...

愛校心 「校門を掘る子」

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

愛校心 「校門を掘る子」
愛校心
「校門を掘る子」
田んぼの中にポツンと建った、ある小さな中学校に赴任してきた校
長先生。生徒がみんな裏門から登校してくることに腹を立て、「裏道
を通って登校するとは何事だ」と怒ります。
しかしこの学校には正門がありません。これには一同あ然とします。
役場に掛け合いますが、予算がないという返事。仕方がありません、
校長はポケットマネーで、天ぷらのころものような空洞の杉板製の校
門を作りました。生徒たちはその校門を通って毎日登校するようにな
りました。
冬、雪が降ります。豪雪地帯にあるこの学校、その校門はすっぽり雪
に埋もれてしましました。するとその雪を敢然と掘る生徒がいるでは
ないですか。3年生の女子生徒です。その女生徒は、冬の間校門を掘り続け、
掘り出された校門は雪の中に誇らしげに立っていました。
学校に所属し、その一員とし
てなにか自覚できるもの、証
となるものは何でしょうか。卒業式の行事を通して、自分
.......
たちの学校を考え、そして木津中への思いを考えていって
もらえたら嬉しいですね。
4組
2組
3組
学校は子どものふるさとであり、生活の風土である。
道徳の学習
2016. 3.2.
1組
Fly UP