
の
進
学
に
つ
い
て
真
剣
に
考
く
な
っ
て
い
て
、
大
き
な
御
餅
を
神
見
え
なくなりました。
支
部
総
会
を
開
催
し
ま
し
た
。
参
加
な
っ
て
い
ま
す
が
、
気
が
つ
い
て
み
此 れ が 私 の﹁ 進 路 決 定 の 原
会員は二十二名。昨年より五名
たら私自身であったことに驚き、 様 に お 供 え し た よ う に 見 え る ︶ え ろ、 農 業 は 俺 が 行 う か ら ⋮﹂
という嬉しい提案でした。次兄 点﹂となり、大学は獣医学部に
があり、その裾野の佐久平を清
ほど減りましたが、しかし会の
別の方にやっていただきました
は静岡の会社に勤務しておりま
流の﹁千曲川﹂が横きり、悠々
進む事になり、それが今日の私
盛りあがりの雰囲気とすれば
が、時代の流れの早さを改めて
した。其処で、当方丁度その頃、 を創ってくれました。
と西北の方向に流れています。
〝優るとも劣らず〟の感あり⋮
感じたところです。今後は若い
名古屋にいた同年の又従兄弟の
この﹁千曲川﹂で、私は学校
という総会でした。
方々も積極的に役員に関与、総
友が一緒に受験勉強をしようと
例年、何かと公私共御多用に
会にも多くの若人が参加してく に入学する前から、魚取りに熱
もかかわらず本年も本会の高見
誘いの連絡を呉れたので、早速、
中したり、泳ぎも此処で覚えた
れることを切に願っています。
その提言に乗り、かれが用意し
大切な川でした。北の方を見れ
澤 会 長 さ ん・ 母 校 青 柳 校 長 先
︿支部長 佐藤隆俊︵ 回︶﹀
てくれた名古屋での下宿で二人
ば、 月後半から4月半ばまで
生・本会事務局長原先生のお三
fffffffffffff
は、 頂 に 薄 っ す ら と 雪 を 冠 り、 共、其処で勉強のやり直しをす
方が御来賓として会に華を添え
平成 年度
る事になりました。
薄い白煙を東の方に棚引かせて
て下さり、総勢二十五名での総
総会のご案内
彼は商業高校を出て、名古屋
悠然と立っている﹁浅間山﹂が
会。御来賓からのご挨拶や母校
期日 一月五日︵日︶
﹁ 佐 久 平 ﹂ を 見 下 ろ し て 居 り ま で或る商店の従業員として就職
近況をお話いただき、事業報告
午後一時開会
していたのですが、今のままで
す。そこが私の田舎です。
︵というより経過報告︶や会計
場
所
佐
久
グ
ラ
ン
ド
ホ
テ
ル
二
階
は将来が心配だ、出来れば学校
高校を卒業する少し前、私は
報 告 及 び 監 査 報 告・ 役 員 改 選
︵佐久市中込三︱一九︱六︶ 大学に進学しようと、ある大学
の教員になりたいとの夢を抱い
︵任期二年︶など一応形式通り
ていました。其処で二人が一緒
の
入
試
を
受
け
て
帰
っ
て
き
た
翌
日
のことを行い、盛りあがったの
議事
に受験勉強に励む事になり、名
の早朝の事でした、一番上の兄
は〝 第 二 部 〟 の 懇 親 会 で し た。
会務・会計決算・予算 他
古屋の受験塾に入学し勉強する
が農作業に出掛けようとしてい
時間の経つのも忘れ、和やかな
記念行事
る 時、 喀 血 し て し ま い、 早 速、 事になりました。
とても楽しいひとときでした。
︵第一部︶
私は前年家で農業をしている
入院となってしまいました。止
毎年、支部総会の折に頭を悩
記
念
ピ
ア
ノ
演
奏
会
時に経験した事ですが、牛を飼
む
を
得
ず
、
私
が
家
業
を
手
伝
う
事
ま
す
の
が
、
呼
び
か
け
と
一
定
の
参
小
澤
英
世
︵
回
卒
︶
育していた時、一頭が飼料を全
に
心
を
固
め
ま
し
た
。
加者集めで、正副支部長会や理
︵桐朋学園大学 音楽学部講師︶
く食わなくなり慌てて、農協の
家業は水田の耕作が主業で他
事会でも話し合うのですが、な
﹁
故
郷
と
ベ
ー
ト
ー
ベ
ン
﹂
獣医師と連絡を取ろうとしまし
に
酪
農
で
乳
牛
が
4
∼
5
頭
、
夏
季
かなか良い施策が出てきません。
曲目 ピアノソナタ
﹁情 熱 ﹂
他
たが中々取れず、三時間以上か
は、養蚕で家中が蚕に占領され
そんな中で、昨年から若手役員
︵
第
二
部
︶
ブラスバンド演奏
かって漸く連絡が取れて、獣医
てしまいました。家の作業に一
などのご苦労で〝フェイスブッ
野沢北高校吹奏楽班
生懸命精を出しました。そして、 師が懸命に治療をして呉れまし
ク〟による参加呼びかけを取り
○懇親会︵午後四時三十分∼︶
た。2時間以上掛けて漸く牛が
漸く卒業式を迎え、受験は一時
