...

システム保守運用について【平成20年4月25日】

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

システム保守運用について【平成20年4月25日】
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
特定健診等データ管理システム
システム保守運用について
平成 20 年 4 月 25 日
国民健康保険中央会
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
改版履歴
版数
制改訂
日付
変更
箇所
1
2008/4/14
1.1
2008/4/25
5.1
1.1
2008/4/25
2.1
3.1
変更理由
変更内容
変更者
承認者
元古
小島
「5.1 休業日の健診等機関向け周知
運用ルール追加
とヘルプデスクでの情報把握につい
に伴う修正
て」を追記
元古
小島
誤記等修正
元古
小島
新規作成
図1、図2における誤記修正
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
目
次
1 はじめに ............................................................................. 4
2 システム保守実施体制 ................................................................. 4
2.1 実施体制......................................................................... 4
2.2 役割............................................................................. 5
3 問合せ・トラブル対応................................................................... 7
3.1 対応窓口について ................................................................. 7
3.2 連絡先・受付時間について .......................................................... 8
3.3 対応フロー ....................................................................... 9
3.3.1 問合せ(質問)対応 .............................................................. 9
3.3.2 トラブル対応 .................................................................. 10
4 ソフトウェアのバージョンアップ対応 ...................................................... 12
4.1 業務アプリケーションのバージョンアップ............................................... 12
4.1.1 業務アプリケーションのバージョン付与 ........................................ 12
4.1.2 対応フロー .................................................................. 13
4.2 OS、ミドルウェアのバージョンアップ ........................................... 15
5 その他事項 ......................................................................... 16
5.1 休業日の健診等期間向け周知とヘルプデスクでの情報共有について ................... 16
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
1 はじめに
本書では、特定健診等データ管理システム(以降、本システム)の4月からの稼動後におけるシステム保守
運用について記載を行う。本書にて記載する、システム保守の範囲を以下の内容とする。
① 問合せ・トラブル対応
・ システムのユーザ(連合会、中央会)からの問合せ対応
・ システムにおけるトラブルが発生した場合の対応
② ソフトウェアのバージョンアップ対応
・ 業務アプリケーションのバージョンアップ実施における対応
・ OSやミドルウェア等のバージョンアップ(セキュリティパッチを含む)実施における対応
2 システム保守実施体制
2.1 実施体制
以下にシステム保守に係る実施体制を示す。
