...

VOL.37 No.2 - CONPT

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

VOL.37 No.2 - CONPT
日本新聞製作技術懇話会
広報委員会編集
編集人 辻 裕史
東京都千代田区内幸町
日本プレスセンタービル
8 階(〒 100-0011)
電話(03)3503-3829
FAX(03)3503-3828
http://www.conpt.jp
VOL.37
No.2
2013.3.1
会報(通巻 218 号)
CONFERENCE FOR NEWSPAPER
PRODUCTION TECHNIQUE JAPAN
日本新聞製作技術懇話会
会 報(隔月刊)
(禁転載)
page2013見学記
有限会社メディアテクノス 代表取締役 井上秋男(JAGAT客員研究員)
はじめに 日本印刷技術協会
(JAGAT)主催の第26回
page2013が2月6日 か ら8日 ま で の3日 間、 東
京・池袋のサンシャイン・コンベンションセ
ンターTOKYOにて「拡大!コミュニケーシ
ョン支援ビジネス」をメインテーマに開かれ
盛況となった。見学記として「開催コンセプ
ト、開催概要、出展状況」
を紹介したい。
■開催コンセプト
スマホ・タブレットなどのデジタルデバイ
ら 長 期 低 落 傾 向 が 続 い て い る。 こ の た め
スと電子新聞、電子書籍、電子チラシなどの
page2013では、印刷業を紙の上にインキを
デジタルメディアの普及加速化により、新聞
のせる
「印刷物の製造業」から
「顧客のコミュ
業界同様に印刷・グラフィック業界も変革期
ニケーションの円滑化を支援する印刷業」へ
が到来している。印刷マーケットカンファレ
業態変革するための新ソリューションやビジ
ンスでは「2013年メディアと印刷市場展望」
が
ネスモデルが、展示会、カンファレンス・セ
紹介され、印刷市場規模は2012年5兆7100億
ミナー・ワークショツプを通じて一堂に紹介
円(予想)、2013年5兆5400億円~5兆6500億円
され注目を集めた。
(予想)とピーク時の1990年の8兆9287億円か
目次
page2013見学記
有限会社メディアテクノス 代表取締役
井上 秋男… …………
2
沖縄タイムス社 システム局長
伊野波盛彦… ………
5
長崎新聞社 取締役印刷担当兼長崎新聞印刷センター 代表取締役社長
村田 博行… ………
6
コダック㈱ 情報コミュニケーション営業本部報道メディア営業部担当課長
矢崎 友則 … ………
7
田中電気㈱、日本ボールドウィン㈱�����������
8
東京インキ㈱、方正㈱�����������
9
新聞製作人新年合同名刺交換会開く���������������������������
10
CONPT日誌他�����������������������������������������
10
新局長に就任して
楽事万歳
会員社リポート
●表紙写真提供:
「CONPT TOUR2012 入選作より」
●朝日新聞社・竹内省吾氏
「パリの街角」
●表紙製版:㈱デイリースポーツプレスセンター
●組版・印刷:㈱デイリースポーツプレスセンター
─2─
■開催概要
作業務改善、製造業顧客向け、流通業顧客向
「展示会」は、文化会館B,C,Dの3ホールを使
け、出版業顧客向け」ソリューションを実演
用して、出展社129社
(前回124社)
、出展小間
した。▼クロスデザインは、新聞協会技術開
数503小間(同488小間)
、来場者64,760人
(同
発奨励賞を受賞した編集ソリューション
65,610人)規模となり盛会となった。「カンフ
「LEPUS」を出展し、紙とデジタルメディア
ァレンス」は、基調講演はじめグラフィック、
の同時制作を紹介。▼スターティアラボは電
クロスメデイア、データ印刷、印刷マーケッ
子ブック制作ソフト、コトブキ企画は画像認
ト、ビジネスの6カテゴリ23セッション。
「セ
識サービス、光文堂はコンテンツのクラウド
ミナー」は、現場で起きているトラブル解決、
上での管理サービスと着替えることなく試着
動画、品質管理など制作担当者向けと経営ビ