入れ、その結果若い人たちが多
懇
親
会
費
5
0
0
0
円
物を食べ始めた時、診療をして
お預けにして、本格的に百姓に
く参加してくれるようになった
ne.jp
連絡先 東京岳南会幹事長
小井戸大介03-5651-3300
090-5442-0633
連絡先 関西学南会事務局
中井良策090-4515-0770
E-mail [email protected]
当番幹事 76回(昭和55年卒)
86回(平成 2年卒)
96回(平成12年卒)
会 長 関口哲生 43回
副会長 井出千束 56回(高12)
々 佐塚 浩 58回(高14)
々 相馬 平 60回(高16)
会費 6,000円(懇親会費・通信費など)
2,000円(学生)
新会員(当年高校卒業生)はご招待
会費 5,000円
(学生2,000円・26年卒業生は招待)
第一部(午後2時∼)
総会・ミニ講演会
第二部(午後3時∼5時)
懇親会
会場 大阪弥生会館
大阪市北区芝田2-4-53
Tel 06-6373-1841
総 会 午後2時30分∼
懇親会 午後3時30分∼5時30分
《関西鈴蘭会と合同で開催します》
日時 2014年6月7日(土)
午後2時∼
会場 日本教育会館・喜山倶楽部
東京都千代田区一ツ橋2-6-2
Tel 03-3262-7661
日時 平成26(2014)年
5月17日(第三土曜日)
午後2時30分
東京岳南会
第53回総会ご案内
関西岳南会
平成26年度総会・懇親会 ご案内
50 49 60 46
54 62 60 51 51
61 60 58
51
岳南会ニュース第24号(2)
(3)岳南会ニュース第24号
49
25
69
58
68
回路など色々な実験をしてみて
も駄目で、学芸祭の開催日も迫
り絶望的になってきた。夜遅く
まで色々な方法を実験してみる
と、レフレクタを使用し大口径
で赤外線を集めて小さなダイ
オードに焦点を集中させる方法
が良いと言うことが解り、なん
とか動く物が出来た。自転車の
発電ランプの大きなレフレクタ
を使用して、電球の所にゴム栓
をしてそのゴム栓にダイオード
のリード線を突き刺して、光を
当てながら集光の状態を確認し
てダイオード
のリード線を
曲げてその焦
点 に 付 け た。
この完成した
センサーを机
の 下 に 置 き、
のぞき込まな
いと解らない
ようにして学
芸祭でやって
みた。皆まじ
めにこんなお
もちゃみたい
な物に男女の
識別が出来る
のだろうか?
と考えてくれ
ることがおも
しろくて、そ
の結果ランプ
が点灯するた
びに大笑いし
たことが思い
出される。現
在 歳になっ
50
50
50
30
50
ても、ものづくりを楽しんでい
る。佐久市からの補助金と佐久
商工会議所の協力により昨年は
タイから輸入したツクツク
︵オート三輪︶を電気自動車に
関西岳南会の荻原邦夫氏
から多額の寄付
岳南会第 回卒の荻原邦夫氏
改 造 し、﹁ オ カ ー ゴ ﹂ と 言 う 名
から、同窓会と学校に総額百万
の電気自動車を作った。公道走
円 の ご 寄 付 を い た だ き ま し た。
行は大変で仲間の協力で完成し、
学校としては、理数科の活動資
イベントに参加して子供達に喜
金︱天体観測の際の活動費、課
ばれている。この車に使用した
題研究の研究資金などとして使
電池は大変優れた性能を持って
わせていただくことになりまし
おり、自然エネルギー利用やス
た。
マートグリッド等への使用が期
荻原さんは、かつて何軒もの
待されている。
コンビニ経営の他、種々の事業
をやってこられました。現在は、
マ ン シ ョ ン の 経 営 を し て お り、
豊中市岡町北2丁目の自治会長
を始め多数の役職について、地
域のために熱心に取り組んでい
ます。ガーデニングにおいても
日本有数の指導者で、この力量
も地域づくりに充分生かされて
い ま す。
﹁ 凡 事 徹 底、 結 果 は つ
いてきますよ﹂と語るお姿が印
象的でした。
黙祷を捧げたとき歳月の長さと
祝賀会が終わると別れを惜し
﹁青春譜を歌った日﹂
む声がした。それほど、老いの
重さを実感した。
すでに三十人が不帰の人と
胸を満たすものがあった。
な
っ
て
い
る
。
若
く
し
て
旅
立
っ
た
そ の 日、 千 曲 川 の ホ テ ル は、 誰だかわかるかしら?﹂
三八会の絆を培ってきたふる
里の仲間と、遠く離れても、そ
友
、
つ
い
昨
日
ま
で
老
後
を
楽
し
ん
ひ
た
い
の
辺
り
に
あ
の
頃
の
面
影
三
八
会
の
