...

ワニ923 - Hi-HO

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

ワニ923 - Hi-HO
2006.09.23.
札幌市立伏見中学校
第2学年理科資料
こんにちは。円山動物園の「幅崎」です。中間テストも終わり、電流の単元も大詰めとなっているあたりです
ね。研修の方もあとわずかとなりました。今回のスポットは「ワニ」、せっかく動物園にいるのですからペットと
してあまり飼わない動物を紹介します。
過去の恐竜の姿によく似たは虫類を探すとトカゲの仲間があげられますが、恐竜のもっとも栄えていた時
代に一緒に繁栄していたのがワニのなかまです英語でワニをさす単語を探すとクロコダイルとアリゲーター
のどちらかが見つかるでしょう。円山動物園では、「ガビアルモド
キ」と「ヨウスコウワニ」を飼育しています。
ちょうどガビアルが口を大きく開けたまま止まっていたので正
面からとってみました。ほ乳類の歯は、形は違っても門歯、犬歯、
臼歯などに分けられますがワニの歯は見事に同じかたちの歯が
並んでいます。肉食恐竜の歯も同様ですべてが犬歯というイメー
ジです。
次にからだに比べて短い4
本の足を見てみます。前後の
足の大きさがずいぶん違いま
すね。トラとは逆に後ろ足が立
派です。これは2本足で活動し
ていた恐竜の名残と考えるの
が自然です。尾も何となく恐竜
に似ていませんか。でも、大きさの方は恐竜とはいえないくらい小型
です。(それでもガビアルの方は結構大きい)恐竜が絶滅していく
中、からだを小型化することで生きのびてきた証ですね。
さて、こちらはヨウスコウワニです。ぽっかりと水に浮いています
が、目や鼻が水面からちょっとだけ出ていて水中での生活にうまく
適応している様子がわかります。ところで、「ガビアル」と「ヨウスコ
ウ」、口のかたちがずいぶん違うと思いませんか。それ以外にも違
いがありますのでよく調べてみてくだ
さい。
ちょっとしたことに気づくと、ワニも
興味を持って見ることができますね。
そして恐竜とのつながりなどわくわく
しますね。(ワニ目クロコダイル科、
アリゲーター科)
ヨウスコウワニとガビアルモドキ
ヨ)中国の揚子江地域に生息する淡水性のワニ。全長2 m 位の小
型、性 質は比較的おとなしく魚などを食べている。現地では冬に冬
眠する。寿命は 50 年以上。
ガ)東南アジアに生息する淡水性のワニ、最大5 m 位、吻部が極端
に細長いのが特徴、魚を捕らえて食べる。ガビアル科ではなくクロコ
ダイル科なのでモドキとついている。
秋の遠足のシーズンとなり、札幌市内からは多くの小学生が来
ていますが、中学生は少ないようです。テキストが終わったからお
しまいではなく、新しい発見をしてみませんか。理科の基本は違い
を見つけることです。動物園は絶好の教材ですよ。是非利用してく
ださいね。そして、調べたことは、写真やスケッチを添えてレポート
してくださいね。では、また。
Fly UP