を楽しめるバーチャルシステム、エイシスは
ジョン、人材育成、クロスメディア、IT動
印刷物にスマホをかざすと画像認識によりリ
向など経営者、管理者向けの情報提供など12
ンク先が表示されWeb上の動画・音声に簡
セッション。「ワークショップ」
は顧客ビジネ
単に接続できるサービスを実演した。
ス支援をテーマに4セッションを実施した。
昨年に続き、「デジタルワークフローソリュ
ーション」と「page見所ツアー」も催され多数
参加した。また、新たに会場内に「e-マーケ
ティングコーナー」も設けられ表彰式や説明
が行われた。注目の基調講演は多メディア時
代を反映して、「電子書籍2013-国内プレイヤ
ー勢揃い」、「PPO! オンデマンドソリューシ
ョンが拓く新しいビジネス」
、
「未来を破壊す
る 解決編」をテーマに、業界有識者による
クロスメディアソリューション出展相次ぐ
講演とディスカッションが行われいずれも満
員となった。関連して
「PPO(プロモーショ
②デジタル印刷の進化発展
ンプロセスアウトソーシング)
」
では、11社が
各社から導入実績をもとに
「極小ロット、
参加した「PPO推進協議会」発足も発表され
オンデマンド、バリアブル、ワンタッチオペ
た。
レーション」などの特長を活かしたデジタル
■展示会の出展状況
印刷ソリューションが紹介された。▼富士フ
①クロスメディアによるコミュニケーション
支援ビジネス
イルムグローバルグラフィックシステムズ
(FFGS)は、次世代インクジエットデジタル
多メディア時代到来により、印刷会社では
印刷機JetPress720の国内外の導入事例をビ
クロスメディア展開による「顧客のコミュニ
デオで紹介。輪転タイプインクジエットデジ
ケーション支援」が重要なビジネスとなって
タル印刷機JetPress540W(仮称)は新聞含め
きた。▼モリサワは
「文字 えらぶ くむ 各種印刷サンプルを展示。富士ゼロックス製
Smart 」をテーマに、組み版編集ソフト、電
のカラー・オンデマンド・パブリッシングシ
子雑誌・書籍向け編集・制作ソフト、フォン
ステム2機種を実演した。▼コニカミノルタ
トの最新バージョンを紹介した。▼ビジュア
ビジネスソリューションズはプレゼンとデジ
ル・プロセッシング・ジャパンは、印刷業界
タル印刷機bizhubPRESSシリーズ4機種を出
向けコンテンツビジネスのIT戦略として「制
展し、高速・高品質印刷を実演。▼キヤノン
─3─
MJは後加工までJDFワークフローによる印
によるコストダウンと工程最適化による人材
刷物の付加価値を高めるソリューションと高
活用を提案。▼富士通は新聞業界での実績・
速・高品質デジタル印刷システム4機種、日
ノウハウをもとにインキ削減ソリューション
本語化したワークフローサーバーPRISMA、
InkFit、 高 精 細 と コ ス ト 削 減 を 実 現 す る
ホリゾン製後加工機との連携によるオンデマ
EcoScreening(参考出品)とモニタープルー
ンドブックプロダクションを紹介した。▼リ
フを出展した。
コージャパンは印刷ビジネスの環境変化に適
④後加工のインライン化、コンパクト化
応する新しい事業領域の開拓や付加価値向上
デジタル印刷の普及拡大と多品種小ロット
の提案とRicho Proシリーズ2機種を実演。▼
に対応した後加工機の新製品が相次いで出展
大日本スクリーン製造とコダックは印刷サン
された。▼ホリゾンは小ロット、バリアブル
プルを展示。エプソン、理想科学工業、メデ
工程に適応した
「デジタル印刷向け製本システ
ィアコンフォート、カシオ計算機、ミマキエ
ムSmartBookingSolution」
の実演とサンプル配
ンジニアリングは最新のデジタル印刷機やカ
布のほか、製本機、紙折り機の新製品を紹介。
ラープリンタを出展した。▼世界最大のデジ
▼デュプロは鞍掛け中綴じ製本機はじめ新製
タル印刷推進団体の米国NPO法人
「PODi(the
品のカッタークリーサーやインクジエットプ
Digital Printing Initiative」が出展。日本向け
レスなどを出展。▼ベーヴェシステムジャパ
