...

活用マニュアル

by user

on
Category: Documents
27

views

Report

Comments

Transcript

活用マニュアル
ÍÅ·¶³±Ê¹­´
ቼ±࿂
安全にかかわる表示
プリンターを安全にお使いいただくために、このマニュアルの指示に従って操作してください。このマニュ
アルには製品のどこが危険か、指示を守らないとどのような危険に遭うか、どうすれば危険を避けられる
かなどについて説明されています。
また、製品内で危険が想定される箇所またはその付近には警告ラベルが貼り付けられています。
お買い上げいただいた製品は、厳しい安全基準、環境基準に則って試験され、合格した商品です。常に安
全な状態でお使いいただけるよう、下記の注意事項に従ってください。
新機能の追加や外部機器との接続など、許可なく改造を加えた場合は、保証の対
象とならない場合がありますのでご注意ください。詳しくは、担当のサービスセ
ンターへお問い合わせください。
各警告図記号はつぎのような意味を表しています
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、使用者が死亡または重傷を負う
可能性があり、かつその切迫の度合いが高いと思われる事項があることを示し
ています。
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、使用者が死亡または重傷を負う
可能性があると思われる事項があることを示しています。
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が障害を負うことが想定され
る内容および物的損害の発生が想定される事項があることを示しています。
記号は、製品を取り扱う際に注意すべき事項があることを示しています。指示内容をよく読み、製
品を安全にご利用ください。
静電気
破損注意
注 意
発火注意
破裂注意
感電注意
高温注意 回転物注意 指挟み注意
記号は、行ってはならない禁止事項があることを示しています。指示内容をよく読み、禁止されて
いる事項は絶対に行わないでください。
禁 止
火気禁止
接触禁止 風呂等での 分解禁止 水ぬれ禁止 ぬれ手禁止
使用禁止
記号は、必ず行っていただきたい指示事項があることを示しています。指示内容をよく読み、必ず
実施してください。
指 示 電源プラグ アース線を
を抜け
接続せよ
NEC、NEC ロゴは、日本電気株式会社の登録商標です。
Adobe、Adobe ロゴ、Acrobat、Adobe Reader、PostScript、Adobe PostScript 3、
PostScript ロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の
米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Microsoft、Windows、Windows Server、Windows Vista、Internet Explorer は、
米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
NetWare は、Novell, Inc. の登録商標です。
RSA および BSAFE は、EMC コーポレーションの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
BSAFE は RSA Security Inc. の米国およびその他の国における登録商標です。
ThinPrint は、ThinPrint GmbH のドイツおよびその他の国における登録商標または商標です。
HP、HP-GL、HP-GL/2 は、日本ヒューレット・パッカード社の登録商標です。
MULTIWRITER、ContentsBridge、PDF Bridge、および DocuWorks は、
富士ゼロックス株式会社の登録商標または商標です。
CentreWare は、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
その他の製品名、会社名は各社の登録商標または商標です。
ライセンスについては、
「ライセンスについて」(P. 23) に記載してあります。
Microsoft Corporation のガイドラインに従って画面写真を使用しています。
この取扱説明書のなかで
と表記されている事項は、安全にご利用いただくための注意事項です。
必ず操作を行う前にお読みいただき、指示をお守りください。
プリンターで紙幣を印刷したり、有価証券などを不正に印刷すると、その印刷物を使用するかどうかにかかわらず、
法律に違反し罰せられます。
平成明朝体 ™W3、平成角ゴシック体 ™W5 は、財団法人日本規格協会を中心に制作グループが共同開発したもので
す。なお、フォントの一部には、弊社でデザインした外字を含みます。許可なく複製することはできません。
万一本体の記憶媒体(ハードディスク等)に不具合が発生した場合、受信したデータ、蓄積されたデータ、設定登
録されたデータ等が消失することがあります。データの消失による損害については、弊社は一切その責任を負いま
せんので、あらかじめご了承ください。
コンピューターウィルスや不正侵入などによって発生した障害については、当社はその責任を負いかねますので、
あらかじめご了承ください。
ご注意
① 本書の内容の一部または全部を無断で複製・転載・改編することはおやめください。
② 本書の内容に関しては将来予告なしに変更することがあります。
③ 本書に、ご不明な点、誤り、記載もれ、乱丁、落丁などがありましたら弊社までご連絡ください。
④ 本書に記載されていない方法で機械を操作しないでください。思わぬ故障や事故の原因となることがあります。
万一故障などが発生した場合は、責任を負いかねることがありますので、ご了承ください。
⑤ 本製品は、日本国内において使用することを目的に製造されています。諸外国では電源仕様などが異なるため使
用できません。
また、安全法規制(電波規制や材料規制など)は国によってそれぞれ異なります。本製品および、関連消耗品を
これらの規制に違反して諸外国へ持ち込むと、罰則が科せられることがあります。
⑥ 本製品は、外国為替及び外国貿易法および / または、米国輸出管理規則に定める「輸出規制貨物」に該当します。
つきましては、本品を外国へ輸出する場合には、日本国政府の輸出許可および / または、米国政府の再輸出許可
を受ける必要があります。
はじめに
このたびは Color MultiWriter 9110C/9010C をお買い上げいただき、まことにあり
がとうございます。
この取扱説明書には、本機の操作方法および使用上の注意事項を記載しています。
Color MultiWriter 9110C/9010C の性能を十分に発揮させ、効果的にご利用いただく
ために、製品をご使用になる前に必ず最初に本書をお読みのうえ、正しくご利用ください。
本書は、お使いのコンピューターの環境や、ネットワーク環境の基本的な知識や操作方法
を理解されていることを前提に記載しています。
本書は、読み終わったあとも必ず保管してください。本機をご使用中に、操作でわからな
いことや不具合が出たときに読み直してご活用いただけます。
本書で使用しているイラストは、Color MultiWriter 9010C にオプションのトレイモ
ジュールを 3 段装着した場合を例に記載しています。
また、画面例は 2015 年 8 月現在のもので、今後、予告なく変更される場合があります。
[お願い]☆保証書は大切に保管してください。
日本電気株式会社
4
はじめに
Color MultiWriter 9110C/9010C の
特長
■コンパクトボディで A3 カラー対応、しかもハイスピード
・ A4(モノクロ / カラー)で
・
毎分 32/32
(Color MultiWriter 9110C)、
25/25(Color MultiWriter 9010C)ペー
・
ジの印刷スピード。(同一原稿、片面連続で
印刷時)
オイルレス定着技術の採用で、
書き込みや捺印、付箋も貼りやすい。
写真や POP、プレゼンテーションなど、
文書の用途や目的に合った画質で印刷。
■さまざまな紙質やサイズに対応
・ コンパクトボディながら A3(カラー)に対応。
・ 従来、手差しトレイで出力していた厚紙などの特殊紙、定
形外用紙も用紙トレイにまとめてセットすることが可能。
・ 手差しトレイを使えば、はがきや封筒など、さらに多く
の用紙種類に対応。
■環境に優しい省エネ仕様
・ 充実した節電機能で、プリンターの消費電力を低減。
・ EA-ECO トナーを採用し、プリンターの消費電力の低減、CO2 排出の削減に寄与。
・ エコ設定モード機能で、コントロールパネルのバックライトを消灯。
■インストールや設定を簡単に
・ 付属のメディアからプリンタードライバーを簡単インストール。
・ Web からプリンターの状況を確認、各種設定が可能(CentreWare Internet Services)。
■豊富な印刷機能
・ まとめて 1 枚 (N アップ)
・
複数ページを 1 枚に割り付けて
印刷します。
両面 *1
・
用紙の両面に印刷します。
サンプルプリント *2
・ スタンプ
・ ダイレクトプリント機能
「社外秘」などの文字を重ねて印
刷します。
・ お気に入り
1部だけ印刷して内容を確認してか
ら、残りの部数を印刷します。
よ く 使 う 印 刷 設 定 が、プ リ ン
タードライバーの[お気に入り]
リストに登録されています。印
刷するときは、リストから項目
を選択するだけで目的に合った
設定が一度にできます。
ContentsBridge Utility を使え
ば、
PDFファイルやDocuWorks
ファイルをドラッグ & ドロップ
するだけで、印刷できます。
■各種セキュリティー機能も搭載
・ コンピューターとプリンター間の
通信経路の暗号化
ネットワーク上で不正アクセスによる情
報漏洩を抑止します。
・ 操作パネルのロック
・ 受信制限
LPD または Port9100 ポートを使用して印刷する場
合、印刷を受け付ける IP アドレスを制限できます。
・ セキュリティープリント *2
パスワードの入力によって、操作パネルで
の操作を制限し、管理者以外のユーザーが
勝手に設定を変更できないようにします。
・ プリントユーザー制限
本機の認証機能によって、印刷できるユー
ザーを限定できます。
・
出力データを本体内に一時蓄積し、改めて本体の操作パネ
ルでパスワードを入力して、出力させます。そのため、他
のドキュメントと混ざることも、回収し忘れることもなく、
機密性の高い出力ができます。
ハードディスク上の蓄積データを削除して漏洩を抑止*3
ハードディスク内の残存データに対して、外部からの分析
を防ぐ「オーバーライト機能」に加え、デバイスの残存情
報を一括で削除する「一括消去機能」を搭載しています。
*1:
*2:
両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter 9110C は標準装備)が必要です。
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メモリ(512MB 以上)(オプション)、または増設
メモリ(1GB)(オプション)が必要です。
*3
: ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メモリ(オプション)が必要です。
Color MultiWriter 9110C/9010Cの特長
5
目次
安全にかかわる表示 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2
はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4
Color MultiWriter 9110C/9010C の特長 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
目次 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6
マニュアル体系 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
本書の使い方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11
安全にお使いいただくために ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
ライセンスについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23
法律上の注意事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28
1
プリンター環境の設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 29
1.1
1.2
1.3
1.4
1.5
1.6
2
2.2
2.3
2.4
2.5
3.3
目次
各部の名称と働き ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プリンター本体 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
操作パネル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ディスプレイの表示について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電源を入れる / 切る ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電源を入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電源を切る ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
節電モードを設定 / 節電状態を解除する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
節電モードを設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
節電状態を解除する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
節電モードに移行しない場合について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
印刷を中止する / 確認する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
印刷を中止する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
印刷指示したデータの状態を確認する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オプション品の構成やトレイの用紙設定などを取得する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プリンター名や IP アドレスを指定してプリンターの情報を取得する ・・・・・・・
自動でプリンターの情報を取得する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手動でプリンターの情報を設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
47
47
51
53
54
54
54
55
55
55
55
56
56
57
58
58
60
61
印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 63
3.1
3.2
6
29
31
36
36
39
40
41
41
44
45
46
プリンターの基本操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 47
2.1
3
使用できる環境について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ケーブルを接続する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ネットワーク環境を設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IP アドレス(IPv4)を設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IP アドレス(IPv6)を設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
使用するポートを起動する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CentreWare Internet Services でプリンターを設定する ・・・・・・・・・・・・・・・
CentreWare Internet Services の概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CentreWare Internet Services を使用する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヘルプの使い方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プリンタードライバーをインストールする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コンピューターから印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はがき / 封筒に印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はがき / 封筒をセットする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はがき / 封筒に印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
定形外 / 長尺サイズの用紙に印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
63
65
65
66
69
定形外サイズの用紙をセットする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 69
長尺サイズの用紙をセットする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 69
定形外サイズを登録する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 70
定形外サイズの用紙に印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 71
3.4 トレイ 1 ~ 4 の用紙種類を変更して印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 73
3.5 機密文書を印刷する - セキュリティープリント -・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 77
セキュリティープリント機能について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 77
セキュリティープリントをする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 77
3.6 出力結果を確認してから印刷する - サンプルプリント -・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 81
サンプルプリント機能について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 81
サンプルプリントをする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 81
3.7 指定した時刻に印刷する - 時刻指定プリント -・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 85
時刻指定プリント機能について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 85
時刻指定プリントを登録する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 86
時刻指定プリントを中止する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 87
3.8 PDF ファイルを直接印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 88
印刷できる PDF ファイル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 88
PDF ファイルを直接印刷する方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 88
3.9 DocuWorks ファイルを直接印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 91
印刷できる DocuWorks ファイル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 91
DocuWorks ファイルを直接印刷する方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 91
3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 93
メール受信プリントをするための環境設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 93
メールを受信する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 97
メールを手動で受信して印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 100
メールによる文書送信時のご注意 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 101
4
用紙について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 102
4.1
4.2
5
用紙について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
使用できる用紙 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
使用できない用紙 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
用紙の保管と取り扱い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
用紙をセットする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手差しトレイに用紙をセットする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)に用紙をセットする ・・・・・・・
排出延長トレイを引き出す ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トレイの用紙サイズを設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トレイの用紙種類を変更する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
用紙別の画質処理を設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自動トレイ選択について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トレイ 5(手差し)を自動トレイ選択の対象に設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・
102
102
106
107
108
108
110
112
113
114
116
117
118
操作パネルでの設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120
5.1
共通メニューの概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メニューの構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
設定を変更する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5.2 共通メニュー項目の説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[プリント言語の設定] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[レポート / リスト] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[メーター確認] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[機械管理者メニュー] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[言語切り替え] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目次
120
120
123
125
125
132
132
133
192
7
6
困ったときには ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 193
6.1
紙づまりの処置 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手差しトレイでの紙づまり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)での紙づまり ・・・・・・・・・・・・・
カバー A 内での紙づまり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カバー B 内での紙づまり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レバー E 内での紙づまり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.2 電源、異常音など、機械本体のトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.3 印刷が正しくできないトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.4 印字品質や画質のトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.5 トレイや用紙送りのトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主なエラーメッセージ(50 音順)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エラーコード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.7 ネットワーク関連のトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CentreWare Internet Services 使用時のトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メール受信プリント / メール通知サービス機能使用時のトラブル ・・・・・・・・・
IPv6 接続時のトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IPv6 環境での印刷時のトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その他 IPv6 使用時のトラブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.8 トナーカバーの取り付け方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.9 カスタムモードについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.10 修理に出す前に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.11 プリンター・消耗品を廃棄するときは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7
日常管理 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 242
7.1
7.2
7.3
7.4
7.5
7.6
7.7
7.8
8
目次
193
194
195
196
197
198
200
201
204
213
214
214
222
235
235
236
237
238
238
239
240
241
241
消耗品を交換する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
消耗品の種類と購入について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
使用済み消耗品の回収 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トナーカートリッジを交換する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドラムカートリッジを交換する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
清掃用パッドを交換する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トナー回収ボトルを交換する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レポート / リストを印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レポート / リストの種類 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レポート / リストを印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
印刷ページ数を確認する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カラーモード別に印刷ページ数を確認する(メーター) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コンピューター別に印刷ページ数を確認する([プリンター集計レポート])
機能別に印刷ページ数を確認する(
[機能別カウンターレポート]
) ・・・・・・・・
Web ブラウザーでプリンターの状態を確認 / 管理する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電子メールでプリンターの状態を確認する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メール通知サービスで通知される情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メール通知サービスを使用するための設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
RAM ディスクを使用するための設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
セキュリティー機能について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
セキュリティー機能の概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IP アドレスによる受信制限 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
複製管理機能について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
強制アノテーション機能について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暗号化機能を設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
証明書の種類 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暗号化機能について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
HTTP の通信を暗号化するための設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IPSec を使用して暗号化するための設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
242
242
243
245
247
250
252
254
254
258
259
259
260
262
263
264
264
264
267
269
269
270
272
278
281
281
281
282
285
7.9
7.10
7.11
7.12
7.13
7.14
7.15
A
ユーザー登録による利用の制限と集計管理機能について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
認証 / 集計管理機能の概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
認証 / 集計管理機能を使用するための設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
階調を補正する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
階調補正操作の流れ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
階調補正を実行する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
転写電圧を調整する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
定着温度を調整する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペーパーレジを調整する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
清掃について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本機外部の清掃 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プリンターを移動するときは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
290
290
291
295
295
296
302
304
306
309
309
310
付 録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 311
A.1
A.2
A.3
A.4
A.5
A.6
A.7
A.8
A.9
主な仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 311
Color MultiWriter 9110C/9010C の主な仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 311
印刷保証領域 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 320
内蔵フォント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 320
オプション品 / 関連商品の紹介 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 323
保証について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 325
保証書について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 325
保守サービスについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 326
プリンターの耐久性について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 326
消耗品と有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について ・・・・・・・・・・・・・ 327
ユーザーズマニュアルの再購入について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 330
情報サービスについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 330
増設メモリ(オプション)の取り付け ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 331
取り付け手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 334
セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の
取り付け ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 336
パラレルインタフェースカード(オプション)の取り付け ・・・・・・・・・・・・・・・・ 339
取り付け手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 339
取り外し手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 341
ギガビットイーサネットカード(オプション)の取り付け ・・・・・・・・・・・・・・・・ 343
取り付け手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 343
取り外し手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 345
注意 / 制限事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 347
本体の注意と制限 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 347
TCP/IP(lpd)の注意と制限 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 352
IPv6 接続の注意と制限 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 353
設定情報の複製機能についての注意と制限 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 354
セキュリティー機能上の注意と制限 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 356
用語集 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 358
索引 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 364
操作パネルメニュー一覧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 368
目次
9
マニュアル体系
本機に同梱されているマニュアル
設置手順書
本機の設置手順を説明しています。
ユーザーズマニュアル
プリンターの基本的な使い方と、お客様からよくある質問を取り上げ、
1 冊にまとめました。トラブルで困ったときの解決方法も紹介してい
ます。また、オプションの増設メモリ、パラレルインタフェースカー
ド、ギガビットイーサネットカードの取り付け手順について説明して
います。
このマニュアルで紹介しきれない内容や、もっと詳しい情報が知りた
い場合は、活用マニュアルを参照してください。
活用マニュアル(PDF)
(本書)
本機の設置が終わってから印刷するまでの準備、印刷機能の設定方法、
操作パネルのメニュー項目、トラブルの対処方法、および日常の管理
について説明しています。
・ このマニュアルは、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエ
ア CD-ROM)内の機種固有マニュアルの中に収録されています。
わんぽいんとアドバイス
本機をお使いになる前にご覧いただくことによって、ちょっとしたト
ラブルが防げて、快適にお使いいただけます。
マニュアル(HTML 文書)
プリンター環境の設定方法と、プリンタードライバー、およびソフト
ウエアのインストール方法について説明しています。
・ このマニュアルは、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエ
ア CD-ROM)内に収録されています。
エミュレーション設定ガイド
(PDF)
ART IV、ESC/P、PCL、PC-PR201H、HP-GL®、HP-GL/2® の各エ
ミュレーションについて説明しています。
・ PCL、PC-PR201H、HP-GL、HP-GL/2 エミュレーションは、エ
ミュレーションキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプショ
ン))、または PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))を取り付けると使用できます。
・ このマニュアルは、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエ
ア CD-ROM)内の機種固有マニュアルの中に収録されています。
オプション品に同梱されているマニュアル、購入するマニュアル
設置手順書
別売りのオプション品には、必要に応じて、設置手順書が同梱されて
います。
PostScript ユーザーズガイド PostScript® プリンターとして使用するための設定方法や、プリン
(PDF)
タードライバーで設定できる項目について説明しています。
・ このマニュアルは、PostScript
ソフトウェアキット(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))に同梱されているメディ
ア内に収録されています。
商品マニュアル(必要に応じて プリンター(プロッター)制御言語のコマンドなどを説明したマニュ
購入してください)
アル(リファレンスマニュアル(ART IV 対応)など)です。
補足
・ 本機搭載のエミュレーション機能(ESC/P、PCL、PC-PR201H、HP-GL/2)については、すべての
機能を満たすものではありません。ご承知のうえ、ご使用ください。
10
マニュアル体系
本書の使い方
本書は、本機をはじめてご使用になるかたを対象に、印刷環境の設定、印刷のしかた、使
用できる用紙、日常のお手入れ方法などについて記載しています。
本書の構成
本書は、次のような章で構成されています。各章の概要を説明します。
1 プリンター環境の設定
2 プリンターの基本操作
3 印刷する
4 用紙について
5 操作パネルでの設定
6 困ったときには
7 日常管理
A 付録
本機の設置が終わってから、本機を使用できるようにするための設定
方法について説明しています。
各部の名称と働きや、基本的な機能(電源の入 / 切、印刷の中止など)
の操作方法について説明しています。
主な印刷方法について説明しています。
使用できる用紙や用紙のセット方法について説明しています。
操作パネルで設定できる項目とその設定方法について説明しています。
トラブル(紙づまり、エラーメッセージなど)が発生したときの対処
方法について説明しています。
消耗品の交換方法やレポート / リストの印刷方法、日常の管理につい
て説明しています。また、機械管理者を対象に、コンピューターから
本機の状態を確認したり、設定したりするツールや、本機のセキュリ
ティー機能、認証 / 集計管理機能について説明しています。
主な仕様や、オプション品の紹介、消耗品の寿命、保証について説明
しています。
本書の表記
1.
本文中の「コンピューター」は、パーソナルコンピューターやワークステーションの
総称です。
2.
本文中では、説明する内容によって、次のマークを使用しています。
3.
注記
注意すべき事項を記述しています。必ず、お読みください。
補足
補足事項を記述しています。
参照
参照先を記述しています。
本文中では、次の記号を使用しています。
参照「 」: 参照先は、本書内です。
参照『 』: 参照先は、本書内ではなく、ほかのマニュアルです。
[ ]
: コンピューターやプリンターの操作パネルのディスプレイに表示
されるメニュー、項目、メッセージを表します。また、プリンター
から出力されるレポート / リスト名を表します。
〈 〉
: キーボード上のキーや、プリンターの操作パネル上のボタン、ラン
プなどを表します。
>
4.
: 操作パネルのメニューや CentreWare Internet Services のメ
ニューの階層を表します。
本文中では、用紙の向きを、次のように表しています。
、たて置き : プリンター正面からみて、用紙を縦長にセットした状態です。
、よこ置き : プリンター正面からみて、用紙を横長にセットした状態です。
たて置き
引き込まれる
方向
よこ置き
引き込まれる
方向
本書の使い方
11
安全にお使いいただくために
安全上のご注意
ここで示す注意事項はプリンターを安全にお使いになる上で特に重要なものです。この注意事項の内容を
よく読んで、ご理解いただき、プリンターをより安全にご活用ください。記号の説明については「安全に
かかわる表示」を参照してください。
安全にお使いいただくために
12
v
ʡʴʽʉ˂Ɂްಐ᫖٢ϏȝɛɆްಐ᫖ํϏɛɝ߁
ᦀɁ‫۾‬Ƞȗ᫖ໃɽʽʅʽʒȾ૚ፖȪȹΈႊȪȹȢ
ȳȨȗǿʡʴʽʉ˂Ɂްಐ᫖٢ϏȝɛɆްಐ᫖ํ
ϏɂǾʡʴʽʉ˂ᑔᬂʛʗʵɁްಐᧇ౉ʳʣʵɥ
ᆬᝓȪȹȢȳȨȗǿ
᫖ໃɽ˂ʓɥ
ᄉྒ‫ب‬щȾᣋȗ‫ک‬੔Ⱦɂ
ᡍɑȽȗ‫ک‬੔ȾᜫᏚȬɞ
ᜫᏚȪȽȗ
ʡʴʽʉ˂ɂǾ᫖ໃɽ˂ʓɁ˨ɥ̷ȟᡍɦȺඬȗ
ȲɝᠴȺऀȶ૔ȤȲɝȬɞɛșȽ‫ک‬੔ȾɂᜫᏚȪ
ȽȗȺȢȳȨȗǿᄉྒȾɛɞཌདɗ৞᫖ɁȝȰɟ
ȟȕɝɑȬǿ
͏˩ɁɛșȽ‫ک‬੔Ⱦɂʡʴʽʉ˂ɥᜫᏚȪȽȗȺ
ȢȳȨȗǿ
ˁᄉྒ‫ب‬щȾᣋȗ‫ک‬੔
ˁ ૴ᄉॴժྖ࿎ɗɵ˂ʐʽȽȼɁྖțɗȬȗɕɁ
ɁᣋȢ
ˁ ᯚຣǾ۹຾Ɂ‫ک‬੔ɗ૰෥ȟমȢʥɽʴɁ۹ȗ‫ک‬
੔
ˁᝩျիɗӏ຾‫ب‬ɁȰɃȽȼ
ްᅔʰʕʍʒɁާпॴ
ްᅔʰʕʍʒɂ՘ɝ۶ȨȽȗȺȢȳȨȗǿްᅔʰ
ʕʍʒюȾᝇɑȶȲጤɥ՘ɝ᪍Ȣ‫ک‬նȾɂȊȝ៳
ȗ෰ɔɁ៧ۨࣆɑȲɂɿ˂ʝʃሻՠȋȾȧᣵፅȢ
ȳȨȗǿȝ޵റᒲᡵȺᚐșȻ९ɢȿɻɶɥȬɞȝ
ȰɟȟȕɝɑȬǿ
安全にお使いいただくために
13
ʡʴʽʉ˂юȾ
Ⴑ࿎ɥоɟȽȗ
ʡʴʽʉ˂Ɂᪧᩖɗᣮ෥ՠȾ࿎ɥоɟȽȗȺȢȳ
ȨȗǿɑȲǾ͏˩ɁɕɁɂǾʡʴʽʉ˂Ɂ˨ȾᏚ
ȞȽȗȺȢȳȨȗǿ
ˁᓹၵɗɽ˂ʜ˂ɵʍʡȽȼɁ๬ͶɁоȶȲɕɁ
ˁɹʴʍʡɗʥʋɷʃɁᦉȽȼɁᦂࠖ᭒
ˁ᥾ȗɕɁ
๬ͶȟȦɏɟȲɝǾᦂࠖ᭒ȟᪧᩖȞɜоɝᣅɓȻ
ʡʴʽʉ˂ю᥂ȟʁʱ˂ʒȪǾཌདɗ৞᫖ɁՁ‫ى‬
ȻȽɞȝȰɟȟȕɝɑȬǿ
次のようなときにはただちに使用を中止し、電源スイッ
チを切り、
電源プラグをコンセントから抜いてください。
その後、
弊社のサービス窓口または販売店にご連絡
ください。
そのまま使用を続けると、感電や火災の原
因となるおそれがあります。
・ プリンターから発煙したり、
プリンターの外側が異常
に熱くなったとき
・ 異常な音やにおいがするとき
・ 電源コードが傷ついたり、破損したとき
・ ブレーカーやヒューズなど部屋の安全装置が働い
たとき
・ プリンターの内部に水が入ったとき
・ プリンターが水をかぶったとき
・ プリンターの部品に損傷があったとき
ʃʡʶ˂ʉɮʡɁ
ɹʴ˂ʔ˂ɂΈႊȪȽȗ
ʡʴʽʉ˂ɁॴᑤɁӐԇɥ᩻ȡާпɥᆬίȬɞȲ
ɔǾຏોȾɂ઩ްȨɟȲɕɁɥȧΈႊȢȳȨȗǿ
ʃʡʶ˂ʉɮʡɁɹʴ˂ʔ˂ɂǾऀཌɗྭᄉɁԲ
᪙ȟȕɝɑȬɁȺǾፏߦȾΈႊȪȽȗȺȢȳȨȗǿ
ÃÄ­ÒÏÍߦख़ʡʶɮʮ˂
ʶ˂ʀ˂Ⱦȷȗȹ
͏۶ȺɂΈႊȪȽȗ
า৙ᴷ՘੥ᝢ஥ంȾంȞɟȹȗɞȦȻ͏۶ɁǾɵ
ʚ˂ɥ۶ȬȽȼɁ଩ͽɂȪȽȗȺȢȳȨȗǿʶ˂
ʀ˂ɁᚱྭɁՁ‫ى‬ȾȽɞȝȰɟȟȕɝɑȬǿ‫܅‬஥Ǿ
ɗȤȼȽȼɁՁ‫ى‬ȻȽɞȝȰɟȟȕɝɑȬǿ
ȦɁൡಽɂǾʶ˂ʀ˂Ɂّ᪨᛼ಐÉÅö°¸²µ
ᴥÃìáóóᴮʶ˂ʀ˂ൡ‫ب‬ᴦȾᤛնȪȹȗɑȬǿȦ
ɁȦȻɂʶ˂ʀ˂ᚱྭɁԲ᪙ȟȽȗȦȻɥ৙֞Ȫ
ȹȗɑȬǿʶ˂ʀ˂ɂൡಽю᥂Ⱥ୐ߪȨɟɑȬȟǾ
᥂ֿю᥂Ɂ໫โ᩻ඨ኉Ͷɗɵʚ˂ȽȼȾɛȶȹю
᥂ȾᩐȫᣅɔɜɟȹȗɑȬǿȪȲȟȶȹǾȝ޵റ
ɁȧΈႊ˹Ⱦʶ˂ʀ˂ȾᚱྭȬɞȦȻɂȕɝɑȮ
ɦǿ
14
安全にお使いいただくために
安全にお使いいただくために
15
๡ᐗֿɂඩȪȢίከȬɞ
๡ᐗֿɂǾካɗʦʒʵȾȕɞᝢ஥ȾिȶȹίከȪ
ȹȢȳȨȗǿ
16
安全にお使いいただくために
ຏોɥᚐș‫ک‬նɂ
᫖ໃʡʳɺɥ੺Ȣ
᫖ໃ૚ፖȾᩜȪȹȧ˪஥Ƚཟȟȕɞ‫ک‬նɂǾࣷᇋ
Ɂɿ˂ʝʃሻՠɑȲɂ៧ۨࣆȾȧᄾᝬȢȳȨȗǿ
ʡʴʽʉ˂Ɂຏોɥᚐș‫ک‬նɂǾ᫖ໃʃɮʍʋɥ
ҒɝǾ॒ȭ᫖ໃʡʳɺɥɽʽʅʽʒȞɜ੺ȗȹȢ
ȳȨȗǿ᫖ໃʃɮʍʋɥҒɜȭȾʡʴʽʉ˂Ɂຏ
ોɥᚐșȻǾ৞᫖ɁՁ‫ى‬ȻȽɞȝȰɟȟȕɝɑȬǿ
安全にお使いいただくために
17
ɷʭʃʉ˂Ɂʃʒʍʛ˂ɂ
॒ȭʷʍɹ
18
安全にお使いいただくために
ɮʽʉ˂ʷʍɹʃɮʍʋ
ʡʴʽʉ˂ю᥂ɁᝇɑȶȲ
ɥིӛȾȪȽȗ
ႊጤɂིျȾ՘ɝ᪍ȞȽȗ
ʡʴʽʉ˂Ɂɮʽʉ˂ʷʍɹʃɮʍʋɥིӛȾȪ
ȽȗȺȢȳȨȗǿʡʴʽʉ˂Ɂɮʽʉ˂ʷʍɹʃ
ɮʍʋȾᆯ෥ɥ࢛ɆȲʨɺʗʍʒ᭒ɥᣋȸȤȽȗ
ȺȢȳȨȗǿʡʴʽʉ˂ȟͽӦ࿡ৰȾȽɞ‫ک‬նȟ
ȕɝǾɻɶɗ৞᫖ɁՁ‫ى‬ȻȽɞȝȰɟȟȕɝɑȬǿ
ʡʴʽʉ˂ю᥂ȾᝇɑȶȲႊጤɗጤ࿁ɂིျȾ՘
ɝ᪍ȞȽȗȺȢȳȨȗǿ
࿑ȾǾްᅔ᥂ɗʷ˂ʳ˂᥂ȾႊጤȟࢊȠ͇ȗȹȗ
ɞȻȠɂིျȾ՘ɜȽȗȺȢȳȨȗǿɻɶɗɗȤ
ȼɁՁ‫ى‬ȻȽɞȝȰɟȟȕɝɑȬǿȲȳȴȾ᫖ໃ
ʃɮʍʋɥҒɝǾࣷᇋɁɿ˂ʝʃሻՠɑȲɂ៧ۨ
ࣆȾȧᣵፅȢȳȨȗǿ
安全にお使いいただくために
19
20
安全にお使いいただくために
警告および注意ラベルの貼り付け位置
Color MultiWriter 9110C/9010C には、警告ラベルが貼り付けられています。これはプリンターを操
作する際、考えられる危険性を常にお客様に意識していただくためのものです。
もしこのラベルが貼り付けられていない、はがれかかっている、汚れているなどして判読できない状態で
したら販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
機械に貼ってあるラベルの警告や説明には必ず従ってください。
特に「高温注意」「高圧注意」のラベルが貼ってある箇所には、絶対に触れないでください。やけどや感
電の原因となるおそれがあります。
両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C
はオプション、Color MultiWriter 9110C は標
準装備)ありの場合
両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C
はオプション、Color MultiWriter 9110C は
標準装備)なしの場合
安全にお使いいただくために
21
環境について
・ サポートについて
弊社は、本製品の消耗品および機械の補修用性能部品(機械の機能を維持するために必
要な部品)を機械本体の製造終了後 7 年間保有しています。
・ 粉塵、オゾン、ベンゼン、スチレン、総揮発性有機化合物(TVOC)の放散については、
エコマークプリンターの物質エミッションの放散に関する認定基準を満たしています。
( トナーは本製品用に推奨しております Color MultiWriter 9110C/9010C トナーを
使用し、試験方法 Blue Angel RAL UZ-171:2012 の付録 S-M に基づき試験を実施
しました。)
・ 回収したドラムカートリッジ(感光体)やトナーカートリッジ、およびトナー回収ボト
ルは、環境保護・資源有効活用のため、部品の再使用、材料としてのリサイクル、熱回
収などの再資源化を行っています。
・ 不要となったドラムカートリッジ(感光体)やトナーカートリッジ、およびトナー回収
ボトルは適切な処理が必要です。ドラムカートリッジ(感光体)やトナーカートリッジ、
およびトナー回収ボトルの容器は、無理に開けたりせず、必ずお買い求めの販売店、ま
たはサービス窓口にお渡しください。
・ 機器の稼働音が気になる場合は、壁や仕切り等で区切られた場所に設置されることをお
勧めします。
(表示 A 特性音響パワーレベル LWAd が 63dB を超える場合は音が気になると言われ
ています。本商品の稼働音を数値で確認されたい場合は、弊社までお問い合わせくださ
い。)
規制について
電磁波障害対策自主規制について
この装置は、クラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的と
していますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障
害を引き起こすことがあります。
取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
VCCI-B
高調波自主規制について
本機器は JIS C 61000-3-2(高調波電流発生限度値)に適合しています。
22
安全にお使いいただくために
ライセンスについて
RSA BSAFE について
本機は、EMC コーポレーションの RSA® BSAFE® ソフトウェアを搭載しています。
Heimdal について
Copyright (c)2000
(Royal
Technology, Stockholm, Sweden). All rights reserved.
Institute
of
Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions are met:
1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this
list of conditions and the following disclaimer.
2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice,
this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/
or other materials provided with the distribution.
3. Neither the name of the Institute nor the names of its contributors may be
used to endorse or promote products derived from this software without
specific prior written permission.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE INSTITUTE AND CONTRIBUTORS ''AS
IS'' AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT
LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND
FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT
SHALL THE INSTITUTE OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT,
INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL
DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF
SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR
BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF
LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT
(INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF
THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
SUCH DAMAGE.
JPEG コードについて
本機のソフトウエアには、the Independent JPEG Group で作成されたコードの一部
を利用しています。
ライセンスについて
23
Libcurl について
COPYRIGHT AND PERMISSION NOTICE
Copyright (c) 1996 - 2006, Daniel Stenberg, <[email protected]>.
All rights reserved.
Permission to use, copy, modify, and distribute this software for any purpose
with or without fee is hereby granted, provided that the above copyright
notice and this permission notice appear in all copies.
THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND,
EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES
OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND
NONINFRINGEMENT OF THIRD PARTY RIGHTS. IN NO EVENT SHALL THE
AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES
OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR
OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE
SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.
Except as contained in this notice, the name of a copyright holder shall not
be used in advertising or otherwise to promote the sale, use or other dealings
in this Software without prior written authorization of the copyright holder.
FreeBSD について
本製品には、FreeBSD のコードの一部が搭載されています。
The FreeBSD Copyright
Copyright 1994-2006 The FreeBSD Project. All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions are met:
Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this
list of conditions and the following disclaimer.
Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice,
this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/
or other materials provided with the distribution.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE FREEBSD PROJECT ``AS IS'' AND
ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO,
THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A
PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE
FREEBSD PROJECT OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT,
INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL
DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF
SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR
BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF
LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT
24
ライセンスについて
(INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF
THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
SUCH DAMAGE.
The views and conclusions contained in the software and documentation are
those of the authors and should not be interpreted as representing official
policies, either expressed or implied, of the FreeBSD Project.
OpenLDAP について
Copyright 1998-2006 The OpenLDAP Foundation All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted only as authorized by the OpenLDAP Public
License.
A copy of this license is available in the file LICENSE in the top-level directory
of the distribution or, alternatively, at <http://www.OpenLDAP.org/
license.html>.
OpenLDAP is a registered trademark of the OpenLDAP Foundation.
Individual files and/or contributed packages may be copyright by other
parties and/or subject to additional restrictions.
This work is derived from the University of Michigan LDAP v3.3 distribution.
Information concerning this software is available at <http://www.umich.edu/
~dirsvcs/ldap/ldap.html>.
This work also contains materials derived from public sources.
Additional information about OpenLDAP can be obtained at <http://
www.openldap.org/>.
--Portions Copyright 1998-2006 Kurt D. Zeilenga.
Portions Copyright 1998-2006 Net Boolean Incorporated.
Portions Copyright 2001-2006 IBM Corporation.
All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted only as authorized by the OpenLDAP Public
License.
--Portions Copyright 1999-2005 Howard Y.H. Chu.
Portions Copyright 1999-2005 Symas Corporation.
Portions Copyright 1998-2003 Hallvard B. Furuseth.
All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that this notice is preserved.
ライセンスについて
25
The names of the copyright holders may not be used to endorse or promote
products derived from this software without their specific prior written
permission. This software is provided ``as is'' without express or implied
warranty.
--Portions Copyright (c) 1992-1996 Regents of the University of Michigan.
All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms are permitted provided
that this notice is preserved and that due credit is given to the University of
Michigan at Ann Arbor. The name of the University may not be used to
endorse or promote products derived from this software without specific
prior written permission. This software is provided ``as is'' without express
or implied warranty.
-----------------------------------------The OpenLDAP Public License
Version 2.8, 17 August 2003
Redistribution and use of this software and associated documentation
("Software"), with or without modification, are permitted provided that the
following conditions are met:
1.
Redistributions in source form must retain copyright statements and
notices,
2.
Redistributions in binary form must reproduce applicable copyright
statements and notices, this list of conditions, and the following
disclaimer in the documentation and/or other materials provided with
the distribution, and
3.
Redistributions must contain a verbatim copy of this document..
The OpenLDAP Foundation may revise this license from time to time.
Each revision is distinguished by a version number. You may use this
Software under terms of this license revision or under the terms of any
subsequent revision of the license.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE OPENLDAP FOUNDATION AND ITS
CONTRIBUTORS ''AS IS'' AND ANY EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES,
INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF
MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE
DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE OPENLDAP FOUNDATION, ITS
CONTRIBUTORS, OR THE AUTHOR(S) OR OWNER(S) OF THE SOFTWARE BE
LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR
CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO,
PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA,
OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON
ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR
TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT
OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
SUCH DAMAGE.
The names of the authors and copyright holders must not be used in
advertising or otherwise to promote the sale, use or other dealing in this
Software without specific, written prior permission. Title to copyright in this
Software shall at all times remain with copyright holders.
26
ライセンスについて
OpenLDAP is a registered trademark of the OpenLDAP Foundation.
Copyright 1999-2003 The OpenLDAP Foundation, Redwood City, California,
USA. All Rights Reserved. Permission to copy and distribute verbatim copies
of this document is granted.
DES 暗号 について
This product includes software developed by Eric Young.
([email protected])
AES 暗号について
Copyright (c) 2003, Dr Brian Gladman Worcester, UK. All rights reserved. This
product uses published AES software provided by Dr Brian Gladman under
BSD licensing terms.
TIFF (libtiff) について
LibTIFF Copyright (c) 1988-1997 Sam Leffler
Copyright (c) 1991-1997 Silicon Graphics, Inc.
ICC Profile (Little cms) について
Little cms Copyright (C) 1998-2004 Marti Maria
XPS(XML Paper Specification) について
This product may incorporate intellectual property owned by Microsoft
Corporation. The terms and conditions upon which Microsoft is licensing such
intellectual property may be found at http://go.microsoft.com/fwlink/
?LinkId=52369.
ライセンスについて
27
法律上の注意事項
1.
本物と偽って使用する目的で次の通貨や有価証券を複製することは、犯罪として厳し
く処罰されます。
‰ 紙幣(外国紙幣を含む)、国債証書、地方債証書、郵便為替証書、郵便切手、印
紙。これらは、本物と偽って使用する意図がなくても、本物と紛らわしいものを
作ること自体が犯罪になります。
‰ 株券、社債、手形、小切手、貨物引換証、倉荷証券、クーポン券、商品券、鉄道
乗車券、定期券、回数券、サービス券、宝くじ・勝馬投票券・車券の当たり券な
どの有価証券。
2.
次の文書や記名捺印などを複製・加工して、正当な権限なく新たな証明力を加えるこ
とは、犯罪として厳しく処罰されます。
‰
‰
‰
‰
‰
3.
各種の証明書類など、公務員または役所を作成名義人とする文書・図面。
契約書、遺産分割協議書など私人を名義人とする権利義務に関する文書。
推薦状、履歴書、あいさつ状など、私人を名義人とする事実証明に関する文書。
役所または公務員の印影、署名、記名。
私人の印影または署名。
著作権が存在する書籍、新聞、雑誌、冊子、絵画、図画、版画、地図、図面、写真な
どの著作物は、法律に定める例外にあたる場合※を除き、権利者の許諾なく、次の行
為はできません。
(1) 複製
紙に定着させた著作物を複写機でコピーすること、電子的に読み取った
著作物のデータをハードディスクや外部メディアに記録すること、記録
した著作物のデータをプリンターで出力すること、ネットワークを介し
てダウンロードすることなど。
(2) 改変
紙に定着させた著作物を加工や修正すること、電子的に読み取った著作
物のデータを切除、書き換え、切り貼りすることなど。
(3) 送信
電子的に読み取った著作物のデータを、インターネットその他の公衆の
電気通信回線を通じて電子メールやファクシミリで送信すること、ホー
ムページへの掲載など、公衆の電気通信回線に接続したネットワーク
サーバーに著作物のデータを格納することなど。
※法律に定める例外にあたる場合の例
‰ 個人的または家庭内、その他これに準ずる生活範囲での私的な使用を目的とし
て、複製する場合。
‰ 国立図書館、私立図書館、学校付属施設、公立の博物館、公立の各種資料セン
ター、公益目的の研究機関など、公衆利用への提供を目的とする図書館等が複製
する場合。
‰ 学校その他教育機関において教員または授業の受講者が授業で使用するために
複製する場合。ただし、種類・用途・部数・態様に照らして、権利者の利益を不
当に害しない範囲内に限ります。
28
法律上の注意事項
1
プリンター環境の設定
設置手順書に従って、プリンター本体の設置が終わったら、続けてプリンター環境を設定
します。
1.1
使用できる環境について
本機は、直接コンピューターに接続するとローカルプリンターとして、ネットワークに接
続するとネットワークプリンターとして使用できます。
使用するポートは、操作パネルで[起動]に設定してください。
インターネット利用
IPP
ローカル接続
パラレル /USB
ネットワーク接続
LPD/SMB/Port9100/EtherTalk/WSD*
ネットワーク接続
NetWare/Windows 共有プリンター
*
: WSD は、Web Services on Devices の略称です。
サーバー
„ ローカルプリンターとして使用する場合
ローカルプリンターとして使用する場合は、次の接続形態があります。
・ USB 接続
: 本機とコンピューターを USB ケーブルで接続して使用します。
(工場出荷時:[起動]
)
・ パラレル接続 : 本機とコンピューターをパラレルケーブルで接続して使用します。
パラレルインタフェースカード(オプション)が必要です。(工場出
荷時:[停止]
)
„ ネットワークプリンターとして使用する場合
ネットワークプリンターとして使用する場合は、次の環境で使用できます。
・ LPD
: TCP/IP プロトコルを使用し、本機と直接通信できる場合に使用しま
す。
(工場出荷時:
[起動])
・ Port9100
: ポートとして Port9100 を使用している場合に使用します。
(工場出荷時:[起動]
)
・ NetWare®
: NetWare サーバーを使用し、本機を共有管理する場合に使用します。
(工場出荷時:[停止]
)
・ SMB
: Windows® ネットワークを使用して印刷する場合に使用します。
(工場出荷時:[起動]
)
・ IPP
: インターネットを経由して印刷する場合に使用します。
(工場出荷時:[停止]
)
1.1 使用できる環境について
29
・ EtherTalk®
: Macintosh® から印刷する場合に使用します。PostScript ソフト
ウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が
必要です。(工場出荷時:
[停止])
・ WSD*
: Windows Vista®、Windows® 7、Windows® 8、Windows® 8.1、
Windows Server® 2008、Windows Server® 2008 R2、
Windows Server® 2012、Windows Server® 2012 R2 から印刷
する場合に使用できます。(工場出荷時:[起動]
)
*: WSD は、Web Services on Devices の略称です。
„ コンピューターの OS と使用できる環境
補足
・ 対象 OS は予告なく変更されることがあります。
接続形態
ポート名
ローカル
パラレル
*1
ネットワーク
USB*2 LPD
NetWare
TCP/ TCP/
IP
IP
プロトコル
-
-
Windows Vista®
○
○
○
Windows® 7
○
○
Windows 8
○
Windows 8.1
○
IPX/
SPX
○
SMB
Net
BEUI
IPP
Port Ether
9100 Talk
BonWSD*3
jour
TCP/ TCP/ TCP/ Apple TCP/ TCP/
IP
IP
IP
Talk
IP
IP
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
Windows
Server® 2003
○
○
○
○
○
○
○
○
Windows
Server® 2008
○
○
○
○
○
○
○
○
○
Windows
Server® 2008
R2
○
○
○
○
○
○
○
Windows
Server® 2012
Windows
Server® 2012
R2
UNIX *4
○
Mac OS X 10.6/
OS X 10.7/10.8/
10.9/10.10*5
○
○
○
○
*1:パラレルインタフェースカード(オプション)が必要です。
*2:接続するコンピューターに USB2.0 ポートが必要です。
*3:WSD は、Web Services on Devices の略称です。
*4:PostScript データをプリントする場合は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))が必要です。
*5:PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))を取り付
けると、Macintosh から、PostScript データを印刷できるようになります。また、Mac OS
X 10.5 以降のバージョンでは、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)内
の Mac OS X 用プリンタードライバーをインストールすると印刷できます。
参照
・ PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション)
)を使用して Macintosh
からの PostScript データを印刷する場合は、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CDROM)に同梱されているマニュアル(HTML) を参照してください。
30
1 プリンター環境の設定
1.2
ケーブルを接続する
接続形態に合ったインターフェイスケーブルで、プリンターとコンピューターを接続しま
す。
インターフェイスケーブルは、本製品に同梱されていません。別途、購入してください。
USB 接続の場合
USB 接続の場合は、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)をコ
ンピューターにセットしてからケーブルを接続します。USB ケーブルを接続すると、自
動的にプリンタードライバーがインストールされ、コンピューターにプリンターアイコン
が作成されます。
1.
本機の電源を切ります。
2.
USB ケーブルが本機に接続されている場
合は、本機から抜きます。
3.
本機の電源を入れます。
4.
メディア(MultiWriter プリンターソフト
ウ エア CD-ROM)を コ ンピ ュ ータ ー に
セットします。
1.2 ケーブルを接続する
31
5.
起動画面の[プリンタードライバーのイン
ストール]を押します。
6. [USB 接続セットアップ]ボタンを押しま
す。
[USB ケーブルの接続]画面が表示されま
す。
7.
画面の指示に従って、USB ケーブルを本体
のインターフェイスコネクターに差し込み
ます。
8.
USB ケーブルの他方のコネクターを、コン
ピューターに接続します。
USB ケーブルを接続すると、自動的にプリ
ンタードライバーがインストールされ、プ
リンターアイコンが作成されます。
補足
・ 操作パネルのディスプレイに、
[IP アドレス取得不可]というメッセージが表示される場合があります。
このメッセージを消すには、[ネットワーク / ポート設定]>[TCP/IP 設定]>[IPv4 設定]>[IP
アドレス取得方法]を[手動]にして、IP アドレス(例:192.0.2.1)を設定するか、または[ネット
ワーク / ポート設定]で USB 以外の各ポートを[停止]に設定します。
参照
・ IP アドレスの設定方法については、「1.3 ネットワーク環境を設定する」(P. 36) を参照してください。
・ 各ポートの設定については、「1.4 使用するポートを起動する」(P. 40) を参照してください。
32
1 プリンター環境の設定
ネットワーク接続の場合
ネットワークケーブルは、1000BASE-T(オプションのギガビットイーサネットカード
装着時)、または 100BASE-TX、10BASE-T に対応したストレートケーブルを用意して
ください。
注記
・ 1000BASE-T で接続する場合は、カテゴリー(CAT5)やエンハンスドカテゴリー 5(CAT5e)の
ケーブルを使用する必要があります。信号品質および対ノイズ特性に優れている、エンハンスドカテゴ
リー 5(CAT5e)以上のケーブルを推奨します。
・ ギガビットイーサネットカード(オプション)を搭載しても、プリンターの処理速度などに依存するた
め、必ずしも 1000BASE-T の性能を発揮できるわけではありません。
・ オプションのパラレルインタフェースカードとギガビットイーサネットカードは同時に取り付けるこ
とはできません。
1.
本機の電源を切ります。
2.
同梱されているフェライトコアにネット
ワークケーブルを巻きつけ、フェライトコ
アを閉じます。
プリンターに接続するコネクター
フェライトコア
注記
・ 断線のおそれがありますので、きつく巻かないでくだ
さい。
約 7cm
1.2 ケーブルを接続する
33
3.
ネットワークケーブルを本体のインター
フェイスコネクターに差し込みます。
注記
・ 本機にギガビットイーサネットカード(オプション)
を取り付けている場合と標準構成の場合では、コネク
ターの位置が異なります。使用環境に合わせて、正し
いコネクターに接続してください。
・ ギガビットイーサネットカードを取り付けると、標準
構成のコネクターは使用できなくなります。
・ MAC アドレスは、ギガビットイーサネットカード増
設時でも標準構成と同一です。
・ ギガビットイーサネットカードは、接続されたネット
ワーク環境に応じて、LED1 が次のように点灯します。
10BASE-T 環境:消灯
100BASE-TX 環境:黄色点灯
1000BASE-T 環境:青色点灯
34
4.
ネットワークケーブルの他方のコネクター
を、ハブなどのネットワーク機器に接続し
ます。
5.
本機の電源を入れます。
1 プリンター環境の設定
標準構成の場合
ギガビットイーサネットカード(オプ
ション)を取り付けている場合
パラレル接続の場合
パラレル接続の場合は、あらかじめオプション製品のパラレルインタフェースカードおよ
びコネクター変換ケーブルを本機に取り付けてください。また、オプション製品のパラレ
ルケーブル(型番:PC-PRCA-01、PC-CA202、PC-CA204)を用意してください。
注記
・ オプションのパラレルインタフェースカードとギガビットイーサネットカードは同時に取り付けるこ
とはできません。
1.
本機の電源を切ります。
2.
オプションのパラレルインタフェースカー
ドに同梱されていたコネクター変換ケーブ
ルを、本体のインターフェイスコネクター
に差し込みます。
3.
コネクター変換ケーブルの他方のコネク
ターにパラレルケーブルを接続し、両側の
金具で固定します。
4.
パラレルケーブルの他方のコネクターを、
コンピューターに接続します。
5.
本機の電源を入れます。
補足
・ 操作パネルのディスプレイに、
[IP アドレス取得不可]というメッセージが表示される場合があります。
このメッセージを消すには、[ネットワーク / ポート設定]>[TCP/IP 設定]>[IPv4 設定]>[IP
アドレス取得方法]を[手動]にして、IP アドレス(例:192.0.2.1)を設定するか、または[ネット
ワーク / ポート設定]でパラレル以外の各ポートを[停止]に設定します。
参照
・ IP アドレスの設定方法については、「1.3 ネットワーク環境を設定する」(P. 36) を参照してください。
・ 各ポートの設定については、「1.4 使用するポートを起動する」(P. 40) を参照してください。
1.2 ケーブルを接続する
35
1.3
ネットワーク環境を設定する
ここでは、TCP/IP プロトコルを使用するための設定を説明します。その他の環境で使用
する場合は、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)内の『マニュ
』 を参照して、ネットワーク環境を設定してください。
アル(HTML 文書)
補足
・ 本機は、IPv6 ネットワーク環境で、IPv6 アドレスを使用できます。IPv6 アドレスを使用する場合は、
「IP アドレス(IPv6)を設定する」(P. 39) を参照してください。
IP アドレス(IPv4)を設定する
TCP/IP プロトコルを使用するためには、IP アドレスの設定が必要です。
工場出荷時、本機の[IP アドレス取得方法]は[DHCP/Autonet]に設定されています。
そのため、DHCP サーバーがあるネットワーク環境では、本機をネットワークに接続す
ると、自動的に IP アドレスが設定されます。
[機能設定リスト]を印刷して、IP アドレスがすでに設定されているかどうかを確認して
ください。
IP アドレスが設定されていない場合は、
[IP アドレス取得方法]を[手動]に変更し、IP
アドレスを設定する必要があります。
IP アドレスが
設定されていれば OK。
設定されていない、
または、変更したい場合は、
「■ IP アドレスの設定」の手
順に従って、操作してくださ
い。
補足
・ [ 機能設定リスト]の印刷方法がわからない場合は、「7.2 レポート / リストを印刷する」(P. 254) を
参照してください。
・ 本機は、BOOTP サーバーまたは RARP サーバーを使用してアドレス情報を自動的に取得することも
できます。この場合は、操作パネルで、
[IP アドレス 取得方法]の項目を[BOOTP]または[RARP]
に変更してください。
・ DHCP で運用する場合は、IP アドレスが変更されていることがあるので、定期的に IP アドレスを確認
して使用する必要があります。
ここでは、操作パネルで IP アドレスを設定する手順について説明します。使用するネッ
トワーク環境によって、サブネットマスクやゲートウェイアドレスの設定が必要です。
ネットワーク管理者にご相談のうえ、必要な項目を設定してください。
36
1 プリンター環境の設定
„ IP アドレスの設定
注記
・ IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスは、使用する環境によって異なります。設定す
るアドレスはネットワーク管理者に確認してください。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
補足
・ 選択したい項目を行き過ぎてしまった場合は、
〈
タンで戻ります。
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
〉ボ
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
補足
・ 間違って、違う項目で〈 〉または〈OK〉ボタンを
押してしまった場合は、〈 〉または〈戻る〉ボタン
で前の画面に戻ります。
・ 最初からやり直したい場合は、〈仕様設定〉ボタンを
押します。
4. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[LPD]が表示されます。
ネットワーク / ポート設定
LPD
補足
・ パラレルインタフェースカード(オプション)を取り
付けている場合は、[パラレル]が表示されます。
5. [TCP/IP 設定]が表示されるまで、
〈 〉ボ
タンを押します。
ネットワーク / ポート設定
6. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[IP 動作モード]が表示されます。
TCP/IP 設定
7. [IPv4 設定]が表示されるまで、
〈 〉ボタ
ンを押します。
TCP/IP 設定
8. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[IP アドレス取得方法]が表示されます。
IPv4 設定
9. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
IP アドレス取得方法
10.[手動]が表示されるまで、〈 〉ボタンを
押します。
IP アドレス取得方法
TCP/IP 設定
IP 動作モード
IPv4 設定
IP アドレス取得方法
●
DHCP/Autonet
手動
1.3 ネットワーク環境を設定する
37
11.〈OK〉ボタンで決定します。
[000.000.000.000]と 表 示 さ れ た 場 合
は、手順 15 に進んでください。右の画面
が表示された場合は、手順 12 に進んでく
ださい。
IP アドレス取得方法
12.〈 〉または〈戻る〉ボタンで、[IP アドレ
ス取得方法]に戻ります。
IPv4 設定
13.〈 〉ボタンで、
[IP アドレス]を表示します。
IPv4 設定
手動
●
IP アドレス取得方法
IP アドレス
14.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の IP アドレスが表示されます。
IP アドレス
15.〈 〉
〈 〉ボタンで最初のフィールドに値
(例:192)を入力し、〈 〉ボタンを押し
ます。
IP アドレス
●
000.000.000.000
192.000.000.000
補足
・ 変更する必要がない場合は、〈 〉ボタンを押すと次
のフィールドに移動します。
・〈 〉
〈 〉ボタンを押し続けると、値が 10 ずつ変わ
ります。
・ 前のフィールドに戻る場合は、
〈 〉ボタンを押します。
16. 他のフィールドも同様に入力し、最後の 4
つめのフィールドを入力したら、〈OK〉ボ
タンで決定します。
(例:192.0.2.1)
IP アドレス
●
192.000.002.001
17. 続けて、サブネットマスクとゲートウェイア
ドレスを設定する場合は、〈戻る〉ボタンを
押して、手順 18 に進みます。
これで、操作を終了する場合は、手順 25
に進みます。
„ サブネットマスク / ゲートウェイアドレスの設定
38
18.[サブネットマスク]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
IPv4 設定
19.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在のサブネットマスクが表示されます。
サブネットマスク
000.000.000.000
20. IP アドレスと同様に、サブネットマスクを
入力し、〈OK〉ボタンで決定します。
(例:255.255.255.000)
サブネットマスク
21.〈戻る〉ボタンで、[サブネットマスク]に
戻ります。
IPv4 設定
1 プリンター環境の設定
サブネットマスク
●
●
255.255.255.000
サブネットマスク
22.〈 〉ボタンで、[ゲートウェイアドレス]
を表示します。
IPv4 設定
23.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在のゲートウェイアドレスが表示されま
す。
ゲートウェイアドレス
24. IP アドレスと同様にゲートウェイアドレス
を入力し、〈OK〉ボタンで決定します。
(例:192.168.1.254)
ゲートウェイアドレス
ゲートウェイアドレス
●
●
000.000.000.000
192.168.001.254
25. これで、すべての設定が終了です。
〈仕様設定〉ボタンを押して、メニュー画面
を終了します。
自動的に本機が再起動します。
26.[機能設定リスト]を印刷して、設定した内
容を確認します。
IP アドレス(IPv6)を設定する
本機は、IPv6 ネットワーク環境で、IPv6 アドレスを使用できます。
工場出荷時、本機の[IP 動作モード]は[デュアルスタック]
(IPv4/IPv6 を自動的に検
知して動作するモード)に設定されています。IPv6 のネットワーク環境で本機をネット
ワークに接続すると、自動的に IPv6 アドレスが設定されます。
[機能設定リスト]を印刷して、IPv6 アドレスを確認してください。
補足
・ 本機に固定の IPv6 アドレスは、CentreWare Internet Services を使用し、手動で設定できます。そ
の 場 合 は、[機 能 設 定 リ ス ト]を 印 刷 し て 自 動 設 定 ア ド レ ス を 確 認 し、そ の ア ド レ ス を 使 っ て
CentreWare Internet Services にアクセスします。[プロパティ]タブ>[ネットワーク設定]>
[プロトコル設定]>[TCP/IP]で IPv6 アドレスを設定します。CentreWare Internet Services
については、「1.5 CentreWare Internet Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してく
ださい。また、お使いのネットワーク環境については、ネットワーク管理者にご相談ください。
補足
・[機能設定リスト]の印刷方法がわからない場合は、
「7.2 レポート / リストを印刷する」(P. 254) を参
照してください。
1.3 ネットワーク環境を設定する
39
1.4
使用するポートを起動する
使用するポートは、操作パネルで[起動]に設定しておく必要があります。
なお、「標準セットアップ」で使用される場合は、工場出荷時に、使用するポートが[起
動]に設定されているので、ここでの操作は不要です。
使用するポートが[停止]に設定されている場合は、次の手順に従って、設定を変更して
ください。
ここでは、IPP の例で説明します。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[LPD]が表示されます。
ネットワーク / ポート設定
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
LPD
補足
・ パラレルインタフェースカード(オプション)を取り
付けている場合は、[パラレル]が表示されます。
5.
設 定 す る プ ロ ト コ ル が 表 示 さ れ る ま で、
〈 〉ボタンを押します。
(例:IPP)
ネットワーク / ポート設定
IPP
6. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ポートの起動]が表示されます。
IPP
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
ポートの起動
8. 〈 〉ボタンで[起動]を表示します。
ポートの起動
ポートの起動
停止
●
起動
9. 〈OK〉ボタンで決定します。
ポートの起動
起動
●
10. これで、設定は終了です。
〈仕様設定〉ボタンを押して、メニュー画面
を終了します。
自動的に本機が再起動します。
40
1 プリンター環境の設定
1.5
CentreWare Internet Services でプリ
ンターを設定する
CentreWare Internet Services の概要
CentreWare Internet Services は、TCP/IP 環境が使用できる場合に、Web ブラウ
ザーを使用して、プリンターの状態や印刷ジョブ状態の表示、設定の変更をするための
サービスです。
操作パネルで設定する項目のいくつかは、本サービスの[プロパティ]タブでも設定でき
ます。
補足
・ 本機をパラレルケーブルまたは USB ケーブルで、コンピューターと直接接続している場合は、
CentreWare Internet Services は使用できません。
使用できる環境と設定について
„ Web ブラウザー
CentreWare Internet Services を利用するためには、Web ブラウザーが必要です。
„ Web ブラウザーの設定
CentreWare Internet Services を使用する場合、プロキシサーバーを経由しないで直
接本機のアドレスを指定することをお勧めします。
補足
・ プロキシサーバーを経由して本機のアドレスを指定すると、応答が遅くなったり画面が表示されないこ
とがあります。
・ 設定方法については、お使いの Web ブラウザーのマニュアルを参照してください。
また、CentreWare Internet Services を正しく動作させるために、Web ブラウザーで
次のように設定する必要があります。
ここでは、Internet Explorer 8.0 を例に説明します。
1. [ツール]メニューから[インターネット オプション]を選択します。
2. [全般]タブにある[閲覧の履歴]の[設定]をクリックします。
1.5 CentreWare Internet Services でプリンターを設定する
41
3. [インターネット一時ファイル]の[保存しているページの新しいバージョンの確認
:]で、[Web サイトを表示するたびに確認する]または[Internet Explorer を開
始するたびに確認する]を選択します。
4. [OK]をクリックします。
5. [インターネット オプション]ダイアログボックスで[OK]をクリックします。
„ プリンター側の設定
CentreWare Internet Services を使用する場合は、本機の IP アドレスが設定されてい
ることと、
[インターネットサービス]が[起動]
(工場出荷時:
[起動]
)に設定されてい
る必要があります。[インターネットサービス]を[停止]に設定している場合は、操作
パネルで[起動]にしてください。
参照
・「[インターネットサービス]」(P. 149)
・「1.4 使用するポートを起動する」(P. 40)
42
1 プリンター環境の設定
CentreWare Internet Services で設定できる項目
各タブで設定できる主な機能は、次のとおりです。
タブ名
状態
メニュー名
主な機能
一般
本機の名前や IP アドレス、状態が表示されます。
トレイ
用紙トレイにセットされている用紙の状態や、排出トレイの状態
が表示されます。
消耗品
各種消耗品の残量や状態が表示されます(目安)。
実際の交換作業は、操作パネルに表示されるメッセージを見て、
行ってください。
参照
・「6.6 主なエラーメッセージとエラーコード」(P. 214)
ジョブ
カウンター
本機で現在までに印刷したページ数が表示されます。
ジョブ一覧
処理中のジョブの一覧が表示されます。
履歴一覧
処理が終了したジョブの一覧が表示されます。
エラー履歴
エラー・ログに保存されているエラー情報が表示されます。
表示されるエラーコードの意味については、「 エラーコード」
(P. 222) を参照してください。
プリント
プリント指示
コンピューターに保存されているファイルを指定して、本機に直
接、印刷を指示できます。[プリント]タブは、ハードディスク
(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けら
れている場合に表示されます。
プロパティ
設定メニュー
プロパティの各機能の概要が記載されているページへ移動する
ためのボタンが表示されます。
本体説明
製品名やシリアル番号が表示されます。また、名前 *1 や設置場
所 *1、連絡先 *1、管理者メールアドレス *1、本体メールアドレ
ス *1 などを設定できます。
一般設定
本機全般にわたる設定が表示されます。また、それぞれの項目を
設定できます。
・ 設定項目
本体構成 / ジョブ管理 / 用紙トレイの設定 / 用紙設定 / 節電
モード設定 / 保存文書設定 / メモリー設定 /InternetServices
設定 *1/ オンデマンドプリントサービス設定 *1/ 設定情報の複
製 *1/ 階調補正 / メール通知フォルダ *1
ネットワーク設定
各種ポートやプロトコルといったネットワーク関連の設定を確
認、変更できます。
サービス設定
プリントモードや各種エミュレーション、メール
定できます。
集計設定 *1
集計管理機能について設定できます。
セキュリティー *1
セキュリティー *1 関連の設定ができます。
・ 設定項目
認証管理 / 認証情報の設定 / 権限グループ登録 / 外部認証サー
バー設定 / 受付 IP アドレス制限 / 受付ポート / 証明書の設定 /
IP Sec/ 証明書管理 /802.1x/SSL/TLS 設定 / 複製管理 / 強
制アノテーション/ジョブ表示の制限/機械管理者情報の設定*2
サポート
*1
について設
サポート情報へのリンクが表示されます。この設定は変更できます。
*1
CentreWare Internet Services でしか設定できない項目です。操作パネルでは設定できません。
*2
機械管理者の ID とパスワードを設定できます。
User ID とパスワードについては、機械管理者にお問い合わせください。機械管理者の User ID
およびパスワードは、本機を設置したあと、すぐに変更することをお勧めします。
1.5 CentreWare Internet Services でプリンターを設定する
43
CentreWare Internet Services を使用する
本サービスを使用する手順は、次のとおりです。
1.
コンピューターを起動し、Web ブラウザーを起動します。
2.
Web ブラウザーのアドレス入力欄に、プリンターの IP アドレス、または URL を入
力し、〈Enter〉キーを押します。
CentreWare Internet Services のトップページが表示されます。
・ IP アドレスの入力例(IPv4)
・ URL の入力例
・ IP アドレスの入力例(IPv6)
補足
・ ポート番号を指定する場合は、アドレスの後ろに「:」に続けて「80」
(工場出荷時のポート番号)を指
定してください。ポート番号は、[機能設定リスト]で確認できます。
・ ポート番号は[プロパティ]タブ>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]>[HTTP]で変更で
きます。ポート番号を変更した場合は Web ブラウザーから接続するときに、アドレスの後ろに「:」に
続けてポート番号を指定する必要があります。
・ 本機で認証 / 集計管理機能を使用している場合は、ユーザー名とパスワードを入力する画面が表示され
ます。機械管理者、または本機に登録されているユーザーの ID とパスワードを入力してください。ID
とパスワードについては、機械管理者にお問い合わせください。CentreWare Internet Services が
起動されると、右上にユーザー情報が表示されます。
・ 機械管理者、または本機に登録されているユーザーの ID とパスワードでログインして、設定や確認し
たあとは、情報漏洩を防ぐためにも[ログアウト]をクリックして、ログアウトしてください。
・ 通信を暗号化している場合、CentreWare Internet Services にアクセスするには、プラウザーのア
ドレス欄には「http」ではなく「https」から始まるアドレスを入力してください。
・ 認証 / 集計管理機能、および通信の暗号化については、
「7.7 セキュリティー機能について」(P. 269)、
「7.9 ユーザー登録による利用の制限と集計管理機能について」(P. 290) を参照してください。
44
1 プリンター環境の設定
ヘルプの使い方
各画面で設定できる項目の詳細については、CentreWare Internet Services のヘルプ
を参照してください。
[ヘルプ]をクリックすると、
[ヘルプ]ウィンドウが表示されます。
注記
・ CentreWare Internet Services のヘルプを表示するには、インターネットに接続できる環境が必要
です。通信費用はお客様の負担になりますのでご了承ください。
1.5 CentreWare Internet Services でプリンターを設定する
45
1.6
プリンタードライバーをインストールする
コンピューターから印刷するために、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア
CD-ROM)から ART EX プリンタードライバーをインストールします。
プリンタードライバーのインストール方法は、コンピューターと本機の接続方法によって
異なります。
メディア内の『マニュアル(HTML 文書)』で、手順を確認してから、実行してください。
補足
・ Microsoft® Windows Server® 2003 x64 Editions、Microsoft® Windows Vista® x64、
Microsoft® Windows Server® 2008 x64 Editions、Microsoft® Windows® 7 x64、
Microsoft® Windows Server® 2008 R2、Microsoft® Windows® 8 x64、Microsoft®
Windows Server® 2012、Microsoft® Windows® 8.1 x64、Microsoft® Windows
Server® 2012 R2 に関しては、注意・制限事項があります。Readme.txt で注意・制限事項を確認
してからご使用ください。
・ PostScript プリンタードライバーについては、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))に同梱されているメディア内のマニュアルを参照してください。
・ プリンタードライバーをインストールした場合、必ずその直後にコンピューターを再起動してくださ
い。
マニュアルを表示するには
[マニュアル / 製品情報]タブ
>[マニュアル(HTML 文書)]
ドライバーを
インストールするには
2015 年 8 月現在の画面です。
画面は、予告なく変更される場合が
あります。
アンインストールについて
„ プリンタードライバーのアンインストール
ART EX プリンタードライバーは、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CDROM)内のプリンタードライバーアンインストールツールを使ってアンインストールで
きます。詳しくは、メディア内の『マニュアル(HTML 文書)』を参照してください。
„ その他のソフトウエアのアンインストール
メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)からインストールした、そ
の他のソフトウエアをアンインストールする場合は、各ソフトウエアの Readme ファイ
ルを参照してください。Readme ファイルは、メディア内の『製品情報(HTML 文書)』
から表示できます。
46
1 プリンター環境の設定
2
プリンターの基本操作
2.1
各部の名称と働き
プリンター本体
前面と左側面
4
Color MultiWriter 9110C
の場合
13
5
3
2
1
12
6
11
7
8
9
10
補足
・ 本書で使用しているイラストは、オプションのトレイモジュールを 3 段装着した場合を例に記載してい
ます。
No.
名称
説明
1
トナー回収ボトルカバー
トナー回収ボトルを交換するときに開けます。
2
排出トレイ
印刷された用紙が、印刷面を下にして排出されます。
3
操作パネル
操作に必要なボタン、ランプ、ディスプレイがあります。詳細は、「操作パネ
ル」(P. 51) を参照してください。
4
フロントカバー
ドラムカートリッジを交換するときや、詰まった用紙を取り除くときに開けま
す。目的によって、A レバーを使って開ける方法と B ボタンを使って開ける方
法があります。A レバーで開けた場合はカバー A、B ボタンを使って開けた場
合はカバー B と呼ぶことがあります。
5
B ボタン
両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter
9110C は標準装備)の取り付けや、紙づまりの対処などをするときに、この
ボタンを押してフロントカバーを開けます。
6
排出トレイカバー(カバー C) ドラムカートリッジの交換や清掃用パッドで光路(レーザー)部の清掃などを
するときに、C レバーを使って開けます。
7
手差しトレイ(トレイ 5)
手差し印刷時に用紙をセットします。普通紙だけでなく、はがきや封筒といっ
た特殊紙もセットできます。必要に応じて、2 段階延長できます。
8
トレイ 1
用紙をセットします。標準の用紙トレイです。
2.1 各部の名称と働き
47
No.
9
名称
説明
トレイ 2、3、4
トレイモジュール(オプション)を取り付けた場合は、ここに用紙をセットし
(トレイモジュール(オプション)
) ます。上の図は、トレイモジュール(オプション)を 3 段、取り付けた例です。
10
電源スイッチ
電源を入 / 切するスイッチです。
〈|〉の側に押すと電源が入り、
〈○〉の側に
押すと電源が切れます。
11
A レバー
ドラムカートリッジの交換や紙づまりの対処などをするときに、このレバーを
押し上げてフロントカバーを開けます。
12
トナーカバー
トナーカートリッジを交換するときに開けます。
13
排出延長トレイ
印刷された用紙が本機からすべり落ちる場合は、広げて排出トレイを延長しま
す。2 段階延長できます。
48
2 プリンターの基本操作
右側面と背面
ギガビットイーサネットカード
(オプション)装着時
パラレルインタフェースカード
(オプション)装着時
標準
3
5
1
2
4
5
4
No.
4
5
名称
説明
1
電源コードコネクター
電源コードを差し込みます。
2
背面カバー
オプションのハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ)や増設メモ
リ、各種 ROM を取り付ける場合に、このカバーを取り外します。
<背面カバーを開けた図>
パラレルインタフェー
スカード / ギガビット
イーサネットカード用コ
ネクター
増設メモリ用
スロット
3
パラレルインタフェースコネ
クター(オプション)
PostScript / エ ミ ュ レ ー
ション ROM 用スロット
セキュリティ ROM 用
スロット
ハードディスク用
コネクター
パラレルインタフェースカード(オプション)を挿入すると、セントロニクス
準拠インターフェイスケーブルを接続できます。
補足
・ パラレルインタフェースカード(オプション)とギガビットイーサネット
カード(オプション)は同時に取り付けることはできません。
4
USB コネクター
USB2.0 用ケーブルを接続します。
5
Ethernet コネクター
10BASE-T/100BASE-TX Ethernet インターフェイスケーブルを接続しま
す。ギ ガ ビ ッ ト イ ー サ ネ ッ ト カ ー ド(オ プ シ ョ ン)を 取 り 付 け た 場 合 は、
1000BASE-T Ethernet インターフェイスケーブルを接続できます。
補足
・ パラレルインタフェースカード(オプション)とギガビットイーサネット
カード ( オプション ) は同時に取り付けることはできません。
・ ギガビットイーサネットカード ( オプション ) を取り付けると、標準構成時
の Ethernet コネクターは使用できません。
2.1 各部の名称と働き
49
内部
1
2
6
4 5
3
No.
名称
説明
1
トナーカートリッジ
トナーカートリッジがセットされています。プリンターに向かって奥側からイ
エロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)です。
2
ベルトユニット
トナーを用紙に転写します。
3
ドラムカートリッジ
感光体がセットされています。プリンターに向かって奥側からイエロー(Y)、
マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)です。
4
両 面 印 刷 ユ ニ ッ ト(Color
MultiWriter 9010C は オ プ
シ ョ ン、Color MultiWriter
9110C は標準装備)
用紙の両面に印刷できます。
5
定着ユニット
熱と圧力でトナーを溶かし、用紙に定着させる部分です。
注記
・ 使用時には高温になっているので、手を触れないように注意してください。
6
50
トナー回収ボトル
2 プリンターの基本操作
使用済みのトナーを回収するトナー回収ボトルが入っています。
操作パネル
1
2
3
4
インフォメーション
仕様設定
5
6
プリントメニュー 節電
プリント中止
戻る
オンライン
プリント可
14
No.
1
2
3
13
エラー
HDD
12
11
OK
10
名称
外観図
〈インフォメーション〉ボタン
ディスプレイ
9
8
7
説明
エラーが発生した場合に、メッセージに表示される各部の位置を、ここで確認
します。
ディスプレイに マークが表示されているときにこのボタンを押すと、そのと
きの現象について詳細情報が表示されます。
設定項目、本機の状態、メッセージなどが表示されます。
電源を入れると[オマチクダサイ]と表示されます。この表示が[プリントで
きます]に変わると印刷できます。
なお、電源が入っていても節電中はディスプレイに何も表示されません。
参照
・「ディスプレイの表示について」(P. 53)
4
〈仕様設定〉ボタン
メニュー画面に移行します。
5
〈プリントメニュー〉ボタン
セキュリティープリントやサンプルプリントなど、本機やサーバー内に蓄積さ
れている文書を印刷するときに押します。
補足
・ この機能を使用するには、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C の
み(オプション))と増設メモリ(オプション)を取り付けるか、1 GB の
増設メモリ(オプション)を取り付けて RAM ディスクを有効にします。
・ 使用環境によって、使用できるプリント機能が異なります。本機で使用でき
る機能については、「操作パネルメニュー一覧」(P. 368) を参照してくださ
い。
参照
・「RAM ディスクを使用するための設定」(P. 267)
6
〈節電〉ボタン / ランプ
節電中はランプが点灯します。
節電中にこのボタンを押すと、節電モードが解除されます。
また、待機中にこのボタンを押すと、節電モード(低電力モード)になります。
補足
・ 節電中に電源を切ると、数十秒間〈節電〉ランプが点灯したままになること
があります。
7
〈プリント中止〉ボタン
印刷を中止します。
8
〈OK〉ボタン
メニュー画面のとき、メニューの候補値を確定します。レポート / リストを印
刷するときにも使用します。
2.1 各部の名称と働き
51
No.
