...

4.いろいろな制度 - 京都府国際センター

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

4.いろいろな制度 - 京都府国際センター
*4-1
これから、通訳、PTA活動、子どもの安全と健康を守るためのいろいろな制
度のことをお話します。
以下谈一谈、聘请翻译、PTA活动、和为了维护孩子的安全和健康等的各
种制度。
68
つう やく
通訳 (翻译)
こじん めんだん
か てい ほうもん
家庭訪問、 個人面談で
に ほん ご
はな
日本語が よく 話せないとき・・・
つうやく
き
通訳に 来て もらえることが あります。
*4-2
まず 通訳のことです。
家庭訪問や個人面談、また、そのほかの、子どもの教育のことについて、
日本語があまりできなくて、学校の先生とよく話せないときは、学校によっ
ては通訳に来てもらえることがあります。
首先、谈谈找翻译的事儿。
对于老师来家访和个人面谈、还有孩子的教育的事、如家长不太懂日语,
不能与学校的老师进行很好的交流时、必要时、情况允许的话、可以聘
请翻译来校帮助。
69
たんにん
せんせい
担任の先生
つうやく
通訳
に
き
が来てくれるか
き
聞く
*4-3
学校の先生に通訳に来てもらえるかどうか聞いてください。
是否有翻译人员来做翻译,请向学校的老师咨询。
70
ぴー てぃー
えー
P T A
家长教师联合会
Parent -Teacher Association
ほ ご しゃ
せんせい
だんたい
保護者
先生
団体
こ
子どもの ために
ほ ご しゃ
ほう
し かつどう
保護者が いろいろな 奉仕活動をします。
*4-4
次に、PTAのことを、話します。
PTAのPは保護者、Tは先生、Aはみんなで集まる団体という意味です。
谈一谈PTA的事。
P是英文PTA中的家长代名词、T是老师、A大家聚集的团体的意思。
*4-5
子どもが学校に入ると、保護者は、PTAの会員になります。
PTAでは、保護者が交代で、子どものためにいろいろな奉仕活動をします。
孩子进入学校之后、家长就成了PTA的会员。
PTA的家长们交替地为孩子举办各种各样的服务性活动。
71
ぴーてぃー えー かつ どう
P T A 活動
*4-6
たとえば、子どもが朝、安全に学校へ行けるように、車が多い道路で、子ど
もたちを見守ったりします。
みんなで歌を歌ったり、スポーツをしたりすることもあります。また、学校の
掃除をすることもあります。
PTAから、いろいろなお知らせの紙が来ますので、注意してください。
如孩子一早上学时、指导儿童往安全的道上走、在车辆多的道路上、留
意孩子们横穿马路等。
有团体唱歌或者体育的活动。还有、打扫学校的工作。
因此、会分发各种各样PTA的通知、请予留意。
72
ぴーてぃー えー かつ どう
P T A 活動
ほ
ご しゃ
ほ ご しゃ
とも
・保護者と 保護者が 友だちに なれる。
こ
がっこう
・子どもの 学校のことが よく わかる。
さん か
・参加できない ときは、
たんにん
せんせい
そうだん
担任の 先生に 相談する。
*4-7
PTA活動の中で、保護者と保護者が友達になれることもありますし、
子どもの学校の様子がよくわかることもあります。ぜひ、積極的にやってみ
てください。
でも、仕事を休めないなどの理由で、どうしてもPTAの仕事ができないとき
は、担任の先生に相談してください。
在PTA活动中、也让家长与家长结交了朋友,更加深深地了解孩子们在学
校的情况。因此、请积极参加活动。
但是、如由于工作不能休息等原因、无论如何也无法做 PTA 的工作时,
请与班主任老师商量为盼。
73
ほ けん
保険 (保险)
に ほん す ぽ ー つ しんこう せ ん たー
日本スポーツ振興センター
(日本体育振兴中心)
「さいがい
きょうさい
きゅうふ」
「災害 共済 給付」
(灾害共济供给)
*4-8
次に、子どもの教育環境をよくするための制度を、紹介します。
以下、介绍为了确保孩子们有良好的教育环境制定的各种制度。
*4-9
まず、学校で、けがをした時の保険です。
日本スポーツ振興センターという団体の「災害共済給付」といいます。
首先、在学校、受伤时的伤害保险。这是日本体育振兴中心的团体「灾
害共济供给」。
74
がっこう
ほけん
・学校で けがを したときの 保険
びょういん
かね
かえ
・病院の お金が あとで 返ってくる
ひ よう
えん
・費用 : 500円くらい
もう
こ
か にゅう どう い
しょ
がっ こう
だ
・申し込み : 加入同意書を 学校に出す
*4-10
子どもが学校へ行く道や学校の中などでけがなどをして、病院へ行ったと
き、病院に払ったお金があとから返ってきます。
とても大切な保険なので、全部の子どもが入ります。
如孩子在去学校的路上或在学校里受了伤、要医院就诊时、向医院支付
的治疗费中、有一部分还可以申请归还。
这个保险非常重要、务必所有儿童都加入。
*4-11
お金はだいたい1年間に500円くらいです。この保険に入るときは、学校が
加入同意書をくれるので、名前を書いて、はんこを押して、先生に出してく
ださい。
费用大约是1年500日元左右。