サービスとして、「ホームページの日本語化、
ン、ビー・ピー・エスはDM向けの封入封緘・
日本語版webセミナー」などの実施と、4月か
宛名印刷装置を実演。▼ウチダテクノはデジ
ら営業開始して各業界から広く会員を募集し
タル印刷向け後加工カッターとクリーサーを
ていくことを発表した。
出展しカットから筋入れ・ミシンを紹介した。
③CTP、ワークフローの環境対応とインキ
削減
印刷物の「多品種・小ロット・短納期化と
コスト削減、環境対応」向けのCTP・ワーク
フローの出展と提案が相次いだ。▼FFGSは
「i-Vision Wing」を構成する最新機器を一堂に
出展。CTP関連では環境対応型サーマルプ
ロセッサー、デジタルサーマルプレート、現
像廃液削減装置、再生水再利用装置、完全無
処理サーマルプレートなどを紹介。ワークフ
「SmartBookingSolution」の実演
ローでは新製品の次世代ハイブリッドワーク
⑤IT・総合印刷業務管理ソリューション本格化
フローシステム「XMF5.1」をベースに各種ソ
見積、受注、製造、出荷、用紙発注などを
リューションを実演。▼日本アグフア・ゲバ
リアルタイムに処理する総合業務管理ソリュ
ルトは「速乾印刷で始める経営革新」
をテーマ
ーションが主要ベンダーから出展された。▼
に、Agfa現像レスCTPプレート:AzuraTS、
トスバックシステムズは総合戦略管理システ
プリプレスワークフローの最新バージョン:
ム
「ひだりうちわ」シリーズの新製品
「PriNOS
Apogee8を出展し、自動化・効率化を紹介。
(プリノス)
」
を実演。大貼り面付連動・JDF対
▼ 大 日 本 ス ク リ ー ン 製 造 は「shift to
応、WEB受注管理システム、用紙発注EDIな
EQUIOS」をテーマにユニバーサルワークフ
どの新機能を紹介。▼JSPIRITSは印刷業基
ローEQUIOS Ver2.0を出展。自動処理機能
幹業務管理システムPrintSapiensの最新バー
─4─
ジョンを出展し、見積管理から原価管理まで
出展状況をかけ足でレポートした。page閉幕後、
のトータルサポートと、クラウド・ホスティ
2月11日~15日までスイスのルツェルンで開かれた
ングサービスを紹介。▼両毛システムズ、デ
世 界 最 大 のデジタル印 刷 機 材 展「Hunkeler
ンセイ、ビジネスイーブレーン、ムサシ、コ
innovationdays2013」
を視察した。デジタル印刷
スモの各社から業務管理システムの最新版が
機に後加工機とITを連携させて、企業、広告主、
紹介された。
読者、消費者、生活者に最適な印刷物を届ける
おわりに
ことを目的とした「コミュニケーションの円滑化を支
以上、印刷業からメディアサービスプロパイター
業への転換を支援するpage2013の開催概要や
新局長に就任して
援するビジネスモデル」が多数実演されデジタル
印刷の方向性を示した。
たそのときに、本紙は産声を上げました。米
軍占領下のゼロからの出発。 創刊65周年に
あたり先輩たちの志をあらためてかみしめた
地域と共に
いと思います。
沖縄タイムス社 システム局長
伊野波 盛彦
そのなかでも新社屋のタイムスホールの復
活は沖縄の文化芸能など県紙の重要な役割で
ある地域づくりの応援団になることだと思い
1月1日付でシステム局
ます。
長に就任いたしました。
システム局は昨年末から
「めくるワクワク、とどける未来」をスロー
今年にかけて新新聞製作
ガンに、地域に密着したイベントを計画して
システムの稼働、新社屋
います。
*
のネットワーク構築、引
*
*
ネット時代の到来によって若者の新聞離れ
越し作業等と、いくつも
のハードルを越えなければなりませんでし
が急速に進んでいます。
た。しかしシステム局員及び関係部局、各ベ
SNSなどいろいろなデバイスによる個々の
ンダーの周到なる準備のおかげで無事完了す
発信で情報の多様化を広げ。それが違う方向
ることができました。特に新聞製作システム
に導くことになるかもしれない。
そのような時代だからこそあらためて、新
ではこれまでとはまったく違う新しいオペレ
ーションになるので組版作業に慣れるのに苦