9
名称
〈
〉〈
〉〈
〉〈
説明
〉ボタン
メニュー画面のとき、ディスプレイに表示されたメニュー、項目、候補値の間
を移行します。
補足
・〈 〉
〈 〉ボタンで候補値を変更するときに、ボタンを押し続けると、連続
的に表示を変えることができます。また、〈 〉と〈 〉ボタンを同時に押
すと、初期値が表示されます。
10
〈戻る〉ボタン
メニュー画面のとき、ひとつ前の項目に戻ります。
11
〈HDD〉ランプ
ハードディスクへの読み書き中に点滅します。
注記
・ 電源を切る場合は、〈HDD〉ランプが消灯していること確認してから切って
ください。ランプが点灯または点滅している状態で電源を切ると、ハード
ディスクが故障し、データが消失することがあります。ハードディスク保護
のためには、〈節電〉ボタンを押し、節電モードに移行したこと(〈節電〉ラ
ンプが点灯したこと)を確認してから、電源を切ることをお勧めします。た
だし、節電中に電源を切ると、数十秒間〈節電〉ランプが点灯したままにな
ることがあります。
12
〈エラー〉ランプ
本機に異常があるときに、ランプが点滅、または点灯します。
13
〈プリント可〉ランプ
点灯中は、印刷が可能です。
14
〈オンライン〉ボタン
52
2 プリンターの基本操作
〈オンライン〉ボタンを押すと、オフライン状態に移行します。オフライン中
は、〈プリント可〉ランプが消灯し、印刷処理を行いません。再度押すと、オ
フライン状態が解除され、オンライン状態(印刷可能な状態)に移行します。
ディスプレイの表示について
本機の状態を表す「プリント画面」と、本機に関する設定をするための「メニュー画面」
があります。
補足
・ 本機に取り付けられているオプションや、設定の状態によって、表示されるメッセージは異なります。
・ ディスプレイに マークが表示されているときに〈インフォメーション〉ボタンを押すと、詳細情報が
表示されます。
プリント画面
本機の状態を表示します。待機中または印刷中は、プリント画面に次のように表示されま
す。
プリンターの状態(待機中)
トナー残量
(目安)
プリンターの状態(印刷中)
データを受信している
ポート
給紙トレイ
メニュー画面
本機に関する設定をする画面です。
メニュー画面は、
〈仕様設定〉ボタンを押して表示します。メニュー画面を表示すると、次
のように表示されます。
参照
・ メニュー画面で設定できる項目:「5 操作パネルでの設定」(P. 120)
2.1 各部の名称と働き
53
2.2
電源を入れる / 切る
電源を入れる
1.
プリンターの電源スイッチの〈|〉側を押
し、電源を入れます。
2.
操作パネルのディスプレイに[オマチクダ
サイ]と表示されます。この表示が、
[プリ
ントできます]に変わることを確認します。
補足
・ 本機を利用するときには、電源スイッチを入れてから
15 秒ほどでプリントできる状態になります。機械の
構成によっては 15 秒以上時間がかかることがありま
す。
・[オマチクダサイ]が表示されているときは、本機が
ウォームアップ中です。この間は、印刷できません。
・ エ ラーメ ッセー ジが表 示さ れた場 合には、「主 なエ
ラーメッセージ(50 音順)」(P. 214) を参照して対処
をしてください。
電源を切る
注記
・ ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が装着されている場合、が装着さ
れている場合、電源を切る場合は、〈HDD〉ランプが消灯していること確認してから切ってください。
ランプが点灯または点滅している状態で電源を切ると、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が故障し、データが消失する場合があります。ハードディスク(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション)
)保護のためには、
〈節電〉ボタンを押し、節電モードに移行したこと(〈節
電〉ランプが点灯したこと)を確認してから、電源を切ることをお勧めします。ただし、節電中に電源
を切ると、数十秒間〈節電〉ランプが点灯したままになることがあります。
・ 操作パネルのディスプレイに、
[オマチクダサイ]が表示されているときは、電源を切らないでください。
・ 印刷中は本機の電源を切らないでください。紙づまりの原因になります。
・ 電源を切ると、本機内に残っている印刷データや本機のメモリーに蓄えられた情報は消去されます。
・ 電源スイッチを切ったあとも、しばらくの間は本機内部で電源オフの処理をしています。したがって、
電源スイッチを切った直後に電源プラグをコンセントから抜かないでください。
・ 電源を切ったあとに、再度、電源を入れる場合は、操作パネルのディスプレイの表示と各ランプの点灯
が消えた後、10 秒待ってから入れてください。
54
1.
操作パネルのランプやディスプレイ表示な
どで、プリンターが処理中でないことを確
認します。
2.
プリンターの電源スイッチの〈○〉側を押
し、電源を切ります。
2 プリンターの基本操作
2.3
節電モードを設定 / 節電状態を解除する
本機には、待機しているときの電力の消費を抑える、節電モードが搭載されています。節
電モードには、低電力モード(55W 以下)と、スリープモード(0.9W 以下)の 2 種類
があります。
スリープモードは、コントローラーの受信部以外の電源を完全にオフにして、消費電力を
最低の値に下げます。ただし、ウォームアップ時間としては、低電力モードよりも長くな
ります。
低電力モードは、完全には電源を落としませんが、定着ユニットの待機温度をオフ時と待
機中の中間に制御するなどにより、消費電力とウォームアップ時間のバランスをとった
モードです。
節電モードを設定する
工場出荷時は低電力モード / スリープモードの設定がともに[1 分後]になっているため、
1 分間印刷データを受信しないと、低電力モードに移行せずに、すぐにスリープモードに
移行する設定になっています。
本機では、低電力モードに移行するかどうかを設定できます。また、低電力 / スリープ
モードに切り替わるまでの時間を、低電力 / スリープモードともに 1 ~ 60 分の間で設定
できます。
補足
・ スリープモードを無効に設定することはできません。
・ 低電力モードとスリープモードの設定を変更する手順については、「操作例:スリープモードへの移行
時間を変更する」(P. 124) を参照してください。
節電状態を解除する
節電状態は、コンピューターからデータを受信すると、自動的に解除されます。
手動で節電状態を解除するには、操作パネルの〈節電〉ボタンを押します。
節電モードに移行しない場合について
次のようなときには、本機に発生している現象をお客様にお知らせするため、また、本機
の性能を発揮するために低電力モードやスリープモードに移行しません。
・ 操作パネルで何らかの操作をしているとき
・ トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、トナー回収ボックスなどの消耗品のうち
いずれか1つでも交換メッセージが表示されているとき
・ 有寿命商品(定期交換部品、有償)の定着ユニットの交換メッセージが表示されてい
るとき
・ 紙づまり、カバーオープンなどお客様の操作を必要としているとき
・ 故障などによりエラーが発生しているとき
・ 結露防止モードが有効に設定されているとき
2.3 節電モードを設定 / 節電状態を解除する
55
2.4
印刷を中止する / 確認する
印刷を中止する
印刷を中止するには、コンピューターで印刷の指示を取り消す方法とプリンターで印刷の
指示を取り消す方法があります。
コンピューターで処理中のデータの印刷を中止する
1.
画面右下のタスクバー上のプリンターアイコン
をダブルクリックします。
2.
中止するドキュメント名を選択し、削除(〈Delete〉キーを押す)します。
補足
・ ウィンドウ内に中止するドキュメントがなかった場合は、プリンターで印刷を中止してください。
・ CentreWare Internet Services の[ジョブ]タブで、印刷を中止することもできます。操作方法に
ついては、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
プリンターで印刷中 / 受信中のデータの印刷を中止する
操作パネルの〈プリント中止〉ボタンを押します。ただし、印刷中のページは印刷されます。
プリンターで受信したすべてのデータの印刷を中止する
大量の文書を印刷指示してしまった場合は、次の方法で、一度にすべてのデータの印刷を
中止してください。
1.
操作パネルで〈オンライン〉ボタンを押し
ます。
ディスプレイに[オフライン]と表示され
ます。
2. 〈プリント中止〉ボタンを押します。
中止の処理が開始され、完了すると、ディ
スプレイに[オフライン]と表示されます。
オフライン
データあり
すべてのデータを
中止しています
オフライン
3. 〈オンライン〉ボタンを押します。
プリント画面に戻ります。
56
2 プリンターの基本操作
プリントできます
K
C
M
Y
印刷指示したデータの状態を確認する
印刷指示したデータの状態を確認するには、Windows 上で確認する方法と CentreWare
Internet Services で確認する方法があります。
Windows での確認方法
1.
画面右下のタスクバー上のプリンターアイコン
をダブルクリックします。
2.
表示されたウィンドウから、[状態]を確認します。
CentreWare Internet Services での確認方法
CentreWare Internet Services の[ジョブ]タブで、プリンターに指示した印刷ジョ
ブの状態を確認できます。
参照
・ CentreWare Internet Services のヘルプ
2.4 印刷を中止する / 確認する
57
2.5
オプション品の構成やトレイの用紙設定な
どを取得する
本機をネットワークプリンターとして使用している場合は、SNMP プロトコルを使って、
本機のオプション構成やトレイの用紙サイズ、用紙種類などを、プリンタードライバーに
読み込むことができます。この設定は、プリンタードライバーの[プリンター構成]タブ
で行います。ここでは、Windows 7 を例に説明します。プリンタードライバーをインス
トールしたあとに、オプション品をつけたり、トレイの用紙設定を変更した場合は、プリ
ンターの情報を手動で取得してください。印刷のたびにプリンターの情報を自動取得する
ように設定することもできます。
補足
・ 本機をパラレルケーブルまたは USB ケーブルで、コンピューターと直接接続している場合、この機能
は使用できません。プリンタードライバーの該当項目を手動で設定してください。設定方法は、
「 手動
でプリンターの情報を設定する」(P. 61) を参照してください。この場合は、トレイにセットされてい
る用紙種類や用紙サイズも表示されません。
・ この機能を使用する場合は、操作パネルでプリンター側の SNMP ポートを起動(初期値:[起動])し
ておく必要があります。
プリンター名や IP アドレスを指定してプリンターの情報を取得する
1. [スタート]メニューから、[プリンタと FAX](OS によっては[プリンタ]または
[デバイスとプリンター])を選択し、使用するプリンターのプロパティを表示します。
2. [プリンター構成]タブをクリックします。
3. [プリンターとの通信設定]をクリックします。
3
58
2 プリンターの基本操作
4. [プリンター本体から情報を取得]をクリックします。
4
本機の情報がプリンタードライバーに読み込まれた場合は、
[取得しました。
]という
メッセージが表示されます。手順 9 に進みます。
本機の情報が読み込まれなかった場合は、[ プリンターの検索 ] が表示されます。手
順 5 に進みます。
5. [アドレスを指定する]を選択します。
6. [次へ]をクリックします。
5
6
7. [プリンター名または IP アドレス]に、プリンター名または IP アドレスを入力します。
8. [完了]をクリックします。
7
8
2.5 オプション品の構成やトレイの用紙設定などを取得する
59
9.
[OK] をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
9
10.[OK]をクリックします。
自動でプリンターの情報を取得する
印刷時、プリンタードライバーの画面を表示するごとに、プリンターの情報を自動的に取
得できます。
1. [スタート]メニューから、[プリンタと FAX](OS によっては[プリンタ]または
[デバイスとプリンター])を選択し、使用するプリンターのプロパティを表示します。
2. [プリンター構成]タブをクリックします。
3. [プリンターとの通信設定]をクリックします。
3
4. [プリンター情報の自動取得]で[する]を選択します。
5.
[OK] をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
4
5
6.
60
[OK] をクリックします。
2 プリンターの基本操作
手動でプリンターの情報を設定する
1. [スタート]メニューから、[プリンタと FAX](OS によっては[プリンタ]または
[デバイスとプリンター])を選択し、使用するプリンターのプロパティを表示します。
2. [プリンター構成]タブをクリックします。
3. [プリンターとの通信設定]をクリックします。
3
4. [プリンター情報の自動取得]から[しない]を選択します。
5. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
4
5
2.5 オプション品の構成やトレイの用紙設定などを取得する
61
6. [オプションの設定]をクリックします。
6
7. [設定項目]から任意の項目を設定します。
8. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
7
8
9. [OK]をクリックします。
62
2 プリンターの基本操作
3
印刷する
3.1
コンピューターから印刷する
Windows のアプリケーションから印刷するための基本的な流れは、次のとおりです。こ
こでは、Windows 7 のワードパッドを例に説明します。
(ご使用になるコンピューターやアプリケーションによって、手順が異なることがありま
す。
)
1.
アプリケーションの[ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。
2.
使用するプリンターを本機に設定し、プロパティダイアログボックスを表示します。
この例では、[詳細設定]をクリックすると、プロパティダイアログボックスが表示
されます。
3.
各タブを切り替えて印刷機能を設定し、[OK]をクリックします。
各機能の詳細は、プリンタードライバーのヘルプを参照してください。
ヘルプを表示するには、次の 2 通りの方法があります。
(1)[?]をクリックして知りたい機能の項目をクリックします。
項目の説明が表示されます。
(2)[ヘルプ]をクリックします。
[ヘルプ]ウィンドウが表示されます。
(1)
(2)
4. [印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
3.1 コンピューターから印刷する
63
プロパティダイアログボックスで設定できる便利な印刷機能
各タブで設定できる機能の一部を紹介します。各機能の詳細については、プリンタードラ
イバーのヘルプを参照してください。
タブ
基本
機能
・ 両面
用紙の両面に印刷でき
ます。
・ まとめて 1 枚(N アップ) ・ お気に入り
1 枚の用紙に、複数の
よく使う印刷設定が登
ページを割り付けて
録されています。リスト
印刷します。
から項目を選択するだ
けで、複数の設定が一度
にできます。設定内容を
編集したり、あらたに登
録することもできます。
・ セキュリティープリント
あらかじめ、印刷データ
をプリンターに送って
おいて、操作パネルから
印刷を指示します。
・ サンプルプリント
複数部数を印刷する場
合、1 部だけサンプルを
印刷します。印刷結果を
確認したあと、残りの部
数を操作パネルから印
刷します。
・ 時刻指定プリント
印刷時刻を指定できま
す。
トレイ / 排出
・ トレイの高度な設定
用紙トレイを[自動]に
設定したときに、優先し
て使用されるトレイや
用紙の種類をあらかじ
め設定できます。
・ 表紙付け
表紙だけ、色紙や厚紙を
使って印刷できます。
・ 合紙付け
印刷の途中にページを
区切る用紙(合紙)を挿
入します。
グラフィックス
・ おすすめ画質タイプ
写真やプレゼンテーションなど、印刷する文書の種類や用途に合わせて画質を調整で
きます。
・ カラー UD プリント
赤い文字を検出して、その部分に網や下線をつけて印刷します。
スタンプ /
フォーム
・ スタンプ
・ フォーム
印刷データに「社外秘」
使用頻度の高い印刷フォー
などの特定の文字を重
ムは、フォーム機能を利用す
ね合わせて印刷します。
るとデータ転送の時間が短
縮できます。
補足
・ 印刷機能は、[プリンタと FAX](OS によっては[プリンタ]または[デバイスとプリンター])ウィ
ンドウのプリンターアイコンから、プロパティダイアログボックスを表示して設定することもできま
す。
ここで設定した内容は、アプリケーションからプロパティダイアログボックスを表示したときの初期値
になります。
64
3 印刷する
3.2
はがき / 封筒に印刷する
はがきや封筒に印刷する方法を説明します。
はがき / 封筒をセットする
はがき / 封筒は、手差しトレイにセットします。
補足
・ 手差しトレイに用紙をセットする詳しい手順については、
「手差しトレイに用紙をセットする」(P. 108)
を参照してください。
・ はがき / 封筒は、トレイ 1 ~ 4 からは印刷できません。
はがきをセットする
注記
・ 多色刷りのはがき、インクジェット用のはがきは使用できません。
1.
印刷する面(例:白紙面)を下にし、よこ
置きにセットします。このとき、郵便番号
記入欄をプリンターの左側にします。
2.
用紙ガイドを、セットしたはがきのサイズ
に合わせます。
封筒をセットする
本機で使用できる封筒のサイズは、次のとおりです。
・ 洋形 2 号(162x114mm)
・ 洋長形 3 号(235x120mm)
・ 洋形 3 号(148x98mm)
・ 長形 3 号(120x235mm)
・ 洋形 4 号(235x105mm)
・ C5(162x229mm)
注記
・ きれいに印刷するためには、次のような封筒は使用しないでください。
・ カールやよじれがある封筒
・ 貼り付いている封筒、破損している封筒
・ 窓、穴、ミシン目、切り抜き、エンボスがある封筒
・ ひもや金属製の留め金が付いている封筒、折り曲げ部分に金属片を使用している封筒
・ 切手が貼ってある封筒
・ フラップを閉じたときに糊がはみ出している封筒
・ ふちがギザギザな封筒、隅が折れている封筒
・ 表面にしわや凹凸、貼り合わせなどの加工をしてある封筒
・ 封筒のフラップを折らないときは、次の設定で印刷してください。
・ プリンタードライバーの[基本]タブ>[製本 / ポスター / 混在原稿 / 回転]> [原稿 180°回転]を[たてよこ原稿(封筒など)]に設定する。
・フラップ部が用紙の長さに含まれるので、用紙サイズを定形外サイズに設定する。
3.2 はがき / 封筒に印刷する
65
1.
印刷する面(例:あて名面)を下にします。
のりなしの封筒の場合は、フラップを開け、
フラップ部分が手前にくるようにセットし
ます。
補足
・ フラップは完全に開いてから、セットしてください。
注記
・ のり付き封筒を使用する場合は、フラップを閉じて、
フラップ部分を奥にしてセットします。のり付き封筒
をフラップを開けてセットすると、機械の故障の原因
になります。
2.
用紙ガイドを、セットした封筒のサイズに
合わせます。
はがき / 封筒に印刷する
ここでは、Windows 7 のワードパッドを例に説明します。
補足
・ プリンターのプロパティダイアログボックスの表示方法は、アプリケーションによって異なります。各
アプリケーションのマニュアルを参照してください。
1. [ファイル]メニューから[印刷]を選択します。
2.
使用するプリンターを本機に設定し、
[詳細設定]をクリックします。
3. [トレイ / 排出]タブをクリックします。
4. [用紙トレイ選択]から、[トレイ 5(手差し)
]を選択します。
66
3 印刷する
5. [手差し用紙種類]から[はがき]または[封筒]
(一度印刷したはがきや封筒の反対
面に印刷する場合は、[はがきうら面]または[封筒うら面]
)を選択します。
6. [手差し用紙の給紙方向]から任意の給紙方向を選択します。
7. [基本]タブをクリックします。
8. [原稿サイズ]から、任意の原稿サイズを選択します。
8
9
9. [出力用紙サイズ]から、セットした用紙のサイズを選択します。
3.2 はがき / 封筒に印刷する
67
10. 封筒の場合は、必要に応じて[製本 / ポスター / 混在原稿 / 回転]をクリックして
[製本 / ポスター / 混在原稿 / 回転]ダイアログボックスを表示します。
[原稿 180°回転]を設定し、[OK]をクリックします。
11.[OK]をクリックします。
12.[印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
68
3 印刷する
3.3
定形外 / 長尺サイズの用紙に印刷する
長尺サイズなどの定形外サイズの用紙に印刷する方法について説明します。
本機で使用できる用紙サイズは、次のとおりです。
手差しトレイ
トレイ 1 ~ 4
給紙方向
給紙方向
長さ:98 ~ 1200mm
(長尺サイズ:900x297mm、
または 1200x297mm)
長さ:148 ~ 431.8mm
幅:75 ~ 297mm
幅:210 ~ 297mm
定形外サイズの用紙をセットする
定外形サイズの用紙をセットする方法は、定形サイズの用紙をセットする方法と同じで
す。
「4.2 用紙をセットする」(P. 108) を参照してください。
長尺サイズの用紙をセットする
長尺サイズの用紙は手差しトレイにセットします。
補足
・ 長尺サイズの用紙の場合、印字面に指紋跡がつく可能性があります。用紙をセットするときは、印刷面
に指紋がつかないように注意してください。
・ 長尺サイズ以外の定形外サイズの用紙をセットする場合は、「4.2 用紙をセットする」(P. 108) を参照
してください。
・ 設定できる用紙のサイズは、長尺紙A(900x297mm)、または長尺紙B(1200x297mm)の2種類です。
・ 長尺サイズの用紙で設定できる用紙の種類は[厚紙 1(106 ~ 169g/m2)]だけです。
・ 使用できる長尺紙としては、「OK プリンス 128g/m2(297 × 1200mm)」をお勧めします。
・[原稿サイズ]の[長尺紙 A((900x297mm)]または[長尺紙 B(1200x297mm)]を選択すると、
一部のアプリケーションで原稿の向きが正しく印刷されないことがあります。その場合は、印刷する長
尺サイズを[ユーザー定義用紙]で登録し、登録したユーザー定義サイズを選択してください。
「定形
外サイズを登録する」(P. 70) を参照してください。
1.
長尺サイズの用紙の印刷する面を下にし
て、図のように後端をまるめて、手差しト
レイにセットします。
補足
・ 長尺サイズ用紙の後端は、用紙の差し込み口からでき
るだけ離れた位置で、まるめてください。差し込み口
に近いと、まるめた用紙の後端が引き込まれるなど、
用紙が折れたりしわの原因になることがあります。
・ 用紙の先端は、手差しトレイの差し込み口にしっかり
挿入してください。用紙の先端が正しく差し込まれな
いと紙づまりの原因になります。
・ 用紙は、1 枚ずつセットしてください。
2.
用紙ガイドを、長尺の用紙のサイズに合わ
せます。
長尺サイズの用紙は長いので、排出された
用紙が床に落ちないように、必ず 1 枚ずつ
取り除いてください。
3.3 定形外 / 長尺サイズの用紙に印刷する
69
定形外サイズを登録する
印刷をする前に、プリンタードライバーで定形外サイズをユーザー定義サイズとして登録
します。ここでは、Windows 7 を例に、説明します。
定形外サイズの用紙をトレイ 1 ~ 4 にセットした場合は、あらかじめ操作パネルでトレ
イの用紙サイズを設定してください。操作パネルでの設定については、「トレイの用紙サ
イズを設定する」(P. 113) を参照してください。
注記
・ 管理者権限がないユーザーでも、設定を追加 / 変更 / 削除することができます。ただし、変更 / 削除で
きるのはユーザー自身が追加した、他のユーザーと共有しないユーザー定義サイズに限定されます。こ
のタイプのユーザー定義サイズは、フォームデーターベースを使用しません。管理者の権限については、
機械管理者にお問い合わせください。
・ プリンタードライバーおよび操作パネルで用紙サイズを設定するときは、必ず実際に使用する用紙のサ
イズと同じにしてください。用紙と異なるサイズを設定して印刷すると、機械の故障の原因になること
があります。
補足
・[ユーザー定義用紙]ダイアログボックスの設定は、ローカルプリンターではコンピューターのフォーム
データベースを使用するため、コンピューター上のほかのプリンターにも影響します。ネットワーク共
有プリンターではプリントキューが存在するサーバー上のフォームデータベースを使用するため、別の
コンピューター上の同じネットワーク共有プリンターにも影響します。
1. [スタート]>[プリンタと FAX]
(OS によっては[プリンタ]または[デバイスと
プリンター]
)を選択します。
2.
本プリンターのアイコンを選択して、
[ファイル]メニュー>[プロパティ]
(OS に
よっては右クリックで[プロパティ]または右クリックで[プリンターのプロパティ])
を選択します。
3. [デバイスの設定]タブをクリックします。
4. [ユーザー定義用紙]をクリックします。
5. [設定]をクリックします。
3
4
5
70
3 印刷する
6.
用紙名を変更する場合は、
[新しい用紙名で登録]をチェックし、
[用紙名]に入力し
ます。
用紙名の最大文字数は半角で 14 文字、全角で 7 文字です。
7
8
9
7.
短辺と長辺の長さを指定します。
キー入力、または[ ][ ]で指定します。
短辺の値は、範囲内でも長辺より大きくすることはできません。長辺の値は、範囲内
でも短辺より小さくすることはできません。
8.
必要に応じて、手順 6 ~ 7 を繰り返して、用紙サイズを定義します。
9. [登録]をクリックします。
10.[閉じる]をクリックします。
11.[OK]をクリックします。
定形外サイズの用紙に印刷する
ここでは、Windows 7 のワードパッドを例に説明します。
注記
・ 正しい用紙サイズを設定しないで印刷すると、機械が故障する場合があります。
補足
・ プリンターのプロパティダイアログボックスの表示方法は、アプリケーションによって異なります。各
アプリケーションのマニュアルを参照してください。
1. [ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。
2.
使用するプリンターを本機に設定し、
[詳細設定]をクリックします。
3. [トレイ / 排出]タブをクリックします。
3.3 定形外 / 長尺サイズの用紙に印刷する
71
4. [用紙トレイ選択]から、定形外サイズの用紙がセットされているトレイを選択しま
す。
4
5
5. [用紙トレイ選択]で[トレイ 5(手差し)]を選択した場合は、
[手差し用紙種類]と
[手差し用紙の給紙方向]を設定します。
6. [基本]タブをクリックします。
7. [原稿サイズ]から、任意の原稿のサイズを選択します。
7
8
8. [出力用紙サイズ]から、登録したユーザー定義サイズの用紙を選択し、
[OK]をク
リックします。
9. [印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
72
3 印刷する
3.4
トレイ 1 ~ 4 の用紙種類を変更して印刷する
本機のトレイ 1 ~ 4 には、普通紙だけでなく、厚紙やラベル紙など、さまざまな種類の
用紙をセットできます。
使用する用紙種類を変更する場合は、用紙種類の設定も変更します。
ここでは、Windows 7 のワードパッドを例に説明します。
補足
・ プリンターのプロパティダイアログボックスの表示方法は、アプリケーションによって異なります。各
アプリケーションのマニュアルを参照してください。
トレイの用紙種類を変更して印刷する
次の 2 つの方法で、トレイ 1 ~ 4 の用紙種類を変更して印刷できます。
・ 操作パネルでトレイの用紙種類を設定して印刷する
・ プリンタードライバーで用紙種類を設定して印刷する
„ 操作パネルでトレイの用紙種類を設定して印刷する
ここでは、トレイ 1 にセットされている、A4 よこ置きの上質紙に印刷する場合を例に説
明します。
あらかじめ、操作パネルでプリンターのトレイの用紙種類を設定してください。
また、プリンターの設定を変更したら、プリンタードライバーにプリンターの設定を読み
込んでおくと、印刷時に各トレイの設定がプリンタードライバーから確認できます。
参照
・ 操作パネルで用紙種類を設定する方法:
「トレイの用紙サイズを設定する」(P. 113)、
「トレイの用紙種
類を変更する」(P. 114)
・ 用紙設定をプリンタードライバーに読み込む方法:「2.5 オプション品の構成やトレイの用紙設定など
を取得する」(P. 58)
1. [ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。
2.
使用するプリンターを本機に設定し、
[詳細設定]をクリックします。
3. [トレイ / 排出]タブをクリックします。
3.4 トレイ 1 ~ 4 の用紙種類を変更して印刷する
73
4. [用紙トレイ選択]から[トレイ 1]を選択します。
補足
・ プリンターの用紙設定を読み込んでいる場合は、トレイ名の横に用紙のサイズ、向き、用紙種類、色が
表示されます。
5. [基本]タブをクリックし、[原稿サイズ]と[出力用紙サイズ]を設定して、
[OK]
をクリックします。
6. [印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
„ プリンタードライバーで用紙種類を設定して印刷する
ここでは、トレイ 1 に上質紙をセットし、プリンターには普通紙の設定がされている場合
を例に説明します。
プリンターに設定されているトレイの用紙種類に関係なく、プリンタードライバーで指定
した内容で印刷されます。
注記
・ プリンタードライバーで設定する用紙の種類が、トレイにセットされている用紙と合っていない場合、
画像が正しく処理されません。トナーが用紙に定着しなかったり、用紙が汚れたりして、印字品質が低
下します。
1. [ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。
2.
使用するプリンターを本機に設定し、
[詳細設定]をクリックします。
3. [トレイ / 排出]タブをクリックします。
74
3 印刷する
4. [用紙トレイ選択]から、[トレイ 1]を選択します。
4
5
補足
・ プリンターの用紙設定を読み込んでいる場合は、トレイ名の横に用紙のサイズ、向き、用紙種類、色が
表示されます。
5. [トレイの用紙種類]から[上質紙]を選択します。
補足
・ ここで選択した用紙種類は、そのジョブだけに有効です。プリンターに設定されているトレイの用紙種
類は変更されません。
6. [基本]タブをクリックし、[原稿サイズ]と[出力用紙サイズ]を設定して、
[OK]
をクリックします。
7. [トレイ 1]に[上質紙]にセットします。
8. [印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
補足
・ 印刷が終わったら、[トレイ 1]に[普通紙]をセットしてください。
3.4 トレイ 1 ~ 4 の用紙種類を変更して印刷する
75
トレイの用紙種類を変更して自動印刷する
操作パネルで正しく用紙種類が設定されている場合は、プリンタードライバーでトレイを
直接指定しなくても、設定した用紙種類から、適切なトレイを自動的に選択して印刷でき
ます。
この方法を利用すると、どのトレイにどの用紙がセットされているかを意識しなくても印
刷できます。
あらかじめ、操作パネルでプリンターのトレイの用紙種類を設定してください。
参照
・ 操作パネルで用紙種類を設定する方法:
「トレイの用紙サイズを設定する」(P. 113)、
「トレイの用紙種
類を変更する」(P. 114)
1. [ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。
2.
使用するプリンターを本機に設定し、
[詳細設定]をクリックします。
3. [トレイ / 排出]タブをクリックします。
4. [トレイの高度な設定]をクリックします。
4
5. [用紙トレイ選択]から、[自動]を選択します。
5
6
6. [トレイの用紙種類]から印刷する用紙の種類を選択し、[OK]をクリックします。
7. [基本]タブをクリックし、[原稿サイズ]と[出力用紙サイズ]を設定して、
[OK]
をクリックします。
8. [印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
76
3 印刷する
3.5
機密文書を印刷する
- セキュリティープリント 本機に、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メモ
リ(オプション)が取り付けられている場合、または増設メモリ(1GB)(オプション)
を取り付けて RAM ディスクが有効に設定されている場合、セキュリティープリント機能
を使用できます。
注記
・ ハードディスクは、故障する可能性があります。ハードディスク内に蓄積している文書で大切なデータ
は、コンピューター上でバックアップを取ることをお勧めします。
・ RAM ディスクを使用している場合、本機の電源を切って入れ直すと、蓄積した文書はすべて削除され
ます。
参照
・ RAM ディスクを有効にする方法:「7.6 RAM ディスクを使用するための設定」(P. 267)
セキュリティープリント機能について
セキュリティープリントとは、コンピューター上で、印刷データにセキュリティー(暗証
番号を付ける)をかけて印刷を指示し、印刷データを本機内に一時的に蓄積させたあと、
操作パネルで印刷を開始する機能です。また、セキュリティーをかけないで印刷データを
プリンターに蓄積させることもできます。頻繁に使用する文書をプリンターに蓄積してお
けば、コンピューターから何度も印刷を指示しなくても、本機側の指示だけで印刷できま
す。
操作パネルで排出
指示
指示
蓄積
補足
・ 印刷後セキュリティープリントデータを削除するかどうかは、セキュリティープリントを印刷する手順
の中で選択します。「操作パネルでの操作」(P. 79) を参照してください。
・ 操作パネルの[セキュリティープリント操作]が[無効]に設定されている場合は、セキュリティープ
リントを出力できません。
・ 本機のプロパティダイアログボックスの[プリンター構成]タブ>[オプションの設定]>[オプショ
ンの設定]ダイアログボックスで、
[暗証番号の最小桁数]を[1]以上に設定している場合は、必ず暗
証番号の入力が必要になります。
セキュリティープリントをする
セキュリティープリントをする方法を説明します。
まず、セキュリティープリントの設定をコンピューター側で行い、印刷指示をします。そ
のあと、プリンター側で出力指示を行い、印刷データを出力します。
コンピューター側での操作
ここでは、Windows 7 のワードパッドを例に説明します。
補足
・ プリンターのプロパティダイアログボックスの表示方法は、アプリケーションによって異なります。各
アプリケーションのマニュアルを参照してください。
1. [ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。
3.5 機密文書を印刷する - セキュリティープリント -
77
2.
使用するプリンターを本機に設定し、
[詳細設定]をクリックします。
3. [基本]タブの[プリント種類]から、[セキュリティー]を選択します。
3
[セキュリティープリント]ダイアログボックスが表示されます。
4. [ユーザー ID]にユーザー ID を入力します。
ユーザー ID は、半角で 8 文字まで入力できます。
4
5
6
5.
暗証番号を付ける場合は、[暗証番号]に暗証番号を入力します。
半角数字で 12 文字まで入力できます。
6. [蓄積する文書名]から、[文書名を入力する]、または[文書名の自動取得]を選択
します。
[文書名を入力する]を選択した場合は、
[文書名]に文書の名前を、12 バイト相当
(半角で 12 文字)で指定します。
[文書名の自動取得]の場合、文書名は印刷する文書名になります。ただし、文書名
を本機が認識できない場合は、日付と時刻になります。
7. [OK]をクリックします。
8. [基本]タブで[OK]をクリックします。
9. [印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
文書が本機内に蓄積されます。
78
3 印刷する
操作パネルでの操作
セキュリティープリントによって、本機内に蓄積されている印刷データを印刷する手順を
説明します。
補足
・ 本機内に蓄積したセキュリティープリントデータを、印刷しないで削除する場合は、次の手順 8 のあ
と、[削除する]を選択してください。
1.
操作パネルの〈プリントメニュー〉ボタン
を押します。
2. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
ユーザー ID が表示されます。
3.
プリントメニュー
セキュリティープリント
ユーザー ID を選択
1001.12345678
対象のユーザー ID が表示されるまで、
〈 〉
ボタンを押します。
補足
・ ユーザー ID は、プリンタードライバーの[セキュリ
テ ィ ー プ リン ト]ダ イ ア ログ ボ ッ ク ス で 設定 し た
[ユーザー ID]が表示されます。
4. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
暗証番号を入力する画面が表示されます。
暗証番号を入れ[OK]
5. 〈 〉ボタンでカーソルを移動させながら、
〈 〉
〈 〉ボタンで暗証番号を入力します。
暗証番号を入れ[OK]
[0
[**7
]
]
補足
・ 暗 証 番 号 は、プ リ ン タ ー ド ラ イ バ ー の[セ キ ュ リ
ティー プリント]ダイアログボックスで設定した[暗
証番号]を入力します。[暗証番号]を設定していな
い場合は、操作パネルでの設定はありません。
6. 〈OK〉ボタンで決定します。
文書名が表示されます。
7.
文書を選択
1.Report
対象の文書名が表示されるまで、
〈 〉ボタ
ンを押します。
補足
・ 文書名は、プリンタードライバーの[セキュリティー
プリント]ダイアログボックスで設定した[蓄積する
文書名]が表示されます(12 バイトまで)。
・ 複数文書が格納されている場合は、[全ての文書]を
選択することもできます。
3.5 機密文書を印刷する - セキュリティープリント -
79
8. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
印刷後の処理を選択する画面が表示されま
す。
1.Report
プリント後削除する
補足
・ 印刷をしないで削除する場合は、〈 〉ボタンを押し
て、
[削除する]を表示し、
〈 〉ボタン、
〈OK〉ボタ
ンの順に押します。
・ 印刷後も、データを本機に残しておく場合は、
〈 〉ボ
タンを押して、
[プリント後削除しない]を表示し、手
順 9 に進んでください。
9. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
部数を入力する画面が表示されます。
部数
10.〈 〉ボタンを押して部数を設定し、
〈 〉ま
たは〈OK〉ボタンで選択します。
印刷を開始する画面が表示されます。
1.Report
11.〈OK〉ボタンを押します。
印刷が開始されます。
12.〈プリントメニュー〉ボタンを押して、プリ
ント画面に戻ります。
80
3 印刷する
1部
[OK]でプリント開始
3.6
出力結果を確認してから印刷する
- サンプルプリント 本機に、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メモ
リ(オプション)が取り付けられている場合、または増設メモリ(1GB)(オプション)
を取り付けて RAM ディスクが有効に設定されている場合、サンプルプリント機能を使用
できます。
注記
・ ハードディスクは、故障する可能性があります。ハードディスク内に蓄積している文書で大切なデータ
は、コンピューター上でバックアップを取ることをお勧めします。
・ RAM ディスクを使用している場合、本機の電源を切って入れ直すと、蓄積した文書はすべて削除され
ます。
参照
・ RAM ディスクを有効にする方法:「7.6 RAM ディスクを使用するための設定」(P. 267)
サンプルプリント機能について
サンプルプリントとは、複数部数を印刷する場合に、本機に印刷データを蓄積し、まず 1
部だけ印刷し、印刷結果を確認してから、残りの部数の印刷開始を操作パネルで指示する
機能です。
印刷結果
が OK なら
操作パネルで残りの部数を印刷指示
1 部だけ印刷
指示
蓄積
操作パネルで中止指示
印刷結果
が NG なら
補足
・ 不要になったサンプルプリントデータは、印刷する場合と同様の手順で削除できます。「操作パネルで
の操作」(P. 83) を参照してください。
サンプルプリントをする
サンプルプリントをする方法を説明します。
まず、サンプルプリントの設定をコンピューター側で行い、印刷指示をします。そのあと、
プリンター側で出力指示を行い、印刷データを出力します。
コンピューター側での操作
ここでは、Windows 7 のワードパッドを例に説明します。
補足
・ プリンターのプロパティダイアログボックスの表示方法は、アプリケーションによって異なります。各
アプリケーションのマニュアルを参照してください。
3.6 出力結果を確認してから印刷する - サンプルプリント -
81
1. [ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。
2.
使用するプリンターを本機に設定し、
[詳細設定]をクリックします。
3. [基本]タブで、[部数]を 2 部以上に設定します。
4. [プリント種類]から[サンプル]を選択します。
補足
・ 印刷部数を 2 部以上に設定すると、[サンプル]が選択できます。
4
3
[サンプルプリント]ダイアログボックスが表示されます。
5. [ユーザー ID]にユーザー ID を入力します。
ユーザー ID は、半角で 8 文字まで入力できます。
5
6
6. [蓄積する文書名]から、
[文書名を入力する]または[文書名の自動取得]を選択し
ます。
[文書名を入力する]を選択した場合は、
[文書名]に文書の名前を、12 バイト相当
(半角で 12 文字)で指定します。
[文書名の自動取得]の場合、文書名は印刷する文書名になります。ただし、文書名
を本機が認識できない場合は、日付と時刻になります。
7. [OK]をクリックします。
8. [基本]タブで[OK]をクリックします。
9. [印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
82
3 印刷する
操作パネルでの操作
サンプルプリントによって、本機内に蓄積されている印刷データを印刷する手順、および
削除する手順を説明します。
1.
操作パネルの〈プリントメニュー〉ボタン
を押します。
プリントメニュー
セキュリティープリント
2. [サンプルプリント]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
プリントメニュー
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
ユーザー ID が表示されます。
ユーザー ID を選択
4.
サンプルプリント
2001.12345678
対象のユーザー ID が表示されるまで、
〈 〉
ボタンを押します。
補足
・ ユーザー ID は、プリンタードライバーの[サンプル
プリント]ダイアログボックスで設定した[ユーザー
ID]が表示されます。
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
文書名が表示されます。
6.
文書を選択
1.Report
対象の文書名が表示されるまで、
〈 〉ボタ
ンを押します。
補足
・ 文書名は、プリンタードライバーの[サンプルプリン
ト]ダイアログボックスで設定した[蓄積する文書名]
が表示されます(12 バイトまで)。
・ 複数文書が格納されている場合は、[全ての文書]を
選択することもできます。
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
印刷後の処理を選択する画面が表示されま
す。
1.Report
プリントする
補足
・ 印刷をしないで削除する場合は、〈 〉ボタンを押し
て、
[削除する]を表示し、
〈 〉ボタン、
〈OK〉ボタ
ンの順に押します。
8.
蓄積したデータを印刷する場合は、
〈 〉ま
たは〈OK〉ボタンで選択します。
部数を入力する画面が表示されます。
部数
1部
3.6 出力結果を確認してから印刷する - サンプルプリント -
83
9. 〈 〉ボタンを押して部数を設定し、
〈 〉ま
たは〈OK〉ボタンで選択します。
印刷を開始する画面が表示されます。
補足
・ 部数の初期値は、プリンタドライバーであらかじめ設
定した部数が表示されます。
10.〈OK〉ボタンを押します。
印刷が開始されます。
11.〈プリントメニュー〉ボタンを押して、プリ
ント画面に戻ります。
84
3 印刷する
1.Report
[OK]でプリント開始
3.7
指定した時刻に印刷する
- 時刻指定プリント 本機に、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メモ
リ(オプション)が取り付けられている場合、または増設メモリ(1GB)(オプション)
を取り付けて RAM ディスクが有効に設定されている場合、時刻指定プリント機能を使用
できます。
注記
・ ハードディスクは、故障する可能性があります。ハードディスク内に蓄積している文書で大切なデータ
は、コンピューター上でバックアップを取ることをお勧めします。
・ RAM ディスクを使用している場合、本機の電源を切って入れ直すと、蓄積した文書はすべて削除され
ます。
参照
・ RAM ディスクを有効にする方法:「7.6 RAM ディスクを使用するための設定」(P. 267)
時刻指定プリント機能について
時刻指定プリントとは、あらかじめ本機に印刷データを蓄積しておき、設定した時刻に自
動的に印刷する機能です。
時刻指定プリントで同時に実施(待機)できるジョブ数は 100 ジョブ以下です。
注記
・ 時刻指定プリントをしている場合は、本機の電源を切らないでください。
ハードディスクを使用し、印刷待機中(指定したプリント時刻より前)に本機の電源を切った場合、指
定時刻が過ぎたジョブは、次に本機の電源を入れた直後に自動的に印刷が開始されます。
RAM ディスクを使用している場合には、本機の電源を切ると、蓄積している印刷データは消去され、
再び本機の電源が入っても印刷されません。
補足
・ この機能で指定できる時刻は、印刷指示をしたときから 24 時間以内です。
3.7 指定した時刻に印刷する - 時刻指定プリント -
85
時刻指定プリントを登録する
時刻指定プリントをする方法を説明します。
ここでは、Windows 7 のワードパッドを例に説明します。
1. [ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。
2.
使用するプリンターを本機に設定し、
[詳細設定]をクリックします。
3. [基本]タブで、[プリント種類]から[時刻指定]を選択します。
[時刻指定プリント]ダイアログボックスが表示されます。
4.
印刷を開始する時刻を設定します。時刻は、24 時間制です。
5. [蓄積する文書名]から、
[文書名を入力する]または[文書名の自動取得]を選択し
ます。
[文書名を入力する]を選択した場合は、[文書名]に文書の名前を、12 バイト相当
(半角で 12 文字)で指定します。
[文書名の自動取得]の場合、文書名は印刷する文書名になります。ただし、文書名
を本機が認識できない場合は、日付と時刻になります。
6. [OK]をクリックします。
7. [基本]タブで[OK]をクリックします。
8. [印刷]ダイアログボックスで[印刷]をクリックし、印刷を実行します。
指定した時刻になると、印刷が開始されます。
86
3 印刷する
時刻指定プリントを中止する
時刻指定プリントを中止したい場合や、指定した時刻を無視して印刷したいときは、操作
パネルで操作します。
1.
操作パネルの〈プリントメニュー〉ボタン
を押します。
プリントメニュー
セキュリティープリント
2. [時刻指定プリント]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
プリントメニュー
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
文書名が表示されます。
文書を選択
4.
時刻指定プリント
1.Report
対象の文書名が表示されるまで、
〈 〉ボタ
ンを押します。
補足
・ 文書名は、プリンタードライバーの[時刻指定プリン
ト]ダイアログボックスで設定した[蓄積する文書名]
が表示されます(12 バイトまで)。
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
すぐに印刷するか、印刷しないで削除する
かを選択する画面が表示されます。
1.Report
すぐにプリントする
補足
・ 蓄積したデータを印刷しないで削除する場合は、
〈 〉
ボタンを押して、
[削除する]を表示し、
〈 〉ボタン、
〈OK〉ボタンの順に押します。
6.
すぐに印刷する場合は、
〈 〉または〈OK〉
ボタンで選択します。
印刷を開始させる画面が表示されます。
1.Report
[OK]でプリント開始
7. 〈OK〉ボタンを押します。
印刷が開始されます。
8. 〈プリントメニュー〉ボタンを押して、プリ
ント画面に戻ります。
3.7 指定した時刻に印刷する - 時刻指定プリント -
87
3.8
PDF ファイルを直接印刷する
本機では、PDF ファイルをプリンタードライバーを使用しないで直接プリンターに送信
して印刷できます。印刷データが直接プリンターに送信されるので、プリンタードライ
バーを使用して印刷するときよりも簡単で高速に印刷されます。
また、PDF ファイルを直接印刷する場合、本機が標準で搭載している PDF Bridge 機能
を使用するモードと PostScript 機能(Color MultiWriter 9010C のみ(オプション))
を使用するモードを選択できます。
操作パネルの [PDF] の [ プリント処理モード ] で、PDF ファイルの印刷処理モードを設
定してください。
補足
・ PostScript 機能を使用するには、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C の
み(オプション))が必要です。
参照
・「[PDF]」(P. 126)
印刷できる PDF ファイル
印刷の対象となるのは、Adobe Acrobat 4 ~ Acrobat 9 で作成された PDF ファイル
です。
ただし、次の機能は使用できません。
・ PDF Bridge 機能を使用する場合:PDF1.5 以降で追加された一部機能
・ PostScript を使用する場合:PDF1.7 以降で追加された一部機能
また、PDF ダイレクトプリント機能は、Adobe PDF 1.6 に対応しますが、次の点に注
意してください。
・ レンダリング処理が複雑になるため、PDF の出力に時間がかかる場合があります。
・ Adobe Acrobat 7(PDF1.6)の「OpenType フォントを埋め込む」指定には対応し
ていません。
・ 本機で提供されている、弊社独自の PDF Bridge は、透明オブジェクトなどの PDF1.6
の機能に対応しています。
・ PostScript のメモリー設定を最大値(128MB)にしないと、PDF ファイルを正常に
印刷できない場合があります。
補足
・ PDF ファイルの作成方法によって、プリンターに直接印刷できないことがあります。その場合は、PDF
ファイルを開き、プリンタードライバーを使って印刷してください。
PDF ファイルを直接印刷する方法
PDF ファイルを直接印刷するには、いくつかの方法があります。
注記
・ USB、パラレルポートを使用して PDF ファイルを直接印刷するときは、ContentsBridge Utility を
使用してください。
ContentsBridge Utility を使用する
ContentsBridge Utility は、コンピューター上のファイルを直接プリンターに送って印
刷するための富士ゼロックス株式会社製ソフトウエアです。
ContentsBridge Utility はメディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)
内に収録されています。使用する場合は、メディア内のマニュアルを参照してください。
88
3 印刷する
補足
・ ContentsBridge Utility を使用すると、PDF ファイル以外に、DocuWorks ファイル、TIFF ファイ
ル、JPEG ファイル、XML Paper Specification(XPS)ファイルを印刷できます。
CentreWare Internet Services から印刷する
CentreWare Internet Services の [ プリント ] タブから、PDF ファイルを指定して、
本機に直接、印刷を指示できます。詳しくは、CentreWare Internet Services のヘル
プを参照してください。
補足
・ 本機能を使用するには、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メ
モリ(オプション)が必要です。
・ CentreWare Internet Services を使用すると、PDF ファイル以外に、DocuWorks ファイル、TIFF
ファイル、JPEG ファイル、XML Paper Specification(XPS)ファイルを印刷できます。
メールに添付して印刷する
PDF ファイルをメールに添付して、本機あてにメールを送信し、印刷します。詳しくは、
「3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -」(P. 93) を参照してください。
補足
・ 本機能を使用するには、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メ
モリ(オプション)が必要です。
lpr コマンドなどを使って直接プリンターに送信する
PDF ファイルを直接 lpr コマンドなどを使って直接プリンターに送信します。この場合、
次の項目は操作パネルの [PDF] の設定に従って印刷されます。
・ プリント処理モード
・ ソート
・ 部数
・ レイアウト
・ 両面
・ 用紙サイズ
・ 印刷モード
・ カラーモード
・ パスワード
参照
・「[PDF]」(P. 126)
補足
・[プリント処理モード]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[レイアウト]は、[プリント処理モード]で[PS]が選択されている場合は表示されません。
・[両面]は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter 9110C
は標準装備)が取り付けられている場合に表示されます。
・ lpr コマンドを使って印刷する場合、部数の指定は lpr コマンドで行います。操作パネルの[部数]の
設定は無効になります。なお、lpr コマンドで部数の指定をしない場合は、1 部として処理されます。
lpr コマンドを使って PDF ファイルを印刷する場合の、コンピューター側の指定例は次の
とおりです。
補足
・ ここでは、入力する文字を太字で表します。
・ 空白(スペース)は、△で表します。
3.8 PDFファイルを直接印刷する
89
指定例
コマンドプロンプトから、次のようにコマンドを入力します。
例:プリンターの IP アドレスが 192.0.2.1 で、event.pdf ファイルを印刷する
C:\>lpr △ -S △ 192.0.2.1 △ -P △ lp △ event.pdf
90
3 印刷する
〈Enter〉キー
3.9
DocuWorks ファイルを直接印刷する
本機では、DocuWorks ファイルをプリンタードライバーを使用しないで直接プリンター
に送信して印刷できます。印刷データが直接プリンターに送信されるので、プリンタード
ライバーを使用して印刷するときよりも簡単で高速に印刷されます。
印刷できる DocuWorks ファイル
印刷できる DocWorks ファイルは、次のとおりです。
・ DocuWorks Ver.3 ~ 8 文書(拡張子:.xdw)
・ DocuWorks Ver.4 ~ 8 バインダー文書(拡張子:.xbd)
補足
・ 自己解凍文書(拡張子:.exe)は印刷できません。
・ DocuWorks ファイルの作成方法によって、プリンターに直接印刷できないことがあります。その場合
は、DocuWorks ファイルを開き、プリンタードライバーを使って印刷してください。
DocuWorks ファイルを直接印刷する方法
DocuWorks ファイルを直接印刷するには、いくつかの方法があります。
注記
・ USB、パラレルポートを使用して DocuWorks ファイルを直接印刷するときは、ContentsBridge
Utility を使用してください。
ContentsBridge Utility を使用する
ContentsBridge Utility は、コンピューター上のファイルを直接プリンターに送って印
刷するための富士ゼロックス株式会社製ソフトウエアです。
ContentsBridge Utility はメディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)
内に収録されています。使用する場合は、メディア内のマニュアルを参照してください。
補足
・ ContentsBridge Utility を使用すると、DocuWorks ファイル以外に、PDF ファイル、TIFF ファイ
ル、JPEG ファイル、XML Paper Specification(XPS)ファイルを印刷できます。
CentreWare Internet Services から印刷する
CentreWare Internet Services の [ プリント ] タブから、DocuWorks ファイルを指
定して、本機に直接、印刷を指示できます。詳しくは、CentreWare Internet Services
のヘルプを参照してください。
補足
・ 本機能を使用するには、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メ
モリ(オプション)が必要です。
・ CentreWare Internet Services を使用すると、DocuWorks ファイル以外に、PDF ファイル、TIFF
ファイル、JPEG ファイル、XML Paper Specification(XPS)ファイルを印刷できます。
3.9 DocuWorksファイルを直接印刷する
91
メールに添付して印刷する
DocuWorks ファイルをメールに添付して、本機あてにメールを送信し、印刷します。詳
しくは、「3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -」(P. 93) を参照し
てください。
補足
・ 本機能を使用するには、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メ
モリ(オプション)が必要です。
lpr コマンドなどを使って直接プリンターに送信する
DocuWorks ファイルを直接 lpr コマンドなどを使って直接プリンターに送信します。こ
の場合、次の項目は操作パネルの [XDW(DocuWorks)] の設定に従って印刷されます。
・ 部数
・ ソート
・ 両面
・ レイアウト
・ 印刷モード
・ 用紙サイズ
・ パスワード
・ カラーモード
参照
・「[XDW(DocuWorks)]」(P. 131)
補足
・[両面]は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter 9110C
は標準装備)が取り付けられている場合に表示されます。
・ lpr コマンドを使って印刷する場合、部数の指定は lpr コマンドで行います。操作パネルの[部数]の
設定は無効になります。なお、lpr コマンドで部数の指定をしない場合は、1 部として処理されます。
lpr コマンドを使って DocuWorks ファイルを印刷する場合の、コンピューター側の指定
例は次のとおりです。
補足
・ ここでは、入力する文字を太字で表します。
・ 空白(スペース)は、△で表します。
指定例
コマンドプロンプトから、次のようにコマンドを入力します。
例:プリンターの IP アドレスが 192.0.2.100 で、Report.xdw ファイルを印刷する
C:\>lpr △ -S △ 192.0.2.100 △ -P △ lp △ Report.xdw
92
3 印刷する
〈Enter〉キー
3.10
電子メールを使って印刷する
- メール受信プリント 本機にハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メモリ
(オプション)が取り付けられている状態で、ネットワークに接続され、TCP/IP での通
信、およびメールの受信ができる環境がある場合は、コンピューターや携帯電話などから
本機あてにメールを送信したり、転送したりできます。受信したメールは、本機の設定に
応じて自動的に印刷されます。
この機能を「メール受信プリント」といいます。
注記
・ ハードディスクは、故障する可能性があります。ハードディスク内に蓄積している文書で大切なデータ
は、コンピューター上でバックアップを取ることをお勧めします。
補足
・ 添付できる文書は、TIFF 形式、PDF 形式、JPEG(JFIF)形式、XML Paper Specification(XPS)
形式、XDW 形式(DocuWorks 文書)、XBD 形式(DocuWorks バインダー文書)です。
自動的に
印刷
メールの
送信 / 転送
自動的に
印刷
メールの
送信 / 転送
メール受信プリントをするための環境設定
メール受信プリント機能を使用するためには、お使いのネットワーク環境にある各種サー
バー (SMTP サーバーや POP3 サーバーなど ) にも設定が必要です。
補足
・ メール環境を誤って設定すると、ネットワーク内に多大な迷惑をかける可能性があります。メール環境
の設定は、ネットワーク管理者が行ってください。
ネットワーク環境の設定
・ メールアカウントの登録
3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -
93
メール環境の設定(本機側)
メール環境に合わせて、CentreWare Internet Services の[プロパティ]で、次の項
目を設定します。
補足
・ 設定後は、必ず[新しい設定を適用]をクリックしてから本機の電源を切り、入れ直してください。
・ 各項目の詳細については、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
*
:初期値
オン :チェックボックスがチェックされている状態
オフ :チェックボックスがチェックされていない状態
項目
本体説明
設定項目
管 理者メ ール
アドレス
本体メール
アドレス
ネ ット ワーク
設 定> ポート
起動
メール受信
ネ ット ワーク
設 定> プロト
コル設定>
TCP/IP
ホスト名
SMTP
POP3
○
○
○
○
本 機 の ホ ス ト 名 を 設 定 し ま 英 数 字 と「-」
す。ホスト名は、DNS の動的 で、32 バイト
更新とSMBで使用されます。 以内
ホスト名が半角文字で 16 文
字以上設定された場合、SMB
では、先頭の 15 文字までが
ホスト名になります。
○
○
DNS ドメイン名を設定しま 英数字と「 . 」、
す。
「-」、で、255
バイト以内
○
-
インターネットサービスの管 英数字と
理者メールアドレスを設定し 「@」、「.」、
ます。
「-」、「_」で、
128 バイト
本機のメールアドレスを設定 以内
します。ここで設定したメー
ル ア ド レ ス が、メ ー ル の
[From]欄に表示されます。
チェックを付けます。
DHCP からア
ド レスを 取得
/DHCPv6lite か ら ア ド
レスを取得
IPv4 用 DNS サーバーアドレ
ス /IPv6 用 DNS サーバーア
ドレスを自動的に取得する場
合は、
[有効]にチェックを付
けます。
IPv4 用:
・ オフ:手動
・ オン:
DHCP*
IPv6 用:
・ オフ:手動
・ オン:
DHCPv6lite
○
-
DNS サーバー
アドレス 1 ~
3
IPv4 用 /IPv6 用の DNS サー
バーアドレスを設定します。
IPv4 用:
xxx.xxx.xxx.
xxx
IPv6用:IPv6addr 形式
○
-
IPv4 用 /IPv6 用 DNS を動的 ・ する
に更新する場合は[する]に、 ・ 上書きする*
また上書きする場合は[上書
きする]にチェックを付けま
す。
○
-
DNS の動的更
新
(IPv4/IPv6)
3 印刷する
設定値
-
ドメイン名
94
説明
受信プロトコルに
よる設定の必要
項目
ネットワーク
設定>プロト
コル設定>
TCP/IP
サ ービ ス設定
> メー ル>初
期 値> 送信者
ア ドレ ス>編
集
ネ ット ワーク
設 定> プロト
コル設定>
POP3
設定項目
説明
設定値
SMTP
POP3
○
-
ド メイン 検索
リ ストの 自動
作成
ドメイン検索リストを自動作
成 す る 場 合 は、[す る]に
チェックを付けます。
検 索ドメ イン
名1~ 3
検索するドメイン名を指定し 英数字と「 . 」、
ます。
「-」、で、255
バイト以内
○
-
タイムアウト
ドメインを検索する場合のタ
イムアウト時間を設定しま
す。
1 ~ 60 秒
1 秒*
○
-
DNS 名前解決
の IPv6 優先
デュアルスタックモード時に
IPv6 用 DNS の名前解決を優
先 す る 場 合 は、[す る]に
チェックを付けます。
・ オ ン:優 先
する *
・ オ フ:優 先
しない
○
-
受信
プロトコル
メールの受信方法を設定しま
す。
・ SMTP
・ POP3*
○
-
受信したメールの添付文書と
共に、電子メールのヘッダー
と本文を印刷する場合に設定
します。電子メールの受信経
路などを印刷したいときは
[ヘッダーすべてと本文をプ
リント]に設定します。
・ しない
(添 付 文 書
のみ印刷)
・ 本文がなけ
ればプリン
トしない
・ ヘッダーの
一部と本文
をプリント*
・ ヘッダーす
べてと本文
をプリント
○
○
送達確認
メ ールの 自動
プリント
配送確認のメールを印刷する
かどうかを設定します。
・ しない *
・ する
・ 不達時のみ
プリントす
る
○
○
POP3 サー
バー IP アド
レス(ホスト
名)とポート
番号
メール受信用の POP3 サー
英数字と「 . 」、
バーの IP アドレス、IPv6「-」で、128
addr 形式、または FQDN
バイト以内
(Fully Qualified Domain
1 ~ 65535
Name) を設定します。
また、POP3 サーバーで使
用しているポート番号を設定
します。
-
○
POP 受信パ
スワードの暗
号化
POP 受信の認証に APOP を
使用する場合は、[APOP 認
証]にチェックを付けます。
・ オ フ:使 用
しない *
・ オ ン:使 用
する
-
○
POP ユーザー
名
POP3 サーバーに接続するた
めのユーザー名を設定しま
す。1 ユーザーだけ設定でき
ます。
ASCII 図形文
字(コード番
号33 ~ 126
の文字)で、
64 バイト以内
-
○
受信メール
シートの
プリント
・ オ ン:自 動
作成する *
・ オ フ:自 動
作成しない
受信プロトコルに
よる設定の必要
3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -
95
項目
ネ ット ワーク
設 定> プロト
コル設定>
POP3
ネットワーク
設定>プロト
コル設定>
SMTP
設定項目
3 印刷する
設定値
SMTP
POP3
POP ユーザー名に対するパ ASCII 印字可
ス ワ ー ド を 設 定 し、[POP 能文字
ユーザーパスワードの確認入 (ASCII 図形
力]にもう一度パスワードを 文字にスペー
スを加えた
入力します。
コード番号
32 ~ 126 の
文字)で、64
バイト以内
-
-
POP3 サー
バー確認間隔
POP3 サーバーにメールを
確認する間隔を設定します。
-
○
SMTP サー
バー IP アド
レス(ホスト
名)
メール受信用の SMTP サー
英数字と「 . 」、
バーの IP アドレス、IPv6「-」で、128
addr 形式、または FQDN
バイト以内
(Fully Qualified Domain
Name) を設定します。
・ IPv4 の場合、
xxx.xxx.xxx.xxx の形式で
入力します。xxx は 0 ~
255 の間の数値です。
・ IPv6 の場合、
xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxx
x:xxxx:xxxx:xxxx の形式
で入力します。xxxx は
16 進数です。
・ 入力を間違えたときは、〈C
(クリア)〉ボタンを押し
て、再入力してください。
○
-
送信ポート番
号(メール)
SMTP サーバーで使用して
いる送信用のポート番号を設
定します。
1 ~ 65535
○
○
受信ポート番
号
SMTP サーバーで使用して
いる受信用のポート番号を設
定します。
1 ~ 65535
○
-
本 体メー ルア
ドレス
本機のメールアドレスを設定
します。
SMTP 受信の場合、アカウン
ト(@ マークの左側)は、任
意の名称を設定できます。ア
ドレス部(@ マークの右側)
には、ホスト名とドメイン名
を組み合わせたものを設定し
ます。エイリアスは設定でき
ません。
・ アカウント名:mymail
・ ホスト名:myhost
・ ドメイン名:example.com
の場合、メールアドレスは、
[email protected]
となります。
メールアドレ
スとして登録
可能な文字
で、128 バイ
ト以内
○
-
SMTP 送信時の認証方法を
設定します。
・ 利用しない *
・ POP
before
SMTP
・ SMTP
AUTH
○
-
POP ユーザー
パスワード
SMTP 送信の
認証
96
説明
受信プロトコルに
よる設定の必要
1 ~ 120 分
10 分 *
項目
ネットワーク
設定>プロト
コル設定>
SMTP
設定項目
説明
SMTP
AUTH- ログ
イン名
認証が必要な SMTP サー
バーの場合、認証用のユー
ザー名を設定します。
SMTP
AUTH- パス
ワード
SMTPサーバーの認証用パス
ワードを設定します。
設定値
受信プロトコルに
よる設定の必要
SMTP
POP3
ASCII 図形文
字(コード番
号33 ~ 126
の文字)で、
64 バイト以内
○
-
ASCII 印字可
能文字
(ASCII 図形
文字にスペー
スを加えた
コード番号
32 ~ 126 の
文字)で、64
バイト以内
○
-
メールを受信する
受信できる添付ファイル
本機が受信できるメールの添付文書は、次のとおりです。
・ PDF ファイル(Adobe Acrobat 4 ~ Acrobat 9 で作成された PDF ファイル。ただ
し、PDF Bridge を使用する場合は PDF1.5 以降で追加された一部機能が、PostScript
を使用する場合は PDF1.7 以降で追加された一部機能が使用できません。
)
・ TIFF ファイル
・ XML Paper Specification(XPS)ファイル
・ JPEG(JFIF)ファイル
・ DocuWorks ファイル
メールを受信する
ここでは、Microsoft Outlook® Express を例に、本機がコンピューターからメールを
受信する方法を説明します。
1.
お使いのメールソフトウエアで本文を作成し、添付文書がある場合は添付します。
補足
・ メール本文には、テキスト形式および HTML 形式を使用できます。HTML 形式の場合は、テキスト部
分のみ印刷されます。なお、HTML 形式でもテキスト部分が送信されない場合、本文は印刷されません。
・ 添付ファイルの拡張子が「.tif」、
「.tiff」、
「.pdf」
、
「.jpeg」、
「.jpg」、
「.jpe」、
「.jfif」
、
「.xps*」、
「.xdw」、
「.xbd」以外は、正しく印刷されないことがあります。
・ 添付ファイルの拡張子が「.txt」の場合は、Content-Type に「text/plain」が指定され、charset に
「us-ascii」または「iso-2022-jp」が指定されているときだけ、印刷されます。
・ 添付ファイルの拡張子は、大文字 / 小文字の区別はされません。
・ 最大 31 文書まで添付できます。
なお、本機で印刷できない形式の文書は、添付文書数にカウントされません。
・ 本機がサポートする Web メールは次のとおりです。
・ OrangeSoft XGate
・ Beat モバイルメール
・ Yahoo Mail
・ Google GMail
・ MSN Mail
*「XPS」とは、
「XML Paper Specification」の略です。
3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -
97
参照
・ 本機がサポートする Web メールであっても、送信方法によっては正しく印刷されないことがあります。
詳しくは、「6.7 ネットワーク関連のトラブル」(P. 235) >「メール受信プリント / メール通知サービ
ス機能使用時のトラブル」(P. 236) を参照してください。
2.
あて先に本機のメールアドレスを入力します。
2
3
3.
メールを送信します。
メールを転送する
ここでは、Web メールを例に、コンピューターや携帯電話で受信したメールを本機に転
送する方法を説明します。
1.
携帯電話などから Web メールを転送指示します。添付文書がある場合はメール本文
に添付します。
補足
・ メール本文には、テキスト形式および HTML 形式を使用できます。HTML 形式の場合は、テキスト部
分のみ印刷されます。なお、HTML 形式でもテキスト部分が送信されない場合、本文は印刷されません。
・ 添付ファイルの拡張子が「.tif」、
「.tiff」、
「.pdf」
、
「.jpeg」、
「.jpg」、
「.jpe」、
「.jfif」
、
「.xps*」、
「.xdw」、
「.xbd」以外は、正しく印刷されないことがあります。
・「XPS」とは、「XML Paper Specification」の略です。
・ 添付ファイルの拡張子が「.txt」の場合は、Content-Type に「text/plain」が指定され、charset に
「us-ascii」または「iso-2022-jp」が指定されているときだけ、印刷されます。
・ 添付ファイルの拡張子は、大文字 / 小文字の区別はされません。
・ 最大 31 文書まで添付できます。
なお、本機で印刷できない形式の文書は、添付文書数にカウントされません。
・ 本機がサポートする Web メールは次のとおりです。
・ OrangeSoft XGate
・ Beat モバイルメール
・ Yahoo Mail
・ Google GMail
・ MSN Mail
参照
・ 本機がサポートする Web メールであっても、転送方法によっては正しく印刷されないことがあります。
詳しくは、「6.7 ネットワーク関連のトラブル」(P. 235) >「メール受信プリント / メール通知サービ
ス機能使用時のトラブル」(P. 236) を参照してください。
2.
転送先に本機のメールアドレスを入力します。
・ 例:[email protected]
3.
98
3 印刷する
メールを転送します。
ジョブ属性を指定してメール受信プリントをする
コンピューターや携帯電話などから、本機にメールを送信または転送するときにジョブ属
性を指定すると、カラーモードや用紙サイズなどを設定してメール受信プリントできま
す。
設定できるジョブ属性、項目、およびその指定方法は、次のとおりです。
ジョブ属性
指定できる項目
指定方法
カラーモード
モノクロ
mono
両面 *1/ 片面
片面
simp
両面(長辺とじ)*1
dup
両面(短辺とじ)*1
tumble
1 アップ *4
1up
2 アップ
2up
4 アップ
4up
A3
a3
B4
b4
A4
a4
B5
b5
レター(8.5 × 11")
letter
リーガル
legal
N-up*2 *3
(まとめて一枚)
用紙サイズ
*1 両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter 9110C は標準
装備)を取り付けている場合に設定できます。
*2 添付文書の拡張子が「.pdf」の文書は、操作パネルの[PDF]>[プリント処理モード]を[PS]に
設定している場合、N-up 指定は無効となります。1 アップ以外を指定しても1 アップで印刷されます。
*3 メールヘッダー、メール本文、および添付文書の拡張子が「.txt」の場合、指定は無効となります。
*4 [1 アップ]を指定した場合は、出力サイズに印刷内容が収まるように原稿を自動的に拡大縮小して印
刷されます。
補足
・ 本文と添付文書のジョブ属性は、個別に設定できません。転送メールの場合、本文とその添付文書、転
送メールの本文とその添付文書のジョブ属性を個別に設定できません。添付文書は本文の設定に従って
印刷されます。
・ 原稿サイズと用紙サイズが異なる場合、添付ファイルの種類により、拡大縮小されるものとされないも
のがあります。
1.
2.
お使いのメールソフトウエアで本文を作成し、添付文書がある場合は添付します。
メールの件名の前に「@@ ジョブ属性 @@」と入力します。
ジョブ属性を複数指定する場合は、カンマ(,)で区切り、
「@@ ジョブ属性(, ジョブ
属性)(, ジョブ属性)@@」と入力します。
例)件名が「参考資料」で、モノクロ、両面(長辺とじ)、2up で印刷する場合
@@mono,dup,[email protected]@ 参考資料
補足
・ ジョブ属性を指定するときに、大文字、小文字の区別はありません。
・ ジョブ属性、カンマ(,)、およびアットマーク(@)は、半角を使用してください。
3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -
99
参照
・ メール本文の印刷は、CentreWare Internet Services の[受信メールシートのプリント]でも設定
できます。設定方法については、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
3.
メールの件名を確認し、送信します。
補足
・ ジョブ属性を件名のあとに入力したり、本機がサポートしていないジョブ属性を指定したり、ジョブ属
性を指定しないでメールを送信した場合、メール本文と添付文書は、次の設定で印刷されます。定義さ
れたジョブ属性以外の文字列が指定された場合も、次の設定で印刷されます。
・ TIFF、または JPEG 形式の添付文書:CentreWare Internet Services の[エミュレーション設
定]にある、
[TIFF/JPEG]の[使用するメモリー設定]で設定されている論理プリンターの設定値。
・ PDF 形式の添付文書:操作パネルの[PDF]の設定値。ただし、操作パネルの[PDF]の[プリン
ト処理モード]を[PS]に設定していて、CentreWare Internet Services の[エミュレーション
設定]にある[PostScript]のデフォルト論理プリンターを設定している場合は、論理プリンター
の設定値が操作パネルの[PDF]の設定値に優先して適用されます。
・ XML Paper Specification(XPS)ファイルの添付文書:XML Paper Specification(XPS)に
含まれる PrintTicket の設定(操作パネルの[XPS]の設定によって動作は異なります)
・ XDW、または XBD 形式の添付文書:操作パネルの[XDW(DocuWorks)]で設定されている設定値。
メールを手動で受信して印刷する
本機では、メールを受信すると自動的に印刷されますが、操作パネルから手動でメールを
受信し、印刷することもできます。(POP メール受信時のみ)
補足
・ この機能はオプションのハードディスクが装着され、CentreWare Internet Services の[プロパ
ティ]>[ネットワーク設定]>[ポート起動]>[メール受信]が[起動]に、[プロパティ]>
[メール設定]>[受信プロトコル]が[POP3]に設定されている場合に使用できます。
1.
