...

山大病院だより(24年8月号)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

山大病院だより(24年8月号)
ン
ョ
シ
ー
ゲ
ビ
開催
ナ
ア
リ
in 山大 報 告
キャ
この度、
月
日と
8
月 日、共
6
22
時 か ら、医 心 館 食 堂 にて、医 学
18
山 大﹂を 開 催 い た し ま し
in
名の学 生・研 修 医
医療人育成センター 原田唯成
借りして心より御礼申し上げます。
口大 学 生 協 の 皆 様には、こ の 場 を お
仁 会、会 場 設 営 等 でご 協 力 頂いた 山
援をいただきました医学部同窓会 霜
り ま す。最 後にな り ま し た が、ご 後
ま た 次 回、秋に開 催 を 計 画 し てお
した。
聞けるのが良かった﹂など大変好評で
りました﹂﹁いろいろな科のお話しを
し て生 活 スタイルな ど 大 変 参 考にな
も 参 考 に な り ま し た﹂﹁同 じ 女 性 と
いた こ とに端 的に答 え て 頂 き、と て
参加者のアンケートでも
﹁心配して
した。
話 を さ れている 姿 が と ても 印 象 的 で
皆 さ ん と て も にこ や か に楽 し そ う に
作った ス ライ ド や ポ ス ターを 背 に、
忙 な 先 生 方 が、講 座 ご とに工 夫 し て
盛 況 でし た。日 常 診 療に追 わ れて多
こ えにくいほ ど 熱 気にあ ふ れ、大 変
が 集い、普 通 の 大 き さ の 声 で は、聞
両日で計
いうのは初めての試みでした。
入 局 後 のコース な ど を 説 明 す る、と
た 学 生 や 研 修 医に、診 療 科の魅 力 や
会し、テーブルを囲んで、興味を持っ
別 に 開 催 さ れ ていま し た が、一同 に
た。こ れま で各 診 療 科の説 明 会 は 個
ショ ン
の紹 介のイベント﹁キャリ アナビゲー
生・研 修 医 を 対 象にし た 進 路 や 教 室
に
6
1
2
5
2012.08
山 口 大 学 医 学 部 附 属 病 院 で 働 く 人 々 を 、情 報 で 結 ぶ コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ・ ペ ー パ ー
No.
206
特集
日、大 規 模 災 害にお け る 災 害 対
ホットなニュースをご紹介。
月
山大病院 NEWS
応 力 の 向 上 を 図 る た め、県 災 害 対 策 本 部
山口県大規模災害図上訓練・救助機関等
合同実働訓練に参加して
先進救急医療センター
山口大学医学部附属病院
笠岡俊志
山口県統括DMAT
来 る べき 大 規 模 災 害 に 備 え、
消 防・警 察・自 衛 隊 等 と 県 内DMATチーム との
連 携 を 強 化 す る 目 的 で実 働 訓 練 が 実 施 さ れま し た 。
の 応 急 対 応に係 る 図 上 訓 練 と、災 害 現 場
における救助救急機関の連携に係る実働
山口大学病院をはじめ県内DMAT
チームが訓
訓練を並行して実施しました。
ま た が る 小 野 田・楠 企 業 団 地 で 行 わ れ、
実 働 訓 練 は、山 陽 小 野 田 市 と 宇 部 市に
場 投 入 な ど 大 変 有 意 義 な 訓 練 を 経 験 で き ま し た。
の 設 営 お よ び 傷 病 者 の 搬 入・搬 出、
DMATの 現
練に参加し、DMAT現場本部の設置、現場救護所
置 さ れ、 月
医 学 部に
﹁山口県 地 域 医 療 支 援 センター﹂が 設
こ と を 目 的 と し て、県 地 域 医 療 推 進 室 と 本 学
こ の た び、山口県 内 の 医 師 不 足 を 解 消 す る
日 に 開 設 式 が 行 わ れ ま し た。
災害現場における救助・搬送・医療の連携は重症
人が
お り、山口大 学 は 医 師 の キャリ ア 形 成 支 援 や
のキャリア形成支援を行うことを目的とし て
こ の セ ンターは、医 師 不 足 の 公 的 医 療 機 関 等
ます。
傷 病 者の救 命に不 可 欠 であ り、関 係 機 関の緊 密 な
分に南海トラフを震源とす
参 加 し、当 院 か ら は ド クターヘリ お よ び
時
への 医 師 の 効 率 的 な 配 置 や、配 置 さ れ る 医 師
午前
情報発信の業務を担います。
域 医 療 推 進 室 長 が 就 任 さ れ、山口大 学 医 学 部
セ ンター長には、県 健 康 福 祉 部 の 岡 紳 爾 地
強 を 記 録 し、最
山口大学DMAT隊員
し、県 東 部 で 最 大 震 度
るマグニ チュード 9.
