...

三菱レイヨングループ CSR報告書 2010

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

三菱レイヨングループ CSR報告書 2010
三菱レイヨングループ MITSUBISHI RAYON CO.,LTD.
報告書
C
S
R
2
0
1
0
三菱レイヨングル ープ
CSR 報 告書
MITSUBISHI RAYON GROUP
CSR RE PORT
2010
〒 108-8506 東京都港区港南一丁目 6 番 41 号(品川クリスタルスクエア)
三菱レイヨン株式会社
広報・IR 室
TEL 03-5495-3100 FAX 03-5495-3184
http://www.mrc.co.jp
A(
- 2)-060002
この印刷物に使用している用紙は、森を元気にする
ための間伐と間伐材の有効活用に役立ちます。
20100910000(IR)A
中核事業と成長事業をグローバルに
展開する三菱レイヨングループ
三菱レイヨングループは、MMA(メタクリル酸メチル)
系事業を主要事業としています。
また、
高分子
化学メーカーとしてAN(アクリロニトリル)系事業も展開しています。2009年5月にMMAの世界
No.1メーカーである英国の化学会社ルーサイト・インターナショナル・グループ・リミテッド(ルーサ
イト社)を迎え入れ、当社グループはMMAモノマーで世界シェアNo.1になりました。今後は、合成
繊維や合成樹脂で培った高分子技術を応用し、
中空糸膜、
光ファイバー、
炭素繊維などの新たな事業を
展開していきます。
三菱レイヨングループの可能性
● 生産能力 世界 No.1
MMA モノマーの生産能力を年産 48.7 万トンから年産 135.6 万トンに拡充。
さらに 2015 年までに年産 25 万トンの増設を予定しています。
● アジアにおける水環境事業 のリーディング・カンパニー
グローバル企業とのアライアンスを活用し、膜水処理会社のアジア No.1 を目指します。
● 時代のニーズに応える炭素繊維でバリューチェーンを拡充
需要増が見込まれる炭素繊維は、軽量化効果が大きく CO 2 削減にも貢献します。
● 機能性アクリルとアセテートを核とした世界でもユニークな
化合繊メーカー
長年培ってきた技術を活かし、快適なライフスタイルを提案します。
事業構成比
英国
ルーサイト社
22%
25%
アセテート、
機能膜事業その他
炭素繊維・複合材料事業
6%
59%
10%
アクリル 繊維・AN 及び
誘 導品事業
化成品・樹脂事業
目 次
編 集 方 針
三菱レイヨングループの特色1
対象期間
We are everywhere. ...................................... 3
三菱レイヨングループの特色2
現代社会を支えるMMA ................................... 5
三菱レイヨングループの特色3
2009 年度
(原則として2009年4月から2010年3月末まで)
対象範囲
三菱レイヨングループ
参考にした
ガイドライン
環境省「環境報告ガイドライン
(2007年版)」
GR「サステナビリティ
I
・リポーティング・
ガイドライン 2006(第3版)」 発行時期
冊子版発行:2010年9月
ウェブサイト掲載予定:2010年9月
次世代を担う製品・技術..................................... 7
社長メッセージ....................................................... 9
CSR マネジメント ................................................ 15
行動憲章
お客さまに対するベストクオリティ ................ 17
社会・環境に対するベストクオリティ ............... 21
自らのベストクオリティ................................ 29
三菱レイヨングループの概要 ................................. 33
三菱ケミカルホールディングス グループ理念 ........... 34
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
2
三菱レイヨングループの特色 1
We are everywhere.
窓枠、樹脂サッシ
アクリル樹脂フィルム《アクリプレン》
窓枠シール材
ポリプロピレン長繊維《パイレン》
寝具・インテリア装飾
抗菌アクリル繊維《パークリン》
吸湿発熱繊維《ルネス》
DVD
光ディスク用コート材《レイクイーン》
液晶 TV(導光板)
アクリル樹脂板《アクリライト》
制電/防寒衣料
発熱保湿導電繊維《サーモキャッチ》
吸湿発熱繊維《ルネス》
テールランプカバー
アクリル樹脂成形材料《アクリペット》《Diakon》
キッチンカウンター
ヘッドランプ
アクリル人工大理石
デュポン TM コーリアン ® ※
アクリル樹脂《Avron》
自動車ヘッドランプ用ハードコート材《アクリキング》
計器パネル及びドアトリムの化粧板
アクリル樹脂フィルム《アクリプレン》
自動車用塗料
アクリル樹脂コーティング材料《ダイヤナール》
浴槽
アクリル樹脂板《アクリライト》《 Asterite 》
《Lucite SW 》
炭酸泉
車内ネットワーク
人工炭酸泉製造装置《ソーダバス》
プラスチック光ファイバー《エスカ》
内外装部品
ABS 樹脂《UMG ABS 》
エンジンルーム内部品
炭素繊維強化熱可塑性樹脂成形材料《パイロフィル》ペレット
自動車用マット
浄水器
《クリンスイ》
ポリプロピレン繊維《PLA / PP 》《アルポート》
車載用バッテリー
不織布用アクリル繊維《M.V.P 》
化成品・樹脂事業
■ 事業構成比
アセテート、
機能膜事業その他
炭素繊維・
複合材料事業
アクリル繊維・
AN 及び誘 導品
事業
25%
22%
英国
ルーサイト社
6%
10%
59%
化成品・樹脂事業
MMA
(メタクリル酸メチル)
は、透明性や耐候
アクリル短繊維では世界初の芯鞘
(しんさや)
性に優れるアクリル樹脂をはじめ、さまざまな
構造を持つ《コア・ブリッド》シリーズで導
樹脂製品の原料となる物質です。三菱レイヨン
電性能や発熱保温機能を付与した機能性素材
グループは、MMA の主要 3 製法を保有する世
を展開しています。また、アクリルの欠点で
界唯一かつ最大の企業であり、世界各地に製造
あった毛玉を抑え、赤ちゃんの肌を思わせる
拠点を持ち、モノマーからポリマーまで一貫し
ソフトタッチの《MIYABI》シリーズで、快適
た事業を展開しています。アクリル樹脂は、モノ
なライフスタイルを提案しています。さらに、
マーリサイクルが可能であることから環境対応
アクリル繊維や ABS 樹脂の原料や、各種化学
性もその特長の一つです。環境にやさしいアク
品合成原料として使用される AN(アクリロニ
リル樹脂は、樹脂製品の品質や生活の質、地球
トリル)
及び誘導品も展開しています。
環境の向上にお役立ていただいています。
3
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
アクリル 繊 維・AN 及び 誘導品事業
下排水・浄水処理施設
膜プラント事業
中空糸膜《ステラポアー》
高分子凝集剤《ダイヤフロック》
油吸着剤《ダイヤマルス》
機体部品
炭素繊維複合材料《パイロフィル》
ゴルフシャフト
炭素繊維加工品《ディアマナ》
プール
アクリル樹脂板
《Lucite SW 》
スポーツウェア
通気コントロール繊維素材《ベントクール》
大型水槽
アクリル樹脂パネル《アクリテック》
テニスラケット
炭素繊維複合材料《パイロフィル》
窓枠
看板
アクリル樹脂被覆材《 Tufcoat 》
樹脂添加剤《メタブレン》
アクリル樹脂板 《Perspex 》
《アクリライト》
LED 型面発光板《イルミライト》
複合機
ロッドレンズアレイ《ロッドスコープ》
携帯電話
アクリル樹脂板《アクリライト》
パソコン(回路形成)
半導体レジスト用アクリル系ポリマー
アクリル系ドライフィルムレジスト
デュポン TM リストン ®※ 道路標識(反射シート)
化粧品
アクリル樹脂フィルム
《アクリプレン》
ヒアルロン酸
パソコン(導光板・液晶ディスプレイバックライト)
アクリル樹脂板《アクリライト》
アクリル樹脂成形材料《アクリペット》《Diakon》
パソコン(筐体(きょうたい)
)
炭素繊維強化熱可塑性樹脂成形材料
《UMG アロイ》
スポーツ自転車
炭素繊維複合材料
《パイロフィル》
※ 米国デュポン社の登録商標
炭素繊維・複合材料事業 アセテート、機能膜事業その他
鉄よりも強く、アルミよりも軽い炭素繊維は、高い電気伝導
三菱レイヨングループは、世界で唯一のアセテート繊維総合メーカーで、衣料・
率、優れた耐磨耗性、X 線透過性などさまざまな特長があり、主
資材・フィルターの各分野で独自の地位を確保しています。ポリエステル長繊維・
に樹脂と組み合わせた複合材料として利用されます。三菱レイ
ポリプロピレン長繊維では独自技術を活かしてユニークな素材開発に取り組んで
ヨングループは、自社のアクリル長繊維を原料とした PAN(ポリ
おり、衣料、資材、カーペットはもとより、土木資材や建設副資材など社会のあらゆ
アクリロニトリル)系の炭素繊維《パイロフィル》と、それを基
るシーンで貢献する素材を提供しています。さらに、三菱レイヨングループは、独
材とした中間材料や成型加工品に至る一貫したプロダクツ
自の多孔質中空糸膜を基本素材とした水環境事業を展開しています。主力製品の
チェーンを有し、幅広い分野に展開しています。JIS Q 9100 品
中空糸膜フィルター《ステラポアー》は、上水・下排水処理設備をはじめ、発電所
質マネジメントシステム – 航空宇宙 – 要求事項の認証を取得し、
のタービン復水ろ過装置、病院手術用無菌手洗い装置など、産業・医療分野で活
品質管理体制の向上にも一層力を入れています。
躍しています。また、中空糸膜を使用した浄水器は、蛇口直結型、アンダーシンク
型、
業務用とフルラインナップで高性能浄水器をご提供しています。
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
4
三菱レイヨングループの特色 2
現代社会を支える
MMA
MMAモノマーは、透明性や耐候性に優れるアクリル樹脂をはじめ、各種化学品の
原料となる高機能樹脂です。当社グループのMMAモノマー生産能力は約136万
強度、
着色性、
加工
トン。
これは世界の生産能力の約37%です。MMAモノマーは、
建築資材、
家電、
レジャー用品から日用品に
性などの特長も持ち、
自動車、IT機器、
至るまで、
現代社会に欠かせない各種アクリル樹脂製品に使用されています。
MMAモノマー
正式には、Methyl
methacrylate で、
略 し て MMA と
呼びます。日本名は
メタクリル酸
メチルです。
自動車
IT 機器
自動車部品の多くにアクリル樹脂が使用されています。
三菱レイヨンは 1971 年に画期的なアクリル樹脂板連続
優れた透明性や耐候性、光学特性などを活かしてフロント
製板技術を独自開発し、品質向上と生産能力増強に努めて
グリル、ランプ、メーターパネルなどの各種部材や自動車塗
きました。ブラウン管方式に比べ圧倒的に省電力、かつ有害
料に使用されています。また、アクリル樹脂を用いた高性能
金属を使用しないため環境対応に優れ、機器の軽量化・省ス
プラスチック光ファイバーは、その軽量性、柔軟性を活か
ペース化により生活環境を改善する液晶 TV・ディスプレイ
し、車内ネットワーク配線用途への展開が進んでいます。
用導光板やAV機器前面板、また携帯電話表示板には表面
硬化板など、高機能を活かしさまざまな IT 機器部材に使用
されています。
5
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
アクリル樹脂を甦らせる地球に優しいリサイクル技術
アクリルモノマー