操作パネルの〈プリントメニュー〉ボタン
を押します。
2. [メール受信プリント]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
受信を開始させる画面が表示されます。
4. 〈OK〉ボタンを押します。
メールの受信が始まります。受信後、文書
が印刷されます。
印刷が終わると、自動的にプリント画面に
戻ります。
100 3 印刷する
プリントメニュー
セキュリティープリント
プリントメニュー
メール受信プリント
メール受信プリント
[OK]で受信開始
メール受信プリントを
受け付けました
プリントできます
K
C
M
Y
メールによる文書送信時のご注意
セキュリティーに関するご注意
メールは、世界中のコンピューターとつながったインターネットを伝送経路として使用し
ます。そのため、第三者に盗み見られたり、改ざんされたりしないよう、セキュリティー
に関しての注意が必要です。
したがって、重要情報はセキュリティーが確保されているほかの方法を利用することをお
勧めします。また、不要メールの受信を防止するため、本機のメールアドレスを、不用意
に第三者に開示しないことをお勧めします。
ドメインによる受信制限
本機では、特定のドメインからだけのメールを受信するように設定できます。
ドメインによる受信制限の設定方法については、CentreWare Internet Services のヘ
ルプを参照してください。
インターネットプロバイダーと本機を接続してメール機能を使用するとき
のご注意
・ インターネットプロバイダーとの契約が定額制、常時接続でない場合、本機がメール
サーバーに受信データを定期的に取りに行くため、その都度通信料金がかかります。
・ IP マスカレードされた環境で接続してください。本機にグローバル IP アドレスを割り
当てて接続した場合の動作は保証しません。
・ POP 受信を行う場合には、必ず本機専用のメールアカウントを申請してください。ほ
かのユーザーと共通のメールアカウントを使用すると、トラブルの原因になります。
・ インターネットの回線速度が遅い場合、画像データなど容量の多いデータの受信に時間
がかかることがあります。
・ SMTP 受信を許可しているプロバイダーもあります。その場合、プロバイダー側と綿密
な調整が必要です。
・ プライベートセグメントに MTA(Mail Transfer Agent)を立てて運用している環境
への設置は、運用形態に合わせてください。
3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -
101
4
用紙について
4.1
用紙について
適正でない用紙を使用した場合、紙づまりや印字品質の低下、故障、および装置破損の原
因になることがあります。本機に適した用紙を使用してください。
警告
・ 電気を通しやすい紙(折り紙 / カーボン紙 / 導電性コーティングを施された紙など)を
使用しないでください。ショートして火災の原因となるおそれがあります。
使用できる用紙
用紙のサイズと用紙種類
各トレイにセットできる用紙のサイズ、用紙種類、最大収容枚数は、次のとおりです。
補足
・ メートル坪量とは、1m2 の用紙 1 枚の質量をいいます。
用紙トレイ
手差しトレイ
サイズ
用紙種類(メートル坪量)
普通紙(60 ~ 80g/m2)、
再生紙(60 ~ 80g/m2)、
B5
、A5
、A6
、B6
、
上質紙(81 ~ 105g/m2)、
7.25× 10.5"
、11× 17" 、
厚紙 1(106 ~ 163g/m2)、
8.5× 14" 、8.5× 13" 、8.5× 11" 、 厚紙 2(164 ~ 216g/m2)、
ラベル紙、
8.5× 11"
、はがき
、往復はがき
コート紙 1(105g/m2)、
封筒(洋長形 3 号
、
コート紙 2
(106 ~ 163g/m2)、
洋形 2 号
、洋形 3 号
、
コート紙 3
(164 ~ 216g/m2)、
洋形 4 号
、長形 3 号 、C5
)
封筒、はがき(190g/m2)
長尺紙 A (297× 900mm)
A3
、B4
、A4
、A4
、
長尺紙 B (297× 1200mm)
ユーザー定義用紙(幅 75 ~ 297mm、
長さ 98 ~ 1200mm)*2
トレイ 1
(標準)
A3
、B4
、A4
B5
、A5
、
11× 17"
、8.5× 14"
、A4
、
、8.5× 11"
、
8.5× 11"
ユーザー定義用紙(幅 210 ~ 297mm、
長さ 148 ~ 431.8mm)*2
トレイ 2 ~ 4
A3
(オプション)
B5
*1
普通紙(60 ~ 80g/m2)、
再生紙(60 ~ 80g/m2)、
上質紙(81 ~ 105g/m2)、
厚紙 1(106 ~ 163g/m2)、
厚紙 2(164 ~ 216g/m2)、
ラベル紙
普通紙(60 ~ 80g/m2)、
再生紙(60 ~ 80g/m2)、
、A5
、
上質紙(81 ~ 105g/m2)、
11× 17" 、8.5× 14" 、8.5× 11" 、
厚紙 1(106 ~ 163g/m2)、
8.5× 11"
厚紙 2(164 ~ 175g/m2)、
ユーザー定義用紙(幅 210 ~ 297mm、 ラベル紙
長さ 148 ~ 431.8mm)*2
、B4
、A4
、A4
、
最大収容枚数
190 枚(P 紙)、
または 17.5mm 以下
長尺紙の場合は、1 枚
注記
・ コート紙は、1 枚ず
つセットしてくださ
い。多数枚セットし
て使用すると、用紙
が湿気を含んで複数
枚が重なって機械に
入り、故障の原因に
なります。
305 枚(P 紙)、
または 27.65mm 以下
各トレイ 670 枚(P 紙)
*1:トレイモジュール(オプション)を取り付けているときにだけセットできます。
*2:幅
297mm までの場合は、長さ 420mm までとなります。
幅 279mm までの場合に、長さ 431.8mm までセットできます。
102 4 用紙について
注記
・ 用紙は、そのサイズや種類に応じて、必ず適切なトレイにセットしてください。また、プリンタードラ
イバーや操作パネルでは、正しい用紙サイズ、用紙種類、用紙トレイを選択して印刷してください。
用紙のセットや、設定方法が適切でないと、紙づまりの原因になります。
・ 水、雨、蒸気などの水分により、印刷面の画像がはがれることがあります。詳しくはお買い求めの販売
店、またはサービス窓口にお問い合わせください。
„ 両面印刷ができる用紙
両 面 印刷 ユ ニッ ト(Color MultiWriter 9010C は オ プシ ョ ン、Color MultiWriter
9110C は標準装備)を使って、両面印刷ができる用紙のサイズ、用紙種類は、次のとお
りです。
サイズ
A3
、B4
8.5× 14"
、A4
、A4
、8.5× 13"
、B5
、8.5× 11"
用紙種類
、A5
、11× 17"
、8.5× 11"
、
、
7.25× 10.5"
普通紙(60 ~ 80g/m2)、
再生紙(60 ~ 80g/m2)、
上質紙(81 ~ 105g/m2)
補足
・ 自動で両面印刷ができないサイズや種類の場合は、一度印刷した用紙(本機で片面を印刷した場合に限
る)をセットして、手動でうら面に印刷してください。このとき、プリンタードライバーでは、用紙種
類を[xxx うら面]に設定します。なお、ラベル紙は、うら面には印刷できません。
・ 紙質や用紙の繊維方向などによっては、正常に印刷されない場合があります。標準紙の使用をお勧めし
ます。
使用できる用紙の規格
一般に使用されている用紙(一般紙と呼びます)に印刷をする場合は、規格に合った用紙
を使用してください。より鮮明に印刷するためには弊社では次の標準紙を推奨していま
す。
用紙トレイ
規格(メートル坪量)
手差しトレイ
60 ~ 216g/m2 *1
トレイ 1
60 ~ 216g/m2
トレイ 2 ~ 4(オプション)
*1
*1
60 ~ 175g/m2
:A4 サイズ用紙の場合だけ、220g/m2 の用紙を使用できます。
4.1 用紙について
103
使用できる用紙の種類
本機の標準紙、または使用できることを確認している用紙の一部を紹介します。
これ以外の用紙については、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にお問い合わせく
ださい。
標準紙または使用確認済みの用紙
補足
・ 本機では、操作パネルを使って、それぞれの用紙種類に適した画質処理を設定できます。使用する用紙
によっては、設定を変更する必要があります。各用紙と画質処理の設定については、「[用紙の画質処
理]」(P.177) を参照してください。
„ 標準紙
商品名
メートル坪量
用紙種類の
設定
画質の
処理
用紙の特長と使用上の注意
P紙
標準紙(白黒印刷用)
64 g/m2
普通紙
B
社内配布資料や一般オフィス用の中厚口用紙
C2(シー・ツー)紙
標準紙(カラー印刷用)
70 g/m2
普通紙
B
一般オフィス用で、白黒、カラーのどちらにも適
している、うら写りが少ない用紙
用紙種類の
設定
画質の
処理
C2r(シー・ツー・アール)紙 70 g/m2
再生紙
C
古紙パルプ 70%配合で、白黒、カラーのどちら
にも使用できる再生紙
FR 紙
64 g/m2
普通紙
B
環境配慮型パルプ(植林木パルプ 50% +古紙パ
ルプ 50%)を原料とした用紙
G70
67 g/m2
再生紙
C
古紙パルプを 70% と多く配合したリサイクルコ
ピー / プリンター用紙
GR100
67g/m2
再生紙
C
ISO 白色度 70% のグリーン購入法適合用紙
古紙パルプを 100% としたリサイクルコピー /
プリンター用紙
J紙
82 g/m2
上質紙
A
企画書や色見本など、幅広く使用できる上質紙
JD 紙
98 g/m2
上質紙
A
カタログやコピー冊子など幅広く活用できる両
面紙
V-Paper
64 g/m2
普通紙
B
中・低速から高速複写機まで幅広い適性を持つ中
厚口用紙
植林木パルプ配合
ECF(無塩素漂白)
W-Paper
64 g/m2
普通紙
B
白色度 93%の高白色モノクロコピー/プリン
ター用紙。白色度が高く、図形やグラフなどのメ
リハリがつき、高級感のあるドキュメントに仕上
がる。
植林木パルプ配合
ECF(無塩素漂白)
„ 準標準紙
商品名
104 4 用紙について
メートル坪量
用紙の特長と使用上の注意
„ 特殊紙
商品名
メートル坪量
用紙種類の
設定
画質の
処理
用紙の特長と使用上の注意
JW 紙
81 g/m2
上質紙
A
高白色のカラープリンター用紙
Ncolor081
81.4 g/m2
上質紙
A
J、JD 紙よりも高白色のカラー用紙
植林木 100% で環境に配慮した用紙です。
Ncolor104
104.7 g/m2
上質紙
A
Ncolor157
157 g/m2
厚紙 1
-
Ncolor209
209.3 g/m2
厚紙 2
-
Color Copy 100
100 g/m2
上質紙
A
Color Copy 120
120 g/m2
厚紙 1
A
Color Copy 160
160 g/m2
厚紙 1
A
Color Copy 200
200 g/m2
厚紙 2
A
OK プリンス上質 127
127.9 g/m2
厚紙 1
A
適度な白色度と不透明度がある上質紙
J コート紙
95 g/m2
コート紙 1
A
手差しトレイに 1 枚ずつセットしてください。
JD コート紙
127/157g/m2
コート紙 2
-
カタログ、リーフレットなどの制作に適した両面
コート紙です。手差しトレイに 1 枚ずつセット
してください。
ミラーコートプラチナ
104.7 g/m2
コート紙 1
-
157 g/m2
コート紙 2
-
手差しトレイに 1 枚ずつセットしてください。
高温では紙づまりが発生する場合があります。
両面印刷は手動で行ってください。
OK プリンス 157
157 g/m2
厚紙 1
-
白色度、不透明度に優れた上質紙で、出版本文、
マニュアル、ポスターなどに適しています。
OK プリンス 210
210 g/m2
厚紙 2
-
白色度、不透明度に優れた上質紙で、出版本文、
マニュアル、ポスターなどに適しています。
OK トップコート N
157 g/m2
コート紙 2
-
手差しトレイに 1 枚ずつセットしてください。
高温高湿でブリスター(変形)が発生する場合
があります。
ラベル用紙 V862(1 面)
-
ラベル紙
-
1 面タイプのシール用紙です。
低温低湿で使用できません(ハーフトーンが抜け
る場合あり)
用紙をさばいてからセットしてください。
一度使用したあと(一部のラベルを剥がした後)
の用紙を使用しないでください。
ロストンカラーホワイト
157 g/m2
厚紙 1
-
210 g/m2
厚紙 2
-
高級感あふれる表現に適した、高白色・つや消し
アート紙です。
くるみ製本やトンボ付カンプもプリントできま
す。
手差しトレイに 1 枚ずつセットしてください。
高温高湿でブリスター(変形)が発生する場合が
あります。
190 g/m2
はがき
A
190 g/m2
はがき
A
郵便はがき(日本郵便製)
郵便往復はがき
(日本郵便製)
高白色、高平滑な上質紙
手差しトレイにセットできます。
4.1 用紙について
105
使用できない用紙
次のような用紙は、使用しないでください。紙づまりや故障、および装置破損の原因にな
ります。
・ OHP フィルム
・ インクジェット専用紙、インクジェット用郵便はがき
・ 厚すぎる用紙、薄すぎる用紙
・ 他のプリンターやコピー機で、一度印刷された用紙
・ しわや折れ、破れのある用紙
・ 湿っている用紙、ぬれている用紙
・ 波打っている用紙、反っている(カールしている)用紙
・ 静電気で密着している用紙
・ 貼り合わせた用紙、のりが付いた用紙
・ 絵入りのはがき
・ 紙の表面が特殊コーティングされた用紙
・ 表面加工したカラー用紙
・ 熱で変質するインクを使った用紙
・ 感熱紙
・ カーボン紙
・ ノンカーボン紙
・ ホチキス、クリップ、リボン、テープなどが付いた用紙
・ ざら紙や繊維質の用紙など、表面がなめらかでない用紙
・ 酸性紙を使用した場合は、文字ボケが出ることがあります。そのときは、中性紙に替え
てください。
・ 凹凸や留め金のある封筒
・ 台紙全体がラベルなどで覆われていないものや、カットされているラベル用紙
・ タックフィルム
・ 水転写紙
・ 布地転写紙
注記
・ 絵入りのはがきを給紙すると、絵柄裏写り防止用の粉が用紙搬送ロールに付着し、給紙できなくなるこ
とがあります。
106 4 用紙について
用紙の保管と取り扱い
適切な用紙でも、保管状態が悪い場合には変質し、紙づまりやカール、印字品質の低下、
故障の原因になります。用紙を保管するときは、次のことに気をつけてください。
用紙の保管場所
・ 温度:10 ~ 30° C
・ 相対湿度:30 ~ 65%
保管上の注意
・ 開封後、残りの用紙は包装してあった紙に包み、キャビネットの中や湿気の少ない場所
に保管してください。
・ 用紙は立てかけずに、平らな場所に保管してください。
・ しわ、折れ、カールなどが付かないように保管してください。
・ 直射日光の当たらない場所に保管してください。
4.1 用紙について
107
4.2
用紙をセットする
ここでは、手差しトレイ、およびトレイ 1 ~ 4 に用紙をセットする方法を説明します。
手差しトレイに用紙をセットする
注記
・ 本機では、電源を入れた状態で用紙をセットしてください。
・ 種類が異なる用紙を同時にセットしないでください。
・ 印刷中は、用紙を取り除いたり、追加したりしないでください。紙づまりの原因になります。
・ 手差しトレイには、用紙以外のものを置かないでください。また、無理な力を加えて、手差しトレイを
押し下げないでください。
1.
手差しトレイを、手前に引いて開けます。
必要に応じて、延長トレイを引き出します。
延長トレイは、2 段階に引き出せます。
2.
印刷する面を下にして、用紙をセットしま
す。
注記
・ 種類やサイズが異なる用紙を一緒にセットしないで
ください。紙づまりの原因になります。
注記
・ はがきなどの厚い紙に印刷する場合で、用紙が機械に
送られないときは、用紙の先端を右図のようにカール
させてからセットしてください(カール量の目安は
3mm 以内です)
。ただし、用紙を曲げすぎたり、折れ
目をつけてしまうと、紙づまりの原因となります。
補足
・ はがき、封筒、ラベル、長尺サイズの用紙をセットす
る場合は、各用紙によってセット方法が異なります。
「手差しトレイにはがき、封筒、ラベルをセットする
場合の向き」(P. 109)、「3.3 定形外 / 長尺サイズの
用紙に印刷する」(P. 69) を参照してください。
108 4 用紙について
3.
用紙ガイドを動かして、用紙の端に合わせ
ます。
注記
・ 用紙ガイドは、軽く当ててください。用紙に対して、
用紙ガイドのセット幅が狭すぎたり、ゆるかったりす
ると紙づまりの原因になります。
・ 用紙上限線を超える量の用紙をセットしないでくだ
さい。紙づまりの原因になることがあります。
補足
・ 手差しトレイの用紙に印刷する場合は、印刷時にプリンタードライバーで、セットした用紙のサイズと
種類を設定します。詳しくは、プリンタードライバーのヘルプを参照してください。
・ PDF ファイルを lpr などで印刷する場合のように、プリンタードライバーを使用しないで印刷するとき
は、操作パネルで用紙種類を設定します。詳しくは、
「
[トレイの用紙種類]」(P.172) を参照してください。
手差しトレイにはがき、封筒、ラベルをセットする場合の向き
手差しトレイに、はがき、封筒、ラベルをセットする場合は、セットする用紙の向きを注
意してください。
はがきの場合
のり付きの封筒の場合
のりなしの封筒の場合
例)白紙面に印刷する場合
例)洋形 3 号
例)長形 3 号
印刷面を下にして、よこ置き
にセットします。
郵便番号記入欄は、左側にし
ます。
印刷面を下にし、フラップを
閉じて、フラップ部分を奥に
してセットします。
印刷面を下にし、フラップを
完全に開き、フラップ部分が
手前にくるようにセットし
ます。
注記
・フラップを開けてセットす
ると、機械の故障の原因に
なります。
補足
・フラップの反対側から給紙
するので、プリンタードラ
イバーの[基本]タブ>[製
本 / ポスター / 混在原稿 /
回転]>[原稿 180°回転]
を[たてよこ原稿(封筒な
ど)
]に設定します。
・フラップ部が用紙の長さに
含まれるので、用紙サイズを
定形外に設定します。
ラベルの場合
ラベル面を下にして、よこ置
きにセットします。
補足
・ラベル紙に印刷する場合
は、よこ置きでセットして
ください。たて置きでセッ
トすると、故障や紙づまり
の原因になります。
注記
・ きれいに印刷するためには、次のような封筒は使用しないでください。
・ カールやよじれがある封筒
・ 貼り付いている封筒、破損している封筒
・ 窓、穴、ミシン目、切り抜き、エンボスがある封筒
・ ひもや金属製の留め金が付いている封筒や、折り曲げ部分に金属片を使用している封筒
・ 切手が貼ってある封筒
・ フラップを閉じたときに糊がはみ出している封筒
・ ふちがギザギザな封筒や、隅が折れている封筒
・ 表面にしわや凹凸、貼り合わせなどの加工をしてある封筒
4.2 用紙をセットする
109
トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)に用紙をセットする
本機では、B4、A3、11x17" など、用紙が A4(297mm)よりも長い用紙をトレイに
セットする場合は、トレイを引き伸ばします。この場合、本体の奥行きよりもトレイの長
さが長くなるため、トレイが背面から突き出た状態になります。
A4 または 8.5x14" 以下の用紙をセットする場合は、トレイを縮めた状態(ご購入時の状
態)で、ご使用ください。トレイが伸びていると、A4 および 8.5x14"" 以下の用紙サイ
ズは、正しく検知できません。
トレイを引き伸ばす(または縮小する)手順は、次の手順 2 ~ 3 で説明しています。
トレイの長さを変更する必要がない場合は、手順 2 ~ 3 は不要です。
通常のトレイの状態
トレイを引き伸ばした状態
ここでは、トレイ 1 に用紙をセットする例で説明します。用紙をセットする手順は、どの
トレイでも同じです。
警告
・ トレイに用紙を補給する場合、2 段以上引き出したまま用紙補給作業を行わないでくだ
さい。機械の後ろ側から力を加えた場合に転倒などによるケガの原因となるおそれがあ
ります。
1.
トレイを、止まるまで手前に引き出します。
トレイを両手で持ち、手前を少し持ち上げ
て、プリンターから取り外します。
2.
トレイの長さを変更する必要がない場合
は、手順 4 に進みます。
トレイの長さを変更する場合は、トレイの
左右の突起部を外側に動かして、ロックを
解除します。
110 4 用紙について
3.
トレイを引き出し(または縮め)ます。手
順 2 で解除したロックが自動的にかかるま
で、引き出し(縮め)ます。
右のイラストは、トレイを引き出す例です。
4.
左の用紙ガイドクリップを指でつまみ、用
紙のサイズまで動かします。
右のイラストは、A4 サイズをよこ置きにす
る例です。
5.
たての用紙ガイドクリップを指でつまみ、
用紙のサイズまで動かします。
用紙サイズの
マークの先端と、用紙ガ
イドの
マークの先端を合わせます。
6.
印刷する面を上にして、用紙をセットしま
す。
注記
・ 種類が異なる用紙を一緒にセットしないでください。
紙づまりの原因になります。
・ 用紙上限線を超える量の用紙をセットしないでくだ
さい。紙づまりの原因になることがあります。
7.
セットした用紙に合わせて、用紙サイズラ
ベルを差し替えます。
4.2 用紙をセットする
111
8.
奥に突き当たるところまで、トレイをゆっ
くりと押し込みます。
トレイを引き伸ばした場合は、延長部分が
背面から飛び出します。
トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)の用紙サイズ / 種類の変更
について
トレイ 1 ~ 4 に定形サイズの用紙をセットした場合は、用紙のサイズと向きは、機械が
自動的に検知しますが、定形外サイズの用紙をセットした場合は、操作パネルでサイズを
設定します。
また、用紙の種類も自動的に検知できないため、設定が必要です。用紙の種類の設定がト
レイにセットされている用紙と合っていないと、トナーが用紙に定着しなかったり、用紙
が汚れたり、印字品質が低下したりすることがあります。正しく用紙種類を設定してくだ
さい。工場出荷時の設定では、各トレイとも普通紙に設定されています。
参照
・「トレイの用紙サイズを設定する」(P. 113)
・「トレイの用紙種類を変更する」(P. 114)
補足
・ 本機は、設定された用紙の種類に応じて、画質の処理をします。地合の悪い用紙(光に透かして見たと
きに、表面の透過度にムラが目立つ用紙をいいます)や、名刺用紙などの特殊な厚紙を使用する場合は、
さらに、操作パネルで[用紙の画質処理]の設定が必要なことがあります。画質については、
「[用紙の
画質処理]」(P. 177) を、設定方法については「用紙別の画質処理を設定する」(P. 116) を参照してく
ださい。
・ 用紙の種類は、印刷時にプリンタードライバーで変更することもできます。手順については、「3.4 ト
レイ 1 ~ 4 の用紙種類を変更して印刷する」(P. 73) を参照してください。
排出延長トレイを引き出す
排出延長トレイは、印刷された用紙がプリンターからすべり落ちるのを防ぎます。
原稿を印刷する前には、排出延長トレイを広げてください。
トレイの長さが足りないときは、さらに拡張してください。
112 4 用紙について
トレイの用紙サイズを設定する
ここでは、操作パネルでトレイ 1 ~ 4 の用紙サイズを定形外サイズに設定する方法を説
明します。
補足
・ 定形外サイズから定形サイズの用紙に変更した場合は、次の手順 9 で[自動]を選択してください。
セットした用紙のサイズと向きは、本機が自動的に検知します。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [プリント設定]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[用紙の置き換え]が表示されます。
プリント設定
6. [トレイの用紙サイズ設定]が表示されるま
で、〈 〉ボタンを押します。
プリント設定
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[トレイ 1]が表示されます。
トレイの用紙サイズ設定
8.
トレイ 1
設定したいトレイが表示されるまで、〈 〉
ボタンを押したあと、〈 〉または〈OK〉
ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
プリント設定
用紙の置き換え
トレイの用紙サイズ設定
トレイ 1
●
自動
9. [定形外]が表示されるまで、〈 〉ボタン
を押します。
トレイ 1
10.〈OK〉ボタンで選択します。
[たて (Y) 方向のサイズ]が表示されます。
トレイ 1 の定形外
11.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
たて (Y) 方向のサイズ
定形外
たて (Y) 方向のサイズ
●
148mm
4.2 用紙をセットする
113
12.〈 〉
〈 〉ボタンで、たて方向のサイズを
入力し、〈OK〉ボタンで決定します。
(例:432mm)
たて (Y) 方向のサイズ
13. たて方向のサイズの設定が終わったら、よ
こ方向のサイズを設定します。
〈 〉または〈戻る〉ボタンで、
[たて(Y)
方向のサイズ]に戻ります。
トレイ 1 の定形外
14.〈 〉ボタンを押します。
[よこ (X) 方向のサイズ]が表示されます。
トレイ 1 の定形外
15.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
よこ (X) 方向のサイズ
16.〈 〉
〈 〉ボタンで、よこ方向のサイズを
入力し、〈OK〉ボタンで決定します。
(例:297mm)
よこ (X) 方向のサイズ
●
432mm
たて (Y) 方向のサイズ
よこ (X) 方向のサイズ
●
●
210mm
297mm
17. ほかのトレイも設定する場合は、
〈 〉また
は〈戻る〉ボタンを押して手順 8 に戻り、同
様に設定します。
設定を終了する場合は、
〈仕様設定〉ボタン
を押して、プリント画面に戻ります。
注記
・ よこ(X)297mm の場合は、たて(Y)は 420mm まで、よこ(X)279mm の場合に、たて(Y)
は 432mm までセットできます。
トレイの用紙種類を変更する
用紙の種類の設定が、トレイにセットされている用紙と合っていないと、トナーが用紙に
定着しなかったり、用紙が汚れたり、印字品質が低下することがあります。
ここでは、操作パネルでトレイの用紙種類を設定する方法を説明します。
注記
・ 設定した用紙種類で、トナーが用紙に定着しなかったり、用紙が汚れたりするなどの現象が発生する場
合は、定着温度を変更してください。
定着温度の変更方法は「定着温度を調整する」(P.304) を参照してください。
補足
・ 各用紙に適した設定値については、「使用できる用紙の種類」(P. 104) の表を参考にしてください。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
114 4 用紙について
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
4. [プリント設定]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[用紙の置き換え]が表示されます。
プリント設定
6. [トレイの用紙種類]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
プリント設定
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[トレイ 1]が表示されます。
トレイの用紙種類
8.
設定したいトレイが表示されるまで〈 〉ボ
タンを押したあと、〈 〉または〈OK〉ボ
タンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
トレイ 1
設 定 し た い 用 紙 種 類 が 表 示 さ れ る ま で、
〈 〉ボタンを押します。
(例:上質紙)
トレイ 1
9.
10.〈OK〉ボタンで決定します。
プリント設定
用紙の置き換え
トレイの用紙種類
トレイ 1
普通紙
●
上質紙
トレイ 1
上質紙
●
11. ほかのトレイも設定する場合は、
〈 〉また
は〈戻る〉ボタンを押して手順 8 に戻り、
同様に設定します。
設定を終了する場合は、
〈仕様設定〉ボタン
を押して、プリント画面に戻ります。
4.2 用紙をセットする
115
用紙別の画質処理を設定する
本機は、設定された用紙の種類に応じて画質の処理をします。使用する用紙によって、印
字品質や画質などのトラブルが頻繁に発生する場合は、次の手順で画質の処理方法を変更
してください。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
プリント言語の設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [プリント設定]が表示されるまで
〈 〉ボタンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[用紙の置き換え]が表示されます。
プリント設定
6. [用紙の画質処理]が表示されるまで、
〈 〉
ボタンを押します。
プリント設定
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[普通紙]が表示されます。
用紙の画質処理
8.
設 定 し た い 用 紙 種 類 が 表 示 さ れ る ま で、
〈 〉ボタンを押したあと、
〈 〉または〈OK〉
ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
普通紙
設定したい画質が表示されるまで、
〈 〉ボ
タンを押します。
(例:D)
普通紙
9.
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
プリント設定
用紙の置き換え
用紙の画質処理
普通紙
●
B
D
補足
・[D]は、地合が悪い用紙(光に透かして見たときに、
表面の透過度にムラが目立つ用紙)に適しています。
そ の 他 の 設 定 に つ い て は、「[用 紙 の 画 質 処 理]」
(P.177) を参照してください。
10.〈OK〉ボタンで決定します。
普通紙
●
11. ほかの用紙も設定する場合は、
〈 〉または
〈戻る〉ボタンを押して手順 8 に戻り、同様
に設定します。
設定を終了する場合は、
〈仕様設定〉ボタン
を押して、プリント画面に戻ります。
116 4 用紙について
D
自動トレイ選択について
プリンタードライバーのプロパティダイアログボックスで、[トレイ / 排出]タブの[用
紙トレイ選択]を[自動]にして印刷を指示すると、機械は印刷する原稿のサイズと向き、
用紙種類、用紙色から、該当するトレイを選択します。これを、自動トレイ選択と呼びます。
この自動トレイ選択で、該当するトレイが複数ある場合は、操作パネルの[トレイの用紙
種類]に設定されている値を[用紙の優先順位]にあてはめ、優先順位が高いトレイを選
択します。このとき、[用紙の優先順位]が[設定しない]になっている用紙をセットし
ているトレイは、自動トレイ選択の対象にはなりません。また、
[用紙の優先順位]がまっ
たく同じ場合は、[トレイの優先順位]で決定されます。
補足
・ 手差しトレイは、工場出荷時は [ 自動トレイ切替対象外 ] に設定されています。自動トレイ選択の対象
にする場合には、
「トレイ5
(手差し)を自動トレイ選択の対象に設定する」(P.118)を参照してください。
・[トレイの優先順位]で[自動トレイ切替対象外]に設定しているトレイは、自動トレイ選択の対象外
です。
・ 自動トレイ選択で該当するトレイがなかったときには、用紙補給を促すメッセージが表示されます。こ
のメッセージを表示しないで、原稿サイズに近いサイズの用紙か、大きい用紙に印刷するように設定す
ることもできます(用紙の置き換え機能)。
・ 印刷中に用紙がなくなったときは、印刷していた用紙と同じサイズで同じ向きの用紙が入ったトレイを
選択して、印刷を続けます(自動トレイ切り替え機能)。このとき、
[用紙の優先順位]を[設定しない]
に設定している種類の用紙が入ったトレイには、切り替えません。
・ 同じ種類の用紙でも、用紙に名前を付けて、ユーザー定義用紙として設定することもできます。たとえ
ば、青色の普通紙をセットしている場合に、
「フツウシ Blue」といった名前を付けると、ほかの普通紙
と区別できます。
参照
・「[プリント設定]」(P. 171)
4.2 用紙をセットする
117
トレイ 5(手差し)を自動トレイ選択の対象に設定する
ここでは、操作パネルでトレイ 5(手差し)を自動トレイ選択の対象に設定する方法を説
明します。
トレイ 5(手差し)に優先順位、用紙サイズを設定することで、自動トレイ選択の対象に
設定することができます。
参照
・「 自動トレイ選択について」(P. 117)
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [プリント設定]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[用紙の置き換え]が表示されます。
プリント設定
6. [トレイの優先順位]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
プリント設定
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[トレイ 1]が表示されます。
トレイの優先順位
8. [トレイ 5( 手差し )]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
トレイの優先順位
9. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[自動トレイ切替対象外]が表示されます。
トレイ 5( 手差し )
10.〈 〉ボタンを押したあと、
〈OK〉ボタンを
押します。
これで、トレイ 5(手差し)に優先順位が
設定されます。
トレイ 5( 手差し )
補足
・ トレイ 5(手差し)には、最も低い優先度だけが設定
できます。右の例は、トレイモジュール(オプション)
を 3 段取り付けている場合です。
118 4 用紙について
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
プリント設定
用紙の置き換え
トレイの優先順位
トレイ 1
トレイ 5( 手差し )
自動トレイ切替対象外
●
●
5 番目
11. [ プリント設定 ] メニューが表示されるま
で、〈 〉ボタンを押します。
プリント設定
12.[トレイの用紙サイズ設定]が表示されるま
で、〈 〉ボタンを押します。
プリント設定
13.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[トレイ 1]が表示されます。
トレイの用紙サイズ設定
14.[トレイ 5( 手差し )]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
トレイの用紙サイズ設定
15.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
トレイ 5( 手差し )
16. 設定したいサイズが表示されるまで、〈 〉
ボタンを押します。
(例:A5 )
トレイの用紙サイズ設定
17.〈OK〉ボタンで決定します。
トレイ 5( 手差し )
トレイの優先順位
トレイの用紙サイズ設定
トレイ 1
トレイ 5( 手差し )
●
A4
A5
●
A5
18. 設定を終了する場合は、
〈仕様設定〉ボタン
を押して、プリント画面に戻ります。
4.2 用紙をセットする
119
5
操作パネルでの設定
5.1
共通メニューの概要
メニューの構成
メニューには、共通メニューとモードメニューがあります。本書では、主に共通メニュー
について説明します。
補足
・ モードメニューの[201H]、[HPGL]、[PCL]は、エミュレーションキット(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))または、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[PostScript]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))
が取り付けられている場合に表示されます。
共通メニューは、すべてのプリントモードに共通の項目を設定する画面です。
共通メニューは、次のような階層で構成されています。
・ 共通メニュー>メニュー項目>項目>候補値
120 5 操作パネルでの設定
下の図は、共通メニューの階層の一部を示したものです。
メニュー
メーター確認
機械管理者
メニュー
ネットワーク /
ポート設定
システム設定
共通メニュー
メーター 1
メーター 2
メーター 3
現在のカウント
メニュー項目
パラレル
ポートの起動
起動
停止
プリントモード
指定
自動
項 目
ART EX
候補値
5.1 共通メニューの概要
121
共通メニューの各メニューの概要は、次のとおりです。
共通メニュー
プリント言語の設定
内容
詳細説明の参照先
[201H]
PC-PR201H エミュレーションモードの設定をします。
メディア(MultiWriter プリンターソ
フトウエア CD-ROM)内の『PCPR201H エミュレーション設定ガ
イド』
[ESCP]
ART IV、ESC/P エミュレーションモードの設定をしま
す。
メディア(MultiWriter プリンター
ソフトウエア CD-ROM)内の
『ART IV、ESC/P エミュレー
ション設定ガイド』
[HPGL]
HP-GL、HP-GL/2 エミュレーションモードの設定をし
ます。
メ デ ィ ア(MultiWriter プ リ ン
ターソフトウエア CD-ROM)内
の『HP-GL、HP-GL/2 エミュレー
ション設定ガイド』
[PDF]
PDF ファイルを直接印刷するための設定をします。
[PCL]
PCL エミュレーションモードの設定をします。
[PostScript]
PostScript に関する設定をします。
「[PDF]」(P. 126)
メ デ ィ ア(MultiWriter プ リ ン
ターソフトウエア CD-ROM)内
の『PCL エミュレーション設定ガ
イド』
「[PostScript]」(P. 129)
[XPS]
「[XPS]」(P. 130)
XML Paper Specification(XPS)ファイルを直接印
刷するための設定をします。
[XDW(DocuWorks)]
「[X D W (D o c u W o r k s )]」
DocuWorks ファイルを直接印刷するための設定をします。 (P. 131)
レポート / リスト
各種レポート / リストを印刷します。
メーター確認
印刷した枚数を操作パネルのディスプレイに表示しま 「カラーモード別に印刷ページ数
す。
を確認する(メーター)」(P. 259)
機械管理者メニュー
「レポート / リストを印刷する」
(P. 254)
[ネットワーク / ポート設定]
「[ネットワーク / ポート設定]」
コンピューターに接続されている本機のインターフェイ (P. 133)
スの種類、およびその通信に必要な条件を設定します。
[システム設定]
「[システム設定]」(P. 155)
節電モードや異常警告音の設定など、プリンター本体の
基本的な動作に関する設定をします。また、メニュー項
目 の 設 定 が 誤 っ て 変 更 さ れ る こ と を 防 ぐ た め に、メ
ニュー項目の設定操作に対し、暗証番号を設定します。
[プリント設定]
自動トレイ選択や用紙トレイについて設定します。
「[プリント設定]」(P. 171)
[メモリー設定]
「[メモリー設定]」(P. 182)
各インターフェイスのメモリーやフォームメモリーの容
量を変更します。
[画質補正]
印刷画質の色階調がずれたときに、階調を補正します。
「[画質補正]」(P. 186)
[初期化 / データ削除]
「[初期化 / データ削除]」(P. 190)
プリンターの設定値やハードディスクの初期化、フォー
ムデータの削除をします。
言語切り替え
操作パネルの表示言語を切り替えます。
122 5 操作パネルでの設定
「[言語切り替え]」(P. 192)
補足
・ メニュー項目を設定するための基本的な操作方法については、「基本的な操作方法」(P. 123) を参照し
てください。
設定を変更する
基本的な操作方法
メニュー画面を表示したり、各メニューで階層を移動しながらプリンターの設定をしたり
するには、操作パネルの次のボタンを押します。
補足
・ 一度〈OK〉ボタンを押して確定した値を変更するときは、はじめから設定し直してください。
・ 項目によって、設定を有効にするには本機の再起動が必要な場合があります。その場合は、メニュー画
面を終了したとき、自動的に本機が再起動します。
設定した値を、初期値に戻すには
〈 〉や〈 〉ボタンで数値を変更するような項目では、〈 〉と〈 〉ボタンを同時に押
すと、初期値に戻すことができます。
変更処理が終了すると工場出荷時の値が表示されます。
〈OK〉ボタンを押すと、値が確定
されます。
5.1 共通メニューの概要
123
操作例:スリープモードへの移行時間を変更する
スリープモードへの移行時間を 60 分後に設定する例で、共通メニューの操作を説明しま
す。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押してメニューを切り替えま
す。
仕様設定
補足
・ 選択したい項目を過ぎてしまった場合は、〈
ンで戻ります。
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
〉ボタ
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
下の階層に移動します。
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
補足
・ 間違って、違う項目で〈 〉または〈OK〉ボタンを
押してしまった場合は、〈 〉または〈戻る〉ボタン
で前の画面に戻ります。
・ 最初からやり直したい場合は、〈仕様設定〉ボタンを
押します。
4. [システム設定]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
下の階層に移動します。
システム設定
6. [スリープモード移行時間]が表示されるま
で、〈 〉ボタンを押します。
システム設定
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
スリープモード移行時間
8. 〈 〉
〈 〉ボタンを押して、[60 分後]を
表示します。
スリープモード移行時間
システム設定
異常警告音
スリープモード移行時間
●
1 分後
60 分後
補足
・〈 〉
〈 〉ボタンを押し続けると、連続的に値を変え
ることができます。
9. 〈OK〉ボタンで決定します。
値が確定されます。
スリープモード移行時間
10. これで設定が完了です。
〈仕様設定〉ボタンを押して、プリント画面
に戻ります。
プリントできます
124 5 操作パネルでの設定
●
60 分後
K
C
M
Y
5.2
共通メニュー項目の説明
ここでは、共通メニューで設定できる項目について説明します。
補足
・ メニューの設定方法については、「設定を変更する」(P. 123) を参照してください。
・ CentreWare Internet Services でも、一部、操作パネルと同様の項目を設定できます。詳しくは、
CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
・ 共通メニュー全体を図式的に表したメニューツリーは、「操作パネルメニュー一覧」(P. 368) を参照
してください。
[プリント言語の設定]
[プリント言語の設定]には、
[201H]
、
[ESCP]
、
[HPGL]、
[PDF]、
[PCL]、
[PostScript]、
[XPS]
、[XDW(DocuWorks)
]のメニュー項目があります。
[201H]
こ の メ ニ ュ ー で 設 定 で き る 項 目 に つ い て は、本 機 に 同 梱 さ れ て い る メ デ ィ ア
(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)内の『PC-PR201H エミュレーショ
ン設定ガイド』を参照してください。
[ESCP]
こ の メ ニ ュ ー で 設 定 で き る 項 目 に つ い て は、本 機 に 同 梱 さ れ て い る メ デ ィ ア
(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)内の『ART Ⅳ、ESC/P エミュレー
ション設定ガイド』を参照してください。
[HPGL]
こ の メ ニ ュ ー で 設 定 で き る 項 目 に つ い て は、本 機 に 同 梱 さ れ て い る メ デ ィ ア
(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)内の『HP-GL、HP-GL/2 エミュレー
ション設定ガイド』を参照してください。
5.2 共通メニュー項目の説明
125
[PDF]
PDF ファイルを直接プリンターに送信して印刷する場合の設定をします。
補足
・[部数]、
[両面]、
[印刷モード]、
[パスワード]、
[ソート]、
[用紙サイズ]、
[レイアウト]、
[カラーモー
ド]の設定は、ContentsBridge Utility(富士ゼロックス株式会社製のソフトウエア)を使用しない
で PDF ファイルを印刷する場合に有効になります。詳しくは、
「3.8 PDF ファイルを直接印刷する」
(P. 88) を参照してください。
プリント言語の設定
PDF
PDF
プリント処理モード
PDF
部数
PDF
両面
PDF
印刷モード
PDF
パスワード
PDF
ソート
PDF
用紙サイズ
PDF
レイアウト
PDF
カラーモード
設定項目
プリント処理モード
説 明
PDF ファイルの印刷処理モードを設定します。
・[PDF Bridge](初期値)
PDF ファイルを、本機搭載の PDF Bridge 機能を使用して処理します。
・[PS]
PDF ファイルを PostScript の機能を使用して処理します。
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[PDF Bridge]を選択した場合と[PS]を選択した場合では、印刷結果が
異なることがあります。
部数
印刷する部数を設定します。
・[1 部]~[999 部](初期値:1 部)
補足
・ ファイルの送信に使用するプロトコルによっては、プロトコルでの設定が有
効になり、ここでの設定が無効になることがあります。
126 5 操作パネルでの設定
設定項目
両面
説 明
両面印刷について設定します。
・[しない](初期値)
両面印刷をしません。
・[長辺とじ]
用紙の長い辺でとじた場合に、正しい向きで読めるように両面印刷をしま
す。
・[短辺とじ]
用紙の短い辺でとじた場合に、正しい向きで読めるように両面印刷をしま
す。
補足
・ この項目は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプショ
ン、Color MultiWriter 9110C は標準装備)を取り付けている場合に表示
されます。
印刷モード
画質を優先するか、速度を優先するかを設定します。
・[高速]
速度を優先して印刷します。
・[標準](初期値)
標準的な速度、画質で印刷します。
・[高画質]
印刷速度は遅くなりますが、画質を優先して、よりきれいに印刷します。
パスワード
PDF ファイルにパスワードが設定されている場合は、あらかじめ、そのパス
ワードを設定しておきます。印刷する PDF ファイルと、ここに設定されてい
るパスワードが一致した場合にだけ印刷できます。
設定できる文字は、英数記号半角で 32 文字までです。
(参照 P. 192 の *4 No.1、3、4、5)
ソート
複数部数を、1 部ごとにソート(1、2、3...1、2、3...)して印刷するかどう
かを設定します。
・[しない](初期値)
・[する]
用紙サイズ
出力する用紙サイズを設定します。
・[自動]
(初期値)
印刷する PDF ファイルの原稿サイズと設定に応じて、用紙サイズが自動的
に判別されます。
・[A4]または[8.5x11"]
[機械管理者メニュー]>[プリント設定]>[基本の用紙サイズ]の設定
によって、[A4]または[8.5x11"]のどちらかが表示されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
127
設定項目
レイアウト
説 明
印刷するときのレイアウトについて設定します。
・[自動倍率](初期値)
印刷する用紙サイズに対して、もっとも拡大率が大きくなるように、自動的
に倍率が設定されて印刷されます。
・[100%(等倍)]
印刷する用紙サイズにかかわらず、等倍で印刷されます。
・[カタログ(小冊子)]
印刷する PDF ファイルのページ構成に応じて、カタログのようにページを
割り付けて両面印刷します。ただし、ページ構成によっては、カタログ印刷
ができない場合があります。その場合は、[自動倍率]で印刷されます。ま
た、[用紙サイズ]で[A4]を設定している場合は、A4 サイズの用紙に印
刷されます。[用紙サイズ]で[自動]を設定している場合は、A3 または
A4 サイズの用紙に印刷されます。
・[2 アップ]
1 枚の用紙に、2 ページ分の原稿を割り付けて印刷します。2 アップを選択
した場合、用紙サイズは、
[機械管理者メニュー]>[プリント設定]>[基
本の用紙サイズ]の設定によって、A4 または 8.5 × 11" になります。
・[4 アップ]
1 枚の用紙に、4 ページ分の原稿を割り付けて印刷します。4 アップを選択
した場合、用紙サイズは、
[機械管理者メニュー]>[プリント設定]>[基
本の用紙サイズ]の設定によって、A4 または 8.5 × 11" になります。
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられていて、
[プリント処理モード]で[PS]
を選択している場合は表示されません。
・[カタログ(小冊子)]は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C
はオプション、Color MultiWriter 9110C は標準装備)が必要です。両面
機能がない場合は、片面に印刷されます。
カラーモード
カラーで印刷するか、白黒で印刷するかを設定します。
・[カラー(自動)](初期値)
原稿のページごとにカラーか白黒か自動的に判断されます。白黒以外の色が
使われている場合はカラーで印刷され、白黒だけが使われている場合は白黒
で印刷されます。
・[白黒]
白黒で印刷されます。
参照
・「 [カラーモード自動の動作]」(P. 163)
[PCL]
こ の メ ニ ュ ー で 設 定 で き る 項 目 に つ い て は、本 機 に 同 梱 さ れ て い る メ デ ィ ア
(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)内の『PCL エミュレーション設定ガ
イド』を参照してください。
128 5 操作パネルでの設定
[PostScript]
PostScript に関する設定をします。
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取
り付けられている場合に表示されます。
プリント言語の設定
PostScript
PostScript
用紙選択モード
PostScript
カラーモード
PostScript
フォント未搭載時処理
PostScript
フォント置き換え
設定項目
説 明
用紙選択モード
PostScript の DMS(Deferred Media Selection)機能を有効にするかど
うかを設定します。
・[自動](初期値)
DMS 機能を有効にします。
・[トレイから選択]
DMS 機能を無効にします。用紙トレイから選択されます。
カラーモード
PostScript 動作時、PDF 用のカラーモードの初期値を設定します。
・[カラー](初期値)
・[白黒]
フォント未搭載時
処理
ジョブで指定された PostScript フォントがなかった場合の処理を設定しま
す。
・[フォントを置き換え](初期値)
ジョブで指定されたフォントを置き換えて印刷します。置き換えられるフォ
ントは Courier です。置き換えられたフォントが日本語の場合は、正しく
印刷されません。日本語フォントで印刷する場合は[フォント置き換え]で
[ATCx を使用する]を選択してください。
ATCx 機能は、ジョブで指定されたフォントが本機に搭載されていない日本
語フォントの場合に、本機に搭載されている日本語の PostScript フォント
に置き換えて印刷する機能です。
・[プリントを中止]
印刷を中止します。
フォント置き換え
ジョブで指定された PostScript フォントがなかった場合、フォントの置き
換えで ATCx を使用するかどうかを設定します。
ATCx 機能は、ジョブで指定されたフォントが本機に搭載されていない日本
語フォントの場合に、本機に搭載されている日本語の PostScript フォント
に置き換えて印刷する機能です。
・[ATCx を使用する](初期値)
・[ATCx を使用しない]
5.2 共通メニュー項目の説明
129
[XPS]
XPS に関する設定をします。
補足
・ XPS とは、XML Paper Specification の略です。
プリント言語の設定
XPS
設定項目
PrintTicket 処理
XPS
PrintTicket 処理
説 明
XPS PrintTicket*1 を読み込んだ時の本機の動作を設定します。
・ 標準モード ( 初期値 )
PrintTicket を処理します。本機用の他のプリンタードライバーからの出力
に近い結果が得られます。
・ 無効
PrintTicket 処理をしません。本機以外の機種用に生成された XPS 文書を
処理したときに PrintTicket エラーが発生するような場合に、本設定にする
ことで出力できるようになります。
・ 準拠モード
指示がない時の代替設定や、無効な指示があった場合は Microsoft の仕様
に準拠した処理を行います。本機以外の機種で XPS 文書を出力した結果と
合わせたい場合に設定します。
*1
130 5 操作パネルでの設定
:PrintTicket とは、Microsoft 社が規定した XPS 文書内部に格納されてい
る印刷設定です。
[XDW(DocuWorks)]
DocuWorks ファイルを直接プリンターに送信して印刷する場合の設定をします。
プリント言語の設定
XDW(DocuWorks)
XDW(DocuWorks)
部数
XDW(DocuWorks)
両面
XDW(DocuWorks)
印刷モード
XDW(DocuWorks)
パスワード
XDW(DocuWorks)
ソート
XDW(DocuWorks)
レイアウト
XDW(DocuWorks)
用紙サイズ
XDW(DocuWorks)
カラーモード
設定項目
部数
説明
印刷する部数を設定します。
・[1 部]~[999 部](初期値:1 部)
補足
・ ファイルの送信に使用するプロトコルによっては、プロトコルでの設定が有
効になり、ここでの設定が無効になることがあります。
両面
両面印刷について設定します。
・[しない](初期値)
両面印刷をしません。
・[長辺とじ]
用紙の長い辺でとじた場合に、正しい向きで読めるように両面印刷をしま
す。
・[短辺とじ]
用紙の短い辺でとじた場合に、正しい向きで読めるように両面印刷をしま
す。
補足
・ この項目は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプショ
ン、Color MultiWriter 9110C は標準装備)を取り付けている場合に表示
されます。
印刷モード
画質を優先するか、速度を優先するかを設定します。
・[高速]
速度を優先して印刷します。
・[標準](初期値)
標準的な速度、画質で印刷します。
・[高画質]
印刷速度は遅くなりますが、画質を優先して、よりきれいに印刷します。
5.2 共通メニュー項目の説明
131
設定項目
パスワード
説明
DocuWorks ファイルにパスワードが設定されている場合は、あらかじめ、
そのパスワードを設定しておきます。印刷する DocuWorks ファイルと、こ
こに設定されているパスワードが一致した場合にだけ印刷できます。
設定できる文字は、英数記号半角で 32 文字までです。
(参照 P. 192 の *4 No.1、3、4、5)
ソート
複数部数を、1 部ごとにソート(1、2、3...1、2、3...)して印刷するかどう
かを設定します。
・[しない](初期値)
・[する]
レイアウト
印刷するときのレイアウトについて設定します。
・[自動倍率](初期値)
印刷する用紙サイズに対して、もっとも拡大率が大きくなるように、自動的
に倍率が設定されて印刷されます。
・[100% 等倍]
印刷する用紙サイズにかかわらず、等倍で印刷されます。
・[2 アップ]
1 枚の用紙に、2 ページ分の原稿を割り付けて印刷します。2 アップを選択
した場合、用紙サイズは、
[機械管理者メニュー]>[プリント設定]>[基
本の用紙サイズ]の設定によって、A4 または 8.5 × 11" になります。
・[4 アップ]
1 枚の用紙に、4 ページ分の原稿を割り付けて印刷します。4 アップを選択
した場合、用紙サイズは、
[機械管理者メニュー]>[プリント設定]>[基
本の用紙サイズ]の設定によって、A4 または 8.5 × 11" になります。
補足
・[自動倍率]や[2 アップ]、[4 アップ]では、付箋を含まない原稿サイズ
で倍率が設定されます。
用紙サイズ
出力する用紙サイズを設定します。
・[自動](初期値)
印刷する DocuWorks ファイルの原稿サイズと設定に応じて、用紙サイズ
が自動的に判別されます。
・[A4]または[8.5x11"]
[機械管理者メニュー]>[プリント設定]>[基本の用紙サイズ]の設定
によって、[A4]または[8.5x11"]のどちらかが表示されます。
カラーモード
カラーで印刷するか、白黒で印刷するかを設定します。
・[カラー(自動)](初期値)
原稿のページごとにカラーか白黒か自動的に判断されます。白黒以外の色が
使われている場合はカラーで印刷され、白黒だけが使われている場合は白黒
で印刷されます。
・[白黒]
白黒で印刷されます。
[レポート / リスト]
各種レポート / リストを印刷します。レポート / リストの詳細、および印刷方法は、
「7.2
レポート / リストを印刷する」(P. 254) を参照してください。
補足
・ 本機に取り付けられているオプション品によって、印刷できるレポート / リストが異なります。詳細は、
「レポート / リストを印刷する」(P. 254) を参照してください。
[メーター確認]
印刷した枚数を操作パネルのディスプレイに表示します。メーターは、カラーモードなど
によって区分されています。メーターの詳細、および確認手順は、「カラーモード別に印
刷ページ数を確認する(メーター)」(P. 259) を参照してください。
132 5 操作パネルでの設定
[機械管理者メニュー]
[機械管理者メニュー]には、
[ネットワーク / ポート設定]、
[システム設定]、
[プリント
設定]、
[メモリー設定]、
[画質補正]
、
[初期化 / データ削除]のメニュー項目があります。
[ネットワーク / ポート設定]
[ネットワーク / ポート設定]では、コンピューターに接続されている本機のインターフェ
イスの種類、およびその通信に必要な条件を設定します。
[パラレル]
補足
・ この項目は、パラレルインタフェースカード(オプション ) が取り付けられている場合に表示されます。
ネットワーク / ポート設定
パラレル
パラレル
ポートの起動
パラレル
プリントモード指定
パラレル
PJL
パラレル
Adobe 通信プロトコル
パラレル
自動排出時間
パラレル
双方向通信
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、パラレルポートの状態を起動にするか、停止にするか
を設定します。
・[起動]
・[停止](初期値)
注記
・ メモリーが不足した場合は、使っていないポートを停止するか、[メモリー
設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
5.2 共通メニュー項目の説明
133
設定項目
プリントモード
指定
説 明
印刷データの処理方法(使用するプリント言語)を設定します。
・[自動](初期値)
コンピューターから受信したデータが、どのプリント言語で記述されている
かを自動で判別し、データに合わせて適切な印刷を行います。
(参照 P. 192 の *1)
・[ART EX]
[PS]
[ART IV]
[201H]
[ESC/P]
[HP-GL/2]
[PCL]
[TIFF]
コンピューターから受信したデータを、それぞれのデータとして処理しま
す。
・[HexDump]
コンピューターから受信したデータの内容を確認するため、印刷データを
16 進表記形式と対応する ASCII コードで印刷します。
(参照 P. 192 の *3)
補足
・[PS]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[201H][HP-GL/2][PCL]は、エ ミ ュ レ ー シ ョ ン キ ッ ト(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))、または PostScript ソフトウェ
アキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けら
れている場合に表示されます。
PJL
コンピューターから送られてくる PJL コマンドを有効にするか、無効にする
かを設定します。
PJL コマンドとは、印刷ジョブを制御するコマンドで、プリンタードライ
バーを使って印刷する場合に必要です。PJL コマンドを使うと、その時点で
本機がどのプリント言語で処理していても、次のデータのプリント言語を指
定できます。(参照 P. 192 の *5)
・[有効](初期値)
・[無効]
Adobe 通信
プロトコル
PostScript の通信プロトコルを設定します。
・[標準](初期値)
通信プロトコルが ASCII 形式のときに設定します。
・[バイナリー]
通信プロトコルがバイナリー形式のときに設定します。データによっては印
刷処理が[標準]に比べて速くなることがあります。
・[TBCP]
通信プロトコルに ASCII 形式とバイナリー形式が混在し、それらを特定の
制御コードによって切り替えるときに設定します。
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・ コンピューターのプリンタードライバーが出力するデータの形式に合わせ
て設定してください。
・ ここでの設定は、PostScript で印刷される場合にだけ有効です。
自動排出時間
データが受信されない状態が継続したとき、本機内に残っているデータを自
動的に印刷して排出する時間を設定します。
時間は 5 ~ 1275 秒の間で、5 秒単位に設定します。また、最後のデータを
受信してから、ここで設定した時間内に次のデータが受信されない場合は、
ジョブの終了と判断されます。(参照 P. 192 の *2)
・[30 秒](初期値)
双方向通信
パラレルインターフェイスの双方向送信(IEEE1284)を有効にするか、無
効にするかを設定します。
・[有効](初期値)
・[無効]
134 5 操作パネルでの設定
[LPD]
ネットワーク / ポート設定
LPD
LPD
ポートの起動
LPD
プリントモード指定
LPD
PJL
LPD
コネクションタイムアウト
LPD
TBCP フィルター
LPD
ポート番号
LPD
セッション数
LPD
プリント順序
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、LPD ポートの状態を起動にするか、停止にするかを設
定します。
・[起動](初期値)
・[停止]
補足
・ LPD ポートを起動するには、IP アドレスの設定が必要です。
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
プリントモード
指定
印刷データの処理方法(使用するプリント言語)を設定します。
・[自動](初期値)
コンピューターから受信したデータが、どのプリント言語で記述されている
かを自動で判別し、データに合わせて適切な印刷を行います。
(参照 P. 192 の *1)
・[ART EX]
[PS]
[ART IV]
[201H]
[ESC/P]
[HP-GL/2]
[PCL]
[TIFF]
コンピューターから受信したデータを、それぞれのデータとして処理しま
す。
・[HexDump]
コンピューターから受信したデータの内容を確認するため、印刷データを
16 進表記形式と対応する ASCII コードで印刷します。
(参照 P. 192 の *3)
補足
・[PS]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[201H][HP-GL/2][PCL]は、エ ミ ュ レ ー シ ョ ン キ ッ ト(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))、または PostScript ソフトウェ
アキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けら
れている場合に表示されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
135
設定項目
PJL
説 明
コンピューターから送られてくる PJL コマンドを有効にするか、無効にする
かを設定します。
PJL コマンドとは、印刷ジョブを制御するコマンドで、プリンタードライ
バーを使って印刷する場合に必要です。PJL コマンドを使うと、その時点で
本機がどのプリント言語で処理していても、次のデータのプリント言語を指
定できます。(参照 P. 192 の *5)
・[有効](初期値)
・[無効]
コネクション
タイムアウト
TBCP フィルター
印刷データの受信中に、データが送られなくなってから接続を切断するまで
の時間を、2 ~ 3600 秒の間で、1 秒単位に設定します。
(参照 P. 192 の *2)
・[16 秒](初期値)
PostScript データを処理するときに、TBCP フィルターを有効にするか、
無効にするかを設定します。
・[無効](初期値)
・[有効]
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
ポート番号
ポート番号を、1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[515](初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。
セッション数
本機に、LPD で同時に接続できるクライアントの最大数を、1 ~ 10 の間で
設定します。
・[5](初期値)
プリント順序
印刷データの順序について設定します。
・[データ処理順](初期値)
本機がデータを処理した順序で印刷します。
・[プリント受け付け順]
本機がデータを受信した順序で印刷します。
[NetWare]
ネットワーク / ポート設定
NetWare
NetWare
ポートの起動
NetWare
トランスポートプロトコル
NetWare
プリントモード指定
NetWare
PJL
NetWare
検索回数
NetWare
TBCP フィルター
136 5 操作パネルでの設定
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、NetWare ポートの状態を起動にするか、停止にする
かを設定します。
・[起動]
・[停止](初期値)
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
トランスポート
プロトコル
NetWare で使うトランスポート層のプロトコルを設定します。IPX/SPX、
TCP/IP のどちらか、または両方が選択できます。
・[TCP/IP,IPX/SPX](初期値)
・[TCP/IP]
・[IPX/SPX]
補足
・ TCP/IP を使う場合は、コンピューター側、本機側ともに IP アドレスが必
要です。
プリントモード
指定
印刷データの処理方法(使用するプリント言語)を設定します。
・[自動](初期値)
コンピューターから受信したデータが、どのプリント言語で記述されている
かを自動で判別し、データに合わせて適切な印刷を行います。
(参照 P. 192 の *1)
・[ART EX]
[PS]
[ART IV]
[201H]
[ESC/P]
[HP-GL/2]
[PCL]
[TIFF]
コンピューターから受信したデータを、それぞれのデータとして処理しま
す。
・[HexDump]
コンピューターから受信したデータの内容を確認するため、印刷データを
16 進表記形式と対応する ASCII コードで印刷します。
(参照 P. 192 の *3)
補足
・[PS]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[201H][HP-GL/2][PCL]は、エ ミ ュ レ ー シ ョ ン キ ッ ト(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))、または PostScript ソフトウェ
アキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けら
れている場合に表示されます。
PJL
コンピューターから送られてくる PJL コマンドを有効にするか、無効にする
かを設定します。
PJL コマンドとは、印刷ジョブを制御するコマンドで、プリンタードライ
バーを使って印刷する場合に必要です。PJL コマンドを使うと、その時点で
本機がどのプリント言語で処理していても、次のデータのプリント言語を指
定できます。(参照 P. 192 の *5)
・[有効](初期値)
・[無効]
検索回数
ファイルサーバーを検索する回数を設定します。
1 ~ 100 回の間で 1 回単位、または上限なしを設定します。検索間隔は 1
分です。(参照 P. 192 の *2)
・[上限なし](初期値)
・[1 回]~[100 回]
TBCP フィルター
PostScript データを処理するときに、TBCP フィルターを有効にするか、
無効にするかを設定します。
・[無効](初期値)
・[有効]
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
137
[SMB]
ネットワーク / ポート設定
SMB
SMB
ポートの起動
SMB
トランスポートプロトコル
SMB
プリントモード指定
SMB
PJL
SMB
TBCP フィルター
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、SMB ポートの状態を起動にするか、停止にするかを設
定します。
・[起動](初期値)
・[停止]
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
トランスポート
プロトコル
SMB で使うトランスポート層のプロトコルを設定します。
NetBEUI、TCP/IP のどちらか、または両方が選択できます。
・[TCP/IP,NetBEUI](初期値)
・[TCP/IP]
・[NetBEUI]
補足
・ TCP/IP を使う場合は、コンピューター側、本機側ともに IP アドレスが必
要です。
プリントモード
指定
印刷データの処理方法(使用するプリント言語)を設定します。
・[自動](初期値)
コンピューターから受信したデータが、どのプリント言語で記述されている
かを自動で判別し、データに合わせて適切な印刷を行います。
(参照 P. 192 の *1)
・[ART EX]
[PS]
[ART IV]
[201H]
[ESC/P]
[HP-GL/2]
[PCL]
[TIFF]
コンピューターから受信したデータを、それぞれのデータとして処理しま
す。
・[HexDump]
コンピューターから受信したデータの内容を確認するため、印刷データを
16 進表記形式と対応する ASCII コードで印刷します。
(参照 P. 192 の *3)
補足
・[PS]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[201H][HP-GL/2][PCL]は、エ ミ ュ レ ー シ ョ ン キ ッ ト(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))、または PostScript ソフトウェ
アキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けら
れている場合に表示されます。
138 5 操作パネルでの設定
設定項目
説 明
PJL
コンピューターから送られてくる PJL コマンドを有効にするか、無効にする
かを設定します。
PJL コマンドとは、印刷ジョブを制御するコマンドで、プリンタードライ
バーを使って印刷する場合に必要です。PJL コマンドを使うと、その時点で
本機がどのプリント言語で処理していても、次のデータのプリント言語を指
定できます。(参照 P. 192 の *5)
・[有効](初期値)
・[無効]
TBCP フィルター
PostScript データを処理するときに、TBCP フィルターを有効にするか、
無効にするかを設定します。
・[無効](初期値)
・[有効]
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
[IPP]
ネットワーク / ポート設定
IPP
IPP
ポートの起動
IPP
プリントモード指定
IPP
PJL
IPP
アクセス権制御
IPP
DNS 使用
IPP
追加ポート番号
IPP
タイムアウト
IPP
TBCP フィルター
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、IPP ポートの状態を起動にするか、停止にするかを設
定します。
・[起動]
・[停止](初期値)
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
5.2 共通メニュー項目の説明
139
設定項目
プリントモード
指定
説 明
印刷データの処理方法(使用するプリント言語)を設定します。
・[自動](初期値)
コンピューターから受信したデータが、どのプリント言語で記述されている
かを自動で判別し、データに合わせて適切な印刷を行います。
(参照 P. 192 の *1)
・[ART EX]
[PS]
[ART IV]
[201H]
[ESC/P]
[HP-GL/2]
[PCL]
[TIFF]
コンピューターから受信したデータを、それぞれのデータとして処理しま
す。
・[HexDump]
コンピューターから受信したデータの内容を確認するため、印刷データを
16 進表記形式と対応する ASCII コードで印刷します。
(参照 P. 192 の *3)
補足
・[PS]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[201H][HP-GL/2][PCL]は、エ ミ ュ レ ー シ ョ ン キ ッ ト(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))、または PostScript ソフトウェ
アキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けら
れている場合に表示されます。
PJL
コンピューターから送られてくる PJL コマンドを有効にするか、無効にする
かを設定します。
PJL コマンドとは、印刷ジョブを制御するコマンドで、プリンタードライ
バーを使って印刷する場合に必要です。PJL コマンドを使うと、その時点で
本機がどのプリント言語で処理していても、次のデータのプリント言語を指
定できます。(参照 P. 192 の *5)
・[有効](初期値)
・[無効]
アクセス権制御
印刷ジョブの中止や削除、本機をポーズ状態にするときやポーズ状態の解除
をするときに、アクセス権制御を有効にするか無効にするかを設定します。
・[無効](初期値)
・[有効]
DNS 使用
本機を認識するときに、DNS(Domain Name System)に登録した名前を
使うかどうかを設定します。
・[有効](初期値)
DNS 名を使用します。
・[無効]
IP アドレスを使用します。
追加ポート番号
追加ポート番号を 1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[80](初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。ただし、
HTTP プロトコルを使用するインターネットサービス /IPP/SOAP/UPnP/
WSD ポートは、同じポート番号を共用できます。(参照 P. 192 の *6)
タイムアウト
印刷データの受信中、データが送られなくなってから接続を切断するまでの
時間を、0 ~ 65535 秒の間で 1 秒単位に設定します。
・[60 秒](初期値)
TBCP フィルター
PostScript データを処理するときに、TBCP フィルターを有効にするか、
無効にするかを設定します。
・[無効](初期値)
・[有効]
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
140 5 操作パネルでの設定
[EtherTalk(互換)]
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取
り付けられている場合に表示されます。
ネットワーク / ポート設定
EtherTalk(互換)
EtherTalk(互換)
ポートの起動
EtherTalk(互換)
PJL
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、EtherTalk ポートの状態を起動にするか、停止にする
かを設定します。
・[起動]
・[停止](初期値)
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
PJL
コンピューターから送られてくる PJL コマンドを有効にするか、無効にする
かを設定します。
PJL コマンドとは、印刷ジョブを制御するコマンドで、プリンタードライ
バーを使って印刷する場合に必要です。PJL コマンドを使うと、その時点で
本機がどのプリント言語で処理していても、次のデータのプリント言語を指
定できます。(参照 P. 192 の *5)
・[有効](初期値)
・[無効]
[Bonjour]
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取
り付けられている場合に表示されます。
ネットワーク / ポート設定
Bonjour
設定項目
ポートの起動
Bonjour
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、Bonjour ポートの状態を起動にするか、停止にするか
を設定します。
・[起動]
・[停止](初期値)
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
補足
・ Multicast DNS 機能を使う場合は[起動]にしてください。また、Boujour
を使用して検出したプリンターで印刷するためには、LPD ポートも起動し
ます。
5.2 共通メニュー項目の説明
141
[USB]
ネットワーク / ポート設定
USB
USB
ポートの起動
USB
プリントモード指定
USB
PJL
USB
自動排出時間
USB
Adobe 通信プロトコル
USB
PS 印刷待ちタイムアウト
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、USB2.0(High Speed)ポートの状態を起動にする
か、停止にするかを設定します。
・[起動](初期値)
・[停止]
注記
・ メモリーが不足した場合は、使っていないポートを停止するか、[メモリー
設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
プリントモード
指定
印刷データの処理方法(使用するプリント言語)を設定します。
・[自動](初期値)
コンピューターから受信したデータが、どのプリント言語で記述されている
かを自動で判別し、データに合わせて適切な印刷を行います。
(参照 P. 192 の *1)
・[ART EX]
[PS]
[ART IV]
[201H]
[ESC/P]
[HP-GL/2]
[PCL]
[TIFF]
コンピューターから受信したデータを、それぞれのデータとして処理しま
す。
・[HexDump]
コンピューターから受信したデータの内容を確認するため、印刷データを
16 進表記形式と対応する ASCII コードで印刷します。
(参照 P. 192 の *3)
補足
・[PS]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[201H][HP-GL/2][PCL]は、エ ミ ュ レ ー シ ョ ン キ ッ ト(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))、または PostScript ソフトウェ
アキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けら
れている場合に表示されます。
PJL
142 5 操作パネルでの設定
コンピューターから送られてくる PJL コマンドを有効にするか、無効にする
かを設定します。
PJL コマンドとは、印刷ジョブを制御するコマンドで、プリンタードライ
バーを使って印刷する場合に必要です。PJL コマンドを使うと、その時点で
本機がどのプリント言語で処理していても、次のデータのプリント言語を指
定できます。(参照 P. 192 の *5)
・[有効](初期値)
・[無効]
設定項目
説 明
自動排出時間
データが受信されない状態が継続したとき、本機内に残っているデータを自
動的に印刷して排出する時間を設定します。
時間は 5 ~ 1275 秒の間で、5 秒単位に設定します。(参照 P. 192 の *2)
また、最後のデータを受信してから、ここで設定した時間内に次のデータが
受信されない場合は、ジョブの終了と判断されます。
・[30 秒](初期値)
Adobe 通信
プロトコル
PostScript の通信プロトコルを設定します。
・[標準](初期値)
通信プロトコルが ASCII 形式のときに設定します。
・[バイナリー]
データに対して特別な処理を必要としない場合に使用します。データによっ
ては印刷処理が[標準]に比べて速くなることがあります。
・[TBCP]
通信プロトコルに ASCII 形式とバイナリー形式が混在し、それらを特定の
制御コードによって切り替えるときに設定します。
・[RAW]
通信プロトコルが Raw 形式のときに設定します。Macintosh から、USB
経由で EPS 形式のファイルが正しく印刷できない場合に選択します。
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・ コンピューターのプリンタードライバーが出力するデータの形式に合わせ
て設定してください。
・ ここでの設定は、PostScript で印刷される場合にだけ有効です。
・ 通常は、初期値の[標準]で使用してください。
PS 印刷待ちタイム
アウト
PostScript の印刷待ちタイムを設定します。
・[無効](初期値)
[USB]の[自動排出時間]を使用します。
・[有効]
PostScript プリントドライバーの[印刷待ちタイムアウト]を使用します。
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
[Port9100]
ネットワーク / ポート設定
Port9100
Port9100
ポートの起動
Port9100
プリントモード指定
Port9100
PJL
Port9100
コネクションタイムアウト
Port9100
ポート番号
Port9100
TBCP フィルター
5.2 共通メニュー項目の説明
143
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、Port9100 ポートの状態を起動にするか、停止にする
かを設定します。
・[起動](初期値)
・[停止]
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
プリントモード
指定
印刷データの処理方法(使用するプリント言語)を設定します。
・[自動](初期値)
コンピューターから受信したデータが、どのプリント言語で記述されている
かを自動で判別し、データに合わせて適切な印刷を行います。
(参照 P. 192 の *1)
・[ART EX]
[PS]
[ART IV]
[201H]
[ESC/P]
[HP-GL/2]
[PCL]
[TIFF]
コンピューターから受信したデータを、それぞれのデータとして処理しま
す。
・[HexDump]
コンピューターから受信したデータの内容を確認するため、印刷データを
16 進表記形式と対応する ASCII コードで印刷します。
(参照 P. 192 の *3)
補足
・[PS]は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・[201H][HP-GL/2][PCL]は、エ ミ ュ レ ー シ ョ ン キ ッ ト(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))、または PostScript ソフトウェ
アキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けら
れている場合に表示されます。
PJL
コネクション
タイムアウト
ポート番号
コンピューターから送られてくる PJL コマンドを有効にするか、無効にする
かを設定します。
PJL コマンドとは、印刷ジョブを制御するコマンドで、プリンタードライ
バーを使って印刷する場合に必要です。PJL コマンドを使うと、その時点で
本機がどのプリント言語で処理していても、次のデータのプリント言語を指
定できます。(参照 P. 192 の *5)
・[有効](初期値)
・[無効]
印刷データの受信中に、データが送られなくなってから接続を切断するまで
の時間を、2 ~ 65535 秒の間で、1 秒単位に設定します。
(参照 P. 192 の *2)
・[60 秒](初期値)
ポート番号を、1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[9100](初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。
TBCP フィルター
PostScript データを処理するときに、TBCP フィルターを有効にするか、
無効にするかを設定します。
・[無効](初期値)
・[有効]
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
144 5 操作パネルでの設定
[UPnP]
ネットワーク / ポート設定
UPnP
UPnP
ポートの起動
UPnP
ポート番号
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、UPnP ポートの状態を起動にするか、停止にするかを
設定します。
・[起動]
・[停止](初期値)
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
ポート番号
ポート番号を、1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[80](初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。ただし、
HTTP プロトコルを使用するインターネットサービス /IPP/SOAP/UPnP/
WSD ポートは、同じポート番号を共有できます。
(参照 P. 192 の *6)
[WSD]
ネットワーク / ポート設定
WSD
WSD
ポートの起動
WSD
ポート番号
補足
・ WSD は、Web Services on Devices の略称です。
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、WSD ポートの状態を起動にするか、停止にするかを
設定します。
・[起動](初期値)
・[停止]
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
ポート番号
ポート番号を、1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[80](初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。ただし、
HTTP プロトコルを使用するインターネットサービス /IPP/SOAP/UPnP/
WSD ポートは、同じポート番号を共有できます。
5.2 共通メニュー項目の説明
145
[SOAP]
ネットワーク / ポート設定
SOAP
SOAP
ポートの起動
SOAP
ポート番号
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、SOAP ポートの状態を起動にするか、停止にするかを
設定します。
・[起動](初期値)
・[停止]
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
ポート番号
ポート番号を、1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[80](初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。ただし、
HTTP プロトコルを使用するインターネットサービス /IPP/SOAP/UPnP/
WSD ポートは、同じポート番号を共有できます。(参照 P. 192 の *6)
[ThinPrint]
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))と増設メモリ(オプ
ション)が取り付けられている場合に表示されます。
・ ThinPrint® 機能を使用する場合は、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
ネットワーク / ポート設定
ThinPrint
ThinPrint
ポートの起動
ThinPrint
ポート番号
設定項目
説 明
ポートの起動
電源を入れたときに、ThinPrint ポートの状態を起動にするか、停止にする
かを設定します。
・[停止](初期値)
・[起動]
ポート番号
ポート番号を、1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[4000]
(初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。
146 5 操作パネルでの設定
[SNMP 設定]
補足
・ SNMP の設定は、複数台のプリンターをリモートで管理するアプリケーションを使う場合に必要です。
プリンターの情報は SNMP で管理されていて、アプリケーションは SNMP からプリンターの情報を収
集します。
ネットワーク / ポート設定
SNMP 設定
SNMP 設定
ポートの起動
SNMP 設定
トランスポートプロトコル
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、SNMP ポートの状態を起動にするか、停止にするかを
設定します。
・[起動](初期値)
・[停止]
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
トランスポート
プロトコル
SNMP で使うトランスポート層のプロトコルを設定します。IPX、UDP のど
ちらか、または両方が使えます。
・[UDP](初期値)
・[IPX]
・[IPX,UDP]
補足
・ UDP を使う場合は、コンピューター側、本機側ともに IP アドレスが必要で
す。
・ IPX、UDP どちらのプロトコルを使うかは、アプリケーションのマニュア
ルを参照してください。
[TCP/IP 設定]
ネットワーク / ポート設定
TCP/IP 設定
TCP/IP 設定
IP 動作モード
TCP/IP 設定
IPv4 設定
IPv4 設定
IP アドレス取得方法
IPv4 設定
IP アドレス
IPv4 設定
サブネットマスク
IPv4 設定
ゲートウェイアドレス
5.2 共通メニュー項目の説明
147
設定項目
説 明
IP 動作モード
IPv4 設定
IP 動作モードを設定します。
・[IPv6]
IPv6 モードを使用します。オートコンフィグレーションになってい
るので、詳細設定は不要です。
・[IPv4]
IPv4 モードを使用します。[IPv4 設定]から IP アドレスの設定を
行います。
・[デュアルスタック](初期値)
IPv4 と IPv6 モードの両方が使用できます。
-
IP アドレス
取得方法
IPv4 設定を行います。
TCP/IP を使うために必要な情報(IP アドレス、サブネットマスク、
ゲートウェイアドレス)の取得方法を設定します。
・[DHCP/Autonet](初期値)
AutoIP 機 能 付 き の DHCP(Dynamic Host Configuration
Protocol)サーバーから自動的に取得します。
・[手動]
操作パネルを使って、手動で設定します。設定する IP アドレスにつ
いては、ネットワーク管理者に確認してください。
・[DHCP]
