...

月報第600号 2012年6月

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

月報第600号 2012年6月
東京バッハ合唱団 月報
BACH-CHOR, TOKYO
[第 600 号]2012 年 6 月号
June 2012
〒156-0055 東京都世田谷区船橋 5-17-21-101
Monthly Newsletter No.600
―
郵便振替:00190-3- 47604
5-17-21-101 Funabashi,
Setagaya-ku, Tokyo
Tel:03-3290-5731
Fax 専用:03-3290-5732
mail: bachchortokyo@aol.com
http://bachchor-tokyo.jp/
1
友あり 四方より集う 楽しからずや
合唱団の 50 年の誕生日
大村 恵美子
学生の頃から始めた合唱団が、戦後の日本を生きぬ
じり回さず、自然のままに尊重せよ、あたりまえの付
いて、50 年の誕生日を迎えることになりました。
き合いで日常生活の安定を生み出せ……、こんなこと
来たる 7 月 8 日の記念懇親会には、1950 年代に識り
を、一人でも多くの同時代人と合意しあいたい。それ
あって今日に至るまで、変わらぬ友情で見守ってくだ
だけなのです。
さった畏友方のお一人、86 歳の笠原芳光先生が、ここ
3.11 を期して、ぜひこういう日本に変わりたい。そ
ろよく講演をお引き受けになられて、奥様ともども神
のような念願とともに、7 月 8 日のみなさまとの出会
戸からいらしてくださいます。
いを待ちのぞみます。
題して「逆説とは、なにか? ―宗教より宗教的な
もの」。
笠原先生は、なんどか私に、以前につくったパンフ
いま、昨年の 3.11 以来、「神も仏もあるものか」と
レットがおもしろかった、と言ってくださいました。
いう内心の疑念が、日本中にゆきわたっています。キ
それは、2004 年の創立記念懇親会の引き出物にと、私
リスト教界でも、
〈エキュメニズム〉を高唱しつつある
が用意した小冊子で、当時、翻訳(英→日)が出版さ
昨今ですが、私自身は、とてもそんなものでは、今の
れたばかりの鈴木大拙著『神秘主義―キリスト教と仏
地球状況には間に合わない、とますます感じてきてい
教』から、気にかかったところを抜粋・引用しただけ
るところです。キリスト教諸教派間で、既成の教義中
のものです。問題の多い内容のものですが、私はそれ
の、あれはだめ、これはいい、などと小手先の妥協を
以来 8 年間、あらためて笠原先生のご感想、ご意見を
すり合わせているだけで、何十億の地球住民を相手に、
伺いたいと、思いつづけていました。今回のお話の内
何ができるのでしょうか。世界大戦が終わったあと、
容と無縁ではないと信じますので、くどいようですが、
アジア・アフリカの解放に大きな夢をいだき、植民地
当時の体裁のまま、皆様にもお目通しいただき、懇親
の独立がつぎつぎと現実化され、私たち日本人は、平
会当日の接点を見出すよすがにでもなればと、この月
和憲法をいちはやくかざして、世界中に生きる喜びを
報に同封させていただきます。
種まいて回ろうと、心底から誓ったものでした。
笠原先生、おわずらわしいでしょうか。それとも、
ところが、21 世紀に入っても、戦時中よりはるかに
この思惑に乗っていただけるでしょうか。
多数の紛争の犠牲者が山と積まれ、国内、隣国間、そ
してイデオロギー・宗教・民族の対立地域間で、人類
先月号(599 号)の三浦隆様(後援会員・元団員、
史上もっともエスカレートした殺し合いが、性懲りも
大船渡市議会議員)の文章「希望のありか ― 3.11 を
なく、日々激化しているのです。
こえて」に、蓋あけしていただいた思いで、心をとき
高さを競うバベルの塔建築に余念のない人間たち
めかしています。(主宰者)
は、地面から動植物をつぎつぎと死に絶えさせ、海や
月報 CONTENTS
地下に汚染を一気にまき散らして、うすぎたない貧民
[第 600 号]2012 年 6 月
同胞たちの命を、金に換えて儲けようとするばかり。
・「《マタイ受難曲》、入門の入門。」演奏会に参加して
ただ自分自身の命だけは安全とばかりに除外する愚か
p.2
・《マタイ受難曲》、入門の入門。はじめに(レジュメ) p.3
さには、驚くほかありません。
・ドイツ大使館ご挨拶 創立 50 周年記念公演に寄せて
私は、どんな宗教組織も、どんな政治制度も信用し
p.4
<同封>
ないアナーキスト風人間で、理屈の整合性には、もは
