...

PDF形式 444キロバイト

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

PDF形式 444キロバイト
厚木市インターンシップ実施要綱
(目的)
第1条 この要綱は、厚木市(以下「市」という。
)が学生に対して市における実践的な就業体
験(以下「インターンシップ」という。
)の機会を提供することにより、学生の就業意識の向
上及び市政に対する理解を深めることを目的とする。
(対象者)
第2条 インターンシップの対象者は、学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する大学院、
大学、短期大学等(以下「大学等」という。
)の学生とし、次の各号のいずれかに該当するも
のとする。
(1) 市内に在住する者
(2) 市内に在学する者
(3) 就職活動において厚木市を志望し、又は志望する予定の者
(実習期間)
第3条 実習期間は、1週間を超えない範囲内で、市長が必要であると認める期間とする。
(受入手続)
第4条 大学等は、市における学生の実習を希望するときは、市長に対して、厚木市インター
ンシップ実施申込書(以下「申込書」という。
)を提出しなければならない。
2 市長は、前項の申込書の提出があったときは、インターンシップを行う学生(以下「実習
生」という。
)の受入れの可否を決定し、厚木市インターンシップ受入決定通知書により大学
等に通知するものとする。
3 市は、前項の規定により実習生の受入れを決定した場合は、厚木市インターンシップに関
する覚書により大学等と覚書を締結するものとする。
(実習生の身分)
第5条 実習生は、大学等の学生としての身分を有し、市職員としての身分を有しないものと
する。
(報酬等)
第6条 市は、実習生に対して、賃金、報酬、手当、旅費及びその他一切の金品を支給しない
ものとする。
(実習に専念する義務)
第7条 実習生は、市職員の指示に従い実習時間中は実習に専念しなければならない。
(法令等を遵守する義務)
第8条 実習生は、実習時間中は職員が遵守すべき法令、条例等を遵守しなければならない。
(信用失墜行為の禁止)
第9条 実習生は、市の職務の信用を傷つけ、又は不名誉となる行為をしてはならない。
(秘密を守る義務)
第10条 実習生は、実習により知り得た情報(公開されているものを除く。
)を漏らしてはなら
ない。また、実習終了後も同様とする。
2 実習生は、前項に反して報告又は論文を書いてはならない。
3 実習生は、市の書類等を引用して実習成果を第三者に発表しようとするときは、あらかじ
め市の承認を得るものとする。
(事故責任等)
第11条 大学等及び実習生は、実習期間中の事故等に備えて、傷害保険及び賠償責任保険に加
入し、実習中及びその往復中の事故については、自らの責任において対応しなければならな
い。
2 実習生が、故意又は過失により市に損害を与えた場合は、大学等及び実習生は、市に対し
その損害を賠償しなければならない。
3 実習生が第三者に与えた損害に関しては、市は一切の責任を負わない。
4 実習生が第三者に与えた損害により、市が第三者に対し損害賠償の責を負った場合は、大
学等及び実習生は、当該賠償により市が被った損害の補填をしなければならない。
(誓約書の提出)
第12条 実習生は、市に対して誓約書を実習の前までに提出しなければならない。また、大学
等の代表者は、当該実習生がこの誓約を遵守するよう指導するものとする。
(実習の中止)
第13条 市は、
次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、
実習を中止することができる。
(1) 実習生がこの要綱の規定に違反する行為をしたとき。
(2) 実習を継続することにより、受入課等の業務に支障が生じ、又はそのおそれがあるとき。
(3) その他実習の目的を達成することが困難であるとき。
2 市は、前項の規定により、実習を中止する場合は、大学等にその旨を通知するものとする。
(実習の証明)
第14条 市は、大学等が実習生の実習内容について証明を求めたときは、当該実習生の実習期
間、実習内容等について証明を行うものとする。
(実習の報告)
第15条 実習生は、インターンシップ終了後、速やかに、厚木市インターンシップ実施報告書
を作成し、市長に提出しなければならない。
(その他)
第16条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、人事主管部長が別に定める。
附 則
この要綱は、平成27年6月15日から施行する。
厚木市インターンシップ実施申込書
平成
年
月
日
(宛先)厚木市長
(学校名)
(職 名)
(氏 名)
印
厚木市インターンシップ実施要綱の遵守事項について同意するとともに、下記の学生を
厚木市インターンシップ実習生として推薦します。
フ
リ
ガ
ナ
学
生
氏
名
性
別
☐男・☐女
生
年
平成
年
月
月
日
日
学部学科学年
住
所
(〒
-
)
電話番号
連
絡
先
e-mail
① 平成 28 年
② 平成 28 年
実 習 希 望 期 間 ③ 平成 28 年
月
月
月
日(
日(
日(
)から
)から
)から
月
月
月
日(
日(
日(
)まで(
)まで(
)まで(
日間)
日間)
日間)
※実習期間は5日以内です。第3希望まで記入してください。なお、指定なし