0 の巨 大 地 震 が 発 生
大4メートル程度の津波が到達し たとの
月に災害派遣
EMIS、トリアージ、衛星電話等聞き慣れない言
不 足 は 重 大 な 課 題 で す。セ ンターが 医 師 不 足
医学部生
副 知 事、丸 本 学 長 を は じ め 学 内 外 関 係 者 ほ か
開 設 式には、山口県 知 事 代 理 と し て 岡 田 実
葉 ば か り で し た が、何 と か 修 了 す る こ と が で き、
人 が 出 席 し、丸 本 学 長 か ら﹁医 師
晴れて日本DMAT隊員となることができまし た。
医療チーム研修に参加しました。
の教授と准教授が専任医師として従事します。
奥谷信也
型救助︵ロープレスキュー︶、航空救助が実
施されました。
な お 今 回 の 訓 練 は、災 害 現
場 にお け る 対 応 力 や 即 応 力 を
養成し、また、関係機関相互の
﹁顔 の 見 え る 関 係﹂
の構築を図
る た め、事 前 に 訓 練 シ ナ リ オ
等 を 明 ら か に し な い発 災 ブ ラ
イ ン ド 型 の 実 践 的 訓 練 を、関
係機関合同で行ったものです。
当 院DMATチ ー ム は、
DMAT本 部 の 役 割 を 務 め、
DMAT本 部 隊 長 の 当 院 笠 岡
准 教 授 の 指 示 の も と、参 加 し
た県内 のDMATチームは、
真剣に取り組んでいました。
山口大学医学部附属病院に
DMAT本 部 の 運 営 を 行いま し た。ブライ ンド 訓
今 回 の 訓 練 で は 、山 口 大 学 D M A T は 、主 に
した。
が あ り、副 知 事 か ら 学 長へ看 板 が 贈 呈 さ れ ま
解 消 の 基 盤 と な る よ うに期 待 し ま す﹂と 挨 拶
の今までの活動と今後
れ、学 生 か ら﹁私 た ち
オフセミナーが開催さ
開 設 式 後には キック
練 という こ と も あ り、訓 練 開 始 直 後 は 本 部 運 営 が
上 手 く 機 能 し ま せ ん で し た が、時 間 が 経つにつれ、
私 は 初 め て の 実 働 訓 練 と い う こ と も あ り、
円滑に機能させることができました。
EMIS・衛星電話等使用方法、活動記録等、様々
レ ゼ ン 発 表 も 行 わ れ、
の 目 標﹂
につ い て の プ
けていました。
回 ド クターヘリ
日
︵土︶ 時から、医学部第
参加者は真剣に耳を傾
な 問 題 点・改 善 点 が 見つか り ま し た の で、実 際に
ます。
月
人が参加しました。
後のドクターヘリ運航に活かし てほし
当日は、岡病院長から
﹁事例報告を今
救急病院等を対象に開催しています。
と し て お り、毎 年、県 内 の 消 防 機 関 や
今後の円滑な運航に活かすことを目的
等を行い、ドクターヘリへの理解を深め
及び本院医師それぞれの立場から評価
過去の出動事例について担当消防機関
こ の 事 例 報 告 会 は、ド クターヘリ の
約
及び救急指定病院などから、合わせ て
事例報告会を開催し、県内の消防機関
講 義 室において、第
イベント・レポート
様々な出来事をご紹介します。
頃 か ら 準 備・訓 練 等 を 積 み 重 ね ていき たいと 思い
災 害 が 発 生 し た 時には 素 早 く 活 動 で き る よ う、日
板垣智恵子看護師長およ
び川村和美看護師長が、社団
法人山口県病院協会から、県
内 の 病 院に従 事 す る 勤 務 成
績の優秀な方を表彰する﹁病
院 優 良 従 業 員﹂を 受 賞 さ れ、
月 日、病院長室において
い。
﹂
と の 挨 拶、笠 岡 准 教 授によ る 実 績
報 告 が あった 後、萩 市 消 防 本 部 か ら
﹁二 次 ラン
デブー方 式 を 用いた 多 発 外 傷 事 例﹂
、山口市 消
