...

レジュメ - 情報組織化研究グループ

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

レジュメ - 情報組織化研究グループ
(情報組織化研究グループ月例研究会)
2012-03-24
上田修一
目録はどうなる
目録提供の現在
カード目録からウェブの目録まで約 20 年
1981 年 筑波大学附属図書館が OPAC 提供
1993 年 東京大学附属図書館がインターネットで OPAC 提供
2009 年 82.6%の大学図書館がウェブで OPAC を提供
目録利用(OPAC アクセス)の多さ
月間アクセス件数
図書館
蔵書検索
トップページ
横浜市立図書館
28 万件
1,240 万件
大阪市立図書館
19 万件
351 万件
国立国会図書館
30 万件
17 万件
東京都港区
予約
東川篤哉
東野圭吾
近藤麻理恵
謎解きはディナー
のあとで[1]
マスカレードホテ
ル
人生がときめく片
づけの魔法
高野和明
ジェノサイド
窪美澄
晴天の迷いクジラ
所蔵
世田谷区
予約
大阪市
所蔵
予約
所蔵
493
20 1,198
79
1,209
98
446
17 1,144
75
1,862
96
413
16 1,233
19
1,400
95
461
17 1,130
65
815
50
13
142
15
53
3
191
ウェブ OPAC の普及で図書館利用者は,目録を利用するようになった
予約は,本の検索,手続きに手間がかかるが,あまり苦にせず利用され
ている。
→
目録に習熟した利用者の増加
→目録は誰にもでもわかりやすいものであるほうがよいのではないか。
1
(情報組織化研究グループ月例研究会)
わかりにくくなる目録
国立国会図書館(2012 年 1 月から)
NDL-OPAC
雑誌記事索引を一体化
NDL-OPAC と重複した別システム
国立国会図書館サーチ
国立情報学研究所(2011 年 11 月から)
CiNii Books
雑誌記事検索に目録検索を付加
慶應義塾大学(2012 年 2 月末から)OPAC に雑誌記事検索(CiNii)付加
目録で様々な情報源の一括探索
一括探索
NDL-OPAC
Cute.Search
九州大学附属図書館の「ディスカバリーサービス」
冊子体資料、電子ジャーナル、電子ブック、機関リポ
ジトリの登録資料、5 億件以上の論文・新聞・会議録
等が検索できる
タブで誘導
CiNii Books
慶應義塾大学の OPAC
新しい傾向への疑問
本と雑誌記事が一度に検索できると本当に便利なのか
本だけを探すときに手間が増えた
目録の機能を曖昧にしてよいのか
目録は所蔵資料に対応しているが,雑誌記事索引は,所蔵と関
わりがない
各図書館が提供する必要があるのは目録だけではないのか
2
(情報組織化研究グループ月例研究会)
目録作成の現在
公共図書館
TRC 作成の目録のシェアが 8 割
多くの図書館には目録の部門はない。
大学図書館
大部分は NACSIS-CAT を利用
図書館に目録の部門はあるが多くは委託や非常勤の人々が担当。
3
(情報組織化研究グループ月例研究会)
書誌データの一元化
2010 年はじめ
活字文化議員連盟,文字・活字文化推進機構,日本図書館協会,
全国学校図書館協議会から,
『我国を代表する書誌データの一元
化』の要望
2010 年 3 月
国立国会図書館の呼びかけによる「日本全国書誌の在り方に関
する検討会議」(『新文化』
2010/3/11 号)
2011 年
文字・活字文化推進機構,日本図書館協会,全国学校図書館協
議会がパンフレットなど配布。
2012 年1月
文字・活字文化推進機構肥田美代子理事長が 1 国 1 書誌データ
が望ましいと発言。(『文化通信』2012/1/30)
国立国会図書館
公共的書誌情報基盤の整備
2010 年 10 月
「NDL 新着図書情報」(テキスト版)の提供
納本図書の書誌データ(13 項目)を2,3日後に提供
2012 年の「書誌情報提供サービス」 (国立国会図書館サーチ
から RSS 形式で配信)に発展
4
(情報組織化研究グループ月例研究会)
2011 年 1 月
「国立国会図書館サーチ(開発版)」による配信
2012 年1月
NDL-OPAC による配信
5
(情報組織化研究グループ月例研究会)
TRC
国立国会図書館
*目録作成の義務
*目録作成提供を企業化
「国立国会図書館法」第7条,UBC
*企業努力で迅速な目録作成
*納本の遅れや体制のためタイムラグ
*サーバーから配信
