...

地域振興資源としての暖房用木質ペレットの製造販売の可能性

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

地域振興資源としての暖房用木質ペレットの製造販売の可能性
嶋渡 克顕
割合を推計し,化石燃料がどの程度の木質燃料に代替さ
質ペレットに焦点を当てて論じていく。
れうるかを把握したうえで,木質ペレットの使用量を化
2)木質ペレットとペレットストーブの基本情報
石燃料に換算した場合の家計の変化の把握を試みる。ま
木質ペレットとは,おが粉状にした木材に圧力を加え
た,地域でまとまってペレットストーブを導入した場合,
て成形を行い,直径 6 ~ 8 ㎜の円筒形にしたものである。
木質ペレットの使用が灯油と比較してどの程度地域経済
使用される原材料は製材所から廃棄される残材,燃料用
に還元されうるか考察をする。
に伐採された原木や林地残材であり,それらがペレット
工場で加工される。生産された木質ペレットは,ペレッ
Ⅱ 分析
トボイラー施設など大口の消費者にはフレキシブルコ
1.分析の流れ
ンテナバッグで販売し,個人消費者に対しては,一袋
本報告では,島根県中山間地域研究センターにおいて
2010 ~ 2013 年 2 月までの中山間居住世帯年間支出調査
2)
10kg を基本単位としてビニル袋や米袋などに詰められ
た状態で販売されている。販売は製造工場の他にも,ペ
の蓄積データよりペレットストーブを導入している 3 世
レットストーブの販売代理店が木質ペレットの販売を仲
帯の支出データを今回の分析対象とし,以下の①~③の
介している場合もある。購入方法としては,①販売店に
流れに沿って分析を進めていく。
購入にいく,②販売店がペレットストーブの設置施設ま
①ペレットストーブを導入している世帯の年間支出から
で注文に応じて配達する。などの方法があり,灯油に近
い購入方法と考えられる。
木質ペレット購入量と灯油購入量を算出する。
②木質ペレット熱量から灯油換算をおこない,燃料の代
ペレットストーブは木質ペレットを主燃料とする暖房
機器であり,最も普及している強制排気式ペレットス
替量を算出する。
③灯油と木質ペレットを比較して地域経済に与える影響
トーブの特徴は次の通りである。
①着火時のみ電気ヒーターでペレットを加熱し着火す
について考察を行う。
る。
②タンクに燃料を投入すると,一定間隔で燃焼室に燃料
2.調査対象の選定
が送られ燃焼が持続する。
1)検討する代替燃料
本報告において調査検討する代替燃料に木質ペレット
を選定した理由として既存の暖房機器からの燃料転換を
考えた際に,多くの世帯が所有している石油ストーブと
燃料の入手手段や,燃料の投入方法など類似する点が多
③室内用ファンにより,燃焼室との熱交換が行われ室内
に放出される。
④排気用ファンにより燃焼後の廃棄ガスが屋外に放出さ
れる。
く,使用者にとって他の木質燃焼機器よりも移行がしや
⑤メンテナンスは状態によって異なるが,毎日または週
すいことが挙げられる。木質燃焼機器として代表的なも
に数回の灰出しと燃焼室の清掃が必要となる。また年
のに薪ストーブがあるが,薪や丸太など購入時の形状の
一度程度煙突掃除が必要になる。
違い,自分で伐採するなど薪の入手方法が多種ある。さ
ペレットストーブ本体の値段は 20 万円程度から購入
らに方法によっては薪割り,薪積みなどの作業が付随さ
することができ,取り付け工事費用が 5 万円程度と,煙
れ時間と体力,技術,専用の道具が必要となり,危険が
突の費用が必要となる。強制排気式の石油ストーブの場
伴う作業など,経済性以外の要素が多い。また,燃焼機
合本体代は 8 万円程度から購入することができ取り付け
種や燃料,薪の状態によって発熱量や燃料価格の差が大
工事費用は 3 万円程度必要であるため,両者を比較する
きく燃焼の比較が難しい。以上の理由から調査対象から