ターヘリ 搬 送 を 行った 心 肺 停 止 事 例﹂
について
傷 事 例﹂
、宇 部・山 陽 小 野 田 消 防 局 か ら
﹁ド ク
防本部から
﹁現場直近でランデブーした交通外
月
病 院 の 敷 地 内 を 全 面 禁 煙 と し た こ とに伴い、
日、ま た
長、川村看護師長両人に表彰
月
日までの禁煙週間 * に合わせて、
院内の吸い殻やゴミなどを拾い集めました。
バーを中心とした教職員らが参加し、学部内・
め医学部附属病院労働安全衛生委員会メン
ナースからドクターヘ
の最 後には、フライト
なされました。報告会
で活発な意見交換が
れた後、参加者との間
報告があり、担当医師らからコメントが述べら
本院では、今後も医療機関として、患者の皆
リと救急隊との情報
日、岡 病 院 長、花 田 看 護 部 長 を は じ
健康福祉功労者看護職員﹂と
さ ま を は じ め と し て 本 院 に来 院 さ れ る 全 て の
月
し て知事表彰を受賞された
長 か ら、 月
日に
﹁山 口 県
あわせて、倉田町恵看護師
ことについての報告がありま
共有の大切さについて
*
日 本 で は、
日から 月
います。
年︵平 成 年︶よ り、 月
日 ま での一週 間 を 禁 煙 週 間 と し て
告会となりました。
とって大変有意義な報
報告があり、参加者に
方 の 健 康 に配 慮 し、禁 煙 活 動・禁 煙 運 動 を 推
した。
また、この席には花田看護
部長、阿部事務部長も同席し
受賞を祝いました。
願いいたします。
進 し て まいり ま す の で、ご 理 解・ご 協 力 を お
毎年吸い殻クリーン作戦を実施しています。
月
日
す る 旨 の 祝 辞 が 述 べら れ ま
今後のさらなる活躍を期待
世 界 禁 煙 デーで あ る
月 か ら 医 学 部・附 属
3
状と記念品が手渡され、永年
年
15
の 功 労に対 す る 敬 意 並 びに
本 院 で は、平 成
3
7
まつわる方々を紹介します。
小さかった頃、
なりたかった職業は
医者
私は、今年の
想定で、生き埋め救助、がれき救助、都市
総 務 課 企 画・評 価 係
連 携 を 促 す 合 同 実 働 訓 練の定 期 的 な 開 催 が 望 ま れ
10
DMATチームが訓練に参加しました。
医療チーム︵DMAT︶など約
県のほか、県警や消防、自衛隊、災害派遣
「地域医療支援センター」
開設式
第 3 回ドクターヘリ事例報告会を開催
から
22
ひと
7
70
7
90
ところで、
犬派?ねこ派
犬派
趣味は
読書
受賞者の倉田看護師長,板垣看護師長,川村看護師長
(前列右から)
を囲んで記念撮影
岡病院長から板垣看護師
伝達式が行われました。
28
好きなスポーツは
卓球。
中・高・大と
やっていました。
平成
人
大規模災害に備えた合同訓練に参加しました。
新人研修医︵医科︶に
インタビュー
12
1
お名前は
病院優良従業員表彰を受賞
24 年度
6
した。
31
仕事をしている中で、
楽しいこと
︵うれしいこと︶
は
患者さんにありがとう
って言ってもらえると
やっぱりうれしいです。
反対に、
苦しいこと︵辛いこと︶
は
ありますか?
世界禁煙デーにあわせて
吸い殻クリーン作戦を実施しました
戦を実施しました
6
6
性別は
男
2
6
0
?
研修中だと 、 ケ月で
科が変わるので
なれるまでが大変です。
さいごに⋮
どんな医師を
目指されていますか
31
31
17
血液型は
56
?
患者さんから頼りに
されるよう日々精進
していきたいと思います。
5
5
型
O
15
8
12
2
4
6
A
4
5
6 1
9
9
2
!
地元自慢を
おねがいします♪
夏は海水浴、冬はミカン
狩りできます!
6
6
出身地は
6
A Q A Q A Q A Q
Q
?
?
?
?
6
1
山口県周防大島
6
2
3
?
?
?
Q
A
Q
A
?