粋
な
紳
士
、
艶
や
か
な
淑
を宿す淑女の言葉が緊張を和ら
でいたのに、あっけなく逝った
女たちで賑わっていた。
の温もりを忘れない仲間が再会
友 も い る。 生 き 方 は ど う あ れ、 を喜び合った人生の節目。譬え
のこのこと出かけてはみたが、 げた。青春の恥じらいを失くし
それぞれ重い荷物を背負って生
た
分、打ち解けるのも早い。
半
世
紀
ぶ
り
に
会
う
同
期
生
ば
か
り
。
れば、互いにデュエットで歌っ
母校を卒業してふる里を離れ、 きて来たのだと、感慨を深くし
﹁ ど な た で し た っ け ﹂ と、 声 を
た
岳
南
会
青
春
譜
で
あ
る
。
た。
か け る の も 野 暮 な の で、 た だ デラシネのような人生を送って
高地英壽
﹁ 次 は い つ や る だ い? 達 者 な う
笑 っ て い る し か な い。 そ の 点、 来た者には五十年はあっという
ちに⋮﹂
女 性 は フ ラ ン ク だ。
﹁ わ た し、 間に思える。しかし、物故者に
○本号記事にありますように荻
原邦夫氏から多額の寄付をいた
だきました。また、旧制野沢中
学校第三十八回卒業生一同様か
らも四万円の寄付をいただきま
した。多くの卒業生のみなさま
にご支援をいただいております
ことに厚く感謝申し上げます。
○本会は主として野沢北高新入
生入会金・卒業生終身会費と会
員のみなさまからの協力金で運
営しております。近年、協力金
が少なくなっています。本号送
付の際に同封しました振込用紙
にてご協力いただけると幸いで
す。さらなるご協力とご支援を
重ねてお願い申し上げます。
事務局だより
学校長 青柳淳
56
あの頃の思い出
72
69
勉強そっちのけ技研 班 で
まじめにいたず ら 三 昧
51
30
荻原 明雄 ︵ 回 ︶
20 70
のちょっといい加減な識別機は
たぶん笑いを誘って人気者にな
るのではないかと言う事で作る
ことにした。私共の高校生時代
はやっと半導体が開発され販売
が始まったばかりで、その部品
は結構高価だった。そのため増
幅制御は真空管式で、識別の切
り替えスイッチは高感度リレー
で行おうと言う事になった。ど
ういう風に識別しようか?足か
ら出る赤外線量を比較して多け
れば女性、少なければ男性と言
う 事 に し よ う と 言 う 事 に な り、
もしスラックス姿の女性は多分
男性と表示されるだろうが、そ
の場合は識別機のせいにして
笑って勘弁してもらおう。多分
南高の女生徒はスカートで来て
くれるだろう、そして男性はス
ラックス姿だろうから何とかな
るだろうと言う事で製作に着手
した。高感度リレーは高見沢電
機から分けてもらおうと言う事
で、高見沢電機に姉が努めてい
ると言う友人から紹介してもら
い、中込の高見沢電機に御願い
に行った。こちらの使用したい
理由とその動作電流などを話し
て、リレーを分けてもらう事が
出来てまずリレーは手に入った。
一番肝心な赤外線センサーを製
作しなくてはこのセットは完成
しないと言う事で、ガラス封じ
のゲルマニウムダイオードを購
入した。雑誌やカタログを見て
も変化することは記載されてい
るが、実際やってみるとかなり
の赤外線変化量がないとリレー
は動かない事が解り、レンズや
50
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
5 月 日 回 生︵ 昭 和 年
卒︶の卒業 周年記念式典を佐
久グランドホテルに於いて開催
した。
回生 三八会
72
﹁校歌﹂を歌えば瞬時
卒業 周年記念同窓会
に 年前にタイムス
リップ。懇親会の場面
は高地君の﹁青春譜を
我々は、平成2年より同時代
歌った日﹂をお読み下
を
生
き
る
仲
間
と
し
て
﹁
岳
南
三
八
さい。
会﹂を結成。新年会、年2回の
翌日のゴルフ︵岳芝
ゴルフ等を通じ親睦を深めてき
会
︶
は回を重ねて丁度
た。
回と、くしくも 周
昨年より実行委員会︵黒沢委
年に相応しい回数とな
員
長
︶
を
立
上
げ
学
校
側
と
相
談
し
り、昨晩の二次会三次
美術室等8教室の暗幕と大型カ
会を話題にいつも通り
ラープリンターなど総額百万円
名程で楽しんだ。
相当を記念に贈ることにした。
最後に今回の 周年
同期生はこの趣旨に一二三名
が賛同、当日の式典にも遠方よ に献身的に尽くされた
箕輪一夫事務局長に謝
り出席者を含め総勢 名が参加
意を表したい。
した。式典は来賓として井出岳
会えば直ぐ
南副会長︵ 回︶青柳校長︵