聞が果たすべき役割は何なのか。
労しましたが、編集局整理部員の頑張りで年
基地問題など沖縄が抱える問題は、沖縄か
末の衆議院選挙及び新年号製作を乗り切って
らきちんと発信しなければ問題の所在さえ忘
くれました。大変でしたが新年会での先輩
れられてしまいかねない危うさがある。県外
方々の「元の場所によく帰ってきてくれた」
と
への絶え間ない発信は今後ますます重要にな
嬉しそうな顔を見るとほっとしています。
ると思います。
*
*
*
*
*
*
今年、本紙は創刊65周年を迎えます。沖縄
新米局長ですが、各システムの安定稼働と
タイムスの創刊号が発行されたのは65年前
新しいデジタルビジネスモデルの提案をやっ
1948年の7月1日。食うや食わずの生活の中か
ていきたいと思います。ご指導ご鞭撻よろし
ら経済復興をめぐる住民の要求が活発になっ
くお願いします。
─5─
る。4人で休憩を入れて約5時間過ごすことで
楽事万歳
は、有意義な一日になる。お互いに楽しく過
ごせるかである。相手かまわず、自己中心の
努力して、一歩前進
長崎新聞社 取締役印刷担当兼
長崎新聞印刷センター 代表取締役社長
村田 博行
プレーヤーもいれば、さりげなく気を使いな
がら「プレーの良いところをほめる」楽しいプ
レーヤーもいて様々な経験をさせて頂く。
*
*
*
ほとんど、趣味も無く
さて、やはり仕事の話をしないとどうして
入社以来40年過ごしてき
も済まなくなる。実は、いま抱えている最大
た。とは言っても、約5
の課題は、印刷センターを設立して3年目に
年前の57歳からゴルフを
なる。現在、新会社になって、入社したのが
始めた。局長から役員に
10名(次長以下26名中)となり、技術教育と社
就任して、経営的な視点
会人教育が大きな課題である。大卒・高專卒・
での省人化、経費削減か
高卒と多彩であるが、高卒で社会勉強から始
ら印刷局の分社化など、厳しい現実が待ち受
めるケースが多々ある。
「おはようございま
けていた。この時期から新たな自分との闘い、
す」帰るときには
「失礼します」がまともに言
葛藤が始まった。
えない子が、多く感じられる。
妻が見かねて、兄に頼んでゴルフを薦めて
新人は、各班に配置して、教育係を1人選
くれた。早速、ゴルフショップで一式を購入。
任して、約半年間マンツーマンで、教育する。
近くのゴルフ練習場でレッスンプロに付いて
挨拶から始まり、安全教育、作業手順からメ
練習を開始した。若いころは「ゴルフなんて
ンテナンスまで幅広く教え込んでいく。毎月
何がおもしろい―」と、
批判的だったが、
いざ、
定例のデスク会議で進み具合を報告させ、教
やってみるとなかなか面白い、思うようにな
育の進捗状況を確認しながら、徐々に作業内
らないところがまた腹立たしく。練習に明け
容を高度化していく。ついていけなければ徹
くれた。約半年間練習を積んで、コースデ
底して議論し、全員で粘り強く教育する。大
ビューとなり、右に左に木々の中、ラフ、バ
きな成果は、非常に心配した新人が、ある日
ンカーとクタクタになりながら、何とかフィ
を境に見違えるように積極的に前に出て、作
ニッシュできた。コースの絶景や鮮やかなグ
業に取り組む姿勢が良くなったことだ。
リーンなど全く覚えてなく、
一日が終わった。
今でも、印刷の伝統
「全員のチームワーク
あれから5年が経ち、何とか周りに迷惑を
で全てを解決する」が脈々と息づいている。
かけない程度まで上達できたと思う、今日こ
頼もしいかぎりだ。私は、日頃から言ってる
の頃だ。メンタルなスポーツと感じることが
ことで
「頑張らなくてもいいが、努力を人一
多々ある。同時に、性格が直に出ることでは
倍すること」と「厳しい中でも少し、相手の気
大変勉強になる。プレー中にすごく勉強にな
持ちに立って物事を進める」ことで必ず、展
ることがある。ドライバーでナイスショット
望が開けると確信している。
となり、ミドルの二打目を
「2オン出来るので
厳しい新聞業界であるが、前を向いて、一
はないか」とどこかで無謀なささやきが聞こ
歩前進で、自らの力で展望を切り開く努力を
え、ウッドで挑戦するも結果は、OBで散々
したいものです。新聞輸送や輪転機など設備