とイニシャルコストについては石油ストーブが低いとい
除外した。また,オガタイザーや木質ブリケットなどの
える。
燃料があるが,燃焼機器と燃料品質の規格化と供給の全
しかし,ペレットストーブについては購入及び設置費
国展開がなされておらず,一般的に購入できる木質燃料
用の助成を行っている自治体 3 ) も存在する。このよう
として浸透していない。以上のことから本報告では,木
な助成金を活用することでコスト差が狭まる場合もあ
- 112 -
る。
表 2 燃料の価格及び発熱量の比較
3)燃料代替の推計に用いる対象世帯
対象となる世帯は,ペレットストーブを導入した 3 世
帯である。世帯構成年間の木質ペレット購入額と年間の
灯油購入額,所有する灯油使用機器について整理を行っ
た。(表 1 )
経済産業省資源エネルギー庁石油製品価格調査より作成 8 )
表 1 対象世帯のペレット購入費と灯油の購入費と用途
る割合を算出した。対象世帯が木質ペレットの熱量を灯
油に代替したと仮定した場合の灯油購入費を算出し,調
査期間に支出した木質ペレットとの支出差を算出した。
(表 3 )
表 3 対象世帯ごとの木質ペレットの灯油換算比較
注:中山間居住世帯年間支出調査 2 )から作成
木質ペレットについては,分析対象の 3 世帯で共通し
て購入している庄原さとやまペレット株式会社が生産し
ている庄原さとやまペレットのデータを用いて論じてい
く。
注:中山間居住世帯年間支出調査 2 )から作成
3.燃料代替による影響の分析
1)発熱量当たりの単価の比較
まず灯油と木質ペレットの 1 円当たりの発熱量を算
3)木質ペレット使用の地域経済に与える影響
出すると表 2 の通りである。なお木質ペレット分析対
まず,灯油購入のために支出された,マネーフローの
象 3 世帯が使用している庄原さとやまペレットの価格
4)
把握を試みる。経済産業省資源エネルギー庁石油製品価
と発熱量 5 )を 45 円/ kg と 3,900kcal / kg とする。ま
格調査によれば,調査期間内の平均灯油卸価格 9 )73.7
た,灯油の価格 6 ) と発熱量 7 ) をそれぞれ 1,815 円/ L
円,平均灯油販売価格 8 )99.6 円であり,リッターあた
と 8,767kcal / L とする。ここから 1 円当たりの発熱量
り 25.9 円(28% ) が灯油販売所の粗利益であり , 残り
を比較すると,木質ペレットが 86.7kcal となり,灯油
の 73.7 円は国外を含む地域外へ確実に流出していると
が 87.1kcal となった。( 表 2 )
考えられる。さらに 25.9 円/リットルの中に人件費,
2)世帯ごとの木質ペレットと灯油の消費量及び経済性
輸送費,設備費,運営費などが含まれるため,賃金を除
の比較
き,地域外に流出する部分が大きく地域に還元される割
表 1 より,対象世帯が年間を通じて購入した木質ペ
合はさらに低くなると考えられる。
レットの購入金額から購入量を算出し,次に木質ペレッ
次に,木質ペレットの製造工場が地域にあり,原料も
ト購入量から発熱量を算出した。同様に灯油の年間購入
地域内から購入していると仮定した場合,木質ペレット
量と発熱量を算出した。さらに購入した木質ペレットと
燃料製造システムの経済性試算 10)から,庄原さとやま
灯油の発熱量を合計したものから,木質ペレットが占め
ペレット株式会社の 2011 年,2012 年の生産量の平均値
- 113 -
である 500 t /年の場合,人件費と原料購入費が占める
割合は 30.9%となる。この大部分は,灯油の場合と異
なり地域に還元されると考えられる。
以上の分析によって灯油と木質ペレットの購入費の地
域還元度は明らかに木質ペレットの方が高いことが示さ
れた。この地域還元度は,原料購入費が大きなウェイト
を占めているため,ペレットの生産量が上がるにつれて
高くなることと考えられる(図 1 )。