システムユーザ様
保険者
システムユーザ
健診等機関
システムユーザ
国民健康保険団体連合会
システムユーザ
国民健康保険中央会
システムユーザ
ハードウェア等
一括調達業者保守窓口
特定健診・保健指導決済
システム ヘルプデスク
特定健診等データ管理
システム ヘルプデスク
国保連医療保険NW
ヘルプデスク
国民健康保険中央会
共同電算部
システム開発受託者
図 1 システム保守にかかる実施体制
4
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
2.2 役割
実施体制における組織・グループ等のシステム保守における役割を以下表に示す。
表 1 システム保守体制における役割の一覧
№
1
区分
システムユー
ザ
2
3
4
5
組織・グループ等
健診等機関 システムユーザ
(以降、健診等機関ユーザ)
保険者 システムユーザ
(以降、保険者ユーザ)
国民健康保険団体連合会 システ
ムユーザ(以降、連合会ユーザ)
国民健康保険中央会 システムユー
ザ(以降、中央会ユーザ)
ヘルプデス
ク
特定健診・保健指導決済システム
ヘルプデスク
6
特定健診等データ管理システムヘ
ルプデスク
7
国保連医療保険 NW ヘルプデスク
8
ハードウェア等一括調達業者保守窓口
5
役割
・健診機関、保健指導機関における本システム
の利用者
・市町村、国保組合、広域連合などにおける本
システムの利用者
・連合会における本システムの利用者
・以下の問合せに対応
① 保険者からの業務についての問合せ
② 保険者からのシステムについての問合せ
③ 健診等機関からの業務についての問合せ
・中央会における本システムの利用者
・以下の問合せに対応
①連合会からの業務についての問合せ
・以下の問合せに対応
①健診等機関ユーザからのシステムに関する
問合せ
*支払基金におけるヘルプデスクとの共同で
ユーザ対応を行う
・以下の問合せに対応
① 連合会ユーザからの問合せ対応
② 中央会ユーザからの問合せ対応
・関連するヘルプデスク(特定健診・保健指導
決済システムヘルプデスク/国保連医療保険
NW ヘルプデスク)と関連情報をやり取りし、問
合せの解決を図る
・問合せ内容の切り分けを行い、「システム開
発受託者」や「ハードウェア等一括調達業者保
守窓口」や、関連ヘルプデスクへのディスパッ
チを行う
・問合せ内容およびステータスの管理を行い、
状況について中央会共同電算部に報告する
・国保連医療保険 NW に関する問合せに対応
・国保連医療保険 NW に関するシステム故障
が発生した場合に、特定健診等データ管理シ
ステムヘルプデスクへ連絡を行う
・一括調達で納入したハードウェア、ソフトウェ
アに関する対応窓口
・ハードウェア故障の対応や使用方法などの問
合せに対応する
・問合せ内容および進捗管理を行い、状況に
ついて特定健診等データ管理システムヘルプ
デスクへ報告する。
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
№
9
区分
組織・グループ等
国民健康保険中央会 共同電算部
10
システム開発受託者
役割
・ヘルプデスクにおける回答内容についての最
終承認を行う
・システム保守における関連組織についての全
体管理や必要な指示を行う
・ヘルプデスクの支援作業を行う
・システムトラブルの原因解析や対処方法につ
いての検討を行う
・システムユーザにおける保守運用に必要な情
報の整理・提供などを行う
*上記表における「問合せ」とは、トラブル対応を含む
○以下は連合会ユーザにて実施すること
① 各サーバおよびネットワーク機器の停止/起動作業。
② 障害等にて部品交換にて発生したソフトウェア設定作業。
③ サポート対象システムの障害発生に備えるため、最新のシステム・ユーザデータのバックアップ取得。
また、ディスク交換後のシステム復元・ユーザデータ復旧。
④ 最新のコンフィグ情報取得について、サポート対象 NW 機器の障害発生に備えるため、最新のコンフィグ情
報のバックアップ取得。保守作業員にて故障部品交換時、現状復旧に使用するものとする。
6
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
3 問合せ・トラブル対応
3.1 対応窓口について
本システムにおける問合せやシステムトラブルの対応窓口を以下に示す。システムに関連する事項の問合
せ窓口と業務に関する問合せや調整窓口は基本的に異なる。
国民健康保険中央会
システムユーザ
保険者
システムユーザ
業務についての問合せや調整
システムについての問合せ
業務についての
問合せや調整
システムについて
の問合せ
国民健康保険団体連合会
システムユーザ
業務について
の問合せや調整
システムについての
問合せ
特定健診等データ管理
システム ヘルプデスク
健診等機関
システムユーザ
必要に応じて
問合せのディスパッチ
システムについて
の問合せ
必要に応じて
問合せのディスパッチ
特定健診・保健指導決済
システム ヘルプデスク
ハード故障
の連絡*