*体制を改革し,短時間で配信
*有料
*無償
*図書館への書籍納入や装備なども提供
*事業の永続性に疑問
国立国会図書館の目録作成
国内資料の目録作成。
目録の記述部分では取次の作った外部 MARC を使う。
外部 MARC になければ,独自に記述も作成。
主題(分類,件名)は独自に作成
TRC の目録作成
発売前の新刊書の目録作成(約 270 点/日)
情報システムの利用
品質管理の徹底
NACSIS-CAT の問題点
NACSIS-CAT のこれまで
日本の大学図書館における目録の機械化を支援
国の費用による運営による経済性
「資源共有」理念と「分担目録作業」の合理性の共通理解の存在
大学図書館用図書館システムの NACSIS-CAT 対応機能の組み込み
NACSIS-CAT の問題
国立情報学研究所の事業の中で比重が低下気味
資料の入手における総合目録を用いる方法の比重の低下
ILL 件数の低落傾向
参加図書館間の格差の増大
オリジナル入力をする図書館は少ない。
目録作業は次第に外部化
外部委託,非常勤の目録要員が大多数
目録の知識が図書館外に流出
重複レコード増大に示される質の低下
6
(情報組織化研究グループ月例研究会)
研究:大学生の OPAC 利用
石田栄美,小泉公乃,宮田洋輔,國本千裕,汐崎順子,三根慎二,倉田敬子,
上田修一.大学生は OPAC をどのように見ているのか. 2007 年度日本図書館
情報学会研究大会発表要綱 2007,鶴見大学,2007-10-13/14,p.101-104
研究:古典著作の同定
谷口祥一,上田修一,横山幸雄,鴇田拓哉,向當麻衣子,宮田洋輔.OPAC の
FRBR 化を目指した人手による著作同定作業:FRBR 研究会の取り組み
2010 年 度 日 本 図 書 館 情 報 学 会 春 季 研 究 集 会 発 表 要 綱 , 同 志 社 大 学 ,
2010-05-29,p.75-78
社会的活動
大学図書館支援機構大学図書館業務実務能力認定試験
大学図書館支援機構
特定非営利法人
大学図書館関係者により 2007 年に設立
事業
大学図書館職員研修事業
大学図書館業務実務能力認定試験
情報リテラシー教育支援事業
大学図書館業務支援事業
図書館運営に関わる助言・援助事業
大学図書館業務実務能力認定試験
目的
目録作成の質の向上,目録担当者のスキルの認定
試験
春と秋に東京と大阪,名古屋などで実施
科目
「総合目録-図書(初級)」
NACSIS-CAT の目録入力基準に沿った内容。
「総合目録
の概要」「各レコードの特徴」「検索のしくみ」「書誌同
定」「総合問題」
「総合目録-雑誌(初級)」
「情報サービス-文献提供」
7
「総合目録-図書(中級)」
(情報組織化研究グループ月例研究会)
なぜ,FRBR や RDA に馴染めないのか
メディアの変化への対応
メディア(資料)の区分けの検討が不十分。
今あるあらゆるメディア(資料)に対応しようとするため,表現が抽象
的にならざるを得ずそのため多様な解釈が可能になっている。
物理的な実体(キャリア)と内容(コンテンツ)は別という考え方は,
メディア論ではとらないし,実態にそぐわない。
分けてよい場合と分けてはならない場合がある。
探し方の変化への対応
主題探索と既知文献検索のバランス
目録では既知文献検索のニーズが大きいのではないか。
主題から探すと,本や雑誌論文,映像資料や文書が一度に検索されるこ
とが優先されなければならないか。
大多数の日常的ニーズはグーグルで探せば満足できる(ユーチューブ映
像も検索される)ようになりつつあるのではないか。
グーグルのシンプルさには目録は対抗できない。
FRBR への疑問
FRBR は研究成果であるが,未完のようにみえる。
どのようなレベル設定も可能なのではないか。
「個別資料」は必要か。
「表現形」は必要か。
利用者タスクの発見,識別,選択,入手は,実際には,相互に
重なりがある行為であって,うまく分けられない。
マトリックスはやめたほうがよいのでは。
主題の概念,物,出来事,場所は,情報検索や索引法からみれ
ば不可解。
国際目録原則覚書への疑問
「一般原則」の「利用者の利便性」や「一貫性」は理解できるが,「表
現性」,
「有意性」など理解しにくく,同列に並ばないものが入っている。
表現性 :記述および名称の統制形は、実体それ自体が表してい
る方式によるものとする。
これだけ目録利用が増加し,目録の理解者も増えているのに,目録をわざわ
難解で閉鎖的な方向へ変えようというのは理解しにくい。
8
Fly UP