( MMA モノマー)
アクリル樹脂は、適切な加熱により原料である MMA(メタクリ
重合
成形
精製
ル酸メチル)モノマーに分解し再び製品化できる、モノマーリサ
イクルが可能な樹脂です。富山事業所では、アクリル樹脂製品製
分解直後の
モノマー
アクリル
樹脂製品
造の際工場内で発生するアクリル樹脂廃材を、高純度の MMA
モノマーに戻すリサイクル技術を確立し、1997 年より、モノマー
回収
アクリル樹脂
リサイクル工場を稼働させています。また当社は、持続可能な
社会の実現に向けて、市場で流通しているアクリル樹脂製品を
熱分解
解重合
回収
粉砕
資源循環させるため、より大規模なモノマーリサイクルシステム
の構築に取り組んでいます。
建築資材
屋外看板
優れた透明性や耐候性を誇るアクリル樹脂は、さまざま
アクリル樹脂板は、さまざまな企業や建物の顔となる数
な建築資材に採用されています。ガラスを上回るアクリル
多くの看板にも使われています。太陽光線のダメージを
樹脂の全光線透過率は、経年劣化も少なく、輝くような透明
受けにくい優れた耐候性はアクリル樹脂の特長であり、これ
感を維持します。また、自由な加工性・着色性により従来に
を存分に活かせる分野です。優れた着色性、加工性により
ない建築デザインや工法を可能にしています。
お客さまのオリジナリティあふれる宣伝に貢献するとともに、
万が一破損しても大きく破片が飛び散ることのない高い
安全性も大きな魅力です。
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
6
三菱レイヨングループの特色 3
次世代を担う
製品・技術
三菱レイヨングループは、
合成繊維や合成樹脂で培った高分子技術を応用し、
世界のあらゆる地域で顕在化してき
た水問題に対して、
水処理技術や中空糸膜で貢献しています。
また、
自動車や航空機の軽量化や、
クリーンなエネル
ギー源である風力発電翼に活用される炭素繊維も当社グループの次なるコア事業として育成しています。
私たちは、
次世代を担う製品・技術を活用し、
新たな事業を展開しています。
山
1. 海水淡水化サイクル
MBR ※(膜分離活性汚泥法)
産業用水
生活用水
家庭用浄水器
クリンスイ
RO 膜
淡水化処理
MF 膜
下排水
処理場
浄水場
中空糸膜フィルター
ステラポアー
2. 飲用水
下排水
再生サイクル
汚泥処理場
3. 非飲用水
MF 膜
中空糸膜フィルター
ステラポアー
川
再生サイクル
中空糸膜フィルター
MF 膜
ステラポアー
再処 理
排水処 理
高分子凝集剤
ダイヤフロック
汚泥処 理
再生処 理
海
※ MBR: Membrane Bioreactor
水循環の高度化に貢献
三菱レイヨングループは、MF膜
(精密ろ過膜)を用い
の前処理工程や、
下排水処理で活用されています。
この技
た浄水・中水用
(上水として使われた生活用水を再利用す
術を家庭用浄水器
《クリンスイ》にも活かし、蛇口直結型
る水)及び下排水処理システム事業を展開しています。
からポット型まで幅広く展開しています。
現在、世界の人口の約1割が極度の水不足、約1/4が慢
そのほかに下排水処理関連の商品として、高分子凝集
性的な水不足で困難な生活を送るという世界的な水不足
剤《ダ イヤフロック》などを展開しています。また、中空
が深刻な問題となっています。水循環の高度化は世界的
糸膜と微生物の含まれた活性汚泥を組み合わせて排水処
な課題となっており、
膜を使用した下排水処理、
海水淡水
理を行うMBR(膜分離活性汚泥法)によって、排水の再利
化技術に大きな期待が寄せられています。
用を促進しています。当社グループのMBR用のMF膜は
当社グループの中空糸膜フィルター
《ステラポアー》
は、
トップクラスの技術で、何度洗浄しても使える高い耐久
工業用水ろ過などの各種水処理のほか、海水淡水化処理
性のニーズに応えています。
①水処理技術
7
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
低炭素社会の実現に貢献
プレカーサー
アクリロニトリル
炭素繊維専用のアクリル繊維
低炭素社会の実現に向けて、一つの大きな課題である
のが軽量化・低燃費化製品の開発です。そのための有力
素材として注目されているのが、
「鉄よりも強く、アルミ
よりも軽い」とい わ れ る炭素繊維で す。そ の特長を活か
し、高速道路補強材やCNG(圧縮天然ガス)タンク、ゴル
炭素 繊維トウ
クロス
プリプレグ
フシャフトなどに活用されています。また最近では、車
体素材や大型風力発電翼など、さらに幅広い分野での応
用が期待されています。
風力発電翼、
CNG(圧縮天然ガス)タンク、
ゴルフシャフト、
テニスラケットなどに利用されています。
②炭素繊維
ユニーク・スペシャリティの素材開発に取り組む
三菱レイヨングループは、
機能性アクリルとアセテート
を 核 と し た 世 界 で も ユ ニ ー ク な 化 合 繊 メ ー カ ー で、
独自のポ リマー設計・紡糸技術を活かし て、当社な ら で
は の素材開発に取り組ん で い ま す。そ の用途は、洋服、
スポーツウェア、
寝装分野、
インテリアから産業資材まで
多岐にわたります。また、バイオマス素材や環境への負
荷が少ないリサイクル性に適したポリプロピレン長繊
維も開発しています。今後も時代とお客さまのニーズに
合った繊維の開発に取り組んでいきます。
トリアセテート長繊維
《ソアロン》
ポリプロピレン長繊維
《パイレン》
③ 繊 維事 業
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
8
社長メッセージ
ビジネス基盤を世界に拡大した今、
グローバルレベルの持続的成長を図ります。
私たちが実行していくグローバル CSR 経営
1.
永続性は人なり
2.
三菱ケミカルホールディングスの一員としてシナジーを追求する
3.
三菱レイヨングループを永続させる事業ポートフォリオ
4. 「 New Design MRC 」の実践
5.
9
さまざまな国籍、多様な人々が生き生きと働ける環境をつくる
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
1. 永続性は人なり
三菱レイヨングループは、
2009年5月に英国の化学会社
ケーション は、言葉、文化、時間な ど の制約が ありま す。
ルーサイト社を当社グループに迎え入れました。
この統合
しかしながら、
同社従業員との対話が、
グローバルCSRの
により当社グループは、
まさにさまざまな国籍を持つ多様
推進上大事な
「人を活かす経営」
につながると確信してお
な人員構成の企業となりました。
り、
対話を通じてルーサイト社との信頼関係を構築してき
グローバル企業のトップとして、
私自身がこの1年余り
ました。コーポレートガ バ ナン スやコンプ ライアン ス、
で砕身したのは、ルーサイト社従業員とのコミュニケー
内部統制といった機能・制度の統合も必要ですが、
まずは
ションです。ルーサイト社の場合、
同業かつ競合企業でも
パートナーを理解することが先と考えています。
あり、
地理的にも隔たりのある異文化企業との統合になる
企業の永続性は、
人や地域とのつながりによるものが
ので、
互いを知ることから始めました。
私が国内で4年間続
大きいと私は考えています。
これは、
日本企業特有のもの
けている
「移動社長室」
では、
製造や研究などの現場に出向
でしょうが、
それを強みとすべきと考えます。
今後も、
多様
き、
従業員と直接話をします。
この対話活動は、
従業員の考
な歴史的、
文化的背景を持つお客さまやステークホルダー
えを知るとともに、
経営理念の理解を深めてもらう上で非
とのかかわりを通じて、
全世界的視野に立った社会的責任
常に役立っています。ルーサイト社従業員とのコミュニ
を果たしてまいります。
2. 三菱ケミカルホールディングスの一員としてシナジーを追求する
2010年3月に株式会社三菱ケミカル
当社グ ループは、
ありません。
大切なことは、
いかに研究開発などのシナジー
ホールディングスと経営統合いたしました。
同社との経営
を追求し、現有事業を強くしていくかということで す。
統合を決断したのは、
会社や経営陣に対するステークホル
例えば水処理の分野では、
三菱化学にはイオン交換樹脂※1、
ダーからの信頼度、
文化、
従業員、
社会性などに関して、
同
当社には中空糸膜があり、
エンジニアリングの部分でも技
社が当社グループにとって、
ともに成長していくためのベ
術・ノウハウを共有できます。
炭素繊維については、
三菱樹
ストパートナーであると判断したからです。
後述する当社
脂がピッチ系※2、
当社がPAN系※3製品を手掛けており、
より
グ ル ー プ の2018年 近 傍 の あ り た い 姿
「New Design
広範な用途に対応できるとともに、
高機能複合材の開発力
MRC」では、その基本目標の一つに「世界市場でトップの
も強化されるはずです。
そして、
ロング、
ワイド、
グローバ
事業群を構築する」
を掲げています。
この統合により、
売上
ルの視点に立ち、
当社グループが貢献できる分野にて技術
高3兆5,000億円の企業グループのメンバーとなり、
三菱
やノウハウを提供していきます。また、世界にまたが る
ケミカルホールディング スの強固な事業基盤や優良な
製造拠点や販売チャネルを活かすことで、
シナジーを創出
経営資源の活用が可能になることで、
この目標を早期に
したいと考えています。
実現できると思います。
また、今回の統合の目的は、
目先の利益を出すために、
余剰設備や人員整理をして効率化しようというものでは
※ 1 イオン交換樹脂:合成樹脂の一種で分子構造の一部にイオン基とし
て電離する構造を持つ
※ 2 ピッチ系:石炭・石油化学の残渣(ざんさ)として出るピッチを溶融紡
糸後に炭化する
※ 3 PAN 系:PAN
(ポリアクリロニトリル繊維)
を高温で炭化する
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
10
3. 三菱レイヨングループを永続させる事業ポートフォリオ
近 年、資 本、人、情報な ど のバリア が無くなり、市 場の
ています。
私は事業ポートフォリオにおいて、
コモディティ
「ワン・ワールド」
化が進んでいます。
市場が大きくなっても
(汎用品:コア事業)
は捨てるべきではないと考えています。
勝ち残れ る企業は1社の み で、私た ち もコア事業で あ る
コモディティは差別化が図りにくい上、
利益率が低いため
MMA系事業の世界シェアNo.1の維持、そし て さら な る
に、
これを続けるのは大変なことですが、
コモディティを
シェア拡大を目指しています。
コア事業の競争力強化は、
企業
やめてスペシャリティに注力しても、
企業のより一層の成
永続のための絶対条件だからです。
長は期待できません。
原料調達、
基盤技術に強みを持たな
そして、次期のコア事業となる水環境事業や炭素繊維
ければ、
中長期にわたって競争力を維持できないからです。
事業、
また新規事業全ての分野においても、
世界市場での
よって、
三菱ケミカルホールディングスなどのパートナー
プレゼンスを高めていきます。
これは三菱ケミカルホー
と川上事業をしっかり足固めしていきます。
ルディングスのメンバーとなることで実現できると考え
4. 「 New Design MRC 」の実践
金融危機、
世界同時不況といった混迷する世界情勢の中
基本戦略とし、
以下6つの重要課題に取り組んでいきます。
で、
化学産業界では、
中東・中国の基礎化学品の生産拡大、
① MMA系事業の成長加速
国内化学産業の競争劣位、
市場のグローバル化、
レスバリ
② 次のコア事業の育成・拡大 ア化の加速が進んでいます。
こうした状況の中で、
当社グ
(炭素繊維・複合材料事業、
水環境事業)
第6次中期経営計画の見直しも踏ま
ループは2009年8月、
③ 新規材料・新規事業の開発
え、
2018年 ま で を 想 定 し た 新 た な 目 標「New Design