冊子「創立 42 周年によせて」/ 50 周年懇親会ご案内(返信は
や興味がなくなりました。ただ、こどもは無事に育て
がき)/第 107 回定演チラシ/《マタイ》児童合唱団員募集
よ、おとなは生きがいを感じて働かせよ、年寄りは安
●ガリ版刷りから始まった当「月報」、めでたく 600 号を迎え
心して最後の眠りにつかせよ、地球も宇宙も余計にい
ました。12 ヵ月×50 年=600 号。HP新装オープンです。
1
「《マタイ受難曲》、入門の入門。」
の演奏会に出演して
高井 卿介(団員・テノール)
私は今年の 4 月に当合唱団に入団して《マタイ受難
曲》の練習を始め、本日の入門の入門の演奏会に出演
するという大変無謀なことを致しました。それ以前に
は、某合唱団に昨年の 10 月に入団して《ヨハネ受難
曲》のドイツ語での練習に参加、今年の 3 月の演奏会
に出演するという、これも大変な無謀なことをしたと
■リハーサル風景(撮影・松尾茂春)
思っております。
私はプロテスタント・メソジスト系の牧師をして 50
《マタイ受難曲》、入門の入門。
日時:5 月 19 日(土)14:00 開演
会場:日本キリスト教団・荻窪教会
合唱と朗読:東京バッハ合唱団、オルガン:金澤亜希子
指揮/訳詞:大村恵美子
主催:東京バッハ合唱団(入場無料)
年になろうとしております。現在は川崎市の小さな教
会で牧会をしており、毎週の礼拝(日)と祈祷会(木)
の説教や月一度の家庭集会や聖書研究会での話をしな
ければなりません。世間的な表現では「老骨に鞭を打
って」忙しく励んでおります。
抜粋(日本語演奏)
合唱=1,29,68
レチタティーヴォ=19,67
コラール=(1),3,10,15,17,(19),25,(29),32,37,40,44,
46,54,62
というわけで、毎週の練習は肉体的に無理なので、
今年 3 月で合唱は辞めようと思っていました。ところ
が当団のホームページを見て、日本語でバッハを歌い、
現在は《マタイ受難曲》の練習をしていることを知り、
《ヨハネ》を歌ったのだから《マタイ》も歌いたいと
ったく興味をもてなくて、演奏会で歌っていても白け
いう心を抑えきれずに、つい目白の練習を見学してし
た気分でした。
そのころ、以前の教会の会員が団員であった某合唱
まった次第でした。それが本日の演奏会の出演となっ
団の《ヨハネ受難曲》の練習の見学で聞いたドイツ語
たわけでした。
の歌詞が、〈クロイツィゲ・クロイツィゲ(kreuzige!
私は若いころから気が向くときには、フルートでバ
kreuzige!)〉と、民衆がピラトにイエスを十字架につ
ッハの《G線上のアリア》、《主よ人の望みの喜びよ》、
けることを求める叫びだったのでした。
「ああ、これは
《管弦楽組曲 2 番》など「下手の横好き」で吹いてお
聖書のことばだ! どうせドイツ語で歌うのなら聖書
りました。そしてバッハの器楽曲のCDを集めて楽し
のことばを」と思い、その合唱団に入団したのでした。
み、
《平均律クラヴィーア曲集》、
《ゴールトベルク変奏
しかし、ドイツ語で歌っていても、簡単な単語は理解
曲》、《フーガの技法》、《アンナ・マクダレーナ・バッ
できても、長い文章は、歌いながら頭の中では忙しく
ハの音楽帳》等々、いろいろな演奏者で聞いておりま
翻訳しながら歌っているので、音程もリズムも狂い、
した。
何よりもバッハの伝えようとしたメッセージを味わう
にはほど遠い有様でした。
それが今は、バッハの声楽曲、とくに「教会カンタ
ータ」を聞かない日はない、“カンタータな日々”“カ
そのような時、当団のホームページのなかで大村恵
ンタータの森を歩む毎日”ということになっておりま
美子先生の「日本語でバッハを歌う」という文章を読
す。そのきっかけを作ってくださったのが私たち家族
んで、全く同感しました。これを讃美歌に置き換えて
のホーム・ドクターのクリスチャンの女医さんでした。
もよいと思います。
〈慈しみ深き 友なるイェスは〉
(讃
私がクラシック音楽が好きで、その先生もご自分の教
美歌 312)を What a Friend we have in Jesus と歌っ
会の聖歌隊の指揮をしておられ、指揮者・西本智美の
ても、イエス様を身近に思うことは出来ません。それ
ファンなので素人も参加できる、西本智美指揮の第九
にくらべ、本日の演奏会でも歌ったいくつものコラー
コンサートに一緒に参加を誘われました。そこでドイ
ルの歌詞は、ストレートに私の心に入ってきて、私は
ツ語で合唱の練習に参加しているうちに、シラーの歌
何度も心の中で「アーメン」と言ったことでした。ま