*ハード故障であることが
明らかな場合のみ
図 2 対応窓口について
7
ハードウェア等
一括調達業者保守窓口
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
3.2 連絡先・受付時間について
表 2 問合せ連絡先および受付時間一覧
№
1
2
3
受付窓口
特定健診等データ
管理システム ヘルプ
デスク
特定健診・保健指
導決済ヘルプデスク
ハードウェア等一括
調達業者保守窓口
(富士通 LCM サー
ビスセンター)
TEL:
FAX:
Mail:
TEL:
連絡先
03-5251-8414
03-3581-2377
[email protected]
0120-109-957
TEL: 03-6453-3218
Mail: [email protected]
受付時間
9:00
~
17:30
9:00
~
17:00
9:00
~
17:00
備考
*1
H20/4/16 から受
付開始
はじめの連絡はメ
ールによる連絡と
し、メール送信後
確認のための電話
連絡とする。
*2
*3
*1・・・特定健診等データ管理システム ヘルプデスクへの問合せには、「別紙1連絡票フォーム」 に問合せ
内容を記載の上、送付すること。
*2・・・ 連合会ユーザからの直接問合せについては、ハードウェア故障に関する問合せに限定する。ハー
ドウェア故障かどうかの判断は、「別紙2富士通製ハードウェア故障ランプ一覧」に記載された条件に
従うこと。条件に一致せず、ハードウェア故障かどうか判断が出来ないものは、「特定健診等データ管
理システムヘルプデスク」まで問合せを行うこと。
*3・・・ハードウェア等一括調達業者保守窓口へメール送信する際には、「別紙3受付フォーマット」 の内容
にてメール本文を作成し、送付すること。
8
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
3.3 対応フロー
3.3.1 問合せ(質問)対応
対応フローについて下図に示す。
連合会ユーザ
特定健診等データ管理
システム ヘルプデスク
質問
受付
中央会
共同電算部
ハードウェア等
一括調達業者保守窓口
受付
管理簿への登録
受付管理番号を払出
しする。以降、この番号
にて管理を行う。
必要に応じて
ハードウェア一括
調達業者への確認を行う
対応グループへの
ディスパッチ
問合せ受付
問合せ内容確認
回答
回答作成
回答受領
回答確認依頼
システム開発受託者
責任者確認
責任者確認
回答確認結果
受領
回答受領
ユーザへの回答
<定期的に以下の作業も実施>
回答済み連絡票
取りまとめ
FAQの確認
FAQの作成
FAQ確認
/公開
図 3 問合せ(質問)対応フロー
9
確認依頼
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
3.3.2 トラブル対応
(1) ハードウェア故障
ハードウェア故障の対応はハードウェア等一括調達業者保守窓口(サポートセンタ、現地 CE 含
む)にて行うが、問合せの受付ルートとしては、以下の3パターンが存在する。
①
ユーザから特定健診等データ管理システムヘルプデスク経由にてハードウェア等一括調達業
者保守窓口へ問合せする
② ユーザから直接、ハードウェア等一括調達業者保守窓口へ問合せする。(「別紙2富士通製ハ
ードウェア故障ランプ一覧」の内容からハード故障と判断できる場合のみ)
③ システム開発受託者での解析によりハードウェア故障であることが判明し、システム開発受
託者よりハードウェア等一括調達業者保守窓口へ問合せする
ハードウェア故障の場合の対応フローについて下図に示す。
連合会ユーザ
特定健診等データ管理
システム ヘルプデスク
中央会
共同電算部
障害の連絡
受付
障害受付の連絡
を受ける
受付管理番号を払出
しする。以降、この番号
にて管理を行う。
ハードウェア等
一括調達業者保守窓口
(サポートセンタ、現地CE含む)
管理簿への登録
システム開発
受託者
受付
対応組織へのディ
スパッチ
ハード故障と判断できるもの
は、直接、ハードウェア一括
調達業者保守窓口に連絡
ハードウェア
障害の連絡
問合せ受付
(窓口)
問合せ内容確認
障害受付の連絡を受ける
事象の確認
事象の確認
原因の確認
内容によっては直接基
盤開発・維持グループ
より確認する
原因の確認
(サポートセンタ)
事象の確認
現地での対処開
始
作業開始の報告を受ける
現地での対処
(現地CE)
現地での対処完
了
作業終了の報告を受ける
図 4 ハードウェア故障対応フロー
10
ハード故障である
ことが判明
原因を確認した結果、
ハード故障であることが判
明した場合
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
(2) その他トラブル
ハードウェア故障以外のシステムトラブルに対する対応フローを以下に示す。
連合会ユーザ
特定健診等データ管理
システム ヘルプデスク
中央会
共同電算部
障害の連絡
受付
障害受付の連絡
を受ける
受付管理番号を払出