④ 事業競争力強化活動
(
「JK→2010」
)
の推進
MRC」を策定しました。
⑤ 課題事業の対策
「New Design MRC」
の基本目標は、
(1)
世界市場でトッ
⑥ グローバルなグループ経営に向けた取り組み
プ の事業群を構築す る(2)2018年近傍で売上高1兆円、
中長期的な経営計画では、
自社を次世代につなげられる
営業利益1,000億円を達成する の二つを掲げ ています。
か、
その責任をどう果たすかが経営者にとっての最優先
「ワン・ワールド」
化していく世界市場で成長し続けるため
テーマとなります。
そのための戦略から仕組み・制度をつ
に は、No.1事 業を複 数 保 持す る必 要が あ り ま す。ま た
くっていくのも経営者ですが、会社が目指すゴールに向
No.1となれば、確固たる収益基盤も構築されます。そして、
かって何をするべきかを従業員一人ひとりが考え、
その力
先に述べた事業ポートフォリオ・マネジメントの徹底を
を結集させていくことが私の課題です。
■ 数値目標
単位:億円
売上高
化成品・樹脂
アクリル繊維・AN 及び誘導品
炭素繊維・複合材料
アセテート、機能膜その他
営業利益(数理計算差異償却前)
化成品・樹脂
アクリル繊維・AN 及び誘導品
炭素繊維・複合材料
アセテート、機能膜その他
11
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
2009 年度
2010 年度
実績
当初計画
3,650
2,163
356
237
895
104
160
▲ 11
▲ 57
11
5,000
2,500
700
550
1,250
400
260
30
60
45
2010 年度
計画レビュー
4,800
3,080
400
350
970
240
240
0
▲ 30
30
2015 年度
ありたい姿
2018 年度
ありたい姿
7,700
10,000
800
1,000
① MMA 系 事 業 の 成 長 加 速
現在の当社グループのMMA系事業の世界シェアは37%
合わせると、
2014年度末で年産160.6万トンに達します。
ですが、
「New Design MRC」最終年の2018年には44%
2010年以降、アジア及び東欧、ロシア、南米などの新興市
を目指します。MMAモノマーの生産能力は、
三菱レイヨ
場による需要拡大が期待されます。ルーサイト社の販売
ン年産48.7万トン、
ルーサイト社年産86.9万トンに、
2010
ルートを活用し、
これらの市場を深耕していきます。
年から2015年に新設され る工場で の年産25.0万トンを
■ MMA モノマー地域別生産能力
欧州 670千トン
31%
米国 990千トン
アジア 2,100千トン
34%
41%
37%
世界生産能力計 3,760千トン
三菱レイヨングループ生産能力シェア
※生産能力は 2010 年末を予想
(三菱レイヨン推定)
② 次 の コ ア 事 業 の 育 成・拡 大:炭 素 繊 維・複 合 材 料 事 業 、水 環 境 事 業
当社グループにとって、MMA系事業に次ぐコア事業の
③ 品種マネジメントの徹底
育成も急務の課題です。
次のコア事業である炭素繊維・複
• 高品質でコスト競争力に優れる炭素繊維の投入
合材料事業、
水環境事業は、
環境対応製品としてのニーズ
■ 炭素繊維需要予測
(t )
も高く、
その技術向上も含め全社的に推進していく必要が
70,000
あります。
60,000
炭素繊維・複合材料事業については、
産業用途において
50,000
リーディング・ポジションを確立
(2015年近傍)
することを
40,000
基本目標とします。
そのための施策は以下の通りです。
30,000
① 短期の施策
(2009年∼2010年)
20,000
• プレカーサー・炭素繊維生産プロセスへの革新技術導入
10,000
70,000
44,000
によるコスト大幅削減
0
2,837
27,300
14,500
45,500
32,000
31,000
27,000
26,900
産業用途
18,000
18,000
8,500
15,900
7,000
8,000
7,600
7,000
5,000
5,200
6,000
6,000
7,000
9,000
2006
2008
2009
2010
2012
スポーツ
レジャー
16,000
航空宇宙
2015
(年)
• 産業用途拡大に向け、
生産管理と品質保証体制を強化、
充実
※三菱レイヨン推定
② 中長期の施策
(2009年∼2015年)
• 成長用途への展開:風力発電、
自動車、
圧力容器、
土木建築、
海洋開発
• 需要創出に向けてプレカーサー事業の展開
(アライアンス
を前提とした戦略的販売)
• 複合材料事業の強化 ⇒ アライアンス、M&Aなどによる
領域拡大
水環境事業については、
アジアNo.1の膜水処理会社とし
て、
グローバルに展開する高収益事業を確立することを基
本目標とします。
そのための施策は以下の通りとします。
① 世界展開を加速するためにグローバル企業とのアライ
アンスを活用
• 下排水:PVDF膜
(ポリフッ化ビニリデン膜)
を核に、急速に
成長する中国市場の圧倒的シェア
(50%以上)
確立、
欧州・
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
12
② PVDF膜生産量拡大とコスト競争力の大幅向上
米国及び成長市場であるインド・中東への展開を加速
• 浄水:浄水膜にPVDF膜技術を応用し、
海外エンジニアリン
• 2015年に現在の10倍の生産量へ拡大し、
コスト競争力を
グ会社との協業により、
欧州、
中国市場へ展開
獲得
• 海水淡水化:共同開発したMF膜
(精密ろ過膜)
/RO膜
(逆浸
③ 浄水器≪クリンスイ≫事業の拡幅
透膜)
組み合わせ技術を活用し、
安定高効率な造水システ
• 世界の≪クリンスイ≫へ
ムの展開を拡大
• 展開国60カ国以上へ
• 膜設備のメンテナンス、
オペレーション事業の取り込み
• 技術力を活かし、
“浄水=CLEANSUI=安全でおいしい水”
というイメージの確立でブランド力を構築
■ 水不足地域と水環境事業のグローバル展開
現地のエンジニアリング
会社と協業し中国市場
シェア拡大・強化
水メジャーと協業し
欧州・中東市場へ
シンガポールを拠点とし
インド・ASEAN市場へ
三菱レイヨングループ拠点
問題なし
低
中
高
出典:国土交通省ホームページ
データなし
③ 新 規 材 料・新 規 事 業 の 開 発
新規材料・新規事業の開発では、
自動車関連分野、
電子材
までには、
この分野で事業規模1,000億円増を目指します。
料関連分野、
ライフサイエンス関連分野にて、
MMA系材料、
電子材料関連分野では、
精密賦形技術を活かした高機能
炭素繊維・複合材料の機能性を高め、
環境素材、
先端材料へ
部材の開発・提案によりビジネスチャンスを拡大していき
の応用を追求していきます。
ます。
本分野では2018年までに1,000億円創出を目指します。
自動車関連分野では、
軽量化、
リサイクル、
低コストというニー
ライフサイエンス関連分野では、
バイオなどの独自技術
ズに対し、MMA系材料、
炭素繊維・複合材料の機能を活かした
により、US
(ユニーク・スペシャリティ)
領域を創出いたし
開発・提 案により事 業 領 域を拡 大してい きます。2018年
ます。
本分野では2018年までに100億円創出を目指します。
④ 事 業 競 争 力 強 化 活 動(「 JK ※ → 2010 」) の 推 進
13
※ JK:事業競争力強化活動 生産技術革新、
生産体制の高度化、
物流・在庫マネジメン
いきます。
トなど全社的な業務の改革により、
厳しい環境への対応能
費用構造改革による競争力強化では、
生産拠点における
2008年度から2010年度までの3年間で100
力を向上させ、
固定費削減と全社の最適生産体制の見直しを図ります。
億円のコスト合理化を目標とします。
新分野展開による収益構造革新では、新用途、新顧客、
「JK → 2010」
では、
費用構造改革による競争力強化と
新製品への展開を加速することにより、
収益構造を改革し
新分野展開による収益構造革新の2つの側面から推進して
ていきます。
費用構造改革による競争力強化
生産技術革新による抜本的コストダウンへの取り組み
新分野展開による収益構造革新
新用途、新顧客、新製品への展開加速
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
⑤ 課題事業の対策
当社グループは、
不採算事業の構造改革を実施しています。
事業環境の変化に対応するための構造改革を実施してい
アクリル繊維事業については、
2009年に、海外紡績事業、
ますが、
撤退事業にかかわる従業員については配置転換
人工皮革事業を撤収しました。2010年には、
アクリル長
を行い
「人を活かす経営」
を実践しています。
繊維事業及びポリエステル長繊維の生産も撤退しました。
⑥ グローバルなグループ経営に向けた取り組み
パートナー企業とは今後、
グローバル組織の編成、
内部統
方で、
トータルでシナジーを出すという考え方が大切です。
制システムの適用、
財務戦略
(為替リスク管理、
最適財務構成
また、
合理化だけにとらわれて現場がネガティブになれば
に向けた取り組み)
、
人材マネジメントの見直し
(人を活かす
シナジーは生まれません。
さらに、
グローバル経営に必須と
経営)
、
情報システムの統合を通じて、
統合シナジーの早期最
なる科学的、
論理的アプローチを徹底するとともに、
人・文化・
大化を実現していきます。
地域といったソフトマネジメントの部分をいかに考慮し、
内外企業とのアライアンスは、
これからも成長のための重
組み入れいていくかがグローバルCSR経営に必要なこと
要な施策ですが、
経営統合で大切なことはシナジーのとらえ
だと思います。
5. さまざまな国籍、多様な人々が生き生きと働ける環境をつくる
当社グ ループ は前述の通り、CSR経営の推進にお い
て
「人を活かす経営」
に重点を置いています。
「人」
をどのよ
うに活かして成果を上げるのか、
具体的な計画を立てて
従業員に明示していくことが経営者にとって最大の課題
だと考えています。
そして、
全従業員が仕事のやりがいや
働きやすさを感じられるような企業となることを目指し
ています。
では、
「世界市場でトップの事業群
「New Design MRC」
を構築する」
を基本目標としていることをお話ししました。
これは企業が永続的に成長するために不可欠な要素で、
グローバルCSRを推進する上で、
ダイバーシティ(多様
性)
は不可避です。
先ほど申し上げたように、
人・文化・地域
といったソフトの部分に大きくかかわるからです。
殊に当
社グループのように、
経営統合によって成長を図ろうとす
る企業は、
パートナー企業の伝統を受け継ぎながら、
価値観
成長する企業として新たな可能性にチャレンジできる多
くの機会を従業員に提供します。
当社グループの全従業員
が成長のための目標と価値観を共有し、
ゴールに向かって
生き生きと働ける新しい三菱レイヨングループをつくり
上げていきます。
や文化を融合し、
目標を共有していく必要があります。
多様
性は、
ともすれば言葉や文化の違いからコミュニケーション
の壁にも成り得ますが、
言葉や文化の壁があるからこそ、
2010年9月
代表取締役 取締役社長
人そのものにフォーカスすることの重要性を実感できます。
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
14
CSR マネジメント
私たちは『 行動憲章 』に基づく事業活動をグローバルに展開し
“Best Quality for a Better Life”を実現します。
行動憲章
1. お客さまの視点に立ち、安全で高品質な製品やサービスを提供します。
お客さまに
対する
ベストクオリティ
2. 公正な取引を行い、お客さまと強い信頼関係を築きます。
3. イノベーションを通してお客さまと共に成長します。
