...

Sur l`essence de la cuisine comme art -1-

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Sur l`essence de la cuisine comme art -1-
料理芸術本質論─その 1 ─ ─ブリヤ=サヴァラン美味学の美学的・哲学的考察─
109
放送大学研究年報 第27号(2009)109-115頁
Journal of The Open University of Japan, No. 27(2009)pp.109-115
料理芸術本質論─その 1 ─
─ブリヤ=サヴァラン美味学の美学的・哲学的考察─
青 山 昌 文
1)
Sur l'essence de la cuisine comme art -1─Réflexion esthétique et philosophique sur la gastronomie de Brillat-Savarin─
AOYAMA Masafumi
sommaire
En dépit du titre positiviste, Physiologie du goût de Brillat-Savarin est un ouvrage de la gastronomie fondée sur la
base, profondément philosophique, et réaliste et classique.
Voici les sujets traités dans notre étude.
1 l'Univers et la vie
2 le manger et l'esprit
3 le manger et la nation
4 la classe sociale et l'essence de l'homme
5 l'appétit et le plaisir
6 la gourmandise et le jugement
7 le plaisir de la table
8 la table et l'ennui
9 la découverte comme création
Brillat-Savarin franchit l'anthropocentrisme subjectiviste moderne et il développe l'esthétique classique de la
mimesis sur le problème de la création dans la cuisine comme art.
要 旨
ブリヤ=サヴァランの『味覚の生理学』は、その実証主義的なタイトルにも拘わらず、実在論的で古典的な深い哲
学的立場に立った美味学の書物である。
我々の研究において論じられるのは、以下の主題である。
1 宇宙と生命
2 食とエスプリ
3 食と国民
4 社会階層と人の本質
5 食欲と快楽
6 グルマンディーズと判断力
7 食卓の快楽
8 食卓と退屈
9 創造としての発見
彼は、近代主観主義的な人間中心主義を超えており、料理芸術における創造の問題についても、古典的立場に立っ
たミーメーシス美学を展開しているのである。
1)
放送大学教授(「人間と文化」コース)
110
青 山 昌 文
はじめに
料理が芸術の一種であるということ、少なくとも、
高級な料理の一部が確かに芸術であるということは、
1
私が既に指摘してきたことである 。 本小論において
は、この基本的な論定を踏まえた上で、料理という芸
術が、本質において、世界の中でいかなる位置を占め
ているのか、料理芸術の本質は、世界との関わりにお
いて、 いかなる特質をもっているのか、 ということ
を、美学的・哲学的に考究してゆくことにしたい。
この考察を進めるにあたって、先ずはじめに、
「そ
の 1 」として、史上最も高名な美味学の大家ブリヤ=
サヴァランの論定を振り返ってみることとしたい。彼
の論定には、その19世紀的な、一種科学主義的なよそ
おいの奥に、極めて注目すべき、古典的にして正統的
な原理が見受けられるのであって、それこそが、料理
芸術の本質を明らかにする上で、大いに示唆に富んで
いるものなのである。
日本で『美味礼讃』と訳されているブリヤ=サヴァ
ランの代表作の元のタイトルは、Physiologie du goût