時空を超えて青き春
回︶渡辺事務長︵ 回︶原担当
教諭︵ 回︶と全員OBを迎え、 ︵事務局 篠原捷四︶
壇上に 年前 周年記念に寄贈
した応援団旗を飾り行った。
式典後、母校吹奏楽班の演奏
に 合 わ せ 私 共 在 校 中 に 出 来 た
遙か昔になってしまった高校
生活、今振り返ってもそのほと
んどが思い出せなくなってし
まった。しかし楽しかったこと
やものづくりで上手くいった思
い 出 は 結 構 よ み が え っ て く る。
野球班始め運動関係の班は結構
華やかで、応援の練習に出させ
られてしごかれた事も思い出さ
れる。私共のような班は外見か
らするとパットしない連中の集
まりのようだった。しかし予算
などは結構付けてもらい楽しく
活動できた。
私達の高校生時代は男女共学
とはいえ、同学年全部合わせて
も女生徒は 人に達しなかった。
そんなわけで学芸祭に南高の女
生徒をどう呼び込むか?と考え
た時﹁男女識別機﹂を作って見
たらどうかと言う事になり、こ
55
38
20
50 59
岳南会ニュース第24号(4)
(5)岳南会ニュース第24号
59
24
岳南会中高一貫教育研究委員会
経過報告
回︶の会議を開催し、テーマ
平成十一年四月、全国で初
めて三校の公立中高一貫校が
を﹁ 教 育 方 針 ﹂﹁ 教 育 内 容 ﹂
﹁地域への啓発と組織化の方
開設され、以来全国百八十五
法﹂などにしぼりながら、議
校を数えるまでに広がり、未
論を積み重ね合意事項をまと
設置は現在、富山県、鳥取県
の 二 県 の み と な っ て い ま す。 めています。母校将来構想委
員会も﹁研究﹂からいよいよ
そして特筆されるのは、当該
﹁ 検 討 ﹂ の 段 階 に 入 り、 県 外
中学校から高校へ進級する際
中高一貫校の調査や視察の計
︵ 無 試 験 ︶ に、 新 た に 高 校 入
画が進んでいると報告を受け
試で合格した他の中学校出身
の 生 徒 が 加 わ る、﹃ 併 設 型 ﹄ ています。本委員会は、母校
との連携をさらに強化し、教
と呼ばれる学校の数が急伸し
育改革に向けた母校の活動を
ている、ということです。地
今後も積極的に支援していき
元中学生にこれまでどおり門
ます。
戸を開きつつ、他方で六年間
のゆとりを生かして思考力や
創 造 性、 社 会 性︵ 重 厚 な 学
︵中高一貫教育研究委員長
力︶を育むバランスの取れた
篠原 秀郷
回︶
校風が評価されている証左に
他なりません。長野県教育委
員会の基本方針も、この﹃併
設型﹄の設置にあり、付属屋
代 中 学︵ 平 成 二 十 四 年 度 開
校︶及び付属清陵中学︵平成
二十六年度開校予定︶の骨格
となっています。
さて、平成三十年度から実
施される第二期再編計画に向
けて、長野県教育委員会では
今年度以降、本格的な検討が
開 始 さ れ る と 聞 い て い ま す。
この日程を意識しつつ、本委
員会では今年度これまでに五
回︵ 第 十 七 回 か ら 第 二 十 一
クラブ活動報告
65
平成25年 会務報告(総会1月5日以降、事務局把握分)
1月5日㈯ 第1回三役会・第1回代議員会
平成25年岳南会総会・佐久グランドホテル・参
加者約170名・記念講演 読売新聞編集委員 (69回)
《変わる世界と日本の選択》
大塚 隆一氏
※役員改選
(退 任)沼田秀人会長
(46回・中込・昭和48年
副会長就任・平成15年会長就任)小宮山みよ子
副会長
(60回・御 代 田 )竹 内 健 監 査
(49回 野
沢)
臼田善和監査
(50回・臼田)
(新役員)髙見澤俊雄会長
(51回・佐久町・平成
21年副会長就任)井出公陽副会長
(51回・臼田)
柳澤重也副会長
(60回・浅科・新任)池内満子副
会長
(62回・岩村田・新任)岩間辰志副会長
(54
回・高瀬・東京岳南会長)青柳 淳副会長
(68回・
穂積・野沢北高校長)仁科英太郎監査
(58回・前
山・新)
篠澤一平監査
(60回・岩村田・新)白井正
幸監査
(61回・岸野)
9日㈬ 長野支部総会開催・出席者60名 会長・事務局出席
25日㈮ 第16回中高一貫教育研究会開催
27日㈰ 中込支部総会開催・出席者22名 事務局出席
3月2日㈯ 野沢北高校卒業式が挙行され会長・副会長3
名が出席
16日㈯ 臼田支部総会開催・出席者23名 会長・事務局出席
22日㈮ 野沢北高教職員送別会が行われ会長・副会長
3名が出席
30日㈮ 八千穂支部総会開催・出席者11名・会長・校長出席
4月3日㈬ 野沢北高入学式・会長・副会長3名が出席