4. 安全の確保と環境の保全に積極的に取り組みます。
社会・環境に
対する
ベストクオリティ
5. 法令を遵守し、情報の開示及び管理を適切に行います。
6. 多様な文化を尊重し、社会及びステークホルダーとの共生に努めます。
7. 仕事に対する情熱と使命感、そして自己を変革する勇気を持ち続けます。
自らの
ベストクオリティ
8. お互いの個性を尊重し、健康で働きやすい環境を構築します。
9. 世界中のパートナーと連携し、自らの能力を最大限に発揮します。
15
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
三菱レイヨングループは、ルーサイト社との経営統合を経て、グローバル企業への成長ステップを着実に歩んで
います。
そこで、
世界中の従業員が経営理念を共有し、
一人ひとりの行動に結びつける具体的な指針として、
従来の
企業倫理憲章とCSR憲章を発展的に統合した行動憲章を制定しました。行動憲章は、技術革新を通したお客さま
と の成 長、安 全や環 境へ の配 慮、法 令 遵 守、倫 理 観の向 上、多 様な文 化の尊 重、自 己の変 革、人を活か す経 営、
企業の社会的責任等、
さまざまな思いを込めたものです。
これらの視点に基づき、
企業倫理行動基準も再整理をし、
を実現していきます。
“Best Quality for a Better Life”
企業倫理行動基準
1-1. お客さまの視点に立ち、安全で高品質な製品やサービスを提供します。
2-1. 販売先、購買先、業務委託先等のすべての取引先と、相互信頼に基づく適切な関係を保ちます。
2-2. 贈答・接待は良識の範囲で行い、不公正な目的のためには行わず、また受けることもしません。
3-1. お客さまの意見に真摯に耳を傾け、誠実な対応を行うとともに、製品の開発・改良・製造及び販売に役立てます。
3-2. 提供した製品・サービスに、事故やトラブルが生じた場合には、迅速かつ適切な対応を行います。
4-1. 安全を全ての事業活動において優先するものとし、安全操業の確保、化学物質の適正管理を含む製品・サービスの安全性の
確保に自主的に取り組みます。
4-2. 生物多様性を含む地球環境の保全に積極的に取り組み、省資源・省エネルギー、廃棄物の削減・再利用に努め、
環境負荷の低減に貢献する新技術や製品・サービスを開発します。
5-1. 国際ルールを守り、各国の法令及び会社の規則を遵守します。
5-2. 高い倫理観と社会的良識を持ち、違法の疑いのある行為は行いません。
5-3. 独占禁止法その他の関係法令を遵守し、カルテルや談合、優越的地位の濫用などを行わず、公正で自由な競争を行います。
5-4. 外国為替及び外国貿易法その他の関連法令を遵守し、輸出管理を適正に行い、国際的な平和と安全の維持を妨げるおそれのある
製品や技術の輸出は行いません。
5-5. 営業秘密や特許権、著作権、技術ノウハウ等の知的財産を侵害しません。
5-6. 従業員や取引先等の第三者の個人情報については、個人情報保護法等の法令に従い、厳重かつ適正に管理します。
5-7. 秘密情報を適切に管理し、インサイダー取引の発生を防止します。
5-8. 違法な政治献金や利益供与は行わず、反社会的勢力や団体には毅然と対応します。
5-9. 財務内容や事業活動状況などの経営情報を、適時・適切に開示し、企業活動の透明性を保ちます。
6-1. それぞれの国や地域の文化や慣習を尊重し、社会との共生に努めます。
6-2. 顧客・消費者、取引先、従業員、株主・投資家、地域社会等の様々なステークホルダーとの関係を重視し、
適正かつ友好的な関係の維持、発展に努めます。
7-1. 社会に貢献する価値の創造に情熱を燃やし、高い理想と使命感を持って仕事に取り組みます。
7-2. グローバルな視野で環境変化を敏感に捉え、常に問題意識と改革を志す熱意を持ちます。
7-3. 自らの役割をよく認識し、必要な能力を高めるとともに、目標に果敢にチャレンジし、その達成に努めます。
8-1. 個人の人権・人格・個性を尊重します。
8-2. 人種、国籍、性別、思想、信条、信仰、障がい等を理由とする不合理な差別をしません。
8-3. 従業員に能力開発の機会と活躍の場を提供し、多様な人材を活用し、育成します。
8-4. コミュニケーションとチームワークを大切にする職場風土・環境を創ります。
8-5. ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の両立)を尊重し、メリハリのある働き方を推進します。
8-6. 職場における、相手方の意に反する性的な言動や、職務上の必要性を越えた人格や尊厳を侵害する言動を許しません。
8-7. あらゆる形態の強制労働、児童労働を排除します。
8-8. 組合活動を尊重し、より良い労使関係を築きます。
8-9. 社会への貢献を通じ従業員が誇りを持って働ける会社となります。
9-1. 世界中のパートナーと連携し、自らの能力を最大限に発揮します。
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
16
行動憲章 お客さまに対するベストクオリティ
三菱レイヨングループは
「最高の質」
を追求し、
人々の豊かな未来に貢献します。
最高の質を目指す商品・サービ スのご提供は、
お客さまの視点に立った優れた商品と細やかなサービ スを
提供することであり、
お客さまに真に満足いただけるために欠かせない要素であると私たちは考えています。
また、
公正な取引、
革新
(イノベーション)
を通して、
私たちは、
お客さまに対するベストクオリティをお約束します。
1. お客さまの視点に立ち、安全で高品質な製品やサービスを提供します。 ......... P17
2. 公正な取引を行い、お客さまと強い信頼関係を築きます。 ............................ P19
3. イノベーションを通してお客さまと共に成長します。 ................................. P20
行動憲章/企業倫 理 行 動 基 準
1. お客さまの視点に立ち、安全で高品質な
製品やサービスを提供します。
工程ごとのチェックで安全な製品を提供
コミュニケーションを通じた安全性の確保
私たちは、上市前、生産管理、物流安全対策として以下
私たちは、
お客さまと積極的にコミュニケーションを図る
のチェック体制を整備し、
お客さまへ安全な製品をお届け
ことにより、
お客さまの視点に立ち、
最高の商品をお届けする
しています。
ために製品の安全性確保に努めています。
お客さまに製品の
安全性・環境性・機能性をご理解いただき、
当社グループ製品
上市前の Check!
に関するあらゆるご意見やご要望に対応できる体制を強化
安心できる製品を提供するため、新製品や新用
途に対してはもちろん、製法・製造場所の変更、
新たな危険性・有害性の情報があった場合にも、
安全性の評価・審査を行っています。
生産管理の Check!
しています。
お客さまへ
● MSDSを提供
化学製品を販売・提供する際に、
製品安全データシート
安定した品質を確保するため ISO9001を 採用
し、生産管理を行っています。グループ会社で
も同様の管理を推進しています。
(MSDS)
により、
当該製品の性状、
取り扱い方法、
廃棄方法
などの情報を提供し、お客さまに製品の安全をご納得い
物流安全対策の Check!
物流事故を防止するため、物流業者と定期的に
協議会を開催し、事故事例の研究や輸送してい
る製品についての教育を行っています。また、
事故が発生した場合の対応を記載したイエロー
カードを運転手に常時携行させ、被害を最小限
に抑えられるようにしています。
ただいています。
● お客さまへ技術サービス・情報を提供
各国で異なる法規制に対応するとともに、お客さまの
要請に応じて製品スペック
(Material Specification)
を開
示しています。
また、
繊維加工業者に対し、
技術マニュアル
17
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
● 労働安全衛生法への対応を前倒しで完了
技術サービスを行っています。
当社グループは、労働安全衛生法への対応を前倒しで
完了しました。現在は法施行が順次進展してきているア
● グリーン調達に協力
ジア各国へのGHS※ 対応、また欧州の実質的なGHSであ
化学製品中に含まれる各種有害物質のデータをお客さ
るCLP規則への対応を現地法律事務所、
コンサルティング
まのご要望に応じて提供しています。
会社等関係先と連携し対応を進めています。
● オープンラボ(DNAチップ)のリニューアル
お客さまに対するベストクオリティ
の作成、
技術者派遣、
品質管理データベースの作成などの
DNAチップ
《ジェノパール》
を幅広くお客さまに知って
2009年10
いただき、お客さまとの情報交換の場として、
月に横浜先端技術研究所内のオープンラボをリニューア
ルしました。
オープンラボでは、
《ジェノパール》及び周辺
装置の使用方法の紹介、デモンストレーションが可能で
す。
さらにDNAチップに対するお客さまのご意見・ご要望
MMA モノマーのドラム缶天板に貼られた GHS 対応ラベル
なども伺っています。
※ GHS:(Globally Harmonized System of Classification and
Labelling of Chemicals)化学品の分類及び表示に関する世界
● お客さま窓口
調和システム
消費者向け製品である家庭用浄水器≪クリンスイ≫に
関しては、
フリーダイヤルのお客さま窓口を設置し、
お客
さまからのご意見、
お問い合わせ、
苦情に対応しています。
● PCB(ポ リ塩化ビ フェニ ル)全廃へ の方針
を決定
● お客さまの声を製品に活かす
年までに高濃度はもとより低濃度PCB含有機器につい
展示会にも積極的に参加し、多くのお客さまとの直接
ても全廃の方針を決定しました。
この全廃には、
更新時期
対話に努めています。より満足いただける商品やサービ
が2015年以降であるものについても、
前倒しで更新する
スを目指すため、お客さまの声を製品安全や品質の向上
ことを含みます。国はPCB特別措置法の施行とともに日
に活かしています。
本環境安全事業株式会社
(JESCO)を設立し、PCBの処
理を集中的に開始しました。当社グループも当該施設に
処理計画を提出し、高濃度PCB含有機器の計画的な処理
を予定していました。
ところが2006年に処理施設のトラ
● 本登録を進める REACH
※
ブルが相次いだため、現在のところ処理計画は大幅に遅
当社グループは、REACH法施行前より欧州の法律事
れています。低濃度PCB含有機器については、処理方法
務所、
登録代理人との連携体制を確立し、
登録物質の選定、
が決まったので今後、
適切に処理していきます。
当初方針
登録準備等の計画を進めて、
国内外を含むグループ全体で
の全廃時期に遅れがでる可能性がありますが、廃棄でき
195物質の予備登録を完了しました。現在は本登録の推進
るまで、
法に則り確実に保管管理していきます。
母体である各コンソーシアムへの参加等を通じ、登録に
向けて準備を進めています。2010年は高生産量物質の
登録を完了する予定です。
※ REACH:(Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction
of Chemicals)欧州連合における人の健康や環境の保護の
ための規制
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
18
自らのベストクオリティ
PCB特別措置法の施行により、
当社グループでは2015
法規制への対応で万全な製品安全・品質管理
社 会・環 境 に 対 す る ベ ス ト ク オ リ テ ィ
行動憲章 お客さまに対するベストクオリティ
2. 公正な取引を行い、お客さまと強い信頼関係
を築きます。
企業倫理行動 基 準
2-1.
販売先、購買先、業務委託先等のすべての取引先と、相互信頼に基づく適切な関係を保ちます。
2-2.