『味覚の生理学』である。この「生理学」というタイ
トルが、当時において支配的であった、一種、実証科
学的なイデオロギーを反映しているとも言えるのであ
るが、そうであるからと言って、このブリヤ=サヴァ
ランの代表作が、19世紀的・ 近代的・ 科学主義的な
「限界」(今日的な立場から見ての時代的限界)を根本
においてもっていると断じることは、速断のそしりを
免れない見方なのである。
1 .ブリヤ=サヴァランの美味学的宇宙論
ブリヤ=サヴァランは、18世紀の半ば、1755年に生
まれてフランス大革命を生き延び、 革命後、 破毀院
(日本の最高裁にあたる裁判所)の判事を長く務めて
いた人で、料理人では全く無く、もっぱら食べること
に徹していた美食家であった。芸術作品の創造と享受
という二側面に関して言えば、作品の創造ではなく、
もっぱら享受の面において思索を重ねた人である。こ
の享受重視という点に関して言えば、確かにブリヤ=
サヴァランは、19世紀的・近代的な思索家であった2。
しかし、先にも述べたように、彼の思索の根源には、
そのような近代的なレヴェルに止まるものではないも
のが、確かに存在していたのである。そして、注目す
べきことに、このことは、有名な、彼の第 1 のアフォ
リズムにおいて、既に見受けられることなのである。
『味覚の生理学』の冒頭には、
「彼の書物の序論と、
当学問の永遠の基礎の役を果たす、教授のアフォリズ
3
ム」が記されており、その第一番目には以下のアフォ
リズムが挙げられている。
「 1 宇宙は、生命によってのみ、無ではなく、生き
4
るものは全て食べて自らを養う。」
この私たちがいる宇宙(lʼUnivers) は、 生命が無
ければ、無(rien)であり、生命体は全て自らを養う
ために食する、というこのアフォリズムは、一見する
と、近代主観主義的な人間中心主義と捉えられかねな
い面をもっていると思われてしまう危険性をもってい
る。特に、このアフォリズムを「生命がなければ宇宙
もない。 そして生きとし生けるものはみな養いをと
5
る」と訳するときに、この危険性は高まるのであって、
あたかも、人間がいてはじめて宇宙は意味をもつので
6
あり 、人間が宇宙を規定しているのである、更には、
人間がいてはじめて宇宙は存在し始めるのである、な
どということをブリヤ=サヴァランは述べている、と
曲解してしまう危険性が、このような訳文にはつきま
とっているのである。
しかし、ここではっきりと述べておかねばならない
が、このアフォリズムは、決して近代主観主義的な人
間中心主義を表明しているようなものではないのであ
る。このアフォリズムにおいて、ブリヤ=サヴァラン
は、あくまで「生命」
(la vie)と言っているのであっ
て、その生命をもっている存在は、もちろん、人間に
限られないのである。宇宙には、目には見えない極め
て小さな微生物をはじめとして、小さな植物から大き
な植物、更には小さな動物から人間を含む大きな動物
などの様々な生命体が満ちあふれているのであり、そ
れらの極めて多数の生命体の生の根源であるところ
の、生命によってのみ、宇宙は、無価値なものとして
ではなく、存在しているのである、ということが、こ
こで語られているのであり、そして、その極めて重要
な生命をもっている生命体は、その生命を維持するた
めに、全て、自らを養うために食するという行為を行
っているのである、ということが、ここで語られてい
るのである。
宇宙において根本的に重要なものは、生命であり、
その生命を維持するために行われる食という行為は、
それ故、根本的な重要性をもっているのであって、そ
うであるが故に、私はこれから、その極めて重要な食
について、 深く考察してゆくのである、 という宣言
が、ここで語られているのである。
1 青山昌文「料理芸術論序説」(
『放送大学研究年報』第20号、放送大学、2002年、79-93頁)、並びに、青山昌文・徳丸吉彦編著『改
訂版 芸術・文化・社会』(放送大学教育振興会、2006年)の第 1 章後半、第 6 章、第 7 章を参照されたい。
2 カント美学が、創造の美学ではなく、享受の美学にすぎなかったことに、ドイツ観念論近代美学の限界が露呈しているのである。
3 Brillat-Savarin, Physiologie du goût, Flammarion, 2001, p.19.
4 ibid.