詞の意味がだんだんと分かって来ると何か虚しさを感
た、ただ単に日本語であればよいというものではなく、
じるようになりました。ザイト・ウムシュルンゲン・
大村恵美子先生の日本語は一昔前の「文語体聖書」の
ミリオーネン・ディーゼン・クス・デル・ガンツェン・
格調の高い日本語であることが、私にとってはとても
ヴェルト(受けよ・わが抱擁を・幾百万の人々よ・こ
ピッタリなのです。なぜなら、私が信仰をもったのは
の口づけを・全世界に)、私はこの様な詩の世界にはま
文語体聖書をつかう教会でのことであり、3 年間の神
2
学校も文語体聖書で学んだので、文語体のことばが私
さなかの牧師によって作られたものです。彼はバッハ
の血となり肉となっているからです。
が生まれる 10 年ほど前に亡くなっています。われわれ
一般の市民はそんなことは知りませんが、とにかくバ
さて、本日の《マタイ受難曲》の抜粋演奏の中のコ
ッハがこの詩人を好んだように、この人のコラールは
ラールに、5 回、讃美歌 136〈血潮したたる、主のみか
われわれ(ライプツィヒ市民)の間でも大人気で、受
しら〉の曲がありました(第 15,17,44,54,62 曲)。
難節の今は、どの家庭でも朝から晩まで、何節にもわ
私はそのメロディーを聞きたくてソプラノさんの方に
たって歌い親しまれています。ほかの受難節コラール
耳を傾けていましたが、今ひとつ響いて来なかったの
も同様です。
が残念でした。なお、バッハはよほどこのメロディー
レチタティーヴォやアリアの部分にあたる自由詩
が好きとみえて、私が聞いた下記のカンタータに使わ
は、ライプツィヒ時代のバッハに多くの歌詞台本を提
れていました。
供することになる、ピカンダーという詩人によって書
①《クリスマス・オラトリオ》
き上げられました。福音書の記事のどこにコラールを
② BWV135《ああ主よ、あわれなる罪人のわれを》
挿入し、どこでアリアを歌わせ、という進行全体をピ
③ BWV153《主よ 見たまえ わが敵は》
カンダーが指示したのか、バッハが主導したのかは、
④ BWV159《見よ、われらエルサレムに上り行かん》
よく分かりません。いずれにしろ、今週の金曜日(1727
⑤ BWV161《来たれ、汝甘き死の時よ》
年 4 月 11 日)に、トーマス教会の受難礼拝で初演を聴
まだ他にもあるかも知れませんが……。
くまでは、これらの自由詩部分だけが、われわれの耳
最後に聖書の朗読で感じたのは、小海基牧師のすば
に新しい素材となるわけです。
らしいイエス役でした。さすがプロだと思いました。
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」が今も私の耳に残
⦿本日のコンサートのねらい
っています。(妄言多謝)
というわけで、《マタイ受難曲》の二つの柱である
福音書とコラールとは、バッハにとってもわれわれに
とっても、同じ親しみをもって共有されています。わ
れわれは、エヴァンゲリストの語りは、すみからすみ
《マタイ受難曲》、入門の入門 。
まで知り尽くしていますし、コラールの旋律が鳴り出
はじめに(レジュメ)
せば、歌詞が口をついて出てきます。演奏の途中で弁
当を食べていても、気に入りの場面になれば、さっと
⦿受難曲の 3 種類の素材
振り返って、おとわや!と声をかけるのです。そうで
バッハが、《マタイ受難曲》を作曲しようとしたと
はない人がいる、ということを、トーマス学校の執務
き、彼の前に置かれた素材は、福音書、コラール、自
室で最後の仕上げにかかっているカントールは、想像
由詩、の 3 種類のテクストでした。
することすらできないでしょう。
きょうは、受難節を迎えているライプツィヒ市民に
きょうのコンサートのねらいは、作曲家と聴衆が共
なったつもりで、彼の仕事場を想像してみていただき
有している素材に親しむことによって、300 年前のラ
ます。
イプツィヒ市民が《マタイ受難曲》の初演に立ち会う
福音書は、福音書記者(エヴァンゲリスト)マタイ
前の、こころの財産の状況に、わずかだけでも近づい
によって書かれた(とされる)受難の記事の全文、す
ておいてみようとするものです。
なわち「イエスはこれらの言葉をすべて語り終えると
福音書は、団員が配役を分担して、われわれの言語
…」
(26 章 1 節)から、
「そこで、彼らは行って墓の石
で朗読します(新共同訳)。コラール(大村恵美子訳詞)
に封印をし、番兵をおいた」
(27 章 66 節)までで、こ
は、オルガン伴奏でまず合唱団がうたい、ひきつづき
れはルター訳のドイツ語で書かれています。われわれ