贈答・接待は良識の範囲で行い、不公正な目的のためには行わず、また受けることもしません。
調達先調査と新購買システムでCSR調達を
現在、その第1ステージとして取り組んでいるのが、ア
本格推進
ンケートによる調達先の実態調査です。
本アンケートは、
2008年度から2010年度の3年間で取り組み、2009年度は
当社グループは、
環境に配慮した製品を通じて最高の質
その2回目の実施となりました。
を追求できるよう、CSR調達を推進しています。2006年
よりCSR調達の検討を開始、
2008年には以下の5項目から
調査概要
なるCSR調達方針を策定しました。
(1 )
実施期間:2009年12月1日∼2010 年1月31日(約2カ月)
1. 法令・社会規範の遵守
2. 購入製品の環境保全と
(2)
調査対象:金額・件数の上位約70%、
計203社を対象
安全性の確保
3. 人権尊重と労働環境の向上
4. パートナーシップの構築
5. お取引先さまへの要望
(3)
調査方法:CSR調 達 方 針、及 びCSR調 達 ア ン ケ ート
調査票を送付
(手渡し)
し、
回答を依頼
● CSR調達アンケート
要望事項
①
会社法、独占禁止法、下請法、知的財産権関連法規、労働関連法規、及び環境関連法規など、
事業活動に適用される法令を遵守します。
1 、2 、3
②
政治・行政とのもたれ合いや、反社会的勢力・団体に屈服したり癒着したりしません。
1 、2 、3
③
事業活動にかかわる顧客・消費者、地域社会、株主・投資家、取引先などの
ステークホルダーとの関係を重視し、適正かつ有効な関係の維持、発展に努めます。
1 、2 、3
④
個人・顧客情報についての入手・利用・開示について、適切な管理を行います。
1 、2 、3
⑤
環境保全と安全確保に配慮した技術・商品開発、生産活動を推進します。
1 、2 、3
⑥
事業活動や提供する製品の全ライフサイクルにわたり安全の配慮と
環境負荷の低減に努めます。
1 、2 、3
⑦
グローバル・コンパクト精神に則り「 人権・労働基準・環境・腐敗防止 」について、
自社の影響力の及ぶ範囲内で、国際的に認められた規範を支持して実践します。
1 、2 、3
⑧
従業員の人権・人格・個性を尊重し、安全で働きやすい環境を確保して
キャリア形成や能力開発を支援します。
1 、2 、3
⑨
常に新しい商品、サービスの研究開発に努めて、社会的に有益な商品・サービスを
お客さまに提供します。
1 、2 、3
⑩
適正な品質・価格の原材料のみを指定納期に納入するとともに、製品に関する
有益な情報サービスを提供します。
1 、2 、3
1. 法令・社会規範の遵守
2. 環境保全と安全性が
確保された製品・
サービスの提供
3. 人権尊重と労働環境の
改善・向上の取り組み
4. 適正な品質・価格、
確実な納期、迅速な
情報の提供
自主評価 ※
取り組み内容
※取り組み状況の自主評価基準
1点:これから周知徹底させ行動
(検討)
する
2点:取り組んでいるが、現状は未だ不十分
3点:取り組んでおり、ほぼ実践している
19
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
「環境保全と安全性が確保された製品・サービスの提供」
「人権尊重と労働環境の改善・向上の取り組み」
が、
自主評価
3.0
以下の3つに取り
が低い項目となりました。2010年度は、
2.9
組んでいきます。
2009 年度実績
2008 年度実績
2.8
1. 取引先のCSR取り組みの把握と課題の抽出
2. 要改善取引先に対するCSR対策の支援
3. 新規取引先への同調行動の要請を継続
2.7
2.6
一方、
生産活動で使用する一般消耗品については、
各事
2.5
お客さまに対するベストクオリティ
● CSR調達アンケート結果概要
業所に間接材購買システムを導入し、
2009年7月から稼
0
①
③
④
法令・社会規範の遵守
⑤
⑥
環境保全と安全性が
確保された製品・
サービスの提供
⑦
⑧
人権尊重と
労働環境の
改善・向上の
取り組み
⑨
⑩
働しています。
これにより購買の効率化を図るとともに、
グ リーン 購 入 法 適 合 品やエ コ マーク取 得 商 品な ど の
適正な品質・価格、
確実な納期、
迅速な情報の提供
2011年度
グリーン購入の促進につなげています。また、
からは、
第2ステージとしてCSR調達の評価基準を取り入
アンケートの結果、
「 法令・社会規範の遵守」が浸透し、
れた新たな購買システムを稼働させます。
これによって、
政治・行政とのもたれ合い、
反社会的勢力・団体への屈服・
国内におけるCSR調達の本格推進を図ると同時に、海外
癒着への対応が進んでいることがわかりました。一方、
拠点での新購買システムの展開を計画していきます。
3. イノベー ション を通してお客さまと共に
成長します。
企業倫理行動 基 準
3-1.
お客さまの意見に真摯に耳を傾け、誠実な対応を行うとともに、製品の開発・改良・製造及び販
売に役立てます。
3-2.
提供した製品・サービスに、事故やトラブルが生じた場合には、迅速かつ適切な対応を行います。
お客さまと当社グ ループをつなぐMRCイノ
2009年10月に横
ベーションブリッジ
浜先端技術研究所
に て、R&Dの 成 果
当社グループは、
各研究所で行われている多様な分野の
を発表す る社内イ
研究開発品を一堂に集め た
「新 規 研究開発品発 表 会 ∼
ベント「 2 0 09 年度
MRCイノベーションブリッジ∼」を本社にて定期開催して
います。MRCイノベーションブリッジは、
研究開発から生
総合技術研究発表
展示パネルを見る参加者
会 」と同時に、イ ノ
まれた新たな開発品を市場の最新の声を知る営業担当者
ベーションブリッジを開催いたしました。
この発表会は、
に紹介し、
用途開発や販路などのアイデアを集めることで
研究員だけでなく、
営業社員も参加するイベントで、
18の
事業化への可能性を広げるために行われている取り組み
新規開発テーマに関するパネルと開発品のサンプルが展
です。
当社は、
事業の成長とは、
お客さまとの
「共創」
「共業」
示されました。
研究発表会に参加した従業員が展示会場へ
と考えており、
これによってお客さまに対して新しい技術
も足を運び、
満員の会場各所でコミュニケーションが図ら
やアイデアを提案することを目指しています。
れ、
研究開発への関心の高さが感じられました。
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
20
自らのベストクオリティ
社 会・環 境 に 対 す る ベ ス ト ク オ リ テ ィ
②
行動憲章 社会・環境に対するベストクオリティ
三菱レイヨングループは
「最高の質」
を追求し、
人々の豊かな未来に貢献します。
私たちは、
安全の確保と環境保全への積極的な取り組みによって、
「最高の質」
を追求しています。
その取り組みは、
企業倫理行動基準に基づ き推進され ています。私たちは、
法令遵守、
透明な経営、
社会との共生を通じて、
社会・環境に対するベストクオリティをお約束します。
4. 安全の確保と環境の保全に積極的に取り組みます。 ..................................... P21
5. 法令を遵守し、情報の開示及び管理を適切に行います。 ............................... P25
6. 多様な文化を尊重し、社会及びステークホルダーとの共生に努めます。 ......... P27
4. 安全の確保と環境の保全に積極的に
取り組みます。
企業倫理行動 基 準
4-1.
安全を全ての事業活動において優先するものとし、安全操業の確保、化学物質の適正管理を
含む製品・サービスの安全性の確保に自主的に取り組みます。
4-2.
生物多様性を含む地球環境の保全に積極的に取り組み、省資源・省エネルギー、廃棄物の削減・
再利用に努め、環境負荷の低減に貢献する新技術や製品・サービスを開発します。
安全活動
(13時∼13時半)
② 各職制による毎日の一斉巡回
③ 自職場の過去の災害を風化させないための安全行事
● 中期経営計画とリ ン ク し た三菱レ イ ヨ ン
グループの安全・防災への取り組み
1. 2009 年度の活動概要
● グループ会社も含めて実施した活動
2009年度は、
2008年度に引き続き中期経営計画で掲げ
① 各事業所と国内グループ会社の安全担当者の集合教育
)休業災害と重大事故ゼロ」2「
)グループ会社の支援」
た 1「
(実施対象範囲の拡大)
② 新規及び更新設備の安全性評価
3「
)対外約束事項の履行」
を柱に、
2008年度よりもさらに
③ 総合監査の報告・議論の内容の充実
成果が上がるように活動の内容を見直しながら、
安全・防
(上海)
管理有限公司の安環品※・コンプライア
④ 三菱麗陽
災に取り組みました。
1)休業災害と重大事故ゼロに向けて
● 国内の事業所を中心に実施した活動
① 経営幹部が安全の重要性を直接語りかける安全大会
(7月/4事業所)
21
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
(12月)
④ 安全強化月間
ンス室による中国グループ会社の監査など
※安環品:安全・環境・品質
3)対外約束事項の履行
グループ全体の総件数は、前年度のほぼ6割に減少し、
化学物質の環境への排出量削減、
廃棄物の外部埋立量削
ここ数年の中では最少となりました。
特に協力企業と4事
減など環境負荷軽減に向けた活動は、
計画通り進捗してい
業所内のグループ会社が大きく減少しました。休業災害
2009年度も工場の稼働
ます。
地球温暖化対策については、
さらなる努
の件数も前年度の 6 割程度に減少しましたが、
の総排出量は減りました。
その
率が低く、
二酸化炭素
(CO2)
力を続けていきます。
一方で、
エネルギー消費原単位は悪化しています。
しかし、
■ 労働災害発生原因(MRC グループ)
省エネルギー等の努力で2008年度より改善されました。
※エネルギー消費原単位指数については、P24 の地球温暖化防止への取
(%)
100
り組みもご参照ください
その他
お客さまに対するベストクオリティ
● 労災について
2. 2010 年度の活動計画
75
50
0
2005
2006
2007
2008
2009年度に実施してきた活動を継続します。
切れ・こすれ
2)事故撲滅に向けて
2009
(年度)
1)休業災害と重大事故ゼロを目指して
2008∼
第6 次中期経営計画の最終年度となる2010年度は、
減少傾向が見ら れ な い流出事故の防止に つ い て は、
予防管理に重点をおき対応していきます。
● 事故について
3)地球温暖化防止への取り組み
グループ全体の発生総件数は、
ここ4年低下傾向にあり
(2008∼2012
2008年度から京都議定書第一約束期間
ますが、
漏えい・流出事故の件数はほとんど変わっていま
年)
に入りました。2008∼2009年度は稼働率が低くCO2
せん。
早期発見、
早期対応により、
大きな事故には至ってい
の総排出量は減りましたが、
今後、
事業活動が回復すれば、
ませんが、
今後は異常を発生させない予防管理に力を入れ、
排出量は増えていきます。今後も継続して温室効果ガス
一層の対策を進めていきます。
発生量のさらなる削減に取り組んでいきます。
※地球温暖化防止への取り組みについては、P24 もご参照ください
■ 事故発生原因(MRC グループ)
4)その他
化学物質の管理、
化学物質審査規制法
(日本)
やREACH
(EU化学品規制)への対応、PL(製造物責任)教育など昨
その他
年度の活動をさらに充実させて継続していきます。
停電
50
漏えい・流出
安全3原則
25
火災・爆発
0
2005
2006
2007
2008
2009
(年度)
● 決めたことは守る
2)グループ会社の支援
2009年度も2008年度に引き続き、国内の製造関係の
● 安全優先の行動をとる
● 管理者は安全確保の責務を果たす
Three Principles of Safety
グループ会社に対して、
安全環境担当者の教育を2回実施
● Honor your commitments
しました。
改正された法令や安全管理手法、MRCの活動
● Make safety your top priority in your conduct
状況の紹介など、実務を行う上で参考となるものをその
● Managers shall be responsible for securing safety
2009年度も三菱麗陽
内容と し ま し た。ま た、中国で は、
(上海)管理有限公司の安環品・コ ン プ ラ イ ア ン ス室が、
安全管理体制の強化・拡充、
監査、
教育など多岐にわたって
施策を実施しました。
于安全的基本三原
● 遵守已定事
● 采取安全
● 管理者履行
先的行
保安全的
※「 環境・安全・品質に関する監査結果 」はウェブサイトに掲載します
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
22
自らのベストクオリティ
(%)
100
75
社 会・環 境 に 対 す る ベ ス ト ク オ リ テ ィ
25
墜落・転落
有害物との接触
転倒
動作の反動・無理な姿勢
高・低温物との接触
挟まれ・巻き込まれ
行動憲章 社会・環境に対するベストクオリティ
環境負荷低減への取り組み
● 廃棄物の削減・リサイクル
MRCでは、
動力燃焼灰を除く外部埋立量について2010
● 化学物質排出削減活動
MRCグループは、
第4期化学物質排出削減計画
(目標年
に基づき削減活動に取り組んでいます。
度:2010年度)
また、削減計画を確実に進めるために個別管理物質の
2010年度の削減目標を策定しました。
年度の削減目標
(2007年度見直し)
を定め、
削減に努めてい
生産量の減少に加え削減対策が進んだ
ます。2009年度は、
2010年度目標を大幅に上回る削減となりました。
ことから、
MRCにおける全廃棄物量については、
82千トン
(前年度比
10千トン減)
となりました。
リサイクル率については、
新しい
【目標】
製品製造に伴う廃液のさらなる増加により悪化しました。
1. 総排出量の削減(目標年度:2010年度)
(MRC及び2003年度末までに稼働した
① MRCグループ
グループ会社)
から排出されるMRC-PRTR調査対象
(490物質)の総排出量に つ い て、
2000年度(基
物質 ※
準年度)
の50%にする。
② 2004年度以降に稼働したグループ会社については、
(490物質)
の総
排出されるMRC-PRTR調査対象物質
(基準年度)
の75%にする。
排出量を2007年度