しする。以降、この番号
にて管理を行う。
ハードウェア等
一括調達業者保守窓口
(サポートセンタ、現地CE含む)
管理簿への登録
受付
内容によって、ヘルプデスクを
経由するものと、直接確認の
2通りがありえる。
事象の確認
システム開発
受託者
問合せ内容確認
事象の確認
原因の確認
原因について報告を受ける
原因の報告
システム開発受託者と共同電算
部で内容についての意識あわせ
を行った後、ヘルプデスク経由に
てユーザに連絡する。
障害内容の
周知有無判断
関連作業の中止
などの対処
周知
障害内容の
周知
対処方法
の検討
対処方法について報告を受ける
システム開発受託者と共同電算
部で内容についての意識あわせ
を行った後、ヘルプデスク経由に
てユーザに連絡する。
周知を受けて
対処等実施
周知
対処内容の
周知
対処の実施
配布
確認
対処済み資材等
作成
本格対処
実施
結果の連絡
配布
結果の連絡
業務アプリケーションの不具合の
場合には、ソフトウェアのバージョ
ンアップ(不具合対応)のフローに
て実施。
結果の連絡
結果の連絡
図 5 その他システムトラブル対応フロー
11
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
4 ソフトウェアのバージョンアップ対応
4.1 業務アプリケーションのバージョンアップ
業務アプリケーションのバージョンアップについては、以下の2つのケースが存在する。
① 設計書の仕様変更(機能追加)に基づきプログラムを修正し、計画されたスケジュールにてイ
ンストーラ等を資材配布して行う業務アプリケーションのバージョンアップ。
② 実運用にて発生したトラブルの原因が業務アプリケーションの不具合であった場合に、修正版
の業務アプリケーションを緊急配布して行う業務アプリケーションのバージョンアップ。
4.1.1 業務アプリケーションのバージョン付与
以下のルールにてバージョンを付与する。
<形式>
Ver X1.X2.X3
X1・・・(バージョン)機能追加のためのプログラムのリリースにおいて、
年度を跨る場合に1増分させる
X2・・・(リビジョン)機能追加のためのプログラムのリリースにおいて、1増分させる
X3・・・(ディビジョン)バグ改修のためのプログラムリリースにおいて、1増分させる
<バージョン更新のルール>
① バージョンがカウントアップされた場合には、リビジョン、ディビジョンは 0 に変更する
Ex) Ver1.7.3→Ver2.0.0
②
リビジョンがカウントアップされた場合には、ディビジョンは 0 に変更する
Ex) Ver1.6.2→Ver1.7.0
③
機能追加計画が決定後、最後のリリースタイミングよりも前にリリースの要件が発生した場合
には、リビジョンの番号においてアルファベットを付与するか、もしくはリビジョンの振りな
おしで対応する。
Ex)
元々のリリース計画が Ver1.1.0→Ver1.2.0 となっていた場合に、その間にリリースが発
生した場合
→(アルファベット付与)Ver1.1.0→Ver1.1a.0→Ver1.2.0
→(振りなおし)Ver1.1.0→Ver1.2.0→Ver1.3.0
12
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
4.1.2 対応フロー
(1) 機能追加時
機能追加においては通常の開発と同様に、機能追加依頼もしくは仕様変更依頼を受けて仕様の検
討を実施し設計書を修正する。修正した設計書の内容を元にプログラム開発・試験を行い、品質を
確保した後に、リリースを行う。
機能追加による業務アプリケーションのバージョンアップの対応フローを以下に示す。
連合会ユーザ
中央会
共同電算部
システム開発
受託者
機能追加依頼
仕様変更依頼
仕様検討
仕様調整
仕様調整
設計書修正
設計書承認
製造・単体試験
リリース計画
の受領
リリース計画
周知
NG
結合試験
NG
OK
総合試験
OK
受入確認
試験
インストール作業
リリース資材作成
(インストーラ等)
インストール資材
の発送
図 6 業務アプリケーションのバージョンアップ(機能追加時)
13
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
(2) 不具合対応時
業務アプリケーションの不具合対処の場合には、仕様不良の場合と、プログラム不良の場合にて
フローが異なる。仕様不良の場合には、設計書の修正作業は必要となる。
また、不具合時対応の場合には対処の緊急性が高い場合が想定されるため、設計書修正は朱書き
等で対応するなどにより、できるだけ早期のリリースが可能なようにする。
不具合対応の場合の業務アプリケーションのバージョンアップの対応フローを以下に示す。
連合会ユーザ
中央会
共同電算部
システム開発
受託者
障害対応(その他障害)のフローにて、ユーザからの障害連絡~解析までおこなった後、
以下の手順にて対処済み資材の作成から配布までをおこなう。
仕様バグにより、設計書の修正が必要な場合に実施す
る
仕様検討
仕様調整