DHCP サーバーから自動的に取得します。
・[BOOTP]
BOOTP から自動的に取得します。
・[RARP]
RARP から自動的に取得します。
補足
・[DHCP/Autonet]、
[DHCP]、
[BOOTP]、または[RARP]から、
[手動]に変更すると、IP アドレスの設定画面が表示されることがあ
ります。その場合は、手動で IP アドレスを設定してください。
IP アドレス、
サブネット
マスク、
ゲートウェ
イアドレス
自動で取得されたアドレスを確認する場合や、手動で IP アドレスを設
定する場合に使用します。
アドレスは、xxx、xxx、xxx、xxx の形式で入力します。IP アドレ
スとゲートウェイアドレスの xxx に設定できるのは 0 ~ 255 までの
数値です。ただし、先頭の xxx に限り、127 と 224 ~ 255 は無効
です。また、サブネットマスクの各 xxx に設定できるのは、0、
128、192、224、240、248、252、254、255 の数値です。
(参照 P. 192 の *2)
注記
・ 誤った IP アドレスを設定すると、ネットワーク全体に悪影響を及ぼ
すことがあります。
・ サブネットマスクの設定では、正しい値を入力しなかった場合(途
中のビットを 0 に設定した場合など)、数値の設定後に〈仕様設定〉
ボタンを押しても、前回の設定値に戻ります。正しい値が設定され
るまで、ほかの項目設定へ移行できません。
・ 明示的にゲートウェイアドレスを指定する必要があるときだけ設定
してください。自動的にゲートウェイアドレスが設定できる環境で
は、設定する必要はありません。
148 5 操作パネルでの設定
[DNS サーバー設定]
ネットワーク / ポート設定
DNS サーバー設定
DNS サーバー設定
DHCP からアドレス取得
DNS サーバー設定
DNS サーバー IP アドレス
設定項目
説 明
DHCP からアドレス取得
DNS サーバーの IP アドレスを DHCP サーバーから自動的に取得する
かどうかを指定します。
・[する](初期値)
・[しない]
補足
・ 自動的に取得しない場合、手動で設定するアドレスについては、ネッ
トワーク管理者に確認してください。
・[する]から[しない]に変更すると、IP アドレスの設定画面が表示
されることがあります。その場合は、手動で IP アドレスを設定して
ください。
・ IP アドレスの取得方法が手動に設定されている場合は、
[しない]で
固定です。
DNS サーバー IP アドレス
この項目は、自動で取得されたアドレスを確認する場合や手動でアド
レスを設定する場合に使用します。アドレスを xxx.xxx.xxx.xxx の形
式で入力します。xxx は 0 ~ 255 までの数値です。
(参照 P. 192 の *2)
注記
・ 誤った IP アドレスを設定すると、ネットワーク全体に悪影響を及ぼ
すことがあります。
[インターネットサービス]
ネットワーク / ポート設定
インターネットサービス
インターネットサービス
ポートの起動
インターネットサービス
ポート番号
設定項目
ポートの起動
説 明
電源を入れたときに、インターネットサービスポートの状態を起動にするか、
停止にするかを設定します。[起動]に設定すると、CentreWare Internet
Services を利用し、Web ブラウザーを介して本機の状態やジョブの状態を
表示したり、本機の設定を変更したりできます。
・[起動](初期値)
・[停止]
注記
・ ポートを起動したときに、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停
止することがあります。この場合は、使っていないポートを停止するか、
[メ
モリー設定]でメモリー割り当て容量を変更してください。
補足
・ インターネットサービスを起動する場合は、コンピューター側、本機側とも
に IP アドレスの設定が必要です。
5.2 共通メニュー項目の説明
149
設定項目
ポート番号
説 明
ポート番号を、1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[80](初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。ただし、
HTTP プロトコルを使用するインターネットサービス /IPP/SOAP/UPnP/
WSD ポートは、同じポート番号を共用できます。(参照 P. 192 の *2)
[WINS サーバー設定]
ネットワーク / ポート設定
WINS サーバー設定
WINS サーバー設定
DHCP からアドレス取得
WINS サーバー設定
プライマリー IP アドレス
WINS サーバー設定
セカンダリー IP アドレス
設定項目
DHCP から
アドレス取得
説 明
WINS(Windows Internet Name Service)を利用するために必要な、WINS
サーバーの IP アドレスを DHCP サーバーから自動的に取得するかどうかを指
定します。
・[する]
・[しない](初期値)
補足
・ 自動的に取得しない場合、手動で設定するアドレスについては、ネットワー
ク管理者に確認してください。
・[する]から[しない]に変更すると、IP アドレスの設定画面が表示される
ことがあります。その場合は、手動で IP アドレスを設定してください。
・ IP アドレスの取得方法が手動に設定されている場合は、[しない]で固定で
す。
プライマリー IP
アドレス
セカンダリー IP
アドレス
これらの項目は、自動で取得されたアドレスを確認する場合や手動でアドレス
を設定する場合に使用します。アドレスを xxx.xxx.xxx.xxx の形式で入力しま
す。xxx は 0 ~ 255 までの数値です。(参照 P. 192 の *2)
プライマリー IP アドレスが無効の場合、セカンダリー IP アドレスも無効にな
ります。
注記
・ 誤った IP アドレスを設定すると、ネットワーク全体に悪影響を及ぼすこと
があります。
150 5 操作パネルでの設定
[Ethernet 設定]
ネットワーク / ポート設定
Ethernet 設定
設定項目
Ethernet 設定
説 明
Ethernet インターフェイスの通信速度 / コネクターの種類を設定します。
・[自動](初期値)
100M(全二重)、100M(半二重)、10M(全二重)、10M(半二重)、
1000BASE-T を自動的に切り替えます。
・[100M(全二重)]
100M(全二重)に固定して使う場合に選択します。
・[100M(半二重)]
100M(半二重)に固定して使う場合に選択します。
・[10M(全二重)
]
10M(全二重)に固定して使う場合に選択します。
・[10M(半二重)
]
10M(半二重)に固定して使う場合に選択します。
・[1000BASE-T]
1000BASE-T に固定して使う場合に設置します。
補足
・[1000BASE-T]は、ギガビットイーサネットカード(オプション)が取
り付けられている場合に表示されます。
[IPX/SPX フレームタイプ]
ネットワーク / ポート設定
IPX/SPX フレームタイプ
設定項目
IPX/SPX フレーム
タイプ
説 明
IPX/SPX のフレームタイプを設定します。
・[自動](初期値)
フレームタイプを自動で設定します。
・[Ethernet II]
Ethernet 仕様のフレームタイプを使います。
・[Ethernet 802.3]
IEEE802.3 仕様のフレームタイプを使います。
・[Ethernet 802.2]
IEEE802.2 仕様のフレームタイプを使います。
・[Ethernet SNAP]
SNAP 仕様のフレームタイプを使います。
5.2 共通メニュー項目の説明
151
[受付制限 (IPv4)]
補足
・ 受信制限は、CentreWare Internet Services でも設定できます。設定例については、「IP アドレス
による受信制限」(P. 270) を参照してください。
ネットワーク / ポート設定
受付制限 (IPv4)
受付制限 (IPv4)
受付 IP アドレス制限
受付制限 (IPv4)
受付 IP アドレス設定
受付 IP アドレス設定
No.1
No.1
IP アドレス
No.1
フィルターアドレス
受付 IP アドレス設定
No.10
No.10
IP アドレス
No.10
フィルターアドレス
設定項目
説 明
受付 IP アドレス制限
IP アドレスを使って受信制限をするかどうかを設定します。
・[しない](初期値)
・[する]
受付 IP アドレス設定
受け付ける IP アドレスを制限する場合に、印刷を受け付ける IP アドレスを
登録します。IP アドレスは、10 個まで登録できます。登録した IP アドレス
には、フィルターアドレスを設定します。IP アドレス、フィルターアドレス
は、xxx.xxx.xxx.xxx の形式で入力します。
xxx は 0 ~ 255 までの数値です。(参照 P. 192 の *2)
たとえば、[IP アドレス]:129.249.110.23、[フィルターアドレス]:
255.255.255.0 と設定した場合、印刷を受け付ける IP アドレスは、
129.249.110.xxx です。xxx は 1 ~ 254 までの数値です。
補足
・ CentreWare Internet Services では、IP アドレスは、25 個まで登録で
きます。
152 5 操作パネルでの設定
[SNTP 設定]
ネットワーク / ポート設定
SNTP 設定
SNTP 設定
NTP サーバーとの同期
SNTP 設定
接続間隔
SNTP 設定
NTP サーバー IP アドレス
設定項目
説 明
NTP サーバーとの
同期
NTP サーバーと同期して、本機のシステム時計の時刻を合わせるかどうかを
設定します。
・[しない](初期値)
・[する]
接続間隔
NTP サーバーに接続する間隔を 1 ~ 500 時間の間で、1 時間単位に設定し
ます。(参照 P. 192 の *2)
・[168 時間]
(初期値)
NTP サーバー IP
アドレス
NTP サーバーの IP アドレスを設定します。
IP アドレスは、xxx.xxx.xxx.xxx の形式で入力します。xxx は 0 ~ 255 ま
での数値です。(参照 P. 192 の *2)
・[000.000.000.000](初期値)
[HTTP-SSL/TLS 通信]
補足
・ SSL/TLS プロトコルを使用して、HTTP の通信データを暗号化する場合に設定します。この項目は、
本機に証明書が登録されている場合に表示されます。
・ HTTP の通信の暗号化、および本機に必要なサーバー証明書については、「HTTP の通信を暗号化する
ための設定」(P. 282) を参照してください。
ネットワーク / ポート設定
HTTP-SSL/TLS 通信
HTTP-SSL/TLS 通信
有効 / 無効の設定
HTTP-SSL/TLS 通信
ポート番号
設定項目
説 明
有効 / 無効の設定
SSL/TLS 通信を使用するかどうかを設定します。
・[無効](初期値)
SSL/TLS 通信を使用しません。
・[有効]
SSL/TLS 通信を使用します。
ポート番号
ポート番号を、1 ~ 65535 の間で設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[443](初期値)
補足
・ 他のポートのポート番号と、同じ番号を使用しないでください。
5.2 共通メニュー項目の説明
153
[IPsec 通信]
ネットワーク / ポート設定
IPsec 通信
設定項目
IPsec 通信
説 明
コンピューターからネットワーク上の本機へデータを送るときに、データを
パケット単位で暗号化して送信するかどうかを設定します。
・[無効](初期値)
・[有効]
補足
・ Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows
Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、
Windows Server 2008 R2 をお使いの場合だけ使用できます。
・ IPsec の設定方法については、「IPSec を使用して暗号化するための設定」
(P. 285) を参照してください。
[IEEE 802.1x 設定]
ネットワーク / ポート設定
IEEE 802.1x 設定
IEEE 802.1x 設定
802.1x 認証の使用
IEEE 802.1x 設定
認証方式
IEEE 802.1x 設定
サーバー証明書の検証
設定項目
説 明
802.1x 認証の使用
IEEE 802.1x 認証を使用するかどうかを設定します。
・[使用しない](初期値)
・[使用する]
認証方式
IEEE 802.1x の認証方式を設定します。
・[EAP-MD5](初期値)
・[EAP-MS-CHAPv2]
・[PEAP/MS-CHAPv2]
・[EAP-TLS]
サーバー証明書の
検証
サーバー証明書の検証をするかどうかを設定します。
・[しない](初期値)
・[する]
154 5 操作パネルでの設定
[システム設定]
[システム設定]は、本機の動作設定を行うためのメニューです。
[異常警告音]
システム設定
異常警告音
設定項目
異常警告音
説 明
紙づまりなどの異常が発生し、ジョブが異常状態のまま保留になったときに鳴
る音の大きさを設定します。
・[なし]
・[小](初期値)
・[中]
・[大]
[操作パネル設定]
システム設定
操作パネル設定
操作パネル設定
操作パネル制限
操作パネル設定
暗証番号設定
操作パネル設定
認証エラーアクセス拒否
操作パネル設定
認証回数
設定項目
操作パネル制限
説 明
暗証番号を設定して、メニュー操作を制限するかどうかを設定します。
・[しない](初期値)
・[する]
補足
・[する]に設定すると、暗証番号設定画面が表示されます。暗証番号として
12 桁の数字を、
〈 〉、
〈 〉ボタンを押して入力してください。
〈 〉、
〈 〉
ボタンで桁を移動できます。
・ 暗証番号として、[000000000000]は設定できません。
暗証番号設定
操作パネル制限を設定している場合に暗証番号を変更できます。
新しい暗証番号を 12 桁の数字で入力してください。2 回入力した暗証番号
が一致した場合に、暗証番号が変更されます。
補足
・[操作パネル制限]を[する]に設定しないと、暗証番号を変更できません。
認証エラーアクセス
拒否
認証エラーが発生した場合に、アクセスを拒否するかどうかを設定します。
・[しない]
・[する](初期値)
5.2 共通メニュー項目の説明
155
設定項目
説 明
認証回数
認証エラーが発生した場合に、アクセスを拒否するまでのエラー回数を 1 ~
10 回の間で、1 回単位に設定します。
・[5 回](初期値)
補足
・[認証エラーアクセス拒否]が[しない]に設定されている場合は、[しな
い]と表示されます。
[自動リセット]
システム設定
自動リセット
設定項目
説 明
自動リセット
メニューが表示された状態を自動的に解除するかどうかを、1 ~ 30 分の間
で、1 分単位に設定します。(参照 P. 192 の *2)
・[しない](初期値)
・[1 分後]~[30 分後]
[結露防止モード]
システム設定
結露防止モード
設定項目
結露防止モード
説 明
結露は、冬季に多く発生します。
室内の温度が夜間に低く暖房稼動時に高くなる場合、プリンター内部の温度が
室内温度より低くなってしまうため内部に結露が発生します。
本機で結露を防止するかどうかを設定します。
[有効]を設定すると、機内の温度を一定以上に保つよう定着ユニットを動作
させ、結露をできるだけ抑えるようになり、結露による画質劣化を防止できま
す。ただし、消費電力が増えるので使用するときは注意してください。
・[有効]
・[無効](初期値)
注記
・ 結露防止モードを[有効]にしたときは、CentreWare
InternetServices で[低電力モード移行時間]の[有効]のチェックを
はずさないでください。
補足
・[低電力モード]および[結露防止モード]の両方を[有効]に設定したと
きは、[結露防止モード]に移行します。この場合、[スリープモード]に
は移行しません。
156 5 操作パネルでの設定
[エコ設定モード]
システム設定
エコ設定モード
設定項目
エコ設定モード
説 明
エコ設定モードを有効にするかしないかを設定します。エコ設定モードを有
効にすることにより、消費電力を節約することができます。
・[無効](初期値)
エコ設定モードは機能しません。
・[有効]
エコ設定モードを有効にすることにより、コントロールパネルのバックラ
イトが消灯します。また、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が装着されていない場合は、機械内部の温度が上がる
まではファンを停止します。
[低電力モード]
補足
・ 低電力モードについては、
「2.3 節電モードを設定 / 節電状態を解除する」(P. 55) を参照してください。
システム設定
低電力モード
設定項目
低電力モード
説 明
低電力モードは、一定の時間が経過すると、自動的に定着部の温度を下げて
機械の消費電力を節約する機能です。この機能を使用するかどうかを設定し
ます。
・[有効](初期値)
・[無効]
補足
・ 低電力モードについては、「2.3 節電モードを設定 / 節電状態を解除する」
(P. 55) を参照してください。
[低電力移行時間]
補足
・ 低電力移行時間については、
「2.3 節電モードを設定/節電状態を解除する」(P. 55)を参照してください。
システム設定
低電力移行時間
設定項目
低電力移行時間
説 明
低電力モードに移行するまでの時間を 1 ~ 60 分の間で 1 分単位に設定しま
す。(参照 P. 192 の *2)
・[1 分後](初期値)
補足
・ 低電力モードについては、「2.3 節電モードを設定 / 節電状態を解除する」
(P. 55) を参照してください。
5.2 共通メニュー項目の説明
157
[スリープモード移行時間]
システム設定
スリープモード移行時間
設定項目
スリープモード
移行時間
説 明
スリープモードに移行するまでの時間を 1 ~ 60 分の間で 1 分単位に設定し
ます。(参照 P. 192 の *2)
・[1 分後]( 初期値)
参照
・「2.3 節電モードを設定 / 節電状態を解除する」(P. 55)
・「操作例:スリープモードへの移行時間を変更する」(P. 124)
[自動ジョブ履歴]
システム設定
自動ジョブ履歴
設定項目
自動ジョブ履歴
158 5 操作パネルでの設定
説 明
処理を行った印刷データに関する情報(ジョブ履歴レポート)を、自動的に
印刷するかどうかを設定します。
・[プリントしない](初期値)
ジョブ履歴レポートを自動的に印刷しません。
・[プリントする]
過去に自動で排出されていない印刷データの履歴が、記憶領域いっぱいに
なった時点(50 件)で、古いものから自動的に印刷されます。実行中や実
行待ちの印刷データは記録されません。
[ジョブの表示設定]
システム設定
ジョブの表示設定
ジョブの表示設定
実行中 / 待ちジョブ
ジョブの表示設定
完了ジョブ
完了ジョブ
ジョブの表示
完了ジョブ
認証中の表示対象
完了ジョブ
表示情報の制限
設定項目
説 明
実行中 / 待ちジョブ
完了ジョ
ブ
印刷を実行中、または待機中のジョブの情報表示について設定します。
・[情報を制限しない](初期値)
・[情報を制限する]
-
完了ジョブの情報表示について設定します。
ジョブの表示
完了したジョブの表示方法について設定します。
・[表示しない]
・[認証中は表示する]
・[常に表示する](初期値)
認証中の
表示対象
完了したジョブについて、すべてのユーザーのジョブを表示するか、
認証ユーザーのみの情報を表示するかを設定します。
・[すべて](初期値)
・[認証ユーザーのジョブ]
表示情報の
制限
完了ジョブの表示情報を制限するかを設定します。
・[制限しない](初期値)
・[制限する]
[レポート両面プリント]
補足
・ この項目は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter 9110C は
標準装備)を取り付けている場合に表示されます。
システム設定
レポート両面プリント
設定項目
レポート両面
プリント
説 明
レポート / リストを印刷するときに、片面に印刷するか両面に印刷するかを
設定します。
・[片面](初期値)
・[両面]
5.2 共通メニュー項目の説明
159
[プリント可能領域]
システム設定
プリント可能領域
設定項目
プリント可能領域
説 明
プリント可能領域を拡張するかどうかを設定します。エミュレーション(PCPR201H、HP-GL/2、ESC/P、PCL)や PostScript で印刷する場合に有
効です。
・[標準](初期値)
・[拡張]
[バナーシート設定]
システム設定
バナーシート設定
バナーシート設定
バナーシート出力
バナーシート設定
バナーシートトレイ
バナーシート設定
ドライバーの設定
設定項目
説 明
バナーシート出力
バナーシートを出力するかどうかを設定します。
・[出力しない](初期値)
バナーシートを出力しません。
・[スタートシート]
文書の始めに出力します。
・[エンドシート]
文書の終わりに出力します。
・[スタート + エンドシート]
文書の始めと終わりに出力します。
バナーシートトレイ
バナーシート用の用紙を給紙するトレイを設定します。
・[トレイ 1](初期値)
・[トレイ 2]~[トレイ 4]
補足
・ トレイ 2 ~ 4 はオプションです。装着していないトレイは表示されませ
ん。
ドライバーの設定
160 5 操作パネルでの設定
プリンタードライバーでのバナーシートの設定を有効にするかどうかを設定
します。
・[有効](初期値)
・[無効]
[セキュリティープリント操作]
補足
・ この項目は、セキュリティープリント機能が使用できる場合に表示されます。
システム設定
セキュリティープリント操作
設定項目
セキュリティー
プリント操作
説 明
セキュリティープリントの印刷を、操作パネルから実行できるようにするか
どうかを設定します。
・[有効](初期値)
操作パネルからセキュリティープリントを実行できます。
・[無効]
操作パネルからセキュリティープリントを実行できません。
[選択文書のプリント順]
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられてい
る場合、または RAM ディスクが[有効]に設定されている場合に表示されます。
システム設定
選択文書のプリント順
選択文書のプリント順
日時の古い順
選択文書のプリント順
日時の新しい順
設定項目
選択文書の
プリント順
説 明
セキュリティープリント機能を使って印刷する場合に、選択文書のプリント
順を設定します。
・[日時の古い順](初期値)
日時の古い順に印刷します。
・[日時の新しい順]
日時の新しい順に印刷します。
5.2 共通メニュー項目の説明
161
[システム時計]
補足
・ ここで設定された日付 / 時刻が、レポートやリストに印刷されます。
システム設定
システム時計
システム時計
日付
システム時計
時刻
システム時計
日付表示切替
システム時計
時刻表示切り替え
システム時計
タイムゾーン
システム時計
サマータイム設定
サマータイム設定
しない
サマータイム設定
日付で設定
サマータイム設定
月と週で設定
設定項目
説 明
日付
[日付表示切替]で設定した形式に合わせて、年月日を設定します。
時刻
[時刻表示切り替え]で設定した形式に合わせて、時:分を設定します。
日付表示切替
日付の表示順序を設定します。
・[yyyy/mm/dd]
(初期値)
年 / 月 / 日の順で表示します。
・[mm/dd/yyyy]
月 / 日 / 年の順で表示します。
・[dd/mm/yyyy]
日 / 月 / 年の順で表示します。
時刻表示切り替え
時刻表示の方法を設定します。
・[12 時間制](初期値)
・[24 時間制]
タイムゾーン
タイムゾーンを設定します。
サマータイム設定
サマータイムについて設定します。
・[しない](初期値)
サマータイムを設定しません。
・[日付で設定]
サマータイムの開始日、終了日を日付 ( 月、日 ) で設定します。
・[月と週で設定]
サマータイムの開始日、終了日を月と週で設定します。
補足
・設定できない値を入力したときには「設定値が正しくありません」、開始日と
終了日に同じ設定をしたときには「開始日と終了日が正しくありません」が
表示されます。
162 5 操作パネルでの設定
[カラーモード自動の動作]
システム設定
カラーモード自動の動作
設定項目
説 明
カラーモード自動の
動作
カラー印刷の自動判別機能について設定します。
・ 標準(スピード優先)(初期値)
1 ページ目で、カラー、白黒を判定します。1 ページ目がカラーのときはす
べてのページをカラーで印刷します。
また 1 ページ目が白黒のときは、途中でカラーページが出てきたところで、
カラーでの印刷に切り替えます。その後のページは白黒ページでも、カラー
で印刷します。
印刷スピードを優先させます。
・ ページ切り替え
ページごとに、カラー、白黒を判定して、印刷します。
印刷スピードよりも、消耗品の使用を低減させることを優先させます。
[紙づまり時の処理]
システム設定
紙づまり時の処理
設定項目
紙づまり時の処理
説 明
印刷中に紙づまりが発生した場合の処理を設定します。
・[除去後にプリント再開](初期値)
紙づまり解消後に、印刷を再開します。
・[プリント中止]
紙づまり解消後に、そのジョブをキャンセルします。
5.2 共通メニュー項目の説明
163
[ドラム寿命動作]
システム設定
ドラム寿命動作
設定項目
ドラム寿命動作
*:
説 明
ドラムカートリッジの交換時期が近づくと、寿命の約 1200 ページ前に予備
用意のメッセージが表示され、寿命の約 500 ページ前になると交換時期が近
いことを示すメッセージが表示されます。
ドラムカートリッジの交換時期になったとき、印刷を停止するかどうかを選
択します。
・[プリント停止する](初期値)
ドラムカートリッジ交換のメッセージ表示後は、新しいドラムカートリッジ
に交換するまで印刷は停止されます。
・[プリント停止しない]
ドラムカートリッジの交換時期になっても、すぐに印刷は停止されず、ドラ
ムカートリッジに異常が検知された段階で本機を保護するために強制的に
印刷を停止します。
ただし、この場合はドラムカートリッジの寿命が過ぎているため、印刷画質
など本機の性能に影響が出ることがあります。また短期間で印刷が停止して
しまう可能性があるので、すぐに新しいドラムカートリッジをご用意のう
え、交換することをお勧めします。
印刷可能ページ数は、印刷条件や原稿の内容、本機電源の入切の頻度、設置環境の温度・湿度など
によって、大きく異なります。詳しくは、「有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について」
(P.328) を参照してください。
[画質調整時間延長]
システム設定
画質調整時間延長
設定項目
画質調整時間延長
説 明
画質を向上させるために、電源投入時の画質調整時間を延長するかどうかを
設定します。ただし、[する]に設定すると、ドラムカートリッジの寿命が若
干短くなります。
・[しない](初期値)
・[する]
[ミリ/インチ切り替え]
システム設定
ミリ / インチ切り替え
設定項目
ミリ/インチ
切り替え
164 5 操作パネルでの設定
説 明
操作パネルで長さを表示 / 入力するときの単位を設定します。
・[ミリ (mm)]
(初期値)
・[インチ (")]
[データ暗号化]
注記
・[データ暗号化]の設定を変更した場合、ハードディスクが初期化されます。
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられてい
る場合に表示されます。
・ データの暗号化は、ハードディスクにデータを書き込むときに、すべてのデータに対して自動的に暗号
化します。
システム設定
データ暗号化
データ暗号化
暗号化処理
データ暗号化
暗号化キー
設定項目
説 明
暗号化処理
システム内部(ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション)))のデータの暗号化をするかどうかを設定します。
・[しない](初期値)
・[する]
暗号化キー
データを暗号化する場合の暗号化キーを数字 12 桁で設定します。
補足
・[暗号化キー]は、セキュリティー対策上の必要から、設定を行っても、必
ず設定画面には[0
]が表示されます。
[HDD の上書き消去]
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられてい
る場合に表示されます。
システム設定
HDD の上書き消去
設定項目
HDD の上書き消去
説 明
ハードディスク内のデータを上書き消去をするかどうか、上書き消去する場
合は、その回数を設定します。
・[しない]
・[1 回]
・[3 回](初期値)
5.2 共通メニュー項目の説明
165
[プリントジョブの追越]
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられてい
る場合に表示されます。
システム設定
プリントジョブの追越
設定項目
プリントジョブの
追越
説 明
本機が何らかの原因で実行開始できない(印刷を開始しようとしたときに、
用紙トレイの用紙がなくなったなど)場合、ほかに実行開始できるジョブが
あるときに、ジョブの追い越しを許可するか、禁止するかを設定します。
・[禁止](初期値)
・[許可]
補足
・ セキュリティープリントやサンプルプリントなどの蓄積文書は、追い越し許
可の対象外です。
・[許可]に設定した場合、[異常終了プリント処理]は設定できません。
[異常終了プリント処理]
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられてい
て、[プリントジョブの追越]が[禁止]に設定されている場合に、表示されます。
システム設定
異常終了プリント処理
設定項目
異常終了プリント
処理
説 明
実行中のジョブに何らかのエラーが発生し、ジョブのキャンセルが必要に
なった場合の動作について設定します。
・[自動的に再開](初期値)
エラーが発生したジョブを機械が自動的にキャンセルし、次のジョブを再開
します。
・[ユーザー操作で再開]
ジョブのキャンセルが必要なエラーが発生した場合は、操作パネルにエラー
メッセージを表示します。本体側の操作によって、ジョブがキャンセルされ
ます。
[ソフトウェアダウンロード]
システム設定
ソフトウェアダウンロード
設定項目
ソフトウェアダウン
ロード
166 5 操作パネルでの設定
説 明
ソフトウエアのダウンロードを許可するか、禁止するかを設定します。
・[許可](初期値)
・[禁止]
[RAM ディスク]
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))なしで、増設メモリ
(1GB)(オプション)が取り付けられている場合に表示されます。
システム設定
RAM ディスク
設定項目
RAM ディスク
説 明
RAM ディスクを使用するか、しないかを設定します。[有効]に設定すると
RAM ディスクが使用できるようになります。
・[有効](初期値)
・[無効]
注記
・ RAM ディスクを使用している場合、本機の電源を切って入れ直すと、蓄積
した文書はすべて削除されます。
[集計管理]
システム設定
集計管理
設定項目
集計管理の運用
集計管理
集計管理の運用
説 明
集計管理の運用方法を設定します。[本体集計管理]に設定すると、[プリン
ター集計レポート]に代わって、[プリンター集計管理レポート]が印刷され
ます。
・[しない](初期値)
・[認証サーバー]
認証サーバーで管理されているユーザー情報を使用して集計管理を行いま
す。
・[本体集計管理]
本機にあらかじめ登録されている情報を利用して、集計管理をします。
・[ネット集計管理]
外部アカウンティングサービスで管理されているユーザー情報を使用して
集計管理を行います。ユーザー情報は、外部アカウンティングサービスから
登録します。
5.2 共通メニュー項目の説明
167
[認証の設定]
システム設定
認証の設定
認証の設定
認証方式の設定
認証の設定
認証情報設定
認証情報設定
情報保存先
認証情報設定
認証失敗の記録
認証情報設定
外部認証情報保存
認証情報設定
外部認証情報削除
認証の設定
認証プリントの設定
設定項目
認証方式の設定
168 5 操作パネルでの設定
説 明
認証の方法を設定します。
・[認証しない](初期値)
認証しません。
・[本体認証]
本機にあらかじめ登録されているユーザー情報を、認証に使用しま
す。
・[外部認証]
外部認証サーバーを、認証に使用します。
設定項目
認証情報設
定
情報保存先
説 明
認証情報を NV メモリー(NVM)とハードディスク(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))のどちらに保存するかに
ついて設定します。
・[NVM](初期値)
・[ハードディスク]
補足
・ この項目は、
[認証方式の設定]で[本体認証]、
[集計管理]>[集
計管理の運用]で[ネット集計管理]が設定されている場合に表示
されます。
認証失敗の
記録
不正なアクセスを検知するために、10 分間に設定した回数だけ認証
に失敗したとき、[エラー履歴レポート]に認証失敗を記録するかど
うかを設定します。
・[しない]
・[する](初期値)
[する]にする場合は、認証失敗を記録する失敗回数を 1 ~ 600 の
間で設定します。初期値は 10 回です。
補足
・ 認証に失敗しても、
[エラー履歴レポート]に記録が残るだけで、
「[操
作パネル設定]」(P. 155) のようなアクセス拒否は行われません。
外部認証
情報保存
外部認証情報を保存するかどうかを設定します。
・[しない](初期値)
・[する]
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ
(オプション))が取り付けられていて、[認証方式の設定]で[外
部認証]が設定されている場合に表示されます。
外部認証
情報削除
[外部認証情報保存]を[する]にして保存された外部認証情報を削
除します。
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オ
プション))が取り付けられていて、[認証方式の設定]で[外部認
証]が設定されている場合に表示されます。
認証プリン
トの設定
本機は、この機能を使用することができません。
5.2 共通メニュー項目の説明
169
[保存文書設定]
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられてい
る場合に表示されます。
システム設定
保存文書設定
保存文書設定
文書の保存期間
保存文書設定
保存期間(日数)
保存文書設定
経過後の削除時刻
保存文書設定
保存期間 ( 時間 )
保存文書設定
電源切 / 入時に削除
設定項目
説 明
文書の保存期間
蓄積文書の保存期間を設定します。設定した期間が経過すると、蓄積文書は
自動的に削除されます。
・[設定しない](初期値)
保存したままにします。
・[日数と削除時刻]
日数と時刻で保存期間を設定します。
・[時間]
削除するまでの時間を設定します。
保存期間(日数)
保存期間(日数)を 1 ~ 14 日の間で設定します。
・[7 日](初期値)
経過後の削除時刻
文書を削除する時刻を設定します。
・[3:00AM]または[3:00](初期値)
補足
・[システム設定]>[システム時計]>[時刻表示切り替え]の設定によっ
て、12 時間表示または 24 時間表示で設定します。
保存期間(時間)
保存期間(時間)を 0 時間 15 分~ 120 時間 00 分の間で設定します。
・[4 時間 00 分](初期値)
電源切 / 入時に削除
電源を切 / 入したとき、保存期間にかかわらず、蓄積文書を削除するかどう
かを設定します。
・[削除しない](初期値)
電源を切 / 入したときに、保存時間を経過した蓄積文書だけを削除します。
保存時間が経過していない蓄積文書は、削除しません。
・[削除する]
電源を切 / 入したときに、すべての蓄積文書を削除します。
170 5 操作パネルでの設定
[ソフトウエアオプション]
補足
・ この項目は、セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))または関連
商品の認証カスタマイズキットが取り付けられている場合に表示されます。
・ セキュリティ拡張キットを取り付ける場合は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オ
プション))と増設メモリ(オプション)が必要です。
システム設定
ソフトウエア オプション
ソフトウエア オプション
プリンターセキュリティーキット
設定項目
プリンター
セキュリティー
キット
プリンターセキュリティーキット
有効化
説 明
機械に取り付けたセキュリティ拡張キットを有効にします。[有効化]を選択
すると、確認メッセージが表示されます。〈OK〉ボタンを押してください。
補足
・ 一度、[プリンターセキュリティーキット]を[有効化]に設定すると、取
り付けているセキュリティ拡張キット ROM は、他の機械で使用できません。
・ 機能をクリアしたり無効にしたい場合は、お買い求めの販売店、またはサー
ビス窓口にお問い合わせください。
[イメージログ管理設定]
注記
・ 本機は、この機能を使用することができません。
[プリント設定]
[プリント設定]では、自動トレイ選択や用紙トレイについて設定します。
補足
・ 自動トレイ選択については、「自動トレイ選択について」(P. 117) を参照してください。
[用紙の置き換え]
プリント設定
用紙の置き換え
設定項目
用紙の置き換え
説 明
自動トレイ選択によって選択された用紙トレイに用紙がない場合に、ほかの
用紙トレイにセットされている用紙に置き換えて印刷をするかどうかを設定
します。置き換えをする場合は、サイズを指定します。
・[しない](初期値)
置き換えはしないで、用紙補給のメッセージを表示します。
・[大きいサイズを選択]
選択されている用紙サイズの次に大きなサイズの用紙に置き換えて、等倍で
印刷します。
・[近いサイズを選択]
選択されている用紙サイズに最も近いサイズの用紙に置き換えて印刷しま
す。必要に応じて、自動的にイメージを縮小することがあります。
・[手差しトレイから給紙]
手差しトレイにセットされている用紙に印刷します。
補足
・ コンピューター側から指定があった場合は、コンピューター側の指定が優先
されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
171
[用紙種類エラーの処理]
プリント設定
用紙種類エラーの処理
設定項目
用紙種類エラーの
処理
説 明
印刷ジョブで指定している用紙種類がセットされている用紙トレイがない場
合にどうするかを設定します。
・[設定変更表示](初期値)
設定変更を促すメッセージを表示します。
・[確認画面表示]
用紙種類の確認を促すメッセージを表示します。
・[プリントする]
メッセージを表示しないで、現在セットされている用紙種類で印刷します。
[トレイの用紙種類]
プリント設定
トレイの用紙種類
トレイの用紙種類
トレイ 1
トレイの用紙種類
トレイ 2
トレイの用紙種類
トレイ 3
トレイの用紙種類
トレイ 4
トレイの用紙種類
トレイ 5( 手差し )
設定項目
トレイ 1
説 明
トレイ 1 にセットする用紙の種類を設定します。
・[普通紙]
(初期値)、
[再生紙]、
[上質紙]、
[厚紙 1]、
[厚紙 2]、
[ラベル紙]、
[1. ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]
補足
・[1. ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]には、[用紙種類名称設定]で設定し
た名称が表示されます。
トレイ 2 ~トレイ 4
トレイ 2 ~ 4 にセットする用紙の種類を設定します。
・[普通紙](初期値)、[再生紙]、
[上質紙]、[厚紙 1]、[ラベル紙]、[1. ユー
ザー 1]~[5. ユーザー 5]
補足
・ トレイ 2 ~ 4 はオプションです。装着していないトレイは表示されません。
・[1. ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]には、[用紙種類名称設定]で設定し
た名称が表示されます。
172 5 操作パネルでの設定
設定項目
説 明
トレイ 5(手差し)
手差しトレイにセットする用紙の種類を設定します。
・[普通紙](初期値)、[再生紙]、[上質紙]、[厚紙 1]、[厚紙 1( うら面 )]、
[厚紙 2]、
[厚紙 2( うら面 )]、
[コート紙 1]、
[コート紙 1( うら面 )]、
[コー
ト紙 2]、[コート紙 2( うら面 )]、[コート紙 3]、[コート紙 3( うら面 )]、
[ラベル紙]、
[封筒]、
[封筒(うら面)]、
[はがき]、
[はがき(うら面)]、
[1.
ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]
補足
・[1. ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]には、[用紙種類名称設定]で設定し
た名称が表示されます。
[トレイの用紙色]
プリント設定
トレイの用紙色
トレイの用紙色
トレイ 1
トレイの用紙色
トレイ 2
トレイの用紙色
トレイ 3
トレイの用紙色
トレイ 4
トレイの用紙色
トレイ 5(手差し)
設定項目
説 明
トレイ 1 ~トレイ 4
トレイ 5(手差し)
トレイにセットした用紙の色を設定します。
・[白](初期値)、[青]、[黄色]、[緑]、[ピンク]、[透明]、[アイボリー]、
[グレー]、[クリーム]、[山吹色]、[赤]、[オレンジ]、[1. ユーザー 1]~
[5. ユーザー 5]、[その他]
補足
・ トレイ 2~ 4はオプションです。装着されていないトレイは表示されません。
・[1. ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]には、
[用紙色名称設定]で設定した名
称が表示されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
173
[用紙の優先順位]
プリント設定
用紙の優先順位
用紙の優先順位
上質紙
用紙の優先順位
普通紙
用紙の優先順位
再生紙
用紙の優先順位
1. ユーザー 1
用紙の優先順位
2. ユーザー 2
用紙の優先順位
3. ユーザー 3
用紙の優先順位
4. ユーザー 4
用紙の優先順位
5. ユーザー 5
設定項目
上質紙、普通紙、
再生紙、
1. ユーザー1~
5. ユーザー
説 明
自動トレイ選択によって選択されるトレイにセットされている用紙の種類の
優先順位を設定します。初期値は、普通紙[1 番目]、再生紙[2 番目]、上
質紙[3 番目]、それ以外は[設定しない]です。
・[1 ~ 8 番目]
設定する優先順位を選択します。
・[設定しない]
優先順位を設定しません。この場合、自動トレイ選択の対象になりません。
補足
・[1. ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]には、[用紙種類名称設定]で設定し
た名称が表示されます。
・ 異なる用紙種類に同じ優先順位の設定もできます。その場合に選択されるト
レイは、[トレイの優先順位]によって決定します。
174 5 操作パネルでの設定
[トレイの優先順位]
プリント設定
トレイの優先順位
トレイの優先順位
トレイ 1
トレイの優先順位
トレイ 2
トレイの優先順位
トレイ 3
トレイの優先順位
トレイ 4
トレイの優先順位
トレイ 5(手差し)
設定項目
トレイ 1 ~トレイ
4、トレイ 5(手差
し)
説 明
自動トレイ選択によって選択されるトレイの優先順位を設定します。初期値
は、トレイ 2 が[1 番目]、トレイ 3 が[2 番目]、トレイ 4 が[3 番目]、
トレイ 1 が[4 番目]、トレイ 5(手差し)が[自動トレイ切替対象外]で
す。
[1 番目]~[4 番目]
設定する優先順位を選択します。
・[自動トレイ切替対象外]
自動トレイ選択の対象になりません。
補足
・ トレイ 2~ 4はオプションです。装着されていないトレイは表示されません。
・ 異なるトレイに同じ優先順位は設定できません。他のトレイと同じ優先順位
を指定した場合は、指定したトレイ以外の優先順位が、自動的に変更されま
す。
・ トレイ 5(手差し)には、最も低い優先度だけが設定できます。
5.2 共通メニュー項目の説明
175
[トレイの用紙サイズ設定]
プリント設定
トレイの用紙サイズ設定
トレイの用紙サイズ
トレイ 1
トレイの用紙サイズ
トレイ 2
トレイの用紙サイズ
トレイ 3
トレイの用紙サイズ
トレイ 4
トレイの用紙サイズ
トレイ 5(手差し)
設定項目
説 明
トレイ 1 ~トレイ 4
トレイ 5(手差し)
各トレイの用紙サイズを設定します。
・[自動](トレイ 1 ~トレイ 4 の初期値)
センサーによって用紙サイズを自動検出します。
・[定形外]
たて方向のサイズとよこ方向のサイズを任意の数値に設定します。
[定形外]を選択して表示される[たて (Y) 方向のサイズ]と[よこ (X) 方
向のサイズ]で設定してください。
補足
・ トレイ 2 ~ 4 はオプションです。装着していないトレイは表示されません。
・ 定形外サイズの設定手順については、「トレイの用紙サイズを設定する」
(P. 113) を参照してください。
・[トレイ 5(手差し)]は、[トレイの優先順位]>[トレイ 5(手差し)]で
[自動トレイ切替対象外]が選択されている場合には表示されません。
176 5 操作パネルでの設定
[用紙の画質処理]
プリント設定
用紙の画質処理
用紙の画質処理
普通紙
用紙の画質処理
再生紙
用紙の画質処理
上質紙
用紙の画質処理
ラベル紙
用紙の画質処理
1. ユーザー 1
用紙の画質処理
2. ユーザー 2
用紙の画質処理
3. ユーザー 3
用紙の画質処理
4. ユーザー 4
用紙の画質処理
5. ユーザー 5
5.2 共通メニュー項目の説明
177
設定項目
説 明
普通紙、再生紙、
上質紙、1. ユーザー
1 ~ 5. ユーザー 5
それぞれの用紙に対する画質処理(用紙種類)を設定します。
・[A]([上質紙]の初期値)
J 紙(82g/m2)など、カラー専用の上質紙に適した画質です。
・[A(うら面)]
J 紙(82g/m2)など、カラー専用の上質紙のうら面に適した画質です。
・[B]([普通紙]および[1. ユーザー 1]~[4. ユーザー 4]の初期値)
一般的に使われているオフィス用紙(P 紙、C2(シーツー)紙など)に適
した画質です。
・[B(うら面)]
一般的に使われているオフィス用紙(P 紙、C2(シーツー)紙など)のう
ら面に適した画質です。
・[C]([再生紙]の初期値)
再生紙(C2r(シーツーアール)紙など)に適した画質です。
・[C(うら面)]
再生紙(C2r(シーツーアール)紙など)のうら面に適した画質です。
・[D]
地合が悪い用紙で、印刷時に画質のムラが発生する場合に選択します。
・[D(うら面)]
地合が悪い用紙で、うら面に印刷時に画質のムラが発生する場合に選択しま
す。
・[S]([5. ユーザー 5]の初期値)
JD コート(104.7g/m2)、J コート(95.0g/m2)など、105g/m2 以下
のコート紙に適した画質です。
・[S(うら面)]
JD コート(104.7g/m2)、J コート(95.0g/m2)など、105g/m2 以下
のコート紙のうら面に適した画質です。
補足
・ 地合が悪い用紙とは、光に透かして見たときに、表面の透過度にムラが目立
つ用紙です。
ラベル紙
・[B](初期値)
・[D]
注記
・ ラベル紙は、厚さ、特性などが製品により大きく異なります。初期値の[B]
は、標準ラベル紙に適しています。初期値の[B]で印字品質や画質のトラ
ブルが出る場合に、用紙の画質処理を[D]に変更すると解決する場合があ
ります。
178 5 操作パネルでの設定
[用紙種類名称設定]
プリント設定
用紙種類名称設定
用紙種類名称設定
1. ユーザー 1
用紙種類名称設定
2. ユーザー 2
用紙種類名称設定
3. ユーザー 3
用紙種類名称設定
4. ユーザー 4
用紙種類名称設定
5. ユーザー 5
設定項目
1. ユーザー 1 ~
5. ユーザー 5
説 明
[用紙の優先順位]、[トレイの用紙種類]、[用紙の画質処理]などに表示され
る[1. ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]を、任意の名称に変更できます。
英数 / 半角カタカナ文字を使って、1 ~ 8 文字の間で設定します。
(参照 P. 192*2、*4 の No.1、2、3、4)
[用紙色名称設定]
プリント設定
用紙色名称設定
用紙色名称設定
1. ユーザー 1
用紙色名称設定
2. ユーザー 2
用紙色名称設定
3. ユーザー 3
用紙色名称設定
4. ユーザー 4
用紙色名称設定
5. ユーザー 5
設定項目
1. ユーザー 1 ~
5. ユーザー 5
説 明
[トレイの用紙色]に表示される[1. ユーザー 1]~[5. ユーザー 5]を任
意の名称に変更できます。
英数 / 半角カタカナ文字を使って、1~8文字の間で設定します。
(参照 P. 192*2、*4 の No.1、2、3、4)
5.2 共通メニュー項目の説明
179
[ID 印字機能]
プリント設定
ID 印字機能
設定項目
ID 印字機能
説 明
特定の位置に、ユーザー ID を印刷します。
・[しない](初期値)
ユーザー ID を印刷しません。
・[左上]
ユーザー ID を、用紙の左上部分に印刷します。
・[右上]
ユーザー ID を、用紙の右上部分に印刷します。
・[左下]
ユーザー ID を、用紙の左下部分に印刷します。
・[右下]
ユーザー ID を、用紙の右下部分に印刷します。
[奇数ページの両面]
補足
・ この項目は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter 9110C は
標準装備)を取り付けている場合に表示されます。
プリント設定
奇数ページの両面
設定項目
奇数ページの両面
説 明
両面印刷時の、奇数ページ原稿の最終ページに対する印刷方法を設定します。
・[片面](初期値)
片面分の最終ページを、片面印刷時と同じく両面印刷を行うための給紙動作
をしないで印刷します。両面の印刷動作をしないため、高速に印刷できます。
・[両面]
最終ページは片面のみのデータですが、両面印刷時と同じく両面印刷を行う
ための給紙動作を行います。用紙に上下、または左右の区別がある用紙(穴
あき用紙など)に印刷する場合は、印刷の向きをそろえることができます。
[未登録フォームへ印字]
プリント設定
未登録フォームへ印字
設定項目
未登録フォームへ
印字
180 5 操作パネルでの設定
説 明
印刷時に指定されたフォームが未登録だった場合に、印刷を中止するか、デー
タのみ印刷するかを設定します。
・[する(データのみ)](初期値)
・[しない]
[基本の用紙サイズ]
プリント設定
基本の用紙サイズ
設定項目
基本の用紙サイズ
説 明
各プリントモードの[用紙サイズ]の初期値を設定します。
・[A4](初期値)
・[8.5x11"]
[OCR フォントのグリフ]
プリント設定
OCR フォントのグリフ
設定項目
説 明
OCR フォントのグ
リフ
ART IV、ESC/P、または PCL エミュレーションモードでの OCR-B のグリ
フコード 0x5c を切り替えることができます。
・[バックスラッシュ](初期値)
・[円記号]
5.2 共通メニュー項目の説明
181
(参照 P. 192 の *2)
[メモリー設定]
[メモリー設定]は、各インターフェイスのメモリーや、フォームメモリーの容量を変更
します。
注記
・ メモリー容量を変更すると、メモリーがリセットされるので、各メモリー領域に格納されているデータ
は、すべて消去されます。
・ メモリーの全体量を超えた割り振りはできません。電源を入れたときに、設定値が搭載メモリー容量を
超えた場合は、システムによって自動的に調整されます。
・ ポートを起動に設定したときにメモリーが不足すると、ポート状態が自動的に停止することがありま
す。この場合は、使っていないポートを停止するか、メモリーの割り当て容量を変更してください。
ただし、パラレル、USB ポートは自動的に停止することはありません。
補足
・ メモリーの割り当ては、プリントページバッファを除き、操作パネル、または CentreWare Internet
Services で設定できます。
・ プリントページバッファは、実際の印刷イメージを描画する領域です。プリントページバッファの容量
は、直接変更できません。プリントページバッファには、ほかの用途向けにメモリーを割り当てたあと
の、残った領域が割り当てられます。
解像度の高い文書を印刷するときは、プリントページバッファの容量が大きくなるように設定してくだ
さい。
実際に割り当てられたプリントページバッファ容量は、[機能設定リスト]で確認できます。また、
CentreWare Internet Services を使っても確認できます。
機械管理者メニュー
メモリー設定
メモリー設定
PS 使用メモリー
メモリー設定
ART EX フォームメモリー
メモリー設定
ART IV フォームメモリー
メモリー設定
ART IV ユーザ定義メモリー
メモリー設定
HPGL オートレイアウトメモリー
メモリー設定
ジョブチケット用メモリー
メモリー設定
受信バッファ容量
182 5 操作パネルでの設定
設定項目
PS 使用メモリー
説 明
PostScript の使用メモリー容量を指定します。
16.00 ~ 128.00MB の間で、0.25MB 単位でメモリー容量を設定し
ます。設定できる最大値はメモリーの空き容量によって変化します。
・[70.00MB](初期値)
補足
・ この項目は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示され
ます。
ART EX フォーム
メモリー
ART EX プリンタードライバー用フォームのメモリー容量を指定しま
す。
128 ~ 2048KB の間で、32KB 単位にメモリー容量を設定します。
設定できる最大値はメモリーの空き容量によって変化します。
・[128KB](初期値)
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))
が取り付けられている場合は、フォーム用のメモリーはハードディ
スクが使用されます。容量は変更できません。ディスプレイには
[ハードディスク]と表示されます。
注記
・ メモリーに格納されているデータは、本機の電源を入れ直すと消去さ
れます。
ART IV フォーム
メモリー
ART IV 用フォームのメモリー容量を指定します。
128 ~ 2048KB の間で、32KB 単位でメモリー容量を設定します。
設定できる最大値はメモリーの空き容量によって変化します。
・[128KB](初期値)
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))
が取り付けられている場合は、フォーム用のメモリーはハードディ
スクが使用されます。容量は変更できません。ディスプレイには
[ハードディスク]と表示されます。
注記
・ メモリーに格納されているデータは、本機の電源を入れ直すと消去さ
れます。
ART IV ユーザ
定義メモリ
ART IV のユーザー定義で使うメモリー容量を指定します。
32 ~ 2048KB の間で、32KB 単位でメモリー容量を設定します。
設定できる最大値はメモリーの空き容量によって変化します。
・[32KB](初期値)
注記
・ メモリーに格納されているデータは、本機の電源を入れ直すと消去さ
れます。
HPGL オート
レイアウトメモリー
HP-GL、HP-GL/2 オートレイアウトで使うメモリー容量を指定しま
す。
64 ~ 5120KB の間で、32KB 単位でメモリー容量を設定します。
設定できる最大値はメモリーの空き容量によって変化します。
・[64KB](初期値)
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))
が取り付けられている場合は、オートレイアウト用のメモリーは
ハードディスクが使用されます。容量は変更できません。ディスプ
レイには[ハードディスク]と表示されます。
補足
・ この項目は、エミュレーションキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))または PostScript ソフトウェアキット(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられている場
合に表示されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
183
設定項目
説 明
ジョブチケット用メモリー
ジョブチケットに使用するメモリーの容量を指定します。
0.25 ~ 8.00MB の間で、0.25MB 単位でメモリー容量を設定しま
す。
設定できる最大値はメモリーの空き容量によって変化します。
・[0.25MB]( 初期値 )
受信バッ
ファ容量
インターフェイスごとに、受信バッファ(コンピューターから送信さ
れるデータを一時的に蓄えておく場所)のメモリー容量を設定しま
す。LPD、SMB、IPP の場合は、スプール処理の有無、配置場所、
メモリー容量をそれぞれ設定します。
受信バッファ容量は、使用状況と目的に応じて変更できます。受信
バッファ容量を増やすと、各インターフェイスに対応するコンピュー
ターの解放が早くなることがあります。設定できる最大値はメモリー
の空き容量によって変化します。
-
補足
・ ポートが停止している場合は、対応する各項目は表示されません。
・ コンピューターから送信されるデータ量によっては、メモリーの容
量を増やしてもコンピューターの解放時間が変わらない場合があり
ます。
パラレル
メモリー、
NetWare
メモリー、
IPP メモリー、
USB
メモリー、
Port9100
メモリー
EtherTalk
(互換)
64 ~ 1024KB の間で、32KB 単位にメモリー容量を設定します。
初期値はパラレル、USB は[64KB]
、そのほかは[256KB]です。
補足
・[IPP メモリー]は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられていない場合に表示されます。
ハードディスクが取り付けられている場合は、
[IPP スプール]が表
示されます。
・ パラレルメモリーは、パラレルインタフェースカード(オプション)
が取り付けられている場合に表示されます。
1024 ~ 2048KB の間で、32KB 単位でメモリー容量を設定しま
す。初期値は[1024KB]です。
補足
・[EtherTalk(互換)
]は、PostScript ソフトウェアキット(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられている場
合に表示されます。
184 5 操作パネルでの設定
設定項目
説 明
LPDスプール、 ・[スプールしない](初期値)
スプール処理は行われません。あるコンピューターから LPD、SMB
SMB スプール
の印刷処理をしている間は、ほかのコンピューターからの同じイン
ターフェイスでのデータを受信できません。
LPD の場合は、LPD 専用の受信バッファのメモリー容量を、1024
~ 2048KB の間で 32KB 単位で設定します。初期値は[1024KB]
です。
SMB の場合は、SMB 専用の受信バッファのメモリー容量を、64 ~
1024KB の間で 32KB 単位に設定します。初期値は[256KB]
です。
・[ハードディスクスプール]
スプール処理を行います。スプール処理用の受信バッファは、ハー
ドディスクが使用されます。この項目は、ハードディスク(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられている場
合に表示されます。
・[メモリースプール]
スプール処理を行います。スプール処理用の受信バッファは、メモ
リーが使用されます。この候補値を選択したときは、スプール処理
用 の受 信 バ ッ フ ァの メ モ リ ー 容量 を、0.5 ~ 32.00MB の 間で
0.25MB 単位で設定します。初期値は[1.00MB]です。なお、設
定したメモリー容量よりも大きい印刷データは、受信できません。こ
のようなときは、[ハードディスクスプール]、または[スプールし
ない]を選択してください。
注記
・ LPR バイトカウントを無効にしている場合、スプールメモリーで設
定されている容量より大きな容量の文書を送信すると、ジョブの送信
が繰り返されてしまいます。この場合には、プリンタードライバーの
プロパティダイアログボックスで[ポート]タブを開いて、LPR バ
イトカウントを有効にするか、メモリースプールの容量を文書容量よ
りも大きい値に変更してください。
IPP スプール
・[スプールしない](初期値)
スプール処理は行われません。あるコンピューターからの IPP の印
刷処理をしている間は、ほかのコンピューターからの同じインター
フェイスでのデータを受信できません。IPP 専用の受信バッファの
メモリー容量を、64 ~ 1024KB の間で 32KB 単位で設定します。
初期値は[256KB]です。
・[ハードディスクスプール]
スプール処理を行います。スプール処理用の受信バッファは、ハー
ドディスクが使用されます。
補足
・[IPP スプール]は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。ハー
ドディスクが取り付けられていない場合は、
[IPP メモリー]が表示
されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
185
[画質補正]
[画質補正]は、印刷画質が悪いときに本機を調整します。
[階調補正]
補足
・ 階調補正の操作手順については、「7.10 階調を補正する」(P. 295) を参照してください。
画質補正
階調補正
階調補正
解像度
階調補正
階調
設定項目
説 明
解像度
解像度優先の階調補正チャートを印刷し、本機の階調を補正します。
・[階調補正チャート]
階調補正チャートを印刷し、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)
の色階調がずれていないかを確認し、補正値を読み取ります。
・[補正セット]
補正値を設定します。各色とも -6 ~ +6 の間で補正します。
階調
階調優先の階調補正チャートを印刷し、本機の階調を補正します。
・[階調補正チャート]
階調補正チャートを印刷し、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)
の色階調がずれていないかを確認し、補正値を読み取ります。
・[補正セット]
補正値を設定します。各色とも -6 ~ +6 の間で補正します。
[カラーレジ補正]
画質補正
カラーレジ補正
カラーレジ補正
自動カラーレジ補正
カラーレジ補正
手動カラーレジ補正
設定項目
自動カラーレジ補正
手動カラーレジ補正
186 5 操作パネルでの設定
説 明
印刷結果に色版のずれが発生する場合に、カラーレジを自動で調整します。
[自動カラーレジ補正]を選択すると、確認メッセージが表示されます。
〈OK〉ボタンを押してください。
印刷結果に色版のずれが発生する場合に、カラーレジを手動で調整します。
・[カラーレジ補正チャート]
A4 サイズの用紙にカラーレジ補正チャートを印刷します。
・[カラーレジ補正]
イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C) の補正値を 各色とも -5 ~ +5
の間で設定します。
[ペーパーレジ補正]
画質補正
ペーパーレジ補正
ペーパーレジ補正
トレイ 1
トレイ 1
おもて面の補正
ペーパーレジ補正
トレイ 2
トレイ 1
うら面の補正
ペーパーレジ補正
トレイ 3
トレイ 1
チャート出力 ( 片面 )
ペーパーレジ補正
トレイ 4
トレイ 1
チャート出力 ( 両面 )
ペーパーレジ補正
トレイ 5( 手差し )
補足
・ トレイ 2 ~ 4 はオプションです。
・[おもて面の補正]、[うら面の補正]、[チャート出力(片面)]、[チャート出力(両面)]は、トレイ 1
~トレイ 5(手差し)の各々のトレイに対応して表示されます。
・ ペーパーレジ補正については、「7.13 ペーパーレジを調整する」(P. 306) を参照してください。
・ 垂直方向(リードレジ)の補正はトレイごとに設定できますが、すべて同一の値になります。
設定項目
説 明
おもて面の補正
おもて面の垂直方向(リードレジ)、水平方向(サイドレジ)) の印刷位置を
補正します。
・ -2.0mm ~ +2.0mm の間で設定します。プラス方向(▲)またはマイナス
方向(▼)に、0.5mm 刻みで設定できます。
うら面の補正
うら面の垂直方向(リードレジ)、水平方向(サイドレジ)) の印刷位置を補
正します。
・ -2.0mm ~ +2.0mm の間で設定します。プラス方向(▲)またはマイナス
方向(▼)に、0.5mm 刻みで設定できます。
補足
・ この項目は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプショ
ン、Color MultiWriter 9110C は標準装備)を取り付けている場合に表示
されます。
チャート出力(片面)
おもて面の垂直方向(リードレジ)、水平方向(サイドレジ)) の印刷位置を
補正するときに使用するチャートを出力します。
チャート出力(両面)
うら面の垂直方向(リードレジ)、水平方向(サイドレジ)) の印刷位置を補
正するときに使用するチャートを出力します。
補足
・ この項目は、両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプショ
ン、Color MultiWriter 9110C は標準装備)を取り付けている場合に表示
されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
187
[転写電圧オフセット調整]
補足
・ 転写電圧オフセット調整については、
「7.11 転写電圧を調整する」(P. 302) を参照してください。
画質補正
転写電圧オフセット調整
転写電圧オフセット調整
普通紙
転写電圧オフセット調整
上質紙
設定項目
普通紙、上質紙、
再生紙、厚紙 1、
厚 紙 2、コ ー ト 紙 1、
コート紙 2、
コート紙 3、はがき、
封筒、ラベル紙
188 5 操作パネルでの設定
~
~
転写電圧オフセット調整
コート紙 2
転写電圧オフセット調整
コート紙 3
転写電圧オフセット調整
再生紙
転写電圧オフセット調整
はがき
転写電圧オフセット調整
厚紙 1
転写電圧オフセット調整
封筒
転写電圧オフセット調整
厚紙 2
転写電圧オフセット調整
ラベル紙
転写電圧オフセット調整
コート紙 1
説 明
画像の一部が白点になる、画像周辺にトナーが飛び散る、画像全体が青みが
かかっている、といった症状が頻繁に発生する場合は、転写電圧の設定を調
整します。
・[1]~[16](初期値:[6])
[定着温度調整]
補足
・ 定着温度調整については、「7.12 定着温度を調整する」(P. 304) を参照してください。
画質補正
定着温度調整
~
定着温度調整
普通紙
定着温度調整
上質紙
~
設定項目
普通紙、上質紙、再生
紙、厚紙 1、厚紙 2、
コート紙 1、コート紙
2、コート紙 3、封筒、
はがき、ラベル紙
定着温度調整
コート紙 2
定着温度調整
コート紙 3
定着温度調整
再生紙
定着温度調整
封筒
定着温度調整
厚紙 1
定着温度調整
はがき
定着温度調整
厚紙 2
定着温度調整
ラベル紙
定着温度調整
コート紙 1
説 明
指でこするとかすれる、トナーが定着しない、トナーで用紙が汚れる、と
いった症状が頻繁に発生する場合は、定着温度を調整します。
・[1]~[5](初期値:3)
補足
・ プラス方向(▲)に設定すると定着温度が上がります。
[高地使用設定]
画質補正
高地使用設定
設定項目
高地使用設定
説 明
帯電電圧の調整のため、使用している標高を設定します。
[海抜 0m ~ 1000m]、[海抜 1001m ~ 2000m]
、[海抜 2001m ~
3000m]
、[海抜 3,001m 以上]から選択します。
5.2 共通メニュー項目の説明
189
[初期化 / データ削除]
[初期化 / データ削除]では、NV メモリーに記憶されているプリンター設定値、ネット
ワークポート、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の初
期化、および本機に登録されているフォームなどのデータを削除します。
補足
・ 初期化によってそれぞれの設定は、初期値に戻ります。
機械管理者メニュー
初期化 / データ削除
初期化 / データ削除
NV メモリー初期化
初期化 / データ削除
ハードディスク初期化
初期化 / データ削除
証明書初期化
初期化 / データ削除
データ一括削除
初期化 / データ削除
集計レポート初期化
初期化 / データ削除
機能別カウンター初期化
初期化 / データ削除
フォーム / マクロの削除
初期化 / データ削除
フォント削除
初期化 / データ削除
セキュリティ文書削除
設定項目
NV メモリー
初期化
説 明
NV メモリーを初期化します。NV メモリーを初期化すると、各種項目の候補
値は初期値に戻ります。
補足
・ NV メモリーとは、電源を切っても本機の設定内容を保持できる不揮発性の
メモリーのことです。
ハードディスク
初期化
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))を初期化
します。
初期化によって消去されるデータは、追加フォント、ART EX、ART IV、
PC-PR201H、ESC/P、PCL の各フォーム、ART IV ユーザー定義データ、
セキュリティープリント文書、サンプルプリント文書、時刻指定プリント文
書です。
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプショ
ン))が取り付けられている場合に表示されます。
証明書初期化
190 5 操作パネルでの設定
証明書を一括削除し、初期化します。
登録した証明書が破損し、使用できない場合に行ってください。
設定項目
データ一括削除
説 明
NV メモリー、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))のデータを一括して初期化します。NV メモリーを初期化すると、
各種項目の候補値は初期値に戻ります。また、ハードディスクを初期化する
と、追加フォント、PC-PR201H、ART EX、ART IV、ESC/P、PCL の各
フォーム、ART IV ユーザー定義データ、セキュリティープリント文書、サ
ンプルプリント文書、時刻指定プリント文書が消去されます。
注記
・ ハードディスクが装着されている場合、処理に時間がかかることがあります
(約 1 時間以上)。処理中は、操作パネルのランプが点滅します。処理中は、
電源を切らないようにしてください。
集計レポート初期化
集計レポートを初期化します。初期化すると、集計値が 0 になります。
補足
・「[プリンター集計レポート]のデータを初期化する」(P. 261) を参照して
ください。
機能別カウンター
初期化
機能別カウンターを初期化します。初期化すると、カウンターの値が 0 にな
ります。
フォーム / マクロの
削除
登録されているフォーム / マクロを削除します。
・[ART EX フォーム削除]
ART EX プリンタードライバー用フォームを削除します。
・[ART IV フォーム削除]
ART IV 用フォームを削除します。
・[201H フォーム削除]
エミュレーションの PC-PR201H 用フォームを削除します。
・[ESC/P フォーム削除]
エミュレーションの ESC/P 用フォームを削除します。
・[PCL マクロ削除]
エミュレーションの PCL 用マクロを削除します。
補足
・[201H フォーム削除]、[PCL マクロ削除]は、エミュレーションキット
(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))または PostScript ソフ
トウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り
付けられている場合に表示されます。
・ 登録されているフォームがない場合は、[フォーム登録はありません]と表
示されます。
・ 登録されているマクロがない場合は、[マクロ登録はありません]と表示さ
れます。
フォント削除
登録されているフォントを削除します。
・[PCL フォント削除]
エミュレーションの PCL 用フォントを削除します。
補足
・ この項目は、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプショ
ン))、およびエミュレーションキット(Color MultiWriter 9110C のみ
(オプション))または PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))が取り付けられている場合に表示されます。
・ 登録されているフォントがない場合は、[フォント登録はありません]と表
示されます。
セキュリティー
文書削除
セキュリティープリントとして蓄積されている文書を削除します。
補足
・ 文書がない場合は、[文書はありません]と表示されます。
5.2 共通メニュー項目の説明
191
[言語切り替え]
メニュー
言語切り替え
設定項目
言語切り替え
*1
*2
*3
*4
操作パネルの表示言語を設定します。
・[日本語](初期値)
日本語で表示します。
・[English]
英語で表示します。
[自動]設定時、自動判別の結果が本機に実装されていないプリント言語だった場合
や、対象になるプリント言語に該当しない場合、そのデータは消去されます。
〈 〉または〈 〉ボタンで候補値を変更するときに、ボタンを押し続けると、連続
的に表示を変えることができます。また、〈 〉と〈 〉ボタンを同時に押すと、初
期値が表示されます。
ダンププリントの各列は、次の項目が印刷されます。
Count
ジョブの先頭データからのバイト数が印刷されます。
16 進数表記コード
印刷データを 4 バイトごとに区切り、16 進表記形式で印刷さ
れます。
ASCII コード
印刷データを JIS X0201 の 8 単位符号を使用して印刷されま
す。JIS X0201 で定義されていない文字は、UD と印刷され
ます。
文字列一覧
No.
*5
説 明
文字種
文字
1
空白
スペース
2
半角カナ
アァイィウゥエェオォカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤャユュヨョ
ラリルレロワヲンー゙
3
アルファベット
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdef
ghijklmnopqrstuvwxyz
4
数字
0123456789
5
記号
!"#$%&'()*+,-./:;〈=〉[email protected][\]^_`{|}
・ [有効]の設定時、プリントモード指定が[HexDump]に設定されている場合、
PJL コマンドも[HexDump]で出力されます。
・ PJL コマンドで本機に実装されていないプリント言語が指定された場合、データは
消去されます。
*6
WSD は、Web Services on Devices の略称です。
192 5 操作パネルでの設定
6
困ったときには
本機の使用中にトラブルが発生し、どのように対処したらよいかわからないときには、ま
ず、
「6.1 紙づまりの処置」(P. 193) ~「6.7 ネットワーク関連のトラブル」(P. 235) の
症状の中に該当するものがないかを探してください。
該当する項目があったら、「処置」の説明を参照して対処してください。
該当する項目がない、または該当する処置をしても改善されない場合は、お買い求めの販
売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
6.1
紙づまりの処置
用紙が詰まると、機械が停止してアラームが鳴ります。操作パネルの〈エラー〉ランプが
点灯して、ディスプレイにメッセージが表示されます。メッセージに表示されている紙づ
まりの位置を操作パネルの左にある表示部で確認して、詰まっている用紙を取り除いてく
ださい。
紙づまりの処置が終了すると、自動的に用紙が詰まる前の状態から印刷が再開されます。
カバー A 内での紙づまり (P. 196)
カバー B 内での紙づまり (P. 197)
手差しトレイでの紙づまり (P. 194)
レバー E 内での紙づまり (P. 198)
(レバーEはカバーB内にあります。)
トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オ
プション)での紙づまり (P. 195)
警告
・ 定着ユニットの安全性
定着ユニットは取り外さないでください。定着ユニット内に詰まった紙を取り除く場合
にはお買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。お客様自身で行うと
思わぬケガをするおそれがあります。
注意
・ 機械内部に詰まった用紙や紙片は無理に取り除かないでください。特に、定着部やロー
ラー部に用紙が巻き付いているときは無理に取らないでください。ケガややけどの原因
となるおそれがあります。ただちに電源スイッチを切り、お買い求めの販売店、または
サービス窓口にご連絡ください。
注記
・ 紙づまりが発生したとき、紙づまり位置を確認しないで用紙トレイを引き出すと、用紙が破れて機械の
中に紙片が残ってしまうことがあります。故障の原因になるので、紙づまりの位置を確認してから処置
をしてください。
・ 紙片が本機内に残っていると、紙づまりの表示は消えません。
・ 紙づまりの処置をするときは、本機の電源を入れたまま行ってください。電源を切ると、本機内に残っ
ている印刷データや、本機のメモリーに蓄えられた情報が消去されます。
・ 本機内部の部品には触れないでください。印字不良の原因になります。
6.1 紙づまりの処置
193
補足
・ 機械に貼られているラベル中の下図のアイコンは、紙づまり除去方法という意味です。用紙が詰まった
ときには、このアイコンがついているラベルの指示も参考にしてください。
紙づまり除去方法
アイコン
手差しトレイでの紙づまり
1.
手差しトレイの奥(用紙の差し込み口付近)
を点検し、詰まっている用紙を取り除きま
す。
用紙が破れた場合は、内部に紙片が残って
いないかを確認します。
注記
・ 手差しトレイに用紙を複数枚セットしている場合は、
いったんすべての用紙を取り除いてください。
2.
A レバーを押し上げて、フロントカバーを
開けます。
注記
・ 手差しトレイを開けた状態でフロントカバーを開け
るとき、手差しトレイとフロントカバーの間に指を挟
まないように注意してください。
3.
詰まっている用紙を取り除きます。
4.
フロントカバーを閉じます。
注記
・ フロントカバーを閉じるとき、カバーとプリンター本
体の間に指を挟まないように注意してください。
194 6 困ったときには
トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)での紙づまり
注記
・ 紙づまりの位置を確認しないでトレイを引き出すと、用紙が破れて機械の中に紙片が残ってしまうこと
があります。故障の原因になるので、操作パネルの左にある表示部で紙づまりの位置を確認してから処
置してください。
1.
手差しトレイに用紙がセットされている場
合は取り除き、手差しトレイを閉じます。
注記
・ 手差しトレイを閉じるとき、プリンター本体との間に
指を挟まないように注意してください。
2.
ディスプレイに表示されている用紙トレイ
をゆっくり引き出し、取り外します。
メッセージに複数のトレイが表示されてい
る場合は、下のトレイから先に確認します。
注記
・ トレイにセットされた用紙は、トレイの手前側を経由
してプリンター本体に送られます。この部分に用紙が
詰まった場合、下のトレイから順に抜き出さないと上
段のトレイが抜き出せないことがあります。
・ トレイは、2つ以上を同時に引き出すことはしないで
ください。本機が転倒する可能性があります。
3.
詰まっている用紙や、しわになっている用
紙を取り除きます。
4.
プリンターの内部に詰まっている用紙があ
る場合は、破れないように注意して引き出
します。
5.
奥に突き当たるところまで、トレイをゆっ
くりと押し込みます。
注記
・ トレイを押し込むとき、トレイとプリンターの本体、
またはトレイとトレイ(オプションのトレイ装着時)
の間に指を挟まないように注意してください。
6.1 紙づまりの処置
195
カバー A 内での紙づまり
注記
・ 用紙を取り除くとき、ベルトユニットの表面(黒のフィルム)には触れないようにしてください。ベル
トユニットの表面に引っかき傷、汚れ、または手の脂が付くと印字品質が低下します。
・ 転写ローラーの一部にトナーの汚れが付着している場合がありますが、画質には影響ありません。
1.
A レバーを押し上げて、フロントカバーを
開けます。
2.
詰まった用紙がある場合は、取り除きます。
内部に破れた紙片が残っていないかを確認
します。
3.
フロントカバーを閉じます。
196 6 困ったときには
カバー B 内での紙づまり
1.
B ボタンを押し、カバー B をゆっくりと開
けます。
2.
詰まっている用紙を取り除きます。
用紙が破れた場合は、内部に紙片が残って
いないかを確認します。
3.
カバー B を閉じます。
6.1 紙づまりの処置
197
レバー E 内での紙づまり
1.
B ボタンを押し、カバー B をゆっくりと開
けます。
2.
両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C
はオプション、Color MultiWriter 9110Cは
標準装備)が装着されている場合には、両
面印刷ユニットカバーの右側のつまみを手
前に引いて開けます。
両面印刷ユニットが装着されていない場合
には、この手順は不要です。
3.
定着ユニット両端奥の、右図の位置にある
レバーを、手前に引いて起こします。
4.
レバー E を手前に倒し、そのままの状態で
詰まっている用紙を上方向に取り除きま
す。
用紙が破れた場合は、内部に紙片が残って
いないかを確認します。
198 6 困ったときには
5.
レバー E から手を離します。
6.
手順 3 で起こした、定着ユニット両端奥の
レバーを、奥に倒します。
7.
両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C
はオプション、Color MultiWriter 9110C は標
準装備)が装着されている場合には、カバー
の右側のつまみを使って、カバーを閉じま
す。
両面印刷ユニットが装着されていない場合
には、この手順は不要です。
8.
カバー B を閉じます。
それでも紙詰まりが解決しない場合は、カバーA を開けて内部に紙片が残っていないか確
認してください。カバー A 内での紙づまりは、
「カバー A 内での紙づまり」(P.196) を参
照してください。
6.1 紙づまりの処置
199
6.2
電源、異常音など、機械本体のトラブル
症状
電源が入らない
原因 / 処置
本機の電源が切れていませんか ?
電源スイッチの〈|〉側を押して、電源を入れてください。
電源コードが抜けている、またはゆるんでいませんか ?
本機の電源を切り、電源コードを電源コンセントと本機に差し込み直してください。そ
のあとで、本機の電源を入れてください。
正しい電圧のコンセントに接続していますか ?
本機は、適切な定格電圧および定格電流のコンセントに、単独で接続してください。
パネルに何も表示されない
節電モードに入っている可能性があります。操作パネルの〈節電〉ボタンを押して、節
電モードを解除してください。
節電モードが解除できない場合は、電源コードがきちんと差し込まれていることを確
認し、電源を入れ直します。
それでも改善されない場合は、機械の故障かもしれません。お買い求めの販売店、ま
たはサービス窓口にご連絡ください。
異常な音がする
本機の設置場所は、水平ですか?
安定した平面の上に移動してください。
トレイが外れていませんか?
トレイを本機の奥までしっかり押し込んでください。
本機内に異物が入っていませんか?
電源を切り、本機内部の異物を取り除いてください。本機を分解しないと取り除けな
い場合は、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
プリンター内部に結露が発生
した
操作パネルを使用して、スリープモードに移行する時間を 60 分に設定し、電源を入れ
たまま放置してください。機内があたたまり、約 1 時間放置し、機械内部に水滴がな
い(ローラー、金属部分など)ことを十分確認したうえでお使いください。
また、頻繁に結露が発生する場合は、操作パネルで[結露防止モード]を[有効]に
設定して電源を入れたままにしてください。結露が改善する場合があります。
注記
・ 結露防止モードを[有効]にしたときは、CentreWare InternetServices で[低
電力モード移行時間]の[有効]のチェックをはずさないでください。
参照
・ 低電力モード:「[システム設定]」(P. 155)
・ スリープモードに移行する時間:「[スリープモード移行時間]」(P. 158)
・ 結露防止モード:「[結露防止モード]」(P. 156)
節電モードに移行しない
次のようなときには、本機に発生している現象をお客様にお知らせするため、また、本
機の性能を発揮するために低電力モードやスリープモードに移行しません。
・ 操作パネルで何らかの操作をしているとき
・ トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、トナー回収ボックスなどの消耗品のう
ちいずれか1つでも交換メッセージが表示されているとき
・ 有寿命商品(定期交換部品、有償)の定着ユニットの交換メッセージが表示されて
いるとき
・ 紙づまり、カバーオープンなどお客様の操作を必要としているとき
・ 故障などによりエラーが発生しているとき
・ 結露防止モードが有効に設定されているとき
参照
・ 結露防止モード:「[結露防止モード]」(P. 156)
200 6 困ったときには
6.3
印刷が正しくできないトラブル
症状
〈エラー〉ランプが
点滅している
原因 / 処置
お客様自身では対処できないエラーが発生しています。表示されているエラーメッ
セージやエラーコードを書き留めたうえで電源を切り、電源プラグをコンセントから
抜いて、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
参照
・「 主なエラーメッセージ(50 音順)」(P. 214)
・「 エラーコード」(P. 222)
〈エラー〉ランプが
点灯している
操作パネルのディスプレイにエラーメッセージが表示されていませんか?
操作パネルに表示されているエラーメッセージを確認して、エラーの対処をしてくだ
さい。
参照
・「 主なエラーメッセージ(50 音順)」(P. 214)
・「 エラーコード」(P. 222)
印刷を指示したのに〈プリント
可〉ランプが点滅、点灯しない
インターフェイスケーブルが抜けていませんか?
電源スイッチをいったん切り、インターフェイスケーブルの接続を確認してください。
本機がオフライン状態、またはメニューを設定している状態になっていませんか?
オフライン状態の場合は〈オンライン〉ボタンを、メニュー画面が表示されていると
きは〈仕様設定〉ボタンを押して、解除してください。
使用するプロトコルが正しく設定されていますか?
使 用 す る ポ ー ト が 起 動 さ れ て い る か を 確 認 し て く だ さ い。ま た、CentreWare
Internet Services でプロトコルが正しく設定されているかを確認してください。
参照
・「[ネットワーク / ポート設定]」(P. 133)
・ CentreWare Internet Services のヘルプ
コンピューターの環境が正しく設定されていますか?
プリンタードライバーなどコンピューターの環境を確認してください。
〈プリント可〉ランプが点灯、点
滅したまま排紙されない
データが本機内部に残っています。印刷の中止、または残っているデータの強制排出
をします。
〈オンライン〉ボタンを押してオフライン状態にしてから、印刷を中止する場合は〈プ
リント中止〉ボタンを、データを強制排出する場合は、〈OK〉ボタンを押してくださ
い。中止および排出が終わったら、もう一度〈オンライン〉ボタンを押して、本機を
オンライン状態にします。
補足
・ パラレル /USB ポートを使用している場合、
〈オンライン〉ボタンを押すタイミング
によって、データ受信がジョブの途中になることがあります。この場合、それ以降
の印刷データは〈OK〉ボタンを押したあとに、新しい印刷ジョブとして認識され、
最後にオフラインを解除したあとに印刷されます。またそのとき、正常に印刷され
ないことがあります。
6.3 印刷が正しくできないトラブル
201
症状
印刷できない
原因 / 処置
パラレルケーブルで接続している場合、コンピューターは双方向通信に対応していま
すか ?
工場出荷時、本機の双方向通信の設定は、[有効]になっています。コンピューターが
双方向通信に対応していない場合は、操作パネルで、双方向通信の設定を[無効]に
してから印刷してください。
参照
・「[パラレル]」(P. 133)
ネットワークプリンターの場合、本機の IP アドレスは正しく設定されていますか?
また、受信制限の設定が間違っている可能性もあります。
本機の設定が正しいかどうか確認し、必要であれば変更してください。
参照
・「IP アドレス(IPv4)を設定する」(P. 36)
・「IP アドレス(IPv6)を設定する」(P. 39)
・「IP アドレスによる受信制限」(P. 270)
1 度の印刷指示で送信される印刷データの容量が、受信容量の上限を超えている可能性
があります。受信バッファの設定をメモリースプールにしている場合に、この現象が発
生することがあります。
1 つの印刷ファイルでメモリーの上限を超えてしまう場合には、印刷ファイルをメモ
リー容量の上限より小さいサイズに分割して印刷を指示します。
印刷するデータファイルが複数ある場合には、1 度に印刷するファイルの量を減らし
て印刷してください。
印刷に時間がかかる
受信バッファ容量の不足が考えられます。解像度の高い文書を印刷するときは、操作
パネルの[メモリー設定]で使用しない項目のメモリー容量を減らして、プリントペー
ジバッファの容量が大きくなるようにしてください。
受信バッファ容量を増やすと、印刷処理が速くなることがあります。印刷するデータ
の量に応じて、バッファ容量を調整してください。
また、使用していないポートを停止して、ほかの用途向けにメモリーを割り当てるこ
とをお勧めします。
参照
・「[メモリー設定]」(P. 182)
プリンタードライバーの[印刷モード]の設定で、[高画質]または[高精細(文字 /
線)]が選択されていませんか?[グラフィックス]タブの[印刷モード]の設定を
[標準]に変更すると、印刷にかかる時間を短縮できることがあります。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
TrueType® フォントの印刷方法によっては、印刷に時間がかかることがあります。プ
リンタードライバーの[詳細設定]タブにある[フォントの設定]で、TrueType フォ
ントの印刷方法を変更してください。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
用紙種類の設定で、厚紙 1、厚紙 2、ラベル紙、コート紙 2、コート紙 3、はがき、封
筒を選択した場合や、プリンタードライバーの[印刷モード]で[高精細(文字 / 線)]
を選択した場合は、通常の約半分の印刷速度になります。
また、連続運転をしていて、機械内部の温度が一定以上になった場合は、印刷速度を
落として印刷します。
そのまま、連続運転をし続けたり、さらに温度が上がったりした場合には、エラー
(042-348)で停止します。
そのときは、電源を切って、しばらく待ってプリンター内部の温度を下げてから、電
源を入れ直してください。
印 刷 を 指 示 し て い な い の に、
[プリントしています]が表示
される
(パラレル /USB インターフェ
イス使用時)
202 6 困ったときには
本機の電源を入れたあとに、コンピューターの電源を入れませんでしたか?〈プリン
ト中止〉ボタンを押して、印刷を中止します。
補足
・ 本機の電源を入れるときは、コンピューターの電源が入っていることを確認してく
ださい。
症状
印字された文書の上部が
欠ける
思った位置に印刷されない
原因 / 処置
用紙ガイドは、正しい位置にセットされていますか?
用紙ガイドを正しい位置にセットしてください。
参照
・「4.2 用紙をセットする」(P. 108)
プリンタードライバーで余白の設定が正しいかどうかを確認してください。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
両面印刷を指示したのに片面
で印刷される
両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter
9110C は標準装備)が正しく取り付けられていない可能性があります。
両面印刷ユニットのコネクターケーブルが、正しくプリンターのコネクターに接続さ
れていることを確認してください。
6.3 印刷が正しくできないトラブル
203
6.4
印字品質や画質のトラブル
症状
印刷がうすい
(かすれる、不鮮明)
原因 / 処置
用紙が湿気を含んでいます。新しい用紙と交換してください。
使用している用紙が適切ではありません。適切な用紙をセットしてください。
参照
・「使用できる用紙」(P. 102)
ドラムカートリッジ、または定着ユニットが劣化、または損傷しています。ドラムカー
トリッジ、および定着ユニットの状態によって、交換が必要な場合があります。お買
い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
トナーセーブ機能が有効になっていませんか?