5 ブリア=サヴァラン著関根秀雄・戸部松実訳『美味礼讃』
(上巻)(岩波書店、1967年)23頁。
6 現代の宇宙論における「人間原理」のような、近代主観主義的な態度は、ブリヤ=サヴァランには、存在していない。彼は、そ
のような近代主観主義的人間中心主義を、原理的に超えているのである。
1 2 3 4 5 6
料理芸術本質論─その 1 ─ ─ブリヤ=サヴァラン美味学の美学的・哲学的考察─
ここには、近代主観主義的な人間中心主義は、全く
存在していない。そのようなものではなく、その反対
に、ここには、人間をその中の小さな一部とするとこ
ろの、極めて長大無辺な<存在の連鎖>に基づく<生
命の連鎖>の宇宙哲学がかいま見られると言っても良
いのである。
2 .知的行為としての食
ブリヤ=サヴァランは、この第 1 のアフォリズムに
続いて、 以下の第 2 のアフォリズムを定式化してい
る。
「 2 諸々の動物は、 むさぼり食らい、 人間は食べ、
ただエスプリをもった人だけが、食べる術を心得て
7
いる。」
動物はただ何も考えずにむさぼり食らうだけであ
り、普通の人間は、ただ必要に応じて栄養を摂取して
いるだけであるのに対して、才気があり能力のある知
的精神の持ち主だけが、食べ方を心得ていて、食べる
ということを知的に行うことが出来る、というこのア
フォリズムは、食べるという行為が、知的精神の考察
の正当な対象である、ということをも宣言していると
共に、食べ方にもいろいろなレヴェルがあるのであっ
て、 その食の在り方に、 その人間の知性が表れてい
る、ということを述べているのである。
食は、単に、感覚としての味覚や嗅覚などに関わる
感性的な営為にとどまるものなのではなくして、知性
や理性にも関わっている理性的な営為でもあるのであ
り、そのような総合性・統合性が、芸術としての料理
を生み出し、 支えている基盤なのであるということ
が、ここには示唆されているのである。美味芸術とし
ての料理芸術は、 感性的であるだけでは全く無くし
て、同時に、強く理性的でもある、ということが示唆
されているこのアフォリズムは、快不快の感情に美的
判断を先ず押し込めてしまうカント的な美学の限界を
はじめから超えている美学なのである。
3 .文明論的地平における食
この食の在り方に関して、ブリヤ=サヴァランは、
次のような文明論を展開している。
「 3 諸国民の運命は、それらの諸国民がどのように
して食べているのかというその在り方次第である。
」8
或る国の国民が滅びるのか、滅びないのかは、その
国民の食の在り方にかかっている、というこのアフォ
リズムは、食並びに料理の考察が、国家の存亡に関わ
るほどの重要なものであり、それを考察する学問は、
7 Brillat-Savarin, Physiologie du goût, Flammarion, 2001, p.19.
8 ibid.
9 ibid.
7 8 9
111
知的精神にとって、まさに為すべきものである、とい
うことを述べていると共に、根源的には、食が、哲学
的な地平においてだけではなくして、 政治的・ 社会
的・歴史的な地平においても、根本的な重要性をもっ
ているということを明らかにしている。
食並びに料理は、感性的であると同時に理性的でも
ある総合的なものであるが故に、文明の全体がそこに
はその本質を表しているのであって、本来的な<存在
の連鎖>と<生命の連鎖>に反するような食の在り
方、即ち、本来的な宇宙の在り方に反するような食の
在り方をしている国民の国家は、いずれ滅びざるを得
ない、ということが、ここには示唆されているのであ
る。
このアフォリズムは、飽食し、賞味期限の切れたも
のを大量に捨てていた、現代の日本の運命をも暗示し
ている力をもっている。確かに、今日の日本において
は、激しい経済的社会的格差の出現と共に、飽食とは
無縁な階層が出現しており、賞味期限の間近な食品を
回収してアウトレットにおいて販売している例も表れ
てはいるが、このような格差社会の出現自体が、かつ
て、飽食し、賞味期限の切れたものを大量に捨ててい
た日本の衰退の表れとも言えるのであって、ブリヤ=
サヴァランのこのアフォリズムは、確かに文明論的な
深い意味をもっているのである。
4 .生の総体を表すものとしての食
この文明論的地平から、 個別の人の生き方の地平
に、論点を移したものが、次の第 4 のアフォリズムで
ある。
「 4 君が何を食べているのかを私に言ってくれたま
え。そうすれば、私は、君がどのような人であるの
9
かを、君に言ってあげよう。」
これこそ、ブリヤ=サヴァランのアフォリズムの中
で、最も人口に膾炙したものの一つである。人は、食
べているものによって、どのような人であるかを判断
される、というこのアフォリズムは、少なくとも、社
会的階層の差の観点と、人生論的・食哲学的な観点の
二つの点において意味をもっている。
社会的階層の差の観点から言えば、その階層差は、
食・ 料理の全面にわたって違いを生んでいるのであ
り、高度に手の込んだ高級食材料理を食べることの出
来る階層と、それが出来ない階層の食・料理の差は、