仕様調整
対応の迅速化を図るために、
設計書は朱書きなどで仕様の
確認をおこない、対処完了後
に正式なドキュメント修正を行
うなどの方法を取る場合もあ
る。
設計書修正
設計書承認
製造
単体試験
NG
結合試験
NG
OK
総合試験
OK
受入確認
試験
インストール作業
リリース資材作成
(インストーラ等)
インストール資材
の発送
図 7 業務アプリケーションのバージョンアップ(不具合対応時)
14
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
4.2 OS、ミドルウェアのバージョンアップ
OSのパッチプログラムは、本システムを含む関連システムでの動作検証を経て、国保連医療保
険NWより各連合会のパッチ管理サーバへ配信される。これを受けて、本システムのサーバは自動
的にパッチファイルを取得する。各連合会では、自動配信されたパッチについて適用を行うものと
する。
ミドルウェアのパッチ情報については、ハードウェア等一括調達業者が随時情報提供を行う。シ
ステム開発受託者にて、適用の必要性について判断を行い、必要な場合にはシステムへの影響を確
認の上、中央会に報告する。中央会から各連合会へパッチの適用指示を行う。
OSミドルウェアのバージョンアップにおける対応フローを以下に示す。
連合会ユーザ
中央会
共同電算部
<OSのパッチ適用の場合>
ハードウェア等
一括調達業者保守窓口
(サポートセンタ、現地CE含む)
中央会 国保連医療保険
ネットワーク 担当
システム開発
受託者
OSパッチ
適用有無の判断
適用計画
受領
影響の
確認依頼
確認試験の
実施
パッチ管理サーバ
への配信
システムへの
影響あり
システムへの影響なし
パッチ管理サーバ
への配信保留
配信保留の
依頼
対処実施
パッチ管理サーバ
への配信
対処完了の
連絡
OSパッチの
適用
ミドルウェア
パッチ情報の提供
<ミドルウェアのパッチ適用の場合>
パッチの適用有無
判断
必要
影響の
確認依頼受付
パッチプログラム
提供
対処無し
試験環境の
パッチ実施
確認試験の
実施
結果及びパッチプ
ログラムの受領
パッチの適用
結果の報告
周知
(パッチ適用指示)
図 8 OS・ミドルウェアのバージョンアップ(パッチ適用)の対応フロー
15
不要
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
5 その他事項
5.1 休業日の健診等機関向け周知とヘルプデスクでの情報把握について
健診等機関からのシステムへのアクセスは、
「特定健診・保健指導決済システム」にて行われるが、
システムのメンテナンス日やインストール作業日などは、平日についても作業のためシステムを停
止する必要がある。
従って、各連合会は連合会の作業計画に基づき、土日祝日以外で「特定健診・保健指導決済シス
テム」を停止する日程については、健診等機関への周知を行う必要がある。
また、周知を行っていても「特定健診・保健指導決済システム」の休業日にアクセスを試みて、
アクセスできないため、「特定健診・保健指導決済システム ヘルプデスク」や連合会への問合せが
発生する可能性がある。従って各連合会の休業日について「特定健診・保健指導決済システム ヘル
プデスク」で把握する必要がある。
以下のフローにて対応を行う。
健診等機関
システムユーザ
連合会ユーザ
特定健診等データ管理
システム ヘルプデスク
特定健診・保健指導決済
システム ヘルプデスク
国民健康保険中央会
共同電算部
標準スケジュール
決定
周知
休業日決定
標準スケジュール
休業日把握
周知
休業日把握
休業日の報告
標準スケジュールで運用日と
なっている日に休業日とする
場合に、報告を行う。
休業日の受付
周知
連合会休業日の把握
問合せ
問合せ対応
各連合会の休業日を把握して
いるので、休業日のため接続
できないケースは、その旨回
答ができる。
図 9 特定健診保健指導決済システム休業日の把握
なお、連合会から特定健診等データ管理システムへの休業日の報告は、標準スケジュールと異な
った日程にて休業日を設ける場合のみとする。また、報告は次のフォーマットに従うものとする。
16
特定健診等データ管理システム/システム保守運用について
---------------------------------------------(休業日報告フォーマット)-----------------------------------------------【連合会名】
【休業日とする予定日】
【休業日とする時間帯*1】
【休業の理由*2】
*1・・・特定の時間帯のみ「特定健診・保健指導決済システム ヘルプデスク」への接続を停止する
場合に記載する。終日停止する場合には記載不要
*2・・・健診等機関より、休業の理由を質問された場合の回答に使用します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------上記の文面で「特定健診等データ管理システム ヘルプデスク」までメールで報告すること。
17
Fly UP