プリンタードライバーの[グラフィックス]タブの[トナー節約]で、[しない]を選
択してください。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
もっと濃く印刷したい場合は、印刷時にプリンタードライバーで[グラフィックス]タ
ブの[画質調整]または[カラーバランス]を選択し、各設定を変更して印刷してみ
てください。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
定着温度を変更してみてください。
参照
・「定着温度を調整する」(P.304)
色点や色線が印刷される
等間隔に汚れが起きる
用紙搬送路に汚れが付着している場合もあります。数枚印刷してください。
ドラムカートリッジ、ベルトユニット、または定着ユニットが劣化、または損傷して
います。ドラムカートリッジ、ベルトユニット、または定着ユニットの状態によって、
交換が必要な場合があります。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡く
ださい。
たて方向の短い色筋の場合は、電源投入時の画質調整時間を延長するように設定する
と、改善される可能性があります。操作パネルで設定を変更してください。
ただし、この設定をすると、ウォームアップ時間が通常よりも長くなり、ドラムカー
トリッジの寿命が若干短くなります。
参照
・「[画質調整時間延長]」(P. 164)
204 6 困ったときには
症状
指でこするとかすれる
トナーが定着しない
用紙がトナーで汚れる
原因 / 処置
用紙が湿気を含んでいます。新しい用紙と交換してください。
使用している用紙が適切ではありません。適切な用紙をセットしてください。
参照
・「使用できる用紙」(P. 102)
定着温度が適切でない可能性があります。
操作パネルで定着温度を調整してください。
参照
・「7.12 定着温度を調整する」(P. 304)
定着ユニットが劣化、または損傷しています。定着ユニットの状態によって、交換が
必要な場合があります。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
用紙全体がぬりつぶされて印
刷される
ドラムカートリッジが劣化、または損傷しています。ドラムカートリッジの状態によっ
て、交換が必要な場合があります。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連
絡ください。
高圧電源の故障が考えられます。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡
ください。
何も印刷されない
一度に複数枚の用紙が搬送されています(重送)。用紙をよくさばいてからセットし直
してください。
ドラムカートリッジが劣化、または損傷しています。ドラムカートリッジの状態によっ
て、交換が必要な場合があります。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連
絡ください。
高圧電源の故障が考えられます。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡
ください。
6.4 印字品質や画質のトラブル
205
症状
白抜けや白筋が出る
原因 / 処置
使用している用紙が適切ではありません。適切な用紙をセットしてください。
参照
・「使用できる用紙」(P. 102)
用紙が湿気を含んでいます。新しい用紙と交換してください。
ドラムカートリッジが正しくセットされていません。
正しくセットし直してください。
本機内部の光路(レーザー)部が汚れている可能性があります。
光路(レーザー)部を清掃してください。
参照
・「光路(レーザー)部の清掃」(P. 208)
プリンター内部に結露が発生している可能性があります。
操作パネルを使用して、スリープモードに移行する時間を 60 分に設定し、電源を入れ
たまま放置してください。機内があたたまり、約 1 時間放置し、機械内部に水滴がな
い(ローラー、金属部分など)ことを十分確認したうえでお使いください。
また、頻繁に結露が発生する場合は、操作パネルで[結露防止モード]を[有効]に
設定すると改善する場合があります。
注記
・ 結露防止モードを[有効]にしたときは、CentreWare InternetServices で[低
電力モード移行時間]の[有効]のチェックをはずさないでください。
参照
・ スリープモードに移行する時間:「[スリープモード移行時間]」(P. 158)
・ 結露防止モード:「[結露防止モード]」(P. 156)
ドラムカートリッジ、ベルトユニット、または定着ユニットが劣化、または損傷して
います。ドラムカートリッジ、ベルトユニット、または定着ユニットの状態によって、
交換が必要な場合があります。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡く
ださい。
現像器が劣化、または損傷しています。現像器ユニットの状態によっては、交換が必
要な場合があります。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
画像の一部が抜けて白点になる
画像周辺にトナーが飛び散る
画像全体に青みがかかっている
転写電圧の設定が適切でない可能性があります。
操作パネルで電圧を調整してください。
参照
・「7.11 転写電圧を調整する」(P. 302)
定着温度を変更してみてください。
参照
・「7.12 定着温度を調整する」(P. 304)
206 6 困ったときには
症状
文字がにじむ
原因 / 処置
使用している用紙が適切ではありません。適切な用紙をセットしてください。
参照
・「使用できる用紙」(P. 102)
用紙が湿気を含んでいます。新しい用紙と交換してください。
プリンター内部に結露が発生している可能性があります。
操作パネルを使用して、スリープモードに移行する時間を 60 分に設定し、電源を入れ
たまま放置してください。機内があたたまり、約 1 時間放置し、機械内部に水滴がな
い(ローラー、金属部分など)ことを十分確認したうえでお使いください。
また、頻繁に結露が発生する場合は、操作パネルで[結露防止モード]を[有効]に
設定すると改善する場合があります。
注記
・ 結露防止モードを[有効]にしたときは、CentreWare InternetServices で[低
電力モード移行時間]の[有効]のチェックをはずさないでください。
参照
・ スリープモードに移行する時間:「[スリープモード移行時間]」(P. 158)
・ 結露防止モード:「[結露防止モード]」(P. 156)
文字化けする
画面表示と印刷結果が一致し
ない
本機に標準で搭載されていないフォントを使用して印刷しています。アプリケーショ
ンで使用しているフォントを確認してください。PostScript(オプション)を使用し
ている場合は、本機に必要なフォントをダウンロードしてください。
TrueType フォントをプリンターフォントに置き換える設定になっていませんか?
プリンタードライバーの、[詳細設定]タブにある[フォントの設定]で、TrueType
フォントの印刷方法を[常に TrueType フォントを使う]に設定してください。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
斜めに印刷される
用紙ガイドが正しい位置にセットされていません。用紙ガイドを正しい位置にセット
してください。
参照
・「4.2 用紙をセットする」(P. 108)
カラー文書なのに白黒で印刷
される
印刷時にプリンタードライバーの[基本]タブで[カラーモード]が[白黒]になっ
ていませんか?
[カラーモード]を[カラー(自動判別)]に設定してください。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
印刷の濃度や色味の再現性が
悪くなった
操作パネルから階調補正チャートを印刷して、本機に付属の階調補正用色見本と比較
し、必要に応じて、補正をしてください。
参照
・「7.10 階調を補正する」(P. 295)
6.4 印字品質や画質のトラブル
207
症状
原因 / 処置
はがき / 封筒にきれいに印刷さ
れない
本機で使用できない種類のはがき、封筒がセットされています。適切な用紙をセット
してください。
参照
・「使用できる用紙」(P. 102)
プリンタードライバーのプロパティや操作パネルで、用紙の種類が適切に設定されて
いるか確認してください。
参照
・「[トレイの用紙種類]」(P. 172)
・ プリンタードライバーのヘルプ
プリンタードライバーで、トナー節約をするようになっていたり、解像度が低く設定
されています。それぞれ、プリンタードライバーの[グラフィックス]タブ、[詳細設
定]タブで、設定を変更してください。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
„ 光路(レーザー)部の清掃
印刷画質が悪くなった場合は、次の手順に従って、本機内部の光路(レーザー)部を清掃
してください。
補足
・ 光路(レーザー)部の清掃には、本機内部に収納している清掃用パッドを使用します。ドラムカート
リッジを購入すると、交換用の清掃用パッドが同梱されています。ドラムカートリッジ交換の際には、
パッドも交換しておくことを勧めします。
パッドの交換手順は、「清掃用パッドを交換する」(P. 250) を参照してください。
1.
手差しトレイに用紙がセットされている場
合は取り除き、手差しトレイを閉じます。
注記
・ 手差しトレイを閉じるとき、プリンター本体との間に
指を挟まないように注意してください。
2.
A レバーを押し上げて、フロントカバーを
開けます。
3.
排出トレイカバーの右手前の C レバーを持
ち、静かにカバーを開けます。
注記
・ カバーは 90 度以上開きます。止まるところまで完全
に開けてください。
・ ベルトユニットの表面(黒のフィルム)には触らない
でください。
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
208 6 困ったときには
ベルトユニット
C レバー
4.
排出トレイカバーの右側に付いている倒れ
防止アームの上先端を手前に外し、本機右
側の溝に差し込んで、排出トレイカバーを
固定します。
注記
・ 長時間カバーを開けたままにすると、ドラムカート
リッジが光で劣化することがあります。10 分以内を
目安にカバーを閉めるようにしてください。
5.
一番奥のイエロー(Y)のドラムカートリッ
ジ を両手で右図のように持ち上げて、取り
出します。
イエロー(Y)
注記
・ 取り外したドラムカートリッジは、強い光に当たらな
いように、箱やアルミ袋の中に入れるか、厚い布など
で包んでください。
・ ドラムカートリッジを床や机に置く場合は、つかむ部
分が上になるように置いてください。
・ ドラムカートリッジに付着したトナーに触れないよ
うに注意してください。
6.
本機内部の右図の位置にある清掃用パッド
を取り外します。
7.
ドラムカートリッジがセットされていた溝
に清掃用パッドを差し込み、左右どちらか
一方向から 1 回だけガラス面(光路(レー
ザー)部)の汚れを取り除きます。
光路(レーザー)部
注記
・ 指示した場所以外、プリンターの内部には触れないで
ください。部品によっては、高温になっているものが
あります。
8.
清掃後、手順 5 で取り出したドラムカート
リッジを左右の溝に合わせて挿入し、元の
場所に取り付けます。
6.4 印字品質や画質のトラブル
209
9.
残りのドラムカートリッジをマゼンタ
(M)、シアン(C)、ブラック(K) の順に手
順 5 ~ 8 に従って取り外し、ガラス面を清
掃後に元に戻します。
ドラムカートリッジの各色の位置は、右図
を参照してください。
10. 清掃用パッドを元の場所に戻します。
11. 倒れ防止のアームを元に戻します。
注記
・ 倒れ防止アームを元に戻すときには、倒れ防止アーム
が溝にしっかりと固定されていることを確認してく
ださい。
12. 排出トレイカバーを静かに手前に倒したあ
と、カバー中央部を上から押して閉じます。
トナーカバーを閉じ、続いてフロントカ
バーを閉じます。
注記
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、ベルトユニットの表
面(黒のフィルム)には触らないでください。
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、トナーカバーを持た
ないでください。
・ 排出トレイカバーとフロントカバーを閉じるとき、カ
バーとプリンター本体の間に指を挟まないように注
意してください。
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
210 6 困ったときには
K
C
M
Y
„ ADC センサーの清掃
操作パネルに[094-310]のエラーコードが表示されたときは、次の手順に従って、本
機内部の ADC センサーを清掃してください。
1.
手差しトレイに用紙がセットされている場
合は取り除き、手差しトレイを閉じます。
注記
・ 手差しトレイを閉じるとき、プリンター本体との間に
指を挟まないように注意してください。
2.
A レバーを押し上げて、フロントカバーを
開けます。
3.
排出トレイカバーの右手前の C レバーを持
ち、静かにカバーを開けます。
注記
・ カバーは 90 度以上開きます。止まるところまで完全
に開けてください。
・ ベルトユニットの表面(黒のフィルム)には触らない
でください。
ベルトユニット
C レバー
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
4.
排出トレイカバーの右側に付いている倒れ
防止アームの上先端を手前に外し、本機右
側の溝に差し込んで、排出トレイカバーを
固定します。
注記
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、ベルトユニットの表
面(黒のフィルム)には触らないでください。
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、トナーカバーを持た
ないでください。
・ 排出トレイカバーとフロントカバーを閉じるとき、カ
バーとプリンター本体の間に指を挟まないように注
意してください。
5.
矢印の先にある 2 箇所の透明部分を汚れの
ない綿棒で左右に 5 往復拭きます。
5 往復
注記
・ 指示した場所以外、プリンターの内部には触れないで
ください。部品によっては、高温になっているものが
あります。
・ 布やティッシュペーパーなどを使用すると、清掃する
ときに機械内部の部品に触れる場合があり、危険で
す。清掃には必ず綿棒を使用してください。
5 往復
6.4 印字品質や画質のトラブル
211
6.
倒れ防止のアームを元に戻します。
注記
・ 倒れ防止アームを元に戻すときには、倒れ防止アーム
が溝にしっかりと固定されていることを確認してく
ださい。
7.
排出トレイカバーを静かに手前に倒したあ
と、カバー中央部を上から押して閉じます。
トナーカバーを閉じ、続いてフロントカ
バーを閉じます。
注記
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、ベルトユニットの表
面(黒のフィルム)には触らないでください。
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、トナーカバーを持た
ないでください。
・ 排出トレイカバーとフロントカバーを閉じるとき、カ
バーとプリンター本体の間に指を挟まないように注
意してください。
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
212 6 困ったときには
6.5
トレイや用紙送りのトラブル
症状
用紙が送られない
紙づまりが起こる
用紙が重送される
用紙が斜めに送られる
用紙にしわがつく
原因 / 処置
用紙は正しくセットされていますか?
用紙を正しくセットしてください。また、ラベル紙、はがき、封筒などをセットする
場合は、用紙の間に空気が入るように、よく紙をさばいてください。
用紙が湿気を含んでいませんか?
新しい用紙と交換してください。
適切な用紙を使用していますか?
使用できる用紙をセットしてください。ただし、用紙の種類や用紙の状態によっては、
用紙にしわがつくことがあります。
参照
・「使用できる用紙」(P. 102)
トレイが外れていませんか?
トレイを本機の奥までしっかり押し込んでください。
本機は水平な場所に設置されていますか?
安定した平面の上に移動してください。
用紙ガイドは、正しい位置にセットされていますか?
用紙ガイドを正しい位置にセットしてください。
参照
・「4.2 用紙をセットする」(P. 108)
用紙の継ぎ足しをしていませんか?
トレイにセットしてある用紙を使い切る前に、用紙を継ぎ足すとこのような現象が起
こることがあります。セットしている用紙をよくさばいてから、もう一度セットして
ください。用紙を補給するときは、セットしている用紙を使い切ってから補給してく
ださい。
トレイ 1 ~ 4 からトレイが正
しく選択されない
用紙ガイドは、正しい位置にセットされていますか?
用紙ガイドの位置がずれていると、本機は正しくセットされている用紙のサイズを検
知できないことがあります。用紙ガイドを正しい位置にセットしてください。
プリンタードライバーのプロパティや操作パネルで、トレイの設定、および用紙サイ
ズ、用紙種類が適切に設定されているかを確認してください。
参照
・「[プリント設定]」(P. 171)
・ プリンタードライバーのヘルプ
手差しトレイから用紙が送ら
れない
プリンタードライバーの[トレイ / 排出]タブで[用紙トレイ選択]を[自動]にし
ていませんか。[ トレイ 5( 手差し )] を選択するか、[ 自動 ] の場合は手差しトレイを
自動選択トレイの対象に設定してください。
参照
・ プリンタードライバーのヘルプ
・「 トレイ 5(手差し)を自動トレイ選択の対象に設定する」(P. 118)
6.5 トレイや用紙送りのトラブル
213
6.6
主なエラーメッセージとエラーコード
主なエラーメッセージ(50 音順)
操作パネルに表示される主なエラーメッセージについて説明します。
補足
[ ]マークが表示されている場合は、〈 〉〈 〉ボタンで画面を上下に
・ ディスプレイの右端に[ ]
移動させて、メッセージの全文を確認してください。
・ メッセージが 1 画面で表示できない場合、交互に画面を切り替えて表示することもあります。下表で
は、↑↓で切り替わるメッセージを表しています。
メッセージ
[OK]でプリント開始
[プリント中止]でキャンセル
状態 / 原因 / 処置
トレイの用紙サイズまたは用紙種類を変更したあと、操作パネルの〈OK〉ボタンを
押すか、または〈プリント中止〉ボタンを押して印刷を中止してください。
カバー A, B, C を
閉じてください
カバー A、B、C のどれかが開いています。
カバー A、B、C をしっかりと閉じてください。
紙づまり:カバー A
を開けて、用紙を除
去してください
本機内部で紙づまりが発生しています。
A レバーを押し上げ、カバー A を開けて、詰まっている用紙を取り除いてください。
用紙を除去できない場合は、カバー A を閉じトレイ 1 を開けて用紙を除去してくだ
さい。最後にカバー A を開け閉めしてください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「6.1 紙づまりの処置」(P. 193)
紙づまり:カバー B を
開けて、用紙を除去
してください
本機内部で紙づまりが発生しています。
B ボタンを押し、カバー B を開けて、詰まっている用紙を取り除いてください。
参照
・「6.1 紙づまりの処置」(P. 193)
紙づまり:カバー B を
開け、レバー E を引いて
用紙を除去してくだ
さい
本機内部で紙づまりが発生しています。
B ボタンを押し、カバー B を開け、レバー E を引いて、詰まっている用紙を取り除
いてください。
それでも紙づまりが解決しない場合は、カバー A を開けて内部に紙片が残っていな
いか確認してください。
参照
・「6.1 紙づまりの処置」(P. 193)
紙づまり:トレイ 5( 手差
し ) の用紙を取り出し
カバー A を開けて用紙
を除去してください
手差し部分で紙づまりが発生しています。
手差しトレイの用紙を取り出し、A レバーを押し上げ、カバー A を開けて、詰まっ
ている用紙を取り除いてください。そのあと、手差しトレイに用紙をセットし直し
てください。
参照
・「6.1 紙づまりの処置」(P. 193)
紙づまり:トレイ N を引
き出し用紙を除去し
用紙ガイドの位置を
確認してください
(N:1 ~ 4 のどれか)
214 6 困ったときには
本機内部で紙づまりが発生しています。
トレイ N を引き出し、詰まっている用紙を取り除いてください。そのあと、トレイ
の用紙ガイドが正しい位置になっていることを確認してください。
参照
・「6.1 紙づまりの処置」(P. 193)
メッセージ
状態 / 原因 / 処置
紙づまり:トレイ M とトレイ
本機内部で紙づまりが発生しています。
N を引き出し、用紙を
トレイ M を引き出し、詰まっている用紙を取り除いて、戻してください。そのあと、
除去してください
トレイ N を引き出し、詰まっている用紙を取り除いて、戻してください。
(M:2 ~ 4、N:1 ~ 3 のどれか)
参照
・「6.1 紙づまりの処置」(P. 193)
カラーモード制限
機械管理者に確認
カラーモードが制限されているため、プリントを一時停止しました。
白黒モードに変更して出力し直すか、機械管理者に確認してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
すべての用紙トレイをセットし
てください
用紙トレイよりも上段のトレイが抜けています。
用紙トレイの上段にあるトレイをすべてセットしてください。
セット後 [OK] でプリント開始
[ プリント中止 ] でキャンセル
手差しトレイに指定したサイズの用紙がセットされていません。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、手差しトレイに用紙をセットしてく
ださい。正しい用紙がセットされた後、
[OK]ボタンを押すと印刷が継続され、
[プ
リント中止]ボタンを押すと印刷はキャンセルされます。
参照
・「手差しトレイに用紙をセットする」(P. 108)
手差しに用紙を補給
<サイズ + 方向><紙質>
手差しトレイの用紙がなくなりました。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、手差しトレイに用紙をセットしてく
ださい。
参照
・「手差しトレイに用紙をセットする」(P. 108)
手差しのガイド確認
<サイズ + 方向><紙質>
手差しトレイに正しい用紙がセットされていません。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、手差しトレイに用紙をセットしてく
ださい。
正しい用紙をセットしているのに、このメッセージが表示される場合は、用紙サイ
ズが正しく認識されていない可能性があります。用紙ガイドの位置を確認してくだ
さい。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「手差しトレイに用紙をセットする」(P. 108)
手差し(優先)にセット
<サイズ + 方向><紙質>
手差しトレイに用紙をセットしてください。また、印刷時に指定した用紙(サイズ
または紙質)がセットされているトレイが本機にない場合もこのメッセージが表示
されます。この場合は、本機のトレイのどれかを表示されているサイズ・方向・紙
質の用紙に変更してください。
正しい用紙をセットしているのに、このメッセージが表示される場合は、用紙サイ
ズが正しく認識されていない可能性があります。用紙ガイドの位置を確認してくだ
さい。
参照
・「手差しトレイに用紙をセットする」(P. 108)
手差しの用紙サイズ確認
<サイズ + 方向><紙質>
手差しトレイに指定したサイズの用紙がセットされていません。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、手差しトレイに用紙をセットしてく
ださい。正しい用紙がセットされた後、印刷は自動的に開始されます。
参照
・「手差しトレイに用紙をセットする」(P. 108)
手差しの用紙種類確認
<サイズ + 方向><紙質>
手差しトレイに、指定された用紙種類と異なる種類の用紙がセットされています。
手差しトレイの用紙種類を変更してください。正しい用紙種類に変更された後、印
刷は自動的に開始されます。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
215
メッセージ
手差しの用紙を確認
<サイズ + 方向><紙質>
状態 / 原因 / 処置
手差しトレイに正しい用紙がセットされていません。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、手差しトレイに用紙をセットしてく
ださい。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「手差しトレイに用紙をセットする」(P. 108)
手差しを確認し[OK]
<サイズ+方向><紙質>
手差しトレイに正しい用紙がセットされていません。
表示されている用紙が手差しトレイにセットされているかを確認し、〈OK〉ボタン
を押してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
電源を切 / 入して
ください ***-***
本機に故障が発生しています。
電源スイッチを切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、再度電源スイッ
チを入れてください。再びエラーコードが表示された場合は、ディスプレイに表示
されているエラーコード「***-***」を確認してから、お買い求めの販売店、または
サービス窓口にご連絡ください。
参照
・「エラーコード」(P. 222)
トナー回収ボトルカバーを
閉じてください
トナー回収ボトルカバーが開いています。
トナー回収ボトルカバーを閉じてください。
トナー回収ボトルを
交換してください
トナー回収ボトルがいっぱいになったため、機械が停止しました。
新しいトナー回収ボトルと交換してください。
参照
・「トナー回収ボトルを交換する」(P. 252)
・「消耗品の種類と購入について」(P. 242)
トナーカートリッジのタイプが
違います:X
(X:イエロー (Y)、マゼンタ (M)、
シアン (C)、ブラック (K) のどれ
か)
本機に適したトナーカートリッジではありません。
本機に適したトナーカートリッジを正しくセットしてください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「消耗品の種類と購入について」(P. 242)
トナーカートリッジ X
をセットしてください
(X:イエロー (Y)、マゼンタ (M)、
シアン (C)、ブラック (K) のどれ
か)
X のトナーカートリッジがセットされていません。
表示されたトナーカートリッジを正しくセットしてください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「トナーカートリッジを交換する」(P. 245)
トナーカバーを
閉じてください
トナーカバーが開いています。
トナーカバーを閉じてください。
X のトナーがなくなりました。カラーでプリントする場合には、新しいトナーカー
トナー交換 X
トリッジに交換してください。
[プリント中止]でキャンセル
(X:イエロー (Y)、マゼンタ (M)、
補足
シアン (C) のどれか)
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「トナーカートリッジを交換する」(P. 245)
216 6 困ったときには
メッセージ
トナーを交換してくだ
さい : X
(X:イエロー (Y)、マゼンタ (M)、
シアン (C)、ブラック (K) のどれ
か、または複数の組み合わせ)
状態 / 原因 / 処置
X のトナーがなくなりました。新しいトナーカートリッジに交換してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
・ トナーカートリッジ(ブラック)を含む複数色のトナーが表示された場合、トナー
カートリッジ(ブラック)だけでなく指定されたトナーカートリッジをすべて交
換しないと、プリンタードライバーのカラーモードで白黒を選択しても印刷でき
ません。
参照
・「トナーカートリッジを交換する」(P. 245)
ドラムカートリッジ (X) の
タイプが違います
(X:Y、M、C、K のどれか)
本機に適したドラムカートリッジではありません。
本機に適したドラムカートリッジを正しくセットしてください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「消耗品の種類と購入について」(P. 242)
ドラムカートリッジ(X)を
交換してください
(X:Y、M、C、K のどれか)
X のドラムカートリッジが寿命です。
表示されたドラムカートリッジを新しいドラムカートリッジに交換してください。
参照
「ドラムカートリッジを交換する」(P. 247)
ドラムカートリッジ (X) を
交換してください
(X:Y、M、C、K のどれか)
本機に適していないドラムカートリッジが X にセットされているか、X のドラム
カートリッジに異常が発生しています。
表示されたドラムカートリッジを新しいドラムカートリッジに交換してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
「ドラムカートリッジを交換する」(P. 247)
ドラムカートリッジ (X) を
セットしてください
(X:Y、M、C、K のどれか)
X のドラムカートリッジがセットされていません。
表示されたドラムカートリッジを正しくセットしてください。
参照
・「ドラムカートリッジを交換する」(P. 247)
・「消耗品の種類と購入について」(P. 242)
トレイ N に用紙を補給
<サイズ + 方向><紙質>
(N:1 ~ 4 のどれか)
用紙トレイ N の用紙がなくなりました。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、用紙トレイ N に用紙をセットしてく
ださい。
正しい用紙をセットしているのに、このメッセージが表示される場合は、用紙サイ
ズが正しく認識されていない可能性があります。用紙ガイドの位置を確認してくだ
さい。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)に用紙をセットする」(P. 110)
トレイ N の用紙ガイド
と用紙の位置を確認
(N:1 ~ 4 のどれか)
用紙トレイ N の用紙ガイドと用紙の位置を確認してください。
トレイ N の用紙種類確認
<サイズ + 方向><紙質>
(N:1 ~ 4 のどれか)
用紙トレイ N に、指定された用紙種類と異なる種類の用紙がセットされています。
トレイの用紙種類を変更してください。正しい用紙種類に変更された後、印刷は自
動的に開始されます。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
217
メッセージ
トレイ N の用紙種類確認
<サイズ + 方向><紙質>
(N:1 ~ 4 のどれか)
状態 / 原因 / 処置
用紙トレイ N に、正しい種類の用紙がセットされていません。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、用紙トレイ N に用紙をセットしてく
ださい。
正しい用紙をセットしているのに、このメッセージが表示される場合は、用紙サイ
ズが正しく認識されていない可能性があります。用紙ガイドの位置を確認してくだ
さい。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しく情報が表示されます。
参照
・「トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)に用紙をセットする」(P. 110)
トレイ N のガイドを確認
<サイズ + 方向><紙質>
(N:1 ~ 4 のどれか)
用紙トレイ N に正しい用紙がセットされていません。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、用紙トレイ N に用紙をセットしてく
ださい。
正しい用紙をセットしているのに、このメッセージが表示される場合は、用紙サイ
ズが正しく認識されていない可能性があります。用紙ガイドの位置を確認してくだ
さい。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しく情報が表示されます。
参照
・「トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)に用紙をセットする」(P. 110)
トレイ N の用紙を確認
<サイズ + 方向><紙質>
(N:1 ~ 4 のどれか)
用紙トレイ N に正しい用紙がセットされていません。
表示されているサイズ・方向・紙質に従って、用紙トレイ N に用紙をセットしてく
ださい。
正しい用紙をセットしているのに、このメッセージが表示される場合は、用紙サイ
ズが正しく認識されていない可能性があります。用紙ガイドの位置を確認してくだ
さい。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しく情報が表示されます。
参照
・「トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)に用紙をセットする」(P. 110)
トレイ N(優先)にセット
<サイズ + 方向><紙質>
(N:1 ~ 4 のどれか)
印刷時に指定した用紙(サイズまたは紙質)がセットされているトレイの用紙がな
くなりました。
該当するトレイに用紙をセットしてください。また、印刷時に指定した用紙(サイ
ズまたは紙質)がセットされているトレイが本機にない場合もこのメッセージが表
示されます。この場合は、本機のトレイのどれかを表示されているサイズ・方向・
紙質の用紙に変更してください。
正しい用紙をセットしているのに、このメッセージが表示される場合は、用紙サイ
ズが正しく認識されていない可能性があります。用紙ガイドの位置を確認してくだ
さい。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しく情報が表示されます。
参照
・「トレイ 1、トレイ 2 ~トレイ 4(オプション)に用紙をセットする」(P. 110)
トレイの用紙サイズ:不明
用紙ガイド位置を確認
指定された用紙トレイの用紙サイズが不明です。
トレイの用紙ガイド位置を確認してください。
プリントできます
***-***
本機に何らかの障害が発生しています。
プリントできますが、本機に何らかの障害が発生しています。
電源スイッチを切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、再度電源スイッ
チを入れてください。再びエラーコードが表示された場合は、ディスプレイに表示
されているエラーコード「***-***」を確認して処置してください。
参照
・「エラーコード」(P. 222)
218 6 困ったときには
メッセージ
プリントできます
DNS サーバー更新不可
状態 / 原因 / 処置
DNS の IPv4 または IPv6 アドレス、ホスト名が更新できませんでした。
DNS サーバーの設定を確認してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・ CentreWare Internet Services のヘルプ
プリントできます
IPvx アドレス重複
(vx:v4 または v6)
IPv4 または IPv6 アドレスが重複しています。
IP アドレスを変更してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・「IP アドレス(IPv4)を設定する」(P. 36)
・「IP アドレス(IPv6)を設定する」(P. 39)
プリントできます
同じ SMB ホスト名あり
同じ SMB ホスト名が存在しています。
ホスト名を変更してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
参照
・ CentreWare Internet Services のヘルプ
プリントできます
回収ボトル交換時期
トナー回収ボトルの交換時期が近づいています。
トナー回収ボトルがいっぱいになり、機械が停止するまでの残りの印刷可能ページ
数は、約 500 ページ *1 です。
この間に、新しいトナー回収ボトルを用意してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに情報が表示されます。
プリントできます
回収ボトル予備用意
トナー回収ボトルの交換時期が近づいています。
トナー回収ボトルがいっぱいになり、機械が停止するまでの残りの印刷可能ページ
数は、約 1200 ページ *1 です。
この間に、新しいトナー回収ボトルを用意してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに情報が表示されます。
プリントできます
交換依頼 ***-***
有寿命部品(定期交換部品、有償)の交換時期です。機械は停止しませんが、本機
の性能を維持するために交換が必要です。
エラーコード「***-***」を確認してから、お買い求めの販売店、またはサービス窓口
にご連絡ください。
注記
・ ベルトユニットの場合、定期交換メッセージを無視して使い続けるとエラーにな
ります。
参照
・「有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について」(P.328)
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しく情報が表示されます。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
219
メッセージ
プリントできます
交換時期 ***-***
状態 / 原因 / 処置
有寿命部品(定期交換部品、有償)の交換時期が近づいています。
エラーコード「***-***」を確認してください。
このメッセージが表示されている間は、すぐに交換する必要はありません。
・ メッセージが[交換依頼]に変わったら、お買い求めの販売店、またはサービス
窓口に連絡し、交換してください。
参照
・「有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について」(P.328)
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
プリントできます
定着ユニット交換
・ 有寿命部品(定期交換部品、有償)である定着ユニットの交換時期です。機械は
停止しませんが、本機の性能を維持するために交換が必要です。お買い求めの販
売店、またはサービス窓口に連絡し、交換してください。
参照
・「有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について」(P.328)
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに情報が表示されます。
プリントできます
定着ユニット交換時期
有寿命部品(定期交換部品、有償)である定着ユニットの交換時期が近づいています。
このメッセージが表示されている間は、すぐに交換する必要はありません。
メッセージが[定着ユニット交換]に変わったら、お買い求めの販売店、またはサー
ビス窓口に連絡し、交換してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに情報が表示されます。
プリントできます
トナー予備用意 :X
(X:イ エ ロ ー、マ ゼ ン タ、シ ア
ン、ブラックのどれか、または Y、
M、C、K の組み合わせ)
X のトナーカートリッジの交換時期が近づいています。
トナーがなくなり、機械が停止するまでの残りの印刷可能ページ数は、約 1200
ページ *1 です。
この間に、表示された X の新しいトナーカートリッジの予備を用意してください。
補足
・「トナー予備用意:X」が表示された場合、トナーが片寄っている可能性がありま
す。トナーカバーを開けて、ディスプレイに表示された色のトナーカートリッジ
を上から「トントン」と 5 ~ 6 回軽く叩いてください(トナーカートリッジを外
す必要はありません)。トナーカバーを閉め、メッセージが消えない場合は、表示
されたトナーカートリッジの予備を用意してください。
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
プリントできます
ドラムカートリッジ交換:X
(X:Y、M、C、K のどれか)
ドラムカートリッジ X の寿命、またはセットされたドラムカートリッジ X が本機用
のものではないか、ドラムカートリッジ X に異常が発生しています。
寿命によりこのメッセージが表示されても、操作パネルの[システム設定]>[ド
ラム寿命動作]が[プリント停止しない]に設定されている場合は、ドラムカート
リッジの寿命がきても機械が停止せずにこのメッセージが表示され、しばらくの間
は継続して使用できます。
ただし、印刷画質などの本機の性能に影響が出ることがあるので、表示されたドラ
ムカートリッジ X を新しいものと交換することをお勧めします。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しく情報が表示されます。
プリントできます
ドラム交換時期:X
(X:Y、M、C、K のどれか)
まもなく表示されたドラムカートリッジの交換時期になります。ドラムカートリッ
ジの寿命がきて、機械が停止するまでの残りの印刷可能ページ数は、約 500 ページ
*1 です。
この間に、新しいドラムカートリッジを用意してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに情報が表示されます。
220 6 困ったときには
メッセージ
プリントできます
ドラム予備用意:X
(X:Y、M、C、K のどれか)
状態 / 原因 / 処置
ドラムカートリッジ X の交換時期が近づいています。
ドラムカートリッジの寿命がきて、機械が停止するまでの残りの印刷可能ページ数
は、約 1200 ページ *1 です。
この間に、新しいドラムカートリッジの予備を用意してください。
また、本機では、残り印刷可能ページ数が約 500 ページ *1 になった時点で、再度、
新しいドラムカートリッジの準備を促すメッセージ([ドラム交換時期])が表示さ
れます。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
プリントできます(黒)
トナー交換:X
(X:Y(イエロー)、M(マゼン
タ)、C(シアン)のどれか、また
は Y、M、C の組み合わせ)
白黒印刷だけができる状態です。
X のトナーカートリッジがなくなった、セットされたトナーカートリッジが本機用
のものではない、または X のトナーカートリッジに異常が発生しました。
カラー印刷を行う場合は、表示された X のトナーカートリッジを新しいものと交換
してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
プリントできます(黒)
トナーセット:X
(X:Y(イエロー)、M(マゼン
タ)、C(シアン)のどれか、また
は Y、M、C の組み合わせ)
プリントできません
***-***
白黒印刷だけができる状態です。
X のトナーカートリッジが正しい位置にセットされていません。
カラー印刷を行う場合は、表示された X のトナーカートリッジを正しい位置にセッ
トしてください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに詳しい情報が表示されます。
ディスプレイに表示されているエラーコード「***-***」を確認して処置してください。
補足
・〈インフォメーション〉ボタンを押すと、操作パネルに情報が表示されます。
参照
・「エラーコード」(P. 222)
用紙種類がないため
他の用紙に変更
↑↓
[OK]でプリント開始
[プリント中止]でキャンセル
用紙種類がないため
手差しの用紙でプリント
用紙種類がないため
トレイ N の用紙でプリント
(N:1 ~ 4 のどれか)
用紙トレイに、プリンタードライバーで指定した用紙種類の用紙がセットされてい
ません。操作パネルの〈OK〉ボタンを押して、異なる種類の用紙に印刷するか、
〈プ
リント中止〉ボタンを押して印刷を中止してください。
用紙トレイに、プリンタードライバーで指定した用紙種類の用紙がセットされてい
ません。トレイ 5(手差し)の用紙を使用してプリントします。
用紙トレイに、プリンタードライバーで指定した用紙種類の用紙がセットされてい
ません。表示されたトレイの用紙を使用してプリントします。
*1: 印刷できるページ数は、印刷条件や原稿の内容によって、大きく変化します。詳細は、「有寿命部品(定期交換部品、
有償)の寿命について」(P.328) を参照してください。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
221
エラーコード
エラーコードとは、エラーが発生して印刷が正常に終了しなかった場合や、本体に故障が
発生した場合、本機の操作パネルに表示される 6 桁の数字です。
このコードは、エラーの原因を突き止めるための、大切な情報です。エラーメッセージと
ともに、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
なお、お客様で対処できるエラーコードについて、下表に記載しました。エラーコードが
表示された場合は、まず、下表に該当するエラーコードがないかを確認してください。
エラーコードは、番号の小さい順に並んでいます。
次の表に記載されていないエラーコードが表示された場合や、記載に従っ
て処置をしても状態が改善されないときは、お買い求めの販売店、または
サービス窓口にご連絡ください。表に記載されていないエラーコードは、
お客様では対処できないエラーです。
エラーコード
原因 / 処置
016-210
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられていないの
で、セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の機能を有効
にできませんでした。
セキュリティ拡張キットを使用する場合は、ハードディスクが必要です。
016-211
増設メモリ(オプション)が取り付けられていないので、セキュリティ拡張キット(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))の機能を有効にできませんでした。
セキュリティ拡張キットを使用する場合は、増設メモリが必要です。
016-400
802.1x 認証のユーザー名あるいはパスワードが異なっています。
ユーザー名あるいはパスワードを確認して正しく入力してください。それでも状態が改善されな
いときは、ネットワーク環境に問題がないかを確認してください。
016-401
802.1x 認証方式が処理できません。
本機の認証方式を、認証サーバーに設定されている認証方式と同じものに設定し直してくださ
い。
016-402
認証接続がタイムアウトになりました。
本機と物理的ネット接続されている「認証装置」のスイッチ設定やネット接続を確認し、正しく
接続されているか確認してください。
016-403
ルート証明書が一致しませんでした。
認証サーバーを確認し、本機に認証サーバーのサーバー証明書のルート証明書を格納してくださ
い。
サーバー証明書のルート証明書が入手できない場合は、
操作パネルで [IEEE 802.1x 設定 ] の [ サー
バー証明書の検証 ] を [ しない ] にしてください。
参照
・「[IEEE 802.1x 設定]」(P. 154)
016-404
内部エラーが発生しました。
再度同じ操作を行ってください。それでも状態が改善されない場合は、機械の故障が考えられま
す。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
016-405
システム起動中に、証明書データベースファイルに異常が検出されました。
証明書の初期化を実行してください。
参照
・「証明書初期化」(P. 190)
222 6 困ったときには
エラーコード
原因 / 処置
016-406
802.1x 認証の認証方式として「EAP-TLS」が選択されていますが、SSL クライアント証明書
が設定されていないか削除されています。
次のどちらかの方法で処置してください。
・ 本機に SSL クライアント証明書を格納し、SSL クライアント証明書として設定する。
・ SSL クライアント証明書の設定ができない場合には、認証方式として「EAP-TLS」以外のも
のを選択する。
参照
・ CentreWare Internet Services のヘルプ
016-450
SMB のホスト名が重複しています。
ホスト名を変更してください。
016-453
DNS サーバーに対する、IPv6 アドレスとホスト名の更新に失敗しました。
DNS サーバーアドレスが正しく設定されているか確認してください。
016-454
DNS から、IP アドレスを取得できませんでした。
DNS の設定と IP アドレスの取得方法の設定を確認してください。
016-503
メール送信時に SMTP サーバーの名前が解決できませんでした。
CentreWare Internet Services の[プロパティ]で、SMTP サーバーの設定が正しいかを確
認してください。また、DNS サーバーの設定も確認してください。
参照
・ CentreWare Internet Services のヘルプ
016-504
メール送信時に POP3 サーバーの名前が解決できませんでした。
CentreWare Internet Services の[プロパティ]で、POP3 サーバーの設定が正しいかを確
認してください。また、DNS サーバーの設定も確認してください。
参照
・ CentreWare Internet Services のヘルプ
016-505
メール送信時に POP3 サーバーへのログインに失敗しました。
CentreWare Internet Services の[プロパティ]で、POP3 で使用するユーザー名とパス
ワードが正しいかを確認してください。
参照
・ CentreWare Internet Services のヘルプ
016-514
XML Paper Specification(XPS)文書の処理中にエラーが発生しました。
XPS Viewer から、ART EX プリンタードライバーなど、本機用の別のプリンタードライバー
を使用して印刷してください。
016-515
XML Paper Specification(XPS)文書の処理中に、メモリー不足が発生しました。
[印刷モード]が[高画質]の場合は[標準]にして、もう一度印刷をしてください。それでも
状態が改善されないときは[高速]にして印刷をしてください。
それでも状態が改善されないときは、増設メモリ(オプション)を取り付けてください。
016-516
PrintTicket の処理中に、エラーが発生しました。
プリントジョブを送信しているアプリケーションの使用方法、印刷指示内容に問題がないかを確
認してください。
問題がない場合は、プリントジョブを送信しているアプリケーションの製造元にアプリケーショ
ンの動作を確認してください。それでも解決しない場合は、お買い求めの販売店、またはサービ
ス窓口にご連絡ください。
補足
・ PrintTicket とは、XML Paper Specification(XPS)ファイルに含まれる、印刷設定に関
する情報です。
016-517
PostScript(オプション)で製本印刷中にエラーが発生しました。
ページデバイス ProcessColorModel、HWResolution、DeveiceRenderingInfo を途中で
切り替えないように PostScript ファイルを書き換えてください。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
223
エラーコード
原因 / 処置
016-518
PostScript(オプション)で製本印刷中にエラーが発生しました。
PS 製本印刷と WaterMark/UUID の指定は同時に実行できません。どちらか一方だけにしてく
ださい。
参照
・「UUID 印字」(P.276)
016-519
印刷可能制限枚数の上限に達しました。
さらに印刷を行う場合は、機械管理者に相談してください。
016-529
Remote Download サーバーとの通信でエラーが発生しました。
次の項目を確認してください。
・ ネットワークケーブルが正しく接続されているか
・ Remote Download サーバーがネットワーク上に正しく設定されているか
016-535
Remote Download サーバー上に指定されたファームウェア更新ファイル (Download イメー
ジファイル ) が存在しません。
Remote Download サーバー上のファームウェア更新ファイルを確認してください。
016-536
Remote Download サーバーへの接続時にサーバー名が解決できませんでした。
次の項目を確認してください。
・ DNS と正しく接続されているか
・ Remote Download サーバー名が DNS に登録されているか
016-537
接続先の Remote Download サーバーのポートが開いていません。
Remote Download サーバーでポートが開いているかを確認してください。
016-538
Remote Download サーバーから取得したファームウェア更新ファイルをハードディスクに正
常に書き込めませんでした。
ハードディスクの空き容量を確認し、不要ファイルを削除するか、またはハードディスクを交換
してください。
016-565
バックアップ時にバックアップ保存先がないか、リストア、バックアップファイル削除時にバッ
クアップファイルがありません。
USB バックアップ時は、USB メモリーが正しく装着されているかを確認してください。それで
も解決しない場合は、コンピューターで、USB メモリーに「backup」ディレクトリーがあるか
どうかを確認し、ない場合には「backup」ディレクトリーを作成してください。
リストア、バックアップファイルを削除するときは、USB メモリーが正しく装着されているか
を確認してください。
016-566
NVM バックアップ時に、本機と同じバージョンのダウンロードファイルが見つかりませんでし
た。または、NVM リストア時に、バックアップ時の機械の構成と一致しないためにリストアが
できませんでした。
バックアップ時は、USB メモリーの「dwld」ディレクトリーにダウンロードファイルを格納し
て、本機に装着してからバックアップを実行してください。
リストア時は、バックアップ時の構成とソフトウェアバージョンに合わせてください。
016-567
NVM バックアップ先の容量が不足しています。
ハードディスクまたは外部バックアップ時は、操作パネルで既存のバックアップファイルを削除
してください。
USB バックアップ時は、操作パネルまたはコンピューターで USB メモリー内のバックアップ
ファイルを削除してください。
016-568
NVM バックアップに失敗しました。またはリストア時にバックアップファイルが壊れていまし
た。
USB バックアップ時は、USB メモリーが正しく装着されているかを確認してください。
それでも解決しない場合は、ハードディスクまたは USB メモリーをフォーマットしてください。
016-570
ジョブチケット用メモリーの容量が不足しているため、印刷できませんでした。
操作パネルで[ジョブチケット用メモリー]の容量を大きくし、本機の電源を切って、入れ直し
たあとに、再度印刷を指示してください。
参照
・「ジョブチケット用メモリー」(P. 184)
016-571
ジョブチケットの内容が正しくないため、印刷できませんでした。
プリント設定に不整合がないかどうかを確認し、プリント設定を修正して、再度印刷を指示して
ください
224 6 困ったときには
エラーコード
原因 / 処置
016-572
ジョブチケットで指定された用紙属性が、本機で使用できない用紙(サイズ、紙質、紙色)に
なっているため、印刷できませんでした。
印刷時に指定した用紙が本機で使用できる用紙かどうかを確認してください。
016-573
ジョブチケットの内容が正しくないため、印刷できませんでした。
印刷を指示したコンピューターにプリンタードライバーが正しくインストールできているか、動
作条件が整っているか、本機で使用できるドライバーかどうかを確認してください。
016-598
016-599
ページ分割で、1 ページ分のメールデータのサイズが最大メッセージサイズを超えました。
CentreWare Internet Services の [ プロパティ] > [ ネットワーク設定 ] > [ プロトコル設定 ]
> [SMTP] で、[ 1通ごとのデータサイズ上限 ] を大きな値に変更してください。
参照
・CentreWare Internet Services のヘルプ
016-700
プリンタードライバーで設定した、セキュリティープリントの暗証番号が、本機に設定してある
暗証番号の最小桁数よりも桁数が少なかったため、処理を中断しました。
プリンタードライバーで設定する暗証番号を、本機に設定してある暗証番号の最小桁数よりも多
い桁数に設定してください。
016-701
メモリーが不足したため、ART EX の印刷データを処理できませんでした。
解像度を低くしたり、両面印刷や N アップをしないで、再度印刷を指示してください。
参照
・プリンタードライバーのヘルプ
016-702
プリントページバッファが不足したため、ART EX または PostScript の印刷データを処理でき
ませんでした。
次のどれかの方法で対処してください。
・[グラフィックス]タブの[印刷モード]が[高精細 ( 文字 / 線 )]の場合は、[標準]にする
・[詳細設定]タブの[ページ印刷モード]を[する]にする(ART EX のみ)
・ プリントページバッファを増やす
・ 増設メモリ(オプション)を取り付けて、メモリーを増設する
参照
・[印刷モード]/[ページ印刷モード]:プリンタードライバーのヘルプ
・ プリントページバッファ:「[メモリー設定]」(P. 182)
016-703
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられていないの
で、時刻指定プリント文書が登録できませんでした。
時刻指定プリント機能を使用するには、ハードディスクが必要です。
016-704
セキュリティー / サンプルプリントの最大文書数を超えました。
本機内に蓄積されている不要な文書を削除し、もう一度印刷を指示してください。
016-705
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられていないの
で、セキュリティープリント文書が登録できませんでした。
これらの機能を使用するには、ハードディスクが必要です。
016-706
セキュリティー / サンプルプリントの最大ユーザー数を超えました。
本機内に蓄積されている不要な文書やセキュリティープリントの登録ユーザーなどを削除し、も
う一度印刷を指示してください。
016-707
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられていないか、
またはハードディスクの故障などで、サンプルプリントが印刷できませんでした。
016-708
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の領域が不足しているため、
印刷できませんでした。
ハードディスク内の不要なデータを削除して、空き容量を増やしてください。
016-709
ART EX 処理でエラーが発生しました。
印刷ジョブを一度削除して、印刷し直してください。
016-710
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられていないか、
またはハードディスクの故障などで、時刻指定プリントができませんでした。
時刻指定プリント機能を使用するには、ハードディスクが必要です。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
225
エラーコード
原因 / 処置
016-711
設定されているメールサイズの上限設定を超えています。
添付ファイルの解像度や倍率を低くしてデータ量を少なくするか、数回に分けて送信してくださ
い。
016-716
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の容量が不足したので、TIFF
ファイルをスプールできませんでした。
ハードディスク内の不要なデータを削除して、空き容量を増やしてください。
016-718
メモリーが不足したため、PCL の印刷データを処理できませんでした。
解像度を低くしたり、両面印刷や N アップをしないで、もう一度印刷を指示してください。
016-719
プリントページバッファが不足したため、PCL のプリントデータを処理できませんでした。
プリントページバッファを増やしてください。
016-720
PCL の印刷データに処理できないコマンドが含まれています。
印刷データを確認して、印刷し直してください。
016-721
印刷処理中にエラーが発生しました。次の原因が考えられます。
1 操作パネルで[プリント設定]の[用紙の優先順位]が、すべての用紙で[設定しない]に設
定されているときに、自動トレイ選択で印刷を指示している
2 ESC/P のコマンドエラー
3 データが途中で切れた場合(ThinPrint での印刷を途中ですると、データ送信が止まり、この
エラーが表示されることがあります。)
1 については、自動トレイ選択で印刷をする場合は、
[用紙の優先順位]で、用紙のどれかを[設
定しない]以外に設定してください。また、ユーザー定義用紙を選択すると、自動的に[用紙の
優先順位]が[設定しない]に設定されてしまうので、注意してください。2 については、印刷
データを確認してください。
参照
・ 用紙の優先順位の設定:
「[用紙の優先順位]」(P. 174)
016-726
操作パネルで[プリントモード指定]が[自動]に設定されている場合に、プリント言語を自動
的に選択できませんでした。次の原因が考えられます。
1 PostScript ソフトウェアキット(オプション)が装着されていない状態で、PostScript デー
タを送信した
2 エミュレーションキットまたは PostScript ソフトウェアキット(両方とも Color MultiWriter 9110C
のみのオプション)が装着されていない状態で、HP-GL/2、PC-PR201H、PCL データを送
信した必要なオプションを装着してください。
016-727
印刷指示した結果、0 ページの文書になったため、ハードディスクに保存できませんでした。
プリンタードライバーの [ 詳細設定 ] タブで、[ 白紙節約 ] をしないに設定して再度印刷するか、
印刷文書が白紙でないかを確認し、白紙であれば文字を入れて印刷してください。
016-728
TIFF ファイルにサポートしていない Tag が含まれていました。
印刷データを確認してください。
016-729
TIFF データの色数、解像度が有効範囲の上限を超えているため、印刷できませんでした。
TIFF ファイルの色数、解像度を変更して、もう一度印刷を指示してください。
016-730
ART Ⅳでサポートされていないコマンドを検知しました。
印刷データを確認し、エラーを引き起こすコマンドを削除して、もう一度印刷を指示してくださ
い。
016-731
TIFF データが途中で切れていて印刷できませんでした。
もう一度印刷を指示してください。
016-732
エミュレーションで、指定されたフォームが登録されていません。
フォームを再登録して、もう一度印刷を指示してください。
016-733
次のどちらかの原因が考えられます。
1 メール送信時、宛先メールアドレスの@の右側の文字列から IP アドレスを取得できない
2 メール送信時、@の右側のインターネットアドレスを DNS で解決できない
1 については、宛先メールアドレスが正しく入力されているかを確認してください。
2 については、DNS サーバーアドレスを正しく設定してください。
016-738
PostScript(オプション)で製本を指定したが、出力できない用紙サイズが設定されています。
製本が可能な用紙サイズを指定して、もう一度印刷を指示してください。
226 6 困ったときには
エラーコード
原因 / 処置
016-739
PostScript(オプション)で製本を指定したが、原稿サイズと用紙サイズの組み合わせが合っ
ていません。
製本が可能な原稿サイズと用紙サイズの組み合わせを指定して、もう一度印刷を指示してくださ
い。
016-740
PostScript(オプション)で製本を指定したが、製本ができない用紙トレイが設定されています。
製本が可能な用紙トレイを指定して、もう一度印刷を指示してください。
016-741
ダウンロードモードへの移行に失敗しました。
操作パネルを操作している場合は、終了してから 1 分後に再度実行してください。それでも状態
が改善されない場合は、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
016-742
016-743
本機に適したダウンロードデータではありません。正しいダウンロードデータで再度実行してく
ださい。
016-744
本機と接続しているケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルが正しく接
続されているかを確認し、再度実行してください。
016-745
ダウンロード中に何らかのエラーが発生しました。お買い求めの販売店、またはサービス窓口に
ご連絡ください。
016-746
PDF ファイルに、本機では対応していない機能が含まれているため、印刷できませんでした。
Adobe Reader を使って PDF ファイルを開き、[ファイル]メニューの[印刷]から印刷を指
示してください。
016-748
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の領域が不足しているため、
印刷できません。
印刷データを分割する、複数部印刷している場合は 1 部ずつ印刷するなどで、印刷データのペー
ジ数を少なくしてください。
また、ハードディスク内の不要なデータを削除して空き容量を増やしてください。
016-749
プリンタードライバーから受信したプリント言語は、本機で印刷できません。
本機用のプリンタードライバーを使用して印刷してください。それでも状態が改善されない場合
は、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
補足
・ PostScript など印刷したいプリント言語によっては、オプションが必要になります。
016-750
ContentsBridge Utility などの PDF や XML Paper Specification(XPS)、DocuWorks
ファイルを直接送信するアプリケーションで印刷を指示しましたが、PDF または XML Paper
Specification(XPS)とともに送信されるプリントジョブチケットに、本機で対応していない
文法、または本機で対応していない印刷指示が含まれていました。
ContentsBridge Utility など、プリントジョブを送信しているアプリケーションの使用方法、
印刷指示内容に問題がないかを確認してください。問題がない場合は、弊社ではなくプリント
ジョブを送信しているアプリケーション作成会社にアプリケーションの動作を確認してくださ
い。
それでも解決しない場合は、機能設定リスト、ジョブ履歴レポート、および送信しているプリン
トジョブチケット付きのプリントデータを取得のうえ、お買い求めの販売店、またはサービス窓
口に連絡してください。
016-751
PDF ファイルを、PDF Bridge 機能を使用して印刷できませんでした。
Adobe Reader を使って PDF ファイルを開き、[ファイル]メニューの[印刷]から印刷を指
示してください。
016-752
メモリーが不足しているため、PDF ファイルを PDF Bridge 機能を使用して印刷できませんで
した。
ContentsBridge Utility を使用している場合は、
[印刷設定]ダイアログボックスで[印刷モー
ド]の設定を次のように変更してください。
・[高画質]が選択されていた場合は、[標準]に変更する
・[標準]が選択されていた場合は、[高速]に変更する
補足
・ ContentsBridge Utility を使用しないで PDF ファイルを直接印刷している場合は、
「[PDF]」
(P. 126) を参照して操作パネルで[PDF]の設定を変更してください。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
227
エラーコード
原因 / 処置
016-753
PDF ファイルのパスワードが、本機に設定されているパスワード、または
ContentsBridgeUtility で設定したパスワードと一致しません。
正しいパスワードを、本機、または ContentsBridge Utility で設定して、もう一度印刷を指示
してください。
補足
・ ContentsBridge Utility を使用しないで PDF ファイルを直接印刷している場合は、
「[PDF]」
(P. 126) を参照して操作パネルで[PDF]の設定を変更してください。
016-755
印刷が許可されていない PDF ファイルは印刷できません。
Adobe Acrobat を使用して、PDF ファイルの印刷禁止の指定を解除してから、もう一度印刷
を指示してください。
参照
・ Adobe Acrobat に付属のマニュアル
016-756
認証 / 集計管理機能を使用して運用している場合、本機に印刷できるユーザーとして登録されて
いません。機械管理者に確認してください。
016-757
入力した暗証番号が間違っている。もしくは、ユーザー認証できません。暗証番号や認証情報
(User ID)を確認してください。
016-758
認証 / 集計管理機能を使用して運用している場合、カラー印刷を利用できるユーザーとして登録
されていません。機械管理者にご相談ください。
016-759
認証 / 集計管理機能を使用して運用している場合、印刷できる上限ページ数に達しました。機械
管理者にご相談ください。
016-760
PostScript(オプション)の処理中にエラーが発生しました。次のどちらかの方法で処置して
ください。
・ PostScript プリンタードライバーで、[印刷モード]の[高画質]が選択されていた場合は、
[高速]に変更する
・ PS 使用メモリーを増やす
参照
・[印刷モード]:プリンタードライバーのヘルプ
・ PS 使用メモリー:「[メモリー設定]」(P. 182)
016-761
イメージ処理中にエラーが発生しました。
[グラフィックス]タブの[印刷モード]が[高精細 ( 文字 / 線 )]の場合は[標準]にして、も
う一度印刷を指示してください。それでも印刷できない場合は、[詳細設定]タブの[ページ印
刷モード]を[する]に設定して印刷してください。
参照
・[印刷モード]/[ページ印刷モード]:プリンタードライバーのヘルプ
016-762
実装されていないプリント言語が指定されました。
本機は標準で、ART EX、ESC/P、TIFF、PDF データを処理できます。PostScript データを
送信したい場合は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))を取り付けてください。また、PC-PR201H、HP-GL、HP-GL/2、PCL データを送
信したい場合は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプショ
ン))またはエミュレーションキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))を取り
付けてください。
016-764
SMTP サーバーに接続できませんでした。
サーバーの管理者にご相談ください。
016-765
SMTP サーバーのハードディスクの容量がいっぱいのため、メール送信ができませんでした。
サーバーの管理者にご相談ください。
016-766
SMTP サーバーでエラーが発生しました。
サーバーの管理者にご相談ください。
016-767
あて先のメールアドレスを間違って指定したため、SMTP サーバーからの応答コード:550、
551 または 553 を受信し , メール送信に失敗しました。
あて先のメールアドレスを確認し、もう一度送信してください。それでもエラーが出る場合はシ
ステム管理者に相談してください。
228 6 困ったときには
エラーコード
原因 / 処置
016-768
本機のメールアドレスが正しくないため、SMTP サーバーに接続できませんでした。
本機のメールアドレスを確認してください。
016-769
SMTP サーバーが配送確認(DSN)に対応していません。
配送確認(DSN)の設定をしないで、メールを送信してください。
016-773
本機の IP アドレスが正しく設定されていません。
DHCP 環境を確認してください。または、固定の IP アドレスを本機に設定してください。
016-774
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の容量が不足しているため、
圧縮変換処理ができませんでした。
ハードディスク内の不要なデータを削除して、空き容量を増やしてください。
016-781
ファイル転送時に、SMTP サーバーに接続できませんでした。
ネットワークケーブルの接続を確認してください。
016-789
メール処理に必要なハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の容量
を超えたため、処理が中断されました。
解像度や倍率を低くしてデータ量を少なくするか、数回に分けて送信してください。
016-790
メールの分割送信時に、分割数の上限を超えたため送信できませんでした。
CentreWare Internet Services の [ プロパティ] > [ ネットワーク設定 ] > [ プロトコル設定 ]
> [SMTP] で、[ 最大分割数 ] を大きな値に変更してください。
参照
・CentreWare Internet Services のヘルプ
016-792
プリンター集計レポートを印刷する場合に、ジョブの履歴が取得できませんでした。ジョブの履
歴は存在しません。
016-793
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))の容量が不足しました。ハー
ドディスク内の不要なデータを削除して空き容量を増やすか、ハードディスクを初期化してくだ
さい。
016-798
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が故障しているため、指定
されたプリントはできません。
お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
016-799
プリントデータに不正なパラメーターが含まれています。
たとえば、プリンタードライバーまたはアプリケーションで、用紙サイズ、給紙トレイ、両面指
定、排出トレイなどが、本機では処理できない組み合わせに設定されている可能性があります。
設定を変更してから、もう一度印刷を指示してください。
016-981
ハードディスクの容量が不足しているため、セキュリティープリントやサンプルプリント、時刻
指定プリントなどができませんでした。
次のどれかの方法で処置してください。
・ 解像度を低くして印刷し直す
・ ページ数を減らして、印刷データを数回に分ける
・ セキュリティープリント文書やサンプルプリント文書、時刻指定プリント文書などから不要な
文書を削除する
016-982
ハードディスクの領域が不足しているため、エラーが発生しました。
本機に蓄積されている不要な文書を削除してください。
018-400
本機の IPsec 設定が正しくありません。
認証方式を[事前共有鍵]に設定した場合はパスワード、認証方式を[デジタル署名]に設定し
た場合は IPsec 証明書を設定し直してください。
018-596
LDAP サーバーの認証でエラーが発生しました。
もう一度同じ操作を行ってください。それでも状態が改善されない場合は、お買い求めの販売店、
またはサービス窓口にご連絡ください。
021-214
USB メモリーまたはメモリーカードリーダーとの暗号通信中にエラーが発生しました。
本機の電源を切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、電源を入れ直したあとに、もう
一度同じ操作を実施してください。
それでも状態が改善されない場合は、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡くださ
い。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
229
エラーコード
原因 / 処置
021-215
接続された課金集計機器と本機で設定した課金集計機器が異なります。
本機の設定を修正するか、本機の設定にあった機器を取り付けて、電源を切り、操作パネルの
ディスプレイが消灯してから電源を入れ直してください。
024-700
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))、またはメモリーの故障のた
め、複製管理機能を使用できません。
電源を切 / 入してください。それでも状態が改善されないときは、お買い求めの販売店、または
サービス窓口にご連絡ください。
024-702
このメッセージは、本機で[紙づまり時の処理]を[プリント中止]に設定している場合に表示
されます。
プリント中に紙づまりが発生しました。
紙づまりを解消して、もう一度、プリントしてください。
024-742
プリントオプションで製本を指定したジョブのプリント枚数が、製本を作成可能な枚数を超えま
した。
プリントオプションで、製本を作成可能な枚数ごとに分冊するか、製本の作成を解除してくださ
い。
024-746
指定した紙質と組み合わせができない機能(用紙サイズ、用紙トレイ、両面印刷のどれか)が指
定されました。
印刷データを確認してください。
024-747
プリンターパラメーターの組み合わせが不正です。原稿サイズ、用紙サイズ、給紙トレイ、両面
印刷、排出トレイなどで、組み合わせできない機能が指定されています。
プリントデータを確認して、もう一度、プリントを指示してください。
024-775
プリントオプションで製本を指定したジョブのプリント枚数が、製本を作成可能な枚数を超えま
した。
プリントオプションで、製本を作成可能な枚数ごとに分冊するか、製本の作成を解除してくださ
い。
025-596
025-597
ハードディスクにエラーが発生しました。
ハードディスクを交換してください。
026-400
USB ポートに 3 つ以上の機器が接続されています。
接続機器が最大 2 つになるように、取り外してください。それでも状態が改善されないときは、
本機の電源を切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、もう一度電源を入れてください。
026-704
DocuWorks ファイルに、本機では対応していない機能が含まれているため、印刷できませんで
した。
DocuWorks または DocuWorks Viewer を使って DocuWorks ファイルを開き、
[ファイル]
メニューの[印刷]から、プリンタードライバーを使用して印刷してください。
026-705
メモリーが不足しているため、DocuWorks ファイルを ContentsBridge Utility を使用して印
刷できませんでした。
次のどれかの方法で対処してください。
ContentsBridge Utility の[印刷設定]ダイアログボックスで[印刷モード]の設定を次のよ
うに変更してください。
・ ContentsBridge Utility の[印刷設定]ダイアログボックスで[印刷モード]の設定を確認
し、[高画質]が選択されていた場合は[標準]に、[標準]が選択されていた場合は[高速]
に変更する。
・ 増設メモリ(オプション)を取り付けて、メモリを増設する
・ DocuWorks または DocuWorks Viewer を使って DocuWorks ファイルを開き、[ファイ
ル]メニューの[印刷]から、プリンタードライバーを使用して印刷する。
026-706
印刷が許可されていない DocuWorks ファイルは印刷できません。
DocuWorks を使用して、DocuWorks ファイルの印刷禁止の指定を解除してから、もう一度
印刷を指示してください。
参照
・ DocuWorks に付属のマニュアル
230 6 困ったときには
エラーコード
原因 / 処置
026-707
DocuWorks ファイルのパスワードが、本機に設定されているパスワード、または
ContentsBridgeUtility で設定したパスワードと一致しません。
正しいパスワードを、本機、または ContentsBridge Utility で設定して、もう一度印刷を指示
してください。
補足
・ ContentsBridge Utility を使用しないで DocuWorks ファイルを直接印刷している場合は、
「[XDW(DocuWorks)]」(P. 131) を参照して操作パネルで[XDW(DocuWorks)]の設定
を変更してください。
027-400
本機との通信に失敗しました。
他のメッセージが表示されている場合はそちらの内容を確認してください。パネル操作中なら操
作を完了してください。リモートアクセス中ならアクセスが終了するまで待ってください。それ
でも解消しない場合は電源を切 / 入してください。実施しても問題が解消しない場合は、お買い
求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
027-442
IPv6 の IP アドレスが重複しています。
本機 IPv6「ステートレス自動設定アドレス 1」、またはネットワーク上機器の IPv6 アドレスを
変更して、IP アドレスの重複を解消してください。
027-443
IPv6 の IP アドレスが重複しています。
本機 IPv6「ステートレス自動設定アドレス 2」、またはネットワーク上機器の IPv6 アドレスを
変更して、IP アドレスの重複を解消してください。
027-444
IPv6 の IP アドレスが重複しています。
本機 IPv6「ステートレス自動設定アドレス 3」、またはネットワーク上機器の IPv6 アドレスを
変更して、IP アドレスの重複を解消してください。
027-445
手動設定した IPv6 の IP アドレスが間違っています。
正しい IPv6 アドレスを設定し直してください。
027-447
IPv6 アドレスが重複しています。
本機の IPv6「リンクローカルアドレス」、またはネットワーク上機器の IPv6 アドレスを変更し
て、IP アドレスの重複を解消してください。
027-452
IP アドレスが重複しています。
本機に設定した IP アドレスを確認してください。
027-500
応答メール送信時の SMTP サーバーの名前が解決できませんでした。
CentreWare Internet Services から SMTP サーバーの設定が正しいかを確認してください。
027-501
POP3 プロトコル利用時に、POP3 サーバーの名前が解決できませんでした。
CentreWare Internet Services から POP3 サーバーの設定が正しいかを確認してください。
027-502
POP3 プロトコル利用時に、POP3 サーバーへのログインに失敗しました。
CentreWare Internet Services からPOP3 サーバーで使用するユーザー名とパスワードが正
しく設定されているかを確認してください。
027-701
ネットワークケーブルが抜けています。ネットワークケーブルを本機に差し込み直してくださ
い。
027-796
メール受信時に添付文書だけを印刷するように設定している場合に、文書が添付されていない
メールを受信したので、そのメールが破棄されました。
メール本文やメールヘッダー情報なども印刷したい場合は、CentreWare Internet Services
の[プロパティ]タブで設定を変更してください。
027-797
受信メールの出力先が不正です。正しい出力先を指定して、もう一度メールを送信してください。
042-348
高温環境下では、長時間連続で印刷時にプリンター内部の温度が上昇し、停止する場合がありま
す。その場合は、しばらく待って電源を入れ直してください。
それでも、同様のエラーコードが表示された場合は、お買い求めの販売店、またはサービス窓口
にご連絡ください。
077-327
トレイモジュールが 4 段以上ついています。
オプションのトレイモジュールは 3 段まで追加できます。
4 段以上は使用できませんので、余分なトレイモジュールを外してください。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
231
エラーコード
原因 / 処置
091-407
ドラムカートリッジ K にエラーが発生しました。
ドラムカートリッジ K を抜いて、もう一度差し込んでください。それでも状態が改善されない場
合は、ドラムカートリッジ K を交換してください。
091-417
ドラムカートリッジ Y にエラーが発生しました。
ドラムカートリッジ Y を抜いて、もう一度差し込んでください。それでも状態が改善されない場
合は、ドラムカートリッジ Y を交換してください。
091-427
ドラムカートリッジ M にエラーが発生しました。
ドラムカートリッジ M を抜いて、もう一度差し込んでください。それでも状態が改善されない
場合は、ドラムカートリッジ M を交換してください。
091-437
ドラムカートリッジ C にエラーが発生しました。
ドラムカートリッジ C を抜いて、もう一度差し込んでください。それでも状態が改善されない場
合は、ドラムカートリッジ C を交換してください。
092-318
イエローの濃度が規定値に達していません。
ドラムカートリッジやトナーカートリッジが正しくセットできていない可能性があります。
電源を切り入りしてもエラーになる場合は、ドラムカートリッジとトナーカートリッジの取り付
けを確認してみてください。それでも、同様のエラーコードが表示された場合は、お買い求めの
販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
092-319
マゼンタの濃度が規定値に達していません。
ドラムカートリッジやトナーカートリッジが正しくセットできていない可能性があります。
電源を切り入りしてもエラーになる場合は、ドラムカートリッジとトナーカートリッジの取り付
けを確認してみてください。それでも、同様のエラーコードが表示された場合は、お買い求めの
販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
092-320
シアンの濃度が規定値に達していません。
ドラムカートリッジやトナーカートリッジが正しくセットできていない可能性があります。
電源を切り入りしてもエラーになる場合は、ドラムカートリッジとトナーカートリッジの取り付
けを確認してみてください。それでも、同様のエラーコードが表示された場合は、お買い求めの
販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
092-321
ブラックの濃度が規定値に達していません。
ドラムカートリッジやトナーカートリッジが正しくセットできていない可能性があります。
電源を切り入りしてもエラーになる場合は、ドラムカートリッジとトナーカートリッジの取り付
けを確認してみてください。それでも、同様のエラーコードが表示された場合は、お買い求めの
販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
093-426
ドラムカートリッジ K にエラーが発生しました。
ドラムカートリッジ K を抜いて、もう一度差し込んでください。それでも状態が改善されない場
合は、ドラムカートリッジ K を交換してください。
093-427
ドラムカートリッジ Y にエラーが発生しました。
ドラムカートリッジ Y を抜いて、もう一度差し込んでください。それでも状態が改善されない場
合は、ドラムカートリッジ Y を交換してください。
093-428
ドラムカートリッジ M にエラーが発生しました。
ドラムカートリッジ M を抜いて、もう一度差し込んでください。それでも状態が改善されない
場合は、ドラムカートリッジ C を交換してください。
093-429
ドラムカートリッジ C にエラーが発生しました。
ドラムカートリッジ C を抜いて、もう一度差し込んでください。それでも状態が改善されない場
合は、ドラムカートリッジ C を交換してください。
094-310
濃度センサーエラーが発生しました。ADC センサーを清掃してください。
参照
・「ADC センサーの清掃」(P. 211)
094-311
ベルトユニットの寿命です。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
116-220
ダウンロードモードへの移行に失敗しました。お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご連
絡ください。
116-388
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付けられていません。
ハードディスクを取り付けてください。
232 6 困ったときには
エラーコード
原因 / 処置
116-389
メモリーを増設しないでハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))や
PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))が取り付け
られました。ハードディスクや PostScript ソフトウェアキットを使用するには、増設メモリを
取り付けてください。
116-394
操作パネルの[集計管理]および[認証の設定]で、組み合わせて使用できない項目が設定され
ています。
本機は、エラーコード「116-394」を表示したあと自動的に再起動し、組み合わせ可能な設定
に変更します。
本エラーコードが表示される場合は、[集計管理]および[認証の設定]の設定を確認してくだ
さい。
116-701
メモリーが不足したため、両面印刷ができません。
メモリー(オプション)を増設することをお勧めします。
116-702
文書中に使用されている TrueType フォントを PostScript フォントを使用して印刷しました。
そのため、予期しない改行やハイフンによって、思った結果と印刷結果が異なる場合があります。
その場合は、PostScript プリンタードライバーの[デバイス設定]にある[フォント代替表]
の設定を変更してください。
116-703
PostScript(オプション)でエラーが発生しました。
印刷データを確認するか、プリンタードライバーの[詳細]タブのスプールの設定で、双方向通
信のチェックを外してください。
116-710
受信データが HP-GL、HP-GL/2 スプールサイズを超えたため、正しい原稿サイズ判定が行われ
ていない可能性があります。
HP-GL、HP-GL/2 オートレイアウトメモリーの割り当て量を増やすか、ハードディスク(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))を取り付けることをお勧めします。
116-711
指定した ART EX フォームのサイズと向きが、印刷する用紙と合っていません。
用紙サイズと向きを、指定した ART EX フォームに合わせて、もう一度印刷を指示してください。
116-712
ART EX フォームメモリーが不足したため、フォームが登録できません。
不要なフォームを削除するか、ART EX フォームメモリーの領域を増やしてください。
116-713
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))がいっぱいになったため、
ジョブを分割して印刷しました。
ハードディスク内の不要なデータを削除して、空き容量を増やしてください。
116-714
HP-GL、HP-GL/2 コマンドエラーが発生しました。
印刷データを確認してください。
116-715
ART EX フォームの登録上限数に達したので、フォームが登録できませんでした。
不要なフォームを削除してください。
116-718
指定した ART EX 用フォームは登録されていません。
登録されているフォームを使用するか、フォームを登録してください。フォームの登録状態は、
[ART EX フォーム登録リスト]で確認できます。
参照
・「7.2 レポート / リストを印刷する」(P. 254)
116-720
PCL メモリーが不足したため、印刷できません。
不要なポートを停止するか、各メモリーのバッファサイズを調整してください。
または、メモリーを増設することをお勧めします。
116-737
ART IV ユーザー定義メモリーが不足したため、ユーザー定義データが登録できません。
不要なデータを削除するか、ART IV ユーザー定義メモリーの領域を増やしてください。
116-738
指定した ART IV フォームのサイズと向きが、印刷する用紙と合っていません。
用紙のサイズと向きを、指定した ART IV フォームに合わせて、もう一度印刷を指示してくださ
い。
116-739
ART IV フォームメモリー、またはハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))の容量が不足して、フォーム、またはロゴデータが登録できません。
不要なデータを削除するか、ART IV フォームメモリーの領域を増やしてください。
6.6 主なエラーメッセージとエラーコード
233
エラーコード
原因 / 処置
116-740
印刷データにプリンターの制限値を超える値が使用されているため、数値演算エラーが発生しま
した。
印刷データを確認してください。
116-741
ART IV フォームの登録上限数に達したので、フォームが登録できませんでした。
不要なフォームを削除してください。
116-742
ART IV ロゴデータの登録上限数に達したので、ロゴデータが登録できません。
不要なロゴデータを削除してください。
116-743
ART IV フォームメモリーが不足して、フォーム、またはロゴデータが登録できません。
ART IV フォームメモリーの領域を増やすか、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C の
み(オプション))を取り付けることをお勧めします。
116-745
ART IV コマンドエラーが発生しました。
印刷データを確認してください。
116-746
指定した ART IV 用フォームは登録されていません。
登録されているフォームを使用するか、フォームを登録してください。
フォームの登録状態は、[ART IV, PR201H, ESC/P ユーザー定義リスト]で確認できます。
116-747
HP-GL、HP-GL/2 の有効座標エリアに対して、ペーパーマージン値が大きすぎます。
ペーパーマージン値を少なくして、もう一度印刷を指示してください。
116-748
HP-GL、HP-GL/2 の印刷データに描画データがありません。
印刷データを確認してください。
116-749
指定されたフォントがないため、ジョブを中止しました。
フォントをインストールするか、プリンタードライバー側でフォント置き換えを設定してくださ
い。
116-752
PDF や XML Paper Specification(XPS)、DocuWorks ファイルのプリントジョブチケット
の記述内容に問題があります。
もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、お買い求めの販売
店、またはサービス窓口にご連絡ください。
116-771
116-772
116-773
116-774
116-775
116-776
116-777
116-778
JBIG データに含まれるパラメーターに不正なものがあり、それを自動的に修正しました。
ジョブの実行結果に問題がある場合は、再度、ジョブを実行してください。
116-780
本機が受信したメールの添付文書に問題があります。
添付文書を確認してください。
参照
・「3.10 電子メールを使って印刷する - メール受信プリント -」(P. 93)
124-373
文書が蓄積された状態で、集計モードが変更されました。
集計モードを変更するときは、蓄積されている文書をすべて印刷、または削除してください。
234 6 困ったときには
6.7
ネットワーク関連のトラブル
ネットワーク環境で印刷できないなどのトラブルについては、メディア(MultiWriter プ
リンターソフトウエア CD-ROM)内の『マニュアル(HTML 文書)
』を参照してください。
ここでは、CentreWare Internet Services とメール受信プリント / メール通知サービ
ス機能を使用している場合や IPv6 に接続している場合に、発生しやすいトラブルについ
て、原因と処置方法を説明します。操作パネルにエラーメッセージやエラーコードが表示
されている場合は、「6.6 主なエラーメッセージとエラーコード」(P. 214) を参照して処
置してください。
CentreWare Internet Services 使用時のトラブル
症状
CentreWare Internet
Services に接続できない
原因 / 処置
本機は正常に作動していますか?
本機の電源が入っているか確認してください。
インターネットサービスが起動されていますか?
[機能設定リスト]を印刷して確認してください。
URL は正しく入力されていますか?
URL をもう一度確認してください。接続できない場合は、IP アドレスを入力して接
続してください。
HTTP のポート番号は正しいですか?
HTTP のポート番号をもう一度確認してください。ポート番号を変更した場合は、
接続するときに、アドレスの後ろに「:」に続けてポート番号を指定する必要があり
ます。
例)http://printer1.example.com:80/
SSL/TLS サーバー通信を有効にしている場合、アドレス欄に正しく入力しています
か?
SSL/TLS サーバー通信を有効にしている場合は、Web ブラウザーのアドレス欄に
「http」ではなく、
「https」から始まるアドレスを入力します。また、SSL/TLS の
ポート番号を変更した場合は、接続するときに、アドレスの後ろに「:」に続けてポー
ト番号を指定する必要があります。
例)https://printer1.example.com:80/
プロキシサーバーを使用していますか?
プロキシサーバーによっては、接続できない場合があります。
プロキシサーバーを使わないで接続してください。
参照
・ Web ブラウザーのヘルプ
Web ブラウザーに[しばらくお
待ちください]などのメッセージ
が表示されたままになる
最新の情報が表示されない
そのまましばらくお待ちください。
状態が変わらない場合は、Web ブラウザーの表示を更新してみてください。状態が
変わらない場合は、本機が正常に作動しているかを確認してください。
[更新]をクリックしてください。
[表示更新]が機能しない
指定されている OS や Web ブラウザーを使用していますか?
左側のメニューを選択しても、画 「1.5 CentreWare Internet Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照し
面が切り替わらない
て、使用している OS や Web ブラウザーが使用できるかどうかを確認してください。
表示が遅い
プロキシサーバーを使用していると、状態が正しく表示されなかったり、表示が遅
くなったりする場合があります。
プロキシサーバーを使わないで接続してください。
使用している Web ブラウザーに古い状態がキャッシュされている可能性がありま
す。
Web ブラウザーのキャッシュをすべてクリアしてください。
画面の表示が崩れる
Web ブラウザーのウィンドウサイズ、または表示フォントサイズを変更してくださ
い。
6.7 ネットワーク関連のトラブル
235
症状
日本語が正しく設定できない
[新しい設定を適用]をクリック
しても反映されない
パスワード入力画面が表示される
原因 / 処置
シフト JIS コードを使用してください。また、半角カタカナ文字は使用できない場
合があります。
入力した値は正しいですか?