の場合は、①に 7 月 25 日から 9 日 9 日まで(5 日以内)と記入してください。
☐政策・広報
実 習 希 望 分 野 ☐まちづくり
☐福祉
☐消防
☐子育て ☐市民協働
☐その他(
☐観光 ☐教育
)
※3項目以上選択してください。
(保育士等専門職は1項目のみでも可)
推
薦
理
由
学校御担当者名
(〒
学校所在地
-
)
電話番号
連
絡
先
e-mail
※印は必ず公印を使用してください。
※期間及び分野については、希望に添えない場合があります。
厚木市インターンシップに関する覚書
厚木市(以下「甲」という。)と ○○○(以下「乙」という。)とは、甲における
インターンシップ実施について、次のとおり覚書を締結する。
(実習生の派遣及び受入れ)
第1条 乙は、別紙に定める学生を甲に派遣し、甲はこれを受け入れるものとする。
(実習期間等)
第2条 実習生の実習期間及び実習職場は、別紙のとおりとする。
(実習生の身分及び報酬等)
第3条 甲は、実習生に甲の職員としての身分を与えないものとし、賃金、報酬、
手当、旅費及びその他一切の金品は支給しない。
(遵守事項)
第4条 乙は、実習生に対し、次に掲げる事項を遵守させなければならない。
(1) 実習生は、甲の職員の指示に従い実習時間中は実習に専念すること。
(2) 実習生は、甲の職員が遵守すべき法令、条例等に従うこと。
(3) 実習生は、甲の信用を傷つけ、又は不名誉となるような行為を行わないこと。
(4) 実習生は、実習により知り得た秘密を、実習期間中のみならず、その終了後
も漏らさないこと。また、甲の書類等を引用して実習成果を第三者に発表しよ
うとするときは、あらかじめ甲の承認を得ること。
(5) 実習生は、甲に対して、誓約書を実習の前までに提出すること。
(事故責任等)
第5条 乙及び実習生は、実習期間中の事故等に備えて、傷害保険及び賠償責任保
険に加入し、実習中及びその往復中の事故については、自らの責任において対応
するものとする。
2 実習生が、故意又は過失により甲に損害を与えた場合は、乙及び実習生は、甲
に対して連帯して責任を負うものとする。
3 実習生が第三者に与えた損害に関しては、甲は一切の責任を負わないものとす
る。
4 実習生が第三者に与えた損害により、甲が第三者に対し損害賠償の責を負った
場合は、乙及び実習生は、当該賠償により甲が被った損害を補填するものとする。
(実習の中止)
第6条 甲は、甲の責めに帰すべき事由により、この実習を中止しようとするとき
は、実習を中止しようとする3日前までに、乙に当該実習の中止を申し入れ、乙
及び実習生の同意を得るものとする。
2 甲は、実習生が次の各号のいずれかに該当するときは、直ちにこの実習を中止
することができる。
(1) 第4条の規定に違反したとき。
(2) 正当な理由なく、実習に参加しないとき。
3 前項の規定により乙又は実習生に損害が生じても、甲は一切その責めを負わな
い。
(定めのない事項等の処理)
第7条 この覚書に定めのない事項又は疑義が生じた事項については、甲と乙が協
議の上決定するものとする。
この覚書の締結を証するため、本書2通を作成し、甲乙押印の上、それぞれ1通を
所持する。
平成
年
月
日
甲
住
所
代表者名
乙
住
所
名
称
代表者名
厚木市中町3丁目 17 番 17 号
厚木市長
小
林
常
良
印
印
別紙
項
目
内
容
実習生氏名
実習職場(部課名)
受入期間
時
間
平成
年
月
日~平成
午前8時30分~午後5時15分
業務内容
事務補助等
担当者
総務部 職員課 人事研修係
連絡先
(046)225-2070
市側連絡先
担当者
学校側連絡先
連絡先
○○
年
月
日
誓
約 書
平成
年
月
日
(宛先)厚木市長
大学名等
学部名等
学
年
氏
名
印
○
私は、インターンシップ学生として厚木市役所においてインターンシップを受ける
に当たり、次の事項を遵守することを誓います。
1
インターンシップ期間中は、所定のインターンシップに従事し、インターンシッ
プ目的の達成に努めます。
2
インターンシップ期間中は、厚木市職員が遵守すべき法令及び条例等を守り、市
の職務の信用を傷つけるような行為又は不名誉となるような行為は行いません。ま
た、受入課等担当者の指導、指示に従います。
3
インターンシップにより知り得た情報(公開されているものは除く。)は、一切
漏らしません。
4
上記の事項に反する行為をした場合には、厚木市及び損害を与えた第三者に対し
て自ら責任を負います。また、インターンシップ期間中の事故に関しては、自らの
責任をおいて対応します。
5
6
市民に不快感を与えないよう、服装や言葉遣いに十分配慮します。
病気のため予定のインターンシップを受けられない場合には、事前に受入課等担
当者にその旨連絡します。やむを得ない場合は事後速やかに受入課等担当者にその
旨連絡します。
厚木市インターンシップ実施報告書
平成
厚木市におけるインターンシップを終了したので次のとおり報告します。
氏
名
学
校
名
学部学科学年
実習希望期間
平成
平成
年
年
月
月
日(
日(
)から
)まで
実 習 職 場
(部課等名)
実
担
習
当
職
者
場
名
主な実習内容
感想・意見等を
自由に記入して
ください。
※ 実習終了後、速やかに職員課人事研修係に提出してください。
(郵送、e-mail:[email protected] 可)
年
月
日
Fly UP