な目にあう。自分のペースで日頃の練習通り
投資の分野から新聞業界の動きを見ることも
に冷静にできるかで、プレーに影響が出てく
重要で、見えてくるものがあると思う。
─6─
を植えて水をやれば花が咲き、実がとれる。
「週末農業」
確かにそうなのですが、その過程では病気の
コダック(株)情報コミュニケーション営業本部
報道メディア営業部担当課長
予防、虫取り、草むしりなどなど、育つには
矢崎 友則
手がかかります。それでも時には枯れてしま
うこともあります。そういうことを理解して
新潟県佐渡市(佐渡ヶ
いないように感じていたのです。田舎育ちの
島)、私の故郷です。目
私からすれば、子供達が理解できないことを
の前に海が広がり、振り
理解できず困っていたのです。
返ると山に囲まれた田と
「体験農園」の募集看板を見たときに
「これ
畑という日本の原風景が
だ!」と思いました。すぐに申し込みの手続き
いまだに残っています。
をし、家族に「週末農業」を始めることを宣言
しました。
学生の頃は畑仕事は言
うに及ばず、小舟で海に出てワカメの養殖の
それから、「週末農業」の生活がはじまりま
刈り取り、仕掛けた網の引き揚げなど、様々
した。種をまくだけではなく、虫から守る囲
なことをやりました。
いをつけ、肥料を工夫し、枯れたところを植
ワカメのシーズンは冬です。寒風吹きすさ
えなおします。農作業を通じ、子供たちが身
ぶ中、父と小舟で養殖場まで行き、海水に手
体で「育つ」ことを覚えていきます。最初は触
をいれて刈り取ります。刈り取ったワカメを
れなかった青虫も、しばらくするとひょいと
岸で洗い、メカブと不要な部分を分けて、専
つかんで始末するようになりました。
なにより、収穫した野菜のおいしさに家族
用の竿に掛けて干します。冬の日本海の風が
水を切るだけでなく、ワカメの味をおいしく
一同感激していたことを覚えています。
畑の仲間との交流も楽しく、諸先輩方から
するような気がしたものでした。
佐渡は米も野菜もうまいです。おそらく山
様々な経験談を伺います。同世代と互いの考
から出たきれいな水が、よどむことなく田に
えを語り合い、お酒を交えながら盛り上がり
畑に入るためではないか、と思っています。
ます。子供達も畑友達を作り、皆で遊んだり
*
*
していました。
*
出来の良い年、悪い年、トウモロコシがう
そんな私も東京に出てきてからは、自然と
は縁遠い生活となりました。特に学生生活を
まくできたと思ったら、人参で失敗したりと、
終え、働き出してからは佐渡に帰る回数も減
思うようにはいかないところに面白さがあり
り、畑仕事、海仕事をすることもなくなって
ます。子供達もすっかり野菜好きになり、いっ
いました。
ぱしの農業人を気取るようになりました。そ
ある時、家の近所を子供達と歩いていると
の姿をみると、「植物が育つ」ことの理解とい
「体験農園」の募集看板を掲げた畑を見かけま
う当初の目標は達成できたように思います。
*
した。たくさんの方々が農作業にいそしんで
*
*
います。なんとも楽しそうに、畑を耕し、草
農園生活ももう8年になり、今はすっかり
を取り、野菜を育てている光景が目に入って
私の趣味となってしまいました。週末は畑を
きたのです。
見ないと落ち着きません。船舶免許もとり、
実はその頃、不安に思っていたことがあり
佐渡に帰った時には網と養殖の手伝いもしま
ました。子供達が
「植物が育つ」
ということを
す。どうも私の中には先祖代々培われた山と
理解していないように感じていたのです。種
海の血が流れているようです。
─7─
会員社リポート
「 電 波・ 通 信 の 可 能 性 に
チャレンジ」
○ 屋 外 用Wi-FIベ ー ス ス テ ー シ ョ ンWBSn
(802.11n)
東日本大震災以降、災害時の緊急連絡手段
複数の伝送路を用いて通信速度450Mbps実
の確保の重要性が見直されていますが、当社
現することや、電波の利用効率を大幅に高め
は創業以来「電波・通信」
を事業の柱にすえて
る効果があるビームフォーミングにより遠方ま
おります。災害時の自営通信に下記の製品を
で伝送距離
(1Km)を可能にするなど、高い
ご検討下さい。