10日㈬ 野沢北高教職員歓迎会開催・会長・副会長3名出席
13日㈯ 関西岳南会開催
(岳南会・鈴蘭会共同開催)
大阪弥生会館・出席者31名 会長・校長・事務
局出席
18日㈭ PTA三役会で内規に従い岳南塾費決算報告
の承認を得た。
22日㈪ 岳南54回生卒業55周年交歓会・出席者80名 会長・教頭・事務長出席
26日㈭ 第17回中高一貫教育研究会開催
27日㈮ 佐久町支部総会開催・出席者22名・会長・教頭出席
5月24日㈮ 岳南59回生卒業50周年祝賀会 出席者76名 副会長・事務長・事務局出席
27日㈪ 第18回中高一貫教育研究会開催
6月2日㈰ 第13回戦没者慰霊追悼式・出席者20名・会長・
3名の副会長・校長参列
8日㈯ ①東京岳南会開催・日本教育会館で実施・会長、
校長、卒業学年、事務局出席・会員92名出席
岩間会長退任し、新会長に井出亜夫氏
(58回)
就任 (岩間氏に代わり岳南会副会長に就任)
②御代田支部総会開催・出席者11名・教頭出席
15日㈯ 小諸支部総会開催・出席者25名・会長・校長・事
務局出席
16日㈰ 桜井支部総会開催・出席者30名・校長・事務局出席
20日㈭ 前山支部総会開催・参加者20名・事務局出席
29日㈯ 野球部OB会総会・出席者24名・会長・校長出席
30日㈰ 岸野支部総会開催・参加者18名・事務局出席
7月9日㈫ 第2回三役会・学校所有林視察
平成25年 岳南会会計決算書
19日㈮ 第19回中高一貫教育研究会開催
8月10日㈯∼15日㈭ 岳澄展 野沢会館
岳南会員40名及び在校生出品・参観者約400名
9月27日㈮ 第20回中高一貫教育研究会開催
28日㈯ 「野沢南高校を発展させる会」
会長出席
11月9日㈯ 79回卒
「卒業30周年記念同窓会」佐久グランド
ホテルにて開催。会長、校長来賓として出席。
9日㈯ 東支部総会・出席者11名・事務局出席
29日㈮ 第21回中高一貫教育研究会開催
30日㈯ 軽井沢支部総会・出席者20名・校長、
事務局出席
12月7日㈯ 野沢支部代表者会・同窓職員中田先生出席 荻
原邦夫氏
(岳南56回・野沢・関西岳南会)
5月100
万円寄贈
(母校へ50万、岳南会へ50万)
。旧制野
中第38回卒業生一同より岳南会へ4万円寄贈。
平成26年 今後の会務計画
(案)
1.平成25年度 岳南会総会
平成26年1月5日㈰・佐久グランドホテル
2.各支部総会
(各支部予定による)
3.代議委員会
(1月5日・8月の最終土曜日)
4.役員会
(3回・・・6月、8月、12月)
5.岳南ニュース第26号発行、協力金依頼
(12月下旬)
6.会計監査
(12月初旬)
7.岳南会会計監査
(12月初旬)
平成24.12.1∼25.11.30
収入総額 10,163,311円 支出総額 6,565,848円 差引残高 3,597,463円
【収入の部】
単位:円
項 目
収入済額
備 考
入
会
金 1,470,000 6,000円×244人(入学生)6,000×1人(2学年編入生)
卒業生終身会費 1,210,000 5,000円×242人
(H25年3月卒業生)
総 会 会 費
585,000 5,000円×117人
代議員会等会費
8,000 三役会(2,000円×4人)
岳南会館維持管理費
611,666 2,500円×244人(入学生)1,666円×1人(2学年編入生)
進路指導支援費
611,666 2,500円×244人(入学生)1,666円×1人(2学年編入生)
岳南会活動協力金 2,162,800 1,000円(1口)×1,766口 50万円(荻原邦夫様)4万円(38回卒生様)
繰
越
金 3,227,071
雑
収
入
277,108 預金利子、名簿等
合 計
10,163,311
以上相違ありません。
平成25年12月4日
会計監査 仁科英太郎 ㊞
篠澤 一平 ㊞
白井 正幸 ㊞
【支出の部】
単位:円
項 目
支出済額
備 考
会 報 発 行 費 1,674,778 会報印刷費、封筒印刷費、振込用紙印刷費、郵送料等
総
会
費
898,793 会場費、懇親会費、講師謝礼等
会
議
費
176,778 役員会、代議員会、会計監査等
支部会議費
538,170 祝儀、旅費等
中高一貫教育研究会費
62,822 会議、視察等
慶
弔
費
507,046 祝儀、餞別、香典、
弔電、卒業証書筒、校章バッジ等
財産管理費
129,239 名義変更諸手続き料、
固定資産税、
山林管理費等
クラブ等後援費
500,005 全国大会補助、垂れ幕、広告料等
進路指導補助費
500,000