決定的な差であり、また、例えば、現代日本の都市に
いて、高級スーパーで、高価で安全な無農薬野菜を毎
日購入できる階層と、そうでない安価な野菜を普通の
スーパーで買わざるを得ない階層の食・料理の差も、
青 山 昌 文
112
決定的な差なのである。
もちろん、美味という点から言えば、新鮮な採れた
ての野菜を直ちに食する農家の人の料理の方が、ある
程度の都市のレストランで供される平均的なレストラ
ン料理よりも、美味であることは十分にあり得ること
であり、この点においては、収入に基づく階層差が表
れていないとも言えるが、しかし、それは、素材自体
の美味に特化した点において言えることなのであっ
て、 高度に手の込んだ料理の次元においては、 やは
り、収入に基づく階層差は、厳然として存在している
のである。そして、更に言うならば、高級レストラン
料理においては、新鮮な採れたての野菜を直ちに料理
すること自体が当然のことなのであって、美味の追求
は、その当然のことのうえに立って、更にいかに高度
に手を加えて、より美味なものを生み出すか、という
次元において為されているのであり、この点において
は、圧倒的に、収入に基づく階層差が、厳然として存
在しているのである。「何を食べているのか」という
ことは、この意味において、その人の社会的・経済的
階層を如実に示しているのであって、食・料理は、こ
の点においても、その人の生を深く反映しているので
ある。
人生論的・食哲学的な観点から言えば、ブリヤ=サ
ヴァラン自身が次のような記述をこの『味覚の生理
学』の中でしている。
「
(レストランの中の)もっと遠くの方には二人の恋人
達がいる。(…)快楽が二人の目の中で輝いている。
彼らが選んだ料理のコースのいろいろな皿の組み合
わせ方の選択によって、現在は、過去を言い当てる
のにも役立ち、また、未来を予測するのにも役立つ
のである。
」10
即ち、レストランで、二人がどのような料理を選択
するかを見れば、現在の二人の選択によって、二人の
過去も分かり、未来も分かる、とブリヤ=サヴァラン
は語っているのである。
今、何を食べるのか、また、何を食べたいのか、と
いう人間の意志と欲望は、それまでにその人が歩んで
きた人生によって規定されており、そのそれまでの人
生の集約されたものが否応なしにその選択に表れるの
である。また、その人生の集約された意志と欲望は、
その人の将来の進んでゆく方向をも確かに指し示して
いる面をもっているのである。
ある種の偶発的契機によって、突然、財力に恵まれ
た人は、財力をもった途端に、高級レストラン料理を
堪能するということは出来ないのであり、高級ワイン
を堪能することも出来ないのである。高級ワインの味
は、それより下の様々なレヴェルのワインの味を知っ
10 ibid., p.279.
11 ibid., p.19.
10 11
た上でなければ、正当に深く味わうことが出来ないの
であり、高級レストラン料理の味も、それより下のレ
ストラン料理の味を知った上でなければ、正当に深く
味わうことが出来ないのである。 美味を味わう能力
は、少しずつ美食の経験を積み重ねてゆく中で、少し
ずつ備わってゆくものであり、一挙に段階を飛び越え
ることは出来ないのである。美味を味わう能力は、こ
の点において、それまでにその人が歩んできた人生に
よって規定されており、そのそれまでの人生の集約さ
れたものが否応なしに、その料理の選択に表れざるを
得ないのである。そしてまた、この、それまでの人生
の集約が、その人のそれから先の人生の方向を必然的
に指し示していることも言うまでもないことである。
人が抱く希望も意志も、それまでの自分の人生の上に
立って、生まれ出るものであり、また、人が何を為し
うるか、ということも、それまでの人生の蓄積のうえ
に立って、その可能性があり得るのである。
食並びに料理は、その人の身体を生物学的に形成し
ているだけではなくして、その人の人生そのものの集
約体の表現なのであり、その人の経験そのものの集蔵
体の表現なのであって、それ故に、その人の人格その
ものを指し示しているものなのであり、その人の過去
と未来を指し示しているものなのである。
5 .食の倫理と快楽
ブリヤ=サヴァランは、このような人格論のうえに
立って、更に、食の根源的な倫理の地平に論を展開し
てゆく。その第 5 のアフォリズムは、次のようなもの
である。
「 5 創造主は、人間に、生きるために食べることを
余儀なくさせるのであるが、 彼は、 食欲によって、
人間にそのことを行うように促し、 快楽によって、
11
人間にそのことの褒美を与えるのである。」
この宇宙を作った神は、生きるために食べることを
人間に強いるのであるが、 その強制の仕方は、 人間
に、食欲を与えることによって、人間がそれにつられ
て、生きるために食べることを自ら為すように仕向け
るのであり、また、生きるために食べることを為した
時に、人間に快楽を与えることによって、その行為を
為した褒美を与えるのである、というこのアフォリズ
ムは、「生きるために食べること」自体は、ただそれ
だけでは、人間にとって、自らは為したくない、不本
意な行為である、ということを強く暗示している点に