入力できる値以外を入力した場合は、エラーメッセージが表示されます。
入力した値を確認してください。
User ID とパスワードについては、機械管理者にお問い合わせください。機械管理
者の User ID およびパスワードは、本機を設置したあと、すぐに変更することをお
勧めします。
メール受信プリント / メール通知サービス機能使用時のトラブル
症状
メール受信プリントができない
原因 / 処置
本体メールアドレスは設定されていますか。
CentreWare Internet Services で、設定を確認してください。
[メール受信]がオンに設定されていますか。
CentreWare Internet Services で、設定を確認してください。
SMTP サーバーの IP アドレス、POP3 サーバーの IP アドレス(受信プロトコル
で POP3 を選択している場合)などが、正しく設定されていますか。
CentreWare Internet Services で、設定を確認してください。
POP ユーザー名、およびパスワードが正しく設定されていますか。
CentreWare Internet Services で、設定を確認してください。
受信許可ドメインを設定していませんか。
CentreWare Internet Services で、自分のドメインが受信許可ドメインに含ま
れているかどうかを確認してください。
SMTP サーバー、POP サーバーは正常に作動していますか。
ネットワーク管理者に確認してください。
メール受信プリントで添付の
PDF ファイルが印刷されない
メモリー容量が不足していると、印刷できないことがあります。容量の大きな添付
ファイルを頻繁に印刷する場合は、メモリーを増設することをお勧めします。
メール通知サービスで、本機の
状態がメールされない
本体メールアドレスは設定されていますか。
CentreWare Internet Services で、設定を確認してください。
[メール通知]がオンに設定されていますか。
CentreWare Internet Services で、設定を確認してください。
SMTP サーバーの IP アドレス、POP3 サーバーの IP アドレス(受信プロトコル
で POP3 を選択している場合)などが、正しく設定されていますか。
CentreWare Internet Services で、設定を確認してください。
POP ユーザー名、およびパスワードが正しく設定されていますか。
CentreWare Internet Services で、設定を確認してください。
送信する通知項目が正しく設定されていますか。
CentreWare Internet Services のプロパティ画面で、設定を確認してください。
送信先メールアドレスは正しく入力されていますか。
CentreWare Internet Services のプロパティ画面で、正しい送信先を入力して
ください。
SMTP サーバー、POP サーバーは正常に作動していますか。
ネットワーク管理者に確認してください。
236 6 困ったときには
症状
原因 / 処置
Yahoo メールを使用して、
メール受信プリントすると、同一
文書が何回もプリントされる
メール部分が複数添付されている可能性があります。
メール送信画面で[添付ファイルとして転送]を選択してください。
コンピューターで MSN メールを
使用して、メール受信プリントす
ると、同一文書が何回もプリント
される
メール部分が複数添付されている可能性があります。
Windows Live メールを使用して、転送してください。または、携帯電話から転送
してください。
携帯電話で MSN メールを使用し 文字コードが Shift-JIS で送信されている可能性があります。
て、メール受信プリントすると、 コンピューターから MSN メールにアクセスして、転送してください。
テキスト(添付ファイル、本文、
メール件名)に文字化けなどが発
生する
GMail を使用して、メール受信プ
リ ン ト す る と、テ キ ス ト(添 付
ファイル、本文、メール件名)に
文字化けが発生したり、改行位置
がずれたりする
文字コードが UTF-8 で送信されているか、テキスト内の改行コードが LF のみで送
信されている可能性があります。
次のように指定して、送信または転送してください。
1. メール件名を ASCII で指定してください。
2. テキスト(添付ファイル、本文)を転送対象から外してください
(転送時に[元のメッセージを挿入]のチェックを外します。
また、"*.txt" を転送対象から外します)。
GMail などの Web メールを使用
し て、メ ール 受 信 プ リ ン ト す る
と、添付文書が印刷されない場合
がある
転送された GMail などの Web メールが、さらに転送されている可能性があります。
メール受信プリントする場合は、転送メールをさらに転送しないでください。
Beatモバイルメールを使用して、 Beat モバイルでメールを転送すると、転送元のメールのメール本文が添付文書とし
メール受信プリントすると、印刷 て送信されます。
結果が印刷設定と異なる場合が ほかの Web メールを使用して、転送してください。
ある
たとえば、添付文書のみ印刷する
設定にしていても、メール本文が
印刷されてしまう
IPv6 接続時のトラブル
症状
原因 / 処置
CentreWare Internet Services
で、SSL を有効に設定している
場合に、http://[IPv6 アドレ
ス]を指定しても https://
[IPv6 アドレス]サイトへリダ
イレクトされない
SSL を有効に設定している場合、https://[IPv6 アドレス]サイトを指定してく
ださい。
IPv6 ネットワークを介して印刷
した場合、ペーパーセキュリ
ティが正しく動作しない
IPv4 環境で運用してください。
IPv6 環境ではペーパーセキュリティは正しく動作しません。
IPv6 が利用できる Windows
OS と通信できない
IPv6 が利用できる Windows OS で IPv6 固定アドレスを設定します。
通信を許可するホストアドレスとして、設定した IPv6 固定アドレスを本機に登録
してください。
リンクローカルアドレスを指定
するときに本機にアクセスでき
ない
リンクローカルアドレスにスコープ識別子を付加してください。
たとえば Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 R2 の
Internet Explorer 7 を利用して、fe80::203:baff:fe48:9010 を指定してアクセ
スする場合には、Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 R2
のイーサネットアダプタローカルエリア接続の番号(例:8)をスコープ識別子と
して付加し、fe80::203:baff:fe48:9010%8 と入力します。
6.7 ネットワーク関連のトラブル
237
症状
ルーターを越える検索が正しく
動作しない
原因 / 処置
SMB を使った検索でルーターを越える場合、宛先アドレスを直接入力してくださ
い。
マルチキャストに応答するのは、ローカルリンク内でのマルチキャスト(FF02::1)
のみです。
IPv6 環境での印刷時のトラブル
症状
原因 / 処置
DNS サーバーが存在しない
IPv6 ネットワーク環境で、IPv6
が利用できる Windows OS か
ら Windows 共有プリンターが
使用できない。
IPv6 が利用できる Windows OS 上の hosts ファイルに本機のコンピューター名
を登録してください。
格納先例:
C:\Windows\system32\driver\etc\hosts ファイルに登録します。
NetWare で IPv6 通信できない
IPv4 で運用してください。
Bonjour で IPv6 通信できない
IPv4 で運用してください。
その他 IPv6 使用時のトラブル
症状
原因 / 処置
DocuShare など外部アクセス
接続サービスで、接続先 URL に
IPv6 アドレスで指定すると正し
く動作しない
例:
http://[ipv6:2001:db8::1]
IPv6 環境では DNS サーバーを運用し、接続先 URL を FQDN で指定してくださ
い。
DNS サーバーが存在しない
IPv6 ネットワーク環境におい
て、SMB 認証の SMB サーバー
設定にコンピューター名を指定
すると認証に失敗する
認証サーバーのコンピューター名に、IPv6 アドレスを直接指定してください。
UPnP で IPv6 機器を検索できな
い
IPv6 環境では Web Services on Devices(WSD)のディスカバリ機能を使用し
てください。
出力されたジョブログに IPv6 ア
ドレスが正しく記載されない
IPv4 で運用してください。
238 6 困ったときには
6.8
トナーカバーの取り付け方法
トナーカバーは、破損を防ぐため、外れやすいようになっています。トナーカバーが外れ
た場合は、次の手順で取り付けてください。
1.
トナーカバーの軸の凹凸を、本機の溝に合
わせて上から差し込みます。
2.
トナーカバーを閉じます。
6.8 トナーカバーの取り付け方法
239
6.9
カスタムモードについて
トナーカートリッジやドラムカートリッジの交換時期になると、交換についてのメッセー
ジが表示されます。
カスタムモードでプリンターを使用したい場合は、次の手順に従って、カスタムモードに
設定してから、対応したトナーでご使用ください。
注記
・ カスタムモードによる本機の使用は、本来の本機の機能、性能が保たれないことがあり、当社推奨品に
おける品質保証の範囲外となります。そのまま使い続けると、本機が故障する原因となることがありま
す。本機の故障となった場合は、有償修理となります。
・ カスタムモードでは、「[ドラム寿命動作]」(P. 164) の設定が無視されます。また、トナーカートリッ
ジやドラムカートリッジの残量表示が行われません。
補足
・ カスタムモードから通常のモードに戻すには、次の手順 4 で[オフ]を選択します。
1.
操作パネルの〈 〉と〈OK〉ボタンを同時
に押します。
消耗品メニューが表示されます。
消耗品メニュー
シリアル番号
2. [カスタムモード]が表示されるまで〈 〉
を押します。
消耗品メニュー
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定が表示されます。
カスタムモード
4. 〈 〉ボタンを押して、
[オン]を表示します。
カスタムモード
カスタムモード
オフ
●
オン
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンを押します。
確認画面が表示されます。
カスタムモードの設定を
[OK]で変更します
6. 〈OK〉ボタンを押します。
カスタムモードへの変更が開始されます。
変更完了
7.
プリントできます
電源を切り、ディスプレイの表示が消えた
後、10 秒待ってから、電源を入れます。
起動後にカスタムモードに切り替わりま
す。
240 6 困ったときには
電源を切 / 入する
カスタムモード
6.10
修理に出す前に
「故障かな?」と思ったら、修理に出される前に次の手順を実行してください。
1.
電源コードおよびインターフェイスケーブルが正しく接続されているかどうかを確
認します。
2.
定期的な清掃を行っていたか、トナーカートリッジやドラムカートリッジ、トナー回
収ボトルの交換は確実に行われていたかを確認します。
3.
本章の「6.1 紙づまりの処置」(P. 193) ~「6.7 ネットワーク関連のトラブル」
(P. 235) をご覧ください。該当する症状があれば、記載されている処理を行ってく
ださい。
以上の処理を行っても、なお異常があるときは無理な操作をせずに、お近くのサービス窓
口にご連絡ください。その際にディスプレイのメッセージ表示の内容や、不具合印刷のサ
ンプルがあればお知らせください。故障時のディスプレイによるメッセージ表示は修理の
際の有用な情報となることがあります。サービス窓口の電話番号、受付時間については
「NEC サービス網一覧表」をご覧ください。
なお、保証期間中の修理は、保証書を添えてお申し込みください。
また、修理にお出しいただくときは、「7.15 プリンターを移動するときは」(P. 310) や
梱包箱に表示されている手順を参照してプリンターを梱包してください。
6.11
プリンター・消耗品を廃棄するときは
・ プリンターの廃棄については各自治体の廃棄ルールに従ってください。詳しくは、各自
治体へお問い合わせください。また、廃棄の際はトナーカートリッジ、ドラムカート
リッジ、およびトナー回収ボトルを取り外してお出しください。
・ NEC 製トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、およびトナー回収ボトルは地球資
源の有効活用を目的として回収し、再利用可能な部品は再利用しています。ご使用済み
の NEC 製トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、およびトナー回収ボトルは捨て
ずに、EP カートリッジ回収センターにご連絡いただくか、お買い上げの販売店までお
持ち寄りください。なお、その際はトナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、および
トナー回収ボトルの損傷を防ぐため、ご購入時の梱包箱に入れてください。回収につい
ては、「 使用済み消耗品の回収」(P. 243)、
「 消耗品の種類と購入について」(P. 242)
を参照してください。
6.10 修理に出す前に
241
7
日常管理
7.1
消耗品を交換する
消耗品の種類と購入について
本製品には、次の消耗品があります。消耗品のご注文は、お買い求めの販売店にご連絡く
ださい。
注記
・ 本機は、純正消耗品を使用しているときに印刷品質や本機の性能がもっとも安定するように設計されて
います。純正品と異なる仕様の消耗品を使用された場合、プリンター本来の性能を発揮できない場合や、
本機が仕様外の消耗品が原因で故障したときに有償修理となる場合があります。純正品をご使用いただ
けますと、万一のトラブルのときも安心してサポートを受けることができます。本来の性能を得るため
にも、純正品の使用をお勧めします。
・ 印刷可能ページ数は、印刷条件や原稿の内容、本機電源の入切の頻度、設置環境の温度・湿度などに
よって、大きく異なります。詳しくは、
「有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について」(P.328)
を参照してください。
消耗品
Color MultiWriter 9110C
Color MultiWriter 9010C
機
種
共
通
型 番
印刷可能ページ数
トナーカートリッジ(ブラック)
PR-L9110C-14
約 5,000 ページ
トナーカートリッジ(シアン)
PR-L9110C-13
約 6,000 ページ
トナーカートリッジ(マゼンタ)
PR-L9110C-12
約 6,000 ページ
トナーカートリッジ(イエロー)
PR-L9110C-11
約 6,000 ページ
トナーカートリッジ(ブラック)2 本セット
PR-L9110C-14W
約 5,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(シアン)2 本セット
PR-L9110C-13W
約 6,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(マゼンタ)2 本セット
PR-L9110C-12W
約 6,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(イエロー)2 本セット
PR-L9110C-11W
約 6,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(ブラック)
PR-L9010C-14
約 5,000 ページ
トナーカートリッジ(シアン)
PR-L9010C-13
約 4,500 ページ
トナーカートリッジ(マゼンタ)
PR-L9010C-12
約 4,500 ページ
トナーカートリッジ(イエロー)
PR-L9010C-11
約 4,500 ページ
トナーカートリッジ(ブラック)2 本セット
PR-L9010C-14W
約 5,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(シアン)2 本セット
PR-L9010C-13W
約 4,500 ページ / 本
トナーカートリッジ(マゼンタ)2 本セット
PR-L9010C-12W
約 4,500 ページ / 本
トナーカートリッジ(イエロー)2 本セット
PR-L9010C-11W
約 4,500 ページ / 本
ドラムカートリッジ(ブラック)
PR-L9100C-31
約 24,000 ページ
ドラムカートリッジ(カラー)
※ ドラムカートリッジ(カラー)は、シアン(C)、
マゼンタ(M)、イエロー(Y)共通のドラム
カートリッジです。カラー各色(C/M/Y)用と
して計 3 本必要です。
PR-L9100C-35
約 24,000 ページ
トナー回収ボトル
PR-L9100C-33
約 24,000 ページ
補足
・ 本機購入時に同梱されているトナーカートリッジの印刷可能ページ数は、約 3,000 ページです。
242 7 日常管理
警告
・ 床などにこぼしたトナーは、ほうきで掃き取るか、または石けん水を湿らした布などで
拭き取ってください。掃除機を用いると、掃除機内部のトナーが、電気接点の火花など
により、発火または爆発するおそれがあります。大量にこぼれた場合、お買い求めの販
売店、またはサービス窓口にご連絡ください。
・ トナーカートリッジおよびドラムカートリッジは、絶対に火中に投じないでください。
トナーカートリッジおよびドラムカートリッジに残っているトナーが発火または爆発
する可能性があり、火傷のおそれがあります。使い終わった不要なトナーカートリッジ
およびドラムカートリッジは、必ずお買い求めの販売店、またはサービス窓口にお渡し
ください。
・ トナー回収ボトルは、絶対に火中に投じないでください。トナーが発火または爆発する
可能性があり、火傷のおそれがあります。使い終わった不要なトナー回収ボトルは、必
ずお買い求めの販売店、またはサービス窓口にお渡しください。弊社にて処理いたしま
す。
・ 搭載されている電池は、交換しないでください。電池を誤って交換すると爆発するおそ
れがあります。電池を処分する場合は、指示に従って行ってください。
注意
・ ドラムカートリッジ、トナーカートリッジ、トナー回収ボトルは幼児の手が届かないと
ころに保管してください。幼児がトナーを飲み込んだ場合は、ただちに医師に相談し指
示を受けてください。
・ ドラムカートリッジ、トナーカートリッジ、トナー回収ボトルを交換する際は、トナー
が飛散しないように注意してください。また、トナーが飛散した場合は、トナーが皮膚
や衣服に付いたり、トナーを吸引したり、または目や口に入らないように注意してくだ
さい。
・ 次の事項に従って、応急処置をしてください。
・トナーが皮膚や衣服に付着した場合は、石けんを使って水でよく洗い流してください。
・トナーが目に入った場合は、目に痛みがなくなるまで 15 分以上多量の水でよく洗い、
必要に応じて医師の診断を受けてください。
・トナーを吸引した場合は、新鮮な空気のところへ移動し、多量の水でよくうがいをし
てください。
・トナーを飲み込んだ場合は、飲み込んだトナーを吐き出し、水でよく口の中をすすぎ、
多量の水を飲んでください。すみやかに医師に相談し指示を受けてください。
消耗品の取り扱いについて
・ 消耗品の箱は、立てた状態で保管しないでください。
・ 消耗品 / メンテナンス品は、使用するまでは開封せずに、次のような場所を避けて保管
してください。
・ 高温多湿の場所
・ 火気がある場所
・ 直射日光が当たる場所
・ ほこりが多い場所
・ 消耗品は、消耗品の箱や容器に記載された取り扱い上の注意をよく読んでから使用して
ください。
・ 消耗品は、予備を置くことをお勧めします。
使用済み消耗品の回収
ご使用済みの NEC 製トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、およびトナー回収ボト
ルは地球資源の有効活用を目的として回収し、再利用可能な部品は再利用しております。
ご使用済みの NEC 製トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、およびトナー回収ボト
7.1 消耗品を交換する
243
ルは捨てずに、トナー回収センターに直接お送りいただくか、お買い上げの販売店までお
持ち寄りください。なお、その際はトナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、およびト
ナー回収ボトルの損傷を防ぐため、ご購入時の梱包箱に入れてください。
トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、およびトナー回収ボトルの回収に関する最新
情報は、URL:http://jpn.nec.com/eco/ja/product/recycle/ep/index.html をご
覧ください。
244 7 日常管理
トナーカートリッジを交換する
トナーカートリッジには、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)
の 4 種類があります。
トナーカートリッジの交換時期が近づくと、操作パネルのディスプレイに次のようなメッ
セージが表示されます。
メッセージ
プリントできます
トナー予備用意:X*1
トナー交換:X*2
[プリント中止]でキャンセル
処置
すぐに交換する必要はありませんが、表示されたトナーカートリッ
ジの予備を用意してください。
残りの印刷可能ページ数は、約 1200 ページ *4 です。
表示されたトナーがなくなりました。カラーでプリントする場合に
は、新しいカートリッジに交換してください。
トナーを交換してください :
X*1 *3
本機は停止し、印刷できなくなります。操作パネルの左にある表示
部で、該当するトナーカートリッジの位置を確認します。「交換手
順」(P. 246) を参照し、メッセージの色のトナーカートリッジを交
換してください。
プリントできます(黒)
トナー交換:X*2
プリンタードライバーのカラーモードで白黒を選択することで、白
黒印刷を実行することができますが、カラー印刷をすることはでき
ません。カラー印刷を行いたい場合には、操作パネルの左にある表
示部で、該当するトナーカートリッジの位置を確認します。
「交換手
順」(P. 246) を参照し、メッセージの色のトナーカートリッジを交
換してください。
*1:
X にはイエロー (Y)、マゼンタ (M)、シアン (C)、ブラック (K) のどれか、またはその組み合わせ
が表示されます。
*2
: X にはイエロー (Y)、マゼンタ (M)、シアン (C) のどれか、またはその組み合わせが表示されま
す。
*3
: トナーカートリッジ( ブラック)を含む複数色のトナーが表示された場合、トナーカートリッジ
( ブラック)だけでなく指定されたトナーカートリッジをすべて交換しないと、プリンタードラ
イバーのカラーモードで白黒を選択しても印刷できません。
*4:
印刷可能ページ数は、印刷条件や原稿の内容、本機電源の入切の頻度などによって、大きく異な
ります。詳しくは、「有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について」(P.328) を参照してく
ださい。
・ トナーカートリッジを交換するときは、本機の電源を入れたまま行ってください。
・ トナーで床などを汚さないように、取り出したトナーカートリッジを置く場所には、あらかじめ紙など
を敷いておいてください。
・ 一度本機から取り外したトナーカートリッジは、再使用しないでください。画質不良やトナー汚れの原
因になります。
・ 取り外したトナーカートリッジを振ったり、たたいたりしないでください。残ったトナーがこぼれるこ
とがあります。
・ トナーは人体に無害ですが、手や衣服についたときにはすぐに洗い流してください。
・ トナーカートリッジは、開封後 1 年以内に使い切ることをお勧めします。
・「トナー予備用意:X*1」が表示された場合、トナーが片寄っている可能性があります。トナーカバーを
開けて、ディスプレイに表示された色のトナーカートリッジを上から「トントン」と 5 ~ 6 回軽く叩
いてください(トナーカートリッジを外す必要はありません)。トナーカバーを閉め、メッセージが消
えない場合は、表示されたトナーカートリッジの予備を用意してください。
7.1 消耗品を交換する
245
交換手順
1.
本機が処理中でないことを確認し、トナー
カバーを開けます。
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
2.
取り出したトナーカートリッジを置く場所
に、紙などを敷きます。
3.
メッセージに表示されている色のトナー
カートリッジのレバーを手前に引いてから
持ち上げて、取り出します。
K
注記
・ トナーに触れないように注意してください。
4.
使用済みのトナーカートリッジを、手順 2
で用意した紙などの上に静かに置きます。
5.
新しいトナーカートリッジを、図のように
軽く 5 回、上下左右によく振り、トナーを
均一にします。
5回
6.
246 7 日常管理
新しいトナーカートリッジを、差し込み、
レバーを奥にしっかりと倒してロックしま
す。
C
MY
7.
トナーカバーを閉じます。
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
8.
使用済みのトナーカートリッジを、新しい
トナーカートリッジが梱包されていた箱に
しまいます。
9.
使用済みのトナーカートリッジを置いた紙
などを、トナーに触れないように注意して
片付けます。
ドラムカートリッジを交換する
ドラムカートリッジの交換時期が近づくと、操作パネルのディスプレイに次のようなメッ
セージが表示されます。
メッセージ
処置
プリントできます
ドラム予備用意: X*1
すぐに交換する必要はありませんが、表示されたドラムカートリッ
ジの予備を用意してください。
残りの印刷可能ページ数は、約 1,200 ページ *2 です。
プリントできます
ドラム交換時期: X*1
まもなく表示されたドラムカートリッジの交換時期になります。
残りの印刷可能ページ数は、約 500 ページ *2 です。新しいドラム
カートリッジを用意してください。
ドラムカートリッジ(X)*1 を
交換してください
ドラムカートリッジの寿命です。
本機は停止し、印刷できなくなります。操作パネルの左にある表示
部で、該当するドラムカートリッジの位置を確認します。「交換手
順」(P. 247) を参照して、メッセージに表示されたドラムカート
リッジを交換してください。
プリントできます
ドラムカートリッジ交換:X*1
操作パネルで、[ドラム寿命動作]を[プリント停止しない]に設
定 *3 しているとき、ドラムカートリッジの寿命となった場合に表示
されます。しばらくは印刷を継続できますが品質が保証できません
ので、新しいドラムカートリッジに交換することをお勧めします。
*1:X には、Y、M、C、K のどれかが表示されます。ドラムカートリッジには、ドラムカートリッ
ジ(カラー)とドラムカートリッジ(ブラック)の 2 種類があります。プリンターに向かって奥
側からイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)です。
*2:印刷可能ページ数は、印刷条件や原稿の内容、本機電源の入切の頻度、設置環境の温度・湿度な
どによって、大きく異なります。詳しくは、「有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命につい
て」(P.328) を参照してください。
*3:この場合は、[プリントできます ドラム交換:X]のまま、メッセージは移行しません。設定に
ついては、
「[機械管理者メニュー]」の「[ドラム寿命動作]」(P. 164) を参照してください。
交換手順
注記
・ ドラムカートリッジの交換は、本機の電源を入れたまま行ってください。
・ 操作パネルの左にある表示部で、該当するドラムカートリッジの位置(C、M、Y、K)を確認してか
ら、交換してください。
1.
手差しトレイに用紙がセットされている場
合は取り除き、手差しトレイを閉じます。
7.1 消耗品を交換する
247
注記
・ 手差しトレイを閉じるとき、プリンター本体との間に
指を挟まないように注意してください。
2.
A レバーを押し上げて、フロントカバーを
開けます。
3.
排出トレイカバーの右手前の C レバーを持
ち、静かにカバーを開けます。
注記
・ カバーは 90 度以上開きます。止まるところまで完全
に開けてください。
・ ベルトユニットの表面(黒のフィルム)には触らない
でください。
ベルトユニット
C レバー
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
4.
排出トレイカバーの右側についている倒れ
防止アームの上先端を手前に外し、本機右
側の溝に差し込んで、排出トレイカバーを
固定します。
注記
・ 長時間カバーを開けたままにすると、ドラムカート
リッジが光で劣化する可能性があります。10 分以内
を目安にカバーを閉めるようにしてください。
・ ドラムカートリッジの交換直後に濃い横帯や濃度の
ムラが発生したときは、1日程度、本機を休ませてく
ださい。
5.
メッセージに表示されているドラムカート
リッジを両手で右図のように静かに持ち上
げて取り出します。
ここでは、ドラムカートリッジ K(ブラッ
ク)を例に説明します。
注記
・ ドラムカートリッジに付着したトナーに触れないよ
うに注意してください。
6.
使用済みドラムカートリッジは、新しいド
ラムカートリッジに同梱されているポリ袋
に入れ、新しいドラムカートリッジを取り
出したあと、その箱にしまいます。
注記
・ 箱から取り出したドラムカートリッジは、立てた状態
で置かないでください。
248 7 日常管理
K
C
M
Y
7.
新しいドラムカートリッジの包装紙をはが
します。
注記
・ 包装紙をはがすときに、ドラム面に触れないようにし
てください。
補足
・ はがされた包装紙は、ドラムカートリッジの箱にし
まってください。
8.
新しいドラムカートリッジを左右の溝に合
わせて平行に挿入して、取り付けます。
補足
・ ドラムカートリッジをセットしにくい場合は、手順 9、
手順 10 に進んで一度排出トレイカバーを閉め、もう
一度手順 3 からやり直してください。
9.
倒れ防止のアームを元に戻します。
注記
・ 倒れ防止アームを元に戻すときには、倒れ防止アーム
が溝にしっかりと固定されていることを確認してく
ださい。
10. 排出トレイカバーを静かに手前に倒したあ
と、カバー中央部を上から押して閉じます。
トナーカバーを閉じ、続いてフロントカ
バーを閉じます。
注記
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、ベルトユニットの表
面(黒のフィルム)には触らないでください。
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、トナーカバーを持た
ないでください。
・ 排出トレイカバーとフロントカバーを閉じるとき、カ
バーとプリンター本体の間に指を挟まないように注
意してください。
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
これで、ドラムカートリッジの交換は完了です。ドラムカートリッジには、光路(レー
ザー)部清掃用の交換パッドが同梱されています。パッドを交換する場合は、
「清掃用パッ
ドを交換する」(P. 250) を参照してください。
7.1 消耗品を交換する
249
清掃用パッドを交換する
本機内部には、光路(レーザー)部を清掃するための清掃用パッドが収納されています。
ドラムカートリッジを購入すると、交換用の清掃用パッドが付いています。次の手順に
従って、パッドを交換してください。
参照
・ 清掃用パッドで、清掃する手順:「光路(レーザー)部の清掃」(P. 208)
1.
手差しトレイに用紙がセットされている場
合は取り除き、手差しトレイを閉じます。
注記
・ 手差しトレイを閉じるとき、プリンター本体との間に
指を挟まないように注意してください。
2.
A レバーを押し上げて、フロントカバーを
開けます。
3.
排出トレイカバーの右手前の C レバーを持
ち、静かにカバーを開けます。
注記
・ カバーは 90 度以上開きます。止まるところまで完全
に開けてください。
・ ベルトユニットの表面(黒のフィルム)には触らない
でください。
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
4.
250 7 日常管理
排出トレイカバーの右側についている倒れ
防止アームの上先端を手前に外し、本機右
側の溝に差し込んで、排出トレイカバーを
固定します。
ベルトユニット
C レバー
5.
本機内部の右図の位置にある清掃用パッド
を取り外します。
6.
清掃用パッドの前後のつめを矢印方向に指
でつまみ、パッドを外します。
7.
新しいパッドを、清掃用パッドの穴に差し
込みます。
パッドが清掃用パッドに固定されます。
8.
清掃用パッドを元の場所に戻します。
9.
倒れ防止のアームを元に戻します。
注記
・ 倒れ防止アームを元に戻すときには、倒れ防止アーム
が溝にしっかりと固定されていることを確認してく
ださい。
7.1 消耗品を交換する
251
10. 排出トレイカバーを静かに手前に倒したあ
と、カバー中央部を上から押して閉じます。
トナーカバーを閉じ、続いてフロントカ
バーを閉じます。
注記
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、ベルトユニットの表
面(黒のフィルム)には触らないでください。
・ 排出トレイカバーを閉じるとき、トナーカバーを持た
ないでください。
・ 排出トレイカバーとフロントカバーを閉じるとき、カ
バーとプリンター本体の間に指を挟まないように注
意してください。
補足
・ トナーカバーが外れた場合は、
「6.8 トナーカバーの取
り付け方法」(P. 239) を参照して、取り付けてくださ
い。
トナー回収ボトルを交換する
印刷後のドラムに残ったトナーは、集められてトナー回収ボトルにたまります。トナー回
収ボトルの交換時期が近づくと、操作パネルのディスプレイに次のようなメッセージが表
示されます。
メッセージ
処置
プリントできます
回収ボトル 予備用意
すぐに交換する必要はありませんが、トナー回収ボトルの予備を用
意してください。残りの印刷可能ページ数は、約 1,200 ページ *1
です。
プリントできます
回収ボトル 交換時期
まもなくトナー回収ボトルの交換時期になります。残りの印刷可能
ページ数は、約 500 ページ *1 です。
トナー回収ボトルを
交換してください
本機は停止し、印刷できなくなります。「交換手順」(P. 253) を参
照して、トナー回収ボトルを交換してください。
*1: 印刷可能ページ数は、印刷条件や原稿の内容、本機電源の入切の頻度などによって、大きく異な
ります。詳しくは、「有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について」(P.328) を参照してく
ださい。
注記
・ トナー回収ボトルを交換するときは、本機の電源を入れたまま行ってください。
・ トナー回収ボトルを交換するとき、回収されたトナーがこぼれて床面を汚すことがあります。あらかじ
め床に紙などを敷いて作業してください。
252 7 日常管理
交換手順
1.
本機が処理中でないことを確認し、つまみ
を持って、トナー回収ボトルカバーを開け
ます。
2.
トナー回収ボトルを片手で右図のように持
ち、取り出します。
注記
・ トナー回収ボトルに付着したトナーに触れないよう
に注意してください。
3.
使用済みトナー回収ボトルは、新しいト
ナー回収ボトルに同梱されているポリ袋に
入れ密閉し、新しいトナー回収ボトルを取
り出したあと、その箱にしまいます。
4.
新しいトナー回収ボトルを取り付けます。
5.
トナー回収ボトルカバーを閉めます。
7.1 消耗品を交換する
253
7.2
レポート / リストを印刷する
ここでは、レポート / リストの種類と印刷方法を説明します。
レポート / リストの種類
本機には、コンピューターからの印刷データを印刷するほかに、次のレポート / リストを
印刷する機能があります。
補足
・ レポート名が操作パネルでの表示名と異なる場合は、括弧内に操作パネルでの表示名を記載していま
す。
レポート名
(操作パネルでの表示名)
印刷に必要な
オプション品
説明
ジョブ履歴レポート
-
コンピューターから送られた印刷データが、正しく印刷された
か、実行結果を印刷します。[ジョブ履歴レポート]には、最新
の 50 件までの印刷ジョブが印刷されます。
この[ジョブ履歴レポート]は、50 件を超えるごとに自動的に
印刷させるかどうかを、操作パネルで設定できます。
「[自動ジョ
ブ履歴]」(P. 158) を参照してください。
エラー履歴レポート
-
本機に発生したエラーに関する情報が印刷されます。
-
コンピューター別(ジョブオーナー別)に、本機で印刷した総
ページ数、使用した用紙の総枚数の情報が印刷されます。
印刷枚数は、カラーと白黒別にカウントされています。集計レ
ポートは、データを初期化した時点からのカウントとなります。
プリンター集計レポート
(集計レポート)
参照
・「7.3 印刷ページ数を確認する」(P. 259)
プリンター集計管理レポート
(集計レポート)
-
集計機能を使用している場合は[集計レポート]を選択すると、
本レポートが印刷されます。
登録ユーザー別に、今まで印刷した白黒累積ページ数、カラー累
積ページ数、印刷に使用した用紙の累積枚数が確認できます。
参照
・ 集計機能について:
「7.9 ユーザー登録による利用の制限と集計
管理機能について」(P. 290)
機能設定リスト
フォントリスト
254 7 日常管理
-
本機のハードウエア構成やネットワーク情報など、各種の設定状
態が印刷されます。オプション品が正しく取り付けられているか
どうかを確認するときなどに印刷します。また、有寿命部品(定
期交換部品、有償)である 100K キット、300K キット、および
カラー現像器キットの残量を印刷します。
(PC -PR 20 1H 、 ART EX、ART IV、ESC/P、PDF Bridge、PC-PR201H、HPHP-GL/2 で使用 GL/2、DocuWorks Bridge で使用できるフォントの一覧が印
で き る フ ォ ン ト 刷されます。
の 一 覧 は、
PostScript ソフ
トウェアキット
(C o l o r
MultiWriter
9110C のみ)ま
たはエミュレー
シ ョ ン キ ッ ト
(C o l o r
MultiWriter
9110C のみ)装
着時)
レポート名
(操作パネルでの表示名)
PCL フォントリスト
印刷に必要な
オプション品
エミュレーショ
ンキット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
、ま
たは PostScript
ソ フ ト ウ ェ ア
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C)
説明
PCL で使用できるフォントの一覧が印刷されます。
また、PCL で使用できるバーコードのサンプルも確認できます。
PostScript® フォントリスト
(PS フォントリスト )
PostScript ソフ
トウェアキット
(C o l o r
MultiWriter
9110C)
ART IV, PR201H, ESC/P
ユーザー定義リスト
(ユーザー定義リスト )
(PC-PR201H に ART IV、ESC/P および PC-PR201H プリントモードで登録さ
つ い て は、 れたフォーム、ロゴ、パターンの登録内容が印刷されます。
PostScript ソフ
トウェアキット
(C o l o r
MultiWriter
9110C)ま た は
エミュレーション
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C)装着時)
ART EX フォーム登録リスト
(ART EX フォームリスト)*1
-
PostScript で使用できるフォントの一覧が印刷されます。
オーバーレイ印字機能で、フォームとして登録した文書の一覧が
印刷されます。
参照
・ フォームの登録:プリンタードライバーのヘルプ
PostScript® 論理プリンター PostScript ソフ
トウェアキット
登録リスト
*1
(C
o l o r
(PS 登録リスト )
MultiWriter
9110C)
登録されている 1 ~ 20 までの PostScript 論理プリンターの設
定が印刷されます。
PC-PR201H 設定リスト
(201H 設定リスト)*1
エミュレーショ
ンキット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
、ま
たは PostScript
ソ フ ト ウ ェ ア
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C のみ)
PC-PR201H プリントモードでの設定が印刷されます。
詳細は、本機に同梱されているメディア(MultiWriter プリン
ターソフトウエア CD-ROM)内の『PC-PR201H エミュレー
ション設定ガイド』を参照してください。
PC-PR201H 論理プリンター・
メモリー登録リスト
(201H 登録リスト)*1
エミュレーショ
ンキット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
、ま
たは PostScript
ソ フ ト ウ ェ ア
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C のみ)
登録されている 1 ~ 5 までの PC-PR201H 論理プリンターの設
定が印刷されます。
-
ESC/P プリントモードの設定が印刷されます。
詳細は、本機に同梱されているメディア(MultiWriter プリン
ターソフトウエア CD-ROM)内の『ART Ⅳ、ESC/P エミュレー
ション設定ガイド』を参照してください。
ESC/P 設定リスト *1
補足
・ 論理プリンターの設定は、CentreWare Internet Services
で行います。各項目については、CentreWare Internet
Services のヘルプを参照してください。
補足
・ 論理プリンターの設定は、操作パネルからメモリー登録をする
か、CentreWare Internet Services で行います。各項目に
ついては、CentreWare Internet Services のヘルプを参照
してください。
7.2 レポート / リストを印刷する
255
レポート名
(操作パネルでの表示名)
印刷に必要な
オプション品
ESC/P 論理プリンター・メモ
リー登録リスト
(ESC/P 登録リスト)*1
-
HP-GL/2® 設定リスト *1
HP-GL/2® 論理プリンター・メ
モリー登録リスト
(HP-GL/2 登録リスト)*1
HP-GL/2 パレットリスト *1
説明
登録されている 1 ~ 20 までの ESC/P 論理プリンターの設定が
印刷されます。
補足
・ 論理プリンターの設定は、操作パネルからメモリー登録をする
か、CentreWare Internet Services で行います。各項目に
ついては、CentreWare Internet Services のヘルプを参照
してください。
エミュレーショ
ンキット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
、ま
たは PostScript
ソ フ ト ウ ェ ア
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C のみ)
HP-GL、HP-GL/2 プリントモードでの設定値が印刷されます。
詳細は、本機に同梱されているメディア(MultiWriter プリン
ターソフトウエア CD-ROM)内の『HP-GL、HP-GL/2 エミュ
レーション設定ガイド』を参照してください。
エミュレーショ
ンキット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
、ま
たは PostScript
ソ フ ト ウ ェ ア
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C のみ)
登録されている 1 ~ 20 までの HP-GL、HP-GL/2 論理プリン
ターの設定が印刷されます。
エミュレーショ
ンキット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
、ま
たは PostScript
ソ フ ト ウ ェ ア
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C のみ)
カラーパレットの設定値が印刷されます。
補足
・ 論理プリンターの設定は、操作パネルからメモリー登録をする
か、CentreWare Internet Services で行います。各項目に
ついては、CentreWare Internet Services のヘルプを参照
してください。
TIFF/JPEG 設定リスト *1
-
TIFF/JPEG プリントモードでの各設定が印刷されます。
TIFF/JPEG 論理プリンター登
録リスト *1
-
登録されている 1 ~ 20 までの TIFF/JPEG 論理プリンターの設
定が印刷されます。
補足
・ 論理プリンターの設定は、CentreWare Internet Services で
行います。各項目については、CentreWare Internet Services
のヘルプを参照してください。
PDF 設定リスト *1
-
PDF ダイレクトプリントの操作パネルでの設定が印刷されます。
PCL 設定リスト *1
エミュレーショ
ンキット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
、ま
たは PostScript
ソ フ ト ウ ェ ア
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C のみ)
PCL プリントモードでの設定値が印刷されます。
詳細は、本機に同梱されているメディア(MultiWriter プリン
ターソフトウエア CD-ROM)内の『PCL エミュレーション設定
ガイド』を参照してください。
256 7 日常管理
レポート名
(操作パネルでの表示名)
PCL マクロ登録リスト
(PCL マクロリスト)*1
DocuWorks 設定リスト *1
蓄積文書リスト
送受信ドメイン制限リスト
(ドメイン制限リスト)
機能別カウンターレポート
隠し印刷サンプルリスト
(隠し印刷サンプル)
ペ ーパー セキュ リティ ーサン
プルリスト
(ペーパーセキュリティーサン
プル)
バーコードサンプル
印刷に必要な
オプション品
エミュレーショ
ンキット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
、ま
たは PostScript
ソ フ ト ウ ェ ア
キ ッ ト(Color
MultiWriter
9110C のみ)
説明
登録したマクロやフォームなどが印刷されます。
-
DocuWorks ダイレクトプリントの操作パネルでの設定が印刷
されます。
ハードディスク
(Color MultiWriter
9110C のみ)と
増設メモリ、
または増設メモ
リ(1GB)*2
セキュリティー / サンプル / 時刻指定プリント機能で、本機に蓄
積された文書の一覧が印刷されます。
ハードディスク
(C o l o r
MultiWriter
9110C のみ)
増設メモリ
送受信を許可 / 拒否するドメインの登録状況が印刷されます。
-
参照
・「3.5 機密文書を印刷する - セキュリティープリント -」(P. 77)
・「3.6 出力結果を確認してから印刷する - サンプルプリント -」
(P. 81)
・「3.7 指定した時刻に印刷する - 時刻指定プリント -」(P. 85)
・「7.6 RAM ディスクを使用するための設定」(P. 267)
補足
・ 送受信を許可するドメインを設定するか、拒否するドメインを
設定するかは、CentreWare Internet Services で設定します。
詳しくは、CentreWare Internet Services のヘルプを参照し
てください。
機能別、用紙サイズ別の出力枚数が印刷されます。
セキュリティ拡
張キット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
ハードディスク
(C o l o r
MultiWriter
9110C のみ)
増設メモリ
複製管理機能で作成する隠し印刷のサンプルが印刷されます。
セキュリティ拡
張キット(Color
MultiWriter
9110C のみ)
ハードディスク
(C o l o r
MultiWriter
9110C のみ)
増設メモリ
複製管理機能のペーパーセキュリティで作成するデータのサン
プルが印刷されます。
-
GS1-128 バーコードのサンプルが印刷されます。
[A3 バーコードモード ON]、
[A3 バーコードモード OFF]、
[A4
バーコードモード ON]、
[A4 バーコードモード OFF]の 4 種類
あります。
参照
・「複製管理」(P. 272)
参照
・「ペーパーセキュリティ」(P. 274)
*1:これらの項目は[レポート
*2:RAM
/ リスト]メニューで[プリント言語]を選択すると表示されます。
ディスクを有効に設定する必要があります。
7.2 レポート / リストを印刷する
257
レポート / リストを印刷する
レポート / リストは、操作パネルから印刷を指示します。ここでは、
[機能設定リスト]を
印刷する場合を例に説明します。ほかのレポート / リストも同様の手順で印刷できます。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [レポート / リスト]
が表示されるまで、
〈 〉
ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ジョブ履歴レポート]が表示されます。
レポート / リスト
4. [機能設定リスト]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
レポート / リスト
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
印刷を開始させる画面が表示されます。
機能設定リスト
6. 〈OK〉ボタンで印刷します。
レポートが印刷されます。
7.
258 7 日常管理
印刷が終わったら、
〈仕様設定〉ボタンを押
して、プリント画面に戻ります。
プリント言語の設定
レポート / リスト
ジョブ履歴レポート
機能設定リスト
[OK]でプリント開始
7.3
印刷ページ数を確認する
これまでに印刷したページ数は、そのカウントの仕方によって確認方法が異なります。
カラーモード別に印刷ページ数を確認する(メーター)
メーターは、カラーモードによって区分されています。操作パネルのディスプレイの表示
で、メーター別に印刷したページ数を確認できます。
メーター 1
白黒印刷
メーター 2
通常は使用しません。
メーター 3
カラー印刷
補足
・ アプリケーション側で ICC プロファイルなどを使って色変換した印刷データを、[カラー(自動判別)]
で印刷した場合、モニター上で白黒に見える原稿でもカラーで印刷されます。
また、その場合、メーターはメーター 3(カラー印刷)がカウントされます。
・ 両面印刷で出力する場合、使用しているアプリケーションによっては、部数を指定するときの条件など
により、自動的にページ調整の白紙を挿入することがあります。この場合、アプリケーションが挿入す
る白紙出力は 1 ページとしてカウントされます。
メーターの確認方法は、次のとおりです。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
プリント言語の設定
2. [メーター確認]が表示されるまで、
〈 〉ボ
タンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[現在のカウント]が表示されます。
メーター確認
4. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[メーター 1]が表示されます。
メーター 1
5. 〈 〉または〈 〉ボタンを押して、確認し
たいメーターを表示します。
メーター 3
6.
メーター確認
現在のカウント
1234567
222
確認が終わったら、
〈仕様設定〉ボタンを押
して、プリント画面に戻ります。
7.3 印刷ページ数を確認する
259
コンピューター別に印刷ページ数を確認する([プリンター集計レポート]
)
コンピューター別(ジョブオーナー別)に、本機で印刷した総ページ数、使用した用紙の
総枚数が、カラーと白黒それぞれについて、
[プリンター集計レポート]で確認できます。
[プリンター集計レポート]は、データを初期化した時点からのカウントになります。
[プリンター集計レポート]の印刷やデータの初期化は、操作パネルから行います。
補足
・ 認証 / 集計管理機能を使用している場合は、
[プリンター集計レポート]は印刷できません。代わりに、
[プリンター集計管理レポート]が印刷されます。
[プリンター集計管理レポート]に切り替わると、そ
れまでのプリンター集計のカウントは初期化されます。
参照
・ 印刷方法 :「レポート / リストを印刷する」(P. 258)
[プリンター集計レポート]の印刷結果について
[プリンター集計レポート]には、次の項目が印刷されます。
260 7 日常管理
ジョブオーナー名
最大 50 ユーザーまでのオーナー名が印刷されます。ジョブオーナーの指
定をしない場合、または 51 人め以降のユーザーの印刷ジョブの場合は、最
後から 2 つめの「UnknownUser」欄に集計されます。レポート / リスト
の出力は、最後の「Report/List」欄に集計されます。
カラー A3 ページ数
A3 サイズの用紙に、カラーで印刷したページ数です。
カラー A4 ページ数
A4 サイズの用紙に、カラーで印刷したページ数です。
カラー B4 ページ数
B4 サイズの用紙に、カラーで印刷したページ数です。
カラー B5 ページ数
B5 サイズの用紙に、カラーで印刷したページ数です。
カラーその他ページ数
上記以外のサイズの用紙に、カラーで印刷したページ数です。
カラー総ページ数
カラーで印刷した総ページ数です。
白黒総ページ数
白黒で印刷した総ページ数です。
総ページ数
実際に印刷した総ページ数です。1 つの印刷ジョブが終了するたびにカウン
トされます。
カラー総枚数
カラー印刷に使用した用紙の枚数です。
白黒総枚数
白黒印刷に使用した用紙の枚数です。
総枚数
印刷に使用した用紙の総枚数です。1 つの印刷ジョブが終了するたびにカウ
ントされます。
[プリンター集計レポート]のデータを初期化する
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [初期化 / データ削除]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[NV メモリー初期化]が表示されます。
初期化 / データ削除
6. [集計レポート初期化]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
初期化 / データ削除
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
処理を開始させる画面が表示されます。
集計レポート初期化
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
初期化 / データ削除
NV メモリー初期化
集計レポート初期化
[OK]で初期化開始
8. 〈OK〉ボタンを押します。
データが初期化されます。
9.
処理が終わったら、
〈仕様設定〉ボタンを押
して、プリント画面に戻ります。
7.3 印刷ページ数を確認する
261
機能別に印刷ページ数を確認する([機能別カウンターレポート])
レポートでは、稼動状況時間、2アップや両面印刷などの機能別や、用紙サイズ別のプリ
ントページ数や、プリント枚数、またエコ設定プリントページ数などを確認できます。
参照
・ 印刷方法 :「レポート / リストを印刷する」(P. 258)
262 7 日常管理
7.4
Web ブラウザーでプリンターの状態を確認
/ 管理する
本機を TCP/IP 環境に設置した場合、ネットワーク上のコンピューターの Web ブラウ
ザーを使用して、本機の状態を確認したり、本機の設定を行ったりできます。
この機能を、CentreWare Internet Services と呼びます。
CentreWare Internet Services では、本機にセットされている消耗品や用紙などの残
量の目安も確認できます。
補足
・ 詳しい CentreWare Internet Services の使用方法については、「1.5 CentreWare Internet
Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 本機をパラレルケーブルまたは USB ケーブルで、コンピューターと直接接続している場合は、
CentreWare Internet Services は使用できません。
・ 本機を TCP/IP 環境に設置した場合、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)に
同梱されている SimpleMonitor を使用してもコンピューター上でプリンターの状態を確認できます。
また、自分が印刷指示をしたジョブの状態も確認できます。
SimpleMonitor のインストール方法については、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア
CD-ROM)内の『マニュアル(HTML 文書)』を参照してください。
7.4 Web ブラウザーでプリンターの状態を確認 / 管理する
263
7.5
電子メールでプリンターの状態を確認する
本機が接続されているネットワークに、メールの送受信ができる環境がある場合には、コ
ンピューターから印刷を指示したジョブの終了をメールで知らせたり、消耗品や用紙など
の状況などを、指定したメールアドレスに通知したりするように設定できます。
この機能を、メール通知サービスといいます。
メール通知サービスで通知される情報
メール通知サービスで通知される情報には、次のものがあります。
情報の種類
説明
ジョブの終了通知
コンピューターから印刷が指示されたジョブの結果(正常終了、中止、要
確認)を通知します(ART EX プリンタードライバー、Windows 用 PS
ドライバー使用時のみ)。
消耗品などの状態通知
あらかじめ設定した内容(消耗品の状態、用紙の状態など)を指定された
あて先へメールで通知します。
トナーやドラムカートリッジの状態を定期的に通知するので、タイムリー
に交換時期を把握できます。
あて先は、ネットワーク管理者、または共用のアドレスを登録することを
お勧めします。
メール通知サービスを使用するための設定
メール通知サービスを使用するためには、ネットワーク環境やメール環境の設定が必要で
す。設定が済んでいるかどうか、ネットワーク管理者に確認してください。
ネットワーク環境
・ メールアカウントの登録
メール環境の設定(本機側)
CentreWare Internet Services を使用して、ポート起動、本体メールアドレス、TCP/
IP 環境、メールサーバーなどを設定します。
メール環境に合わせて、[プロパティ]の次の項目を設定します。
補足
・ 設定後は、必ず[新しい設定を適用]をクリックして本機の電源を切り、入れ直します。
・[メール通知設定]が表示されない場合は、
[ポート起動]で[メール通知]の[起動]にチェックを付
けて、本機の電源を切り、入れ直してください。
264 7 日常管理
項目
設定項目
説明
本体説明
管理者メールアドレス(設定推 「メール受信プリントをするための環境設定」
奨)、本体メールアドレス
の「本体説明」(P. 94) を参照してください。
一般設定>メー
ル通知フォル
ダー * >ジョブ
終了時のメール
通知設定
通知先メールアドレス
(*:メール通知
を起動すると表
示されます)
一般設定>メー
ル通知フォル
ダー * >機械状
態のメール通知
設定
通知先のメールアドレスを、英数字と「@」
「.」
「-」
「_」で、128 バイト以内で説明します。
通知対象ジョブ
通知する対象のジョブを設定できます。
・ プリンター
・ レポート
通知条件
通知する条件を設定できます。
・ すべての場合
・ 異常終了時のみ
本文
ジョブ終了時の通知メールの本文を設定でき
ます。
通知先メールアドレス
通知先のメールアドレスを、英数字と「@」
「.」
「-」
「_」で、128 バイト以内で説明します。
通知状態設定
通知する内容をあて先別に設定できます。
・ 消耗品の状態
・ 交換部品の状態
・ 用紙の状態
・ 排出先の状態
・ ジャム状態
・ インターロック状態
・ フォルトの通知
定期通知設定
メール通知を行う間隔などについて設定しま
す(設定任意)。
ネットワーク設
定>ポート起動
メール通知
チェックを付けます。
ネットワーク設
定>プロトコル
設定> TCP/IP
ホ スト名、ドメイン 名、DHCP 「メール受信プリントをするための環境設定」
からアドレスを取得 /DHCPv6- の「ネットワ ーク設 定>プ ロトコル 設定>
lite からアドレスを取得、DNS TCP/IP」(P. 94) を参照してください。
サーバーアドレス 1 ~ 3、DNS
の動的更新(IPv4/IPv6)、ドメ
イン検索リストの自動生成、検索
ドメイン名 1 ~ 3、タイムアウ
ト、DNS の名前解決の IPv6 優先
ネットワーク設
定>プロトコル
設定> SMTP
SMTP サーバー IP アドレス(ホ 「メール受信プリントをするための環境設定」
スト名)、送信ポート番号(メー の「ネットワ ーク設 定>プ ロトコル 設定>
ル)、受信ポート番号、本体メー SMTP」(P. 96) を参照してください。
ルアドレス、SMTP 送信の認証、
SMTP AUTH- ログイン名、
SMTP AUTH- パスワード
(*:メール通知
を起動すると表
示されます)
7.5 電子メールでプリンターの状態を確認する
265
プリンタードライバーのプロパティでの設定(コンピューター側)
印刷を指示したジョブの結果をメールで受け取るためには、ART EX プリンタードライ
バーのプロパティで次の設定をします。ここでは、Windows 7 を例に説明します。
1. [スタート]メニューから、[プリンタと FAX](OS によっては[プリンタ]または
[デバイスとプリンター])を選択します。
2.
本機のプリンターアイコンを選択し、[ファイル]メニューから[プロパティ]をク
リックします。
3. [全般]タブで[印刷設定]をクリックします。
[印刷設定]ダイアログボックスが表示されます。
4. [詳細設定]タブをクリックします。
5. [ジョブ終了をメールで通知]で[する]を指定します。
6. [メールアドレス]に、通知先のメールアドレスを半角英数字で入力し、[OK] をク
リックします。
7. [OK]をクリックします。
266 7 日常管理
7.6
RAM ディスクを使用するための設定
ここでは、RAM ディスクを使用するための設定方法を説明します。
Color MultiWriter 9110C の場合はハードディスク(オプション)なしで増設メモリ
(1GB)
(オプション)が取り付けられているとき、Color MultiWriter 9010C の場合は
増設メモリ(1GB)(オプション)が取り付けられているときに、RAM ディスクを有効
にするとサンプルプリント / セキュリティープリント / 時刻指定プリントが使用できま
す。
注記
・ RAM ディスクを使用している場合、本機の電源を切って入れ直すと、蓄積した文書はすべて削除され
ます。
補足
・ RAM ディスクを使用して、大量データを印刷する場合、分割して送信されます。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [システム設定]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[RAM ディスク]が表示されます。
システム設定
6. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
RAM ディスク
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
システム設定
RAM ディスク
・無効
7. 〈 〉ボタンを押します。
RAM ディスク
有効
8. 〈OK〉ボタンを押します。
プリンタードライバーのプロパティでの設定(コンピューター側)
プリンタードライバーのプロパティで次の設定をします。
[RAM ディスク]を[あり]に
設定する必要があります。ここでは、Windows 7 を例に説明します。
補足
・ プリンタードライバーの各項目についての詳細は、プリンタードライバーのヘルプを参照してくださ
い。
7.6 RAM ディスクを使用するための設定
267
1. [スタート]メニューから、[プリンタと FAX](OS によっては[プリンタ]または
[デバイスとプリンター])を選択します。
2.
本機のプリンターアイコンを選択し、[ファイル]メニューから[プロパティ]をク
リックします。
3. [プリンター構成]タブで[オプションの設定]をクリックします。
4. [オプションの設定]ダイアログボックスで、
[RAM ディスク]を[あり]に設定し、
[OK]をクリックします。
5.
268 7 日常管理
プロパティダイアログボックスの[OK]をクリックします。
7.7
セキュリティー機能について
セキュリティー機能の概要
ここでは、機械管理者を対象に、本機が持っている各種セキュリティー機能とその設定方
法を説明します。詳しくは、それぞれの参照先をご覧ください。
機能
説明
参照先
通信の暗号化
本機とネットワーク上のコンピューターの間で通信する場合 「7.8 暗 号 化 機 能 を 設 定
に、通信データを暗号化できます。
する」(P. 281)
・ クライアントコンピューターから本機への HTTP 通信を暗
号化
・ 本機から LDAP サーバーへの HTTP 通信を暗号化(SSL/
TLS クライアント)
・ IPSec を使用して暗号化
セキュリティープリント
第三者に見られたくない文書や機密書類などを出力する場 「3.5 機 密 文 書 を 印 刷 す
合、出力データを本体内に一時蓄積し、あらためて本体の操 る - セキュリティープリ
作パネルでパスワードを入力して出力します。
ント -」(P. 77)
補足
・ ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション)
)と増設メモリ(オプション)を取り付けるか、1 GB
の増設メモリ(オプション)を取り付けて RAM ディスク
を有効にする必要があります。
HDD 暗号化
シ ス テ ム 内 部(NV
メ モ リ ー、ハ ー ド デ ィ ス ク(Color 「[データ暗号化]」
MultiWriter 9110C のみ(オプション)
))のデータを暗号化 (P. 165)
するための設定を行います。
注記
・ この項目の設定を変更すると、ハードディスクが初期化さ
れます。
補足
・ ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))と増設メモリ(オプション)が必要です。
HDD 上書き消去
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプショ 「[HDD の上書き消去]」
ン))内のデータを上書き消去します。上書き消去を複数回行 (P. 165)
うことで、ハードディスクに記録されていた情報を確実に消
去することができます。
補足
・ ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))と増設メモリ(オプション)が必要です。
HDD の初期化
ハードディスクに残っているデータを一括して消去できます 「ハードディスク 初期
(ハードディスク初期化)。
化」(P. 190)
また、NV メモリーとハードディスクのデータを一括して初期 「データ一括削除」
化することもできます(データ一括削除)。
(P. 191)
IP アドレスによる受信制限
使用できるコンピューターの IP アドレスを登録して、印刷を 「[受 付 制 限 (IPv4)]」
受け付ける IP アドレスを制限できます。
(P. 152)
または、
「IP アドレスによる受信
制限」(P. 270)
操作パネルのロック
パスワードによって操作パネルの操作に制限をかけることが 「[操 作 パ ネ ル 設 定]」
できます。
(P. 155)
7.7 セキュリティー機能について
269
機能
説明
参照先
ユーザー登録による利用制
限
本機にユーザー情報を登録することによって、CentreWare
Internet Services へのアクセスや、コンピューターからの
印刷ができるユーザーを限定できます。
複製管理機能
ページ全体に日時や番号、複製制限コード(デジタルコード) 「複製管理機能について」
を印字することによって、機密文書などの複写を抑止します。 (P. 272)
「7.9 ユーザー登録によ
る利用の制限と集計管理
機能について」(P. 290)
補足
・ セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C の
み(オプション))、ハードディスク(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))および増設メモリ(オプショ
ン)が必要です。
強制アノテーション機能
ジョブの種類ごとに関連づけられたレイアウトテンプレート
に従い、アノテーションが強制印字されます。
「強制アノテーション機
能について」(P. 278)
補足
・ セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C の
み(オプション))、ハードディスク(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))および増設メモリ(オプショ
ン)が必要です。
IP アドレスによる受信制限
本機では、使用できるコンピューターの IP アドレスを登録して、印刷を受け付ける IP ア
ドレスを制限できます。ここでは、CentreWare Internet Services を使用した設定方
法を説明します。
補足
・ IPv4 のネットワーク環境では、操作パネルを使った設定もできます。操作パネルでの設定については、
「[受付制限 (IPv4)]
」(P. 152) を参照してください。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Services へのアクセス方法がわからない場合は、「1.5 CentreWare
Internet Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックします。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
3. [プロパティ]タブのメニューから[セキュリティー]>[受付 IP アドレス制限]を
クリックします。
270 7 日常管理
4. [アクセス制限 -IPv4]または[アクセス制限 -IPv6]の[受付 IP アドレス制限]に
チェックを付け、[追加]をクリックします。
5.
表示された画面で、
[受付 IP アドレス]に、TCP/IP で接続を許可する IP アドレスを
設定します。
6. [IP アドレスマスク]に、
[受付 IP アドレス]で登録した IP アドレスに対するアドレ
スマスクをプレフィックス長の形式で設定します。
IPv4 での設定を例にすると、[受付 IP アドレス]を 129.249.110.23、[IP アドレ
スマスク]を 24 に設定した場合、印刷を受け付ける IP アドレスは、
129.249.110.*(*
は 1 ~ 254) になります。
7.
設定ができたら、[新しい設定を適用]をクリックします。
8.
本機を再起動する画面が表示されるので、[再起動]をクリックします。
本機が再起動し、設定した値が反映されます。
7.7 セキュリティー機能について
271
複製管理機能について
複製管理は、ページ全体に日時や文字、背景、隠し文字デジタル情報を印刷することで、
文書の複製を抑止したり、コピーの履歴を確認できる機能です。詳しくは、CentreWare
Internet Services のヘルプを参照してください。
注記
・ 複製管理機能による文書の複製制限は、常に機能することを保証するものではありません。原稿や設定
条件によっては、機能が有効に働かない場合があります。詳しくはお買い求めの販売店、またはサービ
ス窓口にお問い合わせください。
・ 複製管理機能を使用または使用できなかったことによって発生した損害については、弊社はその責任を
負いかねますので、あらかじめご了承ください。
補足
・ セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))、ハードディスク(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))、および増設メモリ(オプション)が必要です。
複製管理機能には、次の種類があります。
・ 複製管理
あらかじめ本機に登録されているパターンを使用して、原稿に日付や背景を隠し印刷し
ます。この原稿をコピーすると、桜紙や VOID 紙のように隠し印刷が浮き上がります。
・ ペーパーセキュリティ
隠し文字のほかに複製制限コード(デジタルコード)を埋め込むことで、出力した原稿
のコピー / スキャン /FAX 送信を禁止したり、情報漏えい時に作業履歴を追跡したりす
ることができます。なお、コピー / スキャン /FAX 送信を禁止するには、対応した機器
やソフトウエアが必要になります。
・ UUID 印字
UUID とは、Universally Unique Identifier の略で、ほかと重複しないことが保証さ
れた 128 ビットの値です。UUID 印字機能を使用すると、原稿に識別 ID(UUID)を
印刷して、特定の文書の印刷ログを検索できます。
複製管理
ページ全体に日時や背景を隠し印刷します。出力した原稿をコピーすると、隠し印刷した
文字列や背景が浮き上がります。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Servicesへのアクセス方法がわからない場合は、
「1.5 CentreWare Internet
Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックします。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
272 7 日常管理
3.
4.
左側のメニューから[セキュリティー]>[複製管理]>[複製管理]をクリックします。
[複製管理]画面が表示されます。
各項目を設定します。
設定項目
説明
印刷する日付の形式
印刷日時の印字パターンを設定します。ここで設定した値は、複製管理
機能全体で共通になります。
・[20yy/mm/dd]
・[dd/mm/20yy]
・[mm/dd/20yy]
・[20yy 年 /mm 月 dd 日]
隠し印刷初期値
文字の埋め込み方を設定します。
・[浮き出し]
背景に隠された文字列が浮き出して印字されます。文字列の部分は、
[背景パターン]で設定したパターンで印字されます。
・[白抜き]
背景に隠された文字列が白抜きされて印字されます。白抜きされた文
字以外の背景には、[背景パターン]で設定したパターンが印字され
ます。
文字列の大きさ
複製管理で印字される文字の大きさを、24 ~ 80 ポイントの範囲で 1
ポイント刻みで設定できます。
背景パターン
複製管理機能の隠し印刷に使用する背景パターンを設定します。
・[ウェーブ]/[サークル]/[ストライプ]/[チェーン]/[ビーム]
/[ひし形]/[ひまわり]/[扇]
印刷の色
複製管理で印字される文字の色を設定します。
・[黒]/[マゼンタ]/[シアン]
印刷の濃度
複製管理で印刷される文字の濃度を設定します。
・[うすい]/[ふつう]/[濃い]
文字 / 背景コントラスト
複製管理で印字される文字 / 背景のコントラストを設定します。コント
ラスト 1 ~ 9 の 9 種類から選択します。
補足
・ 文字 / 背景のコントラストは、[隠し印刷サンプルリスト]を印刷し
て確認してから、設定してください。
7.7 セキュリティー機能について
273
設定項目
説明
クライアントプリント
強制印字の制御
クライアント側のコンピューターから印刷したときに、強制的に複製管
理を印字するかどうかを設定します。
・[しない]
・[する]
[本機の設定を優先]を設定した場合は、本機で[クライアントプリン
ト]が[する]に設定されているときに、クライアントから複製管理、
ペーパーセキュリティを指示しても無視されます。クライアントから複
製管理、ペーパーセキュリティを指示するには TrustMarkingBasic
(別売)が必要です。
・[本体の設定を優先]
・[クライアントの設定を優先]
補足
・ この設定は、複製管理とペーパーセキュリティで共通です。
5.
各項目の設定ができたら、[新しい設定を適用]をクリックします。
ペーパーセキュリティ
注記
・ IPv6 ネットワークを使用して印刷した場合、ペーパーセキュリティは正しく動作しません。
ページ全体に日時や番号のほかに複製制限コード(デジタルコード)を隠し印刷します。
この文書はコピー禁止文書になり、ペーパーセキュリティ対応機器からコピー / スキャン
/FAX 送信などのジョブを実行しようとすると強制的に中止されます。また、情報漏えい
の際には、専用のアプリケーションを使用することで、いつ、どこで、誰が出力したのか
を追跡できます。
補足
・ 文字列の隠し印刷については、「複製管理」(P. 272) を参照してください。
・ デジタルコードの解析には、富士ゼロックス株式会社製アプリケーション「PaperSecurity Analyzer」
(別売)が必要です。詳細はお買い求めの販売店、またはサービス窓口までお問い合わせください。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Servicesへのアクセス方法がわからない場合は、
「1.5 CentreWare Internet
Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックします。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
274 7 日常管理
3.
4.
左側のメニューから[セキュリティー]>[複製管理]>[ペーパーセキュリティ]
をクリックします。
[ペーパーセキュリティ]画面が表示されます。
各項目を設定します。
設定項目
解析パスワード
説明
文書の追跡情報を解析するときのパスワードを、4 ~ 12 文字で設定し
ます。
補足
・ 本機では追跡情報の解析はできません。富士ゼロックス株式会社製ア
プリケーション「PaperSecurity Analyzer」(別売)が必要です。
詳細は、お買い求めの販売店、またはサービス窓口までお問い合わせ
ください。
ユーザー定義文字列
追跡情報として埋め込む隠し文字の文字列を、32 文字以内で設定しま
す。
クライアントプリント
クライアント側のコンピューターから印刷したときに、強制的に隠し文
字列を印字するかどうかを設定します。
・[しない]
・[する]
強制印字の制御
[本機の設定を優先]を設定した場合は、本機で[クライアントプリン
ト]が[する]に設定されているときに、クライアントから複製管理、
ペーパーセキュリティを指示しても無視されます。クライアントから複
製管理、ペーパーセキュリティを指示するには TrustMarkingBasic
(別売)が必要です。
・[本体の設定を優先]
・[クライアントの設定を優先]
補足
・ この設定は、複製管理とペーパーセキュリティで共通です。
レポート / リスト
レポート / リストを印刷したときに、強制的に隠し文字列を印字するか
どうかを設定します。
・[しない]
・[する]
7.7 セキュリティー機能について
275
設定項目
説明
複製制限コード
ペーパーセキュリティのジョブ実行禁止の指定をするかしないかを設
定します。
[埋め込む]に設定すると、デジタルコードが埋め込まれます。
・[埋め込まない]
・[埋め込む]
文字列初期値
隠し文字列の印字で埋め込む文字列を設定します。
・[なし]
・[禁複写]
・[コピー]
・[複写]
・[文字列登録]
補足
・ 任意の文字列を登録する場合は、[文字列登録]をクリックして表示
される画面で文字列を入力し、[新しい設定を適用]をクリックして
ください。
背景パターン
隠し印刷に使用する背景パターンを設定します。
・[ウェーブ]/[サークル]/[ストライプ]/[チェーン]/[ビーム]
/[ひし形]/[ひまわり]/[扇]
印刷の色
複製管理で印字される文字の色を設定します。
・[黒]/[マゼンタ]
文字 / 背景コントラスト
複製管理で印字される文字 / 背景のコントラストを設定します。コント
ラスト 1 ~ 9 の 9 種類から選択します。
補足
・ 文字 / 背景のコントラストは、[ペーパーセキュリティーサンプルリ
スト]を印刷して確認してから、設定してください。
5.
各項目の設定ができたら、[新しい設定を適用]をクリックします。
UUID 印字
UUID とは、Universally Unique Identifier の略で、ほかと重複しないことが保証され
た 128 ビットの値です。UUID 印字機能を使用すると、印刷ジョブごとに識別 ID(UUID)
を印刷します。
富士ゼロックス株式会社製 ApeosWare Accounting Service(別売)を利用すると、
UUID をキーとしてログを検索し、ジョブごとに「いつ」、
「誰が」プリントしたかなどの
情報を確認できるため、情報漏えいの抑止に効果があります。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Servicesへのアクセス方法がわからない場合は、
「1.5 CentreWare Internet
Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックします。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
276 7 日常管理
3.
4.
左側のメニューから[セキュリティー]>[複製管理]>[UUID]をクリックします。
[UUID]画面が表示されます。
各項目を設定します。
設定項目
説明
UUID 印字
UUID 印字をするかしないかを設定します。
・[しない]
・[する]
印字位置
UUID の印字位置を設定します。
・[左上]/[中央上]/[右上]/[左下]/[中央下]/[右下]
印字位置の微調整(縦方向) UUID 印字位置を縦方向に 0 ~ 100mm の間で微調整します。
印字位置の微調整(横方向) UUID 印字位置を横方向に 0 ~ 200mm の間で微調整します。
補足
・ 微調整値は、用紙の端を 0mm として値を大きくすると用紙中央方向
に移動します。ただし、印字位置で[中央上]または[中央下]を選
択した場合、よこ方向の調整値は用紙の中央を 100mm としていま
す。印字位置で[中央上]または[中央下]を選択する場合は、微調
整値をいったん 100mm に設定してから調整してください。
うら面の印字位置
5.
うら面の UUID 印字位置を設定します。
・[おもて面と同じ]
・[おもて面と対称]
各項目の設定ができたら、[新しい設定を適用]をクリックします。
7.7 セキュリティー機能について
277
強制アノテーション機能について
強制アノテーションは、ジョブの種類ごとに関連づけられたレイアウトテンプレートに従
い、透かし文字やユーザー ID を強制印字できる機能です。
詳しくは、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
補足
・ 複製管理、ペーパーセキュリティ、UUID 印字が指定されている場合は、それらと重なって印字されます。
・ セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))、ハードディスク(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))および増設メモリ(オプション)が必要です。
レイアウトテンプレートの関連付け
レイアウトテンプレートとの関連づけを設定します。関連づけを設定できるのは次のもの
です。
・ クライアントプリント
・ メール受信プリント
・ レポート
補足
・ クライアントプリントは、コンピューターからプリントを指示したジョブです。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Services へのアクセス方法がわからない場合は、「1.5 CentreWare
Internet Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックします。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
3.
左側のメニューから[セキュリティー]>[強制アノテーション]>[レイアウトテ
ンプレートの関連付け]をクリックします。
[レイアウトテンプレートの関連付け]画面が表示されます。
4. [クライアントプリント]、[メール受信プリント]、または[レポート]の、[確認 /
変更]をクリックします。
278 7 日常管理
5.
表示された画面で、
[レイアウトテンプレートの関連付け]の[レイアウトテンプレー
ト]にチェックをつけます。
6.
レイアウトテンプレートを選択します。
補足
・ 本機にはあらかじめ[preset1]~[preset4]のレイアウトテンプレートが用意されています。これ
らのテンプレートは削除できません。
・ ジョブの種類や実行形態によっては、印字されない項目があります。
・ 機械が作成した白紙ページには、強制アノテーションは印字されません。
参照
・ 文字列の登録については、「文字列の登録」(P. 280) を参照してください。
レイアウトテンプレート
preset1
preset2
preset3
preset4
7.
印字される項目
[文字列登録 1]で登録した文字が、用紙中央に透かし文字で斜めに印
字されます。
用紙の右下([preset1]の場合)、または左下([preset2]の場合)
に、次の項目が印字されます。
・ 上段:文書名、印字を指示したコンピューターの IP アドレス
・ 下段:ユーザー名、カード ID、ユーザー ID、年月日時
[文字列登録 1]で登録した文字が、用紙中央に透かし文字で斜めに印
字されます。
用紙の右下([preset3]の場合)、または左下([preset4]の場合)
に、次の項目が印字されます。
・ ユーザー ID、年月日時
設定ができたら、[新しい設定を適用]をクリックします。
7.7 セキュリティー機能について
279
レイアウトテンプレートの削除
本機では、この機能は使用できません。
文字列の登録
強制アノテーションで使用する文字列を登録します。
注記
・ 本機で使用できる文字列は[文字列登録 1]だけです。
[文字列登録 2]~[文字列登録 8]は使用でき
ません。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Services へのアクセス方法がわからない場合は、「1.5 CentreWare
Internet Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックします。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
3.
4.
左側のメニューから[セキュリティー]>[強制アノテーション]>[文字列の登録]
をクリックします。
[文字列の登録]画面が表示されます。
登録したい文字列を入力します。
補足
・ 最大文字数は、半角で 64 文字、全角で 32 文字です。
5.
280 7 日常管理
設定ができたら、[新しい設定を適用]をクリックします。
7.8
暗号化機能を設定する
証明書の種類
本機で暗号化機能を利用するには、証明書が必要になります。
使用できるデバイス証明書は次の 2 種類です。
・ CentreWare Internet Services を使用して作成した自己証明書(有効期限は 1 年)
・ 他の認証局で作成された証明書
他の認証局で作成された証明書を使用する場合は、CentreWare Internet Services で
本機にインポートしてください。
参照
・ 証明書のインポートについては、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
暗号化の種類により使用できるデバイス証明書は次のとおりです。
自己証明書
他の認証局で
作成された証明書
クライアントから本機への HTTP 通信を
暗号化する(SSL/TLS サーバー)
○
○
IPSec を使用して暗号化する
×
×
暗号化の種類
○:使用できる ×:使用できない
暗号化機能について
本機では、ネットワーク上にあるほかのコンピューターと通信する場合に、通信データを
暗号化できます。
„ クライアントから本機への HTTP 通信を暗号化する(SSL/TLS サー
バー)
本機の SSL/TLS 通信機能を有効にすることで、本機とネットワーク上のコンピューター
間での HTTP 通信を暗号化できます。
本機の HTTP サーバーを利用するポートには、SOAP ポート、インターネットサービス
(HTTP) ポート、IPP ポートがあります。
クライアントから本機への HTTP 通信の暗号化には、SSL /TLS プロトコルを使用しま
す。
通信を暗号化するには、自己証明書、または他の認証局で作成された証明書のいずれかの
デバイス証明書を使用できます。
補足
・ 作成済みの証明書を使用する場合は、CentreWare Internet Services を使って証明書をインポート
してください。詳しくは、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
・ HTTP の通信を暗号化すると、IPP ポート で印刷するときに通信データを暗号化(SSL 暗号化通信)
できます。
・ 発行した証明書の有効期限は 1 年です。
7.8 暗号化機能を設定する
281
„ 本機から LDAP サーバーへの HTTP の通信を暗号化する(SSL/TLS ク
ライアント)
LDAPサーバーと本機とのHTTP 通信の暗号化には、SSL/TLS プロトコルを使用します。
通常、証明書を設定する必要はありませんが、LDAP のサーバーが SSL クライアント認
証を要求する設定の場合には、CentreWare Internet Services を使用して、本機に作
成済みの SSL/TLS クライアント証明書をインポートし、設定する必要があります。
また、サーバー証明書の検証を有効にして LDAP サーバーの検証を行う場合には、LDAP
サーバーのSSL/TLS サーバー証明書を検証するために、
そのルート証明書をCentreWare
Internet Services から本機に登録する必要があります。
補足
・ CentreWare Internet Services を使って他の認証局で作成された証明書をインポートする方法につ
いては、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
„ IPSec を使用し暗号化する
IPSec を使用して本機と暗号化通信ができます。
IKE 認証方式を事前共有鍵、またはデジタル署名から選択できます。デジタル署名を選択
する場合は、本機に IPSec 用証明書が必要です。
CentreWare Internet Services を使用して、他の認証局で作成された証明書をイン
ポートします。なお、デジタル署名を使用して暗号化するには、IPSec サーバーが受け付
けるルート証明書が必要です。自己証明書やデバイス証明書発行ユーティリティで発行さ
れた証明書は使用できません。
補足
・ 証明書のインポートについては、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
HTTP の通信を暗号化するための設定
ここでは、HTTP の通信を暗号化するための設定について説明します。
本機側の設定
本機に証明書を設定します。
ここでは、CentreWare Internet Services で自己証明書(SSL サーバー用)を作成
し、SSL/TLS 通信を有効にする手順を説明します。各項目の詳細は、CentreWare
Internet Services のヘルプを参照してください。
補足
・ CentreWare Internet Services で、作成済みの証明書をインポートして使用することもできます。
作成済みの証明書のインポートについては、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してく
ださい。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Services へのアクセス方法がわからない場合は、「1.5 CentreWare
Internet Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックしてください。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
3.
282 7 日常管理
左側のメニューから[セキュリティー]>[証明書の設定]をクリックします。
[証明書の設定]画面が表示されます。
4.
証明書を作成します。[自己証明書の作成]をクリックします。
5.
表示された画面で、
[公開キーのサイズ]と[発行者]を設定し、
[新しい設定を適用]
をクリックします。
補足
・ 設定内容を適用しないで、表示を元に戻す場合は、[元に戻す]をクリックします。
6.