岳南塾補助費
500,000
会館維持費
940,114 会館電気料、会館電話料、会館消耗品費、会館修理費等
事
務
費
57,578 事務用品、
葉書、
封筒、
賃金、
切手、
カートリッジ等
予
備
費
80,525 教室用緑化木
合 計
6,565,848
紙面の都合で、平成 26 年岳南会会計予算案は割愛させていただきました。
(7)岳南会ニュース第24号
(主な結果のみ)
運動班
●野球
春季大会
1回戦vs上田染谷丘 4対3
2回戦vs上田西 選手権大会
2回戦vs坂城 3回戦vs飯山北 4回戦vs上田千曲 ●陸上
男子
県大会
400H伊藤巧馬
400三田隼太郎
110H上原大知
0対7
延長13回勝ち
7C負け
14対1
5対2
1対10
7C勝ち
勝ち
7C負け
400H上原大知
100石井雄大
800柳沢慶
北信越大会
110H上原大知
女子
県大会
やり投高野希恵
100H三浦早央里
400H三浦早央里
走高跳山我杏寿実
800小宮山悠
1500小宮山悠
400H木下真凛
100金田華実
63
53
予16
準16
決16
62
11
2 02
61 41 23 22 01 2位
41 62 57 予16 24 38m59 3位
19 21 81 94 1m65 2位
2 26 58 5 04 14 74 52 予12 77 準12 40 決12 66 4位
200金田華実
予26 64 準26 66 決26 36 7位
男子400R上原、石井、伊藤、三田
45 61 女子400R金田、木下、三、山我
52 89 男子1600R三田、碓氷、伊藤、柳沢
3 37 82 女子1600R木下、土屋、三浦、山我
4 23 19 北信越大会
高野希恵やり投
決40m288位(自己新記録)
山我杏寿実走高跳
決1m64優勝全国大会へ(大分)優勝
100金田華実
予12 59 全国高校総体
走高跳山我杏寿実
予1m67 決1m62 12位
●剣道
女子
団体戦予選敗退
vs下伊那農業 0−3敗
vs屋代 0−5敗
vs木曽青峰 3−0勝
女子
個人戦井出初音 一回戦敗退
●ソフトテニス
男子
団体戦トーナメント
vs屋代3−0
vs都市大塩尻0−2ベスト16
個人戦
木内・土屋ペアvs古屋敷・長瀬(上農)
1−4 1回戦敗退
女子
団体戦トーナメント
vs長野 1−21回戦敗退
個人戦
佐々木・佐塚vs市川・山川(須坂東)
2−4 1回戦敗退
依田・市川vs北原・折井(東海大三)
1−4 1回戦敗退
村上・須田vs吉沢・飛矢崎(飯田風越)
2−4 1回戦敗退
●テニス
女子
団体戦
0−2 ベスト8
2回戦伊那弥生
個人戦シングルス
2回戦野崎(松商学園)
0−8
個人戦ダブルス
1回戦佐藤・上田(伊那弥生)
6−7
●バスケット
男子
1回戦vs赤穂 93−75
2回戦vs長野俊英 73−54
ベスト8
3回戦vs松本第一 50−112
女子
1回戦vs塩尻志学館 69−8
5敗退
●ハンドボール
男子
一回戦vs小海 26−21勝ち
二回戦vs諏訪清陵 28−13勝ち
準決勝vs長野南 21−25負け
4位
三位決定戦vs屋代 20−21
女子
一回戦vs松本蟻ヶ崎 34−7勝ち
二回戦vs屋代 19−14勝ち
準決勝vs上田染谷丘 31−21負け
三位決定戦vs上田 16−13負け 4位
●卓球
男子
学校対抗
1回戦塩尻志学館 3−2
2回戦長野商業 0−3
ベスト16
ダブルス
鈴木誠人・池田直希組 3回戦敗退
ベスト16
久保真・市川祐介組 1回戦敗退
シングルス
鈴木誠人 1回戦敗退
女子
学校対抗
1回戦須坂商業0−3
ダブルス
大森美暉・風間咲希組 3回戦敗退
ベスト16
シングルス
大森美暉 2回戦敗退
風間咲希 1回戦敗退
●バドミントン
男子
県大会
1回戦vs長野 0−3負け
1回戦宮崎(松川) 2−1勝ち
2回戦杉山(長野商業) 0−2負け
ベスト16
女子
県大会
1回戦vs飯田女子 1−3負け
1回戦vs金丸・小山組 0−2負け
●弓道
県大会
団体戦予選26中(40射)
決勝トーナメントへ
トーナメント1回戦
伊那弥生ヶ丘13−12
1回戦敗退 ベスト8
●水泳
男子
県大会
1位
磯田涼太100m平泳ぎ1:06.13
200m平泳ぎ 2:21.35 1位
井上 崚100m自由形
予選敗退
200m自由形
予選敗退
野中一平100m背泳ぎ
予選敗退
200m背泳ぎ
予選敗退
油井貴也200m自由形
予選敗退
母校近況
100m平泳ぎ
予選敗退
茂原啓浩200m個人メドレー
予選敗退
400mリレー