おいて、極めて注目すべきアフォリズムである。
「生きるために食べること」自体が、快楽なのでは
なく、むしろ、不本意な行為であり、神によって強制
されなければ、人間はその行為をなすことに消極的で
料理芸術本質論─その 1 ─ ─ブリヤ=サヴァラン美味学の美学的・哲学的考察─
あるということは、いかなることを意味しているので
あろうか。それは、実は、極めて本質的な倫理的次元
の問題を示唆している可能性をもっているのである。
即ち、生命体が、他の生命体の生命を奪うということ
が、食の根源的な在り方であり、そうであるが故に、
知的精神をもった人間にとって、その行為自体が、不
本意な行為である、ということを意味している可能性
があるのである。
そして、もしそのような、非近代的・非人間中心主
義的な、自然・宇宙に対して謙虚な精神を、このアフ
ォリズムが、含意しているとしても、しかし、それで
も、人は、そのことを承知の上で、それでもやはり、
「生きるために食べること」を、確かに行わざるを得
ないのであって、そのために、食欲と快楽が、存在し
ている、 とブリヤ=サヴァランは、 ここで語ってい
る、とも言えるのである。もし、そうであるならば、
ブリヤ=サヴァランの美食学は、かなり深い哲学的意
味をもっていると言えるであろう。
6 .美味判断力
ブリヤ=サヴァランは、経験の集蔵体としての、人
間の美味判断力について、次のような 第 6 のアフォ
リズムを記している。
「 6 グルマンディーズは、私たちの判断力の一つの
現実態である。その判断力によって、私たちは、味
覚にとって心地よいものの方を、その性質をもって
12
いないものよりも、好んで選ぶのである。」
「グルマンディーズ」(gourmandise)とは、単に一
般的な「大食いの旺盛な食欲」という意味ではない。
「グルマンディーズ」は、ブリヤ=サヴァラン自身に
よって、『味覚の生理学』において、以下のように定
義されているのである。
「グルマンディーズとは、味覚を満足させ楽しませる
ものへの、情熱的で、十分に考え抜かれた、習慣的
13
な、愛に満ちた好みである。」
ここに明確に語られているように、<情熱的に、そ
して同時に理知的に、常に持ち続ける、美味への深い
愛>が、
「グルマンディーズ」なのであって、
「社交的
グルマンディーズ」は、「アテネの優雅さとローマの
豪奢とフランスの洗練された繊細さを一つにまとめた
14
(…)一つの徳」
とも言いうるほどの素晴らしいもの
なのである。
(このブリヤ=サヴァランの言葉に関連
して、一言だけ付言しておくならば、ブリヤ=サヴァ
ランは、ローマの美食を決して批判的に捉えている訳
ではない。ここに明らかなように、ローマの美食は、
「豪奢」 さにおいて際だった素晴らしいものとして、
ブリヤ=サヴァランによって、 語られているのであ
る。)
この「美味愛」 が、「味覚にとって心地よいもの」
を、 そうでないものよりも「好んで選ぶ」
「判断力」
の「現実態」である、ということの意味は、そのよう
な美味に関する判断を、(初めは試行錯誤的ではあれ)
現実に行使し続けた経験の蓄積の結果として、<可能
的な力として、 人にもともと潜在している美味判断
力>が、遂に現実の力を実際に的確に発揮する能力を
持ち始め、そして、その能力の行使の経験の蓄積の結
果として、最終的に、<現に美味を的確に判断し愛す
る力>が、その人に現実に備わった、ということを意
味しているのである。美味なるものを食べ続ける経験
の長大な蓄積の結果として、人は、簡単に言えば「味
の分かる人」となりおおせ、その人は、<情熱的に、
そして同時に理知的に、常に持ち続ける、美味への深
い愛>を持つに至るのである、ということが、ここで
語られているのである。
このアフォリズムの原文にあるun acte de notre jugementを、
「判断の一行為」15と普通に訳したり、ある
いは、ここの個所を「グルマンディーズはわれわれの
16
判断から生まれる」と訳することは、人間の主観的な
個々人の判断が美味への愛を生み出し決定する、とい
う、近代主観主義的なニュアンスを帯びさせてしまう
危険性をもっており、避けるべきである。ブリヤ=サ
ヴァランの提唱する美味学が、単なる個人の主観的で
趣味的な好みという近代主観主義的な小さなものでな
く、それを遙かに超える宇宙論的な広がりと深さをも
っているからには、これらのような訳ではその意味を
十分に捉えることが全く出来ないのであって、アリス
トテレス哲学の「現実態」とun acteを捉えることこ
そが、ブリヤ=サヴァランの真意を捉えることになる
のである。
7 .食の快楽の特性
ブリヤ=サヴァランは、他の快楽とは異なる、食の
快楽の際だった素晴らしい特性について、第 7 のアフ
ォリズムにおいて、次のように語っている。
「 7 食卓の快楽は、全ての年齢、全ての身分、全て
の国、全ての日のものである。その快楽は、他の全
ての快楽と共にあることが可能であり、そして、他
の全ての快楽が無くなってしまった後でも、最後ま
で存在し続けて、その、他の全ての快楽が無くなっ
12 ibid.