皆さんと一緒に繰り返して歌います(台本と楽譜があ
の国語はドイツ語ですから、こどものころから読み聞
らかじめ聴衆に配られている)。このスタイルは、「受
かせられて耳になじんでいる、受難の物語がそこにあ
難楽」が成立する過程で、ごく自然に試みられていた
ります。バッハは、
〈イエス かたり終えたるのち〉
(上
ものであることを付け加えておきます。
の箇所の大村訳)と読み上げながら、節をつけていき
お帰りになったあとも、台本の福音書の記事を追い
ます。
《マタイ受難曲》の物語は、このエヴァンゲリス
ながら、コラールに親しんでおいてください。本番は
ト(テノール)によって、つぎつぎと朗唱されながら
来年 3 月 30 日、紀尾井ホールで、もちろん全曲を、ソ
進行していきます。
リスト、オーケストラとともに演奏します。みなさん
コラールは、曲中に全 15 回登場することになりま
は、バッハが望んだとおりの、
《マタイ受難曲》の理想
すが、そのうちの7回が、パウル・ゲールハルトとい
の聞き手になっていらっしゃるはずです。では、来年
うルターの改革から1世紀をへたドイツ三十年戦争の
の受難節にお目にかかりましょう。(大村健二)
3
次回公演のご案内
創立 50 周年記念公演[2]
第 107 回定期演奏会
●日時:
2012 年 11 月 9 日(金)
19:00 開演
●会場:
杉並公会堂大ホール
●演奏曲目:
《クリスマス・オラトリオ》第Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ部
カンタータ第 71 番《主は わが君》
●後援:
ドイツ連邦共和国大使館
当月報に、チラシを同封いたしました。演奏者等の
詳細は、そちらをご覧ください。
●チケット発売開始:
前売り 3500 円 全席自由席
ご挨拶
(当日 4000 円)
事務局までお申込みください。郵便振替用紙を同封
のうえ、お送りいたします。
創立 50 周年記念公演に寄せて
後援会員の皆様には、9 月中に、招待状をお届けい
たします。今からご来場のご予定をお願いします。
ドイツ連邦共和国大使館 広報文化部長
ピット・ヘルトマン
このたび、東京バッハ合唱団が創立 50 周年を迎え
練習スケジュール(再録)
られますことを大変うれしく思います。長い伝統を誇
5 月 21 日(月)より
練習開始
《クリスマス・オラトリオ》第Ⅰ-Ⅲ部、カンタータ第
71 番《主は わが君》 (新規、OB/OG 参加歓迎)
る同合唱団は、1962 年の創立以来、J.S.バッハの作品
に専念し、200 回以上のコンサートと数多くのドイツ
公演を開催されました。そのコンサートは幅広い評価
を得ており、日本の演奏界において確固たる位置を占
8 月中の通常練習は夏季休暇
めております。
特筆すべきは、東京バッハ合唱団を 1962 年に創設さ
8 月 2 日(木)~5 日(日)
野尻湖合宿
野尻レイクサイドホテル(旧・野尻湖ハウス)
(参加、滞在期間、宿泊先とも自由。詳細は続報)
8 月 4 日(土)
野尻湖コンサート、16:00 開演、神山教会
《クリスマス・オラトリオ》前半抜粋、他
れ、バッハの作品を数多く日本語訳された指揮者・大
村恵美子様の多年にわたる多大なご功績です。同合唱
団のコンサートは、音楽分野における日独交流の多彩
さを支える大切な支柱であります。日独両国間の音楽
の絆はすでに密接なものでありますが、これを礎とし
て、今後なお一層、緊密なものになると確信しており
8 月 11 日から 4 回の土曜
《マタイ受難曲》短期強化練習
4 回とも 13:00‐18:00、5 時間、会場=荻窪教会
8/11(土)第 1 部(第 1 曲~第 29 曲)
8/18(土)第 2 部(第 30 曲~第 68 曲)
8/25(土)小合唱中心
9/1(土)全体仕上げ (新規、OB/OG 参加歓迎)
ます。
このたびの創立 50 周年記念コンサートは、ドイツ
連邦共和国大使館後援のもとに開催されますが、この
ことを喜ばしくかつ誇りに思います。本公演で多くの
熱意とご尽力をもって格別の音楽を披露される、出演
の皆様と主催者の方々に賞賛と感謝の言葉を捧げます。
9 月 3 日(月)より
練習後期開始(土曜会場は荻窪教会に変更)
《クリスマス・オラトリオ》第Ⅰ-Ⅲ部、カンタータ第
71 番《主は わが君》 (新規、OB/OG 参加歓迎)
ご来場の皆様には、素晴らしい音楽を満喫されますこ
とを願いますとともに、演奏者と主催者の皆様にはコ
ンサートの大いなるご成功をお祈りしております。
4
Fly UP