予選敗退
400mメドレーリレー
予選敗退
北信越大会
磯田涼太100m平泳ぎ 1:05.80
4位
200m平泳ぎ 2:21.05
4位
女子
県大会
寺西里紗200m自由形
予選敗退
100m背泳ぎ
予選敗退
池添梨花 50m自由形
予選敗退
100m自由形
予選敗退
●空手道
団体形 松商学園 0対5 1回戦敗退
団体組 手松商学園 0対5 1回戦敗退
個人形 小林理奈 1回戦敗退
松本幸華 1回戦敗退
相馬可純 1回戦敗退
勝俣啓香 1回戦敗退
個人組手 松本幸華 2回戦敗退
小林理奈 1回戦敗退
勝俣啓香 1回戦敗退
相馬可純 2回戦敗退
●山岳
県高校総体女子チーム参加
登山大会 5/30 ∼6/1
●スケート
県高校総体
75"35 2位
500m菊原魁人
1000m菊原魁人
1'20"63 13位
500m上原大知
76"73 4位
1000m上原大知
1'18"55 7位
全国高校総体
(24年度)
500M上原大知
77.61 16位
菊原魁人
タイムなし
1000M上原大知
01:19.6 27位
菊原魁人
01:22.9 45位
国民体育大会
(24年度)
500M菊原魁人
37.90 5位入賞
文化班
●将棋
県大会
女子団体
決勝戦 野沢北Bvs野沢南A 0対3
準優勝
3位決定戦
野沢北Avs野沢南B 2対1
3位
女子個人
殿岡新菜優勝
市村絵梨準優勝
全国大会
(長崎総文祭)
女子個人
殿岡新菜 2勝2敗 予選リーグ敗退
市村絵梨 2勝2敗 予選リーグ敗退
●吹奏楽
県大会
(B編成)
銀賞
(6位)
岳南会ニュース第24号(6)
浪
26
0
64
計
131
1
320
0
0
学
北
名
海
道
現
過
計
3
2
5
1
1
1
4
茨
城
3
筑
波
3
3
群
馬
4
4
埼
玉
4
1
5
千
葉
2
2
4
気
通
信
1
京
1
1
2
1
1
2
東
京
外
語
1
東
京
学
芸
2
横
浜
国
立
3
上
越
教
育
1
1
2
新
潟
3
1
4
富
山
2
1
3
金
沢
3
山
梨
2
州
信
5
27
2
7
(経済)
(理)
1
2
1
2
2
(医)
(工)
(繊維)
3
5
6
教
三
奈
良
3
1
3
古
知
3
1
1
4
静
愛
3
22
阜
名
2
(人文)
(教育)
岐
女
3
5
6
1
1
2
6
岡
4
屋
1
育
1
1
重
1
1
子
1
1
1
公立大学/準大学合格者数
茨 城 県 医 療
群 馬 県 女 子
1
1
1
1
高
崎
経
済
11
11
前
橋
工
科
1
1
埼 玉 県 立
首 都 大 東 京
横 浜 市 立
神奈川県立保健福祉
1
1
2
1
2
1
1
3
3
1
新
立
2
1
新 潟 県 立 看 護
石 川 県 立
都 留 文 科
1
2
1
山
3
1
2
1
立
4
4
2
2
阜
県
計
1
1
長 野 県 看 護
岐
梨
薬
科
1
92
476
1
静 岡 文 化 芸 術
1
1
島
根
県
立
1
1
新
見
公
立
1
1
香川県立保健医療
1
1
国立看護大学校
1
1
大
学
名
大 月 短 大
現
過
1
計
1
長 野 県 短
5
静 岡 県 大 短
1
私 立 大 学 合 格 者 数
大
学
名
現 過
北 海 道 薬 科
2
東 北 薬 科
1
東 北 福 祉
3
計
2
1
3
国 際 医 療 福 祉
白
鴎
獨 協 医 科
4
2
5
2
1
群 馬 パ ー ス
群 馬 医 療 福 祉
2
2
2
2
高 崎 健 康 福 祉
女 子 栄 養
東 京 国 際
2
1
2
1
1
獨
文
千 葉 工
帝 京 平
青 山 学
亜
細
跡 見 学 園 女
桜
美
協
教
業
成
院
亜
子
林
3
2
3
1
3
2
2
2
大
学
北
杏
慶
工
子
院
里
林
塾
院
2
1
3
3
1
3
院
澤
子
業
子
智
和
蹊
城
3
6
2
4
2
2
1
1
3
修
13
1
14
価
化
川
央
塾
1
6
1
19
2
1
1
4
1
7
2
23
2
京
学
海
健
科
政
院
済
機
市
6
1
3
2
1
3
1
5
3
2
國
駒
駒
芝
実
上
昭
成
成
妻
女
習
応
義
学
學
沢
浦
践
女
工
女
専
創
大
玉
中
津
東
文
田
帝
帝 京 科
東
東 京 医 療 保
東 京 医
東 京 家
東 京 家 政 学
東 京 経
東 京 電
東 京 都
1
1
1
1
2
4
1
2
1
1
3
1
5
1
4
4
3
1
7
2
2
2
2
2
3
3
3
3
3
6