13 ibid., p.141.
14 ibid.
15 ロラン・バルト、ブリヤ=サヴァラン著松島征訳『バルト、<味覚の生理学>を読む』
(みすず書房、1985年)51頁。
16 ブリア=サヴァラン著関根秀雄・戸部松実訳『美味礼讃』
(上巻)
(岩波書店、1967年)23頁。
12 13 14 15 16
113
青 山 昌 文
114
てしまったことを慰めてくれるのである。」
17
アフォリズム 4 で示唆されているように、社会的階
層の差は現実に大きく存在しているのであるが、しか
しそれでも、各々の階層に属している人々は、それな
りに全員、レヴェルの差はあっても、確かに食卓の快
楽をもっているのであり、この、食卓について食事を
とるという快楽は、レヴェルの差はあっても、全ての
年齢の人が毎日もて、全ての身分の人が毎日もて、全
ての国の人が毎日もてる快楽なのである。その上、こ
の快楽は、他の快楽があってもそれによって減少する
こともなく、また、年齢的あるいは健康上の問題など
によって、他の快楽が味わえなくなってしまった後で
も、最後まで味わえる素晴らしい快楽なのである。こ
のアフォリズムは、食卓について食事をとるというこ
とが、 人間にとって、 如何に根源的な快楽であるの
か、ということを見事に語っているアフォリズムなの
であり、自らの生の根源を支えることが、生命体にと
って如何に根本的な快楽であるのか、ということを見
事に語っているアフォリズムなのである。
8 .食の快楽の持続性
ブリヤ=サヴァランは、このような素晴らしい食の
快楽であっても免れない限界について、第 8 のアフォ
リズムにおいて、次のように語っている。
「 8 食卓は、初めの一時間の間、人が決して退屈し
18
ない唯一の場所である。
」
ブリヤ=サヴァランが生きた時代は、ロシア式サー
ヴィスが紹介され始めた時代に及んではいるが、フラ
ンス式サーヴィスが行われていた時代が長く、フラン
ス式サーヴィスでは、食卓にはあらかじめ第一セルヴ
ィスとして多数の料理が一面に並べられていた。
「初
めの一時間の間」というのは、その多数並べられてい
た料理の中から、各人が自分の好きな料理を、好きな
だけ、自分で取り分けて食べる快楽が、
「初めの一時
間の間」続く、ということを意味している可能性があ
るのである。食卓には、次の第二セルヴィスの料理が
運ばれてくるまで、新しい料理は追加されない訳であ
るから、各人が自分の好きなものを十分に食べてしま
った後は、確かに、
「退屈」するかもしれないのであ
る。 このアフォリズムにおける「退屈」 は、 この場
合、新しい料理が来ないことから発生する「退屈」と
なり、前のアフォリズム 7 であれほど称揚された食卓
の快楽といえども、既に食べるべきものを十分に食べ
てしまった直後には、失せてしまい、短期的期間内に
おける持続性において欠ける面をもっている、という
ことが語られているのである。
(付言するまでもなく、
17 Brillat-Savarin, Physiologie du goût, Flammarion, 2001, p.19.
18 ibid.
19 ibid.