パフォーマンスを発揮、屋外設置WBSより
屋内端末との通信を実現します。 ○5GHz帯 無 線 ア ク セ ス シ ス テ ム Breeza
○LANdeVOICE
Access
5GHz(4.9GHz)帯を使用した802.11aプロトコ
インターネット回線に接続するだけで音声を
ルの高出力高速無線LANです。
伝えるVoIP機器。IP電話をはじめ、電話機
高出力
(250mW)
で長距離伝送可能。見通し
や交換機、放送設備と接続可能です。
で40kmの実 績。 見 通し距 離 実 績30Mbps/
10km、10Mbps/35km。専用周波数のため、
電波干渉輻輳の心配ありません。
田中電気㈱
に対する要求の高まりから検討されている規
お客様の声をつねに反映
制強化にも対応する商品もあります。新聞印
日本ボールドウィン株式会社は、1968年の
刷工場から排出される湿し水排水を他域の排
創立以来「印刷現場の声を聞く」
「お客様に満
水基準に合わせ処理する排水処理装置や、印
足を」を共通のモットーとするボールドウィ
刷品質向上だけでなくコスト削減にもつなが
ン・グループの一員として展開してまいりま
るQI社製レジスタコントロール・カットオ
した。印刷業界と社会の発展に貢献すべく、
フコントロールなど。
国際性を活かし、印刷機械周辺機器等専業メ
ーカーとして技術開発力と品質を一層高め、
さらには製品の販売だけでなく、よりきめ
お客様の生産性向上・省力化等に寄与する製
細やかなアフターケア、メンテナンスサービ
品とサービスをご提供して参りました。
スのご提供を目指し、お客様に合わせた定期
サービス保守契約等のご提案も行っていきた
当社主要部門の一つである新聞印刷関連の
いと考えております。今後も貴重な
「お客様
製品としては、既に各社より高い評価を頂い
の声」を製品の質向上と開発に反映させ、お
ている湿し水供給装置、4×1輪転機に対応し
客様に求められる商品とサービスを提供でき
た、小型ブランケット洗浄装置
(SSW)
また
るよう努めて参りますので、ご愛顧の程宜し
既存の製品カテゴリーに加え、環境への配慮
くお願い申し上げます。
日本ボールドウィン㈱
─8─
会員社リポート
プリンティング文化の
発展にあわせて成長・・・
れらの技術と成型加工技術による成型加工品の
提供を行い、最新の技術を駆使して高品質で環
境に優しい製品を提供することにより幅広く社
弊社は1923年
(大正12年)より印刷インキメー
会への貢献を行っております。
カーとしてスタートし永きに渡る歴史を築いて
各事業部門では・・・・
来ました。その間、時代の変遷に歩調を合わせ
インキ事業部門では、地球環境の保全に貢献
て技術を研鑚し印刷インキの製造、販売にとど
する高品質・高機能・高付加価値のある印刷関
まらず様々な機能を付与した記録材料全般に関
連資材の研究・生産・販売活動に取り組んでいま
する製品の開発、製造をすすめて来ました。
す。さらに、印刷業界の業態変革に伴い、デジタ
この間、印刷インキの開発で培った技術を応
ル印刷対応の新規事業の構築を推進しています。
用しプラスチック用着色剤などの関連製品の製
化成品事業部門では、プラスチック分野に於
造、販売にも尽力し総合色彩化学企業として邁
いて高度化・多様化していくニーズに対応すべ
進してきました。
く、当社の分散技術・加工技術を生かした各種
印刷インキ関連では、インクジェット用イン
クや機能性インキ・コート剤などの印刷材料、
製品の提供に取り組んでいます。
加工品事業部門では、当社コア技術である分散
及びその周辺材料の提供、プラスチック用着色
技術を駆使したプラスチック材料を使用し樹脂成
剤関連では、プラスチック成形材料の提供とこ
形品や一軸延伸の開発・製造に取り組んでいます。
システムリフォーム
守期限の問題やミドルウェアのバージョン
アップにより、希望がかなわないケース。そ
システムのクラウド利用や共有化が検討さ
の場合でも、方正では、既存のソースを新し
れる中、設備の更新費用の抑制は、ベンダー
い環境でコンパイルし、コンパイルエラーを
にとっても大きな命題となっています。
改修し、併せて、変更要件も取り込むという