加入这个保险时、只需在学校发出的加入同意书上签名、盖印、然后交
给老师即可。
75
しゅうがく
えん じょ
せい ど
就学 援助 制度
(就学援助制度)
かね
がっこうせいかつ
えんじょ
学校生活のための お金の 援助
がくようひん
きゅうしょくひ
えんそく
こうつう ひ
学用品・ 給食費・ 遠足の交通費など
くわ
がっこう
き
☆詳しいことは 学校に 聞いてください。
*4-12
次は、就学援助制度です。
日本の公立の小学校・中学校は、授業料や教科書代は無料です。
でも、教科書以外の教材(たとえばノートや問題集など)や給食、遠足、体
操服などは保護者がお金を払わなければなりません。そのお金は、1か月
に1回、銀行を通して払ったり、直接、学校に払ったりします。
下面介绍一下就学援助制度。
在日本的公立小学·初中、学费和教科书是免费的。
但是、教科书以外的教材(如笔记本和问题集等)以及供应的午餐、郊
游、体操服等都必须由家长花钱去买。
而这些费用将1个月1次地从家长的帐号上扣除,通过银行支付给学校,
或直接拿到学校去。
*4-13
しかし、これらのお金を払うのが難しい家庭のために、学校生活に必要な
お金を援助してもらえる制度があります。これが「就学援助制度」です。この
制度を使いたいときは、学校に相談してください。
但是、对支付这些费用有困难的家庭,请利用学校生活的援助金制度。
这就是「就学援助制度」。
想利用这个制度者,可以与学校商量。
76
がく どう
ほ いく
がく どう く ら ぶ
学童 保育/学童 クラブ
(学童保育)
ひる
ま
ほ ご
しゃ
いえ
か てい
こ
昼間、保護者が 家にいない 家庭の 子ども
ば しょ
もう
こ
ほう ほう
☆場所や 申し込み方法は
がっ こう
き
学校に 聞いてください。
*4-14
次は、学童保育です。学童クラブということもあります。
学童クラブは、保護者の仕事などで、学校が終わったあと、家に大人がい
ない子どもたちが安全に過ごせるところです。
塾ではないので、勉強は教えません。
下面谈谈小学生保育制度。这叫做「学童保育(がくどうほいく)」或「学童ク
ラブ(がくどうクラブ)」。
这是因为家长工作等关系,为了让放学后的学生在大人不在家时能安全
地渡过而设置的。不是私塾、不教学习方面的内容。
*4-15
学童クラブの場所や申し込み方法がわからない場合は、学校に「学童クラ
ブに入りたいですが、申し込み方法を教えてください。」と伝えてください。
如果不知道学童保育的地点或申请方法的话,请告知学校为宜。请咨询
学校「想去上『学童保育』时,应该如何申请?」。
77
さい ご
最後に
こま
そうだん
◎困ったら、だれかに 相談して ください。
そうだん
相談
がっこう
し
◎学校からの お知らせは
かなら
よ
必ず 読んで ください。
*4-16
習慣や言葉がちがう国で、子どもを育てるのは、とても大変なことだと思い
ます。困ったときに、大切なことは、一人で悩まないことです。
かならず、だれかに相談してください。
わからないことを、「わからない」と言うことも、とても大切です。
由于来自习惯、语言都不同的国家、培育孩子是一件不容易的事。
感到为难时、最重要的是不要一个人烦恼。
必要时要和其他人商量。对不明白的事儿、能说出「不明白」,也是很
非常重要。
*4-17
学校は子どもの生活の中心です。大切な子どもさんが安心して生活できる
ためには、保護者が学校のことをよく知っていることも大切です。
学校からのお知らせの紙は、必ず、読んでください。
学校是孩子们的生活中心。
为了让宝贝的孩子们更安心地生活,家长如能更好地了解学校的事也是
很重要的。
学校发的通知,请务必过目。
78
に ほん
たの
がっこうせいかつ
日本で 楽しい 学校生活が
ねが
できる ことを 願っています!
*4-18
わたしたちは、みなさんが、日本で安心して楽しく生活できることを心から
願っています。
これで、説明を終わります。ありがとうございました。
我们大家都由衷地希望各位在日本安心快乐地生活。
今天、有关教育方面的介绍到此结束。谢谢大家。
79
日本語を母語としない保護者のための
日本の 学校生活ガイダンス
(2014 年 3 月発行)
制作・発行:公益財団法人 京都府国際センター(KPIC)
〒600-8216 京都市下京区烏丸通塩小路下ル 京都駅ビル 9 階
TEL : 075-342-5000 FAX : 075-342-5050
EMAIL : [email protected]
URL : www.kpic.or.jp
(公財)京都府国際センターは、府民、市町村、民間団体、教育機関などとの
連携・協力を図り、地域の国際化を積極的に進めています。
企画・制作協力:渡日・帰国青少年 ( 児童・生徒 ) のための京都連絡会 ( ときめき )
協力:公益社団法人国際日本語普及協会(AJALT) (DVD 教材「ようこそ!さくら小学校へ∼みんな なかまだ∼」)
多文化共生センターきょうと (多言語医療問診システム M-Cube)
NPO 法人国際交流ハーティ港南台、公益財団法人かながわ国際交流財団
(多言語医療問診票)
この冊子は、財団法人自治体国際化協会の助成事業により作成しました。
Fly UP