図 2 広島県における灯油 18 リットルと同量の熱量を
木質ペレットで得た場合の価格比較
注:経済産業省 資源エネルギー庁石油製品価格調査より
作成 11)
た。今回の分析でも,木質ペレットを選択することによ
り新たに付加される年間支出は最大の世帯 N で 228 円で
あった。このことから木質ペレットと石油燃料の購入費
に違いがほとんどない現在では,使用者の好みによって
燃料が選択できる社会的経済状況になったと考えること
図 1 木質ペレット製造量と地域貢献割合比較
ができる。ただし,暖房機器の導入時やメンテナンスを
注:木質ペレット燃料製造システムの経済性試算より作成
10)
含めた導入・運用コストについては,ペレットストーブ
と灯油ストーブには差があることがわかっており,今後
Ⅲ 結果と考察
の研究で算出していく必要がある。なお,家計の計画を
1.世帯内における灯油と木質ペレットの比較
立てる際には変動の激しい灯油に比べて,生産工場ごと
本報告では,木質ペレットと灯油を燃料コストに限定
の木質ペレット価格は変動が緩やかであるため,冬季の
して比較を行った。その結果,発熱量当たりの単価につ
燃料費支出の計画が立てやすいといった利点が考えられ
いては同等に近いことが分析された。
る。
本報告では調査の期間に合わせて灯油価格と木質ペ
レットの価格を設定したが,価格の変動が少ないペレッ
2.ペレットストーブ導入世帯の暖房費の実態
トと比較して灯油価格は常に変動しているため,時期に
今回の分析で,ペレットストーブを導入した 3 世帯の
よっては木質ペレットと灯油価格の価格差についても変
いずれも灯油を使用する機器として灯油ボイラーと石油
動が起こる。ここで過去 5 年間の広島県における月ご
ストーブを所有している,熱量換算では 29%~ 46%の
との灯油 18 リットル当たりの平均価格の推移と灯油 18
割合で灯油を使用していることが明らかになった。ヒア
リットルと同量の熱量を得るための木質ペレット燃料の
リング調査からは,灯油ストーブについて,朝などの多
価格を比較したものを示した(図 2 )。
忙な時間,直後に出かける予定があるときにはペレット
本図より 2009 年から 2011 年上半期までの期間におい
ストーブでなく石油ストーブを使用する,また早急に部
て,庄原市で生産されている木質ペレット燃料使用の価
屋を暖めたいときには石油ストーブとペレットストーブ
格は,灯油の価格を大きく上回る。しかし 2011 年上半
の同時稼働を行うなどの使用実態が把握された。ペレッ
期以降は多少の上下はあるが,ペレット価格と灯油価格
トストーブの欠点である立ち上がりまでの時間や消火ま
がほぼ釣り合っている状況が続いていることがわかる。
で時間がかかる点を,石油ストーブとの併用で補ってお
今回の調査期間では価格差が 0.5%以内の僅差であっ
り,さらに多数の部屋がある住居では子供部屋や,寝室
- 114 -
などペレットストーブが設置されていない部屋に石油ス
し,居住暖房におけるペレット使用と灯油使用の光熱費
トーブを使っていることがわかった。
比較を行うとともに,ペレット利用世帯の光熱費分析手
さらに家計支出構造は職種,世帯構成員,ライフスタ
法を開発し,ペレット使用の推進が地域経済に与える影
イルなどにより近似する所があるため,この家計支出調
響の可能性について整理したものである。
査に参加している事例の中で属性が近いデータから,調
今回の報告における世帯の光熱費分析の技法は,木質
査を実施した世帯がペレットストーブへ主力暖房を変更
ペレットと灯油の比較に限らず,電気やガスを含めた他
した場合,どの程度灯油からの変更ができるかの推計が
の燃料と木質燃料の使用に関する実態調査の技法として
できると考えられる。
今後の発展が期待できる。
今後の研究の方向性としては,ペレット利用世帯の光
3.本研究における今後の課題
熱費データを蓄積し,中山間地域居住世帯で木質燃料燃