佐々木征弘
A Q A Q A Q A Q A Q
PICK UP コラム
地域医療だより 平さんの棚田「見た人に頑張る力を」
上関・祝島
地域医療推進学講座の中村です。
今回のテーマは、棚田 です。山口県は棚田王国で、
日本の棚田百選にも
選ばれた油谷町の棚田や、萩市見島の棚田などが有名です。
また、棚田は
癒し系の風物として日本全国で静かなブームを呼んでいます。
しかし、
これ
らの通常の棚田とは違い、異彩を放っているのが 平さんの棚田 です。見
た人に元気を与える硬派な棚田です。平さんの棚田の凄いところは、
その規
模や石垣の正確さや美しさのハード面もさることながら注目すべきは 人
にあります。
理由を集約しますと以下の 3 点です。
①親子 3 代で島の原野の中に棚田を築き上げたこと、
②重機を一切使用し
ていないこと、③孫の代(現在の平万次さん)には稲作を止め、棚田を島の
原野(自然)に戻すように初代亀次郎さんから遺言されていることです。稲
島の原野の中に忽然と現れる平さん
の 棚 田(石 垣 6 段、高 さ計 38 メート
ル)。
「天空の棚田」
とか、
「城壁」などと
も呼ばれて全国から沢山の方々が見
に来られます。港からは徒歩で一時間
と少し掛かります。
作の時代は終わると予見されていたようです。万次さんのお子さんたちは
既に島を出られており、
農業を継ぐ当てもないため、
この棚田が 幻の棚田
となるのは時間の問題といわれています
(平万次さんは昨年で引退を宣告
平 万 次さんと筆 者(右)。平さん は
79 歳ですが、まだまだお元気です。
道端でいろいろな話をしてくれまし
た。戦時中は戦艦大和の主砲の発
射訓練がこの海域でされていたら
しく、それを島の上から見ていたそ
うです。
しておられましたが、
もう一年は稲作を頑張るそうです)
【地域医療推進学講座、中村浩士】
写真の棚田を重機を用いず、
人力だけで作るにはどうすれば
問題
山頂の石切り場で適切な石を選別し、
ひとつずつ斜面を滑ら
答え
よいでしょうか?石は重く、下から上へ持ち上げることは出来ません。
せて目的の部位に組み入れることで石垣を組んでいったそうです。
び
このた
地域医療教育研修センターの
愛称「白翔館」の看板が新たに
設置されました。
すぐ使える
豆 知識
コーナー
ハーブを使ったまめまめ情報
< 新米ママさん必見?の巻 >
●使用ハーブ→ジャーマンカモミール
★おむつかぶれ… カモミールティーをガーゼに湿らせて
ふいてあげてください。
★夜泣き…… 入浴時、沐浴剤としてカモミールティー適量を
混ぜてみてください。
※キク科のアレルギーのある人は合わない場合があります
by おむつかぶれ&夜泣きで育児疲労だった編集者Mまま♪
患者相談対応研修
SCHEDULE
●日 時 8 月 10 日
(金)17:15 ∼ 18:30
●場 所 第三講義室
●対象者 コメディカル職員、事務職員
「山口から世界へ!」世界をリードする最先端の研究を
わかりやすく地域へ紹介!!
「医進!前進!∼山口大学医学部研究室探訪∼」
ご意見・ご要望をお待ちしています!!
新年号からリニューアルした本誌「山大病院だより」
。
今後、ますます充実した誌面にしたいと考えておりますので、
読者である皆さまからの活発なご意見・ご要望をお待ちしています。
○こんな情報を取り上げてほしい
○こんな特典があれば嬉しい
○このコーナーが面白かった/面白くなかった etc.
ご意見・ご要望は
こちらへ
コーチング研修
●日 時 9 月 25 日
(火)9:00 ∼ 17:00
●場 所 基礎研究棟カンファレンス室
●対象者 コメディカル職員
放 送 日 毎週水・土・日曜日
11:45∼12:00、20:00∼20:15
※放送時間は、変更される場合があります。
放 送 局 山口ケーブルビジョン
(ケーブルTV)
上記時間帯にて、絶賛放送中!!
● 編集担当
(総務課・総務係:H.N・M.A)
編集
後記
梅雨も明け、暑い夏がやってきましたね∼。
皆さん、夏バテには注意しましょうね♪
さて、今号はいかがでしたでしょうか ??
まだまだ充実した誌面とは言えないかもしれませんが、
今後も色々な情報を追加できればなぁ、と思っております。
皆さんからも、
「こんな情報が欲しい!」
とか「この人を誌面で紹
介してあげて !! 」等ありましたら、総務課総務係までご一報
ください♪(・∀・)b
では、また 2 ヶ月後の本紙で∼♪(・∀・) /
Fly UP