2. 個別管理物質の排出量削減(目標年度:2010年度)
【目標】
外部埋立量
(除く動力燃焼灰)を2010年度までに1991
年度比20%にする。
【結果】
1991年度比 17%
■ MRC 外部埋立量(除く動力燃焼灰)及びリサイクル率
10,900
( t / 年)
(%)
10,000
100
87
84
88
83
8,000
81
80
以下の物質毎に排出量の目標を設定し、
削減する。
① MRCにおいて大気への排出量の多い大気汚染防止法
(MRCにおける大気
優先取組物質を含むVOC16物質
6,000
60
4,000
40
への排出量)
2,686
(MRCグ
② MRCグループにおいて排出量の多い5物質
2,705
2,575
2,000
2,038
20
1,816
ループにおける全排出量)
20%
0
【結果】
0
1991
2005
2006
2007
2008
2009
2010
(年度)
(目標)
総排出量は、
2009年度も生産量減少の影響により、目標
値よりも減少しました。生産量が回復しても目標を達成
すべく削減活動を進めていきます。
環境に関する苦情
また、
個別管理物質の排出量も1物質を除き目標値より
2009年度、
三菱レイヨン大竹事業所は
「騒音」
、
海
も減少しました。
外グループ会社は
「臭気」に関する苦情を受けまし
※MRC-PRTR 調査対象物質
た。いずれも原因となった不具合を直ちに改善し、
日本化学工業協会が会員企業に対し実施している PRTR 調査の対象と
なっている 480 物質(法による届出対象物質 354 物質を含む)に、MRC
再発防止に努めています。
三菱レイヨングループは、
からの排出量が多いジメチルアセトアミドほかを加えた物質群のこと
今後も地域住民の方々の生活に配慮した事業活動
に努めていきます。
■ 化学物質総排出量(第 4 期目標 1. ①)
■ MRCグループへの苦情(件数)
(t / 年)
3,500
(件) ■ 大気 ※
3,000
5
163
61
2,500
2,000
1,500
96
海外グループ
国内グループ
58
MRC
84
82
60
61
2,837
水質
73
2,066
1,799
2
3
86
1,000
4 臭気
56
54
1
2
1
1,755
1,244
500
1
2
1,270
50%
1 騒音
2
1
2
1
1
2000
2005
2006
2007
2008
2009
2010(年度)
(目標)
2005
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
2006
2007
2008
2009 (年度)
※大気に関する苦情件数は、2005 年度から 2009 年度までは
0 件でした
23
1
0
0
1,200
5
36
1,000
● 低炭素社会に向けて
181
39
34
33
213
216
214
129
127
130
31
14
202
205
104
107
11
800
私たちは地球温暖化防止のために、色々な活動を行っ
118
ています。MRCグル−プから排出される温室効果ガスは、
600
CO2が ほ と ん ど で す。そ の内、8割がエ ネ ル ギ−起 源の
400
CO2です。そこで私たちは、省エネルギ−を中心に、燃料
0
674
1990
転換や省資源活動に工夫を凝らしながら、CO2の排出削
八戸事業所
(千t-CO 2 /年)
841
823
828
2003
2004
833
2005
2006
189
7
82
155
61
横浜事業所
富山事業所
豊橋事業所
大竹事業所
843
2007
678
630
2008
2009
(年度)
※ 2009 年度に算出方法の見直しを実施し、
一部値を修正
減に努めています。
■ 温室効果ガス排出量( CO 2 換算)
私た ち の主な活動
(千t-CO 2 /年)
2,000
●生産部門や事務所における省エネルギ−活動
1,600
●エネルギ−部門を中心にした省エネルギー活動、
燃料転換
1,200
●省資源活動
266
56
376
369
382
42
36
347
406
278
308
22
236
37
203
800
2008年度以降、これまでの活動を見直し、エネルギー
1,200
1,170
1,168
959
1,013
400
853
海外グループ
国内グループ
MRC ②
MRC ①
フロー図を新たに作成して、エネルギーロスの撲滅に励
0
んでいます。
1990
2005
2006
2007
2008
(年度)
2009
20%
1990年度と比較して2008~2012年度の平均値で、
※M
RC ①は国内 4 事業所のエネルギー起源 CO2 発生量
RC ②は地球温暖化対策推進法、省エネルギー法改正に伴って追加した対
※M
象由来の CO2 排出量
RC 本体に含めて集計
※ 国内の構内グループ会社は M
一部値を修正
※ 2009 年度に算出方法の見直しを実施し、
以上削減する。
■ GHG インベントリー集計結果( CO 2 換算)
【目標】
●エネルギ−消費原単位
●エネルギ−起源CO2排出量
1990年度の値以下に
2008~2012年度の平均排出量を、
【結果】
生産量減少の影響で、
目標に対しては悪化した状態が続
いていますが、
生産現場の省エネルギー努力の結果、
昨年
に対して9%改善できました。今後とも目標達成に向け、
省エネルギー努力を続けていきます。 CO2
エネルギー起源
非エネルギー起源
その他
5ガス
MRC
876
212
4
国内グループ
22
0
1
海外グループ
157
151
0
※エネルギ−起源 CO2 には、社用車、物流による CO2 排出量を含む
■ 物流(外部委託)における CO 2 排出量
(千 t-CO 2 / 年)
年度
2005
2006
2007
2008
2009
CO2排出量
42
17
15
11
11
※ 2006 年度より改正省エネルギー法に準拠し、算出方法を変更
■ MRC エネルギ−消費原単位指数
環境関連データの集計対象
(%)
110
105
105
原単位指数
100
96
95
90
89
85
85
86
製造加工を主体業務とする会社を対象としています。本
文中の表記については①∼④をご覧ください。対象とな
る会社、
データの詳細はウェブサイトをご覧ください。
① M
R Cグループ:②∼④を加えたもの
② M
RC :三菱レイヨン及び三菱レイヨン事業所内のグ
ループ会社
③ 国内グループ:②以外の国内の連結子会社
④ 海外グループ:海外の連結子会社
ウェブサイトもご覧ください。
http://www.mrc.co.jp/csr/
80
80
(目標)
75
1990
2005
2006
2007
2008
2009
2008
∼2012
平均値
※ エネルギー消費原単位指数の算出方法は基準製品換算方式
※ 2009 年度に値の見直しを実施し、一部値を修正
CSR>環境・安全活動
(年度)
●安全・環境・品質管理体制
●環境負荷全体像
●化学物質排出削減への取り組み
●地球温暖化防止への取り組み
●安全・防災への取り組み
●廃棄物削減への取り組み
●環境データ
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
24
自らのベストクオリティ
するよう努力する。
2009年度内訳
(千t-CO2/年)
社 会・環 境 に 対 す る ベ ス ト ク オ リ テ ィ
●物流部門における省エネルギ−活動、
燃料転換
100
お客さまに対するベストクオリティ
■ MRC エネルギ−起源 CO 2 排出量
地球温暖化防止への取り組み
行動憲章 社会・環境に対するベストクオリティ
5. 法令を遵守し、情報の開示及び管理を適切に
行います。
企業倫理行動 基 準
5-1.
国際ルールを守り、各国の法令及び会社の規則を遵守します。
5-2.
高い倫理観と社会的良識を持ち、違法の疑いのある行為は行いません。
5-3.
独占禁止法その他の関係法令を遵守し、カルテルや談合、
優越的地位の濫用などを行わず、公正で自由な競争を行います。
5-4.
外国為替及び外国貿易法その他の関連法令を遵守し、輸出管理を適正に行い、
国際的な平和と安全の維持を妨げるおそれのある製品や技術の輸出は行いません。
5-5.
営業秘密や特許権、著作権、技術ノウハウ等の知的財産を侵害しません。
5-6.
従業員や取引先等の第三者の個人情報については、個人情報保護法等の法令に従い、
厳重かつ適正に管理します。
5-7.
秘密情報を適切に管理し、インサイダー取引の発生を防止します。
5-8.
違法な政治献金や利益供与は行わず、反社会的勢力や団体には毅然と対応します。
5-9.
財務内容や事業活動状況などの経営情報を、適時・適切に開示し、
企業活動の透明性を保ちます。
コーポレートガバナンス
コンプライアンス
● 社長直轄の監査室を設置
● 教育・研修・PRでコンプライアンスを徹底
三菱レ イヨング ループ は、監査役、会計監査人による
三菱レイヨングループは、
コンプライアンスは社会か
監査に加え て、社長直轄の監査室を設置し、社長自ら の
ら信頼を得て成長していくための必須条件であるとの強
リーダーシップのもと、
内部監査を実施しています。
監査
い認識のもとに、
年2回開催の企業倫理委員会において決
役、会計監査人及び監査室は定期的に情報交換を行い、
社
定した活動方針に基づき、
教育・研修・PRなどを実施して
長も監査役、会計監査人との連絡会を持つなど相互に連
徹底を図っています。
携し、
業務運営の改善、
向上に努めています。
2009年度は、
外部講師を招いて独占禁止法の基礎知識、
ケーススタディ等を内容とする独占禁止法に関する講演
● 内部統制システムの整備進む
会を実施しました。
三菱レイヨングループは、
「内部統制基本方針」
に基づき
また、
新任の経営補佐職を対象として、
コンプライアン
内部統制システムを構築し、
一層の整備に取り組んでいま
スの基本、
顧客・会社・競争相手・社会等との関係における
す。2009年度は
「リスクマネジメント体制」
を継続強化す
コンプライアンスについての学習と理解度テストを eラー
るとともに、財務報告の信頼性を保つために必要な内部
ニングにより実施しました。
統制システムの整備を推進し、
適正に運用しました。
25
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
の共有、
中国地域軸での事業運営課題の検討・推進を目的
とし、
以下2回の会議を実施しました。
● リスク分析評価基準を改訂
第1回 2009年 6月 リスク管理制度導入決定
三菱レイヨングループのリスク管理の取り組みは、
リ
第2回 2009年11月 人材育成制度導入決定
スク管理委員会が方針を決定し、基本プロセスを統括し
2010年度は、以下3点を重点課題として取り組んでいきます。
ています。また有事の際には、同委員会のもとに
「危機対
1. 中国コーポレートリスク管理制度の運用開始・定着化
策本部」を設置し、損害の拡大抑止と早急な復旧に取り組
2. 中国地域人事労務管理制度の整備
みます。業務執行にかかわる重要リスクについての管理
3. 三菱レイヨン内部統制管理と中国コーポレートリスク
方針・管理方法、
並びに想定される事例毎の危機管理対応
お客さまに対するベストクオリティ
リスクマネジメント
管理制度の連動化
方法を
「リスク管理規則」
に定め、
この規則に沿った運営を
行っています。2009年度は、
リスク分析評価基準を改訂
※2
事業運営上致命的となる安環リスク に対する諸案件
の対策指導を行うとともに、
特に2009年度は
「中国安環品
● 海外リスク管理
リスクマネジメントシステム」
構築に注力しました。
また、
中国コーポ レート リ ス ク管理体制を強化
重要施策として、
内部統制7規則を決定した中国安環品会
∼リ ス ク管理 PDCA サ イ ク ル の確立∼
議や相互監査、
安環担当者※3集合教育などを実施しました。
中国グループ会社各社均一のコーポレートリスク管理
2010年度は、
以下3点を重点課題として取り組んでいきます。
を徹底するために、
リスク管理PDCA(Plan, Do, Check,
1. 安環品リスクマネジメントシステムの定着化
Act)サイクルの確立を図りました。
2. 安環担当者の管理能力向上指導
1. 標準化規程管理の導入(PDプロセス導入)
3. 予防保全の視点からの設備保全確保活動
①就業規則
※ 1 安環品:安全・環境・品質
※ 2 安環リスク:安全環境リスク
※ 3 安環担当者:安全環境担当者
②登記・許認可管理
③規程類管理
● 情報セキュリティ
④コンプライアンス管理
三菱レ イヨン グ ルー
• 事業リスクにつながる3分野の規則を整備
プは、
「情報セキュリティ
①業務管理(与信、
購買、
物流)
ポリシー」
を2004年度に
②情報管理(文書管理、
取引先管理)
制 定し、
「 情 報 セ キュリ
③財務管理
(財務会計、
税務)
ティ委員会」を中心に情
報セキュリティ強化の活
2.中国コーポレートリスク棚卸しプロセスの策定・実施
(CAプロセス導入)
PIAS カードのサンプル
モバイル機器の点検や内
動をしています。2009年度は、
部統制
(J-SOX)
の面から各情報へのアクセス権の管理強
登記、経営管理、人事労務、業務、総務、財務を対象に、直
1 PIAS※2カードと称す)
化を実施しました。
また、
ICカード※(
近のリスク内容、
対応策、
ルール整備状況を調査するとと
を活用し、
施設や設備機器などフィジカル面からのセキュ
もに、
標準化規程管理の運用状況をチェックしました。
リティ強化策の適用範囲拡大を進め まし た。引き続き、
情報セキュリティ強化活動のPDCAサイクルを推進します。
3. 中国コーポレートリスク責任者会議の開催
(PDCAプロセス導入)
中国グループ各社のリスク管理水準の底上げ、
ノウハウ
(データ)
の記録や演算をするために IC チップ
※ 1 IC カード:情報
(集積回路)
を組み込んだカード
※ 2 PIAS:三菱レイヨングループ統一の入退室管理システム
(Physical Security Integrated Admission System)
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
26
自らのベストクオリティ
• 制度リスクに直結する4規則を導入
社 会・環 境 に 対 す る ベ ス ト ク オ リ テ ィ
し、
リスクマネジメントの整備を推進しました。
中国安環品 ※1リ ス ク マ ネ ジ メ ン ト の推進
行動憲章 社会・環境に対するベストクオリティ
6. 多様な文化を尊重し、
社会及びステークホルダーとの共生に努めます。
企業倫理行動 基 準
6-1.