今回の分析で明らかになった課題を以下に整理する。
焼機器の普及を促進し,化石燃料依存度を減らすために
1)木質ペレット熱量の詳細分析
必要な条件整備や手法について考察していく。また,木
使用した木質ペレットの熱量について,今回の 3 世帯
質ペレットの生産工場の運営が成立するための条件につ
が使用している庄原さとやまペレット株式会社が生産す
いての研究を行い,中山間地域でペレットをはじめとし
る木質ペレットの平均熱量に関するデータが無かったた
た木質燃料の地域内での居住暖房の地産地消の可能性に
め,社団法人日本ペレットストーブ協会が策定している
ついて検証をしていく。
木質ペレットの規格
12)
が定めている 3 規格の最低基準
熱量の平均を本研究では採用した。今後,より正確な推
引用文献および注
計のためには,実際に使用しているペレットの平均熱量
1 )本報告では地域の定義として木質ペレットの原料調
などの把握が進める必要がある。
達,生産,販売,消費が可能な範域を指し,市及び
2)使用条件と暖房使用内訳の詳細調査
町単位を想定している。
今回は少数事例の木質ペレットと灯油支出にのみ焦点
2 )有田昭一郎・嶋戸克顕・小池拓司・樋口和久 (2010)
をあてて分析を行ったが,さらなる詳細な使用実態の把
島根県中山間地域に居住する子育て世帯の家計支出
握を行うためには,使用条件として世帯構成人員,灯油
の特徴と効果的な支援方策に関する研究(Ⅰ).島
の使用機器ごとの消費割合,断熱性,部屋数,規模など
根中山間セ研報 7:1-8.
の複数の要因を考慮した分析を行う必要がある。また,
3 )島根県 web ページ「新エネルギーにかかる補助・
今後暖房の支出に特化した調査を行うためには,給湯用
と暖房用の灯油使用割合の把握が必要である。以上の事
助成制度一覧」
〈http://www.pref.shimane.lg.jp/environment/
項をふまえ,今後,調査内容の改善を進める必要がある。
energy/energy/chiiki_taisaku/hojo/hojo.
3)サンプル数の確保
html#baiomas〉(2013/03/08 アクセス )
世帯構成,生活スタイル,使用環境など様々な世帯状
4 ) 3 世帯が購入している庄原さとやまペレットは
況ごとの特徴を分析していくために,今後は,より多く
2013 年 2 月現在 1 kg あたり 45 円で販売されている
のペレットストーブ導入世帯を対象に支出調査を行って
ためこの値を使用
いく必要があると考える。木質ペレット生産工場の協力
5 )一般社団法人 日本木質ペレット協会「木質ペレッ
を得ながら,ペレットストーブ導入世帯への調査依頼を
ト品質規格」(2011)より ABC 3 区分の平均値を使用
行うこととする。
6 )経済産業省 資源エネルギー庁 石油製品価格調査,
広島県における民生用灯油の配達価格から調査期間
Ⅳ おわりに
の平均価格を算出した
本報告は,平成 22 年 7 月より取り組まれてきた中山
7 )経済産業省資源エネルギー庁総合エネルギー統計検
間居住世帯年間支出調査により蓄積されたデータを利用
討会事務局 2005 年度以降適用する標準発熱量の検
- 115 -
ン研究会」報告 社団法人日本経済調査協議会 報
討結果と改訂値について参照
告資料
8 )経済産業省 資源エネルギー庁 石油製品価格調査,
広島県における民生用灯油の配達価格から調査期間
11)経済産業省 資源エネルギー庁 石油製品価格調査,
広島県における民生用灯油の配達価格から調査期間
の平均価格を算出した
の月ごとの平均価格を算出した
9 )経済産業省 資源エネルギー庁 石油製品価格調査,
広島県における卸価格から調査期間の平均価格を算
12)一般社団法人 日本木質ペレット協会「木質ペレッ
ト品質規格」(2011)
出した
10)大場龍夫 (2010)「未来を創る木材産業イノベーショ
- 116 -
Fly UP