今後、スクラッチでシステムを開発する機
リフォーム作業
(マイグレーション)を多数
会が少なくなると想定した場合、ユーザーと
行っています。特に既存システムの開発メー
Win-Winの関係を維持する手法として
カーが、事業撤退している案件では、期待値
何があるのか? そのひとつの答えとして提
も高く、保守サービスまでスムーズに引き継
言しているのが
「システムリフォーム」
という
ぐことで信頼を得やすいのです。コスト抑制
考え方です。
に寄与しつつ、案件数を増やせるため、SE
が多様な経験を重ねることもできます。ベン
できるだけ現状のシステムを長く使いた
い。仮に更新する場合でも、
ユーザ―インター
ダー間の連携もできるのではないかと思案し
ています。
フェースなどの使い勝手は維持したいという
声が多いのにもかかわらず、機器の製造、保
─9─
JANPS7年ぶり
「技術開発賞」
新年合同名刺交換会
なごやかに
31回目となる新年恒例の新聞製作人合同名
刺交換会は、1月11日
(金)内幸町の日本プレ
スセンター10階大ホールで開かれた。
新聞社・
印刷関係の50社から94人、懇話会会員社38社
188人と新聞協会幹部と懇話会事務局らの10
人、合わせて292人が出席した。昨年の296人
をわずかに下回ったが、会場は新年らしい華
やかな雰囲気に包まれるなか、なごやかに賀
詞を述べ合った。
午後3時半、佐塚正樹協会編集制作部長の
司会で始まり、所用で欠席の五阿弥技術委員
長(読売)に代わり仲沢仁副委員長
(日経)
が挨
拶 し た。 直 前 の 技 術 委 員 会 で 決 ま っ た
JANPS2012の各賞授賞を披露。7年ぶりの技
術開発賞が東京機械のデジタル印刷機に贈ら
れるとし、奨励賞もクロスデザイン、東芝ソ
リューション、東洋インキ、清水製作、スト
ラパックの5社が受賞することになった。
芝則之懇話会会長(東京機械)
は、開発賞受
賞を「懇話会の励みになる」
と会員社を代表し
て御礼を述べ、「次回JANPSを何年後に開く
かが大きな問題で、新聞社側とも協議を重ね
て近々方向付けをする」
と方針を語った。
「昨
秋のJANPSに非会員社が13社参加したのは、
新聞はまだ魅力あるマーケットである証拠で
あり、技術革新をしっかりやっていけば、新
聞界へのお手伝いができる」
と結んだ。
紺野親技術副委員長
(道新)
が乾杯の音頭を
取り、懇談の輪が広がった。藤間修一懇話会
副会長が中締めをして、1時間半にわたる名
刺交換会をお開きにした。
◇
JANPS2012「技術開発賞」「奨 励賞」の受
賞社と対象は次の通り。
☆技術開発賞
・東 京機械製作所:デジタル印刷機「ジェット
リーダー1500」
☆奨励賞
・クロスデザイン:クラウドサービス「LEPUS」
・東芝ソリューション:「販売管理ソリューション」
・東 洋 イ ン キ:紙 面 検 査 装 置「ToyoassistantFX2」
・清水製作:ブランケット洗浄装置
「SSBC-T10」
・ス トラパック:「NCS-6X型
(仮称)カウン
タースタッカー」
CONPT 日誌
12月27日(木)仕事納め
1月7日(月)仕事始め
1月11日(金)臨時評議員会(出席9名)
第31回新聞製作人新年合同名
刺交換会(於日本プレスセンタ
ー10階ホール、290余名出席)
1月17日(木)広報委員会(出席8名)
1月30日
(水)JANPS2012打ち上げ
(於東京
会館、17名出席)
2月5日(火)クラブ委員会(出席5名)
2月7日(木)企画委員会(出席8名)
2月12日(火)広報委員会(出席7名)
2月14日(木)評議員会(出席7名)
会員消息
■社名変更
*パナソニックSSインフラシステム㈱は、3
月1日付でパナソニックシステムネットワー
クス㈱に社名を変更しました。
■所在地変更
*日本電気㈱(2月12日付)
(〒105-8540)
港区芝3丁目23-1 セレスティン芝三井ビル
電話番号は変更ありません。
*DICグラフィックス㈱(3月4日付)
(〒101-0063)
千代田区神田淡路町2丁目101番地
ワテラスタワー7階
(TEL:03‐6733‐5076)
─ 10 ─
Fly UP