設定が更新されたら、Web ブラウザーの再読み込みを実行します。
7. [プロパティ]タブのメニューから[セキュリティー]>[SSL/TLS 設定]をクリッ
クします。
7.8 暗号化機能を設定する
283
8. [HTTP - SSL/TLS 通信]の[有効]にチェックを付け、
[新しい設定を適用]をク
リックします。
9.
本機を再起動する画面が表示されるので、[再起動]をクリックします。
本機が再起動し、設定した値が反映されます。
補足
・ CentreWare Internet Services を起動すると、
[プロパティ]の[セキュリティー]の下に[証明書
管理]が表示されます。[証明書管理]では、証明書の情報の確認や選択、証明書のエクスポート、削
除などをすることができます。
通信を暗号化した場合の CentreWare Internet Services へのアクセス
方法
HTTP の通信を暗号化した場合、CentreWare Internet Services にアクセスするには、
ブラウザーのアドレス欄に、
「http」ではなく「https」から始まるアドレスを入力します。
・ IP アドレスの入力例:https://192.168.1.100/
(「192.168.1.100」の部分は、お使いの機種の IP アドレスに置き換えてください。)
・ インターネットアドレスの入力例:https://xxx.yyyy.zz.vvv/
IPP ポートで通信データを暗号化して印刷するための設定
HTTP の通信を暗号化すると、IPP ポートで印刷するときに、通信データを暗号化できま
す。
プリンター側の設定で、IPP ポートが[起動]に設定されていない場合(初期値:
[停止])
は、
「1.4 使用するポートを起動する」(P. 40) を参照して起動してください。
次に、コンピューターにプリンタードライバーをインストールし、出力ポートを IPP ポー
トに設定します。
以下に、Windows 7 の例で、プリンタードライバーをインストールする手順を説明しま
す。
補足
・ インストール手順についての詳細は、メディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)内
の『マニュアル(HTML)』を参照してください。
1. [スタート]メニューから、[プリンタと FAX](OS によっては[プリンタ]または
[デバイスとプリンター])を選択します。
284 7 日常管理
2. [プリンタのタスク]の[プリンタのインストール]を選択します。
3. [次へ]をクリックします。
4. [ネットワークプリンタ、またはほかのコンピューターに接続されているプリンタ]を
選択し、 [次へ]をクリックします。
5. [インターネットまたは自宅 / 会社のネットワーク上のプリンタに接続する]を選択
し、[URL]に次の URL を入力して[次へ]をクリックします。
「https://( お使いの機種の IP アドレス )/ipp/」
6. [ディスク使用]をクリックします。
7.
表示された画面で(メディアのドライブ名):プリンタードライバーが格納されてい
るフォルダー名を入力し、[OK]をクリックします。
8.
本プリンターのドライバーを選択して、[OK]をクリックします。
9.
通常使うプリンターに設定する場合は[はい]を、設定しない場合は[いいえ]を選
択して、 [次へ]をクリックします。
10.[完了]をクリックします。
IPSec を使用して暗号化するための設定
ここでは、IPSec を使用して暗号化するための設定について説明します。
補足
・ この機能は、Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 R2 でのみ使用できます。
コンピューター側の設定
Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8、Windows
8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 で IPSec の設定をしま
す。詳しくは、Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows
8、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 のヘルプ
を参照してください。
本機側の設定
CentreWare Internet Services で IPSec の設定をします。
本機では、IKE 認証方式を事前共有鍵、またはデジタル署名から選択できます。デジタル
署名を選択する場合は、本体の証明書が必要ですので、まず、
「HTTP の通信を暗号化す
るための設定」(P. 282) を参照して証明書を設定してから、IPSec の設定をしてください。
7.8 暗号化機能を設定する
285
事前共有鍵を選択する場合は、事前に事前共有鍵の発行が必要ですので、機械管理者にお
問い合わせください。その後、IPSec の設定をしてください。
„ 証明書の設定
CentreWare Internet Services で HTTP の通信を暗号化する設定を行ってから、他の
認証局で作成された証明書を本機にインポートして、IPSec 用証明書として設定します。
なお、デジタル署名を使用して暗号化するには、IPSec サーバーが受け付けるルート証明
書が必要です。自己証明書やデバイス証明書発行ユーティリティで発行された証明書は使
用できません。
補足
・ HTTP の通信を暗号化する方法については、
「HTTP の通信を暗号化するための設定」(P. 282) を参照
してください。
・ CentreWare Internet Services の項目の詳細については、CentreWare Internet Services のヘ
ルプを参照してください。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Services へのアクセス方法がわからない場合は、「1.5 CentreWare
Internet Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックしてください。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
3.
左側のメニューから[セキュリティー]>[証明書の設定]をクリックします。
[証明書の設定]画面が表示されます。
4. [証明書のインポート]をクリックします。
286 7 日常管理
5.
6.
表示された画面で、
[パスワード]とインポートする証明書のファイル名を指定して、
[インポート]をクリックします。
Web ブラウザーの再読み込みを実行します。
7. [プロパティ]タブのメニューから[セキュリティー]>[証明書管理]をクリック
します。
[証明書管理]画面が表示されます。
8. [カテゴリー]を[本体]
、
[証明書の目的]を[IP Sec]に設定し、
[一覧の表示]を
クリックします。
7.8 暗号化機能を設定する
287
9.
設定する証明書にチェックを付け、[証明書の表示]をクリックします。
10.[証明書の選択]をクリックします。
11. 本機を再起動する画面が表示されるので、[再起動]をクリックします。
本機が再起動し、設定した値が反映されます。
これで、IPSec 用の証明書が設定されました。続けて、IPSec の設定をします。次
ページの手順 3 に進んでください。
„ IPSec の設定
CentreWare Internet Services で IPSec の設定をします。
補足
・ CentreWare Internet Services の項目の詳細については、CentreWare Internet Services のヘ
ルプを参照してください。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CetreWare Internet Services へのアクセス方法がわからない場合は、
「1.5 CentreWare Internet
Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックしてください。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
3.
左側のメニューから、[セキュリティー]>[IP Sec]をクリックします。
[IP Sec]画面が表示されます。
4. [プロトコル]の[有効]にチェックを付けます。
5. [IKE 認証方式]で[事前共有鍵]、または[デジタル署名]を選択します。
6. [IKE 認証方式]を[事前共有鍵]に設定した場合は、
[共有鍵]と[共有鍵の照合]
に、IPsec 通信の共通鍵を入力します。
7. [IKE SA のライフタイム](分単位)を 5 ~ 28800 の数値で入力します。
288 7 日常管理
8. [IPSec SA のライフタイム](秒単位)を 300 ~ 172800 の数値で入力します。
補足
・[IKE SA のライフタイム]より短い時間になるように入力します。
9. [DH グループ]で[G1]または[G2]を選択します。
10.[PFS]で、[有効]にチェックを付けると、PFS 機能を起動できます。
11.[相手アドレスの指定[IPv4]]または[相手アドレスの指定[IPv6]]に、通信する
相手先の IP アドレスを入力します。
補足
・ すべての相手先と IPSec で通信する場合は、
[0.0.0.0/0]
(IPv4 のとき)または[::/0]
(IPv6 のとき)
を設定します。
12.[IPSec未対応機器との通信」で、IPSec未対応機器と通信するかどうかを選択します。
13. 各項目の設定ができたら、[新しい設定を適用]をクリックします。
補足
・ 設定内容を適用しないで、表示を元に戻す場合は、[元に戻す]をクリックします。
14. 本機を再起動する画面が表示されるので、[再起動]をクリックします。
本機が再起動し、設定した値が反映されます。
7.8 暗号化機能を設定する
289
7.9
ユーザー登録による利用の制限と集計管理
機能について
本機には、あらかじめ登録しておいたユーザー情報を使って、利用できる機能に制限をか
ける認証機能と、その認証機能を元にして、各機能の利用状況を管理する集計管理機能が
あります。
ここでは、機械管理者を対象に、認証 / 集計管理機能の概要と、使用する場合に必要な設
定について説明します。
注記
・ 文書が蓄積された状態で、集計モードを変更しないでください。
集計モードを変更するときは、蓄積されている文書をすべて印刷、または削除してください。
認証 / 集計管理機能の概要
制限される機能
認証 / 集計管理機能を利用することによって制限される機能は、次のとおりです。
„ CentreWare Internet Services へのアクセス
Web ブラウザーを使って本機にアクセスするときに、認証画面が表示され、ユーザー ID
やパスワードなどの入力が必要になります。本機に登録されているユーザー、または機械
管理者以外は、CentreWare Internet Services を使用できません。
„ コンピューターからの印刷
ジョブの種類によって、次のように印刷が制限されます。
ジョブの種類
290 7 日常管理
制限される機能
本機用プリンタードライバー
を使用した印刷
プリンタードライバーで、ユーザー ID やパスワードなどの認証情報
を設定する必要があります。本機に送信されたジョブのうち、認証
情報が本機に登録された内容と一致する場合だけ、印刷できます。
また、本機でカラー印刷が禁止されている場合は白黒印刷しかでき
ません。プリント上限ページ数が設定されている場合は、使用量が
制限に達すると、以降の印刷はできません。
本機用プリンタードライバー
を使用しない場合(メール受
信プリントなど)
本機で、[ユーザー指定なし印刷の許可]の[有効]にチェックを
付けた場合だけ、印刷できます。初期値はチェックは付いていませ
ん。
集計機能
認証 / 集計管理機能を利用すると、
[プリンター集計レポート]に代わって、
[プリンター
集計管理レポート]が出力されます。
ユーザー別に、今まで印刷した白黒累積ページ数、カラー累積ページ数、印刷に使用した
用紙の累積枚数が確認できます。
また、本レポートは、データを初期化した時点からのカウントになります。
参照
・ 印刷方法 :「レポート / リストを印刷する」(P. 258)
・ データの初期化:「[プリンター集計レポート]のデータを初期化する」(P. 261)
認証 / 集計管理機能を使用するための設定
集計管理の運用の設定
認証 / 集計管理機能を有効にするには、操作パネルの[機械管理者メニュー]で、次の設
定をします。
・[システム設定]>[集計管理]>[集計管理の運用]を[本体集計管理]にする
・[システム設定]>[認証の設定]>[認証方式の設定]を[本体認証]にする
本機へのユーザー情報の登録
操作パネルで[本体集計管理]および[本体認証]の設定をすると、CentreWare Internet
Services で、利用ユーザーを登録できるようになります。
補足
・ 各項目の詳細は、CentreWare Internet Services のヘルプを参照してください。
1.
Web ブラウザーを起動し、CentreWare Internet Services にアクセスします。
補足
・ CentreWare Internet Services へのアクセス方法がわからない場合は、「1.5 CentreWare
Internet Services でプリンターを設定する」(P. 41) を参照してください。
・ 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、
[OK]をクリックしてください。
2. [プロパティ]タブをクリックします。
7.9 ユーザー登録による利用の制限と集計管理機能について
291
3.
4.
左側のメニューから[セキュリティー]>[認証管理]をクリックします。
[認証管理 >1/2]画面が表示されます。
ユーザー名や暗証番号がないジョブに対して、印刷を許可する場合は、[ユーザー指
定なし印刷の許可]の[有効]にチェックを付けます。
5. [次へ]をクリックします。
[認証管理 >2/2]画面が表示されます。
6. [ユーザー登録番号]を設定し、[編集]をクリックします。
292 7 日常管理
7.
表示された画面で各項目を設定し、[新しい設定を適用]をクリックします。
補足
・ ここで設定したユーザー ID やパスワードは、プリンタードライバーでも使用します。
・ 設定内容を適用しないで、表示を元に戻す場合は、[元に戻す]をクリックします。
8.
複数のユーザーを登録する場合は、手順 5 ~ 7 を繰り返します。
7.9 ユーザー登録による利用の制限と集計管理機能について
293
プリンタードライバーのプロパティでの設定(コンピューター側)
プリンタードライバーのプロパティで次の設定をします。このユーザー ID とパスワード
が本機に登録されている認証情報と一致しないと印刷できません。ここでは、Windows
7 を例に説明します。
補足
・ プリンタードライバーの各項目についての詳細は、プリンタードライバーのヘルプを参照してくださ
い。
1. [スタート]メニューから、[プリンタと FAX](OS によっては[プリンタ]または
[デバイスとプリンター])を選択します。
2.
本機のプリンターアイコンを選択し、[ファイル]メニューから[プロパティ]をク
リックします。
3. [プリンター構成]タブで[認証設定]をクリックします。
4. [認証管理]ダイアログボックスで各項目を設定し、[OK]をクリックします。
5.
294 7 日常管理
プロパティダイアログボックスの[OK]をクリックします。
7.10
階調を補正する
印刷画質の色階調がずれた場合に、簡易的に階調を補正できます。
補正することによって、本機の印刷画質を一定の品質に保てます。
補正は、階調補正チャートを印刷して、本機に付属の「階調補正用色見本」と濃度を比較
して濃度設定値を求め、本機に設定値を入力して行います。
イエロー (Y)、マゼンタ (M)、シアン (C)、ブラック (K) 各色の低濃度(Low)/ 中濃度
(Mid)/ 高濃度(High)を調整できます。
階調補正をしたあと、濃度設定値を初期値(工場出荷時の値)に戻すときは、すべての値
を[0]に設定してください。[0]にすると印刷時に階調補正は働きません。
補足
・ 階調補正をしてもたびたび色階調がずれる場合は、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にお問い
合わせください。
・ 濃度設定値を工場出荷時の値(すべて[0])にしても、設置時の画質に戻るということではありませ
ん。お使いの期間が長くなると、プリンターの経時変化、環境変化、印刷枚数などの影響によって、設
置時の画質とは異なります。
階調補正操作の流れ
階調補正操作の流れは、次のとおりです。
準備・用意するもの
・ 本機に付属の階調補
正用色見本
・ 手差しトレイに A4 サ
イズの用紙をよこ置
きにセットしておく
参照:
「手差しトレイに用紙
をセットする」
(P. 108)
操作パネルでの操作
階調補正チャート
(解像度優先 / 階調
優先)の印刷
(CentreWare Internet Services を利用)
Web ブラウザーで [新しい設定を適用する]
濃度設定値の入力
を押す
濃度設定値を
求める
参照:
参照:
「階調補正チャート 「濃度設定値を決める」
を印刷する」
(P. 297)
(P. 296)
参照:
CentreWare
Internet Services
のヘルプ
ネットワークが
使用できない
操作パネルでの
濃度設定値の入力
参照:
「濃度設定値を入力する」(P. 300)
7.10 階調を補正する
295
階調補正を実行する
階調補正チャートを印刷する
階調補正チャートには、解像度優先と階調優先の 2 種類があります。
解像度優先は、テキストのように精細度を重視する部分に対する補正をするためのシート
です。階調優先は、グラデーションなどを含むグラフィックスや、写真イメージのように
階調の滑らかさに対する補正をするためのシートです。
階調補正チャートは、手差しトレイを使用して A4
1.
の用紙に印刷します。
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [画質補正]が表示されるまで、〈 〉ボタ
ンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[階調補正]が表示されます。
画質補正
階調補正
6. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[解像度]が表示されます。
階調補正
7. 〈 〉または〈 〉ボタンを押して、印刷
したいチャート(
[解像度]または[階
調])を選択します。
(例:[階調]
)
階調補正
8. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ 階調補正チャート]が表示されます。
階調
9. 〈 〉または〈OK〉ボタンで決定します。
右のような画面が表示されます。
手差しに A4
10. 手差しトレイに A4 サイズをよこ置きに
セットしたら、
〈OK〉ボタンで印刷します。
296 7 日常管理
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
画質補正
解像度
階調
階調補正チャート
をセットし
[OK]でプリント開始
濃度設定値を決める
濃度設定値は、印刷した[階調補正チャート]と、本機に付属の「階調補正用色見本」の
濃度を比較して求めます。
階調補正チャートの補正パッチとそれぞれの中間から、色見本の濃度に近いものを探しま
す。設定範囲は、-6 ~ +6 の 13 段階です。
階調補正用色見本に記載されている手順も合わせてご覧ください。
補足
・ 工場出荷時の濃度設定値はすべて[0]です。
1.
印刷した階調補正チャートを、補正する色の上下のガイド(点線)に沿って山折りに
します。
2.
チャートの補正する濃度を、色見本の同じ濃度の場所に合わせます。
(例:低濃度(L)。低濃度(L)の補正をする場合は、Low と Low を合わせます。)
7.10 階調を補正する
297
3.
チャートの[・]印を起点にチャートを上下にずらして、色見本との誤差を目盛りか
ら読み取ります。
注記
・ マイナス(-)とプラス(+)の方向に注意して読み取ってください。
-6
-5
-4
-3
-2
-1
0
+1
+2
+3
+4
+5
+6
A
4.
該当する[誤差]ボックスに、誤差を記入します。
5.
同じ色の、ほかの 2 つの濃度も、同様に誤差を読み取ります。
298 7 日常管理
6.
7.
同様に YMCK の残りの色に対して手順 1 ~ 5 を繰り返して、誤差を読み取ります。
すべての色の濃度誤差を記入したら、チャートの左側にある[設定値計算表]の
[誤差]の該当する箇所に書き写します。
(例:シアン)
ʁɬʽ
੸ɞ
ʨʆʽʊ
Ã
੸ɞ
ɮɲʷ˂
Í
੸ɞ
˂
˂
ʠʳʍɹ
Ù
੸ɞ
ʡʷʅʃ
ɺʶ˂
Ë
˂
˂
᪡ᝩᛃඩʋʭ˂ʒ
ᜓЅ࣊Та
ØØØدØدØ
Û ᪡ᝩᛃඩႊᓨ᛻టÝ Ȼ෗ᢎȪȹ
ᛃඩɥᚐȶȹ˩Ȩȗǿ
ÃÌ
ÍÌ
ÙÌ
ËÌ
᝝ࢃ
᝝ࢃ
᝝ࢃ
᝝ࢃ
Ìï÷
ᜫްϏ᜛አ᚜
း٣٥ǽǽ᝝ࢃǽǽᜫްϏ
ÃÌ
°
«
Ã Í °
«
Ì
½
ÃÍ
½
ÃÈ
È
«
°
½
ᴨ
ᴨ
ᴨ
ᴨ
½
˂
˂
˂
˂
ÍÌ
°
«
ÍÍ °
«
È
°
«
Ì °
«
Ù Í °
«
È
«
Ì
ÍÍ
½
ÍÈ
½
ÙÌ
½
ÙÍ
½
ÙÈ
°
½
ÃÍ
ÍÍ
ÙÍ
ËÍ
᝝ࢃ
᝝ࢃ
᝝ࢃ
᝝ࢃ
Íéä
ËÌ
Ì °
«
ËÍ °
«
È
«
½
ËÍ
½
ËÈ
°
½
Ɔ ᝩ ୥ Ϗ ɂ «¶ᵻ ­ ¶ɑ Ⱥ Ⱥ Ȭ ǿ
Ã
Ù
±°°¥
M
ᴨ
ᴨ
ᴨ
ᴨ
˂
˂
˂
˂
ÍÈ
ÙÈ
ËÈ
᝝ࢃ
᝝ࢃ
᝝ࢃ
Ë
ᴨ
8.
ÃÈ
᝝ࢃ
Èéçè
ᴨ
ᴨ
ᴨ
計算表の式に従って設定値を求め、[設定値]に記入します。
補足
・[現在値]には、前回の補正時に入力した値が表示されます。
7.10 階調を補正する
299
濃度設定値を入力する
[階調補正チャート]の設定値計算表の[設定値]に記入した濃度設定値を、Web ブラウ
ザー上の CentreWare Internet Services、または操作パネルで、本機に設定します。
補足
・ CentreWare Internet Services では、
[プロパティ]>[一般設定]>[階調補正]で濃度設定値を
入力できます。この場合の設定方法については、CentreWare Internet Services のヘルプを参照し
てください。
ここでは、シアンの高濃度を「-2」に設定する例で説明します。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [画質補正]が表示されるまで、〈 〉ボタ
ンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[階調補正]が表示されます。
画質補正
6. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[解像度]が表示されます。
階調補正
7. 〈 〉または〈 〉ボタンを押して、濃度
設定値を決めるために印刷したチャート
([解像度]または[階調]
)を選択します。
(例:[階調]
)
階調補正
8. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[階調補正チャート]が表示されます。
階調
9. 〈 〉ボタンを押して、[補正セット]を表
示します。
階調
10.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[シアン(C)]が表示されます。
ここでは、シアンの濃度を補正しますので、
このまま次の手順に進んでください。
補正セット ( 解像度 )
11.〈 〉または〈OK〉ボタンを押します。
補正値を入力する画面が表示されます。
シアン (C) 解像度
300 7 日常管理
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
画質補正
階調補正
解像度
階調
階調補正チャート
補正セット
シアン (C)
●
L= 0, M= 0, H= 0
12.〈 〉ボタンでフィールド(L:低濃度 /
M:中濃度 /H:高濃度)を移動しながら、
〈 〉
〈 〉ボタンで補正値を入力します。
(例:H=-2)
シアン (C) 解像度
L= 0, M= 0, H= -2
補足
・ 補正値は、-6 ~ 6 の範囲で選択できます。
13. 補正値を入力したら、〈OK〉ボタンで決定
します。
シアン (C) 解像度
●
L= 0, M= 0, H= -2
14. ほかのカラー濃度も補正する場合は、手順
9 の画面が表示されるまで〈戻る〉ボタン
を押して戻り、同様に指定します。
15. すべての補正値が指定できたら、
〈仕様設
定〉ボタンでプリント画面に戻ります。
補正の結果を確認するには、「階調補正チャートを印刷する」(P. 296) を参照して、該当
するチャートを印刷します。
結果に満足できないときは、再度補正を行います。
[プロセスグレー]は、CMY を掛け合わせて作られているグレーです。補正が正常に行わ
れると、このグレーがブラックの色味に近づきます。
プロセスグレーの中に、CMY のどれかの色が強く感じられる場合は、その色を再度補正
します。
7.10 階調を補正する
301
7.11
転写電圧を調整する
次のような症状が頻繁に発生する場合は、印刷する用紙に合った用紙種類が正しく設定さ
れているか確認してください。正しい用紙種類が設定されているのに症状が発生するとき
は、転写電圧の設定が適切でない可能性があります。その場合は、操作パネルで調整して
ください。
・ 画像の一部が白点になる(転写電圧をマイナス方向に変更する)
・ 画像周辺にトナーが飛び散る(転写電圧をプラス方向に変更する)
・ 画像全体が青みがかかっている(転写電圧をプラス方向に変更する)
転写電圧は、用紙の種類ごとに 1 ~ 16 までの値(単位 :1)で設定できます。初期値は、
[6]です。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [画質補正]が表示されるまで、〈 〉ボタ
ンを押します。
機械管理者メニュー
画質補正
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[階調補正]が表示されます。
画質補正
6. [転写電圧オフセット調整]が表示されるま
で、〈 〉ボタンを押します。
画質補正
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
用紙種類を選択する画面が表示されます。
転写電圧オフセット調整
8.
転写電圧オフセット調整
設定する用紙種類が表示されるまで、〈 〉
ボタンを押します。(例:厚紙 1)
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
階調補正
転写電圧オフセット調整
普通紙
厚紙 1
9. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
厚紙 1
6
10.〈 〉
〈 〉ボタンで値を入力します。
(例 :10)
厚紙 1
●
10
302 7 日常管理
11.〈OK〉ボタンで決定します。
厚紙 1
●
10
12. ほかの用紙種類も調整する場合は、
〈 〉ま
たは〈戻る〉ボタンで手順 8 に戻り、同様
に指定します。
13. 設定が終わったら、
〈仕様設定〉ボタンを押
して、プリント画面に戻ります。
7.11 転写電圧を調整する
303
7.12
定着温度を調整する
次のような症状が頻繁に発生する場合は、定着温度の設定が適切でない可能性がありま
す。その場合は、操作パネルで調整してください。
・ 指でこするとかすれる(定着温度をプラス方向に変更する)
・ トナーが定着しない(定着温度をプラス方向に変更する)
・ トナーで用紙が汚れる(定着温度をマイナス方向に変更する)
定着温度は、用紙の種類ごとに 1 ~ 5 までの値(単位 :1)で設定できます。初期値は、
[3]です。
ここでは、厚紙 1 の定着温度を [5] に設定する例で説明します。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [画質補正]が表示されるまで、〈 〉ボタ
ンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[階調補正]が表示されます。
画質補正
6. [定着温度調整]が表示されるまで、
〈 〉ボ
タンを押します。
画質補正
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
用紙種類を選択する画面が表示されます。
定着温度調整
8.
定着温度調整
設定する用紙種類が表示されるまで、〈 〉
ボタンを押します。(例:厚紙 1)
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
画質補正
階調補正
定着温度調整
普通紙
厚紙 1
9. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の設定値が表示されます。
厚紙 1
10.〈 〉
〈 〉ボタンで値を入力します。
(例 :5)
厚紙 1
●
3
5
304 7 日常管理
11.〈OK〉ボタンで決定します。
厚紙 1
●
5
12. ほかの用紙種類も調整する場合は、
〈 〉ま
たは〈戻る〉ボタンを押して、手順 8 ~ 11
を繰り返します。
13. 設定が終わったら、
〈仕様設定〉ボタンを押
して、プリント画面に戻ります。
7.12 定着温度を調整する
305
7.13
ペーパーレジを調整する
印刷位置がずれる場合、垂直(リードレジ)、水平方向(サイドレジ)の印刷位置を操作
パネルから補正します。
両 面 印刷 ユ ニッ ト(Color MultiWriter 9010C は オ プシ ョ ン、Color MultiWriter
9110C は標準装備)を装着している場合は、
[うら面の補正]を選択してうら面の印刷位
置も調整することができます。
補正量は、-2.0 ~ +2.0mm の間で 0.5mm 刻みで設定できます。
補足
・ ペーパーレジを補正するためのチャートは、指定したトレイにセットされた用紙に合わせて出力されま
す。
・ 自動トレイ選択の対象に設定されていない[トレイ 5(手差し)]を選択してレジ調整のチャートを出
力する場合は、[トレイ 5(手差し)]に A4
をセットしてください。
・ 垂直方向(リードレジ)の補正は、トレイごとに設定できますが、すべて同一の値になります。
ここでは、トレイ 2(オプション)のおもて面(片面)のペーパーレジ補正をする例で説
明します。
1.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
2. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
仕様設定
3. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
4. [画質補正]が表示されるまで、〈 〉ボタ
ンを押します。
機械管理者メニュー
5. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[階調補正]が表示されます。
画質補正
6. [ペーパーレジ補正]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
画質補正
7. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[トレイ 1]が表示されます。
ペーパーレジ補正
8. [トレイ 2]が表示されるまで、〈 〉ボタ
ンを押します。
ペーパーレジ補正
9. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[おもて面の補正]が表示されます。
トレイ 2
306 7 日常管理
プリント言語の設定
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
画質補正
階調補正
ペーパーレジ補正
トレイ 1
トレイ 2
おもて面の補正
10.[チャート出力(片面)
]が表示されるまで、
〈 〉ボタンを押します。
トレイ 2
11.〈OK〉ボタンを押します。
部数を入力する画面が表示されます。
チャート出力 ( 片面)
12.〈 〉ボタンを押して部数を設定し、
〈 〉ま
たは〈OK〉ボタンで選択します。
印刷を開始する画面が表示されます。
チャートを出力します
チャート出力 ( 片面 )
1部
[OK] でプリント開始
13.〈OK〉ボタンを押します。
印刷が開始されます。
14. 出力されたチャートには■(黒い四角の
マーク)が印刷されます(表面は■が 1 箇
所、うら面は■が 2 箇所)
。
■が左下の位置になるようにチャートを向
けて、チャートに印刷される縦横の線と■
との相対的な位置から補正量を計算しま
す。最終的な確認は、印刷するデータで確
認してください。
片面(おもて面)
両面(うら面)
リードレジ
サイドレジ
15.[おもて面の補正]が表示されるまで、
〈 〉
ボタンを押します。
トレイ 2
16.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[リードレジ補正]が表示されます。
おもて面の補正
17.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の垂直方向の補正値(リードレジ)が
表示されます。
リードレジ補正
18. 手順 14 で計算した垂直方向の補正量を設
定し、〈OK〉ボタンを選択します。
印刷画像を下方向に移動する場合は+
(プラス)の値を設定し、上方向に移動する
場合はー(マイナス)の値を設定します。
リードレジ補正
19.〈 〉または〈戻る〉ボタンで手順 8 に戻
り、同様に指定します。
おもて面の補正
20.[サイドレジ補正]が表示されるまで、
〈 〉
ボタンを押します。
リードレジ
21.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
現在の水平方向の補正値(サイドレジ)が
表示されます。
サイドレジ
おもて面の補正
リードレジ補正
●
●
0.0mm
0.0mm
リードレジ補正
サイドレジ補正
●
0.0mm
7.13 ペーパーレジを調整する
307
22. 手順 13 で計算した水平方向の補正量を設
定し、〈OK〉ボタンを選択します。
印刷画像を左方向に移動する場合は+
( プラス ) の値を設定し、右方向に移動する
場合はー(マイナス)の値を設定します。
23. 設定が終わったら、
〈仕様設定〉ボタンを押
して、プリント画面に戻ります。
308 7 日常管理
サイドレジ
●
0.0mm
7.14
清掃について
ここでは、本機を良好な状態に保ち、いつもきれいな印刷ができるようにするため、本機
の清掃方法について説明します。
警告
・ 機械の性能の劣化を防ぎ安全を確保するため、清掃には指定されたものをご使用くださ
い。スプレータイプのクリーナーは、引火や爆発の危険がありますので、絶対に使用し
ないでください。
注意
・ 機械の清掃を行う場合は、電源スイッチを切り、必ず電源プラグをコンセントから抜い
てください。電源スイッチを切らずに機械の清掃や保守を行うと、感電の原因となるお
それがあります。
本機外部の清掃
約 1 か月に 1 度、本機の外部を清掃してください。本機の外側を、水でぬらし固く絞っ
た柔らかい布でふきます。そのあと、乾いた柔らかい布で水分をふき取ります。汚れが取
れにくい場合は、柔らかい布に薄めた中性洗剤を少量含ませて軽くふいてください。
注記
・ 洗剤を直接本機に向けてスプレーしないでください。スプレー液が隙間から内部に入り込み、トラブル
の原因になることがあります。また、中性洗剤以外の洗浄液は、絶対に使用しないでください。
7.14 清掃について
309
7.15
プリンターを移動するときは
プリンターを移動するときは、次の手順で行ってください。
1.
プリンターの左側面にある電源スイッチの〈○〉側を押し、電源を切ります。
2.
電源コード、インターフェイスケーブルなど、すべての接続コードを外します。
3.
本機からトレイを引き出し、トレイにセットされている用紙を取り出します。取り出
した用紙は梱包して、湿気やホコリのない場所に保管します。
4.
トレイを、本機の奥までしっかり押し込みます。
5.
本機を持ち上げて、静かに移動します。長距離を移動する場合は、本機を梱包して運
送してください。
注意
・ 機械を持ち上げるときは、腰を痛めないよう、ひざを折り、指示された手かけ部分を
持ってから立ち上がるようにしてください。
注記
・ 機械の重さは、45.1kg(Color MultiWriter 9110C の場合、本体のみ、消耗品を含む)または 44kg
(Color MultiWriter 9010C の場合、本体のみ、消耗品を含む)です。必ず 3 人以上で持ち運んでく
ださい。
・ オプションのトレイを取り付けている場合は、プリンター本体から取り外して運搬してください。プリ
ンター本体との固定が不十分な場合、落下によるケガの原因になります。トレイの取り外し方は、オプ
ション品に付属の設置手順書を参照してください。
補足
・ 本機を移動するときは、トナーカートリッジなどの消耗品を取り外す必要はありません。
310 7 日常管理
A
付 録
A.1
主な仕様
Color MultiWriter 9110C/9010C の主な仕様
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
型番
PR-L9110C
形式
デスクトップ
プリント方式
レーザーゼログラフィー
Color MultiWriter 9010C
PR-L9010C
注記
・ 半導体レーザー+乾式電子写真方式。
定着方式
ヒートローラー(オイルレス)
ウォームアップ・タイム
15 秒以下(電源投入時、室温 23° C)
注記
* カラートナーがない場合、ウォームアップに15秒以上かかることがあります。
連続プリント速度
【トレイ 1 から給紙】
■上質紙、普通紙、再生紙
片面:カラー、モノクロ
片面:カラー、モノクロ
32 枚 / 分(A5
、B5
、A4
25 枚 /分(A5 、B5
、A4
*1Letter
*1、Letter
)
)
24.7 枚 / 分(A4
、
19.5 枚 / 分(A4
、Letter )
Letter )
17.0 枚 / 分(Legal 14 、
20.8 枚 / 分(Legal 14 、
B4
)
B4
)
15.0 枚 / 分(A3
、Leager )
18 枚 / 分(A3
、Leager ) 両面:カラー、モノクロ
両面:カラー、モノクロ
20 枚 /分(A5 、B5
、A4
*1Letter
)
22 枚 / 分(A5
、B5
、A4
*1
12.2 枚 / 分(A4 、
Letter
)
Letter )
13.3 枚 / 分(A4 、
11.0 枚 / 分(Legal 14 、
Letter
)
B4
)
11.9 枚 / 分(Legal 14 、
10.0 枚 / 分(A3
、
B4
)
Ledger )
10.8 枚 / 分(A3 、
Ledger )
■厚紙 1*2、厚紙 2*2
片面:カラー、モノクロ
15 枚 / 分(A5
、B5
、A4
、Letter
11.7 枚 / 分(A4
、Letter )
9.9 枚 / 分(Legal 14 、B4
)
8.6 枚 / 分(A3
、Ledger )
)
■ラベル紙 *2
片面:カラー、モノクロ
15 枚 / 分(A4
11.7 枚 / 分(A4
、Letter
、Letter
)
)
A.1 主な仕様
311
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
(連続プリント速度)
Color MultiWriter 9010C
【手差しトレイから給紙】
■上質紙、普通紙、再生紙
片面:カラー、モノクロ
片面:カラー、モノクロ
32 枚 / 分(A5
、B5
、A4
25 枚 /分(A5 、B5
、A4
*1、Exective
*1、Exective
、Letter
)
、Letter )
24.7 枚 / 分(A4
、Letter )
19.5 枚 / 分(A4
、Letter )
20.8 枚 / 分(B4 、
17.0 枚 / 分(B4 、
Legal 13 、Legal 14 )
Legal 13 、Legal 14 )
18.0 枚 / 分(A3 、
15.0 枚 / 分(A3 、
Ledger )
Ledger
)
■上質紙、普通紙、再生紙
両面:カラー、モノクロ
22 枚 / 分(A5
、B5
、A4
*1Exective
、Letter
)
13.3 枚 / 分(A4 、
Letter )
11.9 枚 / 分(B4
、
Legal 13 、Legal 14 )
10.8 枚 / 分(A3 、
Ledger
)
両面:カラー、モノクロ
20 枚 /分(A5 、B5
、A4
*1、Exective
、Letter )
12.2 枚 / 分(A4 、
Letter
)
11.0 枚 / 分(B4 、
Legal 13 、Legal 14
)
10.0 枚 / 分(A3 、
Ledger
)
■厚紙 1*2、厚紙 2*2
片面:カラー、モノクロ
15 枚 / 分(A5
、B5
、A4
、Exective
、Letter
11.7 枚 / 分(A4 、Letter
)
9.9 枚 / 分(B4 、Legal 13 、Legal 14
)
8.6 枚 / 分(A3 、Ledger
)
)
■ラベル紙 *2
片面:カラー、モノクロ
15 枚 / 分(A4
、Letter
)
11.7 枚 / 分(A4 、Letter
)
■コート紙 1
片面:カラー、モノクロ
*1、Letter
)
17.9 枚 / 分(A4
15.3 枚 / 分 A4 、Letter
両面:カラー、モノクロ
*1、Letter
)
19.3 枚 / 分(A4
11.9 枚 / 分 A4 、Letter
■封筒 *3
片面:カラー、モノクロ
8.6 枚 / 分(COM-10
Monarch
、長形 3 号
■はがき *3
片面:カラー、モノクロ
15 枚 / 分(往復はがき
*1
*2
*3
312 A 付 録
、洋長形 3 号
、洋形 4 号
、C5
、DL
、
、角形 4 号
、はがき
、4 面連刷はがき
)
A4
同一原稿連続プリント時(普通紙)。
厚紙 1、厚紙 2、ラベル紙は、片面のみです。
郵便はがき(日本郵便製)、封筒などの用紙種類、サイズやプリント条件によっ
てプリント速度が低下します。また、画質調整のため、プリント速度が低下す
る場合があります。
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
ファーストプリント
カラー 9.9 秒(A4
モノクロ 8.3 秒(A4
Color MultiWriter 9010C
/ トレイ 1 から給紙した場合)
/ トレイ 1 から給紙した場合)
注記
* プリンターが動作し始めてから 1 枚目の用紙が完全に排出されるまでの時間。
(プリンターコントローラーがデータ受信・処理を行なう時間を含みません。)
ドット間隔
0.0423x0.0423mm(1/600x1/600 インチ)
0.0212x0.0212mm(1/1200x1/1200 インチ)
階調 / 表現色
各色 256 階調(1,670 万色)
用紙サイズ
手差しトレイ:
A3、B4、A4、B5、A5、A6、B6、11x17"、7.25x10.5"、
リーガル、8.5x13"、レター、はがき、往復はがき、封筒(洋長形 3 号、洋形
2 号、洋形 3 号、洋形 4 号、長形 3 号、C5 )、
長尺紙 A(900x297mm)
、長尺紙 B(1200x297mm)、
ユーザー定義用紙(幅 75 ~ 297mm、長さ 98 ~ 1200mm)
トレイ 1:
A3、B4、A4、B5、A5、11x17"、リーガル、レター、
ユーザー定義用紙(幅 210 ~ 297mm、長さ 148 ~ 431.8mm)
トレイ 2 ~ 4(オプション):
A3、B4、A4、B5、A5、11x17"、リーガル、レター、
ユーザー定義用紙(幅 210 ~ 297mm、長さ 148 ~ 431.8mm)
両面印刷ユニット(標準):
両面印刷ユニット(オプション):
A3、B4、A4、B5、A5、11x17"、
A3、B4、A4、B5、A5、11x17"、
リ ー ガ ル、8.5x13"*1、レ タ ー、
リ ー ガ ル、8.5x13"*1、レ タ ー、
7.25x10.5"
7.25x10.5"
像欠け幅:先端 / 後端 / 両端 4.1mm
注記
・ 長尺紙 A(900x297mm)の場合は、先端 / 後端 12.3mm、両端 4.1mm
・ 長尺紙 B(1200x297mm)の場合は、先端 / 後端 16.4mm、両端 4.1mm
A.1 主な仕様
313
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
用紙種類
Color MultiWriter 9010C
手差しトレイ:
普通紙 1(60 ~ 80g/m2)、普通紙 2(60 ~ 80g/m2)
再生紙(60 ~ 80g/m2)、上質紙(81 ~ 105g/m2)、
厚紙 1(106 ~ 163g/m2)、厚紙 2(164 ~ 216g/m2)、
コート紙 1 *(105g/m2)、コート紙 2 *(106 ~ 163g/m2)、
コート紙 3 *(164 ~ 216g/m2)、
はがき(190g/m2)、ラベル紙 1、ラベル紙 2、封筒
注記
1 枚ずつ給紙してください。
*
A4 のみ 220g/m2 対応
*
トレイ 1:
普通紙 1(60 ~ 80g/m2)、普通紙 2(60 ~ 80g/m2)
再生紙(60 ~ 80g/m2)、上質紙(81 ~ 105g/m2)、
厚紙 1(106 ~ 163g/m2)、厚紙 2(164 ~ 216g/m2)、
ラベル紙1、ラベル紙 2
注記
* A4 のみ 220g/m2 対応
トレイ 2 ~ 4(オプション):
普通紙 1(60 ~ 80g/m2)、普通紙 2(60 ~ 80g/m2)
再生紙(60 ~ 80g/m2)、上質紙(81 ~ 105g/m2)、
厚紙 1(106 ~ 163g/m2)、ラベル紙1、ラベル紙 2
注記
* A4 のみ 220g/m2 対応
両面印刷:(標準)
普通紙(60 ~ 80g/m2)、
再生紙(60 ~ 80g/m2)、
上質紙(81 ~ 105g/m2)、
コート紙 1(105g/m2)、
対応メートル坪量:
60 ~ 105g/m2
両面印刷:(オプション)
普通紙(60 ~ 80g/m2)、
再生紙(60 ~ 80g/m2)、
上質紙(81 ~ 105g/m2)、
コート紙 1(105g/m2)、
対応メートル坪量:
60 ~ 105g/m2
注記
* P 紙(64g/m2)
* 推奨紙をご使用ください。用紙の種類によっては、正しく印刷できない場合が
あります。インクジェット専用用紙はご使用にならないようお願いします。
* 使用環境が乾燥地、寒冷地、高温多湿の場合、用紙によってはプリント不良な
どの品質低下が発生する場合がありますのでご注意ください。
* 使用済みの用紙の裏面や事前印刷用紙への印刷では、プリント不良などの品質
低下が発生す場合がありますのでご注意ください。
* 封筒は糊付けの無いものをご使用ください。
* 使用される用紙の種類や環境条件により印刷品質に差異が生じる場合があり
ますので、事前に印刷品質の確認を推奨します。
* 推奨紙については、お買い求めの販売店、またはサービス窓口までお問い合わ
せください。
給紙容量
標準:
手差しトレイ 190 枚、トレイ 1 305 枚
オプション:
トレイモジュール 670 枚(標準含むトレイモジュール最大 3 段で
2,505 枚)
注記
*P 紙(64g/m2)
314 A 付 録
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
出力トレイ容量
Color MultiWriter 9010C
標準:約 250 枚(フェイスダウン)
注記
* P 紙(64g/m2)
両面機能
標準装備
オプション
CPU
667MHz
メモリー容量
標準:256MB、メモリースロット 2 個(空スロット 1 個)
オプション:512MB、1GB 増設メモリ(最大 1.25GB)
注記
* 出力データの種類や内容によっては、記載されるメモリー容量でも出力画像を
保証できない場合があります。
ハードディスク
(Color
MultiWriter
9110C のみ(オプショ
ン))
搭載フォント
オプション:30GB
なし
注記
* オプションの増設システムメモ
リー(512MB または 1GB)が必
要です。
標準:
日本語 4 書体(平成明朝体 ™W3、平成明朝体 ™W3P、平成角ゴシック体 ™W5、
平成角ゴシック体 ™W5P)、欧文 16 書体、バーコード *2、MM フォント 2 書体
オプション:
[Adobe PostScript®3™]*1
日本語 2 書体(平成明朝体 ™W3、平
成角ゴシック体 ™W5)、欧文 136 書
なし
体、OCR-B*2、バーコード *2
[ エミュレーションキット ]*1
欧文 82(PCL 82 書体 +OCR-B 1
書体)書体
注記
*1 オプションの
PostScript ソフト
ウェアキットまたはエミュレーショ
ンキットが必要です。同時に搭載は
できません。
*2
OCR 相当印刷やバーコード印刷の
読み取りに関しては、OCR-B 装置、
バーコードスキャナーでの評価が必
要です。あらかじめ確認されること
を推奨します。
ページ記述言語
標準:ART-EX
オプション:
Adobe® PostScript® 3™
なし
A.1 主な仕様
315
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
エミュレーション
Color MultiWriter 9010C
標準:
ART IV、ESC/P、TIFF、PDF、XML
DocuWorks
Specification(XPS)、
なし
オプション:*1
*2
Paper
*2
HP-GL 、HP-GL2/RTL 、PCPR201H、PCL5、PCL6、Adobe®
PostScript® 3™
注記
*1 オプションの
PostScript ソフト
ウェアキットまたはエミュレーショ
ンキットが取り付けられている場合
に使用できます。同時に搭載はでき
ません。
*2 HP-GL は HP7596B を、HP-GL/
2、HP-RTLはHP Designjet 750C
Plus をそれぞれエミュレーション
していますが、すべてのコマンドに
は対応していませんので事前の出力
検証を推奨します。
対応 OS
316 A 付 録
*1 *2
標準:
Windows® 2000 日本語版、Windows Vista® 日本語版、
Windows® 8 日本語版、
Windows® 8.1 日本語版、
Windows® 7 日本語版、
Windows Server® 2003 日本語版、
Windows Server® 2008 日本語版、
Windows Vista® x64 日本語版
Windows® 8 x64 日本語版、
Windows® 8.1 x64 日本語版、
Windows® 7 x64 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions 日本語版
Windows Server® 2008 x64 Editions 日本語版
Windows Server® 2008 R2 x64 Editions 日本語版
Windows Server® 2012 x64 Editions 日本語版
Windows Server® 2012 R2 x64 Editions 日本語版
Mac OS X 10.5、10.6 、OS X 10.7 Lion、OS X 10.8 Mountain Lion、OS
X 10.9 Mavericks、OS X 10.10 Yosemite 日本語版 *2
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
(対応 OS
*1 *2
)
なし
オプション *3:
Adobe®
PostScript®
Color MultiWriter 9010C
3
Windows Vista® 日本語版、
Windows® 7 日本語版、
Windows® 8 日本語版、
Windows® 8.1 日本語版、
Windows Server® 2003 日 本 語
版、
Windows Server® 2008 日 本 語
版、
Windows Vista® x64 日本語版
Windows® 8 x64 日本語版、
Windows® 8.1 x64 日本語版、
Windows® 7 x64 日本語版、
Windows Server® 2003 x64
Editions 日本語版、
Windows Server® 2008 x64
Editions 日本語版、
R2
Windows Server® 2008
x64
Editions 日本語版、
Windows Server® 2012 x64
Editions 日本語版
Windows Server® 2012 R2 x64
Editions 日本語版
Mac OS 8.6 ~ 9.2.2 日本語版、
Mac OS X 10.3.9 ~ 10.4.11/
10.5/10.6、OS X 10.7 Lion、OS
X 10.8 Mountain Lion、OS X
10.9 Mavericks、OS X 10.10
Yosemite 日本語版
注記
最新対応 OS については、当社公式
サ イ ト (http://jpn.nec.com/printer/
laser/) をご確認ください。
*2
メディア(MultiWriter プリンター
ソフトウエア CD-ROM)内の Mac
OS X 用プリンタードライバーをイ
ンストールすると使用できます。
*3 オプションの PostScript ソフト
ウェアキット(平成 2 書体もしくは
モリサワ 2 書体)が必要です。
Mac OS X 10.3.9/ 10.4.10/
10.5/10.6、OS X 10.7 Lion、OS
X 10.8 Mountain Lion、OS X
10.9 Mavericks、OS X 10.10
Yosemite は、機 能 制 限 版 ド ラ イ
バーでも使用できます。
*1
A.1 主な仕様
317
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
インターフェイス
Color MultiWriter 9010C
標準:
USB2.0*1 、Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T*2
オプション:
双方向パラレル(IEEE1284 準拠)*3 *4 、Ethernet 1000BASE-T *2
*4
注記
*1
Mac OS 9.2.2、Mac OS X 10.3.9 ~ 10.4.11/10.5/10.6、Mac OS X 10.7
Lion、OS X 10.8 Mountain Lion、OS X 10.9 Mavericks、OS X 10.10
Yosemite に対応しています。
*2
Mac OS 8.6 ~ 9.2.2、Mac OS X 10.3.9 ~ 10.4.11/10.5/10.6 に対応し
ています。
*3
Mac OS には対応していません。
*4
パラレルインタフェースカード(オプション)とギガビットイーサネットカー
ド(オプション)は同時に取り付けることはできません。
対応プロトコル
TCP/IP(LPD*1*、Port9100、HTTP、DHCP、IPP、SNMP)、SMB、NetWare、
Web Services on Devices(WSD)、Bonjour(mDNS)*2、EtherTalk*3
注記
*1 Mac OS 8.6 ~ 9.2.2、
Mac OS X 10.3.9 ~ 10.4.11/10.5/10.6、Mac OS
X 10.7 Lion、OS X 10.8 Mountain Lion、OS X 10.9 Mavericks、OS X
10.8 Yosemite に対応しています。使用するには PostScript ソに対応して
います。使用するには PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter
9110C のみ(オプション))が必要です。ただし、Mac OS X 10.5/10.6 は
PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))がなくてもメディア(MultiWriter プリンターソフトウエア CDROM)内の Mac OS X 用プリンタードライバーをインストールすると使用で
きます。
*2 使用するには PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ(オプション))が必要です。
*3 Mac OS X 10.3.9 ~ 10.4.11/10.5/10.6、Mac OS X 10.7 Lion、OS X
10.8 Mountain Lion、OS X 10.9 Mavericks、OS X 10.8 Yosemite に
対応しています。使用するには PostScript ソに対応しています。使用するに
は PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))が必要です。
電源
AC 100V±10%、15A、50/60Hz 共用
注記
* 機械側最大電流
動作音
(本体のみ)
稼動時(本体のみ)
:7.1B、55.0dB(A)
以下
待機時:5.3B、25dB(A) 以下
稼動時(本体のみ)
:7.0B、54.4dB(A)
以下
待機時:4.3B、25dB(A) 以下
注記
* ISO7779 に基づいた測定
単位 B:音響パワーレベル(LwAd)
単位 dB(A):放射音圧レベル(バイスタンダ位置)
消費電力
最大:1,118W、スリープモード時:0.9W 以下
平均:待機時 75W、
稼動時 (カラー連続プリント) 550W、
(モノクロ連続プリント) 500W
注記
* 低電力モード時:平均 55W 以下
(本製品は、電源プラグがコンセントに差し込まれていても、電源スイッチが
切れた状態では電力の消費はありません。)
エネルギー消費効率
318 A 付 録
72kWh/ 年 ColorMultiWriter 9110C
区分:プリンター A
58kWh/ 年 ColorMultiWriter 9010C
区分:プリンター A
内 容
項 目
Color MultiWriter 9110C
大きさ
Color MultiWriter 9010C
幅 499.5× 奥行 538× 高さ 406mm
注記
* 標準トレイ(トレイ 1)装着時(手差しトレイを折りたたんだ本体)
質量
使用環境
本体:45.1kg
本体:44kg
注記
* 消耗品を含む
注記
* 消耗品を含む
使用時: 温度:10 ~ 32 ℃ 湿度:15 ~ 85%(結露による障害は除く)
非使用時: 温度:-10 ~ 40 ℃ 湿度:5 ~ 85%(結露による障害は除く)
注記
* 使用直前の温度、湿度の環境、プリンター内部が設置環境になじむまで、使用
される用紙の品質によってはプリント品質の低下を招く場合があります。
商品寿命
60 万ページ(A4)または 5 年の早い方
A.1 主な仕様
319
印刷保証領域
補足
・ 実際の印字領域は、各プリンター制御言語によって異なることがあります。
先端 4.1mm
印刷保証領域
左 4.1mm
印刷不可領域
右 4.1mm
後端 4.1mm
注記
・ 実際の印字が先端 4.1mm 未満にされた場合、
画像、用紙種類、環境によって、紙づまりが発
生することがあります。
・ 長尺紙 A(900x297mm)の場合、上下の印
刷保証領域は 12.3mm を除いた領域になりま
す。
・ 長尺紙 B(1200x297mm)の場合、上下の
印刷保証領域は 16.4mm を除いた領域になり
ます。
内蔵フォント
標準で次のフォントを内蔵しています。
補足
・ オプションの PostScript で使用できるフォントについては、PostScript ソフトウェアキット(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))に同梱されているメディア内のマニュアルを参照してくだ
さい。
・ オプションの PCL で使用できるフォントについては、プリンター本体に同梱されているメディア
(MultiWriter プリンターソフトウエア CD-ROM)内の『PCL エミュレーション設定ガイド』を参照
してください。
ストロークフォント(HP-GL/2 専用)
・ 日本語ストロークフォント
・ 欧文+カタカナストロークフォント
アウトラインフォント
搭載されているアウトラインフォントと使用できるページ記述言語またはエミュレー
ションモードとの関係は、次のとおりです。なお、標準で搭載されているアウトライン
フォントは、PostScript では使用できません。
320 A 付 録
:装備
ARTEX
名称
和文
ART IV
ESC/P、
PCPR201H
HP-GL、
HP-GL/2
PDF
Bridge
DocuWorks
Bridge
平成明朝体 W3
平成角ゴシック体 W5
@平成明朝体 W3
@平成角ゴシック体 W5
平成明朝体 W3P
平成角ゴシック体 W5P
平成明朝体 W3 拡張部
平成角ゴシック体
W5 拡張部
TBMM
( プロポーショナル用 )
TBGB
( プロポーショナル用 )
欧文
平成明朝体 W3 ( ローマン )
平成角ゴシック体 W5
( サンセリフ)
平成角ゴシック体
(FMT)
W5
Enhanced Classic
Enhanced Modern Bold
ITC Zapf Dingbats
Arial
Arial Bold
Arial Italic
Arial Bold Italic
Courier
Courier Bold
Courier Italic
Courier Bold Italic
Times New Roman
Times
Bold
New
Roman
Times
Italic
New
Roman
Times
New
Bold Italic
Roman
Century
A.1 主な仕様
321
名称
欧文
ARTEX
ART IV
ESC/P、
PCPR201H
HP-GL、
HP-GL/2
Symbol
Wingdings
OCRBLetM
GoldSEMM
GoldSAMM
補足
・ ART Ⅳでは、次の対応で指定します。
Arial:CS Triumvirate
Arial Bold:CS Triumvirate Bold
Arial Italic:CS Triumvirate Italic
Arial Bold Italic:CS Triumvirate Bold Italic
Courier:CSCourier Medium
Courier Bold:CSCourier Bold
Courier Italic:CSCourier Oblique
Courier Bold Italic:CSCourier Bodl Oblique
Times New Roman:CSTimes
Times New Roman Bold:CSTimes Bold
Times New Roman Italic:CSTimes Italic
Times New Roman Bold Italic:CSTimes Bold Italic
Symbol:CSSymbol
ビットマップフォント(ESC/P、PC-PR201H のみ)
和文
・ ESC/P ビットマップフォント(平成角ゴシック体、24x24 ドット)
欧文
・ ESC/P ビットマップフォント(平成角ゴシック体、24x24 ドット)
322 A 付 録
PDF
Bridge
DocuWorks
Bridge
A.2
オプション品 / 関連商品の紹介
主なオプション品は次のとおりです。お買い上げの際には、販売店までご連絡ください。
オプション品
・ 商品の種類や商品コードは 2015 年 8 月現在のものです。
・ 商品の種類や商品コードは変更されることがあります。
・ 最新の情報については、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にお問い合わせくだ
さい。
商品名
ハードディスク
(Color MultiWriter 9110C の
み)
商品コード
備考
PR-L9100C-HD
ハードディスクを必要とする機能については、
「 ハードディ
スク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))に
ついて」(P. 347) を参照してください。
ハードディスクを取り付けるときは、512MB 以上の増設
メモリ(オプション)の取り付けが必要です。
増設メモリ(512MB)
PR-L9100C-M2
増設メモリ(1GB)
PR-L9100C-M3
メモリー容量を増やします。
増設メモリを必要とする機能や状況については、
「A.4 増設
メモリ(オプション)の取り付け」(P. 331) を参照してく
ださい。
パラレルインタフェースカード
PR-L9100C-IC
パラレルインターフェイスを使用する場合に必要です。
パラレルインタフェースカードとギガビットイーサネット
カードは、同時に取り付けることはできません。
ギガビットイーサネットカード
PR-L9100C-NC
伝 送 速 度 が 1Gbps の
Ethernet イ ン タ ー フ ェ イ ス
(1000BASE-T) を使用する場合に必要です。
パラレルインタフェースカードとギガビットイーサネット
カードは、同時に取り付けることはできません。
PR-L9100C-DL
自動で両面印刷をする場合に必要です。
PR-L9100C-02
標準紙(P 紙)を 670 枚までセットできる用紙トレイです。
プリンター本体に、最大 3 段まで取り付けることができま
す。
エミュレーションキット
(Color MultiWriter 9110C の
み)
PR-L9110C-EM
PC-PR201H、HP-GL、HP-GL/2、PCL5、PCL6 で印刷
できるようになります。
エミュレーションキットとPostScriptソフトウェアキット
は、同時に取り付けることはできません。
PostScript ソフトウェアキット
(モリサワ 2 書体)
(Color MultiWriter 9110C の
み)
PR-L9110C-PSM
PostScript ソフトウェアキット
(平成 2 書体)
(Color MultiWriter 9110C の
み)
PR-L9110C-PSH
本 機 を PostScript 対 応 プ リ ン タ ー と し て 利 用 で き、
Macintosh からも印刷できるようになります。
また、PC-PR201H、HP-GL、HP-GL/2、PCL5、PCL6
でも印刷できるようになります。
エミュレーションキットとPostScriptソフトウェアキット
は、同時に取り付けることはできません。
使用するには、512MB 以上の増設メモリ(オプション)の
取り付けが必要です。
セキュリティ拡張キット
(Color MultiWriter 9110C の
み)
PR-L9300C-SK
次の機能を使用する場合に必要です。
・ 複製管理機能
・ 強制アノテーション機能
セキュリティ拡張キットの機能を使用するには、増設メモ
リとハードディスクが必要です。
PR-L9100C-CN
本機をキャビネットの上に置いて使用できます。
両面印刷ユニット
(Color MultiWriter 9010C はオプ
ション、Color MultiWriter 9110C
は標準装備)
トレイモジュール
専用キャビネット
A.2 オプション品 / 関連商品の紹介
323
商品名
専用キャスタ台
商品コード
PR-L9100C-CT
備考
本機を専用キャスタ台の上に置いて使用できます。
・ 商品の種類や商品コードは 2015 年 8 月現在のものです。
・ 商品の種類や商品コードは変更されることがあります。
・ 最新の情報については、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にお問い合わせください。
関連商品
商品名
型番
スキャナユニット(A3スキャン対応)
PR-MW-SC51
スキャナユニット(A4スキャン対応)
PR-MW-SC41
324 A 付 録
備考
ネットワークカラースキャナユニット(自動両面原稿送
り装置標準装備)です。A3 スキャン対応版と A4 スキャ
ン対応版があります。
本機と USB ケーブルで接続するだけで、容易にコピー機
能が実現できます。さらに、スキャナ単体としても高速
なネットワークスキャナとして使用できます。
また、スキャナテーブル (PR-NW-ST40) を別売りして
います。詳しくは、スキャナユニット(PR-NW-SC51/
41)の ユ ー ザ ー ズ マ ニ ュ ア ル、ま た は ホ ー ム ペ ー ジ
(http://jpn.nec.com/printer/laser/)を ご 覧 く だ さ
い。
A.3
保証について
保証書について
本機には「保証書」が付いています。「保証書」は販売店で所定事項を記入してお渡しし
ますので、記載内容を確認して大切に保管してください。保証期間中に万一故障が発生し
た場合は、「保証書」の記載内容に基づき、無料修理します。詳細については「保証書」、
および次ページの「保守サービスについて」をご覧ください。また、お買い求めの販売店、
またはサービス窓口へお問い合わせください。
注記
・ 本機の背面に製品の型式、SERIAL No.(製造番号)、定格、製造業者名、製造国が明記された管理銘板
が貼ってあります(下図参照)。販売店またはサービス窓口にお問い合わせをする際にこの内容をお伝
えください。また、管理銘板の製造番号と保証書の保証番号が一致していないと、万一本機が保証期間
内に故障した場合でも保証を受けられないことがあります。お問い合わせの前にご確認ください。
管理銘板
A.3 保証について
325
保守サービスについて
保守サービスは純正部品を使用することはもちろん、技術力においてもご安心してご利用
いただける、当社指定の保守サービス会社をご利用ください。保守サービスには次のよう
な種類があります。
・ 年間保守契約
年間一定料金で契約を結び、サービス担当者を派遣するシステムです。
・ スポット保守修理
サービス担当者がお客様のところに伺い、修理をするシステムです。料金は修理の程度、
内容に応じて異なります。
・ PrinterSupportPack
プリンター本体購入後から一定期間(3 年 /4 年 /5 年)
、何度でもオンサイト保守を提
供する契約です。
保守サービスの種類
修理料金
種 類
概 要
保証期間内
年間保守
契約
ご契約いただきますと、修理のご依頼に対
しサービス担当者を派遣し、修理いたしま
す。(原則として派遣日にその場で修理い
たしますが、故障の程度・内容により、お
引取りして修理する場合もありますので
ご了承ください。)保守料は、システム構
成に応じた一定料金を前払いしていただ
くため一部有償部品を除き、修理完了時に
その都度お支払いいただく必要はありま
せん。保守費用の予算化が可能になりま
す。
スポット
保守修理
修理のご依頼に対してサービス担当者を
随時派遣し、修理いたします。
(原則として派遣日にその場で修理いたし
ますが、故障の程度・内容により、お引取
りして修理する場合もありますのでご了
承ください。)ご契約は不要です。
保証期間外
機器構成、契約期間に応じた
一定料金
無料 *2
修理料
+
出張料
お支払い
方法
契約期間に
応じて一括
払い
受付窓口 *1
NECフィール
ディング(株)
そのつど
清算
*1 受付窓口の所在地、連絡先などはインターネットの
Web ページ
http://www.fielding.co.jp/per/index.html をご覧ください。または、お買い求めの販売店、またはサービス窓口
にお問い合わせください。
*2
本製品は「出張修理対象品」ですので、保証期間内の出張修理は無料です。
保守サービスの最新情報については、インターネットの Web ページ
http://www.nec.jp/products/laser/support/ をご覧ください。
プリンターの耐久性について
本機の耐久性は、
印刷枚数
(Color MultiWriter 9110C が 90 万枚*、Color MultiWriter
*
9010C は 60 万枚 )または使用年数 5 年のいずれか早い方です。
*: 本機は、有寿命部品(定期交換部品、有償)の交換が必要です。有寿命部品(定期交
換部品、有償)の交換については、お買い求めの販売店、またはサービス窓口にご相
談ください。
326 A 付 録
消耗品と有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について
消耗品の寿命について
Color MultiWriter 9110C
Color MultiWriter 9010C
機
種
共
通
消耗品
印刷可能ページ数
トナーカートリッジ(ブラック)
約 5,000 ページ
トナーカートリッジ(シアン)
約 6,000 ページ
トナーカートリッジ(マゼンタ)
約 6,000 ページ
トナーカートリッジ(イエロー)
約 6,000 ページ
トナーカートリッジ(ブラック)2 本セット
約 5,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(シアン)2 本セット
約 6,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(マゼンタ)2 本セット
約 6,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(イエロー)2 本セット
約 6,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(ブラック)
約 5,000 ページ
トナーカートリッジ(シアン)
約 4,500 ページ
トナーカートリッジ(マゼンタ)
約 4,500 ページ
トナーカートリッジ(イエロー)
約 4,500 ページ
トナーカートリッジ(ブラック)2 本セット
約 5,000 ページ / 本
トナーカートリッジ(シアン)2 本セット
約 4,500 ページ / 本
トナーカートリッジ(マゼンタ)2 本セット
約 4,500 ページ / 本
トナーカートリッジ(イエロー)2 本セット
約 4,500 ページ / 本
ドラムカートリッジ(ブラック)
約 24,000 ページ
ドラムカートリッジ(カラー)
※ ドラムカートリッジ(カラー)は、シアン(C)、マゼンタ(M)、
イエロー(Y)共通のドラムカートリッジです。カラー各色(C/
M/Y)用として計 3 本必要です。
約 24,000 ページ
トナー回収ボトル
約 24,000 ページ
注記
・ トナーカートリッジについて
印刷可能ページ数は、JIS X 6932(ISO/IEC 19798)に基づき、A4 普通紙に片面連続印刷した場合
の公表値です。実際の印刷可能ページ数は、印刷内容や、用紙サイズ、用紙の種類、使用環境などや、
本体の電源 ON/OFF に伴う初期化動作や、プリント品質保持のための調整動作などにより変動し、公
表値と大きく異なることがあります。
JIS X 6932(ISO/IEC 19798)とはカラーレーザープリンターのトナーカートリッジの印刷可能枚
数を測定するための試験方法を定めた規格です。
・ ドラムカートリッジについて
プリント可能ページ数は A4 サイズ、片面プリント、像密度各色 5%、カラー、1度にプリントする
枚数を平均 3 枚として連続プリントした使用条件における参考値です。実際のプリント可能ページ数
は、以上の諸条件の変更に加え、連続プリント枚数、用紙サイズ、用紙の種類、用紙送り方向、給紙・
排紙トレイの設定、白黒カラー自動選択*やその他のモード選択の使用状況、本体の電源 ON/OFF に
伴う初期化動作、プリント品質維持のための調整動作などの使用環境、設置環境の温度・湿度により変
動し、参考値の半分以下になる場合があります。あくまでも目安としてお考えください。
* プリンターで[カラー(自動)]を選択した場合は、モノクロページであっても、データによっては
カラーのドラムが消耗する場合があります。
・ トナー回収ボトルについて
プリント可能ページ数は、A4
サイズ、片面プリント、画像密度各色 5%、カラー・モノクロ比率
5:5 で連続印刷したときの参考値です。実際の交換サイクルは印刷条件、出力内容、用紙サイズ、種
類や環境によって異なります。
A.3 保証について
327
有寿命部品(定期交換部品、有償)の寿命について
プリンターには、その機能、性能を維持するために、定期的に交換しなければならない部
品があります。これを有寿命部品(定期交換部品、有償)といいます。
部品名
交換寿命
100K キット(L9100C)
約 100,000 ページ
(ベルトユニット、二次転写ユニット、定着ユニット、現像器 K、用紙搬送
ロールキット(用紙トレイ 1)、用紙搬送ロールキット(手差し)のキットです)
カラー現像器キット(現像器 Y、現像器 M、現像器 C のキットです)
約 100,000 ページ
300K キット(L9100C)
(ディスペンスモータ、トリクル、レジユニットのキットです)
約 300,000 ページ
用紙搬送ロールキット(用紙トレイ用)
(オプションの用紙トレイ用の用紙搬送ロールのキットです)
約 100,000 ページ
有寿命部品(定期交換部品、有償)は、寿命がくると[交換依頼]のメッセージが表示さ
れます。ベルトユニット以外の部品が寿命になっても機械は停止しませんが、本機の性能
を維持するために早めの交換をお願いします。
(***-***)にはエラーコードが表示されます。
次の表を参照して、必要な有寿命部品を確認し、販売店、またはサービス窓口にご相談く
ださい。なお、有寿命部品(定期交換部品、有償)は、エンジニアが交換いたします。
エラー
コード
(定着ユニット
交換依頼)*1
*1
原因
部品名
推奨交換周期
(寿命の目安)
定着ユニットの交換時期です。
100K キット(L9100C) 約 100,000 ページ
041-401
300K キット(L9100C)の交換時
期です。
300K キット(L9100C) 約 300,000 ページ
093-413
現像器 K の交換時期です。
100K キット(L9100C) 約 100,000 ページ
093-418
現像器 Y の交換時期です。
カラー現像器キット
約 100,000 ページ
093-419
現像器 M の交換時期です。
カラー現像器キット
約 100,000 ページ
093-420
現像器 C の交換時期です。
カラー現像器キット
約 100,000 ページ
094-420
ベルトユニットの交換時期です。
100K キット(L9100C) 約 100,000 ページ
094-422
二次転写ユニットの交換時期です。
100K キット(L9100C) 約 100,000 ページ
定着ユニットの場合、エラーメッセージだけ表示されます。エラーコードは表示されません。
注記
・ 交換の周期は、A4 サイズの普通紙を連続片面印刷した場合の目安です。実際に印刷可能なページ数は、
使用する用紙サイズ、種類、印刷環境、などの印刷条件や、プリンター電源投入頻度などにより大きく
異なる場合があります。これは実際の寿命に影響する要因をある仮定に基づき印刷ページ数に置き換え
て表示しているためです。
たとえば、定着ユニットの寿命の支配的要因は通電時間になりますが、これを印刷ページ数に換算して
表記しているためです。
・ 有寿命部品(定期交換部品、有償)はエンジニアによる交換作業となります。
328 A 付 録
・ 定着ユニットについて
本機の定着ユニットは、交換の目安として 10 万ページとしていますが、定着ユニットへの通電時間が
大きく影響します。次のようなときには通電時間が長くなり、定着ユニットの交換時期が早くなること
があります。
・ 結露防止やプリント出力の待ち時間を少なくするために、スリープモードの移行時間を長く設定した
り、[結露防止モード]を[有効]に設定したとき
例)スリープモードへの移行時間を 60 分に変更すると、印刷頻度が少ない場合には交換目安の
1/3 以下になることがあります。
・ カラートナーの交換メッセージが表示されたままで白黒印刷をされているとき
スリープモードに移行されませんので、長期間そのままでご使用された場合には大きく影響します。
できるだけ早めに消耗品を交換していただくことをお勧めします。
補足
・ 部品によっては、寿命に達する前に、まもなく寿命がくること示す[交換時期]というメッセージが表
示されます。300K キットは約 30,000 ページ前、それ以外の有寿命部品(定期交換部品、有償)は
1,200 ページ前に表示されます。
消耗品および補修用性能部品について
弊社は、本製品の消耗品および機械の補修用性能部品(機械の機能を維持するために必要
な部品)を、機械本体の製造終了後 7 年間保有しています。
A.3 保証について
329
ユーザーズマニュアルの再購入について
ユーザーズマニュアルを破損、紛失されたときは、下記の PC マニュアルセンターでコ
ピー複製版(白黒版)をお買い求めいただけます。お申し込みには、プリンターの型番が
必要になります。あらかじめお調べのうえ、お申し込みください。
プリンターの型番: PR-L9110C/PR-L9010C
NEC PC マニュアルセンター
URL: http://pcm.nec-dp.co.jp/
電話: 03-5471-5215
受付時間 月曜から金曜 10:00 ~ 12:00/13:00 ~ 16:00
(土曜、日曜、祝祭日を除く)
FAX: 03-5471-3996
24 時間受付。ただし、いただいた FAX に対する回答は翌営業日以降になり
ます。
補足
・ 製造終了後 7 年を経過した製品のマニュアルは販売しておりません。
・ 一部取り扱いのないマニュアルがあります。
情報サービスについて
・ プリンター製品に関する最新情報
インターネット【NEC Web サイト】 URL:http://jpn.nec.com/printer/laser/
・ プリンターに関する技術的なご質問、ご相談
NEC 121 コンタクトセンター
URL:http://121ware.com/121cc/
電話番号:0120-977-121
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)
330 A 付 録
A.4
増設メモリ(オプション)の取り付け
本機では、次のような場合に、オプションの増設メモリを取り付ける必要があります。
・ プリンタードライバーのページ印刷モードを使用して印刷する場合
ページ印刷モードを[する]に設定すると、プリンター本体の印刷処理方法が変更され
ます。印刷するデータが大きい場合や、印刷を指示してもなかなか出力されない場合に
は、[する]を選択して印刷を試してください。
・ 印刷時にメモリー不足のメッセージが頻繁に表示される場合
・ ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))を取り付ける場合
・ ハードディスクなしで、サンプルプリント / セキュリティープリント / 時刻指定プリン
トを使用する場合
・ PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))を
取り付ける場合
・ セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))を取り付
ける場合
また、PostScript プリンタードライバーの場合は、印刷モードの設定とその他のオプショ
ン品の増設によって、メモリーの増設が必要な場合があります。
必要なメモリー容量については、以下を参考にしてください。
補足
・ 次のメモリー容量は、本機が工場出荷時の設定であることを前提にした数値です。必要なメモリー容量
は、本機の使用環境、プロトコルの起動状態や受信バッファサイズによって異なります。
・ Mac OS X 用プリンタードライバーで印刷モードを設定する場合は、標準(256MB)で印刷できます。
・ 本機に取り付けられる増設メモリ、および増設メモリのご注文は、「A.2 オプション品 / 関連商品の紹
介」(P. 323) を参照してください。
ART-EX プリンタードライバー
プリンタードライバーの設定
メモリー容量
片面
メモリー容量
両面 *1
印刷モード
用紙サイズ
出力可能
出力可能
標準
A5
標準(256MB)
標準(256MB)
B5
A4
B4
A3
定形外
長尺
(297x1200mm)
-
A.4 増設メモリ(オプション)の取り付け
331
プリンタードライバーの設定
メモリー容量
片面
メモリー容量
両面 *1
印刷モード
用紙サイズ
出力可能
出力可能
高画質
A5
標準(256MB)
標準(256MB)
B5
A4
B4
A3
定形外
長尺
(297x1200mm)
高精細(文字 / 線)
A5
B5
標準(256MB)
* 768MB に増設され
ることを推奨します。
標準(256MB)
* 768MB に増設され
ることを推奨します。
768MB
(標準+ 512MB)
-
メモリー容量
片面
メモリー容量
両面 *1
A4
B4
A3
定形外
長尺
(297x1200mm)
PostScript プリンタードライバー
プリンタードライバーの設定
印刷モード
用紙サイズ
出力可能
出力可能
高速
A5
768MB
(標準+ 512MB)
768MB
(標準+ 512MB)
B5
A4
B4
A3
定形外
長尺
(297x1200mm)
高画質
A5
B5
768MB
(標準+ 512MB)
768MB
(標準+ 512MB)
768MB
(標準+ 512MB)
-
A4
B4
A3
定形外
長尺
(297x1200mm)
332 A 付 録
プリンタードライバーの設定
メモリー容量
片面
メモリー容量
両面 *1
印刷モード
用紙サイズ
出力可能
出力可能
高精細(文字 / 線)
A5
768MB
(標準+ 512MB)
768MB
(標準+ 512MB)
B5
A4
B4
A3
定形外
長尺
(297x1200mm)
-
*1 この機能は両面印刷ユニット(Color MultiWriter 9010C はオプション、Color MultiWriter 9110C は
標準装備)を取り付けている場合に使用できます。
A.4 増設メモリ(オプション)の取り付け
333
取り付け手順
ここでは、本機に増設メモリを取り付ける手順を説明します。
増設メモリ
補足
・ 本機のメモリー用スロットは 2 つです。M1 スロットには標準で 256MB のメモリーが取り付けられ
ています。増設メモリは M2 スロットに取り付けてください。
・ 本機では、最大 1.25GB までメモリー容量を増やすことができます。
1.
プリンターの左側面にある電源スイッチの
〈○〉側を押し、電源を切ります。
操作パネルのディスプレイおよび各ランプ
がすべて消えたことを確認して、電源コー
ドをコンセントおよびプリンター本体から
抜きます。
注記
・ 本機の背面カバー内の電気部品が高温になっている
場合があります。取り付けるときには必ず電源を切
り、約 40 分後、本機の内部が冷めていることを確認
してから作業を行ってください。
334 A 付 録
2.
プリンターの背面カバーの 2 か所のネジを
緩め、背面カバーを手前に引いて取り外し
ます。
3.
静電気によるメモリーの破損を防ぐため、
静電気防止用リストバンドをつけたりメモ
リー以外の金属部に触れたりして、できる
だけ体内の静電気を除去します。
4.
新たに取り付ける増設メモリを切り欠き部
分が中央よりも左側にくるように持ちま
す。
5.
増設メモリは、M2 スロットに差し込みま
す。
M2 スロットの両側にあるツメを大きく開
いたあと、切り欠き部分を本体側の M2 ス
ロットの凸部に正しく合わせて、まっすぐ
に差し込み、さらに両側を上から強く押し
ます。
切り欠き
注記
・ R1/R2 スロットは、別のオプション用です。増設メ
モリを差し込まないでください。
・ M1 スロットには、標準で 256MB のメモリーが取り
付けられています
補足
・ 増設メモリは確実に押し込んでください。
・ 増設メモリが確実に挿入されると、両側にあるツメが
立ち上がります。
6.
背面カバーを戻し、2 か所のネジを締めて
固定します。
注記
・ 背面カバーは、右図①のとおり下に押し付けながら閉
めてください。
7.
電源コードを接続します。
プリンターの電源スイッチの〈|〉側を押し、電源を入れます。
8. [機能設定リスト]を印刷して、
[プリント設定]内の[メモリー]の[総容量]が正
しく印刷されることを確認します。
参照
・ リストの印刷方法:「レポート / リストを印刷する」(P. 258)
これで、増設メモリの取り付けは完了です。
補足
・ 増設メモリの取り付けが完了したら、プリンタードライバーのプロパティダイアログボックスでプリン
ター構成を変更してください。変更方法は、
「手動でプリンターの情報を設定する」(P. 61)、またはプ
リンタードライバーのヘルプを参照してください。
A.4 増設メモリ(オプション)の取り付け
335
A.5
セキュリティ拡張キット(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション))
の取り付け
ここでは、本機にセキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプショ
ン)
)を取り付ける手順を説明します。
注記
・ パラレルインタフェースカードとセキュリティ拡張キットを取り付ける場合には、セキュリティ拡張
キットを先に取り付けてください。
補足
・ セキュリティ拡張キットを取り付けるときは、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オ
プション))と増設メモリ(オプション)も必要です。
セキュリティ拡張キット ROM
(Color MultiWriter 9110C のみ
(オプション)
)
1.