それぞれの国や地域の文化や慣習を尊重し、社会との共生に努めます。
6-2.
顧客・消費者、取引先、従業員、株主・投資家、地域社会等の様々なステークホルダーとの
関係を重視し、適正かつ友好的な関係の維持、発展に努めます。
次世代育成活動
早期工学人材育成事業
「プ ラ ス チック を つ く ろ う!」
1. 未来の科学者を育てる
( 2009 年 12 月実施)
三菱レイヨングループは、
経済産業省の次世代教育プロ
実施校:松戸市立第四中学校1年生の3クラス
グラムである
「社会人講師活用型教育支援プロジェクト」
光のエネルギーで物質が
授業内容:光硬化樹脂を用いて、
及び
「早期工学人材育成事業」
に参加しました。
当社グルー
プは、
「次世代育成活動」
をCSR活動の重点課題にとらえ、
事業所や研究所の本業を通じた社会貢献を目指していま
固まる現象を体験する
講師:横浜先端技術研究所の入社2年目の若手社員9名と
マネジメント層の3名
す。
経済産業省の次世代教育プログラムが目指す
「未来の
科学者を育てる」
が、
当社グループの活動と一致することか
ら、
中央技術研究所と横浜先端技術研究所が参加しました。
社会人講師活用型教育支援プ ロ ジェク ト
「地球と生命を守る水の浄化」
( 2009 年 12 月実施)
自分でつくるプラスチックに興味津々
実施校:広島市立草津小学校6年生の4クラス
授業内容:水が限りある貴重な資源であることを理解し、
水を浄化する中空糸膜の技術や活用方法を学ぶ
講師:中央技術研究所 研究企画推進室 加茂 純さん
2. 将来のファッション業界を担う学生を支援
三菱レイヨン・テキスタイルは、
学校法人文化学園と協
力し、
2007年より《ソアロン》デザインコンテストを開催
しています。
同学園の生徒を対象に、
トリアセテート長繊
維
《ソアロン》
を使用したデザインを募集し優秀作品を選
出しています。2010年1月に開催された今回のコンテス
トでは、優秀作品に選ばれた9点が商品化され、小田急百
貨店新宿店にて期間限定で販売されました。
期間中、
デザ
水資源を大切にすることの重要性をあらためて確認
インを担当した学生が接客し、
商品化から販売・接客まで
を経験していただきました。
27
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
活動に参加しています。ダ イ
ヤ ナール・アメリカ社はこれ
当社グループは、事業所周辺の地域住民、小学生、従業
まで、
4軒の地域住民に対し造
員の家族などを対象とした工場見学を積極的に実施して
園 の お 手 伝 い を し ま し た。
います。親子で参加できる実験プログラムなどを取り入
2010年にはさらに2件実施し
れ、ものづくりの現場を通じた地域交流を積極的に展開
ました。今後も本業を活か す
しています。
ボランティア活動を継続して
ボランティア活動に参加するダイ
ヤナール・アメリカ社の従業員
いく予定です。
お客さまに対するベストクオリティ
地域交流
株主・投資家とのつながり
1. 情報開示に対する姿勢
三菱レイヨングループは、
「適切な情報の開示と秘密情報・
大竹市立大竹小学校5年生の工場見学
(大竹事業所)
個人情報の管理」
を原則の一つとして掲げ、
さらに2008年
社会貢献活動
4月には当社グループの企業経営に関する重要な情報を、
開示基準に則り、
適時・適切な方法で開示するため
「企業情
1. 清掃活動
報開示規則」
を制定し、
遵守しています。IR活動においても
きれいなまちづくりのために、
事業所周辺地域の清掃
株式市場に対する適時・適切な情報開示、
ウェブサイトを通
活動を定期的に行い、
従業員やその家族が参加しています。
じた最新ニュースの配信や会社情報の提供、
各種業績資料
社内の活動だけではなく、
自治体やNPO主催の清掃活動
の開示など、
当社グループの正しい情報を発信しています。
2. 2009年度の実績
2009年5月のルーサイト社との経営統合に関して、
統合
手続き完了に至るまでの情報開示を適時実施しました。
また、
当社は中期経営計画を見直し、
2009年8月に、
2018年
近傍の当社グループのありたい姿
「New Design MRC」
を
発表、
ステークホルダーに対して、
当社の今後の目標や主要
朝倉川 530 大会
(豊橋事業所)
事業の課題を表明しまし た。さらに、
2009年11月に発表
した三菱ケミカルホ−ルディングスとの経営統合に関する
情報開示についても適時、
情報開示を実施しました。
特に
「公開買い付け」
や
「株式交換」
など非定例な株式取引作業を
行う個人投資家に配慮し、
わかりやすい情報提供と状況説
明を行いました。
事業所周辺の清掃活動
(富山事業所)
3. 今後のIR活動
2. Humanity Project
三菱ケミカルホールディングスのグループ会社として
ダ イ ヤ ナール・ア メリ カ社の従 業 員は、
2008年か ら、
今後も引き続き適時・適切な情報の開示を心がけ、株主・
Habitat for Humanity( ハビ タット・フォー・ヒューマ ニ
投資家の皆さまに対し、
わかりやすく積極的なIR活動を
ティ:住宅建築を通して住居者の自立を支援するNGO)
の
実施してまいります。
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
28
自らのベストクオリティ
へも参加しています。
社 会・環 境 に 対 す る ベ ス ト ク オ リ テ ィ
行動憲章 自らのベストクオリティ
三菱レイヨングループは
「最高の質」
を追求し、
人々の豊かな未来に貢献します。
私たちは、
従業員一人ひとりが自己変革を続け、
自分の可能性を追求することによって、
「最高の質」
を提供できる
と考えています。
当社グループは、
従業員自らが自己を高め、
その能力が最大限に発揮できる環境構築を目指し、
自らに対するベストクオリティを実現できる職場づくりを進めています。
7. 仕事に対する情熱と使命感、そして自己を変革する勇気を持ち続けます。 ...... P29
8. お互いの個性を尊重し、健康で働きやすい環境を構築します。 ...................... P30
9. 世界中のパートナーと連携し、自らの能力を最大限に発揮します。 ............... P32
7. 仕事に対する情熱と使命感、
そして自己を変革する勇気を持ち続けます。
企業倫理行動 基 準
7-1.
社会に貢献する価値の創造に情熱を燃やし、高い理想と使命感を持って仕事に取り組みます。
7-2.
グローバルな視野で環境変化を敏感に捉え、常に問題意識と改革を志す熱意を持ちます。
7-3.
自らの役割をよく認識し、必要な能力を高めるとともに、目標に果敢にチャレンジし、
その達成に努めます。
成長力と競争力の源は人材
● キャリア開発演習で将来の姿を描く
三菱レイヨングループは、
企業の成長力・競争力の源泉は
主に若手総合職社員向けにキャリア開発演習を行いま
人と組織の力であると考えています。
人材確保と育成・活用
す。三菱レイヨングループ社員としての成長イメージを
を経営の重要課題と位置付け、
重点的に取り組んでいます。
掴み、中長期的視点での能力開発に努めることを狙いと
しています。
● 社員の自発的な能力開発を支援
日常業務の遂行を通じた能力開発
(OJT)
や各種研修制度、
● 職場の中核としての役割を認識し行動する
自己啓発支援等を組み合わせ、
社員の自発的な能力開発を
経営補佐職への昇格を前に、
自らの役割を認識し、
具体
支援しています。
新入社員研修や役職に応じた各研修では、
的な行動に落とし込むことを狙いとした中核社員向け研
人権の尊重、
法令遵守、
企業倫理の徹底、
安全環境管理の推
修を行っています。
チームを見る視点、
動かすヒントを得
進を共通テーマとして採り上げています。
また、
ルーサイト
て、
成果を生みだすチームづくりと、
その中心的存在とし
社との統合を経て、
ますます海外への事業展開が進む中、
ての自身のあり方を学びます。
各地域の文化や制度を理解してマネジメントできる人材
の育成を強化しています。
29
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
います。
そこで、
組織内のコミュニケーションを活発にして、
新たに経営補佐職に昇格した社員向けに新任管理職研
各社員が組織目標を共有、
目標に向け果敢にチャレンジし、
修を実施し、
コミュニケーションやリーダーシップのあり
その実現に成果をあげた人を適切に評価する人事考課制
方をはじめとするマネジメント力の養成を行い、組織力
度「 COM-PAS( Communication, Plan, Action &
の強化を目指します。技術系の新任管理職には、
製造現場
を2006年に導入しました。
この制度をさらに実
Success)」
のリーダーとして活躍するための安全・生産管理に特化
効あるものにするため、
毎年管理職を中心に考課者研修を
した研修を行います。
行い、
評価の公平性、
納得性、
透明性を高めるよう努めてい
ます。
目標設定から考課に至るまで、
目標管理を軸としたこ
の人材マネジメントプロセスにより、
社員個々人の能力を
再雇用制度等、定年以降も働き続ける選択肢が増えた
最大限に引きだし、
ひいてはこれがグループ全体の組織力
中、
60歳以降のライフデザインを視野に入れ、50歳代の
発揮につながると考えています。
働き方、
能力開発を考えるキャリア開発研修や、経済生活
※ US:独自性と優位性をあわせ持った事業 Uniqueness Specialties を
意味する
基盤への認識を高めるためのセカンドキャリア支援セミ
ナーを行っています。
● 社員一人ひとりの能力を最大限に引きだす
人事評価システム“COM-PAS”
三菱レイヨングループがUS※ 企業として成長し続ける
ためには、
グループ各社社員一人ひとりのベクトルを揃え、
社 会・環 境 に 対 す る ベ ス ト ク オ リ テ ィ
● 50歳代管理職の活性化
お客さまに対するベストクオリティ
● 職場のリーダーとして組織力向上を目指す
COM-PAS の制度説明会(2009 年度までにのべ 670 人が受講)
それらを強固に結束させることが何よりも重要と考えて
8. お互いの個性を尊重し、
健康で働きやすい環境を構築します。
企業倫理行動 基 準
8-1.
個人の人権・人格・個性を尊重します。
8-2.
人種、国籍、性別、思想、信条、信仰、障がい等を理由とする不合理な差別をしません。
8-3.
従業員に能力開発の機会と活躍の場を提供し、多様な人材を活用し、育成します。
8-4.
コミュニケーションとチームワークを大切にする職場風土・環境を創ります。
8-5.
ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の両立)を尊重し、メリハリのある働き方を推進します。
8-6.
職場における、相手方の意に反する性的な言動や、職務上の必要性を越えた人格や尊厳を
侵害する言動を許しません。
8-7.