2
4
2
2
1
2
3
7
1
3
2
1
6
1
5
4
2
東
東
業
科
7
2
東
東
日
邦
洋
本
1
5
12
日 本 女
日 本 女 子 体
日 本 体
法
星
薬
武
武
蔵
明
明
明 治 学
子
育
育
政
科
蔵
野
星
治
院
3
1
明
立
科
教
1
2
正
田
布
1
5
川
子
院
科
科
業
陸
院
久
科
院
野
科
3
3
1
2
1
1
2
2
11
1
1
1
1
聖隷クリストファー
中
京
同
志
社
立
命
館
1
3
龍
帝
関
谷
山
西
2
2
畿
語
院
際
際
1
2
1
1
1
立
早
麻
京
京
農
理
治
薬
稲
神
奈
鎌 倉 女
関 東 学
新 潟 薬
金 沢 医
金 沢 工
北 山 梨 学
佐
諏 訪 東 京 理
清 泉 女 学
長
松 本 歯
塚
近
関 西 外 国
桃 山 学
吉 備 国
広 島 国
2
1
4
8
1
2
1
2
1
1
7
4
1
2
7
4
7
4
2
9
12
3
1
1
10
1
2
2
3
14
4
3
1
5
5
1
1
10
1
1
3
3
1
2
1
1
2
2
11
1
1
1
2
1
5
1
3
1
9
1
2
2
1
1
2
1
1
1
立命館アジア太平洋
2
2
私 立 短 大 合 格 者 数
育
英
短
国際学院埼玉短
立 教 女 学 院 短
1
1
1
1
1
1
東 京 家 政 大
東 京 富 士 大
上 田 女 子
龍 谷 大
1
1
1
1
1
1
1
短
短
短
短
1
専 門 学 校 合 格 者 数
医
療
系
4
4
そ
の
他
6
6
る推援会や、各方面でご活躍さ
れている同窓生の皆様をお招き
した進路講話です。こうした繋
がりが生徒においては大変よい
刺激や参考になっています。
同窓生の皆様の、母校への温
かいご理解とご援助に感謝いた
すとともに、今後とも変わらぬ
ご支援をお願い申し上げます。
現
1
1
県
0
10
進路指導主事 井出豊彦
大
学
名
秋 田 県 立
福 島 県 立 医 科
潟
過
2
14
気が高く、本校でもその傾向が
◎卒業生の概況
見られ、医療系・教員養成系へ
現役生の国公立大合格者数は
一〇五で、卒業生数に対する割
の割合は進学者全体の四分の一
合 は 四 三. 四% と な り ま し た。 を超えています。
さらに二年連続して東大合格者
◎キャリア教育と同窓会
を出すことができました。
高校卒業後の進路を考えると
現 役 生 の 進 学 状 況 と し て は、
き、学ぶこと、働くことの意義
四
年
制
大
学
へ
の
進
学
者
が
一
五
九
を考えさせ、自己を見つめさせ
名で、そのうち国公立大学には
る取り組みを一年次より積極的
九〇名が進みました。また、再
に実施しております。その中で
受験を目指すのは卒業生数の四
同窓会のお力をお借りする場面
分の一程であります。
があります。例えば大学生によ
全国的に資格取得系学部の人
北
東
1
7
東
電
1
7
公 立 短 大 合 格 者 数
国 立 大 学 合 格 者 数
大
90
452
進 路 指 導 室 か ら
平成二十四年三月の大学等合
格
者
数は表の通りです。
センター試験が難化し平均点
が 大 き く 下 が る 中、 受 験 生 に
とっては大変厳しい入試となり
ました。本校の生徒も苦戦を強
いられましたが、最後まで諦め
ず粘ることで素晴らし成果を残
してくれました。
大学合格状況
(2013.5.1 現在)
卒業生数
国公立大学 準大学 私立大学 外国大学 大 学 計 公立短大 私立短大 短大計 各種/専修 総 計
362
6
6
12
10
384
241
現
105
1
256
0
編 集 後
記
北高運動班の新人大会シーズ
ン は 一 段 落 つ き つ つ あ り ま す。
ほとんどの班が新チームになっ
て初の公式戦でしたが、多くの
班が健闘しました。女子ソフト
テニス班︵小林・須田ペア県大
会 優 勝 ︶、 女 子 ハ ン ド ボ ー ル 班
︵東信大会優勝・県大会準優勝︶、
男子バスケットボール班︵東信
大 会 優 勝 ︶、 バ ド ミ ン ト ン 班 男
子︵ 東 信 大 会 優 勝 ︶、 野 球 班
︵県大会進出︶などが好成績を
収めています。生徒たちは文武
両面で﹁野高健児の意気﹂を見
せてくれています。
会員のみなさまには﹃岳南会
ニュース﹄に目を通していただ
き、岳南会と野沢北高校にさら
なるご支援をいただければ幸い
です。
︵K︶
岳南会ニュース第24号(8)
Fly UP