プリンターの左側面にある電源スイッチの
〈○〉側を押し、電源を切ります。
操作パネルのディスプレイおよび各ランプ
がすべて消えたことを確認して、電源コー
ドをコンセントおよびプリンター本体から
抜きます。
注記
・ 本機の背面カバー内の電気部品が高温になっている
場合があります。取り付けるときには必ず電源を切
り、約 40 分後、本機の内部が冷めていることを確認
してから作業を行ってください。
2.
336 A 付 録
プリンターの背面カバーの 2 か所のネジを
緩め、背面カバーを手前に引いて取り外し
ます。
3.
静電気によるメモリーの破損を防ぐため、
静電気防止用リストバンドをつけたりメモ
リー以外の金属部に触れたりして、できる
だけ体内の静電気を除去します。
4.
セキュリティ拡張キット ROM は、R2 ス
ロットに差し込みます。
R2 スロットの両側にあるツメを大きく開
いたあと、切り欠き部分を本体側の R2 ス
ロットの凸部に正しく合わせて、まっすぐ
に差し込み、さらに両側を上から強く押し
ます。
注記
・ M1 スロットは標準メモリー用、R1/M2 スロットは
別のオプション用です。セキュリティ拡張キットを差
し込まないでください。
補足
・ ROM は確実に押し込んでください。
・ ROM が確実に挿入されると、両側にあるツメが立ち
上がります。
5.
背面カバーを戻し、2 か所のネジを締めて
固定します。
注記
・ 背面カバーは、右図①のとおり下に押し付けながら閉
めてください。
6.
電源コードを接続します。
プリンターの電源スイッチの〈|〉側を押し、電源を入れます。
これで、セキュリティ拡張キットの取り付けは完了です。
続けて、操作パネルで、セキュリティ拡張キットの機能を有効に設定します。手順 7 に進
みます。
注記
・ セキュリティ拡張キットは、一度プリンターに取り付け、操作パネルから有効に設定すると、そのプリ
ンター以外では使用できなくなります。
7.
操作パネルの〈仕様設定〉ボタンを押して、
メニュー画面を表示します。
仕様設定
プリント言語の設定
A.5 セキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション)
)の取り付け
337
8. [機械管理者メニュー]が表示されるまで、
[ ]ボタンを押します。
仕様設定
9. 〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[ネットワーク / ポート設定]が表示されま
す。
機械管理者メニュー
10.[システム設定]が表示されるまで、
[ ]ボ
タンを押します。
機械管理者メニュー
11.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[異常警告音]が表示されます。
システム設定
12.[ソフトウエアオプション]が表示されるま
で、[ ]ボタンを押します。
システム設定
13.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[プリンターセキュリティーキット]が表示
されます。
ソフトウエア オプション
機械管理者メニュー
ネットワーク / ポート設定
システム設定
異常警告音
ソフトウエア オプション
プリンターセキュリティーキット
補足
・[設定できるオプションはありません]と表示された
場合は、正しくセキュリティ拡張キット ROM が取り
付けられていません。ROM を取り付け直してくださ
い。
14.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[有効化]が表示されます。
プリンターセキュリティーキット
15.〈 〉または〈OK〉ボタンで選択します。
[[OK]で有効化開始]が表示されます。
プリンターセキュリティーキット
16.〈OK〉ボタンで決定します。
有効化処理が開始されます。
プリンターセキュリティーキット
17.[有効化しました]と表示されたら、
〈仕様
設定〉ボタンを押して、プリント画面に戻
ります。
プリンターセキュリティーキット
有効化
[OK]で有効化開始
有効化処理中です
有効化しました
注記
・ すでに他のプリンターで使用されたセキュリティ拡張キットを取り付けた場合は、[シリアル番号エ
ラー]というメッセージと、取り付けたプリンターのシリアル番号が表示されます。セキュリティ拡張
キットは、一度プリンターに取り付け、操作パネルから有効に設定すると、そのプリンター以外では使
用できません。また、本機用の正しいセキュリティ拡張キットを取り付けていない場合は、[有効化で
きません]のメッセージが表示されます。
338 A 付 録
A.6
パラレルインタフェースカード(オプショ
ン)の取り付け
ここでは、本機にパラレルインタフェースカード(オプション)を取り付ける手順を説明
します。
パラレルインタフェースカード(フレーム付き)
変換ケーブル
補足
・ オプション品に同梱されているクランプは、本機では使用しません。
注記
・ パラレルインタフェースカードとギガビットイーサネットカードは、同時に取り付けることはできませ
ん。ギガビットイーサネットカードをすでに取り付けている場合は、
「A.7 ギガビットイーサネットカー
ド(オプション)の取り付け」の「取り外し手順」(P. 345) を参照して取り外してください。
・ パラレルインタフェースカードとセキュリティ拡張キットを取り付ける場合には、セキュリティ拡張
キットを先に取り付けてください。
取り付け手順
1.
プリンターの左側面にある電源スイッチの
〈○〉側を押し、電源を切ります。
操作パネルのディスプレイおよび各ランプ
がすべて消えたことを確認して、電源コー
ドをコンセントおよびプリンター本体から
抜きます。
注記
・ 本機の背面カバー内の電気部品が高温になっている
場合があります。取り付けるときには必ず電源を切
り、約 40 分後、本機の内部が冷めていることを確認
してから作業を行ってください。
A.6 パラレルインタフェースカード(オプション)の取り付け
339
2.
プリンターの背面カバーの 2 か所のネジを
緩め、背面カバーを手前に引いて取り外し
ます。
3.
コントローラーボード上の 2 か所のネジを
外し、ダミーの板を少し持ち上げてから手
前に取り外します。
補足
・ ここで外したネジは、手順 5 で使います。
・ ダミーの板は、オプション品を取り外した場合に取り
付ける必要がありますので、保管しておいてくださ
い。
4.
パラレルインタフェースカード ( フレーム
付き ) とコントローラーボードのコネク
ターを合わせて、上から差し込みます。
5.
手順 3 で外したネジで、外側からパラレル
インタフェースカードを固定します。
6.
背面カバーを戻し、2 か所のネジを締めて
固定します。
注記
・ 背面カバーは、右図①のとおり下に押し付けながら閉
めてください。
340 A 付 録
7.
変換ケーブルをパラレルインタフェース
カードのコネクターに接続します。
補足
・ 変換ケーブルの他方のコネクターにパラレルケーブ
ルを接続します。詳しくは「1.2 ケーブルを接続する」
(P. 31) を参照してください。
8.
電源コードを接続します。
プリンターの電源スイッチの〈|〉側を押
し、電源を入れます。
9. [機能設定リスト]を印刷して、[コミュニ
ケーション設定]内に[パラレル]の項目
が印刷されていることを確認します。
参照
・ リストの印刷方法:「レポート / リストを印刷する」(P. 258)
これで、パラレルインタフェースカードの取り付けは完了です。
取り外し手順
ここでは、パラレルインタフェースカードを本機から取り外す手順を説明します。取り付
けと同じ手順のところは簡単に説明していますので、詳しくは「取り付け手順」(P. 339)
を参照してください。
1.
プリンターの左側面にある電源スイッチの
〈○〉側を押し、電源を切ります。
操作パネルのディスプレイおよび各ランプ
がすべて消えたことを確認して、パラレル
ケーブルおよび電源コードをプリンター本
体から抜きます。
注記
・ 本機の背面カバー内の電気部品が高温になっている
場合があります。取り付けるときには必ず電源を切
り、約 40 分後、本機の内部が冷めていることを確認
してから作業を行ってください。
2.
プリンターの背面カバーの 2 か所のネジを
緩め、背面カバーを手前に引いて取り外し
ます。
A.6 パラレルインタフェースカード(オプション)の取り付け
341
3.
パラレルインタフェースカードを固定して
いる 2 か所のネジを外します。
補足
・ このネジは、他のオプションまたはダミーの板を固定
するときに使います。
4.
パラレルインタフェースカードをコント
ローラーボードから取り外します。
これで、パラレルインタフェースカードの取り外しは完了です。
続けて、ギガビットイーサネットカードを取り付ける場合は、
「A.7 ギガビットイーサネッ
トカード(オプション)の取り付け」(P. 343) の取り付け手順 4 に進みます。
他のオプションを取り付ける必要がない場合は、
「取り付け手順」の手順 3 で外した、ダ
ミーの板を取り付け、背面カバーを戻し、2 か所のネジを締めて固定してください。
注記
・ 背面カバーは、下に押し付けながら閉めてください。
342 A 付 録
A.7
ギガビットイーサネットカード
(オプション)の取り付け
ここでは、本機にギガビットイーサネットカード(オプション)を取り付ける手順を説明
します。
ギガビットイーサネットカード
(オプション)
注記
・ パラレルインタフェースカードとギガビットイーサネットカードは、同時に取り付けることはできませ
ん。パラレルインタフェースカード取り付けている場合は、「A.6 パラレルインタフェースカード(オ
プション)の取り付け」の「取り外し手順」(P. 341) を参照して取り外してください。
・ 本機にギガビットイーサネットカードを取り付けると、標準のネットワーク用インターフェイスコネク
ターは使用できません。
・ ギガビットイーサネットカードとセキュリティ拡張キット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))を取り付ける場合には、セキュリティ拡張キットを先に取り付けてください。
取り付け手順
1.
プリンターの左側面にある電源スイッチの
〈○〉側を押し、電源を切ります。
操作パネルのディスプレイおよび各ランプ
がすべて消えたことを確認して、電源コー
ドをコンセントおよびプリンター本体から
抜きます。
注記
・ 本機の背面カバー内の電気部品が高温になっている
場合があります。取り付けるときには必ず電源を切
り、約 40 分後、本機の内部が冷めていることを確認
してから作業を行ってください。
2.
プリンターの背面カバーの 2 か所のネジを
緩め、背面カバーを手前に引いて取り外し
ます。
A.7 ギガビットイーサネットカード(オプション)の取り付け
343
3.
コントローラーボード上の 2 か所のネジを
外し、ダミーの板を少し持ち上げてから手
前に取り外します。
補足
・ ここで外したネジは、手順 5 で使います。
・ ダミーの板は、オプション品を取り外した場合に取り
付ける必要がありますので、保管しておいてくださ
い。
4.
ギガビットイーサネットカードとコント
ローラーボードのコネクターを合わせて、
上から差し込みます。
5.
手順 3 で外したネジで、外側からギガビッ
トイーサネットカードを固定します。
6.
背面カバーを戻し、2 か所のネジを締めて
固定します。
注記
・ 背面カバーは、右図①のとおり下に押し付けながら閉
めてください。
7.
ネットワークケーブルをギガビットイーサ
ネットカードのインターフェイスコネク
ターに差し込みます。
補足
・ 1000BASE-Tで接続する場合は、カテゴリー5
(CAT5)
やエンハンスドカテゴリー 5(CAT5e)のケーブルを
推奨します。ケーブルおよび接続方法ついての詳細は、
「1.2 ケーブルを接続する」(P. 31) を参照してくださ
い。
8.
344 A 付 録
ネットワークケーブルの他方のコネクターを
ハブなどのネットワーク機器に接続します。
9.
電源コードを接続します。
プリンターの電源スイッチの〈|〉側を押
し、電源を入れます。
これで、ギガビットイーサネットカードの取り付けは完了です。
取り外し手順
ここでは、ギガビットイーサネットカードを本機から取り外す手順を説明します。取り付
けと同じ手順のところは簡単に説明していますので、詳しくは「取り付け手順」(P. 343)
を参照してください。
1.
プリンターの左側面にある電源スイッチの
〈○〉側を押し、電源を切ります。
操作パネルのディスプレイおよび各ランプ
がすべて消えたことを確認して、ネット
ワークケーブルおよび電源コードをプリン
ター本体から抜きます。
注記
・ 本機の背面カバー内の電気部品が高温になっている
場合があります。取り付けるときには必ず電源を切
り、約 40 分後、本機の内部が冷めていることを確認
してから作業を行ってください。
2.
プリンターの背面カバーの 2 か所のネジを
緩め、背面カバーを手前に引いて取り外し
ます。
3.
ギガビットイーサネットカードを固定して
いる 2 か所のネジを外します。
補足
・ このネジは、他のオプションまたはダミーの板を固定
するときに使います。
4.
ギガビットイーサネットカードをコント
ローラーボードから取り外します。
A.7 ギガビットイーサネットカード(オプション)の取り付け
345
これで、ギガビットイーサネットカードの取り外しは完了です。
続けて、パラレルインタフェースカードを取り付ける場合は、
「A.6 パラレルインタフェー
スカード(オプション)の取り付け」(P. 339) の取り付け手順 4 に進みます。
他のオプションを取り付ける必要がない場合は、
「取り付け手順」の手順 3 で取り外した、
ダミーの板を取り付け、背面カバーを戻し、2 か所のネジを締めて固定してください。
注記
・ 背面カバーは、下に押し付けながら閉めてください。
346 A 付 録
A.8
注意 / 制限事項
本体の注意と制限
ここでは、本機を使用するうえでの注意、および制限について説明します。
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))につ
いて
・ 本機では次のような場合に、ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプ
ション))を取り付ける必要があります。
・ 装着しないと使用できない機能
サンプルプリント *1/ セキュリティープリント *1/ メール受信プリント / 時刻指定プ
リント *1/ フォントダウンロード / セキュリティ拡張キットの機能 /IEEE 802.1x 認
証機能 /IPsec の証明書機能 /ThinPrint 機能
*1
ハードディスクが装着されていない場合でも、増設メモリ(1GB)(オプション)を装着すると、
使用できます。
・ 装着することで機能が向上する機能
フォームなどの登録数 / 電子ソート機能の性能 / スプール容量 / ログ採取数 / とじし
ろ機能の性能
・ ハードディスクを装着した場合、本機の使用中に停電などで電源が切られると、ハード
ディスク内のデータが壊れることがあります。
・ ハードディスクにアクセス中は、操作パネルの〈HDD〉ランプが点滅します。ランプ
の点滅中は電源を切らないでください。
・ ハードディスクを装着した場合、lpd、SMB、IPP からの印刷データの格納先として、
ハードディスクが指定できます。また、ART EX、ART Ⅳ、PC-PR201H(オプショ
ン)、ESC/P、HP-GL/2(オプション)、PCL(オプション)それぞれのフォームの格
納先は、ハードディスク固定になります。ほかの領域には変更できません。
・ ハードディスクの初期化によって消去されるデータは、追加フォント、ART EX、ART
Ⅳ、PC-PR201H(オプション)
、ESC/P の各フォーム、ART Ⅳユーザー定義データ
です。
・ ハードディスクを取り付けるときは、増設メモリ(オプション)が必要です。
・ 一度プリンターで使用したハードディスクは、別のプリンターでは使用できません。
印刷結果が設定と異なるとき
・ プリントページバッファの容量不足が原因で、次のように、設定と異なる結果になるこ
とがあります。この場合、メモリーの増設をお勧めします。
・ 両面印刷の指定が片面印刷で印刷される
・ ジョブが中止される(プリントページバッファに展開できない場合、そのページを含
むジョブが中止されます)
・ 1,200dpi の 1dot の点や線などを直接印刷指示した場合は、ゼログラフィー原理に
よって、印字結果が指示どおりにならないことがあります。
A.8 注意 / 制限事項
347
オプションについて
・ 増設メモリが必要な機能については、
「A.4 増設メモリ(オプション)の取り付け」(P. 331)
を参照してください。
・ 本機を PostScript 対応プリンターとして使用する場合は、PostScript ソフトウェア
キット(Color MultiWriter 9110C のみ)が必要です。
・ PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ)は、平成・モリ
サワの 2 タイプを用意しています。これらは同時設置できませんので、いずれか一つを
選択してください。また、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C
のみ)とエミュレーションキット(Color MultiWriter 9110C のみ)は、同時に装着
できません。
・ PC-PR201H、HP-GL/2、PCL をエミュレートする場合は、エミュレーションキット
(Color MultiWriter 9110C のみ)が必要です。
・ PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ)とエミュレーショ
ンキット(Color MultiWriter 9110C のみ)は、同時に取り付けることはできませ
ん。ただし、PC-PR201H、HP-GL/2、PCL エミュレーション機能は、PostScript
ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ)を取り付けても使用できます。
・ 双方向パラレルインターフェイスはパラレルインタフェースカードで提供しています。
・ ギガビットイーサネットカードを搭載すると、ネットワークの通信速度は速くなります
が、プリント時間全体が速くなるわけではありません。
・ パラレルインタフェースカードとギガビットイーサネットカードは、同時に取り付ける
ことはできません。
・ CentreWare Internet Servicesを使用してダイレクトプリントを行う場合には、ハー
ドディスク(Color MultiWriter 9110C のみ)が必要です。
(ContentsBridge 使用の場
合は、ハードディスクは不要です。
)
両面印刷でのメーターのカウントについて
両面印刷で出力する場合、使用しているアプリケーションによっては、部数を指定すると
きの条件などにより、自動的にページ調整の白紙を挿入することがあります。この場合、
アプリケーションが挿入する白紙出力は 1 ページとしてカウントされます。
隠し印刷でのメーターのカウントについて
複写管理拡張機能を利用して、透かし印字を付加した場合、メーターカウンターは次のと
おりです。
対象ページがカラー画像の場合は、透かし印字のカラー指定に関係なく、メーター 3 がカ
ウントされます。
対象ページがモノクロ画像の場合、透かし文字をカラーで指定した場合は、メーター 3
に、モノクロで指定した場合はメーター 1 にカウントされます。
PostScript ドライバーについて
PostScript ドライバーでは、
[ポスター(拡大連写)]には対応していません。また、
[ま
とめて 1 枚]の機能では、2/4/6/9/16 アップと、枠線の有無の指定が可能です。
348 A 付 録
XML Paper Specification(XPS)対応ドライバーについて
XML Paper Specification(XPS)対応ドライバーは、「Windows Vista、Windows
7、Windows Server 2008 R2、
Windows 8、Windows 8.1、
Windows Server 2012、
Windows Server 2012 R2 用」に開発されたアプリケーション・ソフトウエアで印刷
するためのプリンタードライバーです。
マ イ クロ ソ フト 社 の Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008
R2Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012
R2 の互換性に起因する問題により、Windows Vista 以前の Windows 用に開発された
アプリケーション・ソフトウエア(マイクロソフト社の 2007 Office system も含まれ
ます)からは正しく印刷されないことがあります。
マイクロソフト社の 2007 Office system(Word、Excel、PowerPoint)からの XML
Paper Specification(XPS)印刷には、ContentsBridge ユーティリティの 2007
Office system 用アドインをお使いください。
また、XML Paper Specification(XPS)対応ドライバーを使用する際は、ご使用にな
るプリンターが XML Paper Specification(XPS)印刷機能を有していることを事前に
必ずご確認ください。XML Paper Specification(XPS)印刷機能のないプリンターに
対して XML Paper Specification(XPS)対応ドライバーを使用すると、意図しない用
紙出力が発生することがあります。
その他の注意制限事項については、弊社のホームページ(www.nec.co.jp/products/
laser)を参照してください。
カラーモード(自動判別)について
プリンタードライバーの [ カラーモード ] で「カラー(自動判別)」を選択した場合、印刷
データにカラーページが含まれていると、プリンターがカラーモードに切り替わり、その
ページ以降の白黒ページの印刷でもカラー(イエロー、マゼンタ、シアン)のドラムやト
ナーが消耗します。
(メーターは、白黒ページであれば、白黒印刷としてカウントします。)
白黒ページをカラーモードで印刷しないようにするには、操作パネルで[カラーモード自
動の動作]を [ ページ切り替え ] に変更してください。ただしこの場合は、印刷中にモー
ドの切り替えが発生するため、印刷性能が低下します。また、切り替えによりドラムの空
回転回数が増加するため、ドラムカートリッジの寿命が短くなる場合があります。
Macintosh から USB 接続でプリントする場合
USB を使用して PostScript ドライバーからプリントする場合、図形データ(バイナリー
データを含む EPS ファイル)を貼り付けたアプリケーションデータを印刷すると、バイ
ナリーデータ部分をプロトコルデータと誤検知して文字データが数ページにわたってプ
リントされることがあります。
操作パネルで[仕様設定]>[機械管理者メニュー]>[ネットワーク / ポート設定]>
[USB]>[Adobe 通信プロトコル]を[RAW]に設定すると、バイナリーデータを含
む EPS ファイルを使ったデータを正常にプリントできます。
IPP プリントについて
IPP で送信されるデータサイズがプロキシサーバーの設定値より大きい場合、機械側に
データが届きません。プロキシサーバーの設定値を大きくするか、プロキシサーバーを使
用しない設定にしてください。
バーコードについて
バーコードの読み取り品質は、お客様の使用される環境、用紙、バーコード生成アプリ
ケーションソフトウエア、バーコードリーダーの性能などにより、大きく左右されます。
このため、本機が正常な状態で印字したバーコードであっても、バーコードの読み取りが
保証されるものではありません。
A.8 注意 / 制限事項
349
対象 OS について
次の OS 用に、
機種専用のドライバーやユーティリティソフトウエアは提供していません。
ほかの OS 用に提供しているドライバーやユーティリティソフトウエアがインストールで
きる場合がありますが、動作は保障していません。
・ Microsoft Windows 95
・ Microsoft Windows 98
・ Windows 2000
・ Windows XP
・ Windows NT 4.0
・ 漢字 Talk 7.5.3
・ Mac OS 8.1/8.5
・ Mac OS X 10.3.8 以前
・ MacOS X 10.4.7
・ Windows NT Server 4.0
・ Windows NT Server Terminal Edition
Macintosh について(PostScript ソフトウェアキット(Color
MultiWriter 9110C のみ(オプション)))
・ Mac OS X 10.5/10.6、Mac OS X 10.7 Lion、OS X 10.8 Mountain Lion、OS
X 10.9 Mavericks、OS X 10.10 Yosemite 用のプリンタードライバーでは、Plugin を採用しているため、認証情報の設定、セキュリティープリント、サンプルプリン
ト、時刻指定プリントなどが使用できます。
・ 上記の Plug-in を採用していないプリンタードライバーでは、認証情報の設定、セキュ
リティープリント、サンプルプリント、時刻指定プリントなどが使用できません。
・ Mac OS X 10.3 または Mac OS 9 で、奇数ページの文書を両面出力すると、最後の
ページのあとに白紙ページが追加されて、白紙ページ分もメーターにカウントされま
す。
Mac OS X 用プリンタードライバーについて
・ 対象 OS は、10.5/10.6、Mac OS X 10.7 Lion、OS X 10.8 Mountain Lion、OS
X 10.9 Mavericks、OS X 10.10 Yosemite です。
・ 画質調整やトナー節約機能はありません。また、用紙サイズ設定や用紙種類の一部だけ
をサポートしているなど、機能制限があります。プリント機能を十分に利用される場合
は、PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))
を追加してください。
強制アノテーションで印字される時刻について
機械の状況や設定、出力内容などによっては、お客様が出力を指示した時刻と、機械内部
での出力ジョブの開始時刻、実際のプリントの開始時刻がずれる場合があります。強制ア
ノテーションで印字されるのは、出力ジョブの開始時刻となります。
350 A 付 録
カラー UD プリントについて
・ RGB 画質調整により、文字または文字列の色が変更された場合、変更される前の色が
本機能の対象色となります。ただし、本機能によって付加される網かけ、下線には、
RGB 画質調整後の色が適用されます。
・ 本機能は、OS から通知される色情報(RGB)を元に処理しているため、本機のカラー
バランス機能により、最終的に印刷する色は変更される可能性があります。
・[薄墨印刷]は、本機能と同時に指定できません。薄墨印刷機能が優先されます。
・[スタンプ]や[ヘッダー / フッター印刷]は、本機能と同時に指定できません。
・[すべての色を黒に変換]は、本機能と同時に指定できます。同時に指定した場合は、本
機能の処理対象となる色の文字に、指定の網かけ、下線が付加されると同時に黒色に変
換されます。
印字位置の調整について
・ おもて面とうら面で印字ずれがある場合、印字位置の補正が可能なのは、とじる辺に対
して垂直方向だけです。たとえば、縦長原稿のプリント時、
[両面]で[長辺とじ]を
指定した場合は、左右方向の印字ずれは補正できますが、上下方向の位置調整はおもて
面とうら面が同一方向に移動するため、印字ずれは補正されません。
・[まとめて 1 枚]では、ページイメージごとの位置調整はできません。
ThinPrint について
・「ThinPrint.print」を Windows Server 2008 または Windows Server 2003 に設
定するには、ライセンス「.print Application Server Engine」が必要です。
・ ThinPrint は、通信プロトコルが IPv4 で動作しているときだけ利用できます。IPv6 に
は対応していません。
・「.print Auto Connect」機能には対応していません。
・ 同時に接続できる最大接続数は 3 です。これを超えて接続要求を受け付けた場合、接続
要求は待ち状態になります。ただし、待ち状態になる接続数は最大 10 までで、これを
超えると接続要求を受け付けられません。すでに開設済みの接続が終了して最大接続数
よりも少なくなり次第、待ち状態になっていた接続要求が順次接続されます。
・ ジョブのキャンセル、一時停止などのジョブ制御機能は提供していません。ただし、操
作パネルでの[ジョブ確認]画面、CentreWare Internet Services からのジョブの
キャンセルは可能です。
・ プリンターにデータのスプールが終了したジョブから順に印刷されます。印刷指示を受
信した順に印刷されない場合があります。
・ プリンターの電源が切断された場合、本機能は受信済みジョブのスプール順序とデータ
を保存します。受信中のジョブは破棄されます。
メール受信プリントについて
ハードディスクの空き領域が少ない状態でメールを受信すると、受信動作を中止してもエ
ラーコードは表示されません。
A.8 注意 / 制限事項
351
TCP/IP(lpd)の注意と制限
TCP/IP(lpd)での注意 / 制限事項は、次のとおりです。
本機側の設定について
・ IP アドレスの設定には十分注意してください。IP アドレスはシステム全体で管理され
ているアドレスです。ネットワーク管理者と十分相談のうえ、設定してください。
・ ネットワーク環境によっては、サブネットマスクやゲートウェイアドレスの設定が必要
になります。ネットワーク管理者に相談のうえ、必要な項目を設定してください。
・ ポート状態を[起動]に設定したとき、メモリーが不足すると、ポート状態が自動的に
[停止]に設定されることがあります。この場合は、使っていないポートを[停止]に
するか、メモリー割り当て容量を変更するか、メモリーを増設してください。
・ 使用環境に応じて、受信バッファ容量[LPD スプール]のサイズを設定してください。
送信されたデータより、受信バッファ容量[LPD スプール]のサイズが小さい場合、受
信できないことがあります。
コンピューター側の設定について
・ IP アドレスの設定には十分注意してください。IP アドレスはシステム全体で管理され
ているアドレスです。ネットワーク管理者と十分相談のうえ、設定してください。
・ NIS(Network Information Service)の管理下で使用されているコンピューターで、
ネットワーク(IPアドレスなど)
の設定を行う場合は、NISの管理者に相談してください。
電源を切るとき
本機の電源を切るときは、次の点に注意してください。
・[LPD スプール]の設定が[メモリースプール]のとき
印刷中のデータを含め、本機のメモリーにスプールされた印刷データはすべて削除され
ます。再び電源を入れたときは、印刷データは存在しません。ただし、印刷指示の直後
に電源を切った場合、印刷データがコンピューター上に保存されることがあります。こ
の場合、再び電源を入れたときは、新しく印刷指示が行われた場合でも、保存されてい
る印刷データから順に印刷されます。
・[LPD スプール]の設定が[ハードディスクスプール]のとき
印刷中のデータを含め、本機のハードディスクにスプールされた印刷データはすべて保
存されます。再び電源を入れたときは、新しく印刷指示が行われた場合でも、保存され
ている印刷データから順に印刷されます。
・[LPD スプール]の設定が[スプールしない]のとき
印刷中のデータを含め、本機の受信バッファにスプールされた印刷データはすべて削除
されます。再び電源を入れたときは、印刷データは存在しません。ただし、印刷指示の
直後に電源を切った場合、印刷データがコンピューター上に保存されることがありま
す。この場合、再び電源を入れたときは、新しく印刷指示が行われた場合でも、保存さ
れている印刷データから順に印刷されます。
印刷するとき
・[LPD スプール]の設定が[ハードディスクスプール]、
または[メモリースプール]
のとき
印刷データの受信を開始したときに、印刷データのサイズがハードディスク、またはメ
モリーの残り容量より大きい場合、その印刷データは受信できません。
補足
・ 印刷データが受信容量を超えた場合、コンピューターによってはすぐに再送信することがあります。こ
のときコンピューターがハングアップしたように見えます。対処として、コンピューター側でその印刷
データの送信を中止してください。
352 A 付 録
・[LPD スプール]の設定が[スプールしない]のとき
あるコンピューターから印刷要求を受け付けていた場合、別のコンピューターからの印
刷要求を受け付けることができません。
・ コンピューターの IP アドレスやコンピューター名を変更した場合
コンピューターの IP アドレスやコンピューター名を変更した場合、本機側からの問い
合わせ処理や取り消し処理が正常に行われなくなります。本機の受信バッファに印刷
データがない状態で、本機の電源を切 / 入してください。
補足
・ 本機の受信バッファにある印刷データの印刷中止 / 強制排出は、操作パネルから操作できます。操作方
法は、「2.4 印刷を中止する / 確認する」(P. 56) を参照してください。
IPv6 接続の注意と制限
IPv6 接続時の注意制限事項は次のとおりです。
・ マルチプレフィックス環境(IPv6 グローバルアドレスを複数扱う環境)では、本機か
ら外部ネットワークへの送信に失敗する可能性があります。
・ マルチプレフィックス環境(IPv6 グローバルアドレスを複数扱う環境)では、登録さ
れていないアドレスで通信されることがあります。
・ 自動設定する IPv6 アドレス(IPv6 自動設定アドレス、IPv6 DNS サーバーアドレス )
には、取得した IPv6 アドレスが運用上使用できないアドレスが設定されることがあり
ます。運用上使用できない IPv6 アドレスとは、サイトローカルアドレス(fec0::)や
文書作成用アドレス空間(2001:db8::/32) のアドレスのことです。
・ IP 動作モードがデュアルスタックで、IPv4/IPv6 ともに DNS 情報が設定されていて、
FQDN で指定されている装置と通信するとき、本機の起動直後には、IPv4 の DNS 情
報が使用されることがあります。
・ 本機の IP アドレスとして表示されるアドレスが変わることがあります。たとえば、デュ
アルスタックモードで IPv4 アドレスと IPv6 アドレスのどちらか一方が表示されない、
IPv6 アドレスの内容が変わるなどです。
・ IPv6 ネットワークを使用して印刷した場合、ペーパーセキュリティが正しく動作しま
せん。IPv4 で運用してください。
・ IPv6 環境では、時刻サーバーとの同期はできません。IPv4 環境で時刻サーバーにアド
レスを直接指定してください。
・ IPv6 での印刷は、次のバージョンの OS でだけ動作します。
・ Windows Vista
・ Windows 7
・ Windows 8
・ Windows 8.1
・ Windows Server 2003
・ Windows Server 2008
・ Windows Server 2008 R2
・ Windows Server 2012
・ Windows Server 2012 R2
・ Common Unix Printing System が IPv6 対応で印刷可能な Linux distribution
・ WINS は IPv6 ネットワークでは通信できません。
・ NetWare は IPv6 ネットワークでは通信できません。IPv4 で運用してください。
・ SSL 通信に自己生成証明書を使用する場合、プリンター URL の指定方法に、次の制限
事項があります。
A.8 注意 / 制限事項
353
・ FQDN で指定する場合 (IPv4、IPv6 共通)
自己証明書作成前に、デバイスのホスト名とドメイン名を正しく指定しておく必要が
あります。
例:FQDN が csw.ipv6.domain.local の場合、ホスト名に csw、ドメイン名に
ipv6.domain.local を指定します
・ IPv4 アドレスで指定する場合
IPv4 モードまたはデュアルモードで作成した自己証明書をインポートしておく必要
があります。
・ IPv6 アドレスで指定する場合
Secure IPP(IPP-S)で通信ができません。
・ 次の機能は、IPv6 に対応していません。IPv4 で運用してください。
・ NetWare IP
・ UPnP Discovery
・ Bonjour
・ 次のような場合、同一機器のアドレスとして判断できないことがあるため、ユーザーが
LPD でプリント指示をした印刷ジョブの状態確認(lpq)やキャンセル(lprm)を実
施できないことがあります。
・ 同一ホストで IPv4 と IPv6 を同時に動作させている場合
・ 同一ホストで複数の IPv6 アドレスを同時に動作させている場合
・ ジョブログに IPv6 アドレスが正しく記載されないことがあります。IPv4 で運用してく
ださい。
・ SMB を使った検索でルーターを超える場合、あて先のアドレスを直接入力してくださ
い。マルチキャストに応答するのは、ローカルリンク内でのマルチキャスト(FF02::1)
だけです。
・ DNS サーバーが存在しない IPv6 ネットワーク環境で、SMB 認証の SMB サーバー設
定にコンピューター名を指定すると認証に失敗します。認証サーバーのコンピューター
名は、IPv6 アドレスを直接指定してください。
・ DocuShare などの外部アクセスサービスで、接続先 URL に IPv6 アドレスを指定す
ると正しく動作しません。IPv6 環境では DNS サーバーを運用し、接続先 URL を FQDN
で指定してください。
・ SMB の一部機能には対応していません。
(NetBIOS 名を使ってサービスを利用をしよ
うとした場合に、通信できない環境があります。)
・ 機械自体による IPv6 in IPv4 トンネル機能には対応していません。
注記
・ 機械の[TCP/IP 設定 動作モード]を[IPv6 モード]に設定した場合、IPv6 に未対応の上記サービ
スは起動されません。
・ 同一サブネットに複数のルーターが存在する場合、通信に問題が発生する可能性があり
ます。
・ デュアルスタック環境では、DNS サーバーや複合機から利用するサーバーの運用状況
により各種サービスを利用する上で、パフォーマンスの問題が発生する可能性がありま
す。
設定情報の複製機能についての注意と制限
設定情報の複製機能は、プリンターに設定された設定値を複製し、別のプリンターに取り
込む機能です。
設定値の複製ファイルの作成、および取り込みは、CentreWare Internet Services の
[プロパティ]タブ>[一般設定]>[設定情報の複製]で行います。
ここでは、設定情報の複製機能を使用するときの注意 / 制限事項を説明します。
354 A 付 録
・ 本機能では、プリンターのすべての設定について、複製・取り込みをすることはできま
せん。主に CentreWare Internet Services の[プロパティ]タブで設定できる項目
が対象です。複製・取り込みの対象となる範囲を次の表に示します。
機能
カテゴリー
メモリー
RAM Disk*
* ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプショ
ン))を装着しないで、増設メモリ(1GB)(オプション)が装
着されている場合に表示されます。
ネットワーク / ポート
Ethernet
パラレル *
* オプションのパラレルインタフェースカードが必要です。
USB
EtherTalk*
* PostScript ソフトウェアキット(Color MultiWriter 9110C の
み(オプション))が必要です。
NetWare
TCP/IP(IP 動作モード)
TCP/IP(IPv4)
TCP/IP(IPv6)
TCP/IP(デュアルスタック)
SSDP
SMB
LPD
Port 9100
HTTP
IPP
Bonjour
WSD*
*WSD は、Web Services on Devices の略称です。
ThinPrint
メール
メール設定 *
* タイトルは除きます。
SMTP サーバー
LDAP(LDAP ディレクトリサービス)
LDAP(LDAP ユーザーの関連付け)
LDAP(LDAP 認証)
LDAP(LDAP グループアカウント)
認証システム
認証システム設定
プリント
バナーシート
A.8 注意 / 制限事項
355
機能
管理
カテゴリー
メール通知設定
SNMP 設定
SNMP(v1/v2)
SNMP(v3)
SNMP(SNMP 設定 IPv4)
SNMP(SNMP 設定 IPv6)
ジョブ表示の制限
オンデマンドプリント
サービス
オンデマンドプリントサービス設定
受付 IP アドレス制限
受付 IP アドレス制限(IPv4)
受付 IP アドレス制限(IPv6)
複製管理
複製管理
集計設定
集計管理
集計管理情報の設定
・ CentreWare Internet Services の[プロパティ]タブでの設定項目であっても、次
の場合は、取り込み対象とならないことがあります。
・ 複製元と取り込み先のプリンターの構成(オプションの有無等)が異なる場合
・ 取り込み先のポートが[停止]になっている項目
・ 複製元プリンターに、固定の IP アドレスを割り当てている場合は、次の点に注意して
ください。
・ IP アドレス値は複製できません。
・ 複製元の IP アドレス割り当てが固定の場合には、複製先へ複製後、正しい IP アドレ
スを本機の操作パネルから設定するとともに、各種ポートの起動 / 停止の状態が、正
しく設定されていることを確認してください。
IP アドレスが設定されていない状態で使用した場合、TCP/IP を使用する設定は自動
的に無効になります。
セキュリティー機能上の注意と制限
暗号化通信について
HTTP の通信を暗号化することによって、IPP でプリントするときに通信データを暗号化
(SSL 暗号化通信)できます。ここで暗号化されるのは、ネットワーク上だけです。送信
されるデータ自体を暗号化するわけではありません。
外部認証について
・ 外部認証に変更する場合、または外部認証からほかの認証モードに変更する場合、本
機に登録されたユーザー情報が削除されます。
356 A 付 録
外部認証の運用について
・ 外部認証サーバーに登録するユーザー ID は、半角英数字 32 文字以内で作成してく
ださい。
・ 複数ドメインにユーザー登録して運用するときは、ユーザー ID が重複しないように
運用、管理してください。
・ コンピューターから外部認証サーバーにログインしてから、ジョブを指示してくださ
い。
A.8 注意 / 制限事項
357
A.9
用語集
【10BASE-T】
IEEE802.3 の規格の中で、10Mbps、ベースバンド、ツイストペアケーブルのことです。
【100BASE-TX】
10BASE-T の拡張版で、FastEthernet(ファーストイーサネット)とも呼ばれるもの
の一つです。通信速度が 100Mbps で、10BASE-T の 10Mbps から大幅に高速になっ
ています。
【1000BASE-T】
最高通信速度 1Gbps の Gigabit Ethernet 規格の一つです。
【ART Ⅳ】
Advanced Rendering Tool の略で、富士ゼロックス株式会社がページプリンター用に
開発したプリンター制御言語です。Ⅳはバージョンを表します。
【ART EX】
富士ゼロックス株式会社製のページ記述言語です。
【BOOTP】
BOOTstrap Protocol の略で、TCP/IP のネットワークに接続されたクライアントが、
サーバーから自動的にネットワーク設定を読み込むためのプロトコルです。
【CD-ROM】
コンパクトディスク(CD)にコンピューター用ソフトウエアや画像などのデータを記録
したものです。
【DHCP】
Dynamic Host Configuration Protocol の略で、DHCP サーバーから DHCP クライ
アントに IP アドレスを自動的に割り当てるプロトコルのことです。
【DNS】
Domain Name System の略で、インターネットでホスト名から IP アドレスを入手する
ための名前解決サービスです。
【DocuWorks】
富士ゼロックス株式会社製の電子文書と紙文書を一元管理するドキュメント有効活用ソ
フトウエアです。
【dpi】
Dot Per Inch の略で、1 インチ(約 25.4mm)幅に印字できるドット数を表す単位で
す。解像度を示す単位として使用します。
【EtherTalk】
Macintosh 専用のネットワークソフトウエア「AppleTalk®」の通信プロトコルの一つ
です。
【HTTP】
インターネット上で WWW サーバーと通信をするためのプロトコルのことです。
358 A 付 録
【ICM】
Image Color Matching の略で、色管理用ソフトウエアです。デバイスによる色の違い
を補正し、画面とプリンターによる印刷結果の色を一致させます。
【Image Enhancement( イメージエンハンスメント )】
白黒の境目を滑らかにしてギザギザを減らし、疑似的に解像度を高める機能です。
【IPP】
HTTP を使用して印刷するためのプロトコルです。
【IP アドレス】
TCP/IP プロトコルによるネットワークで使用されるアドレスです。小数点で区切られた
4 つの数値(10 進数)で表します。
【IPsec】
データをパケット単位で暗号化して、改ざんなどから保護するセキュリティー技術です。
【IPv4 アドレス】
TCP/IP プロトコルによるネットワークアドレスのうち、ピリオド(.)で区切られた 4 つ
の数値(10 進数)で表すアドレスです。
【IPv6 アドレス】
TCP/IP プロトコルによるネットワークアドレスのうち、コロン(:)で区切られた 4 つ
の数値(16 進数)で表すアドレスです。現在、一般的に使用されている IPv4 の次の世
代の IP アドレスとして使用が始まっています。
【NetWare】
Novell 社が開発したネットワーク OS です。
【N アップ】
複数ページ分を 1 枚の用紙に印刷する機能です。
【OS】
コンピューターのハードウエアとソフトウエアの基本的な動きを制御し、管理するソフト
ウエアで、Operating System の略です。アプリケーションソフトウエアなどが動作す
るための土台となります。
【PDF ファイル】
このマニュアルでは、米国 Adobe Systems 社が開発した Acrobat というソフトウエ
アで作成したオンラインドキュメントを「PDF ファイル」と呼びます。PDF ファイルを
画面に表示するには、Adobe Reader というソフトウエアをコンピューターにインス
トールする必要があります。
【Port9100】
TCP/IP ネットワーク上で用いられる印刷プロトコルです。
標準 TCP/IP ポートモニター上で使用できます。
【ppm】
1 分間に印刷されるページ数を表す単位です。
【PrintTicket】
XML Paper Specification(XPS)ファイルに含まれる、印刷設定に関する情報です。
A.9 用語集
359
【RAM ディスク】
ハードディスク(Color MultiWriter 9110C のみ(オプション))を使用せずに、増設
メモリを使用して、本機にデータを蓄積できる機能です。メモリーに格納しているため、
本機の電源を切ると、内容は消えます。
【SMB】
Windows ネットワーク(Microsoft ネットワ-ク)上でデータを送信できるネットワー
ク通信方法です。
【SNMP】
ネットワークに接続された機器を、ネットワークを経由して管理するプロトコルです。
管理する側には SNMP マネージャーというソフトウエアを、管理される側には SNMP
エージェントというソフトウエアを組み込んで実行します。
【TCP/IP】
DARPANET(Defense Advanced Research Project Agency NetWork)で開発
されたネットワークプロトコルです。インターネットの標準プロトコルであり、パーソナ
ルコンピューターから大型コンピューターまで、さまざまな機種で使用されています。
【USB】
Universal Serial Bus の略で、コンピューターと周辺機器との間のデータ転送方式の一
つです。電源を入れたままで接続できる「ホットプラグ」機能に対応しており、コンピュー
ターと周辺機器を簡単に接続できます。
【WINS】
Windows Internet Name Services の略で、TCP/IP 環境でコンピューター名から IP
アドレスを入手するための名前解決サービスです。
【WWW】
World Wide Web の略です。インターネットでホームページを提供するしくみのことで
す。
【XML Paper Specification(XPS)ファイル】
XML Paper Specification ファイルの略です。米国 Microsoft 社が開発したファイル
形式です。XML Paper Specification(XPS)ファイルを表示するには、XPS Viewer
というソフトウエアをコンピューターにインストールする必要があります。
【YMCK】
カラー印刷などでの色の表現方法です。イエロー (Y)、マゼンタ (M)、シアン (C)、ブラッ
ク (K) の 4 色に分解し、その 4 種類の色を重ね合わせて印刷します。
【アドレス】
ネットワーク上のノード(各コンピューターや端末など)を識別するために割り当てられ
る情報(一意の識別子)のことです。また、メモリーに個別に割り当てられた番地のこと
もアドレスと呼びます。
【アプリケーションソフトウエア】
コンピューター上で作業を行う道具となるソフトウエアのことです。ワープロ、表計算、
グラフィックス、データベースなど、数多くのアプリケーションソフトウエアが販売され
ています。
【アンインストール】
コンピューターに組み込んだソフトウエアを削除することをいいます。
360 A 付 録
【印字領域】
用紙に対して実際に印字可能な領域です。
【インストール】
ソフトウエアやハードウエアをコンピューターや周辺機器に組み込み、使えるようにする
ことです。プリンタードライバーなどのソフトウエアをコンピューターのシステムに組み
込むことや、ハードディスクをプリンターに組み込むことをいいます。
このマニュアルでは、主にコンピューターにソフトウエアを組み込むことを「インストー
ル」と呼びます。
【インストーラー】
ソフトウエアをコンピューターにインストールするための専用ソフトウエアのことです。
【インターフェイス】
互いに異なるシステム(系)が接触する部分を指します。コンピューターとプリンターの
間、人間と機械との間などを指す場合によく使用されます。
インターフェイスの仕様、特に電気的仕様のことを単にインターフェイスということもあ
ります。
【インターフェイスケーブル】
複数の装置を相互に接続するケーブルのことです。
プリンターとパーソナルコンピューターを直接接続するパラレルケーブルや USB ケーブ
ル、プリンターをネットワークに接続するイーサネットケーブルなどがあります。
【エミュレーション】
他社のプリンターで印刷した場合と同等の印字結果を得ることができるように、プリ
ンターを動作させることです。このモードをエミュレーションモードと呼びます。
【オンラインヘルプ】
コンピューターの画面に表示されるマニュアルです。
【解像度】
画像の細かさを表します。通常 1 インチあたりのドット数(単位は dpi)で表し、この数
値が大きいほど解像度が高い(細部まで表現できる)といいます。
【階調】
色と色のなめらかさをいいます。グラデーションのステップ数で階調数を表し、その数値
が大きいほどなめらかになります。
【クリック】
マウスボタンを 1 回、押して離すことです。このマニュアルでは、マウスの左ボタンをク
リックすることを「クリック」と呼び、右ボタンをクリックすることを、
「右クリック」と
呼びます。
また、マウスのボタンをすばやく 2 回続けて押し、離すことを「ダブルクリック」と呼び
ます。
【サーバー】
ネットワーク上で情報を蓄積し、ほかのコンピューターにサービスを提供するコンピュー
ターのことをいいます。
逆に、サーバーにサービスを要求するコンピューターを「クライアント」といいます。
A.9 用語集
361
【受信バッファ】
バッファとはコンピューターから送信されたデータを、一時的に蓄えておく場所です。受
信バッファのメモリー容量を増やすことによって、コンピューターの解放を早くすること
ができます。
【初期値】
工場出荷時、および NV メモリー初期化時の設定です。
【ジョブ】
コンピューターが行う一連の処理を指します。たとえば、1 つのファイルを印刷する処理
が 1 件の印刷ジョブになります。印刷の中止や排出は、このジョブ単位で行われます。
【双方向通信】
2 つの装置間で互いに情報を送信したり、受信したりする通信のことです。双方向通信に
よって、コンピューターから印刷データを送るだけでなく、プリンターからコンピュー
ターに印刷状況などの情報を送ることができます。
【ソート】
複数部数を印刷したとき、1 部ごとに 1、2、3...1、2、3... の順で排出することを「ソー
ト」と呼びます。
【ソフトウエア】
コンピューターを動かすためのプログラムです。OS もアプリケーションソフトウエアも
ソフトウエアの一種です。
【ネットワークプリンター】
このマニュアルでは、イーサネットケーブルでネットワークに接続したプリンターを
「ネットワークプリンター」と呼びます。
【パラレルインターフェイス】
コンピューターと周辺機器との間のデータ伝送方式の一つです。複数ビットのデータを同
時に転送します。代表的なものにセントロニクスがあり、プリンターなどの周辺機器との
接続に使用します。
【フォント】
書体や字体のことです。統一性を持ったデザインでまとめられた文字の 1 セットを指しま
す。
【ブラウザー】
インターネットで、WWW サーバーの情報をコンピューターに表示し、見るためのソフ
トウエアです。代表的なものには、Internet Explorer、Firefox、Safari などがあります。
【プリンタードライバー】
アプリケーションで作成したデータをプリンターが解釈できるデータに変換するための
ソフトウエアです。
【プリントページバッファ】
印刷データを実際に展開し、蓄えておく場所です。
【フルカラー】
コンピューターの画面に表示できる最大の色数で、約 1,677 万色です。
362 A 付 録
【プロトコル】
複数の装置やコンピューターシステムが、互いに通信するための約束事です。ハードウエ
ア間で情報を転送する場合の手順の取り決めや、2 つのコンピューターがネットワークを
介して通信するための手順の取り決めのことです。
【ポート】
コンピューターが周辺装置と情報をやりとりするための接続部分のことです。
【メートル坪量】
1m2 の用紙 1 枚の質量です。
【ローカルプリンター】
このマニュアルでは、パラレルケーブルまたは USB ケーブルでコンピューターと直接接
続したプリンターを「ローカルプリンター」と呼びます。
【ログイン】
コンピューターシステムの資源(ネットワーク上のハードディスクやプリンターなど)に
アクセスできる状態にすることです。また、ログインを終了することを「ログアウト」と
呼びます。
A.9 用語集
363
索引
→【○○○○】の【 】内は、本書で使用している用語です。
記号・英数
〈 〉
〈 〉〈 〉〈 〉ボタン . . . . . . . . . . . .
201H . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 アップ→【まとめて 1 枚】. . . . . . . . . . . . .
ART EX フォーム登録リスト . . . . . . . . . . .
A レバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Bonjour . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
B ボタン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CentreWare Internet Services . . . . . . .
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
使用時のトラブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
設定できる項目 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ヘルプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
DocuWorks 設定リスト . . . . . . . . . . . . . . .
ESC/P 設定リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ESC/P 登録リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ESCP. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Ethernet コネクター . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Ethernet 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
EtherTalk. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HDD 暗号化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HDD の上書き消去 . . . . . . . . . . . . . . 165,
HDD の初期化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
〈HDD〉ランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HPGL . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HP-GL/2 設定リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HP-GL/2 登録リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HP-GL/2 パレットリスト . . . . . . . . . . . . . .
HTTP-SSL/TLS 通信 . . . . . . . . . . . . . . . . .
HTTP 通信の暗号化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ID 印字機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IEEE 802.1x 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IPP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IPsec . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IPsec 通信. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IPSec を使用した暗号 . . . . . . . . . . . . . . . . .
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IPv6 環境での印刷時のトラブル . . . . . . . . .
IPv6 接続時のトラブル . . . . . . . . . . . . . . . .
IPv6 接続の注意と制限 . . . . . . . . . . . . . . . .
IPX/SPX フレームタイプ . . . . . . . . . . . . . .
IP アドレス(IPv4) を設定する . . . . . . . . . .
IP アドレス(IPv6)を設定する . . . . . . . . .
IP アドレスによる受信制限 . . . . . . . . . . . . .
LPD . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
lpd . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
NetWare . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
N アップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
〈OK〉ボタン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PCL . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PCL 設定リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PCL フォントリスト. . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PCL マクロリスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PC-PR201H 設定リスト . . . . . . . . . . . . . . .
364
索引
. 52
125
. 64
255
. 48
141
. 47
263
. 41
235
. 43
. 45
257
255
256
125
. 49
151
141
269
269
269
. 52
125
256
256
256
153
282
180
154
139
359
154
285
359
359
238
237
353
151
. 36
. 39
270
135
352
136
. 64
. 51
128
256
255
257
255
PC-PR201H 登録リスト . . . . . . . . . . . . . . .
PDF . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PDF 設定リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PDF ファイルを直接印刷する . . . . . . . . . . .
Port9100. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PostScript . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PostScript フォントリスト . . . . . . . . . . . .
PrintTicket 処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PS 登録リスト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
RAM ディスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMB . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SNMP 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SNTP 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SOAP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TCP/IP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TCP/IP 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ThinPrint . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TIFF/JPEG 設定リスト . . . . . . . . . . . . . . . .
TIFF/JPEG 論理プリンター登録リスト . . .
UPnP. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB(2.0). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB ケーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB コネクター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
UUID 印字 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Web Services on Devices
(WSD) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30,
Web ブラウザーでプリンターの状態を
確認 / 管理する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
WINS サーバー設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
XDW(DocuWorks). . . . . . . . . . . . . . . . .
XML Paper Specification
(XPS). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130,
255
126
256
. 88
143
129
255
130
255
167
138
147
153
146
352
147
146
256
256
145
142
. 32
. 49
276
145
263
150
131
360
ア
合紙付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
暗号化機能. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
安全にお使いいただくために . . . . . . . .
異常な音がする . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
移動する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷指示したデータの状態を確認する
印刷する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷するための基本的な流れ . . . . . . . .
印刷できない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷ページ数を確認する. . . . . . . . . . . .
印刷保証領域 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷を中止する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印字品質が悪い
→【印字品質や画質のトラブル】. . .
インターネットサービス. . . . . . . . . . . .
〈インフォメーション〉ボタン . . . . . . .
受付制限(IPv4). . . . . . . . . . . . . . . . . .
エコ設定モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
エラーコード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
エラーメッセージ→【メッセージ】. . .
〈エラー〉ランプ . . . . . . . . . . . . . . . . .
エラー履歴レポート . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 64
281
. 12
200
310
. 57
. 63
. 63
202
259
320
. 56
....
....
....
....
....
....
....
52,
....
204
149
. 51
152
157
222
214
201
254
お気に入り. . . . . . . . . . . . . . . . . .
おすすめ画質タイプ . . . . . . . . . .
オプション構成 . . . . . . . . . . . . . .
オプション品 / 関連商品の紹介 .
〈オンライン〉ボタン . . . . . . . . .
....
....
....
....
....
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..
..
..
..
..
. 64
. 64
. 58
323
. 52
カ
階調補正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
隠し印刷サンプルリスト. . . . . . . . . .
各部の名称と働き . . . . . . . . . . . . . . .
画質が悪い
→【印字品質や画質のトラブル】.
画質調整時間延長 . . . . . . . . . . . . . . .
画質補正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
画質を調整. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
カスタムモード . . . . . . . . . . . . . . . . .
紙づまり時の処理 . . . . . . . . . . . . . . .
紙づまりの処置 . . . . . . . . . . . . . . . . .
カラーモード自動の動作. . . . . . . . . .
管理銘板 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
機械管理者メニュー . . . . . . . . . . . . .
奇数ページの両面 . . . . . . . . . . . . . . .
機能設定リスト . . . . . . . . . . . . . . . . .
機能別カウンターレポート. . . . . . . .
基本の用紙サイズ . . . . . . . . . . . . . . .
機密文書を印刷する . . . . . . . . . . . . .
強制アノテーション機能. . . . . . . . . .
共通メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
基本的な操作方法 . . . . . . . . . . . . .
共通メニュー項目の説明. . . . . . . . . .
ゲートウェイアドレス . . . . . . . . . . .
ケーブルを接続する . . . . . . . . . . . . .
結露が発生した . . . . . . . . . . . . . . . . .
原稿 180°回転 . . . . . . . . . . . . . . . .
言語切り替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
高地使用設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
困ったときには . . . . . . . . . . . . . . . . .
186, 295
. . . . . . 257
. . . . . . . 47
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
122,
......
......
257,
......
......
270,
......
......
......
......
......
......
......
122,
......
......
204
164
186
. 64
240
163
193
163
325
133
180
254
262
181
. 77
278
120
123
125
. 38
. 31
200
. 68
192
189
193
サ
サブネットマスク . . . . . . . . . . . . .
サンプルプリント . . . . . . . . . . . . .
時刻指定プリント . . . . . . . . . . . . .
システム設定 . . . . . . . . . . . . . . . . .
システム時計 . . . . . . . . . . . . . . . . .
自動ジョブ履歴 . . . . . . . . . . . . . . .
自動トレイ選択 . . . . . . . . . . . . . . .
自動リセット . . . . . . . . . . . . . . . . .
集計管理機能 . . . . . . . . . . . . . . . . .
集計管理の運用 . . . . . . . . . . . . . . .
集計管理レポート . . . . . . . . . . . . .
修理に出す前に . . . . . . . . . . . . . . .
受信制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
出力結果を確認してから印刷する
仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
使用済み消耗品の回収 . . . . . . . . .
〈仕様設定〉ボタン . . . . . . . . . . . .
使用できない用紙 . . . . . . . . . . . . .
使用できる環境 . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . . . . 38
. . 64, 81
. . 64, 85
. . . . . 155
. . . . . 162
. . . . . 158
. . . . . 117
. . . . . 156
. . . . . 290
. . . . . 167
. . . . . 254
. . . . . 241
269, 270
. . . . . . . 81
. . . . . . 311
. . . . . . 243
. . . . . . . 51
. . . . . . 106
. . . . . . . 29
消耗品の残量を確認する
→【Web ブラウザーでプリンターの
状態を確認 / 管理する】. . . . . . . . . . . . . . . 263
消耗品の寿命 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 327
消耗品の種類と購入 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 242
消耗品を交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 242
初期化 / データ削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190
ジョブの表示設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 159
ジョブ履歴レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 254
スタンプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
スリープモード移行時間. . . . . . . . . . . . . . . . 158
清掃 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 309
セキュリティー機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269
セキュリティープリント. . 64, 77, 161, 269
設定情報の複製機能についての
注意と制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 354
〈節電〉ボタン / ランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
節電モード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
操作パネル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47, 51
操作パネル設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155
操作パネルでの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120
操作パネルのロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269
増設メモリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 331
その他 IPv6 使用時のトラブル . . . . . . . . . . 238
ソフトウエアオプション. . . . . . . . . . . . . . . . 171
ソフトウエアダウンロード. . . . . . . . . . . . . . 166
タ
蓄積文書リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
注意 / 制限事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
長尺サイズの用紙に印刷する . . . . . . . . . . . .
通信の暗号化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
データ暗号化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
定形外サイズの用紙に印刷する . . . . . . . . . .
定形外サイズの用紙をセットする . . . . . . . .
定形外サイズを登録する. . . . . . . . . . . . . . . .
定着温度調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
定着ユニット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
低電力移行時間 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
低電力 / スリープモードの設定を
変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
低電力モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
手差しトレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
手差しトレイに用紙をセットする . . . . . . . .
手差し用紙種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電源が入らない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電源コードコネクター . . . . . . . . . . . . . . . . .
電源スイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電源を入れる / 切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電子メールでプリンターの状態を
確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電子メールを使って印刷する . . . . . . . . . . . .
転写電圧オフセット調整. . . . . . . . . . . . . . . .
転写電圧を調整する . . . . . . . . 302, 304,
動作環境→【使用できる環境】. . . . . . . . . . .
特長 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
トナーカートリッジ . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
トナーカートリッジを交換する . . . . . . . . . .
トナー回収ボトル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
トナー回収ボトルカバー. . . . . . . . . . . . . . . .
索引
257
347
. 69
269
165
. 71
. 69
. 70
189
. 50
157
124
157
. 47
108
. 67
200
. 49
. 48
. 54
264
. 93
188
306
. 29
.. 5
. 50
245
. 50
. 47
365
トナー回収ボトルを交換する . . . . . . . . . . . .
トナーカバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48,
ドメイン制限リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
トラブル
印刷が正しくできないトラブル . . . . . . . .
印字品質や画質のトラブル . . . . . . . . . . . .
エラーコード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電源、異常音など、機械本体のトラブル .
トレイや用紙送りのトラブル . . . . . . . . . .
ネットワーク関連のトラブル . . . . . . . . . .
メッセージ(50 音順). . . . . . . . . . . . . . .
ドラムカートリッジ . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドラムカートリッジを交換する . . . . . . . . . .
ドラム寿命動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
トレイ 1 ~ 4 に用紙をセットする . . . . . . .
トレイ 1 ~ 4 の用紙種類を変更して
印刷する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
トレイの優先順位 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
トレイの用紙色 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
トレイの用紙サイズ . . . . . . . . 113, 118,
トレイの用紙種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
252
239
257
201
204
222
200
213
235
214
. 50
247
164
110
. 73
175
173
176
172
ナ
内蔵フォント . . . . . . . . . . . . . .
認証 / 集計管理 . . . . . . . . . . . .
認証の設定. . . . . . . . . . . . . . . .
ネットワーク / ポート設定. . .
ネットワーク環境を設定する .
ネットワークケーブル . . . . . .
ネットワークプリンター. . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
320
290
168
133
. 36
. 33
. 29
バーコードサンプル . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
排出延長トレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
排出トレイ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
排出トレイカバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
背面カバー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
はがきに印刷する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
はがきをセットする . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バナーシート設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パラレル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パラレルインタフェースカードの
取り付け. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パラレルケーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パラレルコネクター . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
表紙付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
封筒に印刷する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
封筒をセットする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
フォーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
フォーム機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
フォントリスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
複製管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
複製管理機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 270,
プリンター集計レポート. . . . . . . . . . 254,
プリンター集計レポートのデータを
初期化する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンター・消耗品を廃棄するときは . . . .
プリンタードライバー
アンインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
インストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
257
. 48
. 47
. 47
. 49
. 66
. 65
160
133
ハ
366
索引
339
. 35
. 49
. 64
. 66
. 65
. 64
. 64
254
272
272
260
261
241
. 46
. 46
プリンターの寿命 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
[プリンタ構成]タブ . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリント可能領域 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリント画面 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
〈プリント可〉ランプ . . . . . . . . . . . . . 52,
プリント言語の設定 . . . . . . . . . . . . . 122,
プリントジョブの追越 . . . . . . . . . . . . . . . . .
〈プリント中止〉ボタン . . . . . . . . . . . . . . . .
〈プリントメニュー〉ボタン . . . . . . . . . . . . .
プロパティダイアログボックス . . . . . . . . . .
フロントカバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ペーパーセキュリティ . . . . . . . . . . . . . . . . .
ペーパーセキュリティーサンプルリスト. . .
ペーパーレジ補正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ベルトユニット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ポートを起動する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
補修用性能部品 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保守サービスについて . . . . . . . . . . . . . . . . .
保証書について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保存文書設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
326
. 58
160
. 53
201
125
166
. 51
. 51
. 64
. 47
274
257
187
. 50
. 40
329
326
325
170
マ
まとめて 1 枚 . . . . . . . . . . . . . . . .
マニュアル(HTML 文書). . . . . .
マニュアル体系 . . . . . . . . . . . . . . .
未登録フォームへ印字 . . . . . . . . .
ミリ/インチ切り替え . . . . . . . . .
メーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
メーター確認 . . . . . . . . . . . . . . . . .
メーターの確認方法 . . . . . . . . . . .
メール受信プリント . . . . . . . . . . .
メール受信プリント機能使用時の
トラブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . .
メール通知サービス . . . . . . . . . . .
メール通知サービス機能使用時の
トラブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . .
メッセージ(50 音順). . . . . . . . .
メニュー画面 . . . . . . . . . . . . . . . . .
メニュー自動リセット解除. . . . . .
メモリー設定 . . . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 64
. 46
. 10
180
164
259
122
259
. 93
. . . . . . . . 236
. . . . . . . . 264
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
236
214
. 53
156
182
ユーザー定義用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ユーザー定義リスト . . . . . . . . . . . . . . . . .
ユーザー登録による利用制限 . . . . . . . . . .
有寿命部品. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用語集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
使用できない用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . .
使用できる用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用紙の保管と取り扱い. . . . . . . . . . . . . .
用紙色名称設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用紙種類エラーの処理 . . . . . . . . . . . . . . .
用紙種類名称設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用紙の置き換え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用紙の画質処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用紙の残量を確認する
→【Web ブラウザーでプリンターの
状態を確認 / 管理する】. . . . . . . . . . . . .
用紙の優先順位 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 70
255
270
326
358
102
106
102
107
179
172
179
171
177
ヤ
. . 263
. . 174
用紙別の画質処理を設定する . . . . . . . . . . . . 116
用紙をセットする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
ラ
両面印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . .
両面印刷ユニット . . . . . . . . . .
レポート両面プリント . . . . . .
レポート / リスト . . . . . . . . . .
レポート / リストを印刷する .
ローカルプリンター . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 64
. 50
159
122
258
. 29
索引
367
操作パネルメニュー一覧
368
操作パネルメニュー一覧
操作パネルメニュー一覧
369
370
操作パネルメニュー一覧
操作パネルメニュー一覧
371
372
操作パネルメニュー一覧
Ƕ'
ʡʴʽʒᜫް
ႊጤɁᏚȠ૰ț
ˁȪȽȗǾ‫۾‬Ƞȗɿɮʄɥᤣ੻Ǿ
ᣋȗɿɮʄɥᤣ੻Ǿਖ਼ࢃȪ„šrȞɜፈጤ
ႊጤሗ᭒t—pɁѿျ
ˁᜫް۰௿᚜ᇉǾᆬᝓ႕ᬂ᚜ᇉǾ
ʡʴʽʒȬɞ
ʒʶɮɁႊጤሗ᭒
ʒʶɮ
ʒʶɮǾʒʶɮǾ
ʒʶɮ
ʒʶɮᴥਖ਼ࢃȪᴦ
ˁௐᣮጤǾѓႆጤǾ˨᠎ጤǾՀጤǾՀጤǾʳʣʵጤǾ•p{žpǾ
•p{žpǾ•p{žpǾ•p{žpǾ•p{žp
ˁௐᣮጤǾѓႆጤǾ˨᠎ጤǾՀጤǾʳʣʵጤǾ•p{žpǾ•p{žpǾ
•p{žpǾ•p{žpǾ•p{žp
ˁௐᣮጤǾѓႆጤǾ˨᠎ጤǾՀጤǾՀጤᴥșɜᬂᴦǾՀጤǾ
ՀጤᴥșɜᬂᴦǾɽ˂ʒጤǾɽ˂ʒጤᴥșɜᬂᴦǾɽ˂ʒጤǾ
ɽ˂ʒጤᴥșɜᬂᴦǾɽ˂ʒጤǾɽ˂ʒጤᴥșɜᬂᴦǾʳʣʵጤǾ
ߨኋǾߨኋᴥșɜᬂᴦǾɂȟȠǾɂȟȠᴥșɜᬂᴦǾ
•p{žpǾ•p{žpǾ•p{žpǾ•p{žpǾ•p{žp
ʒʶɮɁႊጤᓨ
ʒʶɮǾʒʶɮǾ
ʒʶɮǾʒʶɮǾ
ʒʶɮᴥਖ਼ࢃȪᴦ
ˁᄌǾ᫺Ǿ᳁ᓨǾ፲ǾʞʽɹǾᣥ஥Ǿɬɮʦʴ˂Ǿɺʶ˂Ǿ
ɹʴ˂ʪǾࠞ֌ᓨǾᠣǾɴʶʽʂǾ•p{žpǾ•p{žpǾ•p{žpǾ
•p{žpǾ•p{žpǾȰɁͅ
ႊጤɁТаᬲͱ
˨᠎ጤ
ᵻႭᄻǾˁႭᄻǾ
ᵻᴮႭᄻǾᜫްȪȽȗ
ᵻႭᄻǾˁႭᄻǾ
ᜫްȪȽȗ
ᵻႭᄻǾˁႭᄻǾ
ᴮႭᄻǾᜫްȪȽȗ
ᵻႭᄻǾ
ˁᜫްȪȽȗ
ௐᣮጤ
ѓႆጤ
•p{žpᵻ
•p{žp
ʒʶɮɁТаᬲͱ
ʒʶɮ
ʒʶɮ
ʒʶɮ
ʒʶɮ
ʒʶɮᴥਖ਼ࢃȪᴦ
ʒʶɮɁႊጤ{r}ž
ᜫް
ʒʶɮ
ᵻႭᄻǾˁႭᄻǾ
ᒲӦʒʶɮҒఉߦ៎۶
ˁႭᄻǾᵻႭᄻǾ
ᒲӦʒʶɮҒఉߦ៎۶
ႭᄻǾˁႭᄻǾᵻႭᄻǾ
ᒲӦʒʶɮҒఉߦ៎۶
ᵻႭᄻǾˁႭᄻǾႭᄻǾ
ᒲӦʒʶɮҒఉߦ៎۶
ႭᄻǾᵻႭᄻ
ˁᒲӦʒʶɮҒఉߦ៎۶
ˁᒲӦ
ްढ۶
ʒʶɮǾʒʶɮǾ
ʒʶɮ
ʒʶɮᴥਖ਼ࢃȪᴦ
ႊጤɁ႕᠎ѿျ
ௐᣮጤ
ѓႆጤ
˨᠎ጤ
ʳʣʵጤ
•p{žpᵻ•p{žp
•p{žp
Ȳȹ
;஁տɁ{r}ž
ɛȦ
:஁տɁ{r}ž
ˁᒲӦ
Ȳȹ
;஁տɁ{r}ž
ްढ۶
ɛȦ
:஁տɁ{r}ž
#ǽǾ#ǽǾ#ǽǾ#ǽǾ#ǽǾ$ǽǾ$ǽǾ $ǽǾąžǽǾąžǾąžǽǾ
ąžǾąžǾąžǾɂȟȠǽǾ
ऱेɂȟȠǽǾᩋढǽǾᩋढǽǾߨኋᴠǽǾ
ߨኋʬʔ˂ɹǽdߨኋ&.ǽǾߨኋ%ǽǾูढǽǾ
ูढǽǾูढǽ
ᴷᵘʒʶɮᴥਖ਼ࢃȪᴦᵚɂǾᵘʒʶɮɁТаᬲͱ?
ްढ۶
Ȳȹ
;஁տɁ{r}ž
ᵘʒʶɮᴥਖ਼ࢃȪᴦᵚȺᵘᒲӦʒʶɮߦ៎۶ᵚȟ
ɛȦ
:஁տɁ{r}ž
ᤣ੻Ȩɟȹȗɞ‫ک‬նȾɂ᚜ᇉȨɟɑȮɦǿ
#Ǿ#
șɜᬂǾˁ$Ǿ$
șɜᬂǾ%Ǿ
%
%șɜᬂǾ&Ǿ&
șɜᬂǾ5Ǿ5
șɜᬂ
#Ǿ#
șɜᬂǾ$Ǿ$
șɜᬂǾˁ%Ǿ
%
%șɜᬂǾ&Ǿ&
șɜᬂǾ5Ǿ5
șɜᬂ
ˁ#Ǿ#
șɜᬂǾ$Ǿ$
șɜᬂǾ%Ǿ
%
%șɜᬂǾ&Ǿ&
șɜᬂǾ5Ǿ5
șɜᬂ
ˁ$Ǿ&
#Ǿ#
șɜᬂǾˁ$Ǿ$
șɜᬂǾ%Ǿ
%
%șɜᬂǾ&Ǿ&
șɜᬂǾ5Ǿ5
șɜᬂ
#Ǿ#
șɜᬂǾ$Ǿ$
șɜᬂǾ%Ǿ
%
%șɜᬂǾ&Ǿ&
șɜᬂǾˁ5Ǿ5
șɜᬂ
ႊጤሗ᭒ջለᜫް
•p{žpᵻ•p{žp
=•p{žp?ᵻ=•p{žp?
ႊጤᓨջለᜫް
•p{žpᵻ•p{žpǽ
=•p{žp?ᵻ=•p{žp?
+&Ա‫ޏ‬ൡᑤ
ˁȪȽȗǾࡿ˨Ǿ
ծ˨Ǿࡿ˩Ǿծ˩
‫܋‬ୣʤ˂ʂɁ˵ᬂ
˵ᬂǾˁ࿁ᬂ
ఝᄊ᧸Œkp‘ɋԱ‫ޏ‬
ˁȬɞᴥʑ˂ʉɁɒᴦǾ
ȪȽȗ
‫ژ‬టɁႊጤɿɮʄ
ˁᴾᴱǾZ
1%4Œk„Ɂxž˜Œ
ˁʚʍɹʃʳʍʁʯǾ
яᜤհ
操作パネルメニュー一覧
373
Ƕ(
ʫʬʴ˂ᜫް
25Έႊʫʬʴ˂
ˁ/$ǽሳ/$
#46':Œkp‘’“˜p
ˁ-$ǽሳ/$
ᛃᠴᴷʫʬʴ˂ɁሳȠ߁ᦀɂǾȧΈႊɁၥ‫ہ‬Ⱦ
ɛȶȹǾ᚜ᇉȨɟɞୣϏȟ۰ɢɝɑȬǿ
ᵻ/$ᴷ/$Ԩͱ
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
ʙ˂ʓʑɭʃɹ
#46ƎŒkp‘’“˜p
ˁ-$ǽሳ/$
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
ʙ˂ʓʑɭʃɹ
#46Ǝ•p{žްᏲ’“˜
ˁ-$ǽሳ/$
*2).up„šrqs„’“˜p
ˁ-$ǽሳ/$
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
ʙ˂ʓʑɭʃɹ
|žnŒžyo„ႊ’“˜p
ˁ/$ǽሳ/$
ՙαʚʍʟɫ߁ᦀ
ʛʳʶʵʫʬʴ˂
ˁ-$ǽሳ/$
.2&ʃʡ˂ʵ
ˁʃʡ˂ʵȪȽȗ
ᵻ/$ᴷ/$Ԩͱ
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
ˁ-$ǽሳ/$
ᵻ-$ᴷ
-$Ԩͱ
ʫʬʴ˂ʃʡ˂ʵ
ˁ/$ǽሳ/$
ᵻ/$ᴷ
/$Ԩͱ
0GV9CTGʫʬʴ˂
ˁ-$ǽሳ/$
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
5/$ʃʡ˂ʵ
ˁʃʡ˂ʵȪȽȗ
ˁ-$ǽሳ/$
Šp„žƒžh}x}ŒŸp™
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
Šp„žƒžh}x}ŒŸp™
ʫʬʴ˂ʃʡ˂ʵ
ˁ/$ǽሳ/$
+22ʫʬʴ˂
ˁ-$ǽሳ/$
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
+22ʃʡ˂ʵ
ˁʃʡ˂ʵȪȽȗ
ˁ-$ǽሳ/$
ᵻ/$ᴷ
/$Ԩͱ
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
Šp„žƒžh}x}ŒŸp™
'VJGT6CNMᴥ̠૰ᴦ
ˁ-$ǽሳ/$
75$’“˜p
ˁ-$ǽሳ/$
2QTV’“˜p
ˁ-$ǽሳ/$
ᜓЅ࣊
᪡ᝩᛃඩʋʭ˂ʒ
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
ᵻ-$ᴷ-$Ԩͱ
Ƕ)
႕᠎ᛃඩ
᪡ᝩᛃඩ
ᛃඩʅʍʒ
ᛃඩʅʍʒ
ਖ਼ࢃȪȾ#ǽɥ~o„Ȫ
=1-?Ⱥʡʴʽʒᩒܿ
ʁɬʽ
%Ǿ
ʨʆʽʉ
/Ǿ
ɮɲʷ˂
;Ǿ
ʠʳʍɹ
-
ᒲӦɵʳ˂ʶʂᛃඩ
ʶʂᛃඩɥ޴ᚐȪɑȬ
=1-?Ⱥᩒܿ
ᛃඩɥ޴ᚐȪȹȗɑȬ
ȪɃɜȢȝशȴȢȳȨȗ
ਖ਼Ӧɵʳ˂ʶʂᛃඩ
ɵʳ˂ʶʂᛃඩ
ʋʭ˂ʒ
ɵʳ˂ʶʂᛃඩ
ʁɬʽ
%Ɂᛃඩ
᪡ᝩ
ɵʳ˂ʶʂᛃඩ
ਖ਼ࢃȪȾ#ǽɥ~o„Ȫ
=1-?Ⱥʡʴʽʒᩒܿ
ʁɬʽ
%Ǿ
ʨʆʽʉ
/Ǿ
ɮɲʷ˂
;Ǿ
ʠʳʍɹ
-
᪡ᝩᛃඩʋʭ˂ʒ
ɮɲʷ˂
;Ɂᛃඩ
ᛃඩɁ޴ᚐ
ʤ˂ʛ˂ʶʂᛃඩ
374
ௐᣮጤǾ˨᠎ጤǾѓႆጤǾՀጤǾՀጤǾ
ɽ˂ʒጤǾɽ˂ʒጤǾɽ˂ʒጤǾɂȟȠǾ
ߨኋǾʳʣʵጤ
ްᅔຣ࣊ᝩ୥
ௐᣮጤǾ˨᠎ጤǾѓႆጤǾՀጤǾՀጤǾ
ɽ˂ʒጤǾɽ˂ʒጤǾɽ˂ʒጤǾߨኋǾ
ɂȟȠǾʳʣʵጤ
操作パネルメニュー一覧
./*
ᵻ
.%4%
ᵻ
.%4%
ᵻ
.%4%
ᵻ
=1-?Ⱥᛃඩᩒܿ
ȝɕȹᬂɁᛃඩǾșɜᬂɁᛃඩǾ
lp„ҋӌᴥ࿁ᬂᴦǾlp„ҋӌᴥ˵ᬂᴦ
ᢆќ᫖٢uŒ~o„ᝩ୥
ᯚ٥Έႊᜫް
๜੺OᵻOǾ๜੺OᵻOǾ
๜੺OᵻOǾ๜੺O͏˨
ᵻ
ਖ਼ࢃȪȾ#ǽɥ~o„Ȫ
=1-?Ⱥʡʴʽʒᩒܿ
ʨʆʽʉ
/Ɂᛃඩ
ʒʶɮǾʒʶɮǾ
ʒʶɮǾʒʶɮǾ
ʒʶɮ
ਖ਼ࢃȪ
./*
ᵻᴷԨͱ
ᵻᴷԨͱ
操作パネルメニュー一覧
375
Color MultiWriter 9110C Color MultiWriter 9010C 活用マニュアル
発行者 ― 日本電気株式会社
発行年月―2016 年 9 月 第 1 版
(管理番号 : ME7631J9-4)
Fly UP