あらゆる形態の強制労働、児童労働を排除します。
8-8.
組合活動を尊重し、より良い労使関係を築きます。
8-9.
社会への貢献を通じ従業員が誇りを持って働ける会社となります。
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
30
自らのベストクオリティ
行動憲章 自らのベストクオリティ
従業員一人ひとりの職業生活と家庭生活の充
● ウェルカムバック制度
実を目指して
自己都合で三菱レイヨンを退職した社員が、再び当社
で活躍できるよう、
2008年1月より退職者復職登録制度
● 仕事と家庭の両立支援策
を開始しました。
出産や介護といった退職理由に限らず登
2005年 度よ り次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法に基づ く
録が可能な点が特長で、さまざまなライフステージの状
「一般事業主行動計画」を策定し、法を上回る育児・介護関
況変化に適応し た新し い退職者復職制度と い え ま す。
連制度を整え、
従業員の仕事と家庭の両立を積極的に支援
2010年4月 現 在、19名 の 登 録 者( 女 性14名、男 性5名 )が
しています。
います。
またダイバーシティ推進への取り組みの第一歩として
女性のさらなる活躍を支援する取り組みを始めました。
働きやすい職場のために
従業員一人ひとりが生き生きと活躍できる環境づくりを
進めることで、
多様な人材による、
多様で効率的なアウト
● 人権保護
プットの実現を目指します。
三菱レイヨングループは、
人権が尊重される公正な職場環
境づくりに努めています。
また各種社員研修において人権啓
2008年及び2010年に「基準適合一般事
発の講座を設け、
人権尊重の意識醸成に取り組んでいます。
業主」
として東京労働局の認定を受け、
次
セクシャルハラスメントについても、
就業規則の中でセ
世代認定マーク
(愛称:くるみん)
を取得。
次世代認定マーク
「 くるみん 」
クハラを許さないという姿勢を明確にし、
社内報や社員研
修において啓発を行っています。
また本支店・各事業所に相
談窓口を設けるほか、
対策委員会を設置し、
万が一発生した
場合でも速やかに対応できる体制づくりを行っています。
■ 育児・介護関連制度利用者数 ※ 1
(人)
50
49
■介護休業 ※ 2
● 障がい者雇用
障がい者の雇用率については、
2010年3月現在1.89%
40
35
となっています。企業の社会的責任の一環として、
今後と
30
育児短時間勤務
23
20
14
15
16
行うとともに、
職場の開発に全社的に努力していきます。
16
14
11
11
10
育児休業(女性)
2
2
0
2005
も法定1.8%の達成、
さらなる向上を目指して求人活動を
2006
2007
1
2008
育児休業(男性)
2009
※1 三菱レイヨン及び三菱レイヨン・エンジニアリングにて集計
※ 2 介護休業者数は、2005 年度から 2009 年度までは 0 人でした
(年度)
● 再雇用制度
三菱レイヨンでは2001年度より再雇用制度を開始し、
改正高年齢者雇用安定法
(2006年改正)
の主旨に基づき再
雇用を行っています。全社員が定年以降も現役時代と同
様に高い意欲をもって働き続けられるよう、
働き方に応じ
た処遇制度を設けています。
● 私傷病欠勤・休職からの復職・復帰支援
心身の病気によって休業した社員がスムーズに職場復
帰するためのプログラムや制度を整備しています。療養
中は当社産業医を交えたフォローを行い、
個別に職場復帰
プログラムを作成、
休業者が必要な準備期間を経て、
段階
ワーク・ライフ・バランス推進関連の配布冊子
31
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
的に完全復帰できるよう支援しています。
● 新卒及び随時採用の基本方針
当社グループが目指す姿を実現する可能性を秘めた多様
■ 三菱レイヨンにおける採用人数
(%)
(人)
150
100
146
な人材を継続的に採用しています。
新卒者の定期採用のほ
か、
即戦力の確保を目指した随時採用にも力を入れています。
120
120
80
118
82.1
77.3
技術系比率
(総合職・男女)
73.7
80.0
72.3
90
60
● インターンシップ
71
64
60
学生を対象にイ ン ターン シップ を行って い ま す。毎年
10名∼30名(2009年度実績29名)を受け入れ、職場経験を
しています。
また外国人留学生にも門戸を開いています。
54
37
生産基幹職・実務職
30
10
14
17
15
11
4
0
2006
2007
2008
2009
20
2010
総合職(男性)
総合職(女性)
0
(入社年度)
(随時採用含む)
※ 2010 年 4 月現在
行動憲章/企業 倫 理 行 動 基 準
9. 世界中のパートナーと連携し、
社 会・環 境 に 対 す る ベ ス ト ク オ リ テ ィ
通じて、
自身のキャリアプランについて考える機会を提供
40
58
三菱レイヨンでは、主に大学、大学院、高等専門学校の
お客さまに対するベストクオリティ
多様な人材を採用
自らの能力を最大限に発揮します。
チームでグローバルCSR経営を推進
はもちろん大切ですが、
実際には電話会議やウェブ会議な
どを駆使して、
時差や地理的な距離を克服していく必要が
三菱レイヨングループは、ルーサイト社との統合によ
あります。
る相乗効果を最大限に発揮できるよう、
機能やミッション
言葉や文化が異なるさまざまな国や地域のパートナー
に応じてさまざまなプロジェクトチームを組織し、両社
と協働していくためには、
互いを尊重し、
信頼することが
が一体となって経営統合を推進しています。
不可欠となり、
常に協力し合う気持ちを大切にしています。
事業に直接かかわることはもちろんのこと、
コミュニ
ケーション、
人事、
情報システム・IT、
法務、
財務・会計、
税務、
研究開発、
安全・環境・品質、
知的財産、
エンジニアリングな
どさまざまな機能に応じたファンクショナルチームや、
中
長期の任務に対応するための組織横断的なワーキング
グループを編成して取り組んでいます。
各チームは、
組織
の役割や目標、統合の相乗効果を示し た計画を作成し、
PMO(プロジェクト事務局)支援により、各組織のプロジェ
クトの進捗目標に沿って適宜見直しを図りながら活発に
議論を行っています。
各国のメンバーと統合プロジェクト
を効率的に進めるためには、
直接会って交流を深めること
ファンクショナルチームの打ち合わせ
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
32
自らのベストクオリティ
三菱レイヨングループの概要
会社概 要
2010年9月現在
商号
三菱レイヨン株式会社(MITSUBISHI RAYON CO.,LTD.)
本社住所
東京都港区港南一丁目6番41号
創 業
1933年8月31日
資本金
532億29百万円
連結子会社
90社(国内28、海外62)
持分法適用関連会社 16社(国内12、海外4)
事業所
大竹事業所/豊橋事業所/富山事業所/横浜事業所
研究所
中央技術研究所/横浜先端技術研究所/豊橋技術研究所/生産技術研究所
支店等
大阪支店/北陸出張所
従業員数
連結:8,427人(2010年3月31日現在)
2009年度業績(連結)
りまし た。今後は、同グ ループ の事業、イ ン フ ラ、研究開
当期の海外経済は、各国の金融・財政政策の効果により
発など各分野での統合効果を早期に発現させ、
「世界市場
最悪期を脱し、中国を中心とする新興国に牽引される形
でトップの事業群を構築する」という基本目標の実現を
で回復の動き が見え始め まし た。日本経済に お い て は、
加速していきます。
アジア向けを中心に輸出が回復を続け、景気は回復傾向
当期の連結営業成績については、急速に減退した需要
を辿りつつも引き続き低い水準にとどまりました。
は回復を続けているものの、世界的な景気後退以前の水
このような経営環境の中で、当社グループはルーサイ
準には戻らず、
さらに、
急激な為替変動による多額の為替
ト社との統合により、
MMA系事業における世界ナンバー
差損や在外子会社における固定資産減損損失などの影響
ワン企業グ ループ としての大きな一歩を踏み出しまし
を受けました。そ の結果、売上高は3,650億47百万円
(前
た。ま た、
2009年8月 に 第6次 中 期 経 営 計 画 を 見 直 し
期比5.8%増)
、数理計算差異償却後の営業利益は54億33
を策定、
「高収益型、
成長型三菱レイ
「New Design MRC」
百万円
(前期は76億12百万円の営業損失)
、経常損失は61
ヨングループ」の実現に向けた具体的な施策に取り組み
億35百万円
(前期は37億58百万円の経常損失)
、
当期純損
ました。
失は50億13百万円
(前期は289億50百万円の当期純損失)
さらに2010年3月には、三菱ケミカルホールディング
となりました。
スグループ入りし、同グループ基幹事業会社の一つとな
■ 連結売上高推移
■ 連結営業利益推移
(億円)
(億円)
5,000
500
455
4,170
4,000
400
4,185
397
396
3,650
3,490
3,450
300
3,000
200
2,000
104
100
1,000
0
-17
0
-100
2005
2006
2007
2008
2009
(年度)
2005
2006
2007
2008
※退職給付会計の数理計算差異償却前の実質ベース
33
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
2009
(年度)
三菱ケミカルホールディングス グループ理念
人、
社会、
そして地球環境のより良い関係を創るために。
Chemistry には、
“人と人との相性・関係・つながり”
という意味もあり、
上記グループ理念は、
「
“Good Chemistry for Tomorrow”
すなわち、
人、
社会、
そして地球環境のより良い関係を創ることを目指し、
活動していく」
という企業姿勢を表現しています
三菱ケミカルホールディングス グループ体系
株式会社三菱ケミカルホールディングス
環境 ・ 資源(Sustainability)、健康(Health)、快適
(Comfort)を事業活動の判断基準として、4 つの事業
会社とともに、
“Chemistry”を通して“KAITEKI”に満
ちた豊かで活力あふれる社会の構築に貢献していきます
三菱化学株式会社
田辺三菱製薬株式会社
機能商品、ヘルスケア、素材の事
業分野で“Good Chemistry”の
実践を通して、地球環境と人類が
幸せに共生できる社会の実現を
めざしています
医 薬品の 創製を 通じて世 界 の
人々の健康を守り、豊かな生活に
貢献するとともに、国際創薬企業
として広く社会から信頼される企
業をめざしています
三菱樹脂株式会社
三菱レイヨン株式会社
機能材料事業を担う会社として、
高機能・高付加価値の製品にチャ
レンジし、お客様とともに環境に
調和した豊かで快適な社会づくり
に貢献しています
三菱ケミカルホールディングスグループの CSRの考え方
化 成 品・樹 脂、繊 維、炭 素 繊 維・
複合材料、機能膜等の事業分野
で、独自性、優位性、社会性を備
えた製品・サービスを提 供し、
人々の豊かな未来に貢献してい
ます
人、社会、地球環境
グループ理念
「Good Chemistry for Tomorrow」のも
と、
「環境・資源」
「健康」
「快適」を企業活動の判断基準とし
社会に有用な
価値を提供する
社会からの
信頼を得る
対話
た製品・サービスや新しい価値を社会に提供することが、
私たちの社会的責任であると考えています。
事業活動
(製品・サービス・技術)
この思いを具現化していく技術・製
MCHCグループは、
社会貢献活動
品・サービスを創出するだけでなく、
これらの事業活動の
基盤となるコンプライアンス、環境・安全、人権などの活
企業
倫理
環境
安全
人権・
雇用
企業
統治
情報
開示
動の推進・強化、さらには、国内外で の社会貢献活動や従
事業活動を支える基盤
業員の社会貢献活動支援などを通して、持続的な社会の
三菱ケミカルホールディングスグループ
発展に貢献してまいります。
三菱レイヨングループ CSR 報告書 2010
34
〒 108-8506 東京都港区港南一丁目 6 番 41 号(品川クリスタルスクエア)
三菱レイヨン株式会社
広報・IR 室
TEL 03-5495-3100 FAX 03-5495-3184
http://www.mrc.co.jp
A(
- 2)-060002
この印刷物に使用している用紙は、森を元気にする
ための間伐と間伐材の有効活用に役立ちます。
20100910000(IR)A
Fly UP