17 18 19
長期的期間内における持続性においては、アフォリズ
ム 7 において語られているように、食卓の快楽は、他
の快楽よりも遙かに長い持続性をもっているのであ
る。)
9 .料理における創造の問題
ブリヤ=サヴァランは、料理芸術における創造の真
の在り方について、第 9 のアフォリズムにおいて、次
のように語っている。
「 9 新しい一皿の料理の発見は、人類の幸福にとっ
て、 一つの星の発見よりも、 より有効なものであ
19
る。
」
これも、アフォリズム 4 と並んで、ブリヤ=サヴァ
ランの名を大いに高らしめた有名なアフォリズムであ
る。
ここで極めて注目すべきことは、ブリヤ=サヴァラ
ンが、
「新しい一皿の料理の創作(création)」ではな
く、「新しい一皿の料理の発見(découverte)」と言っ
ていることである。 これは単に、
「一つの星の発見」
にあわせて、「発見」という方が文体上すわりがよい
などということではない、より哲学的な深い次元の、
深い意味をもっている言葉の選択なのである。
即ち、ブリヤ=サヴァランは、ここで、人間には、
「無からの創造」(creatio ex nihilo)のような、真正の
意味での創造は、不可能なのであって、人間に可能な
のは、既に存在しているもの同士の組み合わせを変え
ることでしかなく、それは、存在論的には、既に存在
しているものを、新たな角度から、発見し直すことな
のである、と語っているのである。例えば、ロビュシ
ョンのまさに傑作と言える真に新しい料理の『キャビ
アのジュレとカリフラワーのクリーム』も、キャビア
やカリフラワーや仔牛の脚などの既に存在しているも
のの新しい組み合わせの発見なのであって、決してロ
ビュションが、神のごとくに、あるいは、近代主観主
義の「天才」のごとくに、
「創造」したものではない
のである。
ここにおいて明らかなように、ブリヤ=サヴァラン
は、 決して、 近代主観主義者ではないのである。 彼
は、ドイツの近代主観主義美学者たちが、ロマンチッ
クな「天才」の「創造」の神話を声高く喧伝していた
時代にあって、世界の実相に実在論的に深く迫ってい
た、実在論的な思想家であったのであり、既に存在し
ているものの、新たな組み合わせにおける発見を、真
正なる意味における創作行為と喝破する、古典的な意
味でのミーメーシス哲学者であったのである。
料理芸術における創造とは、まさにブリヤ=サヴァ
料理芸術本質論─その 1 ─ ─ブリヤ=サヴァラン美味学の美学的・哲学的考察─
ランがここで述べているように、言葉の深い意味にお
ける「発見」なのであり、そして、このような創造の
本質は、実は、料理芸術に限らず、他の諸芸術におい
ても、同様なのである。芸術における創造とは、ミー
メーシスにほかならないのであって、ミーメーシスと
は、既に存在しているものの新たな発見としての再現
20
にほかならないのである 。その発見は、世界の長大
無辺な<存在の連鎖>に基づく発見なのであって、料
理芸術は、その中の更なる<生命の連鎖>に特に基づ
く発見なのである。
(アフォリズムの第10以下は、以上の第 9 までのアフ
ォリズムとは異なって、酔っぱらってしまうことは、
飲み方を知らないことである21とか、飲み物を飲む順
115
序は、最も穏やかで弱いものから始めて、最も頭を
くらくらさせ、最も香しく香りの強いものへと進む
22
べきである 、などというような、より実際的なアド
ヴァイスの意味合いが濃いものであり、美学的・哲
学的に深い考察は、以上の第 9 までのアフォリズム
において述べられている。それ故、ブリヤ=サヴァ
ランの美味学を対象とする、料理芸術本質論の考察
としては、ここで、とりあえず、終えることとした
い。尚、本論文は、拙編著『社会の中の芸術』
(放送
大学教育振興会2010年)の第15章「料理芸術につい
ての言説」の一部と内容が重複しているが、本論文
の方が、いくつかの点においてより詳しく論述して
いることをお断わりしておきたい。
)
(2009年11月 2 日受理)
20 芸術が、このような意味においてミーメーシスである、という点については、私の著書、青山昌文『改訂版 芸術の理論と歴史』
(放送大学教育振興会、2006年)を参照されたい。
21 Brillat-Savarin, Physiologie du goût, Flammarion, 2001, p.20.
22 ibid.
20 21 22
Fly UP